TOPページ > 検索結果

検索結果 【環境問題】

京都府福知山市がみどりのカーテンで地球温暖化の原因の環境問題対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として「みどりのカーテン」普及活動に取り組む環境ボランティア団体の福知山環境会議と京都府福知山市は、京都府福知山市を「みどりのカーテン」実施率日本一にする取り組みをスタートさせた。みどりのカーテンのまち京都府福知山市を地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として全国にPRしていくという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の「みどりのカーテン」は、ゴーヤなどつる性の植物を窓際に植えることによって、夏場の日差しを和らげて室温を下げることができることから、エアコンの使用を控えるなど環境問題対策に優しい効果があるという。このため、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、京都府福知山市の公共施設での「みどりのカーテン」の実施率は既に42%に達しているという。京都府福知山市役所1階ホールに京都府福知山市職員や環境会議のメンバーらが集まる中、松山正治京都府福知山市長が、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策をPRする京都府福知山市みどりの親善大使のキャラクター・ゴーヤ先生に「みどりのカーテン普及の先頭に立ち、京都府福知山市の公共施設において、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として実施率90%を達成すること」、「全国にみどりのカーテンのまち京都府福知山市を地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に取組町としてPRすること」との指令を出した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 京都府福知山市がみどりのカーテンで地球温暖化の原因の環境問題対策はこちら

宮城県仙台市でカーボンフットプリントCFP制度の説明会開催

 宮城県仙台市青葉区のTKP仙台カンファレンスセンターにおいて、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、商品の製造から消費、最終的な廃棄処分に至るまでに排出される二酸化炭素(CO2)排出量を商品に表示する「カーボンフットプリント(CFP)制度」の普及を目指す説明会が、東北経済産業局などの主催によって、12月17日に開催される。これは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、国が昨年度から実施しているカーボンフットプリント(CFP)制度試行事業の説明会であるが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を表示した商品は既に一般市場で流通しているという。カーボンフットプリント(CFP)制度では、商品に係る原材料の調達から生産、使用、廃棄までのすべての過程で消費される燃料や電力を一定の算定ルールに基づいて地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量に換算し、使用許可を得た後に商品に表示して販売している。宮城県仙台市青葉区のカーボンフットプリント(CFP)制度説明会では、経済産業省(東京都千代田区霞が関)の担当者がカーボンフットプリント(CFP)制度試行事業の成果や、今後の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の政策展開について報告することになっている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、CO2排出量表示に取り組んでいる食品会社や文具メーカーの事例紹介も予定されている。問い合わせ先は、東北経産局循環型産業振興課(022(221)4930)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 宮城県仙台市でカーボンフットプリントCFP制度の説明会開催はこちら

近畿日本鉄道が大阪府大阪市で建設する超高層ビルの環境問題対策

 近畿日本鉄道(大阪府大阪市天王寺区上本町)は、大阪府大阪市阿倍野区において平成26年開業を目指して建設中の超高層ビル「阿部野橋ターミナルビルタワー館」で、関西電力子会社の関電エネルギーソリューション(大阪府大阪市北区)の技術を駆使し、省エネ対策や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策を徹底したビル管理サービスを導入する。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の導入により、近畿日本鉄道が同ビルで想定している年間2万トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量のうち25%にあたる5千トンを削減できると試算している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策サービスは、関電エネルギーソリューションがビルの電気や熱及び冷水などの設備の設計に始まり、施工及び保守、さらには運用管理まで一括で行う契約で、近畿日本鉄道と10年以上にわたる設備のリース契約を締結するという。関西電力が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として提案する高効率な空調システムなどを導入するという。ビル内全体のエネルギー需要を把握したうえで、空調設備を適切な条件で稼動させるため、大きな省エネ対策となり、その結果、光熱費の大幅削減や保守費用の平準化が図ることができるという。近畿日本鉄道はこのサービスを利用することによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に加えて、「イニシャルコストで40億円程度の削減、さらには、ランニングコストで年1億円弱が削減できる」と話している。関西電力によると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策を実施する業務用ビルとしては、同ビルが最大級の受注案件になったという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 近畿日本鉄道が大阪府大阪市で建設する超高層ビルの環境問題対策はこちら

環境問題の面から滋賀県彦根市では廃棄ろうそくの再利用

 国内では夜間のキャンドルイベントが最近流行しているが、環境問題の面から疑問視する声もある。そのような中、環境負荷を減らそうと、滋賀県彦根市にある滋賀県立大学の学生グループ「あかりんちゅ」が、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、お寺などで使用されて廃棄されていたろうそくを再利用し、オリジナルのキャンドル作りを行っている。いい香りのするアロマタイプや円すい形などのろうそくを作り、クリスマスやバレンタインデー向けで、しかも環境問題に対応したエコグッズとしてPRしている。「あかりんちゅ」は、2008年に滋賀県彦根市で開催された「ひこねキャンドルナイト」に参加した滋賀県立大学の大学生が2009年に結成したグループで、女子学生12人が構成メンバーとなっているという。各地で催されるキャンドルイベントで中国製などの輸入品が使われ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を増やすなど、環境問題の側面から疑問を持ったことがきっかけとなり、再生ろうそくの製作・普及を図ることにしたという。グループが滋賀県教区浄土宗青年会などの協力で2年間かけて回収した廃ろうそくは、使用済みなど約150キロにもなった。これを元に再生キャンドルを、ひこねキャンドルナイトで販売した。廃ろうそくの再利用は、NPO法人五環生活(滋賀県彦根市)が、寺院のほか葬儀社やホテルからも回収し、それを滋賀県内の福祉施設が再商品化したものを寺院やホテルに販売することを現在検討しており、「あかりんちゅ」も販売などで協力する意向を持っているという。キャンドルイベントは環境問題に配慮して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出する電気を使わずゆったりとした気持ちになる。このため、一層、環境問題への負荷を減らせるエコキャンドルで夜を彩ってほしいと話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 環境問題の面から滋賀県彦根市では廃棄ろうそくの再利用はこちら

神奈川県藤沢市でスマートタウンのHEMSによる二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因の環境問題対策

 神奈川県藤沢市とパナソニック(大阪府門真市)は、神奈川県藤沢市内にある旧松下電器産業の跡地に、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、CO2排出ゼロを目指すスマートタウンを建設することで基本合意し、事業名は「FUJISAWAサスティナブル・スマート・タウン」と名付けられた。場所は、神奈川県藤沢市南西部に位置する辻堂元町で、1963年に旧松下電器産業が工場を設置し、グループ3社の製造拠点となっていた所である。2009年に工場が撤退した後は、更地となり未利用となっていた。19万m2の敷地に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策機能を持った戸建住宅約750戸と中高層集合住宅300戸を建設し、住宅以外にも、商業施設や福祉・医療関連施設、教育施設なども建設し、人口は3000人規模の町になる。敷地内のすべての建物には原則として、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に貢献する太陽光発電システムや燃料電池などの設備を備える。省エネだけでなく、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、建物で使うエネルギーを家で創る「創エネ」や、創ったエネルギーを貯める「蓄エネ」にも取り組むほか、電気使用量は、HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)で「見える化」したうえで、エネルギーの制御も行うという。パナソニックは、こうした地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策のエネルギー機器を提供するほか、住宅の設計や住宅設備の面でもグループを挙げて開発に関わっていくという。また、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に貢献する電気自動車(EV)の急速充電器を複数設置するほか、電気自動車(EV)のカーシェアリングサービスも実施し、自転車のシェアリングサービスや路線バスの電気自動車化なども導入するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 神奈川県藤沢市でスマートタウンのHEMSによる二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因の環境問題対策はこちら

福島県矢祭町はフードマイレージの植樹で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 福島県矢祭町では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策の一環の取組みとして、地元福島県の農産物を買ってシールを集め、福島県での植樹に結び付ける活動が始まった。これは、福島県矢祭町商工会青年部の「ポコポイント事業」で、福島県矢祭町における農産物の地産地消と環境保護の両立を図る。福島県矢祭町青年部のメンバーは「福島県矢祭町の地域ぐるみで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に取り組み、地元の環境問題を整備したい」と張り切っている。「ポコポイント」は食品の量と輸送距離で環境問題への負荷を測る指標「フードマイレージ」の一つで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減量を示すという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策のポイント事業には、福島県矢祭町内の農産物直売所や商店など23店が参加し、11月から始まった。福島県矢祭町の地元産の野菜などを購入額200円で「ポコシール」1枚をもらえ、50枚集めると地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に貢献するツツジの苗木1本が植樹されるという。福島県矢祭町青年部は来年2月末までシールを張った台紙を受け付け、提出された分の苗木を地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として矢祭山公園などに植える。希望者には地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の植樹に参加してもらうことも検討しているという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の苗木は1本1000円程度であり、総事業費は約70万円で、青年部の予算に加え、福島県や町の補助を受けて実施している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 福島県矢祭町はフードマイレージの植樹で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

ブリヂストンが滋賀県彦根市の小学校で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の環境問題学習

 滋賀県彦根市にある彦根市立旭森小学校において、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「こどもエコ総合学習」が5年生を対象にして行われ、水素燃料で走る水素燃料電池車に試乗するなどして地球環境問題を学習した。ブリヂストン(東京都中央区京橋)が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を推進するため、全国にある15か所のブリヂストン工場周辺の小学校で行っている環境問題のイベントで、滋賀県では彦根工場(滋賀県彦根市)がある周辺の滋賀県彦根市立高宮小学校及び旭森小学校で実施された。旭森小学校では、5年生144人を2班に分けて行い、ブリヂストンの担当者が地球温暖化の原因による氷河の減少などを話した後、地球に優しい車とタイヤ、環境問題に優しいエコカーなど自動車産業の取組みを紹介した。さらに、子供たちはモデルカーを組み立てて、転がり抵抗を抑えることや空気圧など「タイヤのエコ」について実験しながら学んだ。これが終わると運動場に出て、4人ずつ交代で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の水素燃料電池車に試乗したり、マフラーからは排ガスではなく水が出ることを実際に体験した。ブリヂストン彦根市工場では、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する講義と工作、水素燃料電池車の試乗体験を通じて、滋賀県彦根市の児童たちが地球環境問題について考えるきっかけづくりになれば」と話していた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> ブリヂストンが滋賀県彦根市の小学校で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の環境問題学習はこちら

香川県三豊市では国内クレジット制度の排出量取引で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 養豚業を営む増田畜産(香川県三豊市)と総合リサイクル業を営む協同回収(香川県三豊市)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、国内クレジット制度を利用した二酸化炭素(CO2)の排出量取引を始めると発表した。増田畜産が自社の養豚場内に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できるバイオマスボイラーを導入し、削減した二酸化炭素(CO2)排出量を国内クレジット制度として協同回収に売却する。協同回収は国内クレジット制度として購入した二酸化炭素(CO2)排出量をCSR(企業の社会的責任)活動に生かすという。国内クレジット制度を利用した中小企業同士の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量取引は香川県三豊市ではもちろん、四国でも初めての事例となる。国内クレジット制度は、省エネ対策に取組む企業とそれを支援する企業が、削減した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を融通し合うものであるが、これまでの国内クレジット制度の大半は大企業が中小企業などを支援する形態となっている。実施には環境省(東京都千代田区霞が関)への申請が必要であるが、両社の国内クレジット制度が承認されたことから、年内に最初の二酸化炭素(CO2)排出量取引を実施するという。増田畜産は2008年に、環境問題への対応やコストダウンを目的として、養豚場内の床暖房用の灯油ボイラー2機を、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる、ブタのふんを燃料とするバイオマスボイラー1機に交換した。これによって、従来のボイラーと比較して、灯油換算で200リットルのドラム缶115本分に相当する年間約57トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減することができたという。協同回収は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする環境問題への取組みを広くアピールしていくため、購入した二酸化炭素(CO2)排出量を地域のイベントや自社のサービスなどに活用するという。例えば、購入した二酸化炭素(CO2)排出量で、香川県三豊市の地元の祭りやイベントで使う照明等の電力から発生する二酸化炭素(CO2)排出量を相殺し、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を出さないイベント」として協力していきたいという。二酸化炭素(CO2)排出量の売買額は、一般的な二酸化炭素(CO2)取引価格である1トン当たり1,000~1,500円で調整しているという。増田畜産は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量取引に取組む理由について、「これからは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量取引を積極的に進める時代になると感じている。香川県三豊市の地元企業と行うことで地域貢献にもつながれば」と説明。協同回収も「環境問題にかかわる企業として、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への関心は高かった。香川県三豊市のの企業同士なので安心して二酸化炭素(CO2)排出量の取引ができる」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 香川県三豊市では国内クレジット制度の排出量取引で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

岩手県岩泉町は太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 岩手県岩泉町は、岩泉町内の全20の小中学校に地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、太陽光発電システムの導入を行った。太陽光発電システムは、岩手県岩泉町の児童たちの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など環境問題エネルギー教育の一環の取組みであり、学校で使用する以外で余った電気は東北電力(宮城県仙台市青葉区本町)に売電し、そのお金は岩手県岩泉町の教育関係費に充てようという一石二鳥の取り組みになっている。岩手県岩泉町立岩泉小学校(岩手県岩泉町岩泉)では、岩手県内の学校としては最大の発電量を誇る太陽光発電システムが稼働した。岩手県岩泉町は2009年度から、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、岩手県岩泉町内の13小学校と7中学校で太陽光発電システムの導入を始めた。児童たちに太陽光発電のメカニズムや現状を知ってもらうことで電気のありがたみを理解し、省エネ対策による節電が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策につながるということを理解してほしいというのが狙いとなっている。太陽光発電システム整備に係る総事業費は3億5000万円であった。岩手県岩泉町のように、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、市町村内の全小中学校に太陽光発電システムを導入するのは岩手県内で初の試みという。太陽光発電システムは、1時間当たり約300キロワットの発電が可能で、既に設置した学校から東北電力への売電額は、7,8月の2か月で約33万円になったという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、岩泉小学校に設置された太陽光発電システムは、一般住宅にも使用されている太陽光発電パネルが計1200枚あり、岩手県内の学校では最大規模となるもので、校舎の屋上5か所に並べられ、1時間当たり100キロワットの発電を行う能力がある。学校の職員玄関の場所には、太陽光発電システムによって蛍光灯換算で何本分の発電が行われているかなど、発電量やメカニズムを表示したモニターが設置してある。川村淳校長は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量削減対策に関係する電気やエネルギーについて学び、将来は地球環境問題に優しい活動をできる大人になってほしい」と児童たちに話した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 岩手県岩泉町は太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

映画「ビューティフル・アイランズ」で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策を考える

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策について問題を訴えかけ、現に地球温暖化の原因で環境が変化してきている3つの島の現状を描いた環境問題のドキュメンタリー映画「ビューティフル・アイランズ」(海南友子監督)が10月2日から10月15日まで、「シネマテークたかさき」(群馬県高崎市あら町)で上映される。10月3日午後4時の回の上映後に、海南監督による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関しての舞台あいさつも予定している。映画「ビューティフル・アイランズ」が取り上げたのは、地球温暖化が原因で大きな環境問題を抱えている南太平洋のツバル、イタリアのベネチア、アラスカ最西端のシシマレフ島となっている。「ビューティフル・アイランズ」によると、海抜1.5メートルしかないツバルでは、地球温暖化の原因が進むことによって「海に沈む島」として水没が懸念されている現状がある。イタリアのベネチアでは、地球温暖化が原因と思われる高潮による浸水が異常な頻度で起こっており、また、シシマレフ島では、地球温暖化の原因で海が凍らず、永久凍土が溶けてシシマレフ島民の約2割が家を失っているという。「ビューティフル・アイランズ」では、美しい自然豊かな環境の中で生きる人々の暮らしと、地球温暖化の原因による深刻な環境問題の状況の両面を丁寧に映し出すことで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を訴えかけている。海南友子監督は1971年東京都生まれで、大学在学中に是枝裕和監督のテレビドキュメンタリー番組に出演したのをきっかけに映像の世界に入った。その後、NHKに入社し、主に環境問題を取り上げた番組などに携わった経歴がある。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 映画「ビューティフル・アイランズ」で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策を考えるはこちら

広島県廿日市の学校は太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 広島県廿日市教育委員会は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、廿日市内の金剛寺小学校(広島県廿日市市地御前2丁目22-1)と大野東中学校(広島県廿日市市佐伯郡大野町中山414)に廿日市立学校で初めてとなる太陽光発電システムを導入した。電気代を削減して省エネ対策と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にするとともに、子供たちの環境問題への意識向上にもつなげるという。廿日市立金剛寺小学校では、校庭の一角に縦約3メートル、横約12メートルの太陽光発電システムの発電用パネルを取り付けられ、児童用の校舎入り口に太陽光発電システムのモニターを設置している。このモニターでは、その日の太陽光発電システムの発電量と電力を賄える蛍光灯の本数、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減量などの数値を表示することができ、児童の環境問題の学習に利用するという。廿日市立大野東中学校も同サイズの太陽光発電システムのパネルを校舎横に設置しており、いずれも太陽光発電システムの最大出力は5kwとなっている。太陽光発電システムによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を最大で年間2.3トン削減することができ、さらに、年間約200万~400万円かかる電気代のうち、6万円程度が節約でき省エネ対策になるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 広島県廿日市の学校は太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

福岡県北九州市は電気自動車(EV)による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、福岡県北九州市環境問題にやさしい社会づくりを目指し、走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)を普及させようというイベントが北九州国際会議場(福岡県北九州市小倉北区浅野3-9-30)で開催されている。「ザ・ニューアクションツアー」と銘打ったイベントは、走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の開発・販売に力を入れている日産自動車(神奈川県横浜市西区高島)と福岡県北九州市が開催した。電気自動車(EV)の普及によって地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を行い、環境汚染のない社会を実現させようと、日産自動車と福岡県北九州市が共催して電気自動車(EV)の充電施設の整備などを進めている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のイベントでは、福岡県北九州市の北橋市長が自ら、日産自動車から今年12月に発売される電気自動車(EV)「リーフ」に試乗し、乗り心地や走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない性能を確かめていた。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に積極的に取り組むという、国の環境モデル都市に選定されている福岡県北九州市は、2013年度までに50台の電気自動車(EV)リーフを導入するとともに、電気自動車(EV)の充電施設の整備を進めていく方針だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県北九州市は電気自動車(EV)による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

北海道千歳市の新千歳空港で環境問題に対応した二酸化炭素(CO2)排出量削減策で地球温暖化の原因対策

 北海道空港株式会社(北海道千歳市美々)が運営する新千歳空港(北海道千歳市美々)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を踏まえた環境問題に優しい空港「エコエアポート」の実現に向けた新たな取組みとして、国土交通省(東京都千代田区霞が関)が推進している「雪を利用した環境施策」(クールプロジェクト)を実行している。クールプロジェクトとは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としてエネルギーを有効活用するため、冬に新千歳空港内で除雪した雪を利用して、BOD(生物化学的酸素要求量)低減と二酸化炭素(CO2)排出量削減を同時に達成する環境問題に対応したものとなっている。新千歳空港では、冬季に使用する防除雪氷剤及び凍結防止剤が混入した雪が河川に与える影響(BOD値の上昇)を可能な限り低減して環境問題に影響を少なくするため、雪氷融解水を一旦、新千歳空港内の調製池に貯え、水質の平準化を行うことでBOD低減に努力しているという。しかし、調整池の容量にも限界があることから、新千歳空港内に雪山を作り、シートなどで覆って外気温が上昇する夏場まで融解を遅らせることで、さらなるBOD低減して環境問題に影響を少なくしている。さらに、新千歳空港では、雪山を利用してそこから冷熱エネルギーを取り出し、熱源の一部として冷房に利用することで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を可能とするシステムを構築している。つまり、新千歳空港では、貯雪量12万立方メートルとなる世界最大級の雪貯留、集雪管理により融雪水流出による周辺水系へのBOD影響の緩和、長期間の雪山保存のために開発した高性能シートの活用、地域特性を活かした「地産型」新エネルギー利用のエコエアポート設備の実現、空調への雪冷熱利用で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の発生を年間2,100トン削減するなど環境問題に対応した取組みを行っている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 北海道千歳市の新千歳空港で環境問題に対応した二酸化炭素(CO2)排出量削減策で地球温暖化の原因対策はこちら

三菱化学が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策のLED照明参入

 三菱化学(東京都港区芝)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるLED発光ダイオード)照明市場に参入した。DVDなどの記録メディアブランド「バーベイタム」を展開する子会社の三菱化学メディア(東京都港区)が、今月から環境問題に関心の高いヨーロッパでLED(発光ダイオード)照明の販売を始め、アメリカや日本を含むアジア太平洋地域でも販売を開始し、世界80か国以上で展開するバーベイタムのブランド力を生かし、LED(発光ダイオード)照明という地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策からの成長市場に食い込む考えだという。今回発売したLED(発光ダイオード)照明は、通常の「電球型LED(発光ダイオード)照明」2種類と、デザイン性が高く主にホテルや店舗の使用が見込まれる「スポットライト型LED(発光ダイオード)照明」3種類の計5種類となっているが、今年中にそれぞれ1種類ずつ増やすという。LED(発光ダイオード)照明は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるうえ、寿命が白熱電球の35倍にもなり、1日10時間使った場合であっても約10年の長寿命を実現している。LED(発光ダイオード)照明の消費電力も白熱電球の2割で済むという。ヨーロッパにおける販売価格は、標準的な10wの電球型で3,200円程度で、イギリスとフランス、ドイツで販売を開始しており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など環境問題に非常に関心の高い地域であることから、2011年度中にはヨーロッパ全体にまで地域を広げる。また、次回以降に投入するLED(発光ダイオード)照明の新製品は、自然に近い白色を実現する独自技術を採用し、LED(発光ダイオード)照明で先行するフィリップスなどの大手電機メーカーに対して、技術的優位性を築きたいという目標がある。三菱化学は、バーベイタムのブランドがヨーロッパで認知度が高いことに加え、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関心が高く、照明にお金をかける傾向があることから、他地域よりも先行発売することを決定したという。三菱化学は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するLED(発光ダイオード)照明の主要部材のLEDチップ及び蛍光体を開発しており、2009年度には、それらで約90億円の売上があった。今回、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、最終製品であるLED(発光ダイオード)照明の分野に新規に進出することで、2015年度にはLED(発光ダイオード)部材を含む売上高を1,000億円にまで拡大し、うち、半分をLED(発光ダイオード)照明で占めたいという目標を持っている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 三菱化学が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策のLED照明参入はこちら

クリーンディーゼルエンジンSUVで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、世界最高水準の厳しい自動車排出ガス規制「ポスト新長期規制」をクリアした新世代のディーゼルエンジンであるクリーンディーゼルエンジンを搭載したSUVが注目を集めている。かつてディーゼル車といえば、黒い排気ガスと騒音、振動が激しく、環境問題にも悪いというイメージであった。厳しい規制やディーゼル車の人気低迷もあり、国内の市場から姿を消したが、環境対応技術の進展で規制適応車が販売されている。エコカー補助金が9月の途中で打ち切られたことからも、環境問題をクリアーして、燃費もよいなど経済性にも優れたクリーンディーゼル車が新たな地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のエコカーとして消費者の選択肢の一つに入ってきた。日産自動車(神奈川県横浜市西区高島)は、平成20年に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の排ガス規制に適応したクリーンディーゼル車のSUV「エクストレイル」を発売したが、マニュアル車(MT)のみだったクリーンディーゼル車の売り上げは5%にも満たなかったという。しかし、今年7月にオートマチックのクリーンディーゼル車を発売すると、クリーンディーゼル車の売り上げはエクストレイルSUV全体の35%にまでになったという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策をされたクリーンディーゼル車は予想を超える売れ行きで、オートマチックのクリーンディーゼル車の発売を待ち望んでいた方が多かったようだ。クリーンディーゼル車は経済性に加え、2リッターエンジンでありながら3.5リッターガソリンエンジン並みのトルクと、2.5リッターガソリンエンジンと同等の馬力が得られるのが魅力である。一方、三菱自動車(東京都港区芝)は、同社のフラッグシップSUV「パジェロ」の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を施したクリーンディーゼル車を9月16日に発売している。3.2リッターのクリーンディーゼルエンジンを搭載し、10・15モード燃費で従来型エンジンに比べて6%向上し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を6%削減。出力やトルクも向上し、同社を代表するSUV(スポーツ用多目的車)にふさわしい性能となっている。大きな車体を動かすにはトルクのあるクリーンディーゼルエンジンの方が適している。しかも、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策もきっちりとされているほか、クリーンディーゼル車は長い距離を走れば走るほど燃費の優位さもある。クリーンディーゼル車は環境問題からも、経済合理性からも十分な選択肢となる。低回転域から大きなトルクが得られるクリーンディーゼル車は熱効率が高く、燃費もガソリン車を上回るほか、ガソリンよりも単価の安い軽油を使用することから、経済性にも優れているのが特長である。さらに、クリーンディーゼル車は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量がガソリン車に比べてはるかに少なく、環境問題への負荷も小さいことから、ヨーロッパでは乗用車全体のほぼ半数がクリーンディーゼル車だという。しかし、クリーンディーゼル車は、圧縮爆発に対応する頑丈な設計が必要なことからエンジンが重く、コストもかさむことから、ガソリン車に比べて車両価格が高くなる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> クリーンディーゼルエンジンSUVで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策はこちら

兵庫県尼崎市の企業が省エネ換気で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策

 兵庫県尼崎市において、排煙窓の開閉装置でトップシェアを持つ「豊和」(兵庫県尼崎市猪名寺)が、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもつながる環境問題関連事業を推進している。自然風を利用することによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減できるビル用換気装置を開発し、東京都において超高層ビル建設事業者向けの受注が好調だという。同社では、政府系金融機関から地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する資金融資を得るなど、これまでの防災関連事業中心から、地球温暖化の原因対策などの環境問題分野への拡大を目指しているという。同社は2005年、省エネルギー対策と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策がとられたビル用の自然換気装置「マドコンエコ エコロベェ」を商品化して人気を呼んでいる。この自然換気装置は、高層ビルに吹く自然風の量で自動的に開口面積を調整する機能を持っており、ビル内に取り込む風を一定に保てるタイプなど3種類が揃っている。これを空調システムと連動することで、快適な換気を行うことができるため、空調コストを抑えたり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減したりする環境問題に対応した効果がある。東京都内では、近年、大規模オフィスビルの建設計画が相次いでいることから、2008年には東京支店(東京都江東区新大橋)に専門の営業チームを配置して営業を強化した結果、東京都千代田区の「新飯野ビル」などに採用されており、知名度をさらに向上させて、2010年度は前年度比8倍の売上高を見込んでいるという。同社は、日本政策金融公庫神戸支店から劣後ローン「挑戦支援資本強化特例制度」で5,000万円の融資を受けており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係る知的財産とアイデアを生かし、付加価値の高い環境問題対応のオンリーワン製品にしたいとしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 兵庫県尼崎市の企業が省エネ換気で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策はこちら

福島県が節水コマで二酸化炭素(CO2)を削減して地球温暖化の原因防止対策

 福島県環境共生課は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策の一環として、子供たちに環境問題への関心を持ってもらおうと、福島県下の4小・中学校に、水道の流水量を減らす「節水コマ」を近く取り付ける工事を始めると発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策への反応や削減効果をみて、来年度以降、福島県下の他の学校に節水コマを拡大するかどうかを検討するという。福島県が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策の一環としての節水コマを設置するのは、福島県二本松市立安達太良小学校、福島県郡山市立大島小、福島県郡山市立湖南小学校・中学校、福島県飯舘村立飯舘中学校を予定している。この福島県下の学校の水道の使用回数が多いトイレや給食配ぜん室に節水コマを取り付ける工事は、9月中に完了する見込みだという。福島県では、2006年度から地球温暖化の原因防止対策を定めた「福島議定書」事業において、福島県下の企業や学校に地球温暖化の原因となる二酸化炭素の排出削減目標を定めてもらい、それを達成するよう促している。今回の節水コマの取付けは、この地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策の一環となっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福島県が節水コマで二酸化炭素(CO2)を削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

ブリヂストンが栃木県那須塩原市で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策教室

 栃木県那須塩原市の小学校2校を大手タイヤメーカーであるブリヂストン(東京都中央区)の「エコ・プロジェクト」チームが訪問し、児童に地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの環境問題の教育プログラムを盛り込んだ「こどもエコ総合学習」教室を開催した。ブリヂストンのエコ教室は、2004年から地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの環境問題に関する企業の社会貢献の一環として、出先のブリヂストンの工場がある地域の小学校を対象に実施してきている。栃木県那須塩原市内には3工場があることから、計5校で順次開催していくという。9月10日は栃木県那須塩原市立波立小学校と稲村小学校をプロジェクトスタッフのほか、ブリヂストン栃木工場長らが訪れて、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの話をした。スタッフらは、4、5、6年生計47人に対して、地球温暖化のメカニズムや燃料電池自動車とガソリン自動車の違いなどをわかりやすく講義した。また、自動車のタイヤを転がりやすくするとガソリンなどの化石燃料消費が減ることからエコにつながる実験や、実際に燃料電池自動車の試乗体験を行った。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> ブリヂストンが栃木県那須塩原市で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策教室はこちら

パナソニックが環境エネルギー事業で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 パナソニック(大阪府門真市)は、創業100周年となる2018年に、ヨーロッパにおける地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する環境問題に係るエネルギー事業の売上高を、全体の30%まで引き上げる方針を明らかにした。パナソニックは三洋電機(大阪府守口市)の完全子会社化を通じ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減対策に積極的に取組む環境企業への転換を急いでおり、地球温暖化など環境問題に対する市民のエコ意識の高いヨーロッパをはじめ、日本や世界でも環境問題に係る事業拡大を進める方針だという。パナソニックヨーロッパでは、北欧や西欧では地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減など環境問題への関心が高く、最優先事項として取り組むという。特に、パナソニックの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、太陽電池と蓄電池及び省エネ家電を一体で売り込む「家まるごと」の戦略は全く新しい事業形態で、環境問題に対する強い武器になるとの期待感を示している。また、2011年4月に完全子会社化する三洋電気については、太陽電池工場への設備投資を行い、太陽電池の生産能力を早急に増強することを表明した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する環境エネルギーの核となる太陽電池では、中国企業が急速に台頭してきており、早急に生産態勢を改善する必要があるという。こうしたことから、ドイツベルリンで開催されている世界最大級の家電見本市「IFA」では、パナソニックの「家まるごと」の展示を入り口正面で披露し、三洋電気の高効率太陽電池「HIT」もパナソニックブランドとして紹介しており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する太陽電池から畜電池、省エネ家電までをトータルで提供できる唯一無二の企業をアピールしていくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> パナソニックが環境エネルギー事業で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

大阪府豊中市のマンションが太陽光発電の売電で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因防止対策

 野村不動産(東京都新宿区西新宿)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する太陽光発電システムによる売電のほか、複層ガラスや通風扉、雨水再利用システムなどを導入し、環境問題に配慮した次世代型エコマンション「プラウドエコビジョン」シリーズを、関西で初めて大阪府豊中市新千里西町に建設している。最近では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として太陽光発電システムパネルを屋上に搭載したマンションは増えつつあるが、野村不動産のマンションのように余剰電力の売電までできるものは珍しいという。野村不動産のマンションは、地上5階建ての全55戸で、9月上旬から販売を開始し、販売価格は3千万円台後半から7千万円台を予定しているという。マンションは来年2月下旬に完成し、同3月下旬に入居を開始する。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、屋上に発電電力量8kwhの太陽光発電パネルを設置ており、日中に発電した電力は共用部の照明や機械式駐車場のゲートなどに使用する。しかし、これらの消費電力量は6.7kwhしかないので、余剰電力分を電力会社への売電に回せるという特徴を持ったマンションである。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 大阪府豊中市のマンションが太陽光発電の売電で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

金融機関が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減など環境問題対策を強化

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減への関心が社会的に高まっている中、金融機関が環境問題への取り組みを強化しているという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出権付き新車ローンなどの商品開発のほか、環境問題に関する分野を始めとした成長分野の貸出先を開拓するための専門部署を設けるなどを行っている。環境問題に関する分野は、政府の新成長戦略や日銀の成長基盤育成支援のための新貸出制度にも盛り込まれた重点項目だけに、今後も資金需要の増加が見込めると判断している。例えば、みずほ銀行(東京都千代田区内幸町)は、顧客が1件利用するごとにみずほ銀行が1.4トン相当の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出権を購入し、国へ二酸化炭素(CO2)排出権を寄付するという形態のローン商品の取り扱いを始めた。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出権を取得する具体的な内容としては、エコカー購入の新車ローンや環境問題配慮型住宅へのリフォーム資金を提供するローンが対象となるという。顧客へ二酸化炭素(CO2)排出権の寄付の証明書を送付することで、利用者は環境問題への貢献を実感できるものとなっている。また、筑波銀行(茨城県土浦市中央)では、エコカー補助金制度を利用してハイブリッド車などを導入した企業に貸出金利を優遇した新車ローンを始めた。さらに、東京電力(東京都千代田区内幸町)の助言を得て、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果のある設備を導入した企業に、優遇金利で導入資金を融資する商品を開始した。一方、第四銀行(新潟県新潟市中央区)は、環境問題を始め医療、農業など成長分野の取り組みを推進する専門部署としてニュービジネス企画室を設置した。埼玉りそな銀行(埼玉県さいたま市浦和区)も、環境問題などの分野で成長性の高い非上場企業を投資対象とした10億円規模のファンドを設立して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などに取り組む貸出先を募っている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 金融機関が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減など環境問題対策を強化はこちら

京都府京都市の高校で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減と環境問題対策

 京都府立北稜高等学校(京都府京都市左京区)は、普通科高校としては全国で初めて環境規格「KES・環境マネジメントシステム・スタンダード」の認証を取得しているが、今般、京都府内の公立学校では最大の太陽光発電システムが整備された。このほかにも、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、4割も削減できる新設備や「ミミズで生ゴミ堆肥化」、「緑のカーテン」、「エコキャップ活動」などの環境問題にも意欲的に取り組んでいる。京都府立北稜高等学校の環境問題に対応した新設備は、国の地域活性化臨時交付金を活用して導入され、総事業費は2億4369万円となっている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する太陽光発電システムとして太陽光電池モジュール336枚を設置し、システム容量は60kwとなっており、教室30室に相当する全電灯の電力の発電が可能になっている。さらなる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、窓には断熱遮光フィルムが貼られており、蛍光灯は省エネ型のインバーター式に変更され、冷暖房も新たにガス方式に変更したという。その結果、年間地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は約72トン削減でき、これは一般家庭約14軒分の年間における二酸化炭素(CO2)排出量相当になり、年間電気料金は約160万円節減できる省エネルギー仕様になったという。太陽光発電システムの発電量は校内3か所に設置されているディスプレーにリアルタイムで表示される。同校で環境問題への意識が高まったのは1990年代である。学校近くの一条山が違法造成によってモヒカン刈りの状態となり、景観破壊の象徴として社会的環境問題になった。竹山教諭は「近くではゴミ処理場建設反対の運動も起こり、環境問題を意識するようになったのではないか」と話す。それ以降の同校の代表的な環境問題への取組みは、ミミズによる生ゴミの堆肥化であった。学校内で出る生ゴミを約2万匹のミミズの餌として食べさせて分解すると、臭いのない堆肥ができるので、学校内で幅広く活用されている。職員室の外壁前では、堆肥を土に混ぜて地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する「緑のカーテン」としてゴーヤを栽培しており、夏場になるとカーテン状に大きく茂り、職員室内の温度を下げる効果もある。これには、生徒らが結成した「ゴーヤクラブ」が日々の水やりから夏場の収穫までを担当している。堆肥を使って育てた花は、同校近くの叡山電鉄木野駅や老人保健施設に届けられている。生徒たちが地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減や環境問題を意識するようになったのは生徒会活動を通じてだという。7月からは、環境問題の取組みとしてペットボトルのキャップを集めて世界の子供たちにワクチンを贈る「エコキャップ活動」も推進している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京都府京都市の高校で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減と環境問題対策はこちら

三菱重工業はCO2±0(ゼロ)住宅での地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 三菱重工業(東京都港区港南)は、船舶用ディーゼルエンジンの過給機に発電機を内蔵し、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策が施された環境問題に対応するハイブリッド過給機「MET83MAG」を開発した。ハイブリッド過給機は、船舶用エンジンの排ガスを過給機コンプレッサの駆動だけでなく、発電にも活用することで航海中に必要なすべての電力を供給することができるという。その最大発電出力は754キロワット(毎分9,500回転時)で、さらに発電機を電動機として作動させて過給機を回転させて、補助ブロワの代用とできるメリットがあるなど、省エネルギーと地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に貢献する環境問題に貢献した性能を有している。このハイブリッド過給機は、三菱重工業のほか日本郵船(東京都千代田区丸の内)、ユニバーサル造船(神奈川県川崎市幸区)、日立造船(大阪府大阪市住之江区)の協力により製品化したという。2011年に就航する大型ばら積み運搬船に搭載して、世界で初めて地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の実証試験を行う予定になっている。三菱重工業では、船舶エネルギーの有効利用に必要な主要機器を手掛ける強みを活かし、将来の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの環境問題の規制強化や、熱効率向上の技術ソリューションシステムを今後も継続的に提案していくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 三菱重工業はCO2±0(ゼロ)住宅での地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

兵庫県神戸市の富士通テンが環境配慮設計DfEで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 富士通テン(兵庫県神戸市兵庫区)は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を自動的に計算するなど技術者の負担を減らしながら、環境に優しい製品の研究開発体制を構築すると発表した。環境配慮設計(DfE)のレベルを定量的に評価する3つのシステムを開発し、これを実際の富士通テンの製品開発の際に導入して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量など環境負荷の実態を簡単に把握しながら製品を効率的に開発していくという。DfEを評価するシステムは「LCA算出システム」、「環境効率ファクター算出システム」、「グリーン度評価システム」の3つのシステムとなっている。例えば、LCA自動算出システムでは、INPUT画面で必要情報を入力すると、OUTPUT画面で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を数分で算出することができる。これらを部品表システムなど、既存の富士通テンの社内情報システムと連動させることで、富士通テンの設計者が従来行っていた環境負荷量算出などの工数を大幅に削減しながら、製品開発での環境負荷の度合いを評価できるものとなっている。富士通テンでは、これらのシステムを製品価値向上と環境負荷低減を両立するための設計に活用し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として環境問題に配慮した製品開発を推進していくという。今後、富士通テンの製品の企画・構想段階から地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を含めたDfEの度合いを評価する枠組みを整備し、2011年度から全製品分野で運用を開始するとしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 兵庫県神戸市の富士通テンが環境配慮設計DfEで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

神奈川県横浜市で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策の上映会

 横浜メディア・ビジネスセンター1階のカフェレストラン「Applause(アプローズ)」(神奈川県横浜市中区太田町2)で「green drinks Yokohama」と神奈川県横浜市地球温暖化対策事業本部による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた合同イベント「ストップ温暖化ショートフィルム上映会&YESトーク」が開催される。「green drinks」は、世界の約600か所で行われているイベントで、地球環境問題や持続可能な社会づくりなどに関心を持つ人たちの交流を目的に開催され、神奈川県横浜市での開催は今回で4回目になり、ヨコハマ・エコ・スクール(YES)との共同主催で行われる。イベントでは、ショートフィルムの映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2010」で、日本の環境省の「チャレンジ25キャンペーン」がプロジェクトパートナーとしてサポートした第3回「ストップ!温暖化部門」のノミネート作品を上映する。世界36か国から集まった318作品の中で、最優秀賞に選出された「お勘定 The Bill Peter Wedel」など13フィルムを上映する。上映後には、「ヨコハマ・エコ・スクール」の協働パートナーによる活動紹介のショートプレゼンテーションと懇親会を実施する。横浜市内の小学生を対象に環境絵日記の取組みを行っている横浜市資源リサイクル事業協同組合(横浜市神奈川区)や、エコモービル・太陽光発電パネルなどを手がけるキシムラインダストリー(横浜市中区)、環境問題に配慮した事業展開を行っている大川印刷(横浜市戸塚区)の代表者が活動を紹介する。ヨコハマ・エコ・スクールは、神奈川県横浜市の脱温暖化行動方針「CO-DO30」に定める地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の目標達成のため、横浜市内の市民活動団体や市内事業者、大学、行政などが実施する環境・地球温暖化問題に関する講座・イベントなどを横浜市民に提供しており、昨年から開校して、現在は約60団体・企業がパートナーとして登録されている。横浜市地球温暖化対策事業本部は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のショートフィルムの上映では、各国の映像作家や監督が捉えた地球温暖化防止対策の切り口とメッセージをお楽しみいただければと思います。また、神奈川県横浜市を中心に活躍しているYES協働パートナーの個性あふれるトークもご期待ください。」と話している。地球温暖化問題や環境問題に興味のある人なら誰でも参加可能である。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県横浜市で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策の上映会はこちら

兵庫県の観光地が電動アシスト自転車で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減

 兵庫県では、観光地の自動車利用による地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を少しでも削減しようと、観光客向けに二酸化炭素(CO2)を排出しない電動アシスト自転車の貸し出しを行う地方自治体が増加している。電動アシスト自転車は、販売開始から15年ほどたっているが、当初の課題であった自転車のバッテリーの小型化や容量の増大といった改良が進んみ、販売価格もこなれてきたことから、出荷台数は当初の約4倍にもなっている。兵庫県神戸市も地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するといった環境問題への配慮から、走行時に二酸化炭素(CO2)を排出しない電動アシスト自転車の貸し出しを試行する予定だという。神戸市の地球温暖化の原因対策の担当者は「観光も地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するエコ時代になっている。今後、本格的な地球温暖化の原因対策の事業化も検討したい」とコメントしている。電動アシスト自転車は1990年代半ばごろに本格的に販売が始まった。電動アシスト自転車メーカー各社で作っている「電動アシスト自転車安全普及協議会」によると、当初は電動アシスト自転車の車体が30kgほどもあり、1回の充電で可能な走行距離もかなり短かった。しかし、年々、電動アシスト自転車の性能がアップしたことから、1996年に約9万1600台だった国内出荷台数は、昨年、約36万5000台(社団法人自転車協会調べ)まで増加したという。兵庫県内では、篠山市が出資する社団法人が昨年8~12月に、経済産業省の委託を受け実施したレンタルサイクルの社会実験では、普通の自転車と電動アシスト自転車を64台用意し、篠山市内のJR篠山口駅前などを拠点に有料で貸し出した結果、観光客に大好評だったという。そのため、今年4月には本格的に電動アシスト自転車のレンタルサイクル事業を開始し、台数も80台に増やし、1日1000円で貸し出している。兵庫県内では、ほかに淡路市が電動アシスト自転車のレンタルサイクル事業を導入しており、神戸市でも電動アシスト自転車の貸し出し事業を試験実施するという。神戸市では、電動アシスト自転車を30台以上用意する予定をしており、神戸市の繁華街及び観光地である三宮・元町、ハーバーランドなど5か所以上に拠点を設け、神戸市内の拠点間の移動に使ってもらうといい、利用料金などを検討しているという。神戸市地球環境課は「電動アシスト自転車のレンタルサイクル事業は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量抑制につながる可能性がある。車が通れない路地などもたくさんあり、地球温暖化の原因防止対策ともいえる電動アシスト自転車に乗って、環境問題に取り組む新たな神戸市の魅力を発見してほしい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 兵庫県の観光地が電動アシスト自転車で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

香川県高松市は打ち水による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 香川県高松市では、打ち水による地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策とヒートアイランド対策を実施している。打ち水で街を涼しくする「高松打ち水大作戦2010」が大暑の日、香川県高松市の中心部で行われた。打ち水の当日は、強烈な日差しが照りつける猛暑であったが、サンポート高松(高松市サンポート)と中央公園の2か所において、高松市民らが一斉に打ち水を行い、真夏の涼を体感した。「高松打ち水大作戦2010」は、日本の伝統的な風習でもある打ち水を体験し、地球温暖化の原因対策やヒートアイランド対策などの環境問題について高松市民の意識を高めてもらおうと、「NPO法人四国の道路サポータクラブ」が主催したもので、2006年から毎年実施しているものである。当日撒いた打ち水には、上水ではなく再生水2トンを使用したという。高松市の海沿いにあるサンポート高松のシンボルタワー南側の歩道には、浴衣姿の女性や親子連れ、サラリーマンら約200人が集結し、打ち水開始の合図とともに、おけや洗面器から一斉に打ち水をすると、ひんやりとした空気へと変化した。会場の温度は34.4度から33.5度に下がり、参加者は打ち水の効果の大きさに驚きと喜びを感じていた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 香川県高松市は打ち水による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

神奈川県川崎市で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減等の環境経営セミナー

 神奈川県川崎市で、経営者を対象とした地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減等の環境経営セミナーが開催される。経済危機の現状において、現状からの脱皮を図り、次へのステップを創造するかが経営者・マネジャーの最大課題である。これからの企業が避けては通れないものとして、地球温暖化の原因防止対策を始めとした環境問題への対応があり、国内を取り巻く問題だけでも「グリーン購入」、「グリーン調達」、「東京都による二酸化炭素(CO2)の総排出量規制と排出量取引」、「国内クレジット排出量取引(CDM)」、「改正省エネ法や廃棄物処理法の改定」など多くの動きがある。これらを負担と捉えず、環境問題を本業に適用し、社内の「ムリ・ムダ・ムラ」を改善し、コストダウン、そして「カーボンオフセット」による環境問題への貢献など、業績向上と経営品質向上を実現している元気な中小企業も数多く存在している。セミナーでは「環境問題への対応は、経営の最も重要な戦略の一つであり、業績を左右する重要な要素」として、「企業経営の中に位置づけ、活かす環境経営システム構築」について具体例も含めて紹介する。
(1)テーマ
経営に環境を活かす「環境経営でコストダウン、サービス品質・経営品質改善し業績向上を」
(2)主催
NPO法人日本環境管理監査人協会 (JEMAS)
(3)日時・場所
2010年9月10日(金)14:00~16:30(受付開始13:30)
川崎市産業振興会館(神奈川県川崎市幸区堀川町66-20)JR東海道;京浜東北線川崎駅西口より線路沿いに歩いて徒歩8分 京浜急行:川崎駅西口より徒歩7分
(4)内容
・挨  拶
JEMAS理事長(東京大学客員研究員)小山 富士雄
・講演
1)中小企業が元気に・儲かる「環境経営」のノウハウと具体例
JEMAS理事(㈱KAZコンサルティング代表取締役社長)鈴木 和男
2)既存の経営の仕組みをベースに役に立つ「統合経営システム構築」のノウハウ   JEMAS理事(ネスキュー代表取締役社長)       中山 安弘
(5)参加申込
以下の事項についてメール(または、Fax)に記載しお申込み下さい。 
・タイトル:環境経営セミナー参加
・氏名・所属・電話番号・メールアドレス
・会員区分:会員は、【会員】と明記。非会員の方は、【非会員】と明記。
・参加費:JEMAS会員無料、非会員の方は資料代1,000円(当日払い)
・定員:100人
・申込先:info@kazconsul.jp 「環境経営セミナー 受付係」宛又はFax:03-6893-1452
以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県川崎市で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減等の環境経営セミナーはこちら

香川県高松市は打ち水大作戦で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 香川県高松市では、打ち水で街を冷やして涼しくしようと「高松市打ち水大作戦2010」が香川県高松市のサンポート高松と中央公園の2か所で行われ、両会場で高松市民ら約400人が参加し、一斉に打ち水をして涼しさを体感したという。打ち水は、道や庭に水をまいて夏の涼を求めた伝統的な日本人のよき知恵を体験し、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減ヒートアイランド対策など環境問題への意識を高めてもらおうと、NPO法人四国の道路サポータクラブ(香川県高松市錦町)が平成18年から毎年実施しているもので、今年は2か所の打ち水で計2トンの雑用水を使用した。高松市のサンポート高松の高層ビル前の歩道では、昼休みの会社員や浴衣姿の女性ら約200人が参加して、司会者の「打ち水で地球を冷やそう」の掛け声でおけやたらいの水を打ち水した。打ち水を行った結果、会場の気温は34.4度から33.5度にまで下がり、参加者たちは「涼しくなった感じがする」と喜んでいた。NPO法人四国の道路サポータクラブの事務局長は「打ち水への参加者も年々増えてきており、地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減を始めとする環境問題への高松市民の関心が高まっている。家庭でも夕方に庭などに打ち水すれば気温は2~3度下がるので、こうした打ち水の取り組みが盛り上がっていければ嬉しい」と話していた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 香川県高松市は打ち水大作戦で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

京都府長岡京市の村田製作所が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減の子供向け解説冊子を作成

 京都府長岡京市に本社がある電子部品大手の村田製作所は、地球温暖化の原因防止対策である温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量削減が必要になる仕組みや同社の環境問題への取り組みをわかりやすく紹介しエコ活動をまとめた子供向けの冊子「未来の地球、セイサク中。」を製作した。村田製作所は、従来から小・中学生向けの環境問題の学習や理科授業、電子工作教室など様々なCSR(企業の社会貢献活動)の取り組みを行っているが、その取組の一環一つとして未来を担う子供たちに対して、地球温暖化の原因防止対策を始めとする環境問題に対する知識の向上や関心・取り組みの喚起を行うとともに、村田製作所の環境問題に対する取組や事業内容の理解を深めてもらうことを目的にやさしく解説した冊子を作成したという。この冊子は、村田製作所が積極的に行っている小中学生向けの環境問題学習や地球温暖化の原因防止対策のイベントなどで活用していくという。冊子は全体で16ページあり、今の地球には地球温暖化の原因によってどのようなことが起こっているのか、そして未来の地球のために何ができるのかを考えることができる内容となっている。それを村田製作所オリジナルキャラクターであるムラタセイサク君とムラタセイコちゃんも登場して分かりやすく説明している。また、子供たちに環境問題への関心を高めてもらう狙いで、熱を吸収する二酸化炭素(CO2)の働きや二酸化炭素(CO2)排出増につながる生活行動をイラストなどで解説している。節電や自転車の利用など日常生活で実践できる地球温暖化の原因防止対策につながるエコ活動やクイズ、環境問題に配慮した設計や生産、輸送など村田製作所の取組も紹介している。冊子は、地球環境への負荷を低減させるために間伐材を使用した紙や大豆インクなどを使用して印刷している。ホームページに電子版を掲載した。(http://www.murata.co.jp/elekids/eco_committee/index.html)以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京都府長岡京市の村田製作所が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減の子供向け解説冊子を作成はこちら

岡山県倉敷市の酒造会社がエコ包装で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 岡山県倉敷市玉島乙島にある三千鶴酒造は、レンコンを原料にした焼酎を製造するなどユニークな取組みを行っている酒造会社であるが、今般、地球温暖化の原因二酸化炭素(CO2)削減対策として環境問題を強く考慮したエコ包装による清酒販売を始めた。来年、創業100周年を迎えるという同社は、新たな地元素材を使い、地球温暖化の原因対策までも踏まえた酒造りに挑戦したいと意気込んでいる。三千鶴酒造が行ったのは、これまでの紙パック清酒を包むように覆われていた透明のシュリンク包装の中止である。三千鶴酒造によると、紙パック清酒を透明なフィルムで覆うシュリンク包装は、紙パックの汚れ防止と異物混入を防ぐために行われているものであり、過去、グリコ森永事件など一連の食品企業脅迫事件をきっかけに始まったとされる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など環境問題が社会的にも大きくクローズアップされる中、三千鶴酒造は独自にでも取り組むことができるエコ対策を検討した結果、紙パック清酒のフィルム包装をやめることで、廃棄物になってしまう無駄なゴミの排除と加工に伴う地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献することを決めたという。三千鶴酒造によると、同社が製造販売している4銘柄の清酒の包装に使用するフィルムは年間計約4・5キロメートルにも及んでいるが、これを廃止することによって地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるという。フイルム包装を廃止することによる異物混入対策は、新たにキャップの構造を工夫することにした。新しく使用するキャップには、周囲に切り込みがあり、これを外して開栓するので、異物混入阻止が可能になるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 岡山県倉敷市の酒造会社がエコ包装で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

エコ検定で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減

 エコ実践塾コンソーシアムは、NTTドコモなどの携帯3社が実施している地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減など環境問題について出題されるエコ検定の公式サイト「エコ実践塾」の運営や環境ビジネスセミナーなどで環境にかかわる人材育成に取り組んでいる。エコ実践塾コンソーシアムでは、まもなく実施される第8回エコ検定合格に向けての環境問題学習の総仕上げとして、試験1週間前の「直前ポイントアップ講座」を7月17、18、19日に下記の要領で開催すると発表した。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減など環境問題について出題されるエコ検定は100点を満点となっており、70点以上が合格点となるが、得点分布では合否を分ける70点前後の人が多いといわれている。直前ポイントアップセミナーは過去の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減など環境問題についての出題傾向を分析し、第8回に出題される可能性が高い地球温暖化の原因対策の問題を解きながら、10点以上得点力を高めるのが目的であるという。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減など環境問題についての関心の高まりとともに、eco検定は年々、受験生の増加に伴って、難しくなる傾向にある直前ポイントアップ講座は環境問題セミナーでも毎回、多くの受講生が集まる人気の講座であり、今回は受講生の要望を受けて、神奈川県横浜市でも開催することになった。 セミナーに参加できない方は携帯サイト「エコ実践塾」がお勧めだという。地球温暖化の原因対策の過去問学習や復習に最適で、いつでもどこでも手軽に学習できると好評で会員が急増中だという。詳細はhttp://eco.newsmedia.jp/kentei/top.html
セミナーの日時と会場は次のとおりである。
7月17日 午後2時-4時半 会場:文京シビックホール(東京都文京区春日1-16-21)
・営団地下鉄丸ノ内線/南北線後楽園駅4b又は5番出口徒歩2分
・都営地下鉄三田線/大江戸春日駅(文京シビックセンター前)徒歩2分
・JR中央線/総武線水道橋駅徒歩8分
7月18日 午前9時20分-11時50分 会場:神奈川県民センター(神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2)
・JR横浜駅西口から徒歩5分
7月19日 午後2時-4時半 会場:文京シビックホール(東京都文京区春日1-16-21)

> エコ検定で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

地球温暖化の原因防止を考える環境超人エコガインダー悪役にAKB48梅田彩佳さん

 環境超人エコガインダーの番組は、地球温暖化の原因防止を始めとする環境問題をテーマにしたキッズステーションオリジナル特撮番組であり、環境省環境教育推進室の協力の下に制作・放送されているという。地球温暖化の原因防止やエコなどについての具体的な事例をストーリー内に織り込み、さまざまな環境問題への関心を提起し続けており、普段の生活の中で少し意識を変えるだけで地球環境を守ることができるを番組を通して伝えている。ストーリーは次のとおりとなっている。人類は、地球温暖化の原因となる環境破壊と悪の軍団・エコクラッシャーによって存亡の危機にさらされていた。そのような状況下で片桐博士によって生み出された人類最後の希望・環境超人エコガインダーは時空を超え、地球温暖化の原因となる環境破壊によって危機となる歴史の分岐点・21世紀でエコクラッシャーの女王・クイーン・デスガイアを退くことに成功した。しかし、デスガイアは再び子どもらに地球温暖化の原因となる環境破壊活動を促進させる習慣を植え付ける計画を画策した。新たなエコクラッシャーを21世紀へ送り込んだことから、再び環境超人エコガインダーの戦いが始まるというものとなっている。同番組では、エコクラッシャーの幹部・ステナにAKB48の梅田彩佳さんを起用した。制作発表会に黒色のコスチュームを身に着け登場した梅田さんは「衣装に着られてしまうかと思ったが、今では私服でもいけるかも。子どものころ夢見ていた悪役を演じられて楽しかったし、ものすごく気持ちよかった」と話した。監督の福山龍次さんは「今作の見所は、梅田さんが演じるキュートな悪役のステナ、エコガインダーのライバルとなる破壊超人ロスト、クイーン・デスガイア役の松本梨香さんの怪演となる。この番組を通して、身近にあるエコに気付いてもらえれば」と期待を寄せる。放送は6月28日15時45分からとなっており、以降は毎週月曜15時45分から放送される。

> 地球温暖化の原因防止を考える環境超人エコガインダー悪役にAKB48梅田彩佳さんはこちら

神奈川県海老名市の神奈川県立高で地球温暖化の原因防止の環境教育の成果発表

 神奈川県立海老名高校(神奈川海老名市中新田)は、神奈川県教育委員会から「環境教育推進拠点校」の指定を受け、地球温暖化の原因防止対策を始めとする環境問題環境教育に取り組んでいる。先般、同校において、1年生や保護者、海老名市の地域住民ら約380人が参加して地球温暖化の原因防止対策を学ぶ「省エネ共和国地域学習会」が開かれた。学習会では地球温暖化の原因防止対策を始めとする環境問題についての講演と、学内で取り組んでいる地球温暖化の原因防止の省エネ共和国の活動・成果を発表した。2005年から進めている省エネ共和国の活動では、牛乳パックやペットボトルキャップ及びアルミ缶の回収に取り組み、タイの体の不自由な子どもたちへ車いすや歩行器、途上国の子どもへポリオワクチンを寄付している。また、校内には、地球温暖化の原因防止対策を考えるきっかけとなる太陽光発電や風力発電施設も備え付けてある。こうした取り組みについて、6代目の同共和国大統領らがパワーポイントを使いながら地球温暖化の原因防止対策を保護者らに説明した。また、1年生を対象にした元国連職員、上村雄彦さん(神奈川県横浜市立大准教授)の地球温暖化の原因防止対策に係る講演「持続可能なグローバル福祉社会の実現」も行われた。

> 神奈川県海老名市の神奈川県立高で地球温暖化の原因防止の環境教育の成果発表はこちら

愛知県豊橋市が全小中学校に地球温暖化の原因対策の緑のカーテン

 愛知県豊橋市は、地球温暖化の原因対策として、つる性植物で校舎の直射日光を遮り、教室の室温の上昇を抑える「緑のカーテン」の設置を、今年度から豊橋市内の全小中学校などで本格的に導入することになり、緑のカーテンを作るための苗やネットなどの資材の配布を始めた。緑のカーテンは、豊橋市が3月にまとめた地球温暖化原因対策地域推進計画で取り組む都市緑化プランの一つと位置づけれれている。昨年、豊橋市立向山小学校など計25校と豊橋市役所西館でアサガオなどを植えたところ、夏の暑い時期、最大で5度も室温が低下する省エネ効果があることがわかった。このため、今年度は、豊橋市内の全小中学校74校、豊橋市内の福祉施設の7か所などへ取組みを拡大し、アサガオ、ゴーヤ、フウセンカズラの苗を植え、9月末まで緑のカーテンを設置することにし、事業費は約540万円となっている。豊橋市環境政策課では「緑のカーテンの普及を通して、市民や子どもたちが地球温暖化の原因などの環境問題に関心を持ってもらえれば幸いだ」とコメントしている。

> 愛知県豊橋市が全小中学校に地球温暖化の原因対策の緑のカーテンはこちら

宮城県仙台市の大学生が地球温暖化の原因対策のワークショップ

 宮城県仙台市の大学生が地球温暖化の原因対策を始めとする環境問題、エネルギー問題について学んだ成果を音楽劇で披露する「エコ&エネルギーワークショップ2010」発表会が宮城県仙台市青葉区にあるエル・パーク仙台で開催された。地球温暖化の原因や省資源、省エネルギー問題をテーマに「オズの魔法使い」を上演するなかで、一人一人が身近なところから地球温暖化の原因対策を始めとする環境配慮の行動を起こす大切さを訴えた。地球温暖化の原因対策に係るワークショップは、東北電力仙台営業所が2004年度から毎年開催しているものである。今回は、宮城県仙台市周辺にある7大学の学生約50人が3月から、宮城県内の資源リサイクル施設や発電所を見学したり、地球温暖化の原因対策の専門家の話を聞いたりして環境問題やエネルギー問題を学習してきた。この学習の成果を踏まえ、演劇部や合唱部に所属する約20人が地球温暖化の原因対策に関する音楽劇を演じた。50年後から現代に来た少女とかかし、ブリキのきこり、ライオンが資源やエネルギーの現状を学び、無駄や無関心を乗り越え、地球温暖化の原因対策として何をなすべきかを考えていくストーリーとなっている。大学生約100人がグループに分かれ、地球温暖化の原因対策の音楽劇を題材に意見を交わす交流会も開催された。

> 宮城県仙台市の大学生が地球温暖化の原因対策のワークショップはこちら

地球温暖化の原因防止と環境問題でエコ包装

 地球温暖化の原因防止対策として、あるいは環境問題に取り組む姿勢を見せるためにも、環境負荷の少ない容器や梱包(こんぽう)材を使用する動きが産業界で広がりつつある。キリンビバレッジは、国産の2リットル入りのペットボトルとして最軽量の35グラムの地球温暖化の原因防止の飲料容器を開発したと発表した。資生堂は、地球温暖化の原因防止の植物素材のサトウキビを原料にした樹脂製の化粧品容器を来年度から採用する。地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を減らして環境保全に貢献するとともに、製品自体の差別化が難しい中、環境性能をアピールして販売拡大につなげる狙いがある。キリンビバレッジは新容器をまず、ミネラルウオーター「アルカリイオンの水」に採用し、10月下旬から売り出すという。これまでの国産最軽量だったサントリーの36グラムを1グラム下回ったものとなっている。同社の従来品より7グラム(16%)軽量化した結果、製造時に使う樹脂量が年間820トンの削減が可能になり、一般家庭560世帯分の地球温暖化の原因となる温室効果ガスであるCO2排出量に相当する量を抑制する効果がある。常務は「新容器で企業としての地球温暖化の原因防止と環境配慮姿勢を示す」とし、アルカリイオンの水で前年比1%増の2200万ケースの販売を目指す。2リットルの軽量ペットボトルをめぐっては、日本コカ・コーラが「森の水だより」で38グラムを実現しているほか、サントリーが36グラムの「天然水」を3月から売り出している。地球温暖化の原因防止と環境負荷を減らす動きは化粧品にも及んでいる。資生堂は南米化学最大手のブラスケン(ブラジル)、豊田通商と共同で、地球温暖化の原因防止に向けてサトウキビの絞りかすから取れるエタノールを原料に使ったポリエチレン樹脂製の容器を開発中だという。コストは石油原料に比べて高くつくが、「消費者の地球温暖化の原因防止などの環境意識が高まり、企業側からも新しい地球温暖化の原因防止に係る提案をしていく必要がある。美とエコを両立させたい」として、業界に先駆けて容器のエコ化を進めている。同社は20年度をめどに、08年度に国内の容器で使用した樹脂の半分にあたる1000トンを地球温暖化の原因防止となる植物由来の樹脂に切り替える計画だという。

> 地球温暖化の原因防止と環境問題でエコ包装はこちら

新宿御苑で地球温暖化の原因を考える「ロハスデザイン大賞」

 東京都新宿区内藤町にある新宿御苑で5月13日から、地球温暖化の原因を考える環境イベント「第5回ロハスデザイン大賞2010 新宿御苑展」がロハスクラブの主催で開催されている。同イベントは地球温暖化の原因防止や生物多様性保全のための参加型イベントとして毎年開催されており、今年のテーマは「Become a Green Shopper! 幸せにつながる、グリーンな選択を!」となっている。会場では各環境問題を考える環境ゾーン、ロハスステージ、ネイチャーゾーン、健康ゾーン、ロハスキッチン&カフェのあるフードコートなどに分かれ、展示やワークショップ、健康講座、各種イベントなどを開催している。その中でも、日傘型のテント「ロハスアンブレラ」では、「ヒト」「モノ」「コト」の部門に作品を分けてロハスデザイン賞の最終候補約120点を展示しているが、来場者もその場で投票し、イベントに参加できる仕組みとなっている。このほか、生物多様性の大切さを食べて理解できる体感型のフードイベントや、近所同士のコミュニケーションを深める「隣人祭り@新宿御苑」も行っている。同イベント担当者は「暮らしの中で実践できるさまざまなエコアクションを集めて展示する。自分自身の生活が社会や地球温暖化の原因と密接につながっていることを理解し、自分の生活における選択次第でこの世界をグリーンに変えていくことができるはず」とコメントしている。イベントの開催時間は9時~16時30分で、入園料は、大人200円、子ども50円、未就学児童は無料となっている。

> 新宿御苑で地球温暖化の原因を考える「ロハスデザイン大賞」はこちら

地球温暖化の原因防止に石の紙を採用

 地球温暖化の原因防止対策などの環境保護意識が高まる中で、木材パルプを一切使わない紙を採用する企業や地方公共団体が増えているという。こうした紙は、地球温暖化の原因防止対策に関心お高い企業等の文具や預金証書などに採用されており、販売元ではコスト削減に向けて国内生産も視野に入れている。この紙は、石灰石を主原料とする石でできたストーン紙「keeplus(キープラス)」である。台湾の「台湾龍盟科技」が製造し、既に世界48カ国で特許を取得済みとなっている。日本ではTBM(東京都港区)が輸入販売している。キープラスは、石から抽出した無機鉱物の粉末から作られ、製造時に洗浄プロセスもなく、強い酸やアルカリ、漂白剤も使わないため、廃水や河川・海の汚染の心配もないという。さらには、乾燥工程も必要ないため、排ガスも出ないという環境に良いことずくめである。地球温暖化の原因防止対策など環境問題の課題である森林資源、水資源を保護し、廃棄物を出さないことを可能にした次世代の紙といえよう。TBMでは「手で触っただけでは石でできているとは気づかなく、普通の紙と一緒の感覚です。水にも強くて破れにくく、変色もしにくい」と特徴をあげている。本格販売を始めてからまだ1年ほどだが、地球温暖化の原因防止対策に関心の高い高級文具ブランドの「クラフトデザインテクノロジー」とメモ帳を共同開発したほか、青森県信用組合が地球温暖化の原因防止対策に寄与したいと定期預金証書に採用するなど、利用分野が拡大している。会社案内やカタログ、紙袋など地球温暖化の原因防止対策やエコ意識の高い企業などからの注文も目立っているという。現在の課題はコストであり、山崎社長は「需要が増えれば国内生産も夢ではない」と述べている。
子供服リサイクルショップブランド買取販売情報布団ふとんクリーニング情報着物きものリサイクル買取販売店情報

> 地球温暖化の原因防止に石の紙を採用はこちら

地球温暖化の原因防止に向けた積水ハウスなど環境先進企業の取組み

 2010年は、世界規模で地球温暖化の原因防止対策を始めとする環境問題への意識が益々高まっていくことが予測される。特に、我が国は、2020年までに地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス1990年比で25%削減するという極めて高い目標を掲げており、各企業の地球温暖化の原因となるCO2削減に向けた今後の取り組みも注目されている。住宅メーカーの積水ハウスは、住宅業界初の地球温暖化の原因防止対策に取り組む「エコ・ファースト企業」として、環境に配慮した次世代の住まい環境を積極的に提案している。2009年から展開している環境配慮型住宅「グリーンファースト」では、地球温暖化の原因防止対策となる太陽光発電システム家庭用燃料電池を積極的に提案することで着実に受注を伸ばし、今年度の受注目標である太陽光発電システム搭載住宅6,000棟、家庭用燃料電池1,000台をいずれも前倒しで達成したという。また、大阪ガスと共同で地球温暖化の原因防止対策に関連する情報技術を使用し、エネルギー利用の最適化を図るスマートハウスの実証実験や、三洋電機と共同でリチウムイオン電池を搭載した住宅の研究を本格的に開始するなど、次世代の住宅における地球温暖化の原因防止対策の環境に配慮した新エネルギー技術の研究も積極的に行っている。
 2009年12月には、積極的に地球温暖化の原因防止対策を始めとする環境への取り組みを推進する「エコ・ファースト企業」23社が、企業の地球環境問題に対する取組みをさらに充実させるために「エコ・ファースト推進協議会」を設立し、地球温暖化の原因防止対策に向けて参加企業間の連携強化を表明したところである。この協議会の活動とのシナジー効果を図るかのように「エコ・ファースト推進協議会」の議長・副議長を務める企業6社の代表者が揃って参加した地球温暖化の原因防止対策の「チャレンジ25キャンペーン」のキックオフイベントが、1月14日に総理官邸で行われた。同イベントは、鳩山内閣総理大臣をリーダーに、地球温暖化の原因防止対策のため温室効果ガス排出量の削減を進めていく国民運動「チャレンジ25キャンペーン」のスタートを記念して実施されたものである。イベントには、鳩山首相、小沢環境大臣をはじめ、加山雄三、上戸彩、杉山愛さんら多くの著名人が出席して行われた。国民運動のスーパーアドバイザーとして前東大総長の小宮山宏・三菱総研理事長が就任し、タレントやお天気キャスターなどが「応援団」に任命された。イベント中、「エコ・ファースト推進協議会」副議長を務める積水ハウスの和田会長は、「鳩山総理も『家庭部門は地球温暖化の原因防止対策のため温室効果ガス排出量の削減余地がまだまだあり、この対策が一番大事』とおっしゃっております。当社は地球温暖化の原因防止対策の環境配慮住宅「グリーンファースト」の普及に力を入れており、今では戸建受注の6割以上を占めるまでになりました。地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電と燃料電池を搭載し、CO2を100%削減できる「CO2オフ住宅」も2009年だけで800棟も供給しています。もちろん、既存住宅への地球温暖化の原因防止対策も重要です。お客様の環境意識も高まっているので、今後も一つ一つ地球温暖化の原因防止対策のCO2オフの取り組みを広げていきたい」と意気込みを語った。
LEDライト電光サイン看板情報携帯マイmy箸運動販売情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止に向けた積水ハウスなど環境先進企業の取組みはこちら

地球温暖化の原因防止対策として茨城県土浦市が公用車に電気自動車導入

 土浦市民へ地球温暖化の原因防止対策として環境問題への取り組みをアピールしようと、茨城県土浦市は茨城県内の自治体で初めて公用車に電気自動車を購入し、27日に納車された。購入した電気自動車は三菱自動車の軽自動車「アイミーブ」1台となっている。地球温暖化の原因防止対策の電気自動車の定員は4人で、外装デザイン経費も含め482万3千円で購入した。地球温暖化の原因防止対策の電気自動車は、100ボルトで14時間、200ボルトで7時間充電することで約160キロ走行できる。地球温暖化の原因防止対策の電気自動車の車体には成長をイメージする植物の芽と空や水をイメージする青でデザインとなっているが、電気自動車をアピールするためコンセントを描いた。茨城県土浦市では購入した地球温暖化の原因防止対策の電気自動車のをさまざまなイベントで展示するほか、職員が日常の業務で利用して地球温暖化の原因防止対策をPRする。中川清土浦市長は「土浦市民や事業者の皆さんに地球温暖化の原因防止対策や環境の重要性をPRする土浦市のフラッグシップカーとして活用したい」と話している。
雨水再利用タンクシステム情報屋上緑化情報桐箪笥タンスの販売修理情報

> 地球温暖化の原因防止対策として茨城県土浦市が公用車に電気自動車導入はこちら

地球温暖化の原因防止対策やリサイクルなどの「環境問題に関する世論調査」結果

 内閣府は全国20歳以上の男女3,000人を対象に行った地球温暖化の原因防止対策やリサイクルなどの「環境問題に関する世論調査」の結果について平成21年8月3日までに取りまとめ公表した。今回の調査では、地球温暖化の原因防止対策やリサイクルなどの循環型社会に関する意識と自然共生社会に関する意識についての2項目に関する意識・関心について調べたもので、平成21年6月4日~6月14日にかけて実施された。有効回答数は1,919人(64.0%)であった。このうち、地球温暖化の原因防止対策やリサイクルなどの循環型社会に関する意識についてでは、「ごみの問題への関心」の度合いは「関心がある」とする意見は92.4%(前回平成13年7月の89.8%と比べて2.6ポイントの上昇)、「リサイクルやリユースなどの3Rの言葉の認知度」では、「聞いたこともない」と回答した割合が45.0%と最も高かった、「普段の暮らしの中でのごみとの関わり方」については、「ごみの問題は深刻だと考え、ごみを少なくする配慮やリサイクルを多少意識して実施している」を挙げた割合が52.2%と最も高かった。「ごみを少なくするために行っていること」では、「詰め替え製品をよく使う」を挙げた割合が63.3%と最も高かった。「再使用や再生利用のために行っていること」では、「家庭で出たごみはきちんと種類ごとに分別して、定められた場所に出している」を挙げた割合が84.1%と最も高かった。「環境にやさしい製品の購入(グリーン購入)の意識」については、「意識している」とする割合が81.8%であった。
 また、地球温暖化の原因防止対策やリサイクルなどの「循環型社会の形成についての意識」については、「現在の生活水準(物質的な豊かさや便利さ)を落とさず、大量生産、大量消費は維持しながら、廃棄物の再使用(リユース)や再生利用(リサイクル)を積極的に進めるなど、できる部分から循環型社会に移行するべきである」との割合が39.1%であった。「ごみの問題の具体的な認知度」では、「野山や河原等への不法投棄が大きな社会問題となっている」との割合が76.1%であった。「国の施策の方向性についての意識」では「リサイクルや焼却をする前に、まず、ごみの発生を減らすこと(リデュース)に取り組むべきだ」との割合が47.0%と最も高かった。「国の具体的な施策についての意識」では、「企業の側で,長期間利用が可能となるような製品やリサイクルが容易な製品の開発を進めるための制度の構築」との割合が29.7%と最も高かった。自然共生社会に関する意識についてでは、「自然に対する関心」の度合いは、「関心がある」とする回答の割合が91.7%(前回平成18年6月の85.7%と比べて6.0ポイントの上昇)であったのに対して、「生物多様性の言葉の認知度」については、「聞いたこともない」が61.5%で最も高く、「生物多様性国家戦略の認知度」でも77.8%が「聞いたこともない」と回答、さらに、「生物多様性条約締約国会議の認知度」では84.2%が「聞いたこともない」と回答した。なお、「生物多様性に配慮した生活のためのこれまでの取組」では、「節電や適切な冷暖房温度の設定など地球温暖化対策に取り組んでいる」を挙げた回答者の割合が62.8%と最も高かった。また、「生物多様性に配慮した生活のための今後の取組」でも「節電や適切な冷暖房温度の設定など地球温暖化対策に取り組む」を挙げた者の割合が63.2%と最も高かった。「生物多様性に配慮した企業活動への意識」では、「生物多様性に配慮している」と表明している企業を評価するか聞いたところ、「評価する」と答えた者の割合が82.4%であった。
ハウスクリーニング掃除清掃代行情報エアコンクリーニング業務用家庭用掃除洗浄情報着物きものクリーニング専門丸洗い情報

> 地球温暖化の原因防止対策やリサイクルなどの「環境問題に関する世論調査」結果はこちら

平成21年版「環境統計集」

 環境省は、環境の状況に関するデータに限らず、環境問題の原因となる環境への負荷や、環境問題に対して講じた施策に関するものも収録した「環境統計集」の平成21年版を発行すると発表した。この「環境統計集」は、各統計データが環境問題を構成する「人間活動」⇒「負荷」⇒「状態」⇒「対策」というサイクルの中のどのデータであるか整理して示している。また、巻頭には環境問題の各分野の状況を分かりやすく概観できるグラフをまとめて掲載してあり、環境の状況についての施策の進展を指標で示した「環境基本計画の進捗状況を把握する総合的環境指標」も掲載している。構成は「第1章:経済社会一般」、「第2章:地球環境」、「第3章:物質循環」、「第4章:大気環境」、「第5章:水環境」、「第6章:化学物質」、「第7章:自然環境」、「第8章:環境対策全般」--となっている。一般の書店から購入できる(予定価格:1部2,200円)ほか、環境省ホームページ内の「環境統計集のページ」にも電子データが掲載される予定。○入手についての問い合わせ先 霞が関政府刊行物サービス・センターTEL:03-3504-3885 FAX:03-3504-3889

病院臨床検査技師の求人募集転職看護師・准看護師の求人募集転職保健師の求人募集転職

> 平成21年版「環境統計集」はこちら

地球温暖化対策のチーム・マイナス6%軽自動車6時間耐久レース

 チーム・マイナス6%(環境省)は、10月13日に長野県長野市のスポーツランド信州で開催される地球温暖化対策の「第12回関東学生対抗 チーム・マイナス6%軽自動車6時間耐久レース」に特別協力すると発表。
 この大会は、全日本学生自動車連盟(関東支部)が地球温暖化や環境問題に対する取り組みの一環として開催するもので、「バイオエタノール3%燃料(E3)」を全面的に使用し、環境に優しいモータースポーツ活動を提案することを目的とする。
 レースに出場するそれぞれの軽自動車の車両には、「ストップ温暖化」のメッセージをつけ、レース全体で地球温暖化防止を呼びかける。開催時間は7時10分から15時まで。

> 地球温暖化対策のチーム・マイナス6%軽自動車6時間耐久レースはこちら

第3回エコドライビングコンテスト

 全国121大学の自動車部が加盟する国内最大の学生モータースポーツ運営組織「全日本学生自動車連盟」は平成20年9月1日に、三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットで「第3回全日本学生対抗チーム・マイナス6%エコドライビングコンテスト」を開催する。時間は7時から17時まで。
 この大会は、全日本学生自動車連盟が、チーム・マイナス6%のプロジェクトに賛同し加盟校自動車部と共に地球温暖化環境問題に対して積極的に取り組むために、それに必要となる知識や技術などを身につけ、その集大成として開催するもの。
 3回目の開催となる今年は50チームの193名が出場予定で、「ふんわりアクセル“eスタート”のステッカーをつけた競技車で、走行タイムと消費燃料によるポイント制でエコドライビングを競としている。。コンテストは、高速走行、一般走行、貨物走行の3ステージで実施され、タイムと消費燃料によるポイント制でグランプリが決定する。
 また、エコドライブの講習会や、モータージャーナリストの竹岡圭氏とレーシングドライバーの道上龍氏による「エコドライブ・トークイベント」が実施されるなど、エコドライブの普及による地球温暖化防止の推進を呼びかける予定。

> 第3回エコドライビングコンテストはこちら

農林水産技術会議の「地球温暖化対策研究戦略」

 農林水産省は、地球的規模で加速的に進行する温暖化に対応した農林水産研究を進めていくため、「地球温暖化対策研究戦略」をとりまとめたと発表。
 同戦略は、同省の特別機関である「農林水産技術会議」(注1)で取りまとめたもの。「食料自給率の強化」、「食の安全および消費者の信頼の確保」および「地球温暖化を中心とする地球規模の環境問題」といった農政の主要課題に重点をおいて研究を進める『農林水産研究開発』のうち、地球温暖化問題に焦点を当てたものとして位置づけられる。
 技術会議内に地球温暖化対策研究推進委員会を設置し、今後5年程度を視野に、地球温暖化対策研究を進める上で考慮すべき課題等について検討を行った結果を取りまとめた。

 「地球温暖化対策研究戦略」の骨子は、地球温暖化による陸域・海洋の生態系の変動が農林水産業に大きな影響を及ぼすことを認識し、(一)地球温暖化の進行を防止するための技術開発、(二)地球温暖化に適応するための技術開発、(三)地球規模で進む温暖化問題の解決に向けた国際共同研究--の三つの課題に取り組む必要があることを提示している。

(注1)
農林水産技術会議は、農林水産省設置法による、国家行政組織法上の「特別の機関」として設置されているもので、(1)農林水産研究基本計画等の策定、(2)試験研究と一般行政部局の事務との連絡調整、(3)研究開発の状況及び成果の調査、(3)農業・食品産業技術総合研究機構等の独立行政法人に関すること、(4)都道府県、民間企業等の行う研究開発の助成、(5)研究者の資質の向上 などの任務を果たしている。会議は、平成20年5月までに608回開催されている。

> 農林水産技術会議の「地球温暖化対策研究戦略」はこちら

グーグル 「One Green プロジェクト」をスタート

 チームマイナス6%のチーム員であるグーグル株式会社は、平成20年6月23日から、グーグルが提供する「iGoogle」と「 Google マップ」をプラットフォームとして活用しながら、環境問題に関する情報や、身近にできるCO2削減の取組をネット上で公開した。
 チーム・マイナス6%は、ユーザー参加型のCO2削減量を表示するコンテンツに、「めざせ!1人、1日、1kg CO2削減」の削減数値を提供するとともに、公式ホームページに掲載している「新着情報」と「活動報告」の情報を、ガジェットのひとつとして提供する。
 ガジェットには、「チーム・マイナス6%」のほか、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が提供する「JAXA | EORC -地球が見える-」など、Google以外の、5つの組織や団体が作成した、環境問題に関係したオリジナルガジェットも同時に提供される。

> グーグル 「One Green プロジェクト」をスタートはこちら

水俣病の教訓を伝えるための普及啓発セミナー

 環境省は、平成20年3月1日に丸ビルホール(東京都千代田区)で、水俣病の教訓を伝えるための普及啓発セミナーを開催する。時間は13時から17時まで。
 同省は、8年度から14年度まで、インドネシア、フィリピン、タイ、中国、ヴェトナムで「水俣病経験の普及啓発セミナー」を開催したほか、15年度からはこれらの国の行政官を日本に招聘しての研修事業、国内の教職員や学生を対象にしたセミナーを開催。水俣の経験を内外に広く伝える取組みを継続してきた。
 今回のセミナーは、教育関係者、環境・教育を学ぶ学生、NPO、環境問題に関心のある一般市民を対象にしたもの。
 プログラムとしては、(1)水俣市立水俣病資料館の語り部・永本 賢治さんと新潟県立環境と人間のふれあい館の語り部・近 四喜男さんによる講話、(2)新潟、水俣、東京で進んでいる教育実践・普及啓発の事業について、実践団体等からの事例発表が予定されている。
 参加希望者は事前にセミナーホームページの参加申し込みフォームかFAXにより登録することが必要。宛先は(財)水と緑の惑星保全機構(担当: 島田、遠藤、FAX番号:03-3433-4510)

> 水俣病の教訓を伝えるための普及啓発セミナーはこちら