TOPページ > 検索結果

検索結果 【環境モデル都市】

福岡県北九州市で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策のエコテクノ2010が閉幕

 国指定の環境モデル都市である福岡県北九州市の西日本総合展示場(福岡県北九州市小倉北区浅野)において、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの環境技術を集めた西日本最大級の展示会「エコテクノ2010」が閉幕した。主催する財団法人西日本産業貿易コンベンション協会(福岡県北九州市小倉北区浅野)によると、従来の展示内容は公害対策やリサイクル技術といったものが主流だったが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減が国際的に注目される中で、二酸化炭素(CO2)の発生を抑える低炭素技術に変化してきているという。このうち、福岡県北九州市のブースでは、福岡県北九州市八幡東区で本年度から開始した次世代エネルギーシステム構築を目指す「北九州スマートコミュニティ創造事業」を紹介していた。北九州スマートコミュニティ創造事業には、日本IBM(東京都中央区日本橋箱崎町)やNTT西日本(大阪府大阪市中央区馬場町)など、従来、環境技術とは縁が遠かったIT(情報技術)企業も参加していた。風力発電や太陽光発電など自然の再生可能エネルギーを、ITを駆使してより効率よく使用するシステムを模索している。また、経済発展とともに公害やエネルギー不足が社会問題化している中国を中心に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に取り組んでいる海外の環境企業も参加した。誘致した日本貿易振興機構(JETRO)によると、「中国や韓国でも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の環境産業が成長しており、高い技術を有する日本企業との連携を求めている企業も多い」という。福岡県北九州市のエコテクノ2010の会場では、九州、中国及び韓国による「環黄海経済・技術交流会議」や中小企業テクノフェアも同時に開催された。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県北九州市で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策のエコテクノ2010が閉幕はこちら

福岡県北九州市は電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の普及活動で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 福岡県北九州市とパーク24(東京都千代田区有楽町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、福岡県北九州市の公用車を活用して電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の普及促進を目的としたカーシェアリングと充電利用の実証実験を実施すると発表した。福岡県北九州市において、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のために、電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)を活用した大規模な実証実験は初めてのケースであり、2010年11月中旬から約1か月間にわたって実施するという。福岡県北九州市は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に積極的に取り組む環境モデル都市として、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)などの環境問題対応の次世代自動車の導入を推進している。今年度は国土交通省(東京都千代田区霞が関)が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として実施している「環境対応車を活用したまちづくりに関する実証実験」に選定されている。これを受け、福岡県北九州市はパーク24の協力を得て電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)カーシェアリングの実施による、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の実証実験を実施することになった。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、平日に福岡県北九州市が公用車として使用している三菱自動車の電気自動車(EV)「i-MiEV」とトヨタのプラグインハイブリット「プリウスプラグインハイブリッド」を、福岡県北九州市役所が休みとなる土・日・祝日に福岡県北九州市民に無料で貸し出すというものだ。同時に、パーク24が福岡県北九州市内で運営する時間貸駐車場「タイムズ」のうち、約15か所に電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)用の充電設備を設置し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献する電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の運転と駐車場での充電を体験してもらうという実証実験になっている。福岡県北九州市民に次世代環境自動車を体感してもらい、地球環境問題への意識を高めてもらうと同時に、走行ルートや走行距離、充電施設の利用時間などを調査し、電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の普及に向けた問題点を把握するために活用するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県北九州市は電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の普及活動で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

関西電力は大阪府堺市で太陽光発電所(メガソーラー)稼動による二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因対策

 関西電力(大阪府大阪市北区中之島)は、大阪府堺市西区の臨海部に建設中の地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献する総出力10メガワットの「堺市太陽光発電所メガソーラー)」のうち3メガ・ワット分の自然エネルギーの太陽光発電による運転を開始したと発表した。出力が1メガワットを超える大規模太陽光発電所(メガソーラー)の運転開始は、国内の電力会社で関西電力の堺市太陽光発電所が初めてのケースであり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として自然エネルギーの普及が加速しそうだ。関西電力は、大阪府堺市にある産業廃棄物などを埋め立ててできた土地約20ヘクタールを大阪府から借りて堺市太陽光発電所(メガソーラー)建設している。堺市太陽光発電所(メガソーラー)は、運転開始分だけで、6ヘクタールの土地に敷き詰められた太陽光発電パネル約2万枚によって、一般家庭約900世帯分の自然エネルギーの電気を生み出すという。堺市太陽光発電所(メガソーラー)は、2011年10月をめどに総出力10メガワット全体を稼働させる予定だ。堺市太陽光発電所(メガソーラー)の運転開始式に出席した大阪府堺市の竹山修身市長は、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に取り組む環境モデル都市の大阪府堺市を国内外にアピールするための大きな歩みとなる」と挨拶した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 関西電力は大阪府堺市で太陽光発電所(メガソーラー)稼動による二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因対策はこちら

神奈川県横浜市で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の太陽光発電ビジネスセミナー

 地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に寄与できる太陽光発電に何かと注目が集まっている。そうした太陽光発電に係るビジネスに関して、神奈川中小企業センタービル(神奈川県横浜市中区尾上町5)で横浜市地球温暖化対策事業本部「ヨコハマ・エコ・スクール(YES)」認定の講座「第1回太陽光発電がもたらすグリーンビジネスセミナー」が開催されると発表があった。太陽光発電ビジネスの講座開催の背景には、2010年1月から神奈川県横浜市が内閣府認定の環境モデル都市の基幹プロジェクトの一環としてスタートさせた「横浜市グリーンバレー構想」に基づくものである。具体的には、太陽光発電などの再生可能エネルギーや電気自動車のカーシェアリングの導入などの取り組みを通して、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の低炭素型指向のモデル地域の形成を目指すというものである。今回の太陽光発電セミナーは、TKグリーンプランニングの主催によるもので、講師は同社の岸村俊二さんとなっている。岸村さんは、日本初の太陽光発電専門の工業デザイナーであり、これまで約20年間にわたって太陽光発電システムの企画・開発に携わり、開発事例としては、ソーラーLED街路灯、ソーラーEV(電気自動車)ステーションがあるという。この講座は、今後ますます需要が高まる太陽光発電のビジネスに精通した人材をはぐくむことを目的として開催するものである。当日は、環境保全と太陽光発電ビジネスの両立を目指したビジネスモデルの構築について、豊富な国内外の太陽光発電の導入事例と最新の太陽光発電情報を交えて解説する予定になっている。さらに、理論や前例紹介だけではなく、具体的にどのようにすれば太陽光発電を事業化できるか、今後参入するにはどのような戦略が必要かなど、太陽光発電をビジネスとして成功させるためのヒントを多く提供するという。太陽光発電ビジネスセミナーの開催時間は7月23日14時~16時30分(13時45分開場)であり、定員は30人となっている。参加対象は、環境ビジネスや自然エネルギーに関心のある社会人で、参加費用は29,500円となっている。費用はやや高額であるが、このセミナーによって実際ビジネスとして成功するのであれば安いものであろう。

> 神奈川県横浜市で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の太陽光発電ビジネスセミナーはこちら

神奈川県横浜市がごみ処理で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 神奈川県横浜市では、横浜市一般廃棄物処理基本計画において「横浜G30プラン」を掲げてきており、これまでごみの削減減量に大きな成果を挙げてきた。このたび、横浜市が、ゴミ処理計画への次のステージへと踏み出すという。横浜市では、有識者らでつくる横浜市一般廃棄物処理基本計画審議会の答申を受け、新たな「横浜市一般廃棄物処理基本計画」の策定に向けた作業に着手している。横浜市の新基本計画では、ただ単にごみを減らすだけではなく、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を削減するといった環境負荷低減に関する指標を盛り込むなど、地球環境問題にも考慮した一段と高度なゴミ処理の手法の目標の設定を目指している。横浜市では、昨年10月にごみ処理のあり方について諮問を行い、「横浜市廃棄物減量化・資源化等推進審議会」(会長=中杉修身・元上智大大学院教授)が林文子横浜市長に答申した。横浜市の新基本計画の期間は、2025年度までの概ね15年間となっている。これまでの横浜市の一般廃棄物処理基本計画「横浜G30プラン」(03年1月~10年度)における目標は、ごみ排出量の削減に特化した計画だったが、今回の答申では、ごみ処理の目標設定の在り方について「地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量削減などを目標に加えることを検討すべきである」と答申された。既に政府から環境モデル都市に選定されている神奈川県横浜市は、25年度までに温室効果ガス排出量を30%削減する「横浜市脱温暖化行動方針(CO―DO30)」に取り組んでいる。市資源循環局の担当課は「新たな基本計画ではCO―DO30とも連携することになる」と話し、市民や事業者のごみ処理にも環境問題を考える視点が必要になるとする。横浜市のG30プランに定められたこれまでのごみ削減減量目標は、基準年度と比べてどれだけのごみを減らすかという数値化できる分かりやすいものだった。しかし、今回のように地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を削減するという環境負荷低減に関する指標は難しい。答申では「目標の見える化」が必要となるとしている。また、答申は、市民・事業者・行政の協働の取組みによってごみ排出量を基準年度に対して40%以上削減したG30プランの取り組みを評価しており、ごみ減量に関してはG30の経験を引き継ぐべきであるとしている。その上で、一層のごみ減量に向けて、さらなる分別の徹底、ごみの発生抑制に向けた取り組み、コスト意識の観点に立った事業の有効性を確認すること等を挙げている。横浜市では、9月を目途に計画の素案を発表し、パブリックコメント(市民意見)によって意見を募集した後、12月に横浜市一般廃棄物処理基本計画策定を目指している。

> 神奈川県横浜市がごみ処理で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら