TOPページ > 検索結果

検索結果 【神栖市】

旭硝子は茨城県神栖市でエコガラス生産による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 旭硝子(東京都千代田区有楽町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献し、断熱・遮熱性能に優れて、大きな省エネ対策効果もある高機能ガラス「エコガラス」の生産を倍増すると発表した。旭硝子の鹿島工場(茨城県神栖市)で約30億円を投資してエコガラスを構成するガラスのコーティング機械を新たに設置し、2012年4月の稼働を目指すという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など国民の環境意識が高まる中で、3月に住宅版エコポイント制度が始まるなどエコガラスの需要は急増している状況にあり、これを確実に取り込んでいくという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のエコガラスは、2枚のガラスを使った高機能ガラスで、ガラスの内側に施した特殊な金属膜の効果によって、夏季は太陽の熱を遮断して暑さを和らげ、冬季は部屋の温もりを逃さないという。このため、冷暖房機器の使用を抑えることができ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量も削減することができるという。茨城県神栖市にある旭硝子の鹿島工場は、エコガラスに特殊な金属膜をコーティングする工程を行っている。旭硝子は、最新鋭のコーティング設備を導入することによって、エコガラスの生産能力は年間680万平方メートルから1300万平方メートルと約2倍に拡大する。現在、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、住宅版エコポイント制度の導入や改正省エネ法による規制強化などで、省エネ効果の高いエコガラスが注目されている。このため、旭硝子では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のエコガラスの国内市場が2013年には倍増すると見込んでおり、「2013年にエコガラスのシェアを60%以上にまで引き上げたい」と意気込んでいる。現在、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するエコガラスは、旭硝子と日本板硝子、セントラル硝子が製造している。板硝子協会によると、既存住宅すべてにエコガラスが採用された場合、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量は年間1700万トンにも上るという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 旭硝子は茨城県神栖市でエコガラス生産による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

富士重工業と日立製作所が風力発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減

 富士重工業(東京都新宿区西新宿)と日立製作所(東京都千代田区丸の内)は、ウィンド・パワー・いばらき(茨城県水戸市見川町)が建設する国内初の港湾外洋上風力発電施設「ウィンド・パワー・かみす風力発電所」向けに、共同開発による地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減できる大型風力発電システム「SUBARU80/2.0風力発電システム」を7基納入し、本格稼動を開始している。「ウィンド・パワー・かみす風力発電所」は、鹿島灘に面した茨城県神栖市の鹿島港湾区域の護岸から約50mの海上に約2kmに渡ってSUBARU80/2.0を7基配した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する風力発電所で、港湾外の外海に風力発電施設を設けたのは国内では初めてのケースとなっている。富士重工業と日立製作所が共同開発したSUBARU80/2.0は、直径80mの風力発電用のローターをタワーの風下に配置したダウンウィンド方式の風車で、定格出力は1基当たり2000kWとなっており、今回設置した7基の合計で年間約7000世帯分の電力を地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しないでまかなえるクリーン電力を発電することができる。地球温暖化の原因防止対策として、2000kW級のクリーン電力の風力発電システムでダウンウィンド方式を実際に商用化したのは、SUBARU80/2.0が世界で初めてのことだという。地球温暖化問題がクローズアップされている中で、富士重工業と日立製作所は、クリーン電力の風力発電システムの需要は拡大すると見ており、今回の納入を機に技術開発をさらに推進して普及を図る。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 富士重工業と日立製作所が風力発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

富士重工業と日立製作所が風力発電で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 富士重工業(東京都新宿区西新宿)と日立製作所(東京都千代田区丸の内)は、ウィンド・パワー・いばらきが建設する地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減が可能になる国内初の港湾外洋上風力発電施設「ウィンド・パワー・かみす風力発電所」(茨城県神栖市南浜)に、両社が共同開発した大型風力発電システム「SUBARU80/2.0風力発電システム」を7基納入し、今般、本格稼動を開始した。この茨城県に設置されたウィンド・パワー・かみす風力発電所は、鹿島灘に面した海岸線から約50mの海上に約2kmに渡る風力発電所であり、外海に風力発電施設を設けたのはわが国で初めてのケースである。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、富士重工業と日立製作所が共同開発したSUBARU80/2.0は、風力発電に使用する直径80mのローターをタワーの風下に配置するというダウンウィンド式の風車であり、定格出力は1基当たり2000kWで、7基合計すると年間約7000世帯分をまかなえる風力発電のクリーン電力を発電するという。2000kW級風力発電システムでダウンウィンド方式を実用化したのは、風力発電としてはSUBARU80/2.0が世界で初めてのケースになるという。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減がクローズアップされている中で、富士重工業と日立製作所は、大型風力発電システムの需要は今後とも拡大すると見ており、技術開発をさらに進めて普及を図る予定だという。

> 富士重工業と日立製作所が風力発電で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら