TOPページ > 検索結果

検索結果 【緑化】

福山通運は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を削減する流通センター着工

 福山通運(広島県福山市)は今年の11月に、神奈川県藤沢市地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を可能な限り削減する流通センターを着工すると発表した。流通センターの規模は敷地面積3万3393㎡、建物の延床面積3万1699㎡となっており、竣工予定は2011年11月末となっている。流通センターを着工するにあたり、福山通運では、神奈川県の地球温暖化対策推進条例の規定に基づく地球温暖化対策計画書制度による特定開発事業地球温暖化対策計画書を神奈川県に提出した。特定開発事業地球温暖化対策計画書によると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を可能な限り抑制していくため、一時保管庫へLEDの高効率照明の採用、必要最低限の車路の確保、敷地周囲への植栽、駐車場を建物内に十分に確保することによる道路での待機を無くことなどを予定している。さらに、接道フェンス(神奈川県道側)への緑化及び建物の壁面緑化を実施、低燃費型建設機械の積極的な導入、トラックのアイドリングストップの励行を実行していくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福山通運は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を削減する流通センター着工はこちら

佐賀県と沖縄県の地球温暖化原因防止対策の緑化と太陽光発電システム補助金

 佐賀県では、地球温暖化原因防止対策と森林の整備や地域に密着した緑化の推進を目的に、全国運動の展開にあわせて、2009年3月から5月末まで春期「緑の募金」運動を実施した。この運動の一環として、スーパーやJR駅前で、街頭募金を行った。佐賀県では、2007年度、地球温暖化原因防止対策の緑の募金として約6383万円の収入があり、緑の普及啓発や緑化ボランティアの育成、こだまの森林づくり事業、市町村緑化の推進などに活用している。今後、2010年の「国際生物多様性年」を控え、地球温暖化原因防止対策や国民の緑化への関心が一層高まることが予想されるという。
 一方、沖縄県では、地球温暖化原因防止対策の一環として新エネルギーの導入を促進し、普及を図る目的で、住宅用太陽光発電システムを設置する際、費用の一部に対し補助を行っている。沖縄県では既に2009年4月から募集を開始している。住宅用太陽光発電システムの補助金額は定額2万円で、国が実施する「住宅用太陽発電導入支援対策費補助金」を受けている県内居住の個人が対象となる。4月末では、23件の住宅用太陽光発電システム補助の申し込みがあり、3カ月から半年のペースで住宅用太陽光発電システム補助件数300人に達する見込みだという。沖縄県が率先して地球温暖化原因防止対策の住宅用太陽光発電システムという新エネルギーに対する補助を行うことで、沖縄県内の他の市町村が後に続く契機になればと期待している。

太陽光発電ソーラーシステム情報屋上緑化情報

> 佐賀県と沖縄県の地球温暖化原因防止対策の緑化と太陽光発電システム補助金はこちら

環境技術実証事業 ヒートアイランド対策

 平成20年度「環境技術実証事業」のうち、ヒートアイランド対策技術分野(建築物外皮による空調負荷低減技術)の実証機関である(財)建材試験センター、大阪府、(財)日本塗料検査協会の3団体は、実証対象技術として77件の技術を選定したと平成20年12月16日に発表した。
 環境技術実証事業は、すでに適用可能な段階にありながら、環境保全効果等についての客観的な評価が行われていないために普及が進んでいない先進的環境技術について、その環境保全効果等を第三者が客観的に実証することにより、環境技術実証の手法・体制の確立を図るとともに、環境技術の普及を促進し、環境保全と環境産業の発展を促進することを目的とするもの。
 今回評価対象とするヒートアイランド対策技術とは、建築物に後付け可能な外皮技術で、室内冷房負荷を低減させることによって人工排熱を減少させ、ヒートアイランド対策効果が得られる緑化以外の技術。
 9月16日から10月10日まで募集が行われ、82件の申請があり、その中から77件の技術が選定された。
 これらの技術は今後、技術ごとの実証試験計画を策定した後、実証試験を順次実施し、年度末までに実証試験結果報告書をとりまとめ、公表するスケジュールとなっている。

> 環境技術実証事業 ヒートアイランド対策はこちら

屋上緑化が熱い霞が関(ヒートアイランド)を冷やして

 国土交通省は、屋上緑化の効果を視覚的にわかりやすく把握するため、平成20年8月9日に霞が関の上空からの熱画像等の撮影を実施、その結果を速報として公表した。
 平成20年3月末までに、霞が関官庁街において、延べテニスコート約55面分(約14,500m2)の屋上緑化を実施、中央合同庁舎3号館の屋上を上空からサーモグラフィで温度を測定したところ、緑化された区域の表面温度は一般的なタイル面のそれより11~17度程度低くなっていることが確認された。
 なお、国土交通省ではヒートアイランド対策等の一環として平成12年度より霞が関官庁街の屋上緑化を進めてきており、さらに樹木による木陰の創出や地方面被服の改善など、より一層の緑化推進を図っていく必要があるとしている。

> 屋上緑化が熱い霞が関(ヒートアイランド)を冷やしてはこちら