TOPページ > 検索結果

検索結果 【COP15】

経済産業省が2国間オフセットで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 経済産業省は、アジア9か国で高効率石炭火力発電や製鉄所の省エネ設備など9つの地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のプロジェクトについて15の事前調査事業を決定した。これによって、日本企業の先進的な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として実用化されている温室効果ガス削減技術を外国に移転することで、海外貢献と輸出促進を目的とする経済産業省のプロジェクトが動き始める。これは、「2国間オフセット」と呼ばれる仕組みで、海外での地球温暖化の原因の温室効果ガス削減分は日本の二酸化炭素(CO2)排出枠として取得できる。同様の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の仕組みとしては、国連によるクリーン開発メカニズム(CDM)があるが、2国間オフセットは両国の合意があれば実施できる迅速性があるため、地球温暖化の原因防止対策と輸出促進の両面から期待される。これまでに、経済産業省は「2国間オフセット」事業として、途上国で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として低炭素事業を実施する調査やプロジェクトを民間から公募していた。これに対し2010年度分として民間から32件の応募があり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策と新興国に鉄道や発電所の建設を売り込むインフラ輸出促進の観点から15の事業を決定し、プロジェクトには、鉄鋼や電力会社、家電メーカー、商社など国内の主要企業が参加しており、日本企業の2国間オフセットへの期待が表れているといえる。例えば、「地熱発電所の改造・改善」プロジェクトでは、インドネシアで三菱商事(東京都千代田区丸の内)、フィリピンで東芝(東京都港区芝浦)が決定した。地熱発電は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する再生可能エネルギー資源として注目されている。プロジェクトは、地熱発電の地球温暖化の原因の温室効果ガス削減効果や改造・改善の分析・評価を行う事前調査にあたるが、調査を踏まえ日本の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の環境対策技術や発電関連機器を相手国に輸出することを目指している。「2国間オフセット」は、昨年12月にデンマークで開催された第15回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP15)で取り決められた枠組みである。2国間の合意さえあれば、環境対策のためのプロジェクトを実施し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の排出枠をやり取りできる。これを利用すれば、日本企業の海外への技術供与によって削減できた相手国の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を、日本の二酸化炭素(CO2)削減分として扱うことができる。経済産業省は、既にインドネシア、ベトナム、フィリピン及びインドと2国間オフセットの実施で基本合意をしており、今後も今回事前調査で選出した相手国と取り組んでいく。今回のプロジェクトは、アジアで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の低炭素事業の可能性を探る事前調査の段階であるが、引き続き、経済産業省地球環境室は、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策とインフラ輸出の両面を一気に促進できる一石二鳥の事業で国内の経済対策にもなる」と話している。経済産業省は、新興国などへの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとするインフラ輸出は、2020年までに約20兆円程度の市場規模の拡大を見込んでおり、2国間オフセットによるインフラ輸出にも拍車をかけたい考えだという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 経済産業省が2国間オフセットで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

地球温暖化の原因防止対策と鉄鋼業界

 鉄鋼業界にとって2010年は2013年以降の地球温暖化の原因防止対策の枠組み(ポスト京都議定書)がどう決着するかが大きな焦点になる状況といえる。昨年暮れにデンマークのコペンハーゲンで開かれた国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議COP15)では結論が2010年に持ち越され、先進国は同年1月中に20年までの地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減目標を提示することに決まった。鉄鋼業界は「地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの1990年比25%減」という日本の削減目標を引き下げるよう求めているが、鳩山政権が世界で最も厳しい地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの25%減を見直さなければ、鉄鋼業界としては生産拠点の海外移転を余儀なくされることもある。「地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの1990年比25%削減ありきではなく、国際的公平性、実現可能性、国民負担の妥当性の観点から早急に再検討してほしい」と、日本鉄鋼連盟の宗岡正二会長(新日本製鉄社長)は定例会見で、COP15の結果を受けて、政府に地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減目標の見直しを要望した。元々、国内の主要産業で地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスのを最も多く排出する鉄鋼業界では、今回のCOP15で日本のみが世界でも突出した地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減義務を背負い込むことになりかねないとの危機感が強かった。鳩山由紀夫首相は2009年9月の国連演説で「すべての主要国の参加による意欲的な地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス削減目標の合意」を条件として25%削減目標を表明したが、条件が棚上げされて25%減だけが独り歩きする危険性を否定できない。COP15では最終的にこうした事態は避けられた格好だが、鉄鋼業界は地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの警戒感を解いていない。実際、鳩山首相は地球温暖化の原因問題に関する閣僚委員会で、10年1月末の目標提示に向け「前提条件付きで地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの25%をはっきり書き入れるべきだ」と改めて強調している。地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減目標に法的拘束力はないが、一度世界に明示すれば、前提条件が満たされていないからといって取り下げるのは容易でない。
 鉄鋼業界が焦るのは、世界の主要な鉄鋼メーカーのうち、2012年に期限が切れる京都議定書によって実質的な地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの排出削減義務を負っているのは日本だけだったという苦い経験があるからだ。日本の鉄鋼業界は世界最高水準のエネルギー効率を誇るだけに、京都議定書には「各国の地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減目標が政治的に決められた」と業界内で反発が強い。現在においては、鉄鋼業界の地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減努力は限界に近く、25%減には国内の粗鋼生産量を約2割も減らす必要があるとの試算もある。現時点で海外に高炉を含む一貫製鉄所を持つメーカーはないが、ポスト京都による地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス削減の行方次第では、抜本的な生産体制の変革を迫られる可能性もある。日本の鉄鋼業は主要な省エネ設備の普及率がほぼ100%で、他国と大きな差がある。国際エネルギー機関(IEA)の試算では、最先端技術を導入した場合であっても、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減余地は、粗鋼生産1トン当たり0.07トンと世界最小となっている。さらには、国内外に供給している高機能鋼材も最終製品として使用される段階においては、CO2削減に大きく貢献している。地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの排出量削減に繋がる高強度で軽量な自動車向けの高張力鋼板(ハイテン)など5品種には、2008年度に797万トン供給し、一般の鋼材を使った場合よりも年間1487万トンの地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減効果があったとしている。また、日本の鉄鋼業が培ってきた省エネ技術を海外に普及させることでも、これまでに年間3300万トンの地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減に寄与してきた。将来的にも全世界で年間3.4億トン、日本の地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの排出量の25%相当分を削減できる。これらを通じて地球温暖化の原因対策に積極的に取り組むのが日本の目指す方向だといえよう。
LEDライト電光サイン看板情報携帯マイmy箸運動販売情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止対策と鉄鋼業界はこちら

ブラジルが地球温暖化の原因防止対策で温室効果ガスの削減目標を義務化

 ブラジル政府は、先に表明した地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減目標に法的拘束力を持たせる方針を示した。今月開催された国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議COP15)では、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出の削減義務付けが先送りされたが、同国のミンク環境相は、ルラ大統領と会談後、「地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出の削減に関して、COP15では期待通りの成果が出なかったが、目標は完全に順守する」と述べた。ルラ大統領は、議会を通過した環境関連法案のうち、3条項については拒否権を発動するが、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出の削減目標は維持する方針だという。ブラジルは今後10年間で、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの排出量を2020年の推定排出量から最大39%削減する方針を示している。2005年比の地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出の削減としては約20%の削減になる。ルラ大統領は、環境関連法案のうち、小規模な水力発電所の建設を制限する条項や化石燃料の利用縮小を義務付ける条項に拒否権を発動する予定としている。
リサイクルトナー再生激安販売情報カーペットクリーニングじゅうたん情報革靴ブーツクリーニング情報

> ブラジルが地球温暖化の原因防止対策で温室効果ガスの削減目標を義務化はこちら

地球温暖化の原因防止対策の新しい協議

 デンマークのコペンハーゲンで12月7~19日に開かれ、地球温暖化の原因防止対策を協議してきた国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議COP15)で2013年以降の地球温暖化の原因防止対策(ポスト京都議定書)を打ち出せなかったことで、全会一致を原則とする国連方式の限界が露呈したことから、協議の枠組みを見直す動きが欧米などで出始めている。だが、今回、主要国主導で地球温暖化の原因防止対策の政治合意をまとめた経緯に一部途上国が反発しており、国際協議の場を早急に作り出せるかどうかが焦点となっている。地球温暖化の原因防止対策を協議するCOP15には193か国・地域が参加したが、先進国と途上国の地球温暖化の原因防止対策の利害対立で交渉がまとまらず、結局、主要28か国で討議した政治合意「コペンハーゲン協定」を元に米国が中印など新興4カ国から最終的に同意を取り付けた。しかし、この政治合意による地球温暖化の原因防止対策さえ、スーダンと中南米諸国のわずか5か国が反対したため「承認」にとどまったという苦い経緯がある。地球温暖化の原因防止対策で世界をリードしてきた欧州連合(EU)には、今回の地球温暖化の原因防止対策の結果については大失敗との思いが強いようである。イギリスのブラウン英首相は「地球温暖化の原因防止対策の合意が一握りの国によって身代金要求の人質に取られるような事態を再発させてはならない」と指摘し、地球温暖化の原因による被害の深刻な島しょ国と先進国が手を組む有志国連合を形成すべきだとの考えを示した。地球温暖化の原因防止対策は近年、主要8カ国(G8)首脳会議でも討議され、新興国を含む主要二酸化炭素排出国で作る主要経済国フォーラム(MEF)も発足した。コペンハーゲン協定の内容の多くは過去に開催されたG8、MEFで合意済みの内容に過ぎない。このため、米シンクタンクなどからは「MEFの役割を強化すべきだ」との声も上がっている。だが、これに対して、国連や、自国の意見が反映されやすい全会一致方式の継続を望む途上国からは「地球温暖化の原因防止対策の交渉から特定国を排除はできない」として、主要国主導の枠組み作りをけん制する意見が出ている。国連の枠組みを維持しつつ事態沈静化をはかる折衷案として浮上しているのが、地球温暖化の原因防止対策のコペンハーゲン協定に賛成する国々だけで非公式協議の場を設ける構想だという。今回の地球温暖化の原因防止対策の協定では、先進国と途上国は来年1月末までにそれぞれ、地球温暖化の原因である温室効果ガスの削減目標を申告することになっており、協定参加国が事実上の有志国連合として機能し始める可能性があり、相当数の国が参加するとみられる。
ケアマネージャー・介護支援専門員の求人募集転職和服振袖留袖着物レンタル貸衣装情報金プラチナ貴金属高価買取情報情報

> 地球温暖化の原因防止対策の新しい協議はこちら

環境省COP15・COP/MOP5の地球温暖化の原因防止対策の結果公表

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策を協議する平成21年12月7日~19日にデンマークのコペンハーゲンで開催された気候変動枠組条約第15回締約国会議COP15)及び京都議定書第5回締約国会合(COP/MOP5)の結果について、12月21日までに取りまとめて公表した。前半の事務レベルの地球温暖化の原因防止対策に係る特別作業部会における議論、閣僚レベルでの協議等を経て、17日夜から18 日深夜にかけては首脳による地球温暖化の原因防止対策の協議・交渉も行われた。26か国・機関の首脳レベルの協議・交渉の結果、地球温暖化の原因防止対策に関する「コペンハーゲン合意」がようやく作成された。その後19日未明にかけて、地球温暖化の原因防止対策「コペンハーゲン合意」をCOP全体会合にかけたところ、先進国、島嶼国、途上国を含めほぼ全ての国が賛同し、その採択を求めたが、数か国(ベネズエラ、キューバ、ボリビア、スーダンほか)が、作成過程が不透明であったことを理由に採択に反対したため、「条約締約国会議として同合意に留意する」ことが決定された。今後の議論については、2009年終了することになっていたAWG-LCA(地球温暖化の原因防止対策としての温室効果ガス枠組条約の下の長期的協力について話し合う特別作業部会)だけでなく、AWG-KP(京都議定書附属書B改正について話し合う特別作業部会)も作業を継続することが決定された。コペンハーゲン合意の地球温暖化の原因防止対策の内容は次のとおりとなっている。
(1)世界全体としての長期目標として産業化以前からの地球温暖化の原因による気温上昇を2度以内に抑える。
(2)附属書Ⅰ国(先進国)は2020 年の地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素の削減目標を、非附属書Ⅰ国(途上国)は温室効果ガスである二酸化炭素の削減行動を各国は2010年1月31日までに記載事項を提出する。
(3)締約国の行動は地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素の削減目標としてMRV(測定/報告/検証)可能なものとされなければならない。非附属書I国(途上国)が自発的に行う地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素の削減行動も国内検証を経た上で、国際的な協議の対象となる。支援を受けて行う地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素の削減目標行動は国際的なMRVの対象となる。
(4)先進国は、2010~2012年の間に300億ドルの新規かつ追加的な公的資金による地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素の削減に係る支援を共同で行い、また、共同して2020年までには年間1,000億ドルの資金動員目標を約束する。
(5)2015年までに合意の地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素の削減目標実施状況を評価する。
薬剤師・管理薬剤師の求人募集転職栄養士・管理栄養士の求人募集転職保育士の求人募集転職

> 環境省COP15・COP/MOP5の地球温暖化の原因防止対策の結果公表 はこちら

COP15で地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス削減がまとまる

 国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)においては、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス削減に関しての先進国と途上国の対立が先鋭化した。かろうじてまとめられたコペンハーゲン協定に基づき、先進国は来年2月1日以前に、2020年までの地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス削減目標を申告することになった。日本政府が掲げてきた「地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス削減90年比25%減」の高い目標について、小沢鋭仁環境相は「各国に意欲的な地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス削減目標を求めてきた前提は変わらない。表明するまでまだ時間がある」と述べ、目標見直しに含みを持たせた。欧州連合(EU)は他の先進国が野心的な目標を掲げれば、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス削減目標を1990年比20%から30%に引き上げるとしていた。だが、バローゾ欧州委員長は「何の合意もないよりましだが、EUの野心を下回る」として、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス削減を20%減に留め置くと発表した。米国は、米議会で審議中の地球温暖化の原因防止対策法案に沿って、2005年比14~17%減を掲げている。17%減の場合、90年比で約4%減にとどまる。
 国内の2008年度の地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス排出量(速報値)は、12億8600万トン(二酸化炭素換算)で、90年度比1.9%の増加となっている。現実的には、京都議定書の約束である地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス削減6%減の達成さえ容易でない状況である。地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス削減25%削減に必要となる国内法案は策定途上だ。対策手段となる地球温暖化対策税(環境税)は、来年4月の導入は見送られる可能性が高い。2011年度の導入を目指す地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの国内排出量取引制度の具体化は遅れ、25%削減に伴う家庭負担の試算は迷走している。途上国への地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス削減対策への支援額でも、EUが106億ドル、米国が36億ドルに対し、日本は110億ドルと、削減目標も支援額も日本は突出している。
 日米中や欧州諸国などから示された政治合意「コペンハーゲン協定」を巡っては、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス削減数値目標が「自主申告」扱いで義務はない点などに批判が集中し、全体会合などでは途上国から先進国に地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス削減対策について辛らつな批判が続いた。地球温暖化の原因の影響を受けやすい国々からは、強い危機感とともに大国の協議の進め方に不満が噴出した。AFP通信などによると、地球温暖化の原因による海面上昇の影響を受ける太平洋の島国ツバルの代表は「銀貨30枚で国民を裏切れというような提案だ。我が国の未来は売り物ではない」と憤った。「地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスによる気候変動は、我が国にとって今そこにある危機だ」と述べたインド洋・モルディブのナシード大統領は中国などを念頭に「地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス大排出国による露骨な妨害はまことに残念だ」と話した。南米ボリビアの国連大使は合意形成について「25か30の国が190以上の国の大半を排除し、どうやって協定を作れるというのか。我々の声は何ら考慮されない」と批判した。アフリカのスーダン代表は「地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスによる気候変動交渉として史上最悪の進展である」と酷評している。このままでは地球温暖化の原因がもたらす洪水や干ばつの影響でアフリカで死者が広がるとして、ナチスドイツの「ホロコースト」に例えて米国などを批判している。スウェーデン交渉団が「まったく卑劣」と反論するなど、議論は紛糾した。
 これらの動きに関しては、国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)で、先進国が来年1月末までに申告することになった2020年までの温室効果ガス削減目標について、小沢鋭仁環境相は22日の閣議後会見で、「各国の実効的かつ公平な地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス削減対策への参加を前提にという条件付きで、25%削減を書き込みたい」と述べ、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの1990年比25%削減を堅持する考えを示した。国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」は、地球規模での地球温暖化の原因の影響を抑えるには先進国の地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス排出量は25~40%削減する必要があるとの試算を提示している。小沢環境相は「日本が科学的要請に基づいて行わなければならない必要な地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス削減の数値だ」との見解を示した上で、「鳩山由紀夫首相にも確認したが、日本の立場は今まで通り地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスを25%削減する」と強調した。
病院臨床検査技師の求人募集転職看護師・准看護師の求人募集転職保健師の求人募集転職

> COP15で地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス削減がまとまるはこちら

地球温暖化の原因防止対策のシンポジウム「低炭素社会と金融・情報開示」を開催

 環境省と日本公認会計士協会は、共催によって平成22年1月15日に、地球温暖化の原因防止対策のシンポジウム「低炭素社会と金融・情報開示」を開催すると発表した。地球温暖化の原因防止対策のシンポジウムでは、温室効果ガスである二酸化炭素の排出を極力少なくする低炭素社会の構築に向けた金融の役割、気候変動が企業評価と投資行動に及ぼす影響、責任投資の背景と動向、企業開示の変化と米・欧制度及び基準に関する国際的議論といった論点について、内外の第一人者による講演・議論が行われる。地球温暖化の原因防止対策として低炭素社会の構築に向かう中で、金融と企業開示のあり方を巡る世界的な潮流と変化を理解し、それを踏まえ、我が国の金融・情報開示の制度・実務に携わる各主体がどのような対応を取っていくべきか、地球温暖化の原因防止対策の具体的行動に向けた第一歩となるシンポジウムを目指している。企業関係者、機関投資家、金融関係者、公認会計士 等を対象に先着順で600の参加者を募集、平成22年1月13日までに申込専用サイト(https://www.kpmg.or.jp/ssl/resources/seminar/application_symposium.html)から申し込むことが必要となる。
 日本公認会計士協会による紹介は次のとおりである。
環境省と日本公認会計士協会は、2010年1月15日に「低炭素社会と金融・情報開示」と題するシンポジウムを開催いたします。KPMGジャパンのメンバーファームであるKPMGあずさサステナビリティ株式会社は、環境省より同シンポジウムの事務局に選任されました。ご関心のある多くの方々に当シンポジウムに参加いただきたく、ご案内申し上げます。2009年12月7日から18日まで第15回気候変動枠組み条約締約国会議COP15)が開催される等、国内外で低炭素社会の構築へ向けた議論が活発に交わされています。低炭素かつ持続可能な発展が世界的に重要な課題となる中で、金融が果たすべき役割についての注目が高まっています。海外では、欧米機関投資家の間で責任投資が広がりを見せる中、米国証券取引委員会(SEC)及び欧州委員会と各国制度当局において、気候変動、さらにはサステナビリティ情報の開示に関する制度的議論が進展しています。また、気候変動開示基準審議会(CDSB)による気候変動情報等の開示に向けた国際的枠組の開発も進められています。このような状況を踏まえ、環境省及び日本公認会計士協会は、「低炭素社会と金融・情報開示」と題するシンポジウムを開催いたします。当日は、低炭素社会の構築に向けた金融の役割、気候変動が企業評価と投資行動に及ぼす影響、責任投資の背景と動向、企業開示の変化と米・欧制度及び基準に関する国際的議論といった論点について、内外の第一線で活躍される方々に講演・議論していただきます。低炭素社会の構築に向かう中で、金融と企業開示のあり方を巡る世界的な潮流と変化を理解し、それを踏まえ、我が国の金融・情報開示の制度・実務に携わる各主体がどのような対応を取っていくべきか、具体的行動に向けた第一歩となるシンポジウムを目指します。多くの方々のご参加をお待ちしております。
雨水再利用タンクシステム情報屋上緑化情報桐箪笥タンスの販売修理情報

> 地球温暖化の原因防止対策のシンポジウム「低炭素社会と金融・情報開示」を開催 はこちら

地球温暖化の原因防止対策で日本は35位に上昇

 欧州の非政府組織(NGO)は、地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出削減実績や地球温暖化の原因防止対策の政策などを国別に評価する「地球温暖化の原因防止対策による気候変動パフォーマンスインデックス(CCPI)」を発表した。それによると、地球温暖化の原因防止対策としてブラジルが新興国としては初めて最高位(1~3位は該当なし)になり、日本は35位で昨年の43位から順位を上げた。国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議COP15)会場で公表された。
 CCPIはNGO「ジャーマンウオッチ」と気候行動ネットワーク(CAN)ヨーロッパが毎年公表しているもので、地球温暖化の原因防止対策として今年で5回目となる。130人以上の地球温暖化の原因防止対策の専門家が参加し、発電や交通など分野別の1990年以降の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の増減傾向、人口1人当たりのエネルギー消費量など地球温暖化の原因防止対策に関する国内・国際政策の三つの基準で先進・新興国57か国を採点した。1~3位は「地球温暖化の原因防止対策が十分な国はない」として該当はなく、最高位の4位がブラジル(昨年8位)、5位スウェーデン(同4位)、6位英国(同9位)など。COP15議長国デンマークは17位(同10位)、米国は地球温暖化の原因防止対策に前向きなオバマ政権の政策が評価されたが53位(同58位)にとどまった。地球温暖化の原因防止対策としての最下位(60位)はサウジアラビアだった。CANヨーロッパは「ブラジルのような新興国が地球温暖化の原因防止対策の順位を上げたことは大変評価できる」とし、新興国の地球温暖化の原因防止対策による二酸化炭素などの温室効果ガスの排出抑制の取り組みが注目されるCOP15で、この結果が交渉を後押しすることを期待しているという。
古着買取リサイクル通販情報ブランド品高価買取情報家具高価買取リサイクルショップ販売情報

> 地球温暖化の原因防止対策で日本は35位に上昇はこちら

日本が途上国対象に地球温暖化の原因防止対策費用1兆7,500億円の支援

 地球温暖化の原因防止対策を議論している国連会議気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)に出席している小沢環境相はデンマークで会見し、途上国を対象に、今後3年間で地球温暖化の原因防止対策費用としておよそ1兆7,500億円の支援を行うと発表した。小沢環境相は「国際社会において、地球温暖化の原因防止対策に重要な責任を担う国の1つとして、約1兆7,500億円、おおむね150億ドル規模の地球温暖化の原因防止対策費用の支援を実施していくことを、本日決定いたしました」と述べた。小沢環境相は、途上国の地球温暖化の原因防止対策を支援する「鳩山イニシアチブ」として、1兆7,500億円の提供を発表し、各国の首脳会合を前に、政治的合意に向けて途上国に歩み寄りを促す狙いとしている。一方、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの排出枠組みのあり方をめぐっては、日本やEUなどは当初、すべての国が参加する地球温暖化の原因防止対策に係る議定書を作ることを求めてきたが、15日になって、合意に向けたわずかな前進が見られた。アメリカや中国が別の新たな枠組みに参加することを条件に、地球温暖化の原因防止対策の京都議定書の延長の交渉に応じる姿勢を見せた。このため閣僚級会合では、京都議定書の延長と、米中が加わる新しい枠組みとを「セット」にする案も浮上している。17日以降は、鳩山首相やオバマ大統領ら、世界のリーダーたちが続々と現地入りし、COP15は、政治的合意に向けて重大な局面に入るといえそうだ。
リサイクルトナー再生激安販売情報カーペットクリーニングじゅうたん情報革靴ブーツクリーニング情報

> 日本が途上国対象に地球温暖化の原因防止対策費用1兆7,500億円の支援はこちら

地球温暖化の原因による気候変動でニモが絶滅の危機

 日本でも大ヒットした映画である「ファインディング・ニモ」の主人公でもあり、一躍人気者になったカクレクマノミが、地球温暖化の原因による海水の酸性化などにより、絶滅に近づいているというショッキングな内容が報告された。国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議COP15)が開催されているデンマークの首都コペンハーゲンで14日、国際自然保護連合(IUCN)が報告した。報告の内容によると、地球温暖化の原因による気候変動で海水の酸性化や水温の上昇によって、棲家である珊瑚礁が破壊されるほか、カクレクマノミが隠れ場所として共生しているイソギンチャクを探すための嗅覚が影響を受けているという。この報告では、地球温暖化の原因で最も打撃を受けた動植物10種も明らかにされた。地球温暖化の原因による気候変動で絶滅の危機にあるのは、カクレクマノミのほかに、シロイルカやオサガメ、コウテイペンギン、コアラなどが挙げられている。地球温暖化の原因による気候変動の報告書を取りまとめたウェンディ・フォーデン氏は、記者団に「動植物は環境に適応するが、地球温暖化の原因による気候変動の速度は遅くなければならない。各国の政府が力強くタイムリーな地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減目標の達成に全力を傾け、気候変動の速度を落とすことができれば、これらの種に生き延びるチャンスを与えることができる。」と話している。
コピー機レンタルリース格安情報PCパソコン個人向けレンタルリース情報貸しスタジオレンタル情報

> 地球温暖化の原因による気候変動でニモが絶滅の危機はこちら

京都議定書の地で地球温暖化の原因防止対策のパレード

 国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)が開催されているコペンハーゲンや東京と連携し、京都府京都市内で実施された地球温暖化の原因防止対策のパレード「クールな地球へ! 京都アクション2009」が賑わっていた。COP3が開かれた1997年の地球温暖化の原因防止対策のパレードに比べれば小規模なものとなったが、参加者は地球温暖化の原因防止対策の京都議定書が生まれた地から強いメッセージを発信しようと「京都から地球温暖化の原因防止の声を」と訴えた。COP15は前半の会議を終え、地球温暖化の原因防止対策の京都議定書を基盤とする国際的な枠組みを決める作業はこれからが正念場となるところである。パレードの実行委員会は、日本は1990年比30%以上の地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の削減を目指せ、先進国は野心的な温室効果ガス削減目標と支援を目指せ、途上国も温室効果ガス削減の枠組みに参加をなどを共通スローガンとして掲げた。気候ネットワークや地球温暖化の原因防止京都ネットワーク、関西NGO協議会など多数の団体や市民ら約150人のパレードは午後2時、京都府京都市中京区の京都市役所を出発し、、参加者にはベビーカーを押す外国人男性をはじめ、白クマのかぶり物や牛の着ぐるみに身を包んだ参加者もいた。一行はシュプレヒコールを上げながら「STOP地球温暖化」「地球温暖化の原因防止対策によって守りたい私の地球」のプラカードと共に行進し、御池通から烏丸通、四条通、河原町通と市街の目抜き通りを約2時間かけて歩いた。
格安激安プロジェクターレンタル情報格安激安PA音響機材機器レンタル情報貸しホールレンタル情報

> 京都議定書の地で地球温暖化の原因防止対策のパレードはこちら

地球温暖化の原因となる温室効果ガスの計算方法

 12月7日からデンマークの首都コペンハーゲンで国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)が開催されている。2012年に期限が切れる京都議定書に続く、地球温暖化の原因防止対策の政治合意を目指している。地球温暖化の原因となる温室効果ガスは京都議定書で定められており、二酸化炭素(CO2)、メタン(CH4)、一酸化二窒素(N2O)、ハイドロフルオロカーボン類(HFCS)、パーフルオロカーボン類(PFCS)、六ふっ化硫黄(SF6)の計6種類とされている。これらの地球温暖化の原因となる温室効果ガスの計算方法は、実際にどれだけ排出されたのかを実際に測定するわけではなく、さまざまなデータから計算式を使って推測する理論値計算で行っている。つまり、温室効果ガス排出量=活動量×排出係数×温暖化係数となる。活動量とは、燃焼するとCO2を排出する石油、石炭、天然ガスといった化石燃料の消費量や、げっぷをした際にCH4をはき出すウシやヒツジなど家畜の頭数など、温室効果ガスを生み出す量となる。それぞれ、一定の単位当たりでどれだけの地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出するかを算出する「排出係数」が定められている。排出係数は、国連の下部組織である「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」が定めた数値もあるが、審査を通れば各国がその国の実情に合わせて決めることもでき、日本も独自の温室効果ガス係数を使用している。例えばガソリンでは、1リットルあたり2.32キロのCO2を生み出すとされているので、日本国内の1年間のガソリン消費量をリットル換算して、排出係数をかければ、ガソリンの1年間のCO2排出量が出てくることになる。また、ヒツジは年間1頭当たり4.1キロのCH4を排出するとされているので、日本のヒツジの頭数に排出係数をかければ、どれだけCH4を排出しているかが分かることになるという。ただ、温室効果ガスの排出量は、CO2以外の5種類のガスが温暖化に与える影響をすべてCO2に換算したもの、いわゆる「CO2換算の数値」が使用されている。その換算に使われるのが地球温暖化係数である。CO2が温暖化に与える影響を1とした場合、CH4は21、N2Oは310などと規定しており、それを温暖化係数としている。排出されたと推定される6種類のガスの排出量に温暖化係数をかけ、CO2に換算した数字を合わせたものが各国の地球温暖化の原因となる温室効果ガス総排出量になるという。
 鳩山由紀夫首相は地球温暖化の原因となる温室効果ガスについて、今年9月の国連会合で「1990年比で2020年までに温室効果ガスを25%削減することを目指す」と表明している。地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減の基準として出てくるのが1990年比である。関係者や地球温暖化の原因となる温暖化研究のマイケル・グラブ氏によると、最初に使われたのは、1992年にブラジルのリオデジャネイロで開かれた「環境と開発に関する国際連合会議」で採択された気候変動枠組み条約だったという。1990年を世界が気候変動を深刻な問題と認め、地球サミットにつながる交渉を始めた記念すべき年として、条約締結国に対し「1990年代末までに1990年の地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出量に戻す」とする法的拘束力を持たない目標を定めた。その後、1997年に京都で開かれたCOP3で、地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量削減に法的拘束力を持つ議定書を締結する際、EU諸国が「1990年以降の年を基準年とした場合、条約で定めた地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出削減の努力をしていない国が有利になる」と主張したことなどから、京都議定書でも1990年を地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減目標の基準年として採用されたという経緯がある。環境意識の薄かった1980年代は、地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量を推定するデータも乏しいことなどから、以降も地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量基準年として1990年が使われるようになったのである。
貸し会議室レンタル情報賃貸の貸し事務所レンタルオフィス探し情報貸し布団ふとんレンタル情報

> 地球温暖化の原因となる温室効果ガスの計算方法はこちら

地球温暖化の原因防止対策の京都議定書延長に先進国が反発

 国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議COP15)の進行が現在もめている状況にある。というのもCOP15の下に置かれている二つの特別作業部会の議長がまとめた報告書案に、先進国だけに地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減義務を課した京都議定書の枠組みをそのまま延長させることが盛り込まれたことを受け、先進各国は11日、こうした地球温暖化の原因防止対策の取り組み方に一斉に反発の声を上げた。京都議定書で地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減義務を負っていない米国や中国などに対しても、同一の枠組みの下で地球温暖化の原因防止対策に取り組む仕組みにすべきだと主張している。特別作業部会の報告案では、京都議定書が定めていない2013年以降の先進国の地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス削減目標を新たに決め、京都議定書を改正して法的に地球温暖化の原因防止対策の達成を義務付けるものとしている。一方で、京都議定書を離脱した米国の地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス削減目標の設定や、現在温室効果ガスの削減義務を負っていない途上国の今後の行動については、法的な温室効果ガスの削減順守義務を課さない形での決定にとどめる考え方が示された。日本や欧州連合(EU)などの先進各国は、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスで世界の排出量の4割を占める米中などの目標に法的拘束力を持たせない内容となっている報告書案について、「地球温暖化の原因防止対策としての実効性がまったく担保されていない。」と強く批判している。日本政府は「このような地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス削減への内容では合意できない」と反発を強めている。他方で、中国やブラジルなどの途上国は、従来から先進国の歴史的な地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出責任を主張してきたため、京都議定書の延長を盛り込んだ議長提案に対して「評価する」と賛意を表明している。地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減方法に関しては、先進国と途上国の対立が鮮明になっている状況にある。
パートタイマーの求人募集転職内職在宅ワークの求人募集転職介護福祉士の求人募集転職

> 地球温暖化の原因防止対策の京都議定書延長に先進国が反発はこちら

EUが途上国の地球温暖化の原因防止対策に支援

 欧州連合(EU)首脳会議は11日、コペンハーゲンで開催中の気候変動枠組み条約第15回締約国会議COP15)の協議を後押しするため、新たな地球温暖化の原因防止対策の議定書(ポスト京都議定書)策定に向けての呼び水として2010~2012年に、途上国に対し計72億ユーロ(約9400億円)の地球温暖化の原因防止対策に係る支援を行うことなどを決めて閉幕した。議長総括で、COP15で拘束力のある「政治合意」文書を結び、2012年で期限が切れる京都議定書に続く新たな地球温暖化の原因防止対策の議定書を今後6か月以内に完成させるよう呼びかけた。また、2020年までの地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量の削減目標については「(米国や中国など)他国が十分な地球温暖化の原因となる温室効果ガスの削減実施」を表明することを条件に、現在の地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減の目標である1990年比20%減を同30%減に引き上げる方針を改めて強調した。地球温暖化の原因により途上国の一部は海面上昇による水没や森林破壊、飲料水不足など深刻な危機に直面しているところが増えてきている。途上国に対し72億ユーロを前倒し支援することで急激な地球温暖化の原因の影響を緩和するとともに、COP15で政治合意に向けて途上国の地球温暖化の原因防止対策への協力を取り付ける狙いがあるという。
ライターの求人募集転職モデルの求人募集転職アルバイト探し求人募集転職

> EUが途上国の地球温暖化の原因防止対策に支援はこちら

日本経団連の地球温暖化の原因防止対策の低炭素実行計画

 日本経団連は、日本経済界の地球温暖化の原因防止対策として、2020年に向けて最先端技術を最大限導入することを盛り込んだ地球温暖化の原因防止対策の「低炭素社会実行計画」を発表した。具体的な地球温暖化の原因防止対策の数値目標は今後詰めるが、最新技術を最大限導入した場合でも鳩山由紀夫首相が掲げた中期目標「2020年までに地球温暖化の原因である温室効果ガス二酸化炭素CO2を1990年比25%削減」を達成するのは難しいとしている。経団連は同計画の英訳版を開催中の国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)参加者に配布し、日本の産業界の実績を訴えると同時に、高い地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2削減目標値の合意を牽制したい考えだ。経団連はこれまで、京都議定書に合わせ、鉄鋼や電力など34業界が参加した産業界独自の地球温暖化の原因防止対策の自主行動計画を実行しているが、今回は行動計画に次ぐものとして、地球温暖化の原因防止対策の実行計画をまとめた。同計画策定に参加する業界は最先端技術を最大限に導入することを前提として、2020年段階の地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出削減目標を設定する。地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2削減目標は「国内外への約束」として従来の地球温暖化の原因防止対策自主行動計画よりも強制度合いを高め、目標未達の場合は海外の地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出削減事業で生まれる排出枠購入などを検討する。地球温暖化の原因防止対策実行計画の対象業種は産業部門に加え、スーパーなどの業務部門や運輸部門にも拡大しているのが大きな特徴となっている。革新的な技術や途上国での地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出削減支援などにも取り組み、「2050年の世界の地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出量半減という目標達成に中核的役割を果たす」としている。ただ、産業界では従来以上の地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2削減は難しいとの見方が一般的となっている。地球温暖化の原因防止対策の自主行動計画は京都議定書の第1約束期間(2008~2012年度)に「地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2を1990年度レベル以下の排出量に抑える」との思い切った目標値を設定している。これに沿って参加業界が努力を積み重ね、期間中の地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出量は1990年度比7.5%減と目標を大きく上回って達成できる計画だという。これは、生産量当たりの地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出量である原単位を大幅に減らせたことだ。208年度の原単位を1990年度比で88%も低下させたガス業界の場合、生産時に地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2を多く発生する石炭・石油系ガスから、地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2をほとんど出さない天然ガスに転換したことが大きい。しかし、転換はほとんど終了し、これ以上の地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2削減は難しいのが現状だ。また、原単位を1990年度比で18%削減した製紙業界の場合、製造時の燃料を化石燃料から廃木材などを使ったバイオマスへの切り替えた効果が大きかった。ただ、バイオマス利用も他業界に広がり、日本製紙連合会の二瓶啓常務理事は「手ごろな廃木材の入手はもはや困難である。これ以上の地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2大幅な削減はかなり難しい。」と訴える。経団連の椋田哲史常務理事は「地球温暖化の原因防止対策実行計画以上の削減を求められると、地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出枠購入か生産縮小の二者択一になる。」と、地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出削減努力が限界に近づいていることを強調した。
薬剤師・管理薬剤師の求人募集転職栄養士・管理栄養士の求人募集転職保育士の求人募集転職

> 日本経団連の地球温暖化の原因防止対策の低炭素実行計画はこちら

地球温暖化の原因で巨大氷山が漂流

 デンマークのコペンハーゲンにおいて国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議COP15)が開催されているさなか、香港の地域よりも大きな氷山が南極海からオーストラリア大陸に向かって漂流していることが、米航空宇宙局(NASA)の衛星写真ではっきりと確認された。南極大陸から南極海へ向かって、先月から大量の氷山の流出が起きており、地球温暖化の原因ではないかと指摘も出ている。流れ出したのを確認された氷山の面積は約140平方キロで、日本の伊豆大島の約1.5倍、香港島の約1.7倍もの大きさの氷山だという。オーストラリアの南方1700キロ付近の洋上を現在漂流しているという。オーストラリア南極局の専門家によると、「これほど巨大な氷山の漂流は恐らく大型帆船の時代(19世紀)以来になるはずだ」と話している。南極海では先月中旬から大量の氷山流出が発生しており、ニュージーランド方向に漂流する数百の氷山が観測されている。オーストラリア南極局では「地球温暖化が今のまま進めば、こうした温暖化を原因とする現象が続くだろう」と指摘している。
袴はかまレンタル卒業式情報不用品廃品ゴミ回収買取引取り処分情報医師の求人募集転職

> 地球温暖化の原因で巨大氷山が漂流はこちら

COP15の地球温暖化の原因防止対策で途上国と新興国が対立

 デンマークのコペンハーゲンにおいて国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議COP15)が始まった。その会議の中で、地球温暖化の原因による海面上昇の被害を受けている島嶼国は9日、京都議定書に続く新たな地球温暖化の原因防止対策に係る議定書案の交渉を進めるよう要求した。これに対し、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの排出抑制義務が課されることを警戒する中国やインドが反対を表明した。地球温暖化の原因による被害を受けやすい開発途上国と、経済発展に伴い温室効果ガスの排出量が増加している新興国との間の意見対立が表面化したかたちとなった。南太平洋の島国であるツバルは島嶼国を代表して、地球温暖化の原因による被害に苦しむ国への支援拡充を柱とする「コペンハーゲン議定書」を提案している。地球温暖化の原因となる大気中の温室効果ガス濃度を二酸化炭素(CO2)換算で350ppm以下に抑えるよう主張し、世界の中でも最も厳しい態度で地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出削減に取り組むよう各国に求めている。ツバルは9日の本会議で、地球温暖化の原因防止対策に係る新議定書案を交渉するための会議の場をつくるよう提案した。これに対し、中国やインド、サウジアラビアは「地球温暖化の原因防止対策に関しては京都議定書で十分だ」として会議設置案を拒否している。一方で、ソロモン諸島やクック諸島、セネガル、ケニアなどが地球温暖化の原因防止対策に係る新議定書案の策定に相次いで賛意を示し、途上国側であっても意見が二つに分かれる格好となった。国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議については、当初、先進国と途上国との意見対立が予想されていたが、途上国内の対立も見られるようになった。
雨水再利用タンクシステム情報屋上緑化情報桐箪笥タンスの販売修理情報

> COP15の地球温暖化の原因防止対策で途上国と新興国が対立はこちら

地球温暖化の原因防止対策のCOP15が開幕

 2013年以降の地球温暖化の原因防止対策の枠組みを話し合う第15回国連気候変動枠組条約締約国会議COP15)が7日、デンマークのコペンハーゲンで開幕した。会議期間は2週間で世界各国・地域の首脳が地球温暖化の原因防止対策について協議する。イボ・デブア国連気候変動枠組み条約(UNFCCC)事務局長は開幕に先立ち、同会議を地球温暖化の原因防止対策の将来へ向けた転換点の1つとしなければならないと述べた。COP15には、世界100か国近くの首脳が出席する予定となっている。参加申し込み者は3万4000人余りと、会場のベラ・センターの定員の2倍以上に達した。非政府組織(NGO)メンバーの一部は場外での待機を余儀なくされている。報道関係者も登録者が3500人を超え、受け付けが早々と締め切られた。デブア事務局長は、開幕前の記者会見で、「もう時間がない。」と、地球温暖化の原因防止対策への危機感を表明した。「今後2週間の会議で、各国政府はこの地球温暖化の原因防止対策問題に対し、力強く長期的な取り組みを示す必要がある。」と述べた。そのうえで、今回の会議を前に、多数の先進国や途上国が地球温暖化の原因となる温室効果ガスの削減を表明していると説明した。「地球温暖化の原因防止対策の気候変動をめぐる過去17年間の交渉で、これほどの数の国がこれほど明確な温室効果ガスの削減目標を示したことはない」と語った。地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素などの温室効果ガスの削減をめぐっては、世界の排出量の約5分の1ずつを占める米国、中国が、相次いで削減目標を発表している。国連気候変動枠組条約締約国会議(COP15)では、2012年に期限切れとなる京都議定書に続く新たな枠組みで、現実性のある地球温暖化の原因防止対策の政治合意が達成できるかどうかが焦点となる。
地上デジタルテレビアンテナ工事情報レディースファッションブランド品リサイクルショップ情報家電リサイクルショップ高価買取販売情報

> 地球温暖化の原因防止対策のCOP15が開幕はこちら

アメリカで地球温暖化の原因に懐疑論が上昇

 アメリカで地球温暖化の原因が事実なのかどうか疑問視する人が増えてきており、地球温暖化の原因とされている二酸化炭素などの温暖化ガス排出量削減を支持する人は減っていることが、CNNとオピニオン・リサーチの最新世論調査で分かった。この調査は7日、地球温暖化の原因防止対策について話し合う第15回国連気候変動枠組条約締約国会議COP15)の開幕に合せて発表された。それによると、「地球温暖化の原因は証明された事実」と考える人は全体の3分の2となり、2008年6月の調査に比べて8ポイント減った。支持政党別に見ると、民主党支持者は横ばいだったが、共和党支持者は11ポイント減少している。地球温暖化は事実だと答えた人のうち、原因は工業生産による温室効果ガスである二酸化炭素の排出など人間の活動にあるとする回答は45%となり、前年の54%から9ポイント減少した。地球温暖化の原因は人間ではなく自然界に原因があるとの回答が約3分の1を占めた。地球温暖化の原因となる二酸化炭素の温暖化ガスの排出量削減については「たとえほかの国が地球温暖化の原因となる二酸化炭素の温暖化ガスを削減しなくても、米国は削減すべき」と答えた人が、07年調査の66%から、今回調査では58%に減っている。地球温暖化の原因をめぐっては、一部科学者がデータを故意に操作したともとれる電子メールの存在がCOP15の開幕を前に暴露され問題となった。しかし、ほかの調査機関が11月に実施した地球温暖化の原因の世論調査でも今回と同様の結果が出ており、データ操作疑惑の直接的な影響はないと見られる。地球温暖化の原因の調査は12月2―3日にかけて、米国の成人1041人を対象に電話で実施したものである。
子供服リサイクルショップブランド買取販売情報布団ふとんクリーニング情報着物きものリサイクル買取販売店情報

> アメリカで地球温暖化の原因に懐疑論が上昇はこちら

地球温暖化の原因防止対策のCOP15に先進国・途上国に溝

 地球温暖化の原因防止対策の新たな枠組み(ポスト京都議定書)を話し合う国連気候変動枠組条約締約国会議(COP15)が7日から、コペンハーゲンで開かれる。地球温暖化の原因防止対策のポスト京都議定書の採択は困難なものの、地球温暖化の原因防止対策の大枠について政治合意を目指すことになりそうだ。先進国と開発途上国の間には、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減・抑制の分担をめぐる対立が続いており、これを打開できるかがカギとなる。地球温暖化の原因防止対策の政治合意には、(1)先進国の地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減目標(2)途上国の地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出抑制策(3)地球温暖化の原因となる温室効果ガス対策に取り組む途上国向け資金支援(4)地球温暖化の原因防止対策の新議定書採択など法的合意の期限を盛り込むことを想定している。これまでの交渉では、途上国は先進国の歴史的な地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出責任を指摘してきた。2020年までの地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量を1990年比40%削減することや、地球温暖化の原因防止対策に必要な資金や技術の供与を要求してきた。一方で先進国は、経済発展に伴って地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量を増大させている新興国を念頭に、相応の地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出抑制を迫っている。このためCOP15では、地球温暖化の原因となる温室効果ガスに係る対立打開に向け、先進国と途上国が温室効果ガス削減・抑制についてどこまで歩み寄れるか、先進国が途上国向け地球温暖化の原因となる温室効果ガス対策の資金支援をどれだけ用意できるかなどが議論になる。
貸し倉庫収納トランクルームレンタル情報介護用品レンタル情報家電製品家具レンタルリース情報

> 地球温暖化の原因防止対策のCOP15に先進国・途上国に溝はこちら

中国が地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減の数値目標を発表

 12月に開催される国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)での地球温暖化の原因防止対策の首脳合意に向け、主要国が大きく動き出した。中国政府は26日夜、温家宝首相の会議出席と、2020年までに地球温暖化の原因となる温室効果ガスの40~45%削減という数値目標を発表した。日本時間26日午後9時半ごろ、中国政府は「政府は2020年の地球温暖化の原因となる温室効果ガスであるCO2排出量を2005年比で40~45%に削減することを決定した」と述べた。地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減の数値目標を示すことに消極的だった中国が突然、発表した狙いについて、東京工業大学大学院の蟹江憲史准教授は「中国がこの交渉に対して仕掛けてきたということは言えると思います。地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減目標を発表することによって、自分たちもやるから、その代わりに先進国ももっとやってくれと」と話した。この会見の少し前には、アメリカのオバマ大統領がCOP15に出席することと、2005年比で地球温暖化の原因となる温室効果ガスの17%を削減という目標をアメリカが発表した。25日、気候変動枠組み条約のデブア事務局長は「オバマ大統領がコペンハーゲンの気候変動サミットに出席するのは、大変、大きな意味を持つ」と語った。地球温暖化の原因防止対策に消極的だったブッシュ政権からの大きな方針転換で、アメリカの積極的な姿勢をアピールした。鳩山首相は「それぞれの国が、本来なかなか言い切れないなと思っていた地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減の数値的な目標を示したということは、これは大変、大きな意味がある」と述べた。しかし、それらの数値には、カラクリがある。アメリカの17%は2005年比で、これを1990年比に換算すると、数%程度の地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減とみられる。一方、中国は2005年の総排出量ではなくGDP(国内総生産)比で、経済成長を続ければ、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの大きな削減にはならない。東京工業大学大学院の蟹江憲史准教授は「先進国が言っているような絶対目標よりは、まだ緩い目標ということは言えるんですが」と語った。中国政府は、今回の地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減幅について、「地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減は、国内の自主目標で、国際公約にしない」などとしている。70近い国の首脳級が集まるCOP15では、先進国から地球温暖化の原因となる温室効果ガスを削減すべきと主張する中国やインドといった新興国と先進国との間で、激しい駆け引きが予想される。
貸しテナント物件賃貸店舗情報フランチャイズFCチェーン加盟店募集情報販売代理店会社募集情報

> 中国が地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減の数値目標を発表はこちら