TOPページ > 検索結果

検索結果 【荒川区】

東京都荒川区にあるADEKAの地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減目標

 古河グループで化学工業製品・業務用食品事業を取り扱っているADEKA(東京都荒川区東尾久)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、2020年度に温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を1990年度と比較して25%削減する目標を掲げ、達成するためのロードマップの作成に着手したと発表した。今年度中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のロードマップを策定するという。これまでADEKAは、2010年度に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を10%削減する目標を掲げてきた。しかし、2009年、政府が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を2020年までに25%削減する目標を打ち出したことから、それに対応して二酸化炭素(CO2)排出量削減の中期目標を定めた。二酸化炭素(CO2)排出量削減のロードマップの策定に当たっては、ADEKAの各事業所の二酸化炭素(CO2)排出量削減ポテンシャルを集約するとともに、中長期的な省エネ対策の実施計画を検討する。ADEKAの物流部門を除いた事業活動に伴う地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は、基準年である1990年度の18万4000トンに対し、2008年度は5%減の17万4200トン、2009年度は14%減の15万7500トンであった。ADEKAは2020年度までに13万8000トンに地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都荒川区にあるADEKAの地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減目標はこちら

東京ガスと大阪ガスが二酸化炭素(CO2)排出削減で地球温暖化の原因対策

 東京ガス(東京都港区海岸)と大阪ガス(大阪府大阪市中央区)は、太陽光発電や太陽熱、電気が補完し合う次世代型の地球温暖化の原因防止対策の「スマートエネルギーネットワーク」を構築するため、実証事業を共同で実施している。化石エネルギーや自然エネルギーを効率的に使い、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する目的の経済産業省の補助事業で、今年度から東京都と大阪府、兵庫県などに地球温暖化の原因防止対策のシステムを構築して3か年をめどに実証実験を続けている。実証実験では、太陽光発電設備や太陽熱で温水装置、ガスを使用して発電と熱供給をする地球温暖化の原因防止対策のコージェネレーションシステムを一定のエリア内に設置する。エリア内には、既存の送電網に加え温水を運ぶ配管を敷設し、エネルギーの流れをITで制御するという。地球温暖化の原因防止対策になるとはいえ太陽光発電や太陽熱は、出力及び熱量が天候に左右されて不安定なため、コージェネレーションによって出力を調整するが、電力会社が主体となって研究する「スマートグリッド」の大型蓄電池よりも低コストにできる可能性があるという。東京ガスは、東京都荒川区にある東京ガスの研究施設などビル2棟と特別養護老人ホームで実証を行う。両施設には既に地球温暖化の原因防止対策のコージェネレーションや太陽光発電置などを備えているが、より高性能なものに更新する。大阪ガスは、東京ガスと同様の地球温暖化の原因防止対策のエネルギーネットワークを備えるエリアを大阪府や京都府などにつくり、また、小規模な太陽光発電所を兵庫県などに設け、既存の送電網を使って各エリア間で電力を融通し合うという。これらの事業で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を約30%削減できる見込みという。東京ガスと大阪ガスは地球温暖化の原因防止対策の実験データを共有し、どのような設備配置が二酸化炭素(CO2)排出量削減に効率的かを検証している。これに対して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のため、政府は事業費の2分の1最大6億円まで補助金を支給するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京ガスと大阪ガスが二酸化炭素(CO2)排出削減で地球温暖化の原因対策はこちら