TOPページ > 検索結果

検索結果 【CO2】

東京工業大学が二酸化炭素(CO2)から原料を生成

 地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)と炭素化合物を金属性の触媒を利用して、医薬品やプラスチックの原料に使用できる炭素資源を生成する手法を、東京工業大学(東京都目黒区大岡山)の岩沢伸治教授の研究グループが開発し、アメリカの化学会専門誌に発表したという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の資源化の道への可能性もあり、地球温暖化といった環境問題への解決にも期待できる。研究グループは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の化合物の生成に金属のロジウムを触媒として利用しているという。ロジウムが結合しやすいようにした炭素化合物にアルミニウム化合物を添加すると、炭素と水素の結合が切れ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)と結び付いた。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の工業的使途は現在、ポリマーの一種の生産過程などに限定されているのが実情である。今後、原油の主成分の炭化水素と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を反応させ、医薬品製造用の炭素資源にすることもできるといい、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の有効利用に加えて、医薬品等の生産時に使用される石油の量も削減できる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京工業大学が二酸化炭素(CO2)から原料を生成はこちら

宮城県が二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の協定締結

 宮城県は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、宮城県大衡村で新本社工場を稼働させたセントラル自動車(神奈川県相模原市緑区)と環境配慮基本協定を締結したと発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、二酸化炭素(CO2)排出量の削減や廃棄物排出量の抑制など、環境負荷の低減に向けた企業活動を促す宮城県の指針「宮城県環境配慮推進ガイドライン」にセントラル自動車が賛同して協定の締結に至った。宮城県環境配慮推進ガイドラインは2009年に制定され、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の対象は敷地面積が20ha以上の工場や事業所となっているが、指針に基づく宮城県との協定の締結は初めてのケースとなる。セントラル自動車では、暖房の効率化や建物のコンパクト化、植林や緑化などによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策を講じる。2012年度を目標に、車1台当たりの生産に伴う地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を、2007年度に同社が作った計画から30%削減する目標を立てており、毎年6月に、取組状況を宮城県に報告するものとなっている。今般、宮城県庁で行われた締結式には、村井嘉浩宮城県知事と跡部昌洋大衡村長、セントラル自動車の葛原徹社長が出席し、葛原社長は「よき宮城県内の企業村民として認めていただけるように、会社を挙げて地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に配慮していきたい」とコメントした。村井宮城県知事は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の協定の趣旨を理解し、環境配慮に努めて、宮城県民の期待に応えてほしい」と話していた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 宮城県が二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の協定締結はこちら

岐阜県は坂本龍一さんと二酸化炭素(CO2)のカーボンオフセット

 岐阜県は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、2011年度から、音楽家である坂本龍一さんが代表の森林保全団体「モア・トゥリーズ」(東京都)とタイアップし、岐阜県内を観光しながら森林づくりや地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に貢献するエコツーリズムを実施すると発表した。岐阜県では、坂本龍一さんの日本国内はもちろんのこと、世界的な知名度を生かして、地球環境問題に優しい岐阜県の旅を内外にPRしていくという。岐阜県が今回タイアップする森林保全団体「モア・トゥリーズ」は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、森林再生に取組む坂本龍一さんが2007年に設立した環境問題を考える団体である。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定する森林整備や間伐材製品の販売を行っている。このほかにも、企業が自社の企業活動に伴って排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を森林組合などの行う森づくりに資金提供することで双方を相殺する「カーボンオフセット」の仕組みの普及にも取り組んでいるという。岐阜県が始めるエコツーリズムは、このカーボンオフセットの仕組みを活用する。岐阜県森林組合が間伐などにより削減した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を環境省(東京都千代田区霞が関)の第三者機関に認証してもらい、その認証をモアが岐阜県のエコツーリズム用に販売する仕組みになっている。こうした環境問題対策の趣旨に賛同する岐阜県内の旅館やホテルの宿泊費に代金が上乗せされ、その分岐阜県森林組合に還元されて森林整備に使用されるという。この環境問題対策の上乗せ代金の設定は、宿泊先の照明や空調などを使うことで排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の削減量に見合う金額となっている。つまり、岐阜県内の観光で排出された地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)が、岐阜県内の森林で吸収固定されるという仕組みになっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 岐阜県は坂本龍一さんと二酸化炭素(CO2)のカーボンオフセットはこちら

大阪府は電気自動車(EV)のAutolib(オートリブ)カーシェアリングで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 大阪府大阪市で、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みの一環として、オリックス自動車(東京都港区芝)、日本ユニシス(東京都江東区豊洲)、イード(東京都中野区中央)、ジェーシービーJCB(東京都港区南青山)の協力の下、2011年1月から、電気自動車(EV)の共同利用事業プロジェクトを発足する。これは、環境省(東京都千代田区霞が関)が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策事業として実施している、平成22年度地球温暖化対策技術開発等事業において「電気自動車(EV)による日本版Autolib(オートリブ)に関する技術開発」の採択を受けた取組みである。Autolib(オートリブ)は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、フランスのパリ市で2011年から運用開始予定となっている電気自動車(EV)カーシェアリングで、3000台の電気自動車(EV)と1000か所の電気自動車(EV)カーステーションを設け、24時間365日電気自動車(EV)を利用可能とするものである。現在、パリ市が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として行っている自転車貸出システム「Velib(ヴェリブ)」が成功したことから、電気自動車(EV)カーシェアリングにおいても同様に無人で貸出・返却を行おうとするものである。今回の電気自動車(EV)による日本版Autolib(オートリブ)プロジェクトでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として大阪府大阪市において、日本版オートリブの実現に向けた技術開発を行うという。電気自動車(EV)による日本版Autolib(オートリブ)プロジェクトでは、日産自動車(神奈川県横浜市西区高島)の電気自動車(EV)「リーフ」用のカーシェアリングシステムや、大阪府が推進し近畿圏への普及を目指す「大阪府充電インフラネットワーク」利用時にエコ・アクション・ポイントが付与される仕組みのほか、電気自動車(EV)利用時に目的地までの走行距離確認や充電場所情報をスマートフォンで入手できる情報提供システムなどといった、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として大阪府下で電気自動車(EV)社会の普及推進に向けたサービスを開発するという。このうち、オリックス自動車は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、「充電インフラシステムと連携した電気自動車(EV)カーシェアリングシステムの開発」を目的とし、電気自動車(EV)リーフ用カーシェアリング車載装置の開発や、大阪府内内でのワンウェイ(乗り捨て)運用ロジックの開発を担当する。日本ユニシスは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電気自動車(EV)カーシェアリングシステム、充電場所情報提供システム、エコ・アクション・ポイントシステムとのシステム連携を開発する。イードは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電気自動車(EV)の大阪府内の充電場所情報提供システムの開発として、貸出用電気自動車(EV)の出発地から目的地までの走行距離事前確認、走行ルート周辺部の電気自動車(EV)充電可能場所の確認、また、日本ユニシスと連携し大阪府内の充電スタンドの満空情報の提供システムを開発する。ジェーシービーは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、大阪府のエコ・アクション・ポイント利用における電気自動車(EV)充電インフラと、ユーザーインターフェースについて開発を行う。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての大阪府の実証事業の3年計画のうち、1年目は12台の日産自動車の電気自動車(EV)リーフを導入予定であり、3年後には約50台の電気自動車(EV)導入を大阪府は計画しているという。また、大阪府は、2011年度以降には、大阪府内で電気自動車(EV)のワンウェイ利用の実証実験を行うなど、カーシェアリングの利便性をさらに向上させるためのサービスの開発を計画しているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 大阪府は電気自動車(EV)のAutolib(オートリブ)カーシェアリングで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

東京都千代田区のJFEエンジニアリングは生ゴミのバイオガス発電で地球温暖化の原因になる二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 JFEエンジニアリング(東京都千代田区丸の内)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、中国河南省鄭州市全域のレストランから出る日量200トンの生ゴミで発電するバイオガス発電システムを、中国青海省の「青海潔神」から受注した。JFEエンジニアリングによると、鄭州市の生ゴミのバイオガス発電システムは、今年中に着工し、来年中に稼働させる予定だという。JFEエンジニアリングは青海潔神から今後、同様の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する生ゴミのバイオガス発電システムを年2~3件受注を見込んでいるという。JFEエンジニアリングの生ゴミのバイオガス発電システムは、生ゴミを一旦粉砕してから、発酵するものとそうでないものに分別し、発酵するものからメタンガスを取り出して900kwの電力を発電する仕組みになっている。日量200トンの生ゴミがあれば、年間7500時間発電可能であり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の大きな削減対策となっている。中国の青海潔神は2006年に設立され、生ゴミの収集や処理場の建設及び運営などを行っている会社である。青海省西寧市内では、レストランから排出される生ゴミの収集事業を行っているが、生ゴミのバイオガス発電システムまで手掛けるのは今回が初めてのケースになる。同社が鄭州市の事業を始めるに当たり、過去に人的つながりのあった日本のJFEエンジニアリングの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる、生ゴミのバイオガス発電システムが採用されたという。中国では、生ゴミだけでなく、産業廃棄物や下水汚泥なども埋め立て処分してきた。しかし、最終処分場が少なくなったことや、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など環境問題保全の観点から、中国政府はゴミの無害化及び再資源化を推進している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区のJFEエンジニアリングは生ゴミのバイオガス発電で地球温暖化の原因になる二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)がトラック自動運転で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にも貢献する、大型トラックの自動運転による隊列走行実験に成功したと発表した。高度道路交通システム(ITS)の一環で、燃費の低減の省エネ対策や渋滞の緩和により地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減が期待できるという。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、今後、性能や安全性を一層高めて、トラック自動運転の早期の実用化につなげたいと話している。大型トラックの自動運転による隊列走行実験では、25トントラックの実験車3台を時速80キロ、車間距離15メートルを保ち走行させた。25トントラックの運転者はハンドル操作を行わず、25トントラックのに搭載されたカメラやレーダーなどが車線や先行車との距離などを認識して完全自動で走行したが、運転の誤差はほとんどなく、前方に障害物を置いた実験でもぶつかることなく3台が自動で停車した。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、今年度中に車間距離を10メートルまで縮めて、トラックの自動運転による隊列走行を実現したいという。また、2012年度は、25トントラック4台を車間距離4メートルで走らせる実験目標も掲げ、一層の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献していきたいとしている。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)によると、、25トントラックが高速道路などで車間距離を短くして隊列走行すると、空気抵抗が減少する。例えば、車間距離を4メートルに保ちながら、時速80kmで走行する場合では、約15%の省エネルギー効果があり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減と燃料使用を減らせるという。さらには、渋滞緩和や交通事故の減少も期待できるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)がトラック自動運転で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策はこちら

埼玉県さいたま市はパートナーシップの3Rで二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因対策

 埼玉県さいたま市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環の取組みとして、さいたま市と連携してゴミ減量に取り組む事業者や団体を募集している。事業者や市民団体は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、循環型社会の構築をめざし、ゴミの発生抑制(リデュース)、再使用(リユース)、再資源化(リサイクル)の「3R」を推進し、積極的にゴミの減量に向けた取組みを行うことを宣言して実践する。さいたま市では、これを「さいちゃんの『3Rパートナーシップ宣言』」と呼んでいる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の3Rパートナーシップ宣言の内容として、例えば、さいたま市内の事業者の取組で、スーパーや商店などにおけるレジ袋などの容器包装の削減や、缶・ビンなどの店頭回収、クリーニング店におけるハンガー回収、飲食店における生ゴミの堆肥化による資源化などが考えられるという。また、さいたま市内の市民団体の取組み例としては、マイバッグ運動の推進や過剰包装を断る運動、ゴミ減量の啓発、バザーやフリーマーケットの開催などが考えられるという。さいたま市の宣言事業者になると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に向けた具体的な取組みや活動内容は、さいたま市のホームページなどで紹介される。アクセス数の多いさいたま市のホームページで紹介されることは、事業者や市民団体にとって大きなPRとなる。また、さいたま市の宣言事業者は、ゴミ減量のために実施した取組み実績などを年度ごとに、さいたま市へ報告する必要がある。問い合わせ先は、さいたま市環境局資源循環推進部廃棄物対策課まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 埼玉県さいたま市はパートナーシップの3Rで二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因対策はこちら

農林水産省が地球温暖化の原因対策のカーボンフットプリント策定参加者を再募集

 農林水産省は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として実施しているカーボンフットプリント表示モデル事業の補助事業者である三菱総合研究所(東京都千代田区大手町)が、製品ごとのカーボンフットプリントの算定・表示に関するルールである商品種別算定基準(PCR)の策定のため、PCR原案作成ワーキンググループに参加する事業者の再募集を開始したと発表した。カーボンフットプリントは、製品等が作られる段階から捨てられる段階までのライフサイクル全体を通じて排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を表示するもので、農林水産省では、このカーボンフットプリントの算定・表示ルールである商品種別算定基準(PCR)の策定について、補助事業により支援することとしている。
応募先【農林水産物のカーボンフットプリント表示モデル構築事務局】
〒100-8141 東京都千代田区大手町2-3-6 (株)三菱総合研究所 環境・エネルギー研究本部 担当:森部、宮原、鵜飼、永村 連絡先:(電話)03-3277-5392 (メール)agri-cfp@mri.co.jp
以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 農林水産省が地球温暖化の原因対策のカーボンフットプリント策定参加者を再募集 はこちら

茨城県水戸市は日照調整フィルムで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因防止対策

 茨城県水戸市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、猛暑の日差しによる影響を和らげる効果などがある透明の日照調整フィルムを水戸市庁舎に導入することを決め、関連の事業費を補正予算案を提案している。フィルムを水戸市庁舎の窓ガラスに張ることで、冷暖房効率が向上し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を削減する効果がある。水戸市によると、フィルムは赤外線を大幅に遮断することから、夏季には日差しによる庁舎内温度の上昇を減らすほか、冬季は断熱効果を高めて庁舎内の暖気を逃さないという冷暖房の効果があり、全国的にに見ると京都府庁舎で導入されている。フィルム1590平方メートル分の約2150万円を見込み、年間130万円の冷暖房費が節約でき、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量も年間40トン削減できると試算している。この工事に併せて水戸市庁舎前の駐車場に設置されている照明45本を省電力型のLED照明に交換する。LED照明によって、年間89万3千円の電気代と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量27トンが削減できる見込みとなっており、これに要する事業費は約2450万円となっている。いずれの経費も水戸市地球温暖化対策推進基金を活用して補正予算案に盛り込み、開会中の水戸市議会に提出している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 茨城県水戸市は日照調整フィルムで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

群馬県はエコ通勤で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 群馬県は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、9月下旬にマイカー通勤に代えてバスや電車、自転車を利用する「エコ通勤」の推進を実施すると発表した。昨年、群馬県前橋市で試験的にエコ通勤を1週間限定で実施したが、参加した73事業所で計2トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が削減できたといい、今年は「より多くのエコ通勤への参加を募り、さらに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けて効果を上げたい」と群馬県全域の参加を募っている。群馬県交通政策課では、昨年11月2~8日を「エコ通勤ウイーク」と位置付け、事前に参加を募った群馬県内の73の事業所に勤務する12,699人の従業員に対し、バスや電車、マイカーの相乗り、又は自転車や徒歩での通勤を依頼した。事前に調べた従業員の通勤手段の「車・バイク」が67.8%から7.5ポイント減って60.3%となり、32.2%だったエコ通勤が増えた。群馬県は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)約2トンの排出削減に成功した」と評価していた。樹齢50年の杉の木が1日に吸収する二酸化炭素(CO2)量に換算すると杉の木約51万本分に相当するという。参加した群馬県内の事業所からも「車を運転する必要がないので、会社の同僚と飲み会をした」、「自転車や徒歩は健康にいい」、「ガソリン代が抑えられた」などの前向きな評価があった一方で、「バスや電車の運行本数が少ないので不便」、「通勤に時間がかかる」といった消極的な声もあったという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に関しては、電化製品の節約で電気消費量を抑えることでもできるが、車を使わないことによる排出削減効果は大きいという。東京工業大学(東京都目黒区大岡山)が環境省のデータを元に算出したところ、1世帯が1日1時間テレビを控えた場合には、年間13キロの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減することができるが、車の利用を1日あたり10分だけ控えた場合では、年間の二酸化炭素(CO2)排出量の削減量は588キロにもなるという。これは、テレビの場合の約45倍の地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量の削減に匹敵する。今年の地球温暖化の原因防止対策としてのエコ通勤は、9月21日から30日までの10日間にわたって実施される。群馬県では、「群馬県は自動車中心の社会で、公共交通の便の悪さは大きな都市課題」としながらも、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、長い目でエコ通勤者が増えれば、バスや電車の運行本数が増え、運賃も安くなる」と話している。群馬県のエコ通勤への参加事業所は、9月20日まで募集している。問い合わせは、群馬県交通政策課(027-26-2382)へ。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 群馬県はエコ通勤で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

滋賀県庁が夏季集中休暇で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 滋賀県の職員の夏季集中休暇が8月12日から始まった。滋賀県の夏季集中休暇は、地球温暖化の原因二酸化炭素(CO2)排出量削減による省エネ対策やお盆の地域行事への滋賀県庁職員の参加促進などを目的に毎年実施してきている。今年の予定では、冷房やガスをストップすることによって高熱水費約290万円の節約による省エネ対策と地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量の削減ができるという。滋賀県大津市にある滋賀県庁では、各部署とも一部の職員だけが出勤していることから、滋賀県庁内はひっそりとしている。ただ、台風4号の影響で、防災関係に従事する職員は休み返上で対応していたという。滋賀県職員の夏季集中休暇の初日は、滋賀県職員全体の約1割程度の約150人が出勤していたが、滋賀県庁内の冷房が止まっているため、職員は窓を開け、扇子や団扇を動かしながら電話対応や文書整理をした。滋賀県地球温暖化対策課では、「地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策に貢献できる取組みでもあり、暑さを乗り切って仕事をしたい」と話していたという。一方、防災危機管理局は、台風4号による早朝の大雨・洪水警報発令を受けたことから、休暇中の職員を緊張招集し、滋賀県内の市町や関係機関と連絡をとり、台風の情報収集に追われていた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 滋賀県庁が夏季集中休暇で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

埼玉県が地球温暖化の原因防止対策として目標設定型制度排出量取引で二酸化炭素削減

 埼玉県は、大規模事業所に県が定めた目標に従って二酸化炭素(CO2)の排出量削減を求める地球温暖化の原因防止対策として「目標設定型排出量取引制度」を2011年度から開始すると発表した。地球温暖化の原因防止対策の対象となる事業所は埼玉県内に約600か所あり、埼玉県は各事業所に省エネ対策の計画を提出させるという。地球温暖化の原因防止対策を達成できない場合、他の事業者などから温室効果ガスの二酸化炭素の削減量を買い取る「排出量取引」も制度化する。埼玉県温暖化対策課によると、地球温暖化の原因防止対策の対象となる事業所は、エネルギー使用量が原油換算で3年連続して年1500キロリットルを超える工場などとなる。新たな計画では、事業者が自主的に地球温暖化の原因防止対策の目標を定めて取り組む現行の「彩の国エコアップ宣言」より企業にとって厳しくなるうえ、罰則はないものの毎年、埼玉県がホームページを通じて結果を公表する。業種ごとの温室効果ガスの二酸化炭素の削減率は未定だが、2010年度から同様の制度を始める東京都の6~8%が温室効果ガスの二酸化炭素の削減の目安になるという。埼玉県は、2020年度までに2005年度比で25%の二酸化炭素などの温室効果ガス削減を目標に掲げている。2006年度の埼玉の二酸化炭素(CO2)排出量3981万トンのうち、約52%が工場や事業所など事業活動に伴う排出であることから、この温室効果ガスの削減に目をつけた取組みとなっている。
貸しベビー用品レンタル情報観葉植物レンタルリース貸し植木情報スーツケースレンタル格安情報

> 埼玉県が地球温暖化の原因防止対策として目標設定型制度排出量取引で二酸化炭素削減はこちら

地球温暖化の原因対策を評価し大王製紙にエコ融資

 日本政策投資銀行は、地球温暖化の原因防止対策に積極的に取り組む企業への国の利子補給制度を活用し、大王製紙へ実質無利子の融資を実施したことを明らかにした。大王製紙を含む製紙大手は、2年前に年賀はがきに端を発した再生紙の古紙配合比率を偽装した問題で、社会的な批判を浴びた。だが、政投銀は「再発防止策も進んだ」と判断し、実行されたが、製紙業界への利子補給制度適用は初めてのケースとなる。企業の地球温暖化の原因防止対策資金として、融資額100億円を上限に3年間で3%の利子を補給する環境省の地球温暖化の原因防止対策制度を使って、大王製紙に融資するという。政投銀が、独自に環境配慮企業へ金利優遇する格付けで大王製紙を最高位にランク付けたことで、利息は実質ゼロとなるが、融資実行額は非開示とした。大王製紙は、利子補給制度を受けるため、地球温暖化の原因防止対策として3年以内に二酸化炭素CO2)排出量を6%以上削減すると誓約した。地球温暖化の原因防止対策融資資金は、木材チップから紙原料の繊維を取り出す際の樹脂廃液を燃料化するボイラー設備に充てるという。政投銀は「不祥事の徹底した原因究明と各種再発防止策で、信頼を回復しつつある」と判断し、大王製紙の地球温暖化の原因防止対策としての環境対応を「特に先進的」と評価した。具体的には、大王製紙が(1)平成2年度比で地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2排出量を大幅に削減した(2)廃水処理技術に優れている(3)業界平均を上回る古紙利用率を達成していることなどを認定したという。
貸し会議室レンタル情報賃貸の貸し事務所レンタルオフィス探し情報貸し布団ふとんレンタル情報

> 地球温暖化の原因対策を評価し大王製紙にエコ融資はこちら

鉄鋼スラグで地球温暖化の原因防止対策として沿岸に埋め藻場再生はCO2吸収に効果

 地球温暖化の原因防止対策として、鉄鉱石から鉄を取り出す際に生じる副産物である鉄鋼スラグを使って、海洋中に不足していた鉄を補って海藻の成長を促すことに、新日本製鉄や東京大などの研究チームが成功した。海藻は地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素CO2)も吸収するため、漁業の活性化に加え、地球温暖化の原因防止に役立つ可能性があるという。現在、日本各地の海岸では藻場が減少する磯焼けが毎年その範囲を拡大してきており、現在では沿岸約5000キロにわたって発生している。磯焼けの原因としてウニによる食害や海水中の鉄濃度の減少などが指摘されている。研究チームは5年前に鉄鋼スラグを沿岸へ埋めて、地球温暖化の原因防止対策として鉄を人工的に補給する実験に着手した。地球温暖化の原因防止対策として鉄が海水に溶けやすくなるよう鉄鋼スラグ8トンを腐植土4トンと一緒に混ぜて袋詰めにし、磯焼けが発生している北海道増毛町の日本海沿岸に沈めた。その結果、海藻1本当たりの重さは何の対策も取っていない近くの場所に比べて、約8カ月間で8倍に増えたことが分かった。また、埋設場所から算出される海藻は地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)吸収量は海藻1平方メートル当たり年間5.5キロにものぼった。我が国は京都議定書で年間6%の地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減を義務付けられている。過去30年間に消失した日本沿岸の藻場のほぼ半分をこの方法で再生すれば、日本の地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)年間排出量(約13億トン)の約0.5%に当たる700万トンを吸収することになるという。現在、北海道以外にも三重県や長崎県など十数地点で地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の吸収実験をしており、効果の継続期間などを検証していくそうだ。
占い師の求人募集転職カメラマン・アシスタントの求人募集転職イラストレーターの求人募集転職

> 鉄鋼スラグで地球温暖化の原因防止対策として沿岸に埋め藻場再生はCO2吸収に効果はこちら

4都県が地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引を共同で

 首都圏における1都3県の8自治体が、地球温暖化の原因二酸化炭素などの温室効果ガスを効果的に削減していくため、1都3県を対象にした共同の温室効果ガス排出量取引制度の創設を検討していることが明らかになった。自治体単位の地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引では、東京都と埼玉県が独自の排出量取引制度を2010年度以降に導入する方針だが、これを1都3県で統合・共通化し、自治体の境界を越えて企業同士で地球温暖化の原因の温室効果ガス排出枠を取引できるようにする構想だという。地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引は、国や自治体が企業などに二酸化炭素(CO2)排出量の上限を設け、地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量を枠内に抑えられなかった企業が、超過達成した企業から余った地球温暖化の原因の温室効果ガス排出枠を買えるようにする方式である。地球温暖化の原因防止対策の柱として鳩山政権も導入に前向きで、首都圏の地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引構想は政府レベルの議論にも影響を与えそうだ。共同の制度を検討しているのは東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県に加えて、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市の8都県市となっている。地方分権の推進に向け、8都県市は共通の政策課題に取り組む「首都圏広域連合」(仮称)を設置することで合意しており、環境分野では共同の地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引制度の創設を検討することにした。キャップ・アンド・トレード方式の仕組みを検討するという。
 東京都は2010年度から、地球温暖化の原因の温室効果ガスであるCO2排出量の多い都内の約1400事業所を対象に、温室効果ガス排出削減を義務化し、独自の温室効果ガス排出量取引制度を導入することを決めている。埼玉県も2011年度から、600程度の事業所を対象に同様の地球温暖化の原因の温室効果ガス削減制度を開始する予定だという。8都県市は、これらの取組みをたたき台にして2011年度以降、地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引制度を首都圏全体に広げていくことを目指すとしている。ただ、千葉県や神奈川県は、臨海地域に地球温暖化の原因の温室効果ガスであるCO2排出量が多い製鉄所などの工場や発電所を多く抱える状況にある。地球温暖化の原因の温室効果ガスであるCO2排出量に占める製造業などの産業部門の比率が高く、産業界は地球温暖化の原因の温室効果ガスである排出削減の義務化や排出量取引に慎重だという。こうした自治体に状況の差があることから、オフィスやホテルなど業務部門の比率が高い東京都とは事情が異なり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである制度の具体化に向けた調整に時間がかかる可能性もある。
 なお、地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引制度の「キャップ・アンド・トレード」方式とは、政府や自治体が企業などに地球温暖化の原因の温室効果ガスの排出量の上限を割り当て、過不足分を企業などが売買する仕組みのことをいう。地球温暖化の原因の温室効果ガスの排出量の多い企業は排出枠購入の費用を抑えようとし、少ない企業は地球温暖化の原因の温室効果ガスの排出枠を売って稼ごうとするため、省エネルギーの取り組みが広がると期待できる。欧州連合(EU)は2005年に導入しているが、地球温暖化の原因の温室効果ガスの排出枠の公平な割り当てが課題といわれている。
ピアノ講師求人募集転職家庭教師の求人募集転職講師の求人募集転職

> 4都県が地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引を共同ではこちら

地球温暖化の原因対策法案に「太陽光発電等再生エネルギー20%以上」を明記

 政府が来年の通常国会に提出予定の地球温暖化の原因対策基本法案で、国内エネルギーに占める太陽光発電など発電時に地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの割合の目標値を「2020年までに20%以上」と明記する方向で調整していると発表した。これは、民主党の地球温暖化の原因対策のマニフェスト(政権公約)の2倍にあたる高い目標で、新エネルギー産業の成長を促す狙いがある。小沢氏は「地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの割合を少なくとも20%以上に設定するよう環境省に作業をさせている」と述べた。地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーには、太陽光発電、水力発電、風力発電、バイオマス発電などがある。エネルギー白書によると、国内の2006年の地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの割合は約1.8%で、アメリカ(3.7%)やドイツ(5.3%)をはるかに下回っている。民主党は政権公約で「地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの割合を2020年までに10%程度に引き上げる」としていた。小沢氏は「世界では地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの企業が伸びている。産業として大きな潜在力がある」とし、高い地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの目標設定が産業育成につながるとの認識を示した。「国による地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの普及への支援や、電力の買い取り制度の充実が重要」とも述べた。政府は二酸化炭素(CO2)など地球温暖化の原因となる温室効果ガスを2020年までに1990年比で25%削減する目標を打ち出しており、地球温暖化の原因対策法案の柱となる見通しだ。再生可能エネルギーの活用は地球温暖化の原因の温室効果ガスの削減策の一つだが、20%以上という目標設定には産業界や民主党内から異論が出る可能性もある。
太陽光発電ソーラーシステム情報格安激安プロジェクターレンタル情報格安激安PA音響機材機器レンタル情報貸しホールレンタル情報

> 地球温暖化の原因対策法案に「太陽光発電等再生エネルギー20%以上」を明記はこちら

宮城県仙台市で地球温暖化の原因防止対策の市民向けキャンペーン

 地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素CO2)を市民レベルでもコツコツと少しずつでも削減してもらおうと、「CO2CO2(コツコツ)減らしていいもの当てようキャンペーン」(宮城県仙台市、仙台市地球温暖化の原因対策推進協議会など主催)が行われている。リデュース(ごみ減量)、リユース(繰り返し使う)、リサイクル(再生使用)の3Rを実践した仙台市民計500人に抽選で秋保温泉のホテルペア宿泊券や携帯音楽プレーヤーなどのプレゼントが贈られるという。宮城県仙台市では「楽しみながら地球温暖化の原因防止対策の3Rに取り組んでほしい」と話している。地球温暖化の原因防止対策の市民向けキャンペーンは、仙台市在住か仙台市内に通勤、通学している人が対象で、実施期間は来年2月21日までとなっている。地球温暖化の原因防止対策の市民向けキャンペーンには、ウェブ参加と、キャンペーン参加店(31事業者212店舗)での店頭参加の2通りの参加方法がある。地球温暖化の原因防止対策の市民向けキャンペーンのウェブ参加の場合はホームページで参加登録し、「暖房の設定温度を低く抑えた」「冷蔵庫の設定温度を適切に調節した」など、地球温暖化の原因防止対策として実践した項目を選んでポイントを獲得することになる。地球温暖化の原因防止対策へのキャンペーンへ参加する友人を紹介したり、3R行動の画像を投稿するとボーナスポイントがもらえるという。地球温暖化の原因防止対策の市民向けキャンペーンで10ポイント以上ためるとプレゼントに応募できる仕組みになっている。応募期間は地球温暖化の原因防止対策の市民向けキャンペーン終了後の来年2月23日から3月2日までとなっている。また、地球温暖化の原因防止対策の市民向けキャンペーンの店頭参加の場合は、大型スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどのキャンペーン参加店で買い物した際に応募券をもらい、実践した3Rを選んで応募箱に入れることになるという。
ピアノ講師求人募集転職家庭教師の求人募集転職講師の求人募集転職

> 宮城県仙台市で地球温暖化の原因防止対策の市民向けキャンペーンはこちら

地球温暖化の原因防止対策で日本は35位に上昇

 欧州の非政府組織(NGO)は、地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出削減実績や地球温暖化の原因防止対策の政策などを国別に評価する「地球温暖化の原因防止対策による気候変動パフォーマンスインデックス(CCPI)」を発表した。それによると、地球温暖化の原因防止対策としてブラジルが新興国としては初めて最高位(1~3位は該当なし)になり、日本は35位で昨年の43位から順位を上げた。国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議COP15)会場で公表された。
 CCPIはNGO「ジャーマンウオッチ」と気候行動ネットワーク(CAN)ヨーロッパが毎年公表しているもので、地球温暖化の原因防止対策として今年で5回目となる。130人以上の地球温暖化の原因防止対策の専門家が参加し、発電や交通など分野別の1990年以降の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の増減傾向、人口1人当たりのエネルギー消費量など地球温暖化の原因防止対策に関する国内・国際政策の三つの基準で先進・新興国57か国を採点した。1~3位は「地球温暖化の原因防止対策が十分な国はない」として該当はなく、最高位の4位がブラジル(昨年8位)、5位スウェーデン(同4位)、6位英国(同9位)など。COP15議長国デンマークは17位(同10位)、米国は地球温暖化の原因防止対策に前向きなオバマ政権の政策が評価されたが53位(同58位)にとどまった。地球温暖化の原因防止対策としての最下位(60位)はサウジアラビアだった。CANヨーロッパは「ブラジルのような新興国が地球温暖化の原因防止対策の順位を上げたことは大変評価できる」とし、新興国の地球温暖化の原因防止対策による二酸化炭素などの温室効果ガスの排出抑制の取り組みが注目されるCOP15で、この結果が交渉を後押しすることを期待しているという。
古着買取リサイクル通販情報ブランド品高価買取情報家具高価買取リサイクルショップ販売情報

> 地球温暖化の原因防止対策で日本は35位に上昇はこちら

兵庫県が家庭の地球温暖化の原因の二酸化炭素の測定を開始

 兵庫県などは2009年度から、家庭から排出される地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の量を専門の診断員が調べる「うちエコ診断」を一般家庭を対象に始めると発表した。車や暖房器具などから出る地球温暖化の原因の温室効果ガスであるCO2の量を正確に知ってもらうことで、効果的な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素の削減につなげてもらう狙いだという。兵庫県では来年2月22日まで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素の削減モニターを募集している。この取組みは、兵庫県や環境省の外郭団体「地球環境戦略研究機関関西研究センター」(兵庫県神戸市)や民間企業などでつくる「兵庫県うちエコ診断協議会」の主催で実施される。2008年度、協力企業の社員らが自宅で試験的に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素の測定を実施したところ、85%の家庭で診断が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素の削減行動につながったという。兵庫県の認定を受けた診断員が対象の家庭を訪問し、専用の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素の削減診断ソフトで診断することになるという。家電製品の形式や年式、利用時間などを詳しくアンケート調査し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素CO2量などを算出する。その調査結果に基づいて、各家庭の無駄使いに応じて、例えば冷蔵庫の温度設定の変更などといった地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素の削減策を提案する。本年度は200世帯を対象に実施するという。そのうち、尼崎市では市長や職員、市民の計50世帯で診断を実施するなど尼崎市を上げて取り組むという。家庭の地球温暖化の原因の二酸化炭素の測定への応募は太陽光発電相談指導センターTEL078・371・6000まで。
貸しギャラリー貸し画廊レンタル情報着ぐるみレンタル・通信販売情報コスプレ衣装レンタル製作通信販売情報

> 兵庫県が家庭の地球温暖化の原因の二酸化炭素の測定を開始はこちら

阪急摂津市駅が地球温暖化の原因の温室効果ガスのCO2排出ゼロ

 コペンハーゲンで開かれている国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)が開催されているさなか、阪急電鉄は阪急京都線の正雀から南茨木駅間に新設する「摂津市駅」(大阪府摂津市千里丘東)の開業日を来春の3月14日にすると発表した。同駅は地球温暖化の要因となる二酸化炭素CO2)の実質排出量をゼロにするという「カーボン・ニュートラル・ステーション」として、地球環境に配慮した日本初の取り組みを行う駅になるという。同駅は地球温暖化の要因となる二酸化炭素(CO2)の排出量を年約70トンと計算上想定している。この地球温暖化の要因となる二酸化炭素(CO2)の排出量を駅舎の屋根に太陽光発電パネルを取り付けたり、雨水の利用やLED照明などの省エネ設備の導入により、年約36トンのCO2の排出量削減することが可能になっている。残りの約34トンは、CO2排出枠を年間約5万5000円で阪急電鉄が購入して相殺する予定としている。こうした取組みによって、同駅は地球温暖化の要因となる二酸化炭素(CO2)の実質排出量をゼロにしている。同駅は普通電車のみの停車となり、同駅から梅田まで220円、河原町まで360円の乗車料金となる予定である。所要時間はそれぞれ21分、35分であり、1日あたり約1万2000人の利用者を見込んでいる。阪急電鉄はこうした地球温暖化の要因となる二酸化炭素(CO2)の実質排出量をゼロにするという取組みを、今後とも可能な限り取り組んでいくとしている。
ピアノ講師求人募集転職家庭教師の求人募集転職講師の求人募集転職

> 阪急摂津市駅が地球温暖化の原因の温室効果ガスのCO2排出ゼロはこちら

日本経団連の地球温暖化の原因防止対策の低炭素実行計画

 日本経団連は、日本経済界の地球温暖化の原因防止対策として、2020年に向けて最先端技術を最大限導入することを盛り込んだ地球温暖化の原因防止対策の「低炭素社会実行計画」を発表した。具体的な地球温暖化の原因防止対策の数値目標は今後詰めるが、最新技術を最大限導入した場合でも鳩山由紀夫首相が掲げた中期目標「2020年までに地球温暖化の原因である温室効果ガス二酸化炭素CO2を1990年比25%削減」を達成するのは難しいとしている。経団連は同計画の英訳版を開催中の国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)参加者に配布し、日本の産業界の実績を訴えると同時に、高い地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2削減目標値の合意を牽制したい考えだ。経団連はこれまで、京都議定書に合わせ、鉄鋼や電力など34業界が参加した産業界独自の地球温暖化の原因防止対策の自主行動計画を実行しているが、今回は行動計画に次ぐものとして、地球温暖化の原因防止対策の実行計画をまとめた。同計画策定に参加する業界は最先端技術を最大限に導入することを前提として、2020年段階の地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出削減目標を設定する。地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2削減目標は「国内外への約束」として従来の地球温暖化の原因防止対策自主行動計画よりも強制度合いを高め、目標未達の場合は海外の地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出削減事業で生まれる排出枠購入などを検討する。地球温暖化の原因防止対策実行計画の対象業種は産業部門に加え、スーパーなどの業務部門や運輸部門にも拡大しているのが大きな特徴となっている。革新的な技術や途上国での地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出削減支援などにも取り組み、「2050年の世界の地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出量半減という目標達成に中核的役割を果たす」としている。ただ、産業界では従来以上の地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2削減は難しいとの見方が一般的となっている。地球温暖化の原因防止対策の自主行動計画は京都議定書の第1約束期間(2008~2012年度)に「地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2を1990年度レベル以下の排出量に抑える」との思い切った目標値を設定している。これに沿って参加業界が努力を積み重ね、期間中の地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出量は1990年度比7.5%減と目標を大きく上回って達成できる計画だという。これは、生産量当たりの地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出量である原単位を大幅に減らせたことだ。208年度の原単位を1990年度比で88%も低下させたガス業界の場合、生産時に地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2を多く発生する石炭・石油系ガスから、地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2をほとんど出さない天然ガスに転換したことが大きい。しかし、転換はほとんど終了し、これ以上の地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2削減は難しいのが現状だ。また、原単位を1990年度比で18%削減した製紙業界の場合、製造時の燃料を化石燃料から廃木材などを使ったバイオマスへの切り替えた効果が大きかった。ただ、バイオマス利用も他業界に広がり、日本製紙連合会の二瓶啓常務理事は「手ごろな廃木材の入手はもはや困難である。これ以上の地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2大幅な削減はかなり難しい。」と訴える。経団連の椋田哲史常務理事は「地球温暖化の原因防止対策実行計画以上の削減を求められると、地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出枠購入か生産縮小の二者択一になる。」と、地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出削減努力が限界に近づいていることを強調した。
薬剤師・管理薬剤師の求人募集転職栄養士・管理栄養士の求人募集転職保育士の求人募集転職

> 日本経団連の地球温暖化の原因防止対策の低炭素実行計画はこちら

大阪府枚方市のNPOが家庭で地球温暖化の原因のCO2削減チェック

 家庭で地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素CO2)の削減に取り組んでもらおうと、枚方市のNPO法人「ひらかた環境ネットワーク会議」などは、地球温暖化の原因防止キャンペーン「ひらかたエコチェックDAY」を実施する。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量の分かる日常生活の点検シートを配布し、各家庭で記入してもらう。地球温暖化の原因防止対策の取り組み後には商品が当たる抽選も予定しており、枚方市内だけでなく幅広く参加を呼びかけている。地球温暖化の原因防止対策チェックシートでは、「部屋を出るときはあかりを消す」「シャワーや水道はこまめに止めながら使用する」などの地球温暖化の原因防止対策となる10項目について、13日以前と13日のそれぞれで実施できたかどうかを○×で記入してもらう。項目横には、実施した場合の1日当たりの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減量も明記されている。NPOは地球温暖化の原因防止対策チェックシートを5万枚用意し、枚方市役所や生涯学習センターなど枚方市内60か所以上で配布する。取り組みに参加し、地球温暖化の原因防止対策チェックシートに付いたはがきをNPOに返送すると、抽選で40人に折りたたみ自転車や地酒などが当たるという。問い合わせは同ネットワーク((電)072・847・2286)。
リサイクルトナー再生激安販売情報カーペットクリーニングじゅうたん情報革靴ブーツクリーニング情報

> 大阪府枚方市のNPOが家庭で地球温暖化の原因のCO2削減チェックはこちら

インドが地球温暖化の原因のCO2排出量削減の数値目標発表

 インド政府は3日、地球温暖化の原因防止対策の新たな枠組みを話し合う気候変動枠組条約締約国会議の第15回締約国会議COP15を前に、GDP(国内総生産)あたりの地球温暖化の原因となる温室効果ガスであるCO2(二酸化炭素)排出量を2020年までに2005年に比べて20~25%削減するとの数値目標を初めて発表した。インド・ラメシュ環境相は「2005年から2020年の間に、地球温暖化の原因となる温室効果ガスであるCO2排出量を20~25%、自主的に減らす用意がある。」と述べた。これまで、地球温暖化の原因となる温室効果ガスであるCO2排出量の削減に消極的姿勢を貫いてきたインドが削減目標を公式に発表するのは、これが初めてである。ただし、この地球温暖化の原因となる温室効果ガスであるCO2排出量削減目標はGDPに比例しているため、インドがこのままの高成長を続ければ、経済成長とともに排出量が増える結果となるうえ、すでにGDPあたりの地球温暖化の原因となる温室効果ガスであるCO2排出量削減目標を発表した中国(40~45%)に比べると、その数値は半分にとどまっている。インドは現在、地球温暖化の原因となる温室効果ガスであるCO2排出量が世界4位の大排出両国だが、国内の多数の貧困撲滅には経済成長が不可欠なため、地球温暖化の原因となる温室効果ガスであるCO2排出量削減目標に法的拘束力は持たせないとしている。
パートタイマーの求人募集転職内職在宅ワークの求人募集転職介護福祉士の求人募集転職

> インドが地球温暖化の原因のCO2排出量削減の数値目標発表はこちら

神奈川県横浜市のホテルで地球温暖化の原因のCO2排出量抑えたエコメニュー

 神奈川県横浜市中区のホテルニューグランドは、デンマークで開催される気候変動枠組条約の第15回締約国会議(COP15)に合わせて、7日から18日まで地球温暖化の原因の温室効果ガスであるCO2排出量を抑えた「エコメニュー」を提供する。スカンディナビア政府観光局の要請で、老舗ホテルにふさわしく、かつ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素CO2)排出量の少ない料理を考案したという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の少ない料理のメニューとしては、「地場野菜の菜園風仕立て」「本日入荷の魚のココット(厚手のふた付き両手鍋)蒸し」「豚料理のバリエーション」「小田原ミカンのムース」の4品から成るランチ・コースとなっている。これらの料理は、タワー棟5階のフレンチレストラン「ル・ノルマンディ」において5000円で提供する。フードマイレージ(食料の輸送距離)の短い横浜産や県内産の食材を主体にすることで、地球温暖化の原因の温室効果ガスであるCO2排出量を大幅に削減したという。調理の際に火を入れる場合でも、ココットなどを用いエネルギー消費量を抑えCO2排出量を大幅に削減した。さらには、廃棄物処理に係る地球温暖化の原因の温室効果ガスであるCO2排出量削減のため、食品残さも減らすよう、皮付きの野菜、豚の皮やのど肉なども使った。神奈川県横浜市中区のホテルニューグランドのシェフは「ニューグランドの伝統料理とエコの要素との両立に苦労した。地球温暖化の原因の温室効果ガスであるCO2削減は時代の要請でもあるので、これを機に環境に優しい料理を継続的に追求していきたい。」と話している。
ライターの求人募集転職モデルの求人募集転職アルバイト探し求人募集転職

> 神奈川県横浜市のホテルで地球温暖化の原因のCO2排出量抑えたエコメニューはこちら

地球温暖化の原因防止のためアパートにも太陽光発電設備

 大手住宅メーカーが、地球温暖化の原因防止のため太陽光発電設備を備えたアパートを相次ぎ投入している。太陽光発電設備については、戸建て住宅では環境意識の高まりや政府の補助金効果などで、太陽光発電の導入が進んでいる。アパートを売り出している各社は太陽光発電設備でつくった電気をアパート入居者に分配し、余剰分は電力会社に売って各戸の光熱費を抑えられる点を積極的に訴え、賃貸住宅市場を活性化したい考えだ。ミサワホームは4月、太陽光発電設備を備える「Belle Lead eco(ベルリードエコ)」を発売した。太陽光発電による省エネに加え、テレビ画面付きドアホンを設置するなど、防犯面も配慮している。同社は「太陽光発電設備による光熱費削減で住民の満足度向上が期待でき、高い入居率を維持できる。」と、家主にとっても魅力があることを強調し、初年度は200棟の販売を計画している。積水化学工業も7月、太陽光発電設備を備える「レトアおひさまスタイル」の販売を開始した。同社は「大型の屋根で太陽光発電設備の太陽光パネルを多く乗せられ、発電効率が高い。」と利点を説明する。11月に電力会社が従来の2倍の価格で太陽光発電の余剰電力を買い取る制度が始まったのも追い風になっているという。2009年度に1000戸の販売目標は達成可能と自信を見せる。大和ハウス工業が11月に売り出した太陽光発電設備を備える「セジュールエコハ」は、自然の風や光の通り道を室内につくり、空調機器になるべく頼らない工夫を盛り込んだことも売り物の一つとしている。太陽光発電や断熱性が高い窓ガラスの採用などで地球温暖化の原因防止のため二酸化炭素(CO2)排出を減らせるとアピールし、年間500棟の販売を目指すのを目標としている。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止のためアパートにも太陽光発電設備はこちら

環境省による地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセット事業者向けセミナー

 地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセットとは、市民、企業、NPO/NGO、自治体、政府等の社会の構成員が自らの地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)による温室効果ガスの排出量を認識し、主体的にこれを削減する努力を行うとともに、削減困難な部分の温室効果ガス排出量について、他の場所で実現した温室効果ガスの排出削減・吸収量等を購入すること等により、その温室効果ガス排出量の全部又は一部を埋め合わせることをいいます。環境省では、平成20年度に地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセットの信頼性確保のためのガイドライン等の整備を行い、本年3月には地球温暖化の原因防止対策の「カーボン・オフセットの取組に対する第三者認証機関による認証基準」を公表、本基準に基づき、気候変動対策認証センター(社団法人海外環境協力センター)において、地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセット認証制度を創設し、5月よりカーボン・オフセットの案件の認証を開始しております。この度、地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセットの取組に関心のある事業者等を対象に、地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセットビジネスの方向性、優良事例情報等について情報発信するため、全国3箇所でセミナーを開催いたします。本セミナーは事前申込制となっておりますので、御希望の会場の開催日の5日前までに、下記の申込ページからご登録ください。会場のお席に限りがあるため、定員になり次第申込みを締め切らせていただきます。
環境省は、地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセット事業者向けセミナー「低炭素社会に向けた企業の取り組みとカーボン・オフセット」を全国3箇所で開催すると発表した。このセミナーは、カーボン・オフセットの取組に関心のある事業者等を対象に、カーボン・オフセットビジネスの方向性、優良事例情報等について情報発信するためのもの。各会場とも、開場13:30、開始14:00、終了16:00を予定しており、参加費は無料。参加希望者は、希望の会場の開催日の5日前までに、申込HPで登録する必要がある。
開催日・開催場所
・12/4(金) TKP名古屋ビジネスセンター(愛知県名古屋市中村区)
・12/7(月) 発明会館ホール(東京都港区)
・12/8(火) 新梅田研修センター(大阪府大阪市福島区)
申込HP:http://www.j-cof.org/temporary/biz_seminar.html
LEDライト電光サイン看板情報携帯マイmy箸運動販売情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 環境省による地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセット事業者向けセミナーはこちら

地球温暖化の原因防止対策の大阪府大阪市の太陽光発電補助制度打ち切り

 地球温暖化の原因防止対策として、4月から新たに始めた大阪府大阪市の「太陽光発電補助制度」に当初予算の予想より多い応募があり、大阪市は年度途中であるにもかかわらず太陽光発電補助制度申請の受け付けを打ち切った。大阪市の地球温暖化の原因防止対策を目的とする太陽光発電補助制度は1キロワットあたり10万円と国の太陽光発電補助(7万円)よりも手厚く、太陽光発電の余剰電力を電力会社が倍額で買い取る太陽光発電に係る政府の新しい制度が11月に開始されたことも太陽光発電補助申請の後押しをしたもようだ。大阪市の太陽光発電補助額は戸建てで最大40万円にもなり、事業所などで太陽光発電補助額は200万円となっている。太陽光発電補助の申請件数は家庭533件、事業所など8件の計541件となり、予定よりも2カ月早く太陽光発電補助予算の1億6800万円に達した。大阪市によると、太陽光発電補助を受けた太陽光発電によって、大阪市の大阪城公園の1.5倍の広さの育成林による地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の削減量に相当するという。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止対策の大阪府大阪市の太陽光発電補助制度打ち切りはこちら

地球温暖化の原因の温室高価ガス濃度が過去最高更新

世界気象機関(WMO)は23日、地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスに関する年次報告書を公表した。それによると、主要な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)などの大気中の濃度は2008年も過去最高を更新し、地球温暖化に歯止めが掛からない実態が改めて確認された。地球温暖化の元凶の原因である二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの排出が増加し続ける現状が科学的データで裏づけられたことで、12月にコペンハーゲンで開かれる国連気候変動枠組み条約の締約国会議(COP15)の場では、実効性ある地球温暖化の原因防止対策を求める声が高まりそうだ。年次報告書によると、08年の地球温暖化の原因の温室高価ガス濃度として、二酸化炭素CO2の平均濃度は化石燃料の使用や森林の伐採などを背景に、07年比2.0ppm(ppmは100万分の1)上昇の385.2ppmとなった。また、地球温暖化の原因の温室高価ガス濃度として、メタン濃度は同7ppb(ppbは10億分の1)上昇の1797ppb、同じく地球温暖化の原因の温室高価ガス濃度として、一酸化二窒素(N2O)濃度は同0.9ppb上昇の321.8ppbだった。 
ハウスクリーニング掃除清掃代行情報エアコンクリーニング業務用家庭用掃除洗浄情報着物きものクリーニング専門丸洗い情報

> 地球温暖化の原因の温室高価ガス濃度が過去最高更新はこちら

地球温暖化の原因防止対策の京都議定書の初年度は未達成

 環境省は10日、京都議定書の初年度に当たる2008年度の温室効果ガス国内排出量(速報値)をまとめた。二酸化炭素CO2)換算で12億8600万トンで、議定書の基準年(CO2は1990年度)比で1.9%増加。議定書は08~12年度の5年間、年平均6%の削減を日本に義務付け、このうち5.4%は森林によるCO2吸収や海外からの排出枠調達によって削減する計画だが、初年度は目標達成に2.5ポイント届かなかった計算だ。08年度の排出量は、前年度(13億7100万トン)比では6.2ポイント低下。世界的な金融危機に端を発した景気後退により、製造業でのエネルギー消費が減少したためとみられている。
京都議定書に盛り込まれた温室効果ガスの削減目標は、単なる努力目標ではなく、条約に基づいた国際公約。日本に割り当てられた「1990年比6%削減」を履行できなければ、外国からの信頼を一挙に失い、国際社会での発言力も著しく低下する可能性が高い。米国が京都議定書から離脱したのも、履行できない約束はしないというクールな判断に基づいている。日本は京都議定書を取りまとめた立場だけに、目標達成の責任は最も重い。目標期限(2012年)が迫った今、6%削減の達成に向けたあらゆる努力が必要だ。政府が決めた計画によれば、日本の削減目標6%のうち、省エネの推進などで人為的な温室効果ガスの排出量を減らして達成するのは0.6%分しかない。残り5.4%のうち、「森林吸収」で3.8%を賄い、経済的手法によって外国の排出削減分を自国分としてカウントする「京都メカニズム」で1.6%分を調達する。森林吸収分は新たに植林する必要があるわけではなく、現存する森林を適切に管理することで達成する計画だ。一方、日本では90年以降、エネルギー消費による二酸化炭素排出が大幅に伸びており、省エネでの削減は0.6%でも相当に厳しいのが事実。このため、6%削減を実現する上で、「京都メカニズム」活用の重要性が高まっている。京都メカニズムは(1)クリーン開発メカニズム(CDM)(2)共同実施(JI)(3)国際排出量取引(IET)の3種類がある。CDMは、温室効果ガスの排出削減義務のない発展途上国で行う省エネ事業に、先進国が資金や技術を供与した場合、その事業によって削減された量を先進国の目標達成分にカウントできる仕組み。省エネの進んでいない途上国への支援にもなるが、プロジェクトのスタートから削減結果が確認できるまで短くても3-5年掛かる。JIは、CDMを先進国間で行うスキームのこと。既に省エネが進んでいる日本ではさらなる二酸化炭素削減に大きなコストが掛かる。削減義務のある国の中でも、ロシアや東欧諸国はあまりコストを掛けずに省エネが可能なので、日本国内で同じ事業をするより資金を出した方が得。ただし、結果確認まで時間が掛る点はCDMと変わらない。国際排出量取引は、ある先進国が目標よりも多く削減できる場合、超過分の排出枠を他国に有償譲渡できる仕組み。譲渡は削減義務のある先進国間でしかできない。日本は自国内で省エネを進めるより、他国から排出枠を買った方が安上がりだが、この制度を多用しすぎると地球温暖化防止への努力が足りないと批判を受ける可能性もある。日本政府は、6%削減達成に向け、京都メカニズムによって2012年度までに約1億トンの排出枠を調達する計画。それに必要な費用として、4000億円程度を国が負担する見通しだ。国内排出量取引は、国内の施設(企業)間で排出枠を売買する仕組みのこと。京都メカニズムの国際排出量取引とは違い、国内での省エネ推進を促すのが目的だ。EU(欧州連合)では2005年1月から加盟25カ国を対象に制度をスタートさせた。鉄鋼、セメント、石油精製などのエネルギー多消費施設と発電所(約1万2000施設)を対象に、各国政府の配分計画に基づいた二酸化炭素の排出枠を交付する。各施設は政府からの交付枠いっぱいまで二酸化炭素を排出できるが、それを超えた場合は罰金を支払わなければならない。省エネに成功して交付枠よりも排出量を減らすことができた施設は、余剰枠を売りに出すことができる。省エネがうまくいかなかったり、生産量が増えたりして二酸化炭素排出量が交付枠以上になりそうな施設は、他の施設の余剰枠を買い取ることで罰金を逃れることができる。企業の競争を促す形になり、省エネが進みやすいというメリットがある。また、最初に政府が上限を決めて排出を規制するので、二酸化炭素の削減目標を達成する上で有効な仕組みだが、企業の経済活動抑制につながる可能性もあり、上限の設定の仕方が難しい。
ライターの求人募集転職モデルの求人募集転職アルバイト探し求人募集転職

> 地球温暖化の原因防止対策の京都議定書の初年度は未達成はこちら

地球温暖化の原因防止対策の「Low Carbon Life-design Award 2009」

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策の「Low Carbon Life-design Award 2009」の応募を、11月1日(10:00)から2009年12月24日(18:00)まで行うと発表した。これは、地球温暖化の原因防止対策に取り組んでいるDESIGN ASSOCIATION NPOが、「2020年までに温室効果ガスであるCO2等の排出量25%削減」という目標を実現するために、世の中にデザインの力で地球温暖化の原因防止対策の低炭素型ライフスタイルを大胆に提案していくデザインアワードを環境省と共同開催していくものとなっている。対象は主にデザイナー(プロ・アマ・学生・企業問わず)。グランプリ(環境大臣賞)1点と、準グランプリ(DESIGN ASSOCIATION賞)1点、佳作20点程度が選ばれる予定となっている。グランプリ作品については、2010年1月下旬に開催予定である地球温暖化の原因防止対策の「Low Carbon Life-design Award 2009」表彰式後に立体化し、展示発表するとのことである。地球温暖化の原因防止対策の「Low Carbon Life-design Award 2009」の詳細については、11月1日から公開されるサイト(http://www.design-channel.jp/special/co2-25/)を参照のことである。また、10月30日~11月3日の5日間(11:00~20:00)、地球温暖化の原因防止対策の「隈研吾氏によるインスタレーション展示とデザイン界を代表する著名人からのメッセージ展示」が、明治神宮外苑中央会場で開催される「東京デザイナーズウィーク 100% Design Tokyo テント内」で開催される。
ピアノ講師求人募集転職家庭教師の求人募集転職講師の求人募集転職

> 地球温暖化の原因防止対策の「Low Carbon Life-design Award 2009」はこちら

地球温暖化原因防止対策の住宅・建築物「省CO2推進モデル事業」

 国土交通省では、住宅・建築物に関する地球温暖化原因防止対策の省CO2推進モデル事業の提案に関する平成21年度第2回目の募集を平成21年8月25日まで実施すると発表した。この事業は、家庭部門・業務部門の温室効果ガスであるCO2排出量が増加傾向にある中で、住宅・建築物における温室効果ガスのCO2排出を削減して、地球温暖化原因防止対策の住宅・建築物の市場価値を高めるとともに、居住・生産環境の向上を図るためにCO2排出低減の実現性に優れたリーディングプロジェクトとなる住宅・建築プロジェクトを、国が公募によって募り、予算の範囲内において、整備費等の一部を補助するものとして実施される。対象事業の種類は、以下のとおりである。
・住宅及び住宅以外のオフィスビル等の建築物(住宅・建築物)等の新築
・既存の住宅・建築物の改修
・省CO2のマネジメントシステムの整備
・省CO2に関する技術の検証
 地球温暖化原因防止対策の応募提案については、学識経験者からなる「住宅・建築物省CO2推進モデル事業評価委員会」による評価を行い、その結果を踏まえて11月末頃に採択モデル事業が決まる予定となっている。応募書類の入手・問い合わせ先(独)建築研究所 住宅・建築物省CO2推進モデル事業評価室 メール:shouco2@kenken.go.jp FAX:03-5842-7202 TEL:03-5842-7201
薬剤師・管理薬剤師の求人募集転職栄養士・管理栄養士の求人募集転職保育士の求人募集転職

> 地球温暖化原因防止対策の住宅・建築物「省CO2推進モデル事業」はこちら

地球温暖化原因防止対策の低炭素地域づくり面的対策推進事業

 環境省は、全国の15地域を、地球温暖化原因防止対策の平成21年度低炭素地域づくり面的対策推進事業(委託事業)の対象地域として選定すると発表した。この事業は、地球温暖化原因防止対策の低炭素型の地域づくりを行う地域に対し、温室効果ガスであるCO2削減目標の設定や、排出量削減の目標達成に必要な面的な対策を盛り込んだ温室効果ガスの低炭素地域づくり計画の策定及びそのために必要なCO2削減シミュレーションの実施を支援するものとなっている。地球温暖化原因防止対策の平成21年度低炭素地域づくり面的対策推進事業(委託事業)は、平成21年4月27日から5月29日まで公募が行われ、「委託事業」に応募した25地域の提案内容について、環境省と国土交通省が地球温暖化原因防止対策の観点から共同で審査し、15の地域が選定された。今回選定された地球温暖化原因防止対策の実施地域は、礼文町(北海道)、帯広市(北海道)、仙台市(宮城県)、大丸有地域(東京都)、南アルプス市(山梨県)、横浜市都心部(神奈川県)、藤沢市(神奈川県)、御嵩町(岐阜県)、池田市(大阪府)、門真市幸福町・垣内町・中町(大阪府)、大阪中之島(大阪府)、神戸市西区(兵庫県)、宇部市(山口県)、香南市(高知県)、大分別府都市圏(大分県)となっている。

LEDライト電光サイン看板情報携帯マイmy箸運動販売情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化原因防止対策の低炭素地域づくり面的対策推進事業 はこちら

交通・観光分野における地球温暖化原因防止対策のカーボンオフセット

 国土交通省は、交通・観光分野における地球温暖化原因防止対策カーボンオフセットを推進するため、交通・観光カーボンオフセットガイドラインを(財)交通エコロジー・モビリティ財団が初めて策定したと発表した。今回の地球温暖化原因防止対策のガイドラインは、バス、タクシー、宅配、レンタカー、旅客船、ホテル及び旅行について、地球温暖化原因防止対策のカーボンオフセットを行う場合の対象範囲、温室効果ガスの排出量の算定方法、オフセット料金の徴収方法等を盛り込んだものとなっている。同省では、交通・観光関係事業者が共同で地球温暖化原因防止対策のカーボンオフセットに必要な温室効果ガスであるCO2排出権の調達、償却を支援するシステムを構築し、カーボンオフセット導入を容易にかつ低コストで実施を可能にするとしている。

 カーボン・オフセットとは、日常生活や経済活動において避けることができないCO2等の温室効果ガスの排出について、まずできるだけ地球温暖化原因防止対策の排出量が減るよう削減努力を行い、どうしても排出される温室効果ガスについて、排出量に見合った温室効果ガスの削減活動に投資すること等により、排出される温室効果ガスを埋め合わせるという考え方です。イギリスを始めとした欧州、米国、欧州等での地球温暖化原因防止対策の取組が活発であり、我が国でも民間での地球温暖化原因防止対策の取組が拡がりつつあります。カーボン・オフセットは、地球温暖化原因防止対策のオフセットを行う主体自らの削減努力を促進する点で、これまで温室効果ガスの排出が増加傾向にある業務、家庭部門等の取組を促進することが期待されます。一方で、イギリスにおいて、オフセットするための削減活動が実質的な地球温暖化原因防止対策の温室効果ガスの削減に結びついていない事例が指摘されていたり、オフセットが自ら排出削減が行われないことの正当化に利用されるべきではないことの認識が共有される必要があるとの意見もあります。
 我が国において地球温暖化原因防止対策のカーボン・オフセットの取組が広まることで、事業者、国民など幅広い主体による自発的な地球温暖化原因防止対策の温室効果ガスの排出削減の取組を促進することとなり、地球温暖化原因防止対策の京都議定書の目標達成にも資することが期待されます。環境省ではこれらの状況を踏まえ、我が国における地球温暖化原因防止対策のカーボン・オフセットのあり方について、2007年9月から「カーボン・オフセットのあり方に関する検討会」を立ち上げ、5回に渡る議論とパブリックコメントを経て、2008年2月に「我が国におけるカーボン・オフセットのあり方について(指針)」を取りまとめました。また、2008年4月に、地球温暖化原因防止対策のカーボン・オフセットフォーラムを設立し((社)海外環境協力センター(OECC)内事務局)、カーボン・オフセットの取組に関する情報収集・提供、普及啓発、相談支援等を実施しています。

古着買取リサイクル通販情報ブランド品高価買取情報家具高価買取リサイクルショップ販売情報

> 交通・観光分野における地球温暖化原因防止対策のカーボンオフセットはこちら

地球温暖化防止対策の太陽光発電の導入拡大のためのアクションプラン

 環境省、経済産業省、国土交通省及び文部科学省など関係9省庁は、平成20年11月に公表した「太陽光発電の導入拡大のためのアクションプラン」の「進捗状況フォローアップと今後の取組」を取りまとめて発表した。太陽光発電は発電時にはまったくCO2を発生させないクリーンな発電装置であることから、地球温暖化防止対策の一環になることで、積極的に推進していくものである。「太陽光発電の導入拡大のためのアクションプラン」は、太陽光発電の導入拡大を図るべく、太陽電池メーカーや導入を予定する国民や企業等、関係者の迅速な取組を促すためのもの。公表以降、平成21年度政府予算案がとりまとめられ、環境省でも業務用太陽光発電に環境価値分の支援を行うなど、新たな取組を実施していくこととなったほか、学校、病院や社会福祉施設、警察署など、各省が所管の建物への太陽光発電の導入が検討され始めるなど、新たな取組が見られてきている。


太陽光発電ソーラーシステム情報家電製品家具レンタルリース情報格安激安プロジェクターレンタル情報

> 地球温暖化防止対策の太陽光発電の導入拡大のためのアクションプランはこちら

地球温暖化の温室効果ガスを見える化日常生活CO2情報提供ツールへの意見募集

 環境省は、地球温暖化防止対策の一環として実施する「日常生活CO2情報提供ツール(仮称)(案)」に、平成21年3月10日から3月30日までの間、パブリックコメントによる意見募集を行うと発表した。 この案は、日常生活から排出される温室効果ガスを「見える化」し、その具体的な削減方法等について情報提供を行うため、温室効果ガス「見える化」推進戦略会議 日常生活からの温室効果ガスの「見える化」に関する分科会で、とりまとめられたものである。 「日常生活CO2情報提供ツール(仮称)(案)」に対する意見は、郵送、FAX、電子メールで受け付けている。意見提出方法の詳細はプレリリースを参照。
意見提出先及びお問い合わせ先
環境省地球環境局地球温暖化対策課 〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2TEL:03-3581-3351(内線6759)FAX:03-3580-1382E-mail:chikyu-ondanka@env.go.jp


ケアマネージャー・介護支援専門員の求人募集転職和服振袖留袖着物レンタル貸衣装情報

> 地球温暖化の温室効果ガスを見える化日常生活CO2情報提供ツールへの意見募集はこちら

国際シンポジウム「温暖化予測の鍵、海のCO2」

 気象庁は、平成21年3月3日に東京都・千代田区の同庁講堂において、国際シンポジウム「温暖化予測の鍵、海のCO2」を開催すると発表した。
 この国際シンポジウムでは、地球温暖化予測における海洋CO2の重要性について、第一線で活躍する国内外の研究者からわかりやすく解説が行われる予定。
 現在進行中の地球温暖化の主な原因であるとされている人為起源温室効果ガスCO2の約3割は、海洋に吸収されており、これによって地球温暖化が緩和されていると考えられている。
 しかし、今後も海洋が同じペースでCO2を吸収し続けるかは明らかでなく、地球温暖化の予測や対策のためには、海洋のCO2吸収に関する更なる科学的知見が不可欠な状況にある。
 なお、本シンポジウムへの参加には事前登録は不要で、参加費も無料

> 国際シンポジウム「温暖化予測の鍵、海のCO2」はこちら

地球温暖化対策ICTイノベーション推進事業

 総務省は、新たに創設する「地球温暖化対策ICTイノベーション推進事業(PREDICT※)」について研究開発課題を2月23日から3月19日まで公募すると発表。
 この制度は、京都議定書第一約束期間(平成20年から平成24年まで)に集中して地球温暖化対策に関するICTのシーズ創出を促進し、得られた成果による大幅なCO2の排出削減を目指すとともに諸外国への成果展開による温暖化問題に対する我が国の国際貢献を目的とするもの。
 公募の対象は、情報通信審議会答申「我が国の国際競争力を強化するためのICT研究開発・標準化戦略」に基づく研究開発分野のうち「地球環境保全(地球温暖化対策技術)」分野の研究開発課題であって、ポスト京都議定書の枠組みが始まる平成25年頃までの実用化が見込まれ、省エネルギー効果が期待できるシステム化技術。
 なお、総務省では本件に関する説明会を2月中旬に開催する予定。開催に関する詳細情報は、今後総務省ホームページ(http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/predict/)に公表される予定。

※ Promotion Program for Reducing global Environmental loaD through ICT innovation の略称

> 地球温暖化対策ICTイノベーション推進事業はこちら

カーボンフットプリント試行品

 経済産業省は、「カーボンフットプリント制度の実用化・普及推進研究会」の活動の一環として、12月11日から開催される「エコプロダクツ2008」に商品のCO2排出量を表示したカーボンフットプリント試行品を出展すると発表した。
 同省では、商品のライフサイクル全般で排出された温室効果ガスCO2量で表示する、カーボンフットプリント制度の在り方について検討を行ってきた。
 今回出展される試行品には、研究会参加企業30社が試行算定した40種類54品目について公募により決定した「カーボンフットプリント・統一マーク」を使用してCO2量が表示される予定。

> カーボンフットプリント試行品はこちら

ドイツの再生可能エネルギーに関する最新情報

 ドイツ連邦環境省は、パンフレット「再生可能エネルギー最新データ」の発行を発表した。これは、2002年以降、毎年、ドイツ連邦環境省が、ドイツ国内、EU、世界における再生可能エネルギーの発展に関する数字を盛り込んだもの。
 これによると、現在では、再生可能エネルギーの割合は、ドイツ国内の最終エネルギー消費量の8.6%、電力消費量の14.2%にまで増加している。また、2007年1年間で、再生可能エネルギーの利用により、1億1500万tのCO2削減された。
 さらに、再生可能エネルギーの拡張は、経済全体の利益になっていることが証明されている。これらの部門における2007年の売り上げは、250億ユーロとなっており、雇用者数は3年前と比較すると55%高い25万人に達している。
 再生可能エネルギー法を通じた1ユーロの助成は、化石燃料エネルギーの輸入の削減と他のエネルギー源による著しい環境汚染の回避により、1.60ユーロ分の節約につながっているという。

> ドイツの再生可能エネルギーに関する最新情報はこちら

日本カーボンアクション・プラットフォーム(JCAP)第1回会合

 環境省は、CO2排出削減に関して国及び地域における市場メカニズムを活用した各種イニシアティブに関する情報共有、意見交換を行うための「日本カーボンアクション・プラットフォーム(JCAP)」の第1回会合を開催すると発表。
 日時は、平成20年7月16日(14:30~17:00)。
 場所は、総評会館 204会議室(東京都千代田区神田駿河台)。

■プログラム
(1)開会挨拶(鴨下環境大臣(予定))
(2)設立趣旨等について(環境省)
(3)設立記念講演
 「市場メカニズムの活用による地域活性化」
 (国連環境計画・金融イニシアティブ特別顧問
  カーボン・オフセットフォーラムチーフアドバイザー
  末吉竹二郎氏)
(4)特別報告
 東京都の気候変動対策
 ~わが国初のCO2総量削減義務と排出量取引制度の導入~
 (東京都)
(5)地方公共団体における取組について(事例紹介)
 高知県、(株)ルミネ、兵庫県、京都市

> 日本カーボンアクション・プラットフォーム(JCAP)第1回会合はこちら

地球温暖化・環境問題:家庭用生ごみ処理機は地球環境にいいのか

 最近、各自治体でも生ゴミ処理機への補助を行うところが多くなってきており、60数パーセントの市町村が購入補助を行っているようです。これは、「自治体の焼却炉で燃やすごみの量量を少しでも減らし、埋め立てなどの最終処分場を少しでも延命しよう。」という趣旨のようです。

 元々生ごみは、生物由来のため、市町村の焼却炉で燃やしたとしても、CO2の発生はゼロです。これは、「カーボンニュートラル」といって、化石資源以外の生物資源を燃焼することによって放出されるCO2は、植物の成長過程で光合成により大気中から吸収したCO2ですので、私たちのライフサイクルの中では大気中のCO2を増加させません。

【電気式生ごみ処理機】

電気式 家庭において電気式生ごみ処理機で処理をすると、当然、電気を使用することから、電力使用によるCO2を発生させることになります。

 2004年5月の環境省の『事業者からの温室効果ガス排出量算定方法ガイドライン』のうち「一般電気事業者に関する排出係数」では、0.378kg-CO2/kWh(平均値)のCO2を発生させるとしています。

 また、この電気式生ごみ処理機と現在のごみ処理「パッカー車で収集運搬を行い、焼却する方法」をLCAの手法で比較したところ、CO2の発生量は電気式で処理する方が多いことが、中村慎一郎教授(早稲田大学経済学部)や京都大学環境保全センターの計算で証明されています。 つまり、自宅で電気式の機械で処理するよりも、市町村の焼却炉で焼却した方が環境に良いということです。

 唯一、安井至教授(東京大学生産技術研究所)が1kgの生ごみを処理するのに1.5kwh/kg以下の電力使用ものは現在のごみ処理よりCO2の発生が低いと計算しており、これを根拠にして「全国地球温暖化防止活動推進センター」の事務局でもある「(財)日本環境協会」では、エコマーク商品として「家庭用」生ゴミ処理機の一部を認定していますが、これは明らかに間違いです。
日本環境協会エコマーク認定基準のNO125生ごみ処理機
 教授の計算では毎日パッカー車でごみ収集に来る「業務用」での比較計算であって、週に2,3回収集だけの「家庭用」との比較はされていないからです。
http://www.ne.jp/asahi/ecodb/yasui/CompostLCA.htm
 この点を(財)日本環境協会に問い合わせましたが、間違いを認めようとはせず、きっちりとした計算根拠を示さないあいまいな返事しか頂いておりません。

 また、教授のHPの中には、「生ゴミを一度出す機会を失うと、1週間保存していなければならない。」、「水びしゃびしゃのゴミよりも、運搬するのも楽だし、また焼却をするにしても、エネルギー的節約になる。」といった記載が見られますが、現実を知らないままの机上の理論としか言いようがありません。週1回だけの収集のところや生ごみ焼却のためにエネルギーを付加している市町村などないからです。

 現在の焼却炉は、ダイオキシン対策が取られた結果、800℃以上の燃焼温度で連続稼動しており、生ごみが投入されたからといって助燃材(エネルギーの付加)を行う必要はありません。また、現在、プラスチックを焼却しているところでは、低エネルギー対策ではなく、むしろ高エネルギー対策が必要であり、これは、環境省が今後、「プラスチックは燃えるごみ」とする方針で市町村を指導することから、増加する傾向にあります。

 冷蔵庫や洗濯機など、今となっては日常生活に欠かすことができなくなってしまったものは別としても、週2,3回ごみ収集が行われている状況で、なぜ、市町村が貴重な税金を使ってまでCO2を排出する機器に補助金を出す必要があるのでしょうか?

 「ごみを減らし、最終処分場を延命するため」でしょうか?それと、地球温暖化の影響とどちらが大きな問題なのでしょうか。そもそも、ごみの減量は、このようなまやかしの手法を取るのではなく、ドイツ並みの生産者責任の拡大や、リデュース(発生抑制)、リユース(再使用)、リサイクル(再利用)などの取組によって達成されるべきです。

【EM菌方式】

 EM菌とは、一つの菌の名称ではなく、生ゴミなどを分解する種々の菌を培養したものです。メーカーによっても、その内容は異なります。

 空気中の中には、無数とも言える菌が自然に生きていますので、少なくとも家庭で生ごみを堆肥化するための必需品ではありません。また、EM菌を使って一旦嫌気性発酵を行ってから、好気性発酵に移る生ごみの堆肥化の方法もありますが、お金と時間を無駄に使っています。好気性発酵だけで十分に堆肥化は可能です。

【コンポスト】

コンポスト ホームセンターなどで数千円で販売されているバケツをひっくり返したような容器がコンポストです。

 電気も使わず、製造過程や流通過程でのCO2排出量も低いものだと思えますので、お勧め度を100%にしたかったのですが、何分管理が難し過ぎます。

 これは、庭に少し埋め込み、そこに生ごみや土を入れていき、空気を好む好気性の微生物の働き
によって生ゴミを分解し、堆肥化するものです。しかし、容器の構造自体から通気性を確保するのが難しく、水分過多にならないように頻繁にかき混ぜる必要があります。

 これを少しでも怠ると、水分過多になり、空気を好まない嫌気性の微生物が繁殖し、CO2の21倍の温暖化ガスであるメタンガスが発生したり、悪臭の元である硫化水素が発生します。さらに、この臭いに引き付けられるように、ハエやアメリカミズアブなどが卵を産み付け、すぐに容器内はウジで溢れ返ります。また、嫌気性発酵となると好気性発酵に比べ、分解速度が極端に落ちるため、いつまでも生ごみの姿のまま残り、なかなか堆肥化へと向かいません。

 ポイントは、しっかりと投入する生ごみの水切りをし、嫌気性とならないように毎日撹拌するなど、管理を行うことです。

【土のう袋式】

土のう袋 ホームセンターなどで10枚数百円で売っている土のう袋を利用した堆肥化の方法です。これは、経費が余りかからず、庭のない方がベランダなどでもでき、手間もかからない方法なのでお勧めとしました。

 方法は、土のう袋の中に落ち葉(針葉樹やイチョウなど分解の遅いものはダメです。)を8分目ほど入れ、そこに水をかけてかき混ぜます。もし、米ぬかが無料か安価で手に入るようでしたら、生ごみの分解が早くなりますので、一緒に中に入れてかき混ぜてください(なくてもかまいません)。これだけで、下準備は完了です。

 後は、この落ち葉の中に生ごみを入れていくだけです。生ごみを入れた時に落ち葉と混ざるように一度かき混ぜるか、入れた後に袋の口を閉じて、外から数回混ざるように揉んでください。そして、レンガを2つ置くなど直接地面やベランダの床に触れないようにして、土のう袋を置いてください。

 これだけで、冬場以外なら4~7日程度で、生ごみは跡形もなく消えています。そして、3か月程度で落ち葉の形がなくなりますので、堆肥として完成です。4人家族でしたら、袋を2つぐらい用意しておいて、4日間入れたら、次の袋に入れていくとよいと思います。

 これは、コンポストの時と同じく好気性の微生物による発酵ですが、土のう袋が通気性に優れているため、ほとんど嫌気性にはなりません。また、例外的にウジなどの虫がわくことがありますが、これは、虫が生ごみを食べてそのフンが堆肥になるため、放っておいてもいいのですが、どうしても気になる方は、虫が卵を産み付けないように土のう袋をボロ布などで包んでおいてください。

 また、わいてしまったら、消石灰を真っ白にならない程度に適量を袋の中に入れかき混ぜ、生ごみの投入は止めてください。消石灰は強アルカリ性のため、ウジなどは数日で死んでしまいます。この場合、微生物も死んでしまい発酵が止まりますが、生ごみを投入すると直ぐに分解が再開されます。

【その他】

 他に、ミミズやゴキブリを使った生ごみ堆肥化の方法がありますが、これは個人の好みが入る世界だと思いますので、コメントはしません。堆肥化の効果としてはあるようです。


貸しテナント物件賃貸店舗情報フランチャイズFCチェーン加盟店募集情報販売代理店会社募集情報

> 地球温暖化・環境問題:家庭用生ごみ処理機は地球環境にいいのかはこちら

地球温暖化・環境問題:小型風力発電は地球環境にいいのか

 風力発電については、大規模設備の300KWクラスのLCAでは、53gCO2の排出を行いますが、これは生産・設置にかかるものです(財 電力中央研究所「電中研レビュー第45号」2001.11)。家庭用の小型風力発電では、データーがありませんが微々たるものであると想像がつきますし、設置後は完全にクリーンなエネルギーに間違いありません。

 風力発電機には、小型・高性能で出力が大きいタイプ、回転音の静かな風車、耐風速が大きい風車など、幾つかの特徴があります。一般的には、羽根が2~3枚羽根風車は、高速回転可能で発電効率が高く、羽根が5~6枚の多羽根風車は、回転音が静かで頑丈などの特徴を持っています。

 しかし、家庭用の小型風力発電機の出力は、大きなものでも400Wであるため、家電製品で常時使用するようなケースには不向きです。また、この高出力タイプの発電機は、騒音が大きいため、住宅地で設置すると、ご近所からの苦情も気になるところです。エコなつもりが、エゴになってしまいます。

発電 また、発電力は風速の3乗に比例するので、一般的な市街地では平均風速が低いため、ほとんど役に立たない状況にあります。このため、2003年になって、風速2mでも発電を開始するものとして、神鋼電機から垂直回転軸タイプのジャイロミル型ブレード(風車)の製品が販売されており、これは音は静かなのですが、340Wの定格出力で価格は設置工事を含めて70万円程度であるため、太陽光発電と比較すると、かなりのコスト高となってしまいます。

 風力発電については、実益を求めるというよりも、むしろ環境問題を考えるシンボル的な製品としてとらえるのが正しいのではないかと思います。


パートタイマーの求人募集転職内職在宅ワークの求人募集転職

> 地球温暖化・環境問題:小型風力発電は地球環境にいいのかはこちら