TOPページ > 検索結果

検索結果 【茨城県】

茨城県つくば市で地球温暖化の原因の環境問題対策をPR

 茨城県つくば市にある「つくばエキスポセンター」の中央公園レストハウス内において、来年の1月5日から、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策をPRするイベント「知る・学ぶ・触れるクリーンエネルギー展」が開催される。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に関する様々なクリーンエネルギーの技術・製品から、未来型のエネルギーまでを紹介するという。具体的には、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の太陽光発電システムと水素を利用した未来型エネルギーシステムを実証する展示などのほか、藻類がら発生させたエネルギーやソーラーカーなどの技術・製品を紹介するコーナーが設けられている。このほかにも、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量50%削減を目指して活動する「つくば環境スタイル」の取組の紹介や、クリーンエネルギーから作られた電気を体験できるコーナーがある。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の体験コーナーでは、自然の力を利用したクリーンエネルギーを利用した「セグウェイ」や電動アシスト自転車の試乗や、燃料電池の熱を利用した足湯も体験できるという。茨城県つくば市環境都市推進室では「このイベントが、地球温暖化の原因防止対策に大きく貢献できるクリーンエネルギーの活用など環境問題を楽しく学び、将来のクリーンエネルギーを考えていただく機会になれば。」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 茨城県つくば市で地球温暖化の原因の環境問題対策をPRはこちら

旭硝子は茨城県神栖市でエコガラス生産による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 旭硝子(東京都千代田区有楽町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献し、断熱・遮熱性能に優れて、大きな省エネ対策効果もある高機能ガラス「エコガラス」の生産を倍増すると発表した。旭硝子の鹿島工場(茨城県神栖市)で約30億円を投資してエコガラスを構成するガラスのコーティング機械を新たに設置し、2012年4月の稼働を目指すという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など国民の環境意識が高まる中で、3月に住宅版エコポイント制度が始まるなどエコガラスの需要は急増している状況にあり、これを確実に取り込んでいくという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のエコガラスは、2枚のガラスを使った高機能ガラスで、ガラスの内側に施した特殊な金属膜の効果によって、夏季は太陽の熱を遮断して暑さを和らげ、冬季は部屋の温もりを逃さないという。このため、冷暖房機器の使用を抑えることができ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量も削減することができるという。茨城県神栖市にある旭硝子の鹿島工場は、エコガラスに特殊な金属膜をコーティングする工程を行っている。旭硝子は、最新鋭のコーティング設備を導入することによって、エコガラスの生産能力は年間680万平方メートルから1300万平方メートルと約2倍に拡大する。現在、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、住宅版エコポイント制度の導入や改正省エネ法による規制強化などで、省エネ効果の高いエコガラスが注目されている。このため、旭硝子では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のエコガラスの国内市場が2013年には倍増すると見込んでおり、「2013年にエコガラスのシェアを60%以上にまで引き上げたい」と意気込んでいる。現在、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するエコガラスは、旭硝子と日本板硝子、セントラル硝子が製造している。板硝子協会によると、既存住宅すべてにエコガラスが採用された場合、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量は年間1700万トンにも上るという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 旭硝子は茨城県神栖市でエコガラス生産による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

長野県では地球温暖化の影響で二酸化炭素(CO2)を吸収固定しているブナ林の減少予測

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策が現状レベルのまま進行していくと、長野県内や長野県周辺に自生し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を吸収固定しているブナ林の生育に適した地域は2050年に60%、2100年には12%までそれぞれ減少するという。森林総合研究所(茨城県つくば市)が全国規模で行った影響予測と比較すると、地球温暖化の原因による長野県の減少率は低いものの、全国に分布し地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を吸収固定しているブナ林は気候の影響を受けやすい植物で、長野県でも今後の状況を注意深く把握していく必要があるという。森林総合研究所が2008年に行った地球温暖化の原因影響予測によると、年平均気温が2050年に2.3度、2100年に4.4度上昇した場合には、全国に分布する二酸化炭素(CO2)を吸収固定しているブナ林は現在から32%、4%にそれぞれ減少するという。今回、国立環境研究所(茨城県つくば市)の肱岡靖明主任研究員が森林総合研究所の影響予測を活用し、長野県内を中心にした地球温暖化の原因影響度合いを検証した。現在は長野県内に広く地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を吸収固定しているブナ林の分布可能な地域があり、長野県飯山市といった長野県北部などの一帯は生育に適した地域になっているが、2050年にはブナ林の分布可能な地域が狭まり、長野県北部などのブナ林に適した地域も縮小し、2100年にはさらにその傾向が進み、長野県内でブナ林の生育に適した地域はわずかになり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定しているブナ林が役割を果たせなくなる。ブナ林の一部は、地球温暖化によって、長野県の標高の高い地域に移動すると予測されるが、生育に適した地域が長野県下で急速に減少するのが特徴だという。研究員は「地球温暖化の原因による影響は待ったなしだ。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減などの緩和策だけでなく、地球温暖化の被害が発生した時にどう行動するかの地球温暖化適応策を考える必要がある。地球温暖化の影響予測などを基に実際の状況を把握し、長野県での対策を立てる必要がある」と指摘する。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 長野県では地球温暖化の影響で二酸化炭素(CO2)を吸収固定しているブナ林の減少予測はこちら

茨城県竜ケ崎市はBDFの菜の花プロジェクトで二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策

 茨城県竜ケ崎市の竜ケ崎市地域女性連絡会は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、菜の花栽培から菜種油精製、廃食油の回収、バイオディーゼル燃料(BDF)の製造まで一貫して取り組む「菜の花プロジェクト」を2010年11月から開始するという。茨城県竜ケ崎市の菜の花プロジェクトでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、家庭菜園による菜の花栽培に加え、茨城県竜ケ崎市内の小中学校全19校がプランター計316個を使って菜の花栽培に協力するのが大きな特徴になっている。菜の花プロジェクトは茨城県の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策推進事業で、茨城県南地域で盛んだが、茨城県竜ケ崎市のように小中学校が全面協力する例は珍しいという。竜ケ崎市地域女性連絡会によると、プランター2個分の菜の花から1キロの菜種が収穫でき、これを搾り菜種油300グラムを精製できるという。これを食用油として利用した後の廃食油は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のバイオディーゼル燃料(BDF)270mlになり、軽トラックで5km走行可能だという。竜ケ崎市地域女性連絡会は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の菜の花プロジェクトで茨城県竜ケ崎市内の家庭の油や、学校給食で使用した油を合わせて年間約2000リットル回収できると見込んでいる。茨城県竜ケ崎市は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、竜ケ崎市地域女性連絡会が製造したバイオディーゼル燃料を(BDF)1リットル当たり108円で買い取る。茨城県竜ケ崎市環境対策課は、このバイオディーゼル燃料を(BDF)を公用車で使用し、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減につなげたい」と期待している。竜ケ崎市地域女性連絡会では、「菜の花プロジェクトによって、循環型社会を形成し、温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減や地球温暖化の原因防止、自然環境に配慮した茨城県竜ケ崎市の街づくりを目指したい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 茨城県竜ケ崎市はBDFの菜の花プロジェクトで二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

長野県長野市で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減の地球温暖化適応策の講演会

 長野県や環境省(東京都千代田区霞が関)は、「地球温暖化にどう対応していくのか」と題する地球温暖化適応策の講演会を長野県長野市内のホテルで開催した。地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの取組の一方で、地球温暖化に対して農業や観光などの産業界や防災面でどう対応していくかの「地球温暖化適応策」の必要性が高まっており、専門家は「地球温暖化の原因による気候変動への対応は地域が取り組まなければならない」と問題提起した。この講演会は、長野県が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、2010年度から始めた「信州クールアース推進調査研究事業」の一環の取組みであり、地球温暖化の「地球温暖化適応策」を論議する会合は初めてであり、長野県や長野県下の市町村、企業関係者ら約150人が参加した。地球規模の温暖化を指摘した「気候変動に関する政府間パネル」(IPCC)メンバーでもある茨城大学(茨城県水戸市文京)の三村信男教授は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策は二酸化炭素(CO2)排出量削減などの緩和策と、どう対応していくかの地球温暖化適応策との両輪が必要だ」と指摘し、「地球温暖化適応策は地域性の高い問題だ。どう対応していくかはそれぞれの地域の地球温暖化への取り組みにかかっている」とコメントした。また、長野県内を中心に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定しているブナ林減少の影響予測を検証した国立環境研究所(茨城県つくば市)の肱岡靖明主任研究員は「地球温暖化の原因による気温上昇や降雨量の変化で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定している日本の森林は大きな打撃を受ける」と訴えかけた。今夏は熱中症での搬送者増大や大雨被害にも触れ「地球温暖化の原因の気候変動を考慮した施策は、防災対策や健康問題対策などにもまたがる。それぞれが当事者として地球温暖化の原因防止対策に取り組むことが重要だ」と話した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 長野県長野市で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減の地球温暖化適応策の講演会はこちら

沖縄県波照間島で独立行政法人国立環境研究所地球環境研究センターが地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の講演会

 波照間農村集落センター(沖縄県八重山郡竹富町波照間)において、独立行政法人国立環境研究所地球環境研究センター(茨城県つくば市小野川)による地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の講演会「波照間からみた地球環境」が開催された。講演で国立環境研究所地球環境研究センターの向井人史氏は、地球環境モニタリングを実施している沖縄県波照間島での観測データをグラフを使い紹介し、「沖縄県波照間島と同じ緯度のアメリカハワイと同様に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の濃度が上昇していることで、地球規模で二酸化炭素(CO2)排出量が増加していることが分かる」と説明した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の講演会は、波照間青年会の青年学級の一環として開催されたもので、国立環境研究所地球環境研究センターが設置している地球環境モニタリングステーションが、沖縄県波照間島にあることから実現した。国立環境研究所地球環境研究センター長の笹野泰弘氏は、研究所で行っている地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量のモニターについて説明した。また、地球温暖化の原因の仕組みや地球温暖化の原因が与える影響について解説し「自然が吸収可能なレベルまで人為的な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を減らす必要がある」と話した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の講演会に合わせて、国立環境研究所地球環境研究センターの地球環境モニタリングステーションの一般公開も2日間行われ、住民や観光客などが訪れた。住民の1人は「波照間島が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の研究に役立っていることが分かって誇らしい」と話していた。地球環境モニタリングステーションは1992年に設立され、大気中の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量や気象条件などの観測を毎日行っている。地球規模の観測には、空気のきれいな場所が適していることから、日本国内では北海道の根室と沖縄県の波照間の2か所だけに設置されている。通常は無人運用で、茨城県つくば市にある国立環境研究所地球環境研究センターから遠隔操作で管理しているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 沖縄県波照間島で独立行政法人国立環境研究所地球環境研究センターが地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の講演会はこちら

東京都千代田区で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策のシンポジウム

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの環境研究機関が参加している「環境研究機関連絡会」は、平成22年11月17日に東京都千代田区にある学術総合センターにおいて、第8回環境研究シンポジウム「わたしたちの生活と環境 ~地球温暖化に立ち向かう~」を開催すると発表した。「環境研究機関連絡会」は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする環境研究に携わる国立・独立行政法人の研究機関が研究の連携・協力を緊密にすることを目的に平成13年に設置した組織である。今回の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の成果発表会は、(株)三菱総合研究所理事長 小宮山宏氏による基調講演「低炭素型ライフスタイルへの転換 ~日々のくらしの低炭素化に向けて~」のほか、「住環境における省二酸化炭素(CO2)、省エネルギー実効性向上の取組」、「私たちの生活の将来展望」、「海・食卓への影響と適応技術」、「気象災害の予測と適応策~MPレーダネットワーク による局所的気象災害予測の現状と展望~」、「木材製品の利用による適応策~木材製品利用による二酸化炭素削減効果の定量的評価~」の5つの講演を行う予定となっている。参加希望者は特設サイト( https://project.nies.go.jp/events/renrakukai2010/ )から事前に登録することが必要で、参加費は無料となっている。環境研究機関連絡会へ参加している研究機関は、(独)防災科学技術研究所(茨城県つくば市天王台)、(独)物質・材料研究機構(茨城県つくば市千現)、(独)農業環境技術研究所(茨城県つくば市観音台)、(独)森林総合研究所(茨城県つくば市松の里)、(独)水産総合研究センター(神奈川県横浜市西区みなとみらい)、(独)産業技術総合研究所(茨城県つくば市梅園1)、国交省気象庁気象研究所(茨城県つくば市長峰)、国交省国土技術政策総合研究所(茨城県つくば市旭)、(独)建築研究所(茨城県つくば市立原)、(独)港湾空港技術研究所(神奈川県横須賀市長瀬)、(独)土木研究所(茨城県つくば市南原)、(独)国立環境研究所(茨城県つくば市小野川)の12の機関である。
以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策のシンポジウムはこちら

燃料電池の小型化で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 独立行政法人「物質・材料研究機構」(茨城県つくば市)などは、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として期待されている燃料電池の中でもエネルギー効率が高い「固体酸化物型」を小型化する技術を開発したと、9月20日付のイギリス科学誌ネイチャーマテリアルズ(電子版)に発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる固体酸化物型燃料電池は、これまで一部の業務用の設備などには使用されていたが、機器内部がかなりの高温にならないと作動しないことから、断熱材などが必要になり、小型化が難しかったという。しかし、今回の技術によって実用化できれば、ノート型パソコンや携帯電話などに使用することができ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としても大きく前進することになる。燃料電池は、水素と酸素の化学反応で電気を起こし、水を排出するという電気分解と反対の仕組みを利用している。反応を促す「電解質」に固体酸化物を使う燃料電池のうち、これまで実用化されている燃料電池は、千度まで温度を上げる必要があった。研究グループは、燃料電池用の固体酸化物に「イットリウム添加ジルコン酸バリウム」という物質を採用し、化学反応の効率を低下させないよう結晶と結晶の隙間を埋めると、350度でも作動できる可能性が高いと確認でき、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の燃料電池の小型化にめどをつけたという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 燃料電池の小型化で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

茨城県土浦市はシンボルキャラクターで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 茨城県土浦市も、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする環境問題に積極的に取り組んでいる。この度、茨城県土浦市が市制施行70周年を迎える記念事業として募集した土浦市地球温暖化防止シンボルキャラクターが大阪府大阪市の前田昌克さんが応募した作品の「つーチャン」に決定したと発表した。土浦市による地球温暖化防止シンボルキャラクターの募集は、4月から6月にかけて行われ、合計326点の応募があり、そのうち、土浦市内の小中学生からは230点の応募があったという。土浦市地球温暖化防止シンボルキャラクターの選考は、選考委員会で土浦市民や土浦市内の事業者で組織する土浦市環境基本計画推進協議会の意見を参考にしたという。選考基準としては、コンセプト、創意工夫、親しみやすさ、デザインの4点を重視して選考したという。土浦市地球温暖化防止シンボルキャラクターに決定した前田さんの作品は、土浦市の「つ」を霞ケ浦や青空をイメージする青色で表現しており、緑の地球と前に踏み出すイメージとなっている。これが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に土浦市民や土浦市行政が一体となって、力強く元気に取り組む姿を親しみやすく表現していると高く評価された。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 茨城県土浦市はシンボルキャラクターで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

茨城県水戸市は日照調整フィルムで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因防止対策

 茨城県水戸市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、猛暑の日差しによる影響を和らげる効果などがある透明の日照調整フィルムを水戸市庁舎に導入することを決め、関連の事業費を補正予算案を提案している。フィルムを水戸市庁舎の窓ガラスに張ることで、冷暖房効率が向上し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を削減する効果がある。水戸市によると、フィルムは赤外線を大幅に遮断することから、夏季には日差しによる庁舎内温度の上昇を減らすほか、冬季は断熱効果を高めて庁舎内の暖気を逃さないという冷暖房の効果があり、全国的にに見ると京都府庁舎で導入されている。フィルム1590平方メートル分の約2150万円を見込み、年間130万円の冷暖房費が節約でき、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量も年間40トン削減できると試算している。この工事に併せて水戸市庁舎前の駐車場に設置されている照明45本を省電力型のLED照明に交換する。LED照明によって、年間89万3千円の電気代と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量27トンが削減できる見込みとなっており、これに要する事業費は約2450万円となっている。いずれの経費も水戸市地球温暖化対策推進基金を活用して補正予算案に盛り込み、開会中の水戸市議会に提出している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 茨城県水戸市は日照調整フィルムで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

富士重工業と日立製作所が風力発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減

 富士重工業(東京都新宿区西新宿)と日立製作所(東京都千代田区丸の内)は、ウィンド・パワー・いばらき(茨城県水戸市見川町)が建設する国内初の港湾外洋上風力発電施設「ウィンド・パワー・かみす風力発電所」向けに、共同開発による地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減できる大型風力発電システム「SUBARU80/2.0風力発電システム」を7基納入し、本格稼動を開始している。「ウィンド・パワー・かみす風力発電所」は、鹿島灘に面した茨城県神栖市の鹿島港湾区域の護岸から約50mの海上に約2kmに渡ってSUBARU80/2.0を7基配した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する風力発電所で、港湾外の外海に風力発電施設を設けたのは国内では初めてのケースとなっている。富士重工業と日立製作所が共同開発したSUBARU80/2.0は、直径80mの風力発電用のローターをタワーの風下に配置したダウンウィンド方式の風車で、定格出力は1基当たり2000kWとなっており、今回設置した7基の合計で年間約7000世帯分の電力を地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しないでまかなえるクリーン電力を発電することができる。地球温暖化の原因防止対策として、2000kW級のクリーン電力の風力発電システムでダウンウィンド方式を実際に商用化したのは、SUBARU80/2.0が世界で初めてのことだという。地球温暖化問題がクローズアップされている中で、富士重工業と日立製作所は、クリーン電力の風力発電システムの需要は拡大すると見ており、今回の納入を機に技術開発をさらに推進して普及を図る。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 富士重工業と日立製作所が風力発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

金融機関が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減など環境問題対策を強化

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減への関心が社会的に高まっている中、金融機関が環境問題への取り組みを強化しているという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出権付き新車ローンなどの商品開発のほか、環境問題に関する分野を始めとした成長分野の貸出先を開拓するための専門部署を設けるなどを行っている。環境問題に関する分野は、政府の新成長戦略や日銀の成長基盤育成支援のための新貸出制度にも盛り込まれた重点項目だけに、今後も資金需要の増加が見込めると判断している。例えば、みずほ銀行(東京都千代田区内幸町)は、顧客が1件利用するごとにみずほ銀行が1.4トン相当の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出権を購入し、国へ二酸化炭素(CO2)排出権を寄付するという形態のローン商品の取り扱いを始めた。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出権を取得する具体的な内容としては、エコカー購入の新車ローンや環境問題配慮型住宅へのリフォーム資金を提供するローンが対象となるという。顧客へ二酸化炭素(CO2)排出権の寄付の証明書を送付することで、利用者は環境問題への貢献を実感できるものとなっている。また、筑波銀行(茨城県土浦市中央)では、エコカー補助金制度を利用してハイブリッド車などを導入した企業に貸出金利を優遇した新車ローンを始めた。さらに、東京電力(東京都千代田区内幸町)の助言を得て、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果のある設備を導入した企業に、優遇金利で導入資金を融資する商品を開始した。一方、第四銀行(新潟県新潟市中央区)は、環境問題を始め医療、農業など成長分野の取り組みを推進する専門部署としてニュービジネス企画室を設置した。埼玉りそな銀行(埼玉県さいたま市浦和区)も、環境問題などの分野で成長性の高い非上場企業を投資対象とした10億円規模のファンドを設立して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などに取り組む貸出先を募っている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 金融機関が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減など環境問題対策を強化はこちら

KDDIと沖縄セルラーは沖縄県で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策

 KDDI(東京都千代田区飯田橋)と沖縄セルラー(沖縄県那覇市久茂地)は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた取組みの一環として、太陽光発電システムと蓄電池を有機的に連携させるとともに、深夜電力も活用するトライブリッド方式電力制御技術の実証実験を沖縄県で行うと発表した。沖縄県は、台風が多く、日本本土とは日照時間も異なるため、沖縄県のau携帯電話基地局でトライブリッド方式電力制御技術の実験を行う。トライブリッド基地局における地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するリチウムイオン電池やアモルファス太陽電池についても実験を行うという。KDDIは、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できるトライブリッド基地局を新潟県2局、栃木県1局、茨城県1局の計4か所に設置して性能実験を繰り返して行っている。これまでの実験結果で各基地局とも消費電力・CO2排出量が最大約30%、電力料金では最大約40%削減を行うことができたという。この地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の大きな結果を受け、今回、KDDIと沖縄セルラーは共同で、沖縄県内においてトライブリッド基地局を新設し、太陽光発電パネルの架台部分の環境負荷低減とコスト削減を目的に2種類の太陽光架台で実験を行うという。また、蓄電池の小型・軽量化や長寿命化及び鉛金属削減による環境負荷の低減を図るため、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる三洋電機製のリチウムイオン電池を用いた検証を埼玉県と愛媛県のトライブリッド基地局で実施する。さらに、高知県では、既存基地局設備の省電力化と地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を図るため、アンテナ鋼管柱鉄塔に軽量、フレキシブルな三菱化学製のアモルファス太陽電池を直接巻き付け、鉄塔への影響や垂直敷設による発電効率を検証する。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> KDDIと沖縄セルラーは沖縄県で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策はこちら

茨城県水戸市は緑のカーテンで二酸化炭素(CO2)排出量削減による地球温暖化の原因対策

 茨城県水戸市千波町の茨城県民文化センター大ホール西側の外に設置しているトイレの外壁一面が、地球温暖化の原因防止対策の「緑のカーテン」としてゴーヤなどのツル植物が作り出す緑に覆われて、夏のひと時の涼しさをかもし出している。緑のカーテンは、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた取り組みであり、今年で3回目となるという。今年は、地球温暖化の原因防止対策の緑のカーテンの準備として6月に幅約25メートル、高さ約3メートルのネットを設置した。そこへ、昨年の落ち葉を堆肥にして土を肥やし、ゴーヤの苗約20本と昨年収穫されたゴーヤの種に加えて、朝顔、フウセンカズラの3種類のつる性植物の種を植えたという。職員が朝夕の2回水をまいて大切に育ててきた結果、8月初旬になると地球温暖化の原因防止対策の緑のカーテンはトイレ全体を覆うまでに大きく成長した。6月初旬まではトイレの室温が外気を10度程度上回っていたが、地球温暖化の原因防止対策の緑のカーテンが完成した後は室温の方が0.1度低くなり、緑のカーテンの冷却効果が証明されたという。茨城県民文化センターでは「地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向け、来年もぜひ実施したい。今度は収穫したゴーヤの種だけで緑のカーテンに挑戦したい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 茨城県水戸市は緑のカーテンで二酸化炭素(CO2)排出量削減による地球温暖化の原因対策はこちら

富士重工業と日立製作所が風力発電で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 富士重工業(東京都新宿区西新宿)と日立製作所(東京都千代田区丸の内)は、ウィンド・パワー・いばらきが建設する地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減が可能になる国内初の港湾外洋上風力発電施設「ウィンド・パワー・かみす風力発電所」(茨城県神栖市南浜)に、両社が共同開発した大型風力発電システム「SUBARU80/2.0風力発電システム」を7基納入し、今般、本格稼動を開始した。この茨城県に設置されたウィンド・パワー・かみす風力発電所は、鹿島灘に面した海岸線から約50mの海上に約2kmに渡る風力発電所であり、外海に風力発電施設を設けたのはわが国で初めてのケースである。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、富士重工業と日立製作所が共同開発したSUBARU80/2.0は、風力発電に使用する直径80mのローターをタワーの風下に配置するというダウンウィンド式の風車であり、定格出力は1基当たり2000kWで、7基合計すると年間約7000世帯分をまかなえる風力発電のクリーン電力を発電するという。2000kW級風力発電システムでダウンウィンド方式を実用化したのは、風力発電としてはSUBARU80/2.0が世界で初めてのケースになるという。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減がクローズアップされている中で、富士重工業と日立製作所は、大型風力発電システムの需要は今後とも拡大すると見ており、技術開発をさらに進めて普及を図る予定だという。

> 富士重工業と日立製作所が風力発電で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

茨城県つくば市で障害者と共に地球温暖化の原因対策

 茨城県つくば市にある社会福祉法人創志会では、障害者が社会の一員として地球温暖化の原因対策としての環境問題に取り組む職業訓練の一環としてBDFバイオディーゼル燃料)の精製に取り組んでいる。原料の廃食用油は地元スーパーなどと提携して集め、精製したBDFは地元つくば市のスーパーの配送車や茨城県つくば市内のスクールバス等の燃料になり、資源循環システムができあがっている。つくば市のスクールバスを利用する生徒や関係する人々が地球温暖化の原因問題へ意識を高めるのにも役立っているという。一方、主体となって活動している障害者は、つくば市の地域の人々とふれあうことで自信とやりがいを感じる機会になっている。施設の利用者(障害者)数名と職員が毎日つくば市内の3~5カ所程度の提携先を回り、廃食用油を回収しており、この回収に使っているバンの車にも地球温暖化の原因対策のBDFが使用されている。廃食用油回収の際は、先方の社員に回収確認のサインをもらうが、サインは障害者がもらいに行き、提携先とのコミュニケーションが図れ、これも社会復帰訓練になる。地元つくば市の私立高校のスクールバスへの給油に関しては、生徒達の間でも、自分たちの乗るスクールバスの燃料が廃食用油からできているということで、茨城県つくば市で障害者と共に地球温暖化の原因対策への意識の醸成がなされてきている。BDFの精製は主に障害者が行い、当初障害者は時間の観念が薄く、時間が守れず何度も失敗したが、作業を続けるうちに、時間の観念が身につき失敗しなくなったという。活動の主体は社会復帰を目指す障害者を支援する茨城県つくば市初の複合型支援施設であり、障害者にも社会の一員として地球温暖化の原因対策(環境問題)に携わることのできる作業として試行錯誤しながらたどり着いた取り組みも、軌道に乗って約一年が経過した。障害者もつくば市地域の人とふれあい、社会復帰への足がかりができ、更に、年間114トンの温室効果ガスである二酸化炭素の削減という地球温暖化の原因防止の一端も担う取り組みとなっている。また、つくば市内の事業所や高校と提携することにより提携先の社員、生徒に対しても地球温暖化の原因防止をアピールできている。また、つくば市内の提携先からはBDFの増産を望む声もあり、施設では設備の増設も検討するなど、将来にわたって活動のさらなる展開が期待されている。障害者が地球温暖化の原因対策について先駆け的な取り組みに実際に携わることで社会貢献し、つくば市の地域のリーダーとしても活躍しており、今後はつくば市の地域の人も巻き込みつつパートナーシップの環が広がっていくものと思われる。

> 茨城県つくば市で障害者と共に地球温暖化の原因対策はこちら

地球温暖化の原因防止の茨城県内のLED街灯にメッセージ

 茨城県内の商店街では初めて、茨城県日立市のJR常陸多賀駅前通りの街灯が、地球温暖化の原因防止に寄与する消費電力の極めて少ない発光ダイオードLED)化されることになった。LED電球には、地元高校生に地球温暖化の原因防止に向けたメッセージを書き込んでもらい、環境に優しい商店街をアピールするという。高校生のメッセージは「若い人たちに地球温暖化の原因防止を考えてもらい、併せて、思い出にもしてもらいたい」と、「多賀駅前中央商店街振興組合」と地球温暖化の原因防止の啓発団体「ひたち地球温暖化防止協議会」が、日立一高、日立二高、多賀高の茨城県日立市内の三つの高校に呼びかけて実現した。地球温暖化の原因防止のLED灯になるのは、JR多賀駅前から常陽銀行多賀支店前まで約1キロの街灯30基85灯になる。地球温暖化の原因防止対策事業費は、国の補助も含めて約900万円となった。地球温暖化の原因防止対策に寄与するLED灯は水銀灯よりも少ない電力で明るさを保て、寿命も4万時間(約9年)以上とされているが、現在のところ非常に高価になっている。同組合の試算では、通りの照明のLED化で年間に約12.5トンの地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素の排出を削減できるという。多賀高では、2年生の生徒らが地球温暖化の原因防止対策に寄与するようにと、「資源を大切に使おう」「緑を増やす」「地元で作って、地元で食べよう」などと、マジックで思い思いのメッセージを記入し、「取り付けられたら見にいきたい」「地球環境がよくなってほしい」などと話していた。地球温暖化の原因防止のメッセージはLED電球の裏側に書かれているため、LED電球取り付け後は歩道から見えなくなるが、LED電球街路灯の配置図で自分の地球温暖化の原因防止のメッセージの位置が分かるようにしてあるという。寿命を迎える10年後のLED電球取り換え時に、生徒が地球温暖化の原因防止のメッセージを読み返せるように工夫する案なども出ているという。協議会によると、地球温暖化の原因防止のメッセージの記入が終わったものから順次取り付けており、全てが終わるのは1月末頃の見込みになるそうである。
LEDライト電光サイン看板情報携帯マイmy箸運動販売情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止の茨城県内のLED街灯にメッセージはこちら

茨城県つくば市で地球温暖化の原因防止の低炭素交通の社会実験

 伊藤忠商事(東京港区)は来年3月、茨城県つくば市などと共同で地球温暖化の原因防止低炭素交通社会システムの共同実証プロジェクトに乗り出すと発表した。茨城県つくば市内のコンビニエンスストアやガソリンスタンドに電気自動車を配置し、車の共同利用であるカーシェアリングをすることにより地球温暖化の原因防止の低炭素交通システムの実証を目指すという。同社などはつくば市の研究機関から助言を受けた上でシステムの最適化を図る予定だという。地球温暖化の原因防止の実験は茨城県つくば市の公用車とコンビニエンスストア「ファミリーマート」の社用車、地域住民や出張者用の電気自動車をカーシェアリング車両として配備するという。電気自動車はマツダのデミオをベースに米国製の車載リチウムイオン電池システムを搭載したものを利用する。茨城県つくば市の新庁舎に最も近いコンビニエンスストア「ファミリーマートつくば研究学園店」と伊藤忠エネクスのガソリンスタンド「学園東大通りSC店」に急速充電器と定置用蓄電池、太陽光発電を設置する。ここでは、地球温暖化の原因防止の太陽光で発電した電力を電気自動車に給電するほか、店内の照明などにも使用することによって、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減を目指すという。エリア内には、さらに地球温暖化の原因防止対策を進めるため、定置用蓄電池を設置することにより、昼間の太陽光で発電した電力を夜間に使うことも可能になる。同社などではこれらの一連の地球温暖化の原因防止対策による車載電池と定置用電池の放電・充電状態や劣化状況などをリモート監視して、車載電池などの2次利用の研究に役立てることにしている。さらに、電池システムの使用状況の履歴やカルテを作成し、性能評価と製品保証の仕組みを構築することで、地球温暖化の原因防止対策の二次利用市場への普及促進と価格の低減を目指すという。研究には産業技術総合研究所や日本自動車研究所など茨城県つくば市内の研究機関が参加し、それの立場から助言することになっている。茨城県つくば市やファミリーマートでは、地球温暖化の原因防止対策のプロジェクトを進める中で、電気自動車を市民へ貸し出すことも計画しており、取り組みを広く市民に知ってもらい、地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会の考え方をPRする考えだという。市原健一茨城県つくば市長は「茨城県つくば市の街はこうした社会実験に向いている。茨城県つくば市での地球温暖化の原因防止対策の実験成果を全国に発信したい」と話している。
ハウスクリーニング掃除清掃代行情報エアコンクリーニング業務用家庭用掃除洗浄情報着物きものクリーニング専門丸洗い情報

> 茨城県つくば市で地球温暖化の原因防止の低炭素交通の社会実験はこちら

茨城県日立市に地球温暖化の原因防止対策のLNG基地

 東京ガスは、地球温暖化の原因防止対策の遺憾として、平成29年度の稼働を目標に検討を進めていた茨城県日立市の液化天然ガス(LNG)基地の建設計画について、計画を前倒しして27年度にも稼働を目指すと発表した。茨城県庁で記者会見を開き、計画の早期推進を発表した東京ガスは「地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会の流れが加速している」と理由を説明した。茨城県日立市から栃木県真岡市までの約90キロをパイプラインでつなげ、首都圏への供給にも活用する考えだという。東京ガスは今年1月に発表した平成21~25年度のグループ中期経営計画では、地球温暖化の原因防止対策のガス田開発や国内の備蓄基地整備など、5年間で約9千億円の設備投資を行うとしていた。その地球温暖化の原因防止対策の一環として、東京湾内にある既存の3つのLNG備蓄基地に加え、茨城県日立市の茨城港日立港区に備蓄基地を建設することが盛り込まれていた。また、茨城県と同社は地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会の実現への貢献と、産業振興と雇用拡大による地域経済の活性化のために、天然ガスインフラを協力して整備することなどを合意している。東京ガスは計画の前倒しについて、「地球温暖化の原因防止対策に対する社会的、国際的な関心の高まりや地元からの要請を踏まえた」と理由を説明している。また、今後の地球温暖化の原因防止対策の取り組みとしては、安全確保を最優先として早期具体化の検討を進めていくほか、経済産業省などの関係各省と調整を進める。地元へは「適切なタイミングで地球温暖化の原因防止対策を説明したい」としている。茨城県日立市の日立港区に建設予定の地球温暖化の原因防止対策のLNG備蓄基地は、備蓄量20万キロリットルクラスのLNGタンクを備える。また、同基地から栃木県真岡市までの約90キロを直径60センチのパイプラインを設置し、ここから既存のパイプラインなどに接続する計画だという。
貸しギャラリー貸し画廊レンタル情報着ぐるみレンタル・通信販売情報コスプレ衣装レンタル製作通信販売情報

> 茨城県日立市に地球温暖化の原因防止対策のLNG基地はこちら

地球温暖化の原因防止対策として茨城県土浦市が公用車に電気自動車導入

 土浦市民へ地球温暖化の原因防止対策として環境問題への取り組みをアピールしようと、茨城県土浦市は茨城県内の自治体で初めて公用車に電気自動車を購入し、27日に納車された。購入した電気自動車は三菱自動車の軽自動車「アイミーブ」1台となっている。地球温暖化の原因防止対策の電気自動車の定員は4人で、外装デザイン経費も含め482万3千円で購入した。地球温暖化の原因防止対策の電気自動車は、100ボルトで14時間、200ボルトで7時間充電することで約160キロ走行できる。地球温暖化の原因防止対策の電気自動車の車体には成長をイメージする植物の芽と空や水をイメージする青でデザインとなっているが、電気自動車をアピールするためコンセントを描いた。茨城県土浦市では購入した地球温暖化の原因防止対策の電気自動車のをさまざまなイベントで展示するほか、職員が日常の業務で利用して地球温暖化の原因防止対策をPRする。中川清土浦市長は「土浦市民や事業者の皆さんに地球温暖化の原因防止対策や環境の重要性をPRする土浦市のフラッグシップカーとして活用したい」と話している。
雨水再利用タンクシステム情報屋上緑化情報桐箪笥タンスの販売修理情報

> 地球温暖化の原因防止対策として茨城県土浦市が公用車に電気自動車導入はこちら

茨城県が地球温暖化防止対策としてバスでエコドライブ

 茨城県では、大気汚染と地球温暖化の防止に効果的なエコドライブの周知を図り、取り組みの実践につなげるため、2008年11月から乗合バス事業者が運行するバス車内にエコドライブポスターを掲示している。茨城県バス協会を通じて行っているもので、協会加盟のバス事業者18社の全車両、約1200台にエコドライブポスターを掲示した。また、エコドライブ推進月間の初日である11月1日には、茨城県といばらきエコドライブ推進協議会が街頭キャンペーンを実施し、車利用者が多い集客施設で、エコドライブの実践を呼びかけた。エコドライブを一人ひとりが心がけることによって、大幅な省エネルギーが達成され、二酸化炭素の削減など地球温暖化防止対策に資するとしている。


病院臨床検査技師の求人募集転職看護師・准看護師の求人募集転職保健師の求人募集転職

> 茨城県が地球温暖化防止対策としてバスでエコドライブはこちら