TOPページ > 検索結果

検索結果 【環境大臣】

地球温暖化の原因防止対策の「Low Carbon Life-design Award 2009」

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策の「Low Carbon Life-design Award 2009」の応募を、11月1日(10:00)から2009年12月24日(18:00)まで行うと発表した。これは、地球温暖化の原因防止対策に取り組んでいるDESIGN ASSOCIATION NPOが、「2020年までに温室効果ガスであるCO2等の排出量25%削減」という目標を実現するために、世の中にデザインの力で地球温暖化の原因防止対策の低炭素型ライフスタイルを大胆に提案していくデザインアワードを環境省と共同開催していくものとなっている。対象は主にデザイナー(プロ・アマ・学生・企業問わず)。グランプリ(環境大臣賞)1点と、準グランプリ(DESIGN ASSOCIATION賞)1点、佳作20点程度が選ばれる予定となっている。グランプリ作品については、2010年1月下旬に開催予定である地球温暖化の原因防止対策の「Low Carbon Life-design Award 2009」表彰式後に立体化し、展示発表するとのことである。地球温暖化の原因防止対策の「Low Carbon Life-design Award 2009」の詳細については、11月1日から公開されるサイト(http://www.design-channel.jp/special/co2-25/)を参照のことである。また、10月30日~11月3日の5日間(11:00~20:00)、地球温暖化の原因防止対策の「隈研吾氏によるインスタレーション展示とデザイン界を代表する著名人からのメッセージ展示」が、明治神宮外苑中央会場で開催される「東京デザイナーズウィーク 100% Design Tokyo テント内」で開催される。
ピアノ講師求人募集転職家庭教師の求人募集転職講師の求人募集転職

> 地球温暖化の原因防止対策の「Low Carbon Life-design Award 2009」はこちら

環境大臣と環境ビジネスの女性経営者の懇談会

 鴨下環境大臣は、環境関連ビジネスの経営に携わる女性たちとの懇談会を平成20年5月16日に環境省内で開催する。
「2050年の低炭素社会の実現に向けた環境ビジネスウィメンからのメッセージ」について意見交換」などが行われる予定。
 本懇親会のメンバーは、大庭みゆき・(株)環境エネルギー総合研究所代表取締役所長、大和田順子・ロハスビジネスアライアンス共同代表、河口真理子・(株)大和総研経営戦略研究所主任研究員、岸紅子・(株)コロン代表取締役、木村麻紀・(株)オルタナ・「オルタナ」副編集長、近藤やよい・東京都足立区長、竹本徳子・(株)カタログハウスエコひいき事業部取締役事業部長、玉置晴美・(株)たまき代表取締役社長、永峰好美・(株)プランタン銀座取締役、吉本花子・日栄産業(株)取締役、齋藤真澄・さいたまコープ常務理事、辰巳菊子・(社)日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会常任理事、中庭知重(ちえ)・(社)産業環境管理協会製品環境情報事業センターLCA開発推進室主査、ら13名で構成されている。

> 環境大臣と環境ビジネスの女性経営者の懇談会はこちら

SSFF2008の「ストップ!温暖化部門」ノミネート作品」

 チーム・マイナス6%のチーム員団体であるショートショート実行委員会(代表:別所哲也氏)では、チーム・マイナス6%と連携して、今年で10周年を迎えるショートフィルムの映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2008(「SSFF 2008」)」に「ストップ!温暖化部門」を新設した。
 同部門は、世界のクリエーター達による映像の世界を通じて、地球温暖化防止のメッセージを広く情報発信することを目的として設置したもので、この度、世界、アジア、日本から寄せられた300を超える作品の中から、ショートショート実行委員会による事前審査を経て、13のノミネート作品が決定するとともに、環境大臣賞を決定する公式審査員を決定した。
 公式審査員には、日本を代表する映像作家である押井守氏、モデルや歌手、女優として活躍中の土屋アンナ氏、元サッカー日本代表選手の中田英寿氏の計3名が就任しており、今後、審査を実施し、08年6月15日に明治神宮内 神宮会館にて開催される「SSFFアワードセレモニー」にて、環境大臣賞発表等を行う予定。
 なお、チーム・マイナス6%とショートショート実行委員会では、より多くの方々に、この「ストップ温暖化部門」のノミネート作品をご覧頂くため、兵庫県神戸市にある神戸ハーバーランド内スペースシアターで開催される「G8環境大臣会合記念イベント」や、表参道ヒルズ本館B3階のスペース「O:(オー)」で開催される「SSFF『ストップ!温暖化』エキシビジョン」において無料上映を実施することとしている。
 また、ノミネート作品のうち、環境大臣賞を受賞した作品等の優秀な作品については、今後、チーム・マイナス6%が実施する温暖化防止の普及啓発イベント等で活用することとしている。

> SSFF2008の「ストップ!温暖化部門」ノミネート作品」はこちら

OECD環境大臣会合

 2008年4月28・29日の両日、パリの経済協力開発機構(OECD)本部で、OECD環境大臣会合が開催された。
 今回の会合は、OECD加盟国30カ国と非加盟国10各国の閣僚のほか、国際機関、NGO等が参加、「環境とグローバルな競争力」をテーマに以下の4議題について議論が行われた。
セッション1「世界の環境の現状と将来予測」
セッション2「OECDと新興経済国の協力」
セッション3「競争力、エコイノベーションと気候変動
セッション4「意欲的な気候変動政策のための政府内協力強化」
 セッション4では副議長国である日本がリードスピーチを実施、2013以降の枠組みに関する日本の立場や低炭素社会の実現に向けた国内の議論の状況について述べるとともに、08年3月に日本で開催されたG20対話における議論の内容が紹介された。また、08年7月のG8北海道洞爺湖サミットにおいて、07年のバリ会議のモメンタムを受け継ぎ、09年末のCOP15での国際合意に向けた成果を挙げるため、G8議長国として議論に貢献することが表明された。併せて、OECDとG8プロセスといった国際組織の間の協力の重要性を指摘した模様。

> OECD環境大臣会合はこちら

OECD環境大臣会合

 2008年4月28・29日の両日、パリの経済協力開発機構(OECD)本部で、OECD環境大臣会合が開催される。
 今回の会合では「環境とグローバルな競争力」をテーマに以下の4議題について議論が行われる予定。
セッション1「世界の環境の現状と将来予測」
セッション2「OECDと新興経済国の協力」
セッション3「競争力、エコイノベーションと気候変動
セッション4「意欲的な気候変動政策のための政府内協力強化」
 日本によりリードスピーチが行われるセッション4は、政治的に特に重要な事項を取り上げる特別セッションであり、結果は6月の閣僚理事会に報告される予定。
 参加者はOECD加盟30か国と非加盟国10か国の閣僚のほか、国際機関、企業、労働組合、環境団体の代表が参加見込みで、日本からは小島地球環境審議官が出席する予定。

> OECD環境大臣会合はこちら