TOPページ > 検索結果

検索結果 【省エネ効果】

旭硝子は茨城県神栖市でエコガラス生産による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 旭硝子(東京都千代田区有楽町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献し、断熱・遮熱性能に優れて、大きな省エネ対策効果もある高機能ガラス「エコガラス」の生産を倍増すると発表した。旭硝子の鹿島工場(茨城県神栖市)で約30億円を投資してエコガラスを構成するガラスのコーティング機械を新たに設置し、2012年4月の稼働を目指すという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など国民の環境意識が高まる中で、3月に住宅版エコポイント制度が始まるなどエコガラスの需要は急増している状況にあり、これを確実に取り込んでいくという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のエコガラスは、2枚のガラスを使った高機能ガラスで、ガラスの内側に施した特殊な金属膜の効果によって、夏季は太陽の熱を遮断して暑さを和らげ、冬季は部屋の温もりを逃さないという。このため、冷暖房機器の使用を抑えることができ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量も削減することができるという。茨城県神栖市にある旭硝子の鹿島工場は、エコガラスに特殊な金属膜をコーティングする工程を行っている。旭硝子は、最新鋭のコーティング設備を導入することによって、エコガラスの生産能力は年間680万平方メートルから1300万平方メートルと約2倍に拡大する。現在、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、住宅版エコポイント制度の導入や改正省エネ法による規制強化などで、省エネ効果の高いエコガラスが注目されている。このため、旭硝子では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のエコガラスの国内市場が2013年には倍増すると見込んでおり、「2013年にエコガラスのシェアを60%以上にまで引き上げたい」と意気込んでいる。現在、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するエコガラスは、旭硝子と日本板硝子、セントラル硝子が製造している。板硝子協会によると、既存住宅すべてにエコガラスが採用された場合、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量は年間1700万トンにも上るという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 旭硝子は茨城県神栖市でエコガラス生産による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東急不動産が大阪府吹田市で二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因対策マンションを販売

 東急不動産(東京都渋谷区道玄坂)は、大阪府吹田市の北大阪急行線桃山台駅から徒歩5分の場所で、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として「環境配慮」をテーマとした分譲マンション「BRANZ(ブランズ)千里桃山台」を11月中旬から販売開始すると発表した。マンションの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としては、太陽光発電、壁面緑化、住宅版エコポイント対応仕様、雨水再利用装置の導入のほか、「エネルギーの見える化」といったソフト面の取組みも行うことで、入居者の省エネ活動と地球温暖化の原因防止対策が可能なものとなっている。自然エネルギーの太陽光発電システムは、マンションの屋上部分に約10kw/hのソーラーパネルを設置し、太陽光発電システムによって発電されたクリーンエネルギーの電力はエレベーターや共用部の一部の電力を賄い、余った分は関西電力(大阪府大阪市北区中之島)へ売電することになる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量換算で年間約3,145kg、石油換算で年間約2,270リットルの省エネ効果になるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての「エネルギーの見える化」では、マンションの各戸ごとに省エネ効果をパソコン画面などで確認できる「エネルックPLUS」を導入していることから、日、週及び月ごとにガス、電気及び水道使用量が表示され、「省エネ診断」や「省エネアドバイス」を受けることができるという。さらに、この機器によって、暖房、冷房、給湯、電力など用途別の各家庭における使用傾向や、時間帯のエネルギー消費の傾向分析もでき、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の基礎データーになる。住設機器では、複層ガラス、保温浴槽、超節水便器、高効率給湯器など設置し、省エネ効果を高めている。建築物の環境性能を評価する「CASBEE」では、上から2番目にあたるAランクを取得する予定だという。完璧なまでに地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策が施されたマンションの物件の所在地は、大阪府吹田市桃山台5丁目で、敷地面積は4389平方メートル、地上8階地下1階建てとなっている。総戸数は83戸で、間取りタイプは3LDK~4LDKであり、販売価格は4,000万円台前半からとなっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東急不動産が大阪府吹田市で二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因対策マンションを販売はこちら

住宅エコポイント延長で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 政府は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の取組みの一環として進めている、化石燃料などの使用を極めて低く抑制する省エネルギー性能に優れた住宅の新築・改修をした者に最大30万円相当のポイントを付与する「住宅版エコポイント制度」について、2011年度も期間を延長することを決めた。その理由としては、景気低迷期における住宅市場の活性化の継続や地球温暖化の原因対策の一環として、来年度も引き続き実施する必要があると判断したといい、来年度予算の概算要求に盛り込みたい考えだという。住宅版エコポイント制度は、政府が昨年12月の緊急経済対策で創設を打ち出し、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の取組みを絡める中で、今年3月から開始した制度である。住宅版エコポイントの付与については、12月末までに住宅改修工事等を始めることなどが条件となっており、国土交通省によると、6月末までの申請数は8万1834戸に上っているといい、住宅市場の活性化と地球温暖化の原因対策に大きな成果を挙げているといえる。政府は、住宅エコポイントを付与する対象に、省エネ効果が高い給湯器を加えるなど、住宅エコポイント制度の内容を拡充することも検討中である。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 住宅エコポイント延長で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

内田洋行がLED照明の制御システムで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など最近の環境問題ニュースや意見については次のとおりである。内田洋行(東京都中央区)がLED照明の照度や色温度を柔軟に制御できる自社製LED照明システムを本社ビルに採用することによって、省エネ効果地球温暖化の原因対策二酸化炭素(CO2)排出量削減及び既存空間への容易な取付けが可能だという。同システムでは、人感及び照度センサーを備えていることから、照度を自動制御したり、リモコンによってユーザーの好みに合わせた照度を提供したりすることができ、操作はパソコンや携帯電話機からでも可能である。主にオフィスのLED照明での利用を想定しているが、一般住宅においても利用することができるという。内田洋行では、既存のオフィスビルに省エネ効果と地球温暖化の原因対策のLED照明を大幅な改修なしに後付でも導入しやすくするため、3タイプの製品を用意している。省エネ効果と地球温暖化の原因対策の第1は、「SmartInfill」と呼ぶ空間構成システムであり、オフィス内にアルミの柱と梁で構成した部屋を簡易な組み立て工事でLED照明を設置することができ、下部にLED照明のライティングレールを設置したり、梁の間にベースライトを取り付けたりでき、配線は梁や柱の内部に通せるため美観を損ねない。柱や梁に人感センサー・照度センサー、無線通信システムなどを組み込むことができるという。省エネ効果と地球温暖化の原因対策の第2は、リモコンによる一括調光システムであり、調光器を敷設していないオフィスであっても、LED照明の調光やLED照明の自動制御が可能なシステムを容易に実現できるという。省エネ効果と地球温暖化の原因対策の第3は、既存の蛍光灯器具をそのまま代替できる器具一体型の直菅型LED照明であり、6種類の蛍光灯器具に合わせた製品が用意されている。

> 内田洋行がLED照明の制御システムで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

大成建設と東光電気が自動環境制御システムで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 大成建設(株)(東京都新宿区西新宿)と東光電気(株)(東京都千代田区有楽町)は、「次世代型人検知センサ」を共同開発したと発表した。これは、社員のオフィスへの在席状況に応じてゾーン単位で空調及び照明を自動制御し、快適性を保ちながらエネルギー消費を最小化し、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する自動環境制御システム「T-Zone Saver」を開発し、東光電気社屋での運用を開始した。現在のオフィスビル全体の電力などの消費エネルギーの約70%が、基本的に空調及び照明設備による消費となっている。本年度から施行された改正省エネ法や東京都環境確保条例に基づく地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果の実効を上げるためには、空調・照明設備のエネルギー消費をいかに抑えるかにかかっており、各種設備機器の省エネ対応化のための技術開発に各社がしのぎを削っている状況にある。今回、大成建設と東光電気が開発した「T-Zone Saver」は、空調設備の制御に関しては、社員が在席している場所には通常のエアコンと同じような空調環境を提供するが、一方、社員がいない場所では、エアコンの設定温度を高めたり運転モードの軽減したりと同時に、在席率に応じた外気量抑制を行って空調負荷を低減する仕組みとなっている。ほとんどのビルが採用している中央熱源方式の空調システムは、ヒートポンプ式ビル用マルチエアコン方式に、この制御システムを導入することで更なる省エネ効果と地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減が期待できるという。また、このシステムによる照明設備の制御に関しては、社員がいる場所には必要な照度を確保するが、不在の場所では照度を低く自動設定する。さらに、一定の距離が離れている誰もいない場所では消灯する等の制御を行うことで快適性と照明負荷の低減、及び地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減を行う。本システムの中核技術は、人体だけを確実に認識することができる「次世代型人検知センサ」である。従来使用されていた人感センサでは、人の移動の際の温度変化とタイマー機能によって作動するものであったことから、人が静止している状況では高い精度で認識することができなかったので、人がいても照明を消灯してしまう誤作動が多いことから、事務所等へ導入することはできなかったという。これに対して、今回、大成建設と東光電気がが開発したセンサーは、人体が発する温度そのものを高い精度で認識することから、これまでセンサーが認識することの難しかった熱源であるPCの発熱や太陽の日照による温度変化との識別も確実にできるため、静止体も含めた人を認識することができるという。また、同システムでは多段階にわたる調光が可能であることから、制御変更の反応が速いLED照明や高効率機器を用いたオフィスに導入することによって、建物全体で約50%の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減効果が見込まれるという。このシステムは、新築だけでなく既存ビルにも導入可能であり、オフィスの他にも病院や生産施設への適用もでき、更に、セキュリティや防災面に活用することが可能となっている。大成建設では、トップランナーモデルとして、ハーフ・カーボン建築を達成した「スーパーエコビル」を更に進化させ、2020年までに「ゼロ・カーボン建築」の実現を目指している。こうした最先端環境技術を適用することで、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量をマイナス55~60%は実現可能であるという。

> 大成建設と東光電気が自動環境制御システムで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

広島県広島市は街灯のLED(発光ダイオード)化で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減

 広島県広島市は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に資するため、広島市内の地域の街灯を省エネ効果の高いLED(発光ダイオード)へ切り替えるのに伴い、切り替えを希望する町内会を募っている。LED(発光ダイオード)の街灯の設置費用は広島市が国の地球温暖化の原因対策の基金を財源に活用するため、地元負担はまったくないが、日常の管理はこれまで通り町内会が受け持つことになるという。ただ、LED(発光ダイオード)は長寿命であることから、日常のメンテナンスも必要なく手間がかからない街灯だといえる。広島市内には現在約2千の町内会があるが、それぞれが平均約10基の街灯を管理し、電気代などを負担している。今回は地球温暖化の原因対策モデル地域用としてLED(発光ダイオード)の街灯千基分を募集する。LED(発光ダイオード)の街灯は、蛍光ランプに比べ長持ちで消費電力も極端に少ないことから電気代も非常に安くなり、結果的に地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減につながっていくという。広島市は地球温暖化の原因対策としてLED(発光ダイオード)の街灯の切り替え費用を本年度予算に7800万円を計上していおり、12月から順次切り替えていくという。申し込みは、8月16日締め切り(消印有効)で、応募用紙は広島市役所と広島市内の各区役所に置いてある。応募多数の場合は抽選となる。問い合わせ先は、広島市エネルギー・温暖化対策部企画課:電話082-504-2185まで。

> 広島県広島市は街灯のLED(発光ダイオード)化で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

愛知県豊橋市が全小中学校に地球温暖化の原因対策の緑のカーテン

 愛知県豊橋市は、地球温暖化の原因対策として、つる性植物で校舎の直射日光を遮り、教室の室温の上昇を抑える「緑のカーテン」の設置を、今年度から豊橋市内の全小中学校などで本格的に導入することになり、緑のカーテンを作るための苗やネットなどの資材の配布を始めた。緑のカーテンは、豊橋市が3月にまとめた地球温暖化原因対策地域推進計画で取り組む都市緑化プランの一つと位置づけれれている。昨年、豊橋市立向山小学校など計25校と豊橋市役所西館でアサガオなどを植えたところ、夏の暑い時期、最大で5度も室温が低下する省エネ効果があることがわかった。このため、今年度は、豊橋市内の全小中学校74校、豊橋市内の福祉施設の7か所などへ取組みを拡大し、アサガオ、ゴーヤ、フウセンカズラの苗を植え、9月末まで緑のカーテンを設置することにし、事業費は約540万円となっている。豊橋市環境政策課では「緑のカーテンの普及を通して、市民や子どもたちが地球温暖化の原因などの環境問題に関心を持ってもらえれば幸いだ」とコメントしている。

> 愛知県豊橋市が全小中学校に地球温暖化の原因対策の緑のカーテンはこちら