TOPページ > 検索結果

検索結果 【省エネ改修】

福岡県福岡市は住宅エコポイント制度補助金で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策

 福岡県福岡市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を強化するため、国の住宅エコポイント制度に独自の補助金を上乗せして支給する「福岡市住宅省エネ改修助成事業」の対象を福岡市内の全67万戸に拡大すると発表した。福岡市では、期間も3か月延長して年度末までとし、省エネ改修に係る補助金額は変わらずに最大10万円だという。福岡市は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の切り札として、「福岡市住宅省エネ改修助成事業」の当初予算に1億円を計上していたが、福岡市の定めた条件が厳しく申請件数は、261件で1,070万円にとどまっているという。また、同様に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を期待するものとして、福岡市が最大500万円の補助金を出す「福岡市事業所省エネ改修等支援事業」の対象も補助金の条件を緩和し、福岡市内に事業所を所有する人なら省エネ改修補助金の申請を可能に制度を改正した。補助金の申請期間も1か月間延長し、11月末までとし、工事費の下限金額も廃止した。こちらも福岡市は当初予算額で約1億円を計上していたが、執行見込みは8件で約2,370万円にしかすぎない。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係る福岡市の補助金の問い合わせは、住宅助成補助金が福岡市住宅計画課(092-711-4598)、事業所補助金が福岡市温暖化対策課(711-4282)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県福岡市は住宅エコポイント制度補助金で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策はこちら

福島県が住宅改修補助で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など最近の環境問題ニュースや意見については次のとおりである。福島県は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に向けて、太陽光発電や高効率給湯器の導入などの省エネ改修を実施する住宅に費用を最大20万円まで助成する地球温暖化の原因対策の「低炭素な住まいづくり推進事業補助制度」をスタートさせたと発表した。福島県では、家庭からの主な地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出源になっている給湯器について、より熱効率がいい高効率給湯器への交換を促すことで、福島県全体の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減につなげようと初めて補助制度を創設したという。この福島県の補助額は、高効率給湯器本体の価格の3分の1以内で、補助金の上限は20万円となっている。福島県の補助金助成の対象者は、断熱改修工事やLED(発光ダイオード)照明設備、太陽光発電システムなどの導入を実施予定の福島県内の既設住宅であって、今月1日以降に住宅改修等に着工して、来年の3月31日までに完了するもので、福島県からの自宅での電気、ガスなどの使用量調査に協力できることが条件となっている。補助金助成の募集期間は、8月2~31日までとなっており、福島県環境共生課のホームページ(http://www.pref.fukushima.jp/hozen)内から応募書類をダウンロードし、郵送で提出することになる。応募が福島県の予算額を超えた場合は、抽選で交付者を決定のうえ9月上旬に結果を通知するという。問い合わせは福島県環境共生課(024・521・7248)まで行うこと。

> 福島県が住宅改修補助で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら