TOPページ > 検索結果

検索結果 【温室効果ガス】

滋賀県の地球温暖化の原因防止対策に反対意見

 滋賀県議会の温暖化対策特別委員会が開催され、滋賀県が地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、2030年に1990年比で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の半減を目指す滋賀県条例案について、出席した滋賀県内の企業側の代表者から「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策といえども、これ以上のハードルはクリアできない」などと、滋賀県の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に対して異論が相次いだ。滋賀県の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の条例案は、滋賀県内の事業所に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減目標の提示を求める内容となっており、滋賀県では県議会に提案し、可決されれば事業所の訪問を始める計画をしているという。この日、滋賀県議会に参考人として招かれた日本電気硝子の専務執行役員は、滋賀県内の4工場などで取り組む地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策を説明した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の内容としては、ガラスを溶かす燃料を重油から天然ガスなどに転換し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を毎年1%ずつ減らしているとして、「これ以上の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減は採算が合わず、工場を滋賀県外移転せざるを得ない」と主張した。また、滋賀県トラック協会の種村馨専務理事は、滋賀県が2030年までに貨物輸送で47万トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減目標を掲げている点に関して、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として掲げている電気自動車は、トラックには不向きだ。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の目標設定が安易すぎではないか」と述べた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 滋賀県の地球温暖化の原因防止対策に反対意見はこちら

2009年度の地球温暖化の原因の温室効果ガス国内排出量

 環境省(東京都千代田区霞が関)は12月27日、2009年度の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の国内排出量の速報値を好評した。温室効果ガス国内排出量は、2008年秋のリーマンショック後の大幅な景気後退を理由とする企業の生産活動が落ち込んだことが主要因となって、二酸化炭素(CO2)排出量で前年度比5.7%減の12億900万トンと、京都議定書で定めた基準である「マイナス6%」を達成できた。しかし、民間シンクタンクによる予想では、翌年の2010年度は若干の景気回復や夏の猛暑などの影響によって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が増えると試算している。2009年度は、京都議定書で定めた目標期間の2年目になり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を、1990年度比で毎年6%減らす必要があった。これには、森林による二酸化炭素(CO2)吸収固定分や外国から購入した二酸化炭素(CO2)排出権を削減分と見なすことができることから、実際の排出量は0.6%削減で目標が達成できるという。09年度の速報値はこれをクリアした。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量のうち、産業部門及び家庭部門における燃料・電力使用による「エネルギー起源」の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は前年度比5.6%減となった。特に、産業部門の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が7.9%減と激減していることから、1990年度比では19.9%もの大幅な削減量となった。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 2009年度の地球温暖化の原因の温室効果ガス国内排出量はこちら

東京都港区の東京ガスは天然ガスハイブリッド車HVで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 東京ガス(東京都港区海岸)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、天然ガスハイブリッド車の試作車両を開発したと発表した。天然ガスハイブリッド車HVは、市販されているガソリンHVのトヨタ自動車「SAI」をベースに、化石燃料の中では燃焼時の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が最も少ない天然ガスを燃料に走行できるよう改造した。天然ガスハイブリッド車HVは、クリーンな天然ガスを燃料として利用するため、ベースのガソリンハイブリッド車HVよりも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を24%削減できる。また、ガソリン車と比べると二酸化炭素(CO2)排出量を62%削減できる効果があるという。天然ガスハイブリッド車HVの燃料となる圧縮天然ガス(CNG)は、ガソリン車よりも低廉な価格であるため、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の効果に加えて、燃料コストもガソリンハイブリッド車HVと比較して約半分、一般のガソリン車との比較では約4分の1に削減できる。今回開発した天然ガスハイブリッド車HVの試作車は、東京ガスが仕様を決定し、HKSが車両の改造を手掛けた。東京ガスでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の天然ガスハイブリッド車HVを「天然ガス自動車の未来を示すコンセプトカー」として位置づけ、各種展示会などのイベントに展示するとともに、営業車両としても使用し、性能を実証していくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 東京都港区の東京ガスは天然ガスハイブリッド車HVで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都は情報通信技術(ITS)で二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、情報通信技術(ITS)による環境問題解決の東京都モデルを作る試みを実現する「グリーン東京研究会」が発足し、9月28日に設立総会が東京都千代田区の三菱総合研究所で開催された。これまでの環境問題の取組みといえば、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減目標を国や地方自治体が掲げて、その二酸化炭素(CO2)排出量削減計画に基づいて民間セクターが努力するというのがほとんどだった。しかし、グリーン東京研究会は行政に頼らず、民間レベルで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する環境問題改善プラン「グリーン東京モデル」をとりまとめ、継続的に行政に提案していくことを活動目標としている。グリーン東京研究会の発起人代表は、三菱総合研究所(東京都千代田区大手町)理事長の小宮山宏氏である。前東京大学総長の下に、東京都内の主たる大学の有識者を始め、情報通信技術(ITS)に携わる業界団体の代表約40人が集まったという。東京都のC地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の主たる要因は、オフィスと家庭、さらに自家用と事業用の移動手段で約9割を占めている。小宮山氏は会長選任の挨拶で、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の問題では、誰が汚染者で誰が被害者かわからないということがよく言われる。しかし、東京都の場合は明確にわかる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)による汚染者は我々自身。実は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の9割が生活から排出されているということを、みんな納得しているだろうか」と、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する問題点を指摘した。その上で「日本で今まで十分に活用されていない情報通信技術(ITS)を使うことが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する様々な問題を解決していく鍵がある」と述べて、グリーン東京研究会の方向性を示した。グリーン東京研究会では、来年1月に第2回の研究会を開催し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する提案作成に向けた議論を交わし、年度末にかけて提案書をとりまとめる予定をしている。また、2011年度以降は、提案に基づいた具体的な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のプロジェクト体制を整えるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都は情報通信技術(ITS)で二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

東芝が高効率モーターで二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策

 東芝(東京都港区芝浦)は、ベトナム子会社の東芝産業機器アジアが、ホーチミン市近郊のドンナイ省のアマタ工業団地に、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する産業用高効率モーターの新工場を竣工し、操業を開始した。新工場は東芝最大規模の産業用高効率モーターの生産拠点で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献できる100馬力以下の産業用高効率モーターを製造するという。2015年度に完成品ベースで年産120万台を製造し、グローバル市場に出荷する予定であり、2015年の従業員数は約500人を見込んでいる。消費電力を抑えることで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を低減できる高効率モーターに対するニーズが非常に高まっている状況にある。今年12月には、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、アメリカを始め世界各地で所定基準以上の高効率モーターの製造・販売が法律で義務化される予定となっており、高効率モーターの需要は急増する見通し。新工場で生産する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の高効率モーターは、当面、北米市場向け輸出が中心となるが、その後、中国、東南アジア、日本、欧州、豪州などに販路を拡大するという。東芝は、ベトナムの新工場の稼動によって、既存製造拠点である東芝産業機器製造(三重県三重郡朝日町)、米国の東芝インターナショナル米国、中国の東芝大連社の3拠点とともに、全世界に4極体制で供給できる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の高効率モーターの生産体制が確立した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東芝が高効率モーターで二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

岩手県八幡平市の岩手山焼走り国際交流村が地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量を削減するボイラーを導入

 岩手県八幡平市は岩手県内でも有数の林業が盛んな地域であるが、岩手山焼走り国際交流村(岩手県八幡平市平笠24地割728)に、岩手県八幡平市内の製材の過程で出る樹皮を燃料にできる給湯ボイラーが導入され、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にも貢献している。岩手山焼走り国際交流村の施設内の「焼走りの湯」の給湯と暖房に使用されるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のボイラーはオーストリア製で、岩手県八幡平市の製材業者が排出した樹皮と木質チップを容積約50立方メートルのサイロからベルトコンベヤーで自動的に供給し、それを燃焼させて湯を沸かす仕組みになっている。ボイラーの設置費用は計約1億4600万円かかったが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策補助金として国が2分の1を負担した。今回のボイラーは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるとはいえ、樹皮は木質チップと比較して水分含有率が高く燃やしにくいのが欠点であったが、広い燃焼室で樹皮を乾燥させてから燃やせるタイプを選んだという。焼走りの湯では、昨年度、重油約25万リットルを消費し、燃料費は約1700万円かかったという。厳冬期には重油ボイラーを一部併用する必要があるが、それでも400万円程度の燃料費用を圧縮できるという。9月21日には、関係者が出席して岩手県八幡平市の現地で完工式が開かれ、田村正彦岩手県八幡平市長が「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策や林業再生の一助になれば」と期待のあいさつをした。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 岩手県八幡平市の岩手山焼走り国際交流村が地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量を削減するボイラーを導入はこちら

新潟県見附市は太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因対策

 新潟県見附市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、見附市内の全13の小学校及び中学校にクリーンエネルギー太陽光発電システムのパネルを設置し、通電を開始したと発表した。クリーンエネルギー導入などによって地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策が重要とはいえ、全小中学校にクリーンエネルギーの太陽光発電システムの装置を設置するのは新潟県内では初めてで、全国的にも珍しい環境問題への取組みだという。新潟県見附市によると、クリーンエネルギーの太陽光発電システムの整備に係る総事業費は約2億5,000万円であったが、約9割が国からの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の補助金を充当している。新潟県見附市内の全校の太陽光発電システムで最大電力量は1時間当たり約195kwになり、平均で学校の消費電力の14.8%を太陽光発電システムからのクリーンエネルギーの発電で賄えるという。太陽光発電システムの完成による通電式は、新潟県見附市立葛巻小学校であり、5、6年生が出席して行われた。児童たちがカウントダウンを行い、クリーンエネルギーの太陽光発電システムに通電を始めると、モニター画面に学校の発電量が表示されると児童から歓声が上がり、通電から10分後には計9.4kwの発電量になったという。久住時男見附市長は「環境問題にやさしい学校づくりは見附市の地域の中でとても重要。この先進的な取組みが『エコのまち、新潟県見附市』の一翼を担えればと思う」とあいさつした。太陽光発電システムの公開授業も開かれ、児童たちは地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に対するクリーンエネルギーの太陽光発電システムのメリットなどについて学んだ。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 新潟県見附市は太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因対策はこちら

二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策になる環境自動車税を創設

 総務省は、自動車関係の税制を検討する「自動車関係税制に関する研究会」の審議結果を発表した。報告書によると、現在の地方税の自動車税と国税の自動車重量税を一本化し、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に資する地方税として環境自動車税の創設を提言しているのが特徴である。総務省は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のエコカー減税が期限切れとなる2012年度の創設を目指して調整を始めるという。「自動車関係税制に関する研究会」は、総務大臣の指示の下、2010年3月に発足したもので、座長には東京大学(東京都文京区本郷)の神野直彦名誉教授を迎え、地球温暖化の原因防止対策等に資する観点から温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に寄与する車体課税の在り方とともに、複雑な現在の自動車関係税の簡素化について検討してきた。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、創設が提言された環境自動車税は、地方税にふさわしいとの結論となり、また、自動車税及び自動車重量税は一般財源であり、一本化後も引き続き一般財源とすべきだとしている。このほか、軽自動車と小型自動車の格差を合理的に説明することは困難との考えが示され、税率を上げるときには、段階的に行うことも考えられるとしたが、今後更に検討する必要があるとした。自動車取得段階に課せられている自動車取得税は、当面は維持すべきと結論付けられた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策になる環境自動車税を創設はこちら

茨城県土浦市はシンボルキャラクターで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 茨城県土浦市も、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする環境問題に積極的に取り組んでいる。この度、茨城県土浦市が市制施行70周年を迎える記念事業として募集した土浦市地球温暖化防止シンボルキャラクターが大阪府大阪市の前田昌克さんが応募した作品の「つーチャン」に決定したと発表した。土浦市による地球温暖化防止シンボルキャラクターの募集は、4月から6月にかけて行われ、合計326点の応募があり、そのうち、土浦市内の小中学生からは230点の応募があったという。土浦市地球温暖化防止シンボルキャラクターの選考は、選考委員会で土浦市民や土浦市内の事業者で組織する土浦市環境基本計画推進協議会の意見を参考にしたという。選考基準としては、コンセプト、創意工夫、親しみやすさ、デザインの4点を重視して選考したという。土浦市地球温暖化防止シンボルキャラクターに決定した前田さんの作品は、土浦市の「つ」を霞ケ浦や青空をイメージする青色で表現しており、緑の地球と前に踏み出すイメージとなっている。これが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に土浦市民や土浦市行政が一体となって、力強く元気に取り組む姿を親しみやすく表現していると高く評価された。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 茨城県土浦市はシンボルキャラクターで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

島根県大田市がレジ袋有料化で地球温暖化の原因防止の二酸化炭素(CO2)削減対策

 島根県大田市で9月1日、地球温暖化の原因防止の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、島根県西部の地方自治体では初めてレジ袋が有料化された。大田市や大田市内の業者、経済団体でつくる大田市地球温暖化対策地域協議会ではこの日、スーパーマーケットで店頭キャンペーンを実施、地球温暖化の原因防止の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減とごみの減量への市民の協力を訴えた。大田市長久町にあるジャスコ大田市店の前では、竹腰創一大田市長や大田市婦人団体連絡協議会のメンバーが、地球温暖化の原因防止の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のチラシとジャスコ大田市店オリジナルの「マイバッグ」を買い物客に手渡し、「レジ袋は有料化されたので、買い物にはマイバッグなどの買い物袋持参で」などと呼びかけた。マイバッグは2,000枚用意され、ジャスコ大田市店で先月30日から3日間かけて配布された。大田市地球温暖化対策地域協議会では、去る8月20日に、大田市や大田市内の9業者16店舗がレジ袋の無料配布中止と有料化に関する協定に調印した。地球温暖化の原因防止の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としてのレジ袋有料化の賛同業者はその後増え、大田市内の12業者19店舗でスタートした。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 島根県大田市がレジ袋有料化で地球温暖化の原因防止の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

兵庫県が個別訪問で二酸化炭素(CO2)削減する地球温暖化の原因対策

 兵庫県は各家庭の実際のライフスタイルに応じ、効果的で具体的な地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減対策を提案する「うちエコ診断」の全県展開を始めたと発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減チェックは、兵庫県下の研究機関が開発した専用ソフトを利用したもので、簡易版はネット上で利用でき、希望すれば兵庫県の診断員が家庭を訪問して無料で診断するという。兵庫県の「うちエコ診断」は、地球環境戦略研究機関関西研究センター(兵庫県神戸市中央区)が経済産業省の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策に係る補助事業として平成20年から開発に取り組み、兵庫県内の阪神間の100軒で実証実験を繰り返して開発したソフトであるという。ソフトは、居住地や家の広さ、電気やガス、ガソリンの使用量、家電製品の使用方法などを基に、各家庭の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を自動的に算出し、地球温暖化の原因防止に必要となる削減レベルや有効な対策案が図などで分かりやすく表示される。兵庫県では、「ひょうご環境創造協会」がこのソフトを活用した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策としてエコ診断員を育成してきた。現時点で46人が養成講座を修了したため、今月から兵庫県内の各家庭を個別訪問してエコ診断を始めることが可能になった。これまで「ひょうごエコプラザ」(兵庫県神戸市中央区)で実施していた窓口でのエコ診断も継続するほか、兵庫県民局や兵庫県下の市町で集団診断及び民間企業などでの団体向け診断も実施する。また、兵庫県のホームページ上でWEB版診断ソフトの公表も始めており、電気料金や電気器具の使い方などを入力すると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策に対する簡単な自己診断もできる。兵庫県では、センターなどと連携して開発した小学生版「うちエコ診断」ソフトを今後、兵庫県内の小学校の環境教育でモデルとして利用するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 兵庫県が個別訪問で二酸化炭素(CO2)削減する地球温暖化の原因対策はこちら

茨城県水戸市は日照調整フィルムで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因防止対策

 茨城県水戸市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、猛暑の日差しによる影響を和らげる効果などがある透明の日照調整フィルムを水戸市庁舎に導入することを決め、関連の事業費を補正予算案を提案している。フィルムを水戸市庁舎の窓ガラスに張ることで、冷暖房効率が向上し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を削減する効果がある。水戸市によると、フィルムは赤外線を大幅に遮断することから、夏季には日差しによる庁舎内温度の上昇を減らすほか、冬季は断熱効果を高めて庁舎内の暖気を逃さないという冷暖房の効果があり、全国的にに見ると京都府庁舎で導入されている。フィルム1590平方メートル分の約2150万円を見込み、年間130万円の冷暖房費が節約でき、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量も年間40トン削減できると試算している。この工事に併せて水戸市庁舎前の駐車場に設置されている照明45本を省電力型のLED照明に交換する。LED照明によって、年間89万3千円の電気代と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量27トンが削減できる見込みとなっており、これに要する事業費は約2450万円となっている。いずれの経費も水戸市地球温暖化対策推進基金を活用して補正予算案に盛り込み、開会中の水戸市議会に提出している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 茨城県水戸市は日照調整フィルムで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

二酸化炭素(CO2)の回収貯留技術で地球温暖化の原因削減対策

 ドイツの電力大手RWEなどは、石炭火力発電所の排煙から地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を効率よく回収する技術を開発した。二酸化炭素(CO2)排出量を回収する小型設備での試験で、二酸化炭素(CO2)回収に必要なエネルギー消費量を20%削減できることを確認したことから、今後、大規模な実証プラントの建設を行っていくという。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を回収して、地下に半永久的に貯蔵する二酸化炭素(CO2)回収貯留技術(CCS)は地球温暖化抑制技術として期待されており、世界的に競争が繰り広げられている。プロジェクトはドイツRWEと化学大手BASF及び産業ガス大手のリンデの3社は、2009年からドイツ西部ケルン近くにあるRWEの石炭火力発電所に地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を回収するパイロットプラントを建設し試験を進めてきた。リンデはプラントの建設と運営を行い、BASFは溶媒と呼ばれる地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)吸収剤の開発を担当した。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)回収貯留の新技術の中核は、より性能の高い溶媒を利用し、新たに開発した二酸化炭素(CO2)回収プロセスを導入した点にあるといえる。これによって二酸化炭素(CO2)回収に必要なエネルギー量を2割削減することができ、酸化による溶媒の劣化も抑え、溶媒使用量を削減した。欧州では石炭火力発電の比率が高く、今後も電力の安定供給の観点から利用が続くと見込まれる。しかし、石炭火力発電の排煙にはガス火力に比べ多くの地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)が含まれるため、地球温暖化抑制のため排煙中の二酸化炭素(CO2)を高効率で回収する技術が求められている。今回の技術では、排煙中の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の90%以上を回収することが可能だという。回収した地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)は地中深くの地層に注入して貯蔵したり、肥料などの原料としてリサイクルしたりできるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 二酸化炭素(CO2)の回収貯留技術で地球温暖化の原因削減対策はこちら

福岡県の福岡空港が太陽光発電システムで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減に貢献

 九州電力(福岡県福岡市中央区)の子会社キューデン・エコソル(福岡県福岡市中央区)は、福岡空港ビルディング(福岡県福岡市博多区)と共同で、福岡空港国際線ターミナルに地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に貢献する太陽光発電設備を設置すると発表した。キューデン・エコソルは、一般企業や官公庁に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に貢献する太陽光発電設備を提供し、そこで発電した電気を販売する太陽光オンサイト発電事業に取り組むために、1月に営業を開始した会社である。国から地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に対する補助金を受けて建設し、今年度中の太陽光発電設備の完成を目指すという。太陽光発電設備は、国際線ターミナルの屋根に設置し、面積は屋根全体の約2割程度になるが、福岡空港における年間使用電力の1%に相当する約19万6000kwhを発電する能力がある。今回の太陽光発電設備の設置によって約73.3トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県の福岡空港が太陽光発電システムで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減に貢献はこちら

栃木県はエコ通勤で二酸化炭素(CO2)排出削減し地球温暖化の原因対策

 栃木県は、県内全市町と協力して9月1日に「エコ通勤統一行動」を実施した。マイカーから公共交通などへ通勤方法を変えることによって、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減を目指すために実施したという。栃木県のエコ通勤統一行動に参加した市町村は、栃木県職員のほか、宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市、日光市、小山市、真岡市、大田原市、矢板市、那須塩原市、さくら市、那須烏山市、下野市、河内郡上三川町、上都賀郡西方町、芳賀郡益子町、茂木町、市貝町、芳賀町、下都賀郡壬生町、野木町、岩舟町、塩谷郡塩谷町、高根沢町、那須郡那須町、那珂川町となっている。エコ通勤は栃木県が2009年度から地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策の一環として取り組んでいる「エコ通勤プロジェクト」の一つとなっている。今回は栃木県職員に加えて、すべての栃木県下の市町職員計約2万2000人を対象に行われた。これに先立ち、栃木県は今年4月1日から6月30日までのうち8日間、栃木県職員約6000人がエコ通勤を実施し、全体で21.8トンもの、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を達成したという。福田富一栃木知事は「エコ通勤の取組みによる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果を検証しながら、将来的には栃木県内の事業所や企業等への取組みを働きかけていきたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 栃木県はエコ通勤で二酸化炭素(CO2)排出削減し地球温暖化の原因対策はこちら

北海道札幌市は札幌市営地下鉄の物流で二酸化炭素(CO2)を削減する地球温暖化の原因防止対策

 北海道札幌市は、トラック輸送の代わりに札幌市営地下鉄を使って宅配便などの貨物を運ぶ社会実験を始めたと発表した。これは、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減や道路の渋滞緩和が目的で全国初の試みとなるという。社会実験は、15日まで続けるが、条件を変えて、積雪のある冬季の実験も検討しているという。札幌市と地球温暖化の原因防止対策や物流の専門家や物流業者らがつくる「札幌市都市型新物流システム研究会」が実施している。社会実験ではヤマト運輸(東京都中央区銀座)が札幌市中央区と札幌市厚別区の区間約13キロで走行しているトラック輸送3便を、札幌市営地下鉄東西線の大通~新さっぽろ間の鉄道利用と徒歩での輸送に切り代えることによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を目指す。実験初日の9月2日は、ヤマト運輸の配達員が宅急便の荷物を載せた台車(長さ70cm、幅50cm、高さ90cm)を押して札幌市営地下鉄に乗り込んだ。車両内では車いす用のスペースを活用することとしているが、スペースに乗客がいる場合には次の地下鉄で運ぶことにしているという。研究会メンバーの兵藤哲朗東京海洋大学(東京都港区港南)教授(交通計画)は「特に、道路に積雪のある季節は、札幌市営地下鉄の交通網を生かした物流が、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減や道路の渋滞緩和に効果を発揮すると思う」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 北海道札幌市は札幌市営地下鉄の物流で二酸化炭素(CO2)を削減する地球温暖化の原因防止対策はこちら

群馬県はエコ通勤で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 群馬県は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、9月下旬にマイカー通勤に代えてバスや電車、自転車を利用する「エコ通勤」の推進を実施すると発表した。昨年、群馬県前橋市で試験的にエコ通勤を1週間限定で実施したが、参加した73事業所で計2トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が削減できたといい、今年は「より多くのエコ通勤への参加を募り、さらに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けて効果を上げたい」と群馬県全域の参加を募っている。群馬県交通政策課では、昨年11月2~8日を「エコ通勤ウイーク」と位置付け、事前に参加を募った群馬県内の73の事業所に勤務する12,699人の従業員に対し、バスや電車、マイカーの相乗り、又は自転車や徒歩での通勤を依頼した。事前に調べた従業員の通勤手段の「車・バイク」が67.8%から7.5ポイント減って60.3%となり、32.2%だったエコ通勤が増えた。群馬県は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)約2トンの排出削減に成功した」と評価していた。樹齢50年の杉の木が1日に吸収する二酸化炭素(CO2)量に換算すると杉の木約51万本分に相当するという。参加した群馬県内の事業所からも「車を運転する必要がないので、会社の同僚と飲み会をした」、「自転車や徒歩は健康にいい」、「ガソリン代が抑えられた」などの前向きな評価があった一方で、「バスや電車の運行本数が少ないので不便」、「通勤に時間がかかる」といった消極的な声もあったという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に関しては、電化製品の節約で電気消費量を抑えることでもできるが、車を使わないことによる排出削減効果は大きいという。東京工業大学(東京都目黒区大岡山)が環境省のデータを元に算出したところ、1世帯が1日1時間テレビを控えた場合には、年間13キロの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減することができるが、車の利用を1日あたり10分だけ控えた場合では、年間の二酸化炭素(CO2)排出量の削減量は588キロにもなるという。これは、テレビの場合の約45倍の地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量の削減に匹敵する。今年の地球温暖化の原因防止対策としてのエコ通勤は、9月21日から30日までの10日間にわたって実施される。群馬県では、「群馬県は自動車中心の社会で、公共交通の便の悪さは大きな都市課題」としながらも、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、長い目でエコ通勤者が増えれば、バスや電車の運行本数が増え、運賃も安くなる」と話している。群馬県のエコ通勤への参加事業所は、9月20日まで募集している。問い合わせは、群馬県交通政策課(027-26-2382)へ。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 群馬県はエコ通勤で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

京都府京都市は朝スタイル月間で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因対策

 京都府京都市は、京都市民の夜型の生活を見直し、朝型の生活への転換を進め、地球温暖化の原因対策となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量を削減するため、今年度から9月を「朝スタイル月間」と位置づけ、京都市内の官民協働で朝の時間を有効に使うための取り組みを始めると発表した。京都市では、この地球温暖化の原因対策の専用のホームページを開設し、京都市民向けの早朝講座や早朝割引を行う店舗などの情報を発信するという。京都市によると、しっかり寝て早く起き、朝食も食べる朝型の生活は、健康によく夜間の照明やテレビなどの電気使用量も少なくて済むため、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量を削減するなど環境問題にも貢献するという。地球温暖化の原因対策の「朝スタイル月間」中は、京都市内の企業の協力で、通勤・通学前の時間帯に朝がゆを食べながら交流を広げる「朝ビジネス交流会」や朝日を浴びながヨガを楽しむ「オハヨガ部」など計7講座を設けるという。講座の受講料は無料~2,000円となっており、HP(http://www.leafkyoto.net/kyoasa/)を中心に受け付けるという。また、地球温暖化の原因対策の「朝スタイル月間」が終了した9月以降においても、朝の催しや早朝割引などに協力する京都市内の企業や商店を募集するという。問い合わせは京都市地球温暖化対策室(電話075・222・4555)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京都府京都市は朝スタイル月間で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因対策はこちら

Jパワーと関西電力が火力発電で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出削減

 温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因対策として、発電時に二酸化炭素(CO2)を排出しない原子力発電や太陽光発電及び風力発電が最近特に注目されているが、建設に時間を要したり発電出力が不安定だったりするデメリットがある。こうしたことから、電力会社は火力発電所を更新しており、火力発電所の高効率化は比較的短期間で可能であり、最新の技術を採用すれば火力発電所1基当たりで10%以上の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減が見込める。Jパワー(電源開発・東京都中央区銀座)は、竹原石炭火力発電所(広島県)の火力発電所を建て替える計画で、2014年着工で2020年に発電運転開始を予定している。火力発電所には、最新の超々臨界圧(USC)プラントを採用し、バイオマス発電と組み合わせることで、出力は同じでも地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は約15%の削減が見込まれる。関西電力(大阪府大阪市北区)は、関西電力株式会社(かんさいでんりょく)は、近畿地方2府6県(京都府、大阪府、滋賀県、兵庫県(赤穂市福浦を除く)、奈良県、和歌山県、福井県(美浜町以西)、三重県(熊野市(新鹿町、磯崎町、大泊町、須野町、二木島里町、二木島町、波田須町、甫母町、遊木町を除く)以南)及び岐阜県(関ケ原町の一部)を独占的に事業地域とする電力会社である。関西電力も最新のUSCによる火力発電所を建設中であり、舞鶴火力発電所2号機(京都府舞鶴市)を今月末に運転を開始する。石炭火力は地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が多いとはいうものの、燃料を安定的に調達できるというメリットがあり、電力の安定供給には必要な設備と位置付けている。というのも、現在、主力となっている原子力発電所の定期点検中だけでなく、トラブルがあった場合に即座に補えるのは、出力を調整しやすい火力発電しかないため、再生可能エネルギー発電や原子力発電が主力発電となっても一定割合の火力発電所は維持する必要があるからである。しかし、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減が求められている現在において、火力発電所の高効率化による二酸化炭素(CO2)排出抑制は最大の課題となっている。石炭火力より高効率な方式として発電設備が増えているのが、液化天然ガス(LNG)複合発電であり、天然ガスを燃焼してタービンを回し、さらに、排熱で蒸気タービンを回すことから、発電熱効率は50%超とされる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> Jパワーと関西電力が火力発電で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出削減はこちら

滋賀県の地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の工程表

 滋賀県では、2030年までの期間を対象とする地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策を盛り込んだ工程表と条例の策定に向けて、滋賀県民を対象にした率直に意見を交換する会議を滋賀県大津市から始めた。会場では、地球温暖化の原因対策に実効性を伴う工夫を求める意見や、地球温暖化の原因対策といえども費用負担が増えることに慎重な声も上がった。滋賀県は、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の滋賀県内における排出量を1990年比で半減するとの目標を説明した。滋賀県の具体的な取組みとして、鉄道駅から2km圏内の通勤・通学では2020年までに駅前の自動車流入規制を導入し、2030年までに一部バスをLRT(次世代型路面電車)化するなど、分野別に190項目の段階的な取組内容を示した工程表の素案を紹介した。地球温暖化の原因対策の説明会に参加した約20人からは「地球温暖化の原因対策として二酸化炭素(CO2)を排出する自動車保有は2台目から税を高くするなど、便利さが増すと負担が増える仕組みで実現を図るべき」との意見が出た一方、「地球温暖化の原因対策の太陽光発電の初期投資をすべての市民が払えるわけではない」「地球温暖化の原因対策にお金がかかり、福祉や教育が削られては困る」との心配の声も上がっていた。これに対して、滋賀県は「地球温暖化の原因対策の太陽光発電などの初期投資を促す補助金制度は必要だ。地球温暖化の原因対策に必要な事業と費用を国に滋賀県から提案していく」と話し、地方自治体に地球温暖化の原因対策の財源が手厚く配分される環境税の制度案を国に提案したことも紹介した。地球温暖化の原因対策の工程表の意見交換会は10月末まで計10回、滋賀県内各地で開催し、得られた意見を本年度内に策定する地球温暖化の原因対策の工程表と条例に反映させるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 滋賀県の地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の工程表はこちら

兵庫県内の地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量が減少

 兵庫県内における地球温暖化の原因を助長する温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は2008年度の速報値による、二酸化炭素(CO2)換算で約6948万トンだったと兵庫県が発表した。京都議定書の基準年である1990年度の兵庫県における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量約7303万トンを4.9%下回る排出量となっており、代替フロンなどを地球温暖化の原因の温室効果ガスに含めるようになった1995年度以降の統計で最低の二酸化炭素(CO2)排出量となったという。地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量の推計によると、部門別の二酸化炭素(CO2)排出割合は、産業部門で66.8%、運輸部門で11.9%、家庭部門で10.0%、業務部門で4.7%、その他で6.6%となっている。家庭部門と業務部門以外はいずれも京都議定書の基準年の二酸化炭素(CO2)排出量を下回った数値となっている。二酸化炭素(CO2)総排出量は前年度の2007年度との比較においても8.2%減少しており、これは2008年度後半の金融危機による景気後退の影響で、産業部門なでエネルギー消費が減ったことが二酸化炭素(CO2)排出量減少の原因だという。家庭部門も暖冬による暖房が減ったため、前年度に比べると17.2%減っているが、京都議定書の基準年の二酸化炭素(CO2)排出量よりも増加する結果となった。兵庫県条例で、電力と燃料消費量が一定量以上の事業所に対しては、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出抑制計画の策定や報告が義務付けられている。2008年度の対象事業所数は647か所で、この事業所からの地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量は総排出量の約49%を占めている。兵庫県では、2010年度の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の目標を、京都議定書の基準年比で実質6.3%減と設定している。今般、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出抑制計画の目標年次を迎えたことから、新たな兵庫県地球温暖化防止推進計画の見直しを進めており、本年度中に次期計画を策定する予定になっているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 兵庫県内の地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量が減少はこちら

宮崎県の宮崎交通が小型ノンステップバスで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 宮崎交通(宮崎県宮崎市)は、省エネと地球温暖化の原因対策温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量削減を目的として、従来導入していた中型バスに代えて小型ノンステップバス11台を導入した。小型バスの導入は、2009年に続き2回目で、8月1日から運行を始めた。宮崎交通では、「燃料の節約による省エネや地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減にもつながる」と期待しているという。宮崎交通が導入した小型バスは、日野自動車(東京都日野市)の「日野ポンチョ」で、全長約7メートル、幅約2メートルで乗車定員は35人となっており、従来の中型バスと比較すると約2メートル短く、軽油1リットル当たり3キロほど燃費効率が良いという。一部は国や宮崎県の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する補助金を受けて購入した。宮崎、日南、西都など宮崎県内の5地区で、市町村をまたいで運行する生活維持路線や一般路線で運行するという。今回のように中型バスから小型バスに変更することで、1台当たり年間約200万円の燃料費が削減できるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 宮崎県の宮崎交通が小型ノンステップバスで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

神奈川県横浜市で遊びながら地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減を学ぶ

 神奈川県横浜市西区の三菱みなとみらい技術館では、地球温暖化の原因の一つとされる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)の性質や排出量削減の必要性などを紹介する特別展「CO2チャレンジ・ラボ」が開催されている。地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減について、てんびんを使った体験など遊びながら学ぶことができ、三菱みなとみらい技術館は「夏休みの宿題にも利用してほしい」と来館を呼び掛けており、期間は11月28日まで開催されている。「CO2チャレンジ・ラボ」は、地球温暖化の原因の温室効果ガスという理由でマイナスイメージを持たれることの多い二酸化炭素(CO2)が、実は地球に欠かせない物質であることを知ってもらおうと企画したものであり、館内の展示を見ながら二酸化炭素(CO2)削減に係る問題をワークシートに解答を書き込んでいく方式になっている。「二酸化炭素(CO2)は空気に比べてどれくらい重い?」という質問の展示ブースでは、空気と二酸化炭素(CO2)をそれぞれ詰めたペットボトルを使って、てんびんで実験ができるようになっている。「二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスがないと地球の温度はどうなる」との質問には、会場内のあちらこちらに張られた温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減に関するヒントを活用し、「マイナス18~19℃」との答えを導き出すようになっている。同館では「二酸化炭素(CO2)の特徴について学び、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策への意識を持ってほしい」と話している。開館時間は午前10時~午後5時までで、月曜日が休館となっており、入場料は大人300円、中高生200円、小学生100円となっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県横浜市で遊びながら地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減を学ぶはこちら

北陸電力が排出枠購入で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など最近の環境問題ニュースや意見については次のとおりである。北陸電力(富山県富山市)は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量(原単位)が販売電力量1kwh当たり0.32kgを目標値として目指しているが、今般計算した結果、2009年度は0.31kgとなり、単年度として二酸化炭素(CO2)の排出量目標を達成したと発表した。北陸電力は、地球温暖化の原因対策の自助努力だけでは二酸化炭素(CO2)排出量目標値を達成することはできなかったものの、途上国での地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減分を購入することで、先進国で同量の二酸化炭素(CO2)排出分を相殺できるという京都議定書が定める手法である「二酸化炭素(CO2)排出枠」を反映させることによって、目標を達成することができたという。北陸電力の目標は、2008~2012年度の5年間平均で、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出原単位を0.32kgとし、1990年度の0.395kgから20%低減させるというものであった。2009年度の販売電力量は271億8千万キロワット時であり、これから計算して排出できる地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の上限は、販売電力量に目標の0.32kgを掛けた869万トンであるが、実際の二酸化炭素(CO2)排出量は1016万トンで、147万トン超過している状況にあった。こうしたことから、途上国から地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出枠を176万トン取得し、排出原単位は0.37kgから0.31kgに減少した。今回取得した地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出枠は、前年度より11万トン少なかったという。2009年度は単年度で地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出目標を達成したが、初年度の2008年度は0.48kgと大幅に超過していた。この理由は、志賀原発1号機(石川県志賀町)が稼働しなかったことによって、化石燃料によって発電を行う火力発電に占める割合が高くなったためで、二酸化炭素(CO2)460万トンのいわゆる借金を負った形となったが、今後、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出枠の取得により相殺して目標達成を目指すという。北陸電力は、2009年三月期決算で29億円を地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出枠取得費用として計上していたが、2010年3月期は47億円だった。国は京都議定書で、2008~2012年度の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量について、平均で1990年度比6%削減する目標を立てており、電力各社は二酸化炭素(CO2)排出原単位の20%削減を自主的に掲げている。

> 北陸電力が排出枠購入で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

関西電力が地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 関西電力(大阪府大阪市北区中之島)は、2009年度の電力量1kWh当たりの地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量(CO2排出係数)が0.265kgになると国に報告したと発表した。関西電力では、発電時に地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が極めて少ない原子力発電設備の利用率向上や水力発電による発電量が増えたことなどから、CO2排出係数が前年度比で11%減ったという。この関西電力データは暫定値であり、正式には政府が12月上旬をめどに電気事業者別に公表することになっている。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量のCO2排出係数の0.265kgは、実際の二酸化炭素(CO2)排出量から関西電力が取得した京都議定書の定めによる二酸化炭素(CO2)排出枠などを控除した調整後の数字となっており、控除前の実二酸化炭素(CO2)排出係数は0.294kgだった。前年度では72.4%しかなかった原子力発電の利用率が77.0%に向上したことが、2009年度の二酸化炭素(CO2)排出量の低減に大きく貢献した形となっている。2009年度における実際の二酸化炭素(CO2)排出量は4161万tであり、購入した二酸化炭素(CO2)排出枠を反映すると3757万tにまで減少し、販売電力量は1416億kWhとなった。二酸化炭素(CO2)排出係数は、二酸化炭素(CO2)排出枠を反映した後の二酸化炭素(CO2)排出量を販売電力量で割って算出することになる。この計算で算出すると、前年度の排出枠を反映した後の二酸化炭素(CO2)排出量は4360万t(二酸化炭素(CO2)排出枠の反映前は5173万t)、販売電力量は1459億kWhで、二酸化炭素(CO2)排出係数は0.299kg(同0.355kg)だったという。関西電力では、2008~2012年度の5年平均で二酸化炭素(CO2)排出係数を0.282kgまで低減させる目標を持っている。2008年度と2009年度の平均二酸化炭素(CO2)排出係数は0.282kgであり、2年間では目標を達成している。今後も関西電力では、原子力発電の利用率を高めるとともに、火力発電所の熱効率向上改善、太陽光発電などの再生可能エネルギーの導入拡大を図るほか、二酸化炭素(CO2)排出枠を積極的に外部から購入して目標達成を目指すという。

> 関西電力が地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

トステムが環境コミットメントで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 トステム株式会社(東京都江東区)は、サッシ・住設機器・建材の総合メーカーであるが、次世代の子供たちに引き継げる「人と地球にストレス・フリーな暮らし」を業務を通じて提供することで地球環境問題に貢献するため、1990年比で新築住宅で50%、ストック住宅では25%の地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる製品群の創出・普及や、全ての事業所での産業廃棄物のゼロ・エミッション(リサイクル率97%以上)達成などを盛り込んだ「トステム環境コミットメント2015」を策定した。トステムでは、綱領を定めており、その中で「よい家に住むことは万人の願い。この願いを実現するために私たちは働く」を実現するために活動し、住まいの環境をより快適にしていくことを使命として事業を行っているという。これからの良い家には、快適さや安全・安心を第一に損なうことなく、将来にわたって「持続可能(サステナブル)な暮らし」を提供することが求められているのではないだろうかと提案している。具体的な項目としては、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素の「CO2を出さない暮らし」、貴重な化石燃料などの省エネルギーで「資源を大切にする暮らし」、そして「 自然・生き物と共生する暮らし」である。この度、持続可能な暮らしの提供に向けての取り組みをより加速させるため、ステークホルダーへの約束として「トステム環境コミットメント 2015」を新たに策定した。製品・サービスの提供を通じた住まいからの地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素CO2排出量の削減、低炭素・資源循環型の事業活動の確立、生物多様性の保全と持続可能な利用の促進を3本柱として、それぞれ2015年度までの中期目標を設定したという。このようにトステムでは、業務全般を通じて地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する取組みを行っていくようである。

> トステムが環境コミットメントで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

京都府亀岡市の出前授業で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減への関心が高まっている状況の中、企業においても積極的に地球温暖化の原因防止対策を啓発しているところがある。今般、地球温暖化の原因対策など環境問題に取り組む企業による環境問題学習の出前授業が京都府亀岡市宮前町の青野小学校と本梅小学校で開催された。同校の4年生約20人が亀岡市内の印刷会社の社員から地球温暖化の原因防止対策の取り組みなどを聞き、児童は省エネルギーの大切さを学んだ。これは、ナイテック工業(京都府亀岡市大井町)の社会貢献活動の一環としての取組みであり、自社工場のある京都府亀岡市地域の小学生を対象に行っているもので、地球温暖化の原因防止対策を話す講師は、同社や親会社の日本写真印刷(京都府京都市中京区)の社員計5人が務めたという。社員らは、本社工場では照明を早く消して地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を減らしたり、27種類に分別するごみのリサイクル率は99.9%に上ることなどを紹介した。児童たちも授業の中で、空き箱のごみが何種類に分別できるかを考えたほか、地球温暖化の原因対策の仕組みなども学び「地球温暖化の原因対策と省エネルギーによる節約のためにも、家での電気やお湯の無駄遣いをやめたい」と話していた。

> 京都府亀岡市の出前授業で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

横浜ゴムがチャレンジ25キャンペーンで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 横浜ゴム(東京都港区新橋)は、「チーム・マイナス6%」に代わって政府が進めているる新しい地球温暖化の原因防止国民運動として推進している「チャレンジ25キャンペーン」に参加すると発表した。チャレンジ25キャンペーンは、2009年9月に当時の鳩山由紀夫首相が国連気候変動サミットにおいて、日本の目標として地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を2020年までに1990年比25%削減することを表明したのを受け、2010年1月14日から企業や国民が取り組む運動として政府で展開している地球温暖化の原因防止対策のキャンペーンである。チャレンジ25キャンペーンでは、エコな生活スタイルの選択、省エネ製品の選択、自然エネルギーの選択、ビル・住宅のエコ化を選択、CO2削減につながる取組や商品を支援、地域で取組み地球温暖化の原因防止活動への参加の6つの具体的なチャレンジを提案しており、横浜ゴムは6項目全てに取り組むという。横浜ゴムは、これまでも地球温暖化の原因防止対策の「チーム・マイナス6%」に2005年から参加しており、今回新たにチャレンジ25キャンペーンで定めているより高レベルな地球温暖化の原因防止対策活動に積極的に協力していく方針だという。

> 横浜ゴムがチャレンジ25キャンペーンで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

福岡県福岡市でエコクレーンが地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減

 地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減することができるということで、福岡県福岡市東区にある人工島の岸壁で導入が進められていた国内初の電動コンテナ用クレーンのテスト運用が行われた。国土交通省九州地方整備局などが整備していたもので、これまでのディーゼルエンジンに比べて、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の排出量の削減や省エネに寄与するものになるという。国土交通省九州地方整備局によると、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減することができる新型のクレーンの整備に当たっては、福岡県福岡市東区で4月から門型のクレーン(高さ約20メートル、幅約30メートル)4基に集電装置を取り付ける改造に着手してきたという。コンテナヤード内では、新型クレーンの電力源となる給電線(長さ約310メートル)を新設する工事を併せて進めてきた。今回完成した新型のクレーン以外の残り9基のクレーンの改造と、給電線の増設は11月末までに終える予定だといいう、本件に係る総事業費は約20億円となっている。国土交通省九州地方整備局では、クレーンの動力を軽油から電気へと切り替えることで、エネルギーコストがクレーン1基当たり年間約180万円、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の排出量は126トンそれぞれ削減できると試算している。今後、他施設での新型クレーン導入を進めていくため、今年度中に福岡県福岡市のデータを分析し、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の排出量の検証結果を取りまとめることにしているという。この日のテスト運用には関係者ら約50人が出席し、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)を排出しない排出エンジン音のない新型クレーンが、運搬用トラックに船からコンテナを積んだり、降ろしたりと稼動していた。

> 福岡県福岡市でエコクレーンが地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

新日鉄製鉄が高効率発電設備で地球温暖化の原因のCO2排出量削減

新日本製鉄は、製鉄所に新たに高効率発電設備を導入し、エネルギーコストの低減改善と省エネルギー、地球温暖化の原因防止のための省CO2を推進すると発表した。新日本製鉄の君津製鉄所と大分製鉄所の高炉拡大改修、コークス炉新設などの鉄源増強に伴って副生ガスが増加するという。この増加したガスを有効活用するため、東京電力、九州電力それぞれと高効率の副生ガス専焼ガスタービン複合発電設備を新設する。また、室蘭製鉄所では老朽化した自家発電設備を更新して、さらに高効率化する。具体的には、君津製鉄所には副生ガス専焼ガスタービン複合発電設備1基を新設し、152.9MW発電し、2012年6月から稼働する予定となっている。大分製鉄所も副生ガス専焼ガスタービン複合発電設備を1基新設し、その発電出力は145MWであり、2015年2月から稼働する予定となっている。鉄鋼メーカーは、地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量が国内企業のトップクラスとなっている。今後、高まりつつある地球温暖化の原因防止の機運に向けて、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出量削減を迫られるのは必至の状況下にある。このため、新日本製鉄では、製鉄工程で発生する副生ガスを電力に活用してエネルギーの有効活用によるコスト削減や地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出量の削減を図るという。

> 新日鉄製鉄が高効率発電設備で地球温暖化の原因のCO2排出量削減はこちら

石川県金沢市で地球温暖化の原因対策の定期積金

 石川県金沢市にある金沢信用金庫では、加入者に直接的・間接的に地球温暖化の原因対策に寄与する環境保全活動に参加できる「金融商品」としては、全国の銀行・信用金庫で初のスキームとなる社会貢献型定期積金「きんしんエコロジー積金」を発売している。具体的には、定期積金の金利を店頭表示金利+プレミアム金利とし、金利面でお客が加入しやすくしている。そして、加入したお客に「環境保全活動取組みチェックシート」を渡し、家庭又は事業所で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素CO2削減に取組んでもらい、そのチェックシートを提出した方にエコ記念品を進呈している。また、その給付契約高合計の0.02%を金庫収益金から拠出し、地球温暖化の原因防止対策などに取り組んでいる環境団体に寄付し、地域の環境保全活動の展開を側面から支援している。この地球温暖化の原因防止対策に寄与する定期積金の発売期間は平成19年10月1日~平成20年12月30日の15か月間としており、発売後2か月間で契約件数5,707件、契約高83億64百万円で、チェックシートによる環境保全活動に1,758件の参加があり、12,347kgの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素CO2削減となっている。日本の金融機関では、既に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素を削減するなどの環境に配慮した金融商品(エコファンドなど)が発売されているが、自らが地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素CO2削減の取組を実施するように促す金融商品としては初のスキームである。この石川県金沢市の信用金庫の取組は、積金の収益金中から地球温暖化の原因防止対策などに取り組んでいる環境活動団体に寄付するほか、一人ひとりが自らの意思で地球温暖化の原因防止対策の活動を取り組んでいくようになっているのが特徴である。今年10月1日から始めたところ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素CO2の1年の目標削減量の半分が1ヶ月半ですでに達成したという報告があり、この取組の石川県金沢市地域での拡がりが窺えるものとなっている。また、この取組は、特に、家庭や事業所において地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素CO2削減の取組を実施するにあたっての簡単なところから始めることができるという「気づき」や「認識」を持たせるものとなっているのが特徴である。 

> 石川県金沢市で地球温暖化の原因対策の定期積金はこちら

埼玉県川口市で地球温暖化の原因対策のエコライフDAY

 埼玉県川口市では、年に1日だけを「エコライフDAY」と定めて、みんなで地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素CO2削減行動にチャレンジする運動を進めている。川口市が独自で作成した「1日環境家計簿(年齢別に5種類)」を各家庭に配布しており、各家庭では最低年に1日エコライフ生活をし、減すことができた地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素CO2量の結果を集計・発表するというものである。川口市では、「エコライフDAY」への参加者が取組み効果を実感し、地球温暖化の原因防止への川口市民の意識の向上と活動への参加を促すことを期待して取り組んでいある。今年度の地球温暖化の原因対策運動への参加者は、川口市民の12%の61,041人となっており、過去8年間で延べ約27万人が参加しているという。この川口市の地球温暖化の原因対策の運動は、埼玉県と埼玉県地球温暖化防止活動推進センター(特定非営利活動法人環境ネットワーク埼玉) の呼びかけで埼玉県内にも広がり、埼玉県内参加者数は41万人にものぼっている。地球温暖化の原因対策運動の集計やデータ分析には、埼玉県内のそろばん教室の子どもたちが受け持ち、運動の推進には企業や諸団体等の協力を得るなど、さまざまな組織と手をつなぎながら地球温暖化の原因対策運動の輪が広がっている。埼玉県川口市が行っている「エコライフDAY」は、毎日継続的に取り組まなくても、環境家計簿の一日版として誰でもが簡単に参加できるツールです。削減できた地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素CO2の量も定量的にわかるものとなっている。地道な活動が実を結び、川口市や川口市内事業者、川口市教育委員会など川口市内の地域の各主体を巻き込み大きなうねりとなっています。さらに、埼玉県も全県に広めるべく埼玉県センターと一緒に展開しており、昨年は埼玉県民41万人が参加し、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素の削減量は280トンという結果になった。この結果は、埼玉県内各地でも、地域にあった各々のエコライフDAYの取組に繋がっている。地球温暖化の防止にまったく関心のない層に対しても、気づきや導入を始めるツールとして大変評価でき、草の根として地域に根ざした素晴らしい地球温暖化の原因防止活動であると賞賛できるものとなっている。

> 埼玉県川口市で地球温暖化の原因対策のエコライフDAYはこちら

岩手県盛岡市で地球温暖化の原因防止のための減クルマ活動

岩手県盛岡市において、地球温暖化の原因防止のための減クルマ活動が行われている。この活動は、盛岡市の市民団体を主体に、商店街、行政、交通事業者、交通専門家などで構成する実行委員会を組織し、減クルマをキャッチフレーズに掲げた活動に取り組んでいる。活動のねらいは、クルマ利用を抑制することによる地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素CO2排出削減など盛岡市の環境改善とともに、環境にやさしいさまざまなアクセス手段を確保することでまちなかの活性化につなげることとなっている。平成18年は、内閣府の地球温暖化の原因防止のための支援を受け、地球温暖化の原因防止に寄与する減クルマをテーマにワークショップとフォーラムを開催した。その内容としては、これからの盛岡市の交通のあるべき姿を話し合い、方向性をとりまとめ、地球温暖化の原因防止の基調講演とパネルディスカッションのほか、地球温暖化の原因防止の低床バス・ベロタクシー・自転車・人力車・馬車によるパレード、各団体からのパネル展示やDVDによる活動紹介を行った。平成19年は、地球温暖化の原因防止のための国土交通省の制度を導入し、特に、自転車の利用を伸ばすことをめざしたエコ交通への転換を促すための社会実験に取り組んでいる。減クルマという取組みは、冬期間には道路が凍結するという北国において、また、日常クルマへの依存が高い地方都市にあって、自転車の利用率の高さなど、すべてが盛岡市という場所性に絡みながら、未来に向けた地球温暖化の原因防止のための持続可能なまちづくりへとつながる大きな試みとなっている。この盛岡市の団体の活動は、多様な団体の豊かな活動の結び目としてある点が特色となっている。例えば、日々の生活のなかに溶け込む地域通貨の実施、自転車によるまちづくり、定期的な馬車の運行、LRTをJR支線で走らせる提案、地域に根ざし愛される鉄道の取り組みなど、減クルマによる直接的な地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2の削減というだけでなく、地域の自然や豊かな恵みに感謝し、盛岡市の土地に住み続けるという気持ちが基本にある。盛岡しという場所に即したサスティナブルなライフスタイルを提案することで、直接、間接的に地球温暖化の原因防止対策として長期的な抑制効果をもたらすことが期待されている。

> 岩手県盛岡市で地球温暖化の原因防止のための減クルマ活動はこちら

大阪府高槻市で地球温暖化の原因防止のゴーヤによる緑のカーテン

 大阪府高槻市地球温暖化の原因防止のために2008年度に始めた「たかつき緑のカーテン大作戦」の一環として、市内各地でゴーヤ等によるで緑のカーテンを植える活動が増えてきている。先般も、高槻市立津之江小学校(大阪府高槻市津之江北町)の児童が総合学習の時間に、プランター60個にゴーヤの苗120本を植え、地球温暖化の原因防止対策に取り組んだ。プランターは校舎南側に約70メートルにわたって並べ、育ったゴーヤで夏の強い日差しを遮り、教室内の温度を抑える効果が期待される。同校では4年生がゴーヤの世話と観察をし、地球温暖化の原因防止を始めとする環境問題について学習するという。児童たちはプランターに土を入れて苗を丁寧に植え、「どんなカーテンに成長するかな」と楽しみな様子であった。このほか、高槻市では、地球温暖化の原因防止対策として、公共施設などでアサガオやゴーヤ、キュウリなどツル性の植物を育て、カーテン状に配置している。夏の日照を遮ることと植物の蒸散作用によって建物内の温度を抑えることができることから、冷房費用の削減効果によって地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素の排出量を減少させることになるという。高槻市では、今年、高槻市庁舎や公民館、学校など107カ所と高槻市民モニター約220人が地球温暖化の原因防止対策に取り組むという。高槻市環境政策課では「ゴーヤが順調に育てば、夏に校舎1階部分が緑のカーテンで覆われ、地球温暖化の原因防止対策に寄与することになり、秋口に実も600個くらいなるのではないか」と話している。

> 大阪府高槻市で地球温暖化の原因防止のゴーヤによる緑のカーテンはこちら

百貨店が地球温暖化の原因対策で冷房温度2度アップ

 日本百貨店協会は、6月1日から9月30日までの4か月間、地球温暖化の原因防止対策の一環の取組みとして、全国の百貨店で冷房温度を緩和すると発表した。百貨店内に陳列される食品などの安全衛生などに配慮しながらも、地球温暖化の原因防止対策として冷房温度を2度を目安に弱めに設定するというものである。これは業界全体で取り組むのは4回目となる地球温暖化の原因防止の一環となるものである。この地球温暖化の原因対策に参加する百貨店は、全会員92社251店舗になるという。日本百貨店協会の試算によると、冷房温度を2度上げた場合、業界全体で2万5000~5万トンの地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量抑制効果があり、電気代も最大16億円削減できるという。ただ、各店において条件が異なるため、冷房温度は地域、建物構造、天候などに応じ、各店の判断で柔軟的に対応できるものとしている。各百貨店では、地球温暖化の原因対策としての冷房温度緩和について統一ポスターを店頭に張り出す。さらに、今年は政府が推進する地球温暖化の原因対策の国民運動チャレンジ25キャンペーン応援団のキャプテンである俳優の加山雄三さんが百貨店の店内放送で直接、地球温暖化の原因対策への理解を利用客に呼びかけるという。協会では6月の環境月間に合わせ、地球温暖化の原因対策のほかにも紙袋やレジ袋などの削減やマイバック運動の強化などを進めるという。

> 百貨店が地球温暖化の原因対策で冷房温度2度アップはこちら

宮城県利府町で地球温暖化の原因対策の追尾式の太陽光発電システム

 宮城県利府町役場の庁舎屋上に、地球温暖化の原因対策として公共施設では全国初という「追尾式」の太陽光発電システムが稼働している。「利輝丸くん」の愛称が付けられた太陽光発電システムは、これだけで庁舎使用電力の1割以上を賄うことが可能になっているという。この太陽光発電システムは、地球温暖化の原因対策効果も大きいことから、利府町は「エコ庁舎」を積極的にPRしていくという。地球温暖化の原因対策の追尾式の太陽光発電システムは、太陽の向きや光の強さを発電パネルが感知して自動的に効率的よく動くため、発電能力は通常の固定式の太陽光発電システムの1.65倍あるとされている。この> 地球温暖化の原因対策の太陽光発電システムは、航空宇宙技術振興財団が技術開発し、利府町役場の敷地内で5年間の実証実験を行ったものとなっている。庁舎屋上に4メートル×3メートルの太陽光発電システムパネル22基を設置しており、年間の予定発電量は約10万キロワット時で、庁舎で使う電力の約12%を賄うとともに、年間で地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素排出量を約49トン、石油換算で約2万3000リットル削減できるという。地球温暖化の原因対策の太陽光発電システム総事業費は1億800万円で、うち9割が国の交付金でまかなわれている。庁舎には、リアルタイムで地球温暖化の原因対策の追尾式の太陽光発電システムの発電量などを示す液晶モニターを設置し、来庁者に理解を呼び掛ける。同町では、2002年の庁舎建設時に雨水を活用した空調システムも導入しており、「地球温暖化の原因対策に寄与する環境にやさしい庁舎を全国に発信したい」としている。

> 宮城県利府町で地球温暖化の原因対策の追尾式の太陽光発電システムはこちら

環境省が地球温暖化の原因防止に向けたマイボトル・マイカップキャンペーンを展開

 環境省地球温暖化の原因防止に向け、6月から「マイボトルマイカップキャンペーン」を開始すると発表した。今回の地球温暖化の原因防止に向けたキャンペーンは、国民の誰もが簡単に実践できるリユースの具体的な取組として、環境省が従来から進めてきたマイバッグの利用に加えて新たに展開する位置づけとなっている。地球温暖化の原因防止に向け、飲食店などでのボトル製造時に係る地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の削減を狙ったものとなっている。地球温暖化の原因防止に向けたキャンペーンでは、マイボトル・マイカップが利用できるお店の情報提供などを行うほか、キックオフイベントとして6月5日、6日に東京都代々木公園で開催するエコライフ・フェアでキャンペーンの趣旨等を紹介するブースの出展を行うという。また、フェリス女学院大学、横浜市立大学及び大阪大学において、モニターとなる学生(400人~500人)を募り、マイボトル(ステンレス製魔法瓶、水筒等)を使ってもらうとともに、浄水器・給水機の設置、学食等でマイボトルを使う人への飲料の割引等マイボトル・マイカップが利用しやすい環境を整備し、マイボトル・マイカップの普及に向けた課題の把握や環境整備の効果の把握を行う予定としている。これらの取組みを通じて、少しでも地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素を削減するとともに、広く啓発をしていきたい考えだという。このキャンペーンに関する問い合わせ先はマイボトル・マイカップキャンペーン事務局〒113-0033 東京都文京区本郷3-43-16 成田ビル3階財団法人地球・人間環境フォーラム内TEL:03-3813-9735 FAX:03-3813-9737E-mail:mybottle_cup@gef.or.jp

> 環境省が地球温暖化の原因防止に向けたマイボトル・マイカップキャンペーンを展開はこちら

スターバックスがエネルギー使用管理に地球温暖化の原因防止対策

 スターバックス コーヒー ジャパンは、地球温暖化の原因防止対策の観点を踏まえて、国内約900店舗のエネルギー使用を管理するために日立製作所のSaaS型環境情報サービス「EcoAssist-Enterprise-Light」を採用したと発表した。地球温暖化の原因防止対策となるEcoAssist-Enterprise-Lightとは、電力やガスの使用量などの情報を収集・管理するソフトウェアの機能をインターネット経由で利用するサービスのことであり、ユーザー企業は自社内にシステムを構築する必要がないため、短期間で利用できるものとなっている。地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素排出量などを算出する各種換算係数のメンテナンスなどの作業は日立製作所が行うためユーザーの手間は少ないシステムとなっているという。スターバックスは、改正省エネ法や地球温暖化対策法に基づいた省エネルギー対策を推進している。地球温暖化の原因防止対策の観点を踏まえた、店舗のエネルギー使用の管理はこの取り組みの一環であり、同サービスを使用して、各店舗における情報収集・管理業務を効率化し、監督官庁への各種届出や地球温暖化の原因防止対策に係る環境報告書の作成業務の精度向上を図るという。日立製作所は、地球温暖化の原因防止に寄与する省エネルギー対策に必要な管理標準作成、中長期計画の作成を支援するコンサルティングサービスも提供している。これを利用して、スターバックスの店舗にある電気、ガス、水道の使用量を自動計測する機器とEcoAssist-Enterprise-Lightとのデータ連携を行い、地球温暖化の原因防止対策の省エネルギー対策に伴う作業負荷の軽減、管理業務の効率化を支援すると表明している。

> スターバックスがエネルギー使用管理に地球温暖化の原因防止対策はこちら

滋賀県で地球温暖化の原因防止に寄与する下水汚泥処理

 滋賀県は、大津市にある滋賀県湖西浄化センターの下水汚泥処理の溶融炉建設計画に関して、汚泥からバイオマス(生物資源)燃料を作る燃料化方式を導入する地球温暖化の原因防止に寄与する方針を決めたと発表した。処理時に排出する地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量も現行方式より少なくなり、クリーンエネルギー生産との両面で地球温暖化の原因防止を目指すという。地球温暖化の原因防止に寄与する下水汚泥処理施設は、2015年度稼働を予定している。現行の焼却溶融方式は、下水から水を分離してできた汚泥を高温で焼き、コンクリート材に再利用しているが、新たに導入する燃料化方式では、汚泥を低温で燃やして乾燥させるなどして燃料にする。この地球温暖化の原因防止に寄与する燃料化方式で作ったバイオマス燃料は、石炭の代替として発電所やセメント工場で利用するといい、燃料化の処理は、加熱で発生する地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量も焼却溶融方式より格段に少なくなるという。化石燃料の代わりにバイオマス燃料を使うと地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量をゼロと見なせるため、滋賀県の試算では全体で地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量を現行より1万4千~9千トン削減できる試算になるという。こうした地球温暖化の原因防止に寄与する燃料化方式は、ここ数年で技術開発が急速に進み、東京都、宮城県、山形市で導入されている。新しい溶融炉は一日あたり下水80トンの処理能力を持つ計画となっており、大津市と共同で建設し、滋賀県としては、今後2年かけて燃料化処理の具体的な手法の選定などを進める。滋賀県下水道課は「地球温暖化の原因防止に寄与する効果が確認できれば、今後更新を迎える施設でも燃料化方式が有力な選択肢となる」とコメントしている。

> 滋賀県で地球温暖化の原因防止に寄与する下水汚泥処理はこちら

神奈川県内の地球温暖化の原因のCO2排出量が前年比5.8%減

 神奈川県は1、2008年度に神奈川県内で排出された地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素CO2排出量は7278万トンで、前年比5.8%減少したとする推計結果を発表した。しかし、京都議定書基準年(1990年)との比較では11.9%増となっており、「2020年に地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の量を基準年比25%削減」とする削減目標の達成は依然として厳しい状況になっている。神奈川県内の地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量推計は、国の総合エネルギー統計などに基づいて算定しており、部門別では、廃棄物部門を除くすべての部門が前年を下回ったという。中でも、産業部門(9.7%減)とエネルギー転換部門(5.7%減)は大幅に減少している。これらの地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の減少は、景気悪化の影響で製造業などのエネルギー消費量が減少し、全体の排出量を押し下げる主要因になったとみられる。一方、基準年との地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量比較では、業務部門と家庭部門の伸び率は高水準のまま推移しており、構成比が最も大きい産業部門は前年比11.3ポイント減少したものの、5.6%増えているという。神奈川県は「地球温暖化の原因防止対策などの施策効果は現段階では不透明」としており、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量25%削減の目標達成は大変厳しい状況にあると説明している。神奈川県が3月に策定した神奈川県地球温暖化対策計画に基づき、大規模事業所のCO2排出量削減計画書提出、太陽光発電や電気自動車の普及などに全力で取り組む方針だという。国の環境省の調査では、国内の地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量(約12億トン)は前年比6.6%減っており、神奈川県内の減少率を上回っている。この地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)国内排出量に神奈川県内の排出量が占める割合は6.0%だったという。

> 神奈川県内の地球温暖化の原因のCO2排出量が前年比5.8%減はこちら

群馬県高崎市で地球温暖化の原因防止に寄与する植樹祭

 地球温暖化の原因防止に寄与する第64回群馬県植樹祭が群馬県高崎市寺尾町の群馬県立観音山ファミリーパークで開催された。大澤正明群馬県知事や高崎市の松浦幸雄市長があいさつし、高崎市立多胡小6年、阪優南さんが「緑のメッセージ」を読み上げた。メッセージは「地球温暖化の原因を防ぐには、私たち一人一人が、少しずつ、ゆっくりでもいいから自然にやさしい生活に変えていくことが必要です。自分の身の周りに木や草花を植えて緑を増やしたり、木で作られた製品はできるだけ長く大切に使ったりして緑豊かな自然を大切に守っていきます」との内容となっており、事前に家族と一緒に考えたという。この後、参加者1500人は同パーク内に7種類の1000本の木や草花を植え、地球温暖化の原因防止に寄与することを願った。大澤群馬県知事は高崎市市立下室田小6年の神宮加奈さん、西脇琴音さんとともに、高崎市の花、ハクモクレンの苗木を植樹した。群馬県では、これらの取組みは、樹木が地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素を吸収して固定化するため、地球温暖化の原因防止に大きく寄与することから、毎年続けていくと話していた。

> 群馬県高崎市で地球温暖化の原因防止に寄与する植樹祭はこちら

和歌山県和歌山市で地球温暖化の原因防止の太陽光発電システムを整備

 和歌山県和歌山市は、和歌山市役所本庁舎に地球温暖化の原因防止対策に寄与する太陽光発電システム設備を設置するなど、省エネルギーと地球温暖化の原因防止対策を実施すると発表した。太陽光発電システムの整備費に比べて電気代の削減額は限られているものの、大橋建一和歌山市長は職員や市民に対しての地球温暖化の原因防止の啓発の意義を強調した。地球温暖化の原因防止対策に寄与する太陽光発電システムの設備は和歌山市本庁舎2~7階の南側壁面に8月中旬から11月中旬にかけて設置するという。太陽光発電システムによる年間の想定発電量は約3万8300キロワットで、地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素排出削減量は年間14トンを見込んでいる。太陽光発電システムによる電気料金の削減額は和歌山市本庁舎電気代の約0.6%に相当する年38万円にしかならないため、1階ロビーに設置する太陽光発電状況表示装置を含めた工事費2864万を回収するには約75年もかかる計算になるという。太陽光発電システムの費用対効果について、大橋和歌山市長は「和歌山市民がこれを見て『地球温暖化の原因防止対策をやらないといけない』という気持ちになることが重要だ」と述べた。また、太陽光発電システムの整備には、国からの交付金を活用するため自主財源は約340万円という。このほか、和歌山市本庁舎と東庁舎に断熱フィルムなどを貼り付ける工事を現在進めており、空調の使用を抑えることで地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素排出量を年25トン、電気料金を年104万円減らすことを期待している。

> 和歌山県和歌山市で地球温暖化の原因防止の太陽光発電システムを整備はこちら

京都府京都市で地球温暖化の原因の温室効果ガスが11.7%の減少

京都府京都市の門川大作市長は、京都市内の地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素の総排出量の2008年速報値が、京都市地球温暖化対策条例が目標とする基準年(1990年)比10.0減を上回る11.7%減となったことを明らかにした。京都市地球温暖化対策条例制定後、目標を達成したのは初めてのことになる。しかし、この理由としては不況による生産活動の低下が大きな要因であることから、引き続き京都市民や事業者に抑制努力を求めた。京都市は2010年までに基準年比10%減となる695万トンまで減らすことを京都市地球温暖化対策条例に明記している。2008年速報値の京都市内総排出量は682万トンで、既にこの目標を達成したという。しかし、原油価格高騰や金融危機の影響に伴う産業・運輸部門のエネルギー消費量の減少が主な原因で、家庭や事業所からの排出量は基準年を上回ったという。こうしたことからも、来年4月に予定している京都市地球温暖化対策条例改正で2030年に40%削減する新目標を盛り込む方針を固めており、門川京都市長は「まだ通過点にすぎない。地球温暖化の原因防止対策として温室効果ガスの二酸化炭素排出量を減少させるには、太陽光発電システム電気自動車の普及などが必要」と強調した。

> 京都府京都市で地球温暖化の原因の温室効果ガスが11.7%の減少はこちら

地球温暖化の原因防止と環境問題でエコ包装

 地球温暖化の原因防止対策として、あるいは環境問題に取り組む姿勢を見せるためにも、環境負荷の少ない容器や梱包(こんぽう)材を使用する動きが産業界で広がりつつある。キリンビバレッジは、国産の2リットル入りのペットボトルとして最軽量の35グラムの地球温暖化の原因防止の飲料容器を開発したと発表した。資生堂は、地球温暖化の原因防止の植物素材のサトウキビを原料にした樹脂製の化粧品容器を来年度から採用する。地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を減らして環境保全に貢献するとともに、製品自体の差別化が難しい中、環境性能をアピールして販売拡大につなげる狙いがある。キリンビバレッジは新容器をまず、ミネラルウオーター「アルカリイオンの水」に採用し、10月下旬から売り出すという。これまでの国産最軽量だったサントリーの36グラムを1グラム下回ったものとなっている。同社の従来品より7グラム(16%)軽量化した結果、製造時に使う樹脂量が年間820トンの削減が可能になり、一般家庭560世帯分の地球温暖化の原因となる温室効果ガスであるCO2排出量に相当する量を抑制する効果がある。常務は「新容器で企業としての地球温暖化の原因防止と環境配慮姿勢を示す」とし、アルカリイオンの水で前年比1%増の2200万ケースの販売を目指す。2リットルの軽量ペットボトルをめぐっては、日本コカ・コーラが「森の水だより」で38グラムを実現しているほか、サントリーが36グラムの「天然水」を3月から売り出している。地球温暖化の原因防止と環境負荷を減らす動きは化粧品にも及んでいる。資生堂は南米化学最大手のブラスケン(ブラジル)、豊田通商と共同で、地球温暖化の原因防止に向けてサトウキビの絞りかすから取れるエタノールを原料に使ったポリエチレン樹脂製の容器を開発中だという。コストは石油原料に比べて高くつくが、「消費者の地球温暖化の原因防止などの環境意識が高まり、企業側からも新しい地球温暖化の原因防止に係る提案をしていく必要がある。美とエコを両立させたい」として、業界に先駆けて容器のエコ化を進めている。同社は20年度をめどに、08年度に国内の容器で使用した樹脂の半分にあたる1000トンを地球温暖化の原因防止となる植物由来の樹脂に切り替える計画だという。

> 地球温暖化の原因防止と環境問題でエコ包装はこちら

青森県で地球温暖化の原因防止対策としての温泉熱活用

 青森県青森市にある浅虫温泉で地球温暖化の原因防止対策として温泉熱を活用した温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減のモデル施策を展開していた青森県は「温室効果ガスの削減効果は大きい」との結論を出した。この結果を受けて、青森県では本年度、青森県大鰐町とむつ市の両温泉地で新たに利用可能性を探ると発表した。全国有数の温泉地数を生かす取り組みで、青森県は地元のエネルギー資源による地域活性化を目指すという。青森県による利用可能性の調査は、エネルギーの「地産地消」を地域活性化につなげる総務省の「緑の分権改革」推進事業を活用したもので、両地域で温泉熱の有効な活用法を調べ、総事業費は約7000万円になる。青森県によると、大鰐温泉は湯温65度の塩泉で、町が源泉を管理している。むつ市については、温泉の配湯状況や権利関係を確認した上で、活用法を調べるという。青森県は2008年に地球温暖化の原因防止対策としての「青森県地中熱利用推進ビジョン」を策定しており、これに基づいて2009年度に浅虫温泉の大規模温泉施設や道の駅などでモデル施策を展開してきた。浅虫温泉では源泉に伏流水を混ぜて湯温を下げているため、モデル施策では配湯後の温泉と水道水を熱交換器内の隣り合う流路に流す方法を採用した。これによって温泉の温度を下げる一方で、温まった水道水をシャワーに回せるため、湯温を下げる水道代と暖房・給湯用の灯油代が浮く仕組みになっている。浅虫温泉の大規模施設では、熱交換器の導入に約1100万円がかかったが、光熱水費用が年間で900万円程度削減できるため、継続することで導入費用が回収できるという。青森県は今後、地球温暖化の原因防止対策として浅虫温泉の事業者に対し、熱交換器のリース事業を活用する案や熱交換器を融通し合う特別目的会社を設ける案を示す方針としている。積雪寒冷地の青森県は暖房の大半を化石燃料に依存する一方で、青森県内には東北最多の145か所ものエネルギーを埋蔵している温泉地がある。各都道府県が地球温暖化の原因防止対策で温室効果ガスであるCO2の排出削減に取り組む中、青森県では「温泉の宝庫」に着目した。青森県エネルギー開発振興課は「浅虫で得た成果を生かし、地球温暖化の原因防止対策としてのエネルギー資源を地域活性化に結びつけたい」としている。

> 青森県で地球温暖化の原因防止対策としての温泉熱活用はこちら

地球温暖化の原因防止対策のバイオ燃料対応車開発要請

 地球温暖化の原因防止対策として車のバイオ燃料の利用を促進するため、小沢鋭仁環境相は、国内の乗用車メーカー8社の幹部と環境省で会談し、車の燃料であるガソリンにバイオエタノールを10%混ぜた「E10」という燃料に対応した車を開発するよう要請した。バイオエタノールは、原料の植物が成長過程で地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を吸収するため使用に伴うCO2排出が少ないからだという。海外では20%混ぜたガソリンを導入している国もあるのが現状だ。環境相は「来年度には排ガス基準などを定めて対応車が販売できるようにしたい。地球温暖化の原因防止対策の車を早期に市場投入できるよう準備をお願いしたい」と述べた。環境省によると、現在の日本のガソリン車でE10を使うと配管の腐食の恐れがあるが、出席したメーカー側は「技術的に問題はない」と指摘し、「できるだけ早く開発したい」との意見もあった。
しかし、バイオエタノール100%の燃料を使用するのであればともかく、たかだかガソリンにバイオエタノールを10%程度混ぜた燃料を使うことによって、どれほどの地球温暖化の原因防止対策に効果があるのか疑問である。

> 地球温暖化の原因防止対策のバイオ燃料対応車開発要請はこちら

東京都下水道局が地球温暖化の原因のCO2を25%削減に自信

 東京都地球温暖化の原因防止対策として、4月から東京都内のビルや工場などの大規模事業所に地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)の排出削減を義務付ける国内初の制度をスタートさせた。東京都自身も地球温暖化の原因防止に範を示すため、平成32年度までに12年度比で地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の排出量を25%削減する目標を掲げている。東京都庁の中でもとりわけ地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の削減を迫られているのが、東京都のCO2総排出量の4割を占める東京都下水道局だ。東京都下水道局は今年、「アースプラン2010」を策定し、下水道事業としては全国初となる最新技術を駆使した対策を取っている。東京都下水道局の事業活動で排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスの約4割は1300万東京都民の生活を陰で支える下水処理で発生しており、その大半は雨水や下水をくみ上げるポンプの電力や汚泥の焼却によるものとなっている。東京都下水道局の20年度CO2総排出量は87.6万トンであり、これは六本木ヒルズの地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の年間排出量の15倍以上で、地下鉄やバスなどを有する東京都交通局の3倍にもなる。しかも、地球温暖化の原因によるゲリラ豪雨対策で排水ポンプの増設を迫られるなど、下水道事業における電力消費量は増加し、地球温暖化の原因による負のスパイラルに陥っている。しかし、石原慎太郎知事が「東京都から日本の地球温暖化の原因防止対策をリードする」と宣言し、民間に地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の削減義務を課した以上、東京都自らが手をこまねいているわけにはいかない。そこで、東京都下水道局は「アースプラン2010」で、最新技術の導入で目標を達成する方針を打ち出した。
 それによると、例えば、汚泥焼却の際に発生するガスや熱を再利用するガス化炉や、炉内の圧力を上げて燃焼効率を高める第2世代焼却炉を導入する。汚泥焼却の際には、CO2の約310倍もの地球温暖化の原因となる温室効果を持つ一酸化二窒素が発生するため、それを大幅に抑制できる新型炉にはとりわけ大きな期待が集まる。このほか、太陽の動きに合わせパネル角度が変わる新型太陽光発電も導入することにした。これらはすべて下水道事業で全国初となる技術だという。導入に伴うコストだが、東京都下水道局は「設備の寿命時期に合わせて新技術を採用した機器を導入するためコストは大きく増えない。省エネ型の機械に入れ替わることで電力や燃料消費量が減少し、トータルするとコストは増えない」と自信を見せる。

> 東京都下水道局が地球温暖化の原因のCO2を25%削減に自信はこちら

地球温暖化の原因防止対策で高まる自動車用電池への期待

 地球温暖化の原因防止対策としてリチウムイオン電池の伸びが著しい。電子機器や自動車、産業用の次世代エネルギーとして地球温暖化の原因防止対策とともに期待されるリチウムイオン電池である。自動車用電池で国内トップ、世界3位のシェア(占有率)を誇るジーエス・ユアサコーポレーションは、リチウムイオン電池事業の育成を4月からスタートした「第二次中期経営計画」の重要戦略課題と位置付けた。中かでもポテンシャルの高い自動車用に的を絞った生産体制の増強を急いでいる。同社の依田誠社長は、リチウムイオン電池事業が自動車用に拡大するとみる理由に「リチウムイオン電池が持つエネルギー密度の高さと、環境対応性」をあげる。リチウムイオン電池は、これまで自動車用電池で主流だった鉛蓄電池に比べ、エネルギー密度が5倍も高い。また、リチウムイオン電池を搭載したエコカー(環境対応車)は、ガソリン車に比べて地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量が、ハイブリッド車(HV)で25~35%、電気自動車(EV)は75%も削減される。地球温暖化の原因防止対策の一環として、自動車のCO2排出規制が世界的な流れとなっている現状では、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の大幅削減に寄与するリチウムイオン電池が巨大市場を構築することは必至とみている。リチウム電池の市場の成長率について、依田社長は「個人的見方」としながら、「2015年ごろで全世界の新車販売台数の約10%で、600万台から700万台をエコカーが占め、このうちの10%は最も地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)削減効果の高いEVとなるのではないか」と予測する。現在、地球温暖化の原因防止対策のリチウムイオン電池の全世界の生産能力は、電子機器用など民生用を含めてもEV換算で50~60万台分とみられており、供給能力不足は明らかだ。こうしたことから同社の地球温暖化の原因防止対策のリチウムイオン電池の生産増強計画はEV、HEV用両面で急ピッチに進む。EV用では、三菱自動車、三菱商事と合弁で設立した「リチウムエナジージャパン」が滋賀県草津市で昨年6月から年間2千台規模で生産を始め、同6千台規模にまで拡大している。これに続き、2010年度内には本社事業所内で年間1万台分の生産体制を確立し、さらに滋賀県栗東市の新幹線建設予定地だった用地への進出も計画している。ただ、栗東市への進出について依田社長は「地権者が多いこともあり、断定的にはいえない」と慎重だが、地球温暖化の原因防止対策のリチウムイオン電池の需要が拡大の方向にあるだけに、当初の計画通り、今年中には着工するとみられる。HEV用ではホンダとの合弁会社「ブルーエナジー」が年間生産能力20万~30万台の計画で今秋以降の操業開始に向け、京都府福知山市で工場建設を進めている。これらの計画が完了する2012年度末時点での地球温暖化の原因防止対策のリチウムイオン電池事業の売上高は年間400億円の見通しだという。08年度末実績30億円の十数倍にのぼり、リチウムイオン電池の需要が拡大するなかで、売り上げは上方修正される可能性が高い。

> 地球温暖化の原因防止対策で高まる自動車用電池への期待はこちら

栃木県が地球温暖化の原因防止のカーボンオフセット認証制度

 栃木県では、地球温暖化の原因防止として、企業や団体、個人による環境活動に対し、栃木県が独自基準で温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減量などを算定し認証する「とちぎカーボンオフセット制度」が今年度からスタートした。栃木県から地球温暖化の原因防止の認証を受けた企業などは社会貢献活動としてPRでき、栃木県は制度の導入で地球温暖化の原因防止への取り組みを促したい考えだ。カーボンオフセットは、経済活動などで排出した地球温暖化の原因となる温室効果ガスであるCO2を、植林や森林保護、自然エネルギーの購入などで埋め合わせる(オフセット)仕組みのことをいう。栃木県は、植林や間伐などによる森林整備や、化石燃料の代替エネルギーとなる森林バイオマスの利用、太陽光発電や風力発電などのグリーン電力の購入の3分野を対象とした。地球温暖化の原因防止のカーボンオフセットとして、森林バイオマスの利用とグリーン電力の購入を対象とするのは全国初という。森林整備の場合、栃木県内の0.1ヘクタール以上の森林内で、一定本数以上の植林をしたり、間伐や里山整備を行った企業などが栃木県に認証を申請することになる。これに対して、栃木県は現地で森林整備の状況を確認し、地球温暖化の原因となる温室効果ガスであるCO2吸収量を算定し認証することになる。また、森林バイオマスの利用では、企業などがボイラーなどの燃料に化石燃料ではなく間伐材や林地残材、チップといった森林バイオマスを使用した場合、栃木県が地球温暖化の原因となる温室効果ガスであるCO2削減量を算定し認証することになる。これらのカーボンオフセットの認証結果はいずれも栃木県のホームページで公表するという。栃木県地球温暖化対策課は「地球温暖化の原因防止対策に企業や栃木県民が参加するきっかけになれば。この制度が広がれば地球温暖化防止に役立つ」と話している。

> 栃木県が地球温暖化の原因防止のカーボンオフセット認証制度はこちら

地球温暖化の原因防止に向け栃木県とレジ袋有料化の協定業者が増加

 栃木県は、地球温暖化の原因防止に寄与するレジ袋有料化に関する協定を25事業者・40店舗と新たに締結したと発表した。昨年、栃木県、市町、消費者団体と11事業者・59店舗でスタートした地球温暖化の原因防止に寄与するレジ袋有料化に関する4者協定は、35事業者・86店舗に増加したという。今回のレジ袋有料化に関する協定では栃木県内大手スーパーの「たいらや」(本社・栃木県宇都宮市城東1)が新たにこの取組みに参加したことから、地球温暖化の原因防止に寄与するレジ袋無料配布中止の動きに弾みがつきそうだという。栃木県庁で行われた地球温暖化の原因防止に寄与する協定締結式で、福田富一栃木県知事は「協定に参加したのは、地球温暖化の原因防止など環境保全に高い意欲を持つ事業者であり、こうした事業者を支援するとともに、栃木県民に対してこの取り組みへの理解、協力を求めて栃木県民総ぐるみの地球温暖化の原因対策につなげたい」と語った。「たいらや」は栃木県内22店舗のうち、宇都宮市、下野市、芳賀町の15店舗で4月1日からレジ袋の有料化を実施し、地球温暖化の原因防止に寄与するという。レジ袋は1枚3~5円で販売する予定だという。たいらやの村上篤三郎社長は「地球温暖化の原因防止を始めとする環境問題に少しでも寄与できると思い参加した。栃木県が地球温暖化の原因防止に寄与する環境問題に取り組んでいるというイメージが出来上がることを願う」とあいさつした。同社の地球温暖化の原因防止に寄与するレジ袋の有料化協定への参加は、ほかの栃木県内大手スーパーや全国チェーンのスーパーの参加を促すことが期待され、福田栃木県知事は「たいらやさんに参加してもらうのは地球温暖化の原因防止に非常に大きい」と語った。昨年12月現在では、県内全域の統一基準でレジ袋有料化を実施しているのは13県に止まっている。レジ袋(約10グラム)1枚の製造から焼却までに排出される地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素は47グラムであることから、レジ袋使用の抑制への取組みは、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの削減に効果があるという。
カラオケセット機器機材レンタルリース情報ウエディングドレスレンタル格安激安販売情報貸し別荘コテージレンタル情報

> 地球温暖化の原因防止に向け栃木県とレジ袋有料化の協定業者が増加はこちら

群馬県渋川市の伊香保温泉が街一丸で地球温暖化の原因のCO2削減へ

 観光客でにぎわう伊香保温泉(群馬県渋川市)で、近年になって地球温暖化の原因防止への取り組みを行っている。地球温暖化の原因防止のため、宿泊客に節電や歯ブラシ持参を呼びかける啓発活動に続き、全旅館の地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出削減に向けた取組みも始まった。群馬県渋川市の伊香保温泉のように、全国的に見ても温泉街や観光地が一体となって地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出削減に取り組む例はなく、参加する旅館側は「地球温暖化の原因防止対策の温泉といえば伊香保といった『伊香保スタンダード』をつくり、全国に地球温暖化の原因防止対策を発信したい」と意気込んでいる。伊香保温泉旅館協同組合が地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出削減に取り組むことを決めたのは昨年5月のことであった。従来から地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出などの環境問題に関心を持っていた福田朋英理事長の呼びかけに応じる形だった。昨年12月中旬から約1か月間、JTB関東(埼玉県さいたま市)などとの共同事業で、環境省の「カーボンオフセットモデル事業」にもなった地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出削減策を実施し始めた。群馬県渋川市の伊香保温泉の宿泊客にチェックシートを配布し、(1)無駄な電気をこまめに消すこと(2)水やお湯をこまめに止めること(3)自宅の箸や歯ブラシを持参することに対しての協力を求めた。
 同組合によると、客がチェック欄に記入したシート1枚を回収することで、国連認証の地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出権5キロ分になる事業で、集計はまだだが、約50トン分の地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出権を国に寄付できる見通しという。高橋秀樹専務理事は「癒しを求めて来る温泉地で協力は得られないのではないかと不安はあったが、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)削減対策に関する苦情はなかった」と笑顔をみせる。群馬県渋川市の伊香保温泉では、地球温暖化の原因防止対策として燃費効率のよいボイラーに切り替える旅館もあるなど、温泉街全体の意識も向上しており、同組合では次なる手として旅館業務自体での地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)削減をねらうことを計画しているという。群馬県渋川市の伊香保温泉では東京都市大などの協力のもと、水道光熱費や食材費などから各旅館ごとの地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量推定に着手しており、半年後には削減目標を決定するという。さらには、蛍光灯の約半分の電力で同じ明るさが確保できる発光ダイオード(LED)の導入拡大などを推進するという。福田理事長は「輸送距離が長い県外食材を地元産に切り替えるだけでも地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の削減効果はある。知恵を絞り、できる範囲で取り組んでいきたい。そうすれば地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の削減の輪は全国へ、世界へと広がる可能性もある」と話している。
コピー機レンタルリース格安情報PCパソコン個人向けレンタルリース情報貸しスタジオレンタル情報

> 群馬県渋川市の伊香保温泉が街一丸で地球温暖化の原因のCO2削減へはこちら

日本政府が地球温暖化の原因対策のブルンジ共和国の太陽光発電装置整備事業へ無償資金協力

 日本政府は、ブルンジ共和国政府が取り組んでいる地球温暖化の原因対策の「太陽光を活用したクリーンエネルギー導入計画」の太陽光発電に係る設備整備に対し、総額5億4,000万円の環境プログラム無償資金協力を行うことを決定したと発表した。去る2010年1月18日、ブルンジ共和国首都ブジュンブラにおいて交換文書の署名式が行われた。この地球温暖化の原因対策の協力は、ブルンジの首都ブジュンブラ市内にある同国の中枢病院であるカメンゲ大学病院に、地球温暖化の原因対策の太陽光発電装置を整備するために必要な資金を供与するものとなっている。この太陽光発電装置の整備協力の実施により、地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素の排出量が削減されるとともに、ブルンジが今後、地球温暖化の原因対策の太陽光発電施設普及に取り組んでいくために必要な基盤を築くことが見込まれているという。本件に関する外務省発表の資料は次のとおりである。
1月18日(月曜日)(現地時間同日)、ブルンジ共和国の首都ブジュンブラにおいて、我が方岩谷滋雄駐ブルンジ国大使(ケニアにて兼轄)と先方オーギュスタン・ンサンゼ外務・国際協力大臣(S.E.M. Augustin Nsanze, Ministre des Relations Extrieures et de la Coopration Internationale)との間で、5億4,000万円の環境プログラム無償資金協力「太陽光を活用したクリーンエネルギー導入計画」(le Projet de Promotion de l’nergie Propre en Utilisant le Systme Solaire Photovoltaque)に関する書簡の交換が行われました。
ブルンジは、その電力供給を水力発電に依存しており、また、長年続いた内戦の影響による設備劣化等のため、電化率は2%以下と極めて低い状況です。このような状況の中、降雨量の変動により影響を受ける水力発電を補完する電力として、太陽光を活用したクリーンエネルギーの普及が急務となっています。
本件協力は、ブルンジの首都ブジュンブラ市内にある同国の中枢病院であるカメンゲ大学病院に、太陽光発電装置を整備するために必要な資金を供与するものです。本件協力の実施により、二酸化炭素の排出量が削減されると共に、ブルンジが今後太陽光発電施設普及に取り組んでいくために必要な基盤を築くことが見込まれます。
我が国は、2008年5月の第4回アフリカ開発会議(TICAD IV)等において、アフリカ諸国の気候変動対策における取組への協力を強化することを表明しており、本件協力はその支援策を具体化するものです。
(参考) ブルンジ共和国はアフリカ中部に位置し、面積は2.78万平方キロメートルを有し、人口は約807万人(世銀、2008)、一人当たりGNI(国民総所得)は約140米ドル(世銀、2008)。
格安激安プロジェクターレンタル情報格安激安PA音響機材機器レンタル情報貸しホールレンタル情報

> 日本政府が地球温暖化の原因対策のブルンジ共和国の太陽光発電装置整備事業へ無償資金協力はこちら

富山県で全国初の地球温暖化の原因防止に寄与する路線電気バス試験運行

 富山県富山市では、北陸電力などが開発した地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素を排出しない電気バスを2月中旬から富山市内で運行するコミュニティ路線バスに試験導入すると発表した。地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出量は、発電時などで出る分を換算してもディーゼル車の3分の1になるという。日本バス協会(東京都)によると、電気エネルギーを動力源とする路線バスは全国初の取組みとなる。地球温暖化の原因防止に寄与する路線電気バスについては、経済産業省の「低炭素社会実証モデル事業」として、北陸電力が富山地方鉄道、富山市の第三セクター「まちづくりとやま」などと開発を進めてきたものである。北陸電力によると、車両は高齢者も利用しやすい低床型で乗客定員は28人であり、急速充電できるリチウムイオン電池を4台搭載しており、これをフル充電すると68キロ走行することが可能であり、最高時速は84キロとなっているとのことである。地球温暖化の原因防止に寄与する路線電気バスの対象となる路線は、富山地鉄が運行するコミュニティバス「まいどはや」の一部ルート(約7キロ)であり、現行の1日31便のうち、9便分とする予定であり、運賃は100円となっている。富山県富山市などは1か月間にわたって地球温暖化の原因防止に寄与する路線電気バスを試験的に走行させ、費用や耐久性などをみて、富山県富山市内の路線バスとして定着させる考えだと説明している。
ピアノ講師求人募集転職家庭教師の求人募集転職講師の求人募集転職

> 富山県で全国初の地球温暖化の原因防止に寄与する路線電気バス試験運行はこちら

群馬大学で超小型電気自動車で地球温暖化の原因防止

 群馬県にある群馬大学工学部で地球温暖化の原因防止につながる「次世代EV(電気自動車)研究会」が発足し、松村修二客員教授が中心になって、全長2.5メートルの1人乗り超小型電気自動車「Mag-E1(マギーワン)」の開発を進めている。地球温暖化の原因防止につながる電気自動車はエンジンの代わりにモーターと制御装置、ガソリンの代わりにリチウムイオンバッテリーを使って走り、走行中の地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量はゼロであり、使用電力の発電時排出量を含めても、ガソリン車に比べると約4分の1に抑えることができ、地球温暖化の原因防止対策として期待がかかっている乗り物である。電気自動車の普及への課題は、走行距離と価格であり、バッテリーをたくさん積めば距離は伸びるが、車体が重くなりエネルギー効率が悪くなり、充電に時間がかかるうえ、価格も跳ね上がることになる。研究会は走行距離に目をつぶり、地球温暖化の原因防止につながる電気自動車マギーワンの用途を近距離の移動に限定することにしてこれを解消しようとしている。さらには、徹底的なコストダウンを図り、電気自動車を低価格で気軽に乗れる原動機付き自動車に位置づけることで、大手自動車メーカーの電気自動車との差別化を打ち出した。
 地球温暖化の原因防止につながる電気自動車マギーワンの大きな特徴は、シンプルな構造と軽さであり、フレームは難燃性マグネシウムを使用し、約28キロに抑えている。車輪の駆動システムとして、後輪にモーターを組み込んだ「インホイールモーター」を採用し、これは、トランスミッションやギアが不要で、一層の軽量化とコスト削減が可能になり、車体重量はわずか150キロに収まっている。地球温暖化の原因防止につながる電気自動車の最高速度は60キロで、家庭用電源でわずか30分で、専用の急速充電設備を使えば5分で充電できるという優れものである。地球温暖化の原因防止につながる電気自動車の走行距離はバッテリー1セットで30キロと行動範囲は限られるが、将来的に量産体制が確立できれば、100万円以下の価格も可能だという。群馬県は1世帯当たりの自動車保有台数が約1.68台と全国第3位で「街乗り用のセカンドカー」としての需要に期待がかかる。群馬県環境政策課によると、群馬県内のクリーンエネルギー(ハイブリッド・天然ガス・電気)自動車の登録台数は、2009年3月末に1万309台と、この10年間で約22倍に増えた。しかし、ハイブリッド車が全体の97%を占めており、電気自動車は10年前からわずか2台増の20台にとどまる。環境省によると、2008年度の日本の二酸化炭素(CO2)直接排出量約12億8600万トンのうち、自動車や船舶などの運輸部門の二酸化炭素(CO2)は約2億3600万トンと約20%を占めている。地球温暖化の原因防止対策には、運輸部門の二酸化炭素(CO2)排出量削減も課題となる。松村さんは「電気自動車は太陽光発電などの自然エネルギーを使えば、二酸化炭素(CO2)排出量をゼロにできる可能性も持っている。移行期に一番フィットするのはハイブリッドだが、数十年先には電気自動車は必ず本格的に普及する」と話す。
薬剤師・管理薬剤師の求人募集転職栄養士・管理栄養士の求人募集転職保育士の求人募集転職

> 群馬大学で超小型電気自動車で地球温暖化の原因防止はこちら

滋賀県が地球温暖化の原因防止対策として電気自動車充電設備30か所整備

 滋賀県は新年度、地球温暖化の原因防止対策として電気自動車の充電設備を滋賀県内に約30か所整備する事業の予算化を検討している。フル充電1回当たりの走行距離が琵琶湖半周程度と短い欠点を補い、地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)の排出が少ない電気自動車の普及を目指す。設置するのは、電圧200ボルトの充電設備で、1時間で走行距離約20キロ分を充電でき、滋賀県立施設のほか、民間商業施設などでの設置を想定している。電気自動車のフル充電1回あたりの走行距離は百数十キロであることから、滋賀県内各地で充電できるよう、分散して配置する計画となっている。重電料金は滋賀県立施設では当面無料とし、民間で料金を徴収するかどうかは各施設に任せる方針だという。滋賀県内ではマイカーからの地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出量が全体の12%を占め、滋賀県は2030年において地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出量半減を目指しており、電気自動車への買い替え促進の一環として計画した。滋賀県の地球温暖化の原因担当課では「滋賀県が充電設備を先駆け、CSR(企業の社会貢献活動)の一環で民間駐車場などに広まれば、利便性が高まる。地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素排出量削減のため、電気自動車普及の呼び水にしたい」としている。
病院臨床検査技師の求人募集転職看護師・准看護師の求人募集転職保健師の求人募集転職

> 滋賀県が地球温暖化の原因防止対策として電気自動車充電設備30か所整備はこちら

JICAが地球温暖化の原因防止対策として途上国インフラ整備でCO2削減へ

 国際協力機構(JICA)は、フランス開発庁(AFD)などと協力し、途上国へのインフラ整備支援事業がどの程度の地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出を伴うか予測する手法を2月にも策定すると発表した。地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を調べたうえで、鉄鋼やセメントなど原材料の節約、工法の工夫などを促し、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減につなげるという。途上国の地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減は、地球温暖化対策の重要課題の一つとなっていることから、この取組みが省エネ、省資源で先行する日本企業の製品や技術の採用が広がるきっかけとして期待できる。商品の製造から消費、廃棄まで地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を明記する「カーボンフットプリント」と同じ考え方が採用されている。カーボンフットプリントは、消費者には地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出の少ない商品の購入を、企業には商品製造過程での地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減を促すのが狙いで、インフラ整備に応用すれば、開発援助を通じて途上国、先進国の双方に地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減を促す効果が期待できる。AFDは、既にインフラ整備による地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を予測する計算プログラムを持っており、途上国の開発援助に応用している。ただし、このプログラムは、フランス国内でのプロジェクトを想定した内容であることから、経済基盤が異なる途上国にそのまま適用すると、誤差が大きくなる問題があるという。JICAは、AFDから計算プログラムの提供を受け、法政大の協力で新しいプログラム作成を進めている。作業は、日本の援助でタイ・バンコクで完成した地下鉄事業の環境影響評価も基礎資料にし、2月には完成する見込みだ。今後予定されている開発プロジェクトで、どの程度の地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出するかを予測し、設計や施工にあたって排出削減できる部分を提案する。JICAとAFDは、各国に活用を促すとともに、さまざまなデータを収集し、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の予測の精度を高めていく方針だという。地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を算出する際には、材料の製造段階まで検討することが想定されており、日本製の鉄鋼などの素材が採用される機会が増える可能性もあるそうだ。
袴はかまレンタル卒業式情報不用品廃品ゴミ回収買取引取り処分情報医師の求人募集転職

> JICAが地球温暖化の原因防止対策として途上国インフラ整備でCO2削減へはこちら

地球温暖化の原因防止に向けた積水ハウスなど環境先進企業の取組み

 2010年は、世界規模で地球温暖化の原因防止対策を始めとする環境問題への意識が益々高まっていくことが予測される。特に、我が国は、2020年までに地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス1990年比で25%削減するという極めて高い目標を掲げており、各企業の地球温暖化の原因となるCO2削減に向けた今後の取り組みも注目されている。住宅メーカーの積水ハウスは、住宅業界初の地球温暖化の原因防止対策に取り組む「エコ・ファースト企業」として、環境に配慮した次世代の住まい環境を積極的に提案している。2009年から展開している環境配慮型住宅「グリーンファースト」では、地球温暖化の原因防止対策となる太陽光発電システム家庭用燃料電池を積極的に提案することで着実に受注を伸ばし、今年度の受注目標である太陽光発電システム搭載住宅6,000棟、家庭用燃料電池1,000台をいずれも前倒しで達成したという。また、大阪ガスと共同で地球温暖化の原因防止対策に関連する情報技術を使用し、エネルギー利用の最適化を図るスマートハウスの実証実験や、三洋電機と共同でリチウムイオン電池を搭載した住宅の研究を本格的に開始するなど、次世代の住宅における地球温暖化の原因防止対策の環境に配慮した新エネルギー技術の研究も積極的に行っている。
 2009年12月には、積極的に地球温暖化の原因防止対策を始めとする環境への取り組みを推進する「エコ・ファースト企業」23社が、企業の地球環境問題に対する取組みをさらに充実させるために「エコ・ファースト推進協議会」を設立し、地球温暖化の原因防止対策に向けて参加企業間の連携強化を表明したところである。この協議会の活動とのシナジー効果を図るかのように「エコ・ファースト推進協議会」の議長・副議長を務める企業6社の代表者が揃って参加した地球温暖化の原因防止対策の「チャレンジ25キャンペーン」のキックオフイベントが、1月14日に総理官邸で行われた。同イベントは、鳩山内閣総理大臣をリーダーに、地球温暖化の原因防止対策のため温室効果ガス排出量の削減を進めていく国民運動「チャレンジ25キャンペーン」のスタートを記念して実施されたものである。イベントには、鳩山首相、小沢環境大臣をはじめ、加山雄三、上戸彩、杉山愛さんら多くの著名人が出席して行われた。国民運動のスーパーアドバイザーとして前東大総長の小宮山宏・三菱総研理事長が就任し、タレントやお天気キャスターなどが「応援団」に任命された。イベント中、「エコ・ファースト推進協議会」副議長を務める積水ハウスの和田会長は、「鳩山総理も『家庭部門は地球温暖化の原因防止対策のため温室効果ガス排出量の削減余地がまだまだあり、この対策が一番大事』とおっしゃっております。当社は地球温暖化の原因防止対策の環境配慮住宅「グリーンファースト」の普及に力を入れており、今では戸建受注の6割以上を占めるまでになりました。地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電と燃料電池を搭載し、CO2を100%削減できる「CO2オフ住宅」も2009年だけで800棟も供給しています。もちろん、既存住宅への地球温暖化の原因防止対策も重要です。お客様の環境意識も高まっているので、今後も一つ一つ地球温暖化の原因防止対策のCO2オフの取り組みを広げていきたい」と意気込みを語った。
LEDライト電光サイン看板情報携帯マイmy箸運動販売情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止に向けた積水ハウスなど環境先進企業の取組みはこちら

地球温暖化の原因防止のカーボンフットプリントマーク貼付製品が登場

 経済産業省は、地球温暖化の原因防止を啓発するためのカーボンフットプリントマークを貼付した製品が、全国で平成22年2月1日から店頭販売されることになったと発表した。カーボンフットプリントは、製品の原材料調達から廃棄・リサイクルに至るライフサイクル全体において排出される地球温暖化の原因となる温室効果ガスCO2量に換算してわかりやすく製品に表示する制度となっている。今回、日本ハム(株)から2月1日より販売される「森の薫りあらびきウインナー」と「森の薫りロースハム」は本事業において、カーボンフットプリントの算定結果とその表示方法に関して検証が行われた結果、その内容が適正と判断され、地球温暖化の原因防止を啓発するカーボンフットプリントマークを貼付した上で製品を販売することが認められた。これらの製品は、地球温暖化の原因防止を啓発するカーボンフットプリントマークを貼付した製品として、全国の店頭において陳列したかたちで販売される初めての商品となる。
古着買取リサイクル通販情報ブランド品高価買取情報家具高価買取リサイクルショップ販売情報

> 地球温暖化の原因防止のカーボンフットプリントマーク貼付製品が登場はこちら

上海万博で日本が地球温暖化の原因防止をアピール

 中国で5月に開幕される上海国際博覧会(いわゆる上海万博)で、日本政府と企業・団体が共同出展するパビリオン「日本館」に、地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)を排出しない未来の都市「ゼロエミッションタウン」が登場する。地球温暖化の原因となる温室効果ガスの防止のため、太陽光発電パネルの設置や環境対応車(エコカー)の使用など日本の先端技術のほか、下水を飲用水に処理する最新の水システムも紹介している。地球温暖化の原因防止対策に取り組む「環境の日本」を世界にアピールして、今後世界的に需要が高まる地球温暖化の原因防止対策の環境関連技術や水ビジネスの国際展開につなげることを目指す方針だという。この地球温暖化の原因防止対策が施された日本館の名前は「紫蚕島(日本語愛称・かいこじま)」という。敷地面積600平方メートルで、政府のほかキヤノン、トヨタ自動車、パナソニックなど約20の企業・団体が「こころの和・わざの和」を共通テーマとして出展する。「地球温暖化の原因防止問題など人類が直面するさまざまな課題を、日本と中国が技術や人の協力によって解決しよう」とのメッセージを込めた内容になるという。展示の目玉の一つが地球温暖化の原因防止対策のゼロエミッションタウンになっている。地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2を排出しない2020年の街の姿をセットなど実物大で表現している。発電時に地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2を排出しない風力発電や次世代型送電網(スマートグリッド)、燃料電池自動車に水素ガスを供給する「水素ステーション」などが立ち並ぶ風景を写真で立体的に作り出しているほか、さらにはエコカーや省エネ家電を配置しているという徹底振りだ。窓ガラスに張り付けて発電する「太陽光発電窓ガラス」、人や車が通る圧力で電気を生む「発電床」など、実用化に向けて開発が進む地球温暖化の原因防止対策の先端技術の実物も展示するという。また、下水を日本のろ過膜技術などで浄化し、飲用水として供給するシステムも紹介する。中国では急激な工業化で水需要が急増する一方、湖水の汚染が社会問題化している。日中両政府は昨年11月に北京で開かれた「日中省エネルギー・環境総合フォーラム」で、水質浄化などに関する協力で合意したばかりであり、日本側は、技術を広く紹介し、中国での技術導入やビジネス展開に弾みをつけたい考えだという。
 上海万博で最新の環境技術を展示する日本側の動きの背景には、地球温暖化の原因防止対策に係る環境技術を有力な「輸出産業」に育て上げたいという政府の思いがある。政府は昨年12月に公表した成長戦略の基本方針で地球温暖化の原因防止対策の環境分野を柱に据え、日本の技術で2020年までに世界の地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2排出量を13億トン削減するという目標を設定した。アジアでのインフラ整備協力や「システム」の輸出に力を入れる方針も掲げ、とりわけ水ビジネスは、途上国の経済発展による水需要の急増で、2025年には市場が100兆円に拡大するとみられる有力な成長分野だ。日本は個々の水処理技術で世界トップクラスにあるものの、プラントの建設や運営まで一貫して受注する体制がなく、欧米の「水メジャー」に国際市場を奪われている。政府は企業が持つ技術と、行政が持つ水道施設運営ノウハウを一体化させて「システム」として国際展開することを目指している。
リサイクルトナー再生激安販売情報カーペットクリーニングじゅうたん情報革靴ブーツクリーニング情報

> 上海万博で日本が地球温暖化の原因防止をアピールはこちら

神奈川県横浜市で地球温暖化の原因防止のバイオ燃料普及へ

 神奈川県横浜市栄区の湘南桂台自治会(約1500世帯)は地球温暖化の原因防止に向けてバイオ燃料の普及を進めようと、地域内の公園で使用済み天ぷら油の回収会を開いた。園内では地球温暖化の原因防止として廃油利用の実践例も紹介され、来場者は身近なエコ活動に関心を寄せていた。回収した廃食油をバイオ燃料の製造販売に結びつけているのは、神奈川県横浜市泉区のアイエー産業である。同社によると、地球温暖化の原因防止のバイオ燃料は廃食油と灯油を半分ずつ混合させた「エコ燃料」で、神奈川県内外の産廃処理施設の焼却炉やビニールハウスのボイラー燃料などに活用しているという。「もうけには、ならない」というが、灯油に比べ熱効率が約1.2倍高い一方、地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素排出量は同約50%抑制でき、1か月あたりにすると約100トンもの二酸化炭素排出量を削減しているという。神奈川県横浜市の湘南桂台自治会では、同社と連携し昨年から地球温暖化の原因防止として廃油回収を始めた。各家庭で天ぷらやフライに使った食用油をペットボトルなどに詰めて、地域のイベント会場などに持ち寄っている。この日は「どんど焼き」会場となった桂山公園内に廃油の回収場所が設けられ、前年比2倍近い約200リットルが集まった。会場では、廃油利用の温風ヒーターを稼働させるなど、バイオ燃料の有効性も紹介された。自治会長は「エコ燃料の紹介が住民の地球温暖化の原因防止の環境意識を高めるきっかけになれば。こうした取り組みが多くの地域に広がってほしい」と話している。
ハウスクリーニング掃除清掃代行情報エアコンクリーニング業務用家庭用掃除洗浄情報着物きものクリーニング専門丸洗い情報

> 神奈川県横浜市で地球温暖化の原因防止のバイオ燃料普及へはこちら

環境省が地球温暖化の原因対策として自治体の「25%削減」を支援

 環境省は、地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)の排出を抑えた公共交通機関の利用促進や未利用エネルギーの活用などを通じて、地域ぐるみで「地球温暖化の原因対策として温室効果ガス25%削減」に取り組む自治体を支援する「チャレンジ25地域づくり事業」を実施すると発表した。政府は、2020年までの国全体の地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量を1990年比で25%削減する方針を決めている。これを踏まえ同省は、自治体の地球温暖化の原因となる温暖化対策支援を強化するという。地球温暖化の原因防止対策モデル事業を通じて、地域でどのような対策を取れば「地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量25%削減」を実現できるかを探り、地球温暖化の原因対策の成功事例を他の自治体にも広げたい考えだ。地球温暖化の原因対策の対象自治体は公募で決め、3月上旬までに5、6自治体を選定する予定にしている。応募する自治体には、地球温暖化の原因対策の温室効果ガス削減策を盛り込んだ計画を提出するよう求め、実現可能性や費用対効果などを基準に選定し、総事業費は40億円となる。
カラオケセット機器機材レンタルリース情報ウエディングドレスレンタル格安激安販売情報貸し別荘コテージレンタル情報

> 環境省が地球温暖化の原因対策として自治体の「25%削減」を支援はこちら

地球温暖化の原因防止に愛知県豊橋市がエコ通勤運動を奨励

 愛知県豊橋市は、地球温暖化の原因防止のために職員の通勤手段を車から環境に優しい公共交通や自転車、徒歩などに切り替える「とよはしeco2kin(エコ通勤)運動」に4月から取り組むと発表した。地球温暖化の原因の防止や交通渋滞の緩和、職員の健康増進などが狙いだとしている。地球温暖化の原因防止の取り組みは、各課にエコ通勤管理者を置き、各職場でエコ通勤を奨励する。地球温暖化の原因防止として、職員互助会の積立金を活用し、エコ通勤の実践者に月500円を配るエコ通勤報奨制度を設けるのを始め、通勤自転車の購入者やパークアンドライド駐車場の使用者に、購入金や使用料の一部を補助するという。また、現在、通勤距離が2~8キロの通勤手当は車でも自転車でも同額だが、車は金額を減らして自転車は増やすという。さらに、愛知県豊橋市庁舎に130台分の駐輪場を増設するほか、公用車の一部を電動自転車に切り替えることによって、自転車での市内出張を増やす。こうした取組みによって、愛知県豊橋市は、10年後に職員のエコ通勤率50%を目指す。愛知県豊橋市によると、110人がエコ通勤に切り替えると、地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素排出量を年30トン(一般家庭5世帯分)削減でき、50%を達成すると年300トンの地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素排出量を削減できるという。
貸しデジタルビデオカメラレンタル情報トラックレンタカーレンタル情報貸し子供服レンタル情報

> 地球温暖化の原因防止に愛知県豊橋市がエコ通勤運動を奨励はこちら

山形県村山市が地球温暖化の原因防止のため木質バイオマス発電でCO2削減

 山形県村山市では、地球温暖化の原因防止のため、官民、地域を挙げて温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を削減しようと、本年度内にも、山形県村山市庁舎など公共施設の電力源を、木の枝や廃材を原料とする木質バイオマスに切り替えると発表した。木質バイオマス発電は、地球温暖化の原因防止に効果があるとされる生物資源で、地元発電事業者と詰めの協議を進めている。先行する東北の自治体はないといい、実現すれば画期的な地球温暖化の原因防止の取り組みとして注目を集めそうだ。山形県村山市庁舎のほかに、地球温暖化の原因防止のため、電力源を切り替えるのは市民体育館、6小学校と1中学校、温泉宿泊施設「クアハウス碁点」で取組みを進める。木質バイオマス発電を利用した場合、この10施設で年間1280トンの地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2削減効果があるという。地球温暖化の原因防止のエコ電力の供給元として山形県村山市が協議しているのは、木質バイオマス発電所「やまがたグリーンパワー」(山形県村山市富並)である。地球温暖化の原因防止のグリーンパワーの発電の仕組みは、粉砕加工した廃材などの木質チップをガス炉で加熱し、その際に発生するガスで発電機を動かすシステムであり、2007年6月に稼働している。同社は、山形県や果樹産地の6市町などでつくる村山地域果樹剪定枝循環利用協議会にも参加している。こうした計画が持ち上がったのは2009年の春のことであった。当時、選定したサクランボなどの不要な枝を果樹農家から回収し、電力源とするシステム構築のため、剪定枝循環利用協議会が村山、東根両市内で実証試験をした結果、一定の成果があったという。さらに、電力として小売りできる特定規模電気事業者に同社が認定されたことで、話が進んだという。山形県村山市内の2006年度のCO2排出量は推計で18万7980トンであった。山形県村山市では、発電方法の切り替えの協議と並行し、2012年度のCO2排出量を2006年度比8%(1万5039トン)減とする地球温暖化の原因対策地域推進計画の策定も進めている。山形県村山市は2009年11月、山形県内の市町村で初めて電気自動車を購入し、公用車に使用している。村山市環境課の担当者は「国内外で地球温暖化の原因防止への環境意識が高まっている今、電力源の切り替えを実現し、地球温暖化の原因防止に対する市民の意識をより高めたい」と話している。
格安激安プロジェクターレンタル情報格安激安PA音響機材機器レンタル情報貸しホールレンタル情報

> 山形県村山市が地球温暖化の原因防止のため木質バイオマス発電でCO2削減はこちら

滋賀県が地球温暖化の原因防止対策として無償で中小企業に専門家を派遣

 滋賀県内の中小企業の地球温暖化の原因防止対策を支援しようと、滋賀県は温室効果ガスである二酸化炭素の排出削減策を助言する専門家を無償で派遣する事業を始めた。地球温暖化の原因防止対策モデル企業として滋賀県が公募で選んだ建設業などの6社が滋賀県庁を訪れ、嘉田由紀子滋賀県知事と排出削減に関する協定書を取り交わした。2030年に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素の排出量を1990年比で半減する目標を掲げる滋賀県は、省エネ診断の専門家を単独で依頼することが難しい中小企業にも、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素の排出削減を進めてもらおうと、専門家の派遣を決めた。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素削減の専門家は各事業所の設備を点検し、機械の運用方法や設備更新などを助言する。今後、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素の削減の達成状況を滋賀県のホームページで公表していく予定で、他の企業にも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素の排出削減の参考にしてもらいたいとしている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素削減のモデル企業の一つ、滋賀県の特別養護老人ホーム「淡海荘」の岡村勝美荘長は「これまでも節電など光熱費の削減に取り組んできたが、温暖化の原因防止対策の視点で更に経費縮減を進め、滋賀県に協力していきたい」と話している。
貸し倉庫収納トランクルームレンタル情報介護用品レンタル情報家電製品家具レンタルリース情報

> 滋賀県が地球温暖化の原因防止対策として無償で中小企業に専門家を派遣はこちら

地球温暖化の原因対策を評価し大王製紙にエコ融資

 日本政策投資銀行は、地球温暖化の原因防止対策に積極的に取り組む企業への国の利子補給制度を活用し、大王製紙へ実質無利子の融資を実施したことを明らかにした。大王製紙を含む製紙大手は、2年前に年賀はがきに端を発した再生紙の古紙配合比率を偽装した問題で、社会的な批判を浴びた。だが、政投銀は「再発防止策も進んだ」と判断し、実行されたが、製紙業界への利子補給制度適用は初めてのケースとなる。企業の地球温暖化の原因防止対策資金として、融資額100億円を上限に3年間で3%の利子を補給する環境省の地球温暖化の原因防止対策制度を使って、大王製紙に融資するという。政投銀が、独自に環境配慮企業へ金利優遇する格付けで大王製紙を最高位にランク付けたことで、利息は実質ゼロとなるが、融資実行額は非開示とした。大王製紙は、利子補給制度を受けるため、地球温暖化の原因防止対策として3年以内に二酸化炭素CO2)排出量を6%以上削減すると誓約した。地球温暖化の原因防止対策融資資金は、木材チップから紙原料の繊維を取り出す際の樹脂廃液を燃料化するボイラー設備に充てるという。政投銀は「不祥事の徹底した原因究明と各種再発防止策で、信頼を回復しつつある」と判断し、大王製紙の地球温暖化の原因防止対策としての環境対応を「特に先進的」と評価した。具体的には、大王製紙が(1)平成2年度比で地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2排出量を大幅に削減した(2)廃水処理技術に優れている(3)業界平均を上回る古紙利用率を達成していることなどを認定したという。
貸し会議室レンタル情報賃貸の貸し事務所レンタルオフィス探し情報貸し布団ふとんレンタル情報

> 地球温暖化の原因対策を評価し大王製紙にエコ融資はこちら

地球温暖化の原因対策の推進に係る法律施行令の改正案への意見募集

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策として制定されている「地球温暖化対策の推進に関する法律施行令の一部を改正する政令案」に対して、平成22年2月3日までの間、意見募集を行うと発表した。今回の改正の概要は、地球温暖化の原因となる二酸化炭素他の温室効果ガスの排出量の算定方法・排出係数について所要の見直しを行うものとなっている。地球温暖化の原因防止対策としての意見は、郵送、FAX、電子メールで環境省が受け付けている。郵送の場合は封筒の表面に、ファックス又は電子メールの場合は件名に、「地球温暖化対策の推進に関する法律施行令について(案)への意見」と記載する必要がある。
○意見提出先 環境省地球環境局地球温暖化対策課 〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 FAX:03-3580-1382 E-mail:ghg-santeikohyo@env.go.jp
今回意見を求めている地球温暖化対策の推進に関する法律施行令の一部を改正する政令案の概要は次のとおりである。
1 改正の趣旨
地球温暖化対策の推進に関する法律(平成10年法律117号)に規定する地球温暖化の原因となる温室効果ガス総排出量の算定方法及び地球温暖化の原因となる温室効果ガス算定排出量の算定方法について、インベントリで用いられている算定方法の見直しや総合エネルギー統計の数値の更新等を踏まえ、地球温暖化の原因対策の推進に関する法律施行令(平成11年政令143号)に規定する温室効果ガスの排出量の算定方法・排出係数について所要の見直しを行うものである。
2 改正の内容
以下の項目に係る見直しを行う。


3 施行期日
平成22年4月1日
改正後の本施行令別表第8(廃棄物の埋立処分に係る算定方法)の規定は、平成22
年度以降の報告について適用する。
ケアマネージャー・介護支援専門員の求人募集転職和服振袖留袖着物レンタル貸衣装情報金プラチナ貴金属高価買取情報情報

> 地球温暖化の原因対策の推進に係る法律施行令の改正案への意見募集はこちら

京都府と京都市の地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電の取組み

 地球温暖化の原因防止対策として温室効果ガスである二酸化炭素の削減で合意した京都議定書採択の地として環境先進地を目指しているのが京都府と京都市である。しかし、現実には地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムの設置はあまり進んでいない。その原因の一つとして、2007年度から厳しくなった景観規制の影響が指摘されているが、京都市は2009年度に地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムの補助金を増額し、普及を図ろうとしている。地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムの補助金については、京都市は2003年から設置への補助を始めており、地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムの導入件数は2003年度173、2004年度155、2005年度172、2006年度224、2007年度191、2008年度103件と心もとない数値に終わっている。これには、景観規制により地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムの普及が遅れている面はあると京都市地球温暖化対策室は話している。京都市の景観規制区域は京都市内の9割にも及んでおり、歴史的風土特別保存地区や伝統的建造物群保存地区などでは、原則として地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムとはいえ設置することができなくなっている。京都市では屋根も含めて文化財の扱いであるので、少しでも異質なものは認められないようになっている。美観地区などでは地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムの設置は可能だが、それでも屋根材の色彩と調和させる必要がある。地区により濃淡はあるが、規制のない自治体よりも京都市では地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムの費用と手間がかかる。京都市は「京都市民や業者からすれば設置許可や届け出などの手続きが面倒で、敬遠する傾向があるかもしれない」と認めながらも、「そんなに難しいことを言っているつもりはない。京都は京都らしく景観とマッチさせながら地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムを普及させる。規制緩和ではなく、地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムの補助金の増額で対応している」と話している。最大出力1キロワット当たり4万5000円だった地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムの補助金を、2009年度から規制区域外で5万円、規制区域内では8万円に引き上げた。京都市の規制区域内に3.4キロワットを設置するモデルケースでは総費用は238万円になる。これに対して補助金は、京都市が27万2000円、京都府が8万5000円(エコポイント)、国から23万8000円が出るので計59万5000円となり、地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムの自己負担額は178万5000円となる。地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムの補助金がなければ30年とされる設置費回収にかかる年数は、補助金で20年余りに短縮されることになる。さらに、2009年11月からの余剰電力固定価格買い取り制度で十数年に短縮されたという。京都市には2009年度は前年度を上回るペースで申請があり、京都市は2009年度予算5474万円をほぼ使い切っており、設置件数が過去最多になるのは確実だという。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 京都府と京都市の地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電の取組みはこちら

地球温暖化の原因対策の第9回国内クレジット認証委員会の結果公表

 経済産業省は、地球温暖化の原因防止対策国内クレジット認証委員会あてに新規で87件の地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素の排出削減事業の計画案の提出があったと発表した。今後、審査機関等の審査を経た後、事業者からの承認申請に基づいて、年明け以降に開催される国内クレジット認証委員会において、順次、その承認のための審議を行う。なお、今回の87件を含めた地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の排出削減事業の計画案の累計提出件数は234件、年間の地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の削減見込量は151,076t-CO2となった。地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素削減の国内クレジット制度は、京都議定書目標達成計画(平成20年3月28日閣議決定)において規定されている大企業等の技術・資金等を提供して中小企業等が行った地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の排出抑制のための取組みによる排出削減量を認証し、自主行動計画等の目標達成のために活用する仕組みである。中小企業等における地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の排出削減の取組みを活発化、促進することを目的としている。京都議定書目標達成計画(平成20年3月28日閣議決定)の抜粋は次のとおりである。大企業等の技術・資金等を提供して中小企業等(いずれの自主行動計画にも参加していない企業として、中堅企業・大企業も含む。)が行った地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の排出抑制のための取組による排出削減量を認証し、自主行動計画等の目標達成のために活用する仕組みを構築し、その目標引き上げ等を促していく。その際、参加事業者が自主的に取り組むことを前提としつつ、我が国全体での地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の排出削減につながるよう、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の排出削減量の認証に当たっては、民間有識者からなる第三者認証機関が京都メカニズムクレジットに適用される簡便な認証方法に倣った基準により認証を行うことにより、一定の厳格性及び追加性を確保するとともに、中小企業等の利便性確保の観点から手続の簡素化等を行う。さらに、既存の関連制度(地球温暖化対策推進法の算定・報告・公表制度や省エネルギー法の定期報告制度)との連携・整合性のとれた制度とする。なお、本制度の運用に当たっては、中小企業等がこの仕組みの下で得られる収入のみでは事業が成立しない場合に限り、設備導入補助等既存の中小企業支援策を最小限受けることができるようにする。また、創出された地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の「国内クレジット」の管理体制・システムについては、例えば中小企業等と大企業等が協働(共同)で事業計画を策定、申請し、その認可を受けるといった仕組みなど、可能な限り簡便なものとする。本制度は、京都議定書目標達成計画の内容に沿って策定された国内クレジット制度(国内排出削減量認証制度)運営規則(平成20年10月21日 経済産業省、環境省、農林水産省)に基づき、運営されている。
ライターの求人募集転職モデルの求人募集転職アルバイト探し求人募集転職

> 地球温暖化の原因対策の第9回国内クレジット認証委員会の結果公表 はこちら

鉄鋼スラグで地球温暖化の原因防止対策として沿岸に埋め藻場再生はCO2吸収に効果

 地球温暖化の原因防止対策として、鉄鉱石から鉄を取り出す際に生じる副産物である鉄鋼スラグを使って、海洋中に不足していた鉄を補って海藻の成長を促すことに、新日本製鉄や東京大などの研究チームが成功した。海藻は地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素CO2)も吸収するため、漁業の活性化に加え、地球温暖化の原因防止に役立つ可能性があるという。現在、日本各地の海岸では藻場が減少する磯焼けが毎年その範囲を拡大してきており、現在では沿岸約5000キロにわたって発生している。磯焼けの原因としてウニによる食害や海水中の鉄濃度の減少などが指摘されている。研究チームは5年前に鉄鋼スラグを沿岸へ埋めて、地球温暖化の原因防止対策として鉄を人工的に補給する実験に着手した。地球温暖化の原因防止対策として鉄が海水に溶けやすくなるよう鉄鋼スラグ8トンを腐植土4トンと一緒に混ぜて袋詰めにし、磯焼けが発生している北海道増毛町の日本海沿岸に沈めた。その結果、海藻1本当たりの重さは何の対策も取っていない近くの場所に比べて、約8カ月間で8倍に増えたことが分かった。また、埋設場所から算出される海藻は地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)吸収量は海藻1平方メートル当たり年間5.5キロにものぼった。我が国は京都議定書で年間6%の地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減を義務付けられている。過去30年間に消失した日本沿岸の藻場のほぼ半分をこの方法で再生すれば、日本の地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)年間排出量(約13億トン)の約0.5%に当たる700万トンを吸収することになるという。現在、北海道以外にも三重県や長崎県など十数地点で地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の吸収実験をしており、効果の継続期間などを検証していくそうだ。
占い師の求人募集転職カメラマン・アシスタントの求人募集転職イラストレーターの求人募集転職

> 鉄鋼スラグで地球温暖化の原因防止対策として沿岸に埋め藻場再生はCO2吸収に効果はこちら

4都県が地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引を共同で

 首都圏における1都3県の8自治体が、地球温暖化の原因二酸化炭素などの温室効果ガスを効果的に削減していくため、1都3県を対象にした共同の温室効果ガス排出量取引制度の創設を検討していることが明らかになった。自治体単位の地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引では、東京都と埼玉県が独自の排出量取引制度を2010年度以降に導入する方針だが、これを1都3県で統合・共通化し、自治体の境界を越えて企業同士で地球温暖化の原因の温室効果ガス排出枠を取引できるようにする構想だという。地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引は、国や自治体が企業などに二酸化炭素(CO2)排出量の上限を設け、地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量を枠内に抑えられなかった企業が、超過達成した企業から余った地球温暖化の原因の温室効果ガス排出枠を買えるようにする方式である。地球温暖化の原因防止対策の柱として鳩山政権も導入に前向きで、首都圏の地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引構想は政府レベルの議論にも影響を与えそうだ。共同の制度を検討しているのは東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県に加えて、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市の8都県市となっている。地方分権の推進に向け、8都県市は共通の政策課題に取り組む「首都圏広域連合」(仮称)を設置することで合意しており、環境分野では共同の地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引制度の創設を検討することにした。キャップ・アンド・トレード方式の仕組みを検討するという。
 東京都は2010年度から、地球温暖化の原因の温室効果ガスであるCO2排出量の多い都内の約1400事業所を対象に、温室効果ガス排出削減を義務化し、独自の温室効果ガス排出量取引制度を導入することを決めている。埼玉県も2011年度から、600程度の事業所を対象に同様の地球温暖化の原因の温室効果ガス削減制度を開始する予定だという。8都県市は、これらの取組みをたたき台にして2011年度以降、地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引制度を首都圏全体に広げていくことを目指すとしている。ただ、千葉県や神奈川県は、臨海地域に地球温暖化の原因の温室効果ガスであるCO2排出量が多い製鉄所などの工場や発電所を多く抱える状況にある。地球温暖化の原因の温室効果ガスであるCO2排出量に占める製造業などの産業部門の比率が高く、産業界は地球温暖化の原因の温室効果ガスである排出削減の義務化や排出量取引に慎重だという。こうした自治体に状況の差があることから、オフィスやホテルなど業務部門の比率が高い東京都とは事情が異なり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである制度の具体化に向けた調整に時間がかかる可能性もある。
 なお、地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引制度の「キャップ・アンド・トレード」方式とは、政府や自治体が企業などに地球温暖化の原因の温室効果ガスの排出量の上限を割り当て、過不足分を企業などが売買する仕組みのことをいう。地球温暖化の原因の温室効果ガスの排出量の多い企業は排出枠購入の費用を抑えようとし、少ない企業は地球温暖化の原因の温室効果ガスの排出枠を売って稼ごうとするため、省エネルギーの取り組みが広がると期待できる。欧州連合(EU)は2005年に導入しているが、地球温暖化の原因の温室効果ガスの排出枠の公平な割り当てが課題といわれている。
ピアノ講師求人募集転職家庭教師の求人募集転職講師の求人募集転職

> 4都県が地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引を共同ではこちら

地球温暖化の原因防止対策として群馬県の森林環境保全活動

 地球温暖化の原因防止対策が世界的な課題となるなか、温室効果ガス二酸化炭素(CO2)を大きく吸収する森林の地球温暖化の原因防止対策としての価値が改めて注目されている。群馬県内では、みなかみ町北部に広がる国有林「赤谷の森」を舞台に地球温暖化の原因防止対策と自然林の再生、生態系の回復を目指す「赤谷プロジェクト」が進んでいる。地元住民と自然保護団体、林野庁の三者が、森林管理の計画段階から手を携え、地球温暖化の原因防止対策を含めて森のあるべき姿を追い求めるという全国に先駆けた取り組みだ。

地球温暖化の原因防止対策の自然林の再生


 地球温暖化の原因防止対策のプロジェクトの核となるエリアでの取組みである。最も自然林が豊富に残っており、希少な生物が数多く生息している。一方で人工林となっている場所もあり、地球温暖化の原因防止対策として自然林の再生と多様な生態系の回復が図られている。

地球温暖化の原因防止対策の水源機能の回復


 法師山から法師沢やムタコ沢を経て、下流部の集落の水源・温泉源になっており、地球温暖化の原因防止対策として水源機能の回復が図られている。1980年代にはスキー場建設が計画されたが、水質汚染を懸念した地元住民が反対運動を起こした。

地球温暖化の原因防止対策の森と歴史の交流


 豊かな自然が残る一方で、長い歴史の中で人々に親しまれてきた三国峠や旧三国街道が残る。地球温暖化の原因防止対策の森と人とが共生する歩道を目指し、エコツーリズム実践の場として期待される。また、渓流環境復元を目指し、治山ダムの中央部が撤去された。

地球温暖化の原因防止対策の人工林の活用


 人工林の割合が最も高く、林道の敷設もエリア全域に及んでいる。人工林の森で、地球温暖化の原因防止対策のほか、生物の多様性を高めるための取り組みが進められている。

地球温暖化の原因防止対策の赤谷プロジェクト


 舞台は1万ヘクタールの国有林であり、2004年に始まった地球温暖化の原因防止対策を踏まえたプロジェクトの正式名称は「三国山地/赤谷川・生物多様性復元計画」である。イヌワシやクマタカなどの猛きん類が生息し、豊かな自然をはぐくむ天然のブナ林などが広がる国有林「赤谷の森」(約1万ヘクタール)が舞台で、「AKAYA(赤谷)プロジェクト」の略称で呼ばれる。森を六つのエリアに分け、それぞれに地球温暖化の原因防止対策のテーマを設けたほか、新潟県境に広がる「緑の回廊・三国線」も活動範囲に加えた。「地球温暖化の原因防止対策の自然林の再生」などを掲げたエリア1、2では、約3000ヘクタールの人工林を、実験的に数カ所で伐採した。さまざまな動植物が生息・生育する自然林に復元しようと、人為的な植樹などは行わず、自然の力による回復に委ねているが、5年経過して、ブナやミズナラなどの広葉樹の生育が見られる。エリア4では、09年10月から11月にかけて、治山ダムによって阻害された渓流の連続性を復元しようと、全国で初めて治山ダム中央部の撤去も行われた。今後は、魚類の生息分布や土砂の流況などを調べる。プロジェクトは、ダムやスキー場開発計画への反対運動を展開した地元住民や自然保護団体が、計画の頓挫後に敵だった林野庁に参加を呼び掛けるという、ユニークな過程を経て実現した。バブル経済期の1988年、林野庁が地域振興などを目的に、国有林にスキー場などのレクリエーション施設建設を掲げた「ヒューマン・グリーン・プラン」を策定し、赤谷川では1980年代から首都圏の渇水対策として川古ダムの建設計画も進んでいた。地域住民が1990年、開発の危機にさらされた自然を守ろうと「新治村の自然を守る会」を結成し、日本自然保護協会とともに反対運動を展開した結果、ダムとスキー場は2000年、いずれも計画が中止になった。その後、残された自然を保護するため、協会が林野庁に働きかけ、企画運営会議などを経て2004年に地球温暖化の原因防止対策も踏まえたプロジェクトがスタートしたという経過がある。
雨水再利用タンクシステム情報屋上緑化情報桐箪笥タンスの販売修理情報

> 地球温暖化の原因防止対策として群馬県の森林環境保全活動はこちら

地球温暖化の原因防止対策と鉄鋼業界

 鉄鋼業界にとって2010年は2013年以降の地球温暖化の原因防止対策の枠組み(ポスト京都議定書)がどう決着するかが大きな焦点になる状況といえる。昨年暮れにデンマークのコペンハーゲンで開かれた国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議COP15)では結論が2010年に持ち越され、先進国は同年1月中に20年までの地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減目標を提示することに決まった。鉄鋼業界は「地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの1990年比25%減」という日本の削減目標を引き下げるよう求めているが、鳩山政権が世界で最も厳しい地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの25%減を見直さなければ、鉄鋼業界としては生産拠点の海外移転を余儀なくされることもある。「地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの1990年比25%削減ありきではなく、国際的公平性、実現可能性、国民負担の妥当性の観点から早急に再検討してほしい」と、日本鉄鋼連盟の宗岡正二会長(新日本製鉄社長)は定例会見で、COP15の結果を受けて、政府に地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減目標の見直しを要望した。元々、国内の主要産業で地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスのを最も多く排出する鉄鋼業界では、今回のCOP15で日本のみが世界でも突出した地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減義務を背負い込むことになりかねないとの危機感が強かった。鳩山由紀夫首相は2009年9月の国連演説で「すべての主要国の参加による意欲的な地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス削減目標の合意」を条件として25%削減目標を表明したが、条件が棚上げされて25%減だけが独り歩きする危険性を否定できない。COP15では最終的にこうした事態は避けられた格好だが、鉄鋼業界は地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの警戒感を解いていない。実際、鳩山首相は地球温暖化の原因問題に関する閣僚委員会で、10年1月末の目標提示に向け「前提条件付きで地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの25%をはっきり書き入れるべきだ」と改めて強調している。地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減目標に法的拘束力はないが、一度世界に明示すれば、前提条件が満たされていないからといって取り下げるのは容易でない。
 鉄鋼業界が焦るのは、世界の主要な鉄鋼メーカーのうち、2012年に期限が切れる京都議定書によって実質的な地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの排出削減義務を負っているのは日本だけだったという苦い経験があるからだ。日本の鉄鋼業界は世界最高水準のエネルギー効率を誇るだけに、京都議定書には「各国の地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減目標が政治的に決められた」と業界内で反発が強い。現在においては、鉄鋼業界の地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減努力は限界に近く、25%減には国内の粗鋼生産量を約2割も減らす必要があるとの試算もある。現時点で海外に高炉を含む一貫製鉄所を持つメーカーはないが、ポスト京都による地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス削減の行方次第では、抜本的な生産体制の変革を迫られる可能性もある。日本の鉄鋼業は主要な省エネ設備の普及率がほぼ100%で、他国と大きな差がある。国際エネルギー機関(IEA)の試算では、最先端技術を導入した場合であっても、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減余地は、粗鋼生産1トン当たり0.07トンと世界最小となっている。さらには、国内外に供給している高機能鋼材も最終製品として使用される段階においては、CO2削減に大きく貢献している。地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの排出量削減に繋がる高強度で軽量な自動車向けの高張力鋼板(ハイテン)など5品種には、2008年度に797万トン供給し、一般の鋼材を使った場合よりも年間1487万トンの地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減効果があったとしている。また、日本の鉄鋼業が培ってきた省エネ技術を海外に普及させることでも、これまでに年間3300万トンの地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減に寄与してきた。将来的にも全世界で年間3.4億トン、日本の地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの排出量の25%相当分を削減できる。これらを通じて地球温暖化の原因対策に積極的に取り組むのが日本の目指す方向だといえよう。
LEDライト電光サイン看板情報携帯マイmy箸運動販売情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止対策と鉄鋼業界はこちら

地球温暖化の原因による南極の氷塊の危機

 南極の氷塊が観光客急増に伴う地球温暖化の原因の影響で、解氷の危機にさらされているという。中国ニュースサイト「網易探索」が伝えた。オランダ人研究者のメイチェル・ラメルス氏によるオランダ科学研究機構(NWO)の調査報告をもとに、「南極における観光業の活発化によって、地球温暖化の原因がさらに進行している」としたうえで、「南極観光ブームが、紛れもなく地球温暖化の原因による解氷の元凶にもなっている」と指摘した。地球最後の秘境・南極は、観光スポットとして世界的に注目されており、20年前にはわずか数百人程度だった観光客も、今や毎年4万人以上が訪れるまでのブームを呈している。3500ポンド(約50万円)もあれば、気軽に2週間の南極クルーズを楽しめるそうだ。南極クルーズの魅力は、海面に浮かぶ氷塊やペンギンを始めとする野生動物を間近で体感できることだ。しかし、観光客の急増と、クルーズにより快適さと刺激を求める観光客のニーズに伴い、南極における地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの発生と環境破壊への懸念はより切実となっている。さらには、クルーズ船が吐き出すガスやゴミによって汚染や破壊、地球温暖化の原因が進むだけでなく、野生動物のストレスも相当なはずだという。南極ブームは、観光業界に多大な利益をもたらしているが、「南極における観光業の活発化が、地球温暖化の原因に拍車をかけている」と同報告は結論づけている。同氏は、「南極クルーズは、地球温暖化の原因の周辺環境を破壊するだけでなく、全地球的な地球温暖化の原因を始めとする環境の悪化にも直結している」と厳しく指摘している。
貸しテナント物件賃貸店舗情報フランチャイズFCチェーン加盟店募集情報販売代理店会社募集情報

> 地球温暖化の原因による南極の氷塊の危機はこちら

環境家計簿で地球温暖化の原因防止を

 地球温暖化の原因温室効果ガスの一つである二酸化炭素(CO2)は、家庭から排出されるCO2は長期的に見ると大幅に増加している傾向にある。目に見えない日常生活での地球温暖化の原因のCO2排出量をおおまかに把握しようと、インターネットのウェブサイト上に「地球温暖化の原因の環境家計簿」が登場している。買い物カゴの中身や、水道、ガスなどの使用量を書き込むだけで自動的に地球温暖化の原因のCO2排出量を割り出し、記録できるというものである。地球温暖化の原因の環境家計簿の利用者はまだまだ少なく、サービス提供者は利用拡大を目指している。ウェブサイトで利用できる地球温暖化の原因の環境家計簿「えこ花」は、購入した食材や日用品の名称や金額、光熱費などを書き込めば自動的に大まかな地球温暖化の原因の温室効果ガスのCO2排出量を割り出し、家計管理のついでに地球温暖化の原因の対策を意識できる。地球温暖化の原因の環境家計簿を開発したのは「ビジネスオンライン」(東京都中央区)である。地球温暖化の原因の環境家計簿の「えこ花」は誰でも無料で使え、千葉県や沖縄県の一部スーパーでは精算時に自分の「地球温暖化の原因の環境家計簿」へ自動的に記帳できるシステムの実証実験も行っている。全国で約900人が地球温暖化の原因の環境家計簿を利用しており、お金のやりくりが必要な子育て世代が目立つそうである。
 東京電力の地球温暖化の原因の環境家計簿である「CO2家計簿」(利用者5万4千人)や環境省の地球温暖化の原因の環境家計簿である「えこ帳」(同12万世帯)もウェブページ上に、水道やガス、電気など毎月のエネルギー使用量や料金を入力すれば大まかな地球温暖化の原因の温室効果ガスのCO2排出量を割り出す環境家計簿を無料公開している。環境省によると、昨年度の国内の家庭部門の地球温暖化の原因の温室効果ガスのCO2排出量は京都議定書の基準年(1990年度)に比べ、34.7%増えている。国別の地球温暖化の原因の温室効果ガスのCO2排出量は、世界で日本は5番目に多い状況にある。東京電力(東京都千代田区)が自社サイトの登録者約2300人を対象に、地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量を計測できる「環境家計簿」について聞いたところ、認知度は約80%に達したが、実際に地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量を計測している人は約16%にとどまった。地球温暖化の原因の環境家計簿の利用拡大は課題の一つとなっており、便利な機能を備えることで主婦の利用を広げようとの動きがある。地球温暖化の原因の「えこ花」は今秋、記録したリストの中から底値の価格と購入した店舗を商品ごとに表示する「底値リスト」の機能を加えた。「えこ帳」でも今後、地球温暖化の原因のポイント制度の拡充を検討している状況にあるという。
古着買取リサイクル通販情報ブランド品高価買取情報家具高価買取リサイクルショップ販売情報

> 環境家計簿で地球温暖化の原因防止をはこちら

地球温暖化の原因防止の茨城県内のLED街灯にメッセージ

 茨城県内の商店街では初めて、茨城県日立市のJR常陸多賀駅前通りの街灯が、地球温暖化の原因防止に寄与する消費電力の極めて少ない発光ダイオードLED)化されることになった。LED電球には、地元高校生に地球温暖化の原因防止に向けたメッセージを書き込んでもらい、環境に優しい商店街をアピールするという。高校生のメッセージは「若い人たちに地球温暖化の原因防止を考えてもらい、併せて、思い出にもしてもらいたい」と、「多賀駅前中央商店街振興組合」と地球温暖化の原因防止の啓発団体「ひたち地球温暖化防止協議会」が、日立一高、日立二高、多賀高の茨城県日立市内の三つの高校に呼びかけて実現した。地球温暖化の原因防止のLED灯になるのは、JR多賀駅前から常陽銀行多賀支店前まで約1キロの街灯30基85灯になる。地球温暖化の原因防止対策事業費は、国の補助も含めて約900万円となった。地球温暖化の原因防止対策に寄与するLED灯は水銀灯よりも少ない電力で明るさを保て、寿命も4万時間(約9年)以上とされているが、現在のところ非常に高価になっている。同組合の試算では、通りの照明のLED化で年間に約12.5トンの地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素の排出を削減できるという。多賀高では、2年生の生徒らが地球温暖化の原因防止対策に寄与するようにと、「資源を大切に使おう」「緑を増やす」「地元で作って、地元で食べよう」などと、マジックで思い思いのメッセージを記入し、「取り付けられたら見にいきたい」「地球環境がよくなってほしい」などと話していた。地球温暖化の原因防止のメッセージはLED電球の裏側に書かれているため、LED電球取り付け後は歩道から見えなくなるが、LED電球街路灯の配置図で自分の地球温暖化の原因防止のメッセージの位置が分かるようにしてあるという。寿命を迎える10年後のLED電球取り換え時に、生徒が地球温暖化の原因防止のメッセージを読み返せるように工夫する案なども出ているという。協議会によると、地球温暖化の原因防止のメッセージの記入が終わったものから順次取り付けており、全てが終わるのは1月末頃の見込みになるそうである。
LEDライト電光サイン看板情報携帯マイmy箸運動販売情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止の茨城県内のLED街灯にメッセージはこちら

来年度の地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量の予測

 平成22年度の国内のエネルギー消費は前年度比1.9%増えることが見込まれており、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量も2.6%増えるとの見通しを日本エネルギー経済研究所がまとめた。今年度は世界的な景気悪化でエネルギー消費の減少に伴い、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量が2年連続で減少したが、来年度には景気の緩やかな回復が見込まれ、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量は増加すると見込んでいる。日本は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの排出を2020(平成32)年に1990年比25%削減する目標を掲げているが、見通しでは22年度の地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量は2年度比4.9%の増加になる。地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの排出を削減していくためには、一層の省エネ技術の開発や導入を急ぐ必要があるといえる。ただし、この積算の条件としては、日本経済が緩やかに回復し、22年度の実質国内総生産(GDP)が前年度比1.3%増とプラス成長に転じることが前提となっている。これによって、鉄鋼、自動車、電気機械などの需要の伸びから、生産部門のエネルギー消費は4.5%増となり、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの排出量が増加する。運輸部門は輸送効率の改善や燃費改善から、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの排出量は2.0%減となる。家庭などの民生部門は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの排出量が1.0%増の見込みとなっており、社会全体のエネルギー消費、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの排出量も増えるという。
子供服リサイクルショップブランド買取販売情報布団ふとんクリーニング情報着物きものリサイクル買取販売店情報

> 来年度の地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量の予測はこちら

茨城県つくば市で地球温暖化の原因防止の低炭素交通の社会実験

 伊藤忠商事(東京港区)は来年3月、茨城県つくば市などと共同で地球温暖化の原因防止低炭素交通社会システムの共同実証プロジェクトに乗り出すと発表した。茨城県つくば市内のコンビニエンスストアやガソリンスタンドに電気自動車を配置し、車の共同利用であるカーシェアリングをすることにより地球温暖化の原因防止の低炭素交通システムの実証を目指すという。同社などはつくば市の研究機関から助言を受けた上でシステムの最適化を図る予定だという。地球温暖化の原因防止の実験は茨城県つくば市の公用車とコンビニエンスストア「ファミリーマート」の社用車、地域住民や出張者用の電気自動車をカーシェアリング車両として配備するという。電気自動車はマツダのデミオをベースに米国製の車載リチウムイオン電池システムを搭載したものを利用する。茨城県つくば市の新庁舎に最も近いコンビニエンスストア「ファミリーマートつくば研究学園店」と伊藤忠エネクスのガソリンスタンド「学園東大通りSC店」に急速充電器と定置用蓄電池、太陽光発電を設置する。ここでは、地球温暖化の原因防止の太陽光で発電した電力を電気自動車に給電するほか、店内の照明などにも使用することによって、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減を目指すという。エリア内には、さらに地球温暖化の原因防止対策を進めるため、定置用蓄電池を設置することにより、昼間の太陽光で発電した電力を夜間に使うことも可能になる。同社などではこれらの一連の地球温暖化の原因防止対策による車載電池と定置用電池の放電・充電状態や劣化状況などをリモート監視して、車載電池などの2次利用の研究に役立てることにしている。さらに、電池システムの使用状況の履歴やカルテを作成し、性能評価と製品保証の仕組みを構築することで、地球温暖化の原因防止対策の二次利用市場への普及促進と価格の低減を目指すという。研究には産業技術総合研究所や日本自動車研究所など茨城県つくば市内の研究機関が参加し、それの立場から助言することになっている。茨城県つくば市やファミリーマートでは、地球温暖化の原因防止対策のプロジェクトを進める中で、電気自動車を市民へ貸し出すことも計画しており、取り組みを広く市民に知ってもらい、地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会の考え方をPRする考えだという。市原健一茨城県つくば市長は「茨城県つくば市の街はこうした社会実験に向いている。茨城県つくば市での地球温暖化の原因防止対策の実験成果を全国に発信したい」と話している。
ハウスクリーニング掃除清掃代行情報エアコンクリーニング業務用家庭用掃除洗浄情報着物きものクリーニング専門丸洗い情報

> 茨城県つくば市で地球温暖化の原因防止の低炭素交通の社会実験はこちら

スウェーデンの地球温暖化の原因対策としての環境税

 地球温暖化の原因とされる温室効果ガス二酸化炭素に関して、国民一人あたりの二酸化炭素排出量は、アメリカは19.1トン、日本は9.7トンに対して、環境先進国であるスウェーデンでは5.0トンの排出に止まっている。スウェーデンでは、地球温暖化の原因とされる温室効果ガスの二酸化炭素の排出にかかる税としての環境税が制定されているため、温室効果ガスの二酸化炭素の削減が進んでいるとされている。スウェーデンでは、市民は地球温暖化の原因とされる温室効果ガスの二酸化炭素の排出量に応じた環境税を支払っているという。環境税の課税額は、1トンあたり約1万3650円となり、個人の場合であれば、環境税は電気代やガソリン代などに含まれている。例えば、ガソリンの場合、1リットルあたりの環境税は約29円となっている。しかし、国民の間では、環境税のことは考えたこともない。安いので請求書を見たこともないし、ただ払うだけですと、環境税の存在を意識することはほとんどないらしい。環境税負担が直接重くのしかかるのは企業だが、化石燃料の使用を減らせば税額も減るため、地球温暖化の原因とされる温室効果ガスの二酸化炭素の削減に向けて多くの企業努力が行われているという。都市部で普及した地域暖房システムもその一つであり、地球温暖化の原因とされる温室効果ガスの二酸化炭素を排出する石炭や石油を使わずに、木くずを燃やした熱で電気や温水を作り、家庭まで届けるものとなっている。木くずは伐採される前に地球温暖化の原因とされる温室効果ガスの二酸化炭素を吸収しているため、燃やしても二酸化炭素の排出量が増えたとみなされないからだ。こうした地球温暖化の原因とされる温室効果ガスの二酸化炭素削減のシステムの開発によって、企業からすれば税金が減るのに加え、環境への負荷も少なくなるという。環境税の導入などによってスウェーデンでは、地球温暖化の原因とされる温室効果ガスの二酸化炭素の排出を1990年比で10%削減したそうである。
コピー機レンタルリース格安情報PCパソコン個人向けレンタルリース情報貸しスタジオレンタル情報

> スウェーデンの地球温暖化の原因対策としての環境税はこちら

地球温暖化の原因対策法案に「太陽光発電等再生エネルギー20%以上」を明記

 政府が来年の通常国会に提出予定の地球温暖化の原因対策基本法案で、国内エネルギーに占める太陽光発電など発電時に地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの割合の目標値を「2020年までに20%以上」と明記する方向で調整していると発表した。これは、民主党の地球温暖化の原因対策のマニフェスト(政権公約)の2倍にあたる高い目標で、新エネルギー産業の成長を促す狙いがある。小沢氏は「地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの割合を少なくとも20%以上に設定するよう環境省に作業をさせている」と述べた。地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーには、太陽光発電、水力発電、風力発電、バイオマス発電などがある。エネルギー白書によると、国内の2006年の地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの割合は約1.8%で、アメリカ(3.7%)やドイツ(5.3%)をはるかに下回っている。民主党は政権公約で「地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの割合を2020年までに10%程度に引き上げる」としていた。小沢氏は「世界では地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの企業が伸びている。産業として大きな潜在力がある」とし、高い地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの目標設定が産業育成につながるとの認識を示した。「国による地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの普及への支援や、電力の買い取り制度の充実が重要」とも述べた。政府は二酸化炭素(CO2)など地球温暖化の原因となる温室効果ガスを2020年までに1990年比で25%削減する目標を打ち出しており、地球温暖化の原因対策法案の柱となる見通しだ。再生可能エネルギーの活用は地球温暖化の原因の温室効果ガスの削減策の一つだが、20%以上という目標設定には産業界や民主党内から異論が出る可能性もある。
太陽光発電ソーラーシステム情報格安激安プロジェクターレンタル情報格安激安PA音響機材機器レンタル情報貸しホールレンタル情報

> 地球温暖化の原因対策法案に「太陽光発電等再生エネルギー20%以上」を明記はこちら

地球温暖化の原因防止対策として大阪府豊中市にカーシェア拠点

 地球温暖化の原因防止対策としてオリックス自動車は、大阪府豊中市とも連携するなかで、豊中市内の3か所で2010年1月15日からカーシェアリング事業を開始すると発表した。豊中市は地球温暖化の原因防止地域計画を推進しており、自動車の利用抑制、公共交通機関への転換を促進することがねらいだという。地球温暖化の原因防止対策となるカーシェアリングは、複数のクルマを多数の利用者でシェアするサービスであり、15分や30分単位でクルマを借りる事ができるものである。地球温暖化の原因防止対策が叫ばれる中で、個々人が所有するマイカーに代わるクルマの利用方法として、コスト、環境負荷の両面から注目されている取り組みである。今回、地球温暖化の原因防止対策としてカーシェアリング拠点を設置するのは、大阪モノレール千里中央駅構内に2台、同駅北側に2台、阪急豊中駅南側に1台の3か所に計5台を配備する。豊中市の駅周辺に拠点を設置し、長距離移動は電車、目的地最寄りまではカーシェア利用と移動手段の使い分けをすることで、マイカー所有のコスト削減、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素CO2排出量の削減を目指す取組みとなっている。オリックス自動車は、地球温暖化の原因防止対策として、既に2002年からカーシェアリング事業を展開してきた。現在では、東京、神奈川、千葉、愛知、三重、京都で地球温暖化の原因防止対策に寄与するカーサービスを行っており、大阪での展開は今回が初めての取組みとなる。2010年3月までに大阪府内での更なるサービスの拡大を行い、関西エリアのネットワーク強化を図り、地球温暖化の原因防止対策に寄与していきたいとしている。
パートタイマーの求人募集転職内職在宅ワークの求人募集転職介護福祉士の求人募集転職

> 地球温暖化の原因防止対策として大阪府豊中市にカーシェア拠点はこちら

地球温暖化の原因防止対策の住宅版エコポイント

 地球温暖化の原因防止対策として、家庭からの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減を促す「住宅版エコポイント」の概要が発表された。地球温暖化の原因防止対策として住宅の断熱性能を高めて冷暖房のエネルギー消費を抑えることなどが狙いとなっている。産業部門に比べて家庭部門の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減は遅れ気味で、すでに運用している家電製品対象のエコポイント制度と合わせ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減が加速すると期待されている。政府が発表した地球温暖化の原因防止対策の住宅版エコポイントの概要では、省エネ効果の高い住宅の新築は今月8日以降、改修は来年1月1日以降に着工したものが対象になる。地球温暖化の原因防止対策の住宅版エコポイントとして戸建て新築住宅で30万円相当のポイント付与を検討しており、マイホーム購入を考える人には大きな魅力だといえよう。地球温暖化の原因防止対策の住宅版エコポイントは、二重サッシや断熱壁を導入する改修のほか、一定の省エネ基準を満たした新築住宅にポイントを付与する。また、断熱改修と併せて手すりの設置などバリアフリー改修を行った場合も、追加で地球温暖化の原因防止対策の住宅版エコポイントの付与対象になる。地球温暖化の原因防止対策の住宅版エコポイントの交換商品はこれから募集するが、全国で使える商品券やプリペイドカード、地域産品など、既に実施されている家電エコポイントと同様のものになる見通しだ。地球温暖化の原因防止対策の住宅版エコポイントは、家電版に比べてポイントが高額になるため、国土交通省は、改修の際に、同時に行う別の改修工事などにもポイントを使えるようにすることも検討している。家庭部門からの地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2排出量は、2008年度で1億7200万トンで、日本の全排出量12億1600万トンの約14%を占める。産業部門の約35%に比べて小さいが、1990年よりも34.7%増加している。2020年までに1990年比25%削減するという日本政府の目標を実現するためには、相当の地球温暖化の原因となる温室効果ガスの削減努力が求められる。5月に始まった地球温暖化の原因防止対策の家電エコポイントは、消費電力の多いテレビ、エアコン、冷蔵庫にポイントを付け、家庭内の省エネ化を促した。家電版ではこれまでに、828億円相当(12月23日現在)のポイントが発行されている。住宅は家電ほど多くの販売数が見込めないが、地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2排出削減効果や経済波及効果が大きいと見込まれる。
住宅版エコポイントの期間と基準
(1)対象期間
・2009年度2次補正予算成立日以降の工事完了分~10年12月31日までに建築や改修に着工した住宅
・エコ住宅の場合は建築、改修ともに対象時期を前倒しし、09年12月8日以降の建築着工分~、エコ改修は10年1月1日以降の着工分~を対象
(2)エコリフォーム基準
・1999年省エネ判断基準に適合する断熱性能を持ったガラスへの交換、内窓の新設、窓交換
・外壁、屋根、床、天井、床に関し、一定量の断熱材を用いた改修
(3)バリアフリー基準
・エコ改修工事に併せて実施する工事で、手すりの設置や屋内の段差解消、通路、出入り口の幅拡張
(4)エコ住宅
・省エネ法に基づくトップランナー基準相当の住宅
・省エネ基準を満たす木造住宅
ライターの求人募集転職モデルの求人募集転職アルバイト探し求人募集転職

> 地球温暖化の原因防止対策の住宅版エコポイントはこちら

北海道と栃木県で地球温暖化の原因防止対策

 北海道で生活協同組合活動を展開する「コープさっぽろ」(北海道札幌市)は、地球温暖化の原因防止対策として所有している240台のバイオディーゼル燃料BDF)を使った宅配トラックについて、「世界最多保有」としてイギリスのギネスブックに登録申請したと発表した。コープさっぽろは、昨年5月に、地球温暖化の原因防止策として、家庭から回収した廃食油を委託工場でトラック燃料に精製し、軽油の代わりに宅配トラックの燃料に充てる実験を開始した。燃料の冬場の凍結問題がクリアされたことから、地球温暖化の原因防止対策のBDFトラックを順次増やし、今年9月には、使用する全配送トラックの約3割に当たる240台が地球温暖化の原因防止対策のBDFトラックとなった。この結果、地球温暖化の原因となる年間440トンの温室効果ガス二酸化炭素(CO2)の排出削減が見込めるという。この地球温暖化の原因防止対策のトラックがギネスに登録されるかどうかの回答は、2~3か月後になる見通しなので、コープさっぽろでは、朗報を待ちたいとしている。
 一方、地球温暖化の原因防止対策を栃木県政の最重要課題の一つに掲げる栃木県は来年1月6日から、毎月第1水曜日を「栃木県庁ライトダウン・デー」として、栃木県の本庁舎を午後6時半に一斉消灯することを決めた(栃木県民利用エリアは除く)。福田富一栃木県知事は「栃木県を地球温暖化の原因防止対策を考えた環境にやさしいライフスタイルへ変えるきっかけにしたい」と栃木県の取り組みの意義を語っている。栃木県によると、栃木県施設が排出する地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガス排出量のうち、約6割を電気使用が占めているという。栃木県は、これまでも毎週水曜日を定時退庁日としているが、地球温暖化の原因防止対策の省エネの取り組みを更に徹底するために、ライトダウン・デーを設けたという。この取り組みで、地球温暖化の原因防止対策として年間7.2トンのCO2削減へとつながる。
占い師の求人募集転職カメラマン・アシスタントの求人募集転職イラストレーターの求人募集転職

> 北海道と栃木県で地球温暖化の原因防止対策はこちら

宮城県仙台市で地球温暖化の原因防止対策の市民向けキャンペーン

 地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素CO2)を市民レベルでもコツコツと少しずつでも削減してもらおうと、「CO2CO2(コツコツ)減らしていいもの当てようキャンペーン」(宮城県仙台市、仙台市地球温暖化の原因対策推進協議会など主催)が行われている。リデュース(ごみ減量)、リユース(繰り返し使う)、リサイクル(再生使用)の3Rを実践した仙台市民計500人に抽選で秋保温泉のホテルペア宿泊券や携帯音楽プレーヤーなどのプレゼントが贈られるという。宮城県仙台市では「楽しみながら地球温暖化の原因防止対策の3Rに取り組んでほしい」と話している。地球温暖化の原因防止対策の市民向けキャンペーンは、仙台市在住か仙台市内に通勤、通学している人が対象で、実施期間は来年2月21日までとなっている。地球温暖化の原因防止対策の市民向けキャンペーンには、ウェブ参加と、キャンペーン参加店(31事業者212店舗)での店頭参加の2通りの参加方法がある。地球温暖化の原因防止対策の市民向けキャンペーンのウェブ参加の場合はホームページで参加登録し、「暖房の設定温度を低く抑えた」「冷蔵庫の設定温度を適切に調節した」など、地球温暖化の原因防止対策として実践した項目を選んでポイントを獲得することになる。地球温暖化の原因防止対策へのキャンペーンへ参加する友人を紹介したり、3R行動の画像を投稿するとボーナスポイントがもらえるという。地球温暖化の原因防止対策の市民向けキャンペーンで10ポイント以上ためるとプレゼントに応募できる仕組みになっている。応募期間は地球温暖化の原因防止対策の市民向けキャンペーン終了後の来年2月23日から3月2日までとなっている。また、地球温暖化の原因防止対策の市民向けキャンペーンの店頭参加の場合は、大型スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどのキャンペーン参加店で買い物した際に応募券をもらい、実践した3Rを選んで応募箱に入れることになるという。
ピアノ講師求人募集転職家庭教師の求人募集転職講師の求人募集転職

> 宮城県仙台市で地球温暖化の原因防止対策の市民向けキャンペーンはこちら

環境省COP15・COP/MOP5の地球温暖化の原因防止対策の結果公表

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策を協議する平成21年12月7日~19日にデンマークのコペンハーゲンで開催された気候変動枠組条約第15回締約国会議COP15)及び京都議定書第5回締約国会合(COP/MOP5)の結果について、12月21日までに取りまとめて公表した。前半の事務レベルの地球温暖化の原因防止対策に係る特別作業部会における議論、閣僚レベルでの協議等を経て、17日夜から18 日深夜にかけては首脳による地球温暖化の原因防止対策の協議・交渉も行われた。26か国・機関の首脳レベルの協議・交渉の結果、地球温暖化の原因防止対策に関する「コペンハーゲン合意」がようやく作成された。その後19日未明にかけて、地球温暖化の原因防止対策「コペンハーゲン合意」をCOP全体会合にかけたところ、先進国、島嶼国、途上国を含めほぼ全ての国が賛同し、その採択を求めたが、数か国(ベネズエラ、キューバ、ボリビア、スーダンほか)が、作成過程が不透明であったことを理由に採択に反対したため、「条約締約国会議として同合意に留意する」ことが決定された。今後の議論については、2009年終了することになっていたAWG-LCA(地球温暖化の原因防止対策としての温室効果ガス枠組条約の下の長期的協力について話し合う特別作業部会)だけでなく、AWG-KP(京都議定書附属書B改正について話し合う特別作業部会)も作業を継続することが決定された。コペンハーゲン合意の地球温暖化の原因防止対策の内容は次のとおりとなっている。
(1)世界全体としての長期目標として産業化以前からの地球温暖化の原因による気温上昇を2度以内に抑える。
(2)附属書Ⅰ国(先進国)は2020 年の地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素の削減目標を、非附属書Ⅰ国(途上国)は温室効果ガスである二酸化炭素の削減行動を各国は2010年1月31日までに記載事項を提出する。
(3)締約国の行動は地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素の削減目標としてMRV(測定/報告/検証)可能なものとされなければならない。非附属書I国(途上国)が自発的に行う地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素の削減行動も国内検証を経た上で、国際的な協議の対象となる。支援を受けて行う地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素の削減目標行動は国際的なMRVの対象となる。
(4)先進国は、2010~2012年の間に300億ドルの新規かつ追加的な公的資金による地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素の削減に係る支援を共同で行い、また、共同して2020年までには年間1,000億ドルの資金動員目標を約束する。
(5)2015年までに合意の地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素の削減目標実施状況を評価する。
薬剤師・管理薬剤師の求人募集転職栄養士・管理栄養士の求人募集転職保育士の求人募集転職

> 環境省COP15・COP/MOP5の地球温暖化の原因防止対策の結果公表 はこちら

地球温暖化の原因防止対策のシンポジウム「低炭素社会と金融・情報開示」を開催

 環境省と日本公認会計士協会は、共催によって平成22年1月15日に、地球温暖化の原因防止対策のシンポジウム「低炭素社会と金融・情報開示」を開催すると発表した。地球温暖化の原因防止対策のシンポジウムでは、温室効果ガスである二酸化炭素の排出を極力少なくする低炭素社会の構築に向けた金融の役割、気候変動が企業評価と投資行動に及ぼす影響、責任投資の背景と動向、企業開示の変化と米・欧制度及び基準に関する国際的議論といった論点について、内外の第一人者による講演・議論が行われる。地球温暖化の原因防止対策として低炭素社会の構築に向かう中で、金融と企業開示のあり方を巡る世界的な潮流と変化を理解し、それを踏まえ、我が国の金融・情報開示の制度・実務に携わる各主体がどのような対応を取っていくべきか、地球温暖化の原因防止対策の具体的行動に向けた第一歩となるシンポジウムを目指している。企業関係者、機関投資家、金融関係者、公認会計士 等を対象に先着順で600の参加者を募集、平成22年1月13日までに申込専用サイト(https://www.kpmg.or.jp/ssl/resources/seminar/application_symposium.html)から申し込むことが必要となる。
 日本公認会計士協会による紹介は次のとおりである。
環境省と日本公認会計士協会は、2010年1月15日に「低炭素社会と金融・情報開示」と題するシンポジウムを開催いたします。KPMGジャパンのメンバーファームであるKPMGあずさサステナビリティ株式会社は、環境省より同シンポジウムの事務局に選任されました。ご関心のある多くの方々に当シンポジウムに参加いただきたく、ご案内申し上げます。2009年12月7日から18日まで第15回気候変動枠組み条約締約国会議COP15)が開催される等、国内外で低炭素社会の構築へ向けた議論が活発に交わされています。低炭素かつ持続可能な発展が世界的に重要な課題となる中で、金融が果たすべき役割についての注目が高まっています。海外では、欧米機関投資家の間で責任投資が広がりを見せる中、米国証券取引委員会(SEC)及び欧州委員会と各国制度当局において、気候変動、さらにはサステナビリティ情報の開示に関する制度的議論が進展しています。また、気候変動開示基準審議会(CDSB)による気候変動情報等の開示に向けた国際的枠組の開発も進められています。このような状況を踏まえ、環境省及び日本公認会計士協会は、「低炭素社会と金融・情報開示」と題するシンポジウムを開催いたします。当日は、低炭素社会の構築に向けた金融の役割、気候変動が企業評価と投資行動に及ぼす影響、責任投資の背景と動向、企業開示の変化と米・欧制度及び基準に関する国際的議論といった論点について、内外の第一線で活躍される方々に講演・議論していただきます。低炭素社会の構築に向かう中で、金融と企業開示のあり方を巡る世界的な潮流と変化を理解し、それを踏まえ、我が国の金融・情報開示の制度・実務に携わる各主体がどのような対応を取っていくべきか、具体的行動に向けた第一歩となるシンポジウムを目指します。多くの方々のご参加をお待ちしております。
雨水再利用タンクシステム情報屋上緑化情報桐箪笥タンスの販売修理情報

> 地球温暖化の原因防止対策のシンポジウム「低炭素社会と金融・情報開示」を開催 はこちら

地球温暖化の原因対策技術開発事業成果発表会の開催

 環境省は、平成21年1月13日 地球温暖化の原因対策技術開発事業成果発表会を東京都千代田区のアルカディア市ヶ谷で開催すると発表した。地球温暖化の原因対策技術開発事業は、早期かつ広く普及が見込まれるエネルギー起源の温室効果ガスである二酸化炭素の排出を抑制する実用的な技術の開発について、民間企業、公的機関、大学等から提案を公募し、優れた内容と実施体制を有する事業について平成16年度より環境省が支援を行っているものである。今回の地球温暖化の原因対策技術開発事業成果発表会は、これまでに終了した事業の地球温暖化の原因防止対策の成果について広く情報提供を行うために開催されるものとなっている。地球温暖化の原因防止対策の発表予定事業は、[1](株)「地球温暖化の原因防止対策の家庭用太陽光発電ソーラーシステムの普及拡大に関する技術開発」、[2]新日鉄エンジニア(株)「地球温暖化の原因防止対策の冷房負荷主体の温暖地域にも普及拡大し得る大温度差少水量搬送方式高効率地中熱利用ビル用マルチヒートポンプシステムとその設計・運用方法の技術開発」、[3](株)レボインターナショナル「新シンプルプロセスによる地球温暖化の原因防止対策のゼロエミッション脂肪酸メチルエステル化技術実用化開発」、[4]パナソニック電工(株)「地球温暖化の原因防止対策の中小規模テナントビル向けトータルエネルギーコントロールシステムの製品化技術開発」、[5]オリックス自動車(株)「地球温暖化の原因防止対策の公共交通との連携を想定した大都市型カーシェアリング事業」、[6]東京発電(株)「水道施設における未利用エネルギーの有効活用による地球温暖化の原因防止対策の事業」の6事業となっている。地球温暖化の原因防止対策事業の傍聴希望者は電子メールで、[1]氏名、[2]勤務先、[3]電話番号、[4]傍聴券の送付先(E-mailアドレス)を記載し、平成21年1月6日12:00必着で申し込む必要がある。一般の傍聴可能人数は最大120人で、超えた場合には抽選となる。
○傍聴登録先・連絡先 社団法人 国際環境研究協会 地球温暖化の原因対策技術開発事業成果発表会 事務局 担当:森本 TEL:03-5812-2105 E-mail:ontai@airies.or.jp
LEDライト電光サイン看板情報携帯マイmy箸運動販売情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因対策技術開発事業成果発表会の開催はこちら

日本が途上国対象に地球温暖化の原因防止対策費用1兆7,500億円の支援

 地球温暖化の原因防止対策を議論している国連会議気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)に出席している小沢環境相はデンマークで会見し、途上国を対象に、今後3年間で地球温暖化の原因防止対策費用としておよそ1兆7,500億円の支援を行うと発表した。小沢環境相は「国際社会において、地球温暖化の原因防止対策に重要な責任を担う国の1つとして、約1兆7,500億円、おおむね150億ドル規模の地球温暖化の原因防止対策費用の支援を実施していくことを、本日決定いたしました」と述べた。小沢環境相は、途上国の地球温暖化の原因防止対策を支援する「鳩山イニシアチブ」として、1兆7,500億円の提供を発表し、各国の首脳会合を前に、政治的合意に向けて途上国に歩み寄りを促す狙いとしている。一方、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの排出枠組みのあり方をめぐっては、日本やEUなどは当初、すべての国が参加する地球温暖化の原因防止対策に係る議定書を作ることを求めてきたが、15日になって、合意に向けたわずかな前進が見られた。アメリカや中国が別の新たな枠組みに参加することを条件に、地球温暖化の原因防止対策の京都議定書の延長の交渉に応じる姿勢を見せた。このため閣僚級会合では、京都議定書の延長と、米中が加わる新しい枠組みとを「セット」にする案も浮上している。17日以降は、鳩山首相やオバマ大統領ら、世界のリーダーたちが続々と現地入りし、COP15は、政治的合意に向けて重大な局面に入るといえそうだ。
リサイクルトナー再生激安販売情報カーペットクリーニングじゅうたん情報革靴ブーツクリーニング情報

> 日本が途上国対象に地球温暖化の原因防止対策費用1兆7,500億円の支援はこちら

京都府の地球温暖化の原因防止対策のコンテスト

 全国各地で地球温暖化の原因防止対策の取組みが盛んになってきている。京都府地球温暖化防止活動推進センターが主催する環境コンテスト「きょうとECO-1グランプリ2009」では、省エネルギーの発光ダイオード(LED)のランプの街灯設置に取り組む京都府長岡京市の長岡中央商店街振興組合がグランプリを受賞した。西山森林整備推進協議会も準グランプリで、長岡市内の二つの地球温暖化の原因防止活動が上位を独占し、両団体の関係者がこのほど長岡市役所を訪れて喜びを報告した。商店街は昨年から、電気代や地球温暖化の原因となる温室効果ガスであるCO2の削減を狙い、街灯の84基の水銀灯をLEDにする活動を始めた。併せて、地球温暖化の原因防止対策の環境学習の一環として小学生がランプを組み立てるなど地域ぐるみで取り組んでいる。一方、協議会は2005年から地権者や企業や大学、行政、市民グループなどが連携し、人工林の間伐など西山の再生を進めてきた。本年度のコンテストでは、応募32団体のうち、10団体が決勝大会に進み、今月6日に京都市内で活動を発表した。審査の結果、商店街と協議会の取り組みがグランプリと準グランプリを独占した。商店街は小中学生も加わって活動をPRし、参加者が選考する会場賞も受賞することとなった。来年2月には東京での全国大会に出場する。商店街の中小路貴司理事長は「地味な活動だが、みんなで少し頑張れば地球温暖化の原因防止対策を守ることができる。地域を巻き込めたのがうれしい。市内にも地球温暖化の原因防止対策が広がればよいが」と喜んでいる。協議会の南紘之副会長も「全国的に少ない産官学民の連携で、西山が地球温暖化の原因防止対策としてCO2削減に貢献していることが認められた。整備箇所は私有地が中心で、今後も行政や関係者とうまくスクラムを組むことが大切」と話している。
子供服リサイクルショップブランド買取販売情報布団ふとんクリーニング情報着物きものリサイクル買取販売店情報LEDライト電光サイン看板情報

> 京都府の地球温暖化の原因防止対策のコンテストはこちら

地球温暖化の原因による途上国の気候変動対策に資金協力

 日本政府は、ミクロネシアの地球温暖化の原因防止対策として実施される「太陽光発電を活用したクリーンエネルギー導入計画」に対して、5億3,000万円の償資金協力を実施する方針を決めた。この地球温暖化の原因防止対策の計画は、大洋州地域における地球温暖化の原因による気候変動対策支援の一環として、太陽光発電関連機材を供与し、ミクロネシアにおけるディーゼル発電の一部を自然再生可能エネルギーに代替することにより、地球温暖化の原因である温室効果ガス二酸化炭素の削減を図るものである。日本政府は、これまで一貫してミクロネシアを含む太平洋島嶼国の良きパートナーとして同地域に対する支援を行っており、今回の協力は本年5月に開催された第5回太平洋・島サミットで表明した日本の支援策の一環として実施するものとなっている。
 一方、国土交通省は、バングラデシュのダッカにおいて、同国における地球温暖化の原因による気候変動に起因する水災害対策を推進するための日・バングラデシュ気候変動ワークショップを開催すると発表した。バングラデシュでは、地球温暖化の原因による気候変動に起因する水災害が多く発生しており、これによる被害が国民の安全な暮らしを脅かすとともに、同国経済発展の阻害要因の1つとなっているという。このため、同省では、両国における水災害への影響としての地球温暖化の原因による気候変動問題への取り組みや、日本から地球温暖化の原因防止対策として提供可能な技術・ノウハウについて意見交換を行い、バングラデシュの防災能力の向上を図るとともに、両国の一層の協力関係を推進していきたいとしている。
カラオケセット機器機材レンタルリース情報ウエディングドレスレンタル格安激安販売情報貸し別荘コテージレンタル情報

> 地球温暖化の原因による途上国の気候変動対策に資金協力はこちら

兵庫県が家庭の地球温暖化の原因の二酸化炭素の測定を開始

 兵庫県などは2009年度から、家庭から排出される地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の量を専門の診断員が調べる「うちエコ診断」を一般家庭を対象に始めると発表した。車や暖房器具などから出る地球温暖化の原因の温室効果ガスであるCO2の量を正確に知ってもらうことで、効果的な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素の削減につなげてもらう狙いだという。兵庫県では来年2月22日まで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素の削減モニターを募集している。この取組みは、兵庫県や環境省の外郭団体「地球環境戦略研究機関関西研究センター」(兵庫県神戸市)や民間企業などでつくる「兵庫県うちエコ診断協議会」の主催で実施される。2008年度、協力企業の社員らが自宅で試験的に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素の測定を実施したところ、85%の家庭で診断が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素の削減行動につながったという。兵庫県の認定を受けた診断員が対象の家庭を訪問し、専用の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素の削減診断ソフトで診断することになるという。家電製品の形式や年式、利用時間などを詳しくアンケート調査し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素CO2量などを算出する。その調査結果に基づいて、各家庭の無駄使いに応じて、例えば冷蔵庫の温度設定の変更などといった地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素の削減策を提案する。本年度は200世帯を対象に実施するという。そのうち、尼崎市では市長や職員、市民の計50世帯で診断を実施するなど尼崎市を上げて取り組むという。家庭の地球温暖化の原因の二酸化炭素の測定への応募は太陽光発電相談指導センターTEL078・371・6000まで。
貸しギャラリー貸し画廊レンタル情報着ぐるみレンタル・通信販売情報コスプレ衣装レンタル製作通信販売情報

> 兵庫県が家庭の地球温暖化の原因の二酸化炭素の測定を開始はこちら

地球温暖化の原因による気候変動でニモが絶滅の危機

 日本でも大ヒットした映画である「ファインディング・ニモ」の主人公でもあり、一躍人気者になったカクレクマノミが、地球温暖化の原因による海水の酸性化などにより、絶滅に近づいているというショッキングな内容が報告された。国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議COP15)が開催されているデンマークの首都コペンハーゲンで14日、国際自然保護連合(IUCN)が報告した。報告の内容によると、地球温暖化の原因による気候変動で海水の酸性化や水温の上昇によって、棲家である珊瑚礁が破壊されるほか、カクレクマノミが隠れ場所として共生しているイソギンチャクを探すための嗅覚が影響を受けているという。この報告では、地球温暖化の原因で最も打撃を受けた動植物10種も明らかにされた。地球温暖化の原因による気候変動で絶滅の危機にあるのは、カクレクマノミのほかに、シロイルカやオサガメ、コウテイペンギン、コアラなどが挙げられている。地球温暖化の原因による気候変動の報告書を取りまとめたウェンディ・フォーデン氏は、記者団に「動植物は環境に適応するが、地球温暖化の原因による気候変動の速度は遅くなければならない。各国の政府が力強くタイムリーな地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減目標の達成に全力を傾け、気候変動の速度を落とすことができれば、これらの種に生き延びるチャンスを与えることができる。」と話している。
コピー機レンタルリース格安情報PCパソコン個人向けレンタルリース情報貸しスタジオレンタル情報

> 地球温暖化の原因による気候変動でニモが絶滅の危機はこちら

地球温暖化の原因となる温室効果ガスの計算方法

 12月7日からデンマークの首都コペンハーゲンで国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)が開催されている。2012年に期限が切れる京都議定書に続く、地球温暖化の原因防止対策の政治合意を目指している。地球温暖化の原因となる温室効果ガスは京都議定書で定められており、二酸化炭素(CO2)、メタン(CH4)、一酸化二窒素(N2O)、ハイドロフルオロカーボン類(HFCS)、パーフルオロカーボン類(PFCS)、六ふっ化硫黄(SF6)の計6種類とされている。これらの地球温暖化の原因となる温室効果ガスの計算方法は、実際にどれだけ排出されたのかを実際に測定するわけではなく、さまざまなデータから計算式を使って推測する理論値計算で行っている。つまり、温室効果ガス排出量=活動量×排出係数×温暖化係数となる。活動量とは、燃焼するとCO2を排出する石油、石炭、天然ガスといった化石燃料の消費量や、げっぷをした際にCH4をはき出すウシやヒツジなど家畜の頭数など、温室効果ガスを生み出す量となる。それぞれ、一定の単位当たりでどれだけの地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出するかを算出する「排出係数」が定められている。排出係数は、国連の下部組織である「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」が定めた数値もあるが、審査を通れば各国がその国の実情に合わせて決めることもでき、日本も独自の温室効果ガス係数を使用している。例えばガソリンでは、1リットルあたり2.32キロのCO2を生み出すとされているので、日本国内の1年間のガソリン消費量をリットル換算して、排出係数をかければ、ガソリンの1年間のCO2排出量が出てくることになる。また、ヒツジは年間1頭当たり4.1キロのCH4を排出するとされているので、日本のヒツジの頭数に排出係数をかければ、どれだけCH4を排出しているかが分かることになるという。ただ、温室効果ガスの排出量は、CO2以外の5種類のガスが温暖化に与える影響をすべてCO2に換算したもの、いわゆる「CO2換算の数値」が使用されている。その換算に使われるのが地球温暖化係数である。CO2が温暖化に与える影響を1とした場合、CH4は21、N2Oは310などと規定しており、それを温暖化係数としている。排出されたと推定される6種類のガスの排出量に温暖化係数をかけ、CO2に換算した数字を合わせたものが各国の地球温暖化の原因となる温室効果ガス総排出量になるという。
 鳩山由紀夫首相は地球温暖化の原因となる温室効果ガスについて、今年9月の国連会合で「1990年比で2020年までに温室効果ガスを25%削減することを目指す」と表明している。地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減の基準として出てくるのが1990年比である。関係者や地球温暖化の原因となる温暖化研究のマイケル・グラブ氏によると、最初に使われたのは、1992年にブラジルのリオデジャネイロで開かれた「環境と開発に関する国際連合会議」で採択された気候変動枠組み条約だったという。1990年を世界が気候変動を深刻な問題と認め、地球サミットにつながる交渉を始めた記念すべき年として、条約締結国に対し「1990年代末までに1990年の地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出量に戻す」とする法的拘束力を持たない目標を定めた。その後、1997年に京都で開かれたCOP3で、地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量削減に法的拘束力を持つ議定書を締結する際、EU諸国が「1990年以降の年を基準年とした場合、条約で定めた地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出削減の努力をしていない国が有利になる」と主張したことなどから、京都議定書でも1990年を地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減目標の基準年として採用されたという経緯がある。環境意識の薄かった1980年代は、地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量を推定するデータも乏しいことなどから、以降も地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量基準年として1990年が使われるようになったのである。
貸し会議室レンタル情報賃貸の貸し事務所レンタルオフィス探し情報貸し布団ふとんレンタル情報

> 地球温暖化の原因となる温室効果ガスの計算方法はこちら

地球温暖化の原因による気候変動対策に資金協力

 日本は途上国に対して膨大な金額の資金援助を行っているところであるが、今般、地球温暖化の原因による気候変動対策に対して資金援助を行うことを決定した。政府はスリランカの太陽光発電システムの導入計画に対して、8億6,000万円の償資金協力を実施する方針を決めた。スリランカでは、1990年代以降、エネルギー需要が増加しており、今後ますます高まると予想される電力需要に対し、太陽光発電システムの再生可能エネルギーを利用した電力供給の方向性を探っていくことが必要になっている。今回、供与される太陽光発電システムにより、スリランカにおける火力発電用の原油使用量が低減し、それに伴う地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素排出量が削減されることが期待されている。
 一方、政府は、ケニア共和国政府が取り組んでいる「地球温暖化の原因による気候変動への適応のためのニャンド川流域コミュニティ洪水対策計画」に対し、総額4億8,300万円を限度とする環境プログラム無償資金協力を行うことを決定し、ケニア共和国首都ナイロビにおいて交換文書の署名式が行われた。この協力は、日本クールアース・パートナー国であるケニア共和国に対して、地球温暖化の原因による気候変動の影響等により洪水が頻発しているニャンド川流域の洪水対策施設の整備や住民の組織化訓練等のプログラムを実施するのに必要な資金を供与するものとなっている。
ケアマネージャー・介護支援専門員の求人募集転職和服振袖留袖着物レンタル貸衣装情報金プラチナ貴金属高価買取情報情報

> 地球温暖化の原因による気候変動対策に資金協力はこちら

日本経団連の地球温暖化の原因防止対策の低炭素実行計画

 日本経団連は、日本経済界の地球温暖化の原因防止対策として、2020年に向けて最先端技術を最大限導入することを盛り込んだ地球温暖化の原因防止対策の「低炭素社会実行計画」を発表した。具体的な地球温暖化の原因防止対策の数値目標は今後詰めるが、最新技術を最大限導入した場合でも鳩山由紀夫首相が掲げた中期目標「2020年までに地球温暖化の原因である温室効果ガス二酸化炭素CO2を1990年比25%削減」を達成するのは難しいとしている。経団連は同計画の英訳版を開催中の国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)参加者に配布し、日本の産業界の実績を訴えると同時に、高い地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2削減目標値の合意を牽制したい考えだ。経団連はこれまで、京都議定書に合わせ、鉄鋼や電力など34業界が参加した産業界独自の地球温暖化の原因防止対策の自主行動計画を実行しているが、今回は行動計画に次ぐものとして、地球温暖化の原因防止対策の実行計画をまとめた。同計画策定に参加する業界は最先端技術を最大限に導入することを前提として、2020年段階の地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出削減目標を設定する。地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2削減目標は「国内外への約束」として従来の地球温暖化の原因防止対策自主行動計画よりも強制度合いを高め、目標未達の場合は海外の地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出削減事業で生まれる排出枠購入などを検討する。地球温暖化の原因防止対策実行計画の対象業種は産業部門に加え、スーパーなどの業務部門や運輸部門にも拡大しているのが大きな特徴となっている。革新的な技術や途上国での地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出削減支援などにも取り組み、「2050年の世界の地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出量半減という目標達成に中核的役割を果たす」としている。ただ、産業界では従来以上の地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2削減は難しいとの見方が一般的となっている。地球温暖化の原因防止対策の自主行動計画は京都議定書の第1約束期間(2008~2012年度)に「地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2を1990年度レベル以下の排出量に抑える」との思い切った目標値を設定している。これに沿って参加業界が努力を積み重ね、期間中の地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出量は1990年度比7.5%減と目標を大きく上回って達成できる計画だという。これは、生産量当たりの地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出量である原単位を大幅に減らせたことだ。208年度の原単位を1990年度比で88%も低下させたガス業界の場合、生産時に地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2を多く発生する石炭・石油系ガスから、地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2をほとんど出さない天然ガスに転換したことが大きい。しかし、転換はほとんど終了し、これ以上の地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2削減は難しいのが現状だ。また、原単位を1990年度比で18%削減した製紙業界の場合、製造時の燃料を化石燃料から廃木材などを使ったバイオマスへの切り替えた効果が大きかった。ただ、バイオマス利用も他業界に広がり、日本製紙連合会の二瓶啓常務理事は「手ごろな廃木材の入手はもはや困難である。これ以上の地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2大幅な削減はかなり難しい。」と訴える。経団連の椋田哲史常務理事は「地球温暖化の原因防止対策実行計画以上の削減を求められると、地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出枠購入か生産縮小の二者択一になる。」と、地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出削減努力が限界に近づいていることを強調した。
薬剤師・管理薬剤師の求人募集転職栄養士・管理栄養士の求人募集転職保育士の求人募集転職

> 日本経団連の地球温暖化の原因防止対策の低炭素実行計画はこちら

COP15の地球温暖化の原因防止対策で途上国と新興国が対立

 デンマークのコペンハーゲンにおいて国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議COP15)が始まった。その会議の中で、地球温暖化の原因による海面上昇の被害を受けている島嶼国は9日、京都議定書に続く新たな地球温暖化の原因防止対策に係る議定書案の交渉を進めるよう要求した。これに対し、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの排出抑制義務が課されることを警戒する中国やインドが反対を表明した。地球温暖化の原因による被害を受けやすい開発途上国と、経済発展に伴い温室効果ガスの排出量が増加している新興国との間の意見対立が表面化したかたちとなった。南太平洋の島国であるツバルは島嶼国を代表して、地球温暖化の原因による被害に苦しむ国への支援拡充を柱とする「コペンハーゲン議定書」を提案している。地球温暖化の原因となる大気中の温室効果ガス濃度を二酸化炭素(CO2)換算で350ppm以下に抑えるよう主張し、世界の中でも最も厳しい態度で地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出削減に取り組むよう各国に求めている。ツバルは9日の本会議で、地球温暖化の原因防止対策に係る新議定書案を交渉するための会議の場をつくるよう提案した。これに対し、中国やインド、サウジアラビアは「地球温暖化の原因防止対策に関しては京都議定書で十分だ」として会議設置案を拒否している。一方で、ソロモン諸島やクック諸島、セネガル、ケニアなどが地球温暖化の原因防止対策に係る新議定書案の策定に相次いで賛意を示し、途上国側であっても意見が二つに分かれる格好となった。国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議については、当初、先進国と途上国との意見対立が予想されていたが、途上国内の対立も見られるようになった。
雨水再利用タンクシステム情報屋上緑化情報桐箪笥タンスの販売修理情報

> COP15の地球温暖化の原因防止対策で途上国と新興国が対立はこちら

大阪府枚方市のNPOが家庭で地球温暖化の原因のCO2削減チェック

 家庭で地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素CO2)の削減に取り組んでもらおうと、枚方市のNPO法人「ひらかた環境ネットワーク会議」などは、地球温暖化の原因防止キャンペーン「ひらかたエコチェックDAY」を実施する。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量の分かる日常生活の点検シートを配布し、各家庭で記入してもらう。地球温暖化の原因防止対策の取り組み後には商品が当たる抽選も予定しており、枚方市内だけでなく幅広く参加を呼びかけている。地球温暖化の原因防止対策チェックシートでは、「部屋を出るときはあかりを消す」「シャワーや水道はこまめに止めながら使用する」などの地球温暖化の原因防止対策となる10項目について、13日以前と13日のそれぞれで実施できたかどうかを○×で記入してもらう。項目横には、実施した場合の1日当たりの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減量も明記されている。NPOは地球温暖化の原因防止対策チェックシートを5万枚用意し、枚方市役所や生涯学習センターなど枚方市内60か所以上で配布する。取り組みに参加し、地球温暖化の原因防止対策チェックシートに付いたはがきをNPOに返送すると、抽選で40人に折りたたみ自転車や地酒などが当たるという。問い合わせは同ネットワーク((電)072・847・2286)。
リサイクルトナー再生激安販売情報カーペットクリーニングじゅうたん情報革靴ブーツクリーニング情報

> 大阪府枚方市のNPOが家庭で地球温暖化の原因のCO2削減チェックはこちら

神奈川県で地球温暖化の原因防止対策計画の策定作業

 神奈川県は2020年の地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素の排出量を1990年比で25%削減する中期目標を掲げた地球温暖化の原因防止対策計画の策定作業を本格化させた。神奈川県では神奈川県横浜市内で、神奈川県民との意見交換会を開き、先月に公表した地球温暖化の原因防止対策計画骨子案の詳細を説明し意見を聴いた。近く地球温暖化の原因防止対策計画素案を取りまとめ、来月の神奈川県議会で報告する方針だという。神奈川県の計画骨子案は今年7月に制定された神奈川県地球温暖化の原因防止対策推進条例に基づく「実践的な行動計画」として位置付けられている。人口増や神奈川県内総生産の将来予測などを踏まえ産業、オフィスやサービス業など、家庭、運輸などの各部門で温室効果ガスの具体的な削減策を明示している。神奈川県では、地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減案計画書の提出や中小企業に省エネ相談・診断を導入(産業部門)、太陽光発電や省エネ家電の導入促進(家庭部門)などを進める。意見交換会には神奈川県内企業関係者や市民ら約60人が参加して、「大企業と比べて中小の運輸業者は低燃費車への交換が難しい」、「日常的にできるきめ細かい取り組み目標の明示を」などの指摘が上がった。ただ、神奈川県内の地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量(06年確定値)は、京都議定書基準年(1990年)に比べ4.5%増加してきている。中でも、神奈川県内の製造業の集積が目立つ産業構造を背景に、産業部門では9.6%増えており、地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量が5.0%減の全国とは逆の動きとなっっているのが実態である。神奈川県内の業務部門もオフィス店舗の床面積増加のため、地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量は26.7%の大幅増となっており、排出量削減の目標達成へのハードルは高い。神奈川県内の中小企業の対策支援も大きな課題といえる。産業界からは「ものづくりの現場にこれ以上の地球温暖化の原因防止対策の負担をかけるべきでない。」(佐々木謙二・横浜商工会議所会頭)との懸念も残る。神奈川県は中小企業向けには大規模事業者の技術資金提供による「地球温暖化の原因防止対策の国内クレジット制度」の活用を促す方針だという。
ハウスクリーニング掃除清掃代行情報エアコンクリーニング業務用家庭用掃除洗浄情報着物きものクリーニング専門丸洗い情報

> 神奈川県で地球温暖化の原因防止対策計画の策定作業はこちら

地球温暖化の原因対策によるGDP目減りは欧米よりも大きい

 地球温暖化の原因防止対策について各国で活発に議論されている状況にある。省エネルギー化の先進国である日本は、既に最先端の地球温暖化の原因防止対策が講じられており、ここからさらに地球温暖化の原因となる温室効果ガスを一層削減していくには高コストな最新技術を積極的に使わなければならず、鳩山政権の掲げる「地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量を1990年比25%削減」は他国と比べて重い目標でもあり、現実には達成不可能に近い目標といえる。地球温暖化の原因防止対策は、太陽光発電風力発電を始めとする再生可能エネルギーの拡充や、省エネルギー技術の導入拡大が必要になってくる。地球温暖化の原因防止対策は、新規産業の創出や、エネルギーコストの削減ができるメリットがあるが、負担も大きく、短期的には経済成長が鈍化するのは避けられない。2008年度の国内の地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量は、12億8600万トン。景気悪化で生産活動が低調だったことから前年度に比べて地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量は6.2%減っている。しかし、1990年度と比べると1.9%多くなっており、温室効果ガス排出量の25%削減目標を達成するためには、経済成長を維持しながら26.9%削減を行う必要があり、これを達成するのは現実問題としては不可能といえる。
 国立環境研究所や日本エネルギー経済研究所、日本経済研究センターの試算では、地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量を1990年比25%削減するを、実質国内総生産(GDP)は現状の対策を単純に継続するよりも3.1~6.1%、1世帯当たりの可処分所得は16万~76万5000円目減りするという。ただ、海外から地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出枠を購入した場合は、影響はやや緩和する。省エネの進んだ日本で地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量を削減するよりも、海外で削減する方がコストが安く、その分排出枠も安く買えるからだ。仮に、15%分を地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出枠購入でまかなうと、実質GDPの目減りは0.8~1.3%、1世帯当たりの可処分所得の目減りも3万~28万円にとどまる。一方、1990年比20%削減を掲げる欧州連合(EU)は、GDPの目減りは0.35%、2005年比17%削減の米国は0.13~0.57%という試算がある。これに対し、日本の目標は野心的で、負担も大きいことが分かる。世界各国が歩調を合わせて地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減努力を強化すれば、日本の先端技術が各国に輸出され、経済成長にもつながることも予想されるが、地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出削減のために環境税導入や規制強化が行われれば、製造業が負担を嫌って海外に流出する恐れも否めない。
カラオケセット機器機材レンタルリース情報ウエディングドレスレンタル格安激安販売情報貸し別荘コテージレンタル情報

> 地球温暖化の原因対策によるGDP目減りは欧米よりも大きいはこちら

海が吸収する地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素量の調査手法

 海が吸収する地球温暖化の原因温室効果ガス二酸化炭素量を調べる手法を、イギリスのイーストアングリア大学の研究者らが作る国際研究チームが開発したと発表した。これは、商業用船舶にも装着できる地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素量を計る装置で、より多くの船舶から二酸化炭素量のデータを収集することで、地球温暖化の原因とされる温室効果ガスの二酸化炭素の状態について、より詳しく調べることができるとしている。大気中に含まれている地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素は、海洋や熱帯雨林が吸収することで知られる。特に、人間が排出した地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素量の半分は、海洋と熱帯雨林が吸収しており、気温や海水温は地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素の貯蔵状態に大きく関係している。イギリスのイーストアングリア大学らの研究者は、海中の地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素量を測定する化学センサーと、海水表面の温度を測る衛星のデータを組み合わせて、より正確に海洋の地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素の動向について調べる装置を開発した。これまでに、北大西洋で過去数年間にわたって地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素量の調査を実施し、気候と海洋が吸収する地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素量との関係が浮かび上がってきたという。地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素量を計測する装置は商業用の船舶にも簡単に装着できるもので、世界の海を広く航行する船舶に協力してもらうことで、より正確に地球の地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素について、調べることができると期待している。
貸しベビー用品レンタル情報観葉植物レンタルリース貸し植木情報スーツケースレンタル格安情報

> 海が吸収する地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素量の調査手法はこちら

地球温暖化の原因防止対策のCOP15に先進国・途上国に溝

 地球温暖化の原因防止対策の新たな枠組み(ポスト京都議定書)を話し合う国連気候変動枠組条約締約国会議(COP15)が7日から、コペンハーゲンで開かれる。地球温暖化の原因防止対策のポスト京都議定書の採択は困難なものの、地球温暖化の原因防止対策の大枠について政治合意を目指すことになりそうだ。先進国と開発途上国の間には、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減・抑制の分担をめぐる対立が続いており、これを打開できるかがカギとなる。地球温暖化の原因防止対策の政治合意には、(1)先進国の地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減目標(2)途上国の地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出抑制策(3)地球温暖化の原因となる温室効果ガス対策に取り組む途上国向け資金支援(4)地球温暖化の原因防止対策の新議定書採択など法的合意の期限を盛り込むことを想定している。これまでの交渉では、途上国は先進国の歴史的な地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出責任を指摘してきた。2020年までの地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量を1990年比40%削減することや、地球温暖化の原因防止対策に必要な資金や技術の供与を要求してきた。一方で先進国は、経済発展に伴って地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量を増大させている新興国を念頭に、相応の地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出抑制を迫っている。このためCOP15では、地球温暖化の原因となる温室効果ガスに係る対立打開に向け、先進国と途上国が温室効果ガス削減・抑制についてどこまで歩み寄れるか、先進国が途上国向け地球温暖化の原因となる温室効果ガス対策の資金支援をどれだけ用意できるかなどが議論になる。
貸し倉庫収納トランクルームレンタル情報介護用品レンタル情報家電製品家具レンタルリース情報

> 地球温暖化の原因防止対策のCOP15に先進国・途上国に溝はこちら

地球温暖化の原因が中国の食糧安全保障を脅かす

 中国新聞社によると、中国気象局の鄭国光局長は雑誌「求是」に掲載した地球温暖化の原因に関する論文の中で、地球温暖化の原因は中国の食糧安全保障に明らかな影響を与えており、今後、主要食物の生産力減少、不安定性の増加などを引き起こすだろうと主張した。同論文によると、地球温暖化の原因の影響を受け、世界的な食糧供給は不安定性を増すと考えられる。地球温暖化の原因による気候変動により、中国の主要作物に対しては水不足が発生し、自然災害が増加、食糧生産は多大な影響を受ける。さらに、地球温暖化の原因による気候変動により、広い範囲で長期的な干ばつが発生すると見られている。例年、中国では地球温暖化の原因による気候変動による干ばつにより3000万トンの損失が出ており、自然災害による損失の60%を占める。地球温暖化の原因による気候変動により、30年間続く華北地区での干ばつ問題が、今後10年間で緩和されるとは考えられず、南部でも季節的な干ばつが頻発している。さらに現在と同じ栽培制度が続き、栽培品目と生産水準が変化しないと仮定した場合、2030年までに生産力は地球温暖化の原因による気候変動により、5~10%減少すると見られ、特に春小麦は大幅に減少すると見られる。2071年から2100年には、地球温暖化の原因による気候変動により、冬小麦が10~30%、稲作が10~20%、とうもろこしが5~10%それぞれ地球温暖化の原因による気候変動により、減少すると考えられている。また、もし政府が> 地球温暖化の原因による気候変動による気候変動に関して積極的な対応を取らなかった場合には、21世紀後半には中国の主要農作物である小麦、稲作、とうもろこしで年産最大37%の減産が起こる可能性があると指摘している。同論文は、地球温暖化の原因による気候変動による食糧生産とその安全性を保障することが気候変動に対して最も大切なことだとし、災害発生を未然に防ぐための対策を科学的かつ計画的に立てる必要があると提案している。しかしながら、地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素の削減に関して、最も消極的な国が中国であるのも事実である。しかも、世界的に見て、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の巨大な量の排出量である国にもかかわらずである。
ケアマネージャー・介護支援専門員の求人募集転職和服振袖留袖着物レンタル貸衣装情報金プラチナ貴金属高価買取情報情報

> 地球温暖化の原因が中国の食糧安全保障を脅かすはこちら

インドが地球温暖化の原因のCO2排出量削減の数値目標発表

 インド政府は3日、地球温暖化の原因防止対策の新たな枠組みを話し合う気候変動枠組条約締約国会議の第15回締約国会議COP15を前に、GDP(国内総生産)あたりの地球温暖化の原因となる温室効果ガスであるCO2(二酸化炭素)排出量を2020年までに2005年に比べて20~25%削減するとの数値目標を初めて発表した。インド・ラメシュ環境相は「2005年から2020年の間に、地球温暖化の原因となる温室効果ガスであるCO2排出量を20~25%、自主的に減らす用意がある。」と述べた。これまで、地球温暖化の原因となる温室効果ガスであるCO2排出量の削減に消極的姿勢を貫いてきたインドが削減目標を公式に発表するのは、これが初めてである。ただし、この地球温暖化の原因となる温室効果ガスであるCO2排出量削減目標はGDPに比例しているため、インドがこのままの高成長を続ければ、経済成長とともに排出量が増える結果となるうえ、すでにGDPあたりの地球温暖化の原因となる温室効果ガスであるCO2排出量削減目標を発表した中国(40~45%)に比べると、その数値は半分にとどまっている。インドは現在、地球温暖化の原因となる温室効果ガスであるCO2排出量が世界4位の大排出両国だが、国内の多数の貧困撲滅には経済成長が不可欠なため、地球温暖化の原因となる温室効果ガスであるCO2排出量削減目標に法的拘束力は持たせないとしている。
パートタイマーの求人募集転職内職在宅ワークの求人募集転職介護福祉士の求人募集転職

> インドが地球温暖化の原因のCO2排出量削減の数値目標発表はこちら

神奈川県横浜市のホテルで地球温暖化の原因のCO2排出量抑えたエコメニュー

 神奈川県横浜市中区のホテルニューグランドは、デンマークで開催される気候変動枠組条約の第15回締約国会議(COP15)に合わせて、7日から18日まで地球温暖化の原因の温室効果ガスであるCO2排出量を抑えた「エコメニュー」を提供する。スカンディナビア政府観光局の要請で、老舗ホテルにふさわしく、かつ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素CO2)排出量の少ない料理を考案したという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の少ない料理のメニューとしては、「地場野菜の菜園風仕立て」「本日入荷の魚のココット(厚手のふた付き両手鍋)蒸し」「豚料理のバリエーション」「小田原ミカンのムース」の4品から成るランチ・コースとなっている。これらの料理は、タワー棟5階のフレンチレストラン「ル・ノルマンディ」において5000円で提供する。フードマイレージ(食料の輸送距離)の短い横浜産や県内産の食材を主体にすることで、地球温暖化の原因の温室効果ガスであるCO2排出量を大幅に削減したという。調理の際に火を入れる場合でも、ココットなどを用いエネルギー消費量を抑えCO2排出量を大幅に削減した。さらには、廃棄物処理に係る地球温暖化の原因の温室効果ガスであるCO2排出量削減のため、食品残さも減らすよう、皮付きの野菜、豚の皮やのど肉なども使った。神奈川県横浜市中区のホテルニューグランドのシェフは「ニューグランドの伝統料理とエコの要素との両立に苦労した。地球温暖化の原因の温室効果ガスであるCO2削減は時代の要請でもあるので、これを機に環境に優しい料理を継続的に追求していきたい。」と話している。
ライターの求人募集転職モデルの求人募集転職アルバイト探し求人募集転職

> 神奈川県横浜市のホテルで地球温暖化の原因のCO2排出量抑えたエコメニューはこちら

阪神甲子園球場の地球温暖化の原因対策となる太陽光発電設備

 阪神電車の甲子園駅から南に歩いてすぐのところにある阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)の内野席を覆う「銀傘」上で、地球温暖化の原因対策となる太陽光発電を行う太陽電池パネルの設置作業が進んでいる。「地球温暖化の原因対策の環境エコ」をテーマの一つに進められている球状の全面改修の一環の取組みとなっている。阪神電鉄によると、プロ野球の本拠地球場で太陽光発電設備を設置するのは国内初という。甲子園球場の全面改修は来春完成予定となっている。太陽光発電電池は、横140センチ、縦80センチのパネル1600枚で構成されているが、これを年内にも内野席の屋根の上に取り付ける。太陽光発電が完成すると、年間約19万3000キロワット時を太陽光発電することができ、この電気は甲子園球場内で利用するという。太陽光発電の蓄電はできないが、甲子園球場全体の電力量の5.3%を賄うことができ、年間約133トンの温室効果ガスである二酸化炭素排出を削減できるという。また、改修工事で取り除かれていた名物のツタも再生させて、甲子園球場の壁面緑化にも取り組み、地球温暖化の原因対策として温室効果ガスである二酸化炭素を削減する。来春には、このような地球温暖化の原因対策が施された「環境に優しい」ニュー甲子園球場が誕生することになる。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 阪神甲子園球場の地球温暖化の原因対策となる太陽光発電設備はこちら

地球温暖化の原因防止対策として木から水素を抽出

 東北大(宮城県仙台市)の研究グループが、地球温暖化の原因防止対策として使い道のない木などから純度の高い水素を取り出す研究を進めている。水素の利用先は、自動車メーカー各社が普及を目指す地球温暖化の原因防止対策として「究極のエコカー」燃料電池車を想定している。製材業者とメーカーが連携する構想も視野に実用化に向けて採算性などを検証している。研究グループは、木材から高純度の水素ガスを発生させる技術を開発しており、この地球温暖化の原因防止対策の技術を応用する。グループは樹木の成分の7割を占めるセルロースが炭素と水素、酸素からなることに着目してきた。木材を粉砕処理し、酸化カルシウムなどを混ぜて一定の高温で加熱し、木材1キロ当たりから約480Lの水素ガスを取り出すことに成功した。水素の純度は95%前後と高く、地球温暖化の原因防止対策として燃料電池の電解質を傷める二酸化炭素(CO2)の発生割合を0.1%以下に抑える適温も発見した。現在、地球温暖化の原因防止対策として樹皮や木くず、落ち葉、紙類から水素などの成分がどれぐらい取り出せるかを実験中である。生成量に対する製造コストといった採算性も調べ、来年度内に結果をまとめる。地球温暖化の原因防止対策として燃料電池用の水素ガスを取り出す工業的手法は、石油や天然ガスなど化石燃料に高温高圧をかける方法が主流だが、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素も発生する。さらに、水を電気分解する手法は高コストになる。木材は地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の発生割合が少なく、まとまった量が比較的簡単に取り出せる。トヨタ自動車など世界の自動車大手8グループは9月、地球温暖化の原因防止対策として燃料電池車を2015年以降に本格的に普及させることを盛り込んだ共同声明を発表している。トヨタの動きを意識する近畿地方の製材業者から、研究グループに連携の申し入れがあった。教授は「実用化は先だが、高純度の水素を従来より低コストで得られそうだ。地球温暖化の原因防止対策として燃料電池が普及すれば自動車バッテリーの軽量化が図れ、燃費向上に役立つ。」と話している。
薬剤師・管理薬剤師の求人募集転職栄養士・管理栄養士の求人募集転職保育士の求人募集転職

> 地球温暖化の原因防止対策として木から水素を抽出はこちら

地球全体の地球温暖化の原因の温室効果ガスの濃度

 世界気象機関(WMO)がまとめた、2008年の地球温暖化の原因の「温室効果ガス年報」で、二酸化炭素メタン、一酸化二窒素の07年の地球温暖化の原因の温室効果ガスである世界年平均濃度が統計を開始した1983年以降の最高値を記録していたことが、09年11月24日の気象庁発表で明らかにされた。地球温暖化に最も影響度が大きいとされている二酸化炭素の世界平均濃度は、この10年間 年平均2.0ppmずつ増加しており、08年は385.2ppmに達した。地球温暖化の原因の二酸化炭素の濃度は、産業革命以前(1750年)の濃度である約280ppmと比較すると約38%の増加となっており、一酸化二窒素は、321.8ppbで同じく約19%の増加と発表されている。また、近年増加傾向が緩やかになっていた地球温暖化の原因のメタン濃度は1,797ppbに達し、2007年に続いて2008年も1998年以来の高い増加量となったが、地球温暖化の原因のメタンが再び増加傾向に転じたかどうかははっきりしないとしている。さらに、気象庁が綾里(岩手県)、南鳥島(東京都)、与那国島(沖縄県)の3地点で行っている日本上空の大気中の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素濃度の2008年の結果も同時に公表されたが、3地点の二酸化炭素の平均濃度は386.6~388.5ppmで、こちらも温室効果ガスの過去最高値を記録した。3地点の地球温暖化の原因の温室効果ガスの平均濃度は、この10年間で年平均1.9ppmの割合で増加を続けているという。
袴はかまレンタル卒業式情報不用品廃品ゴミ回収買取引取り処分情報医師の求人募集転職

> 地球全体の地球温暖化の原因の温室効果ガスの濃度はこちら

EUが地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減目標引き上げ検討

 EUは11月30日、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスを1990年と比べて20%削減から30%削減に数値目標を引き上げることを検討していると明らかにした。EU議長国・スウェーデンのラインフェルト首相は、11月30日の記者会見で、「私たちEUは地球温暖化の原因に責任を取ります。2020年までに地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスについては1990年比20%削減の目標としていたが、30%削減を目標とすることを考えています。」と述べ、新たな地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減数値目標を明らかにした。国連・気候変動枠組み条約締約国会議(COP15)が開催されるのを前に、EU側の考えをアピールした形となった。これに先だって行われたEUと中国の首脳会談で、中国側は「2020年までにGDP(=国内総生産)の単位当たりの地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出量を、2005年に比べて40~45%減らす。」という目標を説明し、EU側もこれを評価している。ただ、EUの新たな考えに対してはさらなる地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減努力を行うよう促した。COP15の開催が来週に迫る中、EU側が新たな地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減の考えを示したことで、ほかの先進国や途上国は地球温暖化の原因防止に向けたさらなる努力を求められることになる。
雨水再利用タンクシステム情報屋上緑化情報桐箪笥タンスの販売修理情報

> EUが地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減目標引き上げ検討はこちら

地球温暖化の原因対策の太陽光発電搭載の大型エコシップ

 国際物流の9割以上を担う輸送船の地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量を削減しようと、日本の海運大手が太陽光発電などの自然エネルギーや燃料電池を活用した地球環境に優しい大型のエコシップの開発を急ピッチで進め、地球温暖化の原因防止対策の「環境対策」への意欲をアピールしている。地球温暖化の原因防止対策のエコシップは、風を推進力に変えるため翼のように伸びた8枚の帆や、甲板を覆う太陽光発電パネル-を備えている。日本郵船では、「近未来の太陽光発電などの省エネ技術を結集させた化の原因防止対策のエコシップ」としてコンテナ船の模型を公表している。2030年には建造できるという「スーパーエコシップ2030」(全長352メートル)では、従来の大型船とはかけ離れた独創的な外観が特徴となっている。主要動力源には、取り外し可能なコンテナ式の燃料電池を採用して、船体重量を約2割減らすなどして、重油のディーゼルエンジンで動く現在の船と比べて、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出量を69%削減できるという。船底の外側に空気を送ることで海水との摩擦抵抗を減らす最先端技術を導入する一方で、コンテナ積み降ろしの邪魔にならないよう太陽光発電パネルや帆は格納可能とするなど実用性も重視した設計となっている。ライバルの商船三井は、船舶維新をキーワードに、外洋航行中の地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出量を5割に減らすなど「環境に配慮した」自動車運搬船のデザインを公表した。太陽光発電パネルの利用や改良型スクリューの装着が特徴で、港湾内の航行や荷役中には地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素排出ゼロを実現できるという。
 海外でもエコシップに注目が集まる。北欧の大手海運会社は、波のうねりなどの自然エネルギーを利用した輸送船の開発を独自に進める。開発競争の背景には、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出量規制の導入を検討している国際海事機関(IMO)の動きもある。海運各社が地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素排出量に応じた経済負担を強いられる可能性が高まっており、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2削減が緊急課題になっているからだ。IMOによると、船舶が出す地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2は年間10.5億トン(2007年)で、世界の総排出量の3.3%を占める。これはドイツ1カ国分の地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素排出量を上回り、日本の8割以上に相当する量になっている。2008年度には日本郵船が地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素1674トン、商船三井は約1800万トンを出すなど、製鉄やセメント会社と並び日本有数の排出源になっているのが現実だ。中国やインドなど新興国の経済成長で貨物量は増加傾向にあり、国際海運の総排出量は2050年までに2007年の最大2.5倍に増えるとの試算もある。スーパーエコシップ開発を担った日本郵船子会社「MTI」の技監は「新船開発は、2050年に地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2をまったく排出しないゼロエミッション船を実現するための第一歩と考えている。夢を夢で終わらせないとの思いを込めた。」と強調する。商船三井は「今後はフェリーやタンカーなどの新型エコシップを順次発表する」と話している。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因対策の太陽光発電搭載の大型エコシップはこちら

環境省による地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセット事業者向けセミナー

 地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセットとは、市民、企業、NPO/NGO、自治体、政府等の社会の構成員が自らの地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)による温室効果ガスの排出量を認識し、主体的にこれを削減する努力を行うとともに、削減困難な部分の温室効果ガス排出量について、他の場所で実現した温室効果ガスの排出削減・吸収量等を購入すること等により、その温室効果ガス排出量の全部又は一部を埋め合わせることをいいます。環境省では、平成20年度に地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセットの信頼性確保のためのガイドライン等の整備を行い、本年3月には地球温暖化の原因防止対策の「カーボン・オフセットの取組に対する第三者認証機関による認証基準」を公表、本基準に基づき、気候変動対策認証センター(社団法人海外環境協力センター)において、地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセット認証制度を創設し、5月よりカーボン・オフセットの案件の認証を開始しております。この度、地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセットの取組に関心のある事業者等を対象に、地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセットビジネスの方向性、優良事例情報等について情報発信するため、全国3箇所でセミナーを開催いたします。本セミナーは事前申込制となっておりますので、御希望の会場の開催日の5日前までに、下記の申込ページからご登録ください。会場のお席に限りがあるため、定員になり次第申込みを締め切らせていただきます。
環境省は、地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセット事業者向けセミナー「低炭素社会に向けた企業の取り組みとカーボン・オフセット」を全国3箇所で開催すると発表した。このセミナーは、カーボン・オフセットの取組に関心のある事業者等を対象に、カーボン・オフセットビジネスの方向性、優良事例情報等について情報発信するためのもの。各会場とも、開場13:30、開始14:00、終了16:00を予定しており、参加費は無料。参加希望者は、希望の会場の開催日の5日前までに、申込HPで登録する必要がある。
開催日・開催場所
・12/4(金) TKP名古屋ビジネスセンター(愛知県名古屋市中村区)
・12/7(月) 発明会館ホール(東京都港区)
・12/8(火) 新梅田研修センター(大阪府大阪市福島区)
申込HP:http://www.j-cof.org/temporary/biz_seminar.html
LEDライト電光サイン看板情報携帯マイmy箸運動販売情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 環境省による地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセット事業者向けセミナーはこちら

地球温暖化の原因防止対策の大阪府大阪市の太陽光発電補助制度打ち切り

 地球温暖化の原因防止対策として、4月から新たに始めた大阪府大阪市の「太陽光発電補助制度」に当初予算の予想より多い応募があり、大阪市は年度途中であるにもかかわらず太陽光発電補助制度申請の受け付けを打ち切った。大阪市の地球温暖化の原因防止対策を目的とする太陽光発電補助制度は1キロワットあたり10万円と国の太陽光発電補助(7万円)よりも手厚く、太陽光発電の余剰電力を電力会社が倍額で買い取る太陽光発電に係る政府の新しい制度が11月に開始されたことも太陽光発電補助申請の後押しをしたもようだ。大阪市の太陽光発電補助額は戸建てで最大40万円にもなり、事業所などで太陽光発電補助額は200万円となっている。太陽光発電補助の申請件数は家庭533件、事業所など8件の計541件となり、予定よりも2カ月早く太陽光発電補助予算の1億6800万円に達した。大阪市によると、太陽光発電補助を受けた太陽光発電によって、大阪市の大阪城公園の1.5倍の広さの育成林による地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の削減量に相当するという。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止対策の大阪府大阪市の太陽光発電補助制度打ち切りはこちら

中国が地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減の数値目標を発表

 12月に開催される国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)での地球温暖化の原因防止対策の首脳合意に向け、主要国が大きく動き出した。中国政府は26日夜、温家宝首相の会議出席と、2020年までに地球温暖化の原因となる温室効果ガスの40~45%削減という数値目標を発表した。日本時間26日午後9時半ごろ、中国政府は「政府は2020年の地球温暖化の原因となる温室効果ガスであるCO2排出量を2005年比で40~45%に削減することを決定した」と述べた。地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減の数値目標を示すことに消極的だった中国が突然、発表した狙いについて、東京工業大学大学院の蟹江憲史准教授は「中国がこの交渉に対して仕掛けてきたということは言えると思います。地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減目標を発表することによって、自分たちもやるから、その代わりに先進国ももっとやってくれと」と話した。この会見の少し前には、アメリカのオバマ大統領がCOP15に出席することと、2005年比で地球温暖化の原因となる温室効果ガスの17%を削減という目標をアメリカが発表した。25日、気候変動枠組み条約のデブア事務局長は「オバマ大統領がコペンハーゲンの気候変動サミットに出席するのは、大変、大きな意味を持つ」と語った。地球温暖化の原因防止対策に消極的だったブッシュ政権からの大きな方針転換で、アメリカの積極的な姿勢をアピールした。鳩山首相は「それぞれの国が、本来なかなか言い切れないなと思っていた地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減の数値的な目標を示したということは、これは大変、大きな意味がある」と述べた。しかし、それらの数値には、カラクリがある。アメリカの17%は2005年比で、これを1990年比に換算すると、数%程度の地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減とみられる。一方、中国は2005年の総排出量ではなくGDP(国内総生産)比で、経済成長を続ければ、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの大きな削減にはならない。東京工業大学大学院の蟹江憲史准教授は「先進国が言っているような絶対目標よりは、まだ緩い目標ということは言えるんですが」と語った。中国政府は、今回の地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減幅について、「地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減は、国内の自主目標で、国際公約にしない」などとしている。70近い国の首脳級が集まるCOP15では、先進国から地球温暖化の原因となる温室効果ガスを削減すべきと主張する中国やインドといった新興国と先進国との間で、激しい駆け引きが予想される。
貸しテナント物件賃貸店舗情報フランチャイズFCチェーン加盟店募集情報販売代理店会社募集情報

> 中国が地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減の数値目標を発表はこちら

地球温暖化の原因防止対策でIEA事務局長が日本は技術移転を

 来日中の国際エネルギー機関(IEA、本部パリ)の田中伸男事務局長は、日本記者クラブで会見し、日本は省エネルギー再生可能エネルギーに関する技術を各国に移転することを通じて地球温暖化の原因防止対策に貢献できると指摘した。IEAの試算では、地球温暖化の原因防止対策のため2020年までに日本に求められる温室効果ガスの二酸化炭素CO2)削減率は1990年比10%で、鳩山由紀夫首相の掲げる25%削減はこれを大きく上回る。田中事務局長は、日本の地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)削減率の目標を高く評価したうえで、世界の温室効果ガスの二酸化炭素排出量に占める比率が小さいことに触れ、「各国の地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの二酸化炭素削減を手伝うのがあるべき貢献の姿」と述べた。米国が「2005年比で地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの二酸化炭素の17%削減」を表明する方針を示したことについては「12月の国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)の交渉を進める上で重要なステップだ」とした。また、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの二酸化炭素削減技術への投資は30年までに世界で10兆ドル必要だが、8.6兆ドルのエネルギーコストが節約できると指摘した。民間資金が地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの二酸化炭素の削減対策にうまく流れるように、「環境税や温室効果ガスの二酸化炭素排出量取引制度などインセンティブをきちっと付けるべきだ。COP15で明確なメッセージを発する必要がある」とした。
地上デジタルテレビアンテナ工事情報レディースファッションブランド品リサイクルショップ情報家電リサイクルショップ高価買取販売情報

> 地球温暖化の原因防止対策でIEA事務局長が日本は技術移転をはこちら

兵庫県が太陽光発電相談指導センターと地球温暖化の原因のCO2削減協力事業相談センターを開設

 兵庫県では、地球温暖化の原因を助長する二酸化炭素などの温室効果ガスの排出量を削減するため、住宅用の太陽光発電システムの導入を支援する「太陽光発電相談指導センター」をひょうごエコプラザに開設しています。太陽光発電相談指導センターでは、太陽光発電の専門家により太陽光発電システムの導入について技術的な助言をする他、家庭からの地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2削減状況を「見える化」 して温室効果ガスの排出削減のための効果的な対策の提案を行う「うちエコ診断」なども 実施します。また、大規模事業者が中小事業者に 技術・資金を支援し、共同で削減した地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2排出量を大規模事業者に移転することにより兵庫県内の地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2排出の抑制を促す事業についての相談を受ける「CO2削減協力事業相談センター」も開設しました。ひょうごエコプラザは、これらセンター設置に伴いフロア内で場所を移転し、リニューアルしました。また、これまでどおり、環境学習コーディネーターが、環境学習や活動の取り組みなどの相談に対応し、お手伝いをしています。
 環境学習コーディネーターが、地球温暖化やリサイクル、自然保護、環境汚染などの環境問題について、みなさんの様々な取り組みや学習のお手伝いをさせて頂いています。
【環境学習の支援】兵庫県民の方、グループ・団体の方、事業所の方、市町の方、等
・ひょうご出前環境教室や、エコツーリズムバス制度など、環境学習のための助成金制度をご用意し、適切なプログラムの紹介や申請受付を行っています。
・環境学習を行うための、分野・内容・ニーズに合った講師やサポーターをご紹介しています。
・パネルや紙芝居・環境DVD・ビデオ、実験キットなどの学習や教育のツールの貸し出しをしています。
【環境活動の支援】兵庫県地球温暖化防止活動推進員・ナチュラルウオッチャー・ナチュラルウオッチャーリーダーなどの登録ボランティアの方、こどもエコクラブサポーター・環境NPOなど各種ボランティアの方々、事業所や市町の環境の担当窓口の方等
・活動に際しての相談や情報や啓発ツールの提供・紹介を行っています。
・環境ボランティアの方々の研修・交流事業を行っています。
・環境ボランティアの方々の活動紹介や情報発信、他の団体等との連携や協働のお手伝いをしています。
・環境活動ボランティアの方々への助成制度をご用意、ご紹介しています。
・イベントなどへの後援、共催、協賛などの受付、ご相談に対応しています。
【環境情報の発信】
・ひょうごエコプラザE-mail通信の配信・・・各団体が実施する環境関係のイベント等に関する情報や協会からのお知らせのメールマガジンを週に1回発信しています。
・ホームページ「ひょうごの環境学習ひろば」の運営・・・環境活動団体や各種環境関連機関などが行うイベント情報の提供や、県内環境学習施設の紹介などを行っています。
・環境関連冊子等の発行や、環境図書や各種パンフレットなどの環境関連資料を取り揃えています。
・タイムリーな話題を気軽に学び、考えることのできる、ひょうごエコプラザミニフォーラムを開催しています。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 兵庫県が太陽光発電相談指導センターと地球温暖化の原因のCO2削減協力事業相談センターを開設はこちら

京都府内事業者が地球温暖化の原因の温室効果ガスの削減目標上回る

 京都府地球温暖化対策課はこのほど、京都府内277の大規模事業者の2008年度の地球温暖化の原因温室効果ガスの排出量が計424.8万トンで、各事業者が設定した基準年度の地球温暖化の原因の温室効果ガスの排出量合計と比較すると、3年計画の地球温暖化の原因の温室効果ガスの目標削減率1.0%を上回る6.7%の削減となったと発表した。これは、京都府内の地球温暖化の原因の温室効果ガスの全排出量の約3分の1を占めるが、各事業者の取り組みが進んだ上に景気悪化も影響したという。業種別にみると、製造業の地球温暖化の原因の温室効果ガスの削減率は9.7%であった。景気悪化の影響に加え、省エネ型設備の更新・導入や生産の効率化、燃料転換などにより地球温暖化の原因の温室効果ガスの削減目標(1.6%)を大幅に上回った。商業・サービス業は店舗新設やテナント増などがあったものの、節電や空調適正化などの「エコオフィス」活動推進や省エネ型設備更新などで目標(0.5%)を上回る3.5%の地球温暖化の原因の温室効果ガスの削減となった。地球温暖化の原因の温室効果ガスの削減目標が0.4%増だった運輸業も、アイドリング・ストップやハイブリッド、排出ガス規制適合などの省エネ車両導入、エコドライブの実践などで1.7%地球温暖化の原因の温室効果ガスを削減した。これらは京都府地球温暖化対策条例に基づき、事業活動に伴うエネルギー使用量が原油換算で1500キロリットル以上などの基準を超える事業者が地球温暖化の原因の温室効果ガスの排出量削減計画や実績報告書を提出するもので、京都府同課のホームページ(http://www.pref.kyoto.jp/tikyu/)で事業者ごとに来月1日から公表される。
リサイクルトナー再生激安販売情報カーペットクリーニングじゅうたん情報革靴ブーツクリーニング情報

> 京都府内事業者が地球温暖化の原因の温室効果ガスの削減目標上回るはこちら

地球温暖化の原因の温室高価ガス濃度が過去最高更新

世界気象機関(WMO)は23日、地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスに関する年次報告書を公表した。それによると、主要な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)などの大気中の濃度は2008年も過去最高を更新し、地球温暖化に歯止めが掛からない実態が改めて確認された。地球温暖化の元凶の原因である二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの排出が増加し続ける現状が科学的データで裏づけられたことで、12月にコペンハーゲンで開かれる国連気候変動枠組み条約の締約国会議(COP15)の場では、実効性ある地球温暖化の原因防止対策を求める声が高まりそうだ。年次報告書によると、08年の地球温暖化の原因の温室高価ガス濃度として、二酸化炭素CO2の平均濃度は化石燃料の使用や森林の伐採などを背景に、07年比2.0ppm(ppmは100万分の1)上昇の385.2ppmとなった。また、地球温暖化の原因の温室高価ガス濃度として、メタン濃度は同7ppb(ppbは10億分の1)上昇の1797ppb、同じく地球温暖化の原因の温室高価ガス濃度として、一酸化二窒素(N2O)濃度は同0.9ppb上昇の321.8ppbだった。 
ハウスクリーニング掃除清掃代行情報エアコンクリーニング業務用家庭用掃除洗浄情報着物きものクリーニング専門丸洗い情報

> 地球温暖化の原因の温室高価ガス濃度が過去最高更新はこちら

和歌山県田辺市が地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電を設置

 和歌山県田辺市は、和歌山県田辺市内の小中学校5校に地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電設備を設置する。これは、地球温暖化の原因防止となる温室効果ガス二酸化炭素排出の抑制や電気代の節減を図るとともに、クリーンエネルギー教育の教材として活用する。和歌山県田辺市が学校に導入するのは初めてで、真砂充敏和歌山県田辺市長は「子どもたちにとって地球温暖化の原因防止対策を始めとする環境問題を考える教材になれば」と話している。和歌山県田辺市は26日開会の12月市議会に、教育施設整備事業費8185万円を提案する。地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電を設置するのは旧和歌山県田辺市町村単位に1校ずつで稲成小、栗栖川小、龍神中、大塔中、本宮中の5校となっている。地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電設備は、縦15メートルと横4・5メートルの太陽光パネル、発電モニター、架台設置、コンクリート基礎を整備する。1校当たりの太陽光発電の発電能力は10キロワットで、電気代に換算すると年間約18万円になる。これは、五つか六つの教室の年間電気代に相当するという。地球温暖化の原因防止となる温室効果ガスの二酸化炭素の削減量は年間約5・5トンになるという。太陽光発電事業費のうち、1キロワット(整備費120万円)単位で国からの太陽光発電補助金と太陽光発電交付金があり、実質的に和歌山県田辺市が負担するのは5%になる。和歌山県田辺市の施設で現在、太陽光発電設備を導入しているのは和歌山県田辺市市民総合センター(和歌山県田辺市湊)のみとなっている。この太陽光発電は20キロワットの設備で、1995年から電気代の節減につなげているという。◆太陽光発電ソーラーシステム情報

> 和歌山県田辺市が地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電を設置はこちら

地球温暖化の原因防止対策に関しての日米首脳会談

 鳩山由紀夫首相とオバマ米大統領は、「地球温暖化の原因防止対策として温室効果ガスである二酸化炭素排出量の80%削減」で合意し、ともに政権発足から看板に掲げてきた環境政策を内外にアピールした。地球温暖化の原因防止対策として協調を演出できる数少ないテーマだったことから、環境に関する共同声明も発表した。ただ、先の話である地球温暖化の原因防止対策として長期目標では一致したが、2013年以降の地球温暖化の原因防止対策として国際的枠組み(ポスト京都議定書)の中期目標では日米の隔たりが大きいものとなっている。コペンハーゲンで12月7~18日に開かれる国連気候変動枠組条約第15回締約国会議(COP15)の最終日に地球温暖化の原因防止対策の首脳会議が開かれることが13日決まったが、両首脳がその場でも、地球温暖化の原因防止対策で協調するのは難しといえる。今回合意した地球温暖化の原因防止対策として二酸化炭素の温室効果ガス排出量の80%削減は、今年7月の主要国首脳会議(ラクイラ・サミット)の宣言を踏襲したものにすぎない。このほか、途上国の温室効果ガス排出削減を促すことや最貧国への温室効果ガス排出削減支援の重要性を確認した。次世代送電網「スマートグリッド」、二酸化炭素(CO2)を回収して地中に貯留するCCS技術、原子力発電などの分野での協力でも一致した。しかし、いずれも地球温暖化の原因防止対策の既定路線の延長線上に過ぎない。一部には「年内合意が絶望的になっているCOP15の交渉を前進させるチャンス」との期待もあったが、両首脳は新たな地球温暖化の原因防止対策に関するメッセージを発信することはできなかった。
 その背景には、両国の交渉スタンスの違いとそれぞれの国内事情がある。日本は鳩山首相が「地球温暖化の原因防止対策として温室効果ガス排出量を2020年までに1990年比25%削減」との高い中期目標を国際公約に掲げ、産業界の反発を受けながらもトップダウンで国内対策を進める構えだ。これに対し米国は、産業界や国民生活への影響が大きい急速な地球温暖化の原因防止対策ではなく、長期的な温室効果ガス排出量の削減を重視する姿勢だ。また、地球温暖化の原因防止対策関連法案審議が議会でもたついており、対外的に実のある約束ができないという事情もある。COP15では世界の温室効果ガス排出量の20%を占める米国とともに、最大の21%に達する中国の動向が焦点となることは間違いない。COP15関係者は、日米首脳会談よりも、今後のアジア歴訪で行われる米中首脳会談に注目しているが、先進国に温室効果ガス排出量の大幅削減を求める中国との溝も深く、大きな成果は期待できそうもない。
貸し倉庫収納トランクルームレンタル情報介護用品レンタル情報家電製品家具レンタルリース情報

> 地球温暖化の原因防止対策に関しての日米首脳会談はこちら

荷主企業と物流事業者が協働して取組む地球温暖化の原因防止対策のCO2出削減事業

 グリーン物流パートナーシップ会議は、地球温暖化の原因防止対策の「グリーン物流パートナーシップ推進事業」の平成21年度2次募集分の採択案件4件を決定した。この地球温暖化の原因防止対策の事業は、荷主企業と物流事業者の協働により実施される物流の改善策で、地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素CO2排出量削減が確実に見込まれる事業のうち、[1]新規性がある事業(モデル事業)、[2]普及が望まれる取組み(普及事業)、[3]物流効率化事業の問題点解決に向けた調査事業(ソフト支援事業)の各優良案件に対して、補助金交付や事業委託を行っている公募事業となっている。平成21年度はこれまで、地球温暖化の原因防止対策の「普及事業」を対象に案件の募集が行われており、7月31日から8月24日まで第2次の公募が行われていた。今後、NEDO(独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)への補助金交付申請を行い、交付決定後、地球温暖化の原因防止対策の事業着手することとなる。なお、今年度は地球温暖化の原因防止対策の「普及事業」12件が既に推進決定されている。グリーン物流パートナーシップ会議は、荷主企業と物流事業者の協働による物流分野での地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出削減策を強化するため、経済産業省、国土交通省、(社)日本ロジスティクスシステム協会、(社)日本物流団体連合会、(社)日本経済団体連合会らが連携して17年4月に設置した組織であり、現在約3,100の企業等が会員となっている。
パートタイマーの求人募集転職内職在宅ワークの求人募集転職介護福祉士の求人募集転職

> 荷主企業と物流事業者が協働して取組む地球温暖化の原因防止対策のCO2出削減事業はこちら

地球温暖化の原因防止対策の「Low Carbon Life-design Award 2009」

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策の「Low Carbon Life-design Award 2009」の応募を、11月1日(10:00)から2009年12月24日(18:00)まで行うと発表した。これは、地球温暖化の原因防止対策に取り組んでいるDESIGN ASSOCIATION NPOが、「2020年までに温室効果ガスであるCO2等の排出量25%削減」という目標を実現するために、世の中にデザインの力で地球温暖化の原因防止対策の低炭素型ライフスタイルを大胆に提案していくデザインアワードを環境省と共同開催していくものとなっている。対象は主にデザイナー(プロ・アマ・学生・企業問わず)。グランプリ(環境大臣賞)1点と、準グランプリ(DESIGN ASSOCIATION賞)1点、佳作20点程度が選ばれる予定となっている。グランプリ作品については、2010年1月下旬に開催予定である地球温暖化の原因防止対策の「Low Carbon Life-design Award 2009」表彰式後に立体化し、展示発表するとのことである。地球温暖化の原因防止対策の「Low Carbon Life-design Award 2009」の詳細については、11月1日から公開されるサイト(http://www.design-channel.jp/special/co2-25/)を参照のことである。また、10月30日~11月3日の5日間(11:00~20:00)、地球温暖化の原因防止対策の「隈研吾氏によるインスタレーション展示とデザイン界を代表する著名人からのメッセージ展示」が、明治神宮外苑中央会場で開催される「東京デザイナーズウィーク 100% Design Tokyo テント内」で開催される。
ピアノ講師求人募集転職家庭教師の求人募集転職講師の求人募集転職

> 地球温暖化の原因防止対策の「Low Carbon Life-design Award 2009」はこちら

政府税調が地球温暖化の原因対策税の環境税に厳しい意見

 来年度の税金の制度改正を議論している政府税制調査会で5日、環境省など4省庁の副大臣から税制改正の要望の聞き取り調査が行われた。減税や税金の使途に関する要望に対して、税調のほか副大臣からは厳しい意見が相次いだ。環境省からは、ガソリンなどに課税する「地球温暖化の原因防止対策税」(いわゆる「環境税」)について、政権交代を実感してもらうため、ガソリン税などの暫定税率の廃止時期からは遅らせるものの、来年度中には地球温暖化対策税を導入したいとの考えが示された。また、税収を温暖化対策に優先的に使いたいという意向については、ほかのメンバーから地球温暖化対策税は幅広い目的に使うべきとの意見が出された。経産省からは、中小企業の法人税減税について、マニフェストに明記されたものであるため、政府全体で税収の減少分を負担すべきとの要望が出された。しかし、税調は各省庁に対して減税の要望には見合いの財源を出すよう求めており、峰崎財務副大臣は「経産省だけで対応すべき問題」と、政府全体での負担に対して否定的な見解を示した。
 一方、日本商工会議所・岡村正会頭は5日、定例会見を開き、地球温暖化対策税の「環境税」の導入に真っ向から反対する考えを示した。岡村会頭は、政府が導入を検討している地球温暖化対策税、いわゆる「環境税」について、「環境という名目をつけて税金を取るというやり方は反対」と述べ、地球温暖化対策税を創設する前に、まず徹底的な歳出削減や税体系全体の方向性を議論してから検討すべきことだとの考えを示した。さらに、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素排出の元がどこにあるのか、地球温暖化対策税の税率をどう決めるのかなど、地球温暖化対策税には技術的にも難しい問題をはらんでいると指摘した。たばこ税に関しては、諸外国に比べて税率が低いのであれば上げるのが妥当との考えを示す一方で、「増収につながるのかどうかを慎重に議論すべきだ」と述べた。
袴はかまレンタル卒業式情報不用品廃品ゴミ回収買取引取り処分情報医師の求人募集転職

> 政府税調が地球温暖化の原因対策税の環境税に厳しい意見はこちら

自動車の内装に地球温暖化の原因対策としてリサイクル素材の使用

 自動車の内装に、リサイクル素材など地球環境に優しい素材を使う動きが広がっている。トヨタ自動車は、今年12月に発売する新型ハイブリッド車(HV)の内装に植物由来のリサイクル素材プラスチックを室内面積の6割使用している。ホンダもリサイクル可能素材の再利用を進めるほか、マツダも植物由来のリサイクル素材プラスチックを開発するなど、生産過程からの対策を進め、総合的な環境対策を進めている。トヨタが内装への使用拡大を進めるのは、植物由来リサイクル素材を使った「エコプラスチック」である。通常のプラスチックは石油由来だが、エコプラスチックは一部または全部にケナフやひまし油などのリサイクル素材を使い、ライフサイクル全体で見た場合、地球温暖化の原因となっている温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出を抑えることができるという。12月7日に発売する新型HV「SAI」では、ルーフやピラーといった内装にリサイクル素材を使用している。リサイクル素材の比率は室内面積の60%まで高めており、「今後の新車投入にあわせ、リサイクル素材を100%にまで高めたい」としている。ホンダは、2008年からリース販売している燃料電池車「FCXクラリティ」に植物由来リサイクル素材のシートを使用している。樹脂製バンパーなどのリサイクルを進め、9日発売されたミニバン「新型ステップワゴン」の一部部品にリサイクル素材を再利用している。マツダも2006年、植物由来リサイクル素材を9割近く使った「バイオプラスチック」を開発した。2009年3月にリース販売を始めた水素自動車「プレマシーハイドロジェンREハイブリッド」にリサイクル素材を採用した一方、2008年からはトウモロコシなど食糧になる素材は使わないリサイクル素材バイオプラスチックの開発を進め、2013年の量産化を目指している。燃費アップや排ガス削減といった性能面の向上だけでなく、環境に優しいリサイクル素材を使うことは時代の流れでもあるが、リサイクル素材によって価格が割高になる側面も否めない。自動車不況の中、価格に敏感なユーザーが増えているだけにメーカー側のさらなる努力が求められており、トヨタは「他の部分の原価低減努力を徹底し、リサイクル素材によって全体の価格が上がらないようにしたい」としている。
子供服リサイクルショップブランド買取販売情報着物きものリサイクル買取販売店情報リサイクルトナー再生激安販売情報古着買取リサイクル通販情報ブランド品高価買取情報家具高価買取リサイクルショップ販売情報レディースファッションブランド品リサイクルショップ情報家電リサイクルショップ高価買取販売情報子供服リサイクルショップブランド買取販売情報

> 自動車の内装に地球温暖化の原因対策としてリサイクル素材の使用はこちら

地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会国際研究ネットワーク(LCS-RNet)開催

 平成21年10月12日から13日にかけて、地球温暖化の原因防止対策の「低炭素社会国際研究ネットワーク(LCS-RNet)」第1回年次会合がイタリアのボローニャで開催された。この地球温暖化の原因防止対策のネットワークは、平成20年5月のG8環境大臣会合(神戸)における日本の地球温暖化の原因防止対策の提案を受けて、今年4月のG8環境大臣会合(シラクサ)において発足が了承されたものである。今回の地球温暖化の原因防止対策の会合には、17カ国36機関55名が出席した。日本からは、環境省、国立環境研究所、(財)地球環境戦略研究機関(LCS-RNet事務局)が出席した。出席者による各国の地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会関連研究に関する発表等を踏まえ、温室効果ガスである二酸化炭素の削減による低炭素社会研究の情報交換や推進について議論が行われた。今回の成果は、地球温暖化の原因防止対策の気候変動枠組条約第15回締約国会議(COP15)のサイドイベント及び来年度のG8環境大臣会合にて報告される予定となっている。第2回年次会合は、平成22年10月にドイツのベルリンで開催される予定となっている。
子供服リサイクルショップブランド買取販売情報布団ふとんクリーニング情報着物きものリサイクル買取販売店情報

> 地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会国際研究ネットワーク(LCS-RNet)開催はこちら

地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電冷房システム搭載トラック

 地球温暖化の原因防止対策のための温室効果ガスである二酸化炭素CO2排出削減への取組みは喫緊の課題となっており、トラック運送事業においても、CNG自動車等の低公害車や低燃費自動車の導入を促進するほか、地球温暖化の原因防止対策のエコドライブの推進等の取組みを進めているところです。こうした状況の中、トラックの荷台の上部に軽量の薄膜太陽光発電装置を搭載し、春から秋における冷房の電源を太陽光発電により賄うことにより、走行中の燃費を改善し、地球温暖化の原因防止対策のための温室効果ガスである二酸化炭素CO2排出削減しようとする研究が行われています。国土交通省は、平成21年10月22日に同省第3号館正面玄関駐車場において三菱化学グループが研究中の太陽光発電冷房システムを搭載したトラック試作車両を展示すると発表した。従来、運転席の冷房のためには、エンジンを駆動させて発電した電気を供給することが必要であったため、納品待ちや休憩中においてもエンジンを切ることが出来なかったが、今回のシステムが実用化されれば、無駄なアイドリングが無くなるため、地球温暖化の原因防止対策のための温室効果ガスである二酸化炭素CO2の排出が抑制される効果が期待されている。地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電システムは家庭を中心に広がりを見せている。地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電システムは新型プリウスの一部の車両にも搭載されているが、その太陽光発電システムはあくまでも補助電源扱いであり、今回の地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電冷房システム搭載トラックの試みは始めてである。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電冷房システム搭載トラックはこちら

地球温暖化の原因防止対策の気候講演会が沖縄県那覇市で開催

 気象庁は平成21年11月18日の14時~16時30分、沖縄県那覇市のおきでんふれあいホールで、地球温暖化の原因防止対策の気候講演会「ストップ地球温暖化、減らそう温室効果ガス」を開催すると発表した。地球温暖化の原因防止対策の気象講演会は、同庁が地球環境問題に関する最新の科学的知見やその対策に関する知識を普及するために、平成元年から毎年日本各地で開催しているものである。今回の地球温暖化の原因防止対策の講演会では、加納裕二沖縄気象台長による「沖縄における地球温暖化の原因と異常気象」、山崎秀雄 琉球大学理学部教授による「地球温暖化の原因の温室効果ガス、海もあぶない」、高平兼司沖縄県地球温暖化防止活動推進センター事業統括部長による「地球温暖化の原因防止対策のへの沖縄の取り組み」私たちがしなければならないことの3つの講演が行われる。地球温暖化の原因防止対策の講演会の入場は無料となっている。申込方法は郵送及びインターネットで、参加定員は250名で定員になり次第締め切る。郵送による申込の場合、往復ハガキに代表者の氏名、住所、年齢、職業、入場希望人数を明記の上、平成21年11月17日(必着)まで申し込むことが必要となっている。宛先は沖縄気象台業務課気候・調査室(TEL:098-833-2186、FAX:098-833-8081、E-mail:okinawa@jma-net.go.jp)。なお、Webからの申込方法や講演会の詳細については、特設サイト(http://www.jma-net.go.jp/okinawa/h21kouen/oubo.htm)を参照のこと。
カラオケセット機器機材レンタルリース情報ウエディングドレスレンタル格安激安販売情報貸し別荘コテージレンタル情報

> 地球温暖化の原因防止対策の気候講演会が沖縄県那覇市で開催はこちら

地球温暖化の原因防止対策でニチユがフォークリフト対象の排出権

 ニチユMHIフォークリフト(京都府長岡京市)と三菱UFJリースは地球温暖化の原因防止対策として温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出権付きフォークリフトのリース事業を始めた。政府への寄付金を通じて地球温暖化の原因防止対策として温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量削減に貢献し、フォークリフトから排出される地球温暖化の原因防止対策として温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を相殺する仕組みであり、建機業界では初の取り組みとなるという。2010年3月末までの期間限定で、政府への寄付金の負担は2社が負い、顧客にはリース代金以外の費用はかからない。4月以降は、顧客の反応などを見たうえで、顧客にも費用負担してもらう地球温暖化の原因防止対策として温室効果ガスである二酸化炭素排出権付きリースの本格展開を検討していく。
 地球温暖化の原因防止対策として温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量削減の対象となるのは、三菱重工業と日本輸送機製のフォークリフトである。1台当たり年1トンの地球温暖化の原因防止対策として温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を削減するための資金を政府に寄付する。政府は、寄付金を国内で行う地球温暖化の原因防止対策として温室効果ガスである二酸化炭素排出量削減対策に使い、フォークリフトの排出分と相殺する。顧客には「オフセット(相殺)証明書」が発行され、地球温暖化の原因防止対策として温室効果ガスである二酸化炭素削減に貢献していることを証明する。ニチユMHIの地域販売会社9社がリースの営業活動を行う一方で、政府への寄付や相殺手続き、証明書の発行などの手続きは三菱UFJリースが行う。ニチユMHIフォークリフトは、三菱重工と日本輸送機の国内のフォークリフトなど物流機器販売事業を統合し、今年4月に発足した。
貸しデジタルビデオカメラレンタル情報トラックレンタカーレンタル情報貸し子供服レンタル情報

> 地球温暖化の原因防止対策でニチユがフォークリフト対象の排出権はこちら

地球温暖化の原因防止対策で廃棄物処理熱の利用を

 中央環境審議会の専門委員会は、廃棄物処理を実施する官民の事業者に対し、地球温暖化の原因防止対策として廃棄物焼却時に発生する熱利用を促すことを求める報告書案をまとめた。廃棄物処理が原因で生じる地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素排出量が急増しているためで、環境省は廃棄物処理法に基づく省令を見直し、優れた事業者を登録する制度の創設などの地球温暖化の原因防止対策支援策を検討する。06年度の廃棄物分野からの地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素排出量、全体の約3%の4083万トン(二酸化炭素換算)。京都議定書の基準年の90年度に比べ約15%増で、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素全排出量の増加率の約6%を上回っている。廃棄物処理に伴う熱を利用した発電や温水は地球温暖化の原因防止対策として注目されている。しかし、現行の廃棄物処理法は地球温暖化の原因防止対策を求めていない。また、地球温暖化の原因防止対策には多額の設備投資が必要で、市町村の一般廃棄物焼却で約7割、民間で約4割しか利用していない。産業廃棄物焼却施設でも約3割にとどまっている。報告書案は、熱回収の強化は地球温暖化の原因防止対策として温室効果ガスの二酸化炭素排出削減に役立ち、強く推進する必要があると指摘している。その一方で、直ちに地球温暖化の原因防止対策として焼却時の熱回収を義務づけることはコスト面で難しいとみて、地域で熱利用を支援する措置の導入が必要と提言した。環境省は当面の対応として、熱回収率の高い事業者の登録制度を創設、優良事業者の存在を知ってもらうことで、事業の拡大を目指す。このほか、報告書案は不法投棄の8割近くを占める建設廃棄物対策として、元請け業者を一律に排出事業者と扱うなど責任強化も求めている。
貸しギャラリー貸し画廊レンタル情報着ぐるみレンタル・通信販売情報コスプレ衣装レンタル製作通信販売情報

> 地球温暖化の原因防止対策で廃棄物処理熱の利用をはこちら

京都府と福岡県が地球温暖化の原因防止対策の「平成21年度低炭素地域づくり面的対策推進事業」の対象地域に

 環境省は、京都府福岡県を、地球温暖化の原因防止対策の平成21年度低炭素地域づくり面的対策推進事業(補助事業)の対象地域として選定すると発表した。この地球温暖化の原因防止対策の事業は、温室効果ガス二酸化炭素の削減による低炭素社会づくり計画、環境モデル都市アクションプラン、地球温暖化対策推進法に基づく地方公共団体実行計画に位置付けられた地域環境整備に係る事業に対し、事業費の一部を補助するものとなっている。平成21年9月7日から5月29日まで地球温暖化の原因防止対策事業の2次公募が行われ、提案内容について、環境省と国土交通省が共同で審査し、2つの地域が選定された。今回選定された地球温暖化の原因防止対策の対象地域は、「阪急電鉄京都本線及び嵐電(京福電鉄嵐山線)沿線、京都市右京区及び西京区」(京都府)と、「福岡市内地区、箱崎九大前駅地区、梅林駅地区、姪浜駅地区」(福岡県)となっている。
ケアマネージャー・介護支援専門員の求人募集転職和服振袖留袖着物レンタル貸衣装情報金プラチナ貴金属高価買取情報情報

> 京都府と福岡県が地球温暖化の原因防止対策の「平成21年度低炭素地域づくり面的対策推進事業」の対象地域にはこちら

地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット(J-VER)説明会

 環境省は、国内のプロジェクトにより実現された地球温暖化の原因防止対策温室効果ガスである二酸化炭素排出削減・吸収量をカーボン・オフセットに用いられるクレジットとして認証するオフセット・クレジット(J-VER)制度に関する説明会(第2弾)を、地方公共団体及び事業者等を対象に開催すると発表した。地球温暖化の原因防止対策の説明会の開催地は、札幌(11/11)、東京(11/12)、名古屋(11/17)、仙台(11/20)、大阪(11/24)、福岡(11/26)、岡山(11/27)の7箇所となっている。各会場とも、開場13:00、開始13:30を予定しており、参加費は無料で、希望者多数の場合には事務局で調整するという。参加希望者は、希望の会場の開催日の7日前までに、申込HPで登録する必要がある。また、当日には地球温暖化の原因防止対策の個別相談の申し込みも可能となっている。なお、全国説明会(第1弾)は今年6月に開催され、予想を上回る参加申し込みにより追加開催も行われた。地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット(J-VER)説明会申込HP:www.j-cof.org/temporary/zenkoku_jver200911.html
パートタイマーの求人募集転職内職在宅ワークの求人募集転職介護福祉士の求人募集転職

> 地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット(J-VER)説明会はこちら

地球温暖化の原因防止対策のカーボンフットプリントマーク

 経済産業省は、地球温暖化の原因防止対策のカーボンフットプリントの算定結果・表示方法に係る第一号案件の検証の結果、地球温暖化の原因防止対策のカーボンフットプリントマークを貼付した製品を市場に流通させることが可能となった公表した。カーボンフットプリントとは、製品の原材料調達から廃棄・リサイクルに至るライフサイクル全体において排出される地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスCO2量に換算してわかりやすく製品に表示する制度である。同省では、地球温暖化の原因防止対策のカーボンフットプリントマークの付与を希望する事業者からの申請に基づき、地球温暖化の原因防止対策の試行事業における第一号案件として、うるち米(ジャポニカ米)、菜種油、衣料用粉末洗剤に関する地球温暖化の原因防止対策のカーボンフットプリントの算定結果及び表示方法について検証を行った結果、その内容が適当と判断した。これを受けて、事業者は、今回検証を受けた地球温暖化の原因防止対策のカーボンフットプリントの算定結果及び表示方法に基づき、地球温暖化の原因防止対策のカーボンフットプリントマークを貼付した製品を市場に流通させることができるようになったという。
ライターの求人募集転職モデルの求人募集転職アルバイト探し求人募集転職

> 地球温暖化の原因防止対策のカーボンフットプリントマークはこちら

地球温暖化の原因の日本の気候変動とその影響

 文部科学省・環境省・気象庁は、日本を対象とした地球温暖化の原因温暖化の観測・予測・影響評価に関する知見をとりまとめた統合レポート「地球温暖化の原因の日本の気候変動とその影響」を平成21年10月9日までにとりまとめて公表した。地球温暖化の原因の報告書によると、日本の平均気温は地球温暖化の原因のため、1898年以降100年あたり約1.1度の割合で上昇しており、全世界で地球温暖化の原因防止対策の追加的な対策をとらない場合、21世紀末までの日本の平均気温の上昇は世界平均(注)の予測値を0.3~0.6度上回ると予測している。地球温暖化の原因による結果、洪水、土砂災害、ブナ林の適域の喪失、砂浜の喪失、西日本の高潮被害、熱ストレスによる死亡リスクの被害額の合計は、年あたり約17兆円(現在価値)と試算している。一方、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素の排出の大幅な削減により、産業革命時から21世紀末までの気温上昇を約2度に抑えた場合には、地球温暖化の原因による被害も相当程度に減少すると見込まれるが、一定の地球温暖化の原因による被害が生じることは避けられず、その影響に対処するためには、地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素の温室効果ガス排出削減と併せて、適応策の実施が不可欠であるとしている。IPCC第4次評価報告書に示されている温室効果ガス排出シナリオ(A2、A1B、B1)では、気温の世界平均上昇量は、それぞれ3.4℃、2.8℃、1.8℃とされている。
占い師の求人募集転職カメラマン・アシスタントの求人募集転職イラストレーターの求人募集転職

> 地球温暖化の原因の日本の気候変動とその影響はこちら

地球温暖化の原因防止対策のエコプロダクツ東北2009

 チーム・マイナス6%環境省)は、チーム員であるNPO法人環境会議東北が10月15日~17日に開催した東北最大級の地球温暖化の原因防止対策の環境総合展「エコプロダクツ東北2009」に特別協力した。チーム・マイナス6%(環境省)は、会場内に地球温暖化の原因防止対策の「私のチャレンジ宣言」ブースを設置し、ブース内では株式会社佐善工務店協力のもと、身近な生活空間が再現された中で、1人1日1kgの地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素CO2削減「私のチャレンジ宣言」に掲載されている各種二酸化炭素削減アクションを紹介する展示を行い、チャレンジ宣言への参加を呼び掛けた。また、地球温暖化の原因防止対策の環境総合展会場において「私のチャレンジ宣言」をして下さった方に対し、チーム員であるミズノ(株)の協力により、抽選で地球温暖化の原因防止対策のプレゼントが進呈された。なお、会期中、地球温暖化の原因防止対策の「エコプロダクツ東北2009」会場内ではエコクイズラリーが実施され、地球温暖化の原因防止対策の「私のチャレンジ宣言」ブースは、クイズラリールート上の拠点の一つとなっていた。地球温暖化の原因防止対策の環境総合展会場は、夢メッセみやぎ(みやぎ産業交流センター)展示棟(仙台市宮城野区)で行われた。開催時間は、10:00~17:00(最終日は16:30終了)で、入場無料であった。
ピアノ講師求人募集転職家庭教師の求人募集転職講師の求人募集転職

> 地球温暖化の原因防止対策のエコプロダクツ東北2009はこちら

地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット(J-VER)制度

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット(J-VER)制度において、2つのプロジェクト種類について、認証基準(案)を作成し、平成21年10月8日から10月21日17時(郵送の場合は10月21日必着)までの間、地球温暖化の原因防止対策の意見募集を行うと発表した。地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット(J-VER)制度は、国内の地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素排出削減・吸収量をカーボン・オフセットに用いるためのクレジットとして認証するため、平成20年11月に創設されたものである。今回、地球温暖化の原因防止対策のJ-VER制度の対象となるプロジェクト種類を拡充するため、意見募集の対象になるのは、低温排熱回収・利用と、下水汚泥由来バイオマス固形燃料による化石燃料代替の2つのプロジェクト種類の「ポジティブリスト(案)」及び「方法論(案)」となっている。この地球温暖化の原因防止対策に対する意見は、郵送、FAX、電子メールで受け付けている。意見提出方法の詳細はプレスリリースを参照のこと。意見提出先 環境省地球環境局地球温暖化対策課市場メカニズム室 〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 FAX:03-3580-138 E-mail:carbon-offset@env.go.jp
病院臨床検査技師の求人募集転職看護師・准看護師の求人募集転職保健師の求人募集転職

> 地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット(J-VER)制度はこちら

地球温暖化の原因の温室効果ガスによる気候変動問題について意見交換

 外務省は、デンマーク首相府において行われた鳩山総理とラスムセン・デンマーク首相の日デンマーク首脳会談の概要を発表した。会談では、地球温暖化の原因温室効果ガスによる気候変動問題についても触れられ、鳩山総理より、すべての主要国が参加する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素排出量削減の枠組みの構築と意欲的な目標の合意を前提として、日本は1990年比で2020年までに地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素排出量を25%削減を目指すといった先のNYでの演説の内容を再度説明した。また、今後、我が国政府としてもCOP15の成功のために貢献していきたい。COP15の議長を努める貴国及び貴首相のリーダーシップに敬意を示すとともに、COP15での合意を目指し議長国デンマークとの一層の緊密な協力を約束した。ラスムセン首相よりは、鳩山総理の地球温暖化の原因の温室効果ガスによる気候変動に対する力強いコミットメントを歓迎すると述べるとともに、デンマークとしてもCOP15の成功のため日本と緊密に協力していきたい、COP15まで残された時間は短いので、今後、より頻繁に関係主要国と連絡を取っていきたいので、日本にもよろしくお願いしたいと述べた。
LEDライト電光サイン看板情報携帯マイmy箸運動販売情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因の温室効果ガスによる気候変動問題について意見交換 はこちら

地球温暖化の原因防止対策の日本とラトビア割当量購入契約

 独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO技術開発機構)は、地球温暖化の原因防止対策京都議定書の下でのグリーン投資スキーム(GIS)の実施に向けて、ラトビア共和国政府との間で温室効果ガス二酸化炭素150万トンの割当量(AAU)購入契約を締結した。地球温暖化の原因防止対策の京都議定書目標達成計画においては、温室効果ガスの二酸化炭素の削減の国内対策に最大限努力しても約束達成に不足する差分(基準年総排出量比1.6%)について、補足性の原則を踏まえつつ京都メカニズム「クリーン開発メカニズム(CDM)及び(JI)並びにGIS」を活用することとなっている。NEDO技術開発機構は、経済産業省及び環境省から日本国政府の地球温暖化の原因防止対策の京都メカニズムクレジットの政府取得事業を受託していおり、今年3月に、ウクライナ(3000万トン)及びチェコ共和国(4000万トン)と地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの二酸化炭素の割当量購入契約を締結している。 今後、NEDO技術開発機構は、環境対策に役立つプロジェクトの確実な実施に向けて、引き続き、地球温暖化の原因防止対策に向けラトビア共和国政府と緊密に協力していく予定としている。
貸しテナント物件賃貸店舗情報フランチャイズFCチェーン加盟店募集情報販売代理店会社募集情報

> 地球温暖化の原因防止対策の日本とラトビア割当量購入契約 はこちら

地球温暖化の原因防止対策の1人1日1kgのCO2削減応援キャンペーン印刷サービス5%割引

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策のキャンペーン、チーム・マイナス6%の「温室効果ガスの1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーン協賛企業として、新たに1社からの参加申し出があったと発表した。この地球温暖化の原因防止対策の応援キャンペーンは、国民運動「めざせ!1人1日1kgのCO2削減」への参加を促すため、「チーム・マイナス6%」内特設サイトで地球温暖化の原因防止対策の取り組みに関する「私のチャレンジ宣言」を行った人に対して、協賛企業が商品の割引、ポイント還元率アップなどのサービスを行うものとなっている。今回、地球温暖化の原因防止対策への協賛への参加を申し出たのは、株式会社アイズである。株式会社アイズの取り組みは、印刷サービスをご利用のお客様で、「私のチャレンジ宣言カード」をご提示頂いた場合、通常価格より5%割引させていただくというものとなっており、実施期間は、平成21年10月1日~平成22年5月31日までとなっている。問い合わせ先 株式会社 アイズ 担当:デザイン事業部 藤井祐二 TEL:0120-39-9629 FAX:072-965-5757 E-mail:info@is-quality.co.jp
地上デジタルテレビアンテナ工事情報レディースファッションブランド品リサイクルショップ情報家電リサイクルショップ高価買取販売情報

> 地球温暖化の原因防止対策の1人1日1kgのCO2削減応援キャンペーン印刷サービス5%割引 はこちら

平成21年度の地球温暖化の原因防止対策ビジネスモデルインキュベーター(起業支援)事業

 環境省は、「地球温暖化の原因防止対策ビジネスモデルインキュベーター(起業支援)事業」の平成21年度2次公募での助成案件として、2件の起業支援を決定した。この地球温暖化の原因防止事業は、温室効果ガスであるエネルギー起源の二酸化炭素の排出抑制する新たな製品や技術の普及を行う、これまでにない新しい地球温暖化の原因防止対策のビジネスの立ち上げを支援し、市場の上流段階、供給サイドからの地球温暖化の原因防止対策技術の普及を促進していくもの。地球温暖化の原因防止対象事業は、温室効果ガスのエネルギー起源の二酸化炭素の排出を抑制する技術・製品・サービス(省エネルギー対策・石油代替エネルギー技術の導入に係るものに限る)の普及を行う新しいビジネスモデルとなっており、補助率は2分の1である。地球温暖化の原因防止対策ビジネスモデルインキュベーター(起業支援)事業は、平成21年7月24日から8月27日までの間2次公募が行われ、応募総数12件から、リアライズ・モバイル・コミュニケーションズ株式会社の『CO2を削減し収益化を推進するレンタルサイクルITインフラ事業』と、積水ハウス株式会社の『住宅建設における次世代型ゼロエミッション事業』の2事業が、地球温暖化対策技術検討会技術開発小委員会の評価及び審査を経て決定された。
古着買取リサイクル通販情報ブランド品高価買取情報家具高価買取リサイクルショップ販売情報

> 平成21年度の地球温暖化の原因防止対策ビジネスモデルインキュベーター(起業支援)事業はこちら

地球温暖化の原因防止対策の「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーン

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策キャンペーンとして実施しているチーム・マイナス6%の「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーン協賛企業として、新たに1社からの参加申し出があったと発表した。この応援キャンペーンは、地球温暖化の原因防止対策キャンペーンとして実施している温室効果ガスである二酸化炭素削減のための国民運動「めざせ!1人1日1kgのCO2削減」への参加を促すため、「チーム・マイナス6%」内特設サイトで地球温暖化の原因防止の取り組みに関する「私のチャレンジ宣言」を行った人に対して、協賛企業が商品の割引、ポイント還元率アップなどのサービスを行うものである。今回、協賛への参加を申し出たのは、常晴株式会社である。 常晴株式会社の取り組みは、大阪府堺市南区のショッピングセンター「クロスモール」D館ライフスタイリングショップの店頭へ「私のチャレンジ宣言カード」を持参いただいたお客様に、店頭表示価格から10%割引で販売させていただくというものとなっている(一部超特価品を除く)。実施期間は、平成21年10月15日(木)まで(定休日:木曜日)。問い合わせ先 常晴株式会社 担当:営業部TEL:072-967-6484FAX:072-965-5757E-mail:yoshida@jyousei.com
ハウスクリーニング掃除清掃代行情報エアコンクリーニング業務用家庭用掃除洗浄情報着物きものクリーニング専門丸洗い情報

> 地球温暖化の原因防止対策の「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーンはこちら

地球温暖化の原因防止対策の「省エネ照明シンポジウム~あかりが導く低炭素社会~」開催

 チーム・マイナス6%環境省)は、地球温暖化の原因防止対策の「省エネ照明シンポジウム~あかりが導く低炭素社会~」を、平成21年10月20日開催すると発表した。このシンポジウムは、地球温暖化の原因である温室効果ガスのCO2排出量が1990年比で約4割増加している商業施設やオフィス等の業務部門のうち、その約2割を占める照明について、省エネ照明導入を促進することを目的に開催される。店舗・商業施設等の事業者や施設の設計者が対象で、石井幹子氏(照明デザイナー/光文化フォーラム代表)による地球温暖化の原因防止対策の基調講演「省エネ・創エネ-新しい暮らしのあかり」や、地球温暖化の原因防止対策のパネルディスカッション「省エネ照明と暮らしの“あかり”の未来」、最新の地球温暖化の原因防止対策の省エネ照明の実物展示などが予定されている。また、今年6月5日から8月5日まで公募されていた地球温暖化の原因防止対策の「省エネ照明デザインモデル事業」の採択事業者が発表され、省エネと魅力的な空間創りの両立を目指す各取組の概要が紹介される予定となっている。会場は、日経ホール(東京都千代田区)。開催時間は、13:00~15:50。定員は610名。入場料は無料。参加希望者は、10月7日17時までにホームページ(http://shoene-shomei.jp/symposium/)から申し込む必要がある。
カラオケセット機器機材レンタルリース情報ウエディングドレスレンタル格安激安販売情報貸し別荘コテージレンタル情報

> 地球温暖化の原因防止対策の「省エネ照明シンポジウム~あかりが導く低炭素社会~」開催はこちら

地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電ソーラー環境価値買取事業

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策の平成21年度太陽光発電ソーラー環境価値買取事業で、平成21年7月14日から8月28日まで行った2次公募の結果を公表するとともに、平成21年9月24日から10月23日(17時必着)まで、3次公募を行うと発表した。地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電ソーラー環境価値買取事業は、太陽光発電の普及拡大と、環境省自らの事務事業における環境配慮を目的とし、環境省の事務事業から発生する地球温暖化の原因となる温室効果ガスCO2排出量を順次オフセットするため、民間事業者が大半を自家消費する業務用太陽光発電施設を整備する際に、設置後5年間分のグリーン電力証書を環境省に納めることを条件に設備整備を支援するものである。太陽光発電ソーラー環境価値買取事業の2次公募の結果、太陽光発電設置者9件の合計設備容量372kW分が採択された。
 環境省では平成21年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(民間団体向け)のうち、太陽光発電ソーラー環境価値買取事業について、太陽光発電公募要領に基づき事業者を3次募集することとしましたので、お知らせいたします。応募に当たってはこれら書類を熟読していただくようお願いします。2次公募までは1施設で太陽光発電20kW以上を対象としていましたが、3次公募では、1事業者あたりの設備容量の合計が太陽光発電20kW以上の場合(1事業者が太陽光発電10kWを2つの店舗に導入する場合など)も認めることとし、太陽光発電の対象を拡大いたします。なお、1次及び2次公募の全案件において、総事業費に対する補助金の割合は、平均39%でした。電力事業者との電力供給契約が特定高圧連系もしくは高圧連系(みなし低圧連系を含む)することとなっている民間事業者が、国内において業務用太陽光発電設備(設備容量の合計が太陽光発電20kW以上で太陽光発電500kW以下に限る。)を設置する事業で、以下の要件に該当するものを対象とします。
・当該太陽光発電設備から生じる環境価値を設置後5年間(平成21年度に太陽光発電を設置するものは平成22年度分から平成26年度分まで)にわたって、環境省へ納めること(環境価値についてはグリーンエネルギー認証センターが認定した太陽光発電設備から発電された電力量で、グリーン電力相当量の認証を受けたグリーン電力証書によるものとする)。
・当該太陽光発電設備から生じる電力を系統連系し、全量自家消費と見なせること(売電しないこと)。
・グリーンエネルギー認証センターに登録されている太陽光発電のグリーン電力証書の発行事業者(以下、「証書発行事業者」という。)と共同で申請すること。
太陽光発電の補助金の交付を申請できる者(補助事業者)は、次に掲げる者とします。
・民間事業者
・その他環境省が適当と認める者(国及び地方公共団体は対象としません)
・ESCO事業を活用した参加に際して、シェアード・セイビングス契約方式のESCO事業の場合には、排出削減実施事業者とESCO事業者との共同申請とし、また、リース等を利用する場合は、排出削減実施事業者とリース事業者との共同申請とします。いずれの場合にも、両者ともに太陽光発電補助事業者(財産管理の義務を有する者)となります。
・太陽光発電の共同申請の場合、太陽光発電の補助金を受ける補助対象設備所有者を代表事業者として申請してください。(一般に、シェアード・セイビングス契約の場合はESCO事業者が、リース利用の場合はリース事業者がそれぞれ代表事業者となります。)財産管理の責任については代表事業者・共同事業者のすべてが負うこととしますが、環境省との連絡・調整については代表事業者が一元的に責任を負うこととします。注:リース等を利用する場合、太陽光発電リース料から補助金相当分が減額されていることを証明できる書類の提示を条件に、太陽光発電リース会社等との共同申請事業を認めます。太陽光発電リース等については、導入設備の処分制限期間(複数の場合は最長のもの)使用することを前提とした契約であることを原則とします。なお、太陽光発電割賦契約はリース等には含みません。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電ソーラー環境価値買取事業はこちら

地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)の初期校正

 宇宙航空研究開発機構、国立環境研究所及び環境省は、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT:平成21年1月23日打上げ)についてレベル1データ(スペクトルデータ)の初期校正が平成21年9月14日までに完了したと発表した。初期校正を反映したデータを用いて、陸上及び海上の晴天域における地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素カラム平均濃度分布の導出を行い作成した全球分布図(未検証)を公開した。今後、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素カラム平均濃度分布の処理結果の精度確認、地上からの観測データを用いた地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素カラム平均濃度分布の検証作業を行った後、校正済みの観測スペクトルデータ(TANSO-FTSデータ)や観測画像データ(TANSO-CAIデータ)(レベル1プロダクト)を衛星打上げ9ヶ月後(平成21年10月下旬)から、解析処理後の温室効果ガスの二酸化炭素とメタンのカラム平均濃度や雲被覆に関する情報(レベル2プロダクト)を衛星打上げ12ヶ月後(平成22年2月上旬)から、登録している一般ユーザに配布する予定としている。さらに、地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素等の温室効果ガス濃度の月別分布を作成すると共に、「いぶき」による地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素等の温室効果ガス濃度データと地上付近で測定された二酸化炭素等の温室効果ガス濃度データ等を併せて利用して、全球における地域別の地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの炭素収支の推定を行っていくとしている。
貸しギャラリー貸し画廊レンタル情報着ぐるみレンタル・通信販売情報コスプレ衣装レンタル製作通信販売情報

> 地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)の初期校正はこちら

地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素等の温室効果ガスの国内排出量取引

 環境省は、自主参加型国内排出量取引制度(JVETS)で、平成21年8月末で終了した「第3期(2008年度目標)」の地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素等の排出削減実績と取引結果を発表した。環境省は、地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素等の温室効果ガスの費用効率的かつ確実な削減と国内排出量取引制度に関する知見・経験の蓄積を目的として、自主参加型の地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素等の国内排出量取引制度(JVETS)を2005年度から開始しており、これまでのところ、のべ288の事業者が目標保有参加者として地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素等の排出削減に取り組んでいる。第3期(2008年度目標)の地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素等の目標保有参加者は61社となっている。地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素等の基準年度排出量の合計は、1,661,251 t‐CO2。排出削減量の実績は、382,625 t‐CO2(基準年度排出量の23%)となった。地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素等の排出量取引の結果は、2008年4月から2009年8月末までの取引期間に、合計23件の取引が行われ、取引量の合計は、34,227 t‐CO2。平均取引単価は、概ね800円 /t‐CO2となった。なお、この地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素等の自主参加型国内排出量取引制度は、第3期から「地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素等の排出量取引の国内統合市場の試行的実施」の参加類型の一つとなり、現在、第5期の追加公募が9月30日まで行われている。
貸しベビー用品レンタル情報観葉植物レンタルリース貸し植木情報スーツケースレンタル格安情報

> 地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素等の温室効果ガスの国内排出量取引はこちら

地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス排出量のリアルタイムな「見える化」公募開始

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策として取り組む『二酸化炭素などの温室効果ガス排出量のリアルタイムな「見える化」に関するモデル事業』を実施する団体を、平成21年8月24日から9月18日まで募集すると発表した。近年、エネルギーの消費に伴う地球温暖化の原因の二酸化炭素などの温室効果ガスの発生状況等をリアルタイムに情報提供する機能を持った商品やサービスが開発、販売される事例が徐々に見られるようになってきており、環境省では、このような地球温暖化の原因防止対策の商品、サービスが普及することによる地球温暖化の原因の温室効果ガスの排出削減効果を調査し、これらの地球温暖化の原因防止対策普及を促進させるため、このモデル事業を実施すると発表した。地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス排出量のリアルタイムな「見える化」の応募資格は、民間企業、民間法人、特定非営利活動法人(NPO)、地方公共団体などで、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス排出量のリアルタイムな「見える化」応募事業者は、自らが提供する商品やサービスについてリアルタイムな地球温暖化の原因の温室効果ガスの「見える化」に関するモデル事業を実施し、その効果を調査するとともに、地球温暖化の原因の温室効果ガスの見える化の同商品やサービスの普及方策に関する検討などを実施する必要がある。地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス排出量のリアルタイムな「見える化」の応募方法の詳細は、プレスリリース添付の公募要領や株式会社三菱総合研究所のホームページ(http://rt-mieruka.mri.co.jp/)を参照のこと。株式会社三菱総合研究所(東京都千代田区)で、8月28日10時から、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス排出量のリアルタイムな「見える化」の公募説明会も開催される予定である。募集窓口 株式会社三菱総合研究所 環境・エネルギー研究本部 地球温暖化戦略研究グループ 担当:永村、馬場、葦津、中塚 TEL:03-3277-4595 FAX:03-3277-0512 E-mail:mieruka-mp@mri.co.jp
ケアマネージャー・介護支援専門員の求人募集転職和服振袖留袖着物レンタル貸衣装情報金プラチナ貴金属高価買取情報情報

> 地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス排出量のリアルタイムな「見える化」公募開始はこちら

「改正地球温暖化対策の推進に関する法律」説明会を東京都で追加開催

 環境省は、平成21年7月から改正地球温暖化対策の推進に関する法律説明会(温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度について)を全国9か所で実施しているが、9月4日に東京都千代田区で追加の地球温暖化対策の推進に関する法律の説明会を開催すると発表した。この地球温暖化対策の推進に関する法律の説明会は、地球温暖化対策の推進に関する法律(温対法)及び関係政省令の改正に伴い、平成21年度の温室効果ガスの排出量から、企業・フランチャイズチェーン単位での報告を求めるなど、新しい温室効果ガスの算定・報告方法となるため、地球温暖化対策の推進に関する法律及び関係政省令改正を受けた制度の改正点を中心に、制度の概要と、一般的な算定方法、報告方法について説明し、事業者に適切な算定・報告を実施してもらうことを目的に同省が無料で実施しているものである。開催日程は、以下のとおり。日時:9月4日 1回目 10:00~12:00、2回目 14:00~16:00 場所:厚生労働省講堂(2F)東京都千代田区霞が関1-2-2 中央合同庁舎5号館 定員:330人/回 申込先: 関東地方環境事務所環境対策課 TEL:048-600-0815 FAX:048-600-0517
パートタイマーの求人募集転職内職在宅ワークの求人募集転職介護福祉士の求人募集転職

> 「改正地球温暖化対策の推進に関する法律」説明会を東京都で追加開催 はこちら

地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量の「見える化」モデル事業

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策として、埼玉県地球温暖化防止活動推進センター、横浜市地球温暖化対策推進協議会、沼津市静岡県地球温暖化防止活動推進センター、三洋ホームズ株式会社の協力を得て、家庭における地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量の「見える化」に関するモデル事業を実施すると発表した。この地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量の「見える化」モデル事業は、家庭における主要なエネルギー消費機器である、エアコン、冷蔵庫、テレビに電力計測器(省エネナビ)を設置して、電力消費量や地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量を見える化し、これらが見える化されることによる地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量の削減効果を調査する。また、一部の世帯においては、エアコンの設定温度の変更やテレビ画面の明るさの変更といった簡単な省エネ行動を実践してもらい、これらの行動による地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量の削減効果等も調査する。地球温暖化の原因の調査の実施は、夏季実験が平成21年8月、秋季実験が平成21年10月、冬季実験が平成22年1月を予定している。
ライターの求人募集転職モデルの求人募集転職アルバイト探し求人募集転職

> 地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量の「見える化」モデル事業はこちら

文部科学省の地球温暖化の原因防止対策「低炭素社会づくり行動計画及び研究開発戦略」

 文部科学省は、地球温暖化の原因防止対策の切り札として「文部科学省低炭素社会づくり行動計画及び研究開発戦略」を決定して公表した。地球温暖化の原因防止対策については、平成20年7月に「低炭素社会づくり行動計画」が閣議決定され、今年6月には、2020年の地球温暖化の原因である二酸化炭素温室効果ガス排出量の削減目標を、2005年を基準として15%削減とすることが総理大臣から発表されている。また、今年7月に開催されたラクイラサミットのG8首脳宣言において、地球温暖化の原因である二酸化炭素の温室効果ガス排出量を、1990年又は最近の複数の年と比して2050年までに先進国全体で80%以上の地球温暖化の原因である二酸化炭素の温室効果ガス排出量の削減を行うとの目標を支持することなどが盛り込まれた。
 こうした内外の状況を受け、文部科学省は、地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会づくりの取組の更なる充実強化を図るべく、今回の行動計画及び研究開発戦略を決定した。地球温暖化の原因防止対策の行動計画では、[1]地球温暖化の原因防止対策の研究開発の推進、[2]低炭素社会や持続可能な社会について学ぶ仕組みづくりの推進、[3]環境を考慮した学校施設(エコスクール)の推進、[4]文部科学省のグリーン化を明記した。地球温暖化の原因防止対策の研究開発戦略では、[1]地球温暖化の原因防止対策の戦略的社会シナリオ研究の実施、[2]社会システムにおける地球温暖化の原因防止対策の技術的検証、[3]先進的地球温暖化の原因防止対策の低炭素化技術開発(緩和策)の推進、[4]将来的なエネルギー技術開発の推進、[5]地球温暖化の原因防止対策の環境変化に対する実効性のある適応策の検討、[6]地球環境を継続的に把握するための体系的観測の推進、[7]地球温暖化の原因防止対策の研究者の自由な発想に基づく独創的なアプローチの探索や新しい発想によってブレークスルーを引き起こしうる技術シーズの創出、[8]我が国の優れた環境科学技術による国際協力・科学技術外交の展開を戦略として掲げている。
ピアノ講師求人募集転職家庭教師の求人募集転職講師の求人募集転職

> 文部科学省の地球温暖化の原因防止対策「低炭素社会づくり行動計画及び研究開発戦略」はこちら

地球温暖化の原因防止対策CDM/JI事業調査シンポジウム2009を開催

 環境省は、「地球温暖化の原因防止対策CDM/JI事業調査シンポジウム2009」を東京と大阪で開催すると発表した。地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出削減の効果が期待されるCDM(クリーン開発メカニズム)やJI(共同実施)に関する新規プロジェクトを発掘・支援するため、環境省では平成11年度から地球温暖化の原因防止対策CDM/JI事業調査(実現可能性調査)を実施している。今回の地球温暖化の原因防止対策CDM/JI事業調査シンポジウムでは、平成20年度に調査を実施した民間事業者からの地球温暖化の原因防止対策の結果報告とともに、専門家の意見を交えながら議論を行うとしている。また、地球温暖化の原因防止対策のCDMの最新動向についても情報提供が予定されている。地球温暖化の原因防止対策CDM/JI事業調査シンポジウムへの参加希望者は、9月3日までに、ホームページ、Eメール、またはFAXで申し込む必要がある。
(1)東京会場 9月10日(木)13:00~17:00 東京国際交流館 3階 国際交流会議場(東京都江東区)
(2)大阪会場 9月11日(金)13:00~17:00 大阪国際会議場(グランキューブ大阪)1001,1002(大阪府大阪市中央区)
申し込み・問い合わせ先 (財)地球環境センター「CDMシンポジウム」係 ホームページ:http://gec.jp/jp/ Eメール:cdm-fs@gec.jp FAX:06-6915-0181
薬剤師・管理薬剤師の求人募集転職栄養士・管理栄養士の求人募集転職保育士の求人募集転職

> 地球温暖化の原因防止対策CDM/JI事業調査シンポジウム2009を開催はこちら

地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素回収・貯留研究会検討結果

 経済産業省は、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである「二酸化炭素回収・貯留(CCS)研究会」が取りまとめた、「CCS実証事業の安全な実施にあたって」を公表した。
 二酸化炭素回収・貯留は、発電所や工場などの大規模排出源から分離回収した地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素を地層や海中に貯留する技術である。2005年に公表されたIPCCの二酸化炭素回収・貯留特別報告書では、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである「大気中温室効果ガス濃度安定化における主要対策の1つ」と位置付けられており、欧米諸国・産油国でも、商業レベル、研究レベルの具体的な二酸化炭素回収・貯留プロジェクトが進行してきている。
 今回公表したのは、我が国においてCCSの地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである大規模な二酸化炭素回収・貯留実証事業を実施する際に、安全面・環境面から守るべき事項について検討することを目的として、平成20年10月に再開した二酸化炭素回収・貯留研究会(産業技術環境局長の私的研究会)の2つのワーキンググループ「二酸化炭素回収・貯留実施に係る安全基準検討WG」「長期的な安全性確保WG」の検討結果を取りまとめたものである。同省では、今回の取りまとめについて、二酸化炭素回収・貯留実証を行う候補地に関しての地質面からの検討事項や地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスであるCO2の回収・輸送に関する事項、貯留後のモニタリング項目、異常事態が発生した場合の対応措置など、二酸化炭素回収・貯留実証事業の一連の工程に対応した安全面・環境面からの基準と位置づけ、今後実施される二酸化炭素回収・貯留の大規模実証において適切に活用され、事業が的確かつ円滑に実施されることにより、二酸化炭素回収・貯留実用化へ向けた環境整備に貢献するとしている。
雨水再利用タンクシステム情報屋上緑化情報桐箪笥タンスの販売修理情報

> 地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素回収・貯留研究会検討結果はこちら

地球温暖化の原因防止対策の京都メカニズム案件を承認CDM・JI事業計515件

 経済産業省は、日本政府に申請されていた地球温暖化の原因防止対策のクリーン開発メカニズム(CDM)及び共同実施(JI)に係るプロジェクトが「京都メカニズム推進・活用会議」で承認されと発表した。今回発表されたのは、J-TEC有限会社、ローディアジャパン株式会社など14社から申請されていた中国、東南アジア諸国等における地球温暖化の原因防止対策のプロジェクトである。今回の承認分を含めると、全体で日本の正式な地球温暖化の原因防止対策の京都メカニズム承認案件数は515件となった。地球温暖化の原因防止対策のCDM事業及びJI事業は、各国の削減目標達成のための市場原理を活用した国際的な仕組み「京都メカニズム」の取り組みで、先進国と途上国が共同で地球温暖化の原因防止対策として二酸化炭素温室効果ガス排出削減プロジェクトを実施し、達成された二酸化炭素の温室効果ガス削減分の一部(認証排出削減量)を先進国が自国の温室効果ガス削減量として充当することを認める制度である。日本政府の正式な地球温暖化の原因防止対策のプロジェクトとなるためには、地球温暖化対策を実施している関連省庁のいずれかに承認申請を提出し、関連省庁が共同で開催する「京都メカニズム推進・活用会議」で承認されることが必要となる。
LEDライト電光サイン看板情報携帯マイmy箸運動販売情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止対策の京都メカニズム案件を承認CDM・JI事業計515件 はこちら

チーム・マイナス6%の地球温暖化の原因防止に係る国民運動におけるNPO・NGO等の民間団体とメディアとの連携支援事業

 環境省が主催する地球温暖化の原因である温室効果ガス二酸化炭素の排出防止対策に取り組んでいるチーム・マイナス6%は、「平成21年度地球温暖化防止に係る国民運動におけるNPO・NGO等の民間団体とメディアとの連携支援事業」の事業案件として15件を決定した。この地球温暖化防止に係る国民運動におけるNPO・NGO等の民間団体とメディアとの連携支援事業は、チーム・マイナス6%が、それぞれの地域で活躍するNPO・NGO等の民間団体とメディアが連携し、民間団体による地球温暖化の原因防止対策活動を、適切な素材と伝達手段を用いて、伝えたい相手に対して効果的に伝わるようにするための経費を、支援するというものである。民間団体が行う地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素の排出防止対策活動の普及啓発効果を最大限に発揮させ、地域における低炭素社会づくりに向けた具体的な地球温暖化の原因防止活動の実践を促すことを目的としている。今年度は、平成21年6月5日から30日まで公募が行われ、121件の応募の中から、有識者からなる選考委員会で審議した結果、採択された。地球温暖化の原因防止に係る国民運動におけるNPO・NGO等の民間団体とメディアとの連携支援事業の採択案件に対しては、1案件あたり最大500万円が支援される。
貸しテナント物件賃貸店舗情報フランチャイズFCチェーン加盟店募集情報販売代理店会社募集情報

> チーム・マイナス6%の地球温暖化の原因防止に係る国民運動におけるNPO・NGO等の民間団体とメディアとの連携支援事業はこちら

地球温暖化の原因防止対策の「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーンに新たに4社が名乗り

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策キャンペーン、チーム・マイナス6%の「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーン協賛企業として、新たに4社からの参加申し出があったと発表。この応援キャンペーンは、温室効果ガスである二酸化炭素を減らし、地球温暖化の原因防止対策を行う国民運動「めざせ!1人1日1kgのCO2削減」への参加を促すため、「チーム・マイナス6%」内特設サイトで地球温暖化の原因防止対策の取り組みに関する「私のチャレンジ宣言」を行った人に対して、協賛企業が商品の割引、ポイント還元率アップなどのサービスを行うものである。今回、協賛への参加を申し出たのは、株式会社オフィス・タカハシ、株式会社 シモダ設備工業、株式会社 鯖江村田製作所、株式会社 イーネット関西の4団体である。このうち、株式会社 シモダ設備工業の取り組みは、「私のチャレンジ宣言カード」をメールに添付してお送り頂いた方に、オリジナルエコバックと季節の花(野菜・ハーブを含む)をプレゼントするというものである。実施期間は2009年8月1日からで、先着200名様になり次第終了とのこと。送付先メールアドレス:office@shimodasetubi.com
地上デジタルテレビアンテナ工事情報レディースファッションブランド品リサイクルショップ情報家電リサイクルショップ高価買取販売情報

> 地球温暖化の原因防止対策の「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーンに新たに4社が名乗りはこちら

地球温暖化の原因防止対策の「新たな温室効果ガス削減環境事業モデル」

 国土交通省は、地球温暖化の原因防止対策の平成21年度「国土交通省新たな温室効果ガス削減環境事業モデル」について4モデルを選定した。この地球温暖化の原因防止対策の事業は、民間事業者等による先進的な地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減努力を掘り起こし、人や企業の行動原理の変革に働きかける取組を広めるため、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス削減環境事業モデルを募集し、優れた取り組みについて支援・調査し、モデルの普及を目指すものである。今回の地球温暖化の原因防止対策の募集では、建設業、運輸業、不動産業など国土交通分野の民間事業者等から、環境に配慮した経済活動上の先進的提案24件の応募があり、事業モデルによる地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの削減効果、先進性・モデル性、実現可能性・持続性等の観点から以下の4つのモデルを選定した。
・鹿島建設(株)「工事現場用プレハブ事務所における太陽光発電活用普及モデル事業」
・名古屋鉄道(株)「非接触型交通系ICカードを活用した地域連携型コミュニティサイクル・カーシェアリング事業構築によるインターモーダル推進事業モデル」
・三井不動産(株)「柏の葉キャンパスタウンにおける不動産開発事業に併せた自転車活用モデル」
・(株)メックecoライフ「集合住宅における一括高圧受電導入と併せた太陽光発電普及モデル」
 今後、これらの地球温暖化の原因防止対策の事業モデルの調査・検討、実証実験的な活動の実践、報告書作成等の費用について1件当たり500万円を上限として支援が行われる予定となっている。
リサイクルトナー再生激安販売情報カーペットクリーニングじゅうたん情報革靴ブーツクリーニング情報

> 地球温暖化の原因防止対策の「新たな温室効果ガス削減環境事業モデル」はこちら

滋賀県が地球温暖化の原因防止対策の「しが炭素基金」を設立

 滋賀県では、滋賀県内の企業が、それぞれ地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)の削減目標を設定し、目標が達成できなかった場合、その分の資金を拠出する地球温暖化の原因防止対策の「しが炭素基金」を産官学の共同で創設した。参加企業は、地球温暖化の原因防止対策となる事業活動に伴う二酸化炭素CO2の年間排出量を自ら設定し、それを超えた場合には二酸化炭素1t当たり3,000円を炭素基金に拠出するというものである。地球温暖化の原因防止対策の炭素基金に積み立てられた資金は、補助か貸し付けを行うことによって、太陽光発電や森林緑化整備などの環境関連の地球温暖化の原因防止対策の新しい技術開発などを行う企業の支援に充てる。地球温暖化の原因防止対策の炭素基金には、既に市が県内の23社が参加を決定している。初年度となる2009年は、滋賀県が地球温暖化の原因防止対策の炭素基金に300万円を拠出する。このほか市が県内の参加企業から計3000万~5000万円を目標に集めるとしている。
カラオケセット機器機材レンタルリース情報ウエディングドレスレンタル格安激安販売情報貸し別荘コテージレンタル情報

> 滋賀県が地球温暖化の原因防止対策の「しが炭素基金」を設立はこちら

地球温暖化の原因対策のCDM/JI事業化調査

 環境省は、平成21年度の地球温暖化の原因対策のCDM/JI事業の調査案件として、計23件の地球温暖化の原因対策のプロジェクトを採択したと発表した。環境省のCDM/JI事業調査は、将来的に地球温暖化の原因対策の「クリーン開発メカニズム(CDM)」、「共同実施(JI)」として、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの排出削減や二酸化炭素の吸収源強化につながると考えられる効果の高い地球温暖化の原因対策のプロジェクトを発掘するとともに、CDM等の仕組みに関する国内・国際ルールづくりに必要な知見を蓄積することを目的として、平成11年度から実施されている。平成21年度の地球温暖化の原因対策は、6月2日~6月25日までの間、日本の企業、非政府組織(NGO)等を対象に、調査対象プロジェクト案件が募集され、41団体から59件の応募があり、その中から23件が採択された。
地球温暖化の原因対策の採択案件の内訳は22件がCDM事業調査となっている。1件が排出削減(REDD)事業調査。分野別では、廃棄物管理が7件、省エネが6件、バイオマス利用が5件、再生可能エネルギーが3件、交通が1件、その他1件。対象国では中国の8件、ベトナムの3件、インドネシアの3件などが多かった。
貸しデジタルビデオカメラレンタル情報トラックレンタカーレンタル情報貸し子供服レンタル情報

> 地球温暖化の原因対策のCDM/JI事業化調査はこちら

奈良県が地球温暖化の原因防止対策の電動バス導入実験

 奈良公園(奈良市)へのアクセスとなる電動バスの奈良県の導入計画が、地球温暖化の原因防止対策となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)を削減する経済産業省のモデル事業に採択され、導入計画が大きく前進した。奈良県は2008年11月、平城遷都1300年祭を機に、奈良公園までの移動を便利にするため、早稲田大学などが開発した電動バスで若草山や奈良国立博物館などを巡るコースを設定し、試験走行する1回目の社会実験を実施した。今秋に実施する2回目の社会実験では、距離を延ばせば地球温暖化の原因防止対策となる温室効果ガスのCO2削減効果も大きいとして、コースの追加も検討している。奈良県は早稲田大学と協働連携の基本協定を締結しましたが、その第1号の事業を進めるというものです。また、経済産業省が公募していた地球温暖化の原因防止対策となる温室効果ガスの削減となる低炭素社会に向けた技術シーズ発掘・社会システム実証モデル事業という100%補助事業に立候補し、厳しい競争であったと思いますが、当選しました。2月25日付で採択されましたが、早稲田大学との協働連携による第1号の事業ですので、改めて発表させていただきます。
 この経産省の地球温暖化の原因防止対策となる温室効果ガス削減の低炭素に向けた事業は、平成20年度の一次補正による社会新規事業です。全国で117件の応募に対して、37件採択されており、競争率は3倍強ということです。近畿では8件採択されました。内容ですが、奈良市内における電動バスを用いた地球温暖化の原因防止対策となる温室効果ガスの低炭素型観光システムの実証実験を行います。奈良公園で昨年11月に電動バスを使った実証実験をしましたが、その継続という面もありますが、電動バスを奈良公園、奈良市内、公園の回りを走らせる社会実験で、それに伴って奈良公園を中心とした地域の交通のあり方、流れ、交通利用の変更も考えたいと思っています。事業費は1億4,000万円です。奈良公園は週末よく混みます。これは、外から来られた方が駐車場に入られるので渋滞をすることが多いわけですが、この事業は、その排気ガス等燃料消費を削減できるということを目標にした事業になります。和歌山県、奈良県、滋賀県などで採択されており、バイオ、電気のようなものが多くなっています。
貸しギャラリー貸し画廊レンタル情報着ぐるみレンタル・通信販売情報コスプレ衣装レンタル製作通信販売情報

> 奈良県が地球温暖化の原因防止対策の電動バス導入実験はこちら

「改正地球温暖化対策の推進に関する法律」説明会を仙台等で開催

 環境省東北地方環境事務所は、改正地球温暖化対策の推進に関する法律説明会(~温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度について~)を平成21年8月31日に仙台市青葉区の仙台第2合同庁舎において開催すると発表した。この説明会は、地球温暖化対策の推進に関する法律(温対法)及び関係政省令の改正に伴い、平成21年度排出量から、企業・フランチャイズチェーン単位での報告になるなど新しい算定・報告方法となるため、地球温暖化対策の推進に関する法律及び関係政省令改正を受けた制度の改正点を中心に、制度の概要と、一般的な算定方法、報告方法について説明し、事業者に適切な地球温暖化の原因となる温室効果ガスの算定・報告を実施してもらうことを目的に環境省の各地方環境事務所が無料で実施しているものである。今回の仙台会場のほか、全国9箇所で(北海道札幌市 7/24、東京都 7/29、埼玉県さいたま市 8/7、沖縄県那覇市 8/21、愛知県名古屋市 8/25、大阪府大阪市 8/26、香川県高松市 8/27、広島県広島市 8/28)開催している。申込方法等詳細に関しては次のとおりです。
昨年6月に公布された地球温暖化対策の推進に関する法律の一部改正により、温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度について、平成21年度排出量(平成22年度に報告)から、企業・フランチャイズチェーン単位での報告になるなど、新しい算定・報告方法になります。環境省では、事業者の皆様に適切に温室効果ガスの算定・報告を実施していただくため、仙台市の他、全国8か所で説明会を開催することといたしましたので、仙台会場に参加を希望される方は、下記の要領でお申し込みください。
1.開催日時
 平成21年8月31日(月) 13:30~15:30
2.会場(仙台会場)
 仙台第2合同庁舎 2階共用会議室 宮城県仙台市青葉区本3-2-23会場は、ただいま改修工事のため駐車場をご利用いただくことができません。ご来場の際は、公共交通機関をご利用ください。
3.内容
 温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度について、地球温暖化対策の推進に関する法律及び関係政省令改正を受けた制度の改正点を中心に、制度の概要と、一般的な算定方法、報告方法について説明します。また、質疑では、改正省エネ法に係るご質問についても対応いたします。
4.定員
170名  ※参加無料です。
5.参加申込方法
 参加のお申し込みは、8月26日(水)までに添付ファイルの参加申込書に必要事項を記入の上、6の申込先までFaxにてお申し込み下さい。なお、会場の収容可能人数により、参加申込をいただいてもご希望に添えない場合がありますので、予めご了承ください。
6.申込先
東北地方環境事務所 環境対策課 (担当:向田) Tel:022-722-2873 Fax:022-724-4311
7.主催
環境省 
8.その他
 仙台会場以外の会場への参加申込み等については、環境省ホームページをご覧ください。
貸しベビー用品レンタル情報観葉植物レンタルリース貸し植木情報スーツケースレンタル格安情報

> 「改正地球温暖化対策の推進に関する法律」説明会を仙台等で開催はこちら

群馬県前橋市と徳島県の地球温暖化の原因防止対策

 群馬県前橋市では、市役所から排出される地球温暖化の原因となる二酸化炭素温室効果ガスの削減を目指す「ECOプロジェクト」で、職員向け地球温暖化の原因防止対策ガイドブックを作成した。地球温暖化の原因防止対策ガイドブックでは、ゴミ排出量の削減、燃料使用量の削減、電気使用料の削減の3点について、節約目標を設定した。ゴミの排出量では、2007年度に市本庁舎で2万4745kgだった排出量を2009年度には2万2270kgにするとしている。燃料使用量は10%削減し、電気使用料は100万円削減を目指すとしている。また、コピー用紙の節約のため、地球温暖化の原因防止対策ガイドブックは群馬県前橋市の職員に配布せず、ネットを利用した喚起にとどめた。
 一方、徳島県では、地球温暖化の原因防止対策として太陽光発電のソーラー駐輪場実証実験を始めている。三洋電機(大阪府守口市)が、「太陽光発電のソーラー駐輪場システム」の実証実験を徳島県庁で行うこととなり、2009年3月には開始式を行われれている。徳島県知事は太陽光発電の開始式の後、太陽光発電のシステムにより充電したリチウムイオン電池搭載の電動ハイブリッド自転車に試乗した。徳島県庁職員の公用自転車として活用するとともに、世界の環境問題や地球温暖化の原因防止対策に貢献できる取り組みとして、徳島県内外に発信したい考えを示した。太陽光発電のソーラー駐輪場の太陽光発電の容量は630Wで、太陽光発電の年間発電量は約690kWhを見込んでいる。太陽光発電のソーラー駐輪場ではmACコンセントを搭載しており、緊急時には非常用電源として、外部機器への電源供給もできる。
貸し会議室レンタル情報賃貸の貸し事務所レンタルオフィス探し情報貸し布団ふとんレンタル情報

> 群馬県前橋市と徳島県の地球温暖化の原因防止対策はこちら

地球温暖化原因防止対策のCO2削減「平成21年度サステイナブル都市再開発促進モデル事業」

 環境省は、全国各地の都市部で実施されている都市再開発の機会を捉えて効果的な地球温暖化原因防止対策温室効果ガスであるCO2削減を図る「平成21年度サステイナブル都市再開発促進モデル事業」の2次募集を開始すると発表した。この事業は、積極的な温室効果ガスであるCO2削減とともにCO2削減効果の評価や地球温暖化原因防止対策の情報発信を行うなどの先進的な地球温暖化原因防止対策に取り組む都市再開発事業者に対して支援を行い、都市再開発におけるソフト面でのモデル的な取組を推進するもの。公募の対象となるモデル事業は、都市再開発事業について、民間事業者等が実施する取組のうち、地球温暖化原因防止対策のCO2削減対策に係る調査・予測・評価及び環境保全措置についての検討並びにこれらの取組を住民に周知するための措置を講じるモデル的な取組となる。1次公募では、東京都品川区大崎駅周辺と大阪府吹田市千里丘が採択されている。応募方法の詳細は下記の公募要領(2次公募)を参照のこと。
1.事業の概要及び目的
 京都議定書目標達成計画及び低炭素社会づくり行動計画の策定、昨今の地球温暖化問題に対する国民の意識の高まりなどを背景に、あらゆる事業活動に対して、積極的に温暖化対策を進めることが求められています。環境省では、全国各地の都市部で実施されている都市再開発の機会を捉えて効果的な温室効果ガスであるCO2 削減を図るため、積極的なCO2 削減とともにCO2 削減効果の評価や温暖化対策に係る情報発信を行うなどの先進的な温暖化対策に取り組む都市再開発事業者に対して支援を行い、都市再開発におけるソフト面でのモデル的な取組を推進します。
2.公募対象事業
 公募の対象となるモデル事業は、市街地において行われる建築物及び建築敷地の整備に関する事業並びにこれに附帯する事業(以下「都市再開発事業」という。)について、国及び地方公共団体を除く事業者が実施する取組のうち、温室効果ガスであるCO2 削減対策に係る調査・予測・評価及び環境保全措置についての検討並びにこれらの取組を住民に周知するための措置を講じるモデル的な取組(4.の要件を満たすものに限る。)を対象とします。
3.公募条件等
(1)応募は、都市再開発事業を実施する事業者(以下「都市再開発事業者」という。)による提案を原則とし、都市再開発事業者以外の者が応募する場合は、都市再開発事業者との共同提案によるものとします。なお、都市再開発事業者等によって協議会等を設置している場合は、当該協議会等による応募でも構いません。
(2)本事業の受託者は、応募を行った者とし、2 者以上の者が共同で提案を行う場合は、その主たる業務を行う者が一括して受託するものとします。
(3) 委託事業は、当該年度に行われる事業とします。
(4)委託費は、1 事業1,000 万円程度を想定しておりますが、提案内容に応じ、予算(平成21 年度は4,000 万円)の範囲内で委託します。
4.採択の要件
本事業の採択要件は以下のとおりとします。
(1)取組の対象となる都市再開発事業が、建物単体の対策に加えて、敷地全体を利用した面的な対策等により積極的にCO2 削減を図るものであること。なお、この場合の温室効果ガスであるCO2削減対策には、再生可能エネルギーの導入及び省エネ設備の導入等の直接的な削減につながる対策のほか、緑化等のヒートアイランド対策及びリサイクルの推進等の間接的な対策、並びにグリーン電力及びクレジットの導入等のミティゲーションが含まれます。
(2)(1)に該当する都市再開発事業を対象に、CO2 削減に係る調査・予測・評価、又はその他の温室効果ガスであるCO2削減に係る検討、取組等を行うとともに、これらについての住民への周知、一般からの意見の募集等により、情報の公開及び関係者の関与を活用して、より効果的にCO2 削減に係る環境配慮等を行おうとする事業であること。ただし、当該CO2削減対策と関係のない事務は本委託事業の対象外とします。
(3)本委託事業を実施することによって、当該都市再開発事業等において一層のCO2の削減が見込まれる事業であること。※ 条例等による環境影響評価を実施する場合は、環境影響評価手続を兼ねて必要な検討、手続を行えばよく、別途新たに手続を行う必要はありません。
5.事業の選定
一般公募を行い、応募主体より提出された提案をもとに、CO2 削減効果、実現可能性及び先進性等の観点から厳正に審査を行い、予算の範囲内で、優れた事業を選定します。
6.応募に当たっての留意事項
受託者は、事業報告書を作成し、平成22年2月26日までに環境省へ提出するものとします。また、本モデル事業は、4.の要件を満たす取組を国の委託事業として行うものであり、設備等に対する補助は含まれません。
7.応募の方法について
(1)応募書類の書式(応募様式)について
応募に当たり提出が必要となる書類は以下の書類とします。応募書類の作成に当たっては、必ず次の電子ファイルをダウンロードし、所定の様式に従って作成するようお願いします。また、応募書類に重大な不備等があった場合は、本モデル事業の選定対象外とさせていただくことがあります。
・サステイナブル都市再開発促進モデル事業提案
・サステイナブル都市再開発促進モデル事業経費内訳
(2)応募書類の提出方法について
①提出方法
ア)電子メールの場合
応募様式の電子ファイルを電子メールの添付ファイルとして、以下のメールアドレス宛てに送信してください。なお、メールの件名(題名)を「平成21 年度サステイナブル都市再開発促進モデル事業応募」とし、添付ファイル名に、提案個票、経費内訳の種別及び申請者名(会社名、団体名)を記載してください。
・添付ファイル名の例:「提案個票(○○株式会社)」
・メールアドレス: SHINSA-EIA@env.go.jp
・注意事項:電子ファイルを作成する保存形式は、Microsoft社Word2003以下のバージョン形式としてください。使用するフォントについては、一般的に用いないものを使用しないでください。また、電子ファイル作成後Microsoft社WindowsXP SP2 上で表示可能であることを確認し、自動解凍ファイル等、圧縮ファイルとせず、電子ファイルの容量自体を極力小さくするような工夫をお願いします。特に図表等を挿入する場合は、十分注意してください。なお、当該電子ファイルにマクロ等の機能を付与しないでください。このようなファイルは速やかに破棄・削除させていただきます。なお、当方のメールサーバーの都合上、電子ファイルの容量が2MB を超える場合はメールを受け取ることができませんので御注意ください。
・受領の確認:応募様式を受領した後、送信を行ったメールアドレス宛てに担当者から受領した旨をそのまま返信します。メールを送信後、数日しても返信がない場合、うまく送受信されていない可能性があります。担当まで電話にてお問い合わせください。
イ)郵送の場合
上記ア)と同様の応募様式を保存したCD-ROM と、応募様式をプリントアウトしたものを6部同封の上、下記宛先まで送付してください。
・宛先:〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 環境省総合環境政策局環境影響審査室 サステイナブル都市再開発促進モデル事業担当
・封筒の表に赤字で「サステイナブル都市再開発促進モデル事業応募書類在中」と必ず記載してください。
・受領の確認:応募様式を受領した後、様式に記載されたFax 番号宛てに担当者から受領した旨のFax を送ります(もしFax をお持ちでない場合は担当まで御連絡ください。)。数日してもFax が届かない場合、書類が届いていない可能性があります。担当まで電話にてお問い合わせください。
②提出いただいた応募書類について
提出いただいた応募書類は、返却しません。また、応募書類等に含まれる個人情報は、「平成21 年度サステイナブル都市再開発促進モデル事業」以外の目的で使用することはありません。
③応募書類の受付期間
平成21 年7 月16 日(木)~平成21 年7 月30 日(木)必着※ 応募期間以降に当方に到着した書類のうち、遅延が当方の事情に起因しない場合は、応募事業として受け付けません。
占い師の求人募集転職カメラマン・アシスタントの求人募集転職イラストレーターの求人募集転職

> 地球温暖化原因防止対策のCO2削減「平成21年度サステイナブル都市再開発促進モデル事業」はこちら

地球温暖化原因防止対策のエコタウン全国26地域の調査結果

 環境省は、地球温暖化原因防止対策の「エコタウン等による地域循環圏の構築に向けた研究会における調査結果」を公表した。エコタウン事業は、地球温暖化原因防止対策の「ゼロ・エミッション構想」を地域の環境調和型経済社会形成のための基本構想として位置付け、併せて、地域振興の基軸として推進することにより、先進的な環境調和型のまちづくりを推進することを目的として、平成9年度に創設された制度で、現在までに全国26地域のエコタウンプランが承認されている。平成20年3月に閣議決定された地球温暖化原因防止対策の第2次循環型社会形成推進基本計画において形成を推進すべきとされた「地域循環圏」について、エコタウンがその中核としての役割を期待されていることを踏まえ、地域循環圏におけるエコタウンの役割について検討する基礎として、今回の調査が行われた。
 この結果、全国の地球温暖化原因防止対策のエコタウンに投入された循環資源は約2,200千トン、このうち約91%が製品・原料化又はエネルギー利用されており、高い効率での活用が行われている。地域別にみると、地球温暖化原因防止対策のエコタウン施設が調達する循環資源のうち約59%が同一エコタウンプラン内から調達され、またエコタウン施設が供給する製品・エネルギーのうち約40%は製品等として同一エコタウンプラン内に供給されており、地域循環の中核としての機能を担いうることが明らかになったとのことである。また、全国のエコタウン全体での地球温暖化原因防止対策の環境負荷削減効果を試算したところ、最終処分量で約1,000千トン、温室効果ガス二酸化炭素排出量で約420千トンとなり、一定の削減効果を挙げていることが明らかになったと発表している。
ピアノ講師求人募集転職家庭教師の求人募集転職講師の求人募集転職

> 地球温暖化原因防止対策のエコタウン全国26地域の調査結果はこちら

地球温暖化原因防止対策の住宅・建築物「省CO2推進モデル事業」

 国土交通省では、住宅・建築物に関する地球温暖化原因防止対策の省CO2推進モデル事業の提案に関する平成21年度第2回目の募集を平成21年8月25日まで実施すると発表した。この事業は、家庭部門・業務部門の温室効果ガスであるCO2排出量が増加傾向にある中で、住宅・建築物における温室効果ガスのCO2排出を削減して、地球温暖化原因防止対策の住宅・建築物の市場価値を高めるとともに、居住・生産環境の向上を図るためにCO2排出低減の実現性に優れたリーディングプロジェクトとなる住宅・建築プロジェクトを、国が公募によって募り、予算の範囲内において、整備費等の一部を補助するものとして実施される。対象事業の種類は、以下のとおりである。
・住宅及び住宅以外のオフィスビル等の建築物(住宅・建築物)等の新築
・既存の住宅・建築物の改修
・省CO2のマネジメントシステムの整備
・省CO2に関する技術の検証
 地球温暖化原因防止対策の応募提案については、学識経験者からなる「住宅・建築物省CO2推進モデル事業評価委員会」による評価を行い、その結果を踏まえて11月末頃に採択モデル事業が決まる予定となっている。応募書類の入手・問い合わせ先(独)建築研究所 住宅・建築物省CO2推進モデル事業評価室 メール:shouco2@kenken.go.jp FAX:03-5842-7202 TEL:03-5842-7201
薬剤師・管理薬剤師の求人募集転職栄養士・管理栄養士の求人募集転職保育士の求人募集転職

> 地球温暖化原因防止対策の住宅・建築物「省CO2推進モデル事業」はこちら

わかる!国際情勢、地球温暖化原因防止対策の「温室効果ガス15%削減~温暖化防止の中期目標」

 外務省は、「わかる!国際情勢」シリーズで、地球温暖化原因防止対策の「温室効果ガス15%削減~温暖化防止の中期目標」を取りまとめ公表した。このシリーズでは、注目されている世界各地の抱える様々な問題や国際情勢等について最新の学術データも踏まえながら、分かりやすく解説している。今回は、麻生総理が6月10日発表した地球温暖化原因防止対策の温室効果ガス排出量を2020年に2005年に比べ15%削減するという中期目標について、地球温暖化原因防止対策の気候変動問題の中で中期目標が持つ意味と、日本のリーダーシップについて考える。
 地球温暖化原因防止対策の気候変動問題の中で中期目標が持つ意味と、日本のリーダーシップについて考えます。現在、国際社会は、地球温暖化原因防止対策の気候変動問題に対処するため、2013年以降の国際的な枠組みを作るべく交渉中です。この交渉では、途上国にも一定の行動を求める先進国と先進国が大幅な温室効果ガスの削減を行うべきとする途上国との間に意見の隔たりが見られます。このため、日本は具体的な温室効果ガスの削減目標を示して議論の進展を促すべく、先進国の一員として、また地球温暖化原因防止対策のをリードする国として、中期目標を決定しました。日本の地球温暖化原因防止対策の中期目標は、主要温室効果ガス排出国の「全員参加」と日本のリーダーシップ、環境と経済の両立、地球温暖化原因防止対策の長期目標の実現という3つの基本原則に基づいて設置されました。これはEUの温室効果ガス2005年比13%や米国オバマ政権の同14%を上回るものです。しかも、日本の地球温暖化原因防止対策の目標は、外国から排出権を買ってくる分や、植林等によって加算される分を含まない、省エネなどの努力による温室効果ガスの削減分です。加算されていない排出権購入などによる削減分をどうするかは、これからの交渉を見ながら判断していきます。この中期目標を達成すれば、日本の温室効果ガスは2030年には約25%減、2050年には約70%削減されると分析されています。
 地球温暖化原因防止対策の気候変動問題を巡るこれまでの流れについて簡単にまとめます。1992年にできた気候変動枠組条約は、地球温暖化原因防止対策の温室効果ガスの濃度を安定させること目指して努力することを定めたものですが、具体的な温室効果ガスの削減義務を課してはいません。その義務を定めたものが1997年の地球温暖化原因防止対策の京都議定書です。しかし、京都議定書では、地球温暖化原因防止対策の義務を負う国の排出量は世界全体の排出量の30%程度を占めるに過ぎず、世界全体で地球温暖化原因防止対策の温室効果ガスの削減を実効的に進めていくには不十分です。この京都議定書では2008年から2012年の間の先進国の温室効果ガスの削減義務が定められており、現在議論されているのが、2013年以降の枠組みです。地球温暖化原因防止対策の問題は、2008年のG8北海道洞爺湖サミットでも取り上げられ、2050年までに世界全体の温室効果ガス排出量を少なくとも50%削減することでG8が合意しました。日本はこの合意形成にあたって、G8議長国として大きなリーダーシップを発揮しました。今後、これを新たな枠組みの地球温暖化原因防止対策の長期目標とすべく、関係国との間で交渉していかなければなりません。そして、その最終交渉の場とされているのが、2009年12月に予定されているCOP15(気候変動枠組条約第15回締約国会議)です。
 公平な地球温暖化原因防止対策の温室効果ガスの削減目標であっても、経済開発を進める必要に迫られている途上国にとっては、技術とコストの面からかなり高いハードルです。しかし、途上国の気候変動対策がなければ、世界全体の温室効果ガスの排出量は削減されません。このため、日本は、温室効果ガスの排出削減と経済成長を両立させようとする途上国を支援するために100億ドル規模の地球温暖化原因防止対策の「クールアース・パートナーシップ」を提案しました。 約90か国とクールアース・パートナーシップを構築し、森林減少の防止やエネルギー効率の向上などに取り組むインドネシアや気候変動の影響に脆弱なバングラデシュをはじめとする国々へ、積極的に支援を実施しています。このほかにも、日本は、他の先進国や世銀と協力して設立した地球温暖化原因防止対策の「気候投資基金(CIF)」に12億ドルを拠出しています。気候変動の影響を最も受けやすい途上国が、こうした資金援助と技術移転によって、自ら気候変動に立ち向かうことが望まれます。
 日本の15%という欧米に比べても高い温室効果ガスの削減目標は、日本が世界をリードしてきた環境技術を、さらに低炭素革命でリードしていく、そのために努力する覚悟を持つべきという地球温暖化原因防止対策の決意の表れでもあります。この目標を達成するためには、効率を33%改善する必要があるとされています。これは、1970年代オイルショックの時のエネルギー効率の改善が30%であったことからしても、極めて野心的なものです。積極的に環境技術の改革に取り組むことで、いち早く地球温暖化原因防止対策の低炭素社会を実現し、引き続き日本が環境技術で世界をリードしていこうと考えています。

病院臨床検査技師の求人募集転職看護師・准看護師の求人募集転職保健師の求人募集転職

> わかる!国際情勢、地球温暖化原因防止対策の「温室効果ガス15%削減~温暖化防止の中期目標」はこちら

学校への太陽光発電システム導入ガイドブック

 文部科学省は、国立教育政策研究所文教施設研究センターと共同で、地球温暖化原因防止対策としての温室効果ガスである二酸化炭素の排出を抑制するため、「太陽光の恵みを子どもたちが学び育むために」~学校への太陽光発電導入ガイドブック~を作成した。全国規模で実施される太陽光発電設備の導入を円滑に進めるとともに、技術水準の確保を図るため、太陽光発電導入による効果、太陽光発電導入までの手順、太陽光発電設計・施工上のチェックポイント、維持管理方法等について必要な情報を精選して掲載するとともに、太陽光発電の整備事例や関連する国の財政支援制度等を紹介している。また、環境教育への太陽光発電の活用事例についても掲載している。
「学校エコ改修と環境教育事業」は、冷暖房負荷低減のための断熱改修や、太陽光発電等の自然エネルギーの導入、屋上緑化等を効果的に組み合わせ、地球温暖化原因防止対策としての温室効果ガスである二酸化炭素の排出を抑制しながら、児童生徒の快適な学習環境を確保するもので、平成17年度から実施されている。太陽光発電などのハード整備と併せて、その改修を素材として地域への環境建築等の技術普及や学校を核とする地域ぐるみの環境教育を展開することが大きな特徴となっている。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 学校への太陽光発電システム導入ガイドブックはこちら

地球温暖化原因防止対策の環境配慮契約

 環境省は、平成20年度における地球温暖化原因防止対策温室効果ガス等の排出の削減に配慮した契約(環境配慮契約)の締結実績を公表した。国及び独立行政法人等では、地球温暖化原因防止対策の環境配慮契約法及び「国及び独立行政法人等における温室効果ガス等の排出の削減に配慮した契約の推進に関する基本方針」(平成19年12月閣議決定)に基づいて、可能なものから地球温暖化原因防止対策の環境配慮契約を締結することが定められている。
 今回の発表では、次のような事例などが実績としてあげられている。
1 東京都にある環境省本省、地方環境事務所、国民公園管理事務所の自動車の購入に係る契約17台中13台で、購入価格及び環境性能(燃費)を総合的に評価し、その結果が最も優れた地球温暖化原因防止対策と契約を締結する総合評価落札方式による入札を実施した。
2 中央合同庁舎第5号館本館庁舎で平成21年度に使用する予定の電力量18,452,432kWhのうち5,200kWの電力の調達で、地球温暖化原因防止対策の環境配慮契約を締結した。
3 鹿子前ビジターセンター(長崎県佐世保市)及び欅平ビジターセンター(富山県立山市)の設計業務2件について、地球温暖化原因防止対策の温室効果ガス等の排出の削減に配慮する内容を含む技術提案を求め、総合的に勘案してもっとも優れた地球温暖化原因防止対策の技術提案を行った者を特定する環境配慮型プロポーザル方式を採用した。
袴はかまレンタル卒業式情報不用品廃品ゴミ回収買取引取り処分情報医師の求人募集転職

> 地球温暖化原因防止対策の環境配慮契約はこちら

G8の地球温暖化原因防止対策の温室効果ガス削減目標

 外務省は、イタリアのラクイラで開催されているG8サミットにおいて取りまとめられたG8の地球温暖化原因防止対策温室効果ガス削減目標の首脳宣言を公表した。公表では、気候変動について、2008年の洞爺湖サミットにおいて合意した世界全体の地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出量を2050年までに少なくとも50%削減するとの目標を再確認するとともに、先進国全体では、1990年又はより最近の複数の年と比べた地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出量の削減率を50年までに80%以上を目標とするとで合意した。また、地球温暖化原因防止対策の温室効果ガスの排出量取引市場の可能性を更に研究するとともに、温室効果ガスの排出量取引市場を新興国・途上国を含めた可能な限り拡大するように最大限努力するとしている。この他、地球温暖化原因防止対策の低炭素技術の開発・普及を促進し、低炭素社会への移行を更に推進することの重要性についても強調している。
雨水再利用タンクシステム情報屋上緑化情報桐箪笥タンスの販売修理情報

> G8の地球温暖化原因防止対策の温室効果ガス削減目標はこちら

地球温暖化原因防止対策の低炭素地域づくり面的対策推進事業

 環境省は、全国の15地域を、地球温暖化原因防止対策の平成21年度低炭素地域づくり面的対策推進事業(委託事業)の対象地域として選定すると発表した。この事業は、地球温暖化原因防止対策の低炭素型の地域づくりを行う地域に対し、温室効果ガスであるCO2削減目標の設定や、排出量削減の目標達成に必要な面的な対策を盛り込んだ温室効果ガスの低炭素地域づくり計画の策定及びそのために必要なCO2削減シミュレーションの実施を支援するものとなっている。地球温暖化原因防止対策の平成21年度低炭素地域づくり面的対策推進事業(委託事業)は、平成21年4月27日から5月29日まで公募が行われ、「委託事業」に応募した25地域の提案内容について、環境省と国土交通省が地球温暖化原因防止対策の観点から共同で審査し、15の地域が選定された。今回選定された地球温暖化原因防止対策の実施地域は、礼文町(北海道)、帯広市(北海道)、仙台市(宮城県)、大丸有地域(東京都)、南アルプス市(山梨県)、横浜市都心部(神奈川県)、藤沢市(神奈川県)、御嵩町(岐阜県)、池田市(大阪府)、門真市幸福町・垣内町・中町(大阪府)、大阪中之島(大阪府)、神戸市西区(兵庫県)、宇部市(山口県)、香南市(高知県)、大分別府都市圏(大分県)となっている。

LEDライト電光サイン看板情報携帯マイmy箸運動販売情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化原因防止対策の低炭素地域づくり面的対策推進事業 はこちら

地球温暖化原因防止対策の京都議定書目標達成特別支援無利子融資利子補給金交付事業

 環境省は、地球温暖化原因防止対策の「京都議定書目標達成特別支援無利子融資利子補給金交付事業」で、地球温暖化原因防止対策の環境配慮型融資を実施する金融機関の公募を開始すると発表した。この地球温暖化原因防止対策事業は、金融機関の「環境に配慮した事業者」に対する融資制度で、地球温暖化原因防止対策に係る設備投資のための融資を受ける事業者に対してその利息を助成するものとなっている。融資対象の事業者は、(1)3年以内の間に地球温暖化原因防止対策の二酸化炭素排出減単位6%改善又は温室効果ガスの二酸化炭素排出量6%削減、(2)5年以内の間に地球温暖化原因防止対策の二酸化炭素排出減単位10%改善又は二酸化炭素排出量10%削減のどちらかの目標を誓約する必要がある。利子補給総額は45億円となっている。地球温暖化原因防止対策の利子補給対象融資限度額は100億円/件。利子補給率上限は3%(無利子が上限)となっている。利子補給期間は借入れ開始日から3年間以内(貸付の返還期間が上限)となっている。公募期間は平成21年7月6日から平成22年2月26日。応募方法の詳細は、プレスリリースの公募要領を参照のこと。地球温暖化原因防止対策の環境配慮型融とは、融資先である事業者の環境配慮の取組を、複数の項目により審査・評価し、その評価結果によって金利を段階的に変更する融資制度。
○応募書類の提出先、お問合せ先 財団法人日本環境協会 〒103-0002 東京都中央区日本橋馬喰町1-4-16 馬喰町第一ビル9階 担当:塚本、堀河 TEL:03-5643-6262

貸しテナント物件賃貸店舗情報フランチャイズFCチェーン加盟店募集情報販売代理店会社募集情報

> 地球温暖化原因防止対策の京都議定書目標達成特別支援無利子融資利子補給金交付事業 はこちら

地球温暖化原因防止対策の温室効果ガスの排出量取引

 経済産業省は、地球温暖化原因防止対策温室効果ガス二酸化炭素排出量取引の国内統合市場の試行的実施に係る第2次集中募集期間(4月28日~6月30日)における企業等の参加申請結果を公表した。公表によると、「地球温暖化原因防止対策の温室効果ガスの排出量取引の国内統合市場の試行的実施」について、更なる業種・企業の参加を得るため、参加企業等の第2次集中募集を行ったところ、4月28日から6月30日までの集中募集期間中に、自ら地球温暖化原因防止対策の温室効果ガスの削減目標を設定する「目標設定参加者」として72社、専ら地球温暖化原因防止対策の温室効果ガスの取引を行う「取引参加者」として7社、地球温暖化原因防止対策の温室効果ガスの国内クレジットの供給事業者として113社、合計192社の企業等から新たに参加申請があった。この結果、地球温暖化原因防止対策の温室効果ガスの試行排出量取引スキームに係る参加企業等の申請受付状況は、第1次募集における参加申請者と合わせて715社となった。また、本制度に関し、運営等について官民の関係者間で協議を行い、併せて普及、課題の抽出、評価、情報交換等を行う官民共同の組織である地球温暖化原因防止対策の温室効果ガスの「排出量取引試行協議会」の会員数が1,304社となっていることも併せて公表した。

地上デジタルテレビアンテナ工事情報レディースファッションブランド品リサイクルショップ情報家電リサイクルショップ高価買取販売情報

> 地球温暖化原因防止対策の温室効果ガスの排出量取引はこちら

交通・観光分野における地球温暖化原因防止対策のカーボンオフセット

 国土交通省は、交通・観光分野における地球温暖化原因防止対策カーボンオフセットを推進するため、交通・観光カーボンオフセットガイドラインを(財)交通エコロジー・モビリティ財団が初めて策定したと発表した。今回の地球温暖化原因防止対策のガイドラインは、バス、タクシー、宅配、レンタカー、旅客船、ホテル及び旅行について、地球温暖化原因防止対策のカーボンオフセットを行う場合の対象範囲、温室効果ガスの排出量の算定方法、オフセット料金の徴収方法等を盛り込んだものとなっている。同省では、交通・観光関係事業者が共同で地球温暖化原因防止対策のカーボンオフセットに必要な温室効果ガスであるCO2排出権の調達、償却を支援するシステムを構築し、カーボンオフセット導入を容易にかつ低コストで実施を可能にするとしている。

 カーボン・オフセットとは、日常生活や経済活動において避けることができないCO2等の温室効果ガスの排出について、まずできるだけ地球温暖化原因防止対策の排出量が減るよう削減努力を行い、どうしても排出される温室効果ガスについて、排出量に見合った温室効果ガスの削減活動に投資すること等により、排出される温室効果ガスを埋め合わせるという考え方です。イギリスを始めとした欧州、米国、欧州等での地球温暖化原因防止対策の取組が活発であり、我が国でも民間での地球温暖化原因防止対策の取組が拡がりつつあります。カーボン・オフセットは、地球温暖化原因防止対策のオフセットを行う主体自らの削減努力を促進する点で、これまで温室効果ガスの排出が増加傾向にある業務、家庭部門等の取組を促進することが期待されます。一方で、イギリスにおいて、オフセットするための削減活動が実質的な地球温暖化原因防止対策の温室効果ガスの削減に結びついていない事例が指摘されていたり、オフセットが自ら排出削減が行われないことの正当化に利用されるべきではないことの認識が共有される必要があるとの意見もあります。
 我が国において地球温暖化原因防止対策のカーボン・オフセットの取組が広まることで、事業者、国民など幅広い主体による自発的な地球温暖化原因防止対策の温室効果ガスの排出削減の取組を促進することとなり、地球温暖化原因防止対策の京都議定書の目標達成にも資することが期待されます。環境省ではこれらの状況を踏まえ、我が国における地球温暖化原因防止対策のカーボン・オフセットのあり方について、2007年9月から「カーボン・オフセットのあり方に関する検討会」を立ち上げ、5回に渡る議論とパブリックコメントを経て、2008年2月に「我が国におけるカーボン・オフセットのあり方について(指針)」を取りまとめました。また、2008年4月に、地球温暖化原因防止対策のカーボン・オフセットフォーラムを設立し((社)海外環境協力センター(OECC)内事務局)、カーボン・オフセットの取組に関する情報収集・提供、普及啓発、相談支援等を実施しています。

古着買取リサイクル通販情報ブランド品高価買取情報家具高価買取リサイクルショップ販売情報

> 交通・観光分野における地球温暖化原因防止対策のカーボンオフセットはこちら

高知県と百貨店が地球温暖化原因防止対策のカーボン・オフセット付の保冷バッグ

 環境省は、高知県と日本百貨店協会が地球温暖化原因防止対策のオフセット・クレジット(J-VER)売買契約を締結し、これによって、日本百貨店協会が地球温暖化原因防止対策のカーボン・オフセット付きの保冷バッグを平成21年7月7日から販売すると発表した。オフセット・クレジット(J-VER)制度は、国内のプロジェクトにより実現された地球温暖化原因防止対策の二酸化炭素温室効果ガス排出削減・吸収量を自主的なカーボンオフセットに用いられるクレジットとして認証するため、平成20年11月14日に創設されたものとなっている。今回の地球温暖化原因防止対策のカーボン・オフセット付きの保冷バッグは、業界統一の「スマート・クール・バッグ」(保冷タイプ)として、全国の百貨店で限定2万枚が販売される予定となっている。日本百貨店協会が地球温暖化原因防止対策のカーボン・オフセット付きのバックの素材はポリエステル(アルミ蒸着)で、サイズは縦35.5cm×横45cm×マチ17cmで、色は「ライトグレー×ミントグリーン」と「ライトグレー×ピンク」の2種類となっており、希望販売価格は税込み300円となっている。

子供服リサイクルショップブランド買取販売情報布団ふとんクリーニング情報着物きものリサイクル買取販売店情報

> 高知県と百貨店が地球温暖化原因防止対策のカーボン・オフセット付の保冷バッグはこちら

地球温暖化原因防止対策キャンペーン「1人1日1kgのCO2削減」

 環境省は、地球温暖化防止対策キャンペーンとしてチーム・マイナス6%が実施している「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーン協賛企業として、新たに2社からの地球温暖化原因防止対策の参加申し出があったと発表した。この地球温暖化原因防止対策の応援キャンペーンは、国民運動「めざせ!1人1日1kgのCO2削減」への参加を促すため、「チーム・マイナス6%」内における特設サイトにおいて、温室効果ガスの削減等に向けた地球温暖化原因防止対策の取り組みに関する「私のチャレンジ宣言」を行った人に対して、地球温暖化原因防止対策の協賛企業が商品の割引、ポイント還元率アップなどのサービスを行うものとなっている。今回、地球温暖化原因防止対策への協賛の参加を申し出たのは、株式会社エムティサービス東日本、ラン・ド・ミュー株式会社(50音順)の2団体となっている。この内、株式会社エムティサービス東日本の地球温暖化原因防止対策の取り組みは、「私のチャレンジ宣言」カードをFAX、又は郵送でお送り頂いた方に、「すみ花ちゃん」(切り花の延命剤)をプレゼントするというものとなっている。地球温暖化原因防止対策のキャンペーンの実施期間は、2009年7月~2009年12月31日となっている。地球温暖化原因防止対策のキャンペーンは、お1人様1回1点限り、先着100名様までで、なくなり次第終了するとしている。地球温暖化原因防止対策のキャンペーンの詳細については、株式会社エムティサービス東日本のホームページ(http://www.mtsej.co.jp/)を参照のこと。

カラオケセット機器機材レンタルリース情報ウエディングドレスレンタル格安激安販売情報貸し別荘コテージレンタル情報

> 地球温暖化原因防止対策キャンペーン「1人1日1kgのCO2削減」はこちら

地球温暖化原因防止対策のエコ燃料利用促進補助とエコビジネス

 環境省は、平成21年度の地球温暖化原因防止対策の「エコ燃料利用促進補助事業」を実施する事業者を、平成21年6月26日から7月24日(17時必着)まで公募すると発表した。地球温暖化原因防止対策のエコ燃料利用促進補助事業は、地球温暖化の温室効果ガス二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(民間団体)により、エコ燃料の製造やその利用に必要な設備等の整備を行い、地球温暖化原因防止対策に寄与する輸送用エコ燃料の利用拡大を推進していくものとなっている。地球温暖化原因防止対策の「エコ燃料利用促進補助事業」の補助対象事業は、(1)バイオエタノール製造事業、(2)バイオエタノール混合ガソリン等利用促進事業、(3)バイオディーゼル燃料製造事業の三事業となっている。地球温暖化原因防止対策の「エコ燃料利用促進補助事業」の補助対象事業者は、(1)民間企業、(2)公益法人、(3)その他環境大臣が適当と認める者で、国や地方公共団体は対象とならない。また、地球温暖化原因防止対策の「エコ燃料利用促進補助事業」の事業の年数は原則単年度で、補助率は1/2が上限となっている。提出先 環境省 地球環境局 地球温暖化対策課 エコ燃料利用促進補助事業担当 〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 TEL:03-3581-3351(6780) FAX:03-3580-1382 E-mail:chikyu-ondanka@env.go.jp
 また、環境省は、地球温暖化原因防止対策のエコビジネスの芽を見つけ、育てるコンテスト「eco japan cup 2009」を開催し、平成21年7月21日から応募受付を開始すると発表した。地球温暖化原因防止対策の「eco japan cup」は今年で4回目で、「日本発、世界の経済をエコ化する」をコンセプトに開催される。このコンテストは、地球温暖化原因防止対策の環境ニューディール政策の一環と位置づけられており、エコビジネスで世界経済を活気づける意気込みで開催する。主催は、「環境ビジネスウィメン」、「環境省」、「総務省」、「三井住友銀行」と「日本政策投資銀行」となっている。地球温暖化原因防止対策の募集を行うのは、「ビジネス部門」、「カルチャー部門」、「ライフスタイル部門」と新たに設けられた「ポリシー部門」の合計4分部門となっている。応募締切は8月31日で、結果発表は12月となっている。受賞作品はエコプロダクツ2009会場にて展示・発表される予定となっている。応募の詳細は「eco japan cup」ホームページ(http://www.eco-japan-cup.com)を参照のこと。お問い合せ eco japan cup 総合運営事務局 一般社団法人 環境ビジネスウィメン TEL:03-5888-9139 E-mail:info@herb.or.jp

コピー機レンタルリース格安情報PCパソコン個人向けレンタルリース情報貸しスタジオレンタル情報

> 地球温暖化原因防止対策のエコ燃料利用促進補助とエコビジネスはこちら

京都府京都市と福岡県の地球温暖化原因防止対策

 京都府京都市は、地球温暖化原因防止対策の一環としてネット上で家庭の電気やガスなどの消費量を毎月入力し、省エネの取り組み状況を把握する「インターネット版環境家計簿」(http://www.doyoukyoto.com/)を2009年3月の「DO YOU KYOTO?デー」の日に開設した。地球温暖化原因防止対策の一環の取組みとしては、全国初の機能として、太陽光発電ソーラーシステムの利用効果を反映したグラフの表示システムを始め、各種団体や企業などグループ単位での参加が可能となっており、地球温暖化原因防止対策の取り組み成果を共有することができる。また、地球温暖化原因防止対策のため、電気やガスの消費量を標準世帯と比較し、省エネルギーに関するアドバイスを表示する。さらに「エコクイズ」、「エコ占い」などの子供から大人まで楽しみながら地球温暖化原因防止対策を学ぶことができるコンテンツや、抽選で「トラフィカ京カード(1000円)」が当たる特典もあり、京都市は登録者に好評を得ていると話している。
 一方、福岡県では、「福岡県エコバスツアー」を2009年3月から開催しており、エコファミリーに登録している親子12組を招待した。これは福岡県が初めて実施するもので、エコ事業所である西日本鉄道(福岡市)と西部ガス(福岡市)の協力によって、エコ・クッキングの実習の実施するほか、大木町の生ゴミ、し尿、浄化槽汚泥を処理するバイオマス施設「くるるん」や家庭用燃料電池を見学した。車内では、西日本鉄道の環境保全へ向けた取り組みの紹介や地球温暖化原因防止対策クイズなども通して、家庭や事業所・自治体の地球温暖化原因防止対策の取り組みを紹介した。最後に子供13人が地球温暖化原因防止対策に向けた「私のエコ宣言」を行い、年間で200リットルのドラム缶約6000本分の地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減を約束した。

貸しベビー用品レンタル情報観葉植物レンタルリース貸し植木情報スーツケースレンタル格安情報

> 京都府京都市と福岡県の地球温暖化原因防止対策はこちら

改正地球温暖化対策の推進に関する法律の説明会

 環境省は、改正地球温暖化対策の推進に関する法律の説明会(~温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度について~)を平成21年7月24日から8月31日までの間、全国9か所で説明会を開催すると発表した。この説明会は、地球温暖化対策の推進に関する法律(温対法)及び関係政省令の改正に伴い、平成21年度排出量から、企業・フランチャイズチェーン単位での報告になるなど、新しい算定・報告方法となるため、改正地球温暖化対策の推進に関する法律及び関係政省令改正を受けた制度の改正点を中心に、制度の概要と、一般的な算定方法、報告方法について説明し、事業者に適切な算定・報告を実施してもらうことを目的に同省の各地方環境事務所が無料で実施するものとなっている。改正地球温暖化対策の推進に関する法律の説明会の開催日程は、7/24(札幌市)、7/29(東京都)、8/7(さいたま市)、8/21(那覇市)、8/25(名古屋市)、8/26(大阪市)、8/27(高松市)、8/28(広島市)及び8/31(仙台市)の予定となっている。改正地球温暖化対策の推進に関する法律の説明会に参加するためには、それぞれの開催地の地方環境事務所に開催日の3日前(土日祝日を除く)までに申込む必要がある。申込方法等詳細に関しては環境省のプレスリリースを参照してください。http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=11274

格安激安プロジェクターレンタル情報格安激安PA音響機材機器レンタル情報貸しホールレンタル情報

> 改正地球温暖化対策の推進に関する法律の説明会はこちら

地球温暖化対策法関係省令が公布

 環境省は、「温室効果ガス算定排出量の報告等に関する命令の一部を改正する命令」、「特定排出者の事業活動に伴う温室効果ガスの排出量の算定に関する省令の一部を改正する省令」及び「温室効果ガス算定排出量の集計の方法等を定める省令の一部を改正する省令」が平成21年6月23日に公布・施行されたと発表した。今回の改正は、「地球温暖化対策の推進に関する法律」の一部改正に併せ、主務省令で定める報告事項等、環境省令・経済産業省令で定める特定排出者が用いる他から供給された電気使用に伴う二酸化炭素排出係数及び集計方法等について所要の改正を行ったものとなっている。
 これらに対する意見募集のパブリックコメントは、次のとおり行われていた。環境省は、「温室効果ガス算定排出量の報告等に関する命令の一部を改正する命令案(概要)」と「温室効果ガス算定排出量の集計の方法等を定める省令の一部を改正する省令案(概要)」に、平成21年2月26日から3月27日までの間、意見募集を行うと発表した。「地球温暖化対策の推進に関する法律」の一部改正に併せ、主務省令で定める報告事項等及び環境省令・経済産業省令で定める集計方法等について所要の改正を行うものとなっている。「温室効果ガス算定排出量の報告等に関する命令の一部を改正する命令案(概要)」と「温室効果ガス算定排出量の集計の方法等を定める省令の一部を改正する省令案(概要)は、平成21年4月1日から施行される予定となっている。「温室効果ガス算定排出量の報告等に関する命令の一部を改正する命令案」と「温室効果ガス算定排出量の集計の方法等を定める省令の一部を改正する省令案に対する意見は、郵送、FAX、電子メールで受け付けている。○意見提出先 環境省地球環境局地球温暖化対策課 〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 FAX:03-3580-1382 E-mail:ghg-santeikohyo@env.go.jp

貸し倉庫収納トランクルームレンタル情報介護用品レンタル情報家電製品家具レンタルリース情報

> 地球温暖化対策法関係省令が公布はこちら

兵庫県と山口県下関市の地球温暖化原因防止対策の車両

 地球温暖化原因防止対策のための温室効果ガス二酸化炭素排出量削減のため低公害車の普及に取り組んでいる兵庫県は、2009年年度以降に市場投入が予定される電気自動車(EV)を公用車として利用する実証実験を2月に始めた。地球温暖化原因防止対策の実証実験用の車は環境省から借り受けたもので、3月中旬までは三菱自動車工業(東京都港区)の小型車「i MiEV(アイミーブ)」(1充電当たりの走行距離160km)を使用して地球温暖化原因防止対策の実験を行う。4月以降は富士重工業の「ステラ」(同80km)3台を借り、公用車として使用するほか、県主催イベントでの啓発活動や市町への貸し出しも行う。一方、山口県下関市では、地球温暖化原因防止対策のための温室効果ガスの排出量削減のため市のゴミ収集車に2009年2月、新しくディーゼルエンジンと電動式モーターを組み合わせた「ハイブリッドディーゼル車」を1台導入した。ハイブリッドディーゼル車は、排気ガス中の窒素酸化物や粒子状物質を低減する低公害効果だけでなく、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量を従来の収集車より約25%低減し、地球温暖化原因防止対策に寄与するものとなっている。燃費は従来のものより約24%向上している。山口県下関市では、主に学校ゴミなどの収集で市内を循環し、ゴミ減量や地球温暖化原因防止対策への意識の向上を呼びかける。ゴミ収集車へのハイブリッドディーゼル車の導入は、山口県内では下関市が初めてで、中国地方の自治体でも2番目となっている。

病院臨床検査技師の求人募集転職看護師・准看護師の求人募集転職保健師の求人募集転職

> 兵庫県と山口県下関市の地球温暖化原因防止対策の車両はこちら

東京都練馬区と埼玉県の地球温暖化原因防止対策

 東京都練馬区では、地球温暖化原因防止対策の一環として2009年2月から本庁舎内の各階の電気使用量を計測し、時間ごとの使用量をグラフ表示する「電気の見える化」を開始しており、これは、全国の自治体では初めての取り組みとなっている。見える化により、取り組みの効果が簡単に確認できるため、これまで以上に地球温暖化原因防止対策の一環として節電意欲の向上が図れると期待している。運用にあわせた説明会では、東京都練馬区の各階室内管理責任者・ISO推進員を対象に、削減目標の達成に向けた取り組み強化を求めた。東京都練馬区は2009年度までの5カ年で、地球温暖化原因防止対策の温室効果ガスの11.1%削減(14~16年度比)を目指し、現在6%の削減を達成し、地球温暖化原因防止対策に寄与している。一方、埼玉県では、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)が、日常生活のどんな場面で排出され、どのような工夫でどの程度削減できるかを「見える化」するパンフレット、「~見えなかったCO2がよく見える~ 家庭のCO2削減ハンドブック」を作成した。埼玉県内の暖房、リビング、洗濯・掃除、移動といった日常生活の場面ごとに、使い方の工夫、機器の買い替えなど地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2を削減する取り組みを、約60項目提示している。埼玉県では、それぞれの取り組みごとに、CO2削減量、省エネなどによる地球温暖化の原因となる温室効果ガスの節約金額の目安を「見える化」していることが特徴となっている。埼玉県では、このハンドブックを使った地球温暖化原因防止対策の環境講座も開催している。

ピアノ講師求人募集転職家庭教師の求人募集転職講師の求人募集転職

> 東京都練馬区と埼玉県の地球温暖化原因防止対策はこちら

地球温暖化原因防止対策の京都メカニズム案件を承認CDM

 経済産業省は、日本政府に申請されていた地球温暖化原因防止対策クリーン開発メカニズム(CDM)及び共同実施(JI)にかかるプロジェクトが、「京都メカニズム推進・活用会議」で承認されと発表した。今回発表されたのは、丸紅株式会社、電源開発株式会社など14社から申請されていた中国、インド、東南アジア諸国等におけるプロジェクト。
 今回の承認分で、日本の正式な地球温暖化原因防止対策の京都メカニズム承認案件数は484件、全承認プロジェクトの年平均CO2排出削減量の合計はCO2換算で13,225.5万トンとなった。CDM事業及びJI事業は、各国の地球温暖化原因防止対策の温室効果ガス削減目標達成のための市場原理を活用した国際的な仕組み「京都メカニズム」の取り組みで、先進国と途上国が共同で温室効果ガス排出削減プロジェクトを実施し、達成された温室効果ガス削減分の一部(認証排出削減量)を先進国が自国の削減量として充当することを認める制度である。日本政府の正式なプロジェクトとなるためには温暖化対策関連省庁のいずれかに承認申請を提出し、関連省庁が共同で開催する「京都メカニズム推進・活用会議」で承認されることが必要となっている。

貸しテナント物件賃貸店舗情報フランチャイズFCチェーン加盟店募集情報販売代理店会社募集情報

> 地球温暖化原因防止対策の京都メカニズム案件を承認CDMはこちら

地球温暖化「日本への影響」長期的な気候安定化レベルと影響リスク評価

 国の環境省と独立行政法人国立環境研究所は、地球環境研究総合推進費の戦略的研究プロジェクト「地球温暖化影響総合予測プロジェクト」の研究成果として「地球温暖化「日本への影響」-長期的な気候安定化レベルと影響リスク評価-」を公表した。今回の成果は、「地球温暖化影響総合予測プロジェクトチーム」(茨城大学、国立環境研究所、東北大学、農業環境技術研究所、森林総合研究所などの14機関)がとりまとめたもので、平成21年4月14日に内閣官房が開催した「地球温暖化問題に関する懇談会中期目標検討委員会(第7回)」に報告された地球温暖化の研究概要の詳細版となっている。今後、国民生活に関係する広範な分野で一層大きな地球温暖化の影響が予想されること、世界的に温室効果ガス排出が大幅に削減された場合、日本に対する被害も相当程度減少すると見込まれるが、温室効果ガス濃度を450ppmに安定化した場合でも一定の被害が生じることは避けられないことが明らかになった。今回の成果は、気候安定化レベルに応じた日本への地球温暖化の影響及び地球温暖化の被害コストに関する総合的な知見を提供するものとなっている。

リサイクルトナー再生激安販売情報カーペットクリーニングじゅうたん情報革靴ブーツクリーニング情報

> 地球温暖化「日本への影響」長期的な気候安定化レベルと影響リスク評価はこちら

地球温暖化の原因の温室効果ガス観測技術衛星観測データ

 環境省、(独)国立環境研究所及び(独)宇宙航空研究開発機構は、地球温暖化原因となる温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)プロジェクトを推進しており、今回、陸上の晴天域における地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素及びメタン濃度の初の解析結果が得られたと発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」は、平成21年1月23日に種子島宇宙センターから打上げられ、現在データの初期校正検証中となっている。今回、「地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(カラム平均濃度)の初解析結果」や「メタン(カラム平均濃度)の初解析結果」が公表された。今後は、さらに、データの校正・検証等を行った上で、順次、観測データ及び解析結果等を一般に配布していくとのこと。GOSAT第2回研究公募(2nd Research Announcement)は、今年4月7日に発出し、E-mail、URL-Webサイトなどを通じて説明・ご案内をして参りました。お陰様で、これまでに何件かの応募をいただいておりますが「校正」、「データ処理アルゴリズム」、「検証」各研究分野の登録・応募期限が6月1日(日本時間)に迫ってまいりました。 現在、応募が増加傾向にあり、また、何名かの方々からは、締切延長のご要望を頂戴している次第です。この状況に鑑み、本公募を実施している三者の同意を得て、応募の締切時期を一週間延長し6月8日(月)(日本時間)とすることに致しました。ご関心をお持ちで、まだご応募頂いていない研究者の方には、この機会に是非ご応募頂きますようお願い申し上げます。温室効果ガス観測技術衛星GOSATプロジェクトは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)、国立環境研究所(NIES)、環境省(MOE)の共同プロジェクトです。国立環境研究所では、平成16年4月から、GOSAT研究チームを立ち上げ、GOSAT(愛称”いぶき”)に関する研究開発にあたっています。

ハウスクリーニング掃除清掃代行情報エアコンクリーニング業務用家庭用掃除洗浄情報着物きものクリーニング専門丸洗い情報

> 地球温暖化の原因の温室効果ガス観測技術衛星観測データはこちら

日本の地球温暖化ガスの二酸化炭素濃度が過去最高に

 気象庁は、平成21年5月19日 国内3地点(岩手県大船渡市綾里、東京都小笠原村南鳥島、沖縄県八重山郡与那国島)の、大気中の地球温暖化につながる温室効果ガスの二酸化炭素濃度の観測結果について公表した。公表によると、2008年の年平均値は3地点でそれぞれ388.5ppm、386.6ppm、388.0ppmとこれまでで過去最高となった。ここ10年間では1.9ppm/年の割合で増加を続けており、国内で最初に長期連続観測を開始した綾里においては、観測開始時(1987年)より、37.3ppm濃度が増加している。また、年間で最も二酸化炭素濃度の高くなる春季において、今年3月~4月の観測値は、それぞれ395.3ppm(綾里、4月)、390.8ppm(南鳥島、3月)、393.2ppm(与那国島、4月)と、すべての観測点で観測開始以来の最高値を記録した。

貸しデジタルビデオカメラレンタル情報トラックレンタカーレンタル情報貸し子供服レンタル情報

> 日本の地球温暖化ガスの二酸化炭素濃度が過去最高にはこちら

地球温暖化の原因対策の環境保全型の地域づくりの推進支援事業

中長期的に地球温暖化の原因となる温室効果ガスの大幅削減を実現するためには、公共交通機関の利用促進によるコンパクトシティへの取組や、未利用エネルギーの活用、緑地の保全や風の通り道の確保などの自然資本の活用等、面的な対策群の実施により、都市構造や社会経済システムを集約型・低炭素型に転換する取組を進めることが重要です。平成20年度環境保全型の地域づくりの推進支援事業は、内閣官房が選定した環境モデル都市である地方公共団体が環境保全の観点から実施する集約型・低炭素型の都市づくりにつながる先進的な事業に対して、必要とする施設や設備の整備を集中的に支援するものです。 環境省は、平成20年度環境保全型の地域づくりの推進支援事業の選定結果(第二次)を発表した。 この事業は、内閣官房が選定した環境モデル都市である地方公共団体が、環境保全の観点から実施する集約型・低炭素型の都市づくりにつながる先進的な事業に対して、必要とする施設や設備の整備を集中的に支援するもの。今回選定されたのは、高知県梼原町の2事業と、北海道帯広市、富山県富山市、沖縄県宮古島市の各1事業となっている。

貸しベビー用品レンタル情報観葉植物レンタルリース貸し植木情報スーツケースレンタル格安情報

> 地球温暖化の原因対策の環境保全型の地域づくりの推進支援事業はこちら

地球温暖化防止のための温室効果ガス排出削減カーボン・オフセット

 環境省は、国内のプロジェクトにより実現された地球温暖化防止のための温室効果ガス排出削減・吸収量をカーボン・オフセットに用いられるクレジットとして認証するオフセット・クレジット(J-VER)制度に関する説明会を、地方公共団体及び事業者等を対象に開催すると発表した。地球温暖化防止のための温室効果ガス排出削減カーボン・オフセットは、東京都(6/1)、愛知県名古屋市(6/3)、大阪府大阪市(6/9)、北海道札幌市(6/12)、宮城県仙台市(6/15)、広島県広島市(6/18)、福岡県福岡市(6/19)、高知県高知市(6/22)、新潟県新潟市(6/24)、熊本県熊本市(6/26)の10箇所で開催される。10箇所の各会場とも、開場13:00、開始13:30、終了17:30を予定しており、参加費は無料となっている。ただし、参加希望者多数の場合には事務局で調整するとしている。参加希望者は、希望の会場の開催日の7日前までに、申込HPで登録する必要がある。個別相談の申し込みも可能である。申込HP:http://www.j-cof.org/temporary/zenkoku_jver2009.html

格安激安プロジェクターレンタル情報格安激安PA音響機材機器レンタル情報貸しホールレンタル情報

> 地球温暖化防止のための温室効果ガス排出削減カーボン・オフセットはこちら

地球温暖化の温室効果ガス総排出量確定値

 環境省は、2007年度(平成19年度)の日本の地球温暖化温室効果ガス総排出量速報値を、二酸化炭素換算で計算すると13億7,400万トンになったと発表した。京都議定書の規定による基準年(CO2、CH4、N2Oは1990年、HFCs、PFCs、SF6は1995年)地球温暖化の温室効果ガスの総排出量と比べると、エネルギー起源二酸化炭素については、業務その他部門、家庭部門、運輸部門などからの排出量が増加したことなどにより、地球温暖化の温室効果ガス総排出量としては9.0%上回っている。前年度の地球温暖化の温室効果ガス総排出量と比べるても、約2.4%(約3,200万トン)増加している。また、各国が参加して締結した京都議定書に基づく吸収源活動の排出・吸収量は、2007年度は4,070万トン(うち森林4,000万トン、都市緑化等70万トン)。これは、地球温暖化の温室効果ガス基準年総排出量の3.2%に相当する。こうしたことから、地球温暖化の温室効果ガスの削減目標については、その達成が非常に困難になってきているといえる。一方、アメリカ環境保護庁(EPA)は、「アメリカ 温室効果ガス排出量および吸収源目録:1990-2007年」と題する報告書(最終版)を公表した。報告書は、各界からのコメントを踏まえたもので、気候変動枠組条約事務局に提出された。2007年の温室効果ガス排出量(6種類のガスの合計)はCO2換算で71億5000万トンとなり、2006年から1.4%増加した。1990年から2007年にかけては、17.2%の増加であった。増加の主な原因は、燃料・電力消費に伴ってCO2排出量が増加したこと。具体的には、(1)2006年に比べ、2007年は、冬が寒く、夏が暑かったため、燃料や電気の需要が増加した、(2)発電用化石燃料の消費量が増加した、(3)水力発電が減少(14.2%減)したことが主な要因とされている。さらに、ドイツ連邦環境省は、2008年の温室効果ガス排出量予測値を発表。排出量は1990年比23.3%減となり、京都議定書における目標値21%減をクリアしたことが明らかになった。ドイツには、京都議定書の目標として、2008年から2012年までの温室効果ガス平均排出量を1990年比21%減とすることが求められている。これらの予測値の算出は連邦環境庁が担当し、詳細結果は、2010年初めに公表される。概要は下記の通り。2007年比では1.2%減。この減少の大部分はCO2によるもので、1.1%減に相当する940万t減であった。CO2排出量は、2008年の温室効果ガス排出量の88%を占めている。トローゲ連邦環境庁長官は、「CO2排出量が減少した要因としては、石炭と褐炭の需要が減ったことと、天然ガスと再生可能エネルギーの利用が増えたことが挙げられる」とコメントした。2008年の一次エネルギー需要は約1%増加したにも関わらず、CO2排出量は1.1%減となったことが注目に値する。これは、液体系燃料の使用が増加する一方で、石炭や褐炭の売り上げ量が減少したことが要因にある。企業や一般家庭における発電や熱生産に天然ガスの利用が増え、更に発電所や鉄鋼産業などにおける石炭の役割が減少している。実際には、2007年比で、石炭の利用は7%減、褐炭の利用は3.5%減となっている。再生可能エネルギー源は、1次エネルギー需要の7.4%を供給している。2008年のメタン排出量は、変化なし。廃棄物処理からのメタン排出量は5%減だが、家畜の飼育に伴う排出量は増加している。農業や化学産業から多く排出されるN2Oの排出量は、2007年比5%減である。PFCは、特にアルミニウムと半導体の生産で減少、5.3%減。HFC排出量は、冷却関係の利用増で4.5%増となっている。SF6は、2.8%増となっている。


ケアマネージャー・介護支援専門員の求人募集転職和服振袖留袖着物レンタル貸衣装情報金プラチナ貴金属高価買取情報情報

> 地球温暖化の温室効果ガス総排出量確定値はこちら

CO2等の温室効果ガス排出抑制を行う事業者を募集

 環境省は、地球温暖化防止原因対策のため、大気中に排出されるCO2などの温室効果ガスの排出量を削減する「平成21年度自動車環境配慮推進事業」を実施する自動車関連事業者の募集を開始した。この「自動車環境配慮推進事業」は、平成20年度の「自動車省CO2対策推進事業」が名称変更したもので、窒素酸化物や粒子状物質、CO2の排出抑制に関する計画的な取組を行う事業者を募集し、計画的な取組として認定を受けた事業者に対し、燃費基準達成かつ排出ガスに係る新長期適合のトラックやバスを導入する費用の一部(通常車両価格との差額の1/2以内)を補助するものである。事業者からの「自動車環境配慮推進計画」の申請受付期間は、平成21年4月10日~11月30日としているが、予算の範囲を超える場合には期間途中であっても受付を締め切る。当日消印有効。計画の提出先 環境省水・大気環境局自動車環境対策課 自動車環境配慮推進事業担当 東京都千代田区霞が関1-2-2 E-mail:JIDOSHAKA-N@env.go.jp

貸しテナント物件賃貸店舗情報フランチャイズFCチェーン加盟店募集情報販売代理店会社募集情報

> CO2等の温室効果ガス排出抑制を行う事業者を募集 はこちら

森林バイオマス関連の温室効果ガス試行排出量取引

 農林水産省は、4月15日開催の第3回国内クレジット認証委員会において、08年10月から政府が開始している地球温暖化防止のための、温室効果ガスである二酸化炭素削減のための取組みとしての「排出量取引の国内統合市場の試行的実施」において、森林バイオマス案件としては第1号となる申請案件が報告されたと発表した。排出量取引の国内統合市場の試行的実施の申請案件は、福岡県那珂川町の温泉施設「清滝」の温泉ボイラーでのおが屑利用、同県八女市の温泉施設「べんがら村」の温泉加温ボイラーでの森林バイオマス利用、山形県小国町での役場及びその周辺における融雪・暖房用バイオマスボイラーの利用の3件となっている。今後、審査機関又は審査員の審査を経て委員会において承認されれば、事業計画に沿って排出削減事業を実施していくことになる。バイオマスボイラーの導入による国内クレジット制度への適用に関しては、これまでは導入前に化石燃料を使用していた場合の切り替えのみを対象としていたが、委員会での審議によって、今後はバイオマスボイラーの新設によっても国内クレジット対象として認められる可能性があることになる。

地上デジタルテレビアンテナ工事情報レディースファッションブランド品リサイクルショップ情報家電リサイクルショップ高価買取販売情報

> 森林バイオマス関連の温室効果ガス試行排出量取引はこちら

鹿児島県の地球温暖化原因防止対策活動

 鹿児島県は、環境保全の取り組みを進める民間団体などを対象に、「地球温暖化原因防止対策活動支援事業」による活動費支援の2次募集を行ったところ、7件の応募があり、うち3件への助成を決定した。今回選出した事業は、鹿児島県民が毎月5日に取り組む「エコライフデー」運動の普及とも連動しながら進めていくとしている。鹿児島県が決定した助成対象事業は、ゴミの減量をテーマにした「エコラジオ できることから始めるエコライフ事業」、鹿児島県の地産地消をテーマにした「減らせフードマイレージ講座 島の食材を食卓に」、3R(リデュースリユースリサイクル)推進を訴える「温暖化防止読み聞かせ及び劇による啓発活動」の3件となっている。鹿児島県では、これらの活動を奨励・支援すると共に、そのほかの地球温暖化原因防止対策活動を鹿児島県内に広く普及させることによって、二酸化炭素などの温室効果ガスを削減していきたいとしている。

着ぐるみレンタル・通信販売情報コスプレ衣装レンタル製作通信販売情報貸しデジタルビデオカメラレンタル情報トラックレンタカーレンタル情報

> 鹿児島県の地球温暖化原因防止対策活動はこちら

地球温暖化原因防止対策のカーボン・オフセット認証ラベル

 環境省は、社団法人海外環境協力センターにおいて発行する地球温暖化原因防止対策の「カーボン・オフセット認証ラベル」のデザインを公表した。この認証ラベルは、「地球温暖化原因防止対策に役立っている」、「二酸化炭素などの温室効果ガスを削減している」、「信頼のおける商品である」ことが一目で分かることをコンセプトに社団法人海外環境協力センターが作成したもので、環境省「カーボン・オフセットの取組に対する第三者認証機関による認証基準(Ver.1.0)」に基づく第三者認証を受けた対象案件に対して発行されるものである。2009年3月に環境省が取りまとめた「カーボン・オフセットの取組に対する第三者認証機関による認証基準(Ver.1.0)」に基づき、4月下旬を目途に、気候変動対策認証センター(社団法人海外環境協力センター内)がカーボン・オフセットの取組に対する第三者認証を実施するとともに、認証された取組に対するラベリングを実施する予定であるとのこと。環境省は、「カーボン・オフセット認証ラベル」を国民に広く普及啓発することによって、地球温暖化原因防止対策に寄与していきたいとしている。

PCパソコン個人向けレンタルリース情報貸しスタジオレンタル情報貸しギャラリー貸し画廊レンタル情報

> 地球温暖化原因防止対策のカーボン・オフセット認証ラベルはこちら

地球温暖化原因対策の中期目標に関する意見交換会

 内閣官房、環境省及び経済産業省は、地球温暖化原因対策の中期目標の選択肢について、直接国民の意見を聴くため、下記のとおり全国5か所で意見交換会を開催すると発表した。(既に実施済みの会場もある。)日本政府は、これらの会場からの地球温暖化防止に向けての意見も踏まえる中で、地球温暖化防止対策の中期目標(我が国の2020年の温室効果ガス排出量についての削減目標)を今年6月までに決定する予定としている。
(1)東京 日時:平成21年4月20日(月)19:00~21:00 会場:内閣府本府 地下一階講堂(東京都千代田区)定員:200人
(2)名古屋 日時:平成21年4月21日(火)18:00~20:00 会場:愛知県産業貿易館 特別会議室(愛知県名古屋市中区)定員:130人
(3)大阪 日時:平成21年4月22日(水)17:30~19:30 会場:国民会館 武藤記念ホール大ホール(大阪府大阪市中央区)定員:150人
(4)札幌 日時:平成21年5月11日(月)17:30~19:30 会場:ホワイトキューブ札幌 1F会議室(北海道札幌市北区)定員:80人
(5)福岡 日時:平成21年5月12日(火)18:00~20:00 会場:福岡合同庁舎 共用中会議室A・B(福岡県福岡市博多区)定員:100人
 地球温暖化原因対策の意見交換会への参加希望者は、東京・大阪・名古屋会場分は4月15日までに、札幌・福岡会場分は5月6日までに、件名を「【参加希望(○○会場)】意見交換会」とし、氏名、所属、連絡先(電話、メールアドレス)を記入して、メールで申し込む必要がある。定員をオーバーした場合は抽選となる。○参加申込及び問い合わせ先:内閣官房 副長官補室 地球温暖化問題に関する懇談会担当 担当:宇都宮、西村 E-mail:ondankakondankai@cas.go.jp


観葉植物レンタルリース貸し植木情報スーツケースレンタル格安情報コピー機レンタルリース格安情報

> 地球温暖化原因対策の中期目標に関する意見交換会はこちら

地球温暖化原因対策の新たな温室効果ガス削減環境事業モデルの新規募集

 国土交通省は、地球温暖化原因対策として、二酸化炭素などの温室効果ガスの削減に寄与する「新たな温室効果ガス削減環境事業モデル」の新規募集を平成21年5月29日まで行うと発表した。これは、地球温暖化原因防止対策の一環として、国土交通分野における二酸化炭素などの温室効果ガスを排出する民間事業者等から、地球温暖化防止のための環境に配慮した経済活動上の先進的提案を広く募集ものである。新たな温室効果ガス削減環境事業モデルとして採択されると、室効果ガス削減のための調査・検討、実証実験的な活動等に対して、1件当たり500万円を上限として支援を行うものである。なお、温室効果ガスを排出しない民間事業者やNPO等などの単体での提案は対象外としている。国土交通省は、環境省と共に、国の各省庁が一体となって、関連する事業において地球温暖化原因対策を取ることによって、一層の温室効果ガスの削減に取り組んでいきたいとしている。


格安激安プロジェクターレンタル情報格安激安PA音響機材機器レンタル情報貸しホールレンタル情報貸しベビー用品レンタル情報

> 地球温暖化原因対策の新たな温室効果ガス削減環境事業モデルの新規募集はこちら

山梨県が地球温暖化対策条例を施行

 地球温暖化原因対策の取組みとしては、最近では、環境省の国主導による取組みだけでなく、都道府県による取組みも活発になってきている。山梨県では、県内において地球温暖化原因対策を効果的、かつ、総合的に推進していくため、山梨県地球温暖化対策条例を制定し、施行した。山梨県地球温暖化対策条例は、二酸化炭素などによる温室効果ガスの排出抑制を計画的に推進し、山梨県民や事業者などの地球温暖化防止に対する意識を高めるとともに、自主的な取り組みを促進するために制定したとしている。山梨県では、山梨県地球温暖化対策条例の規定に基づき、電力などの消費量が原油換算で1,500kL以上のすべての事業者に対して、地球温暖化防止対策のため、事業から排出される二酸化炭素の年間削減目標や削減策の提出を求めることとしている。対象は製造業や大学、病院を含む計110社となる見込みとしている。山梨県では、山梨県内に一定以上の台数を持つバスやトラック、タクシー事業者にも参加を呼びかける。また、事業者などが森林整備を行った場合は、吸収量に換算して、排出抑制の取り組みとして山梨県が認証する。山梨県地球温暖化対策条例は、2009年4月1日に施行されている。


貸し会議室レンタル情報賃貸の貸し事務所レンタルオフィス探し情報貸し布団ふとんレンタル情報

> 山梨県が地球温暖化対策条例を施行はこちら

埼玉県川口市で地球温暖化原因対策のレジ袋辞退率が80%

 埼玉県川口市では、地球温暖化原因対策の一環として、化石燃料由来のレジ袋削減することによって温室効果ガスである二酸化炭素を削減するために、2008年11月から協定締結12事業者の市内店舗で県内自治体として初めてのレジ袋無料配布中止に取り組んでいる。レジ袋無料配布中止の取組みの初日には、各店舗ともレジ袋辞退率はおおむね80%で、全体で5万596枚のレジ袋削減効果があった。これは、原油926L分に相当し、二酸化炭素(CO2)排出量ではスギの森林2,048㎡が吸収する量に相当、2,355kg・CO2を削減したことになる。レジ袋無料配布中止の取組みに対しては、特にクレームやトラブルはなく、逆に、一層の地球温暖化防止対策に取り組んでいくために、商品のトレーの廃止を求める声や、サッカー台のロール袋を無料で配布してはCO2削減にならないなどのさらに前向きな意見もあった。 埼玉県川口市では、レジ袋無料配布中止の取組みを足がかりとして、さらに地球温暖化原因防止対策に取り組み、温室効果ガスである二酸化炭素を削減していきたいとしている。


ケアマネージャー・介護支援専門員の求人募集転職和服振袖留袖着物レンタル貸衣装情報金プラチナ貴金属高価買取情報情報

> 埼玉県川口市で地球温暖化原因対策のレジ袋辞退率が80%はこちら

地球温暖化原因対策の温室効果ガス観測技術衛星GOSAT研究公募

 環境省、(独)国立環境研究所及び(独)宇宙航空研究開発機構は、今年1月23日に打ち上げた、地球温暖化原因対策のための温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)のデータの一般公開に先立って、校正、検証などのデータ質評価とデータ利用研究の促進を目的として、研究公募(第2回)を実施すると発表した。今回の公募されるのは以下の5つの研究分野となっている。(1)温室効果ガス観測技術の校正分野(2)温室効果ガス観測技術のデータ処理アルゴリズム分野(3)温室効果ガス観測技術の炭素収支推定、大気輸送モデル分野(4)温室効果ガス観測技術の検証分野(5)温室効果ガス観測技術のデータ利用研究分野の4分野である。締め切りは、(1)、(2)、(4)の分野が平成21年6月1日、(3)(5)の分野が6月23日となっている。なお、今年度の冬期ごろに、今回の研究公募によって選考された研究代表者による地球温暖化原因対策のための温室効果ガス観測技術のワークショップが東京都で開催される予定となっている。


パートタイマーの求人募集転職内職在宅ワークの求人募集転職介護福祉士の求人募集転職

> 地球温暖化原因対策の温室効果ガス観測技術衛星GOSAT研究公募はこちら

静岡県富士市で地球温暖化防止対策の廃食用油の拠点回収

 静岡県富士市では、地球温暖化原因対策の一環の取組みとして、燃えるゴミを減らし、資源の有効利用を進めるため、2008年12月から市内10カ所の拠点で廃食用油の拠点回収を始めた。回収拠点となるのは、環境クリーンセンターやスーパー、ガソリンスタンドなどとなっている。これまで捨ててしまっていた家庭で使用した天ぷら油を2Lまでのペットボトルなどフタ付きの密閉できる容器に入れて、近くにある各回収拠点まで持ち込んでもらい、毎週水曜日に市が各拠点から廃食用油を回収するとしている。回収した廃食用油は、専門の再生処理事業者に引き渡し、専用設備を使用してバイオディーゼル燃料(BDF)に精製して再利用する。静岡県富士市では、他市の実績から、1カ月あたり425Lを回収できると見込んでいる。静岡県富士市では、この取組みによって、可能な限り少しでもガソリンや軽油などの化石燃料の使用を減らし、二酸化炭素などの温室効果ガスを減少させて地球温暖化の防止に寄与したいとしている。


占い師の求人募集転職カメラマン・アシスタントの求人募集転職イラストレーターの求人募集転職

> 静岡県富士市で地球温暖化防止対策の廃食用油の拠点回収はこちら

石川県加賀市が地球温暖化原因対策の新エネルギービジョン

 石川県にある加賀市が、地球温暖化原因対策の一環として全市的に取り組むための市における新エネルギー導入に関する基本方針や具体的な導入方策を取りまとめ、市が先導的に取り組むとともに、住民や事業者への普及啓発と取り組みの裾野を広げるため「市地域新エネルギービジョン」を策定した。2009年1月には素案を市報やインターネットなどを通じて発表し、パブリックコメントとして市民から意見を求めた。ビジョンは、「市総合計画」の地球温暖化防止活動の推進計画として位置づけ、「市バイオマスタウン構想」や「市地球温暖化対策地域推進計画」との整合性を図りながら策定した。ビジョンの実施期間は2009年度から2018年度までの10年間としている。 石川県加賀市では、新エネルギービジョンに基づいて、二酸化炭素など温室効果ガスの効果的な削減に努め、地球温暖化の原因となっているものに対する対策を積極的に進めて、少しでも温暖化の防止に寄与していきたいとしている。


ピアノ講師求人募集転職家庭教師の求人募集転職講師の求人募集転職

> 石川県加賀市が地球温暖化原因対策の新エネルギービジョンはこちら

地球温暖化原因対策の温室効果ガス排出量算定・報告・公表

 環境省と経済産業省は、地球温暖化原因対策の地球温暖化対策推進法に基づく二酸化炭素などの温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度により事業者から報告のあった平成19年度(2007年度)の温室効果ガス排出量を集計し、とりまとめた。今回で制度開始後2回目となる。二酸化炭素などの温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度により報告を行った事業所(者)数は、特定事業所排出者が14,840事業所(7,813事業者)、特定輸送排出者が1,447事業者であった。また、報告された特定排出者の温室効果ガス排出量の合計値は6億5,041万tCO2で、わが国の平成19年度排出量(速報値)約13億7,100万tCO2の約5割に相当する。なお、今回の集計結果については、請求に応じて開示されるとともに、環境省WEBサイト(http://www.env.go.jp/earth/ghg-santeikohyo/)に掲載されている。


薬剤師・管理薬剤師の求人募集転職栄養士・管理栄養士の求人募集転職保育士の求人募集転職

> 地球温暖化原因対策の温室効果ガス排出量算定・報告・公表はこちら

地球温暖化原因対策の京都メカニズムクレジット取得事業

 環境省と経済産業省は、平成20年度の京都メカニズムクレジット取得事業の結果について公表した。この事業は、環境省及び経済産業省が、地球温暖化原因対策の取組みとして京都議定書による二酸化炭素などの温室効果ガスの削減約束達成に向けた取り組みの一環として、平成18年度から立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO技術開発機構)に委託して、京都メカニズムを活用してクレジットを取得する事業を実施しているものである。平成20年度は、合計で約3,208.7万トン(二酸化炭素換算)のクレジット取得契約を締結した。平成19年度までの総契約量は2,301.7万トン(二酸化炭素換算 ※変更契約分を含む。)と合わせて、事業開始以降の総契約量合計は、5,510.4万トン(二酸化炭素換算)となった。なお、平成21年3月30日に、NEDOとチェコ共和国環境省との間で締結されました契約分は、平成21年4月1日より発効するため、平成21年度契約案件として扱われるとのことである。


病院臨床検査技師の求人募集転職看護師・准看護師の求人募集転職保健師の求人募集転職

> 地球温暖化原因対策の京都メカニズムクレジット取得事業はこちら

地球温暖化原因対策のサイトのキッズ・プラネット

 チーム・マイナス6%(環境省)は、地球温暖化原因対策の取組みの一環としてチーム員であるヤフー株式会社の運営するこども向けポータルサイト「Yahoo!きっず」と連携して、地球温暖化問題を楽しく学べることができるこども向けウエブサイト「キッズ・プラネット」を共同で企画制作し、「チーム・マイナス6%」と「Yahoo!きっず」のウェブサイト上で3月31日から公開した。「キッズ・プラネット」は、地球温暖化対策問題を始めとしたさまざまな環境問題について、こどもたちみんなが楽しく話し合いや勉強をしたりするためのサイトで、地球環境問題をこどもたちみんなで考えてもらうトーク映像「よゐこ地球サミット」や、温室効果ガスである二酸化炭素を削減するための低炭素社会を楽しく学べるアニメーション映像「天才?Drハマックス『みんなの力で地球を救え』」、環境ゲーム、地球環境クイズなどの各種コンテンツが提供されている。


袴はかまレンタル卒業式情報不用品廃品ゴミ回収買取引取り処分情報医師の求人募集転職

> 地球温暖化原因対策のサイトのキッズ・プラネットはこちら

地球温暖化原因対策技術開発事業

 環境省は、二酸化炭素などの温室効果ガスの削減に寄与するための地球温暖化原因対策として平成21年度「地球温暖化対策技術開発事業(競争的資金)」の支援先として、9事業を内定したと発表した。地球温暖化対策技術開発事業(競争的資金)は、エネルギー起源二酸化炭素の排出を抑制し早期かつ広く普及が見込まれる技術の開発(省エネルギー対策又は石油代替エネルギー導入に係るものに限る)について、民間企業、公的機関、大学などの研究機関から提案を募集し、優れた提案内容の事業を支援するものである。平成21年1月21日~2月20日まで公募が行われ、応募総数70件に対して、地球温暖化対策技術検討会技術開発小委員会の評価及び審査を経て、省エネ対策技術実用化開発分野:2件、再生可能エネルギー導入技術実用化開発分野:4件、都市再生環境モデル技術開発分野:1件、製品化技術開発分野:2件 の計9件の事業の採択を内定している。循環資源由来エネルギー利用技術実用化開発分野については、今回は応募案件も採択案件もなかった。


雨水再利用タンクシステム情報屋上緑化情報桐箪笥タンスの販売修理情報

> 地球温暖化原因対策技術開発事業はこちら

福岡県大牟田市が廃棄小型家電製品不用品の回収

 福岡県大牟田市では、環境省と経済産業省による「使用済み小型家電製品の回収モデル事業」の採択を受け、2009年1月から「大牟田都市鉱山開発プロジェクト」をスタートさせている。これは、家電製品リサイクル法による家電4品目のリサイクルの仕組みとは別で、家電製品リサイクル法では対象となっていない使用済み小型家電製品の回収事業を大牟田市と協働で始めたものである。この取組みによって、地球温暖化の原因となっている二酸化炭素などの温室効果ガスの減少に資すると共に、小型家電製品のリサイクルによって希少金属を再利用するために取り出すものである。福岡県大牟田市では、市内のスーパーや公共施設など約30カ所に回収ボックスを設置し、ゲーム機や携帯電話などの不用品となった廃棄小型家電製品を回収するものである。小型家電製品の回収は、有料や買取で行うものではなく、無料回収を行う。このモデル事業により効率的な回収リサイクル手法を確立し、市以外の地域にも普及させたいとしている。無料回収した小型家電製品は、「レアメタルリサイクル産学官連絡会議」のメンバー企業でレアメタルの抽出リサイクルに関する実証研究に活用する。


不用品廃品ゴミ回収買取引取り処分情報金プラチナ貴金属高価買取情報情報家電製品家具レンタルリース情報家電リサイクルショップ高価買取販売情報

> 福岡県大牟田市が廃棄小型家電製品不用品の回収はこちら

地球温暖化防止対策の自主参加型国内排出量取引制度の追加説明会

 環境省は、2月27日から公募を開始している地球温暖化防止対策の「平成21年度自主参加型国内排出量取引制度の第5期事業」の参加者公募における公募説明会を、香川県高松市と広島県広島市で追加開催すると発表した。自主参加型国内排出量取引制度は、温室効果ガスの費用効率的かつ確実な削減と国内排出量取引制度に関する知見・経験の蓄積を目的として、平成17年度から開始されたもの。高松説明会はサンポートホール高松(香川県高松市)で、4月9日開催(登録は4月8まで、定員150名)。広島説明会は広島商工会議所(広島市中区)で、4月10日開催(登録は4月8日まで、定員200名)。開催時間は、いずれも13:00~17:00。参加希望者は、[1]希望する説明会日程、[2]法人名、[3]参加人数、[4]参加者の氏名、[5]参加する代表者の連絡先--を明記の上、電子メールで申し込む必要がある。登録は先着順で、定員に達し次第締め切り。
○申込窓口 環境省地球環境局地球温暖化対策課市場メカニズム室 担当:佐藤、岸本 E-mail:kyotomecha@env.go.jp TEL:03-3581-3351(代表)(内線6781)

貸しテナント物件賃貸店舗情報フランチャイズFCチェーン加盟店募集情報販売代理店会社募集情報

> 地球温暖化防止対策の自主参加型国内排出量取引制度の追加説明会はこちら

事業者単位での温室効果ガスの排出量報告

 環境省は、地球温暖化防止対策のために定められている法律である「地球温暖化対策の推進に関する法律施行令の一部を改正する政令」が、閣議決定されと発表した。今回の政令は、地球温暖化対策の推進に関する法律の一部を改正する法律が平成21年4月1日に施行され、温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度の報告単位が、事業所単位から事業者・フランチャイズチェーン単位へと変更されることに伴い、報告義務の対象となる事業者の規模などについて定めるもの。平成21年4月1日から施行され、平成22年4月以降、事業者単位での排出量報告が開始される予定となっている。

古着買取リサイクル通販情報ブランド品高価買取情報家具高価買取リサイクルショップ販売情報

> 事業者単位での温室効果ガスの排出量報告はこちら

地球温暖化防止対策のこどもエコクラブテーマソング

 環境省は、地球温暖化防止対策のこどもエコクラブテーマソング「こどもエコクラブLOVE大好き」が完成し、「こどもエコクラブ全国フェスティバル2009~all for EARTH~」で、お披露目すると発表した。このテーマソングは、環境省が、シンガーソングライターのタケカワユキヒデ氏に制作を依頼していたもので、タケカワユキヒデ氏が「こどもエコクラブのメンバーたちが、地球温暖化防止対策を考えて、温室効果ガスの削減の取組みなど地球を守る気持ちをいつまでももって活動して欲しい。」という願いを込めて、作詞、作曲、編曲を行った。平成21年3月27日に東京都の環境省で、タケカワユキヒデ氏から環境大臣にてわたされ、3月28日に日本科学未来館で行われる「こどもエコクラブ全国フェスティバル2009~all for EARTH~」で、タケカワユキヒデ氏と子どもたちの合唱が行われた。


子供服リサイクルショップブランド買取販売情報布団ふとんクリーニング情報着物きものリサイクル買取販売店情報

> 地球温暖化防止対策のこどもエコクラブテーマソングはこちら

地球温暖化防止対策の自主参加型国内排出量取引制度公募

 環境省は、2月27日より公募を開始している地球温暖化防止対策の「平成21年度自主参加型国内排出量取引制度の第5期事業」の参加者公募における公募説明会を、福岡と札幌で追加開催すると発表した。自主参加型国内排出量取引制度は、温室効果ガスの費用効率的かつ確実な削減と国内排出量取引制度に関する知見・経験の蓄積を目的として、平成17年度から開始されたもの。福岡説明会は福岡朝日ビル(福岡県福岡市博多区)で、4月2日開催(登録は4月1まで、定員130名)。札幌説明会は北海道自治労会館(北海道札幌市北区)で、4月6日開催(登録は4月3日まで、定員150名)。開催時間は、いずれも13:00~17:00。参加希望者は、[1]希望する説明会日程、[2]法人名、[3]参加人数(1法人につき2名まで)、[4]参加者の氏名、[5]参加する代表者の連絡先--を明記の上、電子メールで申し込む必要がある。登録は先着順で、定員に達し次第締め切る。


エアコンクリーニング業務用家庭用掃除洗浄情報着物きものクリーニング専門丸洗い情報

> 地球温暖化防止対策の自主参加型国内排出量取引制度公募はこちら

地球温暖化防止対策の温室効果ガス排出削減量の第1号認定は高知県

 環境省は、地球温暖化防止対策のオフセット・クレジット(J-VER)制度ににおける温室効果ガス排出削減量の認証第1号として、高知県のプロジェクトが認められたと発表した。この制度は、国内のプロジェクトにおいて実現された温室効果ガスの排出削減・吸収量を自主的なカーボン・オフセットに用いられるクレジットとして認証するため、平成20年11月14日に創設されたもの。12月3日には、この制度に基づく第1号申請として、今回認証されたプロジェクトが申請されていた。今回認証されたプロジェクトは、高知県が住友大阪セメント株式会社高知工場で行うプロジェクトで、セメント工場のボイラー燃料について、化石燃料から未利用林地残材に転換するというもの。平成20年4月1日~9月30日の温室効果ガス排出削減量1,039t-CO2がオフセット・クレジット(J-VER)として認証された。今後、所定の手続を経て、高知県に対してJ-VERが発行されることになる。


貸しテナント物件賃貸店舗情報フランチャイズFCチェーン加盟店募集情報販売代理店会社募集情報

> 地球温暖化防止対策の温室効果ガス排出削減量の第1号認定は高知県はこちら

地球温暖化の温室効果ガスを見える化日常生活CO2情報提供ツールへの意見募集

 環境省は、地球温暖化防止対策の一環として実施する「日常生活CO2情報提供ツール(仮称)(案)」に、平成21年3月10日から3月30日までの間、パブリックコメントによる意見募集を行うと発表した。 この案は、日常生活から排出される温室効果ガスを「見える化」し、その具体的な削減方法等について情報提供を行うため、温室効果ガス「見える化」推進戦略会議 日常生活からの温室効果ガスの「見える化」に関する分科会で、とりまとめられたものである。 「日常生活CO2情報提供ツール(仮称)(案)」に対する意見は、郵送、FAX、電子メールで受け付けている。意見提出方法の詳細はプレリリースを参照。
意見提出先及びお問い合わせ先
環境省地球環境局地球温暖化対策課 〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2TEL:03-3581-3351(内線6759)FAX:03-3580-1382E-mail:chikyu-ondanka@env.go.jp


ケアマネージャー・介護支援専門員の求人募集転職和服振袖留袖着物レンタル貸衣装情報

> 地球温暖化の温室効果ガスを見える化日常生活CO2情報提供ツールへの意見募集はこちら

地球温暖化対策法関係省令案への意見募集

 環境省は、「温室効果ガス算定排出量の報告等に関する命令の一部を改正する命令案(概要)」と「温室効果ガス算定排出量の集計の方法等を定める省令の一部を改正する省令案(概要)」に、平成21年2月26日から3月27日までの間、意見募集を行うと発表した。
 「地球温暖化対策の推進に関する法律」の一部改正に併せ、主務省令で定める報告事項等及び環境省令・経済産業省令で定める集計方法等について所要の改正を行うとのこと。 平成21年4月1日から施行される予定。
 意見は、郵送、FAX、電子メールで受け付けている。意見提出方法の詳細はプレリリースを参照のこと。
意見提出先
 環境省地球環境局地球温暖化対策課
 〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2
 FAX:03-3580-1382
 E-mail:ghg-santeikohyo@env.go.jp


薬剤師・管理薬剤師の求人募集転職栄養士・管理栄養士の求人募集転職保育士の求人募集転職

> 地球温暖化対策法関係省令案への意見募集はこちら

福井県の地球温暖化防止対策のエコリフォームセミナー結果

 福井県では、県や大学、市民団体などで構成する地球温暖化防止対策の一環として設立されている「エコリフォーム福井県地域協議会」は、2008年12月に「エコリフォームを考える消費者セミナー」を開催した。同協議会は、家庭からの温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を削減するため、省エネ住宅の普及を目的に9月に設立されたものである。セミナーでは地域住宅工房 奥田設計室(勝山市)代表の奥田徹氏らを講師に招き、家を暖かくする基本的な方法と日曜大工でもできるエコリフォームなどを紹介した。講演終了後にはエコリフォームの相談会を開いた。2009年にも引き続きセミナーを開催する予定としている。TEL:0776-202-0302福井県
医師の求人募集転職病院臨床検査技師の求人募集転職看護師・准看護師の求人募集転職

> 福井県の地球温暖化防止対策のエコリフォームセミナー結果はこちら

兵庫県神戸市でエコタウンフェスタ開催

 兵庫県神戸市では、地球温暖化防止対策についての啓発活動などに取り組んでいる団体や個人に交流してもらおうと、「KOBEエコタウンフェスタ」を昨年の2008年11月に開催し、約400人が参加した。そのイベントの中では、明治大学理学部応用科学科教授の北野大(まさる)さんによる「マー兄ちゃんのやさしい環境講座」を開催した。教授は、球温暖化防止対策や温室効果ガスなどに関する環境にまつわるクイズを出しながら、「足ることを知ることが大切」とのメッセージで講演をしめくくった。そのほか、神戸市の鈴蘭台にある、かつて藤原紀香さんも通っていた神戸親和女子大学の大学生らによる「ワケトンダンス」や、牛乳パックやハンガーなどを使った「エコ科学マジック」などのパフォーマンスも行った。 TEL:078-331-8181

保健師の求人募集転職薬剤師・管理薬剤師の求人募集転職栄養士・管理栄養士の求人募集転職

> 兵庫県神戸市でエコタウンフェスタ開催はこちら

熊本県が総ぐるみで地球温暖化防止対策

  熊本県で取り組んでいる地球温暖化防止対策の一環としての「県ストップ温暖化県民総ぐるみ運動」のシンボルマークとキャッチコピーが決定した。キャッチコピーは、「×!温暖化」(ばってん!おんだんか)。熊本県にゆかりのある加藤清正をモチーフにしたシンボルマークの手のひら部分にキャッチコピーを記し合わせて使用する。また、昨年12月に行われた地球温暖化防止月間では、温室効果ガスの具体的な削減につながるさまざまな取り組みを県内各地で実施した。その運動の中で生活スタイルや企業の活動などを見直しながら、地球温暖化防止の取り組みを熊本県民や事業者、NPO(民間非営利団体)団体、行政、学校などが一体となって県民総ぐるみで進めることを訴えた。 連絡先TEL:096-333-2266

保育士の求人募集転職ピアノ講師求人募集転職家庭教師の求人募集転職

> 熊本県が総ぐるみで地球温暖化防止対策はこちら

地球温暖化対策の推進に関する法律施行令への意見募集

 環境省は、地球温暖化防止対策の柱となる法律の「地球温暖化対策の推進に関する法律施行令の一部を改正する政令案」に、平成21年2月24日から3月25日(必着)までの間、意見募集を行うと発表した。これは、いわゆるパブリックコメント制度に基づくものである。
 今回の改正の概要は、温室効果ガスの排出量に係る報告義務の対象となる事業者の規模などを定めるもの。
 意見は、郵送、FAX、電子メールで受け付けている。郵送の場合は封筒の表面に、ファックス又は電子メールの場合は件名に、「温対法施行令について(案)への意見」と記載する必要がある。その他の詳細はプレスリリースを参照のこと。

意見提出先
 環境省地球環境局地球温暖化対策課
 〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2
 FAX:03-3580-1382
 E-mail:ghg-santeikohyo@env.go.jp

講師の求人募集転職占い師の求人募集転職カメラマン・アシスタントの求人募集転職

> 地球温暖化対策の推進に関する法律施行令への意見募集はこちら

滋賀県地球温暖化ガスのCO2が見えるサイト開設

 滋賀県は、家庭での地球温暖化防止対策を推進するための、WEBサイト「みるエコおうみ」(http://www.biwaco2.jp/)を開設した。
 各家庭で日常の生活における省エネ・省資源行動や、光熱使用量などを記録することにより、温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量の「見える化」を図る。さらに企業などから参加特典も得られる仕組みにより、継続への動機付け(インセンティブ)とする。楽しく、わかりやすいプログラムでCO2排出が「みるみる減らせる」こと、取組結果が「目に見える」という2つの意味を込め、「みるエコおうみ」と名付けた。滋賀県ではこのプログラムにより、家庭部門のCO2削減を目指す。 

雨水再利用タンクシステム情報屋上緑化情報桐箪笥タンスの販売修理情報

> 滋賀県地球温暖化ガスのCO2が見えるサイト開設はこちら

改正温対法説明会「温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度について」

 環境省は、「改正温対法説明会(~温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度について~)」を、平成21年3月2日から3月18日までの間、全国7か所で開催すると発表した。
 平成20年6月に公布された地球温暖化対策の推進に関する法律の一部改正により、温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度が、平成21年度排出量(平成22年度に報告)から、企業・フランチャイズチェーン単位での報告になるなど、新しい算定・報告方法になった。
 同省ではこれを受けて、事業者の皆様に適切に算定・報告を実施してもらうために今回の説明会を開催することにしたもの。
 参加希望者は、希望日の3日前(土、日、祝日を含まず。)までに、それぞれのの地方環境事務所の環境対策課あてに、プレスリリース添付の別紙様式(参加申込書)に必要事項を記入し、FAXで申し込む必要がある。
 申込みは先着順。定員に達し次第締め切ることもある。

○開催日・開催都市
 3/2:東京都
 3/4:仙台市
 3/6:札幌市
 3/9:名古屋市
 3/10:大阪市
 3/13:岡山市
 3/17、18:さいたま市

> 改正温対法説明会「温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度について」はこちら

地球温暖化対策の電気事業者ごとの二酸化炭素実排出係数及び調整後排出係数の算出及び公表

 環境省は、「電気事業者ごとの実排出係数及び調整後排出係数の算出及び公表について(案)」に、平成21年2月6日から3月7日までの間、意見募集を行うと発表した。
 「地球温暖化対策の推進に関する法律」の一部改正を受け、「特定排出者の事業活動に伴う温室効果ガスの排出量の算定に関する省令」第10条第2項の規定に基づき環境大臣及び経済産業大臣が公表する電気事業者ごとの二酸化炭素排出係数の算出方法等について所要の検討を行ったとのこと。
 意見は、郵送、FAX、電子メールで受け付けている。意見提出方法の詳細はプレリリースを参照のこと。


○意見提出先
 環境省地球環境局地球温暖化対策課
 〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2
 FAX:03-3580-1382
 E-mail:ghg-santeikohyo@env.go.jp

> 地球温暖化対策の電気事業者ごとの二酸化炭素実排出係数及び調整後排出係数の算出及び公表はこちら

国際シンポジウム「温暖化予測の鍵、海のCO2」

 気象庁は、平成21年3月3日に東京都・千代田区の同庁講堂において、国際シンポジウム「温暖化予測の鍵、海のCO2」を開催すると発表した。
 この国際シンポジウムでは、地球温暖化予測における海洋CO2の重要性について、第一線で活躍する国内外の研究者からわかりやすく解説が行われる予定。
 現在進行中の地球温暖化の主な原因であるとされている人為起源温室効果ガスCO2の約3割は、海洋に吸収されており、これによって地球温暖化が緩和されていると考えられている。
 しかし、今後も海洋が同じペースでCO2を吸収し続けるかは明らかでなく、地球温暖化の予測や対策のためには、海洋のCO2吸収に関する更なる科学的知見が不可欠な状況にある。
 なお、本シンポジウムへの参加には事前登録は不要で、参加費も無料

> 国際シンポジウム「温暖化予測の鍵、海のCO2」はこちら

世界中の地球温暖化の二酸化炭素濃度の分布

 気象庁は、約20年間にわたる世界中の二酸化炭素濃度の分布や変化について「二酸化炭素分布情報」として、同庁ホームページで公開すると発表。
 地球温暖化の原因となる二酸化炭素分布情報は、世界各地で観測された二酸化炭素濃度のデータをもとに、過去20年以上にわたる世界の二酸化炭素濃度の分布を解析したもので、このような長期にわたる情報の公開は世界で初めて。
 これにより、二酸化炭素の濃度が年々増加していく様子や、森林等の光合成に伴う季節変化、人間活動や自然による特徴的な地理的分布などが、わかりやすく示すことができるとしている。
 情報の内容は、1985年1月~2007年12月の期間の地表面付近の二酸化炭素の月別濃度分布を、分布図、変化のグラフや動画など。
 同庁ホームページの「温室効果ガス監視情報」のページから公開。

> 世界中の地球温暖化の二酸化炭素濃度の分布はこちら

地球温暖化温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」

 平成21年1月23日、温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)が鹿児島県にあるJAXA種子島宇宙センターより打上げられ、計画どおり軌道に投入された。
 今後、温室効果ガスの全球分布とその時間的変動の観測が行われる。これにより、温室効果ガスの地域ごとの吸収・排出量を把握することができるため、地球温暖化問題に関する科学的知見の大幅な向上や、地球温暖化対策の国際的な推進等に貢献すると期待されている。

> 地球温暖化温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」はこちら

電気事業者別二酸化炭素排出係数

環境省と経済産業省は、各電気事業者から提出された平成19年度の電気事業者別二酸化炭素排出係数を官報に掲載し、環境省WEBサイト(報道発表資料)でも公表した。
 地球温暖化対策の推進に関する法律(温対法)に基づく温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度により、二酸化炭素等の温室効果ガスを一定量排出する事業者(特定排出者)は、毎年、年度ごとの排出量を国に報告することが義務付けられており、そのうち電気の使用に伴う二酸化炭素排出量は、デフォルト値(0.000555t-CO2/kWh)の他、国が公表する各電気事業者ごとの電気事業者別排出係数を用いることができる。
 今回公表された16社の電気事業者の係数(単位はすべてt-CO2/kWh)は、北海道電力(株):0.000517、東北電力(株):0.000473、東京電力(株):0.000425、中部電力(株):0.000470、関西電力(株):0.000366、四国電力(株):0.000392、九州電力(株):0.000387、イーレックス(株):0.000414、エネサーブ(株):0.000411、(株)エネット:0.000427、サミットエナジー(株):0.000538、GTFグリーンパワー(株):0.000289、新日本石油(株):0.000550、ダイヤモンドパワー(株):0.000468、(株)ファーストエスコ:0.000353、丸紅(株):0.000492--であった。
 なお、この係数は、デフォルト値を下回るものについては公表することになっている。

> 電気事業者別二酸化炭素排出係数はこちら

環境省「地球温暖化対策推進法第21条に基づく排出抑制等指針」

 環境省は、「地球温暖化対策の推進に関する法律(地球温暖化対策推進法)第21条に基づく排出抑制等指針」について、平成20年12月12日に公布し、平成20年11月1日から11月30日まで行われた「同案」への意見募集結果も併せて公表した。
 今回の指針には、業務部門における事業活動に伴う温室効果ガスの排出の抑制等に関する事項や、日常生活における温室効果ガスの排出の抑制への寄与に係る措置に関する事項が示されている。
 なお「同案」の意見募集(パブリックコメント)には、59名の団体・個人から149件の意見が寄せられた。

> 環境省「地球温暖化対策推進法第21条に基づく排出抑制等指針」はこちら

カーボンフットプリント試行品

 経済産業省は、「カーボンフットプリント制度の実用化・普及推進研究会」の活動の一環として、12月11日から開催される「エコプロダクツ2008」に商品のCO2排出量を表示したカーボンフットプリント試行品を出展すると発表した。
 同省では、商品のライフサイクル全般で排出された温室効果ガスCO2量で表示する、カーボンフットプリント制度の在り方について検討を行ってきた。
 今回出展される試行品には、研究会参加企業30社が試行算定した40種類54品目について公募により決定した「カーボンフットプリント・統一マーク」を使用してCO2量が表示される予定。

> カーボンフットプリント試行品はこちら

温室効果ガス観測技術衛星(GOSAT)のデータ交換

 外務省は、地球温暖化対策のための温室効果ガス観測技術衛星(GOSAT)と炭素観測衛星(OCO)との間のデータ交換等の協力に関する書簡が交換されたと発表した。
 この協力は、日本の独立行政法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)と米国の航空宇宙局(NASA)が実施者となり、GOSATとOCOとの間のデータ交換及び校正作業を行うことを通じて、研究者による衛星データの活用や測定精度の向上等を図ることを目的としたもの。
 地球温暖化問題に関する科学研究の発展にと日本と米国との間の宇宙開発利用分野における国際協力の発展に寄与することが期待されている。

> 温室効果ガス観測技術衛星(GOSAT)のデータ交換はこちら

国土交通省の地球温暖化防止対策の「エコまちづくり事業」

 国土交通省は、「エコまちづくり事業(先導的都市環境形成促進事業)」の第二次内示(新規14都市、地区追加5都市)を追加発表した。6月に発表された第一次内示(21都市)と合わせて、平成20年度は合計35都市が同事業に取り組むことになる。
 同省では、都市における面的な環境対策の要請の高まりを背景に、集約拠点等において都市交通、緑化、エネルギーなどの各分野の先導的な都市環境対策を推進する地球温暖化防止対策の「エコまちづくりパッケージ(先導的都市環境形成総合支援事業)」と、計画策定、関係者間のコーディネートや社会実験・実証実験等の実施を支援する「エコまちづくり事業」を創設している。
 背景として、北海道洞爺湖サミットで合意された世界の温室効果ガスを2050年までに50%削減するという長期目標の実現に向けた低炭素社会づくりの取り組みがある。内閣官房地域活性化統合本部の環境モデル都市及び環境モデル候補都市(13都市)などもあり、うち7都市は今回のエコまちづくり事業としても取り組んでいくこととなる。

> 国土交通省の地球温暖化防止対策の「エコまちづくり事業」はこちら

地球温暖化防止に向けた「新エネ百選」公募開始

 平成20年9月29日 経済産業省と独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、地球温暖化防止に向けた「新エネ百選」事業の公募を20年11月14日まで実施すると発表した。
 この事業は、全国の地域性を考慮した新エネルギー等利用などの取り組みを評価して、温室効果ガス排出防止に優れたものを「新エネ百選」として選定し、これを広く情報発信することで、地域における新エネルギー導入のベストプラクティスの共有を図り、わが国の新エネルギー導入を促進することを目的としたもので、地方公共団体、NPO、事業者等により実施された地域性を考慮した新エネルギー等導入事業を選定の対象としている。
 公募方法については、「新エネ百選公募事務局」のホームページ等にて確認する必要がある。

> 地球温暖化防止に向けた「新エネ百選」公募開始はこちら

地球温暖化による気候変動に関する欧州市民の意識調査

 地球温暖化による気候変動に関する欧州市民の意識調査の結果が公表された。これは、欧州議会及び欧州委員会の委託により、欧州統計局が行ったもの。EU27カ国及びクロアチア、トルコ、マケドニア、北キプロスの3万170人を対象に、2008年3月から5月にかけて行われた。
 調査結果によると、現在、世界が直面している深刻な問題の1位が貧困(68%)、2位に気候変動が挙げられた(62%)。気候変動について、その深刻さが理解される一方、これを阻止することができるとする人は60%となっている。また、気候変動に対処することは経済的に有意義と考える人は56%に上った。
 EUが2020年までに掲げる3つの目標、(1)温室効果ガスを1990年比20%削減、(2)他の先進国が同等の削減を約束した場合には30%削減、(3)再生可能エネルギーの割合を20%に増大させることについて、適正及び低めであると答えた人は、それぞれ(1)68%、(2)61%、(3)69%となった。
 また、半数以上の欧州市民が気候変動の原因と結果、対策について、情報が与えられているとしているものの、情報が不十分だとした市民も4割以上に上った。
 気候変動対策が十分でないと考える市民は、企業の活動については76%、市民自身67%、各国政府64%、EU58%となっている。61%の人が気候変動に対する何らかの行動をとっているが、その行動はゴミの分別や省エネ・節水など個人的であまりお金のかからない行動が多い。一方、行動をとっていない理由としては、政府、企業、産業界がその行動を改めるべきだからとされている。
 なお、約44%の人が、より温室効果ガス排出の少ないエネルギー源のためにさらなる支出をする準備があるとしている。

> 地球温暖化による気候変動に関する欧州市民の意識調査はこちら

ドイツ 2013年以降の地球温暖化防止の排出量取引制度

 ドイツ連邦環境省と金属産業労働組合(IG Metall)は、地球温暖化防止のための2013年以降の温室効果ガスEU排出量取引制度に関する共同宣言を発表した。
 この中で、現在、ブリュッセルで交渉中のEU排出量取引制度に対する欧州委員会の提案を歓迎することを表明。 さらに、双方が、今後、排出量取引制度の体制構築を支持することに同意し、この共同宣言には、対象となる製鉄・鉄鋼産業からの次の要望が盛り込まれた。
●不公平な過剰利益を回避するために、発電部門における排出権を100%オークションにかけることは、必要不可欠な手段である。
●欧州圏外に温室効果ガス排出源が移転するリスクに対処するために、製造部門で計画されているオークションの例外措置は、透明性の高い、その後の調査が可能な基準が必要。
●対象業界への無料の割当については、EU内で統一した厳格なベンチマークを設置する。
●第三国における気候保護プロジェクト(JI/CDM)による排出クレジットの利用拡大。
2013年以降に追加される排出目標のうち、最大半分まで、JI/CDMによるクレジットを利用することができるような上限値を設定すべきである。
●金属産業労働組合と連邦環境省は、鉄鋼製造時に発生するガスの高効率な再利用を重要視しており、このため、EUの野心的なベンチマークを基礎に排出枠を無料で割り当てるべき。

> ドイツ 2013年以降の地球温暖化防止の排出量取引制度はこちら

自主参加型国内排出量取引制度(2006年度)の排出削減実績

 環境省は、温室効果ガスの費用効率的かつ確実な削減と国内排出量取引制度に関する知見・経験の蓄積を目的として、自主参加型の国内排出量取引制度を2005年度から開始し、延べ222の事業者が参加している。
 今年8月末で、2006年度開始分が終了したことから、CO2の排出削減量の実績と排出量取引の結果が公表された。
 その結果、2006年度事業には目標保有参加者(注1)として61社(注2)、取引参加者(注3)として12社が参加して、排出削減実施年度である2007年度1年間のCO2排出削減量の合計は280,192t-CO2が削減された。これは目標保有参加者61社の基準年度排出量(注4)の合計1,122,593t-CO2の25%にあたり、本制度開始時点に削減目標として約束された217,167t-CO2(基準年度排出量の19%)を6ポイント上回る削減実績であった。
 また、排出量取引の結果は取引件数の合計が51件、取引量の合計は54,643t-CO2、平均取引単価は約1,250円/t-CO2であった。

(注1)一定量の排出削減を約束した参加者。CO2排出抑制設備の整備に対する補助金と排出枠の交付を受ける場合もある。
(注2)第2期目標保有参加者の全58社と第3期目標保有参加者の一部3社。
(注3)排出枠の取引のみを行うことを目的とした参加者。補助金及び排出枠の初期交付はなされない。
(注4)過去3年(2003~2005年度)の排出量の平均値。

> 自主参加型国内排出量取引制度(2006年度)の排出削減実績はこちら

イギリス バイオガスを促進

 企業やNGOの代表ら50名が、イギリス環境・食糧・農村地域省と、食品廃棄物や家畜糞尿などの有機物からエネルギーを生産する嫌気性発酵の利用を大きく進めるプログラムについて話し合った。このプログラムは、2月にベン環境大臣が発表したもので、1000万ポンドを投じて、バイオガスの実証プロジェクトを支援する。200万世帯分の電力を供給できると見込まれている。
 今回の会合には、農業者やバイオガス企業、スーパーマーケット、水道・エネルギー企業、廃棄物処理業者や食品業界、NGO、地方自治体等の代表が参加。嫌気性発酵によるエネルギー利用を広げる上での問題点の克服や、国内でのキャパシティの拡大に協力して取り組んでいくことに合意した。秋には、フォローアップ会合を開催、進捗状況を検討し、目標達成方法を示す予定である。
 嫌気性発酵によるバイオガス生産は、熱源、電力源、運輸燃料となりうるだけでなく、埋立処分される有機性廃棄物を減らし、温室効果ガスの削減にもつながる。
 なお、このプログラムは、カーボントラストの助けを得て廃棄物・資源行動計画(WRAP)が行うもので、秋に公募を予定している。バイオガス生産の費用対効果の最大化、嫌気性発酵を利用した環境利益の最大化、食品供給網のカーボンフットプリントを削減する嫌気性消化の可能性の最大化等の要件を1つ以上満たすプロジェクトを、3~6件選定する。

> イギリス バイオガスを促進はこちら

京都メカニズム推進・活用会議

 経済産業省及び国土交通省に申請されていたクリーン開発メカニズム(CDM)にかかるプロジェクト18件が、平成20年6月20日~7月18日までに「京都メカニズム推進・活用会議」で承認され、日本政府の正式なプロジェクトとなった。
 CDM/JI事業は、各国の削減目標達成のための市場原理を活用した国際的な仕組み「京都メカニズム」の取り組みで、先進国と途上国が共同で温室効果ガス排出削減プロジェクトを実施し、達成された温室効果ガス削減分の一部(認証排出削減量)を先進国が自国の削減量として充当することを認める制度。
 日本政府の正式なプロジェクトとなるためには温暖化対策関連省庁のいずれかに承認申請を提出し、関連省庁が共同で開催する「京都メカニズム推進・活用会議」で承認されることが必要となっている。
 今回承認されたのは、丸紅株式会社、東洋エンジニアリング株式会社、住友商事株式会社、東京電力株式会社、三菱商事株式会社、東北電力株式会社、オリックス株式会社、信越半導体株式会社、株式会社ユーラスエナジージャパン、株式会社PEARカーボンオフセット・イニシアティブ、カーボンキャピタルマネジメント株式会社、豊田通商株式会社、三井物産株式会社、関西電力株式会社、清水建設株式会社が実施する18件のプロジェクト。
 今回の承認分までで、日本の正式な京都メカニズム承認案件数は363件、全承認プロジェクトの年平均CO2排出削減量の合計はCO2換算で12,454.7万トンとなった。

> 京都メカニズム推進・活用会議はこちら

「地球環境保険制度」創設

 経済産業省は、日本の省エネ・新エネ技術を途上国に対して移転等し、温室効果ガスの排出低減に貢献するため、独立行政法人日本貿易保険(NEXI)に『地球環境保険制度』を創設すると発表した。
 この取り組みは、日本とともに地球温暖化対策に真剣に取り組んでいく開発途上国を支援していく「クールアース・パートナーシップ」構想(平成20年1月発表)の一環として行われるもの。
 制度の概要は、(1)対象は開発途上国に限定せず、全世界をに10年間で2兆円の保険引受枠を設定する、(2)温室効果ガスの排出低減に資する設備・機器に係る貿易や海外への投融資等を通じて気候の安定化に貢献する広範なプロジェクトに対して、制度を適用する、(3)貿易や海外への投融資に係るカントリーリスク(非常危険)を100%付保するオプションを設け、事業実施に係るリスクを低減する、(4)専用の相談窓口を設置する──というもの。
 平成21年1月を目途に運用を開始するとしている。

> 「地球環境保険制度」創設はこちら

京都議定書に基づく排出量取引で協力する覚書

 日本国政府とウクライナは、平成20年7月14日ウクライナ国キエフにおいて、京都議定書の下での共同実施(JI 注1)及びグリーン投資スキーム(GIS 注2)における協力に関する覚書(Memorandum)に署名した。
 京都議定書目標達成計画においては、国内対策に最大限努力しても約束達成に不足する差分(基準年総排出量比1.6%)について、補足性の原則を踏まえつつ京都メカニズム(クリーン開発メカニズム(CDM)及びJI並びに具体的な環境対策と関連づけされた排出量取引の仕組みであるGIS)を活用することとなっている。
 今後、他の東欧諸国等とも交渉を進めていく予定とのこと。

(注1)JIとは、先進国同士が共同で事業を実施し、その削減分を投資国が自国の目標達成に利用できる仕組みのこと。
(注2)GISとは、京都議定書第17条に基づく排出量取引のうち、排出量の移転に伴う資金を、温室効果ガスの排出削減その他環境対策を目的に使用するという条件の下で行う、国際的な排出量取引のこと。

> 京都議定書に基づく排出量取引で協力する覚書はこちら

地球温暖化に関するワークショップ及びシンポジウム

 環境省と国立環境研究所は、「アジアにおける温室効果ガスインベントリ整備に関するワークショップ(Workshop on Greenhouse Gas Inventories in Asia/以下、WGIA)」及び「温室効果ガス排出量算定に関する公開シンポジウム~こうして求める約束期間の排出量」を開催すると発表。
 WGIAは、アジア諸国のインベントリ作成に係わっている研究者及び政策決定者が経験や情報を共有し、アジア諸国における温室効果ガスインベントリ作成の支援及びインベントリ精度の向上を目的として、2003年度より毎年度開催されている。第6回目となる今年は、本年5月のG8環境大臣会合の議長総括で発表された「神戸イニシアティブ」の一環として、茨城県つくば市の国立環境研究所において、平成20年7月16日~18日に開催される。会議は非公開だが、環境省ホームページで成果について公開するとしている。
 また、「温室効果ガス排出量算定に関する公開シンポジウム」は、京都議定書の第一約束期間(2008年~2012年)が開始し、温室効果ガス排出量算定等に対する国民的な関心が高まっていることを受け、WGIAのサイドイベントとして開催されるもの。平成20年7月19日の13:00~17:30に、東京国際フォーラム(千代田区)で開催される。参加は無料。
 公開シンポジウムへの参加は、専用サイトまたはハガキかFAXにて申込みを受け付けている。ハガキ、FAXで申し込む場合は、氏名、年齢、性別、連絡先住所、電話番号、FAX番号、Eメールアドレス、職業を明記の上、下記の連絡先に申込むこととしている。
 連絡先:国立環境研究所 地球環境研究センター 温室効果ガスインベントリオフィス「温室効果ガス排出量算定に関する公開シンポジウム」事務局(住所:〒305-8506 茨城県つくば市小野川16-2、Eメール: www-gio@nies.go.jp 、TEL:029-850-2169、FAX:029-850-2219)

> 地球温暖化に関するワークショップ及びシンポジウムはこちら

国際海事機関(IMO)海洋環境保護委員会(MEPC)

 国土交通省は、6月23日から27日までの期間にノルウェーで開催された国際海事機関(IMO)海洋環境保護委員会(MEPC)の温室効果ガス(GHG)対策中間会合の審議結果を公表。
 同中間会合では、
 ・CO2排出設計指標(デザイン・インデックス)について、日本の提案した波や風のある実海域を考慮した指標策定に全会一致で合意した他、基準値の設定等指標の強制化の手法についても議論が進展
 ・CO2排出運航指標(オペレーショナル・インデックス)については強制ではなく自主的活用の促進と、同指標算出のための現行暫定ガイドラインの技術的改善点等の見直し
 ・市場メカニズムを活用した経済的手法によるCO2排出削減対策については途上国の反対により議論の進展がなかった
 などと報告されている。
 気候変動枠組条約京都議定書では、対象を附属書I国に限定しているため、第2条第2項において、国際海運および国際航空については専門の国際機関である国際海事機構(IMO)及び国際民間航空機関(ICAO)を通じた作業によってGHG排出量の抑制を追求することとしている。IMOにおける検討に関しては、本年4月の第57回海洋環境保護委員会(MEPC57)の結果を受けて、本年10月のMEPC58に向けてGHG中間会合が開催される運びとなり、今般6月23日から27日まで、ノルウェーでの本会合が、日本を含む34の国及び地域と16の機関の参加により開催された。

> 国際海事機関(IMO)海洋環境保護委員会(MEPC)はこちら

気候変動監視レポート2007

 気象庁は2008年6月13日、同庁ホームページから「気候変動監視レポート 2007」を公表した。
 このレポートは07年の日本と世界の天候、温室効果ガスオゾン層の状況を報告しているもの。
 日本の天候については、(1)日本では、冬型の気圧配置は長続きせず、全国153の観測所のうち63の気象観測所で、冬の平均気温の高い記録を更新した。また、8月は北・東・西日本で顕著な高温・多照となったこと、(2)日本の年平均地上気温の平年差は+0.85℃で、長期的には100年あたりおよそ1.10℃の割合で上昇であったこと、(3)日本国内の3地点での年平均二酸化炭素濃度は06年に比べて0.9~1.7ppm増加したこと、--などが報告された。
 一方、07年の世界の天候については、(1)年平均気温の平年差は+0.28℃で、1891年の統計開始以降、6番目に高い値になったこと、(2)世界の年平均海面水温の平年差は+0.15℃で、1891年の統計開始以降では9番目に高い値になったこと、(3)地球全体の二酸化炭素濃度は増加を続けており、07年の世界平均濃度は06年より2.0 ppm増加して381.2 ppmであったこと--などが示されている。

> 気候変動監視レポート2007はこちら

環境月間の行事

 環境省は2008年6月の環境月間に実施する「エコライフ・フェア2008」をはじめとする各種の行事の内容を08年5月30日に公表した。
 「エコライフ・フェア」は6月の環境月間に同省が開催する主要行事の1つで、例年、行政、企業、民間団体がそれぞれ出展し、多彩な分野の環境保全への取組みや最新技術、環境に配慮したライフスタイルなどを親しみやすく展示している。
 08年は6月7・8日の両日、30の企業・団体、26のNGO/NPOの出展により、東京都渋谷区の代々木公園ケヤキ並木、イベント広場で開催予定。
 環境省のブースでは市民、企業等が温室効果ガスの自発的な排出削減努力を促す「カーボン・オフセット」について、カーボン・オフセットの仕組の説明や、国内外の取組事例紹介など11のコーナーが設置される予定。
 また、フェア運営に使用する電力は使用済み天ぷら油のリサイクル燃料を使用し、ステージは太陽光発電のステージカーを使用するほか、主な照明はLED蛍光灯を使用するなど、環境に配慮した運営を実施する予定。
 同じく6月7・8日には横浜みなとみらい21地区・横浜赤レンガ倉庫広場でも低公害車を一同に集めた「エコカーワールド2008」が開催される。
 このほかにも、環境月間期間中、関係府省庁、都道府県などの主催による行事が全国的に展開されることになっている。

> 環境月間の行事はこちら

持続可能な社会を切り開く女性が創る環境ビジネス・まちづくり

 第3期環境ビジネスウィメン懇談会の報告「環境ビジネスウィメンからのメッセージ~持続可能な社会を切り開く女性が創る環境ビジネス・まちづくり~」がG8環境大臣会合、G8洞爺湖サミットに向けたメッセージとして平成20年5月22日までにとりまとめられた。
 この懇談会は、鴨下環境大臣が、環境関連ビジネスの経営等に携わる女性を招き、環境ビジネスの果たすべき役割などについて話し合うことを目的に平成19年8月~20年5月までに3回開催されたもの。
 取りまとめられたメッセージには、2050年温室効果ガスを大幅削減する持続可能な社会を実現するため、女性の共感力が導く持続可能な社会、ライフスタイルの具体像及びそのために必要なビジネス等のあり方などが示されている。

> 持続可能な社会を切り開く女性が創る環境ビジネス・まちづくりはこちら

06年度の日本の温室効果ガス総排出量

 環境省は2008年5月16日、06年度の日本の温室効果ガス総排出量確報値を、二酸化炭素換算で約13億4,000万トンと発表した。
 この数値は、05年度との比較では約1,800万トン(1.3%)の減少を示しているものの、京都議定書の基準年である1990年度の総排出量12億6,100万トンを6.2%(7,900万トン)上回った。
 05年度からの減少原因としては、社会経済活動の拡大による生産量の増加等に伴いエネルギー起源CO2排出量が増加した一方で、自主行動計画、国民運動、住宅・建築物の省エネ性能の向上、トップランナー基準による自動車の燃費改善及び機器の効率向上等の対策の進捗、電力排出原単位の改善、暖冬の影響等により、エネルギー起源CO2排出量が減少したことを挙げている
 なお、総排出量のうち、エネルギー起源二酸化炭素の総計は11億8,600万トン。
 その部門別排出量は、産業部門が90年度比4.6%減の4億6,000万トン、運輸部門が同16.7%増の2億5,400万トン、オフィスビルなどの民生・業務その他部門が同39.5%増の2億2,900万トン、民生・家庭部門が同30.0%増の1億6,600万トン、発電所などのエネルギー転換部門が13.9%増の7,730万トンで、産業以外の各部門で排出量が増加していた。

> 06年度の日本の温室効果ガス総排出量はこちら

温室効果ガス削減可能量の積み上げを検討

 環境省と経済産業省は平成20年5月8日フランス・パリにおいてセクター別温室効果ガス削減ポテンシャルの積み上げに関する国際ワークショップを開催する。
 次期枠組みに係る国際交渉が本格化することを踏まえ、温室効果ガス削減負担の衡平性を確保するため、総理がダボス会議において提案した、今後活用される技術を基礎として温室効果ガス削減可能量を積み上げ、これをベースに国別総量温室効果ガス削減目標を検討する方式について、議論を深める事を目的として開催されるもので以下の議題について議論される予定。
(1)セクター別温室効果ガス削減ポテンシャル推計モデルの次期枠組み交渉への貢献
(2)温室効果ガス削減ポテンシャルを特定・実現するための協力的セクター別アプローチ
(3)今後の課題と進め方
 なお、本ワークショップの成果は5月24~26日に神戸で開催されるG8環境大臣会合に報告される予定。

> 温室効果ガス削減可能量の積み上げを検討はこちら

アジア太平洋気候変動と開発のためのゲートウェイ・キックオフミーティング

 平成20年4月23日 タイ・バンコクにおいて「アジア太平洋気候変動と開発のためのゲートウェイ・キックオフミーティング」が開催された。
 アジア太平洋気候変動と開発のためのゲートウェイ(APゲートウェイ)とは、環境省、UNESCAP及びOECCによりこの程創設された気候変動と開発に関するアジア太平洋地域での協力枠組みであり、コベネフィット及び適応策に関する情報共有、案件形成支援等を行うことを目的としている。
 今回のキックオフミーティングでは、14か国・9機関から約40名の開発計画や気候変動担当の行政官(局長級)や開発援助等の専門家の出席を得て、コベネフィット(相乗便益)の実現と適応措置の開発政策への統合を重点的に支援する取組について議論が行われた。また、我が国が提唱する「クールアース・パートナーシップ」の下、途上国の開発計画及び気候変動担当の関係省庁等の協力に基づいた取組の重要性に関する認識が共有された。
 また、平成20年4月22日には「気候変動対策と開発の副次的便益(コベネフィット)に関する日米共同ワークショップ」が同時開催された。
 今回のワークショップでは、日米及びアジアの政府機関、研究機関、国際機関、NGOから気候変動・大気汚染・交通等の専門家が出席し、各国のコベネフィット推進政策、中国・インド等の途上国における温室効果ガス削減につながる対策(大気汚染対策、交通対策等)についてのプレゼンテーションと意見交換が行われた。

> アジア太平洋気候変動と開発のためのゲートウェイ・キックオフミーティングはこちら

温室効果ガス排出量算定・報告に関する説明会

 環境省は、温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度に関する説明会を平成20年5月に東京((株)三菱総合研究所:千代田区大手町)、名古屋(名古屋市男女平等参画推進センター:名古屋市中区)、大阪(ドーンセンター(大阪府立女性総合センター):大阪市中央区)及びさいたま(さいたま新都心合同庁舎1号館:さいたま市中央区)の4箇所で開催すると発表した。
 本説明会は、事業者に適切な報告を実施してもらうために、19年度に実施した第1回目の報告の際に多く見られた間違いなどの留意点について説明する予定。
 また、あわせて開催される相談会では、制度の対象となる事業者・事業所の担当者の方から個別に質問等を受け付ける機会を設ける。
 申込・問い合わせ先は以下のとおり
■東京(5/12開催)及びさいたま会場(5/20開催)
環境省関東地方環境事務所 環境対策課 TEL:048-600-0815/FAX:048-600-0517
■名古屋会場(5/15開催)
環境省中部地方環境事務所 環境対策課 TEL:052-955-2134/FAX:052-951-8889
■大阪会場(5/16開催)
環境省近畿地方環境事務所 環境対策課 TEL:06-4792-0703/FAX:06-4790-2800
 参加希望者は、希望日の3日前(土、日、祝日を含みません。)までに、所定様式に必要事項を記入のうえ、FAXで申し込まなければならない。

> 温室効果ガス排出量算定・報告に関する説明会はこちら

気候変動と熱帯林の持続可能な経営に関する国際専門家会議

 2008年4月30日から5月2日にかけ、横浜市で国際熱帯木材機関(ITTO)主催により、「気候変動と熱帯林の持続可能な経営に関する国際専門家会議」が開催される。
 ITTOは熱帯林保有国の環境保全と熱帯木材貿易の促進を両立させることによって、熱帯林を持つ開発途上国の経済的発展に寄与することを目的とした機関で、持続可能な森林経営に関する政策立案活動と造林・森林経営、林地復旧、人材養成などの具体的なプロジェクト活動を行っている。
 今回の会議には、国際熱帯木材機関(ITTO)加盟国の専門家、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)事務局等国際機関及び一般参加者の見込み。
 UNFCCC事務局及び、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)による基調講演に続き、パネルディスカッションが行われる。
 また、ブラジル、インドネシア等の木材生産国からの現状報告等を行った後、森林の減少・劣化に由来する温室効果ガスの排出抑制(REDD)など熱帯林に関連する気候変動の緩和や適応に関して、課題別、地域別に議論が行われる予定。
 なお、参加希望者は氏名、勤務先及びメールアドレスを国際熱帯木材機関(担当:塙氏)までFAX(045-223-1111)またはE-mail(hanawa@itto.or.jp)による申込みが必要

> 気候変動と熱帯林の持続可能な経営に関する国際専門家会議はこちら

日本の気候を2つの温室効果ガス排出シナリオで予測

 気象庁は2100年頃の日本付近の通年の気候変化予測を行った「地球温暖化予測情報 第7巻」をまとめ、08年3月27日に同庁ホームページに掲載した。
 「地球温暖化予測情報」は複数のCO2排出シナリオに沿った地上気温、降水量、海面水位などの変化について、気象研究所が開発した地球全体を対象にした気象モデル(全球大気・海洋結合モデル)をもとに予測したもので、同庁では96年度からこの報告をほぼ2年ごとに定期的に発表している。
 第7巻は、「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」が提示した温室効果ガス排出シナリオのうち、IPCC第4次評価報告書において最もよく用いられたシナリオであるA1Bシナリオ(大気中の温室効果ガス濃度が21世紀末頃に20世紀末の約2倍)とB1シナリオ(温室効果ガス濃度が約1.5倍)の2つのシナリオを使い、日本付近に対象を絞り、気候予測計算を行いとりまとめたもの。
 約100年後(2100年頃)の気候予測結果は、
(1)A1Bシナリオの場合、北海道で3℃以上、東北から西日本では2~3℃、沖縄・奄美では1.5℃程度。B1シナリオの場合、北海道で1.5~2℃、その他の地域で1~1.5℃程度上昇する。
(2)降雪量は、排出シナリオに係らず東北以南で減少、北海道の標高の高い地域で増加する。
(3)年平均海面水温は、A1Bシナリオの場合2.0~3.1℃、B1シナリオの場合0.6~2.1℃上昇する。
(4)年平均海面水位(海水の熱膨張のみを考慮)は、A1Bシナリオの場合9~19cm、B1シナリオの場合5~14cm上昇する。
などの内容が示されている。

> 日本の気候を2つの温室効果ガス排出シナリオで予測はこちら

温室効果ガス観測技術衛星(GOSAT)を利用した研究

 (独)宇宙航空研究開発機構、(独)国立環境研究所及び環境省は、共同で研究開発を進めている温室効果ガス観測技術衛星(GOSAT)で得られるデータについて、その校正、検証などのデータ質評価とデータ利用研究の促進を目的とした研究を平成20年6月30日まで公募すると発表した。
 今回の公募されるのは以下の5つの研究分野、
(1)校正分野
(2)データ処理アルゴリズム分野
(3)炭素収支推定、大気輸送モデル分野
(4)検証分野
(5)データ利用研究分野
 この研究公募によって、日本のみならず世界の多くの研究者にGOSATに関心を持ってもらうとともに、研究公募によって採択された研究による成果が、観測データの質の向上に反映できること、さらには、温室効果ガスの挙動の解明、地球温暖化とそれに伴う気候変化とその影響の将来予測に関する研究が促進されることが期待されている。
 なお、GOSATは平成20年度中に打ち上げられる予定で、その後5年間に渡り観測が行われる予定。

> 温室効果ガス観測技術衛星(GOSAT)を利用した研究はこちら

第3期自主参加型国内排出量取引制度

 環境省が2008年4月から実施する第3期自主参加型国内排出量取引制度のうち、補助金や排出枠交付は受けず、排出枠取引にのみ参加する企業を08年2月21日までに採択した。
 この国内温室効果ガス排出量取引制度への参加には、(1)目標保有参加者タイプA:一定量の排出削減を約束し、CO2排出抑制設備の整備に対する補助金と排出枠の交付を受ける参加者(「温室効果ガスの自主削減目標設定に係る設備補助事業」の採択事業者)、(2)目標保有参加者タイプB:設備補助を受けることなく、基準年度排出量に比べ、2008年度において少なくとも1%の排出削減を約束する参加者、(3)目標保有参加者タイプC:設備補助を受けることなく、基準年度排出量に比べ、2007年度において少なくとも1%の排出削減、2008年度において少なくとも3%の排出削減を約束する参加者、(4)取引参加者:排出枠等の取引を行うことを目的として、登録簿システムに口座を設け、取引を行う参加者。取引参加者に対しては、補助金及び排出枠の交付はなされない。--の4つ方法がある。
 今回決定した上記4タイプのうち、(4)の取引参加を希望する25社で、2007年5月に採択されている目標保有参加者タイプA,B,C61社を含めた86社で排出枠の取引を行う予定

> 第3期自主参加型国内排出量取引制度はこちら

森林や草原を開墾してのバイオ燃料生産

 森林や草原を開墾してバイオ燃料を生産すると、かえってCO2排出量が増加し、地球温暖化問題を悪化させるおそれがある・・・こうした問題点を指摘する2本の論文がサイエンス誌2月号に掲載される。
 一つは環境NGOのネーチャー・コンサーバンシーとミネソタ大学が共同で実施した研究。熱帯林や泥炭地は多くの炭素を貯蔵しているため、こうした自然地域を開墾すると多くの炭素が大気中に排出されてしまう。熱帯林や泥炭地、サバンナ、草原を開墾して、パームオイルやダイズを育て、バイオ燃料を生産すると、化石燃料を代替することで得られるCO2削減効果より、土地の改変に伴って排出されるCO2の方が17倍~420倍多くなると結論づけている。中でも、炭素排出量が最も多くなってしまうのは、インドネシアで泥炭地を開墾してパームオイルをプランテーションで生産するケースで、アマゾンでダイズを生産するケースがこれに続くという。
 もう一つの研究は、プリンストン大学とアイオワ州立大学等が共同で実施したもの。世界的な農業モデルを利用して、土地利用の変更(森林や草原をバイオ燃料生産のために耕地化)に伴う温室効果ガス排出量の変化を推計したところ、トウモロコシを原料にしたエタノールでは、30年以上、温室効果ガス排出量が倍増した。アメリカ国内でスイッチグラスからバイオ燃料を生産した場合は、50%の排出増となった。
 なお、2つの研究では、農業廃棄物などからバイオ燃料を生産する場合は、土地の改変を伴わないことから、温室効果ガス削減効果が得られるとしている。

> 森林や草原を開墾してのバイオ燃料生産はこちら

国内排出量取引制度の参加企業25社を新たに採択

 環境省が2008年4月から実施する第3期自主参加型国内排出量取引制度のうち、補助金や排出枠交付は受けず、排出枠取引にのみ参加する企業を06年2月21日までに採択した。
 この国内温室効果ガス排出量取引制度への参加には、(1)目標保有参加者タイプA:一定量の排出削減を約束し、CO2排出抑制設備の整備に対する補助金と排出枠の交付を受ける参加者(「温室効果ガスの自主削減目標設定に係る設備補助事業」の採択事業者)、(2)目標保有参加者タイプB:設備補助を受けることなく、基準年度排出量に比べ、2008年度において少なくとも1%の排出削減を約束する参加者、(3)目標保有参加者タイプC:設備補助を受けることなく、基準年度排出量に比べ、2007年度において少なくとも1%の排出削減、2008年度において少なくとも3%の排出削減を約束する参加者、(4)取引参加者:排出枠等の取引を行うことを目的として、登録簿システムに口座を設け、取引を行う参加者。取引参加者に対しては、補助金及び排出枠の交付はなされない。--の4つ方法がある。
 今回決定した上記4タイプのうち、(4)の取引参加を希望する25社で、2007年5月に採択されている目標保有参加者タイプA,B,C61社を含めた86社で排出枠の取引を行う予定

> 国内排出量取引制度の参加企業25社を新たに採択はこちら

京都議定書目標達成計画関係の20年度予算案

 日本が京都議定書の削減約束を達成するための基本方針を示した「京都議定書目標達成計画」にもとづく、2008年度予算案が内閣官房の取りまとめにより、07年2月6日までにまとまった。
 この取りまとめは京都議定書の目標達成に向けての各府省の施策や事業を、(1)京都議定書にもとづく6%削減約束に直接効果がある、(2)温室効果ガスの中長期的削減に効果がある、(3)主目的が温暖化対策でないものの結果として温室効果ガスの削減に寄与する、(4)日本の排出削減には効果がないが、対策や研究、国際連携の基盤的施策となる--の4つに分類。
 (1)には経済産業省の電源立地地域対策交付金、農林水産省の森林環境保全整備事業、環境省の京都メカニズムクレジット取得事業などが含まれ、予算総額は5,194億円(19年度予算額:5,093億円)。対策分野別ではエネルギー供給部門の対策が約2,036億円(約39%)、森林吸収源に関する施策が約1,853億円(約36%)を占めている。
 また(2)には文部科学省の高速増殖炉サイクル技術、農林水産省の緑の雇用担い手対策事業などが含まれ、予算総額は3,095億円(19年度予算額:2,764億円)、(3)には農林水産省の治山事業費、環境省の循環型社会形成推進交付金などが含まれ、予算総額は3,430億円(19年度予算額:3,777億円)、(4)には文部科学省の地球観測衛星の開発に必要な経費、環境省の地球環境研究総合推進費などが含まれ、予算総額は447億円(19年度予算額:410億円)となっている。

> 京都議定書目標達成計画関係の20年度予算案はこちら

298件めまでの京都メカニズム案件を承認

 経済産業省に申請されていたクリーン開発メカニズム(CDM)プロジェクト13件が、、平成20年2月1日までに「京都メカニズム推進・活用会議」に承認され、日本政府の正式なプロジェクトとなった。
 CDMは各国の削減目標達成のための市場原理を活用した国際的な仕組み「京都メカニズム」の1つで、先進国と途上国が共同で温室効果ガス排出削減プロジェクトを実施し、達成された温室効果ガス削減分の一部(認証排出削減量)を先進国が自国の削減量として充当することを認める制度。
 日本政府の正式なプロジェクトとなるためには温暖化対策関連省庁のいずれかに承認申請を提出し、関連省庁が共同で開催する「京都メカニズム推進・活用会議」で承認されることが必要。
 今回承認されたのは、大和証券SMBCプリンシパル・インベストメンツ(株)が申請した(1)中国貴州省でのシャパ2万キロワット水力発電プロジェクト(年平均CO2排出削減量:CO2換算で5.8万トン)、三菱重工業(株)が申請した(2)中国寧夏回族自治区呉忠市での寧夏太陽山4万5,000キロワット風力発電プロジェクト(同:7.6万トン)、三菱UFJ証券(株)が申請した(3)インドネシア スマトラ島でのバイオガス回収・発熱利用プロジェクト(同:4万トン)、三菱商事(株)が申請した(4)中国山東省での4万8,000キロワット廃ガス回収発電プロジェクト(同:32万トン)、ナットソース・ジャパン(株)が申請した(5)韓国江原道東海市での東海1,000キロワット太陽光発電プロジェクト(同:0.06万トン)、丸紅(株)が申請した(6)中国江蘇省宜興市での江蘇省蛟橋セメント廃熱回収プロジェクト(同:2.2万トン)、(7)中国江蘇省宜興市での宜興市双龍セメント廃熱回収プロジェクト(同:4.5万トン)、日本カーボンファイナンス(株)が申請した(8)Central de Residuos do Recreioランドフィルガスプロジェクト(同:10.8万トン)、三菱UFJ証券(株)が申請した(9)タイでのPower Prospect社9,900キロワット籾殻発電事業(同:3.4万トン)、住友商事(株)が申請した(10)中国甘粛省での6万キロワット水力発電プロジェクト(同:21.7万トン)、東京ガス(株)が申請した(11)中国での湖北京蘭集団1万2,000キロワットセメント廃熱利用発電プロジェクト(同:6.9万トン)、日揮(株)申請した(12)中国内蒙古自治区での内蒙古億利冀東混合原料にカルシウムカーバイド残渣を利用したクリンカー製造プロジェクト(同:37.7万トン)、(13)中国浙江省での浙江衢州巨泰 混合原料にカルシウムカーバイド残渣を利用したクリンカー製造プロジェクト(同:17.3万トン)--の13件のプロジェクト。
 今回の承認分までで、日本の正式な京都メカニズム承認案件数は298件、全承認プロジェクトの年平均CO2排出削減量の合計はCO2換算で11,196万トンとなった。

> 298件めまでの京都メカニズム案件を承認はこちら

地球温暖化・環境問題:政府事業で排出される温室効果ガス 新抑制計画が閣議決定

 平成19年3月30日開催の閣議で、政府の事務・事業に伴い排出された温室効果ガス抑制対策の新たな実行計画が閣議決定された。今回の閣議決定は、14年7月に閣議決定された従来の「実行計画」が18年度で終了したことに伴うもの。

 新たな「実行計画」は、19年度~24年度を計画期間とし、「22年度~24年度の平均温室効果ガス排出量を13年度比で8%削減すること」を政府全体の目標として設定。各府省庁それぞれの排出量についても、この削減目標を達成すべきとしたほか、従来目標が未達成だった一部府省庁については、目標からの超過排出分を今回の削減目標に上乗せするという方針が示されている。

 また、目標達成のために取り組むべき措置には、従来計画に盛りこまれていた、温室効果ガス排出抑制に配慮した製品・サービスの購入、建築物の省エネ徹底などに加え、18年の臨時国会での安倍総理が行った所信表明演説の内容を踏まえて、庁舎への太陽光発電導入・建物緑化に関する各府省ごとの整備計画の策定・実施、建築物設計者選定にあたっての環境性能の重視など、具体的な取組み内容が追加された。
 政府の事務・事業に伴い排出される温室効果ガスの量は、引き続き、毎年度推計され公表される予定

> 地球温暖化・環境問題:政府事業で排出される温室効果ガス 新抑制計画が閣議決定はこちら

地球温暖化・環境問題:温室効果ガス水蒸気

 水蒸気(H2O)は地球上最大の温室効果ガスです。温室効果ガスの中で一番大きな影響を与えているものは水蒸気であり、温室効果の75%~90%を受け持っています。

 このことは、冬のよく晴れた夜の翌朝は「放射冷却現象」で厳しく冷え込むことからも実感できることです。つまり、「よく晴れた」=「雲がない」=「水蒸気が少ない」=「温室効果が少ない」=「厳しく冷え込む」ということです。

 水蒸気には温室効果ガスの性質以外にも種々の特徴があります。水蒸気は二酸化炭素やメタンに比べ、大気中に存在する量も、赤外線の吸収量共に桁違いに多く、二酸化炭素の吸収できる赤外線の波長域は限られていますが、赤外線の吸収率から言えば、メタンは二酸化炭素の40倍以上であり、水蒸気はさらに高いレベルにあります。

 その一方で、水蒸気は地上付近で熱を奪って蒸発し、高空で凝縮する際に放熱し、雨や雪氷の形で地上に戻るサイクルを通じて宇宙空間への放熱を促進したり、雲となって太陽光を遮ったりと温暖化を抑制する働きも持っています。

 余談ですが、お正月の都心のビジネス街は、事業活動が止まり、車の往来も少なく、人もほとんどいません。ということは、空気中の二酸化炭素量もかなり減っているはずですが、ビジネス街だけが特に寒いということはありません。

 つまり、気候変動の大きな要因は、この水蒸気の影響や太陽活動、地磁気の影響であり、その割合は80%~90%と見込まれています。残りの部分を水蒸気以外の温室効果ガス(Green House Gases:GHGs)、つまり、二酸化炭素(CO2)、メタン(CH4)、一酸化二窒素(N2O)、フロンなどが占めています。

 このため、環境省や一部の環境団体、科学者が主張しているように、単に二酸化炭素の排出量を削減したとしても、温暖化にストップがかかるとは考えられません。また、気温が上がったことによって、海中に溶けていた二酸化炭素が空気中に放出され、その結果として二酸化炭素濃度が増えているという研究成果もあります。


占い師の求人募集転職カメラマン・アシスタントの求人募集転職イラストレーターの求人募集転職

> 地球温暖化・環境問題:温室効果ガス水蒸気はこちら

地球温暖化・環境問題:温室効果ガス二酸化炭素

 二酸化炭素(CO2)は、温室効果ガスの一つで、常温常圧では無色無臭の気体で、分子量 44.01 g/mol、密度 1.98 kg/m3(25℃)、 融点 ?56.6 ℃ (5.2 atm)、沸点 ?78.5 ℃ (760 mmHg)。水への溶解度 0.145 g(水 100 mL あたり)。常圧では液体にならず、? 79 ℃ で昇華して固体(ドライアイス)となり、水溶液(炭酸)は弱酸性です。

 二酸化炭素は現在の大気中にはおよそ 370ppm(0.037%)ほど含まれていますが、氷床コアなどの分析から産業革命以前はおよそ 280ppm(0.028%)であったと見積もられています。この濃度の増加は主に化石燃料の大量消費が原因と考えられています。(ただし、気温が上がったことによって、海中に溶けていた二酸化炭素が空気中に放出され、その結果として二酸化炭素濃度が増えているという研究報告もあります。)

 二酸化炭素は、火山活動や自然的発火による山火事など、自然現象に起因して発生する広域自然火災によっても大量に発生します。人為的に発生する二酸化炭素量は、炭素を含む物質(石油、石炭、木材など)の燃焼によって発生し、石炭を用いた火力発電や自動車の排気ガス、工場の排気など化石燃料の燃焼がもっとも多くなっています。

 逆に植物の光合成によって二酸化炭素は様々な有機化合物へと固定されたり、また、二酸化炭素は海中にも直接取り込まれ、降雨に溶け込み湖沼に流れ込み、最終的に海洋にも流れ込みます。

 環境省や一部の環境団体、科学者は、この二酸化炭素の増加が地球温暖化の最大の原因として、現在、積極的に削減のキャンペーンを行っています。

 しかし、気候変動の大きな要因は、水蒸気の影響や太陽活動、地磁気の影響であり、その割合は80%~90%と見込まれています。残りの部分を水蒸気以外の温室効果ガス(Green House Gases:GHGs)、つまり、二酸化炭素(CO2)、メタン(CH4)、一酸化二窒素(N2O)、フロンなどが占めています。

 このため、温室効果ガスのうち、たった数パーセントしか占めていない二酸化炭素を単に数パーセント削減したとしても、地球温暖化にストップがかかるとは考えられません。少なくとも、人為的にコントロール可能な二酸化炭素を削減しようと考えるべきでしょう。


ピアノ講師求人募集転職家庭教師の求人募集転職講師の求人募集転職

> 地球温暖化・環境問題:温室効果ガス二酸化炭素はこちら

地球温暖化・環境問題:温室効果ガスメタン

 メタンは、和名は沼気(しょうき)と言い、温室効果ガスの一つで、最も単純な構造の炭化水素で1個の炭素原子に4個の水素原子が結合した分子です。化学式は CH4で分子は炭素が中心に位置する正四面体構造です。

 メタンは常温、常圧では無色、無臭の気体で、人に対する毒性もありません。融点は183 ℃、沸点は162 ℃。空気に対する比重は 0.555で大気中には平均 0.00022% が含有されています。

 地球上に排出されるメタンガスは、主に野牛や家畜の牛、羊などによる呼吸やゲップだけで25%を超えます。その他、肥料、天然ガスや水田、ゴミの埋め立て、化石燃料の燃焼などで年に2億5千万トンが放出されています。

 また、海底内に大量に存在することが発見されたメタンハイドレートによる影響もあります。つまり、深海部の平均水温が2~3℃上昇すると、海水に接しているメタンハイドレートが一気にメタンガスに変わります。

 さらに、海底部の水温が上昇する環境下では、海水全体の温度が上昇し、二酸化炭素同様、メタンが水中に溶けきれず、空中に放出されてしまいます。

 環境省などによると、メタン単体は熱吸収率が高く、温暖化現象を促進し、それがさらに海水温を上昇させ、ハイドレート融解に影響するといった形で、悪循環(正のフィードバック)にもつながるとされています。

 しかし、確かに、メタンは二酸化炭素の21倍の温室効果を持っていますが、大気中の含有量はわずか0.00022%にしか過ぎず、メタンが温暖化に影響を与えるような数値ではないことは明らかです。


薬剤師・管理薬剤師の求人募集転職栄養士・管理栄養士の求人募集転職保育士の求人募集転職

> 地球温暖化・環境問題:温室効果ガスメタンはこちら

地球温暖化・環境問題:気候変動に関する国際連合枠組条約

 気候変動枠組条約(正式名称は「気候変動に関する国際連合枠組条約」、United Nations Framework Convention on Climate Change / UNFCCC, FCCC)は、地球温暖化防止条約、温暖化防止条約とも通称され、地球温暖化問題に対する国際的な枠組みを設定した条約です。

 大気中の温室効果ガス(二酸化炭素、メタンなど)の増加が地球を温暖化し、自然の生態系等に悪影響を及ぼすおそれがあることを人類共通の関心事であると確認し、大気中の温室効果ガスの濃度を安定化させ、現在及び将来の気候を保護することを目的とし、気候変動がもたらすさまざまな悪影響を防止するための取り組みの原則、措置などが定められています。

 この条約では、
1)締約国の共通だが差異のある責任
2)開発途上締約国等の国別事情の勘案
3)速やかかつ有効な予防措置の実施等の原則のもと、先進締約国(「条約の附属書締約国」と呼ばれ、ロシア・旧東欧諸国を含む)に対し、温室効果ガス削減のための政策の実施等の義務が課せられています。

 日本は1992年に署名し、1993年5月14日には国会で承認され、批准しました。1993年5月28日には、受諾書を寄託し、1994年3月21日に効力が発生しました。1994年6月21日公布(条約第6号)されました。

 気候変動枠組条約の事務局は、ドイツのボンにあり、最高意思決定機関である気候変動枠組条約締約国会議( Conference of Parties / COP)のほか、常設の補助機関(SB)として、実施に関する補助機関(SBI)と、科学的、技術的な助言に関する補助機関(SBSTA)の2つがあります。

 締約国会議は、毎年開催されており、1997年12月に日本で開催された第3回締約国会議(京都会議)においては、2000年以降の取り組みについての規定が不十分であるとして、法的拘束力のある数値目標を定める京都議定書が採択されました。


病院臨床検査技師の求人募集転職看護師・准看護師の求人募集転職保健師の求人募集転職

> 地球温暖化・環境問題:気候変動に関する国際連合枠組条約はこちら

地球温暖化・環境問題:地球温暖化対策の推進に関する法律

地球温暖化対策の推進に関する法律
(平成十年十月九日法律第百十七号)

地球温暖化対策の推進に関する法律第一章 総則

(目的)
地球温暖化対策の推進に関する法律第一条  この法律は、地球温暖化が地球全体の環境に深刻な影響を及ぼすものであり、気候系に対して危険な人為的干渉を及ぼすこととならない水準において大気中の温室効果ガスの濃度を安定化させ地球温暖化を防止することが人類共通の課題であり、すべての者が自主的かつ積極的にこの課題に取り組むことが重要であることにかんがみ、地球温暖化対策に関し、京都議定書目標達成計画を策定するとともに、社会経済活動その他の活動による温室効果ガスの排出の抑制等を促進するための措置を講ずること等により、地球温暖化対策の推進を図り、もって現在及び将来の国民の健康で文化的な生活の確保に寄与するとともに人類の福祉に貢献することを目的とする。

(定義)
地球温暖化対策の推進に関する法律第二条  この法律において「地球温暖化」とは、人の活動に伴って発生する温室効果ガスが大気中の温室効果ガスの濃度を増加させることにより、地球全体として、地表及び大気の温度が追加的に上昇する現象をいう。
2  この法律において「地球温暖化対策」とは、温室効果ガスの排出の抑制並びに吸収作用の保全及び強化(以下「温室効果ガスの排出の抑制等」という。)その他の国際的に協力して地球温暖化の防止を図るための施策をいう。
3  この法律において「温室効果ガス」とは、次に掲げる物質をいう。
一  二酸化炭素
二  メタン
三  一酸化二窒素
四  ハイドロフルオロカーボンのうち政令で定めるもの
五  パーフルオロカーボンのうち政令で定めるもの
六  六ふっ化硫黄
4  この法律において「温室効果ガスの排出」とは、人の活動に伴って発生する温室効果ガスを大気中に排出し、放出し若しくは漏出させ、又は他人から供給された電気若しくは熱(燃料又は電気を熱源とするものに限る。)を使用することをいう。
5  この法律において「温室効果ガス総排出量」とは、温室効果ガスである物質ごとに政令で定める方法により算定される当該物質の排出量に当該物質の地球温暖化係数(温室効果ガスである物質ごとに地球の温暖化をもたらす程度の二酸化炭素に係る当該程度に対する比を示す数値として国際的に認められた知見に基づき政令で定める係数をいう。以下同じ。)を乗じて得た量の合計量をいう。
6  この法律において「算定割当量」とは、次に掲げる数量で、二酸化炭素一トンを表す単位により表記されるものをいう。
一  気候変動に関する国際連合枠組条約の京都議定書(以下「京都議定書」という。)第三条7に規定する割当量
二  京都議定書第三条3に規定する純変化に相当する量の割当量
三  京都議定書第六条1に規定する排出削減単位
四  京都議定書第十二条3(b)に規定する認証された排出削減量
五  前各号に掲げるもののほか、京都議定書第三条の規定に基づく約束を履行する場合において同条1の算定される割当量として認められるものの数量

(国の責務)
地球温暖化対策の推進に関する法律第三条  国は、大気中における温室効果ガスの濃度変化の状況並びにこれに関連する気候の変動及び生態系の状況を把握するための観測及び監視を行うとともに、総合的かつ計画的な地球温暖化対策を策定し、及び実施するものとする。
2  国は、温室効果ガスの排出の抑制等のための施策を推進するとともに、温室効果ガスの排出の抑制等に関係のある施策について、当該施策の目的の達成との調和を図りつつ温室効果ガスの排出の抑制等が行われるよう配意するものとする。
3  国は、自らの事務及び事業に関し、温室効果ガスの排出の量の削減並びに吸収作用の保全及び強化のための措置を講ずるとともに、温室効果ガスの排出の抑制等のための地方公共団体の施策を支援し、及び事業者、国民又はこれらの者の組織する民間の団体(以下「民間団体等」という。)が温室効果ガスの排出の抑制等に関して行う活動の促進を図るため、技術的な助言その他の措置を講ずるように努めるものとする。
4  国は、前条第六項第三号及び第四号に掲げる数量の取得、京都議定書第十七条に規定する排出量取引への参加その他の京都議定書第三条の規定に基づく約束の履行のために必要な措置を講ずるものとする。
5  国は、地球温暖化及びその影響の予測に関する調査、温室効果ガスの排出の抑制等のための技術に関する調査その他の地球温暖化対策の策定に必要な調査を実施するものとする。
6  国は、第一項に規定する観測及び監視の効果的な推進を図るための国際的な連携の確保、前項に規定する調査の推進を図るための国際協力その他の地球温暖化に関する国際協力を推進するために必要な措置を講ずるように努めるとともに、地方公共団体又は民間団体等による温室効果ガスの排出の抑制等に関する国際協力のための活動の促進を図るため、情報の提供その他の必要な措置を講ずるように努めるものとする。

(地方公共団体の責務)
地球温暖化対策の推進に関する法律第四条  地方公共団体は、その区域の自然的社会的条件に応じた温室効果ガスの排出の抑制等のための施策を推進するものとする。
2  地方公共団体は、自らの事務及び事業に関し温室効果ガスの排出の量の削減並びに吸収作用の保全及び強化のための措置を講ずるとともに、その区域の事業者又は住民が温室効果ガスの排出の抑制等に関して行う活動の促進を図るため、前項に規定する施策に関する情報の提供その他の措置を講ずるように努めるものとする。

(事業者の責務)
地球温暖化対策の推進に関する法律第五条  事業者は、その事業活動に関し、温室効果ガスの排出の抑制等のための措置(他の者の温室効果ガスの排出の抑制等に寄与するための措置を含む。)を講ずるように努めるとともに、国及び地方公共団体が実施する温室効果ガスの排出の抑制等のための施策に協力しなければならない。

(国民の責務)
地球温暖化対策の推進に関する法律第六条  国民は、その日常生活に関し、温室効果ガスの排出の抑制等のための措置を講ずるように努めるとともに、国及び地方公共団体が実施する温室効果ガスの排出の抑制等のための施策に協力しなければならない。

(温室効果ガスの排出量等の算定等)
地球温暖化対策の推進に関する法律第七条  政府は、温室効果ガスの排出及び吸収に関し、気候変動に関する国際連合枠組条約第四条1(a)に規定する目録及び京都議定書第七条1に規定する年次目録を作成するため、毎年、我が国における温室効果ガスの排出量及び吸収量を算定し、環境省令で定めるところにより、これを公表するものとする。
   第二章 京都議定書目標達成計画


(京都議定書目標達成計画)
地球温暖化対策の推進に関する法律第八条  政府は、京都議定書第三条の規定に基づく約束を履行するために必要な目標の達成に関する計画(以下「京都議定書目標達成計画」という。)を定めなければならない。
2  京都議定書目標達成計画は、次に掲げる事項について定めるものとする。
一  地球温暖化対策の推進に関する基本的方向
二  国、地方公共団体、事業者及び国民のそれぞれが講ずべき温室効果ガスの排出の抑制等のための措置に関する基本的事項
三  温室効果ガスである物質の種類その他の区分ごとの温室効果ガスの排出の抑制及び吸収の量に関する目標
四  前号の目標を達成するために必要な措置の実施に関する目標
五  前号の目標を達成するために必要な国及び地方公共団体の施策に関する事項
六  第二十条の二第一項に規定する政府実行計画及び第二十一条第一項に規定する地方公共団体実行計画に関する基本的事項
七  温室効果ガス総排出量が相当程度多い事業者について温室効果ガスの排出の抑制等のための措置(他の者の温室効果ガスの排出の抑制等に寄与するための措置を含む。)に関し策定及び公表に努めるべき計画に関する基本的事項
八  第三条第四項に規定する措置に関する基本的事項
九  前各号に掲げるもののほか、地球温暖化対策に関する重要事項
3  内閣総理大臣は、京都議定書目標達成計画の案につき閣議の決定を求めなければならない。
4  内閣総理大臣は、前項の規定による閣議の決定があったときは、遅滞なく、京都議定書目標達成計画を公表しなければならない。

(京都議定書目標達成計画の変更)
地球温暖化対策の推進に関する法律第九条  政府は、平成十九年において、我が国における温室効果ガスの排出及び吸収の量の状況その他の事情を勘案して、京都議定書目標達成計画に定められた目標及び施策について検討を加えるものとする。
2  政府は、前項の規定による検討の結果に基づき、必要があると認めるときは、速やかに、京都議定書目標達成計画を変更しなければならない。
3  前条第三項及び第四項の規定は、京都議定書目標達成計画の変更について準用する。
   第三章 地球温暖化対策推進本部


(地球温暖化対策推進本部の設置)
地球温暖化対策の推進に関する法律第十条  地球温暖化対策を総合的かつ計画的に推進するため、内閣に、地球温暖化対策推進本部(以下「本部」という。)を置く。

(所掌事務)
地球温暖化対策の推進に関する法律第十一条  本部は、次に掲げる事務をつかさどる。
一  京都議定書目標達成計画の案の作成及び実施の推進に関すること。
二  長期的展望に立った地球温暖化対策の実施の推進に関する総合調整に関すること。

(組織)
地球温暖化対策の推進に関する法律第十二条  本部は、地球温暖化対策推進本部長、地球温暖化対策推進副本部長及び地球温暖化対策推進本部員をもって組織する。

(地球温暖化対策推進本部長)
地球温暖化対策の推進に関する法律第十三条  本部の長は、地球温暖化対策推進本部長(以下「本部長」という。)とし、内閣総理大臣をもって充てる。
2  本部長は、本部の事務を総括し、所部の職員を指揮監督する。

(地球温暖化対策推進副本部長)
地球温暖化対策の推進に関する法律第十四条  本部に、地球温暖化対策推進副本部長(以下「副本部長」という。)を置き、内閣官房長官、環境大臣及び経済産業大臣をもって充てる。
2  副本部長は、本部長の職務を助ける。

(地球温暖化対策推進本部員)
地球温暖化対策の推進に関する法律第十五条  本部に、地球温暖化対策推進本部員(以下「本部員」という。)を置く。
2  本部員は、本部長及び副本部長以外のすべての国務大臣をもって充てる。

(幹事)
地球温暖化対策の推進に関する法律第十六条  本部に、幹事を置く。
2  幹事は、関係行政機関の職員のうちから、内閣総理大臣が任命する。
3  幹事は、本部の所掌事務について、本部長、副本部長及び本部員を助ける。

(事務)
地球温暖化対策の推進に関する法律第十七条  本部に関する事務は、内閣官房において処理し、命を受けて内閣官房副長官補が掌理する。

(主任の大臣)
地球温暖化対策の推進に関する法律第十八条  本部に係る事項については、内閣法 (昭和二十二年法律第五号)にいう主任の大臣は、内閣総理大臣とする。

(政令への委任)
地球温暖化対策の推進に関する法律第十九条  この法律に定めるもののほか、本部に関し必要な事項は、政令で定める。
   第四章 温室効果ガスの排出の抑制等のための施策

(国及び地方公共団体の施策)
地球温暖化対策の推進に関する法律第二十条  国は、温室効果ガスの排出の抑制等のための技術に関する知見及びこの法律の規定により報告された温室効果ガスの排出量に関する情報その他の情報を活用し、地方公共団体と連携を図りつつ、温室効果ガスの排出の抑制等のために必要な施策を総合的かつ効果的に推進するように努めるものとする。
2  都道府県及び市町村は、京都議定書目標達成計画を勘案し、その区域の自然的社会的条件に応じて、温室効果ガスの排出の抑制等のための総合的かつ計画的な施策を策定し、及び実施するように努めるものとする。

(政府実行計画等)
地球温暖化対策の推進に関する法律第二十条の二  政府は、京都議定書目標達成計画に即して、その事務及び事業に関し、温室効果ガスの排出の量の削減並びに吸収作用の保全及び強化のための措置に関する計画(以下この条において「政府実行計画」という。)を策定するものとする。
2  政府実行計画は、次に掲げる事項について定めるものとする。
一  計画期間
二  政府実行計画の目標
三  実施しようとする措置の内容
四  その他政府実行計画の実施に関し必要な事項
3  環境大臣は、政府実行計画の案を作成し、閣議の決定を求めなければならない。
4  環境大臣は、政府実行計画の案を作成しようとするときは、あらかじめ、関係行政機関の長と協議しなければならない。
5  環境大臣は、第三項の規定による閣議の決定があったときは、遅滞なく、政府実行計画を公表しなければならない。
6  前三項の規定は、政府実行計画の変更について準用する。
7  政府は、毎年一回、政府実行計画に基づく措置の実施の状況(温室効果ガス総排出量を含む。)を公表しなければならない。

(地方公共団体実行計画等)
地球温暖化対策の推進に関する法律第二十一条  都道府県及び市町村は、京都議定書目標達成計画に即して、当該都道府県及び市町村の事務及び事業に関し、温室効果ガスの排出の量の削減並びに吸収作用の保全及び強化のための措置に関する計画(以下この条において「地方公共団体実行計画」という。)を策定するものとする。
2  地方公共団体実行計画は、次に掲げる事項について定めるものとする。
一  計画期間
二  地方公共団体実行計画の目標
三  実施しようとする措置の内容
四  その他地方公共団体実行計画の実施に関し必要な事項
3  都道府県及び市町村は、地方公共団体実行計画を策定し、又は変更したときは、遅滞なく、これを公表しなければならない。
4  都道府県及び市町村は、毎年一回、地方公共団体実行計画に基づく措置の実施の状況(温室効果ガス総排出量を含む。)を公表しなければならない。

(温室効果ガス算定排出量の報告)
地球温暖化対策の推進に関する法律第二十一条の二  事業活動(国又は地方公共団体の事務及び事業を含む。以下この条において同じ。)に伴い相当程度多い温室効果ガスの排出をする者として政令で定めるもの(以下「特定排出者」という。)は、毎年度、主務省令で定めるところにより、事業所(事業活動の態様を勘案して事業所によることが適当でないと認められる特定排出者として主務省令で定めるものにあっては、主務省令で定める区分。以下この項、次条第一項、第二十一条の四第二項第二号及び第二十一条の六第二項第二号において同じ。)ごとに、主務省令で定める期間に排出した温室効果ガス算定排出量に関し、主務省令で定める事項を当該事業所に係る事業を所管する大臣(以下「事業所管大臣」という。)に報告しなければならない。
2  この章において「温室効果ガス算定排出量」とは、温室効果ガスである物質ごとに、特定排出者の事業活動に伴う温室効果ガスの排出量として政令で定める方法により算定される当該物質の排出量に当該物質の地球温暖化係数を乗じて得た量をいう。

(権利利益の保護に係る請求)
地球温暖化対策の推進に関する法律第二十一条の三  特定排出者は、前条第一項の規定による報告に係る温室効果ガス算定排出量の情報が公にされることにより、当該特定排出者の権利、競争上の地位その他正当な利益(以下「権利利益」という。)が害されるおそれがあると思料するときは、当該温室効果ガス算定排出量に代えて、当該特定排出者に係る温室効果ガス算定排出量を事業所ごとに合計した量(当該量によることが困難であると認められる特別な事情がある場合においては、当該特定排出者に係る温室効果ガス算定排出量を主務省令で定めるところにより合計した量。次条第二項第二号において同じ。)をもって次条第一項の規定による通知を行うよう事業所管大臣に請求を行うことができる。
2  特定排出者は、前項の請求を行うときは、前条第一項の規定による報告と併せて、主務省令で定めるところにより、その理由を付して行わなければならない。
3  事業所管大臣は、第一項の請求を認める場合には、その旨の決定をし、当該請求を行った特定排出者に対し、その旨を通知するものとする。
4  事業所管大臣は、第一項の請求を認めない場合には、その旨の決定をし、当該決定後直ちに、当該請求を行った特定排出者に対し、その旨及びその理由を通知するものとする。
5  前二項の決定は、第一項の請求があった日から三十日以内にするものとする。
6  前項の規定にかかわらず、事業所管大臣は、事務処理上の困難その他正当な理由があるときは、同項の期間を三十日以内に限り延長することができる。

(報告事項の通知等)
地球温暖化対策の推進に関する法律第二十一条の四  事業所管大臣は、第二十一条の二第一項の規定による報告があったときは、当該報告に係る事項について環境大臣及び経済産業大臣に通知するものとする。
2  前項の規定による通知は、次に掲げるところにより、行うものとする。
一  前条第一項の請求がないときは、遅滞なく、当該報告に係る事項を通知すること。
二  前条第一項の請求があった場合において、同条第三項の決定をしたときは、遅滞なく、当該報告に係る事項(当該事項のうち当該決定に係る温室効果ガス算定排出量については、これに代えて当該特定排出者に係る温室効果ガス算定排出量を事業所ごとに合計した量)を通知すること。
三  前条第一項の請求があった場合において、同条第四項の決定をしたときは、同項の規定による特定排出者への通知の日から二週間を経過した日以後速やかに、当該報告に係る事項を通知すること。
3  事業所管大臣は、第二十一条の二第一項の規定による報告があったときは、主務省令で定めるところにより、遅滞なく、当該報告に係る温室効果ガス算定排出量を集計するものとする。
4  事業所管大臣は、遅滞なく、前項の規定により集計した結果を環境大臣及び経済産業大臣に通知するものとする。ただし、当該集計結果が通知されることにより、前条第三項の決定に係る特定排出者の権利利益が害されるおそれがあるときは、当該集計結果に係る温室効果ガス算定排出量については、これに代えて、これを主務省令で定めるところにより合計した量を通知するものとする。

(報告事項の記録等)
地球温暖化対策の推進に関する法律第二十一条の五  環境大臣及び経済産業大臣は、前条第一項の規定により通知された事項について、環境省令・経済産業省令で定めるところにより電子計算機に備えられたファイルに記録するものとする。
2  環境大臣及び経済産業大臣は、前項の規定による記録をしたときは、環境省令・経済産業省令で定めるところにより、遅滞なく、同項のファイルに記録された事項(以下「ファイル記録事項」という。)のうち事業所管大臣が所管する事業を行う特定排出者に係るものを当該事業所管大臣に通知するものとする。
3  環境大臣及び経済産業大臣は、環境省令・経済産業省令で定めるところにより、遅滞なく、前条第四項の規定により通知された事項を集計するものとする。この場合において、環境大臣及び経済産業大臣は、当該集計の用に供するため、関係事業所管大臣に対し、第二十一条の三第三項の決定に係る特定排出者の権利利益の保護に支障がないことを確認した上で、前条第三項の規定により集計した結果に係る温室効果ガス算定排出量を主務省令で定めるところにより合計した量を通知するよう求めることができる。
4  環境大臣及び経済産業大臣は、遅滞なく、前項の規定により集計した結果を事業所管大臣に通知するとともに、公表するものとする。

(開示請求権)
地球温暖化対策の推進に関する法律第二十一条の六  何人も、前条第四項の規定による公表があったときは、当該公表があった日以後、主務大臣に対し、当該公表に係るファイル記録事項であって当該主務大臣が保有するものの開示の請求を行うことができる。
2  前項の請求(以下「開示請求」という。)は、次の事項を明らかにして行わなければならない。
一  開示請求をする者の氏名又は名称及び住所又は居所並びに法人その他の団体にあっては代表者の氏名
二  開示請求に係る事業所又は特定排出者の名称、所在地その他のこれらを特定するに足りる事項

(開示義務)
地球温暖化対策の推進に関する法律第二十一条の七  主務大臣は、開示請求があったときは、当該開示請求をした者に対し、ファイル記録事項のうち、当該開示請求に係る事項を速やかに開示しなければならない。

(情報の提供等)
地球温暖化対策の推進に関する法律第二十一条の八  特定排出者は、主務省令で定めるところにより、第二十一条の二第一項の規定による報告に添えて、第二十一条の五第四項の規定により公表され、又は前条の規定により開示される情報に対する理解の増進に資するため、事業所管大臣に対し、当該報告に係る温室効果ガス算定排出量の増減の状況に関する情報その他の情報を提供することができる。
2  事業所管大臣は、前項の規定により提供された情報を環境大臣及び経済産業大臣に通知するものとする。
3  環境大臣及び経済産業大臣は、前項の規定により通知された情報について、環境省令・経済産業省令で定めるところにより電子計算機に備えられたファイルに記録するものとする。
4  環境大臣及び経済産業大臣は、前項の規定による記録をしたときは、環境省令・経済産業省令で定めるところにより、遅滞なく、同項のファイル記録事項のうち事業所管大臣が所管する事業を行う特定排出者に係るものを当該事業所管大臣に通知するものとする。
5  環境大臣及び経済産業大臣は、遅滞なく、第二項の規定により通知された情報について、環境省令・経済産業省令で定めるところにより、事業所管大臣に通知するとともに、公表するものとする。
6  前二条の規定は、前項の規定による公表があった場合に準用する。

(技術的助言等)
地球温暖化対策の推進に関する法律第二十一条の九  主務大臣は、温室効果ガス算定排出量の算定の適正な実施の確保又は自主的な温室効果ガスの排出の抑制等の促進に資するため、特定排出者に対し必要な技術的助言、情報の提供その他の援助を行うものとする。

(エネルギーの使用の合理化に関する法律との関係)
地球温暖化対策の推進に関する法律第二十一条の十  特定排出者から、エネルギーの使用の合理化に関する法律 (昭和五十四年法律第四十九号)第十五条第一項 (同法第十八条第一項 において準用する場合を含む。)、第二十条第三項、第五十六条第一項(同法第六十九条 及び第七十一条第六項 において準用する場合を含む。)又は第六十三条第一項の規定による報告があったときは、第二十一条の二から前条まで、第三十条の三及び第三十一条の二の規定の適用については、当該報告のうち二酸化炭素の排出量に係る事項に関する部分は、エネルギー(同法第二条第一項 に規定するエネルギーをいう。)の使用に伴って発生する二酸化炭素の排出量についての第二十一条の二第一項の規定による報告とみなす。この場合において、同項中「当該事業所に係る事業を所管する大臣(以下「事業所管大臣」という。)」とあり、第二十一条の三第一項、第三項、第四項及び第六項、第二十一条の四第一項、第三項及び第四項、第二十一条の五第四項、第二十一条の八第一項、第二項及び第五項、第三十条の三第一項及び第二項並びに第三十一条の二第一項中「事業所管大臣」とあり、第二十一条の五第二項及び第二十一条の八第四項中「当該事業所管大臣」とあり、並びに第二十一条の五第三項中「関係事業所管大臣」とあるのは、同法第十五条第一項 (同法第十八条第一項 において準用する場合を含む。)の規定による報告については「エネルギーの使用の合理化に関する法律第十一条第一項 (同法第十二条の三第一項 において準用する場合を含む。)に規定する主務大臣」と、同法第二十条第三項 の規定による報告については「エネルギーの使用の合理化に関する法律第二十条第三項 に規定する主務大臣」と、同法第五十六条第一項 (同法第六十九条 及び第七十一条第六項 において準用する場合を含む。)の規定による報告については「国土交通大臣」と、同法第六十三条第一項 の規定による報告については「エネルギーの使用の合理化に関する法律第六十三条第一項 に規定する主務大臣」とするほか、第二十一条の二から前条まで、第三十条の三及び第三十一条の二の規定の適用に関し必要な技術的読替えは、政令で定める。

(事業者の事業活動に関する計画等)
地球温暖化対策の推進に関する法律第二十二条  事業者は、その事業活動に関し、京都議定書目標達成計画の定めるところに留意しつつ、単独に又は共同して、温室効果ガスの排出の抑制等のための措置(他の者の温室効果ガスの排出の抑制等に寄与するための措置を含む。)に関する計画を作成し、これを公表するように努めなければならない。
2  前項の計画の作成及び公表を行った事業者は、京都議定書目標達成計画の定めるところに留意しつつ、単独に又は共同して、同項の計画に係る措置の実施の状況を公表するように努めなければならない。

(地球温暖化防止活動推進員)
地球温暖化対策の推進に関する法律第二十三条  都道府県知事は、地域における地球温暖化の現状及び地球温暖化対策に関する知識の普及並びに地球温暖化対策の推進を図るための活動の推進に熱意と識見を有する者のうちから、地球温暖化防止活動推進員を委嘱することができる。
2  地球温暖化防止活動推進員は、次に掲げる活動を行う。
一  地球温暖化の現状及び地球温暖化対策の重要性について住民の理解を深めること。
二  住民に対し、その求めに応じ日常生活に関する温室効果ガスの排出の抑制等のための措置について調査を行い、当該調査に基づく指導及び助言をすること。
三  地球温暖化対策の推進を図るための活動を行う住民に対し、当該活動に関する情報の提供その他の協力をすること。
四  温室効果ガスの排出の抑制等のために国又は地方公共団体が行う施策に必要な協力をすること。

(都道府県地球温暖化防止活動推進センター)
地球温暖化対策の推進に関する法律第二十四条  都道府県知事は、地球温暖化対策に関する普及啓発を行うこと等により地球温暖化の防止に寄与する活動の促進を図ることを目的として設立された民法 (明治二十九年法律第八十九号)第三十四条 の法人又は特定非営利活動促進法 (平成十年法律第七号)第二条第二項 の特定非営利活動法人であって、次項に規定する事業を適正かつ確実に行うことができると認められるものを、その申請により、都道府県に一を限って、都道府県地球温暖化防止活動推進センター(以下「都道府県センター」という。)として指定することができる。
2  都道府県センターは、当該都道府県の区域において、次に掲げる事業を行うものとする。
一  地球温暖化の現状及び地球温暖化対策の重要性について啓発活動及び広報活動を行うとともに、地球温暖化防止活動推進員及び地球温暖化対策の推進を図るための活動を行う民間の団体の活動を助けること。
二  日常生活に関する温室効果ガスの排出の抑制等のための措置について、照会及び相談に応じ、並びに必要な助言を行うこと。
三  前号に規定する照会及び相談の実例に即して、日常生活に関する温室効果ガスの排出の実態について調査を行い、当該調査に係る情報及び資料を分析すること。
四  地球温暖化対策の推進を図るための住民の活動を促進するため、前号の規定による分析の結果を、定期的に又は時宜に応じて提供すること。
五  前各号の事業に附帯する事業
3  都道府県知事は、都道府県センターの財産の状況又はその事業の運営に関し改善が必要であると認めるときは、都道府県センターに対し、その改善に必要な措置をとるべきことを命ずることができる。
4  都道府県知事は、都道府県センターが前項の規定による命令に違反したときは、第一項の指定を取り消すことができる。
5  都道府県センターの役員若しくは職員又はこれらの職にあった者は、第二項第二号若しくは第三号に掲げる事業又は同項第五号に掲げる事業(同項第二号又は第三号に掲げる事業に附帯するものに限る。)に関して知り得た秘密を漏らしてはならない。
6  第一項の指定の手続その他都道府県センターに関し必要な事項は、環境省令で定める。

(全国地球温暖化防止活動推進センター)
地球温暖化対策の推進に関する法律第二十五条  環境大臣は、地球温暖化対策に関する普及啓発を行うこと等により地球温暖化の防止に寄与する活動の促進を図ることを目的として設立された民法第三十四条 の法人であって、次項に規定する事業を適正かつ確実に行うことができると認められるものを、その申請により、全国に一を限って、全国地球温暖化防止活動推進センター(以下「全国センター」という。)として指定することができる。
2  全国センターは、次に掲げる事業を行うものとする。
一  地球温暖化の現状及び地球温暖化対策の重要性についての二以上の都道府県の区域における啓発活動及び広報活動を行うとともに、二以上の都道府県の区域において地球温暖化対策の推進を図るための活動を行う民間の団体の活動を助けること。
二  日常生活に関する温室効果ガスの排出の実例に即して、日常生活に関する温室効果ガスの排出の抑制等のための措置を促進する方策の調査研究を行うこと。
三  前号に掲げるもののほか、地球温暖化及び地球温暖化対策に関する調査研究並びに情報及び資料の収集、分析及び提供を行うこと。
四  日常生活における利用に伴って温室効果ガスの排出がされる製品について、当該排出の量に関する情報の収集及び提供を行うこと。
五  都道府県センターの事業について連絡調整を図り、及びこれに従事する者に対する研修を行い、並びに都道府県センターに対する指導その他の援助を行うこと。
六  前各号の事業に附帯する事業
3  環境大臣は、第一項の指定をしようとするときは、あらかじめ、関係行政機関の長と協議しなければならない。
4  前条第三項、第四項及び第六項の規定は、全国センターについて準用する。この場合において、同条第三項中「都道府県知事」とあるのは「環境大臣」と、同条第四項中「都道府県知事」とあるのは「環境大臣」と、「第一項」とあるのは「次条第一項」と、同条第六項中「第一項」とあるのは「次条第一項」と読み替えるものとする。

(地球温暖化対策地域協議会)
地球温暖化対策の推進に関する法律第二十六条  地方公共団体、都道府県センター、地球温暖化防止活動推進員、事業者、住民その他の地球温暖化対策の推進を図るための活動を行う者は、日常生活に関する温室効果ガスの排出の抑制等に関し必要となるべき措置について協議するため、地球温暖化対策地域協議会(以下「地域協議会」という。)を組織することができる。
2  前項の協議を行うための会議において協議が調った事項については、地域協議会の構成員は、その協議の結果を尊重しなければならない。
3  前二項に定めるもののほか、地域協議会の運営に関し必要な事項は、地域協議会が定める。

(環境大臣による地球温暖化防止活動の促進)
地球温暖化対策の推進に関する法律第二十七条  環境大臣は、全国センター、地方公共団体、地域協議会その他関係団体と連携を図りつつ、地球温暖化の現状及び地球温暖化対策に関する知識の普及並びに地球温暖化対策の推進を図るための活動の促進に努めるものとする。
   第五章 森林等による吸収作用の保全等


地球温暖化対策の推進に関する法律第二十八条  政府及び地方公共団体は、京都議定書目標達成計画に定められた温室効果ガスの吸収の量に関する目標を達成するため、森林・林業基本法 (昭和三十九年法律第百六十一号)第十一条第一項 に規定する森林・林業基本計画その他の森林の整備及び保全又は緑地の保全及び緑化の推進に関する計画に基づき、温室効果ガスの吸収作用の保全及び強化を図るものとする。
   第六章 雑則


(措置の実施の状況の把握等)
地球温暖化対策の推進に関する法律第二十九条  政府は、地方公共団体及び民間団体等が温室効果ガスの排出の抑制等のための措置(他の者の温室効果ガスの排出の抑制等に寄与するための措置を含む。)の実施の状況を自ら把握し、及び評価することに資するため、把握及び評価の手法の開発並びにその成果の普及に努めるものとする。

(関係行政機関の協力)
地球温暖化対策の推進に関する法律第三十条  環境大臣は、この法律の目的を達成するため必要があると認めるときは、関係行政機関の長に対し、温室効果ガスの排出の抑制等に資する施策の実施に関し、地球温暖化対策の推進について必要な協力を求めることができる。
2  環境大臣は、この法律の目的を達成するため必要があると認めるときは、関係都道府県知事に対し、必要な資料の提出又は説明を求めることができる。

(手数料)
地球温暖化対策の推進に関する法律第三十条の二  ファイル記録事項の開示を受ける者は、政令で定めるところにより、実費を勘案して政令で定める額の開示の実施に係る手数料を納付しなければならない。

(磁気ディスクによる報告等)
地球温暖化対策の推進に関する法律第三十条の三  事業所管大臣は、第二十一条の二第一項の規定による報告、第二十一条の三第一項の請求又は第二十一条の八第一項の規定による提供については、政令で定めるところにより、磁気ディスク(これに準ずる方法により一定の事項を確実に記録しておくことができる物を含む。以下同じ。)により行わせることができる。
2  事業所管大臣は、第二十一条の三第三項又は第四項の規定による通知については、政令で定めるところにより、磁気ディスクにより行うことができる。
3  主務大臣は、第二十一条の六第一項(第二十一条の八第六項において準用する場合を含む。)の請求又は第二十一条の七(第二十一条の八第六項において準用する場合を含む。)の規定による開示については、政令で定めるところにより、磁気ディスクにより行わせ、又は行うことができる。

(経過措置)
地球温暖化対策の推進に関する法律第三十一条  この法律の規定に基づき命令を制定し、又は改廃する場合においては、その命令で、その制定又は改廃に伴い合理的に必要と判断される範囲内において、所要の経過措置を定めることができる。

(主務大臣等)
地球温暖化対策の推進に関する法律第三十一条の二  この法律における主務大臣は、環境大臣、経済産業大臣及び事業所管大臣とする。
2  この法律における主務省令は、環境大臣、経済産業大臣及び事業所管大臣の発する命令とする。
3  この法律による主務大臣の権限は、主務省令で定めるところにより、地方支分部局の長に委任することができる。

(罰則)
地球温暖化対策の推進に関する法律第三十二条  第二十四条第五項の規定に違反した者は、三十万円以下の罰金に処する。

地球温暖化対策の推進に関する法律第三十三条  第二十一条の二第一項の規定による報告をせず、又は虚偽の報告をした者は、二十万円以下の過料に処する。

   地球温暖化対策の推進に関する法律附則抄


(施行期日)
第一条  この法律は、公布の日から起算して六月を超えない範囲内において政令で定める日から施行する。ただし、第一条、第二条第一項、第二項及び第四項並びに第三条から第六条までの規定は、公布の日から施行する。

(検討)
第二条  政府は、京都議定書第六条1に規定する事業、京都議定書第十二条1に規定する低排出型の開発の制度及び京都議定書第十七条に規定する排出量取引を活用するための制度の在り方について検討を加え、その結果に基づいて必要な措置を講ずるものとする。

第三条 政府は、平成二十年までに、この法律の施行の状況について検討を加え、その結果に基づいて必要な措置を講ずるものとする。

   附 則 (平成一一年一二月二二日法律第一六〇号) 抄


(施行期日)
第一条  この法律(第二条及び第三条を除く。)は、平成十三年一月六日から施行する。

   附 則 (平成一四年六月七日法律第六一号)

 この法律は、気候変動に関する国際連合枠組条約の京都議定書が日本国について効力を生ずる日から施行する。ただし、第十六条を第三十二条とし、第十五条を第三十一条とし、第十四条を第三十条とする改正規定、第十二条の次に二条、一章、章名及び一条を加える改正規定(第二十六条、第二十七条及び第二十九条に係る部分に限る。)並びに第十一条及び第十条の改正規定は、公布の日から施行する。


   附 則 (平成一七年六月一七日法律第六一号) 抄


(施行期日)
第一条  この法律は、平成十八年四月一日から施行する。

(経過措置)
第二条  この法律による改正後の地球温暖化対策の推進に関する法律第二十一条の二第一項の規定は、平成十九年度以降に行う同項に規定する報告について適用する。

   附 則 (平成一七年八月一〇日法律第九三号) 抄


(施行期日)
第一条  この法律は、平成十八年四月一日から施行する。ただし、附則第十六条の規定は、この法律の公布の日又は地球温暖化対策の推進に関する法律の一部を改正する法律(平成十七年法律第六十一号)の公布の日のいずれか遅い日から施行する。

   附 則 (平成一八年六月二日法律第五〇号) 抄


(施行期日)
1  この法律は、一般社団・財団法人法の施行の日から施行する。
(調整規定)
2  犯罪の国際化及び組織化並びに情報処理の高度化に対処するための刑法等の一部を改正する法律(平成十八年法律第   号)の施行の日が施行日後となる場合には、施行日から同法の施行の日の前日までの間における組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律(平成十一年法律第百三十六号。次項において「組織的犯罪処罰法」という。)別表第六十二号の規定の適用については、同号中「中間法人法(平成十三年法律第四十九号)第百五十七条(理事等の特別背任)の罪」とあるのは、「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成十八年法律第四十八号)第三百三十四条(理事等の特別背任)の罪」とする。
3  前項に規定するもののほか、同項の場合において、犯罪の国際化及び組織化並びに情報処理の高度化に対処するための刑法等の一部を改正する法律の施行の日の前日までの間における組織的犯罪処罰法の規定の適用については、第四百五十七条の規定によりなお従前の例によることとされている場合における旧中間法人法第百五十七条(理事等の特別背任)の罪は、組織的犯罪処罰法別表第六十二号に掲げる罪とみなす。

   附 則 (平成一八年六月七日法律第五七号)

この法律は、公布の日から起算して一年を超えない範囲内において政令で定める日から施行する。ただし、第二条、第三条、第七条及び第八条の改正規定は、公布の日から施行する。


雨水再利用タンクシステム情報屋上緑化情報桐箪笥タンスの販売修理情報

> 地球温暖化・環境問題:地球温暖化対策の推進に関する法律はこちら

地球温暖化の原因と環境問題:日本の地球温暖化の取組

日本の地球温暖化の原因防止対策

 日本では、京都議定書で定めた地球温暖化の原因防止対策として、どのような方法で温室効果ガスの6%削減を達成していくのかについて「地球温暖化対策推進大綱」を1998年に策定し、2002年3月に改訂されました。

 大綱の温室効果ガス削減策は、本来の目的である地球温暖化の原因の国内温室効果ガス排出削減に関する環境問題対策と、それ以外の環境問題対策に分けられます。

大綱で定めた地球温暖化の原因の削減項目 大綱の目標   2002年  
国内での排出削減
△0.5%
エネルギー起源の
地球温暖化の原因のCO2削減  
0% +10.2%
非エネルギー起源の
地球温暖化の原因のCO2・メタンなどの削減  
△0.5% △0.9%
代替フロン等
地球温暖化の原因の3ガスの削減
+2.0% △1.7%
革新的技術開発と
地球温暖化の原因への国民の努力  
△2.0% 評価困難
その他
△5.5%
森林経営等による吸収量の確保   △3.9% -
京都メカニズム △1.6% -
合計     △6.0% +7.6%

エネルギー起源の地球温暖化の原因防止対策

 このうち、「エネルギー起源の地球温暖化の原因の二酸化炭素の削減」に注目すると、対90年比で±0.0%となっているため、数値だけを見ると、現状維持のように思えますが、1990年を基準にすると、地球温暖化の原因温室効果ガス排出量が増え続けているため、2002年では約10%と大幅な削減が必要になっています。

森林経営の地球温暖化の原因防止対策

 また、「森林経営による地球温暖化の原因の吸収量の確保」とは、適切な間伐などの森林を管理することによって樹木の成長を促し、地球温暖化の原因の二酸化炭素CO2の吸収量を増やそうというものです。しかし、これは本来の議定書の目的を外れた取組みだといえますし、実際にこれだけの地球温暖化の原因の二酸化炭素CO2の吸収ができるかどうかも疑問です。

京都メカニズムの地球温暖化の原因防止対策

 さらに、地球温暖化の原因防止対策の「京都メカニズム」による温室効果ガス削減の内容は次のとおりですが、これも国内の温室効果ガス排出を減少させるという目的からは外れた内容となっています。

地球温暖化の原因防止のクリーン開発メカニズム

 地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量の数値目標が設定されている先進国が協力して、数値目標が設定されていない途上国内において、地球温暖化の原因の温室効果ガス排出削減(又は吸収増大)などのプロジェクトを実施し、その結果生じた地球温暖化の原因の温室効果ガス排出削減量(又は吸収増大量)をプロジェクト参加国間で分け合うこと。

地球温暖化の原因対策の共同実施

 地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量の数値目標が設定されている先進国同士が協力して、先進国内において地球温暖化の原因の温室効果ガス排出削減(又は吸収増大)などのプロジェクトを実施し、その結果生じた地球温暖化の原因の温室効果ガス排出削減量(又は吸収増大量)をプロジェクト参加国に移転すること。

地球温暖化の原因の二酸化炭素(co2)排出量取引

 地球温暖化の原因の二酸化炭素(co2)等の温室効果ガス排出量の数値目標が設定されている先進国間で、温室効果ガス排出枠の獲得・移転(取引)を認めるもの。

> 地球温暖化の原因と環境問題:日本の地球温暖化の取組はこちら

地球温暖化の原因と環境問題:地球温暖化係数

 水蒸気(H2O)を除く地球温暖化の原因に影響を与える温室効果ガスは次のとおりで、右の数値が各ガスの影響度です。(地球温暖化対策の推進に関する法律施行令第4条)

 このように、地球温暖化の原因として、二酸化炭素自体の影響度は極めて小さいのですが、CO2が水蒸気を除く温室効果ガスの排出量の約9割を占めています。

二酸化炭素

メタン

21

一酸化二窒素 

310

トリフルオロメタン

11,700

ジフルオロメタン

650

フルオロメタン

150

1,1,1,2,2-ペンタフルオロエタン

2,800

1,1,2,2-テトラフルオロエタン

1,000

1,1,1,2-テトラフルオロエタン

1,300

10

1,1,2-トリフルオロエタン

300

11

1,1,1-トリフルオロエタン

3,800

12

1,1-ジフルオロエタン

140

13

1,1,1,2,3,3,3-ヘプタフルオロプロパン

2,900

14

1,1,1,3,3,3-ヘキサフルオロプロパン

6,300

15

1,1,2,2,3-ペンタフルオロプロパン 

560

16

1,1,1,2,3,4,4,5,5,5-デカフルオロペンタン 

1,300

17

パーフルオロメタン

6,500

18

パーフルオロエタン

9,200

19

パーフルオロプロパン

7,000

20

パーフルオロブタン

7,000

21

パーフルオロシクロブタン

8,700

22

パーフルオロペンタン

7,500

23

パーフルオロヘキサン

7,400

24

六ふっ化硫黄 

23,900

> 地球温暖化の原因と環境問題:地球温暖化係数はこちら