TOPページ > 検索結果

検索結果 【NPO法人】

愛媛県松山市でNPO法人「衣サイクル研究会」が古着リサイクル

 愛媛県松山市では、古着リサイクルという不要になった衣類の販売・回収と、古着をキーワードとして環境問題などを学ぶ「服育」を提案する店舗「ユーズドショップe-cycle」が、松山市三津3の商業施設「ピコア21」に開店した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、古着のリサイクルで燃やさないことに取組むNPO法人「衣サイクル研究会」が、環境省(東京都千代田区霞が関)のモデル事業として運営することになったという。NPO法人「衣サイクル研究会」は「古着は捨てるところなくリサイクルして資源化できる。店に来て、『もったいない』の思いを持ってリサイクルしてほしい」と話している。NPO法人「衣サイクル研究会」によると、国内では年間約100万トンの古着がリサイクルされることなく廃棄されており、そのうち9割が焼却処分となっている。愛媛県松山市でも、年間4,000~5,000tの古着がリサイクルされることなく焼やされている。中でも化学繊維の古着は、焼却してしまうと多くの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出するという。NPO法人「衣サイクル研究会」は昨春の設立以降、愛媛県松山市内で不要となった古着を回収して資源化工場に送るリサイクル(再利用)活動を行ってきた。今回、新たに、古着販売といったリユース(再使用)にも取り組むことによって、愛媛県松山市内における古着衣類循環の輪を完成させ、服育も進めて廃棄量のリデュース(削減)作業にも取り組んでいく基幹店としてモデル店舗を開設したという。販売コーナーには、まだまだ十分に着ることができるリサイクル古着約1万点が並んでいる。回収コーナーでは、古着を集め、資源化リサイクルなどに回すという。販売・回収によって削減された地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量はポイントを発行し、集めれば商品券と交換してもらえるという。服育コーナーでは、古着のリサイクル資源化の過程を紹介しており、古着リメイクの相談も行っている。週末にはミニイベントも開催することによって、古着を通じた「リサイクル」、「リユース」、「リデュース」の衣類の3Rや環境問題を伝えている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。








> 愛媛県松山市でNPO法人「衣サイクル研究会」が古着リサイクルはこちら

埼玉県川口市でNPO法人が二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因対策の教室開催

 埼玉県川口市のNPO法人「川口市民環境会議」が地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、10月16日に開校する「かわぐち自然エネルギー学校」の参加者を募集している。来年2月まで毎月1回計5回の自然エネルギーに関する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する授業を行うという。川口市民環境会議では、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のため、これまでさまざまな省エネ対策などの活動を続けてきた。さらに活動を一歩進めてクリーンな自然エネルギーを作る活動にも力をいれたい」と話している。自然エネルギーによる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対に関心のある人や自宅に太陽光発電システムの設置を検討している川口市民などが受講対象になるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する基礎知識を学ぶほか、実際に太陽光発電システムのパネル製作も予定しているという。定員は先着順で30人で参加費は5回分3500円となっている。会場は、リリア(川口総合文化センター:川口市川口3-1-1)、川口市婦人会館(川口市上青木西1-2-19)、川口市朝日環境センター(川口市朝日4-21-33)で行われる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 埼玉県川口市でNPO法人が二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因対策の教室開催はこちら

低速電動コミュニティバスで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 一般社団法人「蓄電型地域交通推進協会」が設立され、早稲田大学(東京都新宿区)で設立発表会が行われた。同法人は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減することができる低速電動コミュニティバスを用いた環境対応・地域密着型交通システムによって、商店街や観光地及び中山間地域などの地域活性化を図り、地方自治体の赤字体質を改善していくことを目的とするものである。協会の発起人は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に関心の高い群馬大学(群馬県前橋市)、東京農工大学(東京都府中市)、富山国際大学(富山県富山市)、龍谷大学(京都府京都市伏見区)、広島経済大学(広島県広島市)、NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク(千葉県柏市)、NPO法人地域再生機構(岐阜県岐阜市)、早稲田大学の有志からなる独立法人科学技術振興機構・社会技術研究開発センター(東京都千代田区)研究開発領域「地域に根ざした脱温暖化・環境共生社会」関係者と国内17番目の自動車メーカーであるゼロスポーツ(岐阜県各務原市)といったメンバーで構成されている。地球温暖化の原因防止対策の活動の核となる低速電動コミュニティバス(通称E-コミバス)は、3815×1600×1990mmとコンパクトなボディサイズの9人乗りで、運転時に地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)をまったく排出しない乗り物である。最高速度は20km/hしか出ない仕様で、満充電での走行距離は40kmであり、バッテリーに使用する4個の鉛電池は充電して使用するほか、簡単に交換できるようにもして使用するという。地球温暖化の原因防止対策のため、低速電動コミュニティバスは、必要かつ十分な性能にとどめることで、地方自治体が導入しやすい車両価格を実現し、地域交通の安全性を高めるとともに、人々を運ぶのではなく、繋ぐ交通手段であることを強調するものにしていきたいという。また、電力には、太陽光発電、水力発電、風力発電など地球温暖化の原因防止対策になる自然エネルギーを活用することで、エネルギーの地産地消化も進めていく。同協会では、地球温暖化の原因防止対策の低速電動コミュニティバスの供給だけでなく、運行管理などのシステムも開発する予定であり、希望に応じて鉄道などの蓄電型地域交通システムも組み合わせ、パッケージとしての提案も行っていきたいと話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 低速電動コミュニティバスで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

地球温暖化の原因防止に寄与する平成22年度循環型社会地域支援事業を採択

 環境省は、地球温暖化の原因防止に寄与する循環型社会の形成に向けた地域の取組を支援する「循環型社会地域支援事業」で、平成22年度の支援事業として7件を採択したと発表した。この事業は、NGO・NPOや事業者が地方公共団体と連携して行うリデュースリユースリサイクルやグリーン購入などの循環型社会の形成に向けた取組に対するもので、他の地域のモデルとなるような先進的な地球温暖化の原因防止に寄与する事業を公募して、実証事業として実施することにより、循環型社会の形成に向けた地域からの取組を発掘・支援するものである。循環型社会地域支援事業は、平成22年2月9日から3月19日まで公募が行われ、全国から応募のあった32件から外部学識経験者による審査の結果、7件の事業を採択したものである。今回採択された事業は次のとおりとなっている。
・NPO法人Good Day(東京都中央区)の「地球温暖化の原因防止に寄与する逗子湘南アップサイクルプロジェクト ~3R meets Creative power~」
・NPO法人スペースふう(山梨県南巨摩郡富士川町)の「広がれ!地球温暖化の原因防止に寄与する小瀬エコスタジアムプロジェクト」
・NPO法人仕事工房ポポロ(岐阜県岐阜市)の「地球温暖化の原因防止に寄与する身近なところでのリサイクルと若者などの就労支援」
・八幡酒蔵工房(滋賀県近江八幡市)の「竹・土・水の地球温暖化の原因防止に寄与する社会循環型3R事業 ~近江八幡の三方よしを活かして~」
・びっくり!エコ実行委員会(京都府京都市)の「京流「始末」「もったいない」から始める地球温暖化の原因防止に寄与する2Rスタイルプロジェクト」
・衣サイクル研究会(愛媛県松山市)の「「衣類」も「人」も地域で活かされ循環する、地球温暖化の原因防止に寄与する持続可能な市民参加型ソーシャルビジネス実証実験(環境と福祉のコラボ)」
・NPO法人ユーアイ自立支援の会(鹿児島県奄美市)の「地球温暖化の原因防止に寄与する五島内空きびんリユース・ネットワークづくり」

> 地球温暖化の原因防止に寄与する平成22年度循環型社会地域支援事業を採択はこちら