TOPページ > 検索結果

検索結果 【環境技術開発】

地球温暖化の原因防止対策のシンポが東京都千代田区と宮城県仙台市で

 (独)国立環境研究所は、平成21年11月16日に東京都千代田区の東京国際フォーラムにおいてグローバルカーボンプロジェクト(GCP) 、東京大学サステイナビリティ学連携研究機構との共催で、地球温暖化の原因防止対策の国際シンポジウム「都市とカーボンマネージメント:科学と政策の連携強化に向けて」を開催すると発表した。本シンポジウムでは、地球温暖化の原因防止対策の科学と政策の架け橋を目指して、日米欧加及びアジア諸国の著名な研究者、地方自治体の担当者、国際機関の関係者による3部構成の討論会を行い、地球温暖化の原因防止対策の低炭素型都市づくりに向けた世界各国の研究と政策の現状をレビューするとともに、今後の地球温暖化の原因防止対策の研究と政策の連携、国際協力のあり方などについて討論する。参加希望者は、参加登録フォーム(https://project.nies.go.jp/events/gcp2009/)から事前に登録する必要がある。問い合わせ先 独立行政法人国立環境研究所地球環境研究センター GCP国際オフィス担当:尾島ojima.yukako@nies.go.jpTel: 029-850-2672FAX: 029-850-2960
 一方、環境省は、宮城県保健環境研究所との共催により、平成21年11月27日に、宮城県仙台市で、地球温暖化の原因防止対策のシンポジウム「地域の産学官連携による環境技術開発のいま」を開催すると発表した。このシンポジウムは、都道府県等に設置されている地方環境研究所と地域の産学等が連携して環境研究・技術開発等を進めるため、環境省が今年度より実施している地球温暖化の原因防止対策の「地域の産学官連携による環境技術開発基盤整備モデル事業」において得られた成果等を報告するとともに、産学官による地球温暖化の原因防止対策の連携手法を広く普及するために開催される。開催日時は、平成21年11月27日(金)13:30~16:45(開場13:00)、開催場所は、ホテルモントレ仙台(仙台市青葉区)。主催は、環境省、宮城県保健環境センター。参加費は無料。定員は100人。参加希望者は、名前、所属、連絡先を添えて、電子メール、またはFAXで申し込む必要がある。申し込み先・問い合わせ先 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社環境・エネルギー部担当:加山・佐々木・桜井・斉藤E-mail:sgk@murc.jpFAX:03-6711-1289TEL:03-6711-1243
貸しギャラリー貸し画廊レンタル情報着ぐるみレンタル・通信販売情報コスプレ衣装レンタル製作通信販売情報

> 地球温暖化の原因防止対策のシンポが東京都千代田区と宮城県仙台市ではこちら