TOPページ > 検索結果

検索結果 【脱自動車】

福岡県北九州市はレンタル電動自転車で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策

 福岡県北九州市は、地球温暖化の原因対策として北九州市内の小倉北区中心部などで貸出しされている電動自転車「シティバイク」の公務でのレンタル利用を開始すると発表した。レンタル電動自転車の利用は、車の駐車が難しい北九州市内の都心部での北九州市職員の移動手段にすることによって、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減し、環境モデル都市として「脱自動車」を図る目的もあるという。福岡県で北九州市のように公務で電動自転車のレンタル利用を行うのは初めてのことだという。北橋健治北九州市長は「電動自転車のレンタルは地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を排出しない地球に優しい移動手段になる。北九州市職員が率先して使用することで、北九州市内の企業や市民にも身近な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一つとしてレンタルしてほしい」と期待しているという。地球温暖化の原因対策に貢献するレンタル電動自転車のシティバイクは、北九州市内のNPO法人「タウンモービルネットワーク北九州」が運営している。二酸化炭素(CO2)を排出しない電動自転車のレンタルや返却ができるサイクルステーションが北九州市小倉北区のJR小倉駅や小倉北区役所など中心部に7か所、八幡東区のJRスペースワールド駅や八幡東区役所など東田地区に3か所設置されており、電動自転車116台を24時間レンタルして利用することができ、レンタルした電動自転車は、借りたステーションとは違う場所に返すこともできるという。北九州市では、地球温暖化の原因対策としてネットワークと法人レンタル契約を結び、二酸化炭素(CO2)を排出しない電動自転車を使用する課ごとに使用者の登録を行ってレンタル会員カードの発行を受けることになる。地球温暖化の原因対策の電動自転車の基本レンタル料金は無料で、1時間ごとに105円のレンタル利用料金を支払うことになるという。北九州市役所本庁、小倉北区役所、八幡東区役所の職員が企業との打ち合わせや工事現場の監督、ケースワーカーの調査などでレンタルするという。地球温暖化の原因対策に貢献するシティバイクの電動自転車は、3月27日から北九州市内でレンタルが始まり、これまでに会員レンタル及び一時レンタルを含めて3363台のレンタルがあったという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県北九州市はレンタル電動自転車で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策はこちら