TOPページ > 検索結果

検索結果 【福岡市】

福岡県福岡市は二酸化炭素(CO2)排出しない電気自動車(EV)の急速充電器設置で地球温暖化の原因防止対策

 福岡県福岡市と福岡都市高速道路公社は今月下旬、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、公社敷地内(福岡県福岡市東区東浜2)に電気自動車(EV)の急速充電器1台を設置し、無料で充電サービスを提供する実証実験を始めると発表した。これは、福岡県福岡市が進める「次世代自動車」の普及促進に向けた取組みで、利用者に使い勝手などのアンケートに協力してもらい、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない排出しない電気自動車(EV)の利用動向や課題などを探るという。この福岡県福岡市の電気自動車(EV)の無料充電サービスの実験期間は、今のところ1年間を予定しているという。電気自動車(EV)の普及は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として期待されているものの、走行可能な距離が比較的短いことから充電環境の整備が不可欠とされる。福岡県福岡市に設置される急速充電器は、素早く充電できるのが大きな特徴であり、電気自動車(EV)の電池が空の状態からフル充電まで15~30分程度で行うことができるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての電気自動車(EV)の急速充電器の利用時間は、午前9時~午後5時間での間で、福岡県福岡市の都市高速道路に限らず一般道利用者も充電でき、ETC利用者には乗り継ぎ無料のサービスも実施するという。吉田宏福岡県福岡市長は「福岡県福岡市で次世代の環境に優しい自動車の普及に弾みがつく」と期待している。詳しくは、福岡都市高速道路公社企画課(092-631-3291)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県福岡市は二酸化炭素(CO2)排出しない電気自動車(EV)の急速充電器設置で地球温暖化の原因防止対策はこちら

福岡県福岡市は住宅エコポイント制度補助金で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策

 福岡県福岡市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を強化するため、国の住宅エコポイント制度に独自の補助金を上乗せして支給する「福岡市住宅省エネ改修助成事業」の対象を福岡市内の全67万戸に拡大すると発表した。福岡市では、期間も3か月延長して年度末までとし、省エネ改修に係る補助金額は変わらずに最大10万円だという。福岡市は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の切り札として、「福岡市住宅省エネ改修助成事業」の当初予算に1億円を計上していたが、福岡市の定めた条件が厳しく申請件数は、261件で1,070万円にとどまっているという。また、同様に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を期待するものとして、福岡市が最大500万円の補助金を出す「福岡市事業所省エネ改修等支援事業」の対象も補助金の条件を緩和し、福岡市内に事業所を所有する人なら省エネ改修補助金の申請を可能に制度を改正した。補助金の申請期間も1か月間延長し、11月末までとし、工事費の下限金額も廃止した。こちらも福岡市は当初予算額で約1億円を計上していたが、執行見込みは8件で約2,370万円にしかすぎない。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係る福岡市の補助金の問い合わせは、住宅助成補助金が福岡市住宅計画課(092-711-4598)、事業所補助金が福岡市温暖化対策課(711-4282)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県福岡市は住宅エコポイント制度補助金で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策はこちら

福岡県福岡市で太陽光発電システムのリースによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 太陽光発電システムについては、クリーンな自然エネルギーであることから、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として大いに期待されている。しかし、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するとはいえ、太陽光発電システムは大規模になるほど初期投資に係る費用が大きいことから、企業の施設などに設置が進まないという状況がある。こうした太陽光発電システムに関して新たなサービスが始まっている。まず、サービス事業者がユーザー企業の施設内に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる太陽光発電システムを設置するが、太陽光発電システ設備の購入・設置などの導入コストは事業者が負担するというものである。ユーザー企業は太陽光発電システによる電力の供給を受けながら、サービス料を事業者に月々支払い、設置された太陽光発電システムの発電設備は事業者が所有し運用するというものである。こうした地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に寄与する「太陽光オンサイト発電サービス」を展開するのが、九州電力(福岡県福岡市中央区)の100%子会社であるキューデン・エコソル(福岡県福岡市中央区渡辺通)である。同社は今年1月、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、産業・公共部門向けに太陽光発電システムのリースサービスを開始した。一般社団法人新エネルギー導入促進協議会(NEPC)からの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての「新エネルギー等事業者支援対策事業」の補助金を受け、100kWの太陽光発電システムの設備を15年契約で設置した場合、1か月当たりのサービス料金は太陽光発電システムによる電力料金込みで約40万円程度になるという。太陽光発電システム100kWの設備の標準的な発電量は、年間10万kWh程度あることから、太陽光発電システム1kWh当たりのコストは約48円になる。自家消費した電力の環境価値は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としてユーザー企業に帰属する。太陽光発電システムのリースは、既に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、福岡空港国際線ターミナル(福岡県福岡市博多区)207kw、朝倉医師会病院(福岡県朝倉市来春)100kw、綾てるはドーム(宮崎県東諸県郡綾町)151kwで行われている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県福岡市で太陽光発電システムのリースによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

福岡県の福岡空港が太陽光発電システムで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減に貢献

 九州電力(福岡県福岡市中央区)の子会社キューデン・エコソル(福岡県福岡市中央区)は、福岡空港ビルディング(福岡県福岡市博多区)と共同で、福岡空港国際線ターミナルに地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に貢献する太陽光発電設備を設置すると発表した。キューデン・エコソルは、一般企業や官公庁に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に貢献する太陽光発電設備を提供し、そこで発電した電気を販売する太陽光オンサイト発電事業に取り組むために、1月に営業を開始した会社である。国から地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に対する補助金を受けて建設し、今年度中の太陽光発電設備の完成を目指すという。太陽光発電設備は、国際線ターミナルの屋根に設置し、面積は屋根全体の約2割程度になるが、福岡空港における年間使用電力の1%に相当する約19万6000kwhを発電する能力がある。今回の太陽光発電設備の設置によって約73.3トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県の福岡空港が太陽光発電システムで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減に貢献はこちら

沖縄電力と九州電力がマイクログリッドで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 経済産業省・資源エネルギー庁は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としても、離島マイクログリッドの実証事業を推進しており、沖縄県の離島4島の総事業費約70億円のうち3分の2が補助金として支出される。太陽光発電と風力発電、蓄電用リチウムイオン電池などを組み合わせた小規模電力供給網であるマイクログリッドの実用化に向けた取り組みが、沖縄県の離島で本格化し始めた。沖縄電力(沖縄県浦添市牧港)は今月から10月にかけて、沖縄県内の4島で試験的に電力供給を開始する。管内に離島が多い九州電力(福岡県福岡市中央区)も6島で電力供給しており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての環境問題への対応や離島の発電コスト低減を実現する手段として期待されている。敷地内で生み出す自然エネルギーで電力消費をまかなう省エネビルなどへの応用も進むことだろう。沖縄電力は、多良間島に新たに設置した太陽光発電システム設備は250kwで、多良間島の最大出力に対する太陽光発電の割合は22%にのぼるという。ただ、再生可能エネルギーの中でも太陽光発電システムは日照などの自然環境に大きく左右されるため、電源が出力不安定という課題を抱えている。このため、実証試験では、太陽光発電システムからの電力の安定供給を確保するため、太陽光発電の出力制御、蓄電用リチウムイオン電池を活用した余剰電力対策、周波数の変動抑制などを行うという。多良間島では、2014年3月までこうした試験を続け、太陽光発電システムと既設の風力発電システムとも組み合わせ、電力系統に影響を与えない運用方法を探るという。10月には、最大規模となる宮古島での試験を始め、電力会社として初めての運転となる出力1000kw以上の大規模太陽光発電所(メガソーラー)を設置する計画だという。これまでの離島における電力供給は、重油を燃料として内燃力機関を動かし、接続している発電機を回す方法が主流となっており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は多くなっている。離島では、火力発電所や原子力発電所から送電される電力系統とは異なる独立した電力系統となっており、同じ独立電力系統型のマイクログリッドの実用化にめどがつけば、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を進めるためにマイクログリッドに全面移行し、離島内のエネルギー消費をすべて再生可能な自然エネルギーでまかなうことも可能だという。また、マイクログリッドは再生可能エネルギーを活用し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を実質ゼロにすることを目指した省エネビルや工場などにも応用ができるため、導入を建設会社などに提案することもあり得る。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 沖縄電力と九州電力がマイクログリッドで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

福岡県福岡市では打ち水大作戦で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減とヒートアイランド対策を目的として、日本各地で夏になると打ち水の行事が行われている。福岡県福岡市役所前ふれあい広場では、本格的な夏の始まりを前に福岡打ち水大作戦本部(福岡県福岡市博多区下川端2)が恒例の打ち水を行った。「福岡打ち水大作戦」は、誰もがいつでも気軽にできる地球温暖化の原因対策としてNPO法人グリーンバード(福岡県福岡市)などが中心となって2004年に始めたものである。以降、打ち水は毎年、イムズ(福岡県福岡市天神1)など福岡市内各所で行われているという。この日はNPO法人の本部メンバーのほか、涼しさを求めて福岡市役所前ふれあい広場を通りがかった買い物客ら約30人が参加した。時折、雨が降る場面も見られたが、色とりどりの浴衣に身を包んでの打ち水で参加者らはひと時の涼感にみんなが笑顔を見せていた。浴衣姿の女性を見ているだけでも涼しげで、また、打ち水を行うと実際に少しひんやりとすることから、地球温暖化の原因対策やヒートアイランド対策のPRだけでなく、打ち水は実際に有効な取組みだといえる。

> 福岡県福岡市では打ち水大作戦で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

福岡県福岡市でエコクレーンが地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減

 地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減することができるということで、福岡県福岡市東区にある人工島の岸壁で導入が進められていた国内初の電動コンテナ用クレーンのテスト運用が行われた。国土交通省九州地方整備局などが整備していたもので、これまでのディーゼルエンジンに比べて、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の排出量の削減や省エネに寄与するものになるという。国土交通省九州地方整備局によると、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減することができる新型のクレーンの整備に当たっては、福岡県福岡市東区で4月から門型のクレーン(高さ約20メートル、幅約30メートル)4基に集電装置を取り付ける改造に着手してきたという。コンテナヤード内では、新型クレーンの電力源となる給電線(長さ約310メートル)を新設する工事を併せて進めてきた。今回完成した新型のクレーン以外の残り9基のクレーンの改造と、給電線の増設は11月末までに終える予定だといいう、本件に係る総事業費は約20億円となっている。国土交通省九州地方整備局では、クレーンの動力を軽油から電気へと切り替えることで、エネルギーコストがクレーン1基当たり年間約180万円、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の排出量は126トンそれぞれ削減できると試算している。今後、他施設での新型クレーン導入を進めていくため、今年度中に福岡県福岡市のデータを分析し、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の排出量の検証結果を取りまとめることにしているという。この日のテスト運用には関係者ら約50人が出席し、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)を排出しない排出エンジン音のない新型クレーンが、運搬用トラックに船からコンテナを積んだり、降ろしたりと稼動していた。

> 福岡県福岡市でエコクレーンが地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

福岡県福岡市で地球温暖化の原因対策の緑のカーテンづくり

 福岡県福岡市では、地球温暖化の原因防止のため、朝顔による建物外壁の緑のカーテンづくりを進めている。この地球温暖化の原因対策の緑のカーテンづくりを、福岡市では、中央区の福岡市庁舎前ふれあい広場で親子教室を開催した。この地球温暖化の原因対策の緑のカーテンづくりには、30組の親子が参加し、福岡市が進めている博多湾の海藻から作った堆肥や植物の育て方に関する説明も同時に行われた。教室では、実際に苗を植え付ける体験もして、最後に朝顔の苗が配られた。父親と参加していた筑紫野市の女児は、花が好きなので、大きく育てたいと喜んでいた。ゴーヤや朝顔などで作る緑のカーテンは、南面や西面に設置すると、葉による日陰の効果や植物の蒸散効果によって、かなり日照による室温の上昇を抑えられることから、地球温暖化の原因対策の一環として全国的に広く取り組まれている。福岡市でも住宅の室温を抑えられ、地球温暖化の原因対策としてエアコン等によるエネルギー削減効果もあるとして2007年度から緑のカーテンづくりに取り組んでおり、市民や民間への啓発活動に加えて、今年度は約170の公立施設でも実施する計画だという。

> 福岡県福岡市で地球温暖化の原因対策の緑のカーテンづくりはこちら

福岡県福岡市で地球温暖化の原因防止に寄与するEV公用車を休日は市民に無償貸与

 福岡県福岡市は7月から、公用車として使っている地球温暖化の原因防止に寄与する電気自動車EV)を福岡市の業務がない土日祝日に福岡市民に無料で貸し出すカーシェアリングの実験を行うと発表した。地球温暖化の原因防止に寄与する電気自動車を気軽に運転できる環境を整えることで、地球温暖化の原因対策に有効な電気自動車の普及を図るのが目的だという。福岡市では実施にあたり、レンタル等のノウハウを持つ民間業者を14日から公募している。福岡市港湾局によると、実験は7月から12月中旬までの土日祝日の約50日間を予定している。地球温暖化の原因防止に寄与する電気自動車の利用希望者は福岡市東区の人工島にある駐車場で電気自動車を借り、返却する仕組みだという。詳細で具体的な運用方法は今後選ばれる民間業者に任せられるが、福岡市では、多くの人に利用してもらうため、時間制による予約での運用を想定している。福岡市は現在、三菱自動車製の電気自動車「アイ・ミーブ」8台を所有している。従来はイベント等で市民が助手席に乗るだけで、運転はできなかったというが、今回の実験で利用希望者が多ければ、来年度以降、対象台数を増やす可能性もあるとコメントしている。

> 福岡県福岡市で地球温暖化の原因防止に寄与するEV公用車を休日は市民に無償貸与はこちら

福岡県福岡市と滋賀県大津市の地球温暖化原因防止対策と環境対策

 福岡県福岡市では、地球温暖化原因防止対策の一環として、新エネルギーの利用を進めるなか、2009年3月に中部水処理センターで「メタックス’09」を導入した。下水の処理過程で発生するメタンが主成分の消化ガスをバイオマス燃料として活用し発電するシステムとなっている。これまで福岡県福岡市では、「メタックス’84」を設置していたが、今回の全面更新で発電効率を大きく向上させ、さらに熱回収にも積極的に取り組むという。出力500kW、年間発電量は約340万kWhとなった。発電効果は、場内電力使用量の13%にあたり、地球温暖化原因防止対策に寄与することになる。
 一方、滋賀県大津市では、屋外広告物の管理権限が移譲されたのをきっかけに、環境対策の一環として2009年4月に違反広告物の除却活動に協力するボランティア団体を「大津まちなかスッキリ士隊」として募集した。滋賀県大津市の古都大津の風格ある景観保全を市民参加で積極的に推進するという。滋賀県大津市のボランティアは、簡易除却についての講習会を受講した後、「大津まちなかスッキリ士隊」として認定される。屋外広告物を除却する権限が滋賀県大津市長から委任されていることを証明する身分証明書や腕章、用具を貸与し、違反広告物の除却活動に参加してもらうという。 

貸しギャラリー貸し画廊レンタル情報着ぐるみレンタル・通信販売情報コスプレ衣装レンタル製作通信販売情報

> 福岡県福岡市と滋賀県大津市の地球温暖化原因防止対策と環境対策はこちら

京都府京都市と福岡県の地球温暖化原因防止対策

 京都府京都市は、地球温暖化原因防止対策の一環としてネット上で家庭の電気やガスなどの消費量を毎月入力し、省エネの取り組み状況を把握する「インターネット版環境家計簿」(http://www.doyoukyoto.com/)を2009年3月の「DO YOU KYOTO?デー」の日に開設した。地球温暖化原因防止対策の一環の取組みとしては、全国初の機能として、太陽光発電ソーラーシステムの利用効果を反映したグラフの表示システムを始め、各種団体や企業などグループ単位での参加が可能となっており、地球温暖化原因防止対策の取り組み成果を共有することができる。また、地球温暖化原因防止対策のため、電気やガスの消費量を標準世帯と比較し、省エネルギーに関するアドバイスを表示する。さらに「エコクイズ」、「エコ占い」などの子供から大人まで楽しみながら地球温暖化原因防止対策を学ぶことができるコンテンツや、抽選で「トラフィカ京カード(1000円)」が当たる特典もあり、京都市は登録者に好評を得ていると話している。
 一方、福岡県では、「福岡県エコバスツアー」を2009年3月から開催しており、エコファミリーに登録している親子12組を招待した。これは福岡県が初めて実施するもので、エコ事業所である西日本鉄道(福岡市)と西部ガス(福岡市)の協力によって、エコ・クッキングの実習の実施するほか、大木町の生ゴミ、し尿、浄化槽汚泥を処理するバイオマス施設「くるるん」や家庭用燃料電池を見学した。車内では、西日本鉄道の環境保全へ向けた取り組みの紹介や地球温暖化原因防止対策クイズなども通して、家庭や事業所・自治体の地球温暖化原因防止対策の取り組みを紹介した。最後に子供13人が地球温暖化原因防止対策に向けた「私のエコ宣言」を行い、年間で200リットルのドラム缶約6000本分の地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減を約束した。

貸しベビー用品レンタル情報観葉植物レンタルリース貸し植木情報スーツケースレンタル格安情報

> 京都府京都市と福岡県の地球温暖化原因防止対策はこちら

国内クレジット制度に関する先進事例セミナーを福岡市、名古屋市、札幌市で開催

 経済産業省は、東京都、大阪府で開催する地球温暖化原因防止対策の「国内クレジット制度に関する先進事例セミナー」が大好評であるのを受けて、地方都市である福岡県福岡市愛知県名古屋市及び北海道札幌市においても開催すると発表した。セミナーでは、国内クレジット制度の概要と現状説明のほか、クレジット制度の先進事例報告が行われる。また、併せて先進事例報告者による意見交換会や質疑応答も行われる予定となっている。各会場の日程は以下のとおりとなっている。
【福岡会場】
 日時:平成21年6月25日(木)14:30~17:10
 場所:グランドハイアット福岡ザ・グランド・ボールルーム
    福岡県福岡市博多区住吉1-2-82 キャナルシティ博多内
【名古屋会場】
 日時:平成21年6月26日(金)13:30~16:10
 場所:名古屋ガーデンパレス「明倫」
    愛知県名古屋市中区錦3丁目11-13
【札幌会場】
 日時:平成21年7月2日(木)13:30~16:10
 場所:センチュリーロイヤルホテル「真珠の間」
    北海道札幌市中央区北5条西5丁目
参加申込及び問い合わせ先
「排出量取引の国内統合市場の試行的実施及び国内クレジット制度普及セミナー事務局」担当:森、岡田(TEL : 03-3581-9060 / FAX : 03-3581-9062 / E-mail : kokunai-credit@togou.jp)

雨水再利用タンクシステム情報屋上緑化情報桐箪笥タンスの販売修理情報

> 国内クレジット制度に関する先進事例セミナーを福岡市、名古屋市、札幌市で開催はこちら

地球温暖化防止のための温室効果ガス排出削減カーボン・オフセット

 環境省は、国内のプロジェクトにより実現された地球温暖化防止のための温室効果ガス排出削減・吸収量をカーボン・オフセットに用いられるクレジットとして認証するオフセット・クレジット(J-VER)制度に関する説明会を、地方公共団体及び事業者等を対象に開催すると発表した。地球温暖化防止のための温室効果ガス排出削減カーボン・オフセットは、東京都(6/1)、愛知県名古屋市(6/3)、大阪府大阪市(6/9)、北海道札幌市(6/12)、宮城県仙台市(6/15)、広島県広島市(6/18)、福岡県福岡市(6/19)、高知県高知市(6/22)、新潟県新潟市(6/24)、熊本県熊本市(6/26)の10箇所で開催される。10箇所の各会場とも、開場13:00、開始13:30、終了17:30を予定しており、参加費は無料となっている。ただし、参加希望者多数の場合には事務局で調整するとしている。参加希望者は、希望の会場の開催日の7日前までに、申込HPで登録する必要がある。個別相談の申し込みも可能である。申込HP:http://www.j-cof.org/temporary/zenkoku_jver2009.html

格安激安プロジェクターレンタル情報格安激安PA音響機材機器レンタル情報貸しホールレンタル情報

> 地球温暖化防止のための温室効果ガス排出削減カーボン・オフセットはこちら

地球温暖化原因対策の中期目標に関する意見交換会

 内閣官房、環境省及び経済産業省は、地球温暖化原因対策の中期目標の選択肢について、直接国民の意見を聴くため、下記のとおり全国5か所で意見交換会を開催すると発表した。(既に実施済みの会場もある。)日本政府は、これらの会場からの地球温暖化防止に向けての意見も踏まえる中で、地球温暖化防止対策の中期目標(我が国の2020年の温室効果ガス排出量についての削減目標)を今年6月までに決定する予定としている。
(1)東京 日時:平成21年4月20日(月)19:00~21:00 会場:内閣府本府 地下一階講堂(東京都千代田区)定員:200人
(2)名古屋 日時:平成21年4月21日(火)18:00~20:00 会場:愛知県産業貿易館 特別会議室(愛知県名古屋市中区)定員:130人
(3)大阪 日時:平成21年4月22日(水)17:30~19:30 会場:国民会館 武藤記念ホール大ホール(大阪府大阪市中央区)定員:150人
(4)札幌 日時:平成21年5月11日(月)17:30~19:30 会場:ホワイトキューブ札幌 1F会議室(北海道札幌市北区)定員:80人
(5)福岡 日時:平成21年5月12日(火)18:00~20:00 会場:福岡合同庁舎 共用中会議室A・B(福岡県福岡市博多区)定員:100人
 地球温暖化原因対策の意見交換会への参加希望者は、東京・大阪・名古屋会場分は4月15日までに、札幌・福岡会場分は5月6日までに、件名を「【参加希望(○○会場)】意見交換会」とし、氏名、所属、連絡先(電話、メールアドレス)を記入して、メールで申し込む必要がある。定員をオーバーした場合は抽選となる。○参加申込及び問い合わせ先:内閣官房 副長官補室 地球温暖化問題に関する懇談会担当 担当:宇都宮、西村 E-mail:ondankakondankai@cas.go.jp


観葉植物レンタルリース貸し植木情報スーツケースレンタル格安情報コピー機レンタルリース格安情報

> 地球温暖化原因対策の中期目標に関する意見交換会はこちら

地球温暖化防止対策の自主参加型国内排出量取引制度公募

 環境省は、2月27日より公募を開始している地球温暖化防止対策の「平成21年度自主参加型国内排出量取引制度の第5期事業」の参加者公募における公募説明会を、福岡と札幌で追加開催すると発表した。自主参加型国内排出量取引制度は、温室効果ガスの費用効率的かつ確実な削減と国内排出量取引制度に関する知見・経験の蓄積を目的として、平成17年度から開始されたもの。福岡説明会は福岡朝日ビル(福岡県福岡市博多区)で、4月2日開催(登録は4月1まで、定員130名)。札幌説明会は北海道自治労会館(北海道札幌市北区)で、4月6日開催(登録は4月3日まで、定員150名)。開催時間は、いずれも13:00~17:00。参加希望者は、[1]希望する説明会日程、[2]法人名、[3]参加人数(1法人につき2名まで)、[4]参加者の氏名、[5]参加する代表者の連絡先--を明記の上、電子メールで申し込む必要がある。登録は先着順で、定員に達し次第締め切る。


エアコンクリーニング業務用家庭用掃除洗浄情報着物きものクリーニング専門丸洗い情報

> 地球温暖化防止対策の自主参加型国内排出量取引制度公募はこちら

地球温暖化防止対策の省エネ製品買換ナビゲーション「しんきゅうさん」

 チーム・マイナス6%(環境省)は、2月6日から本格運用を開始した地球温暖化防止対策のための省エネ製品買換ナビゲーション「しんきゅうさん」の普及促進イベントを、全国で展開している。
 3月7日、8日には、静岡市清水区のエスパルスドリームプラザで、「しんきゅうさん」の体験コーナー『「しんきゅうさん」タッチ&トライコーナー』、「うちエコ!」応援団の大林素子さんをゲストに『「うちエコ!」トークショー』、「しんきゅうさん」ミニステージ&写真撮影会、パネル展示などを行った。 3月8日には、福岡市博多区のキャナルシティ博多で、「しんきゅうさん」タッチ&トライコーナー、「うちエコ!」応援団の堀ちえみさんをゲストに『「うちエコ!」トークショー』、「しんきゅうさん」ミニステージ&写真撮影会 などを行った。今後とも、このイベントでは、「しんきゅうさん」を通じて、省エネ製品の買換え効果を分かりやすく伝え、省エネ製品への買換え等の「うちエコ!」の実践を呼びかける予定。


貸しテナント物件賃貸店舗情報フランチャイズFCチェーン加盟店募集情報販売代理店会社募集情報

> 地球温暖化防止対策の省エネ製品買換ナビゲーション「しんきゅうさん」はこちら

地域の産学官連携による環境技術開発のいま

 環境省と福岡県保健環境研究所は、平成21年1月20日(火)に、アクロス福岡 円形ホール(福岡市中央区)で、シンポジウム「地域の産学官連携による環境技術開発のいま」を開催すると発表した。
 このシンポジウムは、都道府県等に設置されている地方環境研究所と、地域の産学等が連携して環境研究・技術開発を進めるため、環境省が昨年度より実施している「地域の産学官連携による環境技術開発基盤整備モデル事業」において得られた成果等を報告するとともに、産学官による連携手法を広く普及することを目的とするもの。
 須藤隆一 埼玉県環境科学国際センター総長による基調講演「地方環境研究所に期待する -産学官の連携をめざして-」や、環境省モデル事業の紹介、パネルディスカッションなどが予定されている。
 開催時間は、13:30~16:40(開場13:00)。
 参加希望者は、名前、所属、連絡先を添えて、メール又はFAXで、申し込むことが必要。参加費は無料。定員(100名)に達し次第締切。


○参加申し込み・問い合わせ先
 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
 環境・エネルギー部
 担当:加山・佐々木・桜井・斉藤
 TEL:03-6711-1243
 FAX:03-6711-1289
 E-mail:sgk@murc.jp

> 地域の産学官連携による環境技術開発のいまはこちら