TOPページ > 検索結果

検索結果 【駒ヶ根市】

静岡県はグリーン電力証書のインターネット販売で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 静岡県は、静岡県内の地方公共団体で初めて、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係るグリーン電力証書のインターネット販売を開始している。静岡県は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、自然エネルギー関連事業を展開するネクストエナジー・アンド・リソース(長野県駒ヶ根市)が運営するグリーン電力証書取引の専門サイトである「グリーン電力証書取引所」で販売している。今回販売するのは、静岡県企業局都田浄水場(静岡県浜松市北区)の出力50kWの太陽光発電施設で発電した自然エネルギーによる電力のうち、同浄水場で自家消費した電力(年間約6万2000kWh)分の環境付加価値となっている。1kWh当たり15円で対象となる環境付加価値を全部販売した場合には、年間約83万円の販売収入があり、太陽光発電施設のイニシャルコストの回収期間は約半分になり、今後の太陽光発電施設の維持・拡大のためのインセンティブとなるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として売買されているグリーン電力証書は、太陽光発電や水力発電などの自然エネルギーで発電した電気を、電気の価値と環境価値に分け、環境価値だけを証書化したものである。グリーン電力証書の購入者は自然エネルギーを使用しているとみなされ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に利用できる。問い合わせは、静岡県企業局経営課(054-221-2157)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 静岡県はグリーン電力証書のインターネット販売で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

長野県駒ヶ根市で太陽光発電システムによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 ベンチャー企業のネクストエナジー・アンド・リソース(長野県駒ヶ根市)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に寄与する太陽光発電システムのリースサービスで新たな市場を切り開いている。2008年から、長野県駒ヶ根市や山梨県などにあるセブンイレブン・ジャパンの5店舗に対して、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する太陽光発電システムのリースサービスを行っている。ネクストエナジーは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、セブンイレブンの店舗の屋根に太陽光発電システムを設置した。太陽光発電システムで発電した電力は、すべてセブンイレブンの店舗が使い、ネクストエナジーに電力料金を支払うが、その際の電力料金は電力会社から購入する通常の業務用料金と同程度だという。このようにネクストエナジーが低料金で電力を供給できるのは、初期投資を削減しているからである。まず、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、海外メーカーと共同開発したオリジナルの太陽光発電システムパネルや、安価に調達した中古太陽光発電システムパネルを使うことで初期投資を減らした。次に、電力料金収入に加えて、セブンイレブンに供給した太陽光発電システムの環境価値を利用する。これを地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のグリーン電力証書として発行し、他企業や自治体、消費者などに販売することで収入を得ているからである。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 長野県駒ヶ根市で太陽光発電システムによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら