TOPページ > 検索結果

検索結果 【盛岡市】

地球温暖化の原因の環境問題対策として岩手県がマイカー通勤を変更

 岩手県公共交通利用推進協議会(会長・達増拓也岩手県知事)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、マイカー通勤を自転車や公共交通に切り替え、二酸化炭素(CO2)排出の削減を目指す「『減クルマ』チャレンジ・ウイーク」の結果を発表した。それによると、減クルマの取組みによって、約40トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する成果があったと発表した。岩手県内の盛岡市、一関市、釜石市の3市にある企業・団体、地方自治体など269事業所に勤務する1万4592人が、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に貢献するために実行したという。これで約40トンの二酸化炭素(CO2)排出量が削減できたといい、一般家庭が排出する約8年分に相当するという。距離にすると、何と地球約4.2周分の16万7124キロに相当するという。1日あたりの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減量は、前年比2割増の5トンとなった。岩手県の取組み中に変更した移動手段は、自転車や徒歩が53%と最とも多く、次いで鉄道・バス利用の30%、車の相乗り利用の16%となった。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 地球温暖化の原因の環境問題対策として岩手県がマイカー通勤を変更はこちら

テラモーターズは岩手県に電動バイク「タッソ」の寄贈で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 テラモーターズ(東京都渋谷区)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として製造している同社の電動バイク「タッソ」1台を岩手県庁(岩手県盛岡市、達増拓也知事)に寄贈すると発表した。岩手県では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する乗り物として、岩手県庁の公用車として岩手県職員が近距離出張を行う際の交通手段として使用するという。テラモーターズが電動バイクのタッソを地方自治体へ寄贈するのは今回が初めてのケースになるという。岩手県庁では、政策として地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に積極的に取り組んでおり、公用車についても可能な限りハイブリッド車等の二酸化炭素(CO2)排出量の極めて少ない環境対応車への切り替えを図っている。こうした岩手県庁の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みと電動バイクの相性が良いことや、岩手県知事の名前がテラモーターズの電動バイクと同じ「たっそ」であることから寄贈することになったという。電動バイクのタッソは、走行時の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量がゼロであるだけではなく、1充電約30円で40Km走ることができるほか、最高速度も50Km/h出る実用的な仕様になっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> テラモーターズは岩手県に電動バイク「タッソ」の寄贈で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

岩手県紫波町のラ・フランス温泉館で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 岩手県紫波町の第三セクター「紫波まちづくり企画」は、経営する温泉施設「ラ・フランス温泉館」のエネルギー利用を、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるよう、太陽光発電システム温泉排水熱利用などに切り替えると発表した。紫波まちづくり企画は、環境企業の環境エネルギー普及(岩手県盛岡市)とNPO法人紫波みらい研究所(岩手県紫波町)から、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる太陽光発電システムや温泉排水熱利用設備を、保守点検業務付きで18年間有料で借りる契約を締結した。紫波まちづくり企画によると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策をさらに推進するため、将来はラ・フランス温泉館に木質ボイラーの導入も検討し、環境教育の拠点として新エネルギー利用促進の啓発につなげたいと意向を示している。岩手県紫波町は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、資源循環型のまちづくりに力を入れており、今回、総合的なクリーンエネルギーの導入にラ・フランス温泉館で取り組むことにしたという。ラ・フランス温泉館の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策事業の特徴は、環境エネルギー普及社から太陽熱温水システムと50kwの太陽光発電設備を借りるほか、NPO法人紫波みらい研究所から温泉排水の熱を給湯や温泉加温に利用するヒートポンプを借りて設置する。自前で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策設備を導入するより、リース契約で保守点検を受けながら利用する方が、設備の寿命も稼働効率も良いと見込んでいる。これによって、ボイラーに使う重油代が年間約8割で940万円、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量380トンを削減できる。総事業費は約2億円になるが、経済産業省からの補助金計約8000万円を充当する。岩手県紫波町は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策には、設備レンタルの手法もあることなど、岩手県紫波町内の家庭への普及にもつなげていきたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 岩手県紫波町のラ・フランス温泉館で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

