TOPページ > 検索結果

検索結果 【CO2排出】

東京都国立市は電気自動車(EV)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 東京都国立市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として電気自動車(EV)の普及拡大を推進するため、2011年4月から、東京都国立市役所北東端の空き地に電気自動車用の急速充電器を設置し、東京都国立市民向けに5年間無料で提供すると発表した。電気自動車(EV)用の電力はすべて、東京都国立市役所屋上に設置予定の太陽光発電パネルで発電した電力で賄う。東京都国立市は、本年度、東京都の補助金を受けて、東京都国立市内の介護事業者に対し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電気自動車(EV)の購入費を一部補助する事業を始めた。東京都のモデル事業のため対象は一介護事業者のみで、既に選定を終えている。今後、東京都国立市は、この事業者の協力を得て、電気自動車(EV)の走行距離などのデータを収集・分析し、バッテリーの小型化による価格低減など普及策を自動車メーカーに提案するという。東京都国立市は、この地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環の取組みで、東京都国立市役所敷地内に出力50kw程度の急速充電器と、容量5kwの太陽光発電パネルを設置することにした。太陽光発電システムの電力は、東京都国立市庁舎内で使用し、急速充電器の電力供給は別にするが、差し引きで太陽光発電量が上回れば地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として電力を賄ったことにする。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光パネルの発電量などを表示するモニターも東京都国立市役所ロビーに設置する予定をしており、東京都国立市は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電の効果を市民に実感してもらうとともに、東京都国立市民のニーズに応じた新たな電気自動車(EV)の車種や、市民が買いやすい価格の電気自動車(EV)の開発につながれば」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 東京都国立市は電気自動車(EV)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

旭硝子は茨城県神栖市でエコガラス生産による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 旭硝子(東京都千代田区有楽町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献し、断熱・遮熱性能に優れて、大きな省エネ対策効果もある高機能ガラス「エコガラス」の生産を倍増すると発表した。旭硝子の鹿島工場(茨城県神栖市)で約30億円を投資してエコガラスを構成するガラスのコーティング機械を新たに設置し、2012年4月の稼働を目指すという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など国民の環境意識が高まる中で、3月に住宅版エコポイント制度が始まるなどエコガラスの需要は急増している状況にあり、これを確実に取り込んでいくという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のエコガラスは、2枚のガラスを使った高機能ガラスで、ガラスの内側に施した特殊な金属膜の効果によって、夏季は太陽の熱を遮断して暑さを和らげ、冬季は部屋の温もりを逃さないという。このため、冷暖房機器の使用を抑えることができ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量も削減することができるという。茨城県神栖市にある旭硝子の鹿島工場は、エコガラスに特殊な金属膜をコーティングする工程を行っている。旭硝子は、最新鋭のコーティング設備を導入することによって、エコガラスの生産能力は年間680万平方メートルから1300万平方メートルと約2倍に拡大する。現在、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、住宅版エコポイント制度の導入や改正省エネ法による規制強化などで、省エネ効果の高いエコガラスが注目されている。このため、旭硝子では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のエコガラスの国内市場が2013年には倍増すると見込んでおり、「2013年にエコガラスのシェアを60%以上にまで引き上げたい」と意気込んでいる。現在、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するエコガラスは、旭硝子と日本板硝子、セントラル硝子が製造している。板硝子協会によると、既存住宅すべてにエコガラスが採用された場合、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量は年間1700万トンにも上るという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 旭硝子は茨城県神栖市でエコガラス生産による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

福岡県福岡市は二酸化炭素(CO2)排出しない電気自動車(EV)の急速充電器設置で地球温暖化の原因防止対策

 福岡県福岡市と福岡都市高速道路公社は今月下旬、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、公社敷地内(福岡県福岡市東区東浜2)に電気自動車(EV)の急速充電器1台を設置し、無料で充電サービスを提供する実証実験を始めると発表した。これは、福岡県福岡市が進める「次世代自動車」の普及促進に向けた取組みで、利用者に使い勝手などのアンケートに協力してもらい、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない排出しない電気自動車(EV)の利用動向や課題などを探るという。この福岡県福岡市の電気自動車(EV)の無料充電サービスの実験期間は、今のところ1年間を予定しているという。電気自動車(EV)の普及は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として期待されているものの、走行可能な距離が比較的短いことから充電環境の整備が不可欠とされる。福岡県福岡市に設置される急速充電器は、素早く充電できるのが大きな特徴であり、電気自動車(EV)の電池が空の状態からフル充電まで15~30分程度で行うことができるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての電気自動車(EV)の急速充電器の利用時間は、午前9時~午後5時間での間で、福岡県福岡市の都市高速道路に限らず一般道利用者も充電でき、ETC利用者には乗り継ぎ無料のサービスも実施するという。吉田宏福岡県福岡市長は「福岡県福岡市で次世代の環境に優しい自動車の普及に弾みがつく」と期待している。詳しくは、福岡都市高速道路公社企画課(092-631-3291)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県福岡市は二酸化炭素(CO2)排出しない電気自動車(EV)の急速充電器設置で地球温暖化の原因防止対策はこちら

三菱自動車が岡山県倉敷市で電気自動車(EV)生産による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 三菱自動車(東京都港区芝)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献する電気自動車(EV)「i-MiEV(アイ・ミーブ)」のヨーロッパ向けと、フランス自動車大手プジョーシトロエングループ(PSA)向け車両の量産を水島製作所(岡山県倉敷市)で開始し、12月から発売する。今後、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の観点から、環境規制が厳しくなるヨーロッパでは、電気自動車(EV)の普及が期待されており、日欧の大手自動車メーカーが相次いで投入する計画だという。三菱自動車は同業他社に先駆けて、ヨーロッパ電気自動車(EV)市場に参入することで、先行利益を確保したい考えだ。益子修三菱自動車社長は同日、水島製作所で開かれた電気自動車(EV)量産開始式で、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する世界初の電気自動車(EV)量産メーカーとして今後も先頭を走っていきたい」と意気込みを語った。今回、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電気自動車(EV)量産をスタートしたのは、三菱自動車ブランドのヨーロッパ仕様車とPSAにOEM供給する車両となっている。欧州仕様の三菱自動車の電気自動車(EV)は、英仏独など14か国で発売する。1回の充電で走れる距離が国内向け電気自動車(EV)よりも15%向上させており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策とともに、ヨーロッパの衝突・安全基準にも対応するため装備を追加している。PSAに供給する電気自動車(EV)も同様の性能及び装備となっており、PSAはプジョーブランドの「iON」として、シトロエンブランドの「C-ZERO」として販売するという。三菱自動車は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策が追い風となっている状況下で、2010年度中にはヨーロッパ向けとPSA向けの合計で5,000台の電気自動車(EV)を生産する計画を持っている。三菱自動車とPSAは、PSAの小型商用車の電気自動車(EV)モデルを共同開発することでも合意しており、PSAは2012年にスペイン工場で電気自動車(EV)生産を開始する予定をしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 三菱自動車が岡山県倉敷市で電気自動車(EV)生産による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都千代田区のJFEエンジニアリングはバイオガス発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 JFEエンジニアリング(東京都千代田区丸の内)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、中国向けに再生可能エネルギーのメタン発酵設備及びバイオガス発電設備を供給する。これは、JFEエンジニアリングが、中国国内でレストラン厨芥である飲食店から出る食品廃棄物処理事業を展開する青海潔神環境能源と、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、再生可能エネルギーのメタン発酵設備及びバイオガス発電設備供給の業務提携契約を締結し、青海潔神が鄭州市から受託したバイオガス発電事業向けに設備を導入するものとなっている。中国における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の再生可能エネルギーのバイオガス発電システムの導入はJFEエンジニアリングが初めてのケースとなる。当面は年間2~3件の再生可能エネルギーのメタン発酵設備及びバイオガス発電設備の受注を目指すという。中国のレストラン厨芥の再資源化市場は、年間2,000億円規模になるといわれており、JFEエンジニアリングは将来的に実際の事業参画も視野に入れて積極的に参入していきたい考えだ。中国では地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策には無関心なまま最近まで事業が行われてきており、一般廃棄物のほか、産業廃棄物や下水汚泥、レストラン厨芥のほとんどが埋立て処分されているため、最終処分場の確保や周辺環境の汚染が深刻な環境問題となっている。最近になって、レストラン厨芥の処理については、収集・運搬から無害化及び地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての再資源化までを一貫して行う事業を市が民間企業に付与し、インフラ整備を加速させる動きがある。レストラン厨芥の収集・運搬から、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の再生可能エネルギーのバイオガス製造までを手掛けている青海潔神は、今回、JFEエンジニアリングのメタン発酵設備及びバイオガス発電設備システムを導入することにより、日量200トンのレストラン厨芥から900kWをバイオガス発電し、クリーンな再生可能エネルギーとして売電できるようになる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区のJFEエンジニアリングはバイオガス発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら