TOPページ > 検索結果

検索結果 【秋田県】

東北電力は福島県南相馬市と秋田県能代市で木質バイオマス燃料による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 東北電力(宮城県仙台市青葉区本町)は、石炭を燃料とする原町(福島県南相馬市)と能代(秋田県能代市)の二つの火力発電所で、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、樹皮や木片などの木質バイオマス燃料(木質チップ)を石炭に混ぜて発電する。石炭燃焼に伴う地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減や、森林資源の有効活用が狙いであり、東北電力の木質チップ導入は初めてのケースになる。木質チップは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、既に国内6つの電力会社の7火力発電所の14基で使用されている。福島県南相馬市の原町では当面、木質チップを年間で約6トン使用する見込みで、国産チップの使用規模としては国内最大になるという。原町では、チップ導入により、石炭の年間消費量が約2万トン抑制され、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)は約5万トンの排出削減が見込まれ、これは一般家庭約1万世帯の二酸化炭素(CO2)年間排出量に相当するという。原町でのチップの調達については、福島県内のチップ加工業者が周辺又は宮城県南部の森林資源を確保・加工し、発電所に運搬するという。東北電力は「当社がチップを安定的に消費することで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に加えて、間伐の実施・森林の荒廃防止や林業振興にもつながる」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 







 

> 東北電力は福島県南相馬市と秋田県能代市で木質バイオマス燃料による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

大阪府池田市のダイハツ工業は秋田県でDFVE10自動車による二酸化炭素(CO2)排出量削減で地球温暖化の原因防止対策

 ダイハツ工業(大阪府池田市ダイハツ町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、CO2排出量を削減できるバイオエタノール用2燃料自動車(DFV、バイフューエル)を開発したと発表した。ダイハツ工業は、軽自動車を使った試験車両を開発し、今秋から地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の次世代環境自動車の実証試験を開始する秋田県に提供する。DFVは自動車の燃料にバイオエタノール水とガソリンの2系統を使用する。DFVに関する主要環境問題技術は、ダイハツ工業と豊田中央研究所(愛知県愛知郡長久手町)による共同研究の成果であり、バイオエタノール水を使用できるため、生成時における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)発生量の削減を図ることができる。バイオエタノール水は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するとはいうものの、自動車に使用するとエンジン燃焼室内の潤滑性が低下することが大きな課題であった。これをクリアするため、ガソリン燃焼時に発生する熱を利用し、バイオエタノール水の温度調整やVVT(可変バルブタイミング機構)による吸気流の最適化を実現して実用化したという。ダイハツ工業は、DFVに加え、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のバイオエタノール混合燃料「E10」への車両対応試験も進めるという。今回の秋田県による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の実証試験では、ダイハツ工業が提供するDFV自動車1台を使って試験場で走行試験するほか、E10対応自動車2台を使って公道走行試験を行う。ダイハツ工業は元々燃費のよい軽自動車の製造販売が主力なため、環境問題対応技術としては、重量がかさみ燃費効率が悪化する電気自動車やハイブリッド車といった電動技術には興味を示していない。むしろ、エンジン本体の燃焼効率の改善や排出ガス対策、燃料対策などに傾注しているという。ダイハツ工業は、今回、秋田県が進める地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「地産地消でムダを省いたエネルギー循環社会」のメンバーに加わり、実証試験に新型車両を提供し、試験作業の面で協力するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 大阪府池田市のダイハツ工業は秋田県でDFVE10自動車による二酸化炭素(CO2)排出量削減で地球温暖化の原因防止対策はこちら

川崎重工業は秋田県潟上市でバイオエタノールによる二酸化炭素(CO2)排出量削減技術で地球温暖化の原因対策

 川崎重工業(兵庫県神戸市中央区)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する取組みとして、同社の熱水式バイオエタノール製造技術を活用することによって、廃棄物である稲わらを原料とした自動車燃料として使用可能な再生可能エネルギーのバイオエタノールの製造に成功したと発表した。川崎重工業は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、秋田県農業公社(秋田県秋田市中通)とともに、2009年1月から稲わらを原料とした自動車燃料のバイオエタノールの製造の実証実験に取り組んできた。川崎重工業がバイオエタノールの製造と走行実証を行い、秋田県農業公社がバイオエタノールの原料の収集運搬について役割分担している。川崎重工業は2009年11月に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、秋田県潟上市で1日当たり200リットルのバイオエタノールの生産能力を持つ製造実証プラントでバイオエタノールを製造している。再生可能エネルギーのバイオエタノールの製造では、稲わらの糖化工程に熱水式バイオエタノール製造技術を採用したという。このバイオエタノール製造技術は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として新たな手法を採用し、熱水を使って糖化処理を行うもので、回収設備が必要となる硫酸やコスト高となる酵素が不要なため、バイオエタノールの製造コストを抑えることができるという。また、熱水の条件を適切に設定することで、稲わら以外のソフトセルロースについてもバイオエタノールの糖化処理が可能になるという。今回、プラントで製造したバイオエタノールを使って、実際に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として使えるのかどうか、大潟村ソーラースポーツライン(秋田県南秋田郡大潟村)で実車による走行実証試験を行い、自動車の安定走行とこのエタノールが自動車燃料としての基準を満たしていることを確認した。川崎重工業は、この秋田県潟上市のバイオエタノールのプラントで製造コストの一層の低減を目指した実証試験を継続し、現実的な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるよう、バイオエタノールの商用化に向けて1リットル当たり40円以下の製造コストを目指すという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 川崎重工業は秋田県潟上市でバイオエタノールによる二酸化炭素(CO2)排出量削減技術で地球温暖化の原因対策はこちら

秋田県秋田市のエコホテルが二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因対策

 秋田県秋田市中通にある秋田キャッスルホテルは、来年1月から全館のリニューアル工事に着手する。耐震補強とともに空調及び暖房システムも一新し、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を踏まえた「エコホテル」を目指すという。リニューアルグランドオープンは、来年の12月上旬を予定している。秋田キャッスルホテルは、1970年に前身の秋田第一ホテルとして開業した。今回の秋田キャッスルホテルのエコホテルへのリニューアル工事は、本館と1980年建設の新館で実施し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、外装は本館をタイル張りにするという。耐震補強も行い、これは1981年法改正の新耐震基準に併せたも改修で、震度6以上の地震にも耐えるようにするという。空調システムはこれまでのA重油と電気の熱源を電気に一元化し、窓に遮熱フィルムを張るなどして冷暖房効率をさらに高め、大幅な省エネ対策を図ることによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は25%の削減を目指すエコホテルにするという。秋田キャッスルホテルの客室は、現在、シングルとツインの比率が半々だが、室内面積を広げた上で4対6にし、客室数は178から150に減少するが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を踏まえた快適なエコホテルになるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 秋田県秋田市のエコホテルが二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因対策はこちら

秋田県秋田市の秋田銀行はカーボンオフセットで二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策

 秋田銀行(秋田県秋田市山王)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みとして、秋田銀行の役職員の名刺作成で発生する地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量に相当する量を、秋田県内の二酸化炭素(CO2)を吸収固定する森林整備の資金を提供することで二酸化炭素(CO2)吸収量と相殺する「カーボンオフセット」を導入すると発表した。秋田銀行は、秋田県上小阿仁村で森林を間伐する大館北秋田森林組合(秋田県北秋田市)と基本合意書を締結した。秋田銀行は「秋田県内という地産地消型のカーボンオフセットは全国的にも珍しい」と話している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の合意書では、環境省が進める「オフセットクレジット制度」を活用し、同組合の森林間伐により増加する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)吸収量のうち、二酸化炭素(CO2)100トン分を秋田銀行が150万円で購入し、森林組合はこの資金を二酸化炭素(CO2)を吸収固定する森林整備に充てるという。二酸化炭素(CO2)100トン分は、秋田銀行の役職員が約3年間に使う名刺100万枚の作成で発生する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量に相当し、秋田銀行では100万枚の名刺にカーボンオフセットで地球温暖化の原因防止対策に取り組んでいることを印刷してPRする。秋田銀行は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるカーボンオフセットは、企業の社会貢献活動の一環で、地域の経済対策にもなる」と説明している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 秋田県秋田市の秋田銀行はカーボンオフセットで二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

秋田県立大学が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策の講座

 国や秋田県が力を入れている地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、地域資源の開発や新エネルギーの活用について、秋田県立大学(秋田県由利本荘市)は秋田県及び内閣府と連携し、10月7日から計7回の「地域活性化システム論」の公開講座を開催すると発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を、新たなビジネスモデルや暮らし向上のヒントにしてほしいと、受講者を募集している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の講座は、オリエンテーション、日本・秋田県のエネルギー政策、石油などの地下資源・新エネルギーなどの現状、秋田県内におけるバイオマス関連事業、スマートグリット、秋田県立大学プロジェクトとパワー半導体デバイス、燃料電池関連技術、自動車及び関連技術、意見交換会という内容になっている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の講座は、いずれも土曜日の午後1~4時、秋田県立大学の本荘キャンパス大学院棟(秋田県由利本荘市土谷字海老ノ口84-4)で開催する。講師は、国、秋田県、秋田県立大学、企業で開発の最前線に携わるスタッフが各分野について解説する予定となっている。受講は無料で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の講座のうち、興味のある講座だけの受講も可能だという。申し込みは9月30日までとなっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 秋田県立大学が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策の講座はこちら

二酸化炭素(CO2)を排出しない電動バイクキャラバンが山形県山形市で地球温暖化の原因対策PR

 走行中に温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しないことから、地球温暖化の原因対策にもなる電動バイクで日本全国を巡る「電動バイクキャラバン」が山形県入りし、環境問題に優しい電動バイクが披露された。電動バイクキャラバンは、社団法人全国産業廃棄物協会(東京都港区六本木)が、地球温暖化の原因対策として、温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を訴えるために、2009年11月から行っているものである。この日は、山形県山形市松波の山形県庁前に吉村山形県知事や山形県職員らが集まり、電動バイクキャラバンのバイクの到着を祝した。電動バイクは、出力が600ワットで、家庭用の電源で8時間充電すると約45kmを走行することができるという。27日まで山形県内の各市町村や天童市の舞鶴山、新庄まつりなどを巡回し、地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)削減を啓発した後、秋田県に向かう予定だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 二酸化炭素(CO2)を排出しない電動バイクキャラバンが山形県山形市で地球温暖化の原因対策PRはこちら

秋田県秋田市が家庭ごみの有料化で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 秋田県秋田市の「秋田市廃棄物減量等推進審議会」(岡部勇作会長)は、穂積志秋田市長に、「地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減ごみの減量化を推進するため、秋田市内の家庭ごみの有料化を実施すべきだ」との答申を行った。これを受け、穂積秋田市長は、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減は重要であり、内部で検討したうえで9月秋田市議会に方向性を示すことを発表した。秋田市の審議会の答申によると、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のため、資源ごみを除く家庭ごみの有料化について、処理手数料を上乗せした「有料指定ごみ袋」を購入してもらうこと。ごみ袋のサイズは45リットル、30リットル、20リットル及び10リットルの4種類にすること。上乗せするごみ処理手数料は1リットル当たり1円程度にすること。ごみ処理有料化での手数料収入はごみ減量化やリサイクルなど環境施策の財源にすることを求めている。これらを実施することで秋田市内で10%程度のごみの減量化が見込まれる。秋田市では、平成11年度に市民1人1日当たり618グラム排出していた家庭ごみを22年度には10%減の556グラムにする目標を立てていたが、21年度実績ではわずか1.9%減の606グラムでしかない。秋田県内では既に25市町村中14地方自治体が家庭ごみの有料化を行っている。穂積秋田市長は「遅ればせながら地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の社会貢献に踏み込むべきでないか」と、家庭ごみ有料化実施へ前向きな姿勢である。

> 秋田県秋田市が家庭ごみの有料化で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

秋田県ではエコ&リサイクルフェスティバルで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 各都道府県の地方自治体においても、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた取組みが積極的に行われている。東北地方の秋田県では、第10回あきたエコ&リサイクルフェスティバルへ出展・協賛する企業・団体等を募集している。同フェスティバルは、世界的に地球温暖化の原因問題解決が重要な課題となっている中、秋田県自ら地球温暖化の原因対策の省エネ活動等に積極的に取組みながら、資源の有効利用や様々な自然エネルギー等を活用するなど、地球温暖化の原因対策の具体的な行動を始めるために必要な情報発信を行うことを目的に、楽しみながら環境問題と省エネルギーの調和について学習できる機会を提供するものとなっている。開催日時は、平成22年9月4日(土)~9月5日(日)10:00~16:00で、雨天決行となっている。開催場所は、秋田県の生涯学習施設である秋田拠点センターALVEぽぽろーど(秋田県秋田市東通仲町)となっている。主催は、第10回あきたエコ&リサイクルフェスティバル実行委員会で、構成団体は、秋田県、秋田市、特定非営利活動法人環境あきた県民フォーラム・業界団体・秋田県内大学となっている。内容としては、企業、団体、NPO、行政等による環境保全の取組みや環境に配慮した製品の展示のほか、親子で楽しく省エネルギーや新エネルギーを学習することができる体験コーナーの設置、環境問題をテーマにしたクイズ大会、ゲーム等ステージイベントの実施となっている。申込先は、第10回あきたエコ&リサイクルフェスティバル実行委員会事務局(秋田県生活環境部温暖化対策課内)電話018-860-1573FAX018-860-3881E-mail en-ondanka@pref.akita.lg.jp

> 秋田県ではエコ&リサイクルフェスティバルで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の「国内(CO2)クレジット制度」東北地域説明会

 東北経済産業局は、このほど、「国内クレジット制度」の普及及び、排出削減プロジェクトの発掘を目的に、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のための取組みの一つである「国内(CO2)クレジット制度」の説明会を福島県、山形県、岩手県、宮城県、秋田県、青森県の東北6県各地で開催すると発表した。本説明会では、国内クレジット制度の概要の説明のほか、実際に国内クレジット制度に携わったことのある企業からの実例紹介等も行うという。いずれの内容も、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のための省エネルギー活動に取り組まれる中小企業等の皆様にとって有益な情報となっている。
7月13日(火) 福島県郡山市 13:30~15:30 郡山ビューホテル (5Fプリエール)
福島県郡山市中町3-1 電話:024-924-1111 50人
7月15日(木) 山形県山形市 13:30~15:30 山形テルサ (2Fリハーサル室)
山形県山形市双葉町1-2-3 電話:023-646-6677  50人
7月21日(水) 岩手県盛岡市 13:30~15:30 岩手県産業会館 (7F6号・7号会議室)
岩手県盛岡市大通1-2-1 電話:019-626-8152 50人
7月23日(金) 宮城県仙台市 13:30~15:30 ハーネル仙台 (2F松島A)
宮城県仙台市青葉区本町2-12-7 電話:022-222-1121 100人
7月27日(火) 秋田県秋田市 13:30~15:30 秋田地方総合庁舎 (4F第2会議室)
秋田県秋田市山王4丁目1-2 電話:018-860-1573 50人
7月29日(木) 青森県青森市 13:30~15:30 青森県観光物産館アスパム (6F 甲田)
青森県青森市安方1丁目1番40号 電話:017-735-5311 50人
問い合わせ先
東北緑化環境保全株式会社環境事業部コンサルグループ 山本、大利)(TEL : 022-263-0918 FAX : 022-223-5237 E-mail: consulgroup@tohoku-aep.co.jp)
東北経済産業局資源エネルギー環境部エネルギー課 伊藤、大友(TEL: 022-221-4932)

> 地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の「国内(CO2)クレジット制度」東北地域説明会はこちら

秋田県が地球温暖化の原因対策の新計画を策定へ 

 秋田県では、秋田県地球温暖化原因対策実行計画協議会(会長:菅原秋田大学名誉教授)の初会合が17日、秋田県秋田市の秋田県教育会館で開催された。協議会では、平成23年度からの地球温暖化の原因対策の中期目標などを盛り込んだ新たな「秋田県地球温暖化原因対策実行計画」の素案を12月県議会に説明するというスケジュールが示された。地球温暖化原因対策実行計画の新計画では、2032年度までの中期目標として地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の排出を平成2年度比で18%、162万6千トン削減することを掲げる予定にいているという。ただ、省エネルギー及び新エネルギーや総合交通など関係性のある秋田県の施策との調和を図ることが新たに加えられる。また、初会合の中で、秋田県の今年度までの地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素削減目標を平成2年度比で9.5%と定めた「秋田県地球温暖化原因対策地域推進計画」の平成19年度の実績が示され、その結果、二酸化炭素の森林吸収量を考慮し、秋田県内で2.6%削減されたとしている。

> 秋田県が地球温暖化の原因対策の新計画を策定へ はこちら

秋田県秋田市で地球温暖化の原因防止に向けた秋田県菜の花ネットワーク

 地球温暖化の原因防止に向けた秋田県秋田市の秋田県菜の花ネットワークには、農家や運送会社、行政、大学教授などが参加している団体である。団体では、地球温暖化の原因防止に向けて、菜の花を使った食用油、料理、飼料、バイオディーゼル燃料BDF)などを研究している。秋田県内における菜の花作付面積は、転作作物として作付けが広がり、昨年の80haから今年では約120haまでに拡大し、遊休地、耕作放棄地、休耕田を対象に地元農家の菜の花栽培に協力している。また、菜の花の連作障害対策として、3年に1年はソバを植える「天ぷらそば」構想などもある。こうした取組みは、地球温暖化の原因防止に寄与する一方、満開の菜の花が地域に知られ、たくさんの人が秋田県の畑を観光がてらに訪れるようになった。地球温暖化の原因防止に寄与する搾油した菜種油は今年度からビジネス化に動き出し、秋田県小坂町、美郷町、秋田県立大学等で販売している。地球温暖化の原因防止に寄与するBDF作りはプラント方式ではなく、使用済み廃食油などの廃棄物使用が中心の手作りで、秋田県内では運送会社、町村、産廃業者で実用化されている。BDF製造工程で約20%発生するグリセリンを秋田県内のハウス農家の地球温暖化の原因防止に寄与する燃料として活用して2年目だが、順調に推移しています。秋田県で応募された14件の取組みのうち、最優秀賞の秋田菜の花ネットワーク以外で実に4団体が、ネットワークに加盟している団体であり、そのほとんどが菜の花の菜種油を多段階利用し、地球温暖化の原因防止に寄与するバイオディーゼル燃料(BDF)を作っていた。そのため、ストップ温暖化大作戦~CO2削減「一村一品プロジェクト」~選考委員会では、この5つすべての取組をまとめた総合的な取組みとして秋田菜の花ネットワークを秋田県代表に選出した。また、秋田県流の地球温暖化の原因防止に寄与する循環型社会作りに向けた菜の花の多段階利用方式の開発と実証を行うために、秋田県有地(秋田県秋田市飯島:秋田湾産業新拠点)を対象に限界条件における菜の花栽培の可能性検証と活用手法の研究を実施している。具体的には、冬の塩を含んだ風の強い秋田湾産業新拠点の秋田県有地10haに今秋菜の花を植え、冬の塩害にどれだけ耐えうるのかの実証実験中であり、成功すれば都市近郊での地球温暖化の原因防止に寄与する環境教育の素材、さらには地方都市在住市民への啓蒙素材としての活用可能性がでて、活動に大きな広がりが出るものと期待されている。

> 秋田県秋田市で地球温暖化の原因防止に向けた秋田県菜の花ネットワークはこちら

JR東日本が地球温暖化の原因防止に寄与するハイブリッド車両を導入

 JR東日本は、東北新幹線新青森駅が開業する12月4日から、青森県の青森駅と秋田県の秋田駅を結ぶ快速列車「リゾートしらかみ」に地球温暖化の原因防止に寄与する新型ハイブリッド車両を導入すると発表した。これには、車両数を増やして輸送能力を強化し、青森県経由の誘客につなげたい考えだという。今回導入されるハイブリッド車両には、ディーゼルエンジンと蓄電池が搭載されている。従来のディーゼルエンジン車両よりも燃費効率が約10%良くなるほか、地球温暖化の原因とされる温室効果ガスである窒素酸化物などの排出量は従来の車両よりも約60%程度カットできるといいい、地球温暖化の原因防止に寄与するものとなっている。同車両の営業運転は、国内3例目となる。新型車両は「青池」として運行し、車両の外観も青を基調とした4両編成(定員154人)で、12月4日から秋田駅から青森駅間を1日1往復するという。同支社によると、現行のダイヤでは、新青森駅には停車しないが、新幹線からの乗り換え客を見込み、運行開始後は停車することを考えているという。

> JR東日本が地球温暖化の原因防止に寄与するハイブリッド車両を導入はこちら

秋田県、北海道、青森県、岩手県、山形県各県が地球温暖化の原因防止の再生可能エネルギーを東京都と供給協定 

 秋田県はこのほど、北海道青森県岩手県山形県各県とともに、東京都との間で地球温暖化の原因防止再生可能エネルギーを東京都内に供給する協定を結んだ。東京都は4月から大規模事業所に地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素排出削減義務を課す制度を開始している。こうした取組みを受け、秋田県、北海道、青森県、岩手県、山形県は新たな需要による地元の経済活性化や雇用創出を目指している。協定によると秋田県、北海道、青森県、岩手県、山形県は、地元でのバイオマスや風力、小水力など地球温暖化の原因防止の再生可能エネルギーの開発を支援し、生産したエネルギーを都内に供給し、東京都は都内で同エネルギーの需要創出に取り組むという。青森県からは、現在、六ケ所村の風力などのエネルギーをJR東京駅前の「新丸の内ビルディング」に直送している。秋田県内の風力発電装置は蓄電機能が十分でなく都内送電ができないため、当面は温室効果ガス排出事業者が地球温暖化の原因防止の再生可能エネルギー発電事業者から証書を買い取る「グリーン電力証書」制度を活用する。東京都は1日、大規模事業所に対して地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素排出量に一定の規制を設け、自前で削減できなければ他の事業所などとの間で削減量の枠を売買できる「キャップ・アンド・トレード制度」を始めている。秋田県温暖化対策課は「東京都内で新たな需要が生まれれば、5道県での地球温暖化の原因防止の再生可能エネルギー事業への参入や投資が見込める。将来的な経済活性化や雇用創出につなげたい」と期待している。

> 秋田県、北海道、青森県、岩手県、山形県各県が地球温暖化の原因防止の再生可能エネルギーを東京都と供給協定 はこちら