TOPページ > 検索結果

検索結果 【電気自動車】

大阪府で電気自動車(EV)のカーシェアリングによる地球温暖化原因対策

 大阪府の協力を得て、オリックス自動車、日本ユニシス、イード、JCBは、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、2011年3月1日から大阪府内において電気自動車(EV)のカーシェアリングを開始している。この地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の電気自動車(EV)カーシェアリング事業は、フランスのパリで2011年中に実施が予定されている無人のカーステーションを利用して、24時間365日いつでも電気自動車(EV)を利用することができる「Autolib」の日本版となっている。環境省が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として推進している地球温暖化対策技術開発等事業の「電気自動車(EV)による日本版Autolibに関する技術開発」の採択を受けた「大阪電気自動車(EV)アクションプログラム」の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として実施されるという。この電気自動車(EV)カーシェアリングの特徴は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として単に電気自動車(EV)を貸し出すというだけではなく、電気自動車(EV)を運用に必要な社会インフラの整備を同時に行うことに特徴がある。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として電気自動車(EV)を利用する者が安心して走行できるよう、「大阪府充電インフラネットワーク」として、充電サービスの管理と携帯電話等を使った情報提供が実施される。この大阪府ネットワークは、日本ユニシスが運営する「smart oasis」の機能として運営され、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として大阪府内各所に現在26か所の充電ステーションが用意されている。また、こうした地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に貢献できる充電インフラを使用し、電気自動車(EV)でのドライブをサポートするスマートフォンアプリである「電気自動車(EV)充電サーチ」が提供される。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策も視野に入れた『e燃費』でガソリンスタンドの口コミ情報を提供しているイードがそのノウハウを活かし、出発地から目的地までの距離確認、ルート周辺の充電可能場所の表示、電気自動車(EV)スタンドの口コミ情報、電気自動車(EV)スタンドの空き情報など電気自動車(EV)利用に必要な情報を簡単に入手できるようにしていくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 大阪府で電気自動車(EV)のカーシェアリングによる地球温暖化原因対策はこちら

群馬県前橋市で小水力発電の電気自動車(EV)の充電スタンド

 群馬県前橋市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、群馬県前橋市内の矢田川の小水力発電を使った電気自動車(EV)の充電スタンドを群馬県前橋市大手町2の群馬県前橋市立桃井小学校の隣接地に開設したと発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、群馬県前橋市の一般市民が無料で充電できるという。同校では、「環境を考える授業で取り上げ、子供たちが地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に目を向けるきっかけにしたい」と話している。群馬県前橋市は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、「電力の地産地消」を目指しており、太陽光発電や風力発電、水力発電などの自然エネルギーを利用した取組を推進しており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の電気自動車(EV)の充電スタンド開設もその一環となっている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、群馬県前橋市の市街地を流れる幅1.3メートルほどの矢田川の水力を生かした「エコな仕組み」を開発した。群馬県前橋市によると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、小規模な水力発電で電気自動車(EV)充電を行うのは全国で初めてのケースだという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の充電スタンドには、約1時間で8割充電できる急速充電器1台と、7~8時間でフル充電できる倍速充電器3台が設置されている。開設式典が行われ、高木政夫群馬県前橋市長は「スタンドの整備を契機に電気自動車(EV)を普及させ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に貢献したい」と挨拶した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 群馬県前橋市で小水力発電の電気自動車(EV)の充電スタンドはこちら

大阪府大阪市のJR大阪駅に電気自動車(EV)専用のタクシー乗り場

 大阪府大阪市の中心部にあるJR大阪駅は関西最大のターミナルであり、現在、改装工事が進んでいる。JR西日本が新たに建設中のJR大阪駅の駅ビルには、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、電気自動車(EV)などエコカー専用のタクシー乗り場が設置されるという。JRのターミナル駅に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、電気自動車(EV)専用のタクシー乗り場が併設される事例は国内で初めてのケースだという。JR大阪駅のタクシー乗り場は、ビルの開業に合わせて2011年5月から運用を開始する予定をしており、JR大阪駅北側に建設中の「ノースゲートビルディング」の2階に電気自動車(EV)タクシー数十台を客待ちできるようにする。電気自動車(EV)は、二酸化炭素(CO2)などを排出しないため、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、環境負荷が非常に低い。関西には、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策となる動力源の電池の製造拠点が多く、大阪府は産業振興の一環として電気自動車(EV)タクシー事業を支援しており、2月15日には、国や事業者と大阪府と共同で電気自動車(EV)タクシー50台を導入し、試験的運行を始めたという。ただ、電気自動車(EV)については、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、国や大阪府が補助制度を設けて普及支援しているものの、導入・維持管理コストが極めて高くつくことから、大阪府内の電気自動車(EV)タクシーは今月導入した50台にとどまっているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 大阪府大阪市のJR大阪駅に電気自動車(EV)専用のタクシー乗り場はこちら

和歌山県が地球温暖化の環境問題対策として電気自動車(EV)導入

 和歌山県では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、電気自動車(EV)の普及拡大を図ろうと、和歌山県が公用車として、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)をまったく排出しない電気自動車(EV)2台を導入したとの発表があった。和歌山県環境生活総務課によると、和歌山県和歌山市の和歌山県庁と和歌山県田辺市の西牟婁振興局に、和歌山県内自治体で初めて三菱自動車工業のアイ・ミーブ電気自動車(EV)を1台ずつ導入する。車体のデザインは、和歌山県立和歌山工業高校産業デザイン科の授業に位置づけて作製し、生徒の上野さんのデザインが選ばれた。三菱自動車工業の電気自動車(EV)2台は、5年間のリース契約で月額で約11万円だという。走行中の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量はゼロで、100%電気で走るという。和歌山で県は「電気自動車(EV)の実情を知ってもらうため、1回の充電でどれだけ走行できたかなど、和歌山県のホームページで電気自動車(EV)の情報を発信していきたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 和歌山県が地球温暖化の環境問題対策として電気自動車(EV)導入はこちら

神奈川県相模原市地球温暖化の原因対策で電気自動車(EV)を導入

 神奈川県相模原市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策の一環として、走行時に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)5台を神奈川県相模原市役所の公用車として導入したと発表があった。神奈川県相模原市役所前で電気自動車(EV)の導入式が行われ、大学生がデザインしたかわいらしい電気自動車(EV)が披露された。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、神奈川県相模原市が導入した電気自動車(EV)は、日産自動車の電気自動車(EV)「リーフ」2台と三菱自動車の電気自動車(EV)「アイ・ミーヴi-MiEV」3台の計5台となっている。このうち、リーフは神奈川県相模原市市役所に配置し、アイ・ミーヴは神奈川県相模原市の各区に1台ずつ配置されるという。電気自動車(EV)はリース契約で導入し、リース費用は年間で約340万円になるという。神奈川県相模原市では、電気自動車(EV)を公用車として日常業務に使用するほか、神奈川県相模原市主催の様々なイベントなどで活用し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の啓発や電気自動車(EV)の普及啓発を行う予定だという。神奈川県相模原市は電気自動車(EV)アイ・ミーヴの外装デザインを女子美術大学に依頼し、神奈川県相模原市内の自然や街並みをイメージしたデザインとなった。導入式で加山俊夫神奈川県相模原市長は「これを機に、神奈川県相模原市として、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に対応する環境共生都市づくりを推進してまいりたい」と挨拶を行った。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 神奈川県相模原市地球温暖化の原因対策で電気自動車(EV)を導入はこちら

沖縄県のレンタカー会社が環境問題対策で電気自動車(EV)を導入

 沖縄県内のレンタカー会社が、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、走行中に温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の大量に導入する計画を発表した。2011年2月1日に電気自動車(EV)計220台をレンタカーとして購入し、2020年には計2,500台まで電気自動車(EV)を増やすという。電気自動車(EV)に必要不可欠な充電施設は、沖縄県内のホテルなど18か所に既に設置しており、今後、さらに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、100か所程度まで増やしていくという。こうした背景には、沖縄県が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、補助金を出して電気自動車(EV)の導入を促進しており、「リゾート地沖縄県のイメージ向上につながる」と話している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、電気自動車(EV)を導入する3社は、ニッポンレンタカー沖縄、オリックス自動車及び日産レンタリース沖縄となっている。沖縄県では、年間で約600万人の観光客の半数がレンタカーを利用していることから、「レンタカー会社としても沖縄県で環境問題対策の負荷の軽減を図る責任がある」と判断したという。導入する電気自動車(EV)は、1度の充電で約160km走行可能な電気自動車(EV)だという。新たに導入する電気自動車(EV)のレンタル料金は、24時間で1万2,600円と一般のレンタカー車両よりも割高な料金設定になっている。また、電気自動車(EV)は走行距離が短いといった欠点があるが、沖縄県那覇市にある那覇空港でレンタカーを借りると、日本ハムのキャンプ地となっている沖縄県名護市や、人気スポットの沖縄美ら海水族館(沖縄県本部町)へも行ける。今回の取組みに対して、沖縄県は国庫補助制度も活用し、電気自動車(EV)220台のうち47台分に対して1台358万円当たり約154万円、計約7,200万円の補助金を支出するという。さらに、電気自動車(EV)導入計画に賛同する沖縄県内外の会社が電気自動車(EV)の充電施設の運営会社を新たに設立し、沖縄県内のホテルやコンビニエンスストアなど18か所に電気自動車(EV)用の充電器27機を設置したという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。








> 沖縄県のレンタカー会社が環境問題対策で電気自動車(EV)を導入はこちら

神奈川県厚木市は環境問題対策で電気自動車(EV)リーフを導入

 神奈川県厚木市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、公用車に環境問題に優しい日産自動車の電気自動車(EV)LEAF(リーフ)を新たに2台導入したと発表した。電気自動車(EV)のセレモニーは、小林常良神奈川県厚木市長や日産自動車テクニカルセンターの代表が出席し、神奈川県厚木市本庁舎の西側駐車場に設置された電気自動車(EV)用の急速充電器前で導入式が開催された。電気自動車(EV)の導入は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策など、神奈川県厚木市の環境対策の一環として取組んでいるという。神奈川県厚木市では、平成21年3月に三菱自動車の電気自動車(EV)のアイミーブが初めて導入され、今回の日産自動車の電気自動車(EV)のリーフで計3台目となるという。また、神奈川県厚木市は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、平成21年10月から市民向けに「神奈川県厚木市電気自動車購入奨励金制度」を新設し、電気自動車(EV)の普及を図っている。神奈川県厚木市民に対して、より購入しやすい環境を整備し、電気自動車(EV)のさらなる普及を図る目的だという。今後、神奈川県厚木市役所本庁舎に設置され、24時間無料で利用できる電気自動車(EV)用の急速充電器についても市民に周知していく。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 神奈川県厚木市は環境問題対策で電気自動車(EV)リーフを導入はこちら

神奈川県平塚市が地球温暖化の原因対策で電気自動車(EV)導入

 神奈川県平塚市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策のひとつとして、走行時に地球温暖化の要因とされる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を一切出さない電気自動車(EV)2台を導入したと発表した。電気自動車(EV)は、神奈川県平塚市長公用車や学校での地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策などに使用するという。神奈川県平塚市が導入した電気自動車(EV)は、日産自動車(横浜市神奈川区宝町)の量産型電気自動車(EV)「リーフ」で、神奈川県や神奈川県厚木市に続いて神奈川県平塚市に納車された。、日産自動車の電気自動車(EV)リーフは5人乗りで、1回の充電で約200キロを走行することができるという。日産自動車の電気自動車(EV)リーフは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策で優れているだけでなく、燃費もガソリン車の3分の1以下なので燃料代も削減することができる。神奈川県平塚市は6年間のリース契約を行っており、総額796万円となっている。電気自動車(EV)は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策になるとはいえ、普及の課題は車体の価格に加えて、短い走行距離へのバッテリー切れへの不安があるが、神奈川県内には既に60か所以上の場所に電気自動車(EV)用の急速充電器が設置されているという。神奈川県平塚市内にも湘南地域神奈川県政総合センター(神奈川県平塚市西八幡)と東京電力平塚支社本部(神奈川県平塚市追分)に設置されている。神奈川県平塚市の大蔵律子市長は、「電気自動車(EV)は、加速もスムーズで音も静かで、そのうえ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策にもやさしい。神奈川県平塚市が率先して電気自動車(EV)を導入し、市民に関心を持ってもらうきっかけにしたい」とコメントしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 神奈川県平塚市が地球温暖化の原因対策で電気自動車(EV)導入はこちら

群馬県桐生市で地球温暖化の原因対策の電気自動車の実証実験

 国土交通省(東京都千代田区霞が関)と群馬県桐生市が、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、二酸化炭素(CO2)の排出量を抑えたまちづくりを推進していくため、一人乗り電気自動車「マイクロEV」を使った実証実験を1月17日から群馬県桐生市内で始めた。2月13日まで約1か月にわたって、群馬県桐生市役所や群馬県桐生市商工会議所の職員が運転したり、群馬県桐生市民らの一般モニターが利用したりして、電気自動車の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果や課題を検証するという。走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車の実験にはマイクロEV「μ(マイクロ)-TT2」2台と、電動バイク2台を使用して行われる。今回の実験で使用するマイクロEVは群馬大学(群馬県前橋市)や群馬県内の企業などでつくる「次世代EV研究会」が製作したもので、1回の充電で最高時速約60キロで、航続距離は最長30キロになるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の実証実験の平日は、マイクロEVと電動バイク一台ずつを群馬県桐生市役所と桐生商工会議所に置き、群馬県桐生市職員と桐生商工会議所職員が使用するという。休みとなる土日は、一般モニターが群馬県桐生市内の市街地を1人当たり最長で15キロ運転することができ、使用後、利用者は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に関するアンケートに答える必要がある。今回の群馬県桐生市のようなマイクロEVなど環境問題に配慮した超小型車の実証実験には、東京都千代田区や愛知県豊田市など計6自治体が参加しているという。群馬県桐生市企画課は「群馬県桐生市が実験に参加することで、市民に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策への関心と理解を深めてほしい」とコメントしている。市民向けには、2月5日に走行会を開催し、JR桐生駅構内の市民活動推進センター「ゆい」で参加を受け付けるという。問い合わせは群馬県桐生市企画課(電話0277-46-1111)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 群馬県桐生市で地球温暖化の原因対策の電気自動車の実証実験はこちら

宮崎県は地球温暖化の原因として太陽光発電システムと電気自動車(EV)用の急速充電器を設置

 宮崎県では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、宮崎県庁舎への太陽光発電システムのパネル設置と、電気自動車(EV)用の急速充電器の設置が完成し、完工式が開催された。宮崎県は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、日産自動車の電気自動車(EV)「リーフ」2台を導入し、太陽光発電システムのパネル発電で得た電気を電気自動車(EV)の充電や宮崎県庁舎内で活用していくという。こうした取組みは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策を定めた宮崎県の「みやざきソーラーフロンティア構想」の一環となっているという。この構想に基づき、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に貢献する太陽光発電システムパネル120枚を宮崎県議会棟屋上に設置し、その太陽光発電システムの出力規模は、10.2kwhとなっている。さらに、宮崎県庁本館玄関前に太陽光発電システムからの発電量と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減状況を表示する液晶モニターも設置し、宮崎県庁を訪れる県民に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策をPRしていく考えだという。電気自動車(EV)用の急速充電器は、「リーフ」を15~30分でフル充電でき、宮崎県庁舎本館前庭の場所に設置している。電気自動車(EV)は、宮崎県企業局と知事部局がそれぞれ1台ずつ所有し、日常の公用利用や太陽光発電システムをPRするイベントにも活用していくという。完工式では、電気自動車(EV)を生産した日産自動車の常務執行役員が「日産自動車の電気自動車(EV)リーフは、走行中の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量がゼロであるほか、車内は大人5人が十分にくつろげる広さがある。これをきっかけとして、今後、宮崎県での電気自動車(EV)の普及に貢献したい」と挨拶を行った。これに対して、東国原英夫宮崎県知事が実際に電気自動車(EV)に試乗し「電気自動車(EV)の乗り心地は最高。技術の進化はすばらしい」と話していた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。








> 宮崎県は地球温暖化の原因として太陽光発電システムと電気自動車(EV)用の急速充電器を設置はこちら

東京都福生市電気自動車(EV)と電動アシスト自転車を活用

 東京都福生市では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、電気自動車(EV)と電動アシスト自転車を公的に導入する「次世代モビリティ活用モデル事業」に取り組むと発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の「次世代モビリティ活用モデル事業」の総事業費約6,000万円を新年度当初予算案に計上し、市議会へ提案するという。今回の東京都福生市の計画によると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の電気自動車(EV)は東京都福生市内の商店街にある東京都福生市有地に設けるメインステーションと東京都福生市役所に一台ずつを配備するほか、電気自動車(EV)用充電器も設置して実証実験を行うという。また、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の電動アシスト自転車は、東京都福生市内のJR福生、牛浜、拝島の三駅周辺の市有地に充電のためのステーションを整備し、1か所10台ずつ計30台を配備する。これらの電動アシスト自転車は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、一般にレンタルし、自転車で回れる観光ルートを設定するという。また、東京都福生市は2013年に開催される東京都国体でソフトボール成年女子の会場となるため、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策をPRする交通手段の一つとしても電動アシスト自転車を活用するという。東京都福生市はこの事業を東京都の「地球温暖化対策等推進のための区市町村補助制度の提案プロジェクト」に申請する予定をしており、採択されれば事業費は東京都の補助金を充当する。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 東京都福生市電気自動車(EV)と電動アシスト自転車を活用はこちら

滋賀県は地球温暖化の原因対策で電気自動車(EV)用充電器の普及

 滋賀県は、関西広域連合で環境問題保全を担当しているが、今年、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、環境問題に優しい電気自動車(EV)の普及に向け、Webサイトで電気自動車(EV)用充電器の場所を表示する広域マップを作成すると発表した。電気自動車(EV)は環境負荷が少なく、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減につながると環境問題対策としても大いに将来性を期待されている。しかし、現行の電気自動車(EV)は、フル充電をしても走行距離が百数十キロと極端に短く、長距離走行に大きな問題を抱えている。このため、電気自動車(EV)用充電器設置広域マップは、広域的な移動をする電気自動車(EV)利用者の利便性を向上させることが目的だという。滋賀県庁に事務局がある広域環境保全局では、公表する内容を進めており、今年の早い段階で広域連合のホームぺージで紹介し、データを随時更新していきたいとしている。滋賀県では「走行時に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)に乗ってもらえる環境を整えたい」と話している。広域連合加盟の2府5県においては、大阪府で約140台、京都府で約100台など大都市圏を中心に400台以上の電気自動車(EV)が走行しており、一般利用が可能な充電器は約200台設置されているという。滋賀県内には、電気自動車(EV)は40台程度あり、充電器は8基が設置されているという。今後、滋賀県は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、電気自動車(EV)の普及向上対策として、2011年1月から滋賀県環境総合事務所などに電気自動車(EV)用充電器7基を設置する予定をしているという。さらに、国庫補助事業を活用して滋賀県内の大型店舗に10基の電気自動車(EV)用充電器が整備される。また、現在の電気自動車(EV)用充電器は、フル充電に7時間もかかるが、滋賀県では「約30分でフル充電可能な電気自動車(EV)用急速充電器の設置も進めたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 滋賀県は地球温暖化の原因対策で電気自動車(EV)用充電器の普及はこちら

埼玉県さいたま市へ日産自動車が電気自動車(EV)リーフを納車

 埼玉県さいたま市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、電気自動車(EV)普及推進に向けた取組み「E-KIZUNA Project」を実施している。日産自動車(神奈川県横浜市西区高島)は、今般、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を全く排出しない電気自動車(EV)の「リーフ」を埼玉県さいたま市に納車したと発表した。今回の電気自動車(EV)は、埼玉県さいたま市が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、今年度導入予定である日産自動車の「リーフ」9台のうち、埼玉県さいたま市長車など3台を先行して納車したものになっているという。日産自動車は、2009年11月に埼玉県さいたま市と、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、埼玉県さいたま市が進める市民・事業者・行政が一体となったEV普及のための「E-KIZUNA Project」を協働で推進していくことに合意しており、パートナーシップ協定を締結している。2010年8月は、プロジェクトの一環として、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の電気自動車(EV)の普及を目指した取組である「the new action TOUR」も埼玉県さいたま市で開催した。日産自動車では、今回の埼玉県さいたま市への納車に関して、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に関し、意欲的な挑戦を続けられる埼玉県さいたま市に対して、本日、電気自動車(EV)のリーフを納車することができ大変嬉しく、『E-KIZUNA Project』へも貢献をしていきたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 埼玉県さいたま市へ日産自動車が電気自動車(EV)リーフを納車はこちら

熊本県はホンダと次世代パーソナルモビリティ実験

 熊本県は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、ホンダ(東京都港区南青山)と共同で実施する電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車、電動二輪車、電動カートなど次世代パーソナルモビリティに関する実証実験を行うと発表した。同時に、熊本県は実証実験で使用する電気自動車(EV)等の実験車両やソーラー充電ステーションなどを整備した。環境問題対策の実証実験は、電気自動車(EV)や電動二輪車、さらには、太陽光発電システムによるエネルギー供給設備などを利用した今後のパーソナルモビリティの在り方や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果の検証するもので、埼玉県と熊本県で行うという。熊本県では、熊本県熊本市と共同で、既に電動カートによる環境問題対策の実証実験を開始した。今後は、熊本県内の水俣市、阿蘇地域及び天草地域においても、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の低炭素モビリティ社会実現に向けた実証実験を行う。実証実験では、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車の実験車両、電動二輪車「EV-neo」、電動カート「モンパルML200」などのホンダ社の電動車両を使って実験し、併せて、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の太陽光発電システムの運用などクリーンエネルギーの有効活用も実験するという。また、地域社会における熊本県民の生活向上のあり方を検討する。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。








> 熊本県はホンダと次世代パーソナルモビリティ実験はこちら

埼玉県はホンダと共同で電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の実験

 埼玉県は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、本田技研工業株式会社(東京都港区南青山)と共同で、次世代型環境車の実証実験を始めると発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に大きく貢献できる電気自動車(EV)や家庭用のコンセントで充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)など環境問題に対応した車を利用して、太陽光発電システムによるソーラー充電ステーションを活用した電気エネルギー供給や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減効果を長期にわたって検証するという。環境問題対策の実験車両としては、ホンダの中型セダンである「インスパイア」のプラグインハイブリッド車(PHV)のほか、ホンダの小型車「フィット」の電気自動車(EV)も初めて公開した。12月24日から発売する電動2輪車の「EV-neo」と電動カートの「モンパル ML200」も同時に実験に参加するという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の実証実験は、環境適応車の二酸化炭素(CO2)排出量削減性能や効果の検証を目的としている。埼玉県さいたま市では、駅周辺を拠点に電気自動車(EV)の共同利用の可能性など新たな都市型の移動交通スタイルの具体的な検討を行う。埼玉県熊谷市では、車を駅周辺に駐車させた後、電車等の公共交通機関で目的地に向かう「パークアンドライド」による手法での電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)の適合性などを個々具体的に検証するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 埼玉県はホンダと共同で電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の実験はこちら

静岡県静岡市で日産自動車の電気自動車(EV)リーフなどのイベント

 静岡県静岡市葵区にある青葉シンボルロードにおいて、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策を考えるイベント「しずおかSTOP温暖化フェスタ2010」が開催された。イベントでは、最新の電気自動車(EV)や電動バイクが展示されている。静岡県静岡市では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策を推進しているが、自家用車などの運輸部門からの二酸化炭素(CO2)排出量が全体の約30%を占めているという。このため、環境問題への負荷が少ない電気自動車(EV)を市民にPRし、地球温暖化対策を身近に感じてもらおうと、静岡県静岡市や静岡県などが主催して開催した。会場では、12月20日に発売される日産自動車の電気自動車(EV)「リーフ」など4台の電気自動車が一足先にお披露目され、このほか2台の電動バイクが展示された。夕方には、青葉シンボルロード周囲のイルミネーションや店舗の明かりを暗くし、約2,000個の幻想的な蝋燭で道を照らす「キャンドルナイト」も実施された。見学者は、電気自動車は欲しいけど、価格が問題だと話していた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 静岡県静岡市で日産自動車の電気自動車(EV)リーフなどのイベントはこちら

神奈川県横浜市で日産自動車の電気自動車(EV)リーフ付き住宅

 神奈川県横浜市都筑区内で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、全国初の取組みになる電気自動車(EV)付き一戸建て建売住宅について、関係者が来年1月に発売する計画を発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策住宅の価格は、日産自動車の電気自動車(EV)「リーフ」とセット販売で6千万円程度になるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策住宅の開発・販売を手掛ける工藤建設(神奈川県横浜市青葉区)は「次世代の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策住宅はこうなるというモデルになるはず。」と話している。今般、神奈川県庁において松沢成文知事に対して電気自動車(EV)付き住宅の計画概要を説明した。その計画によると、建売住宅に太陽光発電システムや家庭用燃料電池システムを備えることによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を従来に比べ7~8割削減することが可能になっているという。さらに、太陽光発電システムで発電した電力を東京電力に売電することによって、日常の光熱費はゼロになり、電気自動車(EV)リーフへの充電も賄うことが可能になるという。この取組みに対して、松沢神奈川県知事は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、電気自動車(EV)普及を積極的に推進する神奈川県にとってマッチした素晴らしい取り組み」と絶賛した。電気自動車(EV)付き一戸建て建売住宅事業に参画する横浜銀行(神奈川県横浜市)は、今回、最も低い住宅ローン金利を特別に設定したという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の住宅とセットになる電気自動車(EV)「リーフ」を販売する日産自動車では、「電気自動車(EV)のリーフはエコ住宅とベストマッチする車だ」とコメントしている。建物の第1期販売のうち1棟はモデル住宅として位置づけ、実証実験しデータを集めるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 神奈川県横浜市で日産自動車の電気自動車(EV)リーフ付き住宅はこちら

東京都国立市は電気自動車(EV)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 東京都国立市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として電気自動車(EV)の普及拡大を推進するため、2011年4月から、東京都国立市役所北東端の空き地に電気自動車用の急速充電器を設置し、東京都国立市民向けに5年間無料で提供すると発表した。電気自動車(EV)用の電力はすべて、東京都国立市役所屋上に設置予定の太陽光発電パネルで発電した電力で賄う。東京都国立市は、本年度、東京都の補助金を受けて、東京都国立市内の介護事業者に対し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電気自動車(EV)の購入費を一部補助する事業を始めた。東京都のモデル事業のため対象は一介護事業者のみで、既に選定を終えている。今後、東京都国立市は、この事業者の協力を得て、電気自動車(EV)の走行距離などのデータを収集・分析し、バッテリーの小型化による価格低減など普及策を自動車メーカーに提案するという。東京都国立市は、この地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環の取組みで、東京都国立市役所敷地内に出力50kw程度の急速充電器と、容量5kwの太陽光発電パネルを設置することにした。太陽光発電システムの電力は、東京都国立市庁舎内で使用し、急速充電器の電力供給は別にするが、差し引きで太陽光発電量が上回れば地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として電力を賄ったことにする。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光パネルの発電量などを表示するモニターも東京都国立市役所ロビーに設置する予定をしており、東京都国立市は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電の効果を市民に実感してもらうとともに、東京都国立市民のニーズに応じた新たな電気自動車(EV)の車種や、市民が買いやすい価格の電気自動車(EV)の開発につながれば」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 東京都国立市は電気自動車(EV)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

マツダレンタカーとパーク24は大阪府大阪市で電気自動車(EV)カーシェアリングによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、大阪府大阪市が実施する「電気自動車(EV)を活用したカーシェアリングのモデル事業」の運営事業者にマツダレンタカー(広島県広島市南区)とパーク24(東京都千代田区有楽町)が認定されたと発表した。マツダレンタカーとパーク24は、12月25日から大阪府大阪市内の5か所で、電気自動車(EV)5台を使って地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のカーシェアリングサービス「タイムズプラス」を実施する。大阪府大阪市の電気自動車(EV)カーシェアリング事業は、大阪府大阪市が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、地球に優しい低炭素型交通システムを構築する一環として、カーシェアリングと電気自動車(EV)の普及に向けた課題の把握、取り組むべき方策を検討するため、試験的に実施される。マツダレンタカーとパーク24は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、独自に開発した電気自動車(EV)カーシェアリングの仕組みを活用し、大阪府大阪市都心部と咲州地区の計5か所に、三菱自動車の電気自動車(EV)i-MiEV5台を導入する。電気自動車(EV)を使ったカーシェアリングサービスを一般市民に提供し、自動車の削減に結び付く可能性のある地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のカーシェアリングや二酸化炭素(CO2)排出量ゼロの電気自動車(EV)を気軽に体験してもらうという。電気自動車(EV)の利用料は15分200円であるが、このほか、法人会員は月額費用は無料で、個人会員は別途月額1000円が必要になる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> マツダレンタカーとパーク24は大阪府大阪市で電気自動車(EV)カーシェアリングによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都千代田区の山武と三菱UFJリース、港区の三菱オートリースは電気自動車(EV)の国内クレジット制度で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 山武(東京都千代田区丸の内)、三菱UFJリース(東京都千代田区丸の内)、三菱オートリース(東京都港区芝)が共同で運営する電気自動車(EV)を利用した地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、CO2削減クレジット創出事業が、国内クレジット認証委員会で経済産業省(東京都千代田区霞が関)から事業承認を受けたと発表した。電気自動車(EV)のリース顧客を集めてコミュニティーを組織し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出枠を創出する。国内クレジット制度を活用した電気自動車(EV)による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策プロジェクトの事業承認は、初めてという。3社の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減創出事業は、電気自動車(EV)リースを利用する顧客が任意参加するコミュニティーを設立し、電気自動車(EV)の使用で削減される二酸化炭素(CO2)排出量を三菱オートリースが集計、管理して取りまとめ、二酸化炭素(CO2)国内クレジット認証委員会の認証を受ける。認証申請は、二酸化炭素(CO2)国内クレジット制度に関するノウハウを持つ山武と連携する。認証された地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出枠は三菱UFJリースが買い取り、二酸化炭素(CO2)排出枠関連サービスを提供する。事業を始めるに当たり、事業計画書を8月の第14回国内クレジット認証委員会に提出し、10月の第15回国内クレジット認証委員会で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策事業として承認された。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の承認を受けて、三菱オートリースが電気自動車(EV)コミュニティーの会員の入会受け付けを開始し、入会を希望する企業の資格確認を山武と実施する。第1回の入会企業の確定は11月上旬を予定している。電気自動車(EV)に装備されている情報提供サービス機器でデータを収集し、そのデータを基に各電気自動車(EV)の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減量を算出し、指定機関の審査の後、2010年度内をめどにクレジット認証を申請する。三菱UFJリースは買い取った地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出枠代金を電気自動車(EV)コミュニティーに支払い、電気自動車(EV)コミュニティーは電気自動車(EV)普及活動や環境貢献事業にあてる。電気自動車(EV)利用企業をコミュニティーとしてまとめることで、電気自動車(EV)による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減を国内クレジット事業として提案できたという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 東京都千代田区の山武と三菱UFJリース、港区の三菱オートリースは電気自動車(EV)の国内クレジット制度で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

栃木県は電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド自動車(PHV)普及策で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環でエコカー普及に取組む栃木県は、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド自動車(PHV)の栃木県内への普及に向けた経済産業省(東京都千代田区霞が関)のモデル事業「EV・PHVタウン」に応募したと発表した。応募に際しての提案では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として栃木県の特性を生かし、日光や那須などの観光地での電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド自動車(PHV)の普及や、基幹産業である自動車産業で電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド自動車(PHV)の関連部品の開発を図ることなどのほか、10年後に栃木県内で購入される新車の15%を電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド自動車(PHV)にする普及目標も掲げた。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として期待される電気自動車(EV)は搭載するバッテリーでモーターを動かして走行する。同じく、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として期待されるプラグインハイブリッド自動車(PHV)は、エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド車で、家庭電源から充電できる。電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド自動車(PHV)ともに地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の次世代車として期待がかかるが、充電設備の整備や高額な価格が普及の課題になっている。栃木県は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、昨年度策定した「とちぎ環境立県戦略」で、エコカー普及促進プロジェクトを掲げており、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド自動車(PHV)普及のために充電スタンドの整備を進めている。栃木県は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の提案で、2011~2013年度の3年間に、栃木県内の観光地、都市部、中山間地域、産業振興の4つのモデル事業と将来を見据えた電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド自動車(PHV)のシステム構築を盛り込んでいる。栃木県の日光や那須では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、鉄道と組み合わせた電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド自動車(PHV)のエコツアーを想定している。さらに、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド自動車(PHV)の優先駐車スペースの提供のほか、山岳地や寒冷地での走行データ収集などに取り組むという。栃木県の都市部では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、マンション住民などが共同で電気自動車(EV)を所有するカーシェアリングや電気自動車(EV)タクシー・レンタカーなどの方法で活用を進める方針だ。2009年度末時点で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する栃木県内の電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド自動車(PHV)台数は、わずか栃木県庁に1台、民間企業に2台の計3台でしかない。今年から電気自動車(EV)の個人向け販売を始めるメーカーが複数あり、栃木県では地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、3年後には累計で1000台、10年後には年間1万3千台の普及を目指すという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するEV・PHVタウン選定に伴う経済産業省の直接的な財政支援策はないが、栃木県は国のさまざまな支援策の活用を見込んでおり、経済産業省のEV・PHVタウンとして「エコカー先進栃木県」となることを目指すという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 栃木県は電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド自動車(PHV)普及策で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

日産自動車は神奈川県横須賀市で補助金の出る電気自動車(EV)リーフによる二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策

 日産自動車(神奈川県横浜市西区高島)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するエコカーとして、12月から日本とアメリカで発売する電気自動車(EV)リーフの生産を日産自動車追浜工場(神奈川県横須賀市)で始めた。電気自動車(EV)リーフは、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を全く排出しないゼロエミッションカーで、日産自動車は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する電気自動車(EV)を次世代エコカーの主役と位置づけており、電気自動車(EV)リーフ発売が秒読み段階にに入ったという。日産自動車が発売する電気自動車(EV)リーフがフル充電での走行距離は約160キロで、日本での販売価格は376万円となり、国の補助金を差し引くと299万円となるという。日産自動車のカルロス・ゴーン社長は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の主役として、電気自動車(EV)リーフの年間生産台数をルノー分も含めて2012年に50万台に引き上げる考えを表明している。電気自動車(EV)リーフを最初に生産する神奈川県横須賀市の日産自動車追浜工場では、生産効率を高めるため、小型車「キューブ」などと同じ生産ラインで製造するという。日産自動車では、電気自動車(EV)リーフを11月にアメリカ向けの輸出を開始し、12月にはヨーロッパ向けの輸出も始めて2011年1月から販売する。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 日産自動車は神奈川県横須賀市で補助金の出る電気自動車(EV)リーフによる二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策はこちら

神奈川県横浜市の横浜みなとみらい21地区でホームICTと電気自動車(EV)実験による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 「スマート・ネットワークプロジェクト(Smart Network Project)」は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策で重要な役割を果たすホームICT電気自動車(EV)を支えるサービス基盤で利用する通信規格の国際標準化を推進している。今般、神奈川県横浜市横浜みなとみらい21地区に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のプロジェクトで検討する通信規格を用いて実証実験を行うフィールドを構築し、平成22年11月から平成23年3月まで共同で実証実験を行うと発表した。プロジェクトは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「ネットワーク統合制御システム標準化等推進事業」の一環として、総務省(東京都千代田区霞が関)から採択されたものであり、地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会の実現に寄与する通信規格の策定と検証を目的としている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の技術としては、屋内の通信規格の標準化を目指す「住宅/電気自動車(EV)ネットワーク」グループと、街中での電気自動車(EV)の活用を支える通信規格の標準化を目指す「電気自動車(EV)サポートネットワーク」グループの2つのグループから構成され、通信規格の検討はそれぞれで行い、実証実験はプロジェクト全体で行う。成果については、経済産業省(東京都千代田区霞が関)と連携して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のスマートコミュニティアライアンスの場における規格策定に役立てていく。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「住宅/電気自動車(EV)ネットワーク」グループでは、フェムト一体型ホームICT2を活用することで、太陽光発電システム、電気自動車(EV)及び家電製品の最適化を図る実験と、住宅の情報を一元管理する家歴システム3によって、住宅の快適性と長寿命化を図る実験を行う。次に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「電気自動車(EV)サポートネットワーク」グループでは、電気自動車(EV)充電スタンドを管理するサーバでのユーザー認証やサーバ運用情報の通信規格を策定・評価する実験と、共用型電気自動車(EV)の運用に必要な電池残量情報などの走行情報に関する通信規格を策定・評価する実験のほか、電気自動車(EV)充電スタンド設置を促進するための、業務用ビルエネルギー情報の通信規格を策定・評価する実験を行う。代表幹事:NTTドコモ(東京都千代田区永田町)、日本電気株式会社(NEC:東京都港区芝)、幹事:積水ハウス株式会社(大阪府大阪市北区大淀中)、株式会社バンダイナムコゲームス(東京都品川区東品川)のほか参加企業:アイホン株式会社(愛知県名古屋市熱田区)、株式会社内田洋行(東京都中央区新川)、株式会社NTTファシリティーズ(東京都港区芝浦)、JX日鉱日石エネルギー株式会社(東京都千代田区大手町)、日産自動車株式会社(神奈川県横浜市西区高島)、日本ユニシス株式会社(東京都江東区豊洲)、株式会社野村総合研究所(東京都千代田区丸の内)、三菱電機株式会社(東京都千代田区丸の内)で構成されている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県横浜市の横浜みなとみらい21地区でホームICTと電気自動車(EV)実験による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

千葉県木更津市は三菱自動車の電気自動車(EV)アイ・ミーブで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 千葉県木更津市は、共栄運輸(千葉県木更津市潮浜)と共栄海運(千葉県木更津市潮見)から、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献してほしいと、三菱自動車の電気自動車(EV)「アイ・ミーブ」2台の寄贈を受けたとは発表した。共栄運輸と共栄海運の平井譲二会長から三菱自動車の電気自動車(EV)「アイ・ミーブ」のゴールデンキーを受け取った水越勇雄千葉県木更津市長は「千葉県木更津市は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に積極的に取り組んでおり、走行中、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)をまったく排出しない電気自動車(EV)は環境行政推進の原動力となる」と感謝した。三菱自動車の電気自動車(EV)「アイ・ミーブ」は、8時間の充電で約100キロの走行が可能なため、市内を巡回する車としてはちょうどいいという。千葉県木更津市は環境部と消防本部でパトロールや防災などに活用していくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 千葉県木更津市は三菱自動車の電気自動車(EV)アイ・ミーブで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

福岡県福岡市は二酸化炭素(CO2)排出しない電気自動車(EV)の急速充電器設置で地球温暖化の原因防止対策

 福岡県福岡市と福岡都市高速道路公社は今月下旬、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、公社敷地内(福岡県福岡市東区東浜2)に電気自動車(EV)の急速充電器1台を設置し、無料で充電サービスを提供する実証実験を始めると発表した。これは、福岡県福岡市が進める「次世代自動車」の普及促進に向けた取組みで、利用者に使い勝手などのアンケートに協力してもらい、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない排出しない電気自動車(EV)の利用動向や課題などを探るという。この福岡県福岡市の電気自動車(EV)の無料充電サービスの実験期間は、今のところ1年間を予定しているという。電気自動車(EV)の普及は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として期待されているものの、走行可能な距離が比較的短いことから充電環境の整備が不可欠とされる。福岡県福岡市に設置される急速充電器は、素早く充電できるのが大きな特徴であり、電気自動車(EV)の電池が空の状態からフル充電まで15~30分程度で行うことができるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての電気自動車(EV)の急速充電器の利用時間は、午前9時~午後5時間での間で、福岡県福岡市の都市高速道路に限らず一般道利用者も充電でき、ETC利用者には乗り継ぎ無料のサービスも実施するという。吉田宏福岡県福岡市長は「福岡県福岡市で次世代の環境に優しい自動車の普及に弾みがつく」と期待している。詳しくは、福岡都市高速道路公社企画課(092-631-3291)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県福岡市は二酸化炭素(CO2)排出しない電気自動車(EV)の急速充電器設置で地球温暖化の原因防止対策はこちら

京都府木津川市は二酸化炭素(CO2)排出しない電気自動車(EV)普及で地球温暖化の原因防止対策

 京都府木津川市木津川台にある関西学研都市で、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、小型の電気自動車(EV)を地域住民で共同利用する実証実験が10月16日始まった。実証実験は2011年1月中旬まで行い、電気自動車(EV)普及への課題を探る。この実証実験は、国土交通省(東京都千代田区霞が関)が電気自動車(EV)普及のため、全国6か所で行う実証実験の一つであり、京都府や木津川市などが参加して実施する。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の電気自動車(EV)普及の実証実験には、4人乗りの電気自動車(EV)2台を使用して行う。走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない排出実証実験用の電気自動車(EV)は、家庭用電源で2時間充電すると約60キロの距離を走ることができるという。京都府木津川市では、まず、地域の防犯パトロールで電気自動車(EV)を使用することにしており、京都府木津川市の住民による共同利用は11月上旬から始めるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての電気自動車(EV)のレンタル希望者は、事前に予約すれば、1週間で最大12時間借りることができる。電気自動車(EV)の利用者には、アンケートに答えてもらい、使用目的や運転操作の問題点などを調査するほか、それを基にして、電気自動車(EV)に適した京都府木津川市内の道路整備にも生かすという。京都府木津川市では、「電気自動車(EV)の共同利用が進めば既存の車の数も減り、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減にもつながる」と期待している。この日は、京都府木津川市の木津川台中央公園で電気自動車(EV)の共同利用の説明会があり、京都府木津川市民約150人が参加して熱心に話を聞いていた。10月26日から来年2月までは、京都府相楽郡精華町のシルバー人材センターにも、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電気自動車(EV)1台を配置し、同様の実証実験を行うという。 以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京都府木津川市は二酸化炭素(CO2)排出しない電気自動車(EV)普及で地球温暖化の原因防止対策はこちら

大阪府は電気自動車(EV)のAutolib(オートリブ)カーシェアリングで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 大阪府大阪市で、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みの一環として、オリックス自動車(東京都港区芝)、日本ユニシス(東京都江東区豊洲)、イード(東京都中野区中央)、ジェーシービーJCB(東京都港区南青山)の協力の下、2011年1月から、電気自動車(EV)の共同利用事業プロジェクトを発足する。これは、環境省(東京都千代田区霞が関)が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策事業として実施している、平成22年度地球温暖化対策技術開発等事業において「電気自動車(EV)による日本版Autolib(オートリブ)に関する技術開発」の採択を受けた取組みである。Autolib(オートリブ)は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、フランスのパリ市で2011年から運用開始予定となっている電気自動車(EV)カーシェアリングで、3000台の電気自動車(EV)と1000か所の電気自動車(EV)カーステーションを設け、24時間365日電気自動車(EV)を利用可能とするものである。現在、パリ市が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として行っている自転車貸出システム「Velib(ヴェリブ)」が成功したことから、電気自動車(EV)カーシェアリングにおいても同様に無人で貸出・返却を行おうとするものである。今回の電気自動車(EV)による日本版Autolib(オートリブ)プロジェクトでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として大阪府大阪市において、日本版オートリブの実現に向けた技術開発を行うという。電気自動車(EV)による日本版Autolib(オートリブ)プロジェクトでは、日産自動車(神奈川県横浜市西区高島)の電気自動車(EV)「リーフ」用のカーシェアリングシステムや、大阪府が推進し近畿圏への普及を目指す「大阪府充電インフラネットワーク」利用時にエコ・アクション・ポイントが付与される仕組みのほか、電気自動車(EV)利用時に目的地までの走行距離確認や充電場所情報をスマートフォンで入手できる情報提供システムなどといった、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として大阪府下で電気自動車(EV)社会の普及推進に向けたサービスを開発するという。このうち、オリックス自動車は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、「充電インフラシステムと連携した電気自動車(EV)カーシェアリングシステムの開発」を目的とし、電気自動車(EV)リーフ用カーシェアリング車載装置の開発や、大阪府内内でのワンウェイ(乗り捨て)運用ロジックの開発を担当する。日本ユニシスは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電気自動車(EV)カーシェアリングシステム、充電場所情報提供システム、エコ・アクション・ポイントシステムとのシステム連携を開発する。イードは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電気自動車(EV)の大阪府内の充電場所情報提供システムの開発として、貸出用電気自動車(EV)の出発地から目的地までの走行距離事前確認、走行ルート周辺部の電気自動車(EV)充電可能場所の確認、また、日本ユニシスと連携し大阪府内の充電スタンドの満空情報の提供システムを開発する。ジェーシービーは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、大阪府のエコ・アクション・ポイント利用における電気自動車(EV)充電インフラと、ユーザーインターフェースについて開発を行う。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての大阪府の実証事業の3年計画のうち、1年目は12台の日産自動車の電気自動車(EV)リーフを導入予定であり、3年後には約50台の電気自動車(EV)導入を大阪府は計画しているという。また、大阪府は、2011年度以降には、大阪府内で電気自動車(EV)のワンウェイ利用の実証実験を行うなど、カーシェアリングの利便性をさらに向上させるためのサービスの開発を計画しているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 大阪府は電気自動車(EV)のAutolib(オートリブ)カーシェアリングで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

メルセデス・ベンツは地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる小型車スマート電気自動車(EV)の実証試験

 メルセデス・ベンツ日本は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する小型車「スマート」の電気自動車(EV)の市販に向けて実証試験を始めた。ドイツのメルセデス・ベンツというヨーロッパの自動車メーカーが日本で電気自動車(EV)の実証試験を行うのは初のケースだという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるメルセデス・ベンツのスマートの電気自動車(EV)「スマート フォーツー エレクトリックドライブ」は、アメリカの電気自動車(EV)ベンチャー企業であるテスラ社製のリチウムイオン電池を搭載している。スマートの電気自動車(EV)が1回の充電で走れる航続距離は135kmであり、最高速度は100km/hの性能となっており、走行中には地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない。今回のメルセデス・ベンツのスマートの電気自動車(EV)の実証試験は、日本特有の気候や道路条件の下において、実際に販売しようとする車両を使ってさまざまな走行データを収集・検証し、2012年以降に計画している地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のスマートの電気自動車(EV)の市販に備えるのが目的となっている。当初、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としてのスマートの電気自動車(EV)の実証試験は、3台でスタートさせるが、2011年以降は10台以上の規模に拡大して実施し、データを充実させるという。また、メルセデス・ベンツ日本は、スマートの電気自動車(EV)の販売に先行して、「スマート フォーツー mhd」の仕様・装備を充実させた新型モデルを発売した。全国のメルセデス・ベンツ日本のスマート正規販売店で販売し、11月中旬ごろから納車を開始できるという。スマートの新型モデルは燃費を従来よりも約2%向上させて1リットル当たり23.5キロとしたほか、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量も大きく削減したという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> メルセデス・ベンツは地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる小型車スマート電気自動車(EV)の実証試験はこちら

東京都渋谷区のリサイクルワンは港区で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策ビジネスのセミナーを開催

 株式会社リサイクルワン(東京都渋谷区渋谷)は、平成22年10月20日(水)10:00からWTCコンファレンスセンターRoomB1(東京都港区浜松町二丁目4番1号)において、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関するセミナーを無料で開催すると発表した。プログラムでは、「加速する地球温暖化政策の動向と企業経営への活かし方」と題して、株式会社リサイクルワン 温暖化対策事業部マネージャー田之畑聡氏が講演を行う。国内排出量取引制度環境税新エネ全量買取制度など、企業を取り巻く地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係わる政策は今まさに激しく動いている。これらの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の動向は今後の企業経営に大きく影響することから、本セミナーでは最近の政策動向を俯瞰しつつ、単なる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への法規制対応だけでなくコスト削減やマーケティングへの活かし方も、事例を交えて考える。次に、「地球温暖化への対応とビジネスへの活用方法」と題して、日本興亜損害保険株式会社(東京都千代田区霞が関)CSR部長伊東正仁氏が講演を行う。東京都環境確保条例を始めとして、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の規制強化への動きが進む中、各企業の地球温暖化の原因防止対策への取組みが、より一層求められてきている。大手保険会社の日本興亜損保では、カーボンニュートラル企業を目指し、様々な取組みを行っている。今回は、既に実施している地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としてのカーボンマネジメントの取組みに加えて、新たに展開された企業の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減支援サービス等について講演する。次に、「電気自動車関連ビジネスの最前線」と題して、兼松株式会社(東京都港区芝浦)事業推進部チーフビジネスコーディネーター五ノ坪良輔氏が講演を行う。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献する電気自動車(EV)の普及が本格化しようとしている状況で、電気自動車(EV)関連ビジネス市場も拡大が確実視されている。電気自動車(EV)の販売から通信ネットワークにまで広くパートナー企業との連携を築きながら、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の電気自動車(EV)ビジネスの立ち上げを推進しているのが、総合商社兼松である。今回、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を踏まえて、電気自動車(EV)ビジネスの現場の最前線で活躍中の講師が、電気自動車(EV)の市場動向や事業展開の内容及びヒントについて講演する。最後に、「低炭素社会で勝ち抜く環境ビジネス ~政策動向と事業化の見方、考え方~」と題して、株式会社リサイクルワン環境コンサルティング事業部マネージャー藤平慶太氏が講演を行う。スマートグリッド、電気自動車(EV)、二酸化炭素(CO2)排出権、新エネルギー全量買取制度など、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、次世代の環境問題に関する事業に対してのシーズが次々に芽ばえてきている中で、環境問題事業への進出や新規事業戦略の構築を検討されている企業が急増している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の先行事例を紹介しながら、環境問題ビジネス戦略の視点、考え方のヒントを講演する。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都渋谷区のリサイクルワンは港区で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策ビジネスのセミナーを開催はこちら

京都府京都市で電気自動車(EV)による二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因防止対策

 印刷・情報サービス業を営む石田大成社(京都府京都市中京区)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への取組みをPRしていくため、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しないオープンカーの2人乗り電気自動車(EV)を購入した。高性能スポーツカーの電気自動車(EV)は国内では珍しいことからも、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策関連のイベントなどの主催者に電気自動車(EV)を無償で貸し出すという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、購入したのはアメリカテスラモーターズ社の「テスラ・ロードスター」のオープンカーの2人乗り電気自動車(EV)で、5月に初めて正規輸入された日本限定モデルのうちの1台となっている。テスラ・ロードスターの電気自動車(EV)は、リチウムイオンバッテリーを搭載しており、フル充電で390キロという他の電気自動車(EV)と異なり長距離を走行することができる。また、テスラ・ロードスターの電気自動車(EV)は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策だけでなく、発進から3.7秒で時速100kmに達するスーパーカー並みの高速性能が売りとなっている。石田大成社の阿部達三会長がアメリカのテスラモーターズ社を訪問した際に「古都京都には、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、世界最高技術水準にあるテスラ・ロードスターの電気自動車(EV)が似合う」と購入を決め、購入価格は約1,760万円で、うち261万円の経済産業省(東京都千代田区霞が関)の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係る補助金を受けたという。石田大成社は社会貢献活動の一環として、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など環境問題関連の催しにテスラ・ロードスターの電気自動車(EV)とともに運転手も原則無料で提供し、市民には助手席に乗って電気自動車(EV)の良さを体験してもらうという。同社は「話題性のあるオープンスポーツ電気自動車(EV)を通して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など地球環境問題を考えてもらうきっかけになれば」と期待している。問い合わせは石田大成社(Tel075-211-9119)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京都府京都市で電気自動車(EV)による二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因防止対策はこちら

静岡県浜松市は電気自動車(EV)の社会実験で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 静岡県浜松市などが地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の普及推進を検討する「はままつ次世代環境車社会実験」にフォルクスワーゲンは、ゴルフの電気自動車(EV)で参加し、2010年10月7日の静岡県浜松市で行われた実験開始セレモニーで試走を行った。静岡県浜松市で走行シーンが披露されたのは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として開発されたゴルフベースの電気自動車(EV)「ゴルフ ブルーeモーション」であった。電気自動車(EV)は、容量26.5kWhの大容量リチウムイオンバッテリーをリアシートやラゲッジルーム下に搭載することで、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出することなく、最大航続距離150kmを実現しており、走行性能も最高速140km/h、0-100km/h加速11.8秒を誇っている。フォルクスワーゲンは、この地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のゴルフブルーeモーションの電気自動車(EV)で、アメリカ、ドイツ、中国などで実証実験を実施する予定をしている。日本ではフォルクスワーゲンの提携先のスズキ自動車の本社がある静岡県浜松市の電気自動車(EV)実証実験に2011年から参加することになった。静岡県浜松市が取組む電気自動車(EV)実証実験のセレモニーに参加した鈴木康友静岡県浜松市長は「電気自動車(EV)の普及に関しては、次世代のブレークスルーに向けて静岡県浜松市の産学官でしっかり取り組む」と述べた。また、「静岡県浜松市は輸送機器産業の割合が高い。地域産業の活性化と新事業の創出がテーマとなっている。静岡県浜松市の地域の特徴を活かし、電気自動車(EV)インフラ整備の支援を行う」という。静岡県浜松市では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、2010年度内に電気自動車(EV)充電器を合計約20台設置する計画を進めている。電気自動車(EV)実証実験を担当する静岡県浜松市商工部産業政策課では「フォルクスワーゲンという世界で活躍する自動車メーカーと、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係る電気自動車(EV)の実証実験で協力できるのはとても有意義だ。静岡県浜松市の企業の競争を促すよう支援する」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 静岡県浜松市は電気自動車(EV)の社会実験で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

福岡県北九州市は電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の普及活動で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 福岡県北九州市とパーク24(東京都千代田区有楽町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、福岡県北九州市の公用車を活用して電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の普及促進を目的としたカーシェアリングと充電利用の実証実験を実施すると発表した。福岡県北九州市において、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のために、電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)を活用した大規模な実証実験は初めてのケースであり、2010年11月中旬から約1か月間にわたって実施するという。福岡県北九州市は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に積極的に取り組む環境モデル都市として、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)などの環境問題対応の次世代自動車の導入を推進している。今年度は国土交通省(東京都千代田区霞が関)が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として実施している「環境対応車を活用したまちづくりに関する実証実験」に選定されている。これを受け、福岡県北九州市はパーク24の協力を得て電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)カーシェアリングの実施による、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の実証実験を実施することになった。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、平日に福岡県北九州市が公用車として使用している三菱自動車の電気自動車(EV)「i-MiEV」とトヨタのプラグインハイブリット「プリウスプラグインハイブリッド」を、福岡県北九州市役所が休みとなる土・日・祝日に福岡県北九州市民に無料で貸し出すというものだ。同時に、パーク24が福岡県北九州市内で運営する時間貸駐車場「タイムズ」のうち、約15か所に電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)用の充電設備を設置し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献する電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の運転と駐車場での充電を体験してもらうという実証実験になっている。福岡県北九州市民に次世代環境自動車を体感してもらい、地球環境問題への意識を高めてもらうと同時に、走行ルートや走行距離、充電施設の利用時間などを調査し、電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の普及に向けた問題点を把握するために活用するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県北九州市は電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の普及活動で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

三菱自動車が岡山県倉敷市で電気自動車(EV)生産による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 三菱自動車(東京都港区芝)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献する電気自動車(EV)「i-MiEV(アイ・ミーブ)」のヨーロッパ向けと、フランス自動車大手プジョーシトロエングループ(PSA)向け車両の量産を水島製作所(岡山県倉敷市)で開始し、12月から発売する。今後、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の観点から、環境規制が厳しくなるヨーロッパでは、電気自動車(EV)の普及が期待されており、日欧の大手自動車メーカーが相次いで投入する計画だという。三菱自動車は同業他社に先駆けて、ヨーロッパ電気自動車(EV)市場に参入することで、先行利益を確保したい考えだ。益子修三菱自動車社長は同日、水島製作所で開かれた電気自動車(EV)量産開始式で、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する世界初の電気自動車(EV)量産メーカーとして今後も先頭を走っていきたい」と意気込みを語った。今回、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電気自動車(EV)量産をスタートしたのは、三菱自動車ブランドのヨーロッパ仕様車とPSAにOEM供給する車両となっている。欧州仕様の三菱自動車の電気自動車(EV)は、英仏独など14か国で発売する。1回の充電で走れる距離が国内向け電気自動車(EV)よりも15%向上させており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策とともに、ヨーロッパの衝突・安全基準にも対応するため装備を追加している。PSAに供給する電気自動車(EV)も同様の性能及び装備となっており、PSAはプジョーブランドの「iON」として、シトロエンブランドの「C-ZERO」として販売するという。三菱自動車は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策が追い風となっている状況下で、2010年度中にはヨーロッパ向けとPSA向けの合計で5,000台の電気自動車(EV)を生産する計画を持っている。三菱自動車とPSAは、PSAの小型商用車の電気自動車(EV)モデルを共同開発することでも合意しており、PSAは2012年にスペイン工場で電気自動車(EV)生産を開始する予定をしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 三菱自動車が岡山県倉敷市で電気自動車(EV)生産による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

滋賀県栗東市でリチウムイオン電池製造による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 滋賀県栗東市では、東海道新幹線新駅誘致は中止したが、その用地に進出を予定しているリチウムエナジージャパン(京都府京都市南区)は、新工場の起工式を行うことを滋賀県と栗東市に通知した。リチウムエナジージャパンのリチウムイオン電池を製造する滋賀県栗東市の新工場では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として需要の高い、主に電気自動車(EV)に使うリチウムイオン電池を製造する予定をしており、2012年の本格稼働を目指すという。リチウムエナジージャパンは2010年10月の着工を条件に、滋賀県栗東市の土地開発公社から約5.6ヘクタールの用地の買収を決め、滋賀県栗東市の公社が造成を急いでいた。嘉田滋賀県知事は「滋賀県栗東市の新駅用地の後継事業は、栗東市政と滋賀県政の大きな政策課題となっている。進出用地はまだ5分の1程度でしかなく、滋賀県と栗東市でインフラ整備を推進したい」と話している。
以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 滋賀県栗東市でリチウムイオン電池製造による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都港区の東芝は新潟県柏崎市でリチウムイオン電池生産による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 東芝(東京都港区芝浦)は、新潟県柏崎市地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献する電気自動車(EV)用リチウムイオン電池の生産拠点「新潟県柏崎市工場」の竣工式を執り行った。新潟県柏崎市工場への投資額は約250億円であった。東芝では、2011年2月からリチウムイオン電池の生産を始め、2011年度中には月産100万個以上に規模を拡大していきたいという。東芝は新潟県柏崎市工場によって量産体制を整えることで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としても普及拡大が見込まれる電気自動車(EV)などの車載用に供給したい考えだという。2015年度にリチウムイオン電池事業で売上高2,000億円、世界シェアで10%以上を目指すことを目標としている。佐々木則夫東芝社長は、新潟県柏崎市工場の会見で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献できるハイブリッド自動車(HV)向けに、イタリアの自動車メーカー「フィアット」、スウェーデンのトラック大手「スカニア」とリチウムイオン電池の共同開発に取り組んでいることを発表した。「走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)用として、自動車メーカーとの共同開発で他社の製品を凌駕するリチウムイオン電池システムを開発できる」と話していた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都港区の東芝は新潟県柏崎市でリチウムイオン電池生産による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

福岡県久留米市は寄贈された電気自動車(EV)で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因防止対策

 福岡県久留米市は、福岡県久留米市宮ノ陣町若松にある建設機材レンタル会社ニシケンから、会社創立50周年迎え、これを記念して、福岡県久留米市に地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する電気自動車(EV)1台の寄贈を受けたと発表した。このほど、福岡県久留米市役所であった電気自動車(EV)の寄贈式で、水田社長が「福岡県久留米市の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など環境問題への施策に役立ててほしい」とあいさつを行った。電気自動車(EV)のエンジンキーの模型を受け取った楢原利則福岡県久留米市長は感謝状を手渡し「福岡県久留米市が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの環境先進都市を目指して、様々な場所で電気自動車(EV)を活用したい」とお礼を述べた。寄贈した電気自動車(EV)は400万円相当の三菱自動車(東京都港区芝)の軽自動車「アイ・ミーブi-MiEV」で、車体には福岡県久留米市エコパートナー事業のマスコットキャラクターのシロクマが描かれている。今後、久留米市役所では、福岡県久留米市の各種イベントで走らせ地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策をPRしていくという。ニシケンは、1960年に福岡県久留米市で創業し、1998年から福岡県久留米市が整備した宮ノ陣新産業団地に本社を構えている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県久留米市は寄贈された電気自動車(EV)で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因防止対策はこちら

群馬県は電気自動車(EV)開発で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、群馬大学(群馬県前橋市荒牧町)や群馬県内の企業、群馬県が連携して電気自動車(EV)の開発を進めている「群馬大学次世代電気自動車(EV)研究会」が、試作電気自動車(EV)「TT1」を完成させたと発表した。試作電気自動車(EV)は、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出することもなく、一人乗り用に超小型化して既存電気自動車(EV)との差別化を図り、量産化も視野に入れているという。群馬県前橋市亀里町の群馬県立群馬産業技術センターで開発に携わった群馬大学工学部の松村修二客員教授が電気自動車(EV)の開発の経緯などについて講演した。電気自動車(EV)はガソリン車に比べて地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量が少なく、燃料代も安く抑えられるため新しい交通手段として注目されている。試作電気自動車(EV)は、同研究会に参加しているデザイン設計会社「シンクトゥギャザー」(群馬県太田市)や群馬県内の自動車部品メーカーなどが5月から設計・開発を始め、8月に完成させたという。三菱自動車(東京都港区芝)の「i-MiEV」や日産自動車(神奈川県横浜市西区高島)の「リーフ」などの電気自動車(EV)との違いを出すために軽量化を図り、一人乗りで超小型のマイクロ電気自動車(EV)としたという。今回の電気自動車(EV)は二代目で、将来の量産化を目指して汎用部品を使うなど、初代電気自動車(EV)を改良したものとなっている。電気自動車(EV)の車体は、アルミ製で全長約2.5メートル、幅約1.3メートル、高さ約1.4メートルで最高時速は60キロとなっている。電気は家庭用コンセントで充電することが可能であり、2時間の充電で30キロ走ることができる。電気自動車(EV)は、今回、正式に原動機付き四輪自転車としてナンバーを取得し、公道で走行実験しながら動力性能を再度確認している。将来的には群馬県内の中小企業がこの電気自動車(EV)を生産し、高齢者や主婦などへの普及を目指しているという。講演会はNPO法人群馬県ものづくり研究会(群馬県前橋市亀里町)が開催し、群馬県の製造業者など約80人が参加した。松村教授は、マイクロ電気自動車(EV)は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもつながり、しかも、4人乗り自動車よりも税金が安く、太陽光発電など自然エネルギーを使えることなどを説明した。群馬県は全国的にも自動車の保有率が高い。高齢化が進んで手ごろな車の需要が増えれば、マイクロ電気自動車(EV)は最適と考えると話した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 群馬県は電気自動車(EV)開発で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策はこちら

パリモーターショーは地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策の電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)出展

 世界有数の先進的な自動車ショーであるパリモーターショーが9月30日から開催されている。今回のパリモーターショーの特徴は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を反映して、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)や排出量が少なく燃費がよい省エネ対策のハイブリッド車(HV)が数多く出展され、環境問題の技術を巡る自動車メーカー間の開発競争の激しさをこれまで以上に反映しているといえる。我が国の日産自動車(神奈川県横浜市神奈川区宝町)は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、2009年12月に発売する電気自動車(EV)「リーフ」に続く新型電気自動車(EV)「タウンポッド」のコンセプト車を出展している。日産自動車はヨーロッパでスポーツ用多目的車(SUV)などの販売が好調であり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を講じた新型電気自動車(EV)で攻勢を強める作戦だという。ホンダ(東京都港区南青山)も、パリモーターショーで欧州向けの小型車「ジャズ」(日本名フィット)の新型電気自動車(EV)を地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として発表している。トヨタ自動車(愛知県豊田市トヨタ町・東京都文京区後楽)は、日本で2011年当初から販売を開始する高級ブランド「レクサス」の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策車である小型ハイブリッド車(HV)「CT200h」を展示している。消費者の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする環境問題への意識の高まりを反映したパリモーターショーの一般公開期間は、10月2~17日となっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> パリモーターショーは地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策の電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)出展はこちら

東京都港区の東芝は二次電池で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 東芝(東京都港区芝浦)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する電気自動車(EV)向けや太陽光発電システムなどの定置用蓄電システム向けに、蓄電池のセルの容量を60Ahに高めた二次電池「SCiB」を開発し、今年度中に発売すると発表した。今回新たに開発したセルは、新材料の採用と充填技術の開発によって、急速充電性能、長寿命、低温特性など、二次電池としてのSCiBの特性は維持しながら、体積エネルギー密度を従来比約1.3倍の約230~270Wh/Lに高めることで高容量化を実現したことから、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大いに貢献するという。セルの高容量化で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての太陽光発電所やスマートグリッドなどで利用される大規模蓄電システムへの適用などのほか、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の航続距離の延長に貢献することができる。東芝が今回開発した高容量セルは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として急速に開発競争となっている電気自動車(EV)向けに供給するのに加え、東芝グループの社会インフラ事業である電力貯蔵分野、太陽光発電システム分野、交通分野、産業分野などにシナジー効果を生かして展開していくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都港区の東芝は二次電池で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

富山県高岡市の三協立山アルミは電気自動車EV対応の太陽光発電システムで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 三協立山アルミ(富山県高岡市早川)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、クリーンな自然エネルギー太陽光発電システムモジュールをカーポート屋根に組み込んだ「太陽光発電システム・ソーラスター」を12月から発売すると発表した。「太陽光発電システム・ソーラスター」は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として設置したいものの、躯体の強度や家屋・屋根形状から太陽光発電システムの設置が難しい住宅や、より多くの発電量を確保するカースペースでの発電を提案するもので、太陽光発電システムの電力は自宅で使用するという。三協立山アルミは、2009年8月に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、太陽光発電システムを上乗せしたカーポート「M.シェード」及び「G-1」を発売した。今回、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として新発売する商品は、太陽光発電モジュールをカーポートの屋根に一体化して組み込んであり、従来の太陽光発電システムの上乗せ型の商品と比較して、デザイン性や施工性の向上を図ったという。また、三協立山アルミでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として普及が見込まれる電気自動車(EV)の充電に対応できる「電気自動車対応プラグインスタンド・電気ためちゃいます」を2010年6月に発売している。新製品のソーラスターと同時に営業活動を展開し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムで発電したクリーン電力で電気自動車EVを充電するプランを提案していくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 富山県高岡市の三協立山アルミは電気自動車EV対応の太陽光発電システムで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

大阪府門真市のパナソニック電工は電気自動車(EV)充電スタンドで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 パナソニック電工(大阪府門真市大字門真)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に対応するため、屋外設置可能な一戸建て住宅用の電気自動車(EV)充電スタンド「ELSEEV mine(エルシーヴマイン)」を発売する。既にパナソニック電工は、パブリックスペース用や壁面取付タイプの屋外コンセントを発売しているが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の電気自動車(EV)充電スタンドのエルシーヴマインは、自立スタンドタイプで住宅などのプライベートエリアでの使用ニーズに適したものとなっている。一戸建て住宅のガレージなどに設置場所を広げることができるという。新たな電気自動車(EV)充電スタンドは、200Vと100V電源の両方に対応していることから、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の電動バイクなどで採用されている100Vコンセントを標準で搭載し、車両の「オール電化」に対応できる。また、対応してコンセントユニットの増設も可能なので、複数の電気自動車(EV)の充電にも対応することができる。コンセントをつないでも、扉を閉めないと電気が流れないインターロック機構があり、万が一の感電事故を防ぐようになっている。いたずら防止のダイヤルキーや夜間にユニット内を照らすLED照明も付いている。千葉県千葉市の幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN」(10月5日~9日)に電気自動車(EV)充電スタンドのコンセプトモデルが展示されるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 大阪府門真市のパナソニック電工は電気自動車(EV)充電スタンドで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

福岡県北九州市は電気自動車(EV)による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、福岡県北九州市環境問題にやさしい社会づくりを目指し、走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)を普及させようというイベントが北九州国際会議場(福岡県北九州市小倉北区浅野3-9-30)で開催されている。「ザ・ニューアクションツアー」と銘打ったイベントは、走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の開発・販売に力を入れている日産自動車(神奈川県横浜市西区高島)と福岡県北九州市が開催した。電気自動車(EV)の普及によって地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を行い、環境汚染のない社会を実現させようと、日産自動車と福岡県北九州市が共催して電気自動車(EV)の充電施設の整備などを進めている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のイベントでは、福岡県北九州市の北橋市長が自ら、日産自動車から今年12月に発売される電気自動車(EV)「リーフ」に試乗し、乗り心地や走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない性能を確かめていた。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に積極的に取り組むという、国の環境モデル都市に選定されている福岡県北九州市は、2013年度までに50台の電気自動車(EV)リーフを導入するとともに、電気自動車(EV)の充電施設の整備を進めていく方針だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県北九州市は電気自動車(EV)による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

神奈川県横浜市の日産自動車等が電気自動車(EV)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 日産自動車(神奈川県横浜市西区高島)と日立製作所(東京都千代田区丸の内)、オリックス(東京都港区芝)、オリックス自動車(東京都港区芝)の4社は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として貢献している電気自動車(EV)が搭載する蓄電池の電気を家庭などで利用するためのシステムの開発に着手したと発表した。これには、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO:神奈川県川崎市幸区)の補助金も決定している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として貢献している電気自動車(EV)を、さらに「走る蓄電池」と位置付ける取組みで、電力需給を自動調整する次世代送電網のスマートグリッドの一つとしても期待されている。電気自動車(EV)に搭載するリチウムイオンなどの蓄電池を地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもなる社会インフラと位置付け、家庭や地域社会で利用する仕組み作りを検討していくという。日産自動車は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の電気自動車(EV)リーフの蓄電池から家庭やビルに電気を流す技術を開発する。12月に発売する電気自動車(EV)リーフの蓄電容量は、一般家庭の2日分の消費電力に相当するという。現在の仕組みでは、一度電気自動車(EV)の蓄電池に蓄えた電気を、再び、家の中の家電製品などの電気として使用できないが、これを可能にする仕組みを検討するという。また、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する太陽光発電システムを備えた住宅も徐々に増えているが、この自宅で発電した電気を電気自動車(EV)の蓄電池に蓄え、走行しない時や災害時に家庭用電力として利用する方法なども研究するという。日産自動車では、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるとはいえ、これまで電気自動車(EV)は走ることだけしか考えてこなかった、それ以外の役割も果たすことができるようになる」と話している。また、今後、電気自動車(EV)の普及に合わせ、充電スタンドの整備も進むとみられているため、日立製作所は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する太陽光発電と蓄電池を利用した効率的な電気自動車(EV)の充電システムなどを検討する。オリックス自動車は電気自動車(EV)のカーシェアリングシステムなどを研究するという。今回の取組みは、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が進める地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「蓄電複合システム化技術開発の対象事業」として8月に採択された。同事業による研究費などに対する補助金を受け、神奈川県横浜市において実証実験を行う予定で、2012年度までに成果を上げたいという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の蓄電複合システム化技術開発の対象事業には、東京電力(東京都千代田区内幸町)や東芝(東京都港区芝浦)など9社によるスマートグリッドの蓄電池制御の最適化へ向けた「リチウムイオン電池データの標準化」なども採択されている。電力会社や電機メーカーはもちろん、電気自動車(EV)や家庭用電源で充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)を生産する自動車メーカーにとっても、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に対応するスマートグリッド市場は大きな市場になる。このため、トヨタ自動車も愛知県豊田市で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のプラグインハイブリッド車(PHV)の電池の電気を家電製品などに供給する実証実験を実施している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県横浜市の日産自動車等が電気自動車(EV)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

東京都新宿区の住友三井オートサービスは日産自動車の電気自動車EVリーフで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 住友三井オートサービス(東京都新宿区西新宿)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環の取組みとして、日産自動車(神奈川県横浜市西区高島)が2010年12月に販売する予定の走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない環境問題を考慮した電気自動車(EV)「リーフ」を社用車として5台導入すると発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に寄与する電気自動車(EV)の日産リーフは、東京本社(東京都新宿区西新宿)、大阪本社(大阪府大阪市中央区今橋)、横浜支店(神奈川県横浜市西区みなとみらい)、名古屋支店(愛知県名古屋市中区錦)、福岡支店(福岡県福岡市博多区博多駅前)の5拠点へ配備し、営業用と顧客向け電気自動車(EV)デモカーとして活用するという。住友三井オートサービスは、走行時に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の日産リーフのリースについて、導入から周辺サポート、導入後の電気自動車(EV)のメンテナンスまでのワンストップサービスを展開している。今回、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する電気自動車(EV)の日産リーフを導入することで、社員自らが電気自動車(EV)を実際に使用して深く理解し、顧客に対して電気自動車(EV)の良さを伝える。また、デモカーとして顧客に電気自動車(EV)を体験してもらうという。同社ではこれまでに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、武田薬品工業(大阪府大阪市中央区道修町)への電気自動車(EV)の導入や、沖縄県名護市のカヌチャベイリゾートへのヤマハ発動機製電動二輪車『EC-03』導入、神奈川県電気自動車(EV)シェアリング事業への参画など、走行時に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の普及に向けた取り組みを積極的に展開している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都新宿区の住友三井オートサービスは日産自動車の電気自動車EVリーフで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

福岡県北九州市は電気自動車(EV)とPHV貸出で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 福岡県北九州市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として導入し、公用車として利用している電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)を、11月から土日祝日などの北九州市役所の閉庁日に北九州市民に対して無料で貸し出すと発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に有効な電気自動車(EV)の普及や、乗りたい時だけ借りる「カーシェアリング」のPRを図る目的がある。北九州市環境局によると、期間は11月中旬から12月中旬の土日曜と祝日に貸出を行うという。北九州市が無料で貸し出すのは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の公用車として活躍している三菱自動車(東京都港区芝)の電気自動車(EV)「アイミーブ」とトヨタ自動車(愛知県豊田市・東京都文京区)のプラグインハイブリッド車(PHV)「プリウスプラグインハイブリッド」の2台となる。北九州市の閉庁日に貸し出すため、JR小倉駅(福岡県北九州市小倉北区浅野)とJR黒崎駅(福岡県北九州市八幡西区黒崎3丁目)近くのマツダレンタカー(広島県広島市南区金)に委託し、貸し出しを行う。また、北九州市内でパーク24(東京都千代田区有楽町)が運営するコインパーキング「タイムズ」約10か所で1時間程度無料で駐車できるという。三菱自動車(東京都港区芝)の電気自動車(EV)「アイミーブ」とトヨタ自動車(愛知県豊田市・東京都文京区)のプラグインハイブリッド車(PHV)「プリウスプラグインハイブリッド」のレンタル希望者は、10月1~15日に北九州市環境モデル都市推進室(093-582-2239)に申し込む必要がある。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県北九州市は電気自動車(EV)とPHV貸出で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

千葉県千葉市のイオンは電動アシスト自転車i-MiEVで二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策

 イオン(千葉県千葉市美浜区)は、三菱自動車(東京都港区芝)と提携し、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、三菱自動車の電気自動車(EV)「i-MiEV」のデザインを活用した新しい電動アシスト自転車「e-bike i-MiEVバージョン」を10月1日からイオングループ211店舗で発売すると発表した。イオンは、包括業務提携を締結している三菱商事(東京都千代田区丸の内)とともに自転車部門の新たな商品展開を検討した結果、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献し、顧客の「エコ」意識が高まる商品を開発することで合意したことから、電気自動車(EV)開発で先行する三菱自動車とイオンのコラボレーションによる走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電動アシスト自転車「e-bike i-MiEVバージョン」が実現したという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する電動アシスト自転「e-bike i-MiEV」は、三菱自動車の電気自動車(EV)のi-MiEVのコンパクトなイメージを20型サイズの車輪を採用することで表現しているほか、カラー展開でもi-MiEV車体と同じ色を配色している。また、走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電動アシスト自転車を利用する主要ユーザーである女性を意識してコンパクトで小回りが効き、小径タイプながら安定感の高い乗り心地を目指したという。さらに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のため、前かごにぴったりと入るi-MiEVのロゴを配したオリジナルのエコバッグも標準装備し、価格は9万9,800円となっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 千葉県千葉市のイオンは電動アシスト自転車i-MiEVで二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策はこちら

愛媛県は電気自動車(EV)の開発で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減と産業振興対策

 愛媛県は、走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の開発で、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策とともに、地元愛媛県の産業の活性化を狙っている。既に中核となる「愛媛県電気自動車(EV)開発センター」を設立している。これは、愛媛県内の中小企業でも、市販車にモーターや電池を組み込んで、走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)に改造する事業ならば参入できるからだという。第1弾として、愛媛県内の整備工場の整備士らが集まり、ダイハツ工業(大阪府池田市ダイハツ町)製の軽自動車「コペン」の電気自動車(EV)化に取り組んでいる。初の走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない「愛媛県産電気自動車(EV)」は、1回の充電での走行距離は100km、最高時速は190kmになるという。ただ、今回の愛媛県産電気自動車(EV)には、韓国製の高性能電池などを使用しており、改造に必要な部品代だけで約500万円もかかり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるとはいえ、実用化に向けては大幅なコストダウンが大きな課題としてのしかかっている。愛媛県では、走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電動の新聞配達用バイクや小型電動漁船も開発中だという。愛媛県産業創出課は、「地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもなる先進の電気自動車(EV)分野には、愛媛県内の企業の関心も高いものがある。電気自動車(EV)の技術を蓄積し、新たな愛媛県の産業振興対策につなげたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛媛県は電気自動車(EV)の開発で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減と産業振興対策はこちら

愛知県安城市はエコカー補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 政府のエコカー補助金制度は9月の途中で終了したが、愛知県安城市では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策も目的として、安城市独自のエコカー補助金制度を10月から導入すると発表した。愛知県安城市では、来年3月までの半年間に限り、これまでの国のエコカー補助金制度と同様に普通・小型車に10万円、軽自動車には5万円のエコカー補助金を支給するという。ただし、愛知県安城市内の販売店で新車を買うことが支給条件となっている。ハイブリッド自動車(HV)や電気自動車(EV)に限らず、「ガソリンや軽油1リットルで20km以上走ることが可能」な低燃費車がエコカー補助金の対象としており、2,200台にエコカー補助金を支給するという。愛知県安城市内にはトヨタ自動車(愛知県豊田市・東京都文京区)系列の部品メーカーが多く、自動車産業の業績が安城市の財政を左右する。安城市の法人市民税のうち、企業業績に連動する部分の税収は、2008年度は27億円あったが、トヨタ自動車の業績が悪化すると2009年度はゼロになった。愛知県安城市独自のエコカー補助金制度で、国の補助金制度終了後の新車販売の落ち込みを緩和して、安城市の税収の確保も目指す目的となっている。神谷学安城市長は「愛知県安城市内において、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する低燃費のクルマや部品を作る機運を盛り上げたい」と話している。トヨタ自動車の本拠地である愛知県豊田市では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、家庭用電源で充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)20台を豊田市役所の公用車として購入した。既に、豊田市内11か所にある急速充電スタンドも増設し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献するエコカーに対する豊田市民の意識を高めようと考えているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県安城市はエコカー補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

滋賀県大津市は電気自動車(EV)の共有で二酸化炭素(CO2)排出量削減し地球温暖化の原因対策

 滋賀県大津市内で地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、複数の家族で電気自動車(EV)を共有する「ノーマイカー可能性社会実験」が10月1日から始まる。モニターの家族たちが、滋賀県大津市中央1丁目に集まり、共有実験に使う電気自動車(EV)に試乗した。電気自動車(EV)の共有実験は、環境省の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する委託事業で、大津市や滋賀県立大学などでつくる「大津市都心地区温暖化対策地域協議会」が実施する。電気自動車(EV)の共有実験のモニターは大津市都心地区温暖化対策地域協議会が既に募集しており、滋賀県大津市中心部に住む30~60代のマイカーを保有する6世帯が選ばれた。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の電気自動車(EV)共有実験は、大津港や大津駅前など大津市中心部約70haを対象区域として、10月1日から同28日まで、走行時に地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)を共有することで実施する。滋賀県大津市内のモニター6世帯は保有するマイカーを使わず、電気自動車(EV)とガソリン車各1台、走行時に地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を排出しない電動自転車10台を共有して生活し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量などを測定するという。この日は、モニターの家族たちが電気自動車(EV)の充電方法などを教わった後、大津市内の道路で運転し、走行時に地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の乗り心地を確かめた。モニターの滋賀県大津市中央2丁目の中川さんは「家族で出かける週末に車を使うことが多い。地球温暖化の原因防止対策の実験を通して、走行時に地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)共有のメリット、デメリットの両方を感じてみたい」と話していた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 滋賀県大津市は電気自動車(EV)の共有で二酸化炭素(CO2)排出量削減し地球温暖化の原因対策はこちら

神奈川県横浜市のコンビニが電気自動車(EV)用充電器で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策

 コンビニエンスストア「スリーエフ」の都筑大棚店(神奈川県横浜市都筑区大棚町)と都筑勝田橋店(神奈川県横浜市都筑区勝田町)の2店舗で、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電気自動車(EV)を無料で充電できる「グリーン充電サービス」の試験運用が行われている。スリーエフ(神奈川県横浜市中区)とコスモ石油(東京都港区)、エナジーグリーン(東京都新宿区)の3社が共同で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として提供するグリーン充電サービスとなっている。エナジーグリーンがコスモ石油のサービスステーションにある太陽光発電システムによる電力(環境付加価値)を買い取り、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる「グリーン電力証書」を発行している。同社は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、2店舗に設置された電気自動車(EV)充電器の充電使用量と同量のグリーン電力証書をエナジーグリーンから購入することで、間接的に電気自動車(EV)を太陽光発電システムで充電できることになっている。両店には走行中に地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)用の200V充電器を1基ずつ設置している。充電器1基で同時に2台の電気自動車(EV)を充電することができ、充電量を把握する電力計や通信モジュールが内蔵されている。電気自動車(EV)の充電にはコスモ石油の発行する「コスモEV会員カード」が必要となるが、非会員にも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として店頭で同カードを無料で貸し出すという。神奈川県下で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電気自動車(EV)の充電機器を設置しているコンビニエンスストアは、現在同社のほかに2社ある。しかし、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としてのグリーン電力での充電機器提供は同社が初めてとなる。同社広報グループでは「スリーエフでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電気自動車(EV)の普及を促進するため、両店に自然エネルギーを利用した電気自動車(EV)の充電設備を設置した。この電気自動車(EV)用充電器は現在市販されているどの電気自動車(EV)でも充電が可能なので、この機会にぜひ利用してほしい」と話している。両店とも24時間営業しており、電気自動車(EV)の充電サービス提供は来年6月30日までを予定している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県横浜市のコンビニが電気自動車(EV)用充電器で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策はこちら

愛媛県松山市に地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策のコンビニ

 愛媛県松山市・北土居に、カフェ併設型のコンビニエンスストア「サークルK松山インター店」(愛媛県松山市北土居町4、TEL 089-957-6262)で、電気自動車(EV)用急速充電器を設置して、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にも貢献する店がオープンした。コンビニエンスストアと独自ブランドのカフェが融合し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にも寄与する店舗は業界初になるという。サークルケイ四国(愛媛県松山市勝山町1)は、2003年10月から、独自ブランド「K’s CAFE」の商品販売コーナーを四国4県下の店舗内に設置している。2008年には、愛媛県松山市に「K’s CAFE大街道店」、高知県高知市に「K’s CAFEよさこい咲都店」を立ち上げた。カフェの席数は36席で、コーヒーはハマヤ(大阪市中央区)と共同開発したものを提供し、メニューとしては「K’sブレンドコーヒー」、「K’sアイスコーヒー」、「パスタセット K’sミートパスタ」などがある。サークルK松山インター店では、松山インターに近い立地を生かし、愛媛県や松山市の土産や地産商品も置いている。今年から南予の高速道路が無料化されたことに合わせ、主に南予地方の特産品を取り扱う愛媛県西予市の「どんぶり館」とコラボした売り場も展開する。さらに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、愛媛県下の小売店では初となる電気自動車(EV)用急速充電器も設置した。愛媛県と締結した「連携と協力に関する包括協定」の一環で、今後、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減、走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車の普及、店舗ロケーションを活用した電気自動車(EV)用充電インフラ整備に貢献していく考えだといい、電気自動車(EV)用急速充電器は、当面、無料で利用できるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛媛県松山市に地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策のコンビニはこちら

日産自動車は電気自動車(EV)リーフの急速充電器を整備して地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 日産自動車(神奈川県横浜市神奈川区)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する電気自動車(EV)の「リーフ」の発売に向けて、日本全国の日産自動車ディーラー全店舗約2200店のうち、電気自動車(EV)のリーフ用の急速充電器を設置する181店舗を発表した。日産自動車が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として開発した走行時に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)のリーフは今年12月に発売予定となっている。電気自動車(EV)のリーフは、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しないものの、フル充電しても航続距離が130km程度と短いことが普及のネックになっている。日産自動車では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する電気自動車(EV)のリーフを快適に運転してもらうために、全国の日産自動車系―ディーラーを活用して半径40km円に、30分~1時間程度で充電できる急速充電器を電気自動車(EV)のリーフ用に整備して日本全国をカバーするという。日産自動車の電気自動車(EV)のリーフを予約した顧客に自宅周辺の急速充電器を設置している日産自動車の店舗を教えて、安心して電気自動車(EV)のリーフに乗ってもらうというものだ。電気自動車(EV)用の充電器としては、急速充電器のほかにも、充電時間が5~6時間程度の200Vの普通充電器も用意する予定をしており、12月の電気自動車(EV)のリーフ発売までに日本全国の日産自動車ディーラー全店舗約2200店に2基ずつ設置され、合計約4400基として条件整備を図る予定だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 日産自動車は電気自動車(EV)リーフの急速充電器を整備して地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

オートバックスは奈良県大和郡山市で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の新店舗展開

 オートバックスセブン(東京都江東区豊洲)は、同社のFC店のオートバックス大和が運営するオートバックスいかるが店を移転し、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など新しい店舗改革の考え方を新規店舗に導入した実験店舗を奈良県大和郡山市小林町西に「オートバックス大和郡山」としてオープンすると発表した。オートバックスセブンは、既存店改革として、2009年11月に「オートバックス千葉幕張店」(千葉県千葉市美浜区)で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの実験を開始し、その成果を基に、グループ内のオートバックスのすべての既存店で売場改装を実施している。奈良県大和郡山市の店舗は、電気自動車向け充電スタンドや太陽光発電パネルなどエコ設備を併設した全店初の環境配慮型店舗となっている。環境設備は奈良県内にある5つのオートバックスで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、初となる電気自動車(EV)のプラグインハイブリッド用倍速急速充電スタンドを駐車場に開設し、無料で利用することが可能となっている。また、環境問題に配慮するため、太陽光発電システムのパネルや壁面緑化システムを配備したほか、看板と一部照明にLED(発光ダイオード)照明を採用することによって、従来店舗の年間消費電力量に対して約30%削減することができ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となっているという。今後は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの新店舗の実験結果を、オートバックスセブングループで新規オープンする店舗に反映させていくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> オートバックスは奈良県大和郡山市で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の新店舗展開はこちら

住友林業がEVの家庭用蓄電池で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 太陽光発電システムはクリーンな自然エネルギーであることから、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるのであるが、良質な蓄電設備がないことから、電気を使うか電力会社に売電するしか利用方法がないのが課題であった。住友林業(東京都千代田区大手町)は2011年中に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、家庭用蓄電池を装備した住宅を発売すると発表した。この住友林業の家庭用蓄電池には電気自動車(EV)のリチウムイオンバッテリーを利用するという。今年11月には、神奈川県横浜市に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる家庭用蓄電池搭載住宅のコンセプトモデルハウスをオープンするという。クリーンエネルギーの太陽光発電システムで電気エネルギーを創出し、家庭用蓄電池で電気エネルギーを貯留し、これらを専用の電気エネルギー制御システムによって家庭内の消費エネルギーをコントロールし、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献していくという。将来的な目標としては、住宅の建設から廃棄までライフサイクルにおける地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の収支がマイナスとなる「ライフサイクルカーボンマイナス(LCCM)住宅」の開発を目指すという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 住友林業がEVの家庭用蓄電池で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

山形県で電気自動車(EV)による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の普及による地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を目的として、山形県内初となる電気自動車(EV)用の急速充電器が山形県庁に設置されるという。これは、NPO法人環境ネットやまがた(山形県山形市、松村倭男代表)が、山形県の「やまがた社会貢献基金」から、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての助成金を受けて整備し、今年12月から運用を始める予定だという。山形県では上山市の上山温泉でも走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)を活用した環境対応型の観光プロジェクトが計画されており、電気自動車(EV)の両拠点による山形県内の連携なども想定される。山形県では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に向けて、山形県内の自動車団体や自動車ディーラー、電力会社、山形県などが山形県地球温暖化対策会議を組織し、今年6月から何度も議論を重ねてきた。この中で、メンバーの環境ネットやまがたが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として「充電インフラ整備による走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の導入促進・ゼロエミッション型観光まちづくり」を提案し、「やまがた社会貢献基金」から地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として事業費の一部となる135万円を受けることが決まった。山形県のように県庁舎に電気自動車(EV)用の急速充電器を置くのは東北地方でも初めてのことだという。電気自動車(EV)用の急速充電器は、山形県庁の正面玄関付近に設置予定をしている。山形県によると、電気自動車(EV)用の急速充電器は15~20分間で8割程度の充電ができ、電気自動車(EV)の走行可能距離は120キロ前後という。電気自動車(EV)用の急速充電器は一般開放し、1回当たり200円程度の協力金を求める方針だという。山形県は「山形県庁は高速道路のインターチェンジに近く、移動ルートとしても利便性が高いため、電気自動車(EV)用の急速充電器を設置する」と説明している。また、山形県地球温暖化対策会議には山形県内の上山市観光物産協会が参加し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、温泉旅館などに電気自動車(EV)用の普通充電器を設ける構想を提案しており、観光客が走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)をレンタルして、自然環境を守りながら周辺観光を楽しめるような仕組みづくりを目指していくという。一方、山形県地球温暖化対策会議では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するとはいえ、電気自動車(EV)の導入が山形県内で進んでいないことから、「電気自動車(EV)の充電器の統一規格が不透明な中で、時期尚早ではないか」との指摘や、「山形県庁だけの設置では電気自動車(EV)の移動範囲が限られる。広がりのある支援が必要だ」などの意見も出されており、今後も協議を重ねるという。走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するため、全国的にも地方自治体が電気自動車(EV)の普及に乗り出しており、例えば、神奈川県は2014年までに神奈川県内で100基の電気自動車(EV)用の充電器整備を計画している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 山形県で電気自動車(EV)による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

長野県軽井沢町でエコ・モビリティによる二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策

 長野県北佐久郡軽井沢町の軽井沢商工会、軽井沢観光協会及び軽井沢環境ネットワークで構成されている「軽井沢エコ・モビリティタウン実証実験実行委員会」は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に向けて、最新のエコ・モビリティの環境性能を体感できる環境プロジェクト「エコ・モビリティタウン軽井沢プロジェクト」を実施している。「Let's E-mo!」という愛称が付けられたこの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の試みは、同実行委員会が、長野県軽井沢町の後援を受け、トヨタ自動車(愛知県豊田市トヨタ町・東京都文京区後楽)やヤマハ発動機(静岡県磐田市新貝)といった環境問題に対応している最新企業の協力を得て、走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しないという今後のエコ・モビリティ普及につなげていくことを目的としている。今回のエコ・モビリティのプロジェクトで用意された最新車両は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電気自動車(EV)とハイブリッド車の性能持つトヨタ自動車の「プリウス プラグインハイブリッド」と、ヤマハ発動機の電動二輪車「EC-03」の2車種である。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を誇るどちらの車種も家庭用のコンセントから車に充電することが可能であり、優れた最新技術によって高い環境性能を誇る、次世代の交通手段となることが期待されているエコ車両である。別荘が立ち並ぶ長野県軽井沢は、毎年多くの人で賑わっており、これまでも自然に囲まれた街の良きイメージを守るために、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる環境活動を積極的に推進してきている。今回、自然豊かな日本を代表するリゾート地である「長野県軽井沢」と、世界的な環境先進企業が連携することで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を見据えて、環境問題にやさしいエコ・モビリティへの認識が高まることが期待される。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 長野県軽井沢町でエコ・モビリティによる二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策はこちら

沖縄県宮古島市が再生可能エネルギー等で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 三井物産(東京都千代田区大手町)は、沖縄県宮古島市地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に取り組む環境配慮型都市(スマートコミュニティー)の事業化に向けて協力する協定書を締結した。沖縄県宮古島市は、エコ・アイランドを目指しており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に寄与する太陽光発電システムや風力発電などの自然の再生可能エネルギーを大幅に導入することによって、2020年に地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量を2003年比で23%、2050年には75%を削減する計画を持っている。三井物産と沖縄県宮古島市は、今後、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、宮古島市で増産される予定のバイオエタノール用サトウキビの残渣を使用したバイオマス発電や太陽光発電、波力・潮力発電などを総合的に管理できるシステムを共同で構築することにしている。さらに、走行時に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の充電インフラ整備も進め、沖縄県宮古島市内で電気自動車(EV)などのエコカー普及も進めるという。沖縄県宮古島市では、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と東芝(東京都港区芝浦)、沖縄電力(沖縄県浦添市牧港)などが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の自然エネルギーを導入した場合に既存の電力系統へ与える影響を調査する実証試験を続けている。三井物産は、こうした企業とも連携して、沖縄県宮古島市全体のエネルギー需要予測や最適な自然エネルギーの需給調整までを提案する予定になっている。三井物産は、今回の計画を地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のモデル事業に位置付けており、今後、世界規模で拡大する見通しの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策がなされた低炭素型都市におけるインフラビジネスでの事業展開に生かすことを目標としている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 沖縄県宮古島市が再生可能エネルギー等で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

埼玉県さいたま市が電気自動車(EV)普及による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 三菱自動車(東京都港区芝)は、埼玉県さいたま市と連携し、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として「電気自動車(EV)教室モデル事業」を開始している。埼玉県さいたま市は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環の取組みとして、「次世代自動車の導入と普及」を推進する「E-KIZUNAプロジェクト」を実施しており、三菱自動車は、さいたま市の電気自動車(EV)の普及促進活動に協力するという。今回は、その一環として、次世代を担うさいたま市の小学生に対して走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)に対する理解を深めてもらうことを目的に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の電気自動車(EV)教室モデル事業を実施している。2010年度の対象としては、埼玉県さいたま市内の小学校5校を訪問して体験型の授業を行い、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策について理解を深めるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の電気自動車(EV)教室モデル事業では、性能や社会的意義についての理解を促すため、三菱自動車が教材の提供や講師をさいたま市に派遣している。電気自動車(EV)教室モデル事業の内容としては、三菱自動車の電気自動車(EV)「i-MiEV」(アイ・ミーブ)の体験試乗を中心とした環境体験授業や、三菱自動車のデザイナーやモデラーの指導によるデザイン体験授業をさいたま市の子供たちに対して実施している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 埼玉県さいたま市が電気自動車(EV)普及による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

住友林業がEV用リチウムイオンバッテリーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 住友林業(東京都千代田区大手町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を講じた「住友林業の家」で、日産自動車(神奈川県横浜市)が発売を予定している電気自動車(EV)「リーフ」用のリチウムイオンバッテリーを住宅用蓄電池として活用し、将来的な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての2次利用を視野に入れた実証実験を実施する。住友商事(東京都中央区晴海)と日産自動車が合弁で今回設立した電気自動車(EV)用リチウムイオンバッテリーの二次利用の事業化を目的とするフォーアールエナジー(神奈川県横浜市)との間で、電気自動車(EV)リーフ用リチウムイオンバッテリーを使用した実証実験を行う。実験の成果に基づき、リチウムイオン電池の2次利用の将来の事業化に向けて、日産自動車とリチウムイオン電池を共同開発しているNEC(東京都港区芝)とフォーアールエナジーが共同で実用化に向けて検討していくという。一方、住宅建設大手の住友林業は、住宅の建設・運用・解体・廃棄という家作りのサイクルにおいて排出する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を徹底的に削減する取組みを推進している。今後、電気自動車(EV)の普及が見込まれていることから、リチウムイオン電池の利用も増える見通しで、これを地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる住宅用蓄電池として2次利用することに協力することによって、限りある資源の有効活用による低炭素社会づくりに貢献していきたい考えだ。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 住友林業がEV用リチウムイオンバッテリーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

岡山県岡山市が電気自動車(EV)の無料レンタルで二酸化炭素(CO2)削減する地球温暖化の原因対策

 岡山県岡山市は9月21日から、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環の取組みとして、岡山市内観光用に電気自動車(EV)の無料レンタルを始めると発表した。9月19日から二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の無料レンタルを受け付けるという。電気自動車(EV)の無料レンタルによる貸し出しは、岡山県と倉敷市が休日に限って行っているが、平日のレンタルの実施は岡山県内で初の試みだという。岡山市環境保全課では「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる環境問題に優しい電気自動車(EV)で岡山市の郊外まで足を運んでほしい」と話している。これは、岡山市による本格的な電気自動車(EV)普及に向けた、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の実証実験の一環の取組みであり、岡山市内観光向けの電気自動車(EV)レンタルの可能性を探るという。このため、レンタル利用者には電気自動車(EV)の乗り心地や充電施設に関するアンケートを行うほか、電気自動車(EV)の走行データを収集することとしており、実施期間は12月20日までの3か月間となっている。今回の電気自動車(EV)の無料レンタルは、岡山市がオリックス自動車(東京都港区)に委託して実施するもので、同社の店舗で電気自動車(EV)を貸し出すのは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として取り組んでいる鹿児島県屋久島町や京都府京都市などに続いて国内で5番目の取組みになる。今回は岡山市内のレンタカー2店舗で三菱自動車の電気自動車(EV)「アイミーブ」1台ずつを貸し出す。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の電気自動車(EV)無料レンタルの貸し出しは、午前8時から午後8時までの12時間で、事前予約はレンタカージャパレン岡山駅東口営業所で受け付ける。電気自動車(EV)無料レンタルの貸し出しは、岡山市内を観光することが条件で1人1回に限るが、電気自動車(EV)のレンタルは岡山市民以外も可能だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 岡山県岡山市が電気自動車(EV)の無料レンタルで二酸化炭素(CO2)削減する地球温暖化の原因対策はこちら

リチウムイオンキャパシター(LIC)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 東京エレクトロン(東京都港区赤坂)、JSR(東京都港区東新橋)及びイビデン(岐阜県大垣市神田町)の3社は、技術開発を目的にした団体「次世代LICリチウムイオンキャパシター)総合技術研究組合」を設立したと発表した。各社が得意とする地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する技術を持ち寄り、今後エネルギーの有効活用で重要となる蓄電装置であるLICの次世代型を開発するという。リチウムイオンキャパシター(LIC)の適用範囲を拡大して、成長が見込まれる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係る環境問題・エネルギー分野で事業強化を図る方針だという。リチウムイオンキャパシター(LIC)は、負極にリチウムイオン電池と同じ材料を使った蓄電装置である。蓄電装置はリチウムイオン電池(LIB)が知られているが、LICは徐々にではなく瞬時に大電力を蓄積・放出できることが特長となっていることから、エネルギー回生用途に向くとされ、産業機械への供給電圧を一定に保って誤動作や故障を防ぐ瞬時電圧低下補償装置に利用されている。次世代LIC総合技術研究組合の幹事会社はJSRで、理事長はJSRから、副理事長は東京エレクトロンから就任している。次世代LIC総合技術研究組合は、2012年度まで約7億円の予算で活動し、従来にないセル構造や新しい素材を使用した組立技術を確立することによって、エネルギー密度が現在の約5倍となるコンパクトな製品を開発することを目標としている。JSRは高エネルギー密度化のための材料及び材料評価技術並びにセル・モジュールの設計及び設計評価技術、東京エレクトロンは生産コストの削減可能な製造装置システム、イビデンは高エネルギー密度化パッケージ及びセル実装技術をそれぞれ担当するという。LCIはLIBと併用できることから、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係る電気自動車、太陽光発電、風力発電など幅広い環境問題の分野への応用が可能となっている。3社は次世代型のLCIが地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係る環境・エネルギー部門の事業拡大になると判断し、同組合を組織し、共同で開発することにしたという。次世代LIC総合技術研究組合の活動は、独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「次世代戦略技術実用化開発助成事業」で採択されている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> リチウムイオンキャパシター(LIC)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

日本郵便が電気自動車(EV)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 日本郵政グループの郵便事業株式会社(日本郵便:東京都千代田区霞が関)が、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、集配に使う電気自動車(EV)をベンチャー企業のゼロスポーツ(岐阜県各務原市)から2011年度に約1,000台購入すると発表した。郵便事業会社は、2011年度に年間の集配向け更新車両の約3分の1に当たる1,000台を、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のため、電気自動車(EV)にする方針であることかあら、全量をゼロスポーツから調達することになる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)1,000台という調達規模は世界的にも例がなく、電気自動車(EV)普及を推進する三菱自動車工業(東京都港区芝)など大手自動車メーカーに先行した。郵便事業会社は現在、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減など環境対策のため、三菱自動車工業や富士重工業(東京都新宿区西新宿)などの電気自動車(EV)計47台を試験的に導入している。このうち、集配向け電気自動車(EV)はゼロスポーツ製のみであり、2009年から小型バンタイプのガソリン車を電気自動車(EV)に改造した車両を3台導入している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の価格や集配業務での使い勝手という性能面など総合的に判断した結果、2011年度の集配向け車両の電気自動車(EV)更新分をゼロスポーツに発注することを決めたという。ゼロスポーツは、ガソリン車の改造部品の開発や販売を手がけているが、1998年に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の製造販売に参入しており、2003年には国土交通省から電気自動車(EV)の型式認定を取得し、地方自治体や企業向けに電気自動車(EV)商用車を納入した実績を持つ会社である。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 日本郵便が電気自動車(EV)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

ウェスティンホテル東京が二酸化炭素(CO2)を削減する地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)対応

 ウェスティンホテル東京(東京都目黒区三田)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減することが可能な電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)用充電施設の供用を開始すると発表した。走行時に二酸化炭素(CO2)をまったく排出しない電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)用の充電施設は、ウェスティンホテル東京内駐車場地下3階に設置されており、宿泊客はもちろんレストランやスパなどホテル以外の利用客に対しても、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する観点から、当面の間、無料で自動車への充電サービスを提供するという。電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)用の充電器は、パナソニック電工製の200V電源であり、三菱「i-MiEV」の電気自動車(EV)の場合で7時間、スバル「プラグインステラ」の場合で5時間、日産「リーフ」の場合で約8時間でフル充電できるという。さらに、ウェスティンホテル東京では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する電気自動車メーカーとして名高いアメリカのテスラモーターズ社の電気自動車(EV)専用の急速充電器も国内宿泊施設で初めて導入しており、4時間でフル充電が可能となっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> ウェスティンホテル東京が二酸化炭素(CO2)を削減する地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)対応はこちら

二酸化炭素(CO2)を削減するバッテリー交換式電気自動車(EV)タクシーで地球温暖化の原因対策

ベタープレイスは、二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因防止対策のバッテリー交換式電気自動車(EV)の普及を目指して実証実験を行ってきたが、東京都港区六本木で実証運用を行って来た電気自動車(EV)タクシープロジェクトを9月1日から11月19日までの3か月間延長すると発表した。経済産業省・資源エネルギー庁の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する目的として行われている「平成21年度電気自動車普及環境整備実証事業」の一環として実施してきたものである。4月~7月の間、日本交通と共同で二酸化炭素(CO2)を排出しないバッテリー交換式電気自動車(EV)とタクシーの親和性を検証してきた。地球温暖化の原因防止対策の実証運用実験では、バッテリー交換式電気自動車(EV)タクシーが総距離4万0311kmを走行し、バッテリー交換回数は2122回となり、その際の平均バッテリー交換時間は59.1秒で3020人の乗客が利用したという。今回新たに9月1日から行うバッテリー交換式電気自動車(EV)タクシーの地球温暖化の原因防止対策の実証運用では、バッテリーへの充電速度の最適化に関して実証するという。バッテリー交換式電気自動車(EV)タクシーのバッテリー交換ステーションでのバッテリーへの充電速度の最適化を行うソフトウエアーを導入することによって、使用状況に応じて自動的に充電速度を変えることで最適化を図り、より効率的なバッテリー管理を目指すという。二酸化炭素(CO2)を排出しないバッテリー交換式電気自動車(EV)タクシーは、これまでと同様、東京都港区の六本木ヒルズの電気自動車(EV)タクシー乗り場から利用することができる。二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の稼働台数は3台で、平日8時30分~翌1時00分まで運行している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 二酸化炭素(CO2)を削減するバッテリー交換式電気自動車(EV)タクシーで地球温暖化の原因対策はこちら

経済産業省はEV・PHVタウン構想で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 経済産業省は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として取り組んでいる電気自動車EV)及びプラグインハイブリッド車PHV)の本格普及に向けた実証実験のモデル事業「EV・PHVタウン構想」の第二期追加募集を開始したと発表した。「EV・PHVタウン構想」の2009年3月に選定した8地方自治体に加え、電気自動車(EV)及びプラグインハイブリッド車(PHV)の普及へ先駆的に取り組む地方自治体を追加募集するというもの。「EV・PHVタウン構想」は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に大きく貢献できる電気自動車(EV)及びプラグインハイブリッド車(PHV)の初期需要を創出するため、特定地域において車両の導入、充電インフラの整備や普及啓発を集中的に行うモデル事業を実施して、日本全国への展開を目指すプロジェクトとなっている。2009年3月に、地球温暖化の原因防止対策の電気自動車(EV)及びプラグインハイブリッド車(PHV)の充電インフラ整備や普及啓発などを集中的に行うモデル地域として、青森県、東京都、神奈川県、愛知県、京都府、新潟県、福井県、長崎県の8都市を「EV・PHVタウン」として選定している。今回、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として追加募集する第二期EV・PHVタウン選定のポイントは、「車両の普及手法(CO2削減効果)」、「費用対効果」、「先導性・モデル性」、「地域適応性」、「実現可能性」及び「持続性」の6つの視点から先進的な地方自治体を選定するという。地球温暖化の原因防止対策の第二期追加募集期間は、8月27日から10月22日までとなっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 経済産業省はEV・PHVタウン構想で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

二酸化炭素(CO2)削減へ電気自動車(EV)で地球温暖化の原因対策

 走行時に二酸化炭素(CO2)などの地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない電気自動車(EV)の販売に、各自動車メーカー各社で熱が入っている。国内初の個人向け販売を行った三菱自動車(東京都港区)の電気自動車(EV)「アイ・ミーブ」は、納車されるまで数か月待ちの状態が続いている。電気自動車(EV)用の充電スポットの設置も進んでおり、自治体によっては設置補助金を出しているところもある。三菱自動車の電気自動車(EV)アイ・ミーブはベースとなる軽自動車「アイ」とほぼ同じ大きさで、最大出力も64馬力と同じだが、低速域のトルクはかなり大きい。電気自動車(EV)だけに走行中の車内音も静かで、タイヤの接地音とエアコンの作動音が聞こえるだけで、変速ショックもないという。電気自動車(EV)の減速時にはモーターが発電機として蓄電池に電気を蓄える仕組みとなっている。アイ・ミーブがフル充電で走れる距離は約160kmとなっている。電気自動車(EV)の充電口は車体の両側にあり、左側は急速充電用であり、右側の通常充電用は100ボルト又は200ボルトのコンセントに対応しており、100ボルトであれば14時間でフル充電可能だという。ちなみに、大阪府内には現在16基の電気自動車(EV)用の急速充電スポットがあり、「おおさか充電インフラネットワーク」に登録すれば無料で充電できるという。また、アイ・ミーブの電気自動車(EV)は398万円だが、政府の電気自動車(EV)補助金交付を受ければ実質284万円になるが、既に納車待ちの人気となっている。日産自動車(神奈川県横浜市)が12月に発売予定している普通乗用車サイズの電気自動車(EV)「リーフ」は、既に予約だけで販売目標6000台をクリアしたという。本田技研工業(東京都港区南青山)は、2012年に日米で電気自動車(EV)を発売することを表明している。トヨタ自動車(愛知県豊田市・東京都文京区)は、電気自動車(EV)開発で有名なアメリカのテスラ・モーターズ社と資本業務提携し、2012年にアメリカで電気自動車(EV)を発売する。一方、2011年にはリーフの電気自動車(EV)タクシー50台が大阪府大阪市内に登場し、専用タクシー乗り場も設けられるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 二酸化炭素(CO2)削減へ電気自動車(EV)で地球温暖化の原因対策はこちら

石川県金沢市は電気自動車EVの公用車で二酸化炭素(CO2)削減による地球温暖化の原因対策

 石川県金沢市は、温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因対策として、三菱自動車(東京都港区芝)の電気自動車(EV)「アイ・ミーヴ」1台を公用車に導入したと発表した。温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因対策として公用車に電気自動車(EV)を導入するのは、石川県内の地方自治体で初めてのことになるという。地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)の公用車にかかる費用は、5年間のリース契約で月5万2710円になるという。電気自動車(EV)の公用車は、金沢市役所の環境政策課の職員が日常業務で使用するほか、地域の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因対策の啓発活動などで役立てる予定をしているという。電気自動車(EV)の公用車は、白をベースにした車体に、梅の花をモチーフにした梅鉢と雪つりをあしらった金沢市らしい外観で、これは金沢美術工芸大学の志知さんがデザインしたものである。金沢市役所であった電気自動車(EV)の出発式では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減などの環境問題に対する理解を深めるために活動している「金沢市こども環境キャラバン隊」の小学生20人ほどが参加し、金沢市役所の職員の説明を受けていた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 石川県金沢市は電気自動車EVの公用車で二酸化炭素(CO2)削減による地球温暖化の原因対策はこちら

京都府京都市で改造電気自動車EVによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 京都府京都市にある自動車整備会社が、ガソリン自動車を改造してモーターや蓄電池を積み、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減することが可能な電気自動車(EV)を試作した車が近畿で初めて自動車車検証の交付を受け、京都府京都市上京区の京都府庁(京都府京都市上京区)で公開された。今後、異業種連携で地球温暖化の原因対策になる電気自動車(EV)の性能を一層高めることによって量産化を目指すのが目標だという。この地球温暖化の原因対策になる電気自動車(EV)の取組みは、京都府内の企業や大学が連携し、温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車関連の新たなビジネス機会を探る京都府の「京都府次世代自動車パートナーシップ倶楽部」の活動の一環である。地球温暖化の原因対策になる電気自動車(EV)は、ガソリン自動車と比較すると部品が少なくすみ、構造が単純なため、同倶楽部メンバーの常陸オート(京都府南丹市)が電気自動車(EV)改造車を企画したという。今回改造した地球温暖化の原因対策になる電気自動車(EV)は、スズキの軽自動車である1983年式「マイティボーイ」に電動モーターを載せ代え、鉛蓄電池や制御装置などを搭載したもので、家庭用電源から充電することが可能であり、満充電で40km程度走行でき、最高時速は80キロになるという。だが、地球温暖化の原因対策とはいえ改造電気自動車(EV)の試作車には課題が多く、モーターなどは市販のものを使ったため、改造費は工賃を含め150万円ほどかかった。また、改造電気自動車(EV)の鉛電池は蓄電容量が小さいことから、エアコンやパワーステアリングが使えないなど実用性が低いものとなっている。このため、今後、蓄電池やモーター、電機・機械部品のメーカーなどを京都府内で募り、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減することが可能な電気自動車(EV)の市販化に向けた研究をさらに進め、地球環境問題に貢献していくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京都府京都市で改造電気自動車EVによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

栃木県が電気自動車(EV)普及で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量を削減

 栃木県は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するため、電気自動車(EV)の普及を目指しており、民間事業者が電気自動車(EV)の急速充電設備を設置する場合には、整備費用に対して一部を補助する「栃木県電気自動車充電設備設置事業費補助事業」を始めたと発表した。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するため、電気自動車(EV)の充電機本体と設置費用の合計のうち、100万円を上限に3分の1の補助金を支給するという。栃木県では、電気自動車(EV)急速充電設備15基の設置を想定した予算を組んでいる。栃木県地球温暖化対策課によると、地球温暖化の原因対策の事前調査で栃木県内の各市町の道の駅やガソリンスタンド、カーディーラーなどが二酸化炭素(CO2)排出量を削減する電気自動車(EV)の急速充電設備の設置を考えていることが分かった。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減し、電気自動車(EV)を普及させていくためには、栃木県内20キロ圏内ごとに電気自動車(EV)の充電設備があるのが理想であり、15基は1か所に1基、栃木県内にうまくばらつくように設置する計画になっているという。また、1キロ走行当たり1円かかる電気自動車(EV)への充電料金は、設置業者の意向次第で無料になる可能性が高いという。この電気自動車(EV)の急速充電設備の補助金の申請には、事業計画書を栃木県に提出し、採択される必要がある。事業計画書の受け付けは9月7日までであり、郵送か持参で栃木県地球温暖化対策課へ提出すること。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 栃木県が電気自動車(EV)普及で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量を削減はこちら

長野県では改造電気自動車(EV)で二酸化炭素(CO2)削減と地球温暖化の原因対策

 長野県では、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けて、改造電気自動車(EV)の製作に取組んでいる団体がある。これは中古の自動車を電気自動車(EV)に改造する「ちょい乗り電気自動車(EV)」の普及活動に、長野県高森町などの市民グループが取り組んでいるという。改造電気自動車(EV)の製作には、約100万円の改造費がかかるというが、中古車が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に役立つ電気自動車(EV)に生まれ変わる。6月末に高森町で開かれた「手作り電気自動車(EV)セミナー」は、「使わなくなった自動車の改造で自動車の寿命を延ばすとともに、二酸化炭素(CO2)排出量を削減することで地球温暖化の原因防止に役立つ地域の足にしたい」と、地球環境問題の保護に取り組む地元の「たかもり環境塾」など3グループが主催したものである。長野県飯田・下伊那だけでなく、岐阜県や三重県など長野県外からも含めて約60人の参加があり、講師の電気自動車(EV)コーディネーターである本田さんが、約100万円でできる電気自動車(EV)の改造車づくりを自身の体験談を交えて説明した。9月には、長野県飯田市内で3台の軽自動車を実際に電気自動車(EV)へ改造する技術セミナーも開催する。社団法人「優良電気のりもの普及促進技術協会」が設立され、電気自動車(EV)への改造ノウハウを希望者や業者に提供、希望者へ改造業者を紹介、改造車のメンテナンスを行うことなどを目的としている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 長野県では改造電気自動車(EV)で二酸化炭素(CO2)削減と地球温暖化の原因対策はこちら

群馬大学が群馬県桐生市で小型電気自動車(EV)による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減

 「群馬大学(群馬県前橋市)の次世代EV研究会」が研究開発を進めている地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を走行時にまったく排出しない小型電気自動車(EV)が、11月にも群馬県桐生市内における地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)による社会実験に採用されることに決まった。電気自動車(EV)は、一人乗りのミニカーとして登録し、群馬県桐生市や群馬大工学部のプロジェクト向けに貸出を実施するという。電気自動車(EV)の充電については、家庭用電源でも行えるほか、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しないマイクロ水力発電をエネルギー源に利用する予定にしている。群馬大学次世代EV研究会では、地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)の製作に当たって、地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減に関心のある車体製作に協力する企業やスポンサー企業を募集している。群馬大学工学部(群馬県桐生市)の二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因対策のプロジェクト「地域力による脱温暖化と未来の街―桐生の構築」や群馬県桐生市の二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因対策の「チャレンジ25地域づくり事業」などで小型電気自動車(EV)の社会実証が行われるという。小型電気自動車(EV)は、計10台が投入される予定となっており、うち2台はマイクロ水力発電による再生可能エネルギーで走行するという。群馬大学が製作中の電気自動車(EV)「Mag―E2」はバッテリーにリチウム電池を用いており、1回の充電で30~40kmを走行できる性能があるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 群馬大学が群馬県桐生市で小型電気自動車(EV)による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減はこちら

経済産業省はEV等次世代自動車戦略2010で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減

 自動車の走行に伴って排出される地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を大幅に削減することができる電気自動車(EV)や、電気モーターとガソリンエンジンを組み合わせて走るハイブリッドカーへの期待が高まっている。なかでもプラグインハイブリッドカー(PHV)は、モーターを動かす電力を家庭用電源から取り込むことができることから地球温暖化の原因対策として大いに期待されている。経済産業省はこのほど、地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)やプラグインハイブリッドカー(PHV)を普及するため、全国各地域で行われている好事例を「ベストプラクティス集」としてまとめたものを公表した。経済産業省は、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を大幅に削減する「次世代自動車戦略2010」の中で、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッドカー(PHV)の普及を図るため、蓄電池の性能向上やコストダウンに向けた研究開発を行う方針を掲げている。今回の事例集は、同省が実施しているモデル事業「電気自動車(EV)・プラグインハイブリッドカー(PHV)タウン構想」の対象地域である「電気自動車(EV)・プラグインハイブリッドカー(PHV)タウン」に選ばれた地方自治体が、それぞれ策定したマスタープランに基づき進めている先進的な取り組みをまとめたものとなっている。例えば、新潟県では、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量削減に向けて、民間のタクシー会社が昨年7から電気自動車(EV)タクシーの運行を開始し、全国初のプラグインハイブリッドカー(PHV)タクシーの運行も行っている。また、京都府では、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量削減に向けて、電気自動車(EV)タクシー・プラグインハイブリッドカー(PHV)のタクシーやレンタカーで対象の寺院や神社を訪れた人に対して、記念品贈呈などの特別優待を行うエコ観光企画「京都電気自動車(EV)・プラグインハイブリッドカー(PHV)物語」を今年12月まで実施中である。経済産業省では今後、電気自動車(EV)・プラグインハイブリッドカー(PHV)の普及を図るため、専用充電設備のインフラの整備などを行う方針だ。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 経済産業省はEV等次世代自動車戦略2010で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

神奈川県は電気自動車(EV)タクシーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 神奈川県と神奈川県タクシー協会及び日産自動車(神奈川県横浜市)は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた取組みとして、神奈川県内のタクシーへの電気自動車(EV)の普及構想に神奈川県内タクシー会社24社が参加することになったと発表した。日産自動車の電気自動車(EV)「リーフ」の国内販売の時期に併せて今年の12月から計42台をタクシーに導入し、来年までの2年間で電気自動車(EV)導入数を100台に広げていく予定だという。神奈川県は電気自動車(EV)普及への参加企業に対し、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に大きく寄与することから、電気自動車(EV)導入や電気自動車(EV)用急速充電器の整備への補助金を支出する。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を目指す国内排出量取引クレジット制度を活用し、電気自動車(EV)導入で生じる地球温暖化の原因の温室効果ガスの削減効果をクレジット化する手法をモデルとして思考的に実施するという。電気自動車(EV)に係る神奈川県が採用している地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の計算方式を国が認証しており、大企業などに売却した二酸化炭素(CO2)排出量取引のクレジットの収益は環境関連基金等に寄付する手法などの枠組みを考えているという。神奈川県タクシー協会は、2013年3月までの期間に限って、電気自動車(EV)タクシーに係る障害者割引制度を従来の1割から2割に拡大するとともに、乗務員向けにケア講習を開くなどして、電気自動車(EV)タクシーの接客サービスを磨くと話している。日産自動車は、地元に本社や開発拠点を持つ特性を生かし、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に貢献する電気自動車(EV)車両のアフターサービスを強化していく。神奈川県内のタクシー向け整備拠点を電気自動車(EV)の重点整備工場として位置づけており、電気自動車(EV)を導入するタクシー会社への巡回担当者も置くという。電気自動車(EV)タクシーのデザインを神奈川県内で共通化することも検討することとしているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県は電気自動車(EV)タクシーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

日産自動車と鹿児島県は二酸化炭素(CO2)排出しない電気自動車(EV)で地球温暖化の原因削減対策

 鹿児島県は日産自動車(神奈川県横浜市西区)と合同で、鹿児島県内の世界自然遺産である屋久島において、低炭素化社会の先進的な「CO2フリーの島づくり」の推進に取り組むことで合意したと発表した。鹿児島県の自然の豊かな屋久島島内に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しないゼロエミッション車である電気自動車(EV)を普及するため、屋久島内で課題の航続距離の短さを克服して電気自動車(EV)が安心して走行できる環境づくりと、屋久島内の豊富な自然の再生可能エネルギーの活用などを検討していくという。鹿児島県は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けて、電気自動車を普及させていくため今年度「屋久島電気自動車普及促進支援事業」策定し、電気自動車購入者に対する補助金制度を講じている。また、電気自動車が安心して屋久島内を走行できるよう、2010年度に鹿児島県は、電気自動車(EV)用の充電器の設置への補助制度を実施している。日産自動車は、鹿児島県屋久島において、電気自動車(EV)の走行データの解析技術を活用し、電気自動車(EV)用の充電器の最適配置の分析の取り組みを開始している。今後、日産自動車は、屋久島の道路勾配を考慮したナビゲーションシステムの充実など、電気自動車(EV)の航続可能な距離表示を高精度化し、屋久島特有の高低差のある場所でも電気自動車(EV)が安心して運転できる環境づくりを進めるという。このほかの取組みとしては、再生可能エネルギーで発電された電力を電気自動車(EV)エネルギーとして利用するなど、屋久島の豊富な自然を活かした再生可能エネルギーを検討するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 日産自動車と鹿児島県は二酸化炭素(CO2)排出しない電気自動車(EV)で地球温暖化の原因削減対策はこちら

兵庫県が電気自動車(EV)用急速充電器設置で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減

 兵庫県は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の取組みの一環として、走行時に二酸化炭素(CO2)をまったく排出しない電気自動車(EV)の利便性を高めることによって普及を促進する目的で、兵庫県内の三田市など3か所に一般利用も可能な電気自動車(EV)用急速充電器を初めて設置し、環境月間である6月1日から利用を開始している。地球温暖化の原因対策として設置されている電気自動車(EV)用急速充電器は、15~30分で電池容量の約80%を充電することが可能だといい、この1回の充電で60~120kmの距離の走行が可能だという。電気自動車(EV)用急速充電器が設置された場所は、三田フラワータウンの「フローラ88」立体駐車場2階(兵庫県三田市弥生が丘)、カメウチ電装太子営業所(兵庫県太子町阿曽)、夢舞台地下1階駐車場(兵庫県淡路市夢舞台)の3か所となっている。電気自動車(EV)用急速充電器の充電に要する利用料は、カメウチ電装(1回200円)以外は駐車料金に含まれるので無料となっている。どの場所も年中無休で、各施設の営業時間であれば充電で利用可能だという。兵庫県では、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のため、今後とも引き続き、電気自動車(EV)用急速充電器の設置場所を拡大していくという。問い合わせは、兵庫県農政環境部環境管理局大気課TEL:078-362-3287まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 兵庫県が電気自動車(EV)用急速充電器設置で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

神奈川県は電気自動車(EV)普及策で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 神奈川県では、6年ほど前から電気自動車(EV)が地球温暖化の原因防止対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の切り札になるとして力を入れている。神奈川県には、電気自動車(EV)を作る自動車メーカーのほかにも、電気自動車(EV)の動力源となるリチウムイオンバッテリーや充電器を開発するメーカー、さらには、電気自動車(EV)を研究する大学もあり、神奈川県内には地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の電気自動車(EV)を普及させるための条件の多くがそろっている。2006年11月に地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のため、神奈川県と企業や大学が参加した「かながわ電気自動車普及推進協議会」を設立し、2008年3月には「かながわ電気自動車普及推進方策」を策定した。地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる電気自動車(EV)の普及目標として、2014年度までに神奈川県内で3,000台の電気自動車(EV)を普及させるという目標を立てた。目標を達成するための方策として、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる電気自動車(EV)購入時には、国からの補助金に加えて神奈川県独自の補助金を出しており、日産の電気自動車(EV)のリーフを購入する場合で260万5000円程度にまで金額が下がるという。さらに、神奈川県では地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる電気自動車(EV)に対して県税を軽減しており、自動車取得税、自動車重量税及び自動車税を免税としている。また、電気自動車(EV)はガソリンなどの燃料代と比べてみても、電気代は5分の1、深夜の電気を使えば10分の1にもなるという。こうした地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる電気自動車(EV)の優遇策以外にも、神奈川県営の駐車場料金を半額にしているほか、神奈川県内で高速道路に乗降した場合、ETC車であるのが条件だが、高速道路代が半額になる。また、電気自動車(EV)のインフラ整備として、現在、神奈川県内に58基ある急速充電器を2014年度までに100基整備することを表明している。神奈川県の施策として、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる電気自動車(EV)を普及させていくためには、まずは電気自動車(EV)を一般市民に認知してもらう必要があり、電気自動車(EV)タクシーとして今後の2年間で100台の普及も目指し、電気自動車(EV)タクシーは福祉も考慮し、通常1割引の障害者割引を電気自動車(EV)タクシーでは2割引にするという。公共交通手段としては、ほかに電気自動車(EV)バスの開発も行っており、神奈川県内のいすゞ自動車や慶応大学などが協力して開発しているという。また、神奈川県では、横浜市のような大都市だけでなく、観光地だからこそ、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる電気自動車(EV)を活用しようと「箱根電気自動車(EV)タウンプロジェクト」を進めており、箱根地域内で電気自動車(EV)レンタカーや電気自動車(EV)観光タクシーの普及、電気自動車(EV)バイク及び電動アシスト自転車によるパーク&ライドの実現により、駐車場や道路の渋滞を防ぐ構想の具体化を進めている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県は電気自動車(EV)普及策で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

長野県松本市は電気自動車(EV)レンタカーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減

 総合物流の鈴与グループの商社である鈴与商事(静岡県静岡市)は、地球温暖化の原因防止対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けて、この9月から長野県松本市内において電気自動車(EV)のレンタカーを開始すると発表した。電気自動車(EV)5台を導入して、長野県松本市内の同社の営業所や長野県営松本空港などでレンタカーのレンタルを受け付けるという。松本市の今回のような電気自動車(EV)レンタカーの本格的な営業は長野県内で初めてのこととなるという。地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を走行時にまったく排出しないなど、環境問題に優しい電気自動車(EV)レンタカーや電気自動車(EV)タクシーは、長野県の松本市が観光の目玉に据えようと積極的に導入を推進しており、鈴与商事が松本市に賛同して取り組むことになったといい、長野県営松本空港利用促進の面でも期待されている。なお、長野県営松本空港に就航しているフジドリームエアラインズ(静岡県牧之原市)も鈴与グループの会社である。松本市内に導入される電気自動車(EV)は、三菱自動車(東京都港区芝)製の「i-MiEV(アイミーブ)」で、子会社が運営する「エックスレンタカー松本駅前営業所」(長野県松本市深志)に配備する。電気自動車(EV)に必要となる充電設備に関しては、同営業所と長野県中南信地区の鈴与グループのガソリンスタンド計15か所に整備するという。そこでの充電は当面、無料にして一般の他の電気自動車(EV)利用者にも開放するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 長野県松本市は電気自動車(EV)レンタカーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

神奈川県箱根町が電気自動車(EV)で地球温暖化対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 箱根駅伝でも有名な神奈川県箱根町で、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の大幅削減に貢献することができる電気自動車(EV)普及の加速化を観光と連携させて行おうとするプロジェクトが始まる。これは、地方自治体の神奈川県と箱根町及び自動車メーカーとして日産自動車及び三菱自動車などが協力し、地球温暖化の原因対策として取り組むもので、移動手段の電気自動車(EV)化や宿泊・観光施設での充電設備の整備などにより、箱根を電気自動車(EV)の「ショーケース」にするという。環境省の本年度の地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量を削減する「低炭素地域づくり面的対策推進事業」に採択されているものであり、企画名は「箱根EVタウンプロジェクト」となっている。当面、重点的に取り組む地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の内容は、移動手段の電気自動車(EV)化を行い、電気自動車(EV)レンタカー、電気自動車(EV)観光タクシーの導入などを行うという。さらには、平日に神奈川県が地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の公用車として利用している電気自動車(EV)を休日には箱根エリアへ投入し、宿泊・観光施設による電気自動車(EV)共同利用などを図る「電気自動車(EV)シェアリング」も実施するという。今年は試験的な電気自動車(EV)の導入であり、導入規模はいずれも数台の見通しであるが、利用状況の結果を見ながら、来年度以降に電気自動車(EV)の台数の増加を図る予定だという。地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)を排出しないEVバイクも5~10台程度導入し、観光客向けの電気自動車(EV)の短時間レンタルや体験試乗会などを行っていくという。温泉、ゴルフ場、美術館などのエリア内の施設には、補助金を出して、電気自動車(EV)の充電設備の整備を促していく。また、公共交通機関及び宿泊施設と電気自動車(EV)レンタカーをセットにしたパック旅行商品の開発を旅行会社に依頼するほか、観光施設に対しては、電気自動車(EV)利用者への割引料金の設定などを依頼する。このプロジェクトは、松沢成文神奈川県知事と山口昇士箱根町長の会談をきっかけとして構想が始まったという。神奈川県知事は「神奈川県内の観光地はもちろんのこと、全国的にもここまで本格的に電気自動車(EV)の展開をしているところは、ないのではないか。電気自動車(EV)導入は排気ガスを出さないことから文化財保護でも有用であるので、今後、神奈川県内の鎌倉あたりでも考えたい」と話している。
以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県箱根町が電気自動車(EV)で地球温暖化対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

神奈川県による電気自動車(EV)の地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減量算定が全国基準に

 神奈川県が考案した電気自動車EV)を導入した際の地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量の算定方法が、全国基準として採用される見通しになった。この二酸化炭素(CO2)排出削減量算定方法は、企業間の二酸化炭素(CO2)排出量取引などの基準にもなるという。経済産業省が「神奈川県による電気自動車(EV)を導入した際の二酸化炭素(CO2)排出削減量算定方法は、汎用的で多様なケースに対応できる」として認証したという。地球温暖化の原因対策の一環の取組みとして電気自動車(EV)先進県を目指す神奈川県は、企業に電気自動車(EV)導入を促すためには地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出の削減量を合理的に算定する基準が必要なことから独自の方法を生み出し、これを経済産業省に申請していたという。経済産業省によると、地球温暖化の原因対策の太陽光発電など新エネルギー分野における温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量の算定方法はメーカーや民間シンクタンクなどが考案した方法が認定されているが、今回のように神奈川県という地方自治体が考案した二酸化炭素(CO2)排出削減量算定方法を採用したのは初めてのことだという。大企業が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減の技術などを中小企業に提供した場合、大企業が削減したとみなす二酸化炭素(CO2)排出削減の「国内クレジット制度」を地球温暖化の原因対策として活用する場合に使用することができるという。地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出削減目標が課せられている大企業が電気自動車(EV)を購入して中小レンタカー会社などに提供すれば二酸化炭素(CO2)削減分が大企業に割り当てられることになり、二酸化炭素(CO2)排出削減を促進する効果が見込めるという。神奈川県の二酸化炭素(CO2)排出削減量の算定方法は、ガソリン車を電気自動車(EV)に切り替えたケースでは、ガソリン車を使い続けた場合を基準に、電気自動車(EV)の電力使用量やガソリン車の発熱量、電気自動車(EV)のエネルギー消費効率など複数の数値を加味して二酸化炭素(CO2)排出削減量を算出するものであり、この二酸化炭素(CO2)排出削減量算出に必要な数値の計算式も示している。二酸化炭素(CO2)排出削減量の算定方法が認証されたことで、電気自動車(EV)導入によって、神奈川県内でどの程度の地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量が削減できたかなども算出することができるようになるという。神奈川新聞の取材に松沢成文神奈川県知事は「電気自動車(EV)普及には、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量を計算できるようにしておかなければいけない」と話した。8月2日に開かれる経済産業省の国内クレジット認証委員会で、初めて神奈川県の算定方法を使った電気自動車(EV)の地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量取引の計画案が提出される予定となっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県による電気自動車(EV)の地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減量算定が全国基準にはこちら

神奈川県が電動バイク推進事業で地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 神奈川県は、地球温暖化の原因防止対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の取組みの一環として、9月からバイクメーカーと共同して、走行時に二酸化炭素(CO2)を排出しない電動バイクの普及推進事業に乗り出すと発表した。現在、神奈川県では、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の取組みの一環として、走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の購入者に対する補助制度などを設けているが、地球温暖化の原因防止対策として電動バイクの普及に行政が取り組むのは全国で初めてだという。神奈川県が募集したモニターに通勤などに使ってもらい、利用者の需要や地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減効果などを検証するという。これには、9月から電動バイクを発売するヤマハ発動機(静岡県磐田市)が全面的に協力を行い、神奈川県は電動バイク12台をヤマハ発動機から無償で借り、モニター事業、レンタルモデル事業、試乗会の3事業を展開することによって、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に取り組んでいくという。神奈川県の電動バイクモニター事業では、神奈川県内の横浜市新横浜駅前に電動バイクへ充電可能な駐輪場を設け、募集したモニターに無料で通勤などに利用してもらうという。それによって地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果やそれに要するコスト、乗り心地などを調査して、ヤマハ発動機にデータを提供する。一方、電動バイクレンタルモデル事業では、神奈川県横浜市内のレンタカー業者に電動バイクを無償で貸し出し、新たなレンタルビジネスの創出となるかどうかを具体的に検証していく。電動バイク試乗会は、神奈川県内各自治体や民間業者などが開催する関連イベントの際に出店し、年5回程度行う予定を立てている。電動バイクに試乗した松沢成文神奈川県知事は「快適でにおいもない」と笑顔で話していた。神奈川県のモニターの募集人数は6人で28日から募集開始を行う。応募資格などの問い合わせは「かながわEVバイク普及推進プロジェクト実行事務局」電話03(5403)3483まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など最近のニュースや環境問題に関連する意見である。

> 神奈川県が電動バイク推進事業で地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

伊藤忠商事が電気自動車(EV)業務提携で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に大きく寄与すると期待されている電気自動車(EV)をめぐる動きが活発になっている。伊藤忠商事(東京都港区北青山・大阪府大阪市中央区)は、ノルウェーの電気自動車(EV)専業メーカーであるシンクホールディングスと資本・業務提携を行った。同社が製造した地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する電気自動車(EV)及び駆動システムを日本を含むアジアで販売する権利を獲得するという。シンクの筆頭株主は、伊藤忠商事が出資するアメリカの地球温暖化の原因対策のクリーンエネルギーホールディング会社であるエナール・ワンであり、シンクはエナール・ワンの100%子会社エナデルのリチウムイオン電池システムを地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)に取り入れている。シンクはノルウェーのオスロに本社があり、1991年から地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)をまったく排出しない電気自動車(EV)の開発・製造を行ってきている。これまでにヨーロッパ、北米などで9000台以上の電気自動車(EV)の生産・販売実績がある。地球温暖化の原因対策の新しい電気自動車(EV)の生産拠点を2011年に米国インディアナ州に設け、2012年には世界で2万2000台の地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)販売を予定している。地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)生産に加え、電気自動車(EV)の駆動に必要なモーターのほかバッテリーマネジメントユニット、インバーターなど電力をコントロールして動力に変換する総合ドライブシステムの販売も手掛けることになるという。シンクとの資本・業務提携によって伊藤忠商事は、シンクが開発・設計・製造する地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)と電気自動車(EV)用ドライブシステムの日本市場での独占販売権とアジア市場での優先販売権を獲得し、アジア以外の市場においても、地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)の戦略的パートナーとして販売をサポートするという。伊藤忠商事は、今後、シンクの地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)技術を活用するために自動車メーカーとの提携を積極的に進めていくほか、シンクのドライブシステムと、エナデルのリチウムイオン電池をパッケージにした地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)の提案も始めるという。伊藤忠商事は、茨城県つくば市で2010年5月から行っている地球温暖化の原因対策の「低炭素交通社会システムの共同実証プロジェクト」で、マツダの「デミオ」をベースにした地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)に、既にシンクのドライブシステムとエナデルのリチウムイオン電池を搭載しているという。 伊藤忠商事は地球温暖化の原因対策として進展の著しいリチウムイオン電池事業を強化を推進し、リチウム資源の確保から生産、販売、二次利用まで展開する体制の構築を目指しており、地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)のシンクとの資本・業務提携もその一環の取組みだという。

> 伊藤忠商事が電気自動車(EV)業務提携で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

NECが電気自動車(EV)向けリチウムイオン電池で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に大きく寄与する電気自動車(EV)の開発と販売が急ピッチで進んでいる中、NEC(東京都港区芝)は、相模原事業場(神奈川県相模原市)において、電気自動車(EV)向けリチウムイオン電池用電極の量産を始めたと発表した。NECが同事業場で生産するほぼ全量が日産自動車の電気自動車(EV)向けになるという。NECでは、2010年度中に電気自動車(EV)向けリチウムイオン電池用電極の年間生産能力を、電気自動車(EV)約10万台分に相当する200万キロワット時にまで増強するという。このための投資額は累計で約200億円の見込みになるが、電気自動車(EV)の市場拡大に合わせ、2010年度中にさらに一段と電気自動車(EV)向けリチウムイオン電池用電極の生産能力を増強する可能性もあるという。生産した電気自動車(EV)向けリチウムイオン電池用電極は、日産自動車とNECグループが共同出資するリチウムイオン電池の生産会社、オートモーティブエナジーサプライ(神奈川県座間市)に納入し、日産自動車は地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に大きく寄与する電気自動車(EV)として「リーフ」を12月に日米欧で発売する予定を立てている。NECは2012年度末までに、地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)向けリチウムイオン電池用電極の生産能力を1000万キロワット時にまで拡大する計画を有しており、2012年度に電極を中心とした環境・エネルギー事業で1000億円の売り上げを目指す目標を立てている。

> NECが電気自動車(EV)向けリチウムイオン電池で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

石川県金沢市が電気自動車(EV)導入で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 石川県金沢市は8月の中旬に、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に効果があるとされる電気自動車(EV)1台を導入すると発表した。石川県によると石川県内にある19市町で電気自動車(EV)を導入するのは初めてのことだという。金沢市環境政策課は「金沢市主催によるイベントでの市民試乗体験などで、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減をPRしていくほか、電気自動車(EV)の経済性なども検証していく」と話している。金沢市は1993年度に軽自動車を改良した電気自動車(EV)を一台導入していたが、老朽化などを理由に2009年度に廃車していた。しかし、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に効果がある電気自動車(EV)は環境に優しいことから、2010年度に電気自動車(EV)を購入する方針を打ち出した。三菱自動車が開発した電気自動車(EV)i-MiEV(アイ・ミーブ)を購入するという。i-MiEV(アイ・ミーブ)の価格は一台で約四百万円だが、国の電気自動車(EV)補助金を活用し、約二百八十万円となる見込みだという。電気自動車(EV)の車体の色はモスグリーンにする予定であり、金沢市では5年間のリース契約期間中に経済性や効率性などを検証し、i-MiEV(アイ・ミーブ)を継続使用するかどうかを決めるという。金沢市は、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の一番の要因は運輸部門にあると考えている。このため、金沢市では、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量減少策として2014年度までに電気自動車(EV)のほか、二酸化炭素(CO2)排出量の少ないとされているハイブリッド車及び天然ガス自動車を計約310台導入する目標を持っているという。 

> 石川県金沢市が電気自動車(EV)導入で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

京都中央信用金庫が環境配慮型店舗で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 京都府を中心に近畿圏で展開している京都中央信用金庫(京都府京都市下京区)は、今後、新設するすべての店舗を地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する環境配慮型にすると発表した。LED(発光ダイオード)照明や電気自動車の採用で、1店当たりの地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量を1割削減し、近畿の地域金融機関の競争が激しい中、環境問題への配慮面で顧客にアピールする狙いがある。今月、京都中央信用金庫が大阪府枚方市に出した「くずは支店」を、年間で排出量の1割に当たる約3.7トンの地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できるエコ店舗としたという。来年に出店を予定している京都府庁前支店(京都府京都市)や高槻駅前支店(大阪府高槻市)も同様の地球温暖化の原因対策の店舗にするという。老朽化した既存店の建て替えにも地球温暖化の原因対策の設備を適用するという。エコ店舗は、営業車に電気自動車を採用したり、空調にガスヒートポンプエアコン(GHP)を使ったりして地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するという。さらに、LED(発光ダイオード)照明を利用した看板の設置や駐車場に配置する外灯も太陽光発電装置付きにして消費電力を大幅に抑制するという。京都中央信用金庫の本店がある京都府京都市は、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する京都議定書を締結した都市として、取引先の企業などにおいても顧客の環境意識が高いという特性がある。京都中央信用金庫は環境管理の国際規格ISO14001の認証取得に加えて、収益の一部を地球温暖化の原因対策などの環境基金などに寄付する金融商品の開発・販売などの地球温暖化の原因対策型商品開発も併せて進めている。

> 京都中央信用金庫が環境配慮型店舗で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

コスモ石油が神奈川県横浜市で200Vグリーン充電サービスによる地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 コスモ石油(東京都港区芝浦)は、コンビニチェーン店であるスリーエフ(神奈川県横浜市中区)とグリーンエネルギー証書事業を行うエナジーグリーン(東京都中野区中野)と共同で、神奈川県横浜市にあるスリーエフの2店舗に電気自動車EV)向けの200V充電器を設置し、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するグリーン電力証書を活用した200V充電サービス「グリーン充電サービス」を7月23日から開始すると発表した。電気自動車(EV)向けの200V充電器を設置するのは、神奈川県横浜市内にあるスリーエフの都筑大棚店と都筑勝田橋店となっている。スリーエフは、神奈川県内の営業車の一部に電気自動車(EV)を既に導入しており、これに加えてコスモEV会員及び同店舗に来店する消費者に向けて200V充電サービスを提供するという。200V充電サービスの利用料金は無料であるが、これを利用するにはコスモ石油が発行するコスモEV会員カードが必要となる。しかし、カードを持っていない人に対しても充電器のあるスリーエフでカードを貸し出すので利用できるという。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するグリーン充電サービスは、コスモ石油系列のサービスステーションに設置した太陽光発電システムから発電して生じた環境付加価値をエナジーグリーン社が地球温暖化の原因対策のグリーン電力証書として発行し、スリーエフが充電した電力量と同量の証書を購入することで実現した。利用者はこの充電器を利用する事で、電気自動車(EV)をまったく化石燃料を使用しない100%クリーンなグリーン電力で充電することになるという。コスモ石油では、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない自然エネルギー発電設備で発電した電力を、グリーン電力証書を活用して電気自動車(EV)の充電に活用する取り組みを試験的に実施することで、自動車から排出される地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に貢献していく仕組みを構築していく方針だという。

> コスモ石油が神奈川県横浜市で200Vグリーン充電サービスによる地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

ホンダがPHVとEVで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 ホンダの伊東社長は、埼玉県和光市で会見し、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減なども組み込んだ今後10年のビジョンを発表した。その中で、プラグインハイブリッド車(PHV)と電気自動車(EV)を2012年に日本及びアメリカで発売すると発表した。ホンダはこれまで、環境車の本命としてハイブリッド車(HV)に注力しており、アメリカEVベンチャーと提携したトヨタ自動車と同様にホンダも全方位の環境車戦略を採用することになったようだ。ホンダ伊東社長はプラグインハイブリッド車(PHV)について「中型車以上のモデル向けに最適なものを開発している。車のサイズや用途に最も適したハイブリッドシステムを複数開発して新型車への搭載を進める」と話している。また、電気自動車(EV)に関しても、「1回の充電で走れる航続距離が短いことや充電時間が長すぎることなどにクリアすべき課題があるが、走行時の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量がゼロであることから、新たな市場を創造する可能性がある」と話した。また、ハイブリッド車(HV)は、ガソリンエンジン車と同じ使い方ができることから、最も現実的な環境車であり、引き続き力を注ぐという。即ち、今秋には人気の小型車である「フィット」のHVを発売するほか、次期「シビック ハイブリッド」には、ホンダとGSユアサとの合弁会社ブルーエナジーのリチウムイオン電池を初めて搭載する。さらに、環境技術の進化に関連して、低燃費が強みである軽自動車の製造販売を強化するとした。三重県四日市市の軽自動車工場の建設の白紙撤回を正式表明したが、HVなどを生産する主力工場の一つである鈴鹿製作所(三重県鈴鹿市)で2012年から軽自動車の生産を開始する。

> ホンダがPHVとEVで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

神奈川県横浜市で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の太陽光発電ビジネスセミナー

 地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に寄与できる太陽光発電に何かと注目が集まっている。そうした太陽光発電に係るビジネスに関して、神奈川中小企業センタービル(神奈川県横浜市中区尾上町5)で横浜市地球温暖化対策事業本部「ヨコハマ・エコ・スクール(YES)」認定の講座「第1回太陽光発電がもたらすグリーンビジネスセミナー」が開催されると発表があった。太陽光発電ビジネスの講座開催の背景には、2010年1月から神奈川県横浜市が内閣府認定の環境モデル都市の基幹プロジェクトの一環としてスタートさせた「横浜市グリーンバレー構想」に基づくものである。具体的には、太陽光発電などの再生可能エネルギーや電気自動車のカーシェアリングの導入などの取り組みを通して、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の低炭素型指向のモデル地域の形成を目指すというものである。今回の太陽光発電セミナーは、TKグリーンプランニングの主催によるもので、講師は同社の岸村俊二さんとなっている。岸村さんは、日本初の太陽光発電専門の工業デザイナーであり、これまで約20年間にわたって太陽光発電システムの企画・開発に携わり、開発事例としては、ソーラーLED街路灯、ソーラーEV(電気自動車)ステーションがあるという。この講座は、今後ますます需要が高まる太陽光発電のビジネスに精通した人材をはぐくむことを目的として開催するものである。当日は、環境保全と太陽光発電ビジネスの両立を目指したビジネスモデルの構築について、豊富な国内外の太陽光発電の導入事例と最新の太陽光発電情報を交えて解説する予定になっている。さらに、理論や前例紹介だけではなく、具体的にどのようにすれば太陽光発電を事業化できるか、今後参入するにはどのような戦略が必要かなど、太陽光発電をビジネスとして成功させるためのヒントを多く提供するという。太陽光発電ビジネスセミナーの開催時間は7月23日14時~16時30分(13時45分開場)であり、定員は30人となっている。参加対象は、環境ビジネスや自然エネルギーに関心のある社会人で、参加費用は29,500円となっている。費用はやや高額であるが、このセミナーによって実際ビジネスとして成功するのであれば安いものであろう。

> 神奈川県横浜市で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の太陽光発電ビジネスセミナーはこちら

宮城県仙台市で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出を考える自動車セミナー開催

 宮城県仙台市産業振興事業団は、宮城県仙台市青葉区の事業団で7月20日に開催する地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出等に係る地球環境問題と自動車技術の今後のあり方を考える産学連携セミナーの参加者を募集していると発表した。同セミナーでは、日産自動車OBで石巻専修大学理工学部(宮城県石巻市)の川島純一教授が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の観点から「持続可能な自動車技術及び自動車社会」と題して講演する。地球温暖化の原因防止対策の観点から必要とされる新たな自動車の技術や、現在導入や開発が著しく進展している電気自動車などの潜在力、将来性などについて解説する。地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出を考える自動車セミナーは、仙台市産業振興事業団が開催しているセミナー「寺子屋せんだい」の一環として開催され、時間は同日の午後6時からであり、参加費用は1000円で、申し込み締め切りは15日までとなっている。連絡先は仙台市産業振興事業団022(724)1212である。

> 宮城県仙台市で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出を考える自動車セミナー開催はこちら

京都府京都市では京都市地球温暖化原因対策条例改正で二酸化炭素(CO2)40%削減

 京都府京都市において、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策について検討している京都市環境審議会(会長・内藤正明京都大名誉教授)は、京都市地球温暖化対策条例改正に向けた見直し案を、門川大作京都市長に答申した。その内容は、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を2030年度にまで40%削減(1990年度比)する目標値の明記や、事業者のエコ通勤促進などを求めるなど大胆なものとなっている。現行の京都市地球温暖化原因対策条例は10年までに10%削減を目標としているが、京都市は条例改正で次の目標や新たな地球温暖化の原因防止対策を盛り込むため、審議会に諮問していた。審議会からの今回の答申では、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を2030年度までに40%削減する目標に加え、中間目標として2020年度に二酸化炭素(CO2)排出量25%削減を明記したものとなっている。その目標の実現に向けた具体的な策として、特定事業者に対し社員の地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減につながるエコ通勤取り組み報告の義務化や、電気自動車やハイブリッド自動車などのエコカー普及に向けて業者に販売実績の公開・報告、ごみ焼却処分時のエネルギー回収強化、家庭用家電製品のエネルギー高効率化に向けた普及促進策などの徹底的な実施を求めているのが特徴となっている。内藤会長は「京都市から20世紀型石油エネルギー文明からの脱却を発信してほしい」と話した。京都市は7月中旬も京都市地球温暖化原因対策条例改正の骨子案をまとめ、9月定例京都市議会に条例改正案を提案する予定となっている。

> 京都府京都市では京都市地球温暖化原因対策条例改正で二酸化炭素(CO2)40%削減はこちら

長崎県五島市の地球温暖化の原因対策用の電気自動車(EV)パレードがギネス認定

 電気自動車(EV)については、走行中に地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)をまったく排出しないことから、我が国では地球温暖化の原因対策の一環として積極的に取り組むケースが増えてきている。そのような地球温暖化の原因対策に注目が集まる状況下で、長崎県五島市の五島列島に地球温暖化の原因対策用の観光用レンタカーとして導入された電気自動車(EV)が100台になったのを祝し、長崎県五島市で電気自動車(EV)のレンタカー100台がパレードに挑戦するイベントが行われた結果、それがギネス記録として認定されたと発表した。この地球温暖化の原因対策用の電気自動車のレンタカーのパレードは、長崎県五島市三井楽町の塩水漁港から同町柏までの「夕映えの道」を通る3.2kmの区間で実施された。イベントには、五島市内のレンタカー会社社員や旅館従業員ら約100人が参加し、ギネス記録の認定員が見守る中、電気自動車(EV)のレンタカーの車間距離を車2台分に保って時速約10キロで走行するという条件で走行したという。この電気自動車(EV)のレンタカーの導入に関しては、長崎県五島市に残るキリスト教会群の世界遺産登録を目指し、長崎県などは、地球温暖化の原因対策など環境問題に配慮した観光を目指すために決定したという。現在、長崎県五島市の新上五島町で35台、五島市で65台の電気自動車(EV)のレンタカーが利用されているという。長崎県では「電気自動車(EV)のレンタカーの利用者からは『思ったより馬力がある』と好評を得ている。この電気自動車(EV)のレンタカーの走行イベントもよいPRになった。今後、長崎県の五島市以外の地域にも電気自動車(EV)のレンタカーを広めていきたい」と話している。

> 長崎県五島市の地球温暖化の原因対策用の電気自動車(EV)パレードがギネス認定はこちら

地球温暖化の原因防止に寄与する電気自動車(EV)充電施設が愛知県名古屋市中区に整備

 愛知県名古屋市中区栄のエンゼルパーク駐車場の南館地下1階に、地球温暖化の原因防止に寄与する電気自動車向けの充電スタンドが開設され、名古屋市の栄地区では初めての設置となる。これは、自動車メーカーから、地球温暖化の原因防止に寄与する電気自動車(EV)が数多く発売されるような状況になり、今後、PHV車(プラグインハイブリッド車)の本格的な市場導入も予定されているなど、電気自動車(EV)の充電設備の普及に弾みをつけることを目的としている。これは、愛知県が地球温暖化の原因防止対策として主催する「あいちEV・PHV普及ネットワーク」のモデル事業の一つとなっている。今回整備された愛知県名古屋市中区栄のスタンドには電気自動車(EV)用充電器2基が設置されており、同駐車場の利用者は、無料で最大135分間充電ができるという。愛知県地球温暖化対策室によると、地球温暖化の原因防止対策としての普及ネットワークに参加する企業が設置し、一般公開されている充電器は、愛知県内で63基あり、名古屋市内には34基あるという。駐車場を運営するエンゼルパークは「駐車の間に、電気自動車(EV)充電施設で気軽に充電してほしい。これを機に栄地区に、もっと電気自動車(EV)充電スタンドが増えれば」とコメントしていた。

> 地球温暖化の原因防止に寄与する電気自動車(EV)充電施設が愛知県名古屋市中区に整備はこちら

地球温暖化の原因防止に期待されるEVEX&CSF2010

 神奈川県横浜市にあるパシフィコ横浜で、7月14日から16日までの3日間、地球温暖化の原因防止対策の切り札ともいわれている「電気自動車開発技術展(EVEX)2010」及び「クリーン発電&スマートグリッドフェア(CSF)2010」が開催される。EVEXは、地球温暖化の原因防止に寄与する次世代環境対応車の有力候補として期待されている電気自動車(EV)の技術開発と普及を目的とした展示会となっている。温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量による地球温暖化の原因防止や資源枯渇の危機といった問題から、現在、自動車はガソリン等による内燃機関の車から電気による動力への転換が求められている状況にあるといえる。電気自動車への本格的な移行が開始されるには5~10年はかかると見られているが、これまでの自動車部品メーカーにとっては、地球温暖化の原因防止に寄与するとはいえ、内燃機関の車に比べて自動車一台あたりの部品点数が半分にも満たないといわれる電気自動車EVへの移行には多くの課題を抱えているといえる。こうした現状を踏まえる中で、自動車メーカーや部品サプライヤー、そしてEV事業への新規参入を目指す企業同士の交流を促進し、地球温暖化の原因防止を進めると共に新たなビジネス創出を図るものとして開催される。
 一方、CSF展は、発電時に地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない「クリーン発電」と、次世代送電網「スマートグリッド」に特化した展示会となっている。太陽光発電・風力発電などを利用した地球温暖化の原因防止となる再生可能エネルギー発電システムや、それらから生まれたクリーンエネルギーと地域、家庭及び自動車をつなぐネットの構築に必要なハードやソフトに係る技術・製品が展示されるという。地球温暖化の原因防止となる再生可能エネルギーの効率化が高まることで、電力会社を中心としたこれまでの電力供給の仕組みから、企業や、家庭レベルでの発電、送電に転換していくことが可能となってくる。このネットワークがスマートグリッドであり、これにかかわるビジネスや製品を紹介することで、地球温暖化の原因防止となる低炭素社会に向けた企業や自治体の取組みの認知促進を図ることを目的として開催される。地球温暖化の原因防止のイベントとしては、両展共通企画として、「大容量バッテリー特設ゾーン」、「スマートコミュニティ特設ゾーン」を開設している。EVやスマートグリッドの最重要構成要素ともいえるバッテリーを紹介するとともに、既にEVを導入してスマートグリッドを実行している外国や自治体の取組みを紹介するものとなっている。展示会と同時に開催されるセミナーが数多く、24セッションも実施される。そのセミナーの中には、EVEX実行委員長で早稲田大学大学院環境・エネルギー研究科の大聖教授をはじめ、EVの将来やスマートグリッドを通じた多彩なセッションを開催する予定となっている。これ以外にも特設ステージやセミナールームでは出展社らによるセミナーやプレゼンテーションが実施されるという。さらに、会場では電気自動車EVの実車展示及び同乗体験会も実施する。体験できる電気自動車EVは、日産リーフ、テスラロードスター、光岡雷駆、ゼロスポーツのEVなど全19台のEVや電動バイクが展示される。三菱i-MiEV、スバルプラグインステラ、BMWMINI Eは同乗走行が可能となっており、会場内をEVが走り回り、次世代エコカーに見て触れて楽しむ事ができる催しとなっている。

> 地球温暖化の原因防止に期待されるEVEX&CSF2010はこちら

三菱自動車が地球温暖化の原因防止の電気自動EV普及でデンマーク政府と協力

 地球温暖化の原因防止対策に積極的に取り組んでいる三菱自動車は、在日デンマーク大使館において、デンマーク政府と地球温暖化の原因防止対策に繋がる電気自動車i-MiEVの普及に関する覚書を締結したと発表した。デンマーク政府は今後、地球温暖化の原因防止対策として2011年以降にi-MiEVを導入し、プロモーション活動を行うとともに、充電設備などのインフラ整備を推進していく。デンマーク政府は、地球温暖化の原因防止のため、温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するため、電気自動EVの購入に優遇税制を適用するなどしてEVの普及を促進しており、今回、量産EVを市販している三菱にEV普及の協力を要請した。今回の地球温暖化の原因防止対策に係る覚書締結に対し、デンマーク大使は、「本日、三菱自動車とデンマーク政府間でデンマーク国における地球温暖化の原因防止対策に係る電気自動車に関するプロジェクトについてMoUを結ぶことができましたことを大変嬉しく思っています。日本とデンマークは地球温暖化の原因防止対策に係る環境技術において世界のリーダーであり、電気自動車における連携は両国産業の発展のみならず、地球環境の改善に必ずや貢献できると考えております。電気自動車における三菱自動車の高い技術力と技術分野におけるデンマークの革新性が融合し、新たなソリューションが生まれることを願っています」とコメントした。また、三菱自動車社長は、「この度、地球温暖化の原因防止対策を始めとする環境先進国のひとつであるデンマーク政府が当社を電気自動車の普及のためのパートナーとして選んでいただいたことを大変嬉しく思います。同国でのより良い地球温暖化の原因防止対策を始めとする環境社会の実現に向け、貢献していきたいと思います」と話した。

> 三菱自動車が地球温暖化の原因防止の電気自動EV普及でデンマーク政府と協力はこちら

滋賀県栗東市が地球温暖化の原因対策で公用車に電気自動車を導入

 滋賀県栗東市は公用車として、三菱自動車の地球温暖化の原因防止対策となる電気自動車「アイ・ミーブ」2台を導入したと発表した。電気自動車の公用車利用は滋賀県内市町では初めてのことになる。今回の導入は、2009年3月に栗東市が定めた環境に関する行動計画の一環としての地球温暖化の原因防止対策の取組みとなっている。また、三菱自動車は、滋賀県の新幹線新駅予定地の跡地に新工場を建設予定の「リチウムエナジージャパン」の出資企業の一つとなっている。栗東市は三菱自動車と電気自動車のリース契約を結び、料金は維持費などを含めて1台に当たり年約72万円になるという。地球温暖化の原因防止対策として今回導入した電気自動車は100%電気のみで走行するため、地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素などの排気ガスは一切出さないものとなっている。電気自動車の馬力は通常のガソリン車換算で64馬力程度しかないが、加速に必要なトルクは1800CCのセダン並みの性能があるという。電気自動車は、栗東市長や栗東市職員の移動などに使用する。国松栗東市長は「栗東市として地球温暖化の原因防止対策を始めとする環境重視のまちづくりを目指したい」と話している。

> 滋賀県栗東市が地球温暖化の原因対策で公用車に電気自動車を導入はこちら

福岡県福岡市で地球温暖化の原因防止に寄与するEV公用車を休日は市民に無償貸与

 福岡県福岡市は7月から、公用車として使っている地球温暖化の原因防止に寄与する電気自動車EV)を福岡市の業務がない土日祝日に福岡市民に無料で貸し出すカーシェアリングの実験を行うと発表した。地球温暖化の原因防止に寄与する電気自動車を気軽に運転できる環境を整えることで、地球温暖化の原因対策に有効な電気自動車の普及を図るのが目的だという。福岡市では実施にあたり、レンタル等のノウハウを持つ民間業者を14日から公募している。福岡市港湾局によると、実験は7月から12月中旬までの土日祝日の約50日間を予定している。地球温暖化の原因防止に寄与する電気自動車の利用希望者は福岡市東区の人工島にある駐車場で電気自動車を借り、返却する仕組みだという。詳細で具体的な運用方法は今後選ばれる民間業者に任せられるが、福岡市では、多くの人に利用してもらうため、時間制による予約での運用を想定している。福岡市は現在、三菱自動車製の電気自動車「アイ・ミーブ」8台を所有している。従来はイベント等で市民が助手席に乗るだけで、運転はできなかったというが、今回の実験で利用希望者が多ければ、来年度以降、対象台数を増やす可能性もあるとコメントしている。

> 福岡県福岡市で地球温暖化の原因防止に寄与するEV公用車を休日は市民に無償貸与はこちら

富山県黒部市の宇奈月温泉で地球温暖化の原因防止の電気自動車でエコ観光

富山県黒部市の宇奈月温泉で電気自動車や電動アシスト自転車などを一般客に無料で貸し出すレンタル事業が始まった。黒部市では、この地球温暖化の原因防止にも寄与する取組みが「観光の起爆剤になれば」と期待している。無料で貸し出された電気自動車は、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素を排出しない「ゼロスポーツ」(岐阜県各務原市)のエレクシードRSと「CQモーターズ」(千葉県いすみ市)のキューノ計2台で富山県黒部市内の宇奈月温泉周辺の8・5キロ・メートルと7・4キロ・メートルの2コースで走行可能だという。この電気自動車以外にも、電動アシスト自転車20台と電動カート1台も貸し出された。試乗した観光客によると「エンジンが静かで環境に優しい。温泉の景色も楽しめた」と話した。富山県黒部市の富山地鉄宇奈月温泉駅前で開かれた記念式典で堀内黒部市長は、「環境に負荷をかけない考え方はすばらしい。黒部市としても地球温暖化の原因防止の新エネルギーの導入に努めたい」と延べた。

> 富山県黒部市の宇奈月温泉で地球温暖化の原因防止の電気自動車でエコ観光はこちら

地球温暖化の原因防止の電気自動車(EV)普及へ各社加速

地球温暖化の原因防止に大きく寄与する電気自動車EV)普及の取り組みが増えてきた。東京都内では、世界初のバッテリー交換式電気自動車(EV)タクシーが試験的に営業を始めたほか、自動車メーカーと国・自治体による意見交換会や、日米企業間の共同研究の動きも出てきた。今後、主要メーカーの電気自動車(EV)販売も本格化し、「究極のエコカー」が身近になりそうな勢いとなっている。米ベンチャー企業である「ベタープレイス」では、タクシー大手の日本交通と共同で、電気自動車(EV)タクシー3台の試験運行を始めた。経済産業省の実証事業で、7月31日までの期間限定となる取組みであるが、六本木ヒルズ(東京都港区)の専用乗り場から、通常と同じ料金体系で、電気自動車(EV)タクシーを体験できる。この取組みの最大の特徴は、バッテリーを専用施設で交換する方式を採用したことだという。タクシーへの電気自動車(EV)導入は、EVの走行距離の短さや充電時間の長さが難点だったが、充電済みのバッテリーに交換するだけで、時間をかけずに1日約300キロ・メートル走ることが可能になったという。日本法人「ベタープレイス・ジャパン」の社長は記者会見で、都内の乗用車に占めるタクシーの割合が約2%なのに、地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量は20%を占めると指摘し、「地球温暖化の原因防止に大きく寄与する電気自動車(EV)大量普及への呼び水にしたい」と述べた。埼玉県さいたま市内では26日、自動車メーカーと自治体などが電気自動車(EV)普及策を話し合う「第1回E―KIZUNAサミット・フォーラム」が開かれ、2県18市の代表らがEV購入時の自治体独自の補助制度などを紹介した。神奈川県藤沢市では、電気自動車(EV)に対して一定の条件下で35万円を上限に補助する制度が設けられており、三菱自動車のEV「アイ・ミーブ」(車両本体価格398万円)であれば、国・神奈川県の制度と合わせて約200万円の補助金が受けられるという。一方、日産自動車は、米複合企業ゼネラル・エレクトリック(GE)と、EVの充電技術などで共同研究を始めると発表した。このように、地球温暖化の原因防止に大きく寄与する電気自動車(EV)普及の取り組みが加速してきている。

> 地球温暖化の原因防止の電気自動車(EV)普及へ各社加速はこちら

地球温暖化の原因防止の次世代エコカー普及には支援策が必要

日本自動車工業会の青木哲会長は23日の定例会見で、政府が打ち出している地球温暖化の原因防止に寄与するハイブリッド車電気自動車などの次世代エコカーの普及計画については、かなり厳しい目標ではないかとしたうえで、その達成のためには大きな支援策が不可欠だと述べた。地球温暖化の原因対策の一環として経済産業省は次世代自動車戦略のなかで、2020年度の次世代車(ハイブリッド車や電気自動車など)が新車販売に占める比率を20~50%と掲げる方針としている。青木会長はこうした目標を「野心的で高い目標」だが、実現に向けては「政府の責任で地球温暖化の原因防止の次世代エコカー普及支援策を打ち出すべき」と強調した。地球温暖化の原因防止の次世代車はエコカー減税や補助金により、2009年度はハイブリッド車を中心に約10%になった。しかし、この効果は、地球温暖化の原因防止の次世代エコカー減税などの後押しが効いたためであり、自工会の試算では「政策支援がないと20年度も10%強にとどまる」という。自動車業界として地球温暖化の原因防止の次世代エコカーの開発・生産を「重要課題として取り組む」ものの、「人的、時間的制約は大きく、コスト的にも割高になる」と指摘、減税などの支援策が必要との立場を表明した。

> 地球温暖化の原因防止の次世代エコカー普及には支援策が必要はこちら

経済産業省の地球温暖化の原因防止に寄与する「エネルギー基本計画」原案

 経済産業省は、地球温暖化の原因防止に寄与するための対策を検討する総合資源エネルギー調査会を開催し、2030年までのわが国のエネルギー政策の指針を定める「エネルギー基本計画」の原案をまとめた。原案では、地球温暖化の原因防止に寄与するため、電気自動車(EV)などのハイテク製品に欠かせないレアメタル(希少金属)の自給率を50%以上に引き上げ、原子力発電についても、骨子では明記しなかった30年時点の設備利用率(稼働率)目標を90%に設定するなど一歩踏み込んだ内容となっているのが特徴だ。レアメタルは今後大きな成長が見込まれ、地球温暖化の原因防止に寄与する省エネ、環境分野に不可欠な素材で、国際市場で価格が高騰している。しかし、日本国内には鉱山がなく、ほぼ全量を中国などからの輸入に頼っているため、今回示した自給率は、海外の権益や携帯電話など使用済み家電から回収できる「都市鉱山」も含めた数字だという。都市鉱山からの回収データはないが、海外権益を通じた自給率は現在、ニッケルが25%あるだけで、リチウムやレアアースは0%など、ごくわずかな量にとどまっている。基本計画ではレアメタルの安定確保を目指し、地球温暖化の原因防止に寄与する省エネ技術の移転やインフラ建設などを通じて資源国との関係を強化して、海外権益の取得に努める。さらに、携帯電話などの回収事業を進めるほか、レアメタルに頼らない代替物質の研究開発も支援するとしている。
 一方、発電時に地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)をほとんど出さない原子力発電は、地球温暖化対策の中核として開発を進めることとしている。しかし、周辺住民からの反発が強い新増設計画の着実な推進や、過去4年間、60%台で低迷している稼働率の向上が課題となっている。計画では、20年までに新増設9基(稼働率85%)、30年までに同14基以上(同90%)にする目標を示し、電源立地交付金制度の改善や各発電所の保守管理強化などで実現を図るという。

> 経済産業省の地球温暖化の原因防止に寄与する「エネルギー基本計画」原案はこちら

東京都が地球温暖化の原因防止に寄与するEV・PHV普及シンポジウム開催

 東京都は、平成22年2月19日に港区立麻布区民センター 区民ホールにおいて地球温暖化の原因防止に寄与する「EV・PHV普及シンポジウム」を開催すると発表した。実用性が高く環境性能に優れたEV(電気自動車)・pHV(プラグインハイブリッド自動車)の市場販売が開始され、地球温暖化の原因防止に寄与するという環境面に加えて、蓄電機能やIT技術を活用した機能も期待されるなど、社会が変革していく大きな可能性を有している車である。今回のシンポジウムは、こうした次世代の地球温暖化の原因防止に寄与する環境対応車の更なる普及拡大を図ることを目的として開催するものとなっている。シンポジウムの内容としては、早稲田大学大学院教授の大聖氏による基調講演「地球温暖化の原因防止に寄与する環境・エネルギーと自動車」が行われるほか、トヨタ自動車(株)、日産自動車(株)、富士重工業(株)、三菱自動車工業(株)、東京電力(株)他をパネリストに迎えた討論会「地球温暖化の原因防止に寄与するEV・pHVが主役の新たな時代へ」や「東京都EV・pHV普及連携パートナー」による地球温暖化の原因防止に寄与する取組の発表が予定されている。東京都では、先着で200人の無料参加者を募集している。参加希望者は、所定の参加申込書に必要事項を記入のうえ、2月17日までに郵送、FAX又はE-mailにて申し込む必要がある。申込先 東京都環境局自動車公害対策部計画課計画係〒163-8001 新宿区西新宿二丁目8番1号FAX:03-5388-1378E-mail:S0000628@section.metro.tokyo.jp
ケアマネージャー・介護支援専門員の求人募集転職和服振袖留袖着物レンタル貸衣装情報金プラチナ貴金属高価買取情報情報

> 東京都が地球温暖化の原因防止に寄与するEV・PHV普及シンポジウム開催はこちら

群馬大学で超小型電気自動車で地球温暖化の原因防止

 群馬県にある群馬大学工学部で地球温暖化の原因防止につながる「次世代EV(電気自動車)研究会」が発足し、松村修二客員教授が中心になって、全長2.5メートルの1人乗り超小型電気自動車「Mag-E1(マギーワン)」の開発を進めている。地球温暖化の原因防止につながる電気自動車はエンジンの代わりにモーターと制御装置、ガソリンの代わりにリチウムイオンバッテリーを使って走り、走行中の地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量はゼロであり、使用電力の発電時排出量を含めても、ガソリン車に比べると約4分の1に抑えることができ、地球温暖化の原因防止対策として期待がかかっている乗り物である。電気自動車の普及への課題は、走行距離と価格であり、バッテリーをたくさん積めば距離は伸びるが、車体が重くなりエネルギー効率が悪くなり、充電に時間がかかるうえ、価格も跳ね上がることになる。研究会は走行距離に目をつぶり、地球温暖化の原因防止につながる電気自動車マギーワンの用途を近距離の移動に限定することにしてこれを解消しようとしている。さらには、徹底的なコストダウンを図り、電気自動車を低価格で気軽に乗れる原動機付き自動車に位置づけることで、大手自動車メーカーの電気自動車との差別化を打ち出した。
 地球温暖化の原因防止につながる電気自動車マギーワンの大きな特徴は、シンプルな構造と軽さであり、フレームは難燃性マグネシウムを使用し、約28キロに抑えている。車輪の駆動システムとして、後輪にモーターを組み込んだ「インホイールモーター」を採用し、これは、トランスミッションやギアが不要で、一層の軽量化とコスト削減が可能になり、車体重量はわずか150キロに収まっている。地球温暖化の原因防止につながる電気自動車の最高速度は60キロで、家庭用電源でわずか30分で、専用の急速充電設備を使えば5分で充電できるという優れものである。地球温暖化の原因防止につながる電気自動車の走行距離はバッテリー1セットで30キロと行動範囲は限られるが、将来的に量産体制が確立できれば、100万円以下の価格も可能だという。群馬県は1世帯当たりの自動車保有台数が約1.68台と全国第3位で「街乗り用のセカンドカー」としての需要に期待がかかる。群馬県環境政策課によると、群馬県内のクリーンエネルギー(ハイブリッド・天然ガス・電気)自動車の登録台数は、2009年3月末に1万309台と、この10年間で約22倍に増えた。しかし、ハイブリッド車が全体の97%を占めており、電気自動車は10年前からわずか2台増の20台にとどまる。環境省によると、2008年度の日本の二酸化炭素(CO2)直接排出量約12億8600万トンのうち、自動車や船舶などの運輸部門の二酸化炭素(CO2)は約2億3600万トンと約20%を占めている。地球温暖化の原因防止対策には、運輸部門の二酸化炭素(CO2)排出量削減も課題となる。松村さんは「電気自動車は太陽光発電などの自然エネルギーを使えば、二酸化炭素(CO2)排出量をゼロにできる可能性も持っている。移行期に一番フィットするのはハイブリッドだが、数十年先には電気自動車は必ず本格的に普及する」と話す。
薬剤師・管理薬剤師の求人募集転職栄養士・管理栄養士の求人募集転職保育士の求人募集転職

> 群馬大学で超小型電気自動車で地球温暖化の原因防止はこちら

滋賀県が地球温暖化の原因防止対策として電気自動車充電設備30か所整備

 滋賀県は新年度、地球温暖化の原因防止対策として電気自動車の充電設備を滋賀県内に約30か所整備する事業の予算化を検討している。フル充電1回当たりの走行距離が琵琶湖半周程度と短い欠点を補い、地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)の排出が少ない電気自動車の普及を目指す。設置するのは、電圧200ボルトの充電設備で、1時間で走行距離約20キロ分を充電でき、滋賀県立施設のほか、民間商業施設などでの設置を想定している。電気自動車のフル充電1回あたりの走行距離は百数十キロであることから、滋賀県内各地で充電できるよう、分散して配置する計画となっている。重電料金は滋賀県立施設では当面無料とし、民間で料金を徴収するかどうかは各施設に任せる方針だという。滋賀県内ではマイカーからの地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出量が全体の12%を占め、滋賀県は2030年において地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出量半減を目指しており、電気自動車への買い替え促進の一環として計画した。滋賀県の地球温暖化の原因担当課では「滋賀県が充電設備を先駆け、CSR(企業の社会貢献活動)の一環で民間駐車場などに広まれば、利便性が高まる。地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素排出量削減のため、電気自動車普及の呼び水にしたい」としている。
病院臨床検査技師の求人募集転職看護師・准看護師の求人募集転職保健師の求人募集転職

> 滋賀県が地球温暖化の原因防止対策として電気自動車充電設備30か所整備はこちら

神奈川県横浜市が地球温暖化の原因防止の低炭素型モデル地域形成を目指す

 神奈川県横浜市は、既に内閣府から認定を受けている環境モデル都市の基幹プロジェクトの一環として、神奈川県横浜市内の金沢臨海部を拠点に地球温暖化の原因防止の環境と経済の両立を図る「横浜グリーンバレー構想」の具体化に乗り出した。地球温暖化の原因防止の太陽光発電など再生可能エネルギーやEV(電気自動車)カーシェアリングの導入、環境・エネルギー産業の育成支援などに取り組み、地球温暖化の原因防止の低炭素型のモデル地域形成を目指すという。神奈川県横浜市では、環境モデル都市の認定を受け、昨年8月に神奈川県横浜市地球温暖化対策事業本部長の諮問機関として発足した「横浜グリーンバレー実行計画策定委員会」(委員長・鈴木伸治横浜市大准教授)が地球温暖化の原因防止の構想の具体化を検討していた。構想の名称には、米国のシリコンバレーの環境版を最終目標とする狙いを込めたという。住宅団地、産業団地、公園・緑地帯、海といった横浜市のすべての要素がコンパクトに集まっている金沢臨海部の地域特性を生かし、地区内に三つのモデル地区を設定し、当面は家庭や事業所などの使用エネルギーと地球温暖化の原因防止の再生可能エネルギー供給量のモニタリング、EVカーシェアリング、地区内にキャンパスを置く横浜市大と連携した環境教育などに着手するという。神奈川県横浜市は、2050年までの長期構想として、(1)地球温暖化の原因防止の低炭素化を図るエネルギー施策の展開(2)世界に求められる地球温暖化の原因防止の環境・エネルギー産業の育成(3)既存施設や自然環境を利用した地球温暖化の原因防止の環境啓発拠点の創出を3本柱に施策展開していく予定となっている。神奈川県横浜市は、事業の推進組織として2010年度中に事業者、住民、民間団体、行政などで構成する「横浜グリーンバレー推進協議会」を設置し、地元の横浜市大や関東学院大などとも連携し、省エネや環境ビジネスといった地球温暖化の原因防止の分野別のワーキンググループも設け、エネルギーや環境関連の事業化、製品化にも取り組むという。神奈川県横浜市は、「金沢臨海部をモデルに地球温暖化の原因防止の低炭素社会への移行を進めるとともに、環境との調和を図ることで、地域経済の持続可能な発展を実現したい」と話している。
地上デジタルテレビアンテナ工事情報レディースファッションブランド品リサイクルショップ情報家電リサイクルショップ高価買取販売情報

> 神奈川県横浜市が地球温暖化の原因防止の低炭素型モデル地域形成を目指すはこちら

茨城県つくば市で地球温暖化の原因防止の低炭素交通の社会実験

 伊藤忠商事(東京港区)は来年3月、茨城県つくば市などと共同で地球温暖化の原因防止低炭素交通社会システムの共同実証プロジェクトに乗り出すと発表した。茨城県つくば市内のコンビニエンスストアやガソリンスタンドに電気自動車を配置し、車の共同利用であるカーシェアリングをすることにより地球温暖化の原因防止の低炭素交通システムの実証を目指すという。同社などはつくば市の研究機関から助言を受けた上でシステムの最適化を図る予定だという。地球温暖化の原因防止の実験は茨城県つくば市の公用車とコンビニエンスストア「ファミリーマート」の社用車、地域住民や出張者用の電気自動車をカーシェアリング車両として配備するという。電気自動車はマツダのデミオをベースに米国製の車載リチウムイオン電池システムを搭載したものを利用する。茨城県つくば市の新庁舎に最も近いコンビニエンスストア「ファミリーマートつくば研究学園店」と伊藤忠エネクスのガソリンスタンド「学園東大通りSC店」に急速充電器と定置用蓄電池、太陽光発電を設置する。ここでは、地球温暖化の原因防止の太陽光で発電した電力を電気自動車に給電するほか、店内の照明などにも使用することによって、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減を目指すという。エリア内には、さらに地球温暖化の原因防止対策を進めるため、定置用蓄電池を設置することにより、昼間の太陽光で発電した電力を夜間に使うことも可能になる。同社などではこれらの一連の地球温暖化の原因防止対策による車載電池と定置用電池の放電・充電状態や劣化状況などをリモート監視して、車載電池などの2次利用の研究に役立てることにしている。さらに、電池システムの使用状況の履歴やカルテを作成し、性能評価と製品保証の仕組みを構築することで、地球温暖化の原因防止対策の二次利用市場への普及促進と価格の低減を目指すという。研究には産業技術総合研究所や日本自動車研究所など茨城県つくば市内の研究機関が参加し、それの立場から助言することになっている。茨城県つくば市やファミリーマートでは、地球温暖化の原因防止対策のプロジェクトを進める中で、電気自動車を市民へ貸し出すことも計画しており、取り組みを広く市民に知ってもらい、地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会の考え方をPRする考えだという。市原健一茨城県つくば市長は「茨城県つくば市の街はこうした社会実験に向いている。茨城県つくば市での地球温暖化の原因防止対策の実験成果を全国に発信したい」と話している。
ハウスクリーニング掃除清掃代行情報エアコンクリーニング業務用家庭用掃除洗浄情報着物きものクリーニング専門丸洗い情報

> 茨城県つくば市で地球温暖化の原因防止の低炭素交通の社会実験はこちら

地球温暖化の原因防止対策として茨城県土浦市が公用車に電気自動車導入

 土浦市民へ地球温暖化の原因防止対策として環境問題への取り組みをアピールしようと、茨城県土浦市は茨城県内の自治体で初めて公用車に電気自動車を購入し、27日に納車された。購入した電気自動車は三菱自動車の軽自動車「アイミーブ」1台となっている。地球温暖化の原因防止対策の電気自動車の定員は4人で、外装デザイン経費も含め482万3千円で購入した。地球温暖化の原因防止対策の電気自動車は、100ボルトで14時間、200ボルトで7時間充電することで約160キロ走行できる。地球温暖化の原因防止対策の電気自動車の車体には成長をイメージする植物の芽と空や水をイメージする青でデザインとなっているが、電気自動車をアピールするためコンセントを描いた。茨城県土浦市では購入した地球温暖化の原因防止対策の電気自動車のをさまざまなイベントで展示するほか、職員が日常の業務で利用して地球温暖化の原因防止対策をPRする。中川清土浦市長は「土浦市民や事業者の皆さんに地球温暖化の原因防止対策や環境の重要性をPRする土浦市のフラッグシップカーとして活用したい」と話している。
雨水再利用タンクシステム情報屋上緑化情報桐箪笥タンスの販売修理情報

> 地球温暖化の原因防止対策として茨城県土浦市が公用車に電気自動車導入はこちら