TOPページ > 検索結果

検索結果 【PHV】

埼玉県はホンダと共同で電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の実験

 埼玉県は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、本田技研工業株式会社(東京都港区南青山)と共同で、次世代型環境車の実証実験を始めると発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に大きく貢献できる電気自動車(EV)や家庭用のコンセントで充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)など環境問題に対応した車を利用して、太陽光発電システムによるソーラー充電ステーションを活用した電気エネルギー供給や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減効果を長期にわたって検証するという。環境問題対策の実験車両としては、ホンダの中型セダンである「インスパイア」のプラグインハイブリッド車(PHV)のほか、ホンダの小型車「フィット」の電気自動車(EV)も初めて公開した。12月24日から発売する電動2輪車の「EV-neo」と電動カートの「モンパル ML200」も同時に実験に参加するという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の実証実験は、環境適応車の二酸化炭素(CO2)排出量削減性能や効果の検証を目的としている。埼玉県さいたま市では、駅周辺を拠点に電気自動車(EV)の共同利用の可能性など新たな都市型の移動交通スタイルの具体的な検討を行う。埼玉県熊谷市では、車を駅周辺に駐車させた後、電車等の公共交通機関で目的地に向かう「パークアンドライド」による手法での電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)の適合性などを個々具体的に検証するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 埼玉県はホンダと共同で電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の実験はこちら

栃木県は電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド自動車(PHV)普及策で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環でエコカー普及に取組む栃木県は、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド自動車(PHV)の栃木県内への普及に向けた経済産業省(東京都千代田区霞が関)のモデル事業「EV・PHVタウン」に応募したと発表した。応募に際しての提案では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として栃木県の特性を生かし、日光や那須などの観光地での電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド自動車(PHV)の普及や、基幹産業である自動車産業で電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド自動車(PHV)の関連部品の開発を図ることなどのほか、10年後に栃木県内で購入される新車の15%を電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド自動車(PHV)にする普及目標も掲げた。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として期待される電気自動車(EV)は搭載するバッテリーでモーターを動かして走行する。同じく、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として期待されるプラグインハイブリッド自動車(PHV)は、エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド車で、家庭電源から充電できる。電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド自動車(PHV)ともに地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の次世代車として期待がかかるが、充電設備の整備や高額な価格が普及の課題になっている。栃木県は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、昨年度策定した「とちぎ環境立県戦略」で、エコカー普及促進プロジェクトを掲げており、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド自動車(PHV)普及のために充電スタンドの整備を進めている。栃木県は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の提案で、2011~2013年度の3年間に、栃木県内の観光地、都市部、中山間地域、産業振興の4つのモデル事業と将来を見据えた電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド自動車(PHV)のシステム構築を盛り込んでいる。栃木県の日光や那須では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、鉄道と組み合わせた電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド自動車(PHV)のエコツアーを想定している。さらに、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド自動車(PHV)の優先駐車スペースの提供のほか、山岳地や寒冷地での走行データ収集などに取り組むという。栃木県の都市部では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、マンション住民などが共同で電気自動車(EV)を所有するカーシェアリングや電気自動車(EV)タクシー・レンタカーなどの方法で活用を進める方針だ。2009年度末時点で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する栃木県内の電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド自動車(PHV)台数は、わずか栃木県庁に1台、民間企業に2台の計3台でしかない。今年から電気自動車(EV)の個人向け販売を始めるメーカーが複数あり、栃木県では地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、3年後には累計で1000台、10年後には年間1万3千台の普及を目指すという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するEV・PHVタウン選定に伴う経済産業省の直接的な財政支援策はないが、栃木県は国のさまざまな支援策の活用を見込んでおり、経済産業省のEV・PHVタウンとして「エコカー先進栃木県」となることを目指すという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 栃木県は電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド自動車(PHV)普及策で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

福岡県北九州市は電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の普及活動で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 福岡県北九州市とパーク24(東京都千代田区有楽町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、福岡県北九州市の公用車を活用して電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の普及促進を目的としたカーシェアリングと充電利用の実証実験を実施すると発表した。福岡県北九州市において、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のために、電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)を活用した大規模な実証実験は初めてのケースであり、2010年11月中旬から約1か月間にわたって実施するという。福岡県北九州市は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に積極的に取り組む環境モデル都市として、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)などの環境問題対応の次世代自動車の導入を推進している。今年度は国土交通省(東京都千代田区霞が関)が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として実施している「環境対応車を活用したまちづくりに関する実証実験」に選定されている。これを受け、福岡県北九州市はパーク24の協力を得て電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)カーシェアリングの実施による、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の実証実験を実施することになった。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、平日に福岡県北九州市が公用車として使用している三菱自動車の電気自動車(EV)「i-MiEV」とトヨタのプラグインハイブリット「プリウスプラグインハイブリッド」を、福岡県北九州市役所が休みとなる土・日・祝日に福岡県北九州市民に無料で貸し出すというものだ。同時に、パーク24が福岡県北九州市内で運営する時間貸駐車場「タイムズ」のうち、約15か所に電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)用の充電設備を設置し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献する電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の運転と駐車場での充電を体験してもらうという実証実験になっている。福岡県北九州市民に次世代環境自動車を体感してもらい、地球環境問題への意識を高めてもらうと同時に、走行ルートや走行距離、充電施設の利用時間などを調査し、電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の普及に向けた問題点を把握するために活用するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県北九州市は電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の普及活動で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

福岡県北九州市は電気自動車(EV)とPHV貸出で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 福岡県北九州市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として導入し、公用車として利用している電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)を、11月から土日祝日などの北九州市役所の閉庁日に北九州市民に対して無料で貸し出すと発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に有効な電気自動車(EV)の普及や、乗りたい時だけ借りる「カーシェアリング」のPRを図る目的がある。北九州市環境局によると、期間は11月中旬から12月中旬の土日曜と祝日に貸出を行うという。北九州市が無料で貸し出すのは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の公用車として活躍している三菱自動車(東京都港区芝)の電気自動車(EV)「アイミーブ」とトヨタ自動車(愛知県豊田市・東京都文京区)のプラグインハイブリッド車(PHV)「プリウスプラグインハイブリッド」の2台となる。北九州市の閉庁日に貸し出すため、JR小倉駅(福岡県北九州市小倉北区浅野)とJR黒崎駅(福岡県北九州市八幡西区黒崎3丁目)近くのマツダレンタカー(広島県広島市南区金)に委託し、貸し出しを行う。また、北九州市内でパーク24(東京都千代田区有楽町)が運営するコインパーキング「タイムズ」約10か所で1時間程度無料で駐車できるという。三菱自動車(東京都港区芝)の電気自動車(EV)「アイミーブ」とトヨタ自動車(愛知県豊田市・東京都文京区)のプラグインハイブリッド車(PHV)「プリウスプラグインハイブリッド」のレンタル希望者は、10月1~15日に北九州市環境モデル都市推進室(093-582-2239)に申し込む必要がある。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県北九州市は電気自動車(EV)とPHV貸出で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

愛知県安城市はエコカー補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 政府のエコカー補助金制度は9月の途中で終了したが、愛知県安城市では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策も目的として、安城市独自のエコカー補助金制度を10月から導入すると発表した。愛知県安城市では、来年3月までの半年間に限り、これまでの国のエコカー補助金制度と同様に普通・小型車に10万円、軽自動車には5万円のエコカー補助金を支給するという。ただし、愛知県安城市内の販売店で新車を買うことが支給条件となっている。ハイブリッド自動車(HV)や電気自動車(EV)に限らず、「ガソリンや軽油1リットルで20km以上走ることが可能」な低燃費車がエコカー補助金の対象としており、2,200台にエコカー補助金を支給するという。愛知県安城市内にはトヨタ自動車(愛知県豊田市・東京都文京区)系列の部品メーカーが多く、自動車産業の業績が安城市の財政を左右する。安城市の法人市民税のうち、企業業績に連動する部分の税収は、2008年度は27億円あったが、トヨタ自動車の業績が悪化すると2009年度はゼロになった。愛知県安城市独自のエコカー補助金制度で、国の補助金制度終了後の新車販売の落ち込みを緩和して、安城市の税収の確保も目指す目的となっている。神谷学安城市長は「愛知県安城市内において、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する低燃費のクルマや部品を作る機運を盛り上げたい」と話している。トヨタ自動車の本拠地である愛知県豊田市では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、家庭用電源で充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)20台を豊田市役所の公用車として購入した。既に、豊田市内11か所にある急速充電スタンドも増設し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献するエコカーに対する豊田市民の意識を高めようと考えているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県安城市はエコカー補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

経済産業省はEV・PHVタウン構想で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 経済産業省は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として取り組んでいる電気自動車EV)及びプラグインハイブリッド車PHV)の本格普及に向けた実証実験のモデル事業「EV・PHVタウン構想」の第二期追加募集を開始したと発表した。「EV・PHVタウン構想」の2009年3月に選定した8地方自治体に加え、電気自動車(EV)及びプラグインハイブリッド車(PHV)の普及へ先駆的に取り組む地方自治体を追加募集するというもの。「EV・PHVタウン構想」は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に大きく貢献できる電気自動車(EV)及びプラグインハイブリッド車(PHV)の初期需要を創出するため、特定地域において車両の導入、充電インフラの整備や普及啓発を集中的に行うモデル事業を実施して、日本全国への展開を目指すプロジェクトとなっている。2009年3月に、地球温暖化の原因防止対策の電気自動車(EV)及びプラグインハイブリッド車(PHV)の充電インフラ整備や普及啓発などを集中的に行うモデル地域として、青森県、東京都、神奈川県、愛知県、京都府、新潟県、福井県、長崎県の8都市を「EV・PHVタウン」として選定している。今回、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として追加募集する第二期EV・PHVタウン選定のポイントは、「車両の普及手法(CO2削減効果)」、「費用対効果」、「先導性・モデル性」、「地域適応性」、「実現可能性」及び「持続性」の6つの視点から先進的な地方自治体を選定するという。地球温暖化の原因防止対策の第二期追加募集期間は、8月27日から10月22日までとなっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 経済産業省はEV・PHVタウン構想で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

経済産業省はEV等次世代自動車戦略2010で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減

 自動車の走行に伴って排出される地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を大幅に削減することができる電気自動車(EV)や、電気モーターとガソリンエンジンを組み合わせて走るハイブリッドカーへの期待が高まっている。なかでもプラグインハイブリッドカー(PHV)は、モーターを動かす電力を家庭用電源から取り込むことができることから地球温暖化の原因対策として大いに期待されている。経済産業省はこのほど、地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)やプラグインハイブリッドカー(PHV)を普及するため、全国各地域で行われている好事例を「ベストプラクティス集」としてまとめたものを公表した。経済産業省は、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を大幅に削減する「次世代自動車戦略2010」の中で、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッドカー(PHV)の普及を図るため、蓄電池の性能向上やコストダウンに向けた研究開発を行う方針を掲げている。今回の事例集は、同省が実施しているモデル事業「電気自動車(EV)・プラグインハイブリッドカー(PHV)タウン構想」の対象地域である「電気自動車(EV)・プラグインハイブリッドカー(PHV)タウン」に選ばれた地方自治体が、それぞれ策定したマスタープランに基づき進めている先進的な取り組みをまとめたものとなっている。例えば、新潟県では、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量削減に向けて、民間のタクシー会社が昨年7から電気自動車(EV)タクシーの運行を開始し、全国初のプラグインハイブリッドカー(PHV)タクシーの運行も行っている。また、京都府では、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量削減に向けて、電気自動車(EV)タクシー・プラグインハイブリッドカー(PHV)のタクシーやレンタカーで対象の寺院や神社を訪れた人に対して、記念品贈呈などの特別優待を行うエコ観光企画「京都電気自動車(EV)・プラグインハイブリッドカー(PHV)物語」を今年12月まで実施中である。経済産業省では今後、電気自動車(EV)・プラグインハイブリッドカー(PHV)の普及を図るため、専用充電設備のインフラの整備などを行う方針だ。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 経済産業省はEV等次世代自動車戦略2010で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減はこちら