TOPページ > 検索結果

検索結果 【風力発電事業】

新潟県上越市は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の風力発電事業が赤字でピンチ

 新潟県上越市地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、クリーンエネルギーの新潟県上越市市内への普及を目的に進めている風力発電事業の累積赤字が、2009年度で約1億5600万円に上ると発表した。新潟県上越市は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、これまで4基のクリーンエネルギーの風力発電施設を新潟県上越市内で管理・運営しているが、落雷による故障が相次いでいた。しかも、新潟県上越市の風力発電施設4基のうち3基が外国製であることから、故障した風力発電の部品取り寄せや修理にかなりの時間がかかり、その間、風力発電は休止している。新潟県上越市は風力発電施設の落雷対策の強化に乗り出したが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策とはいうものの、抜本的な風力発電事業に伴う赤字解消策は見えていない。新潟県上越市の風力発電施設は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のシンボルとして、「三の輪台いこいの広場」(新潟県上越市国府)に2基、直江津港の「港公園」(新潟県上越市大字直江津)と「道の駅うみてらす名立」(新潟県上越市名立区名立大町)に各1基が、建設費は1基当たり約1億6600万円~約2億6400万円をかけて整備されている。2001年4月から2003年11月にかけて、風力発電は順次発電を開始し、販売先の東北電力(宮城県仙台市青葉区本町)の設備に向けて送電されている。新潟県上越市の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の風力発電施設の最大の敵は、冬季に多い落雷となっている。新潟県上越市の港公園にあるドイツ製の風力発電施設が昨年1月に落雷で故障し、修理して発電を再開するまでに1年もの期間がかかった。昨年度は新潟県上越市の風力発電施設全4基が、345~32日間故障して発電が止まった。このため、新潟県上越市の東北電力への売電額は約1,000万円と伸び悩み、風力発電による売電と維持管理費の収支差だけで約3,800万円の赤字となったという。今年度、新潟県上越市は直江津港の港公園の施設で、風力発電施設の風車の羽根の装置を改良して避雷針としての機能を高めた。また、三の輪台いこいの広場のデンマーク製の風力発電施設については、2基を接続しているケーブルを交換して落雷による被害を防ぐ対策を講じたという。新潟県上越市環境保全課は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、風力発電施設の売電収入と維持管理費の支出が同額程度になるのが目標」としているが、イニシャルコストの回収は頭にないようである。新潟県上越市の風力発電施設は起債で整備したことから、2017年度までに毎年度約2,700万円の借金を返済する必要がある。そのうえ、東北電力による風力発電からの余剰電力買取価格が低額に設定されており、改善は簡単にはいかない。新潟県上越市議会からは、「新潟県上越市の財政が窮迫する中で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するとはいえ、大きな赤字を出しながらも風力発電を継続していく意義はあるのか」と指摘されている。しかし、風力発電施設の耐用年数に到る前に中止すると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、風力発電施設建設費などに対して約3億円の補助金を拠出した新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)から、補助金返還を求められる可能性がある。風力発電については、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の象徴になるとはいえ、イニシャルコストが莫大な割にはそれに見合う発電量が少なく、しかも、故障が多く、そのうえバードストライクや騒音による苦情もあるなど、導入に当たっては検討する事項が非常に多い。新潟県上越市のように、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるうえに、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)からの補助金も出るからと、安易に風力発電施設を導入すると、後々大変なことになるという先例を残してくれたといえる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 新潟県上越市は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の風力発電事業が赤字でピンチはこちら

京都府の風力発電による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策は赤字

 京都府の平成21年度の公営企業会計決算によると、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、伊根町で京都府が進めている風力発電事業の設備利用率は10.01%であった。当初計画の利用率は21.70%を見込んでいたが、前年度実績も11.55%で、約半分の利用率しかなく、地球温暖化の原因防止対策の風力発電事業は赤字決算となった。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策とはいえ、赤字のままで継続していくことに問題があることから、京都府は風力発電事業の評価委員会を設置し、今年度中に対応策に関する報告をまとめる予定になっている。京都府の風力発電事業は、風車が6基ある「太鼓山風力発電所」で平成13年度から発電されており、最大出力4500kwの発電能力があり、風力発電施設は京都府府公営企業管理事務所が管理を行っている。風力発電の設備利用率とは、最大出力で1年間フル稼働した発電量に対する実績発電量の割合であるが、風速が秒速3~25mないと風車は動かないので発電が行われず、平成15年度は当初計画に近づく17%の利用率であったが、最近は低いままとなっている。この風力発電事業の平成19年度は4600万円の赤字であり、平成20年度も4500万円の赤字だった。京都府は、赤字が続いていることを大きな問題であると認識しており、評価委員会の中で「あらゆることを想定して議論を進める」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京都府の風力発電による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策は赤字はこちら

三菱重工がブルガリアで得た地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出権を日本に移転

 三菱重工業は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のために、ブルガリアで展開しているクリーンエネルギー風力発電事業で得た地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出権を日本に移転すると発表した。クリーンエネルギーの風力発電所が既存の電力を代替することで実現した地球温暖化の原因対策の温暖化ガス削減分をクレジットとして取得・売却したもので、二酸化炭素(CO2)排出権は2009年12月分までの削減CO2約12万t分となる計算だ。この風力発電事業は、三菱重工がブルガリアの建設会社であるイノスと共同で出資したカリアクラ・ウィンドパワー社(KWP)を通じて行っているもので、日本・ブルガリア両国の地球温暖化の原因対策の地球温暖化ガス削減共同実施案件となっているものである。設置場所である黒海沿岸のカリアクラ岬にあるウインドファームは、定格出力1000kW風力発電設設備35基で構成されており、総発電容量3万5000kWにものぼり、これらの発電された電力はすべてブルガリアの国営電力会社に有償販売しているという。KWPが運営する風力発電事業の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減量は年間7万~8万t規模であるが、京都議定書の第一約束期間である2012年度まで、二酸化炭素(CO2)排出量の累計35万トンを上限にして日本カーボンファイナンスが二酸化炭素(CO2)排出量の排出権を購入する契約を結んでおり、。これを超える部分の二酸化炭素(CO2)排出権は三菱重工が購入するというものである。

> 三菱重工がブルガリアで得た地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出権を日本に移転はこちら