TOPページ > 検索結果

検索結果 【LED照明防犯灯】

福岡県久留米市はLED照明(発光ダイオード)防犯灯で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 福岡県久留米市は10月1日から、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、久留米市内の自治会が防犯灯を設置する際の工事等に要する費用の全額補助を始めると発表した。久留米市内の現在の防犯灯に多く使われている蛍光灯や白熱球などから、消費電力が少ないLED照明(発光ダイオード)の普及を促し、地球温暖化の原因とされる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を目指すという。これまで久留米市による市内の防犯灯設置に対する補助金の支出は、合併前の旧市町によって補助率に格差があった。このため、久留米市では標準的な設置費用の全額相当の補助金を支出することを決め、去る6月久留米市議会で関連議案を可決していた。久留米市の補助金額は、既設の電柱にLED照明(発光ダイオード)を取り付ける場合は1基当たり3万4,000円、電柱を新設して取り付ける場合は7万3,000円を上限に補助するものとなっている。また、LED照明(発光ダイオード)では防犯灯としての光量が足りず、従来の蛍光灯や水銀灯を設置する場合も久留米市から補助金を受けることができるという。今年度の久留米市の防犯灯設置補助に係る総事業費2,850万円は国の補助金と久留米市の予算で支出する。久留米市によると、白熱球の40wを1年間使用した場合の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は62.4kgであるが、LED照明(発光ダイオード)8.5wに交換すると13.26kgに二酸化炭素(CO2)排出量を削減することができるという。久留米市道路課は、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策と省エネ対策のためにLED照明(発光ダイオード)を普及させ、地域の防犯活動の意識付けにしたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県久留米市はLED照明(発光ダイオード)防犯灯で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら