TOPページ > 検索結果

検索結果 【自然エネルギー】

環境省と国土交通省がEEZで二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策の浮体式洋上風力発電の実証実験

 環境省(東京都千代田区霞が関)と国土交通省(東京都千代田区霞が関)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環の取組みとして、海に浮かべる形で設置する洋上風力発電設備について、来年度から実用化に向けた実証実験に取組む。環境省は風力発電設備の採算性や技術的な問題点を探るため風力発電実証機をつくり、国土交通省は風力発電設備の海上における安全を確保するガイドラインを作成するという。風力発電は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として有効な取組みであるものの、陸上には風力発電に適した土地が少ないうえに、風力発電の稼動による騒音バードストライクなどの環境問題も引き起こしている現状がある。このため、風力発電の設置場所として我が国における世界6位の広さがある排他的経済水域(EEZ)を活用し、自然エネルギーの確保や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に役立てるという。実証実験に取組む設備は、浮体式洋上風力発電と呼ばれ、大きな棒状の浮きの先端に風力発電の風車が付いており、海底にワイヤーで係留して流されないように固定されている。浮体式洋上風力発電で発電した電力は、海底ケーブルを通じて陸地まで送る仕組みとなっている。環境省は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を進めるため、2016年度の浮体式洋上風力発電の実用化を目指し、実証機の設計費や製造費などとして15億円を来年度の概算要求に計上しており、本年度末には浮体式洋上風力発電の実験海域を排他的経済水域(EEZ)内で選ぶ予定だという。国土交通省の浮体式洋上風力発電の運用に係るガイドラインは3年間で作成する予定であり、来年度の概算要求には4,600万円を計上している。激しい波などがぶつかった場合の浮体式洋上風力発電の浮き沈み方や、ワイヤが切れないような係留方法及び効率的に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として発電する配置などを調査するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 環境省と国土交通省がEEZで二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策の浮体式洋上風力発電の実証実験はこちら

京都府京丹波町の小学校は自転車の自家発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の学習

 京都府京丹波町曽根の丹波ひかり小学校では、地球環境問題と地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策について考える「地球温暖化防止授業」が行われた。子供たちは、地球規模で広がる地球温暖化による影響の現状の事例を真剣な表情で聞き入り、自転車による自然エネルギー自家発電を体験した。京都府京丹波町の今夏の暑さは厳しく、同小学校では熱中症対策などを通じて、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の環境問題を身近に感じてきたという。地球温暖化の原因防止対策の環境問題の授業は京都府南丹保健所と連携し、京都府京丹波町の自然や環境問題を守る取組みを学んだ。地球温暖化の原因防止対策の環境問題の授業には、同小学校5年生の57人が参加した。講師となった宮田洋二(京都府地球温暖化防止活動推進員)さんが「地球温暖化の影響による海面上昇によって、島国のツバルは海に沈みつつあり人が住めなくなってしまう」など地球温暖化の原因の影響を紹介し、この京都府も地球温暖化の例外ではなく、「京都府京都市東山区清水にある清水寺の紅葉も年々色づきが悪くなっている」などの話をした。地球温暖化の原因の話に続いて、子供たちは自転車による自然エネルギーの自家発電を体験した。子供たちは汗だくで自転車のペダルをこぎ、そうすると電球が点灯したり、ラジカセの音が鳴ったりするのを体験した。丹波ひかり小学校の阜正是教頭は、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策は、身近な行動から始まる点を理解し、省エネ対策などを実行してほしい」と話していた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京都府京丹波町の小学校は自転車の自家発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の学習はこちら

関西電力は大阪府堺市で太陽光発電所(メガソーラー)稼動による二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因対策

 関西電力(大阪府大阪市北区中之島)は、大阪府堺市西区の臨海部に建設中の地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献する総出力10メガワットの「堺市太陽光発電所メガソーラー)」のうち3メガ・ワット分の自然エネルギーの太陽光発電による運転を開始したと発表した。出力が1メガワットを超える大規模太陽光発電所(メガソーラー)の運転開始は、国内の電力会社で関西電力の堺市太陽光発電所が初めてのケースであり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として自然エネルギーの普及が加速しそうだ。関西電力は、大阪府堺市にある産業廃棄物などを埋め立ててできた土地約20ヘクタールを大阪府から借りて堺市太陽光発電所(メガソーラー)建設している。堺市太陽光発電所(メガソーラー)は、運転開始分だけで、6ヘクタールの土地に敷き詰められた太陽光発電パネル約2万枚によって、一般家庭約900世帯分の自然エネルギーの電気を生み出すという。堺市太陽光発電所(メガソーラー)は、2011年10月をめどに総出力10メガワット全体を稼働させる予定だ。堺市太陽光発電所(メガソーラー)の運転開始式に出席した大阪府堺市の竹山修身市長は、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に取り組む環境モデル都市の大阪府堺市を国内外にアピールするための大きな歩みとなる」と挨拶した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 関西電力は大阪府堺市で太陽光発電所(メガソーラー)稼動による二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因対策はこちら

静岡県はグリーン電力証書のインターネット販売で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 静岡県は、静岡県内の地方公共団体で初めて、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係るグリーン電力証書のインターネット販売を開始している。静岡県は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、自然エネルギー関連事業を展開するネクストエナジー・アンド・リソース(長野県駒ヶ根市)が運営するグリーン電力証書取引の専門サイトである「グリーン電力証書取引所」で販売している。今回販売するのは、静岡県企業局都田浄水場(静岡県浜松市北区)の出力50kWの太陽光発電施設で発電した自然エネルギーによる電力のうち、同浄水場で自家消費した電力(年間約6万2000kWh)分の環境付加価値となっている。1kWh当たり15円で対象となる環境付加価値を全部販売した場合には、年間約83万円の販売収入があり、太陽光発電施設のイニシャルコストの回収期間は約半分になり、今後の太陽光発電施設の維持・拡大のためのインセンティブとなるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として売買されているグリーン電力証書は、太陽光発電や水力発電などの自然エネルギーで発電した電気を、電気の価値と環境価値に分け、環境価値だけを証書化したものである。グリーン電力証書の購入者は自然エネルギーを使用しているとみなされ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に利用できる。問い合わせは、静岡県企業局経営課(054-221-2157)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 静岡県はグリーン電力証書のインターネット販売で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

福岡県福岡市で太陽光発電システムのリースによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 太陽光発電システムについては、クリーンな自然エネルギーであることから、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として大いに期待されている。しかし、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するとはいえ、太陽光発電システムは大規模になるほど初期投資に係る費用が大きいことから、企業の施設などに設置が進まないという状況がある。こうした太陽光発電システムに関して新たなサービスが始まっている。まず、サービス事業者がユーザー企業の施設内に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる太陽光発電システムを設置するが、太陽光発電システ設備の購入・設置などの導入コストは事業者が負担するというものである。ユーザー企業は太陽光発電システによる電力の供給を受けながら、サービス料を事業者に月々支払い、設置された太陽光発電システムの発電設備は事業者が所有し運用するというものである。こうした地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に寄与する「太陽光オンサイト発電サービス」を展開するのが、九州電力(福岡県福岡市中央区)の100%子会社であるキューデン・エコソル(福岡県福岡市中央区渡辺通)である。同社は今年1月、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、産業・公共部門向けに太陽光発電システムのリースサービスを開始した。一般社団法人新エネルギー導入促進協議会(NEPC)からの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての「新エネルギー等事業者支援対策事業」の補助金を受け、100kWの太陽光発電システムの設備を15年契約で設置した場合、1か月当たりのサービス料金は太陽光発電システムによる電力料金込みで約40万円程度になるという。太陽光発電システム100kWの設備の標準的な発電量は、年間10万kWh程度あることから、太陽光発電システム1kWh当たりのコストは約48円になる。自家消費した電力の環境価値は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としてユーザー企業に帰属する。太陽光発電システムのリースは、既に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、福岡空港国際線ターミナル(福岡県福岡市博多区)207kw、朝倉医師会病院(福岡県朝倉市来春)100kw、綾てるはドーム(宮崎県東諸県郡綾町)151kwで行われている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県福岡市で太陽光発電システムのリースによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

リコーはグリーン電力で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 リコー(東京都中央区銀座)は、東京都港区の秩父宮ラグビー場で9月18日のラグビー・トップリーグ公式戦である、リコーブラックラムズと福岡サニックスブルースの対戦試合で、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、自然エネルギーで発電するグリーン電力を利用した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「グリーン電力証書システム」を活用し、ナイター照明などに必要な電力を賄ったという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、グリーン電力証書の発行事業を手掛ける日本自然エネルギー(東京都中央区)からリコーが購入しているグリーン電力証書を使用した。この試合に際して、ラグビー場の大型映像装置やナイター用照明などが消費する電力約2,000kWh分をグリーン電力で賄ったとみなした。リコーは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する環境活動の一環として、外部で使用する電力による環境負荷を減らすことを目的にグリーン電力証書システムの活用を決め、今回のラグビーの公式戦を地球温暖化の原因防止対策の第1弾にした。リコーは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する環境保全と利益を同時に実現する「環境経営」を推進しており、2050年までに環境負荷を8分の1にする目標を掲げ、環境保全活動に積極的に取り組んでいる。グリーン電力は、太陽光発電システムや風力発電など自然エネルギーで発電された電力のことをいう。グリーン電力には、電力そのものの価値と、化石燃料節減による省エネ対策や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策という環境付加価値があると考え、付加価値に価格を設定して販売するのがグリーン電力証書システムとなっている。グリーン電力証書を購入すると、通常使う電力と組み合わせることで、当該グリーン電力を使用したものとみなされる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> リコーはグリーン電力で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

中部電力が静岡県静岡市で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量を削減するメガソーラー発電所

 中部電力(愛知県名古屋市東区)は、静岡県静岡市清水区において、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献する大規模太陽光発電システムの施設であるクリーンな自然エネルギーメガソーラー発電所の「メガソーラーしみず」(仮称)の開発計画を発表した。中部電力の計画は、静岡県静岡市清水区三保の中部電力所有地に、発電出力8,000kW(8MW)で一般家庭2,300世帯分の年間使用電力に相当し、中部電力管内最大となる太陽光発電所を2014年度(平成26年度)の運転開始を目指し建設するものとなっている。太陽光発電のメガソーラー発電所の建設によって、年間約4,000トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を見込んでいるという。中部電力は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量になる太陽光発電のメガソーラー発電所として、これまでに「メガソーラーたけとよ」(愛知県知多郡武豊町)、「メガソーラーいいだ」(長野県飯田市川路城山)の開発を先行して進めており、静岡県静岡市清水区における開発は、中部電力として3地点目の太陽光発電のメガソーラー発電所となる。今後、中部電力は、静岡県静岡市と相互に協力し、静岡市清水区の地元に理解と協力に努めるとともに、太陽光発電のメガソーラー発電所計画について、静岡県や静岡市を始めとした関係各所に説明して協議を進めていくという。中部電力は、太陽光発電のメガソーラー発電所や風力発電などの再生可能エネルギーの開発・導入及び原子力発電の推進など、引き続き、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量の少ないエネルギーの導入に積極的に取組み、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献していくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 中部電力が静岡県静岡市で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量を削減するメガソーラー発電所はこちら

埼玉県川口市でNPO法人が二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因対策の教室開催

 埼玉県川口市のNPO法人「川口市民環境会議」が地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、10月16日に開校する「かわぐち自然エネルギー学校」の参加者を募集している。来年2月まで毎月1回計5回の自然エネルギーに関する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する授業を行うという。川口市民環境会議では、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のため、これまでさまざまな省エネ対策などの活動を続けてきた。さらに活動を一歩進めてクリーンな自然エネルギーを作る活動にも力をいれたい」と話している。自然エネルギーによる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対に関心のある人や自宅に太陽光発電システムの設置を検討している川口市民などが受講対象になるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する基礎知識を学ぶほか、実際に太陽光発電システムのパネル製作も予定しているという。定員は先着順で30人で参加費は5回分3500円となっている。会場は、リリア(川口総合文化センター:川口市川口3-1-1)、川口市婦人会館(川口市上青木西1-2-19)、川口市朝日環境センター(川口市朝日4-21-33)で行われる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 埼玉県川口市でNPO法人が二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因対策の教室開催はこちら

高岳製作所が二酸化炭素(CO2)を削減する地球温暖化の原因対策の電力網実験

 高岳製作所(東京都中央区入船)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、高岳製作所の小山市工場(栃木県小山市)に建設を進めていた配電ネットワーク実証試験場が完成し、稼働を始めたと発表した。また、高岳製作所では、新たに電圧を断絶する断路器工場の拡張も完了した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を検証する試験場は、1,314平方メートルの敷地に6.6キロボルトの架空配電線と変圧器、配電用自動電圧調整器などを配置しており、クリーンエネルギー自然エネルギーなどの実用化を検証する。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に寄与するクリーンエネルギー・自然エネルギーの太陽光発電や風力発電で発電した電力が、系統電圧にどういった影響を与えるかなどの実証研究を行い、次世代送配電網に対応可能なシステムや機器の技術開発に役立てるという。一方、断路器はこれまで、高岳製作所小山市工場にある変電機器工場の一部で生産していたが、専用工場を設けることによって、生産効率は3割以上アップしたという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 高岳製作所が二酸化炭素(CO2)を削減する地球温暖化の原因対策の電力網実験はこちら

三重県玉城町は全小中学校に太陽光発電を設置して地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 三重県玉城町は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、玉城町立の小中学校5校すべてにクリーンエネルギー太陽光発電システムの設備を設置したと発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しないクリーンエネルギーの太陽光発電システムによる自然エネルギーの発電出力は年間約20万kwhで、一般家庭50世帯の1年分の消費電力を賄えるという。三重県玉城町によると、公立の全小中学校にクリーンエネルギーで自然エネルギーの太陽光発電システムの設備を備えたのは、三重県内で三重県玉城町初めてのことだという。これは、国が進めている地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のクリーンエネルギーで自然エネルギーの「太陽光発電システム設備導入事業」によって、三重県玉城町が国の自然エネルギー補助金を受けて設置したもので、総事業費は1億6,000万円であった。三重県玉城町の玉城中学校には、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、縦1メートル、横1.5メートルのクリーンエネルギーの太陽光発電システムのソーラーパネルを屋上に288枚を設置した。小中学校に設置したクリーンエネルギーの太陽光発電システムとしては三重県内最大規模の60kwhを発電可能だという。また、同じく地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、田丸及び外城田の両小学校には40kwhのクリーンエネルギーの太陽光発電システムのソーラーパネル192枚、有田及び下外城田の両小学校には30kwhの太陽光発電システムのソーラーパネル144枚が取り付けられた。各校には地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のクリーンエネルギーの太陽光発電システムを紹介するモニターを設置し、クリーンエネルギーの発電システムの説明や気温、電力、二酸化炭素(CO2)排出量削減量などの数値を示している。三重県玉城町によると、全小中学校に設置したクリーンエネルギーの太陽光発電システムで年間63トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が削減できるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 三重県玉城町は全小中学校に太陽光発電を設置して地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

風力発電と太陽光発電の街灯で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因防止対策

 自動車部品メーカーである有馬技研(静岡県掛川市)の関連会社の日本エネルギー開発が風力発電太陽光発電という2種類の自然エネルギーで発電し、発電時に地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない街灯「エコ・ファニチャー」を開発したと発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にやっと取り組み始めている中国を始めとする海外企業との提携も進めながら展開し、100台の販売を目指す。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の自然エネルギーの風力発電用の風車の素材には、軽いアルミニウムを採用している。静岡県掛川市で長年にわたって自動車部品製造で培った加工技術を生かし、風車は1枚板で強度の高いきれいなカーブを成形している。また、環境問題へ配慮して、全体を濃い茶色に塗装することで家具(ファニチャー)のように周辺の景観に溶け込むように工夫したほか、自然エネルギーの太陽光発電パネルの面積は既存のエコ街灯に比べて小さめとし、デザインを電灯部分と一体化させているのも特徴となっている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に細やかに対応するため、太陽光発電量の変化によって昼夜を識別し、街灯の点灯・消灯は太陽光センサータイマーで自動的に管理する。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の風力発電と太陽光発電という自然エネルギーの独立電源であることから、電線のない場所にも設置でき、災害による停電時でも点灯することができる。照明部には地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に効果があるLED(発光ダイオード)を使用しており、寿命は約10年で従来の水銀灯と比較すると3.3倍にまでになる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の街灯の高さは5.5メートルで最大出力は315wとなっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 風力発電と太陽光発電の街灯で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

北陸電力がリチウムイオン電池蓄電システムによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減防止対策

 北陸電力(富山県富山市)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、自然エネルギー太陽光発電風力発電による電力を安定供給するための課題でもあったリチウムイオン電池蓄電システムの具体的な実証試験を開始したと発表した。3年程度かけて、北陸電力ではリチウムイオン電池蓄電システムの性能を見極め、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として実用化を目指すという。北陸電力の実証試験では、エナックス(東京都文京区音羽)が開発した蓄電容量50kwhのリチウムイオン電池2台を北陸電力の自然エネルギーである「志賀風力・太陽光発電センター」(石川県志賀町)の風力発電設備に接続して、風力発電の発電量が多い場合は充電し、少ない場合は放電することで風力発電の電力供給量の安定を目指すという。北陸電力は2006年からリチウムイオン電池を使った自然エネルギーの蓄電の研究を始めており、蓄電池の性能を継続して検証してきたが、実際の自然エネルギーの風力発電設備に接続するのは初めてであり、今後、太陽光発電にも応用して実験を行っていくという。国は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する環境対策の一環で自然エネルギーによる発電を促しているが天候に左右されるため電力供給を一定に保つ技術が課題。北陸電力の研究は、経済産業省の外郭団体である「新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)」の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係る委託事業であり、電力関連業界では九州電力(福岡県福岡市中央区)もリチウムイオン電池蓄電システムの研究を進めている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 北陸電力がリチウムイオン電池蓄電システムによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減防止対策はこちら

石川県輪島市で風力発電による二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因防止対策

 石川県輪島市門前町サビヤ山に地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として期待される自然エネルギー風力発電施設「輪島もんぜん市民風車」が3月に完成し、6月から商業運転しているが、その完成記念式典が9月18日に風力発電の風車前で開催され、「のとりん」という風力発電施設の愛称が披露された。この風力発電施設は、北陸地方では初という市民出資によって整備されたものとなっている。全国の個人、法人合わせて約500人・団体が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の観点から、石川県輪島市の自然エネルギーの風力発電施設に出資して完成したもので、輪島市での式典当日は出資者など150人が参加して行われた。風力発電施設完成記念式典を主催したNPO法人「市民環境プロジェクト」(石川県金沢市湖陽)の三国千秋代表理事が「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のために何ができるか。石川県輪島市の風力発電施設をきっかけに自然エネルギーを大切に使っていくのが我々の願い」と挨拶を行った。石川県輪島市の大下泰宏副市長は「自然エネルギーの風力発電施設が石川県輪島市の地域に活力をもたらしてくれる」と祝辞を述べた。風力発電施設の「のとりん」の愛称は、輪島市門前町の小学生や出資者から募集した中から選ばれたもので、「能登」と「輪島市」の「輪」を合わせ「風力発電が、りんとして回り続けてほしい」と願いを込めて命名したという。式典後、輪島市門前町の電動アシスト自転車を貸し出している「禅の里交流館」に場所を移し「市民による自然エネルギーの活用」をテーマとしたシンポジウムがあった。三国さんと鈴木亨・輪島もんぜん市民風車代表理事、富岡敏夫・NPO法人「グリーンシティ」(青森県八戸市)理事長の3人のパネリストが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として化石燃料に頼らない風力発電などの自然エネルギーの活用を訴えた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 石川県輪島市で風力発電による二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因防止対策はこちら

広島県北広島町は太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策

 広島県北広島町は、北広島町営の道の駅「舞ロードIC千代田」に地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、クリーンな自然エネルギーである太陽光発電システムを屋上に設置した。消費電力の削減による省エネ対策と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を目的としており、道の駅という人が集まる施設であることから、太陽光発電システムで発電する自然エネルギーの活用を広くアピールするという。「舞ロードIC千代田」では、管理棟の屋上の約300平方メートルに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、合計54枚の太陽光発電システムのパネルを設置した。この太陽光発電システムの最大出力は、10.26kwで、年間発電量は1万1645kwhになり、道の駅の年間の使用電力の7%を賄うことができる見込みだという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は年間6トン、光熱費は約22万円の削減になると試算している。広島県北広島町は、太陽光発電システムの設置工事と同時に、管理棟内にある30台の蛍光灯などを発光ダイオード(LED)照明に切り替えたことから、年間約9万円の光熱費の削減と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策につながるという。総事業費は計約1600万円で、広島県の省エネ支援事業の補助金を活用して整備した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 広島県北広島町は太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策はこちら

沖縄県宮古島市が再生可能エネルギー等で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 三井物産(東京都千代田区大手町)は、沖縄県宮古島市地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に取り組む環境配慮型都市(スマートコミュニティー)の事業化に向けて協力する協定書を締結した。沖縄県宮古島市は、エコ・アイランドを目指しており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に寄与する太陽光発電システムや風力発電などの自然の再生可能エネルギーを大幅に導入することによって、2020年に地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量を2003年比で23%、2050年には75%を削減する計画を持っている。三井物産と沖縄県宮古島市は、今後、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、宮古島市で増産される予定のバイオエタノール用サトウキビの残渣を使用したバイオマス発電や太陽光発電、波力・潮力発電などを総合的に管理できるシステムを共同で構築することにしている。さらに、走行時に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の充電インフラ整備も進め、沖縄県宮古島市内で電気自動車(EV)などのエコカー普及も進めるという。沖縄県宮古島市では、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と東芝(東京都港区芝浦)、沖縄電力(沖縄県浦添市牧港)などが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の自然エネルギーを導入した場合に既存の電力系統へ与える影響を調査する実証試験を続けている。三井物産は、こうした企業とも連携して、沖縄県宮古島市全体のエネルギー需要予測や最適な自然エネルギーの需給調整までを提案する予定になっている。三井物産は、今回の計画を地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のモデル事業に位置付けており、今後、世界規模で拡大する見通しの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策がなされた低炭素型都市におけるインフラビジネスでの事業展開に生かすことを目標としている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 沖縄県宮古島市が再生可能エネルギー等で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

羽田空港が太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)削減し地球温暖化の原因防止対策

 三菱電機(東京都千代田区)は、羽田空港旅客ターミナルビル(東京都大田区羽田空港3)などの屋根に設置する地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する自然エネルギーの「無鉛はんだ太陽光発電システムモジュール」7,946枚を同ビルを管理運営する日本空港ビルデング(東京都大田区)に納入した。自然エネルギーの太陽光発電システムの設置は、日本空港ビルデングが進める同空港施設における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する環境対策の一環である。地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電システムモジュールの設置場所は、国内線・第1旅客ターミナルビル屋上4か所、第2旅客ターミナルビル屋上2か所、P4立体駐車場屋上1か所の計7か所で、太陽光発電システムの面積はテニスコート36面分に相当する約2,847坪にもなっている。稼働後は年間約1,157MWhの電力を発電し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量は年間約364トンになるしている。羽田空港ターミナルでは、これまでにも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、自然エネルギーで作られた「グリーン電力」による館内エスカレーターの運用や、国際線地区に太陽光及び地熱を積極的に活用するエネルギー供給システムを採用するなど、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた環境対策が進められてきた。ターミナルビル屋上への地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる大規模な太陽光発電システムの導入は、公共施設としての空港ビルでの自然エネルギーの活用をさらに進めるものと位置づけている。今回納入された太陽光発電システムモジュールは、9月からの稼働させての発電を予定しているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 羽田空港が太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)削減し地球温暖化の原因防止対策はこちら

東京都内の太陽光発電マンションで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 分譲マンション大手が、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策省エネルギーをメリットとして、新築物件に自然エネルギー太陽光発電システムを搭載するものが増えてきている。三菱地所(東京都千代田区大手町)は、今後、自社開発する中・大型のマンション全棟に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策と省エネルギー機能を備える自然エネルギーの太陽光発電パネルを設置すると発表した。三井不動産(東京都中央区日本橋室町)は、建設中のマンション6棟に太陽光発電システムを設置するほか、東急不動産(東京都渋谷区道玄坂)も東京都内の2棟のマンションに自然エネルギーの太陽光発電システムを導入する。太陽光発電システムが地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない特性をアピールし、環境問題に対する意識の高い消費者に購入を促す。地球温暖化の原因防止対策や省エネルギー対策につながるとして、一戸建て住宅では半数程度まで普及してきた自然エネルギーの太陽光発電システムが、マンションにも広がりつつある。三菱地所のマンションでは、屋上に設置した太陽光発電システムから生み出された電力を共用部分の廊下やエレベーターなどで使用するという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムの設置対象は、1棟当たり40戸以上の中・大型の新築マンションで、全棟に太陽光発電システムを設置するのは主要マンション開発・販売会社では初めてのことだという。既に同社が販売したマンションの管理組合にも、地球温暖化の原因防止対策と省エネルギー対策になる太陽光発電システムの導入を呼びかけ採用拡大を促すという。同社は、太陽光発電システム搭載マンションとして、東京都豊島区に建設中のマンションに設置し、2011年度には新築マンションの20~30物件に導入すると話している。三井不動産は、現在建設中の東京都内と大阪府内の6棟のマンションのほか、4棟に新たに地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムを導入する計画であり、他のエコ素材と組み合わせながら、太陽光発電システムの搭載をを拡大するとしている。一方、東急不動産は太陽光発電システム搭載マンションでは先行しており、完売した東京都荒川区南千住のマンションで導入したほか、分譲中の東京都世田谷区のマンションにも搭載を予定している。東京都世田谷区のマンションは、「地球温暖化や環境問題への意識の高いお客さまが太陽光発電システム搭載という点に着目して購入されている」と、同社は引き合いの高さに目を見張り、今後、開発するマンションへの太陽光発電システムの導入拡大を検討しているという。一方、野村不動産(東京都新宿区西新宿)は、現在販売中の東京都豊島区の大型マンションに地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムを搭載している。地球温暖化の原因防止対策のエコへの配慮なども評価され、即売ラッシュが続くなど販売は絶好調だという。同社は、今後の開発マンションに地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電や風力発電などエコ対応を加速するとしており、大手各社で自然エネルギー導入が急速に進むような状況となっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都内の太陽光発電マンションで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

秋田県ではエコ&リサイクルフェスティバルで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 各都道府県の地方自治体においても、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた取組みが積極的に行われている。東北地方の秋田県では、第10回あきたエコ&リサイクルフェスティバルへ出展・協賛する企業・団体等を募集している。同フェスティバルは、世界的に地球温暖化の原因問題解決が重要な課題となっている中、秋田県自ら地球温暖化の原因対策の省エネ活動等に積極的に取組みながら、資源の有効利用や様々な自然エネルギー等を活用するなど、地球温暖化の原因対策の具体的な行動を始めるために必要な情報発信を行うことを目的に、楽しみながら環境問題と省エネルギーの調和について学習できる機会を提供するものとなっている。開催日時は、平成22年9月4日(土)~9月5日(日)10:00~16:00で、雨天決行となっている。開催場所は、秋田県の生涯学習施設である秋田拠点センターALVEぽぽろーど(秋田県秋田市東通仲町)となっている。主催は、第10回あきたエコ&リサイクルフェスティバル実行委員会で、構成団体は、秋田県、秋田市、特定非営利活動法人環境あきた県民フォーラム・業界団体・秋田県内大学となっている。内容としては、企業、団体、NPO、行政等による環境保全の取組みや環境に配慮した製品の展示のほか、親子で楽しく省エネルギーや新エネルギーを学習することができる体験コーナーの設置、環境問題をテーマにしたクイズ大会、ゲーム等ステージイベントの実施となっている。申込先は、第10回あきたエコ&リサイクルフェスティバル実行委員会事務局(秋田県生活環境部温暖化対策課内)電話018-860-1573FAX018-860-3881E-mail en-ondanka@pref.akita.lg.jp

> 秋田県ではエコ&リサイクルフェスティバルで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

北海道石狩市の風力発電による印刷で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減

 (財)北海道環境財団(北海道札幌市中央区北4条西4丁目1番地)では、地球温暖化の原因防止対策となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない風力発電による電力を利用して財団発行の印刷物を作成した。これらの冊子の印刷に使用した電力は、北海道石狩市にある地球温暖化の原因防止対策である市民風車「かぜるちゃん」による風力発電でつくられた「グリーン電力」である。「グリーン電力」とは、風力発電、太陽光発電、バイオマス発電などの自然エネルギーによって発電された電力のことをいい、発電時に地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しないことから、環境への負荷が小さいエネルギーであり、この低い環境負荷分を認証したものが「グリーン電力証書」である。北海道環境財団では、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のため、北海道グリーンファンドから1,000kwh分の「グリーン電力証書」を購入して、印刷物の一部をグリーン電力でまかなう試みを行ったという。グリーン電力相当量の地球温暖化の原因防止対策への環境価値を購入することで、使用した電力を地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しないグリーン電力で賄ったとみなすことが可能になるという。地球温暖化の原因防止にもつながるこうした取り組みを皆さんも利用してはいかがでしょう。印刷時に必要となる電力の一部を風力発電でまかない作成した地球温暖化の原因防止対策がとられた印刷物は次のとおりである。・ちきゅうおんだんかふせぎ隊 作戦シート 2,000部86.55kwh・なまら便利なバスマップ 2009冬ダイヤ版 15,000部59.25kwh・一村一品応援プロジェクト『北海道力』編事例集 5,000部194.74kwh・TGAL(No.145~148) 12,000部・519.3kwh グリーン電力認証の仕組みなどについてはこちら (リンク:http://www.h-greenfund.jp/energygreen/top.html)

> 北海道石狩市の風力発電による印刷で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

プロ野球オールスターのナイター照明は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)のないグリーン電力

「マツダオールスターゲーム2010」を協賛しているマツダは、ゲーム開催時の福岡県及び新潟県の球場のナイター照明には、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を発生させない自然エネルギーで発電されるグリーン電力を提供すると発表した。セ・パ両リーグのプロ野球のオールスターゲームは7月23日に福岡県の福岡Yahoo!JAPANドーム及び7月24日に新潟県のHARD OFF ECOスタジアム新潟で開催される。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を発生させないグリーン電力の提供では「グリーン電力証書システム」を活用するという。このシステムは、太陽光発電システムなどの自然エネルギーで発電された電気の環境付加価値を「グリーン電力証書」というかたちで売買取引し、証書を保有する企業・団体が記載されている発電電力量相当分の自然エネルギーの普及に貢献したとみなされ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に寄与したものとされる仕組みである。このシステムに基づき、プロ野球オールスターゲームのナイター照明で使用される1万2000kWh分のグリーン電力証書を主催者であるマツダが購入する。このことで、間接的にオールスターで使う球場のナイター照明用に係る電力は自然エネルギーを使うことになり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)発生による環境負荷を与えないとみなされるという。このオールスターのグリーン電力証書購入による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減効果は約6.6tを見込んでいるという。

> プロ野球オールスターのナイター照明は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)のないグリーン電力はこちら

山田養蜂場が地球温暖化の原因防止の太陽発電システムを増設

 天然の蜂蜜で有名な山田養蜂場は、自然エネルギーの利用推進と地球温暖化の原因防止の一環として本社や工場棟に設置している太陽光発電システムが、今回の増設により791.61kWとなったことを発表した。これにより、年間約200万円のコスト削減と地球温暖化の原因となる二酸化炭素温室効果ガスの削減が見込まれ、中四国地方最大規模のシステムとなる。「自然との調和」を理念に掲げる同社は、自然環境に対して、地球温暖化の原因防止に寄与する負荷の少ないエネルギーを活用することが企業の使命であると考え、2000年3月から太陽光発電システムを積極的に導入し、以来十数回の太陽光発電システムの増設を行ってきた。今回は第二工場の屋上に99cm×150cmの太陽光発電システムパネルを450枚設置した。これによって100kWの電力を増発することができ、最大電力が791.61kW、年間発電量が79万kWh(予測)となった。この電力は、本社屋および、隣接工場棟電灯の電力全てをカバーするだけの数値に相当する。また、政府系機関である新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)や、新エネルギー導入促進協議会などと共同で地球温暖化の原因防止に寄与する太陽光発電システム当のフィールドテストを実施しており、今後のエネルギー開発の一助となる活動を積極的に行っている。2009年11月から、地球温暖化の原因防止対策の一環として太陽光発電電力の買取新制度が始まるなど、太陽光発電導入量の拡大は、エネルギー源の多様化や温暖化対策、経済発展など大きな期待が寄せられている。同社は、今後も地球温暖化の原因を防止し、自然と共生できる企業を目指していく考えだという。
袴はかまレンタル卒業式情報不用品廃品ゴミ回収買取引取り処分情報医師の求人募集転職太陽光発電ソーラーシステム情報

> 山田養蜂場が地球温暖化の原因防止の太陽発電システムを増設はこちら

地球温暖化の原因対策の太陽光発電搭載の大型エコシップ

 国際物流の9割以上を担う輸送船の地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量を削減しようと、日本の海運大手が太陽光発電などの自然エネルギーや燃料電池を活用した地球環境に優しい大型のエコシップの開発を急ピッチで進め、地球温暖化の原因防止対策の「環境対策」への意欲をアピールしている。地球温暖化の原因防止対策のエコシップは、風を推進力に変えるため翼のように伸びた8枚の帆や、甲板を覆う太陽光発電パネル-を備えている。日本郵船では、「近未来の太陽光発電などの省エネ技術を結集させた化の原因防止対策のエコシップ」としてコンテナ船の模型を公表している。2030年には建造できるという「スーパーエコシップ2030」(全長352メートル)では、従来の大型船とはかけ離れた独創的な外観が特徴となっている。主要動力源には、取り外し可能なコンテナ式の燃料電池を採用して、船体重量を約2割減らすなどして、重油のディーゼルエンジンで動く現在の船と比べて、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出量を69%削減できるという。船底の外側に空気を送ることで海水との摩擦抵抗を減らす最先端技術を導入する一方で、コンテナ積み降ろしの邪魔にならないよう太陽光発電パネルや帆は格納可能とするなど実用性も重視した設計となっている。ライバルの商船三井は、船舶維新をキーワードに、外洋航行中の地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出量を5割に減らすなど「環境に配慮した」自動車運搬船のデザインを公表した。太陽光発電パネルの利用や改良型スクリューの装着が特徴で、港湾内の航行や荷役中には地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素排出ゼロを実現できるという。
 海外でもエコシップに注目が集まる。北欧の大手海運会社は、波のうねりなどの自然エネルギーを利用した輸送船の開発を独自に進める。開発競争の背景には、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出量規制の導入を検討している国際海事機関(IMO)の動きもある。海運各社が地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素排出量に応じた経済負担を強いられる可能性が高まっており、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2削減が緊急課題になっているからだ。IMOによると、船舶が出す地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2は年間10.5億トン(2007年)で、世界の総排出量の3.3%を占める。これはドイツ1カ国分の地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素排出量を上回り、日本の8割以上に相当する量になっている。2008年度には日本郵船が地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素1674トン、商船三井は約1800万トンを出すなど、製鉄やセメント会社と並び日本有数の排出源になっているのが現実だ。中国やインドなど新興国の経済成長で貨物量は増加傾向にあり、国際海運の総排出量は2050年までに2007年の最大2.5倍に増えるとの試算もある。スーパーエコシップ開発を担った日本郵船子会社「MTI」の技監は「新船開発は、2050年に地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2をまったく排出しないゼロエミッション船を実現するための第一歩と考えている。夢を夢で終わらせないとの思いを込めた。」と強調する。商船三井は「今後はフェリーやタンカーなどの新型エコシップを順次発表する」と話している。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因対策の太陽光発電搭載の大型エコシップはこちら

G8環境大臣会合でのカーボン・オフセット

 環境省は、平成20年5月24日~26日のG8環境大臣会合(兵庫県神戸市)及び平成20年4月5日~6日の準備会合(千葉市幕張)において実施した、カーボン・オフセット(Carbon Offset)の取り組みについて発表。
 低公害車の利用や自然エネルギーの活用(グリーン電力証書の購入)、省エネルギー対策等により削減努力を行った後に実際に両会合の開催によって排出された二酸化炭素排出量を、466.4 t-CO2とし、この排出量を、今後、韓国とインドの風力発電事業のCDMクレジット(計500t-CO2)の購入によりオフセットするとしている。
 なお、併せてG8環境大臣会合の開催地となった神戸市の施設及び企業の協力を得て実施したライトダウンキャンペーンによる二酸化炭素排出削減の取り組みも実施しており、今後その削減量を算出し、参考として公表するとしている。

> G8環境大臣会合でのカーボン・オフセットはこちら