TOPページ > 検索結果

検索結果 【COP10】

生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)は二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因対策のバイオディーゼル燃料(BDF)で対立

 生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策気候変動対策で推奨されるバイオディーゼル燃料(BDF)について協議した。先進国が有効性を主張したのに対し、アフリカ諸国は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策とはいえ、森林がバイオディーゼル燃料(BDF)の燃料用農地に転換され生態系破壊につながる」として反対を表明した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策と生物多様性という大きなテーマの狭間で、バイオディーゼル燃料(BDF)が矛盾を抱えている状況が鮮明になった。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、広く実用化されているバイオディーゼル燃料(BDF)のエタノールは、サトウキビやアブラヤシなどを発酵させて精製する。材料となる植物は大気中の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を吸収して育つため、燃やして二酸化炭素(CO2)が排出されても環境的には「カーボンニュートラルの中立」として排出量に計算されない。バイオディーゼル燃料(BDF)のエタノールに関しては、現在、ブラジル及びインドが原料の主要生産国となっている。アメリカオバマ政権は、グリーン・ニューディール政策の中で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、バイオディーゼル燃料(BDF)を再生可能エネルギーの目玉として推進してきている。日本においても、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、自動車メーカーにバイオディーゼル燃料(BDF)対応車の比率を高めるよう要請している状況にある。しかし、アフリカなどでは、トウモロコシ農場がバイオディーゼル燃料(BDF)用のサトウキビ畑に転換することで、人間や家畜の食糧不足が発生しているのも事実である。協議ではキューバが「バイオディーゼル燃料(BDF)は食料価格の高騰を招く」と、バイオディーゼル燃料(BDF)の拡大利用を見直すよう求めた。これに対し、バイオディーゼル燃料(BDF)大国のブラジルは「バイオディーゼル燃料(BDF)はクリーンなエネルギーであり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるうえに、途上国の農村部の発展にもつながる」とバイオディーゼル燃料(BDF)のメリットを強調した。日本も「生物多様性条約事務局が示した案は、バイオディーゼル燃料(BDF)の悪い面が強調されている」と主張し、議論は進みそうにない。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)は二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因対策のバイオディーゼル燃料(BDF)で対立はこちら

東京都中央区のリコーは愛知県名古屋市のCOP10とLMOのCOP/MOP5のドキュメントの出力MDSで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 リコー(東京都中央区銀座)は、愛知県名古屋市で開催される「生物多様性条約第10回締約国会議COP10)」(10月18~29日)と、同じく愛知県名古屋市で開催される遺伝子組換え生物等(LMO)の「カルタヘナ議定書第5回締約国会議COP/MOP5)」(10月11~15日)において、会議に使われるドキュメントの出力運用管理業務を受託したと発表した。地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する省エネ技術を搭載したデジタル複合機やプリンターを導入して実行する。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもなり、効率的なドキュメントの出力環境「マネージド・ドキュメント・サービス(MDS)」を提供することによって、ドキュメントの出力運営品質の維持を継続して実施する。ドキュメントの出力環境は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として消費電力量を抑制したデジタル複合機及びプリンター合計114台で構成されている。会議で不要となった機密文書の回収及び溶解サービス行い、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策という環境問題とセキュリティの両方に配慮して安全に運用し、24時間にわたって保守サポートも行うという。リコーのMDSの仕組みは、ドキュメント入出力状況を詳細に分析し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としても最適になるような機器の配置や効率的なワークフローを提案し、さらに、運用及び管理を請け負うサービスとして、リコーが世界的に展開しているものである。リコーグループの企業姿勢として、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする環境経営を掲げて環境問題への負荷の削減を積極的に進め、生物多様性の保全にもいち早く取り組んでいることが大いに評価されたことによって、愛知県名古屋市で開催されるCOP10及びCOP/MOP5の出力業務の委託事業者に選ばれたという。さらに、リコーの製品が備えている環境性能だけではなく、原材料の調達から製品の生産、販売活動、廃棄処分に至るまで、製品のライフサイクル全体で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする環境問題への負荷を削減する姿勢が認められ委託に至ったという。リコーグループは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、1999年から二酸化炭素(CO2)を吸収固定する森林生態系保全プロジェクトや、社員らの自主的な環境問題への活動を推進する「環境ボランティアリーダー養成プログラム」など、生態系を保全する環境問題への活動に積極的に取り組んできた。リコーでは、「リコーグループ生物多様性方針」を2009年3月に策定しており、企業の事業活動においても生物多様性に配慮する方向性を打ち出してきている。リコーでは、自社製品及びサービスによる愛知県名古屋市のCOP10及びCOP/MOP5会議の運営サポートを契機として、生物多様性の保全と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に一層貢献していく考えだという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都中央区のリコーは愛知県名古屋市のCOP10とLMOのCOP/MOP5のドキュメントの出力MDSで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

三重県大台町は森林整備による二酸化炭素(CO2)排出量の吸収固定で地球温暖化の原因対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、企業活動などで生じた二酸化炭素(CO2)排出量を町有林で吸収固定する排出量取引を始めた三重県大台町は、愛知県名古屋市で10月11日から始まる国連地球生きもの会議(COP10)で排出される二酸化炭素(CO2)を吸収する団体に選ばれた。環境省(東京都千代田区霞が関)や外務省(東京都千代田区霞が関)などで構成されている「COP10日本準備事務局」によると、会議には期間中、193の国と地域から8,000人が参加する予定であり、航空機や鉄道による移動や会議の際の照明等の電力などで、3万1,000トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が見込まれている。準備事務局から業務委託を受けた「カーボンオフセット事務局」は、排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を相殺する二酸化炭素(CO2)吸収量を売る「オフセットクレジット制度」に取組む団体や企業を公募していた。これに国内の13の地方自治体や企業からの応募があり、すべてがオフセットクレジット制度の取引対象に選ばれたという。カーボン・オフセット事務局は、国内13団体から購入する二酸化炭素(CO2)吸収量2,571トンのうち、217トンの二酸化炭素(CO2)吸収量を三重県大台町から購入するという。三重県大台町が売る地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)吸収量は、住友林業(東京都千代田区大手町)の800トン、三菱UFJリース(東京都千代田区丸の内)の486トンに次いで3番目の二酸化炭素(CO2)吸収量になるという。残りの2万4,000トンの二酸化炭素(CO2)吸収量は、海外取引で相殺するという。オフセットクレジット制度による二酸化炭素(CO2)吸収量の取引で三重県大台町は数百万円ほどの収益が得られることになるが、二酸化炭素(CO2)を吸収固定する町有林の森林整備や地域振興などに充当するという。尾上武義三重県大台町長は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策も話し合われる会議に認めていただけた。二酸化炭素(CO2)を吸収固定する森林整備をしっかり進めていかなければ」と話している。三重県大台町には、ナゴヤドーム約320個分の1,600ヘクタールの大台ケ原を始めとする町有林があり、1990年以降の森林整備で間伐した144ヘクタールで2,389トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を吸収可能として環境省から認証を受けていた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 三重県大台町は森林整備による二酸化炭素(CO2)排出量の吸収固定で地球温暖化の原因対策はこちら

COP10・MOP5でカーボンオフセットによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 環境省(東京都千代田区霞が関)、外務省及び農林水産省による生物多様性条約COP10MOP5カーボンオフセット事務局は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、「生物多様性条約第10回締約国会議等におけるカーボンオフセットに用いる二酸化炭素(CO2)排出量クレジット」の募集を行うと発表した。生物多様性条約(CBD)の第10回締約国会議(COP10)及びカルタヘナ議定書第5回締約国会議(MOP5)開催にあたっては環境負荷を低減する環境配慮を行うことが求められ、過去の国際会議等を参考にしつつ廃棄物や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の排出削減努力を行い、削減しきれない地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を二酸化炭素(CO2)排出量クレジットによるカーボンオフセットで削減することにより、COP10/MOP5の環境負荷を可能な限り低減する必要がある。今回の公募は、こうした削減しきれない地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量をカーボンオフセットするために、COP10/MOP5の趣旨に即した二酸化炭素(CO2)排出量クレジットを調達することを目的とするものとなっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> COP10・MOP5でカーボンオフセットによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら