TOPページ > 検索結果

検索結果 【福岡県】

福岡県北九州市はノーマイカーデーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 福岡県北九州市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、11月から、第2・第4水曜日にマイカー使用を控えて公共交通機関の利用を促す「ノーマイカーデー」を始めると発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策が目的で、10月26日に福岡県北九州市小倉北区室町のリバーウォーク北九州でキックオフイベントを開催し、福岡県北九州市民や企業を巻き込んだ取組みにしたいという。福岡県北九州市環境モデル都市推進室によると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、2007年度からノーマイカーデーのキャンペーンを福岡県北九州市内のイベントに合わせて数日間実施することはあったが、恒常的なノーマイカーデーを設定するのは初めてのことだという。ノーマイカーデーは来年3月までの実施で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策等の効果を調査・分析を行った後に2011年度中に再度実施する。ノーマイカーデーを水曜日に設定したのは、定時に退社する「ノー残業デー」を水曜日に実施する企業が福岡県北九州市で多いのが理由だという。福岡県北九州市内の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は、工場など産業部門が66%と最も排出量多いが、自動車や電車などの運輸部門も9%あり、ノーマイカーデーでマイカーの通勤利用を減らすことで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減を進めたい考えだ。ノーマイカーデーには、現在、福岡県北九州市役所の職員以外に福岡県北九州市内の企業約50社の参加が決まっている。ノーマイカーデー参加者には、福岡県北九州市内で飲食や買い物で割引などの特典が受けられるような仕組みも設ける予定だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。








> 福岡県北九州市はノーマイカーデーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

福岡県北九州市で改造電気自動車(EV)による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 福岡県北九州市八幡西区穴生の自動車整備会社「城野レーシング」では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、改造電気自動車(EV)の製作に取り組んでおり、第1号となる電気自動車(EV)のデモ車が8月、みごと車検に合格したという。この地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の電気自動車(EV)への改造費は150万円程度だったという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるとはいえ、電気自動車(EV)は走行距離が短いなど課題も多いが、どんな中古車でも電気自動車(EV)に改造できるといい、福岡県北九州市内外の同業者らから城野レーシングへ問合せが相次いできているという。城野レーシングによると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての、改造電気自動車(EV)デモ車は1200ccの小型中古車を改造した。中古車のエンジンルームからガソリンエンジンを取り外し、そこへ駆動用のモーターや蓄電池などを取り付けてある。改造電気自動車(EV)の最高時速は110キロで、電源は給油口に設けたコンセントを介して家庭用電源から充電することができ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献することができる。改造電気自動車(EV)に使用する蓄電池は、小型車の場合で鉛電池6個を使用する。大手自動車メーカーのハイブリッド車や電気自動車の生産で使用するリチウムイオン電池と比較すると、大幅に安価で誰でも入手しやすいが、難点は重くて走行距離が短いことにある。改造電気自動車(EV)のフル充電には、約4時間かかるが、電気代は100円以下であり、大いに地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献できるという。ただ、改造電気自動車(EV)の走行距離は約70キロ程度でしかないが、夏季などのエアコン使用時はさらに約30キロまで落ちるという。城野敏夫社長は「改造電気自動車(EV)は、自宅近くの病院やスーパーなどに出かけるときに利用するだけなら、1度の充電で3日は使え、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもなる」と話している。改造電気自動車(EV)には乗り心地にもこだわり、エアコン及びパワーステアリングなども標準で装備してある。これまでの改造電気自動車(EV)では、軽量化や省電力対策のため、ないことが多かったという。ただ、コストを可能な限り低減させるため、モーターなど部品のほとんどは既製品を使ったという。どんな自動車でも改造して電気自動車(EV)にでき、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもなることから、福岡県北九州市内外で業界の注目度は高く、ライセンス制で作り方を指導している状況にあるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県北九州市で改造電気自動車(EV)による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

福岡県北九州市で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策のエコテクノ2010が閉幕

 国指定の環境モデル都市である福岡県北九州市の西日本総合展示場(福岡県北九州市小倉北区浅野)において、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの環境技術を集めた西日本最大級の展示会「エコテクノ2010」が閉幕した。主催する財団法人西日本産業貿易コンベンション協会(福岡県北九州市小倉北区浅野)によると、従来の展示内容は公害対策やリサイクル技術といったものが主流だったが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減が国際的に注目される中で、二酸化炭素(CO2)の発生を抑える低炭素技術に変化してきているという。このうち、福岡県北九州市のブースでは、福岡県北九州市八幡東区で本年度から開始した次世代エネルギーシステム構築を目指す「北九州スマートコミュニティ創造事業」を紹介していた。北九州スマートコミュニティ創造事業には、日本IBM(東京都中央区日本橋箱崎町)やNTT西日本(大阪府大阪市中央区馬場町)など、従来、環境技術とは縁が遠かったIT(情報技術)企業も参加していた。風力発電や太陽光発電など自然の再生可能エネルギーを、ITを駆使してより効率よく使用するシステムを模索している。また、経済発展とともに公害やエネルギー不足が社会問題化している中国を中心に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に取り組んでいる海外の環境企業も参加した。誘致した日本貿易振興機構(JETRO)によると、「中国や韓国でも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の環境産業が成長しており、高い技術を有する日本企業との連携を求めている企業も多い」という。福岡県北九州市のエコテクノ2010の会場では、九州、中国及び韓国による「環黄海経済・技術交流会議」や中小企業テクノフェアも同時に開催された。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県北九州市で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策のエコテクノ2010が閉幕はこちら

福岡県福岡市は二酸化炭素(CO2)排出しない電気自動車(EV)の急速充電器設置で地球温暖化の原因防止対策

 福岡県福岡市と福岡都市高速道路公社は今月下旬、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、公社敷地内(福岡県福岡市東区東浜2)に電気自動車(EV)の急速充電器1台を設置し、無料で充電サービスを提供する実証実験を始めると発表した。これは、福岡県福岡市が進める「次世代自動車」の普及促進に向けた取組みで、利用者に使い勝手などのアンケートに協力してもらい、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない排出しない電気自動車(EV)の利用動向や課題などを探るという。この福岡県福岡市の電気自動車(EV)の無料充電サービスの実験期間は、今のところ1年間を予定しているという。電気自動車(EV)の普及は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として期待されているものの、走行可能な距離が比較的短いことから充電環境の整備が不可欠とされる。福岡県福岡市に設置される急速充電器は、素早く充電できるのが大きな特徴であり、電気自動車(EV)の電池が空の状態からフル充電まで15~30分程度で行うことができるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての電気自動車(EV)の急速充電器の利用時間は、午前9時~午後5時間での間で、福岡県福岡市の都市高速道路に限らず一般道利用者も充電でき、ETC利用者には乗り継ぎ無料のサービスも実施するという。吉田宏福岡県福岡市長は「福岡県福岡市で次世代の環境に優しい自動車の普及に弾みがつく」と期待している。詳しくは、福岡都市高速道路公社企画課(092-631-3291)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県福岡市は二酸化炭素(CO2)排出しない電気自動車(EV)の急速充電器設置で地球温暖化の原因防止対策はこちら

東京都中央区のブリヂストンは福岡県久留米市の久留米市工場建替えで二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策

 ブリヂストン(東京都中央区京橋)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を備えた、福岡県久留米市にある久留米市工場内の第1工場建て替え工事が完了したと発表した。福岡県久留米市はブリヂストンの発祥の地で、久留米市工場はブリヂストンで最も長い歴史を持つマザープラントとなっていた。ブリヂストンは福岡県久留米市の工場の中でも最も古い1934年に建設した第1工場について、建替え工事を昨年から行っており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を備えた新たな工場が10月12日に竣工した。ブリヂストンの久留米市工場では、小型トラック用ラジアルタイヤと乗用車用スペアタイヤであるトラコンパ、航空機用タイヤ、レーシング用タイヤなど、幅広い種類のタイヤの製品を生産している。また、久留米市工場では、タイヤの骨格となるナイロンやポリエステルなどのタイヤコードに係る工場もあり、福岡県久留米市からブリヂストンの西日本の各工場にも供給している。福岡県久留米市の工場では、こうしたタイヤ関連製品の製造に伴い、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量も増えていることから、工場の建替えに当たっては二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に考慮した。このため、今回、ブリヂストンの久留米市工場の建て替えに伴い、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる環境問題に配慮した設備を積極的に導入したという。具体的には、久留米市工場内には高効率照明、自然採光窓を設置したほか、断熱仕様の屋根の採用、太陽光発電システムの設置などにより、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減しているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都中央区のブリヂストンは福岡県久留米市の久留米市工場建替えで二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策はこちら

福岡県北九州市は電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の普及活動で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 福岡県北九州市とパーク24(東京都千代田区有楽町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、福岡県北九州市の公用車を活用して電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の普及促進を目的としたカーシェアリングと充電利用の実証実験を実施すると発表した。福岡県北九州市において、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のために、電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)を活用した大規模な実証実験は初めてのケースであり、2010年11月中旬から約1か月間にわたって実施するという。福岡県北九州市は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に積極的に取り組む環境モデル都市として、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)などの環境問題対応の次世代自動車の導入を推進している。今年度は国土交通省(東京都千代田区霞が関)が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として実施している「環境対応車を活用したまちづくりに関する実証実験」に選定されている。これを受け、福岡県北九州市はパーク24の協力を得て電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)カーシェアリングの実施による、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の実証実験を実施することになった。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、平日に福岡県北九州市が公用車として使用している三菱自動車の電気自動車(EV)「i-MiEV」とトヨタのプラグインハイブリット「プリウスプラグインハイブリッド」を、福岡県北九州市役所が休みとなる土・日・祝日に福岡県北九州市民に無料で貸し出すというものだ。同時に、パーク24が福岡県北九州市内で運営する時間貸駐車場「タイムズ」のうち、約15か所に電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)用の充電設備を設置し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献する電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の運転と駐車場での充電を体験してもらうという実証実験になっている。福岡県北九州市民に次世代環境自動車を体感してもらい、地球環境問題への意識を高めてもらうと同時に、走行ルートや走行距離、充電施設の利用時間などを調査し、電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の普及に向けた問題点を把握するために活用するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県北九州市は電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の普及活動で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

福岡県久留米市は寄贈された電気自動車(EV)で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因防止対策

 福岡県久留米市は、福岡県久留米市宮ノ陣町若松にある建設機材レンタル会社ニシケンから、会社創立50周年迎え、これを記念して、福岡県久留米市に地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する電気自動車(EV)1台の寄贈を受けたと発表した。このほど、福岡県久留米市役所であった電気自動車(EV)の寄贈式で、水田社長が「福岡県久留米市の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など環境問題への施策に役立ててほしい」とあいさつを行った。電気自動車(EV)のエンジンキーの模型を受け取った楢原利則福岡県久留米市長は感謝状を手渡し「福岡県久留米市が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの環境先進都市を目指して、様々な場所で電気自動車(EV)を活用したい」とお礼を述べた。寄贈した電気自動車(EV)は400万円相当の三菱自動車(東京都港区芝)の軽自動車「アイ・ミーブi-MiEV」で、車体には福岡県久留米市エコパートナー事業のマスコットキャラクターのシロクマが描かれている。今後、久留米市役所では、福岡県久留米市の各種イベントで走らせ地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策をPRしていくという。ニシケンは、1960年に福岡県久留米市で創業し、1998年から福岡県久留米市が整備した宮ノ陣新産業団地に本社を構えている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県久留米市は寄贈された電気自動車(EV)で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因防止対策はこちら

福岡県福岡市は住宅エコポイント制度補助金で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策

 福岡県福岡市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を強化するため、国の住宅エコポイント制度に独自の補助金を上乗せして支給する「福岡市住宅省エネ改修助成事業」の対象を福岡市内の全67万戸に拡大すると発表した。福岡市では、期間も3か月延長して年度末までとし、省エネ改修に係る補助金額は変わらずに最大10万円だという。福岡市は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の切り札として、「福岡市住宅省エネ改修助成事業」の当初予算に1億円を計上していたが、福岡市の定めた条件が厳しく申請件数は、261件で1,070万円にとどまっているという。また、同様に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を期待するものとして、福岡市が最大500万円の補助金を出す「福岡市事業所省エネ改修等支援事業」の対象も補助金の条件を緩和し、福岡市内に事業所を所有する人なら省エネ改修補助金の申請を可能に制度を改正した。補助金の申請期間も1か月間延長し、11月末までとし、工事費の下限金額も廃止した。こちらも福岡市は当初予算額で約1億円を計上していたが、執行見込みは8件で約2,370万円にしかすぎない。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係る福岡市の補助金の問い合わせは、住宅助成補助金が福岡市住宅計画課(092-711-4598)、事業所補助金が福岡市温暖化対策課(711-4282)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県福岡市は住宅エコポイント制度補助金で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策はこちら

福岡県北九州市は電気自動車(EV)による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、福岡県北九州市環境問題にやさしい社会づくりを目指し、走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)を普及させようというイベントが北九州国際会議場(福岡県北九州市小倉北区浅野3-9-30)で開催されている。「ザ・ニューアクションツアー」と銘打ったイベントは、走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の開発・販売に力を入れている日産自動車(神奈川県横浜市西区高島)と福岡県北九州市が開催した。電気自動車(EV)の普及によって地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を行い、環境汚染のない社会を実現させようと、日産自動車と福岡県北九州市が共催して電気自動車(EV)の充電施設の整備などを進めている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のイベントでは、福岡県北九州市の北橋市長が自ら、日産自動車から今年12月に発売される電気自動車(EV)「リーフ」に試乗し、乗り心地や走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない性能を確かめていた。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に積極的に取り組むという、国の環境モデル都市に選定されている福岡県北九州市は、2013年度までに50台の電気自動車(EV)リーフを導入するとともに、電気自動車(EV)の充電施設の整備を進めていく方針だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県北九州市は電気自動車(EV)による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

福岡県北九州市は電気自動車(EV)とPHV貸出で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 福岡県北九州市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として導入し、公用車として利用している電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)を、11月から土日祝日などの北九州市役所の閉庁日に北九州市民に対して無料で貸し出すと発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に有効な電気自動車(EV)の普及や、乗りたい時だけ借りる「カーシェアリング」のPRを図る目的がある。北九州市環境局によると、期間は11月中旬から12月中旬の土日曜と祝日に貸出を行うという。北九州市が無料で貸し出すのは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の公用車として活躍している三菱自動車(東京都港区芝)の電気自動車(EV)「アイミーブ」とトヨタ自動車(愛知県豊田市・東京都文京区)のプラグインハイブリッド車(PHV)「プリウスプラグインハイブリッド」の2台となる。北九州市の閉庁日に貸し出すため、JR小倉駅(福岡県北九州市小倉北区浅野)とJR黒崎駅(福岡県北九州市八幡西区黒崎3丁目)近くのマツダレンタカー(広島県広島市南区金)に委託し、貸し出しを行う。また、北九州市内でパーク24(東京都千代田区有楽町)が運営するコインパーキング「タイムズ」約10か所で1時間程度無料で駐車できるという。三菱自動車(東京都港区芝)の電気自動車(EV)「アイミーブ」とトヨタ自動車(愛知県豊田市・東京都文京区)のプラグインハイブリッド車(PHV)「プリウスプラグインハイブリッド」のレンタル希望者は、10月1~15日に北九州市環境モデル都市推進室(093-582-2239)に申し込む必要がある。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県北九州市は電気自動車(EV)とPHV貸出で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

YKKAP・TOTO・DAIKENが住宅改修による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 TOTO(福岡県北九州市小倉北区)、大建工業DAIKEN(大阪府大阪市北区堂島)、YKKAP(東京都千代田区神田和泉町)の3社(=TDY)は、10月15日から全国4都市で地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に対応した「グリーンリモデルフェア」を開催すると発表した。フェアでは、と旧温暖化の原因防止対策や省エネ対策など住宅改修の流れや仕組みを紹介するほか、改修後の事例を実物大で展示する。住宅の部分改修の事例については、ビフォー・アフターで見て分かるように展示するという。さらに、個別ゾーンでは、TOTOが住宅の水回り、大建工業DAIKENが住宅の建材、YKKAPが住宅の開口部の商品や機能を紹介するという。グリーンリモデルは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となるものであり、3社共同の取組みとして2008年から開始している。住宅の「健康配慮」、「長もち住宅」、「二酸化炭素(CO2)排出量削減」をテーマに商品や空間づくりを提案している。住宅の工事着工前に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策その他の角度からグリーンリモデル診断を行い、住宅の性能や状態、顧客の潜在ニーズを把握し、その結果を基にリフォーム・メンテナンス計画を作成するという作業になる。住宅工事内容などはTDY住宅履歴情報サービスで管理する。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策等のフェア開催地は次のとおりとなっている。【名古屋】10月15~17日、ポートメッセなごや(愛知県名古屋市港区金城ふ頭2-2)【大阪】11月19~21日、インテックス大阪(大阪府大阪市住之江区南港北1-5)【福岡】2月10~12日、マリンメッセ福岡(福岡県福岡市博多区沖浜町7-1)【東京】4月22~24日、東京ビッグサイト(東京都江東区有明3-21-1)。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> YKKAP・TOTO・DAIKENが住宅改修による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

福岡県福岡市で太陽光発電システムのリースによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 太陽光発電システムについては、クリーンな自然エネルギーであることから、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として大いに期待されている。しかし、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するとはいえ、太陽光発電システムは大規模になるほど初期投資に係る費用が大きいことから、企業の施設などに設置が進まないという状況がある。こうした太陽光発電システムに関して新たなサービスが始まっている。まず、サービス事業者がユーザー企業の施設内に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる太陽光発電システムを設置するが、太陽光発電システ設備の購入・設置などの導入コストは事業者が負担するというものである。ユーザー企業は太陽光発電システによる電力の供給を受けながら、サービス料を事業者に月々支払い、設置された太陽光発電システムの発電設備は事業者が所有し運用するというものである。こうした地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に寄与する「太陽光オンサイト発電サービス」を展開するのが、九州電力(福岡県福岡市中央区)の100%子会社であるキューデン・エコソル(福岡県福岡市中央区渡辺通)である。同社は今年1月、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、産業・公共部門向けに太陽光発電システムのリースサービスを開始した。一般社団法人新エネルギー導入促進協議会(NEPC)からの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての「新エネルギー等事業者支援対策事業」の補助金を受け、100kWの太陽光発電システムの設備を15年契約で設置した場合、1か月当たりのサービス料金は太陽光発電システムによる電力料金込みで約40万円程度になるという。太陽光発電システム100kWの設備の標準的な発電量は、年間10万kWh程度あることから、太陽光発電システム1kWh当たりのコストは約48円になる。自家消費した電力の環境価値は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としてユーザー企業に帰属する。太陽光発電システムのリースは、既に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、福岡空港国際線ターミナル(福岡県福岡市博多区)207kw、朝倉医師会病院(福岡県朝倉市来春)100kw、綾てるはドーム(宮崎県東諸県郡綾町)151kwで行われている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県福岡市で太陽光発電システムのリースによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

福岡県久留米市はLED照明(発光ダイオード)防犯灯で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 福岡県久留米市は10月1日から、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、久留米市内の自治会が防犯灯を設置する際の工事等に要する費用の全額補助を始めると発表した。久留米市内の現在の防犯灯に多く使われている蛍光灯や白熱球などから、消費電力が少ないLED照明(発光ダイオード)の普及を促し、地球温暖化の原因とされる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を目指すという。これまで久留米市による市内の防犯灯設置に対する補助金の支出は、合併前の旧市町によって補助率に格差があった。このため、久留米市では標準的な設置費用の全額相当の補助金を支出することを決め、去る6月久留米市議会で関連議案を可決していた。久留米市の補助金額は、既設の電柱にLED照明(発光ダイオード)を取り付ける場合は1基当たり3万4,000円、電柱を新設して取り付ける場合は7万3,000円を上限に補助するものとなっている。また、LED照明(発光ダイオード)では防犯灯としての光量が足りず、従来の蛍光灯や水銀灯を設置する場合も久留米市から補助金を受けることができるという。今年度の久留米市の防犯灯設置補助に係る総事業費2,850万円は国の補助金と久留米市の予算で支出する。久留米市によると、白熱球の40wを1年間使用した場合の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は62.4kgであるが、LED照明(発光ダイオード)8.5wに交換すると13.26kgに二酸化炭素(CO2)排出量を削減することができるという。久留米市道路課は、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策と省エネ対策のためにLED照明(発光ダイオード)を普及させ、地域の防犯活動の意識付けにしたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県久留米市はLED照明(発光ダイオード)防犯灯で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

TOTOがグリーンカーテン(緑のカーテン)で二酸化炭素(CO2)削減し地球温暖化の原因対策

 TOTO(福岡県北九州市小倉北区)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、大分工場(大分県大分市)にゴーヤや朝顔のつる性植物を栽培した全長190m超のグリーンカーテン(緑のカーテン)を設置し、猛暑の中の夏場の日中の室内温度を最大5℃低下させたと発表した。グリーンカーテン(緑のカーテン)の効果で冷房時間の短縮ができ、グリーンカーテンの導入が省エネ及び地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減につながった。TOTO大分工場は、2009年度に事務所棟にグリーンカーテン(緑のカーテン)を導入しており、事務所の周りにゴーヤ100本及び西表朝顔40本を植えて62mの幅で設けた。2010年度は、さらに、大分工場棟の南側と西日のあたる西側の壁面に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するグリーンカーテン(緑のカーテン)として、ゴーヤ240本及び西表朝顔300本とヘチマ170本を使って計135mの幅で設置したものがぐんぐん育ち、高さ10mに、長さは事務所棟と合わせて190mを超えるまでになった。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するグリーンカーテン(緑のカーテン)が直射日光による室温の上昇を防いだ結果、事務所棟ではグリーンカーテン(緑のカーテン)が設置されていない室内と比べ、室温が平均で2℃、最大で5℃下がった。このため、室温の低下で冷房の運転時間を短くすることができ、大分工場の2010年6~10月の電力使用量は、月当たり従来比6.4%減の2418kWh低減し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を3.4t削減する見込みとなったという。TOTOは2010年4月に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、環境ビジョン「TOTO GREEN CHALLENGE(グリーンチャレンジ)」を制定している。それによると、創立100周年に当たる2017年度までに、TOTOの国内での生産・物流・販促活動で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を1990年度比で45%も削減するという厳しい削減目標を設定している。大分工場のグリーンカーテン(緑のカーテン)も地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みの1つとなっている。グリーンカーテンは、緑のカーテンとも呼ばれ、建物の壁面をつる性の植物でカーテンのように覆って直射日光を遮る方法であり、その効果によって地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減することができる。夏の高温時に可能な限りエアコンを使用することなく、快適に室内で過ごす方法として近年注目されている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> TOTOがグリーンカーテン(緑のカーテン)で二酸化炭素(CO2)削減し地球温暖化の原因対策はこちら

福岡県の福岡空港が太陽光発電システムで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減に貢献

 九州電力(福岡県福岡市中央区)の子会社キューデン・エコソル(福岡県福岡市中央区)は、福岡空港ビルディング(福岡県福岡市博多区)と共同で、福岡空港国際線ターミナルに地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に貢献する太陽光発電設備を設置すると発表した。キューデン・エコソルは、一般企業や官公庁に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に貢献する太陽光発電設備を提供し、そこで発電した電気を販売する太陽光オンサイト発電事業に取り組むために、1月に営業を開始した会社である。国から地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に対する補助金を受けて建設し、今年度中の太陽光発電設備の完成を目指すという。太陽光発電設備は、国際線ターミナルの屋根に設置し、面積は屋根全体の約2割程度になるが、福岡空港における年間使用電力の1%に相当する約19万6000kwhを発電する能力がある。今回の太陽光発電設備の設置によって約73.3トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県の福岡空港が太陽光発電システムで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減に貢献はこちら

沖縄電力と九州電力がマイクログリッドで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 経済産業省・資源エネルギー庁は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としても、離島マイクログリッドの実証事業を推進しており、沖縄県の離島4島の総事業費約70億円のうち3分の2が補助金として支出される。太陽光発電と風力発電、蓄電用リチウムイオン電池などを組み合わせた小規模電力供給網であるマイクログリッドの実用化に向けた取り組みが、沖縄県の離島で本格化し始めた。沖縄電力(沖縄県浦添市牧港)は今月から10月にかけて、沖縄県内の4島で試験的に電力供給を開始する。管内に離島が多い九州電力(福岡県福岡市中央区)も6島で電力供給しており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての環境問題への対応や離島の発電コスト低減を実現する手段として期待されている。敷地内で生み出す自然エネルギーで電力消費をまかなう省エネビルなどへの応用も進むことだろう。沖縄電力は、多良間島に新たに設置した太陽光発電システム設備は250kwで、多良間島の最大出力に対する太陽光発電の割合は22%にのぼるという。ただ、再生可能エネルギーの中でも太陽光発電システムは日照などの自然環境に大きく左右されるため、電源が出力不安定という課題を抱えている。このため、実証試験では、太陽光発電システムからの電力の安定供給を確保するため、太陽光発電の出力制御、蓄電用リチウムイオン電池を活用した余剰電力対策、周波数の変動抑制などを行うという。多良間島では、2014年3月までこうした試験を続け、太陽光発電システムと既設の風力発電システムとも組み合わせ、電力系統に影響を与えない運用方法を探るという。10月には、最大規模となる宮古島での試験を始め、電力会社として初めての運転となる出力1000kw以上の大規模太陽光発電所(メガソーラー)を設置する計画だという。これまでの離島における電力供給は、重油を燃料として内燃力機関を動かし、接続している発電機を回す方法が主流となっており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は多くなっている。離島では、火力発電所や原子力発電所から送電される電力系統とは異なる独立した電力系統となっており、同じ独立電力系統型のマイクログリッドの実用化にめどがつけば、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を進めるためにマイクログリッドに全面移行し、離島内のエネルギー消費をすべて再生可能な自然エネルギーでまかなうことも可能だという。また、マイクログリッドは再生可能エネルギーを活用し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を実質ゼロにすることを目指した省エネビルや工場などにも応用ができるため、導入を建設会社などに提案することもあり得る。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 沖縄電力と九州電力がマイクログリッドで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

福岡県北九州市はレンタル電動自転車で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策

 福岡県北九州市は、地球温暖化の原因対策として北九州市内の小倉北区中心部などで貸出しされている電動自転車「シティバイク」の公務でのレンタル利用を開始すると発表した。レンタル電動自転車の利用は、車の駐車が難しい北九州市内の都心部での北九州市職員の移動手段にすることによって、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減し、環境モデル都市として「脱自動車」を図る目的もあるという。福岡県で北九州市のように公務で電動自転車のレンタル利用を行うのは初めてのことだという。北橋健治北九州市長は「電動自転車のレンタルは地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を排出しない地球に優しい移動手段になる。北九州市職員が率先して使用することで、北九州市内の企業や市民にも身近な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一つとしてレンタルしてほしい」と期待しているという。地球温暖化の原因対策に貢献するレンタル電動自転車のシティバイクは、北九州市内のNPO法人「タウンモービルネットワーク北九州」が運営している。二酸化炭素(CO2)を排出しない電動自転車のレンタルや返却ができるサイクルステーションが北九州市小倉北区のJR小倉駅や小倉北区役所など中心部に7か所、八幡東区のJRスペースワールド駅や八幡東区役所など東田地区に3か所設置されており、電動自転車116台を24時間レンタルして利用することができ、レンタルした電動自転車は、借りたステーションとは違う場所に返すこともできるという。北九州市では、地球温暖化の原因対策としてネットワークと法人レンタル契約を結び、二酸化炭素(CO2)を排出しない電動自転車を使用する課ごとに使用者の登録を行ってレンタル会員カードの発行を受けることになる。地球温暖化の原因対策の電動自転車の基本レンタル料金は無料で、1時間ごとに105円のレンタル利用料金を支払うことになるという。北九州市役所本庁、小倉北区役所、八幡東区役所の職員が企業との打ち合わせや工事現場の監督、ケースワーカーの調査などでレンタルするという。地球温暖化の原因対策に貢献するシティバイクの電動自転車は、3月27日から北九州市内でレンタルが始まり、これまでに会員レンタル及び一時レンタルを含めて3363台のレンタルがあったという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県北九州市はレンタル電動自転車で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策はこちら

福岡県はLED電球促進で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 福岡県は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策として、省エネ性能が高い発光ダイオードLED)電球の購入促進のキャンペーンを始めると発表した。二酸化炭素(CO2)排出量の少ないLED電球を1個購入すると、抽選で1,000円相当の図書カード又はお米券が計10,000万枚当たるというものである。福岡県においては、近年、家庭からの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が増加しており、福岡県は「LED電球の購入促進で、家庭で身近に取り組める地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減のエコ活動を支えたい」と話している。福岡県環境政策課によると、10年間で家庭からの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は23.6%も増加しているといい、そのうち、家庭での電気使用量の約16%が照明によるものだという。このため、福岡県では、消費電力量が白熱電球より約87%も削減することができるLED電球に着目し、県民の買替を促進して地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減したい考えだという。二酸化炭素(CO2)排出量の少ないLED電球は白熱電球より高価だが、寿命は約4万時間もあり、白熱電球の約40倍にもなる。また、LED電球は消費電力も少ないため、福岡県は約2.4年でLED電球の方が得になると試算している。LED電球購入促進キャンペーンへの参加は、福岡県の「エコファミリー」へ参加することが条件になっている。福岡県内の決められた販売店で対象のLED電球を購入した後、店頭にある応募用紙にレシートなどを張って郵送する。問合わせ先は福岡県環境政策課まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県はLED電球促進で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

福岡県飯塚市は打ち水大作戦で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減

 猛暑の真夏日が連日続いているが、福岡県飯塚市役所では5日、地球温暖化の原因防止対策である温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けて、飯塚市民らが水をまいて涼を楽しむ「打ち水大作戦」が行われた。打ち水を行うと、水そのものの水温の冷たさと水分が蒸発する際に気化熱で路面の熱を奪うため、周囲の気温が下がるという効果がある。その効果を体感し、地球温暖化の原因防止対策である温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減や省エネについて考えてもらうため、飯塚市の市民団体である「いいづか環境会議」が2009年の夏から取り組んでいる行事である。打ち水大作戦の当日は、飯塚市市役所の駐車場に飯塚市民ら100人以上が集い、打ち水開始の掛け声と同時に持ち寄った雨水や風呂の残り水をアスファルトにまくと、周辺の空気は少しひんやりとして、33.3度あった気温は32.8度まで下がったという。いいづか環境会議の会長は「昼間はすぐに水が蒸発するため打ち水の効果を感じにくい。夕方、溜めた雨水などを使って日陰に打ち水をするのが効果的だ。涼しくなるとエアコンを使う時間を短縮でき、省エネや地球温暖化の原因防止対策である温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減にもつながる。先人の知恵を借りたエコな取り組みである打ち水がもっと広まってほしい」と話していた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県飯塚市は打ち水大作戦で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

福岡県福岡市では打ち水大作戦で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減とヒートアイランド対策を目的として、日本各地で夏になると打ち水の行事が行われている。福岡県福岡市役所前ふれあい広場では、本格的な夏の始まりを前に福岡打ち水大作戦本部(福岡県福岡市博多区下川端2)が恒例の打ち水を行った。「福岡打ち水大作戦」は、誰もがいつでも気軽にできる地球温暖化の原因対策としてNPO法人グリーンバード(福岡県福岡市)などが中心となって2004年に始めたものである。以降、打ち水は毎年、イムズ(福岡県福岡市天神1)など福岡市内各所で行われているという。この日はNPO法人の本部メンバーのほか、涼しさを求めて福岡市役所前ふれあい広場を通りがかった買い物客ら約30人が参加した。時折、雨が降る場面も見られたが、色とりどりの浴衣に身を包んでの打ち水で参加者らはひと時の涼感にみんなが笑顔を見せていた。浴衣姿の女性を見ているだけでも涼しげで、また、打ち水を行うと実際に少しひんやりとすることから、地球温暖化の原因対策やヒートアイランド対策のPRだけでなく、打ち水は実際に有効な取組みだといえる。

> 福岡県福岡市では打ち水大作戦で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

環境省が地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)を吸収固定する自然公園クリーンデーを実施へ

 環境省九州地方環境事務所は、九州管内で管理している国立公園について「自然公園クリーンデー」を展開すると発表した。国立公園には樹木が多く、これらは温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を吸収固定することから、地球温暖化の原因防止対策にも大きな役割を果たしている。自然公園クリーンデーは、毎年にわたって夏休み期間中でもある8月の第1日曜日に開催しているもので、周辺地域の市民や事業者、行政が一体となって、自然公園内においてゴミの持ち帰りを呼びかけるとともに、一斉清掃等の他、地域の特性に応じて創意工夫を凝らした地球温暖化の原因対策を始めとする美化清掃運動を実施するものとなっている。自然公園クリーンデーの日程は次のとおりとなっている。
(1)瀬戸内海国立公園(関門海峡地域)行事名称:平成22年度自然公園クリーンデー
主催:九州地方環境事務所 福岡事務所 共催:北九州市
日時:平成22年8月1日(日)9時30分~10時30分
場所:和布利(めかり)公園内(福岡県北九州市門司区)
内容:清掃活動
連絡先:九州地方環境事務所 福岡事務所 担当:蒲池TEL:092-437-8851参加申込:7月21日(水)までに下記連絡先へ事前申込みが必要。九州地方環境事務所 福岡事務所(092-437-8851)又は北九州市環境局 環境モデル都市推進室自然共生係(093-582-2239)
(2)雲仙天草国立公園(雲仙地域)行事名:全国一斉自然公園クリーンデー&セイタカアワダチソウ除去活動
主催:環境省九州地方環境事務所、雲仙旅館ホテル組合 共催:雲仙を美しくする会
日時:平成22年8月1日(日)9時30分~12時30分
場所:雲仙温泉街(長崎県雲仙市小浜町雲仙)とその周辺
内容:清掃活動とセイタカアワダチソウ除去作業を同時に実施
連絡先:雲仙自然保護官事務所 担当:石田TEL:0957-73-2423参加申込:一般参加者の募集は行っていない。
(3)霧島屋久国立公園(霧島地域)行事名:クリーン高千穂河原
主催:霧島市観光課、(財)自然公園財団高千穂河原支部、えびの自然保護官事務所
日時:平成22年8月1日(日)
場所:高千穂河原一帯、国道223号線(御池~丸尾)、高千穂峰・中岳登山道
内容:美化清掃活動(空き缶、ペットボトル等の回収)
連絡先:えびの自然保護官事務所 担当:松尾TEL:0984-33-1108参加申込:一般参加者の募集は行っていない。
(4)霧島屋久国立公園(霧島地域)行事名:クリーンえびの高原
主催:えびの市観光商工課、(財)自然公園財団えびの支部、えびの自然保護官事務所
日時:平成22年8月8日(日)
場所:えびの高原一帯、池巡り観察路、県道小林・えびの高原線県道えびの・えびの高線原等
内容:美化清掃活動(空き缶、ペットボトル等の回収)
連絡先:えびの自然保護官事務所 担当:松尾TEL:0984-33-1108参加申込:一般参加者の募集は行っていない。
(5)西海国立公園(五島地域)行事名称:平成22年度「クリーン五島」清掃作戦
主催:五島市、長崎県自然公園協議会福江支部 後援:九州地方環境事務所
日時:平成22年7月25日(日)
場所:鬼岳園地、鐙瀬園地(長崎県五島市)
内容:クリーンハイクの形態での清掃活動
連絡先:五島市管理課 担当:簗脇TEL:0959-72-6371参加申込:参加希望者は、上記連絡先まで問い合わせてください。

> 環境省が地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)を吸収固定する自然公園クリーンデーを実施へ はこちら

福岡県宗像市の葉山共和国が省エネルギーで地球温暖化の原因の温室効果ガス二酸化炭素(CO2)削減

 福岡県宗像市には、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に取り組んでいる葉山ヘルスケアー・省エネルギー共和国がある。そこでは、住民の健康を守る「ヘルスケアー」という共通認識の下、社会貢献を行うための中心的活動として、「省エネルギー」を推進している。健康や住みよい宗像市の地域づくりという身近なことに取り組めば、自分でできる省エネルギー対策や地球温暖化の原因削減活動になるというものだという。地球温暖化の原因削減活動は、葉山共和国のまちづくりの一環として捉えており、あらゆる活動を通じて、住民の融和を図ることによって「省エネルギー」に対する理解とコンセンサスが生まれ、企業・大学などと連携した「省エネルギー」のネットワークが宗像市葉山地区に広がっている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減するための家庭の省エネルギー活動は、各家庭の構成員がどの程度環境問題に対して意識化するかがキーポイントとなることから、「物による意識化」、「行動による意識化」、「目で見る意識化」に重点を置いた地球温暖化の原因削減活動に取り組んでいる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減するための「省エネルギー」の達成目標は、高い目標を掲げるのではなく、あえて手が届く目標としたことによって、目標の達成を葉山共和国の国民が喜び、称えあうことによる達成感の充足が、次の目標へのチャレンジ精神を膨らませているという。かつて高度成長期に各地に建設された団地は、子供たちの巣立ちや定年退職などの結果、活力の低下や場合によってはゴーストタウン化している。福岡県宗像市葉山共和国は、このような住宅地の高齢化対策を目的に建国されたが、その対策が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減対策ともリンクした取組みとなっているのが大きな特徴である。例えば、車の利用を控えて歩き、冷暖房を弱めに設定し、体を動かすといった簡単な省エネルギーに取り組めば、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減対策とともに健康づくりにも繋がると、同共和国大統領の今西さん(福岡県地球温暖化の原因防止活動推進員)の呼びかけで、健康に関心の高い高齢者を引き込んだ。福岡県宗像市の看護大学や企業などと連携した健康管理、宗像市の環境デーと連動したノーマイカーデー運動などの、取り組みやすく効果的な活動を行っている。こうした地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減対策への取組みについては、葉山区が位置する宗像市で行政も一体となった取り組みを全市的に広げようと検討している。減CO2大作戦では37kg-CO2/1世帯あたりを削減し、夏の省エネでは23.4kg-CO2/1世帯あたりを削減し、冬の省エネ:65.1kg-CO2/1世帯あたりを削減した。

> 福岡県宗像市の葉山共和国が省エネルギーで地球温暖化の原因の温室効果ガス二酸化炭素(CO2)削減はこちら

プロ野球オールスターのナイター照明は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)のないグリーン電力

「マツダオールスターゲーム2010」を協賛しているマツダは、ゲーム開催時の福岡県及び新潟県の球場のナイター照明には、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を発生させない自然エネルギーで発電されるグリーン電力を提供すると発表した。セ・パ両リーグのプロ野球のオールスターゲームは7月23日に福岡県の福岡Yahoo!JAPANドーム及び7月24日に新潟県のHARD OFF ECOスタジアム新潟で開催される。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を発生させないグリーン電力の提供では「グリーン電力証書システム」を活用するという。このシステムは、太陽光発電システムなどの自然エネルギーで発電された電気の環境付加価値を「グリーン電力証書」というかたちで売買取引し、証書を保有する企業・団体が記載されている発電電力量相当分の自然エネルギーの普及に貢献したとみなされ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に寄与したものとされる仕組みである。このシステムに基づき、プロ野球オールスターゲームのナイター照明で使用される1万2000kWh分のグリーン電力証書を主催者であるマツダが購入する。このことで、間接的にオールスターで使う球場のナイター照明用に係る電力は自然エネルギーを使うことになり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)発生による環境負荷を与えないとみなされるという。このオールスターのグリーン電力証書購入による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減効果は約6.6tを見込んでいるという。

> プロ野球オールスターのナイター照明は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)のないグリーン電力はこちら

福岡県北九州市で地球温暖化の原因防止に寄与する「脱石油」研究が進む

 化学メーカーが地球温暖化の原因防止に対応していくため、福岡県北九州市で石油を使わないプラスチック原料などの生産や研究が進んでいる。三菱化学黒崎事業所(福岡県北九州市八幡西区)は、地球温暖化の原因防止に対応していくため、植物由来の原料でプラスチック素材のポリカーボネート(PC)の試作を始めるといい、その結果を見て量産も検討しているという。一方、新日鉄化学では、九州製造所(福岡県北九州市戸畑区)において、木材からベンゼンなどを取り出すという地球温暖化の原因防止に寄与する技術を開発中だという。これらの取組みは、石油資源の枯渇や高騰に備え、地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)の排出抑制を図る狙いがあるという。三菱化学が開発したのは「バイオPC」であり、これまでの石油由来であった原料の8割をトウモロコシや小麦の糖分をもとにした原料に替えることによって、従来品より地球温暖化の原因防止に寄与するとともに、透明性や耐熱性を高めたものになっている。現在、PCは自動車のヘッドライトカバーなどの素材として使用されており、この地球温暖化の原因防止に寄与するバイオPCの試作品を部品メーカーなどにサンプル出荷する予定としている。この試作プラントの生産能力は年300トンで、地球温暖化の原因防止に寄与する試作品の受け入れが好評であるならば、既存設備の活用などで2015年に年2万トンまで生産能力を高める方針だという。
 一方、新日鉄化学は2008年から、地球温暖化の原因防止に寄与する研究として、木材に含まれる有機化合物のリグニンから合成ゴムなどの原料となるベンゼンやトルエンなどを作る研究に取り組んでいる。地球温暖化の原因防止に寄与するとはいえ、リグニンは分子構造が変化しやすく、ベンゼンなどに利用できるように抽出するのが難しい物質であるが、おがくずをアルコール系溶剤に混ぜて電子レンジと同じ電磁波のマイクロ波で加熱するなどの独自技術で、分子構造を変えずリグニンを取り出すことに成功しており、現在、実用化に向けた技術開発を進めている。
 環境省によると、化学製品の製造過程で出る地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量は、運輸関係などを除く産業全体の1割強を占めている状況にあり、これは、原料のナフサを加熱分解する影響が大きいものとなっている。光合成でCO2を吸収する植物由来の原料を使えば、大気中の炭素が循環するだけで地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)は増えないとみなされるため、低コスト、高品質のバイオマス(生物資源)由来の素材の研究開発を各社が加速させている状況にある。

> 福岡県北九州市で地球温暖化の原因防止に寄与する「脱石油」研究が進むはこちら

福岡県福岡市でエコクレーンが地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減

 地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減することができるということで、福岡県福岡市東区にある人工島の岸壁で導入が進められていた国内初の電動コンテナ用クレーンのテスト運用が行われた。国土交通省九州地方整備局などが整備していたもので、これまでのディーゼルエンジンに比べて、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の排出量の削減や省エネに寄与するものになるという。国土交通省九州地方整備局によると、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減することができる新型のクレーンの整備に当たっては、福岡県福岡市東区で4月から門型のクレーン(高さ約20メートル、幅約30メートル)4基に集電装置を取り付ける改造に着手してきたという。コンテナヤード内では、新型クレーンの電力源となる給電線(長さ約310メートル)を新設する工事を併せて進めてきた。今回完成した新型のクレーン以外の残り9基のクレーンの改造と、給電線の増設は11月末までに終える予定だといいう、本件に係る総事業費は約20億円となっている。国土交通省九州地方整備局では、クレーンの動力を軽油から電気へと切り替えることで、エネルギーコストがクレーン1基当たり年間約180万円、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の排出量は126トンそれぞれ削減できると試算している。今後、他施設での新型クレーン導入を進めていくため、今年度中に福岡県福岡市のデータを分析し、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の排出量の検証結果を取りまとめることにしているという。この日のテスト運用には関係者ら約50人が出席し、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)を排出しない排出エンジン音のない新型クレーンが、運搬用トラックに船からコンテナを積んだり、降ろしたりと稼動していた。

> 福岡県福岡市でエコクレーンが地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

新日鉄エンジニアリングが生ごみから再生可能燃料で地球温暖化の原因対策

 地球温暖化の原因対策に大きく寄与するバイオエタノールを食品廃棄物である生ごみから作り出す新たな技術を、新日鉄エンジニアリングが日本で初めて実用化することに成功したと発表した。こうした技術は実証可能であったが、実用化レベルにまで高めたのは初めてであり、バイオエタノール専用プラント「食品廃棄物エタノール化プラント」の販売に乗り出すという。同社は2005年度から5カ年にわたり、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託を受け、「食品廃棄物エタノール化リサイクルシステム実験事業」を実施し、福岡県北九州市の実証プラントで技術開発を進めてきた。併せて、地球温暖化の原因対策のエタノールを3%混ぜた「E3ガソリン」も製造し、北九州市の公用車と同社の業務用車両約20台での走行試験も実施した結果、走行に何ら支障はなく、実用化に踏み切ることになった。トウモロコシやサトウキビなどのバイオマスといった生物由来の有機資源を原料にした再生可能燃料がバイオエタノールである。ガソリンに混ぜて使われるが、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に効果があるため、地球温暖化の原因防止対策と共に、石油依存脱却につながる代替燃料として期待されているのが現状である。バイオエタノールの新技術は、家庭や事業所から分別収集した1日当たり約10トンの生ごみを破砕した上で水を加え、酵素を添加して含まれているデンプンを糖化し、この糖を酵母で発酵させることで、約500リットルのエタノールを製造することができるという。さらには、エタノールだけでなく、生ごみに含まれる植物油や動物油から回収油も約700キロ製造できるため、エネルギー回収効率が高いのも特徴だという。このプラントで生ごみを処理すれば、通常のごみ処理施設で焼却する必要もなくなり、焼却灰を高温で処理することもないため、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減にもつながる。国内では年間約2000万トンもの生ごみが排出されているが、つまようじなどの異物が含まれていたり、エネルギー回収が難しかったりするため、リサイクルされているのは約300万トンにすぎない。残りの約1700万トンのほとんどは焼却処理されているのが現状だという。しかし、仮に2000万トンすべての生ごみを新技術で処理したとすれば、約70万~100万キロリットルのエタノールを製造できるという。このため、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に大きな効果があるため、地球温暖化の原因防止対策に繋がることになる。

> 新日鉄エンジニアリングが生ごみから再生可能燃料で地球温暖化の原因対策はこちら

福岡県行橋市のJR行橋駅前で地球温暖化の原因防止の環境啓発チラシ配布

福岡県では地球温暖化の原因防止対策の一環の取組みとして、京築保健福祉環境事務所(福岡県行橋市)が22日、JR行橋駅一帯で地球温暖化の原因防止を始めとする環境問題の街頭キャンペーンを行った。この6月が福岡県の環境月間になっているのに合わせた取組みで、産業廃棄物の不法投棄防止や地球温暖化の原因防止に寄与する省エネルギー・省資源の生活を呼びかけた。当日は、JR行橋駅一帯で緑色ジャンパーを着た福岡県職員約10人が、福岡県の地球温暖化の原因防止対策マスコット「エコトン」とともに、啓発チラシ入り布製エコバッグ約200枚を乗客らに配布した。地球温暖化の原因防止対策が掲載されているチラシを受け取った人たちはチラシを手に、「テレビの主電源をこまめに切る」などの省エネルギー方法のほか、電気や水道、ガス使用による各家庭の地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素排出量を毎月記録できるインターネットのホームページなどの紹介に見入っていた。福岡県では、こうした小さな取組みの積み重ねが、少しでも地球温暖化の原因防止に寄与することができればと話している。

> 福岡県行橋市のJR行橋駅前で地球温暖化の原因防止の環境啓発チラシ配布はこちら

NEDO・Jパワーが地球温暖化の原因防止対策のCO2回収共同研究

 地球温暖化の原因防止対策に関連して、新エネルギー産業技術総合開発機構(NEDO)と電源開発(Jパワー)は、石炭火力発電で発生する地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)を回収する新技術の確立を目指して共同研究を行うと発表した。地球温暖化の原因対策のために、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)を地中に閉じこめるCCS技術確立に重要な研究であり、温室効果ガスを発生させている石炭火力発電のゼロエミッション実現を目指すという。地球温暖化の原因防止対策の共同研究は、Jパワーが福岡県北九州市に持つ研究施設で今年度から2014年度まで行うといい、この施設はすでにNEDOとJパワーが、石炭からガスを生成し、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)を分離する技術を確立している。二酸化炭素(CO2)をイオン結合で液体に取り込んで回収する「化学吸収法」の研究も進められているが、今回は、圧力をかけて二酸化炭素(CO2)を液体に溶け込ませる「物理吸収法」の試験に取り組むという。温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の物理吸収法に着目するのは、化学吸収法と比べて次世代型の石炭ガス化複合発電(IGCC)のプラントで、二酸化炭素(CO2)を効率的に回収できると見込まれるためである。IGCCの発電効率は48~50%で、現在の最新鋭の石炭火力発電設備よりも10ポイント程度高く、IGCCの研究開発も同じ設備で行われている。NEDOは、平行してCCSの事業化可能性調査を行っており、政府の2030年までのエネルギー基本計画では、既存の石炭火力発電設備を建て替える際は、すべてCCSを併設すること定めている。CCSは、石炭火力発電所などで発生する地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)を回収して、地下の帯水層や枯渇したガス・油田などに閉じこめる技術で、地球温暖化の原因対策の切り札として、欧米でも研究が進められている。日本では、北海道苫小牧市沖の海底などが地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)埋設の候補地になっている。

> NEDO・Jパワーが地球温暖化の原因防止対策のCO2回収共同研究はこちら

福岡県福岡市で地球温暖化の原因対策の緑のカーテンづくり

 福岡県福岡市では、地球温暖化の原因防止のため、朝顔による建物外壁の緑のカーテンづくりを進めている。この地球温暖化の原因対策の緑のカーテンづくりを、福岡市では、中央区の福岡市庁舎前ふれあい広場で親子教室を開催した。この地球温暖化の原因対策の緑のカーテンづくりには、30組の親子が参加し、福岡市が進めている博多湾の海藻から作った堆肥や植物の育て方に関する説明も同時に行われた。教室では、実際に苗を植え付ける体験もして、最後に朝顔の苗が配られた。父親と参加していた筑紫野市の女児は、花が好きなので、大きく育てたいと喜んでいた。ゴーヤや朝顔などで作る緑のカーテンは、南面や西面に設置すると、葉による日陰の効果や植物の蒸散効果によって、かなり日照による室温の上昇を抑えられることから、地球温暖化の原因対策の一環として全国的に広く取り組まれている。福岡市でも住宅の室温を抑えられ、地球温暖化の原因対策としてエアコン等によるエネルギー削減効果もあるとして2007年度から緑のカーテンづくりに取り組んでおり、市民や民間への啓発活動に加えて、今年度は約170の公立施設でも実施する計画だという。

> 福岡県福岡市で地球温暖化の原因対策の緑のカーテンづくりはこちら

福岡県北九州市で地球温暖化の原因防止に寄与するビオトープ誕生

福岡県北九州市若松区響町の産業廃棄物処分場跡地が埋め立てから20年以上放置した間に、500種以上の動植物や昆虫が生息するようになり、今般、地球温暖化の原因防止に寄与する国内最大級のビオトープ「響灘ビオトープ」として仮オープンした。環境省が絶滅危惧(きぐ)種に指定するベッコウトンボなど貴重な動植物、昆虫も生息しており、北九州市は、今後、観察道などを整備し、2012年春に正式オープンさせると発表した。地球温暖化の原因防止に寄与するビオトープは、多様な生物が生息する空間のことである。福岡県の北九州市響灘ビオトープは広さ約48ヘクタールもあり、これまで国内最大級のビオトープとされてきた滋賀県長浜市の「早崎内湖ビオトープ」(17ヘクタール)の約3倍もの面積を有している。北九州市では1980~1986年にかけて、産業廃棄物などを埋め立て、その後長年放置していた間に、凸凹の地形に地球温暖化の原因防止に寄与する湿地帯や淡水池、草原が自然に発生した。こうした状況を踏まえ、北九州市では、2002年に産業用地にする計画を見直し、地球温暖化の原因防止に寄与するビオトープとして整備することにした。ビオトープ内では、これまでにチュウヒやコアジサシなど鳥類237種類、植物284種類、トンボやメダカなど24種類を確認している。響灘ビオトープは、2012年の正式オープンまでは毎月1回のエコツアー時だけ開園するといい、入場は無料となっている。本件についての問い合わせは、北九州市環境モデル都市推進室(093・582・2239)まで。

> 福岡県北九州市で地球温暖化の原因防止に寄与するビオトープ誕生はこちら

福岡県福岡市で地球温暖化の原因防止に寄与するEV公用車を休日は市民に無償貸与

 福岡県福岡市は7月から、公用車として使っている地球温暖化の原因防止に寄与する電気自動車EV)を福岡市の業務がない土日祝日に福岡市民に無料で貸し出すカーシェアリングの実験を行うと発表した。地球温暖化の原因防止に寄与する電気自動車を気軽に運転できる環境を整えることで、地球温暖化の原因対策に有効な電気自動車の普及を図るのが目的だという。福岡市では実施にあたり、レンタル等のノウハウを持つ民間業者を14日から公募している。福岡市港湾局によると、実験は7月から12月中旬までの土日祝日の約50日間を予定している。地球温暖化の原因防止に寄与する電気自動車の利用希望者は福岡市東区の人工島にある駐車場で電気自動車を借り、返却する仕組みだという。詳細で具体的な運用方法は今後選ばれる民間業者に任せられるが、福岡市では、多くの人に利用してもらうため、時間制による予約での運用を想定している。福岡市は現在、三菱自動車製の電気自動車「アイ・ミーブ」8台を所有している。従来はイベント等で市民が助手席に乗るだけで、運転はできなかったというが、今回の実験で利用希望者が多ければ、来年度以降、対象台数を増やす可能性もあるとコメントしている。

> 福岡県福岡市で地球温暖化の原因防止に寄与するEV公用車を休日は市民に無償貸与はこちら

九州地方7県が地球温暖化の原因防止対策としてレジ袋を削減

 地球温暖化の原因防止対策としてレジ袋削減によるごみ減量に共同で取り組んでいる福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県の九州7県は、今年度の「九州統一マイバッグキャンペーン」の参加店舗を募集すると発表した。各店舗は、レジ袋の有料化やレジ袋を受け取らなかった客への現金還元といった独自の取り組み内容を各県に報告する仕組みとなっている。また、地球温暖化の原因防止対策としてレジ袋削減の強化月間に位置づけられた10月の1カ月間にわたって、各県から送付されたポスターやステッカーを店舗に掲示してレジ袋削減に取り組むという。この地球温暖化の原因防止対策としてレジ袋削減は、九州地方知事会での合意に基づき、平成19年度から実施している取り組みとなっている。7県にある店舗であれば参加が可能で、具体的な取り組み内容を申告書に記載して各県の担当課へ提出することで参加できる。各県は、実施後に各店舗から提出されたレジ袋を削減の報告書を集計し、どの程度のごみ減量につながったかを数値化するという。昨年度は全県で5898店が参加し、地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素排出量約3934t分にあたる計約6557万枚のレジ袋が節約された。地球温暖化の原因防止対策としてレジ袋を削減に関しての各県の問い合わせ先は次の通りである。福岡県循環型社会推進課((電)092・643・3371)・佐賀県地球温暖化対策課((電)0952・25・7474)・長崎県未来環境推進課((電)095・895・2511)・熊本県廃棄物対策課((電)096・333・2277)・大分県地球環境対策課((電)097・506・3124)・宮崎県循環社会推進課((電)0985・26・7081)・鹿児島県廃棄物・リサイクル対策課((電)099・286・2594)

> 九州地方7県が地球温暖化の原因防止対策としてレジ袋を削減はこちら

九州電力が福岡県大牟田市で地球温暖化の原因対策の太陽光発電施設着工

 地球温暖化の原因防止対策としてクリーンエネルギーに期待がかかっているが、九州最大となる九州電力の太陽光発電施設「メガソーラー大牟田太陽光発電所」が福岡県大牟田市新港町の九電港発電所跡地で着工した。九州電力の太陽光発電所建設は初めてのことであり、関係者ら約40人が参加し安全祈願祭を行った。地球温暖化の原因防止対策となる太陽光発電所は、ヤフードームとほぼ同じ面積の敷地約8万平方メートルに、太陽光発電パネル1万4000枚を設置するものとなっている。太陽光発電の発電出力は3000キロワットで、年間発電量は約320万キロワットにのぼるという。これは、一般家庭2200世帯が昼間利用する電力量に相当し、地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2(二酸化炭素)排出量では約1200トンの抑制効果があるという。メガソーラー大牟田太陽光発電所の総事業費は約20億円を見込んでいる。九州電力では、地球温暖化の原因問題への対応や国産エネルギー活用の観点から、新エネルギーによる発電の導入を進めており、2017年度に太陽光発電による発電量を100万キロワットに拡大することを目指している。メガソーラー大牟田太陽光発電所安全祈願祭に出席した瓜生九州電力常務は「地球温暖化の原因防止対策として再生可能なエネルギーの活用に力を入れており、それを推進していく起爆剤と考えている。地域に親しまれる地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電所にしたい」と話していた。
 古賀福岡県大牟田市長は「地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電所が新エネルギーを推進する施設として、高い評価が得られるよう、福岡県大牟田市としても力を入れていく。一日も早い完成を期待している」と述べていた。
ライターの求人募集転職モデルの求人募集転職アルバイト探し求人募集転職

> 九州電力が福岡県大牟田市で地球温暖化の原因対策の太陽光発電施設着工はこちら

京都府と福岡県が地球温暖化の原因防止対策の「平成21年度低炭素地域づくり面的対策推進事業」の対象地域に

 環境省は、京都府福岡県を、地球温暖化の原因防止対策の平成21年度低炭素地域づくり面的対策推進事業(補助事業)の対象地域として選定すると発表した。この地球温暖化の原因防止対策の事業は、温室効果ガス二酸化炭素の削減による低炭素社会づくり計画、環境モデル都市アクションプラン、地球温暖化対策推進法に基づく地方公共団体実行計画に位置付けられた地域環境整備に係る事業に対し、事業費の一部を補助するものとなっている。平成21年9月7日から5月29日まで地球温暖化の原因防止対策事業の2次公募が行われ、提案内容について、環境省と国土交通省が共同で審査し、2つの地域が選定された。今回選定された地球温暖化の原因防止対策の対象地域は、「阪急電鉄京都本線及び嵐電(京福電鉄嵐山線)沿線、京都市右京区及び西京区」(京都府)と、「福岡市内地区、箱崎九大前駅地区、梅林駅地区、姪浜駅地区」(福岡県)となっている。
ケアマネージャー・介護支援専門員の求人募集転職和服振袖留袖着物レンタル貸衣装情報金プラチナ貴金属高価買取情報情報

> 京都府と福岡県が地球温暖化の原因防止対策の「平成21年度低炭素地域づくり面的対策推進事業」の対象地域にはこちら

福岡県福岡市と滋賀県大津市の地球温暖化原因防止対策と環境対策

 福岡県福岡市では、地球温暖化原因防止対策の一環として、新エネルギーの利用を進めるなか、2009年3月に中部水処理センターで「メタックス’09」を導入した。下水の処理過程で発生するメタンが主成分の消化ガスをバイオマス燃料として活用し発電するシステムとなっている。これまで福岡県福岡市では、「メタックス’84」を設置していたが、今回の全面更新で発電効率を大きく向上させ、さらに熱回収にも積極的に取り組むという。出力500kW、年間発電量は約340万kWhとなった。発電効果は、場内電力使用量の13%にあたり、地球温暖化原因防止対策に寄与することになる。
 一方、滋賀県大津市では、屋外広告物の管理権限が移譲されたのをきっかけに、環境対策の一環として2009年4月に違反広告物の除却活動に協力するボランティア団体を「大津まちなかスッキリ士隊」として募集した。滋賀県大津市の古都大津の風格ある景観保全を市民参加で積極的に推進するという。滋賀県大津市のボランティアは、簡易除却についての講習会を受講した後、「大津まちなかスッキリ士隊」として認定される。屋外広告物を除却する権限が滋賀県大津市長から委任されていることを証明する身分証明書や腕章、用具を貸与し、違反広告物の除却活動に参加してもらうという。 

貸しギャラリー貸し画廊レンタル情報着ぐるみレンタル・通信販売情報コスプレ衣装レンタル製作通信販売情報

> 福岡県福岡市と滋賀県大津市の地球温暖化原因防止対策と環境対策はこちら

京都府京都市と福岡県の地球温暖化原因防止対策

 京都府京都市は、地球温暖化原因防止対策の一環としてネット上で家庭の電気やガスなどの消費量を毎月入力し、省エネの取り組み状況を把握する「インターネット版環境家計簿」(http://www.doyoukyoto.com/)を2009年3月の「DO YOU KYOTO?デー」の日に開設した。地球温暖化原因防止対策の一環の取組みとしては、全国初の機能として、太陽光発電ソーラーシステムの利用効果を反映したグラフの表示システムを始め、各種団体や企業などグループ単位での参加が可能となっており、地球温暖化原因防止対策の取り組み成果を共有することができる。また、地球温暖化原因防止対策のため、電気やガスの消費量を標準世帯と比較し、省エネルギーに関するアドバイスを表示する。さらに「エコクイズ」、「エコ占い」などの子供から大人まで楽しみながら地球温暖化原因防止対策を学ぶことができるコンテンツや、抽選で「トラフィカ京カード(1000円)」が当たる特典もあり、京都市は登録者に好評を得ていると話している。
 一方、福岡県では、「福岡県エコバスツアー」を2009年3月から開催しており、エコファミリーに登録している親子12組を招待した。これは福岡県が初めて実施するもので、エコ事業所である西日本鉄道(福岡市)と西部ガス(福岡市)の協力によって、エコ・クッキングの実習の実施するほか、大木町の生ゴミ、し尿、浄化槽汚泥を処理するバイオマス施設「くるるん」や家庭用燃料電池を見学した。車内では、西日本鉄道の環境保全へ向けた取り組みの紹介や地球温暖化原因防止対策クイズなども通して、家庭や事業所・自治体の地球温暖化原因防止対策の取り組みを紹介した。最後に子供13人が地球温暖化原因防止対策に向けた「私のエコ宣言」を行い、年間で200リットルのドラム缶約6000本分の地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減を約束した。

貸しベビー用品レンタル情報観葉植物レンタルリース貸し植木情報スーツケースレンタル格安情報

> 京都府京都市と福岡県の地球温暖化原因防止対策はこちら

地球温暖化原因防止対策のクールアース・デー記念「七夕ライトダウンin北九州」

 チーム・マイナス6%(環境省)は、地球温暖化原因防止対策クールアース・デーの7月7日(火)に、福岡県北九州市と連携して地球温暖化原因防止対策の「七夕ライトダウンin北九州」を開催すると発表した。さらに、北九州市主催の地球温暖化原因防止対策の「環境モデル都市北九州市エコツアー」、日刊工業新聞社主催の『クールアース・デー記念シンポジウム「低炭素社会に生き残る経営 -今から始めるエコアクション-」』、大地を守る会主催の「100万人のキャンドルナイト・東京八百八灯2009」に特別協力すると発表した。地球温暖化原因防止対策の「七夕ライトダウンin北九州」は、門司港レトロ地区(福岡県北九州市門司区)で、7月7日(火)18:30~20:30に開催され、参加費は無料となっている。地球温暖化原因防止対策の「環境モデル都市 北九州市エコツアー」は、7月7日(火)13:00小倉駅北口集合~18:30までで、参加費1,000円、定員40名(申込多数の場合は抽選)となっている。地球温暖化原因防止対策のクールアース・デー記念シンポジウム「低炭素社会に生き残る経営 -今から始めるエコアクション-」は、如水会館オリオンルーム(東京都千代田区)で、7月7日(火)13:30~16:30に開催され、参加費無料で定員100名(事前申込制)となっている。地球温暖化原因防止対策の「100万人のキャンドルナイト・東京八百八灯2009」は、増上寺(東京都港区)で、6月21日(日)17:30~21:00に開催され、入場料無料(場合により入場制限あり)で開催される。地球温暖化原因防止対策のチーム・マイナス6%(環境省)の出展ブースでは、「クールビズ・ヘアスタイル Presentation for Cool earth 」の実演が行われる予定となっている。

貸し会議室レンタル情報賃貸の貸し事務所レンタルオフィス探し情報貸し布団ふとんレンタル情報

> 地球温暖化原因防止対策のクールアース・デー記念「七夕ライトダウンin北九州」はこちら

国内クレジット制度に関する先進事例セミナーを福岡市、名古屋市、札幌市で開催

 経済産業省は、東京都、大阪府で開催する地球温暖化原因防止対策の「国内クレジット制度に関する先進事例セミナー」が大好評であるのを受けて、地方都市である福岡県福岡市愛知県名古屋市及び北海道札幌市においても開催すると発表した。セミナーでは、国内クレジット制度の概要と現状説明のほか、クレジット制度の先進事例報告が行われる。また、併せて先進事例報告者による意見交換会や質疑応答も行われる予定となっている。各会場の日程は以下のとおりとなっている。
【福岡会場】
 日時:平成21年6月25日(木)14:30~17:10
 場所:グランドハイアット福岡ザ・グランド・ボールルーム
    福岡県福岡市博多区住吉1-2-82 キャナルシティ博多内
【名古屋会場】
 日時:平成21年6月26日(金)13:30~16:10
 場所:名古屋ガーデンパレス「明倫」
    愛知県名古屋市中区錦3丁目11-13
【札幌会場】
 日時:平成21年7月2日(木)13:30~16:10
 場所:センチュリーロイヤルホテル「真珠の間」
    北海道札幌市中央区北5条西5丁目
参加申込及び問い合わせ先
「排出量取引の国内統合市場の試行的実施及び国内クレジット制度普及セミナー事務局」担当:森、岡田(TEL : 03-3581-9060 / FAX : 03-3581-9062 / E-mail : kokunai-credit@togou.jp)

雨水再利用タンクシステム情報屋上緑化情報桐箪笥タンスの販売修理情報

> 国内クレジット制度に関する先進事例セミナーを福岡市、名古屋市、札幌市で開催はこちら

地球温暖化防止のバイオマスタウン構想

 農林水産省は地球温暖化防止に寄与する「バイオマスタウン構想」に新規に応募のあった構想書のうち、9市町の取り組み内容を公表した。 応募のあった構想書は関係府省からなる「バイオマス・ニッポン総合戦略推進会議事務局」(事務局農林水産省)で検討し、「バイオマスタウン」の基準に合致している場合に内容を公表することになっている。今回の公表は34回目にあたり、新規構想書が公表されたのは、北海道斜里町、北海道小清水町、福島県南会津町、富山県高岡市、富山県朝日町、兵庫県たつの市、福岡県赤村、長崎県佐世保市、鹿児島県姶良町、鹿児島県錦江町、鹿児島県宇検村、沖縄県与那国町。このうち、群馬県富岡市の構想は、家庭から排出される生ごみを堆肥化、可燃ごみを燃料化し、それぞれ利用する。製造された堆肥は、地元農家で利用し、可燃ごみから製造された燃料は、地元ホテルの給湯用ボイラー用燃料として利用するというものとなっている。なお、今回の公表により、全国のバイオマスタウン構想公表市町村は209件となった。

パートタイマーの求人募集転職内職在宅ワークの求人募集転職介護福祉士の求人募集転職

> 地球温暖化防止のバイオマスタウン構想はこちら

森林バイオマス関連の温室効果ガス試行排出量取引

 農林水産省は、4月15日開催の第3回国内クレジット認証委員会において、08年10月から政府が開始している地球温暖化防止のための、温室効果ガスである二酸化炭素削減のための取組みとしての「排出量取引の国内統合市場の試行的実施」において、森林バイオマス案件としては第1号となる申請案件が報告されたと発表した。排出量取引の国内統合市場の試行的実施の申請案件は、福岡県那珂川町の温泉施設「清滝」の温泉ボイラーでのおが屑利用、同県八女市の温泉施設「べんがら村」の温泉加温ボイラーでの森林バイオマス利用、山形県小国町での役場及びその周辺における融雪・暖房用バイオマスボイラーの利用の3件となっている。今後、審査機関又は審査員の審査を経て委員会において承認されれば、事業計画に沿って排出削減事業を実施していくことになる。バイオマスボイラーの導入による国内クレジット制度への適用に関しては、これまでは導入前に化石燃料を使用していた場合の切り替えのみを対象としていたが、委員会での審議によって、今後はバイオマスボイラーの新設によっても国内クレジット対象として認められる可能性があることになる。

地上デジタルテレビアンテナ工事情報レディースファッションブランド品リサイクルショップ情報家電リサイクルショップ高価買取販売情報

> 森林バイオマス関連の温室効果ガス試行排出量取引はこちら

地球温暖化原因対策の中期目標に関する意見交換会

 内閣官房、環境省及び経済産業省は、地球温暖化原因対策の中期目標の選択肢について、直接国民の意見を聴くため、下記のとおり全国5か所で意見交換会を開催すると発表した。(既に実施済みの会場もある。)日本政府は、これらの会場からの地球温暖化防止に向けての意見も踏まえる中で、地球温暖化防止対策の中期目標(我が国の2020年の温室効果ガス排出量についての削減目標)を今年6月までに決定する予定としている。
(1)東京 日時:平成21年4月20日(月)19:00~21:00 会場:内閣府本府 地下一階講堂(東京都千代田区)定員:200人
(2)名古屋 日時:平成21年4月21日(火)18:00~20:00 会場:愛知県産業貿易館 特別会議室(愛知県名古屋市中区)定員:130人
(3)大阪 日時:平成21年4月22日(水)17:30~19:30 会場:国民会館 武藤記念ホール大ホール(大阪府大阪市中央区)定員:150人
(4)札幌 日時:平成21年5月11日(月)17:30~19:30 会場:ホワイトキューブ札幌 1F会議室(北海道札幌市北区)定員:80人
(5)福岡 日時:平成21年5月12日(火)18:00~20:00 会場:福岡合同庁舎 共用中会議室A・B(福岡県福岡市博多区)定員:100人
 地球温暖化原因対策の意見交換会への参加希望者は、東京・大阪・名古屋会場分は4月15日までに、札幌・福岡会場分は5月6日までに、件名を「【参加希望(○○会場)】意見交換会」とし、氏名、所属、連絡先(電話、メールアドレス)を記入して、メールで申し込む必要がある。定員をオーバーした場合は抽選となる。○参加申込及び問い合わせ先:内閣官房 副長官補室 地球温暖化問題に関する懇談会担当 担当:宇都宮、西村 E-mail:ondankakondankai@cas.go.jp


観葉植物レンタルリース貸し植木情報スーツケースレンタル格安情報コピー機レンタルリース格安情報

> 地球温暖化原因対策の中期目標に関する意見交換会はこちら

福岡県大牟田市が廃棄小型家電製品不用品の回収

 福岡県大牟田市では、環境省と経済産業省による「使用済み小型家電製品の回収モデル事業」の採択を受け、2009年1月から「大牟田都市鉱山開発プロジェクト」をスタートさせている。これは、家電製品リサイクル法による家電4品目のリサイクルの仕組みとは別で、家電製品リサイクル法では対象となっていない使用済み小型家電製品の回収事業を大牟田市と協働で始めたものである。この取組みによって、地球温暖化の原因となっている二酸化炭素などの温室効果ガスの減少に資すると共に、小型家電製品のリサイクルによって希少金属を再利用するために取り出すものである。福岡県大牟田市では、市内のスーパーや公共施設など約30カ所に回収ボックスを設置し、ゲーム機や携帯電話などの不用品となった廃棄小型家電製品を回収するものである。小型家電製品の回収は、有料や買取で行うものではなく、無料回収を行う。このモデル事業により効率的な回収リサイクル手法を確立し、市以外の地域にも普及させたいとしている。無料回収した小型家電製品は、「レアメタルリサイクル産学官連絡会議」のメンバー企業でレアメタルの抽出リサイクルに関する実証研究に活用する。


不用品廃品ゴミ回収買取引取り処分情報金プラチナ貴金属高価買取情報情報家電製品家具レンタルリース情報家電リサイクルショップ高価買取販売情報

> 福岡県大牟田市が廃棄小型家電製品不用品の回収はこちら

地球温暖化防止対策の自主参加型国内排出量取引制度公募

 環境省は、2月27日より公募を開始している地球温暖化防止対策の「平成21年度自主参加型国内排出量取引制度の第5期事業」の参加者公募における公募説明会を、福岡と札幌で追加開催すると発表した。自主参加型国内排出量取引制度は、温室効果ガスの費用効率的かつ確実な削減と国内排出量取引制度に関する知見・経験の蓄積を目的として、平成17年度から開始されたもの。福岡説明会は福岡朝日ビル(福岡県福岡市博多区)で、4月2日開催(登録は4月1まで、定員130名)。札幌説明会は北海道自治労会館(北海道札幌市北区)で、4月6日開催(登録は4月3日まで、定員150名)。開催時間は、いずれも13:00~17:00。参加希望者は、[1]希望する説明会日程、[2]法人名、[3]参加人数(1法人につき2名まで)、[4]参加者の氏名、[5]参加する代表者の連絡先--を明記の上、電子メールで申し込む必要がある。登録は先着順で、定員に達し次第締め切る。


エアコンクリーニング業務用家庭用掃除洗浄情報着物きものクリーニング専門丸洗い情報

> 地球温暖化防止対策の自主参加型国内排出量取引制度公募はこちら

宇宙テーマパーク「スペースワールド」(福岡県北九州市)で「エコ・アクション・ポイント」

 環境省は、地球温暖化防止対策の一環として福岡県北九州市の宇宙テーマパーク「スペースワールド」が、テーマパークでは初めてのエコ・アクション・ポイントモデル事業への参加し、平成21年3月20日より「エコ・アクション・ポイント」の付与を開始すると発表した。エコ・アクション・ポイントモデル事業は、平成20年度より、国民参加の地球温暖化防止対策の切り札として、省エネ商品・サービスの購入・利用又は省エネ行動に伴いポイントが貯まり、そのポイントを商品等に交換することができるエコ・アクション・ポイントを付与する取組である。スペースワールドでポイントの対象になる商品・サービスは、駐車場(ハイブリッドカーでの来園)、物販店舗でのECO限定商品の購入、地球倶楽部(アースクラブ)カフェでの陶器カップ利用による器リユースなど。また、スペースワールドでは、3月20日から22日までの3日間、環境省及び株式会社ジェーシービーの協力により「環境」をテーマにしたイベントを開催する予定としている。


コピー機レンタルリース格安情報PCパソコン個人向けレンタルリース情報貸しスタジオレンタル情報ネットナビ貸しギャラリー貸し画廊レンタル情報

> 宇宙テーマパーク「スペースワールド」(福岡県北九州市)で「エコ・アクション・ポイント」はこちら

省エネ製品買換ナビゲーション「しんきゅうさん」

 チーム・マイナス6%環境省)は、2月6日から本格運用を開始した省エネ製品買換ナビゲーション「しんきゅうさん」の普及促進を図るためのイベントを、全国で展開していくと発表した。
 「しんきゅうさん」は、家庭での消費電力量の最も多い、エアコン、冷蔵庫、照明器具、テレビの4品目を対象として、携帯電話やパソコンを利用して、店頭や自宅などで省エネ製品への買換えによるCO2削減効果やランニングコストの低減効果などを簡単に把握できるシステム。
 イベントには、うちエコ!応援団の林マヤさん、堀ちえみさん、東京海洋大学客員准教授のさかなクン--などが、出演する予定。
 既に、青森県、長崎県、北海道でイベントが開催され、今後は、神奈川県、兵庫県、東京都、静岡県、福岡県、愛知県、広島県--で、3月15日までに順次開催される予定。


○今後開催されるイベント会場・日程
 東京都:三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲(3月1日)
 神奈川県:三井ショッピングパーク ららぽーと横浜(2月22日)
 静岡県:エスパルスドリームプラザ(3月7日~8日)
 愛知県:イオンナゴヤドーム前ショッピングセンター(3月15日)
 兵庫県:阪急西宮ガーデンズ(2月28日)
 広島県:イオンモール広島府中ソレイユ(3月15日)
 福岡県:キャナルシティ博多(3月8日)

> 省エネ製品買換ナビゲーション「しんきゅうさん」はこちら

あかりから始める地球温暖化対策

 環境省は、「省エネ照明シンポジウム~あかりから始める地球温暖化対策~」開催情報の(第2報)を発表した。
 このシンポジウムは、CO2排出量が1990年比で約4割増加している商業施設やオフィス等の業務部門のうち、その約2割を占める照明について、省エネ照明導入を促進することを目的に開催されている。
 12月に広島と高松で開催され、今後、富山県(1/15)、沖縄県(1/19)、東京都(1/27)、愛知県(1/29)、福岡県(2/2)、宮城県(2/12)、大阪府(2/23)で開催される予定。
 富山会場は、北日本新聞ホール、基調講演「東西光文化と都市施設照明の省エネ動向」(日本大学生産工学部 電気工学科 専任講師 山家 哲雄 氏)やパネルディスカッションが予定されている。定員200名。
 那覇会場は、てんぶす那覇(てんぶすホール)、基調講演「地球環境と省エネ照明と技術革新」(伊藤達男照明デザイン事務所代表 伊藤 達男 氏)やパネルディスカッションが予定されている。定員100名。
 入場料無料。参加希望者は、事前にホームページ(http://shoene-shomei.jp/symposium)より申し込む必要がある。

LEDライト電光サイン看板情報

> あかりから始める地球温暖化対策はこちら

地域の産学官連携による環境技術開発のいま

 環境省と福岡県保健環境研究所は、平成21年1月20日(火)に、アクロス福岡 円形ホール(福岡市中央区)で、シンポジウム「地域の産学官連携による環境技術開発のいま」を開催すると発表した。
 このシンポジウムは、都道府県等に設置されている地方環境研究所と、地域の産学等が連携して環境研究・技術開発を進めるため、環境省が昨年度より実施している「地域の産学官連携による環境技術開発基盤整備モデル事業」において得られた成果等を報告するとともに、産学官による連携手法を広く普及することを目的とするもの。
 須藤隆一 埼玉県環境科学国際センター総長による基調講演「地方環境研究所に期待する -産学官の連携をめざして-」や、環境省モデル事業の紹介、パネルディスカッションなどが予定されている。
 開催時間は、13:30~16:40(開場13:00)。
 参加希望者は、名前、所属、連絡先を添えて、メール又はFAXで、申し込むことが必要。参加費は無料。定員(100名)に達し次第締切。


○参加申し込み・問い合わせ先
 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
 環境・エネルギー部
 担当:加山・佐々木・桜井・斉藤
 TEL:03-6711-1243
 FAX:03-6711-1289
 E-mail:sgk@murc.jp

> 地域の産学官連携による環境技術開発のいまはこちら