TOPページ > 検索結果

検索結果 【BDF】

宮城県仙台市やみやぎ生協で廃食油をバイオディーゼル燃料(BDF)へリサイクル

 宮城県仙台市やみやぎ生協(宮城県仙台市)などは、2011年5月から地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、宮城県仙台市内のみやぎ生協の3店舗において、家庭から出た廃油の回収とバイオディーゼル燃料(BDF)へのリサイクル事業を行うと発表した。宮城県仙台市内のサラダ油など廃棄されていた植物油を回収し、バイオディーゼル燃料(BDF)に精製して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に貢献するよう、ごみ収集車の燃料として使用するという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策としてバイオディーゼル燃料(BDF)へのリサイクル事業に取組むのは、宮城県内では名取市に続き仙台市が2例目になる。宮城県仙台市リサイクル推進課では、1か月当たり約240kl分の燃料用軽油を節約でき、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に貢献できるという。具体的には、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として周知し、家庭で使用済みの廃油をペットボトルに入れてもらい、宮城県仙台市内の生協の店舗まで持参する。生協店舗に設置しているボックスで、ペットボトルごと廃油を回収するが、事業開始日や回収する店舗は4月をめどに決定するという。回収した廃油は、みやぎ生協から、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に取組む仙台清掃公社(宮城県仙台市宮城野区)と廃棄物回収・リサイクル業者「鈴木工業」(宮城県仙台市若林区)に有料で買取ってもらう。そこで廃油をバイオディーゼル燃料(BDF)に精製し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、所有しているごみ収集車の軽油の代わりに燃料として使用するという。みやぎ生協では、廃油の売却代金を地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の環境保全活動に使用する。宮城県仙台市では、今回の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の取組によって、1店舗当たり月100リットルの廃食油の回収を見込んでおり、そのうち約8割の量がバイオディーゼル燃料(BDF)に精製できるという。環境省(東京都千代田区霞が関)によると、軽油1リットル当たりでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)が2.6kgが排出されるため、1か月当たりで約624kgの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)が削減できる。宮城県仙台市リサイクル推進課は「今まではごみとして廃棄していた油が、資源として生まれ変わる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策にもつながり、ごみ袋も少なくて済むので協力してほしい」とコメントしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 宮城県仙台市やみやぎ生協で廃食油をバイオディーゼル燃料(BDF)へリサイクルはこちら

神奈川県川崎市で廃食油からバイオディーゼル燃料(BDF)

 神奈川県川崎市のNPO法人「川崎市民石けんプラント」が、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、バイオディーゼル燃料(BDF)の製造プラント設置に取り組んでいる。てんぷら油の残りなど家庭から出る廃食油をバイオディーゼル燃料(BDF)として再利用するものである。今般、神奈川県川崎市川崎区で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に貢献するバイオディーゼル燃料(BDF)の学習会を開催し、神奈川県川崎市民に対して啓発を行った。参加した神奈川県川崎市民らから、「バイオディーゼル燃料(BDF)の貯蔵方法はどうするのか」、「バイオディーゼル燃料(BDF)は早く使った方が良いのか」など、熱心な質疑応答が行われた。バイオディーゼル燃料(BDF)は、バスやトラックなどの燃料として使った場合、軽油に比べて3割以上の二酸化炭素(CO2)削減効果があり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に大きく貢献するとされている。NPO法人「川崎市民石けんプラント」は、2007年度から、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、神奈川県川崎市と廃食油などの環境技術について共同研究を行ってきた。具体的な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策としては、神奈川県川崎市のごみ収集車を使ってバイオディーゼル燃料(BDF)による走行実験など実施してきた。かつて、NPO法人「川崎市民石けんプラント」は、神奈川県川崎市内の家庭や小学校などから廃食油を回収し、せっけん「きなりっこ」を作った実績があるが、需要が伸びず、廃食油を使い切れずに実用化には至らなかった。今後、神奈川県川崎市民らから寄付を募り、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、2日で約100リットルのバイオディーゼル燃料(BDF)製造が可能なプラントを設置する計画だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 神奈川県川崎市で廃食油からバイオディーゼル燃料(BDF)はこちら

兵庫県洲本市が菜の花エコプロジェクトで二酸化炭素(CO2)を削減し地球温暖化の原因対策

 兵庫県洲本市では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、菜の花栽培による菜種油の生産やバイオディーゼル燃料BDF)にリサイクルする「菜の花エコプロジェクト」に取り組んでいる。洲本市の「菜の花エコプロジェクト」は、江戸時代に洲本市内の旧五色町で生まれた高田屋嘉兵衛が好んだことにちなんだ名称であり、同町が1994年度から菜の花栽培を始め、2001年度から本格的にリサイクルの取組みを始めた。合併後は洲本市全体に菜の花栽培を広げた結果、2001年度に5haだった菜の花の栽培面積は、2009年度には約30haに拡大した。今般、兵庫県洲本市鳥飼中の市立鳥飼小学校で菜の花栽培を通して菜種油の生産やリサイクルを行っている洲本市の「菜の花エコプロジェクト」についての環境授業があり、5年生が身近な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもなる循環型社会の一つの取組みを学習した。5年生は総合学習の授業で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの環境問題について勉強をしており、1学期は、サワラの不漁など地球温暖化の原因が地元の漁業に与える影響などを調査したという。この日は洲本市農政課の職員が、パソコンやプロジェクターを使って地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策や洲本市の菜の花エコプロジェクトの説明を行った。洲本市内で栽培した菜の花から菜種油を作り、さらに、洲本市内の各家庭から回収した廃食用油を使ってバイオディーゼル燃料(BDF)を精製し、洲本市役所の公用車の燃料に使っていることを紹介した。また、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に加えて、「もったいない精神」から菜種の油を搾ったかすを牛の餌にし、牛のふんから堆肥を作って洲本市内の農業に使っていることなどを話した。子供たちは、菜種油や原料の菜種、油の搾りかすなどの実物を興味津々で手に取っていた。洲本市内には、菜種油生産施設や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としてのBDF精製などの施設もあり、この日に授業を受けた児童たちも近々見学するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 兵庫県洲本市が菜の花エコプロジェクトで二酸化炭素(CO2)を削減し地球温暖化の原因対策はこちら

神奈川県内で廃食油リサイクルによる地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減

 神奈川県内の産業廃棄物処理業者と運送業者が連携し、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の取組みとして、家庭の廃食油を回収してバイオディーゼル燃料(BDF)にリサイクルする実証実験を始めているという。この10月までに家庭用廃食油千リットルの回収を目指し、実験に参加している企業のトラックや重機などで軽油の代替燃料として使用することによって、地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減の削減につなげたいと話している。廃食油リサイクル実験に参加しているのは神奈川県産業廃棄物協会の青年部会と神奈川県トラック協会の有志であり、神奈川県内20か所に廃油の回収拠点を設けて、地域の家庭から天ぷら油を引き取っている。こうして集めた廃食油は、産業廃棄物処理業のグローバルテクノス(神奈川横浜市旭区)に集めた上で、東京都内で同様の事業「TOKYO油田」を進めるユーズ(東京都墨田区)が引き取り、BDFを軽油に5%混合する「B5」燃料に再生するという。4か月の廃食油リサイクル実験期間で地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を2・6トンも削減するという大きな効果がある。ただ、バイオディーゼル燃料(BDF)にリサイクルするには、製造コストがかさむため、価格は1リットル当たり130円になり、通常の軽油に比べて割高になることが商業ベースに乗せる大きな課題となっている。これには、バイオディーゼル燃料(BDF)リサイクル参加企業を拡大することによって廃食油の回収量を増やすことによって、製造単価を引き下げることをもくろんでいる。今後、バイオディーゼル燃料(BDF)リサイクル実験結果を検証した上で、事業化を検討するという。グローバルテクノス社では「地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できるバイオディーゼル燃料(BDF)は粘性が高いので、品質維持に力を入れて信頼性を高めたい」と述べている。バイオディーゼル燃料(BDF)は原料の植物が生育過程で地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を吸収するため、燃やしても二酸化炭素(CO2)排出量の排出抑制効果が期待できる。家庭用の廃食油からのバイオディーゼル燃料(BDF)燃料の再生は、地球温暖化の原因対策を始めとする環境保全策や地域交流の一環として試みる動きが神奈川県内でも導入されている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など最近のニュースや環境問題に関連する意見である。

> 神奈川県内で廃食油リサイクルによる地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減はこちら