TOPページ > 検索結果

検索結果 【CO2削減】

宮城県仙台市では「CO2削減省エネinサンモール」を実施

 宮城県仙台市青葉区にあるサンモール一番町商店街振興組合では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、夕方から商店街のアーケード内の照明を落とすかわりに、クリスマスイルミネーションの省エネの環境問題対策照明を皆で楽しむイベント「CO2削減省エネinサンモール」を実施すると発表した。環境問題対策として、商店街内の消費電力を減らして地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出を抑え、買い物客に地球温暖化の原因防止をPRする目的があるという。このため、照明の明るさを通常より60%落とすとともに、代わりに消費電力の少ない発光ダイオード(LED)電球を約3万5000個使ってアーケード内の植栽にイルミネーションを施して夕暮れと共に点灯するという。「CO2削減省エネinサンモール」のオープニングイベントでは、照明を消して一斉に発光ダイオード(LED)イルミネーションをつけるカウントダウン点灯の実施に加えて、ハンドベル演奏やゴスペルのコンサートの開催のほか、ペットボトルで作ったクリスマスツリーも行われるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の「CO2削減省エネinサンモール」の問い合わせは、サンモール一番町商店街振興組合(022(227)4851)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 宮城県仙台市では「CO2削減省エネinサンモール」を実施はこちら

愛知県は家庭の省エネ診断で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 愛知県では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を進めようと、愛知県内の家庭のエネルギー消費の改善策を提案する「省エネ診断」への参加世帯を募集している。愛知県は2010年度末までに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を1990年度比マイナス6%を目標とする地球温暖化防止戦略を推進している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は、産業部門で減少が進んでいるが、家庭では増加傾向にあるため、省エネ診断によって家計にも優しい生活スタイルを提案して目標に近づける目的で実施される。愛知県が行う省エネ診断は、財団法人「省エネルギーセンター東海北陸支部」の職員らが愛知県内の各家庭を訪問し、冷暖房機器や冷蔵庫の使用状況、ガス料金のデータなどを調査する。調査結果に基づき、住宅の構造などを考慮し、それぞれの家庭に応じた改善リポート「家庭でできる省エネ指南書」を作り、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策をアドバイスするという。愛知県が行う省エネ診断は無料で、対象は一戸建て住宅か集合住宅かは問わない。募集は先着100件となっており、12月17日までに、所定の用紙で郵送やファクス、電子メールで申し込む必要がある。問い合わせ先は、省エネルギーセンター東海北陸支部(052-232-2216)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 愛知県は家庭の省エネ診断で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

青森県は再生可能エネルギーのロードマップで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 青森県は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、風力発電など再生可能エネルギーの導入を推進する10年後の導入量やそれによる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減効果について具体的な目標値を示した「ロードマップ」を作成している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の具体的な目標を掲げることで、再生可能エネルギーの導入を加速させることを狙いとしており、今年度中の完成を目指している。青森県は、2006年、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として「エネルギー産業振興戦略」を策定しており、再生可能エネルギーの導入に乗り出した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する再生可能エネルギーは、循環する自然現象の中で半永久的に取り出せるエネルギーで、太陽や風力、地熱や動植物由来のバイオマスなどが対象となる。青森県の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策ロードマップでは、これまでに推進してきた取組み結果のほか、今後の課題を検証している。その上で2020年の段階で青森県が導入するエネルギー量と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果を数値で掲げ、目標達成に必要な施策も提示するという。青森県は、今般、有識者による「青森県エネルギー産業振興戦略推進会議」を設置しており、これらの意見もマップに反映させる方針だという。会議では、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、再生可能エネルギーを第1次産業などに活用することも検討すべき」などの意見もあがっているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 青森県は再生可能エネルギーのロードマップで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

マツダレンタカーとパーク24は大阪府大阪市で電気自動車(EV)カーシェアリングによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、大阪府大阪市が実施する「電気自動車(EV)を活用したカーシェアリングのモデル事業」の運営事業者にマツダレンタカー(広島県広島市南区)とパーク24(東京都千代田区有楽町)が認定されたと発表した。マツダレンタカーとパーク24は、12月25日から大阪府大阪市内の5か所で、電気自動車(EV)5台を使って地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のカーシェアリングサービス「タイムズプラス」を実施する。大阪府大阪市の電気自動車(EV)カーシェアリング事業は、大阪府大阪市が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、地球に優しい低炭素型交通システムを構築する一環として、カーシェアリングと電気自動車(EV)の普及に向けた課題の把握、取り組むべき方策を検討するため、試験的に実施される。マツダレンタカーとパーク24は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、独自に開発した電気自動車(EV)カーシェアリングの仕組みを活用し、大阪府大阪市都心部と咲州地区の計5か所に、三菱自動車の電気自動車(EV)i-MiEV5台を導入する。電気自動車(EV)を使ったカーシェアリングサービスを一般市民に提供し、自動車の削減に結び付く可能性のある地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のカーシェアリングや二酸化炭素(CO2)排出量ゼロの電気自動車(EV)を気軽に体験してもらうという。電気自動車(EV)の利用料は15分200円であるが、このほか、法人会員は月額費用は無料で、個人会員は別途月額1000円が必要になる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> マツダレンタカーとパーク24は大阪府大阪市で電気自動車(EV)カーシェアリングによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

三重県鈴鹿市では廃食油のバイオディーゼル燃料(BDF)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 三重県鈴鹿市平野町の運輸倉庫会社である「三重執鬼」平野事業所では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、廃食油から自動車のバイオディーゼル燃料(BDF)を製造する設備が完成した。同社は2009年8月、農林水産省(東京都千代田区霞が関)の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策モデル事業として、三重県鈴鹿市に「三重バイオ燃料普及協議会」を三重県鈴鹿市の地元の企業や市民団体などと共に発足させた。9月からは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、三重県鈴鹿市内の学校給食や飲食店から廃食油を回収している。この廃食油から、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、バイオディーゼル燃料(BDF)を精製し、三重県鈴鹿市の学校給食の配送用トラック3台の燃料に使用してきた。しかし、改修した廃食油からバイオディーゼル燃料(BDF)を分離する設備がないことから、これを滋賀県内の業者に頼ってきた。今般、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、倉庫兼作業場だった事業所に、廃食油をバイオディーゼル燃料(BDF)とグリセリンなどに分離する設備を、農林水産省から半額の補助金を受け1500万円かけて整備した。ここでは、1日200Lの廃食油を地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるバイオディーゼル燃料(BDF)に処理できるという。同社は「三重県鈴鹿市の他社にも利用を呼び掛け、資源の有効活用や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の輪を広げたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 三重県鈴鹿市では廃食油のバイオディーゼル燃料(BDF)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

長野県長野市で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減の地球温暖化適応策の講演会

 長野県や環境省(東京都千代田区霞が関)は、「地球温暖化にどう対応していくのか」と題する地球温暖化適応策の講演会を長野県長野市内のホテルで開催した。地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの取組の一方で、地球温暖化に対して農業や観光などの産業界や防災面でどう対応していくかの「地球温暖化適応策」の必要性が高まっており、専門家は「地球温暖化の原因による気候変動への対応は地域が取り組まなければならない」と問題提起した。この講演会は、長野県が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、2010年度から始めた「信州クールアース推進調査研究事業」の一環の取組みであり、地球温暖化の「地球温暖化適応策」を論議する会合は初めてであり、長野県や長野県下の市町村、企業関係者ら約150人が参加した。地球規模の温暖化を指摘した「気候変動に関する政府間パネル」(IPCC)メンバーでもある茨城大学(茨城県水戸市文京)の三村信男教授は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策は二酸化炭素(CO2)排出量削減などの緩和策と、どう対応していくかの地球温暖化適応策との両輪が必要だ」と指摘し、「地球温暖化適応策は地域性の高い問題だ。どう対応していくかはそれぞれの地域の地球温暖化への取り組みにかかっている」とコメントした。また、長野県内を中心に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定しているブナ林減少の影響予測を検証した国立環境研究所(茨城県つくば市)の肱岡靖明主任研究員は「地球温暖化の原因による気温上昇や降雨量の変化で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定している日本の森林は大きな打撃を受ける」と訴えかけた。今夏は熱中症での搬送者増大や大雨被害にも触れ「地球温暖化の原因の気候変動を考慮した施策は、防災対策や健康問題対策などにもまたがる。それぞれが当事者として地球温暖化の原因防止対策に取り組むことが重要だ」と話した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 長野県長野市で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減の地球温暖化適応策の講演会はこちら

神奈川県平塚市の湘南ベルマーレはキングベルのマイバッグで二酸化炭素(CO2)排出量削減し地球温暖化の原因対策

 神奈川県平塚市では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に向けた身近な取組みの一環として、「湘南ひらつかマイバッグ推進本部」と平塚市商店街連合会が「湘南ひらつかマイバッグキャンペーン」で、レジ袋を削減してマイバッグを持参しようと推進している。神奈川県平塚市を地元とするサッカーチームの湘南ベルマーレのイメージカラーを施したマイバッグを作成して販売している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に繋がる「マイバッグ」の普及を目指す湘南ひらつかマイバッグ推進本部は、今般、3作目となるオリジナルマイバッグを作成した。1作目のマイバッグからおなじみの湘南ベルマーレカラーはそのままに、チームマスコットである「キングベル」のロゴがあしらわれている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として作成した前作のマイバッグと比較すると、横幅に余裕を持たせた設計(タテ31センチ×ヨコ35センチ、両サイドと底に14センチのマチ)となっており、コンパクトに折りたむこともできる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のマイバッグの材質はポリエステルで、11月1日から450円で限定5千個を販売するという。マイバッグは10月25日までは400円で予約販売しており、さらに、100個以上の予約購入の場合は1個350円になる。希望者は「新マイバッグ申込み」、氏名、住所、電話番号、個数を明記し、湘南ひらつかマイバッグ推進本部ファクス(電話兼用)0463-21-1090まで申し込みを。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県平塚市の湘南ベルマーレはキングベルのマイバッグで二酸化炭素(CO2)排出量削減し地球温暖化の原因対策はこちら

島根県松江市で一斉ノーマイカーウィークによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 島根県松江市などは、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、18~24日までの7日間にわたって、マイカー通勤などの自動車運転を控え、自転車や公共交通に乗り換える「一斉ノーマイカーウィーク」を実施する。島根県松江市民や事業者に呼び掛け、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策や通勤渋滞を緩和し、島根県松江市の公共交通機関の利用を促進する目的だという。島根県松江市の一斉ノーマイカーウィークは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、昨年に引き続き2回目の取組みとなる。一斉ノーマイカーウィーク期間中には、島根県松江市内の路線バスとコミュニティーバスの運賃を大人100円、小学生以下50円に引き下げている。JR西日本(大阪府大阪市北区芝田)もこの期間、島根県松江市の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に協力し、JR山陰線では、朝の通勤時間帯に島根県松江市内にある宍道駅(島根県松江市宍道町)と玉造温泉駅(島根県松江市玉湯町湯町)で、特急列車などが臨時停車する。両駅から乗車し、松江駅(島根県松江市朝日町)で下車すると特急料金が無料になるという。また、島根県松江市は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、マイカーから公共交通機関に乗り換える「パークアンドライド」用に、無料駐車場を12か所設置する。さらに、JR松江駅近くなど島根県松江市内の4か所で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない自転車の無料レンタルの貸し出しも行うという。島根県松江市による昨年の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一斉ノーマイカーウィークは5日間の開催で、延べ3200人が参加した。その結果、島根県松江市内の自動車の交通量が約1割減少し、約15.4トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減の効果があったという。通勤時間帯の渋滞も大幅に緩和し、宍道湖大橋北詰交差点では70%に減り、JR松江駅東では50%減少した。一斉ノーマイカーウィークは、島根県松江市や国土交通省中国地方整備局松江国道事務所(島根県松江市西津田)などが実施する。実施後は、参加者にアンケートし、今後の島根県松江市内の公共交通の整備計画に反映するという。
以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 島根県松江市で一斉ノーマイカーウィークによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

大阪府大阪市は中央区の大阪城公園で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策のフェスティバル

 大阪府大阪市中央区にある大阪城公園では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの環境問題リサイクルをテーマにしたイベント「ECOフェスティバル ガレージセール in OSAKA TOWN」が開かれた。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みの一環として、大阪府大阪市が企画した催しで、大阪市民に楽しみながら地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの環境問題について考えてもらう狙いがある。今年初めて大阪府大阪市に民間企業も協力し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するエコカーの展示やリサイクル活動を紹介するブースなどを出展するなど、環境問題に配慮した大阪府大阪市の元気な企業の取組みをPRしていた。リサイクルとして人気のフリーマーケットには、家庭で不要になった衣類や雑貨などを格安で販売する約500店舗が出店して賑わいを見せていた。また、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する太陽光発電システムの太陽電池を動力源にしたソーラーパワーのトラックの荷台を利用したステージでは、落語家の桂三風さんによる「環境落語」や、大阪府大阪市によるレジ袋削減のための市民公募による「マイバッグコンテスト」の入賞者の表彰などが行われた。企業が出店するブースでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のエコカーの試乗会や、パソコンのプリンターメーカー6社が使用済インクカートリッジのリサイクル回収を呼びかける「インクカートリッジ里帰りプロジェクト」を行っていた。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のプロジェクトは2年前に始まり、11月からは大阪府大阪市も参加し、セイコーエプソン(長野県諏訪市)などのプリンターメーカーや大阪府大阪市内のスーパーの関係者、平松邦夫大阪府大阪市長が出席した。リサイクル工作のエリアでは、子供たちが再生紙を使った昆虫作りに挑戦していた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 大阪府大阪市は中央区の大阪城公園で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策のフェスティバルはこちら

東京都中央区のヤマト運輸と港区の三菱自動車は軽商用電気自動車(EV)で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策

 ヤマト運輸(東京都中央区銀座)と三菱自動車(東京都港区芝)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献していくため、軽商用電気自動車(EV)を利用した集配の実証走行試験を実施すると発表した。ヤマト運輸は、集配業務等の事業活動に伴う地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を低減するため、軽商用電気自動車(EV)の採用を検討してきた。今回、ヤマト運輸の実証走行試験に軽商用電気自動車(EV)を開発中の三菱自動車が協力し、両社で軽商用EV実証走行試験車を集配に使用して実証実験を行うという。ヤマト運輸による軽商用電気自動車(EV)の走行試験は、10月15日(金)から東京都大田区内の集配業務を中心に実施する。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての、ヤマト運輸の軽商用電気自動車(EV)の実証試験には、三菱自動車の軽商用ガソリンバン「ミニキャブバン」をベースに、市販している電気自動車(EV)「i-MiEV」に搭載している専用電気自動車コンポーネントを搭載した試験車を制作し、これを実際の集配業務用車として使用する。軽商用電気自動車(EV)による集配走行でのデータを収集・分析して実用性を確認する。ヤマト運輸は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する安全・エコドライブ指導車として、三菱自動車の電気自動車(EV)i-MiEV10台を既に導入しており、今後、今回の試験結果を踏まえ、軽商用電気自動車(EV)の採用についても検討する。三菱自動車は、試験結果を自社の商品開発にフィードバックして、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する軽商用電気自動車(EV)の早期の市販化を目指すという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都中央区のヤマト運輸と港区の三菱自動車は軽商用電気自動車(EV)で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策はこちら

東京都中央区のリコーは愛知県名古屋市のCOP10とLMOのCOP/MOP5のドキュメントの出力MDSで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 リコー(東京都中央区銀座)は、愛知県名古屋市で開催される「生物多様性条約第10回締約国会議COP10)」(10月18~29日)と、同じく愛知県名古屋市で開催される遺伝子組換え生物等(LMO)の「カルタヘナ議定書第5回締約国会議COP/MOP5)」(10月11~15日)において、会議に使われるドキュメントの出力運用管理業務を受託したと発表した。地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する省エネ技術を搭載したデジタル複合機やプリンターを導入して実行する。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもなり、効率的なドキュメントの出力環境「マネージド・ドキュメント・サービス(MDS)」を提供することによって、ドキュメントの出力運営品質の維持を継続して実施する。ドキュメントの出力環境は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として消費電力量を抑制したデジタル複合機及びプリンター合計114台で構成されている。会議で不要となった機密文書の回収及び溶解サービス行い、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策という環境問題とセキュリティの両方に配慮して安全に運用し、24時間にわたって保守サポートも行うという。リコーのMDSの仕組みは、ドキュメント入出力状況を詳細に分析し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としても最適になるような機器の配置や効率的なワークフローを提案し、さらに、運用及び管理を請け負うサービスとして、リコーが世界的に展開しているものである。リコーグループの企業姿勢として、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする環境経営を掲げて環境問題への負荷の削減を積極的に進め、生物多様性の保全にもいち早く取り組んでいることが大いに評価されたことによって、愛知県名古屋市で開催されるCOP10及びCOP/MOP5の出力業務の委託事業者に選ばれたという。さらに、リコーの製品が備えている環境性能だけではなく、原材料の調達から製品の生産、販売活動、廃棄処分に至るまで、製品のライフサイクル全体で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする環境問題への負荷を削減する姿勢が認められ委託に至ったという。リコーグループは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、1999年から二酸化炭素(CO2)を吸収固定する森林生態系保全プロジェクトや、社員らの自主的な環境問題への活動を推進する「環境ボランティアリーダー養成プログラム」など、生態系を保全する環境問題への活動に積極的に取り組んできた。リコーでは、「リコーグループ生物多様性方針」を2009年3月に策定しており、企業の事業活動においても生物多様性に配慮する方向性を打ち出してきている。リコーでは、自社製品及びサービスによる愛知県名古屋市のCOP10及びCOP/MOP5会議の運営サポートを契機として、生物多様性の保全と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に一層貢献していく考えだという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都中央区のリコーは愛知県名古屋市のCOP10とLMOのCOP/MOP5のドキュメントの出力MDSで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

富山県の宇奈月温泉は温度差発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 富山県内有数の観光地である宇奈月温泉(富山県新川郡宇奈月町)を地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に取り組むエコな観光地としてPRするため、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)レンタル事業などを実施している「でんき宇奈月プロジェクト実行委員会」(富山県新川郡宇奈月町:大橋聡司代表)が、宇奈月温泉を利用した温度差発電に試験的に取り組むと発表した。宇奈月温泉の豊富なお湯と水の温度差で発電するという独特の仕組みで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)は排出しないという。同委員会は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に積極的に取り組む富山県の「エコな宇奈月温泉」のイメージを定着させて宇奈月温泉地の活性化を狙う。富山国際大学(富山県上新川郡大山町東黒牧)の上坂博亨教授によると、温度差発電装置は縦3メートル、横1メートル、高さ1メートルの直方体の形をしており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みに理解のある東京都の大手電機メーカーから無償で借り受けるという。温度差発電装置は、温度差を電力に変換可能な半導体をパネル状に組み合わせた「熱電変換素子」を使用しており、片面を宇奈月温泉の温泉水で温め、もう一方の面を冷水で冷やすことで温度差を作り、発電する仕組みになっている。火力発電などと違い地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)が生じないという。温度差発電装置による発電量は、実際に稼動させるまで不明だという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する温度差発電装置は、2010年12月末まで宇奈月温泉街のホテル「フィール宇奈月」に設置し、温度差発電した電力で、実行委員会に参加する国立富山工業高等専門学校(富山県富山市本郷町)の学生がデザインしたLED(発光ダイオード)イルミネーションを点灯させ、館内のカフェを彩る予定だという。温度差発電装置は、11月11日から宇奈月温泉で開がれる「エコテクノロジーに関するアジア国際シンポジウム(ASET)」でも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みとして一般公開する予定になっている。同プロジェクトは、富山県黒部市や地元商工会、富山工業高等専門学校など11機関で構成する「黒部・宇奈月温泉活性化協議会」が実行委員会を設置して運営している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みとしては、2010年4月から電気自動車(EV)レンタル及び電動アシスト自転車のレンタル事業を開始しており、9月末までの利用は572件と好調だという。将来は小水力発電装置を設置して発電した電力で、観光用レンタル電気自動車(EV)を充電する国内初の電気受給システムの実用化を目指しているという。大橋代表は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として温度差発電の実験を成功させ、富山県のエコな観光地として宇奈月温泉発の取組みとして全国に発信したい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 富山県の宇奈月温泉は温度差発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

兵庫県尼崎市は自転車レンタサイクルで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策

 兵庫県尼崎市では、尼崎市南部の臨海部の魅力を多くの人に知ってもらおうと、イベントの開催に合わせ、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、自転車を貸し出す「レンタサイクル」の社会実験を実施する。走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しないレンタサイクルの社会実験の実施日は、10月9、10日と11月13、14日の4日間となっている。10月9日は運河クルージングなどを楽しむ「うんぱく」、11月14日は「公園で遊ぼう!子供が主役IN元浜緑地」と「北堀運河サイクルフェスタ」といったイベントが兵庫県尼崎市の南部の臨海部で開催される。兵庫県や尼崎市などで構成する「21世紀の尼崎運河再生実行委員会」が主催し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のレンタサイクルの自転車の貸し出しは、阪神電鉄の阪神尼崎センタープール前駅(兵庫県尼崎市水明町)南側の広場で行う。阪神尼崎センタープール前駅からレンタサイクルで南へ行くと、元浜緑地(兵庫県尼崎市元浜町)や運河、尼崎閘門・尼ロック(兵庫県尼崎市西海岸町)、尼崎スポーツの森(兵庫県尼崎市扇町)などがあり、これらを自転車で回るお勧めコースを記したマップが作られている。この地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のレンタサイクルの社会実験の4日間に合わせて、阪神尼崎センタープール前駅西側の阪神電鉄教習所近くにおいて、古いレトロな阪神電車の車両が初めて一般に公開される。また、兵庫県尼崎市南部の運河沿いにはボードウオークが設置され、製造工場を間近に見たり、街路樹の緑を楽しむことができる。尼崎スポーツの森では、レンタル自転車を乗り捨てて返却することも可能になっている。兵庫県は「兵庫県尼崎市南部の運河の水質はよくなり、豊かな緑もあるが、あまり兵庫県民に知られていないのが現状だ。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策も兼ねて、兵庫県尼崎市南部の魅力をアピールしていきたい」と話している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のレンタサイクルの自転車の貸し出しの対象は中学生以上で、身分証明書などの提示が必要となっている。レンタサイクルの利用時間は、午前9時~午後5時で雨天時には中止される。レンタサイクルの料金は1台300円で、電動アシスト自転車は1台500円となっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 兵庫県尼崎市は自転車レンタサイクルで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策はこちら

福岡県久留米市は寄贈された電気自動車(EV)で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因防止対策

 福岡県久留米市は、福岡県久留米市宮ノ陣町若松にある建設機材レンタル会社ニシケンから、会社創立50周年迎え、これを記念して、福岡県久留米市に地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する電気自動車(EV)1台の寄贈を受けたと発表した。このほど、福岡県久留米市役所であった電気自動車(EV)の寄贈式で、水田社長が「福岡県久留米市の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など環境問題への施策に役立ててほしい」とあいさつを行った。電気自動車(EV)のエンジンキーの模型を受け取った楢原利則福岡県久留米市長は感謝状を手渡し「福岡県久留米市が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの環境先進都市を目指して、様々な場所で電気自動車(EV)を活用したい」とお礼を述べた。寄贈した電気自動車(EV)は400万円相当の三菱自動車(東京都港区芝)の軽自動車「アイ・ミーブi-MiEV」で、車体には福岡県久留米市エコパートナー事業のマスコットキャラクターのシロクマが描かれている。今後、久留米市役所では、福岡県久留米市の各種イベントで走らせ地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策をPRしていくという。ニシケンは、1960年に福岡県久留米市で創業し、1998年から福岡県久留米市が整備した宮ノ陣新産業団地に本社を構えている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県久留米市は寄贈された電気自動車(EV)で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因防止対策はこちら

東京都千代田区の環境省は環境コンシェルジュ制度で地球温暖化の原因防止の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 環境省(東京都千代田区霞が関)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の政府目標として、2020年までに地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を1990年比で25%削減するためには「家庭分野からの二酸化炭素(CO2)排出量を2008年比で5割以上削減することが必要」としている。このため、環境省は、来年度から「環境コンシェルジュ」制度の創設を計画した。環境コンシェルジュとは、各家庭の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を用途別に診断し、省エネ行動を指導する役割を持っている。環境コンシェルジュは、各家庭に出向いて住民に「1日にテレビを何時間見ていますか」といったアンケートを取ることで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出源とその排出量を擬似的に「見える化」することから始める。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として指導する「省エネ行動」は、各家庭の生活パターンの見直しはもちろん、エコリフォーム、省エネ家電への買い換え、太陽光発電システムの導入など幅広い分野にわたっている。この制度を全国展開するきっかけは、兵庫県が2008年秋から2009年春にかけて100件の家庭に対して行った環境コンシェルジュによる「うちエコ診断」であり、これを全国展開するものとなっている。兵庫県では、環境コンシェルジュの診断後に省エネエアコンを導入したり、省エネテレビに買い換えたりしたモニター家庭が全体の各1割もあったという。また、環境コンシェルジュのアドバイスに基づいて、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる太陽光発電システムや高効率給湯器の導入といった「難易度の高い地球温暖化の原因防止対策」を実施した家庭もあったという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区の環境省は環境コンシェルジュ制度で地球温暖化の原因防止の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

神奈川県横浜市はコミュニティサイクルで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 神奈川県横浜市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、環境問題にやさしい移動手段として、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない自転車の「コミュニティサイクル」の利用促進を図ろうと、2011年春から3年の長期的計画で横浜市中心部において社会実験を実施すると発表した。自転車のコミュニティサイクルは、一定のエリア内の複数個所に自転車の貸出及び返却の拠点(サイクルポート)を設け、自由に乗り降りできる仕組みのことをいい、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献できるものとなっている。ヨーロッパでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、ITを活用したコミュニティサイクルの管理システムが急速に普及している。国内では富山県富山市や福岡県北九州市が、同じく地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、既にコミュニティサイクルを導入している。神奈川県横浜市が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として実施するコミュニティサイクルの社会実験の対象エリアは、みなとみらい21(神奈川県横浜市西区みなとみらい)地区の中央地区、同新港地区、関内・山下町地区(神奈川県横浜市中区)を中心とした横浜市内の区域を予定している。コミュニティサイクルの社会実験では200台程度の自転車を導入し、横浜市内の18か所にサイクルポートを設け、無人で貸出及び返却が可能なシステムで運用する予定だという。コミュニティサイクルの運営主体の事業者は横浜市が公募し、プロポーザル方式で選出する。今回の長期的な社会実験に先立ち、横浜市は昨年10月から11月にかけて約1か月間にわたり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、横浜市のMM21地区から関内・山下町地区において登録料300円、利用料1時間ごとに100円に設定し、コミュニティサイクルの社会実験を実施してきた。横浜市の実施した社会実験期間中の登録者は1,340人で貸出回数は3,322回、1日平均の利用回数は125回だった。横浜市のアンケート調査では、全体の9割が満足及びやや満足と回答し、8割がコミュニティサイクルの本格導入を希望していたという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県横浜市はコミュニティサイクルで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

福岡県福岡市は住宅エコポイント制度補助金で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策

 福岡県福岡市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を強化するため、国の住宅エコポイント制度に独自の補助金を上乗せして支給する「福岡市住宅省エネ改修助成事業」の対象を福岡市内の全67万戸に拡大すると発表した。福岡市では、期間も3か月延長して年度末までとし、省エネ改修に係る補助金額は変わらずに最大10万円だという。福岡市は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の切り札として、「福岡市住宅省エネ改修助成事業」の当初予算に1億円を計上していたが、福岡市の定めた条件が厳しく申請件数は、261件で1,070万円にとどまっているという。また、同様に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を期待するものとして、福岡市が最大500万円の補助金を出す「福岡市事業所省エネ改修等支援事業」の対象も補助金の条件を緩和し、福岡市内に事業所を所有する人なら省エネ改修補助金の申請を可能に制度を改正した。補助金の申請期間も1か月間延長し、11月末までとし、工事費の下限金額も廃止した。こちらも福岡市は当初予算額で約1億円を計上していたが、執行見込みは8件で約2,370万円にしかすぎない。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係る福岡市の補助金の問い合わせは、住宅助成補助金が福岡市住宅計画課(092-711-4598)、事業所補助金が福岡市温暖化対策課(711-4282)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県福岡市は住宅エコポイント制度補助金で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策はこちら

大阪府門真市のパナソニック電工は電気自動車(EV)充電スタンドで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 パナソニック電工(大阪府門真市大字門真)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に対応するため、屋外設置可能な一戸建て住宅用の電気自動車(EV)充電スタンド「ELSEEV mine(エルシーヴマイン)」を発売する。既にパナソニック電工は、パブリックスペース用や壁面取付タイプの屋外コンセントを発売しているが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の電気自動車(EV)充電スタンドのエルシーヴマインは、自立スタンドタイプで住宅などのプライベートエリアでの使用ニーズに適したものとなっている。一戸建て住宅のガレージなどに設置場所を広げることができるという。新たな電気自動車(EV)充電スタンドは、200Vと100V電源の両方に対応していることから、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の電動バイクなどで採用されている100Vコンセントを標準で搭載し、車両の「オール電化」に対応できる。また、対応してコンセントユニットの増設も可能なので、複数の電気自動車(EV)の充電にも対応することができる。コンセントをつないでも、扉を閉めないと電気が流れないインターロック機構があり、万が一の感電事故を防ぐようになっている。いたずら防止のダイヤルキーや夜間にユニット内を照らすLED照明も付いている。千葉県千葉市の幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN」(10月5日~9日)に電気自動車(EV)充電スタンドのコンセプトモデルが展示されるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 大阪府門真市のパナソニック電工は電気自動車(EV)充電スタンドで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

滋賀県守山市はノーマイカーデーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 滋賀県守山市は10月から、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、守山市職員を対象に続けている地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出する自家用車での出勤を控える「ノーマイカーデー」を毎月第2金曜日から原則週1回に増やすと発表した。9月29日の市長定例記者会見で、山田亘宏守山市長が発表した。滋賀県守山市のノーマイカーデーは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を削減するため、1998年5月から開始している。今回、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に一層取り組んでいくため、守山市民や守山市内事業所への啓発を大きくしていこうと週1回のノーマイカーデーに踏み切った。守山市総務課によると、対象となる守山市職員は嘱託職員を含めて約880人になる。年間50日ノーマイカーデーを実施すると、4万4,800kgの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が削減でき、滋賀県守山市役所の2日分の電気使用量に相当するという。山田守山市長は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関して、守山市役所が率先して啓発活動をしていくことは行政の役割の一つ」とし「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない自転車の専用道の整備を進める端緒としても取り組んでいきたい」と話している。守山市議会も年4回開かれる定例会の一般質問初日を、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、自家用車を利用しない「守山市議会議員ノーマイカーデー」としている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 滋賀県守山市はノーマイカーデーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

リデュース・リユース・リサイクルの3Rによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 東京都など9都県市首脳会議の廃棄物問題検討委員会は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、3R(廃棄物等の発生抑制リデュース再使用リユース再生利用リサイクル)推進月間である10月にキャンペーンを展開する。マイボトルの利用促進のほか、容器包装の削減、廃テレビの適正リサイクルのほか「エコ宿泊」をテーマに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する住民の意識向上と取組みを促進する。9都県市首脳会議は、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県の4都県と横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市の5政令市の首長で構成している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるマイボトルの持参は、9都県市で営業するコーヒーチェーン店など21の飲食事業者に協力を求め、マイボトル持参の受け入れを促進する。この地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる3Rへの協力事業者は、前年と比較して7社増えており、今年の参加予定店舗も約130店増の1804店舗となるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のエコ宿泊とは、宿泊施設に備付の使捨て用品をなくすため、歯ブラシやひげそりなど使い捨てのものを宿泊客が持参すると割引などのサービスが受けられる宿泊プランを設定している。大手の宿泊情報サイトの「じゃらんnet」、「楽天トラベル」、「るるぶトラベル」が約355プランを用意しているが、さらにプランを増やしていくという。また、2011年7月のアナログ放送終了に伴い、アナログテレビの大量廃棄が予想されるため、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、テレビリサイクルの促進をPRしていくという。既に、容器包装の削減に取り組んでいる企業76社の取組みも紹介し、より多くの企業に容器包装の削減の取組みを促していく。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> リデュース・リユース・リサイクルの3Rによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

YKKAP・TOTO・DAIKENが住宅改修による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 TOTO(福岡県北九州市小倉北区)、大建工業DAIKEN(大阪府大阪市北区堂島)、YKKAP(東京都千代田区神田和泉町)の3社(=TDY)は、10月15日から全国4都市で地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に対応した「グリーンリモデルフェア」を開催すると発表した。フェアでは、と旧温暖化の原因防止対策や省エネ対策など住宅改修の流れや仕組みを紹介するほか、改修後の事例を実物大で展示する。住宅の部分改修の事例については、ビフォー・アフターで見て分かるように展示するという。さらに、個別ゾーンでは、TOTOが住宅の水回り、大建工業DAIKENが住宅の建材、YKKAPが住宅の開口部の商品や機能を紹介するという。グリーンリモデルは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となるものであり、3社共同の取組みとして2008年から開始している。住宅の「健康配慮」、「長もち住宅」、「二酸化炭素(CO2)排出量削減」をテーマに商品や空間づくりを提案している。住宅の工事着工前に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策その他の角度からグリーンリモデル診断を行い、住宅の性能や状態、顧客の潜在ニーズを把握し、その結果を基にリフォーム・メンテナンス計画を作成するという作業になる。住宅工事内容などはTDY住宅履歴情報サービスで管理する。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策等のフェア開催地は次のとおりとなっている。【名古屋】10月15~17日、ポートメッセなごや(愛知県名古屋市港区金城ふ頭2-2)【大阪】11月19~21日、インテックス大阪(大阪府大阪市住之江区南港北1-5)【福岡】2月10~12日、マリンメッセ福岡(福岡県福岡市博多区沖浜町7-1)【東京】4月22~24日、東京ビッグサイト(東京都江東区有明3-21-1)。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> YKKAP・TOTO・DAIKENが住宅改修による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

静岡県で校庭緑化による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 鈴与商事(静岡県静岡市清水区)と損害保険ジャパン(東京都新宿区西新宿)が、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、校庭に芝生を植える校庭緑化の取組みを進めるNPO「静岡県地球温暖化防止活動推進センター」に協力すると発表した。損保ジャパンの静岡県内の社有車50台が鈴与商事のガソリンスタンドで給油する都度、一定額を静岡県地球温暖化防止活動推進センターに寄付するというもので、静岡県地球温暖化防止活動推進センターが発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、芝生には周辺の温度が上がるのを防ぐ効果があり、静岡県地球温暖化防止活動推進センターは現在、静岡県下の静岡市立大川中学校(静岡県静岡市葵区)と私立ふたば保育園(静岡県焼津市)の校庭・園庭の芝生化を援助している。損保ジャパンは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、10月以降に1リットル当たり約10円を上乗せした価格で鈴与商事が提供するガソリンを買い、同社はこの一部を校庭緑化の寄付金として静岡県地球温暖化防止活動推進センターに提供するという。残りは、直接、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策事業に活用する。静岡県地球温暖化防止活動推進センターは、寄付金を芝刈り機の購入や校庭緑化の植え付けなどの経費に充てるという。静岡県地球温暖化防止活動推進センターは「静岡県下における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に強力なパートナーを得た。今後も校庭緑化の支援先の学校を増やしていきたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 静岡県で校庭緑化による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

愛知県名古屋市で食品リサイクル事業による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 環境省中部地方環境事務所(愛知県名古屋市中区三の丸)は、地球温暖化の原因温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、小売業者・外食業者、飼料化・堆肥化事業者及び農畜水産物の生産者を対象に愛知県を中心とする地域循環圏の食品リサイクルモデル事業への参画者を募集すると発表した。同事務所では、地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、平成20年度からスーパー等の小売店や外食店から発生する食品残さの食品リサイクル事業を中心に、愛知県を中心とする中部地方において適切な規模の地域循環圏の構築に向けた検討を続けてきている。今年度は食品リサイクルモデル事業の実施を通じて、地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の愛知県を中心とする中部地方における食品リサイクルの実施体制の構築に向けた考え方や可能性を具体的に示すとともに、制度的・技術的な課題への検討を実施するという。愛知県を中心とする中部地方で実施予定の地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての食品リサイクル事業内容は、次のとおりとなっている。
(1)地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、愛知県を中心とする中部地方において、複数の小売業者・外食業者、飼料化・堆肥化事業者、農畜水産物の生産者によるコンソーシアム(共同体)により食品リサイクル事業を行う。
(2)食品リサイクルの内容は、愛知県を中心とする中部地方における飼料化、肥料化及び熱回収等を主な対象とする(ただし熱回収等のみの事業は対象としない。)。
(3)地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、食品リサイクル事業によって生産された農畜水産物等の一部を愛知県を中心とする中部地方の小売業者等の店舗で利用する
(4)地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての食品リサイクル事業の実施期間は、平成22年度から平成23年度の2か年とする。
 なお、平成22年9月17日に愛知県名古屋市中区の環境省中部地方環境事務所第1会議室において公募説明会を開催する予定をしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県名古屋市で食品リサイクル事業による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

羽田空港が太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)削減し地球温暖化の原因防止対策

 三菱電機(東京都千代田区)は、羽田空港旅客ターミナルビル(東京都大田区羽田空港3)などの屋根に設置する地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する自然エネルギーの「無鉛はんだ太陽光発電システムモジュール」7,946枚を同ビルを管理運営する日本空港ビルデング(東京都大田区)に納入した。自然エネルギーの太陽光発電システムの設置は、日本空港ビルデングが進める同空港施設における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する環境対策の一環である。地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電システムモジュールの設置場所は、国内線・第1旅客ターミナルビル屋上4か所、第2旅客ターミナルビル屋上2か所、P4立体駐車場屋上1か所の計7か所で、太陽光発電システムの面積はテニスコート36面分に相当する約2,847坪にもなっている。稼働後は年間約1,157MWhの電力を発電し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量は年間約364トンになるしている。羽田空港ターミナルでは、これまでにも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、自然エネルギーで作られた「グリーン電力」による館内エスカレーターの運用や、国際線地区に太陽光及び地熱を積極的に活用するエネルギー供給システムを採用するなど、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた環境対策が進められてきた。ターミナルビル屋上への地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる大規模な太陽光発電システムの導入は、公共施設としての空港ビルでの自然エネルギーの活用をさらに進めるものと位置づけている。今回納入された太陽光発電システムモジュールは、9月からの稼働させての発電を予定しているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 羽田空港が太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)削減し地球温暖化の原因防止対策はこちら

大阪ガスが家庭用燃料電池SOFCで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策

 大阪ガス(大阪府大阪市中央区)は、京セラ(京都府京都市伏見区)、トヨタ自動車(愛知県豊田市東京都文京区)、アイシン精機(愛知県刈谷市)と共同開発した、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減防止対策にも大きく寄与する家庭用固体酸化物形燃料電池SOFC)コージェネレーションシステムの2010年度型機を大阪ガスの供給エリア内の戸建住宅に41台設置して、実証実験を開始する。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する家庭用燃料電池SOFCは、定格発電効率45%以上と発電効率が非常に高く、さらに、発電ユニットが小さく、排熱利用した給湯暖房ユニットもコンパクトに設計できるため、設置場所に制約のある戸建住宅や集合住宅に適している設備である。今回、大阪ガスが実証実験する家庭用燃料電池SOFCは、従来機種よりも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減と日常的なランニングコストの低減を図ったものとなっている。家庭用燃料電池SOFCの発電ユニットは、都市ガスを水素に改質する燃料改質器、電気を発生させるセルスタックなどで構成するモジュールの断熱性を高めたため、電気需要の大小にかかわらず高い発電効率を維持することができるという。家庭用燃料電池SOFCのセルを結合する集電材のコーティング材料も改良しており、セルスタックなどの劣化を防ぐ脱硫剤を増量したことから、家庭用燃料電池SOFCの耐久性も向上したという。家庭用燃料電池SOFCの排熱利用給湯暖房ユニットでは、貯湯タンクの容量を変更し、補助熱源機を潜熱回収型にすることでエネルギー効率の向上を図ったことから、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減能力も向上した。大阪ガスは、京セラと家庭用燃料電池SOFCのの開発に着手していたが、その後2009年3月からはトヨタ自動車、アイシン精機の4社で家庭用燃料電池SOFCを共同開発している。また、家庭用燃料電池SOFCの排熱利用給湯暖房ユニットは、2006年から長府製作所(山口県下関市)と共同開発し、2009年12月には共同開発した家庭用燃料電池SOFCの実証機で実験を開始している。今後、家庭用燃料電池SOFCの実証実験データをもとにシステムの信頼性・耐久性を検証し、機器のコストダウンや地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減などの向上にも取り組み、家庭用燃料電池SOFCの2010年代前半の開発完了を目指すという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 大阪ガスが家庭用燃料電池SOFCで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策はこちら

NTTテレコンがJ-VER制度で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因防止対策

 NTTテレコン(東京都港区新橋)は、国内で削減した地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を流通可能なクレジットにする環境省J-VER制度を利用し、情報通信技術を使った地球温暖化の原因防止対策を促進すると発表した。NTTテレコンは、LPG(液化石油ガス)販売事業者11社と連携し、LPGを集中的に監視するシステムを構築し、例えば、車両で顧客宅を回りエネルギー使用量を調べる従来の方式を集中監視システムからの遠隔操作で効率的に検針する方式に変更している。これに伴い、検針用車両の燃料消費量を大幅に削減しているほか、ガス輸送も効率化することによって、全体で年間320トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を見込んでいる。今後、そこで達成した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減量を、環境省のJ-VER制度に基づくクレジットとするための申請手続きを行う計画だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> NTTテレコンがJ-VER制度で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因防止対策はこちら

デュプロがCO2相殺インクで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策

 デュプロ社(神奈川県相模原市)は、デジタル印刷機インクに関して、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するカーボン・オフセットの導入を行った。今回の地球温暖化の原因防止対策に協力したのは、オフセット・プロバイダーのリサイクルワン(東京都渋谷区)である。デュプロ社が地球温暖化の原因対策のカーボン・オフセットをして今回販売する商品は、デュプロ社のデジタル印刷機インクの「U、S、eシリーズ」を利用して印刷する際に、消費する電力による地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を、国連に認証された二酸化炭素(CO2)排出権によりカーボン・オフセットしたものである。すなわち、デュプロのインクを購入するだけで、デジタル印刷機で印刷する際に発生する地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するカーボン・オフセットに参加できる仕組みとなっているという。今回の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するカーボン・オフセットの排出権は、国連に認証されたインドとフィリピンの風力発電プロジェクトを利用しており、リサイクルワンを通じて調達し、事前に予定販売数量分の二酸化炭素(CO2)排出権無効化の手続きを行う。デュプロ社のインクの販売数量は、リサイクルワンにより定期的にモニタリングされ、予定販売数量を超過する場合は速やかに追加の二酸化炭素(CO2)排出権無効化を実施し、排出権を調達及び無効化する際に発生する費用は商品の価格に転嫁せず、デュプロが負担するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> デュプロがCO2相殺インクで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策はこちら

徳島県徳島市は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減の親子教室開催

 徳島県徳島市では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に寄与する太陽光発電などの新エネルギーへの理解を深めるための「夏休み親子新エネルギー教室」を徳島市役所で開催した。参加者は庁舎に設置された地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する太陽光発電システムを見学したり、太陽光で動くミニチュアソーラーカーを組み立てることによって、地球温暖化の原因防止対策を学んだ。夏休み親子新エネルギー教室は、地球温暖化の原因防止対策を徳島市民に啓発していくため、徳島市が2008年から毎年開催しているものであり、今年は15組33人の親子が参加して二酸化炭素(CO2)排出量削減などを学んだ。最初に地球温暖化の原因防止対策や太陽光発電システムの仕組みなどを学んだ後、本庁舎南館に設置されている二酸化炭素(CO2)排出量を削減する太陽光発電システムを見学した。その後、太陽光発電システムで走行するミニチュアソーラーカー作りを行った。参加した子供たちは、太陽光発電システムで走行するミニチュアカーに光を当てると動き出す様子に驚き、屋外に出て猛暑の日差しの下で勢いよく走らせていたという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 徳島県徳島市は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減の親子教室開催はこちら

長野県では改造電気自動車(EV)で二酸化炭素(CO2)削減と地球温暖化の原因対策

 長野県では、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けて、改造電気自動車(EV)の製作に取組んでいる団体がある。これは中古の自動車を電気自動車(EV)に改造する「ちょい乗り電気自動車(EV)」の普及活動に、長野県高森町などの市民グループが取り組んでいるという。改造電気自動車(EV)の製作には、約100万円の改造費がかかるというが、中古車が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に役立つ電気自動車(EV)に生まれ変わる。6月末に高森町で開かれた「手作り電気自動車(EV)セミナー」は、「使わなくなった自動車の改造で自動車の寿命を延ばすとともに、二酸化炭素(CO2)排出量を削減することで地球温暖化の原因防止に役立つ地域の足にしたい」と、地球環境問題の保護に取り組む地元の「たかもり環境塾」など3グループが主催したものである。長野県飯田・下伊那だけでなく、岐阜県や三重県など長野県外からも含めて約60人の参加があり、講師の電気自動車(EV)コーディネーターである本田さんが、約100万円でできる電気自動車(EV)の改造車づくりを自身の体験談を交えて説明した。9月には、長野県飯田市内で3台の軽自動車を実際に電気自動車(EV)へ改造する技術セミナーも開催する。社団法人「優良電気のりもの普及促進技術協会」が設立され、電気自動車(EV)への改造ノウハウを希望者や業者に提供、希望者へ改造業者を紹介、改造車のメンテナンスを行うことなどを目的としている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 長野県では改造電気自動車(EV)で二酸化炭素(CO2)削減と地球温暖化の原因対策はこちら

京都府長岡京市はエコ診断で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減

 京都府地球温暖化防止活動推進センター(京都府京都市中京区)と京都府長岡京市が、長岡京市内の家庭における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の度合いなどを判定する「うちエコ診断」に取り組んでいる。長岡京市内の環境保全団体のメンバーや長岡京市職員が診断員として、計50世帯にアンケート調査を行い、パソコンのソフトによる判定を基に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた省エネ対策を助言するという。この事業は、環境省の地球温暖化の原因防止対策への補助事業として、京都府地球温暖化防止活動推進センターが本年度に長岡京市及び福知山市でモデル的に実施するものである。京都府地球温暖化防止活動推進センターが認定する「うちエコ診断員」が、家の形態や照明、電気製品の使用状況、さらには、1か月間に使用する光熱費や車のガソリン代などについて調査し、省エネ診断用のソフトを使用して地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量などを判定する。各家庭が日常的に公共交通機関の利用や、太陽光発電、節水シャワーなどを取り入れることによって、二酸化炭素(CO2)の排出量がどの程度削減できるのかなどもパソコン上でのシミュレーションが可能で、個別に必要な地球温暖化の原因防止対策を提案できるという。長岡京市では、今般、環境保全活動に取り組む長岡京市民グループのメンバーや長岡京市職員計20人が、長岡京市役所で開かれた地球温暖化の原因防止対策の講座において、家庭での省エネ対策や地球温暖化の原因防止対策診断ソフトの利用方法などを学び、試験の結果、地球温暖化の原因防止対策の診断員に認定された。今後、それぞれが長岡京市内の地域の知人などに依頼して、計50世帯に地球温暖化の原因防止対策のモニターになってもらい、調査や提案を行う。長岡京市では、本年度、2011年度から取り組む「長岡京市地球温暖化対策実行計画」の策定を予定している。長岡京市内の事業所や長岡京市民を含む長岡京市全域での地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減が不可欠で、長岡京市環境政策課では「うちエコ診断が民生部分の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を促すきっかけになれば」と期待しているという。 以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京都府長岡京市はエコ診断で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

ヴィヴィアン・ウエストウッドが新作ウォッチで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減

 Vivienne Westwood(ヴィヴィアン・ウェエストウッド)が発売している、2010年春夏のGoldLabel(ゴールドレーベル)ウォッチコレクションの中に新たに「Chronograph "+5℃"」が加わった。この新作ウォッチは、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減など地球環境問題を広く訴えかけるものであり、8月下旬から各店舗で販売を開始するという。地球温暖化の原因対策を訴えかける「Chronograph "+5℃"」は、おしゃれなダイヤルカラーとヴィヴィッドカラーによる文字盤の色合いが大きな特徴だといえる。「Chronograph "+5℃"」は、インデックスレイアウトやケース、ブレスレットなど、スマートかつヴィヴィアン・ウェエストウッドブランドらしさをかもし出すデザインになっているほか、初めてタキメーター及びテレメーター表示のあるクロノグラフが従来にない新鮮な時計となっている。同ブランドのデザイナーでもあるVivienne Westwood(ヴィヴィアン・ウェストウッド)が彼女自身のコレクションで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を始めとする地球環境保護問題について提唱し続けていることは広く知られており、この時計も地球温暖化の原因に警告を発する彼女のメッセージが込められたコレクションになっている。2010年春夏のGoldLabelのコレクションキーワードは「プラネットガイアのメッセージ」で、ガイアとは、ギリシャ神話が地球の女神に与えた名前であり、このコレクションは現代に残る大きな課題を「ガイア理論」に照らし合わせたものとなっている。この理論は、地球をある種の生命体と考えたものであり、ヴィヴィアンは「+5℃」シリーズを通じて、多くの人が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を始めとする地球環境保護問題に対する意識を高めることを世界にメッセージとして伝えていくものとなっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> ヴィヴィアン・ウエストウッドが新作ウォッチで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

東京都東村山市は緑のカーテンのゴーヤで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策

 東京都東村山市地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の一環の取組みとして、昨年から東村山市役所北庁舎南側でゴーヤーによる緑のカーテンの栽培を始めたという。そして、昨年、緑のカーテンから収穫したゴーヤーの種を取って育てた苗を、二酸化炭素(CO2)排出量削減のため、今年5月にも市役所北庁舎に植栽して育ててきたが、地球温暖化の原因対策の緑のカーテンに大きく育ち、7月下旬からゴーヤの実が収穫できるようになったという。東村山市は、この市役所北庁舎で緑のカーテンとして栽培しているゴーヤーから収穫した実を活用した料理を地球温暖化の原因対策料理として市役所本庁舎地下一階の食堂で提供し始めた。当面はゴーヤーの収穫量が少ないことから小鉢での提供だが、ゴーヤーの収穫量が増える8月中旬からは定食で提供するという。収穫した実を使って7月29日から東村山市役所食堂で提供しているのは、「ゴーヤチャンプル小鉢」で価格は50円である。8月になってからは、地球温暖化の原因対策の緑のカーテンのゴーヤーの収穫量も徐々に増え始めていることから、450円程度の値段で「ゴーヤチャンプル定食」を提供することを検討しているという。東村山市では、「地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の一環として取り組んでいるゴーヤーによる緑のカーテンは、東村山市役所庁舎内を涼しくする効果があった。さらに、食べられる実がなったので、多くの東村山市民に地球温暖化の原因対策の地産地消による食を楽しんでほしい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

大きな地図で見る

> 東京都東村山市は緑のカーテンのゴーヤで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策はこちら

三重県亀山市は緑のカーテンで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 三重県亀山市では、ゴーヤを市民に無料配布しており、とても好評を得ている。これは、亀山市が地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するため、亀山市市役所などの亀山市内の公共施設に設置した「緑のカーテン」のゴーヤが実り出したものを無料で配っているものである。地球温暖化の原因対策の緑のカーテン作戦は葉が日光を遮断したり蒸散作用があったりして節電になること、緑の見た目が涼しいこと、実が食べられることという一石三鳥を狙った取組みだという。今年の3月に、三重県亀山市総合環境センターで作った土や堆肥を112個のプランターに入れ、そこに地球温暖化の原因対策の緑のカーテンとなるゴーヤの苗を植え、亀山市内の消防署など16か所の公共施設に設置し、亀山市職員が散水などをして大切に育ててきたものである。地球温暖化の原因対策の緑のカーテンのゴーヤは、竹などで編んだ高さ約4メートルの「はさ」を覆うまでに大きく育ち、大半の施設で長さ15センチほどの実を付けており、先月から亀山市民に無料で配布されている。亀山市東町にある亀山市市民協働センター「みらい」では、地球温暖化の原因対策として育ててきた形が整った10個ほどのゴーヤの実が実っており、間もなく配られるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 三重県亀山市は緑のカーテンで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

神奈川県横浜市戸塚区前田町の町内会で地球温暖化の原因対策の環境家計簿

神奈川県横浜市戸塚区前田町の町内会(約1200世帯)では、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素CO2の排出量を記入する「環境家計簿」を各家庭に配布し、地域ぐるみで地球温暖化の原因対策としてCO2削減への意識を高めている。環境家計簿への取組みは、3か月間、横浜市の地球温暖化の原因対策の省エネ実践モデル事業に参加し、町内会の約50世帯がモデル的に環境家計簿を付けたところ、地球温暖化の原因のCO2排出が前年同期比で平均約10%減ったことに始まった。「一人ひとりの意識改革で地球温暖化の原因のCO2は削減できる」と考えた町内会長らは、今度は戸塚区が主催する地球温暖化の原因対策事業に応募し、区から得た10万円の活動資金などを元に、全戸へ家計簿を配布し、昨年7~12月の半年間、記録してもらうことにした。独自に作った地球温暖化の原因対策の環境家計簿に記入するのは、電気、ガス、水道の毎月の使用量で、これに排出係数を掛けて温室効果ガスのCO2排出量を計算する。さらに、検針票などを基に前年同月の使用量と比較し、努力の成果を検証するものとなっている。半年分の地球温暖化の原因対策の環境家計簿は2月上旬までに約400世帯から回収され、区幹部は「地域ぐるみの取り組みであり、評価できる」と語っている。このうち、約20%の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスのCO2排出量削減に成功した家庭もあった。テレビの電源をこまめに消し、不在の部屋の明かりに気を配った。夫婦が風呂に続けて入ることで追いだきを減らしてガス使用量も削減したという。世帯全体の削減率は現在計算中だが、昨年8月の1か月間であっても、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスのCO2排出量は、前年同月比で14.3%(1万4217キロ・グラム)減っていた。町内会では、温室効果ガスのCO2排出量削減率が高かった世帯を、電気、ガス、水道、総合の計4部門で表彰する予定だという。
病院臨床検査技師の求人募集転職看護師・准看護師の求人募集転職保健師の求人募集転職

> 神奈川県横浜市戸塚区前田町の町内会で地球温暖化の原因対策の環境家計簿はこちら

地球温暖化の原因防止対策の1人1日1kgのCO2削減

 地球温暖化の原因防止対策チーム・マイナス6%では、ホームページに特設サイト「目指せ!1人、1日、1kg 、CO2削減」を設け、「私のチャレンジ宣言」の受付等を行っています。このチーム・マイナス6%の取組に多くの方々が参加していただけるよう、地球温暖化の原因防止対策の「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーンを開始しました。この地球温暖化の原因防止対策のキャンペーンに御参加いただける協賛企業を募集したところ、新たに3社から地球温暖化の原因防止対策の協賛の申し出がありましたので、お知らせいたします。引き続き、地球温暖化の原因防止対策に協賛いただける企業の皆様からの御連絡をお待ちしています。
「『1人1日1kgのCO2削減』応援キャンペーン」は、「私のチャレンジ宣言」に参加する人々に種々のメリットを提供すること等を通じて、地球温暖化の原因防止対策のための国民運動の飛躍的拡大を目指すものです。今般、さがみ化学物質管理ワークス(神奈川県藤沢市)、株式会社スピリット・オブ・ジャパン・トラベル(京都府京都市)、株式会社フォレスト(東京都中央区)から協賛の申し出がありましたので、その地球温暖化の原因防止対策の取り組みいただける内容をお知らせします。なお、本キャンペーンの協賛を御検討いただける企業の皆様には、地球温暖化の原因防止対策のキャンペーンの趣旨等を御説明いたしますので、以下の連絡先まで御連絡ください。
『1人1日1kg CO2削減運動』事務局 協賛企業係 〒104-8411 東京都中央区築地1-11-10TEL : 03-3545-1231 FAX : 03-5551-9045 E-mail : info@1kg-co2.jp
【参加方法】チーム・マイナス6%のホームページ内の特設サイト(www.team-6.jp/try-1kg/)から入力 [1]アクセスした個人が、チャレンジメニューから自分が実践する項目を選択 [2]何グラムのCO2削減となるかが算定され、「私のチャレンジ宣言カード」がダウンロードできる。(打ち出して各人が携帯する。)
新規協賛企業
◎さがみ化学物質管理ワークス
 さがみ化学物質管理ワークスは地球温暖化の原因防止対策の「 1人、 1日、 1kg CO2削減」応援キャンペーンに協賛し、「私のチャレンジ宣言」を応援します。
<取り組み内容>
地球温暖化の原因防止対策の「私のチャレンジ宣言カード」を御提示いただいたお客様には、御見積り価格より1%を割引いたします。受発注処理でペーパーレスに御協力いただいたお客様には、御見積り価格より1%を割引しております。地球温暖化の原因防止対策の「私のチャレンジ宣言カード」を御提示いただき、かつ、受発注処理でペーパーレスに御協力いただいたお客様には、御見積り価格より2%を割引いたします。ペーパーレスに御協力いただいたお客様・・・御見積書、御注文書、御請求書などの発行・送付を、 pdfファイルによりネット上のやりとりで御了承いただける方
実施期間 : 2009年 11月1日~2010年 3月31日
<お問い合わせ先>
さがみ化学物質管理ワークス
担当: 代表  林 宏   TEL: 050-1152-2542
E-mail:hiroshi.hayashi@chem-support.org
HPアドレス:http://www.chem-support.org/
◎株式会社スピリット・オブ・ジャパン・トラベル
 スピリット・オブ・ジャパン・トラベルは、地球温暖化の原因防止対策の「1人、1日、1kg CO2削減」運動に協賛し「私のチャレンジ宣言」に参加する方を応援致します。
<取り組み内容>
地球温暖化の原因防止対策の「チャレンジ宣言カード」を持って京(みやこ)ツアーへお越しください。ご提示頂いたお一人様につき1,000円をウミガメ保護事業に寄付させて頂きます。ご予約時にお伝え頂ければ、お一人様につき更に500円ツアー料金をお引き致します。地球温暖化の原因防止対策の「チャレンジ宣言カード」をご提示頂いた方は、京町家で学ぶ旅行英会話のクラス授業料一ヶ月(6,000円相当)を免除させて頂きます。
<お問い合わせ先>
株式会社スピリット・オブ・ジャパン・トラベル
担当: 高山 TEL: 075-204-8965
HPアドレス:http://www.eco-tourism.jp/
メールはお問い合わせフォームをご利用ください。
◎株式会社フォレスト
 株式会社フォレストはリサイクル活動などで地球温暖化の原因防止対策の「1人、1日、1kg CO2削減」に参加し、「私のチャレンジ宣言」を応援します。
<取り組み内容>
地球温暖化の原因防止対策の「私のチャレンジ宣言」カードをプリントアウトの上、弊社に郵送頂き、宣言内容を提示頂いた方に、SEO対策ツールを無料で一ヶ月間ご使用頂けるアカウントをプレゼントいたします。
※実施期間:2009年11月20日 ~ 2010年4月19日
※「私のチャレンジ宣言」カード送付先:
〒104-0061東京都中央区銀座1-8-21 9F 株式会社フォレスト
『1人、1日、1kg CO2削減運動』係
※詳細な内容に関しましては、フォレストホームページ(http://www.forest.la/)をご覧ください。
<お問い合わせ先>
株式会社フォレスト
担当 : 森田 TEL: 03-3562-7238
HPアドレス: :http://www.forest.la/
貸し会議室レンタル情報賃貸の貸し事務所レンタルオフィス探し情報貸し布団ふとんレンタル情報

> 地球温暖化の原因防止対策の1人1日1kgのCO2削減はこちら

兵庫県が太陽光発電相談指導センターと地球温暖化の原因のCO2削減協力事業相談センターを開設

 兵庫県では、地球温暖化の原因を助長する二酸化炭素などの温室効果ガスの排出量を削減するため、住宅用の太陽光発電システムの導入を支援する「太陽光発電相談指導センター」をひょうごエコプラザに開設しています。太陽光発電相談指導センターでは、太陽光発電の専門家により太陽光発電システムの導入について技術的な助言をする他、家庭からの地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2削減状況を「見える化」 して温室効果ガスの排出削減のための効果的な対策の提案を行う「うちエコ診断」なども 実施します。また、大規模事業者が中小事業者に 技術・資金を支援し、共同で削減した地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2排出量を大規模事業者に移転することにより兵庫県内の地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2排出の抑制を促す事業についての相談を受ける「CO2削減協力事業相談センター」も開設しました。ひょうごエコプラザは、これらセンター設置に伴いフロア内で場所を移転し、リニューアルしました。また、これまでどおり、環境学習コーディネーターが、環境学習や活動の取り組みなどの相談に対応し、お手伝いをしています。
 環境学習コーディネーターが、地球温暖化やリサイクル、自然保護、環境汚染などの環境問題について、みなさんの様々な取り組みや学習のお手伝いをさせて頂いています。
【環境学習の支援】兵庫県民の方、グループ・団体の方、事業所の方、市町の方、等
・ひょうご出前環境教室や、エコツーリズムバス制度など、環境学習のための助成金制度をご用意し、適切なプログラムの紹介や申請受付を行っています。
・環境学習を行うための、分野・内容・ニーズに合った講師やサポーターをご紹介しています。
・パネルや紙芝居・環境DVD・ビデオ、実験キットなどの学習や教育のツールの貸し出しをしています。
【環境活動の支援】兵庫県地球温暖化防止活動推進員・ナチュラルウオッチャー・ナチュラルウオッチャーリーダーなどの登録ボランティアの方、こどもエコクラブサポーター・環境NPOなど各種ボランティアの方々、事業所や市町の環境の担当窓口の方等
・活動に際しての相談や情報や啓発ツールの提供・紹介を行っています。
・環境ボランティアの方々の研修・交流事業を行っています。
・環境ボランティアの方々の活動紹介や情報発信、他の団体等との連携や協働のお手伝いをしています。
・環境活動ボランティアの方々への助成制度をご用意、ご紹介しています。
・イベントなどへの後援、共催、協賛などの受付、ご相談に対応しています。
【環境情報の発信】
・ひょうごエコプラザE-mail通信の配信・・・各団体が実施する環境関係のイベント等に関する情報や協会からのお知らせのメールマガジンを週に1回発信しています。
・ホームページ「ひょうごの環境学習ひろば」の運営・・・環境活動団体や各種環境関連機関などが行うイベント情報の提供や、県内環境学習施設の紹介などを行っています。
・環境関連冊子等の発行や、環境図書や各種パンフレットなどの環境関連資料を取り揃えています。
・タイムリーな話題を気軽に学び、考えることのできる、ひょうごエコプラザミニフォーラムを開催しています。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 兵庫県が太陽光発電相談指導センターと地球温暖化の原因のCO2削減協力事業相談センターを開設はこちら

チーム・マイナス6%の地球温暖化の原因防止対策「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーンでおからプレゼントなど

 環境省は、地球温暖化防止対策キャンペーンチーム・マイナス6%の地球温暖化の原因防止対策「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーン協賛企業として、新たに5社からの参加申し出があったと発表した。この応援キャンペーンは、地球温暖化の原因防止対策の国民運動「めざせ!1人1日1kgのCO2削減」への参加を促すため、「チーム・マイナス6%」内特設サイトで地球温暖化の原因防止対策の取り組みに関する「私のチャレンジ宣言」を行った人に対して、協賛企業が商品の割引、ポイント還元率アップなどのサービスを行うものである。今回、地球温暖化の原因防止対策の協賛への参加を申し出たのは、有限会社 佐白山のとうふ屋、株式会社 PURIMUS、タイガーミキスタジオ、静清信用金庫、ペンション ヴァンブラン の5団体となっている。このうち、有限会社 佐白山のとうふ屋の地球温暖化の原因防止対策の取り組みは、「チャレンジ宣言カード」を提示いただいたき、エコバックにてお買い物をされたお客様に、「おから(50円相当)」をプレゼントするというものとなっている。
ケアマネージャー・介護支援専門員の求人募集転職和服振袖留袖着物レンタル貸衣装情報金プラチナ貴金属高価買取情報情報

> チーム・マイナス6%の地球温暖化の原因防止対策「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーンでおからプレゼントなど はこちら

地球温暖化の原因防止対策のエコプロダクツ東北2009

 チーム・マイナス6%環境省)は、チーム員であるNPO法人環境会議東北が10月15日~17日に開催した東北最大級の地球温暖化の原因防止対策の環境総合展「エコプロダクツ東北2009」に特別協力した。チーム・マイナス6%(環境省)は、会場内に地球温暖化の原因防止対策の「私のチャレンジ宣言」ブースを設置し、ブース内では株式会社佐善工務店協力のもと、身近な生活空間が再現された中で、1人1日1kgの地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素CO2削減「私のチャレンジ宣言」に掲載されている各種二酸化炭素削減アクションを紹介する展示を行い、チャレンジ宣言への参加を呼び掛けた。また、地球温暖化の原因防止対策の環境総合展会場において「私のチャレンジ宣言」をして下さった方に対し、チーム員であるミズノ(株)の協力により、抽選で地球温暖化の原因防止対策のプレゼントが進呈された。なお、会期中、地球温暖化の原因防止対策の「エコプロダクツ東北2009」会場内ではエコクイズラリーが実施され、地球温暖化の原因防止対策の「私のチャレンジ宣言」ブースは、クイズラリールート上の拠点の一つとなっていた。地球温暖化の原因防止対策の環境総合展会場は、夢メッセみやぎ(みやぎ産業交流センター)展示棟(仙台市宮城野区)で行われた。開催時間は、10:00~17:00(最終日は16:30終了)で、入場無料であった。
ピアノ講師求人募集転職家庭教師の求人募集転職講師の求人募集転職

> 地球温暖化の原因防止対策のエコプロダクツ東北2009はこちら

地球温暖化の原因防止対策の1人1日1kgのCO2削減応援キャンペーン印刷サービス5%割引

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策のキャンペーン、チーム・マイナス6%の「温室効果ガスの1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーン協賛企業として、新たに1社からの参加申し出があったと発表した。この地球温暖化の原因防止対策の応援キャンペーンは、国民運動「めざせ!1人1日1kgのCO2削減」への参加を促すため、「チーム・マイナス6%」内特設サイトで地球温暖化の原因防止対策の取り組みに関する「私のチャレンジ宣言」を行った人に対して、協賛企業が商品の割引、ポイント還元率アップなどのサービスを行うものとなっている。今回、地球温暖化の原因防止対策への協賛への参加を申し出たのは、株式会社アイズである。株式会社アイズの取り組みは、印刷サービスをご利用のお客様で、「私のチャレンジ宣言カード」をご提示頂いた場合、通常価格より5%割引させていただくというものとなっており、実施期間は、平成21年10月1日~平成22年5月31日までとなっている。問い合わせ先 株式会社 アイズ 担当:デザイン事業部 藤井祐二 TEL:0120-39-9629 FAX:072-965-5757 E-mail:info@is-quality.co.jp
地上デジタルテレビアンテナ工事情報レディースファッションブランド品リサイクルショップ情報家電リサイクルショップ高価買取販売情報

> 地球温暖化の原因防止対策の1人1日1kgのCO2削減応援キャンペーン印刷サービス5%割引 はこちら

地球温暖化の原因防止対策の「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーン

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策キャンペーンとして実施しているチーム・マイナス6%の「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーン協賛企業として、新たに1社からの参加申し出があったと発表した。この応援キャンペーンは、地球温暖化の原因防止対策キャンペーンとして実施している温室効果ガスである二酸化炭素削減のための国民運動「めざせ!1人1日1kgのCO2削減」への参加を促すため、「チーム・マイナス6%」内特設サイトで地球温暖化の原因防止の取り組みに関する「私のチャレンジ宣言」を行った人に対して、協賛企業が商品の割引、ポイント還元率アップなどのサービスを行うものである。今回、協賛への参加を申し出たのは、常晴株式会社である。 常晴株式会社の取り組みは、大阪府堺市南区のショッピングセンター「クロスモール」D館ライフスタイリングショップの店頭へ「私のチャレンジ宣言カード」を持参いただいたお客様に、店頭表示価格から10%割引で販売させていただくというものとなっている(一部超特価品を除く)。実施期間は、平成21年10月15日(木)まで(定休日:木曜日)。問い合わせ先 常晴株式会社 担当:営業部TEL:072-967-6484FAX:072-965-5757E-mail:yoshida@jyousei.com
ハウスクリーニング掃除清掃代行情報エアコンクリーニング業務用家庭用掃除洗浄情報着物きものクリーニング専門丸洗い情報

> 地球温暖化の原因防止対策の「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーンはこちら

平成21年度「省エネ大賞」と地球温暖化の原因防止対策キャンペーン

 (財)省エネルギーセンターでは、地球温暖化の原因防止対策に寄与する省エネルギー性等に優れた民生用機器・システムを公募・表彰する平成21年度「省エネ大賞」の募集を開始した。この表彰は、地球温暖化の原因防止対策の省エネルギーの推進に貢献した個人及びグループ、工場、事業場又は企業等並びに機器・システムを表彰することにより、地球温暖化の原因防止対策と省エネルギー意識の浸透と省エネルギー機器・システムの普及促進を図るとともに、省エネルギー産業の発展と省エネルギー型社会の構築に寄与することを目的とするもの。今年度からは、従来の民生用「機器・システム」に加え、新たに「人材部門」、「組織部門」が創設された。応募締切は、「機器・システム部門」が8月31日、「人材部門」「組織部門」は9月28日となっている。応募案件は、各部門の審査委員会の評価を踏まえ、全体の委員会で受賞者を決定し、毎年2月の省エネルギー月間に、表彰式を実施する予定としている。
 一方、環境省は、地球温暖化防止対策キャンペーン、チーム・マイナス6%の「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーン協賛企業として、新たに1社からの参加申し出があったと発表した。この地球温暖化の原因防止対策応援キャンペーンは、国民運動「めざせ!1人1日1kgのCO2削減」への参加を促すため、「チーム・マイナス6%」内特設サイトで温暖化防止の取り組みに関する「私のチャレンジ宣言」を行った人に対して、協賛企業が商品の割引、ポイント還元率アップなどのサービスを行うものである。今回、協賛への参加を申し出たのは、有限会社ひろせである。有限会社ひろせの取り組みは、有限会社ひろせ運営のwebサイト「コモドコモン」で商品を購入し、Eメールで「チャレンジ宣言カード」の画像又はpdfファイルを提示頂いた方に、もれなく「衿芯(えりしん)」(着物の小物・着付け用品)をプレゼントするというもので、実施期間は、2009年7月1日~8月31日となっている。購入の際には、必ず入力フォーム備考欄に「1人、1日、1kg CO2削減 衿芯プレゼント希望」と記入する必要がある。
ケアマネージャー・介護支援専門員の求人募集転職和服振袖留袖着物レンタル貸衣装情報金プラチナ貴金属高価買取情報情報

> 平成21年度「省エネ大賞」と地球温暖化の原因防止対策キャンペーンはこちら

地球温暖化原因防止対策のCO2削減「平成21年度サステイナブル都市再開発促進モデル事業」

 環境省は、全国各地の都市部で実施されている都市再開発の機会を捉えて効果的な地球温暖化原因防止対策温室効果ガスであるCO2削減を図る「平成21年度サステイナブル都市再開発促進モデル事業」の2次募集を開始すると発表した。この事業は、積極的な温室効果ガスであるCO2削減とともにCO2削減効果の評価や地球温暖化原因防止対策の情報発信を行うなどの先進的な地球温暖化原因防止対策に取り組む都市再開発事業者に対して支援を行い、都市再開発におけるソフト面でのモデル的な取組を推進するもの。公募の対象となるモデル事業は、都市再開発事業について、民間事業者等が実施する取組のうち、地球温暖化原因防止対策のCO2削減対策に係る調査・予測・評価及び環境保全措置についての検討並びにこれらの取組を住民に周知するための措置を講じるモデル的な取組となる。1次公募では、東京都品川区大崎駅周辺と大阪府吹田市千里丘が採択されている。応募方法の詳細は下記の公募要領(2次公募)を参照のこと。
1.事業の概要及び目的
 京都議定書目標達成計画及び低炭素社会づくり行動計画の策定、昨今の地球温暖化問題に対する国民の意識の高まりなどを背景に、あらゆる事業活動に対して、積極的に温暖化対策を進めることが求められています。環境省では、全国各地の都市部で実施されている都市再開発の機会を捉えて効果的な温室効果ガスであるCO2 削減を図るため、積極的なCO2 削減とともにCO2 削減効果の評価や温暖化対策に係る情報発信を行うなどの先進的な温暖化対策に取り組む都市再開発事業者に対して支援を行い、都市再開発におけるソフト面でのモデル的な取組を推進します。
2.公募対象事業
 公募の対象となるモデル事業は、市街地において行われる建築物及び建築敷地の整備に関する事業並びにこれに附帯する事業(以下「都市再開発事業」という。)について、国及び地方公共団体を除く事業者が実施する取組のうち、温室効果ガスであるCO2 削減対策に係る調査・予測・評価及び環境保全措置についての検討並びにこれらの取組を住民に周知するための措置を講じるモデル的な取組(4.の要件を満たすものに限る。)を対象とします。
3.公募条件等
(1)応募は、都市再開発事業を実施する事業者(以下「都市再開発事業者」という。)による提案を原則とし、都市再開発事業者以外の者が応募する場合は、都市再開発事業者との共同提案によるものとします。なお、都市再開発事業者等によって協議会等を設置している場合は、当該協議会等による応募でも構いません。
(2)本事業の受託者は、応募を行った者とし、2 者以上の者が共同で提案を行う場合は、その主たる業務を行う者が一括して受託するものとします。
(3) 委託事業は、当該年度に行われる事業とします。
(4)委託費は、1 事業1,000 万円程度を想定しておりますが、提案内容に応じ、予算(平成21 年度は4,000 万円)の範囲内で委託します。
4.採択の要件
本事業の採択要件は以下のとおりとします。
(1)取組の対象となる都市再開発事業が、建物単体の対策に加えて、敷地全体を利用した面的な対策等により積極的にCO2 削減を図るものであること。なお、この場合の温室効果ガスであるCO2削減対策には、再生可能エネルギーの導入及び省エネ設備の導入等の直接的な削減につながる対策のほか、緑化等のヒートアイランド対策及びリサイクルの推進等の間接的な対策、並びにグリーン電力及びクレジットの導入等のミティゲーションが含まれます。
(2)(1)に該当する都市再開発事業を対象に、CO2 削減に係る調査・予測・評価、又はその他の温室効果ガスであるCO2削減に係る検討、取組等を行うとともに、これらについての住民への周知、一般からの意見の募集等により、情報の公開及び関係者の関与を活用して、より効果的にCO2 削減に係る環境配慮等を行おうとする事業であること。ただし、当該CO2削減対策と関係のない事務は本委託事業の対象外とします。
(3)本委託事業を実施することによって、当該都市再開発事業等において一層のCO2の削減が見込まれる事業であること。※ 条例等による環境影響評価を実施する場合は、環境影響評価手続を兼ねて必要な検討、手続を行えばよく、別途新たに手続を行う必要はありません。
5.事業の選定
一般公募を行い、応募主体より提出された提案をもとに、CO2 削減効果、実現可能性及び先進性等の観点から厳正に審査を行い、予算の範囲内で、優れた事業を選定します。
6.応募に当たっての留意事項
受託者は、事業報告書を作成し、平成22年2月26日までに環境省へ提出するものとします。また、本モデル事業は、4.の要件を満たす取組を国の委託事業として行うものであり、設備等に対する補助は含まれません。
7.応募の方法について
(1)応募書類の書式(応募様式)について
応募に当たり提出が必要となる書類は以下の書類とします。応募書類の作成に当たっては、必ず次の電子ファイルをダウンロードし、所定の様式に従って作成するようお願いします。また、応募書類に重大な不備等があった場合は、本モデル事業の選定対象外とさせていただくことがあります。
・サステイナブル都市再開発促進モデル事業提案
・サステイナブル都市再開発促進モデル事業経費内訳
(2)応募書類の提出方法について
①提出方法
ア)電子メールの場合
応募様式の電子ファイルを電子メールの添付ファイルとして、以下のメールアドレス宛てに送信してください。なお、メールの件名(題名)を「平成21 年度サステイナブル都市再開発促進モデル事業応募」とし、添付ファイル名に、提案個票、経費内訳の種別及び申請者名(会社名、団体名)を記載してください。
・添付ファイル名の例:「提案個票(○○株式会社)」
・メールアドレス: SHINSA-EIA@env.go.jp
・注意事項:電子ファイルを作成する保存形式は、Microsoft社Word2003以下のバージョン形式としてください。使用するフォントについては、一般的に用いないものを使用しないでください。また、電子ファイル作成後Microsoft社WindowsXP SP2 上で表示可能であることを確認し、自動解凍ファイル等、圧縮ファイルとせず、電子ファイルの容量自体を極力小さくするような工夫をお願いします。特に図表等を挿入する場合は、十分注意してください。なお、当該電子ファイルにマクロ等の機能を付与しないでください。このようなファイルは速やかに破棄・削除させていただきます。なお、当方のメールサーバーの都合上、電子ファイルの容量が2MB を超える場合はメールを受け取ることができませんので御注意ください。
・受領の確認:応募様式を受領した後、送信を行ったメールアドレス宛てに担当者から受領した旨をそのまま返信します。メールを送信後、数日しても返信がない場合、うまく送受信されていない可能性があります。担当まで電話にてお問い合わせください。
イ)郵送の場合
上記ア)と同様の応募様式を保存したCD-ROM と、応募様式をプリントアウトしたものを6部同封の上、下記宛先まで送付してください。
・宛先:〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 環境省総合環境政策局環境影響審査室 サステイナブル都市再開発促進モデル事業担当
・封筒の表に赤字で「サステイナブル都市再開発促進モデル事業応募書類在中」と必ず記載してください。
・受領の確認:応募様式を受領した後、様式に記載されたFax 番号宛てに担当者から受領した旨のFax を送ります(もしFax をお持ちでない場合は担当まで御連絡ください。)。数日してもFax が届かない場合、書類が届いていない可能性があります。担当まで電話にてお問い合わせください。
②提出いただいた応募書類について
提出いただいた応募書類は、返却しません。また、応募書類等に含まれる個人情報は、「平成21 年度サステイナブル都市再開発促進モデル事業」以外の目的で使用することはありません。
③応募書類の受付期間
平成21 年7 月16 日(木)~平成21 年7 月30 日(木)必着※ 応募期間以降に当方に到着した書類のうち、遅延が当方の事情に起因しない場合は、応募事業として受け付けません。
占い師の求人募集転職カメラマン・アシスタントの求人募集転職イラストレーターの求人募集転職

> 地球温暖化原因防止対策のCO2削減「平成21年度サステイナブル都市再開発促進モデル事業」はこちら

地球温暖化原因防止対策のサステイナブル都市再開発促進モデル事業

環境省は、全国各地の都市部で実施されている都市再開発の機会を捉えて効果的なCO2削減を図るため、地球温暖化原因防止対策の「平成21年度サステイナブル都市再開発促進モデル事業」の募集を開始すると発表した。積極的な地球温暖化原因防止対策のCO2削減とともにCO2削減効果の評価や温暖化対策に係る情報発信を行うなどの先進的な地球温暖化原因防止対策のに取り組む都市再開発事業者に対して支援を行い、都市再開発におけるソフト面でのモデル的な取組を推進するとのこと。公募の対象となる地球温暖化原因防止対策のモデル事業は、都市再開発事業について、民間事業者等が実施する取組のうち、CO2削減対策に係る調査・予測・評価及び環境保全措置についての検討並びにこれらの取組を住民に周知するための措置を講じるモデル的な取組としている。応募方法の詳細はプレスリリースの公募要領を参照のこと。

リサイクルトナー再生激安販売情報カーペットクリーニングじゅうたん情報革靴ブーツクリーニング情報

> 地球温暖化原因防止対策のサステイナブル都市再開発促進モデル事業はこちら

地球温暖化防止の1人1日1kgのCO2削減応援キャンペーン

 環境省は、地球温暖化防止対策キャンペーン、チーム・マイナス6%の「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーン協賛企業として、新たに1社からの参加申し出があったと発表した。同応援キャンペーンは、国民運動「めざせ!1人1日1kgのCO2削減」への参加を促すため、「チーム・マイナス6%」内特設サイトで温暖化防止の取り組みに関する「私のチャレンジ宣言」を行った人に対して、協賛企業が商品の割引、ポイント還元率アップなどのサービスを行うものである。今回、協賛企業への参加を申し出たのは、特定非営利法人 live earthである。同法人の取り組み内容は、平成21年5月1日以降、「チャレンジ宣言カード」をEメールに添付し送信して頂いた方に、地球温暖化防止、環境保護活動のシール又はステッカーをプレゼントするというものとなっている。この取組みは先着順で100名様、シール・ステッカーが無くなり次第終了するとしている。

ピアノ講師求人募集転職家庭教師の求人募集転職講師の求人募集転職

> 地球温暖化防止の1人1日1kgのCO2削減応援キャンペーンはこちら

地球温暖化原因CO2削減/ライトダウンキャンペーン

 環境省は、地球温暖化原因防止対策のために実施している全国のライトアップ施設や各家庭の照明を消灯する「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」を2009年も実施すると発表した。「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」は、ライトアップに馴れた一般の市民一人一人に、日頃いかに照明を使用しているかを実感していただき、日常生活の中で地球温暖化原因防止対策を実践する動機付けを与えていくことを目的としている。今年は6月20日~7月7日までの間、実施し、特に6月21日(夏至の日)の夜を「ブラックイルミネーション2009」、7月7日(クールアース・デー)の夜を「七夕ライトダウン」と題して、両日の夜8時~10時の間、全国のライトアップ施設や各家庭のあかりを一斉に消灯する「ライトダウン」を広く呼びかけていくとのこと。参加登録は、ライトダウンキャンペーンホームページかFAXで、4月30日(木)から登録を受け付ける予定となっている。お問合せ・参加登録先 ライトダウンキャンペーン事務局 TEL:03-3545-1008(平日の9:00~17:00、7月17日まで開設) FAX:03-5551-9045 URL:http://coolearthday.jp/

子供服リサイクルショップブランド買取販売情報布団ふとんクリーニング情報着物きものリサイクル買取販売店情報

> 地球温暖化原因CO2削減/ライトダウンキャンペーンはこちら

地球温暖化防止対策のCO2削減のための環境行動促進モデル事業

 環境省は、地球温暖化防止対策の「平成21年度エコポイント等CO2削減のための環境行動促進モデル事業」について、確実かつ効果的に実施可能な事業として全国型3件、地域型6件の事業を採択した。この事業は、平成20年度に全国型4件、地域型9件が採択され、エコ・アクション・ポイント事業として開始、平成21年度に本格展開を予定している。平成21年度は、平成21年2月2日から2月23日まで公募が行われ、25件の応募があった。今回採択されたのは、全国型では(株)ジェーシービー、(株)電通、(株)エコノスがそれぞれ企画した3事業。地域型ではパルシステム生活協同組合連合会、特定非営利活動法人全国商店街まちづくり実行委員会、特定非営利活動法人京都地球温暖化防止府民会議、特定非営利活動法人超学際的研究機構、日本カード(株)、和歌山環境省エコ・アクション・ポイント推進連絡協議会がそれぞれ企画した6事業である。環境省は、これらの採択事業の実施を中心に、幅広い企業や国民の参加を目指し、地球温暖化防止のための国民運動の切り札として、エコ・アクション・ポイントモデル事業を段階的に拡大していくとのこと。


リサイクルトナー再生激安販売情報モデル求人募集転職情報ネットナビ

> 地球温暖化防止対策のCO2削減のための環境行動促進モデル事業はこちら

地球温暖化防止対策の1人1日1kgのCO2削減応援キャンペーン

 環境省は、地球温暖化防止対策キャンペーン、チーム・マイナス6%の「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーン協賛企業として、新たに2社から参加の申し出があったと発表した。同応援キャンペーンは、国民運動「めざせ!1人1日1kgのCO2削減」への参加を促すため、「チーム・マイナス6%」内特設サイトで温暖化防止の取り組みに関する「私のチャレンジ宣言」を行った人に対して、協賛企業が商品の割引、ポイント還元率アップなどのサービスを行うものである。今回、協賛企業への参加を申し出たのは、株式会社ヒカリシステム、株式会社メッセンジャーBb(50音順)の2社である。このうち、株式会社メッセンジャーBbの取り組みは、「私のチャレンジ宣言カード」をお持ちのお客様に、Bbメッセンジャー便(自転車便)を基本料金から10%OFFにするというもの。実施期間は平成21年3月1日から6月末日配達分まで。


パートタイマーの求人募集転職内職在宅ワークの求人募集転職介護福祉士の求人募集転職ケアマネージャー・介護支援専門員の求人募集転職

> 地球温暖化防止対策の1人1日1kgのCO2削減応援キャンペーンはこちら

地球温暖化防止対策「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーン エコ製品の割引

 環境省は、地球温暖化防止対策キャンペーン、チーム・マイナス6%の「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーン協賛企業として、新たに2社から参加の申し出があったと発表した。
 同応援キャンペーンは、国民運動「めざせ!1人1日1kgのCO2削減」への参加を促すため、「チーム・マイナス6%」内特設サイトで温暖化防止の取り組みに関する「私のチャレンジ宣言」を行った人に対して、協賛企業が商品の割引、ポイント還元率アップなどのサービスを行うもの。
 今回、協賛企業への参加を申し出たのは、株式会社サイサン、株式会社 水太(50音順)の2社。
 このうち、株式会社サイサンの取り組みは、エコライフキャンペーン実施期間中(第1期:2009年4月1日~7月31日)に「地球にやさしいエコ製品」をご購入いただき、かつ「私のチャレンジ宣言カード」をご提示いただいたお客様へ、エコ製品の割引など特典を用意するというもの。

袴はかまレンタル卒業式情報不用品廃品ゴミ回収買取引取り処分情報

> 地球温暖化防止対策「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーン エコ製品の割引はこちら

福島県のいわき市が有料化でゴミ325tを減量

 福島県いわき市では、事業者、市民団体、市の3者が協働でレジ袋削減に取り組むため2008年11月、「市におけるレジ袋削減に向けた取り組みに関する協定」を締結した。協定の趣旨に賛同した市内4事業者が協定を締結し、合わせて34店舗で2009年2月からレジ袋を有料化。消費者にマイバッグ持参を呼びかけ、レジ袋削減に取り組む。
 レジ袋を有料化し、マイバッグなどの持参率が80%を達成した場合、約325tのゴミが減量でき、約3万5152本分の杉の木の二酸化炭素(CO2)吸収量に相当する、約492tのCO2削減効果が期待できる。 TEL:0246-22-7529 【福島県いわき市】

> 福島県のいわき市が有料化でゴミ325tを減量はこちら

「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーン 廃材で造る「無垢の手造り品」などプレゼント

 環境省は、地球温暖化防止対策キャンペーン、チーム・マイナス6%の「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーン協賛企業として、新たに1社からの参加申し出があったと発表。
 同応援キャンペーンは、国民運動「めざせ!1人1日1kgのCO2削減」への参加を促すため、「チーム・マイナス6%」内特設サイトで温暖化防止の取り組みに関する「私のチャレンジ宣言」を行った人に対して、協賛企業が商品の割引、ポイント還元率アップなどのサービスを行うもの。
 今回、協賛企業への参加を申し出たのは、有限会社 双和建設工業。
 取り組み内容は、平成21年1月31日以降、現場見学ツアーに参加された方で、「チャレンジ宣言カード」を提示していただいた方に、建築現場で排出された廃材で造る「無垢の手造り品」や内装工事で排出された廃材で造る「手漉き和紙のお菓子箱」や「脱臭もみ殻くん炭」のいずれかをプレゼントするというもの。先着順で、廃材が終了しだい随時終了。

> 「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーン 廃材で造る「無垢の手造り品」などプレゼントはこちら

「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーン ゼンマイ式チョロQプレゼントなど

 環境省は、地球温暖化防止対策キャンペーン、チーム・マイナス6%の「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーン協賛企業として、新たに4社から参加の申し出があったと発表した。
 同応援キャンペーンは、国民運動「めざせ!1人1日1kgのCO2削減」への参加を促すため、「チーム・マイナス6%」内特設サイトで温暖化防止の取り組みに関する「私のチャレンジ宣言」を行った人に対して、協賛企業が商品の割引、ポイント還元率アップなどのサービスを行うもの。
 今回、協賛企業への参加を申し出たのは、株式会社 アウラ、アットテクノロジー有限責任事業組合、株式会社 StrapyaNext、株式会社 吉田ハウジング(50音順)の4社。
 このうち、アットテクノロジー有限責任事業組合の取り組みは、アットテクノロジーLLLP(組合代表 株式会社コート、E-mail:nazuka@pluto.plala.or.jp)へメールにて「チャレンジ宣言カード」を掲示されたお客様へ、『ゼンマイ式チョロQ』をプレゼントするというもの。実施期間は平成21年2月1日からで、先着200名になり次第終了。

> 「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーン ゼンマイ式チョロQプレゼントなどはこちら

「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーン リフォーム工事費割引

 環境省は、地球温暖化防止対策キャンペーン、チーム・マイナス6%の「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーン協賛企業として、新たに1社からの参加申し出があったと発表。
 同応援キャンペーンは、国民運動「めざせ!1人1日1kgのCO2削減」への参加を促すため、「チーム・マイナス6%」内特設サイトで温暖化防止の取り組みに関する「私のチャレンジ宣言」を行った人に対して、協賛企業が商品の割引、ポイント還元率アップなどのサービスを行うもの。
 今回、協賛企業への参加を申し出たのは、株式会社 丸ウ吉田工務店。
 取り組み内容は、店頭で『私のチャレンジ宣言カード』を提示いただいた方に、オール電化リフォーム工事費の10%を割引し、さらに、旧設備機器を10,000円以上で下取りするというもの。実施期間は平成21年1月1日から3月31日まで。

> 「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーン リフォーム工事費割引 はこちら

「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーン

 環境省は、地球温暖化防止対策キャンペーン、チーム・マイナス6%の「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーン協賛企業として、新たに1社からの参加申し出があったと発表。
 同応援キャンペーンは、国民運動「めざせ!1人1日1kgのCO2削減」への参加を促すため、「チーム・マイナス6%」内特設サイトで温暖化防止の取り組みに関する「私のチャレンジ宣言」を行った人に対して、協賛企業が商品の割引、ポイント還元率アップなどのサービスを行うもの。
 今回、協賛企業への参加を申し出たのは、西和不動産販売株式会社。
 取り組み内容は、2008年12月20日以降、モデルハウス訪問時に『私のチャレンジ宣言カード』を提示いただいた人に、もれなく同社特製『エコバッグ』をプレゼントするというもの。

> 「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーン はこちら

「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーン、新たに2社が

 環境省は、地球温暖化防止対策キャンペーン、チーム・マイナス6%の「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーン協賛企業として、新たに2社からの参加申し出があったと発表。
 同応援キャンペーンは、国民運動「めざせ!1人1日1kgのCO2削減」への参加を促すため、「チーム・マイナス6%」内特設サイトで温暖化防止の取り組みに関する「私のチャレンジ宣言」を行った人に対して、協賛企業が商品の割引、ポイント還元率アップなどのサービスを行うもの。
 今回、協賛企業への参加を申し出たのは、エスシーエス株式会社、蔵広告(50音順)の2社。
 このうち、エスシーエス株式会社の取り組みは、新規に契約した方を対象に、「私のチャレンジ宣言カード」を提示頂いた先着100名に、食品残さからリサイクルされたエコ肥料をプレゼントするというもの。実施期間は平成21年1月5日からで、先着100名になり次第終了。

> 「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーン、新たに2社がはこちら

ECO EDO 日本橋 グリーンプロジェクト

 環境省は、チーム・マイナス6%の賛同団体である「ECO EDO 日本橋」実行委員会が「年の瀬日本橋2008 ~ECO EDO 日本橋 グリーンプロジェクト~」を開催すると発表した。
 このイベントでは、環境省が推進するエコ・アクション・ポイントの新たな全国型モデル事業(運営会社:電通)の「エコ・アクション・ポイント抽選会」が実施される。
 グリーンパワーを利用した各イベントや「チーム・マイナス6%」の1人1日1kgのCO2削減「私のチャレンジ宣言」に参加するごとに、「エコ・アクション・ポイント」が付与される。
 また、エコ・アクション・ポイント2ポイントごとに国内エコ泊ホテルペア宿泊券のほか、エコ関連商品が当たる「エコ・アクション・ポイント抽選会」に参加できる。
 この他、地球温暖化防止に関するパネル展示なども行われる。
 開催日は、12月22日(月)、24日(水)、25日(木)。開催場所は、東京都中央区日本橋周辺。「エコ・アクション・ポイント抽選会」は17:00~22:00に日本銀行本店前庭で行われる。

> ECO EDO 日本橋 グリーンプロジェクトはこちら

新たに名乗り 「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーン

 環境省は、地球温暖化防止対策キャンペーン、チーム・マイナス6%の「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーン協賛企業として、新たに1社からの参加申し出があったと発表。
 同応援キャンペーンは、国民運動「めざせ!1人1日1kgのCO2削減」への参加を促すため、「チーム・マイナス6%」内特設サイトで温暖化防止の取り組みに関する「私のチャレンジ宣言」を行った人に対して、協賛企業が商品の割引、ポイント還元率アップなどのサービスを行うもの。
 今回、協賛企業への参加を申し出たのは、株式会社 広島銀行。
 取り組み内容は、店頭(窓口)にて「130周年記念 特別金利定期預金」を預け入れる際に、「私のチャレンジ宣言」カードを提示すると、特別金利が適用されるというもの。なお、実施期間は2008年11月4日~2008年12月30日。

> 新たに名乗り 「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーンはこちら

地球温暖化防止対策「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーン

 環境省は、地球温暖化防止対策キャンペーン、チーム・マイナス6%の「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーン協賛企業として、新たに2社からの参加申し出があったと発表。
 同応援キャンペーンは、国民運動「めざせ!1人1日1kgのCO2削減」への参加を促すため、「チーム・マイナス6%」内特設サイトで温暖化防止の取り組みに関する「私のチャレンジ宣言」を行った人に対して、協賛企業が商品の割引、ポイント還元率アップなどのサービスを行うもの。
 今回、協賛企業への参加を申し出たのは、有限会社 谷口リフォーム、メセナ住宅販売株式会社(50音順)の2社。
 このうち、有限会社 谷口リフォームの取り組みは、『私のチャレンジ宣言カード』を提示すると、「外壁・屋根遮熱塗装」が10%、「オール電化」が15%、見積りより工事代が割引されるというもの。なお、実施期間は2008年9月1日~2008年11月30日。

> 地球温暖化防止対策「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーンはこちら

新たに名乗り地球温暖化防止の 「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーン

 チーム・マイナス6%(環境省)は、「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーンの協賛企業として、新たに1社からの参加申し出があったと発表。
 このキャンペーンは、国民運動「めざせ!1人1日1kgのCO2削減」への参加を促すため、「チーム・マイナス6%」内特設サイトで地球温暖化防止の取り組みに関する「私のチャレンジ宣言」を行った人に対して、協賛企業が商品の割引、ポイント還元率アップなどのサービスを行うもの。
 今回、協賛企業への参加を申し出たのは、株式会社リソース プラザ(福岡県直方市)。
 株式会社リソース プラザでは、古紙をお持込みいただいた方にトイレットペーパーとの交換を行っている。「私のチャレンジ宣言」カードを提示すると、プラス1ロールのサービスが受けられるとのこと。なお、実施期間は2008年10月1日~2008年12月末

> 新たに名乗り地球温暖化防止の 「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーンはこちら

地球温暖化防止「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーン

 チーム・マイナス6%(環境省)は、「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーンの協賛企業として、新たに1社からの参加申し出があったと発表。
 このキャンペーンは、国民運動「めざせ!1人1日1kgのCO2削減」への参加を促すため、「チーム・マイナス6%」内特設サイトで地球温暖化防止の取り組みに関する「私のチャレンジ宣言」を行った人に対して、協賛企業が商品の割引、ポイント還元率アップなどのサービスを行うもの。
 今回、協賛企業への参加を申し出たのは、株式会社ロゼックス。
 取り組み内容は、株式会社ロゼックスまで食用廃油を持ち込み、「私のチャレンジ宣言」カードを提示すると、バイオディーゼル燃料販売価格の5%割引サービスが受けられるというもの。なお、実施期間は2008年10月1日~2008年12月末。

> 地球温暖化防止「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーンはこちら

「エコシップ・モーダルシフト事業優良事業者」募集 (エコシップマーク認定へ)

 国土交通省は、「エコシップモーダルシフト事業実行委員会」を平成20年7月に設置し、実施要領等を策定、平成20年9月からエコシップ・モーダルシフト事業優良事業者の平成20年度の募集を行うと平成20年8月8日発表した。
 この実行委員会は、一般貨物の輸送に関し、海運事業者、荷主事業者等が一体となって、環境負荷が少なく省エネCO2削減に効果のあるフェリー、RORO船、コンテナ船、自動車船の利用を促進することにより、海上貨物輸送への一層のモーダルシフトを図ることを目的としている。
 実行委員会は、貨物運送における環境に優しい海運の利用促進を図るため、「エコシップマーク」の使用を通じて、船舶を利用したモーダルシフトのアピールを行う事業の実施要領等を策定した。平成20年9月8日から平成20年9月26日まで荷主企業及び物流事業者を対象に、優良事業者の募集を行う。
 許可された優良事業者は、商品やカタログ、車体等に2年間「エコシップマーク」が使用できる。
 審査結果は、平成20年11月頃に発表される予定。


○問い合わせ・書類提出先

[1]フェリー事業者の場合
 日本長距離フェリー協会
 〒102-0083 東京都千代田区麹町2-3 アーバンBLD麹町
 TEL:03-3265-9685

[2]RORO船、コンテナ船、自動車船事業者の場合
 日本内航海運組合総連合会第一事業部
 〒102-0093 千代田区平河町2-6-4
 TEL:03-3263-4630

> 「エコシップ・モーダルシフト事業優良事業者」募集 (エコシップマーク認定へ) はこちら

エネルギー安全保障と気候変動に関する主要経済国会合

「第3回エネルギー安全保障と気候変動に関する主要経済国会合」がフランス・パリのフランス外務省国際会議場で開催され、日本から西村内閣官房参与をはじめ、環境省、外務省、農林水産省、経済産業省、国土交通省の各省が出席した。
 長期目標については、日本から改めてビジョンであり負担の分担を決めるものではなく、共有することが重要である旨の主張がなされ、議論が行われた結果、長期目標以外にも共有されたビジョンの内容として持続可能な開発等を主張するなどの多様な意見が出された。また中期目標については、バリ行動計画の履行に如何にこの主要経済国会合(MEM)が前向きな貢献をすることができるかという観点から、様々な意見が出された。
 セクター別アプローチに関しては、(1)国境を越えた産業毎の取り組みと(2)各国国内のCO2削減目標の策定のための取り組みの2つ概念を特定することで、中期の国内計画策定に有用な手段であることから、更に議論を必要があるとの意見が大勢を占めた模様。また、議長の取りまとめとして「共通だが差異のある責任」についてはその原則を損ねるものではないとの共通の認識が得られた。
 技術協力、資金及び措置に関しては、環境技術を特定するなど具体的議論を進めることは有益との評価がなされた。
 なお、今後の予定については、7月に北海道洞爺湖において開催される首脳会合に向け、5月及び6月に、首脳個人代表レベル及びその代理レベルの会合を1回ずつ開催することとされた。

> エネルギー安全保障と気候変動に関する主要経済国会合はこちら

港湾からの温室効果ガス削減に関する検討会

 国土交通省では、「港湾物流の変革」による地球温暖化対策について検討を行うため「港湾からの温室効果ガス削減に関する検討会」を開催すると発表。
 国際物流システムにおける港湾は、海運・鉄道・道路を結びつける役割を果たしており、港湾を中心とした物流システムの変革の促進によって、港湾から排出される温室効果ガスだけでなく、物流システム全体での排出削減に貢献する点などについて把握、分析を行うとしている。検討会では、ポスト京都議定書やクールアース50などの議論を踏まえて、国内外のCO2削減のための中長期的な政策について検討するとしている。

日時:平成20年4月23日(水)16:00~18:00
場所:アジュール竹芝(16階 曙の間) 東京都港区海岸1-11-2 TEL:03-3437-5566
検討内容:
・港湾における地球温暖化対策を巡る状況
・港湾におけるCO2排出構造の把握
・港湾背後圏との貨物輸送に起因するCO2排出構造の把握
・想定される対策とその効果
・今後の施策展開の方向性

取材等:
 報道関係者に限り取材を認めている。希望する報道関係者は、事前の登録を必要としている。
 また、カメラ撮りは会議の冒頭(議事に入る前まで)のみ可能としている。
 
 後日、議事概要を国土交通省ホームページにて公開するとしている。

〈取材申込連絡先〉 港湾局 国際・環境課 担当:大城
  直通:03-5253-8684 FAX:03-5253-1653
  電子メール:ooshiro-s83ab@mlit.go.jp

> 港湾からの温室効果ガス削減に関する検討会はこちら

ストップ!温暖化こどもメッセージリレー

 チーム・マイナス6%は、2月5日(火)~2月11日 さっぽろ雪祭り会場内にブースを出展し、「ストップ!温暖化こどもメッセージリレー」を展開する。
 今回のリレーは、「地球シミュレーター」による温暖化が進んだ21世紀末の地球の予測画像で制作した「赤い地球儀」をさっぽろ雪祭り会場内に設置し、来場したこどもたちを対象に「1人1日1kg CO2削減こどもチャレンジ宣言」への参加を呼びかけるとともに、地球温暖化の防止に向けたメッセージを寄せてもらい、メッセージと引き替えの「青いシール」を「赤い地球儀」に貼り付けるもので、「赤い地球儀」は洞爺湖サミット開催まで全国で展開されるこどもイベントに順次リレーされ、赤い地球を青い地球に替えていくというもの。
 また、併せてウォームビズの定着に向け、道民1人あたりのCO2排出量が全国平均の約1.3倍であり(北海道庁調べ)、特に冬の室温が高いといわれる北海道において、現状の室温を認識してもらい過度な暖房を見直して行こうとする「ウォービズ体感推進事業」を展開している。

> ストップ!温暖化こどもメッセージリレーはこちら

地球温暖化・環境問題:太陽光発電は地球環境にいいのか

太陽光発電

 太陽光発電については、ソーラーパネルを生産し、設置するエネルギーと太陽光発電で取り出すエネルギーを比較する必要がありますが、安井至教授(東京大学生産技術研究所)のLCA試算では、大規模な架台をコンクリートや鉄骨で造らずに、屋根の上に設置するなら15~20年スパンで見るとCO2削減に貢献するとしています。

 また、(財)電力中央研究所のLCAデーターでは、3KWの屋根設置型で主に生産時に53gCO2を発生させるとしていますが(電中研レビュー第45号2001.11)、生産に関しての効率化が年々進んでいることや発電効率が高まっていることから、ますます効率的にCO2削減に貢献していくことでしょう。

 唯一の難点は、(財)新エネルギー財団や一部の自治体で補助金が出るとはいえ、一般の人が簡単に手が届く金額ではないというところでしょう。以前に比べると設置費用は格段に安くなっており、メーカー間の競争も厳しいことから、今後、性能は上がり、価格はさらに下がると予想できます。

 4人家族程度の家庭では、3~4KWのシステムが必要になってきます。これが安く設置できるようになれば、ますます普及に弾みが出るでしょう。

 ドイツでは、「再生可能エネルギー法」が2000年にでき、太陽光、風力、バイオマスなど再生可能なエネルギーで発電される電気の買取を電力会社に義務付けています。その後、より普及を推進する方向で改正され、発電内容によって異なりますが、太陽エネルギーによる電力買取価格は1KW当たり、5.7セント=約60円(2002年以降5%ずつ減少)となっています。この結果、太陽光発電など資源を利用しない発電が大幅に普及しています。

 日本においても、2003年4月1日から「電気事業者による新エネルギー等の利用に関する特別措置法」(通称RPS法)施行されましたが、実態としては、余剰電力の買取価格は電力会社が決定していることや、RPS法の代行申請(環境価値の電力会社への転換)に応じない場合は、余剰電力の買取を拒否あるいは非常に低い単価での買取価格とするなど、法の趣旨を逸脱したような運用がなされている問題があります。

 この結果、買取価格は電力料金単価と同等(20数円程度)となっており、ドイツと比べるとかなりの開きがあります。もっとも、日本の太陽光発電システムの普及は世界でトップですが、RPS法が趣旨どおり運用されれば、一層の普及が進むことでしょう。

太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化・環境問題:太陽光発電は地球環境にいいのかはこちら