TOPページ > 検索結果

検索結果 【CO2排出量削減】

福島県矢祭町はフードマイレージの植樹で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 福島県矢祭町では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策の一環の取組みとして、地元福島県の農産物を買ってシールを集め、福島県での植樹に結び付ける活動が始まった。これは、福島県矢祭町商工会青年部の「ポコポイント事業」で、福島県矢祭町における農産物の地産地消と環境保護の両立を図る。福島県矢祭町青年部のメンバーは「福島県矢祭町の地域ぐるみで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に取り組み、地元の環境問題を整備したい」と張り切っている。「ポコポイント」は食品の量と輸送距離で環境問題への負荷を測る指標「フードマイレージ」の一つで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減量を示すという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策のポイント事業には、福島県矢祭町内の農産物直売所や商店など23店が参加し、11月から始まった。福島県矢祭町の地元産の野菜などを購入額200円で「ポコシール」1枚をもらえ、50枚集めると地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に貢献するツツジの苗木1本が植樹されるという。福島県矢祭町青年部は来年2月末までシールを張った台紙を受け付け、提出された分の苗木を地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として矢祭山公園などに植える。希望者には地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の植樹に参加してもらうことも検討しているという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の苗木は1本1000円程度であり、総事業費は約70万円で、青年部の予算に加え、福島県や町の補助を受けて実施している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 福島県矢祭町はフードマイレージの植樹で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

神奈川県川崎市はJEL801蛍光灯型LEDで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 神奈川県川崎市環境技術情報センターでは、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、9月から橘処理センター(神奈川県川崎市高津区)と川崎地下街アゼリア(神奈川県川崎市川崎区)で、JEL801LED照明の実証試験を継続している。神奈川県川崎市が地域の環境課題の解決や環境技術を活用していくために、神奈川県川崎市内の企業や研究機関等と行う「産学公民連携公募型共同研究事業」の一環として、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への貢献度の検証を、神奈川県川崎市高津区内の(株)近藤工芸と共同で進めている。JEL801蛍光灯型LEDは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるとはいえ、電球型に比べ設置に電気工事士の資格が必要なことや家電量販店で取り扱っていないことなどから、一般的な普及はまだ少ない状況にある。今回は従来型の蛍光灯の代替で、川崎ものづくりブランド認定製品でもある近藤工芸の「JEL801蛍光灯型LED」を橘処理センターの2階制御室に24本、川崎地下街アゼリアのショーウインドーに6本設置し、7か月間にわたって電力や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減効果、照度の効果検証を行っていくという。神奈川県川崎市の橘処理センターは24時間体制で稼動していることや、川崎市内の小学校が環境教育の一環で見学に訪問していることからJEL801蛍光灯型LEDの設置場所に選定された。また、制御室内には、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策が目で見えるように、従来の蛍光灯とJEL801蛍光灯型LEDを比べた現在の消費電力が表示された液晶パネルも設置している。神奈川県川崎市の環境技術情報センターの担当者によると、制御室内でJEL801蛍光灯型LEDを1年間使用した場合、約2.8トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減が見込まれているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 神奈川県川崎市はJEL801蛍光灯型LEDで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

トヨタ自動車は欧州連合(EU)で二酸化炭素(CO2)排出量削減1位で地球温暖化の原因防止対策

 欧州連合(EU)によると、自動車メーカーによる昨年の地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての二酸化炭素排出量(CO2)の削減幅は、トヨタ自動車(愛知県豊田市・東京都文京区)が1位を獲得するなるなど上位を日本のメーカーが占めたという。欧州連合(EU)のデータによると、トヨタ自動車は昨年、トヨタ自動車の自動車から排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を平均で10%削減しており、前年のトップだったドイツBMWの削減幅の5倍超に達したという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の2位は、日本のスズキ(静岡県浜松市南区)で削減幅は9.1%であり、3位はマツダ(広島県安芸郡府中町)で削減幅5.4%と続いた。昨年のトヨタ自動車の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は1キロメートルあたり132グラムであった。欧州連合(EU)は、2015年の二酸化炭素(CO2)排出量を平均130グラムとすることを目標にしているが、トヨタ自動車は、フランスプジョー・シトロエンやイタリアフィアットとともに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減の目標の達成が可能となった。欧州連合(EU)で販売された自動車による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は2009年、平均で1キロあたり145.7グラムで、2015年の目標を11%上回った。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> トヨタ自動車は欧州連合(EU)で二酸化炭素(CO2)排出量削減1位で地球温暖化の原因防止対策はこちら

神奈川県横浜市はスマートグリッド(次世代送電網)で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策

 神奈川県横浜市の「みなとみらい21(MM21)地区」において、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、アジア太平洋経済協力会議(APEC)のリーダーズウイーク(7~14日)に合わせ、会議参加者及びメディア関係者を対象に最先端の省エネ技術や再生可能エネルギーを導入したスマートグリッド(次世代送電網)モデル住宅のデモンストレーション展示が行われる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する、スマートグリッド(次世代送電網)の実用化を先導する神奈川県横浜市のスマートシティプロジェクトを見える形で示す狙いだ。神奈川県横浜市みなとみらい21地区にある住宅展示場「横浜ホームコレクション」において、先行してお披露目会・内覧会が行われた。神奈川県横浜市の林文子市長は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策は差し迫った大きな課題となっている。神奈川県横浜市の街全体を『環境ショーケース』として事業を展開していく」とあいさつした。神奈川県横浜市と連携し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のスマートグリッド(次世代送電網)プロジェクトを進める民間企業7社(東京ガス、東京電力、東芝、日産自動車、パナソニック、明電舎、アクセンチュア)と、住友林業、大和ハウス工業などの協力企業が、それぞれのスマートグリッド(次世代送電網)に関する技術・ノウハウを紹介したクラブハウス、モデルホーム、電気自動車(EV)を展示した。再生可能エネルギー利用設備、家庭内で快適なエネルギー管理を行うシステム、地域内のエネルギー利用と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を「見える化」するスマートグリッド(次世代送電網)技術などを導入した「スマートハウス」を体験することができる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 神奈川県横浜市はスマートグリッド(次世代送電網)で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策はこちら

