TOPページ > 検索結果

検索結果 【補助金】

日産自動車は神奈川県横須賀市で補助金の出る電気自動車(EV)リーフによる二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策

 日産自動車(神奈川県横浜市西区高島)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するエコカーとして、12月から日本とアメリカで発売する電気自動車(EV)リーフの生産を日産自動車追浜工場(神奈川県横須賀市)で始めた。電気自動車(EV)リーフは、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を全く排出しないゼロエミッションカーで、日産自動車は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する電気自動車(EV)を次世代エコカーの主役と位置づけており、電気自動車(EV)リーフ発売が秒読み段階にに入ったという。日産自動車が発売する電気自動車(EV)リーフがフル充電での走行距離は約160キロで、日本での販売価格は376万円となり、国の補助金を差し引くと299万円となるという。日産自動車のカルロス・ゴーン社長は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の主役として、電気自動車(EV)リーフの年間生産台数をルノー分も含めて2012年に50万台に引き上げる考えを表明している。電気自動車(EV)リーフを最初に生産する神奈川県横須賀市の日産自動車追浜工場では、生産効率を高めるため、小型車「キューブ」などと同じ生産ラインで製造するという。日産自動車では、電気自動車(EV)リーフを11月にアメリカ向けの輸出を開始し、12月にはヨーロッパ向けの輸出も始めて2011年1月から販売する。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 日産自動車は神奈川県横須賀市で補助金の出る電気自動車(EV)リーフによる二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策はこちら

愛媛県東温市は太陽光発電装置の二酸化炭素(CO2)排出権取引で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 愛媛県東温市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、太陽光発電装置を設置する愛媛県東温市内の家庭が削減した二酸化炭素(CO2)排出量を「二酸化炭素(CO2)排出権取引」として取りまとめ、愛媛県東温市内の企業に提供する試みを開始したと発表した。一般家庭の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減分を地方自治体が集約して、二酸化炭素(CO2)排出権取引を実施するのは、全国で大分県に次いで2例目となる。愛媛県東温市は「これまで眠っていた太陽光発電装置による二酸化炭素(CO2)排出権取引という環境価値を掘り起こし、官民協働で環境都市東温市を目指したい」と話している。愛媛県東温市は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、太陽光発電の設置へ独自の補助金制度を設けており、その結果、持ち家世帯での太陽光発電装置の普及率が3.54%と愛媛県内20市町でトップとなっている。愛媛県東温市は、全国平均の太陽光発電装置の普及率1.57%も大きく上回っている状況にある。愛媛県東温市では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出権取引が愛媛県東温市民に環境問題に貢献しているというきっかけとなり、愛媛県東温市内の企業も環境問題への取組をアピールできるとして、二酸化炭素(CO2)排出権取引事業を企画という。愛媛県東温市は、二酸化炭素(CO2)排出権取引を「とうおん太陽の恵みスマイルプロジェクト」と名付け、10月1日、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量を認証する国の機関「国内クレジット認証委員会」から事業の承認を受けた。具体的な二酸化炭素(CO2)排出権取引の仕組みとしては、愛媛県東温市が事務局を務める「東温市環のまちづくり推進会」に、太陽光発電システムを導入した家庭が年1回、太陽光発電による発電量を申請することから始まる。愛媛県東温市は、電力会社への販売分を除く自家消費の電力量から地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量を算出し、全家庭分を集約して二酸化炭素(CO2)排出権化した後、愛媛県東温市商工会に譲渡するという。愛媛県東温市商工会は、愛媛県東温市内の会員企業の中から、希望企業に二酸化炭素(CO2)排出権を提供し、環境問題への配慮をPRできるカーボンオフセット商品の販売などに役立ててもらうという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減に協力した家庭には、その対価として、愛媛県東温市商工会から愛媛県東温市の特産品詰め合わせや地酒と温泉利用券が贈られることになる。二酸化炭素(CO2)排出権取引には、愛媛県東温市の補助金を受けて太陽光発電装置を設置した家庭が参加の対象となり、11月末まで募集し、今年度末に二酸化炭素(CO2)排出削減量をまとめる。今年度は50家庭で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量を97トンと見込み、2011年度は201トン、2012年度は331トンを目標としている。二酸化炭素(CO2)排出権取引についての問い合わせは、愛媛県東温市市民環境課「新エネ推進室」(089・964・4415)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。








> 愛媛県東温市は太陽光発電装置の二酸化炭素(CO2)排出権取引で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

岩手県盛岡市の岩手銀行は実質無利子融資で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 岩手銀行(岩手県盛岡市中央通)は、岩手県最大の地方銀行であるが、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、新型の省エネ自動販売機350台を導入する清涼飲料水の小売業「みちのくコカ・コーラボトリング」(岩手県矢巾町)に対し、設備投資に係る資金を実質無利子で融資したと発表した。岩手銀行は、環境省(東京都千代田区霞が関)の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係る補助金制度を利用した。環境省の補助金制度では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の設備投資で融資を受ける場合、補助金で3%を上限に利子が補給されることから、貸付利子が3%未満であるなら実質無利子になる。岩手銀行地域サポート部によると、みちのくコカ・コーラボトリング社は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、再生品など環境問題への負荷が少ない製品を使用するグリーン購入にも積極的に取り組んでいるため、環境格付けを最上位の「S」ランクに認定した。3年以内に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の6%削減を誓約する条件で、環境省の補助金制度を適用することになったという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 岩手県盛岡市の岩手銀行は実質無利子融資で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

栃木県は太陽光発電システム補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 栃木県では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての、個人が住宅に太陽光発電システムを設置する場合に、設置費用の一部に対して補助金を支給する栃木県の制度が栃木県民に大好評なことを受け、本年度の太陽光発電システム補助金枠を当初予定の2000件から1000件増やして計3000件に補助金を支給する方針を固めた。栃木県の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策である太陽光発電システム補助金は9月末の時点で既に、1700件の補助金支給申請が出されているという。栃木県は栃木県議会9月定例会最終日の10月15日に、太陽光発電システム補助金関係経費として1億2000万円の補正予算案を提出するという。栃木県の太陽光発電システム補助金制度は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、2009年11月から開始されている。栃木県の補助金制度は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を一層効果的に推進するため、太陽光発電システムと高効率給湯器を同時に設置することが支給条件となっており、最大で12万円の補助金が支給される。太陽光発電システムと高効率給湯器の設備の設置費用は一般的に250万円ほどになるという。栃木県では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を効果的に推進していくため、補助金と併せて利用できる長期・低利の融資制度も設けている。福田富一栃木県知事は、先日開催された栃木県議会予算特別委員会において、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に対する栃木県民意識の高まりと、余剰電力買取制度が相まって太陽光発電システムの普及が進んだ」と好調の要因を挙げた上で、「太陽光発電システム補助金を追加補正予算案に盛り込み、栃木県民ニーズに迅速に対応していく」と述べている。栃木県地球温暖化対策課によると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システム補助金は今月末にも申請が2000件になる見通しだという。2009年度は11月から3月までの間において、6803件の太陽光発電システム補助金の申請があったことから、本年度も同時期に同程度の申請があるのではないかとみている。栃木県の太陽光発電システム補助金制度の財源としては、2009年度に国の緊急経済対策で約7億9000万円を積んだ栃木県の地域環境保全基金を充当している。栃木県地球温暖化対策課によると、栃木県内の22市町でも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する太陽光発電システム補助金として上限8~28万円の補助金制度を実施しているという。このうち、7市町では本年度の当初予算額に達しており、栃木県宇都宮市や栃木県大田原市など4市が9月定例議会などで太陽光発電システム補助金に係る予算を追加補正で増額するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 栃木県は太陽光発電システム補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

北海道は市町村への補助金で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策

 北海道は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策と地域経済活性化の両立を目指した北海道の「エネルギー一村一炭素おとし事業」の第1回北海道認定事業が決定したと発表した。10事業による年間の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量は1840トンが見込まれており、省エネ対策にもなることから燃料費などのコストも年間1250万円の削減効果があるという。北海道の認定事業は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、廃油を原料としたバイオディーゼル燃料や温泉、LED(発光ダイオード)照明を活用した取り組みが主なものとなっている。北海道の同事業は、地域振興策「一村一品運動」にちなんで、「一村一炭素おとし事業」と称して今年度から始めた地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策である。北海道内の市町村などが対象で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量1トン当たり10万円を上限3000万円まで北海道が補助金を支給する。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の10件の総事業費は総額約2億7200万円になるが、そのうち北海道が1億2100万円の補助金を支給する。北海道の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策事業について、北海道は2次募集を行っており、6件程度の事業に対し約8000万円程度の補助金の支給を行う予定だという。北海道資源エネルギー課は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はもちろんのこと、地域活性化の取り組みもうまく描いていただき、事業を積極的に活用して」と話している。
北海道一村一炭素おとし事業第1回認定事業
(1)地域バイオ燃料需給体制の確立と新エネ導入ショーケース整備事業=北海道本別町など、二酸化炭素(CO2)排出量25トン削減
(2)広尾サンタランド炭素おとし事業=北海道広尾町など、二酸化炭素(CO2)排出量112トン削減
(3)環境モデル都市帯広のエコガーデン観光ネットワーク事業=北海道帯広市など、二酸化炭素(CO2)排出量370トン削減
(4)登別エコ温泉化プロジェクト=北海道登別市など、二酸化炭素(CO2)排出量27トン削減
(5)環境にやさしい温泉と「なんぽろピュアライス」の美味しさ向上による地産地消活性化事業=北海道南幌町など、二酸化炭素(CO2)排出量288トン削減
(6)木質バイオマス資源活用ボイラー転換モデル事業=厚沢部町など、二酸化炭素(CO2)排出量140トン削減
(7)子育て環境にやさしい木質バイオマス地域活性化事業=北海道滝上町など、二酸化炭素(CO2)排出量54トン削減
(8)ぬかびら源泉郷エコ温泉街づくり事業=北海道上士幌町など、二酸化炭素(CO2)排出量13トン削減
(9)北海道発LED街灯整備事業=北海道奈井江町など、二酸化炭素(CO2)排出量5トン削減
(10)地域資源活用による低炭素化温泉地域復興事業=北海道豊富町など、二酸化炭素(CO2)排出量805トン削減
以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 北海道は市町村への補助金で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策はこちら

福岡県福岡市は住宅エコポイント制度補助金で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策

 福岡県福岡市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を強化するため、国の住宅エコポイント制度に独自の補助金を上乗せして支給する「福岡市住宅省エネ改修助成事業」の対象を福岡市内の全67万戸に拡大すると発表した。福岡市では、期間も3か月延長して年度末までとし、省エネ改修に係る補助金額は変わらずに最大10万円だという。福岡市は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の切り札として、「福岡市住宅省エネ改修助成事業」の当初予算に1億円を計上していたが、福岡市の定めた条件が厳しく申請件数は、261件で1,070万円にとどまっているという。また、同様に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を期待するものとして、福岡市が最大500万円の補助金を出す「福岡市事業所省エネ改修等支援事業」の対象も補助金の条件を緩和し、福岡市内に事業所を所有する人なら省エネ改修補助金の申請を可能に制度を改正した。補助金の申請期間も1か月間延長し、11月末までとし、工事費の下限金額も廃止した。こちらも福岡市は当初予算額で約1億円を計上していたが、執行見込みは8件で約2,370万円にしかすぎない。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係る福岡市の補助金の問い合わせは、住宅助成補助金が福岡市住宅計画課(092-711-4598)、事業所補助金が福岡市温暖化対策課(711-4282)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県福岡市は住宅エコポイント制度補助金で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策はこちら

新潟県魚沼市は雪冷房の家補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 新潟県魚沼市では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環の取組みとして、「雪利用住宅」について、モデル事業として設備の工事費に補助金を出している。「雪利用住宅」は、住宅の高床部分を雪室にするなどして、冬季の雪を溜め込み、住宅での夏期の冷房等に利用できるようにしたものである。新潟県魚沼市では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のモデル事業として毎年1棟の雪利用住宅の建築に対して補助金の支出を行っており、補助金の希望者を募集している。新潟県魚沼市ならではの快適で環境にやさしい雪冷房の家は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として新しい提案であり、新潟県魚沼市では平成21年度に1棟の補助を行っている。雪冷房の特徴は、クーラーのように冷えすぎる感じがなく、夏の冷房運転にかかる電気代がわずかとなり、省エネ対策と共に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になり、環境問題に対応したものとなっている。さらに、雪冷房の家は、雪で冷えた貯蔵室が重宝になるだけでなく、部屋の湿気やホコリ、臭いを雪が取ってくれるという家の中の環境問題も解決してくれるものとなっている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として行っている新潟県魚沼市の雪冷房の家補助金の対象者は、新潟県魚沼市内に居住している個人又は事業所がある法人で、雪利用住宅を新潟県魚沼市内に建築する場合となっている。さらに、雪冷房の家補助金の条件として、雪利用住宅に関する技術を研究、改良し、地域へ普及・還元する意欲があることと、完成後、使用実績や効果等についての調査や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の啓発事業等に協力することを求められる。補助対象設備は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての、雪を保存するための雪室(高床式の基礎を利用する場合は躯体を除く。)、貯蔵した雪を利用した冷房設備、貯蔵した雪を利用した低温室及び冷蔵設備となっており、仕様は新潟県作成の「雪冷熱エネルギー住宅建築のためのガイドライン」に準じた物とする。補助金額は300万円を限度として助成する。問い合わせは、魚沼市市役所市民課環境対策室まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 新潟県魚沼市は雪冷房の家補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

国土交通省が木のまち整備促進事業補助金で二酸化炭素(CO2)吸収固定の地球温暖化の原因防止対策

 国土交通省(東京都千代田区霞ヶ関)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として実施している平成22年度「木のまち・木のいえ整備促進事業」のうち、「木のまち整備促進事業」の採択プロジェクトを平成22年9月22日までに決定し公表した。国土交通省による木のまち整備促進事業は、再生産可能な循環資源である木材を大量に使用する建築物の整備によって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を講じ、低炭素社会の実現に貢献するため、先導的な設計・施工技術を導入する大規模木造建築物の建設に対し、材木は二酸化炭素(CO2)を吸収固定することから、その費用の一部に補助金を支給するというものである。平成22年6月4日から7月23日までのプロジェクト公募期間中に20件の応募提案があり、学識経験者で構成される「木のまち整備促進事業評価委員会」の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に対する評価を経て、10件の補助金対象の採択プロジェクトを決定した。国土交通省は、今回の補助金対象の採択採択プロジェクトについて、建築物の調査設計計画費のうち、先導的な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の木造化・木質化に関連する費用の2/3の額、又は木造化・木質化に関する先導的な設計・施工技術を導入した場合の工事費と当該設計施工技術を導入しない場合の工事費の差額の2/3の額のうち、国土交通省が認める費用の補助金支出を行うという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 国土交通省が木のまち整備促進事業補助金で二酸化炭素(CO2)吸収固定の地球温暖化の原因防止対策はこちら

NPO法人北海道グリーンファンドが太陽光発電システム補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 NPO法人「北海道グリーンファンド」(北海道札幌市中央区)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に取り組んできており、市民によるクリーンエネルギーの風力発電所の建設を進めているが、今般、地球温暖化の原因防止対策を一層推進するため、家庭へのクリーンエネルギーの太陽光発電システム装置の普及活動として補助金の支給に乗り出すと発表した。クリーンエネルギーの太陽光発電システムへの補助金は50戸を対象として、1戸当たり10万円を補助するという。北海道グリーンファンドによると、NPO法人による太陽光発電システム装置の補助金制度は全国で初めてという。北海道グリーンファンドは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、市民からの出資を募り、これまで全国各地に12基のクリーンエネルギーの風力発電所を設置してきた。最近は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策や省エネルギー対策として、住宅用太陽光発電システム装置が普及し始め、行政も支援していることから、「市民の力でさらにクリーンエネルギーの太陽光発電システムを増やそう」と補助事業を決めたという。太陽光発電システムの補助金の支給対象は、北海道の道央や道南、旭川以北の道北、十勝地方の住民で、(1)太陽光発電システムを新規に設置し、最低10年以上使用する(2)年1回、太陽光発電システムの発電量を測定して連絡する(3)北海道グリーンファンドの調査に協力するなどが条件となっている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献する住宅用の太陽光発電システム装置は、最大出力3~4KWで200万~300万円の設置費用がかかる。国は1kw当たり7万円、北海道の札幌市では5万円の補助金を支給する。他の地方自治体でも太陽光発電システム装置設置への補助金制度があるところが多い。仮に、北海道で札幌市民が3kwの太陽光発電システム装置を設置した場合、国と札幌市北海道グリーンファンドを合わせて46万円の補助金が支給される。北海道グリーンファンドは、札幌市環境プラザ(北海道札幌市中央区北8西3札幌エルプラザ2階)で太陽光発電システム補助金の説明会を開催した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> NPO法人北海道グリーンファンドが太陽光発電システム補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

岡山県が太陽光発電システム補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 岡山県は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、岡山県内の民間事業者が太陽光発電システムと省エネ設備を併せて設置する場合に限り、費用の一部に補助金を支給する制度を設け、岡山県県地球温暖化対策室で申し込みを受け付けている。岡山県が国の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策である「地域グリーンニューディール基金」を活用した事業で予算額は5000万円となっている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムに対しては、400万円を上限に補助対象経費の5分の1以内か発電設備のキロワット当たり20万円のいずれか低い額の補助金を岡山県が支出し、省エネルギー設備には100万円を上限に3分の1以内の補助金を支出する。岡山県では、昨年、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として太陽光発電システムの設置に補助金を支出したが、今回は両方設置が補助金支出の条件となる。応募が予算額を上回る場合は抽選となるが、詳しくは岡山県地球温暖化対策室ホームページに掲載中である。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 岡山県が太陽光発電システム補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

東京都で外断熱による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 東京都地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策も目的の一つとして実施している補助金交付事業である「提案公募型産業交流促進事業」に、特定非営利活動法人外断熱推進会議(東京都港区:竹川忠芳理事長)が申請していた「建物の耐震化+断熱化による安心、省CO2と産業創出」のビジネスモデルが選定されたと発表した。この補助金交付事業は、東京都の既存ストックの耐震化並びに地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策及び省エネ化を推進すると同時に、中小企業の雇用創出も目的とした東京都の独自事業である。東京都内に事業所を持つ中小企業や都内で事業を行っているすべての企業が参加できる「東京都外断熱ネットワーク」を結成し、これを中心に建物の耐震化、外断熱改修の新しいビジネスを創出していくことを目指している。 東京都内にある建物の外断熱改修によって耐震化が強化されるとともに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策及び省エネ化を推進していくビジネスモデルが東京都に評価されて補助金が交付されることになった。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都で外断熱による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

栃木県が電気自動車(EV)普及で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量を削減

 栃木県は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するため、電気自動車(EV)の普及を目指しており、民間事業者が電気自動車(EV)の急速充電設備を設置する場合には、整備費用に対して一部を補助する「栃木県電気自動車充電設備設置事業費補助事業」を始めたと発表した。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するため、電気自動車(EV)の充電機本体と設置費用の合計のうち、100万円を上限に3分の1の補助金を支給するという。栃木県では、電気自動車(EV)急速充電設備15基の設置を想定した予算を組んでいる。栃木県地球温暖化対策課によると、地球温暖化の原因対策の事前調査で栃木県内の各市町の道の駅やガソリンスタンド、カーディーラーなどが二酸化炭素(CO2)排出量を削減する電気自動車(EV)の急速充電設備の設置を考えていることが分かった。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減し、電気自動車(EV)を普及させていくためには、栃木県内20キロ圏内ごとに電気自動車(EV)の充電設備があるのが理想であり、15基は1か所に1基、栃木県内にうまくばらつくように設置する計画になっているという。また、1キロ走行当たり1円かかる電気自動車(EV)への充電料金は、設置業者の意向次第で無料になる可能性が高いという。この電気自動車(EV)の急速充電設備の補助金の申請には、事業計画書を栃木県に提出し、採択される必要がある。事業計画書の受け付けは9月7日までであり、郵送か持参で栃木県地球温暖化対策課へ提出すること。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 栃木県が電気自動車(EV)普及で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量を削減はこちら

神奈川県は電気自動車(EV)タクシーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 神奈川県と神奈川県タクシー協会及び日産自動車(神奈川県横浜市)は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた取組みとして、神奈川県内のタクシーへの電気自動車(EV)の普及構想に神奈川県内タクシー会社24社が参加することになったと発表した。日産自動車の電気自動車(EV)「リーフ」の国内販売の時期に併せて今年の12月から計42台をタクシーに導入し、来年までの2年間で電気自動車(EV)導入数を100台に広げていく予定だという。神奈川県は電気自動車(EV)普及への参加企業に対し、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に大きく寄与することから、電気自動車(EV)導入や電気自動車(EV)用急速充電器の整備への補助金を支出する。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を目指す国内排出量取引クレジット制度を活用し、電気自動車(EV)導入で生じる地球温暖化の原因の温室効果ガスの削減効果をクレジット化する手法をモデルとして思考的に実施するという。電気自動車(EV)に係る神奈川県が採用している地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の計算方式を国が認証しており、大企業などに売却した二酸化炭素(CO2)排出量取引のクレジットの収益は環境関連基金等に寄付する手法などの枠組みを考えているという。神奈川県タクシー協会は、2013年3月までの期間に限って、電気自動車(EV)タクシーに係る障害者割引制度を従来の1割から2割に拡大するとともに、乗務員向けにケア講習を開くなどして、電気自動車(EV)タクシーの接客サービスを磨くと話している。日産自動車は、地元に本社や開発拠点を持つ特性を生かし、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に貢献する電気自動車(EV)車両のアフターサービスを強化していく。神奈川県内のタクシー向け整備拠点を電気自動車(EV)の重点整備工場として位置づけており、電気自動車(EV)を導入するタクシー会社への巡回担当者も置くという。電気自動車(EV)タクシーのデザインを神奈川県内で共通化することも検討することとしているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県は電気自動車(EV)タクシーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

新潟県魚沼市は雪冷房補助金で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減

 新潟県魚沼市では、個人が自宅で整備する雪冷房に対する補助金を支出している。魚沼市は今年を「環境政策元年」と位置づけており、自然環境、生活環境、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に係る地球環境問題に積極的に取り組んでおり、ヒートアイランド対策としての「打ち水大作戦」も実施している。今般、新潟県魚沼市において、地球温暖化の原因対策として二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる雪の冷熱エネルギーを利用した「雪冷房の家」が公開された。この「雪冷房の家」は、築30年の住宅建替の際、魚沼市の地球温暖化の原因対策としての雪利用住宅導入モデル事業補助金を利用し、補助金300万円を得て整備を行ったという。完成した地球温暖化の原因対策がなされた個人住宅は、高床方式の木造2階建で、高床部分に断熱材で仕切った雪室が設置されているという。冬の間に自宅周辺に積もった雪を除雪機で投入し、今年3月には約60立方メートルの雪が蓄えられていた。この高床部分の雪室と各部屋は送風パイプでつながっており、雪で冷やされた涼しい風がファンで各部屋に届く仕組みになっている。7月初めから地球温暖化の原因対策の雪冷房を稼働させているが、今年の猛暑の日であっても室内温度は26度程度で、エアコンとは違った柔らかな冷気で冷やされ、湿度も屋外に比べ10%程度は低く、かなり過ごしやすい室内環境になっているという。この雪室の設置費には400万円もかかったが、魚沼市からの地球温暖化の原因対策補助金を差し引くと約100万円の持ち出しであった。魚沼市では、今年度の地球温暖化の原因対策の環境問題対策事業費として、こうした事業の補助金に約6億600万円を計上しており、今回のような雪利用住宅のほかにも、農業用水を利用した小水力発電導入モデル事業には、出力10kw未満の発電施設整備に対して50万円を限度に補助金を支出するという。また、地球温暖化の原因対策の取組みの一環として、打ち水を行って路面を冷やす試みも2日から始めており、4日には「打ち水大作戦」と称して、魚沼市内6庁舎で、魚沼市民とともに一斉に打ち水を行って涼感を楽しんだ。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 新潟県魚沼市は雪冷房補助金で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

住宅用太陽光発電の導入補助

 経済産業省資源エネルギー庁は、住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金の補助事業を行う者となった有限責任中間法人太陽光発電協会(JPEA)が、平成21年1月13日から3月31日まで補助金交付の募集をすることになったと発表。 対象者は、自らが住んでいる住宅に太陽光発電システムを設置する個人で、補助金の額は太陽電池モジュールの公称最大出力1kW当たり7万円となっている。 なお、対象とする太陽光発電システムは、JPEAが定める補助金交付規定の要件を満たす必要がる。 応募説明会は、全国9箇所で開催される予定。説明会に関する問い合わせ先は、以下の通り。

○問い合わせ先
JPEA内 太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)
TEL:043-239-6200


太陽光発電ソーラーシステム情報

> 住宅用太陽光発電の導入補助はこちら