TOPページ > 検索結果

検索結果 【LCA】

早稲田環境研究所はLCAなど全方位の地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 早稲田大学(東京都新宿区西早稲田)発のベンチャー企業である早稲田環境研究所(東京都新宿区西早稲田)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に対応した低炭素社会の構築に向けたコンサルティング業務を始め、環境対応型モビリティーや省エネ対策に係るシステム構築やソフトウエアの提供、人材の育成など幅広い商品やサービスを提供しているのが大きな特徴となっている。例えば、早稲田環境研究所が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のコンサルティング業務で対応している分野についても、改正省エネ法(正式名称:エネルギーの使用の合理化に関する法律)への対応から廃棄物やリサイクルに関するもの、製品の製造・流通・廃棄といったライフサイクル全体を通して環境負荷を評価するライフサイクルアセスメント(LCA)までと幅広い業務に対応している。大学発のベンチャー企業というと、研究成果や技術を基にして、特定の分野の事業を展開するのが通例であるが、早稲田環境研究所では、あえて手広くやっていて、個別の商品やサービスに固執していないところが、ほかの大学発ベンチャー企業とは異なる部分であり、事業がうまくいっている理由でもあるという。早稲田環境研究所の設立は2003年8月であり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の計量化モデルであるLCAの研究で有名な早稲田大学永田勝也教授の研究室の出身である小野田氏が、LCA解析のためのソフトなどが実際の社会に役立つと起業した。その地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のノウハウは、ウェブサイト上で消費エネルギーの「見える化」ができるエネルギー・モニタリングシステムや、家庭での二酸化炭素(CO2)排出量削減をゲーム感覚で楽しめる「シロクマランド」のウェブサービス、改正省エネ法対応ソフトの「省エネ顧問」などがある。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 早稲田環境研究所はLCAなど全方位の地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

兵庫県神戸市の富士通テンが環境配慮設計DfEで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 富士通テン(兵庫県神戸市兵庫区)は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を自動的に計算するなど技術者の負担を減らしながら、環境に優しい製品の研究開発体制を構築すると発表した。環境配慮設計(DfE)のレベルを定量的に評価する3つのシステムを開発し、これを実際の富士通テンの製品開発の際に導入して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量など環境負荷の実態を簡単に把握しながら製品を効率的に開発していくという。DfEを評価するシステムは「LCA算出システム」、「環境効率ファクター算出システム」、「グリーン度評価システム」の3つのシステムとなっている。例えば、LCA自動算出システムでは、INPUT画面で必要情報を入力すると、OUTPUT画面で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を数分で算出することができる。これらを部品表システムなど、既存の富士通テンの社内情報システムと連動させることで、富士通テンの設計者が従来行っていた環境負荷量算出などの工数を大幅に削減しながら、製品開発での環境負荷の度合いを評価できるものとなっている。富士通テンでは、これらのシステムを製品価値向上と環境負荷低減を両立するための設計に活用し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として環境問題に配慮した製品開発を推進していくという。今後、富士通テンの製品の企画・構想段階から地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を含めたDfEの度合いを評価する枠組みを整備し、2011年度から全製品分野で運用を開始するとしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 兵庫県神戸市の富士通テンが環境配慮設計DfEで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

地球温暖化・環境問題:小型風力発電は地球環境にいいのか

 風力発電については、大規模設備の300KWクラスのLCAでは、53gCO2の排出を行いますが、これは生産・設置にかかるものです(財 電力中央研究所「電中研レビュー第45号」2001.11)。家庭用の小型風力発電では、データーがありませんが微々たるものであると想像がつきますし、設置後は完全にクリーンなエネルギーに間違いありません。

 風力発電機には、小型・高性能で出力が大きいタイプ、回転音の静かな風車、耐風速が大きい風車など、幾つかの特徴があります。一般的には、羽根が2~3枚羽根風車は、高速回転可能で発電効率が高く、羽根が5~6枚の多羽根風車は、回転音が静かで頑丈などの特徴を持っています。

 しかし、家庭用の小型風力発電機の出力は、大きなものでも400Wであるため、家電製品で常時使用するようなケースには不向きです。また、この高出力タイプの発電機は、騒音が大きいため、住宅地で設置すると、ご近所からの苦情も気になるところです。エコなつもりが、エゴになってしまいます。

発電 また、発電力は風速の3乗に比例するので、一般的な市街地では平均風速が低いため、ほとんど役に立たない状況にあります。このため、2003年になって、風速2mでも発電を開始するものとして、神鋼電機から垂直回転軸タイプのジャイロミル型ブレード(風車)の製品が販売されており、これは音は静かなのですが、340Wの定格出力で価格は設置工事を含めて70万円程度であるため、太陽光発電と比較すると、かなりのコスト高となってしまいます。

 風力発電については、実益を求めるというよりも、むしろ環境問題を考えるシンボル的な製品としてとらえるのが正しいのではないかと思います。


パートタイマーの求人募集転職内職在宅ワークの求人募集転職

> 地球温暖化・環境問題:小型風力発電は地球環境にいいのかはこちら

地球温暖化・環境問題:太陽光発電は地球環境にいいのか

太陽光発電

 太陽光発電については、ソーラーパネルを生産し、設置するエネルギーと太陽光発電で取り出すエネルギーを比較する必要がありますが、安井至教授(東京大学生産技術研究所)のLCA試算では、大規模な架台をコンクリートや鉄骨で造らずに、屋根の上に設置するなら15~20年スパンで見るとCO2削減に貢献するとしています。

 また、(財)電力中央研究所のLCAデーターでは、3KWの屋根設置型で主に生産時に53gCO2を発生させるとしていますが(電中研レビュー第45号2001.11)、生産に関しての効率化が年々進んでいることや発電効率が高まっていることから、ますます効率的にCO2削減に貢献していくことでしょう。

 唯一の難点は、(財)新エネルギー財団や一部の自治体で補助金が出るとはいえ、一般の人が簡単に手が届く金額ではないというところでしょう。以前に比べると設置費用は格段に安くなっており、メーカー間の競争も厳しいことから、今後、性能は上がり、価格はさらに下がると予想できます。

 4人家族程度の家庭では、3~4KWのシステムが必要になってきます。これが安く設置できるようになれば、ますます普及に弾みが出るでしょう。

 ドイツでは、「再生可能エネルギー法」が2000年にでき、太陽光、風力、バイオマスなど再生可能なエネルギーで発電される電気の買取を電力会社に義務付けています。その後、より普及を推進する方向で改正され、発電内容によって異なりますが、太陽エネルギーによる電力買取価格は1KW当たり、5.7セント=約60円(2002年以降5%ずつ減少)となっています。この結果、太陽光発電など資源を利用しない発電が大幅に普及しています。

 日本においても、2003年4月1日から「電気事業者による新エネルギー等の利用に関する特別措置法」(通称RPS法)施行されましたが、実態としては、余剰電力の買取価格は電力会社が決定していることや、RPS法の代行申請(環境価値の電力会社への転換)に応じない場合は、余剰電力の買取を拒否あるいは非常に低い単価での買取価格とするなど、法の趣旨を逸脱したような運用がなされている問題があります。

 この結果、買取価格は電力料金単価と同等(20数円程度)となっており、ドイツと比べるとかなりの開きがあります。もっとも、日本の太陽光発電システムの普及は世界でトップですが、RPS法が趣旨どおり運用されれば、一層の普及が進むことでしょう。

太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化・環境問題:太陽光発電は地球環境にいいのかはこちら