TOPページ > 検索結果

検索結果 【独自のカーボンオフセット制度】

三重県は独自のカーボンオフセット制度で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 三重県は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に向けた取組みとして、三重県独自の「カーボンオフセット制度」を導入する方針を明らかにした。三重県9月定例議会で、議員の一般質問に答えた。三重県は「本年度中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる独自のカーボンオフセット制度の仕組みをつくり、来年度の実施を目指したい」と話している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としてのカーボンオフセット制度は、市民や企業が二酸化炭素(CO2)の排出削減努力をしても減らせなかった分を埋め合わせるため、森林整備の植林など二酸化炭素(CO2)削減活動に投資してもらい、相殺する取り組みのことをいう。近年、カーボンオフセット制度は、日本でも企業や個人の自主的な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の活動として広まっている。野呂昭彦三重県知事は「独自のカーボンオフセット制度は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のための行動として有望だ」と評価した上で、三重県独自の仕組みを検討する考えを示した。三重県環境森林部によると、三重県独自のカーボンオフセット制度は三重県内の企業や個人が対象で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を数値化して、目標に届かなかった分などを三重県内の森林整備に投資してもらうことで二酸化炭素(CO2)排出量をオフセットするというものになる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)分を販売金額に上乗せした「カーボンオフセット商品」を三重県の企業に販売してもらうことなども検討している。三重県全体でカーボンオフセット制度の仕組みを構築するのは珍しい試みだという。三重県では、「三重県内で出した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を三重県内で吸収するカーボンオフセット制度の仕組みをつくり、環境問題に貢献する意識を三重県民一人ひとりに持ってほしい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 三重県は独自のカーボンオフセット制度で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら