TOPページ > 検索結果

検索結果 【生ごみリサイクル】

長崎県対馬市では生ごみリサイクルで地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)削減

 長崎県対馬市では、生ごみリサイクルした土で野菜作りを行うことによって、地球温暖化の原因温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量削減に取り組んでいる。長崎県対馬市の各家庭から出るごみの4割が生ごみであることから、活動母体である食生活改善推進協議会において、まずは、生ごみの堆肥化による減量化と廃油をリサイクルした石けん作りなどの環境対策に取り組んできた。平成16年からは、長崎県が主催する生ごみ減量化事業に参加、長崎県行政や関係団体とのネットワークづくりを行うことによって地球温暖化の原因防止活動の場が広がり、対馬市民にリサイクルによる堆肥化で生ごみの減量化をアピールすることができた。現在は、「元気野菜コンテスト」の開催や対馬市民が生ごみ堆肥化の活動に気軽に取り組めるように、地球温暖化の原因防止活動や環境問題に取り組む地元スーパーの協力を得て、お店の一角に資料や資材を置いているという。地球温暖化の原因防止活動が食育の分野とつながることで、環境問題だけでなく、命の循環や自然との関わりを考えるきっかけづくりにもなった。こうした地球温暖化の原因防止にも寄与する対馬市版「生ごみ減量・リサイクル」を日本全国に広げたいと野望を抱いているという。「元気菜!コンテスト」は、生ごみ堆肥化及び野菜有機栽培であるが、単なる生ごみ減量活動ではなく、対馬市の住民を巻き込んだイベント開催のほか、対馬市内の学校やスーパー、行政など地域との連携を行った地球温暖化の原因防止活動を実行しているほか、更には、食育を通じた環境問題教育など、生ごみ減量をきっかけとして、活動の幅を広げている。こうした活動を通じた地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減効果についても、直接的な生ごみ減量による焼却抑制だけでなく、対馬市内の地産地消によるフードマイレージの減少など、算定されない間接的な二酸化炭素(CO2)排出量削減効果も大きい。長崎県は、島嶼地域が多いことから、離島における循環型システムの構築及び地球温暖化の原因防止対策として、長崎県内の先導的役割が期待できる。

> 長崎県対馬市では生ごみリサイクルで地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)削減はこちら