岩手県盛岡市の岩手銀行は実質無利子融資で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 岩手銀行(岩手県盛岡市中央通)は、岩手県最大の地方銀行であるが、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、新型の省エネ自動販売機350台を導入する清涼飲料水の小売業「みちのくコカ・コーラボトリング」(岩手県矢巾町)に対し、設備投資に係る資金を実質無利子で融資したと発表した。岩手銀行は、環境省(東京都千代田区霞が関)の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係る補助金制度を利用した。環境省の補助金制度では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の設備投資で融資を受ける場合、補助金で3%を上限に利子が補給されることから、貸付利子が3%未満であるなら実質無利子になる。岩手銀行地域サポート部によると、みちのくコカ・コーラボトリング社は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、再生品など環境問題への負荷が少ない製品を使用するグリーン購入にも積極的に取り組んでいるため、環境格付けを最上位の「S」ランクに認定した。3年以内に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の6%削減を誓約する条件で、環境省の補助金制度を適用することになったという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 岩手県盛岡市の岩手銀行は実質無利子融資で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

いわて銀河鉄道は岩手県盛岡市でレンタル自転車による二酸化炭素(CO2)排出量削減で地球温暖化の原因防止対策

 IGRいわて銀河鉄道(岩手県盛岡市上田)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、自転車レンタルサービスを始めている。いわて銀河鉄道が走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない自転車利用促進策として、2005年から実施している自転車のレンタルサービスの拠点に、今年から、いわて銀河鉄道の滝沢駅(岩手県岩手郡滝沢村)を追加し、渋民駅(岩手県盛岡市玉山区)、二戸駅(岩手県二戸市石切所)、金田一温泉駅(岩手県二戸市金田一)の4駅で実施している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を効果的に進めていくため、今年は自転車のレンタルサービスの料金面でも、昨年までの1時間300円のレンタル料金を1日300円のレンタル料金に引き下げ、ペア利用で500円のレンタル料金にするなど、より自転車をレンタルしやすい価格に見直した。いわて銀河鉄道の定期券を持っていると、さらにレンタル料金は安くなり、1日100円でレンタルできるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としてのレンタル自転車の台数は、滝沢駅18台、渋民駅6台、二戸駅4台、金田一温泉駅4台となっている。いわて銀河鉄道では、「近くにキャンパスがある岩手県立大学(岩手県岩手郡滝沢村)は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に力を入れていることから、同大学の大学生のレンタル利用を見込んで滝沢駅に多く自転車を設置した。今年は全体で延べ500台のレンタル自転車の利用を見込んでいる」と話している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する自転車のレンタル時間は、いわて銀河鉄道の各駅窓口の営業時間と同じとなっている。自転車のレンタルの予約は必須ではないが、いわて銀河鉄道では事前のレンタル予約が確実だと話している。自転車のレンタルの予約は当日から翌月分までできるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> いわて銀河鉄道は岩手県盛岡市でレンタル自転車による二酸化炭素(CO2)排出量削減で地球温暖化の原因防止対策はこちら

地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の「国内(CO2)クレジット制度」東北地域説明会

 東北経済産業局は、このほど、「国内クレジット制度」の普及及び、排出削減プロジェクトの発掘を目的に、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のための取組みの一つである「国内(CO2)クレジット制度」の説明会を福島県、山形県、岩手県、宮城県、秋田県、青森県の東北6県各地で開催すると発表した。本説明会では、国内クレジット制度の概要の説明のほか、実際に国内クレジット制度に携わったことのある企業からの実例紹介等も行うという。いずれの内容も、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のための省エネルギー活動に取り組まれる中小企業等の皆様にとって有益な情報となっている。
7月13日(火) 福島県郡山市 13:30~15:30 郡山ビューホテル (5Fプリエール)
福島県郡山市中町3-1 電話:024-924-1111 50人
7月15日(木) 山形県山形市 13:30~15:30 山形テルサ (2Fリハーサル室)
山形県山形市双葉町1-2-3 電話:023-646-6677  50人
7月21日(水) 岩手県盛岡市 13:30~15:30 岩手県産業会館 (7F6号・7号会議室)
岩手県盛岡市大通1-2-1 電話:019-626-8152 50人
7月23日(金) 宮城県仙台市 13:30~15:30 ハーネル仙台 (2F松島A)
宮城県仙台市青葉区本町2-12-7 電話:022-222-1121 100人
7月27日(火) 秋田県秋田市 13:30~15:30 秋田地方総合庁舎 (4F第2会議室)
秋田県秋田市山王4丁目1-2 電話:018-860-1573 50人
7月29日(木) 青森県青森市 13:30~15:30 青森県観光物産館アスパム (6F 甲田)
青森県青森市安方1丁目1番40号 電話:017-735-5311 50人
問い合わせ先
東北緑化環境保全株式会社環境事業部コンサルグループ 山本、大利)(TEL : 022-263-0918 FAX : 022-223-5237 E-mail: consulgroup@tohoku-aep.co.jp)
東北経済産業局資源エネルギー環境部エネルギー課 伊藤、大友(TEL: 022-221-4932)

> 地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の「国内(CO2)クレジット制度」東北地域説明会はこちら

岩手県盛岡市で地球温暖化の原因防止のための減クルマ活動

岩手県盛岡市において、地球温暖化の原因防止のための減クルマ活動が行われている。この活動は、盛岡市の市民団体を主体に、商店街、行政、交通事業者、交通専門家などで構成する実行委員会を組織し、減クルマをキャッチフレーズに掲げた活動に取り組んでいる。活動のねらいは、クルマ利用を抑制することによる地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素CO2排出削減など盛岡市の環境改善とともに、環境にやさしいさまざまなアクセス手段を確保することでまちなかの活性化につなげることとなっている。平成18年は、内閣府の地球温暖化の原因防止のための支援を受け、地球温暖化の原因防止に寄与する減クルマをテーマにワークショップとフォーラムを開催した。その内容としては、これからの盛岡市の交通のあるべき姿を話し合い、方向性をとりまとめ、地球温暖化の原因防止の基調講演とパネルディスカッションのほか、地球温暖化の原因防止の低床バス・ベロタクシー・自転車・人力車・馬車によるパレード、各団体からのパネル展示やDVDによる活動紹介を行った。平成19年は、地球温暖化の原因防止のための国土交通省の制度を導入し、特に、自転車の利用を伸ばすことをめざしたエコ交通への転換を促すための社会実験に取り組んでいる。減クルマという取組みは、冬期間には道路が凍結するという北国において、また、日常クルマへの依存が高い地方都市にあって、自転車の利用率の高さなど、すべてが盛岡市という場所性に絡みながら、未来に向けた地球温暖化の原因防止のための持続可能なまちづくりへとつながる大きな試みとなっている。この盛岡市の団体の活動は、多様な団体の豊かな活動の結び目としてある点が特色となっている。例えば、日々の生活のなかに溶け込む地域通貨の実施、自転車によるまちづくり、定期的な馬車の運行、LRTをJR支線で走らせる提案、地域に根ざし愛される鉄道の取り組みなど、減クルマによる直接的な地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2の削減というだけでなく、地域の自然や豊かな恵みに感謝し、盛岡市の土地に住み続けるという気持ちが基本にある。盛岡しという場所に即したサスティナブルなライフスタイルを提案することで、直接、間接的に地球温暖化の原因防止対策として長期的な抑制効果をもたらすことが期待されている。

> 岩手県盛岡市で地球温暖化の原因防止のための減クルマ活動はこちら