福岡県北九州市はノーマイカーデーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 福岡県北九州市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、11月から、第2・第4水曜日にマイカー使用を控えて公共交通機関の利用を促す「ノーマイカーデー」を始めると発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策が目的で、10月26日に福岡県北九州市小倉北区室町のリバーウォーク北九州でキックオフイベントを開催し、福岡県北九州市民や企業を巻き込んだ取組みにしたいという。福岡県北九州市環境モデル都市推進室によると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、2007年度からノーマイカーデーのキャンペーンを福岡県北九州市内のイベントに合わせて数日間実施することはあったが、恒常的なノーマイカーデーを設定するのは初めてのことだという。ノーマイカーデーは来年3月までの実施で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策等の効果を調査・分析を行った後に2011年度中に再度実施する。ノーマイカーデーを水曜日に設定したのは、定時に退社する「ノー残業デー」を水曜日に実施する企業が福岡県北九州市で多いのが理由だという。福岡県北九州市内の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は、工場など産業部門が66%と最も排出量多いが、自動車や電車などの運輸部門も9%あり、ノーマイカーデーでマイカーの通勤利用を減らすことで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減を進めたい考えだ。ノーマイカーデーには、現在、福岡県北九州市役所の職員以外に福岡県北九州市内の企業約50社の参加が決まっている。ノーマイカーデー参加者には、福岡県北九州市内で飲食や買い物で割引などの特典が受けられるような仕組みも設ける予定だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。








> 福岡県北九州市はノーマイカーデーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

神奈川県横浜市の横浜みなとみらい21地区でホームICTと電気自動車(EV)実験による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 「スマート・ネットワークプロジェクト(Smart Network Project)」は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策で重要な役割を果たすホームICT電気自動車(EV)を支えるサービス基盤で利用する通信規格の国際標準化を推進している。今般、神奈川県横浜市横浜みなとみらい21地区に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のプロジェクトで検討する通信規格を用いて実証実験を行うフィールドを構築し、平成22年11月から平成23年3月まで共同で実証実験を行うと発表した。プロジェクトは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「ネットワーク統合制御システム標準化等推進事業」の一環として、総務省(東京都千代田区霞が関)から採択されたものであり、地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会の実現に寄与する通信規格の策定と検証を目的としている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の技術としては、屋内の通信規格の標準化を目指す「住宅/電気自動車(EV)ネットワーク」グループと、街中での電気自動車(EV)の活用を支える通信規格の標準化を目指す「電気自動車(EV)サポートネットワーク」グループの2つのグループから構成され、通信規格の検討はそれぞれで行い、実証実験はプロジェクト全体で行う。成果については、経済産業省(東京都千代田区霞が関)と連携して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のスマートコミュニティアライアンスの場における規格策定に役立てていく。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「住宅/電気自動車(EV)ネットワーク」グループでは、フェムト一体型ホームICT2を活用することで、太陽光発電システム、電気自動車(EV)及び家電製品の最適化を図る実験と、住宅の情報を一元管理する家歴システム3によって、住宅の快適性と長寿命化を図る実験を行う。次に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「電気自動車(EV)サポートネットワーク」グループでは、電気自動車(EV)充電スタンドを管理するサーバでのユーザー認証やサーバ運用情報の通信規格を策定・評価する実験と、共用型電気自動車(EV)の運用に必要な電池残量情報などの走行情報に関する通信規格を策定・評価する実験のほか、電気自動車(EV)充電スタンド設置を促進するための、業務用ビルエネルギー情報の通信規格を策定・評価する実験を行う。代表幹事:NTTドコモ(東京都千代田区永田町)、日本電気株式会社(NEC:東京都港区芝)、幹事:積水ハウス株式会社(大阪府大阪市北区大淀中)、株式会社バンダイナムコゲームス(東京都品川区東品川)のほか参加企業:アイホン株式会社(愛知県名古屋市熱田区)、株式会社内田洋行(東京都中央区新川)、株式会社NTTファシリティーズ(東京都港区芝浦)、JX日鉱日石エネルギー株式会社(東京都千代田区大手町)、日産自動車株式会社(神奈川県横浜市西区高島)、日本ユニシス株式会社(東京都江東区豊洲)、株式会社野村総合研究所(東京都千代田区丸の内)、三菱電機株式会社(東京都千代田区丸の内)で構成されている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県横浜市の横浜みなとみらい21地区でホームICTと電気自動車(EV)実験による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

大阪府守口市の三洋電機は兵庫県加西市のリチウムイオン電池工場で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 三洋電機(大阪府守口市京阪本通)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献できる、リチウムイオン電池太陽光発電システムからの電力を蓄え活用する「大型蓄電事業」を展開し、2015年度に売上高1千億円を目指すと発表した。三洋電機では、兵庫県加西市に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のハイブリッド自動車向けなど、リチウムイオン電池の新工場として整備していた加西市事業所(兵庫県加西市鎮岩町)を公開した。また、三洋電機は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、世界最高水準となる「HIT太陽電池」の新製品を開発し、エネルギー変換効率が従来型HIT太陽電池より0.5ポイント高い21.6%となり、本年度中にヨーロッパで先行発売する予定だという。兵庫県加西市の三洋電機加西市事業所は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、新工場を中心に新エネルギー事業の戦略拠点の「加西市グリーンエナジーパーク」になるよう整備したという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、リチウムイオン電池による蓄電や太陽光発電システム、省エネ対策機器の制御など三洋電機の最先端技術を揃えるとともに、新製品の実験場や展示場の機能も備えている。加西市グリーンエナジーパークの屋上や壁面に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として取り付けた、1メガワットの太陽光発電システムのパネルで発電した電力を、リチウムイオン電池約31万個で効率よく放電及び充電可能なシステムを導入している。さらに、加西市グリーンエナジーパークでは、ハイブリッド自動車などの充電スタンドに加え、照明、空調などの電力を制御する省エネシステムの機能などで、年間2480トンの二酸化炭素の排出削減になる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策機能を備えているという。三洋電機の自動車向け地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策では、今年7月、リチウムイオン電池の新工場が完成しており、月産100万個体制で稼働する予定となっている。既に、三洋電機徳島県工場(徳島県)では、リチウムイオン電池の生産を開始しており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、2015年には月産1千万個のリチウムイオン電池の生産を目指す。三洋電機では、今後、生産を一層増強し、リチウムイオン電池の出荷世界首位の座を堅持するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 大阪府守口市の三洋電機は兵庫県加西市のリチウムイオン電池工場で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都千代田区の東京商工会議所は二酸化炭素(CO2)排出量削減し地球温暖化の原因防止対策のサイトを作成

 東京商工会議所(東京都千代田区丸の内)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、中小企業の地球温暖化対策に役立つ環境情報を集めたホームページ「地球温暖化対策を新たな成長の原動力に~今すぐできる中小企業向けヒント集」を開設したと発表した。サイトでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量や化石燃料の一次エネルギー使用量を簡単に把握できる仕組みを紹介している。そのほか、国や東京都などの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への支援策を紹介し、光熱費削減や環境ビジネス育成に成功した企業の取組実例なども閲覧できるという。東京商工会議所が2008年に会員企業6664社を対象に行った地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する意識・実態調査によると、約9割の会員企業が地球温暖化の原因防止対策は重要と認識していた。ただ、自社の環境問題対策の課題については「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のための情報入手」をあげる企業が最も多く、5割超を占めていたことから、情報提供を行うサイトの作成を行ったという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区の東京商工会議所は二酸化炭素(CO2)排出量削減し地球温暖化の原因防止対策のサイトを作成はこちら

新潟県上越市は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の風力発電事業が赤字でピンチ

 新潟県上越市地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、クリーンエネルギーの新潟県上越市市内への普及を目的に進めている風力発電事業の累積赤字が、2009年度で約1億5600万円に上ると発表した。新潟県上越市は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、これまで4基のクリーンエネルギーの風力発電施設を新潟県上越市内で管理・運営しているが、落雷による故障が相次いでいた。しかも、新潟県上越市の風力発電施設4基のうち3基が外国製であることから、故障した風力発電の部品取り寄せや修理にかなりの時間がかかり、その間、風力発電は休止している。新潟県上越市は風力発電施設の落雷対策の強化に乗り出したが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策とはいうものの、抜本的な風力発電事業に伴う赤字解消策は見えていない。新潟県上越市の風力発電施設は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のシンボルとして、「三の輪台いこいの広場」(新潟県上越市国府)に2基、直江津港の「港公園」(新潟県上越市大字直江津)と「道の駅うみてらす名立」(新潟県上越市名立区名立大町)に各1基が、建設費は1基当たり約1億6600万円~約2億6400万円をかけて整備されている。2001年4月から2003年11月にかけて、風力発電は順次発電を開始し、販売先の東北電力(宮城県仙台市青葉区本町)の設備に向けて送電されている。新潟県上越市の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の風力発電施設の最大の敵は、冬季に多い落雷となっている。新潟県上越市の港公園にあるドイツ製の風力発電施設が昨年1月に落雷で故障し、修理して発電を再開するまでに1年もの期間がかかった。昨年度は新潟県上越市の風力発電施設全4基が、345~32日間故障して発電が止まった。このため、新潟県上越市の東北電力への売電額は約1,000万円と伸び悩み、風力発電による売電と維持管理費の収支差だけで約3,800万円の赤字となったという。今年度、新潟県上越市は直江津港の港公園の施設で、風力発電施設の風車の羽根の装置を改良して避雷針としての機能を高めた。また、三の輪台いこいの広場のデンマーク製の風力発電施設については、2基を接続しているケーブルを交換して落雷による被害を防ぐ対策を講じたという。新潟県上越市環境保全課は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、風力発電施設の売電収入と維持管理費の支出が同額程度になるのが目標」としているが、イニシャルコストの回収は頭にないようである。新潟県上越市の風力発電施設は起債で整備したことから、2017年度までに毎年度約2,700万円の借金を返済する必要がある。そのうえ、東北電力による風力発電からの余剰電力買取価格が低額に設定されており、改善は簡単にはいかない。新潟県上越市議会からは、「新潟県上越市の財政が窮迫する中で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するとはいえ、大きな赤字を出しながらも風力発電を継続していく意義はあるのか」と指摘されている。しかし、風力発電施設の耐用年数に到る前に中止すると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、風力発電施設建設費などに対して約3億円の補助金を拠出した新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)から、補助金返還を求められる可能性がある。風力発電については、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の象徴になるとはいえ、イニシャルコストが莫大な割にはそれに見合う発電量が少なく、しかも、故障が多く、そのうえバードストライクや騒音による苦情もあるなど、導入に当たっては検討する事項が非常に多い。新潟県上越市のように、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるうえに、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)からの補助金も出るからと、安易に風力発電施設を導入すると、後々大変なことになるという先例を残してくれたといえる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 新潟県上越市は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の風力発電事業が赤字でピンチはこちら

東京都港区の本田技研工業はフィットハイブリッドで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 本田技研工業(東京都港区南青山)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する、ハイブリッド車フィットハイブリッド」を発売した。フィットハイブリッドの価格は、159万円~210万円で、ハイブリッドシステムにホンダ独自のIMA(インテグレーテッド・モーター・アシスト)を採用している。フィットハイブリッドは、最高出力65kW(88PS)/5800rpm、最大トルク121Nm(12.3kgm)/4500rpmを発生する直列4気筒SOHC8バルブ1.3リッターエンジンと、最高出力10kW(14PS)/1500rpm、最大トルク78Nm(8.0kgm)/1000rpmを発生するモーターを組み合わせることによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を極めて低減している。これにより、フィットハイブリッドは、10・15モード燃費で30.0km/Lを達成している。フィットハイブリッドには、実用燃費の向上を図り、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するため、省エネ対策としてドライバーの低燃費運転を支援するエコアシスト(エコロジカル・ドライブ・アシスト)機能を装備する。また、フィットハイブリッドには、通信費無料のリンクアップフリーとインターナビ・ルートを採用した「Honda HDDインターナビシステム+リンクアップフリー」を設定している。また、iPhone用アプリ「インターナビドライブ情報」を10月28日から提供するという。フィットハイブリッドのHondaHDDインターナビシステムは、カーナビ本体によってルート案内を行うのではなく、膨大な量のインターナビ交通情報に加え、道路ごとの燃料消費量や有料道路の料金などの多彩な情報を考慮したルート計算をサーバー側で行い、通信によってカーナビに配信する仕組みとなっている。このため、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる省燃費ルートやETC割引を考慮したルートなどをフィットハイブリッドの運転手に案内することが可能になっている。また、実用燃費の向上をアシストする「エコアシスト」機能と合わせて、一層、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる。フィットハイブリッドのインターナビによるルート案内には通信が必要だが、リンクアップフリーは、通信費無料で情報サービスを利用可能なのが特徴となっている。フィットハイブリッドの運転中でも、インターナビ情報センターに自動接続してデータ通信を行い、最新の交通情報に基づいた精度の高いルート誘導を行うことができる。フィットハイブリッドのリアルタイム走行データ(フローティングカーデータ)収集量が増加することにより、ナビ情報の精度向上にも貢献するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都港区の本田技研工業はフィットハイブリッドで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

大阪府池田市のダイハツ工業は秋田県でDFVE10自動車による二酸化炭素(CO2)排出量削減で地球温暖化の原因防止対策

 ダイハツ工業(大阪府池田市ダイハツ町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、CO2排出量を削減できるバイオエタノール用2燃料自動車(DFV、バイフューエル)を開発したと発表した。ダイハツ工業は、軽自動車を使った試験車両を開発し、今秋から地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の次世代環境自動車の実証試験を開始する秋田県に提供する。DFVは自動車の燃料にバイオエタノール水とガソリンの2系統を使用する。DFVに関する主要環境問題技術は、ダイハツ工業と豊田中央研究所(愛知県愛知郡長久手町)による共同研究の成果であり、バイオエタノール水を使用できるため、生成時における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)発生量の削減を図ることができる。バイオエタノール水は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するとはいうものの、自動車に使用するとエンジン燃焼室内の潤滑性が低下することが大きな課題であった。これをクリアするため、ガソリン燃焼時に発生する熱を利用し、バイオエタノール水の温度調整やVVT(可変バルブタイミング機構)による吸気流の最適化を実現して実用化したという。ダイハツ工業は、DFVに加え、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のバイオエタノール混合燃料「E10」への車両対応試験も進めるという。今回の秋田県による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の実証試験では、ダイハツ工業が提供するDFV自動車1台を使って試験場で走行試験するほか、E10対応自動車2台を使って公道走行試験を行う。ダイハツ工業は元々燃費のよい軽自動車の製造販売が主力なため、環境問題対応技術としては、重量がかさみ燃費効率が悪化する電気自動車やハイブリッド車といった電動技術には興味を示していない。むしろ、エンジン本体の燃焼効率の改善や排出ガス対策、燃料対策などに傾注しているという。ダイハツ工業は、今回、秋田県が進める地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「地産地消でムダを省いたエネルギー循環社会」のメンバーに加わり、実証試験に新型車両を提供し、試験作業の面で協力するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 大阪府池田市のダイハツ工業は秋田県でDFVE10自動車による二酸化炭素(CO2)排出量削減で地球温暖化の原因防止対策はこちら

福岡県北九州市は電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の普及活動で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 福岡県北九州市とパーク24(東京都千代田区有楽町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、福岡県北九州市の公用車を活用して電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の普及促進を目的としたカーシェアリングと充電利用の実証実験を実施すると発表した。福岡県北九州市において、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のために、電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)を活用した大規模な実証実験は初めてのケースであり、2010年11月中旬から約1か月間にわたって実施するという。福岡県北九州市は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に積極的に取り組む環境モデル都市として、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)などの環境問題対応の次世代自動車の導入を推進している。今年度は国土交通省(東京都千代田区霞が関)が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として実施している「環境対応車を活用したまちづくりに関する実証実験」に選定されている。これを受け、福岡県北九州市はパーク24の協力を得て電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)カーシェアリングの実施による、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の実証実験を実施することになった。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、平日に福岡県北九州市が公用車として使用している三菱自動車の電気自動車(EV)「i-MiEV」とトヨタのプラグインハイブリット「プリウスプラグインハイブリッド」を、福岡県北九州市役所が休みとなる土・日・祝日に福岡県北九州市民に無料で貸し出すというものだ。同時に、パーク24が福岡県北九州市内で運営する時間貸駐車場「タイムズ」のうち、約15か所に電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)用の充電設備を設置し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献する電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の運転と駐車場での充電を体験してもらうという実証実験になっている。福岡県北九州市民に次世代環境自動車を体感してもらい、地球環境問題への意識を高めてもらうと同時に、走行ルートや走行距離、充電施設の利用時間などを調査し、電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の普及に向けた問題点を把握するために活用するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県北九州市は電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の普及活動で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

石川県金沢市は公共レンタサイクルで二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策

 石川県金沢市中心部では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一つとして、金沢市のまちなか公共レンタサイクル社会実験「金沢市レンタサイクルまちのり」が始まっている。出発式は貸出及び返却場所の一つ金沢21世紀美術館(石川県金沢市広坂1)のコンクリート広場で行われた。石川県金沢市の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての、公共レンタサイクルのコミュニティサイクルは、登録者がレンタル自転車を共同で利用するのシステムとなっている。観光地などで1日単位のレンタルで貸し出している一般のレンタサイクルと異なり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を目的として、短時間の自転車の利用を想定しているという。石川県金沢市では、貸出と返却の拠点「サイクルポート」を複数個所設置し、利用者が貸し出しを受けたポート以外の場所でも返却できるのが特徴となっている。環境問題への意識の高いヨーロッパではコミュニティサイクルとして、盛んに取り入れられており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、フランスのパリでは1,500カ所のサイクルポートに計2万4,000台の自転車を置き、市民らが公共交通の一つとして利用している。コミュニティサイクルは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として日本国内でも、富山県富山市と福岡県北九州市が今春から既に導入している。石川県金沢市は、2014年度末に予定されている北陸新幹線金沢開業後の石川県金沢市内の交通手段の一つとして、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にも役立つ公共レンタサイクルのコミュニティサイクルの可能性に注目した。自動車利用からの転換を促し、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない自転車利用によって、地球環境問題の改善に役立てる目的もある。石川県金沢市の今回の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての社会実験では、JR金沢駅東口(石川県金沢市木ノ新保町)や香林坊の仙石通りバス停横(石川県金沢市香林坊)、金沢21世紀美術館駐輪場、長町緑地(石川県金沢市長町)、兼六園(石川県金沢市丸の内の白鳥路、東山の金沢東警察署浅野川大橋交番横(石川県金沢市東山)、野町駅舎内(石川県金沢市野町)など石川県金沢市の中心部10か所に公共レンタサイクルのコミュニティサイクルのポートを設けている。コミュニティサイクルで使用するレンタサイクルは、石川県自転車軽自動車事業協同組合(石川県金沢市二口町)から新品の自転車100台を借りて配置した。石川県金沢市では、10月20日までの社会実験の期間中に、公共レンタサイクルのコミュニティサイクルを石川県金沢市民らに通勤や買い物、ビジネスなどの足として自転車を使ってもらうという。その間、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するコミュニティサイクルの本格実施に向けて、種々の課題を探るという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 石川県金沢市は公共レンタサイクルで二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策はこちら

三重県四日市市は小学校で二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因対策の授業

 三重県四日市市では、四日市市内の事業所の社員を地球温暖化の原因対策の講師に招いた「こどもよっかいちCO2ダイエット作戦」が、四日市市立塩浜小学校(三重県四日市市塩浜町)で開かれ、4年生34人の児童が環境問題や地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策について学習した。同作戦は、家族が協力して地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に取り組んでもらおうと、四日市市や三重県、四日市市内の事業所が協力して昨年から始めたものである。同小では児童の家庭で使用する電気と水道の使用量削減を目指す。この日は、三重県四日市市川尻町の石油化学メーカーのJSR四日市市工場環境保安部環境課の社員2人が講師として同校を訪問した。「地球温暖化の原因」や「オゾン層破壊」、「森林破壊」などの地球が抱える大きな環境問題などについて説明し、「一人一人が努力することで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策効果が表れる」などと話した。続いて、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の作戦を進めるため、電気と水道のメーターの見方や使用量削減のヒントなどについて説明した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 三重県四日市市は小学校で二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因対策の授業はこちら

東京都中央区の日本環境協会はエコマークアワードで二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因対策

 財団法人日本環境協会(東京都中央区日本橋馬喰町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての、エコマーク事業開始21年目を迎えた今年、エコマークとして初めての表彰制度として「エコマークアワード」を創設した。エコマーク商品を始めとする環境配慮型商品の製造、販売あるいは普及啓発を通じて、エコマーク事業の目的である「消費者の環境を意識した商品選択、企業の環境改善努力による持続可能な社会の形成」に向けて積極的に活動している企業・団体等の特に優れた地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みを表彰するという。それらの優れた地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みを広く公表するとともに、エコマーク商品等のより一層の普及拡大を通じて、持続可能な社会の実現に寄与することを目的とするものとなっている。なお、受賞企業・団体は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に一環として開催する「エコマークコミュニケーションフォーラム」(2月上旬東京都内で開催予定)にて表彰する予定をしている。「エコマークアワード」の募集期間は、2010年10月18日(月)~11月30日(火)となっている。「エコマークアワード」の応募要項及び応募書類等の詳細については、エコマーク事務局ホームページ(URL: http://www.ecomark.jp/award2010.html)を参照のこと。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都中央区の日本環境協会はエコマークアワードで二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因対策はこちら

広島県廿日市の学校は太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 広島県廿日市教育委員会は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、廿日市内の金剛寺小学校(広島県廿日市市地御前2丁目22-1)と大野東中学校(広島県廿日市市佐伯郡大野町中山414)に廿日市立学校で初めてとなる太陽光発電システムを導入した。電気代を削減して省エネ対策と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にするとともに、子供たちの環境問題への意識向上にもつなげるという。廿日市立金剛寺小学校では、校庭の一角に縦約3メートル、横約12メートルの太陽光発電システムの発電用パネルを取り付けられ、児童用の校舎入り口に太陽光発電システムのモニターを設置している。このモニターでは、その日の太陽光発電システムの発電量と電力を賄える蛍光灯の本数、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減量などの数値を表示することができ、児童の環境問題の学習に利用するという。廿日市立大野東中学校も同サイズの太陽光発電システムのパネルを校舎横に設置しており、いずれも太陽光発電システムの最大出力は5kwとなっている。太陽光発電システムによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を最大で年間2.3トン削減することができ、さらに、年間約200万~400万円かかる電気代のうち、6万円程度が節約でき省エネ対策になるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 広島県廿日市の学校は太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

新潟県魚沼市は雪冷房の家補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 新潟県魚沼市では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環の取組みとして、「雪利用住宅」について、モデル事業として設備の工事費に補助金を出している。「雪利用住宅」は、住宅の高床部分を雪室にするなどして、冬季の雪を溜め込み、住宅での夏期の冷房等に利用できるようにしたものである。新潟県魚沼市では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のモデル事業として毎年1棟の雪利用住宅の建築に対して補助金の支出を行っており、補助金の希望者を募集している。新潟県魚沼市ならではの快適で環境にやさしい雪冷房の家は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として新しい提案であり、新潟県魚沼市では平成21年度に1棟の補助を行っている。雪冷房の特徴は、クーラーのように冷えすぎる感じがなく、夏の冷房運転にかかる電気代がわずかとなり、省エネ対策と共に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になり、環境問題に対応したものとなっている。さらに、雪冷房の家は、雪で冷えた貯蔵室が重宝になるだけでなく、部屋の湿気やホコリ、臭いを雪が取ってくれるという家の中の環境問題も解決してくれるものとなっている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として行っている新潟県魚沼市の雪冷房の家補助金の対象者は、新潟県魚沼市内に居住している個人又は事業所がある法人で、雪利用住宅を新潟県魚沼市内に建築する場合となっている。さらに、雪冷房の家補助金の条件として、雪利用住宅に関する技術を研究、改良し、地域へ普及・還元する意欲があることと、完成後、使用実績や効果等についての調査や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の啓発事業等に協力することを求められる。補助対象設備は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての、雪を保存するための雪室(高床式の基礎を利用する場合は躯体を除く。)、貯蔵した雪を利用した冷房設備、貯蔵した雪を利用した低温室及び冷蔵設備となっており、仕様は新潟県作成の「雪冷熱エネルギー住宅建築のためのガイドライン」に準じた物とする。補助金額は300万円を限度として助成する。問い合わせは、魚沼市市役所市民課環境対策室まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 新潟県魚沼市は雪冷房の家補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

静岡県静岡市の清水エスパルスがカーボンオフセットで二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因対策

 環境省(東京都千代田区霞ヶ関)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として実施している「チャレンジ25キャンペーン」が、9月25日(土)に静岡県静岡市のアウトソーシングスタジアム日本平において開催された「エスパルス エコチャレンジマッチ2010」(Jリーグ 清水エスパルス対名古屋グランパス戦 鈴与グループデー)に特別協力し、チャレンジ25キャンペーンへの参加を呼びかけた。清水エスパルス(静岡県静岡市)は2007年12月に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を講じる「カーボンオフセットクラブ化」を宣言し、紙コップのリサイクルやゴミの分別回収、グリーン電力の利用等を実行している。また、清水エスパルスの年間20試合のホームゲーム開催によるスタジアムの電力消費、ゴミ処理、シャトルバスの運行、乗用車での来場によって排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量年間約360トンの相殺に取り組んでいる。今回の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のエコチャレンジマッチにおいても、清水エスパルスは、エコチャリティうちわの販売を通じた校庭芝生化のサポートや一般から公募した「クリーンサポーターズ」による試合終了後のスタジアムの清掃活動など様々な取組を実施した。試合当日は、「チャレンジ25キャンペーン」と清水エスパルスの連携した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、来場サポーターにチャレンジャー登録を呼びかけるほか、大型ビジョンでの紹介、パンフレットの配布等を行い、「チャレンジ25キャンペーン」を実施した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 静岡県静岡市の清水エスパルスがカーボンオフセットで二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因対策はこちら

長崎県対馬市で電動船による二酸化炭素(CO2)排出量削減で地球温暖化の原因対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みとして、エンジンの代わりに電動モーターを搭載した漁業用の走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電動船の実用実験が長崎県対馬市の海域で行われている。水産庁によると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、漁業用の電動船の開発は全国で初めてのことで、早ければ来年中の実用化を目指すという。漁業用の電動船は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に加え、燃油高にあえぐ離島の漁師の支援にもつながるとして大いに期待されている。漁業用の電動船は小型の定置網用で、全長6メートル、幅2メートル、重量0.9トンで、後部に推進用の電動モーターを取り付け、船底にバッテリー4個を積んでいる。漁業用の電動船は、約10時間充電すると連続4時間の航行でき、速度は時速15~20kmとこれまでの船とほぼ同じ能力がある。漁業用の電動船は、愛媛県宇和島市に本社がある「アイティオー」が開発した。漁業用の電動船は、エンジン船と違って水中に排ガスや二酸化炭素(CO2)を放出せず、海面を滑るように進むのが特長となっている。また、同規模の漁船の燃料のガソリン代は、年間50万~60万円かかるが、漁業用の電動船の電動モーターの電気代はその5分の1程度ですむという。実験は国の委託事業で、約1,600万円の経費は国や長崎県などが負担する。今回は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としては、「長崎県の離島での実験が望ましい」として、長崎県対馬市の厳原町漁協が選択されたという。乗船した対馬市の漁師は「今まではエンジン音が大きく、仲間との会話が聞こえにくかった。この電動モーターを使った漁業用の電動船はとても静かで乗り心地は快適だ。スピードもほとんど変わらないので使いやすい」と話していた。同漁協が省エネ対策効果や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の効果などのデータをまとめ、それを基に改良を重ねるという。同社では「魚船は水の抵抗が大きく、いかに効率良く電気をモーターの推進力に変えるかに腐心した。エコカーが普及しているが、海からも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策による環境保護に寄与したい」と話している。長崎県漁政課は「長崎県の離島は九州本土よりガソリン代が高い。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもなる電動船が普及すれば、長崎県の離島の漁業者の収益向上にもつながる」と期待しているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 長崎県対馬市で電動船による二酸化炭素(CO2)排出量削減で地球温暖化の原因対策はこちら

兵庫県三田市の学校が太陽光発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 兵庫県三田市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に取り組んでおり、三田内の全小中学校で太陽光発電設備の整備が完了し、各校の設備は今月中にすべて稼働する予定だという。三田市立松が丘小学校では、4年生が太陽光発電設備を使って地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの環境問題の学習を行った。太陽光発電設備の発電状況などを専用のカラーモニターで常時確認できることから、児童たちは刻々と変化する数値を興味深そうに見ていた。太陽光発電設備については、地球温暖化の原因とされる二酸化炭素(CO2)排出量を削減するとともに、省エネルギー対策や環境保全対策に対する子供たちの意識を高めるため、兵庫県三田市教育委員会が三田市内の各校に設置したもので、設計・工事費約5億6千万円は、国からの交付金を活用したという。兵庫県三田市内の各校の屋根や屋上に、1.5平方mの太陽光発電パネルが96枚取り付けられ、最大で約20kwを発電することが可能であり、校内で使用される電力の約2割を賄うことが可能だという。このため、太陽光発電設備によって1年間で、東京ドーム1個分の森林が吸収する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を削減できるという。学校内には太陽光発電のモニターが置かれ、発電されている電力や校内で使われている電力量、さらには、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の削減量などを表示することができるため、これらを環境問題の学習に役立てるという。この日は総合学習の一環で、三田市教育委員会の職員が、三田市立松が丘小学校の子供たちに太陽光発電の仕組みや地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になることなど環境問題への影響を話した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 兵庫県三田市の学校が太陽光発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

日本郵便が電気自動車(EV)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 日本郵政グループの郵便事業株式会社(日本郵便:東京都千代田区霞が関)が、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、集配に使う電気自動車(EV)をベンチャー企業のゼロスポーツ(岐阜県各務原市)から2011年度に約1,000台購入すると発表した。郵便事業会社は、2011年度に年間の集配向け更新車両の約3分の1に当たる1,000台を、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のため、電気自動車(EV)にする方針であることかあら、全量をゼロスポーツから調達することになる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)1,000台という調達規模は世界的にも例がなく、電気自動車(EV)普及を推進する三菱自動車工業(東京都港区芝)など大手自動車メーカーに先行した。郵便事業会社は現在、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減など環境対策のため、三菱自動車工業や富士重工業(東京都新宿区西新宿)などの電気自動車(EV)計47台を試験的に導入している。このうち、集配向け電気自動車(EV)はゼロスポーツ製のみであり、2009年から小型バンタイプのガソリン車を電気自動車(EV)に改造した車両を3台導入している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の価格や集配業務での使い勝手という性能面など総合的に判断した結果、2011年度の集配向け車両の電気自動車(EV)更新分をゼロスポーツに発注することを決めたという。ゼロスポーツは、ガソリン車の改造部品の開発や販売を手がけているが、1998年に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の製造販売に参入しており、2003年には国土交通省から電気自動車(EV)の型式認定を取得し、地方自治体や企業向けに電気自動車(EV)商用車を納入した実績を持つ会社である。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 日本郵便が電気自動車(EV)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

埼玉県熊谷市で植樹による地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出削減

 埼玉県熊谷市は、日本一暑い都市として有名であるが、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減とクヌギの木を植樹して地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減と木陰をつくろうと、熊谷市内の市民グループの「くまがや市民活動ふれあいネットワーク(長島利夫代表)」は、園芸用のポットにドングリを育てるイベントを開催すると発表した。大きくなれば熊谷市の街中に植え直し、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減と緑化による憩いの場を増やす取組みであり、熊谷市内の親子連れを中心に参加を呼びかけている。同ネットワークは、熊谷市内の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を始めとする環境問題や文化活動などにかかわっている20団体ほどが連携してできた組織である。元々、熊谷市の大原地区にはクヌギの木が多く、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の固定化による削減に貢献してきたが、ドングリは子供たちにも親しみがあることなどから、元副代表の依田さんが企画し、2007年は試験的に、仲間約10人と300個程度のドングリを発芽させ環境問題イベントなどで配ったという。今回は10月9日に熊谷市内の荒川大麻生公園で実施し、先ずは、熊谷市内の造園業者が話を行い、その後、会場に用意した約1000個のドングリを1ポットに1個ずつ撒き、2013年3月に熊谷市内に植樹する計画だという。木には育てた人のネームプレートをつけ、10年ほどすれば立派な成木になるという。依田さんは「地球温暖化の原因対策や二酸化炭素(CO2)対策にもなる。子供たちのために熊谷市内の住み良い環境づくりに協力してほしい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 埼玉県熊谷市で植樹による地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出削減はこちら

神奈川県川崎市が緑のカーテンで二酸化炭素(CO2)削減する地球温暖化の原因対策

 神奈川県川崎市は、地球温暖化の原因対策として温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する取組みの一環でゴーヤを育てる「緑のカーテン大作戦」を実施している。地球温暖化の原因対策の「緑のカーテン大作戦」に参加している川崎市立大島小学校(川崎市川崎区)の5年生7人が川崎市役所を訪れ、阿部孝夫川崎市長に小学校で育てた緑のカーテンのゴーヤーをプレゼントした。地球温暖化の原因対策の緑のカーテンのゴーヤーの栽培状況などを報告した後、ゴーヤー入りのカレーを市長と一緒に食べた。川崎市立大島小学校では、2008年度から総合的な学習の時間を使って、職員室の前で地球温暖化の原因対策として温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する「緑のカーテン作り」を実施しており、児童が交代で水やりや観察を行っているという。川崎市役所を訪れた児童は、地球温暖化の原因対策として温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するため、緑のカーテン作りに取り組んでいることを市長に報告した。阿部川崎市長は、ゴーヤー入りカレーを食べるのは初めてだったというが、「ゴーヤは意外と口に合う。シャキッとしていてアクセントが効いているね」と話していた。地球温暖化の原因対策として温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する緑のカーテンは、川崎市内の公共施設156か所で行われている。緑のカーテンで栽培されたゴーヤーの一部は、川崎市役所の食堂のメニューにも取り入れられているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県川崎市が緑のカーテンで二酸化炭素(CO2)削減する地球温暖化の原因対策はこちら

福岡県飯塚市は打ち水大作戦で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減

 猛暑の真夏日が連日続いているが、福岡県飯塚市役所では5日、地球温暖化の原因防止対策である温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けて、飯塚市民らが水をまいて涼を楽しむ「打ち水大作戦」が行われた。打ち水を行うと、水そのものの水温の冷たさと水分が蒸発する際に気化熱で路面の熱を奪うため、周囲の気温が下がるという効果がある。その効果を体感し、地球温暖化の原因防止対策である温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減や省エネについて考えてもらうため、飯塚市の市民団体である「いいづか環境会議」が2009年の夏から取り組んでいる行事である。打ち水大作戦の当日は、飯塚市市役所の駐車場に飯塚市民ら100人以上が集い、打ち水開始の掛け声と同時に持ち寄った雨水や風呂の残り水をアスファルトにまくと、周辺の空気は少しひんやりとして、33.3度あった気温は32.8度まで下がったという。いいづか環境会議の会長は「昼間はすぐに水が蒸発するため打ち水の効果を感じにくい。夕方、溜めた雨水などを使って日陰に打ち水をするのが効果的だ。涼しくなるとエアコンを使う時間を短縮でき、省エネや地球温暖化の原因防止対策である温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減にもつながる。先人の知恵を借りたエコな取り組みである打ち水がもっと広まってほしい」と話していた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県飯塚市は打ち水大作戦で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

新潟県魚沼市は雪冷房補助金で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減

 新潟県魚沼市では、個人が自宅で整備する雪冷房に対する補助金を支出している。魚沼市は今年を「環境政策元年」と位置づけており、自然環境、生活環境、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に係る地球環境問題に積極的に取り組んでおり、ヒートアイランド対策としての「打ち水大作戦」も実施している。今般、新潟県魚沼市において、地球温暖化の原因対策として二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる雪の冷熱エネルギーを利用した「雪冷房の家」が公開された。この「雪冷房の家」は、築30年の住宅建替の際、魚沼市の地球温暖化の原因対策としての雪利用住宅導入モデル事業補助金を利用し、補助金300万円を得て整備を行ったという。完成した地球温暖化の原因対策がなされた個人住宅は、高床方式の木造2階建で、高床部分に断熱材で仕切った雪室が設置されているという。冬の間に自宅周辺に積もった雪を除雪機で投入し、今年3月には約60立方メートルの雪が蓄えられていた。この高床部分の雪室と各部屋は送風パイプでつながっており、雪で冷やされた涼しい風がファンで各部屋に届く仕組みになっている。7月初めから地球温暖化の原因対策の雪冷房を稼働させているが、今年の猛暑の日であっても室内温度は26度程度で、エアコンとは違った柔らかな冷気で冷やされ、湿度も屋外に比べ10%程度は低く、かなり過ごしやすい室内環境になっているという。この雪室の設置費には400万円もかかったが、魚沼市からの地球温暖化の原因対策補助金を差し引くと約100万円の持ち出しであった。魚沼市では、今年度の地球温暖化の原因対策の環境問題対策事業費として、こうした事業の補助金に約6億600万円を計上しており、今回のような雪利用住宅のほかにも、農業用水を利用した小水力発電導入モデル事業には、出力10kw未満の発電施設整備に対して50万円を限度に補助金を支出するという。また、地球温暖化の原因対策の取組みの一環として、打ち水を行って路面を冷やす試みも2日から始めており、4日には「打ち水大作戦」と称して、魚沼市内6庁舎で、魚沼市民とともに一斉に打ち水を行って涼感を楽しんだ。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 新潟県魚沼市は雪冷房補助金で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

新エネルギー法(RPS法)で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 資源エネルギー庁は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減などを目的として制定された「電気事業者による新エネルギー等の利用に関する特別措置法(RPS法)」の平成21年度1年間の施行状況をまとめたものを公表した。「RPS法」は、電力会社に年間小売電力量の一定割合を地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に寄与することができる新エネ発電でまかなうことを義務づけるとともに、義務枠を満たさない事業者に対しては、義務枠以上の発電量がある事業者の発電分などの一定量を地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に寄与する「新エネルギー等電気相当量」として購入するか、あるいは、他の事業者から新エネにより発電された電気を購入するかして、義務を果たすことを求めている法律である。発表によると、平成21年度は8万3,562件の設備が法に基づく地球温暖化の原因対策の新エネ発電設備の基準に適合していると認定され、新エネルギー法施行以降、平成21年度末までの地球温暖化の原因対策の新エネ発電設備の総認定数は51万9,966件となった。また、これらの地球温暖化の原因対策の認定設備で発電された電気供給総量は88億7,316万2,050kWhで、20年度の79億1,810万7,841kWhより増加したという。地球温暖化の原因対策のされた発電種類ごとの電気供給量は、風力発電が37億3,439万7,573kWh、バイオマス発電が32億2,323万1,093kWh、水力発電が9億5,338万4,201kWh、太陽光発電が6億8,121万9,881kWh、地熱発電が1,078万5,000kWh、複合型発電が532万1,071kWhの順となっているという。なお、地球温暖化の原因対策の特定太陽光発電(注3)からの電力供給量は、2億6,482万3,231kWhであった。一方、新エネ発電による地球温暖化の原因対策の義務が課せられた電気事業者は計42社となっており、その義務発電量総量は91億7,007万kWhにのぼったが、42社すべてが21年度の義務を履行することができたという。42社のうち21社が次年度に63億1,572万2,000kWh分を新エネ法に基づきバンキング(注2)したという。なお、このバンキングとは別に、地球温暖化の原因対策の義務が課せられた新エネ発電事業者12社が9,000万9,000kWh分をバンキングしていることから、21年度にバンキングされた総量は、64億573万1,000kWhとなっているという。なお、一般電気事業者は、東北電力、東京電力、北陸電力、中部電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力となっている。(注1)新エネ発電設備の基準に適合していることの認定に関する規定は、平成15年4月からの法律の全面施行に先立ち、14年12月6日から施行されていたものである。
(注2)その年度の義務発電量以上に新エネ発電による電気を供給した場合には、義務超過分を次年度の義務履行のため持ち越すことができ、また、新エネ発電事業者が次年度まで「新エネルギー等電気相当量」を持ち越すことをいう。
(注3)太陽光発電設備による新エネルギー等電気のうち、「太陽光の新たな買取制度」により電気事業者に買取義務のある電気であり、RPS法の義務履行に充当できないもののことをいう。平成21年度の特定太陽光発電の供給量は、「太陽光の新たな買取制度」開始以降(平成21年11月1日~平成22年3月31日の間)のものであり、制度開始以前(平成21年4月1日~平成21年10月31日)は太陽光発電の供給量に含まれる。

> 新エネルギー法(RPS法)で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

新日鉄製鉄が高効率発電設備で地球温暖化の原因のCO2排出量削減

新日本製鉄は、製鉄所に新たに高効率発電設備を導入し、エネルギーコストの低減改善と省エネルギー、地球温暖化の原因防止のための省CO2を推進すると発表した。新日本製鉄の君津製鉄所と大分製鉄所の高炉拡大改修、コークス炉新設などの鉄源増強に伴って副生ガスが増加するという。この増加したガスを有効活用するため、東京電力、九州電力それぞれと高効率の副生ガス専焼ガスタービン複合発電設備を新設する。また、室蘭製鉄所では老朽化した自家発電設備を更新して、さらに高効率化する。具体的には、君津製鉄所には副生ガス専焼ガスタービン複合発電設備1基を新設し、152.9MW発電し、2012年6月から稼働する予定となっている。大分製鉄所も副生ガス専焼ガスタービン複合発電設備を1基新設し、その発電出力は145MWであり、2015年2月から稼働する予定となっている。鉄鋼メーカーは、地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量が国内企業のトップクラスとなっている。今後、高まりつつある地球温暖化の原因防止の機運に向けて、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出量削減を迫られるのは必至の状況下にある。このため、新日本製鉄では、製鉄工程で発生する副生ガスを電力に活用してエネルギーの有効活用によるコスト削減や地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出量の削減を図るという。

> 新日鉄製鉄が高効率発電設備で地球温暖化の原因のCO2排出量削減はこちら

官民一体で地球温暖化の原因の国内CO2削減「オフセット・クレジット」

 国内の地球温暖化の原因二酸化炭素(CO2)排出量を削減するため環境省が昨年創設した「オフセット・クレジット(J-VER)制度」を活用する動きが広がり始めている。同制度を使って地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出枠を売り出す地方自治体と購入側の企業との間で取引が活発化し、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)に関連する新市場の開拓と企業イメージのアップにつながると期待されている。J-VERは、国内プロジェクトで実現した地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)の排出削減・吸収量を排出枠として認証する制度である。現在は、間伐材を代替燃料にした発電を進める高知県の事業のみに適用されている。企業は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出枠を高知県から購入し、高知県はその収益で発電に必要な間伐を実施し、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減や森の再生を目指す仕組みになっている。高知県とは日本百貨店協会や日立建機など6社・団体が取引してきたが、11月には企業向け衣料メーカーの福島ミドリ安全(福島県郡山市)が地方企業として初めて契約した。ホテル向けユニホームの製造過程で出た地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)のうち1トン分を、購入した地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出枠でオフセット(相殺)した。全国初のJ-VER付きユニホームについて「着るだけで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を削減でき、企業イメージも向上する」とアピールする。以前の地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出枠は開発途上国などから購入したものが中心で、国連認可の排出枠(CER)付き商品も全国で流通している。だが、CERで削減するのはあくまで国外のCO2でしかなく、国内の地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)は削減されないことになる。環境省地球温暖化対策課は「消費者が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減に貢献している実感を持てず、国内のCO2も減っていない。」と指摘している。その点、国内独自事業に基づくJ-VERは「地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減効果を身近に感じやすい。」という。 
貸しデジタルビデオカメラレンタル情報トラックレンタカーレンタル情報貸し子供服レンタル情報

> 官民一体で地球温暖化の原因の国内CO2削減「オフセット・クレジット」はこちら

荷主企業と物流事業者が協働して取組むCO2出削減事業

 グリーン物流パートナーシップ会議(注)は平成20年9月4日までに、「グリーン物流パートナーシップ推進事業(2次募集)」の20年度採択案件11件を決定した。
 「グリーン物流パートナーシップ推進事業」は、荷主企業と物流事業者の協働により実施される物流の改善策で、地球温暖化防止対策のためのCO2排出量削減が確実に見込まれる事業のうち、(1)新規性がある事業(モデル事業)、(2)普及が望まれる事業(普及事業)、(3)物流効率化事業の問題点解決に向けた調査事業(ソフト支援事業)の各優良案件に対して、補助金交付や事業委託を行っている公募事業。
 20年度対象案件は、20年2月29日から4月4日まで「ソフト支援事業」と「普及事業」について公募が行われ、20年6月2日までにの計46件の採択案件が決定されていた。
 今回「ソフト支援事業」採択されたのは、(株)環境エネルギー総合研究所等が申請した「食卓から始める低炭素社会実現のための物流省エネルギー対策導入調査事業」など2件。また、「普及事業」として採択されたのは、NOK(株)が荷主の「パートナーシップによって「工業用ゴム製品」の「鳥栖」~「名古屋」間輸送を鉄道へモーダルシフトすることによる省エネルギー事業」など9件。
 なお、「ソフト支援事業」は、(財)省エネルギーセンターから実施が委託されるほか、「普及事業」に対しては、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)により、対象事業経費の3分の1が補助される見込み。

(注)荷主企業と物流事業者の協働による物流分野でのCO2排出削減策を強化するため、経済産業省、国土交通省、(社)日本ロジスティクスシステム協会、(社)日本物流団体連合会、(社)日本経済団体連合会らが連携して17年4月に設置した組織。

> 荷主企業と物流事業者が協働して取組むCO2出削減事業はこちら