TOPページ > 検索結果

検索結果 【福岡空港】

福岡県の福岡空港が太陽光発電システムで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減に貢献

 九州電力(福岡県福岡市中央区)の子会社キューデン・エコソル(福岡県福岡市中央区)は、福岡空港ビルディング(福岡県福岡市博多区)と共同で、福岡空港国際線ターミナルに地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に貢献する太陽光発電設備を設置すると発表した。キューデン・エコソルは、一般企業や官公庁に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に貢献する太陽光発電設備を提供し、そこで発電した電気を販売する太陽光オンサイト発電事業に取り組むために、1月に営業を開始した会社である。国から地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に対する補助金を受けて建設し、今年度中の太陽光発電設備の完成を目指すという。太陽光発電設備は、国際線ターミナルの屋根に設置し、面積は屋根全体の約2割程度になるが、福岡空港における年間使用電力の1%に相当する約19万6000kwhを発電する能力がある。今回の太陽光発電設備の設置によって約73.3トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県の福岡空港が太陽光発電システムで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減に貢献はこちら