TOPページ > 検索結果

検索結果 【電動バイク】

テラモーターズは岩手県に電動バイク「タッソ」の寄贈で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 テラモーターズ(東京都渋谷区)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として製造している同社の電動バイク「タッソ」1台を岩手県庁(岩手県盛岡市、達増拓也知事)に寄贈すると発表した。岩手県では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する乗り物として、岩手県庁の公用車として岩手県職員が近距離出張を行う際の交通手段として使用するという。テラモーターズが電動バイクのタッソを地方自治体へ寄贈するのは今回が初めてのケースになるという。岩手県庁では、政策として地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に積極的に取り組んでおり、公用車についても可能な限りハイブリッド車等の二酸化炭素(CO2)排出量の極めて少ない環境対応車への切り替えを図っている。こうした岩手県庁の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みと電動バイクの相性が良いことや、岩手県知事の名前がテラモーターズの電動バイクと同じ「たっそ」であることから寄贈することになったという。電動バイクのタッソは、走行時の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量がゼロであるだけではなく、1充電約30円で40Km走ることができるほか、最高速度も50Km/h出る実用的な仕様になっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> テラモーターズは岩手県に電動バイク「タッソ」の寄贈で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

京都府笠置町は小型電気自動車(EV)と電動バイクで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 京都府笠置町は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環の取組みとして、小型電気自動車(EV)と電動バイク計11台を公用車としての試験運用を始めた。約1か月間にわたって運用して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の効果や有用性を調査し、小型電気自動車(EV)と電動バイクの本格運用に向けた検討材料にするという。走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない小型電気自動車(EV)と電動バイクの運用は、地域で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を目指す環境省(東京都千代田区霞が関)の委託事業となっている。京都府笠置町や地域計画建築研究所(京都府京都市)、同志社大学(京都府京都市上京区)などでつくる協議会が主体となって実施する。地域計画建築研究所は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する電動バイクを地方自治体が公用車として運用するのは、京都府笠置町が関西で初めて」と話している。京都府笠置町の試験運用は、「マイクロEV」と呼ばれる1人乗りの小型電気自動車(EV)1台と、三輪型の電動バイク10台を開発企業からレンタルして実施する。小型電気自動車(EV)は京都府笠置町役場で使用し、電動バイクは原付以上の二輪免許を持つ京都府笠置町職員用に、京都府笠置町役場や京都府笠置町デイサービスセンター、京都府笠置笠置町保育所など計6か所に配置する。当面の利用としては、京都府笠置町の移動に限定し、水道メーターの検針や高齢者宅への訪問などに使用するという。試験運用期間では、小型電気自動車(EV)と電動バイクの走行距離を記録し、地域で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減効果などを調査し、運転をした職員にアンケートを行い、導入のプラス効果や課題を見極めるという。松本勇京都府笠置町長は「京都府笠置町内は狭い道も多く、小型電気自動車(EV)と電動バイクは便利なのではないか。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減効果などの今回の結果を踏まえ、導入するかどうか検討したい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京都府笠置町は小型電気自動車(EV)と電動バイクで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

二酸化炭素(CO2)を排出しない電動バイクキャラバンが山形県山形市で地球温暖化の原因対策PR

 走行中に温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しないことから、地球温暖化の原因対策にもなる電動バイクで日本全国を巡る「電動バイクキャラバン」が山形県入りし、環境問題に優しい電動バイクが披露された。電動バイクキャラバンは、社団法人全国産業廃棄物協会(東京都港区六本木)が、地球温暖化の原因対策として、温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を訴えるために、2009年11月から行っているものである。この日は、山形県山形市松波の山形県庁前に吉村山形県知事や山形県職員らが集まり、電動バイクキャラバンのバイクの到着を祝した。電動バイクは、出力が600ワットで、家庭用の電源で8時間充電すると約45kmを走行することができるという。27日まで山形県内の各市町村や天童市の舞鶴山、新庄まつりなどを巡回し、地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)削減を啓発した後、秋田県に向かう予定だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 二酸化炭素(CO2)を排出しない電動バイクキャラバンが山形県山形市で地球温暖化の原因対策PRはこちら

神奈川県が電動バイク推進事業で地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 神奈川県は、地球温暖化の原因防止対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の取組みの一環として、9月からバイクメーカーと共同して、走行時に二酸化炭素(CO2)を排出しない電動バイクの普及推進事業に乗り出すと発表した。現在、神奈川県では、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の取組みの一環として、走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の購入者に対する補助制度などを設けているが、地球温暖化の原因防止対策として電動バイクの普及に行政が取り組むのは全国で初めてだという。神奈川県が募集したモニターに通勤などに使ってもらい、利用者の需要や地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減効果などを検証するという。これには、9月から電動バイクを発売するヤマハ発動機(静岡県磐田市)が全面的に協力を行い、神奈川県は電動バイク12台をヤマハ発動機から無償で借り、モニター事業、レンタルモデル事業、試乗会の3事業を展開することによって、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に取り組んでいくという。神奈川県の電動バイクモニター事業では、神奈川県内の横浜市新横浜駅前に電動バイクへ充電可能な駐輪場を設け、募集したモニターに無料で通勤などに利用してもらうという。それによって地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果やそれに要するコスト、乗り心地などを調査して、ヤマハ発動機にデータを提供する。一方、電動バイクレンタルモデル事業では、神奈川県横浜市内のレンタカー業者に電動バイクを無償で貸し出し、新たなレンタルビジネスの創出となるかどうかを具体的に検証していく。電動バイク試乗会は、神奈川県内各自治体や民間業者などが開催する関連イベントの際に出店し、年5回程度行う予定を立てている。電動バイクに試乗した松沢成文神奈川県知事は「快適でにおいもない」と笑顔で話していた。神奈川県のモニターの募集人数は6人で28日から募集開始を行う。応募資格などの問い合わせは「かながわEVバイク普及推進プロジェクト実行事務局」電話03(5403)3483まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など最近のニュースや環境問題に関連する意見である。

> 神奈川県が電動バイク推進事業で地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

走行中に地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)を排出しないヤマハの電動バイク

 走行中に地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)をまったく排出しない電気自動車(EV)や電動バイク電動アシスト自転車に最近注目が集まっている。ヤマハ発動機(静岡県磐田市)が発売した電動バイク「EC-03」は、これまでヤマハが販売してきた「パッソル」や「EC-02」同様、シティコミューター的な位置づけになっているという。理由について、ヤマハ発動機執行役員の小林正典氏は述べている。「いわゆる原付バイクの1か月当たりの走行距離は、100km以下という利用者が半数以上であり、300km以下の方が80%以上に上ります。つまり、1日当たり5~15kmしか走行しない利用者が大多数になっています。そのため、1充電での走行可能距離が長くできない電動車両に適した乗り物だと思っています」と話している。これからの社会は、利用者が地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減を意識しようがしないにかかわらず、目的地までの移動距離の長短による交通手段の使い分けが進むのではないかとヤマハは予想している。長距離は鉄道などの公共交通や車に任せて、短距離はバイクや自転車でまかなうというパターンだという。このうち、坂道や山道を含む短距離の移動には、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電動アシスト自転車とともに電動バイクの活躍の場があるのではないかと話している。電動バイク「EC-03」が、ヤマハパッソルや「EC-02」、電動アシスト自転車「パス」と根本的に異なる店は、車体のリチウムイオン電池を固定して取り外せないものとし、電源コードを装備したいわゆるプラグイン方式としたことだ。利用者の中には、バッテリーを取り外して室内で充電可能なこれまでの方が使いやすいと感じる人もいるかもしれない。この点に関してヤマハによると、「電動バイクのモーターの出力を1.6psから1.9psに上げて性能を向上させ、それに併せてバッテリーを25Vから50Vにしたことから、サイズが大型化しました。バッテリーは脱着式よりも固定式の方が容積が確保できるからです。これが新しい電動バイクをプラグインタイプに変更した最大の理由です。ただし、電動バイクEC-03の全長は1565mmしかなく、ほとんどのマンションのエレベーターに乗るサイズなので室内でも充電することが可能です」と話している。かつて、ヤマハのパッソルやEC-02は脱着可能なバッテリーに問題があり、2007年に一度販売を打ち切っていた。しかし、ヤマハはその後も電動バイクの研究を続け、しかも、近年、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減が大きな問題となっていることもあり、この電動バイクの分野に再び注力していくことを決定し、新たに電動バイクEC-03を送り出した。

> 走行中に地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)を排出しないヤマハの電動バイクはこちら