TOPページ > 検索結果

検索結果 【電動自転車】

福岡県北九州市はレンタル電動自転車で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策

 福岡県北九州市は、地球温暖化の原因対策として北九州市内の小倉北区中心部などで貸出しされている電動自転車「シティバイク」の公務でのレンタル利用を開始すると発表した。レンタル電動自転車の利用は、車の駐車が難しい北九州市内の都心部での北九州市職員の移動手段にすることによって、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減し、環境モデル都市として「脱自動車」を図る目的もあるという。福岡県で北九州市のように公務で電動自転車のレンタル利用を行うのは初めてのことだという。北橋健治北九州市長は「電動自転車のレンタルは地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を排出しない地球に優しい移動手段になる。北九州市職員が率先して使用することで、北九州市内の企業や市民にも身近な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一つとしてレンタルしてほしい」と期待しているという。地球温暖化の原因対策に貢献するレンタル電動自転車のシティバイクは、北九州市内のNPO法人「タウンモービルネットワーク北九州」が運営している。二酸化炭素(CO2)を排出しない電動自転車のレンタルや返却ができるサイクルステーションが北九州市小倉北区のJR小倉駅や小倉北区役所など中心部に7か所、八幡東区のJRスペースワールド駅や八幡東区役所など東田地区に3か所設置されており、電動自転車116台を24時間レンタルして利用することができ、レンタルした電動自転車は、借りたステーションとは違う場所に返すこともできるという。北九州市では、地球温暖化の原因対策としてネットワークと法人レンタル契約を結び、二酸化炭素(CO2)を排出しない電動自転車を使用する課ごとに使用者の登録を行ってレンタル会員カードの発行を受けることになる。地球温暖化の原因対策の電動自転車の基本レンタル料金は無料で、1時間ごとに105円のレンタル利用料金を支払うことになるという。北九州市役所本庁、小倉北区役所、八幡東区役所の職員が企業との打ち合わせや工事現場の監督、ケースワーカーの調査などでレンタルするという。地球温暖化の原因対策に貢献するシティバイクの電動自転車は、3月27日から北九州市内でレンタルが始まり、これまでに会員レンタル及び一時レンタルを含めて3363台のレンタルがあったという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県北九州市はレンタル電動自転車で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策はこちら

兵庫県の観光地が電動アシスト自転車で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減

 兵庫県では、観光地の自動車利用による地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を少しでも削減しようと、観光客向けに二酸化炭素(CO2)を排出しない電動アシスト自転車の貸し出しを行う地方自治体が増加している。電動アシスト自転車は、販売開始から15年ほどたっているが、当初の課題であった自転車のバッテリーの小型化や容量の増大といった改良が進んみ、販売価格もこなれてきたことから、出荷台数は当初の約4倍にもなっている。兵庫県神戸市も地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するといった環境問題への配慮から、走行時に二酸化炭素(CO2)を排出しない電動アシスト自転車の貸し出しを試行する予定だという。神戸市の地球温暖化の原因対策の担当者は「観光も地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するエコ時代になっている。今後、本格的な地球温暖化の原因対策の事業化も検討したい」とコメントしている。電動アシスト自転車は1990年代半ばごろに本格的に販売が始まった。電動アシスト自転車メーカー各社で作っている「電動アシスト自転車安全普及協議会」によると、当初は電動アシスト自転車の車体が30kgほどもあり、1回の充電で可能な走行距離もかなり短かった。しかし、年々、電動アシスト自転車の性能がアップしたことから、1996年に約9万1600台だった国内出荷台数は、昨年、約36万5000台(社団法人自転車協会調べ)まで増加したという。兵庫県内では、篠山市が出資する社団法人が昨年8~12月に、経済産業省の委託を受け実施したレンタルサイクルの社会実験では、普通の自転車と電動アシスト自転車を64台用意し、篠山市内のJR篠山口駅前などを拠点に有料で貸し出した結果、観光客に大好評だったという。そのため、今年4月には本格的に電動アシスト自転車のレンタルサイクル事業を開始し、台数も80台に増やし、1日1000円で貸し出している。兵庫県内では、ほかに淡路市が電動アシスト自転車のレンタルサイクル事業を導入しており、神戸市でも電動アシスト自転車の貸し出し事業を試験実施するという。神戸市では、電動アシスト自転車を30台以上用意する予定をしており、神戸市の繁華街及び観光地である三宮・元町、ハーバーランドなど5か所以上に拠点を設け、神戸市内の拠点間の移動に使ってもらうといい、利用料金などを検討しているという。神戸市地球環境課は「電動アシスト自転車のレンタルサイクル事業は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量抑制につながる可能性がある。車が通れない路地などもたくさんあり、地球温暖化の原因防止対策ともいえる電動アシスト自転車に乗って、環境問題に取り組む新たな神戸市の魅力を発見してほしい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 兵庫県の観光地が電動アシスト自転車で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減はこちら