TOPページ > 検索結果

検索結果 【磐田市】

静岡県磐田市のヤマハ発動機は東京都千代田区の国土交通省で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を排出しない電動小型スクーターEC-03の試乗会

 ヤマハ発動機(静岡県磐田市新貝)は、国土交通省(東京都千代田区霞が関)で、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として開発し、10月に全国発売したばかりのリチウムイオンバッテリーで走行する電動小型スクーターEC-03」の試乗会を行い、試乗した国土交通省職員ら約70人が電動小型スクーターのスムーズで静かな走りに驚きの声が上がった。ヤマハ発動機は、国土交通省の駐車場に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる電動小型スクーター「EC-03」用の特設のコースを設け、国土交通省の職員の昼休み時には、試乗するのに順番待ちするほどになった。電動小型スクーター「EC-03」の試乗を終えた国土交通省の男性職員は、「電動小型スクーターEC-03は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるうえに、静かなわりにパワーがある。ミズスマシみたいに軽く機敏に走る」と電動小型スクーター「EC-03」の乗り心地に満足げであった。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の電動小型スクーター「EC-03」は、リチウムイオンバッテリーを搭載しており、運転には原動機付き自転車の運転免許が必要になる。電動小型スクーター「EC-03」は、約6時間の充電で約43kmの走行が可能だという。電動小型スクーター「EC-03」の価格は消費税込で25万2千円になるが、原付きバイクに比べ、ランニングコストは5分の1程度ですむうえ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる。ヤマハ発動機は、走行時に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない環境性能から、環境意識の高いユーザーの取り込みを狙っている。今回の試乗会で、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策という環境問題からの側面だけでなく、ちょっとした日常の街乗りや業務用としても使いやすさから需要が広がるのではないか」と手応えを感じていた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 静岡県磐田市のヤマハ発動機は東京都千代田区の国土交通省で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を排出しない電動小型スクーターEC-03の試乗会はこちら

東京都千代田区の経済産業省は緑化優良工場表彰で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 経済産業省(東京都千代田区霞が関)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策寄与する緑化対策として、平成22年度緑化優良工場等経済産業大臣表彰式を平成22年10月1日(金)に東京都港区の石垣記念ホールで開催し、周辺環境の向上に功績のあった3工場に対し表彰を行った。この表彰は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を吸収固定する工場緑化を推進する目的で昭和57年度から実施している。第29回の受賞者は、OKIセミコンダクタ(株)(宮城県黒川郡大衡村)、(株)ロックフィールド静岡ファクトリー(静岡県磐田市下野部)、YKKAP(株)九州事業所(熊本県八代市新港町)の3工場となっている。宮城県のOKIセミコンダクタ(株)では、工場敷地約25万㎡のうち、半分の約12万㎡を緑地として良好に維持管理しており、多くの量の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を緑地が吸収固定しているため、二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策となっている。また、工場入り口側には緩衝緑地が設けてあり、周辺住宅及び農地の景観と調和して環境問題を配慮したものとなっている。敷地内にはシンボルツリーとして、宮城県の木であるケヤキの木や約200本の桜が植樹され、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になっている。桜の植樹は同社の入社式の恒例イベントとしても実施され、入社時点から社員の地球温暖化の原因防止対策の緑化への意識を高めている。また、社員による緑地管理を行っており、工場構内の除草作業や緑化整備に取り組んでいるため、管理も行き届き、美しい景観を維持している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区の経済産業省は緑化優良工場表彰で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

ブリヂストンが電子ペーパーで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因防止対策

 ブリヂストン(東京都中央区京橋)は、磐田工場(静岡県磐田市)に地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する電子ペーパーの製造ラインを新設し、9月から生産を開始している。二酸化炭素(CO2)を排出しない電子ペーパーは、読むためのディスプレイとして、主に静止画を表示する媒体として開発し、従来、ブリヂストンの東京工場(東京都小平市)だけで生産していたが、今後は静岡県磐田市の磐田工場に集約し、生産能力を現状の3倍に増強して事業を拡大する。二酸化炭素(CO2)を排出しない電子ペーパーの普及を図ることで紙の使用量を削減し、二酸化炭素(CO2)を吸収固定する森林保全につなげることによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にも貢献するという。電子ペーパーの製造ラインの新設には10億円を投資し、これによってA3サイズ換算の生産量を現在の月間5000枚から同1万5000枚に拡大できるという。改正省エネ法による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の対象の拡大や環境問題への意識の高まりなどを背景に、さまざまな業種でペーパーレス化が加速しており、今後とも電子ペーパーの需要が増大すると判断した。ブリヂストンは、紙資源保護による森林保全や、省エネ対策による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献できることを訴求していく方針だという。ブリヂストンは、2009年から小売業向けの電子棚札用電子ペーパー事業を開始しており、これまでに日本と環境問題への意識の高いヨーロッパのスーパーマーケットなど200店舗以上に採用されている。従来、印刷物を使った棚札は、商品の価格が変わったり商品を入れ替える時に交換が必要で、紙の使用量削減と作業の負担軽減が課題となっていた。電子ペーパーを使用することによって、こうした問題を解決することができ、しかも、遠隔操作で表示内容をすぐに変更できることなどから、注目され、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもなることから、工場や物流分野の作業指示票への新規採用も決まった。ブリヂストンの電子ペーパーは、液晶に代わる自社開発の表示材料「電子粉流体」を使用して製造しており、紙同様の高い視認性と広い視野角を実現したことに加えて、文字や写真をカラーで表示でき、電源を切っても表示を維持できることなどが大きなメリットとなっていっる。また、電子ペーパーは液晶に比べて、表示速度は30倍速く、より低温でも使用できるなどの特徴もある。電子ペーパーの生産体制の増強に合わせ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策といった環境配慮性も訴求しながら、より一層の普及拡大を目指していく方針だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> ブリヂストンが電子ペーパーで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

静岡県袋井市の商工会議所が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策の認証取得

 静岡県袋井市の袋井商工会議所は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、環境経営システムの国内規格「エコアクション21」認証を取得した。静岡県内の商工会議所では藤枝市磐田市に次いで3例目の「エコアクション21」認証取得となった。静岡県袋井市内の会員企業約1,600社や地域に対して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする環境問題への配慮を呼び掛ける取組みを推進していくという。袋井商議所が2009年9月に策定した、会員企業や地域の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への取組みを支援する「環境行動計画」の具体的活動の一環となるものである。エコアクション21は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に寄与する環境管理の国際規格ISO14001を基本にした中小企業向けの環境経営システムで、環境省が取得を推奨している。袋井市の商工会議所自らが認証を取得することで、会員企業の模範となる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への取組みを実践していくという。袋井市の商工会議所で、環境省の外郭団体の地球環境戦略研究機関の代表者から、エコアクション21の認定証を受け取った高橋芳康会頭は「職員はもちろん広く会員に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に効果のあるエコ意識を浸透させたい」と話している。この認証を受け、同商工会議所は10月1日15時から、省エネ対策や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を促進する「国内クレジット」の活用セミナーを袋井市の同商工会議所の会議室において参加費無料で開催する。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 静岡県袋井市の商工会議所が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策の認証取得はこちら

長野県軽井沢町でエコ・モビリティによる二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策

 長野県北佐久郡軽井沢町の軽井沢商工会、軽井沢観光協会及び軽井沢環境ネットワークで構成されている「軽井沢エコ・モビリティタウン実証実験実行委員会」は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に向けて、最新のエコ・モビリティの環境性能を体感できる環境プロジェクト「エコ・モビリティタウン軽井沢プロジェクト」を実施している。「Let's E-mo!」という愛称が付けられたこの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の試みは、同実行委員会が、長野県軽井沢町の後援を受け、トヨタ自動車(愛知県豊田市トヨタ町・東京都文京区後楽)やヤマハ発動機(静岡県磐田市新貝)といった環境問題に対応している最新企業の協力を得て、走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しないという今後のエコ・モビリティ普及につなげていくことを目的としている。今回のエコ・モビリティのプロジェクトで用意された最新車両は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電気自動車(EV)とハイブリッド車の性能持つトヨタ自動車の「プリウス プラグインハイブリッド」と、ヤマハ発動機の電動二輪車「EC-03」の2車種である。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を誇るどちらの車種も家庭用のコンセントから車に充電することが可能であり、優れた最新技術によって高い環境性能を誇る、次世代の交通手段となることが期待されているエコ車両である。別荘が立ち並ぶ長野県軽井沢は、毎年多くの人で賑わっており、これまでも自然に囲まれた街の良きイメージを守るために、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる環境活動を積極的に推進してきている。今回、自然豊かな日本を代表するリゾート地である「長野県軽井沢」と、世界的な環境先進企業が連携することで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を見据えて、環境問題にやさしいエコ・モビリティへの認識が高まることが期待される。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 長野県軽井沢町でエコ・モビリティによる二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策はこちら

沖縄県名護市でEVバイクEC-03による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 沖縄県本島北東部の海岸沿いに、豊かな大自然を背景とした約80万坪もの広大の敷地面積を誇る本格的長期滞在型リゾート施設「カヌチャリゾート」を運営する株式会社カヌチャベイリゾート(沖縄県名護市字安部)は、住友三井オートサービス(東京都新宿区西新宿)からのリースによって、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるヤマハ発動機(静岡県磐田市)のEVバイク「EC-03(イーシーゼロスリー)」を敷地内での移動車両として10月1日から導入すると発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を走行中に排出しないEVバイクEC-03が国内リゾート施設導入されるのは、初めてのことだという。沖縄県名護市のカヌチャリゾートは、客室数315室のリゾートホテルを始めとして、本格的なゴルフコースのほか、100余りのヴィラ群が点在するなど、子供からシニアまでが楽しめる沖縄屈指の高級リゾート施設である。創業以来、世界一、環境問題や人に優しいリゾートを目指して「環境・観光・健康」というキーワードのもと、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする環境保全活動も積極的に推進している。今回は、訪れたお客により快適な時間を過ごしてもらうことを目的とし、敷地内をより静かに移動でき、しかも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策という環境問題にも配慮できるという理由から、今年の7月に販売されたヤマハ発動機の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を走行中に排出しないEVバイク「EC-03」をいち早く導入することを決定した。本年度は、敷地内にある施設間で、ゲストが移動するためのレジャー車両として二酸化炭素(CO2)を排出しないEVバイク「EC-03」を2台導入される予定だという。今後は、現在ガソリンバイクやガソリンゴルフカーを利用しているスタッフの移動用ツールとしても、この二酸化炭素(CO2)を排出しないEVバイク「EC-03」を導入し、さらに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献していきたい考えだという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 沖縄県名護市でEVバイクEC-03による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

東京海洋大学が電池推進船で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 東京海洋大学(東京都港区港南)の賞雅寛而教授らのチームが開発した地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電池推進船として、海上では世界初となる実験運航が開始された。この電池推進船は、同大学と東京電力(東京都千代田区内幸町)及びヤマハ発動機(静岡県磐田市新貝)の協力で開発された船である。実験運航では、東京湾岸の同大学の越中島と品川の両キャンパス間の約7キロを運行させてデータを収集する予定であり、1、2年後には地球温暖化の原因対策された船として実用化したいとコメントしている。今回の地球温暖化の原因対策の実験船「らいちょう号I」は、全長10メートル、幅2.3メートルの大きさで、動力源には急速充電システムでリチウムイオン電池に30分ほど充電を行えば、10ノットで約45分の航行が可能だという。電池推進船は、従来のディーゼルエンジンより騒音が少なく、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)や排気ガスの臭いもしないうえに、モーターを搭載することによって船舶の設計上の余裕ができることから、曲がりやすくなっているのが大きな特長になっている。今後、電池推進船の実用化に向けては、制御プログラムの見直しなどコストの大幅な引き下げや、海上における動力源となるリチウムイオン電池の安全性の向上などが課題としてあがっているという。東京海洋大学では、今回の方式の電池推進船が地球温暖化の原因対策として実用化されることによって、それが国際標準となり、沿岸航行の小型船や、プレジャーボートなどへ応用されることを願っているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京海洋大学が電池推進船で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

神奈川県が電動バイク推進事業で地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 神奈川県は、地球温暖化の原因防止対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の取組みの一環として、9月からバイクメーカーと共同して、走行時に二酸化炭素(CO2)を排出しない電動バイクの普及推進事業に乗り出すと発表した。現在、神奈川県では、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の取組みの一環として、走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の購入者に対する補助制度などを設けているが、地球温暖化の原因防止対策として電動バイクの普及に行政が取り組むのは全国で初めてだという。神奈川県が募集したモニターに通勤などに使ってもらい、利用者の需要や地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減効果などを検証するという。これには、9月から電動バイクを発売するヤマハ発動機(静岡県磐田市)が全面的に協力を行い、神奈川県は電動バイク12台をヤマハ発動機から無償で借り、モニター事業、レンタルモデル事業、試乗会の3事業を展開することによって、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に取り組んでいくという。神奈川県の電動バイクモニター事業では、神奈川県内の横浜市新横浜駅前に電動バイクへ充電可能な駐輪場を設け、募集したモニターに無料で通勤などに利用してもらうという。それによって地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果やそれに要するコスト、乗り心地などを調査して、ヤマハ発動機にデータを提供する。一方、電動バイクレンタルモデル事業では、神奈川県横浜市内のレンタカー業者に電動バイクを無償で貸し出し、新たなレンタルビジネスの創出となるかどうかを具体的に検証していく。電動バイク試乗会は、神奈川県内各自治体や民間業者などが開催する関連イベントの際に出店し、年5回程度行う予定を立てている。電動バイクに試乗した松沢成文神奈川県知事は「快適でにおいもない」と笑顔で話していた。神奈川県のモニターの募集人数は6人で28日から募集開始を行う。応募資格などの問い合わせは「かながわEVバイク普及推進プロジェクト実行事務局」電話03(5403)3483まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など最近のニュースや環境問題に関連する意見である。

> 神奈川県が電動バイク推進事業で地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

神奈川県横浜市で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の太陽光発電ビジネスセミナー

 株式会社ブリヂストン(東京都中央区京橋)は、太陽電池用接着封止膜として使用されるEVAフィルム(エチレン・ビニル・アセテート フィルム)の需要が増加していることに対応するため、これまで何度も磐田工場(静岡県磐田市)のEVAフィルム生産能力を増強してきた。今般、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策で急拡大が見込まれる太陽電池需要に伴い、太陽電池向け接着フィルムの生産能力を2012年前半にさらに増強すると発表した。総額82億円を投じて増強中の静岡県磐田市の磐田工場の太陽電池向け接着フィルムの月産能力を現行の2.1倍に相当する4200トンへと拡大するという。2011年後半を目処に関工場に新設する生産ライン(岐阜県関市)も増強することによって、2012年前半時点でブリヂストン全社ベースの月産能力を3.3倍の6600トンに引き上げる。太陽光発電は発電過程で地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を全く排出しないクリーン発電システムで、CO2などの温室効果ガスにより地球温暖化が進行する中、省エネルギーに加えて地球環境保全の観点からも太陽光発電の重要性が増している。太陽電池の需要は世界的に急成長しており、太陽電池の接着封止膜に使用されるEVAフィルムの需要も急増しているという。このEVAフィルムは、太陽光線を電気に変換するシリコン・セルを加熱による分子結合でガラス面に固定する接着剤として使用されている。ブリヂストンのEVAフィルムは、加熱することで無色透明となり、水や紫外線にも強いことから、屋外の過酷な条件下で使用される太陽電池用接着封止膜には最適な素材となっている。ブリヂストンは、企業活動における環境問題への取り組みを経営の最重要課題の一つと考えており、タイヤ会社・ゴム会社として「名実ともに世界一の地位の確立」という経営の最終目標達成のためにも必要不可欠であると考えている。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を全く排出しない太陽光発電用のEVAフィルムは、このような環境経営活動を具現化した商品であり、伸長が見込まれる太陽電池需要に対応するため、今後も状況に応じた生産能力増強等の施策を検討していくとしている。

> 神奈川県横浜市で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の太陽光発電ビジネスセミナーはこちら