TOPページ > 検索結果

検索結果 【温室効果ガス削減対策】

石川県金沢市で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因対策のイベント開催

 金沢市民芸術村(石川県金沢市大和町)において、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を広く石川県金沢市民にPRする「かなざわエコフェスタ2010」が開催され、古着のファッションショーやフリーマーケットなど多彩な催しが開かれた。石川県金沢市と金沢市地球温暖化対策推進協議会の主催によるもので、2009年まで別々に開催していた「石川県金沢市リサイクルフェア」と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「石川県金沢市地球温暖化フェア」を一つのイベントに統合したものとなった。イベントでは、日ごろ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、不用になった子供服を提供する「リユース市」を運営しているNPO法人「さくらっこ」は、古着を使ったファッションショーを開催した。素人モデルの子供8人がTシャツとショートパンツやセーターにスカート、人気キャラクター「ガチャピン」のつなぎなどでステージに登場してポーズをとった。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するフリーマーケットの会場では、36区画で服や玩具、雑貨などが販売され、来場者が品定めしていた。石川県自転車組合金沢支部のテントでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として実施し、10月20日に終了した石川県金沢市のまちなか公共レンタサイクル社会実験「金沢レンタサイクルまちのり」で使用された自転車100台が、リサイクル品として1台6,500円で販売され、開場後すぐに売り切れた。イベントと会場には、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策をPRする、足こぎ式発電機で起こした電力で動く蒸気機関車型やメリーゴーランドのほか、ハンドルを回して動かすシャボン玉発生機も用意され、子供たちが嬉しそうに楽しんでいた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 石川県金沢市で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因対策のイベント開催はこちら

栃木県はエコ通勤で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環の取組みとして、9月1日に栃木県と栃木県内市町の職員約1万8千人が参加して統一行動日に初めて行われた「エコ通勤プロジェクトとちぎ」において、マイカー通勤者の割合が通常日の78%から55%に減ったことが、栃木県土整備部のまとめで分かった。このエコ通勤の結果、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を栃木県内で約22トン削減したという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として取り組んだ栃木県の統一行動日の通勤手段の割合は、鉄道やバスなどの公共交通機関が13%(通常日9%)、自転車が16%(同8%)、徒歩が6%(同4%)であり、ゼロだったマイカーの相乗り通勤が9%に増えた。当日の「エコ通勤者」は、通常日の22%から45%に増えたという。栃木県の統一行動日の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量を職員1人1日当たりに換算すると、約1.2キロに相当するという。栃木県が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を定めた「栃木県地球温暖化対策地域推進計画」の1世帯1日あたりの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減目標約1.3キロに近づいたことになる。こうした地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減状況を踏まえて、栃木県は12月1日にもエコ通勤の第2回統一行動日を設定した。栃木県では、今後、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の第2ステップとして、栃木県内企業にもエコ通勤への参加を呼びかけていきたい」と話している。なお、今回の栃木県のエコ通勤に参加した栃木県内の市町は次のとおりとなっている。宇都宮市,足利市,栃木市,佐野市,鹿沼市,日光市,小山市,真岡市,大田原市,矢板市,那須塩原市,さくら市,那須烏山市,下野市,河内郡上三川町,上都賀郡,西方町,芳賀郡二宮町,益子町,茂木町,市貝町,芳賀町,下都賀郡壬生町,野木町,大平町,藤岡町,岩舟町,都賀町,塩谷郡塩谷町,高根沢町,那須郡那須町,那珂川町。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 栃木県はエコ通勤で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

岡山県は小水力発電で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 岡山県では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として環境問題に優しい小水力発電の導入を進めようと、岡山県小水力利用推進協議会が発足した。岡山県岡山市北区南方2の「きらめきプラザ」で開かれた岡山県小水力利用推進協議会の設立総会には、岡山県内の環境保護団体や企業など約30人が参加して、小水力発電の普及推進活動に向けて学習を重ねる方針を確認した。小水力発電は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として環境省も推奨する水車を用いた1,000kw以下の小規模発電施設である。小水力発電は、既に、現在全国約470か所で導入されている。小水力発電は、一定の水量と2メートル以上の落差があれば、農業用水路でも発電できる小規模なもので、NPOや地方自治体でも簡単に設置しやすい特性がある。小水力発電は、大規模な工事がいらず、発電時に温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しないため、地球温暖化の原因防止対策に役立つと注目されている手法である。岡山県小水力利用推進協議会は、環境省(東京都千代田区霞が関)の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策事業の一環で設立された。小水力発電は、天候に左右されやすい風力発電や太陽光発電と違って電力を安定供給できるのであるが、設置に当たっての申請が複数の省庁にまたがるなどの課題があり、各地域で事例を研究しながら導入を進めるという。環境省の小水力発電の推進事業には、岡山県の他に北海道や長野県など4地域がモデル事業として選ばれた。岡山県小水力利用推進協議会会長の三浦健志岡山大学大学院(岡山県岡山市北区)環境学研究科教授は「水資源が豊かな岡山県の中で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に効果的な小水力発電について考えていきたい」と話した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 岡山県は小水力発電で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

佐賀県佐賀市に二酸化炭素(CO2)排出量を削減して地球温暖化の原因対策に対応した佐賀県立病院建設

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策をふんだんに講じ、新築移転する佐賀県立病院好生館の新病棟の起工式が、佐賀県佐賀市嘉瀬町中原の建設予定地でしめやかに執り行われた。佐賀県立病院好生館の新病棟の開業は2013年を予定しているという。佐賀県佐賀市嘉瀬町中原への新築移転は、現在、佐賀県佐賀市水ケ江にある佐賀県立病院施設の老朽化に伴うものとなっている。佐賀県立病院の新病棟は、鉄骨鉄筋コンクリート造り8階建てで、延べ床面積は約4万1700平方メートルとなっている。佐賀県立病院の敷地内には、佐賀県立病院関係者の研修・宿舎棟や保育施設も備えている。また、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、給湯設備に電気式の設備を使用するなど二酸化炭素(CO2)排出量や光熱費を削減した設計となっている。佐賀県立病院は、国土交通省(東京都千代田区霞が関)が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として実施している今年度の「住宅・建築物省CO2先導事業」に採択されている。佐賀県立病院の起工式では、十時忠秀理事長が「患者が過ごしやすく、スタッフが働きやすいうえに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策も講じ、佐賀市嘉瀬町中原の地元周辺への環境問題にも配慮した病院を目指す」とあいさつした。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 佐賀県佐賀市に二酸化炭素(CO2)排出量を削減して地球温暖化の原因対策に対応した佐賀県立病院建設はこちら

福岡県久留米市は寄贈された電気自動車(EV)で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因防止対策

 福岡県久留米市は、福岡県久留米市宮ノ陣町若松にある建設機材レンタル会社ニシケンから、会社創立50周年迎え、これを記念して、福岡県久留米市に地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する電気自動車(EV)1台の寄贈を受けたと発表した。このほど、福岡県久留米市役所であった電気自動車(EV)の寄贈式で、水田社長が「福岡県久留米市の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など環境問題への施策に役立ててほしい」とあいさつを行った。電気自動車(EV)のエンジンキーの模型を受け取った楢原利則福岡県久留米市長は感謝状を手渡し「福岡県久留米市が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの環境先進都市を目指して、様々な場所で電気自動車(EV)を活用したい」とお礼を述べた。寄贈した電気自動車(EV)は400万円相当の三菱自動車(東京都港区芝)の軽自動車「アイ・ミーブi-MiEV」で、車体には福岡県久留米市エコパートナー事業のマスコットキャラクターのシロクマが描かれている。今後、久留米市役所では、福岡県久留米市の各種イベントで走らせ地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策をPRしていくという。ニシケンは、1960年に福岡県久留米市で創業し、1998年から福岡県久留米市が整備した宮ノ陣新産業団地に本社を構えている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県久留米市は寄贈された電気自動車(EV)で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因防止対策はこちら

京都府笠置町は小型電気自動車(EV)と電動バイクで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 京都府笠置町は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環の取組みとして、小型電気自動車(EV)と電動バイク計11台を公用車としての試験運用を始めた。約1か月間にわたって運用して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の効果や有用性を調査し、小型電気自動車(EV)と電動バイクの本格運用に向けた検討材料にするという。走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない小型電気自動車(EV)と電動バイクの運用は、地域で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を目指す環境省(東京都千代田区霞が関)の委託事業となっている。京都府笠置町や地域計画建築研究所(京都府京都市)、同志社大学(京都府京都市上京区)などでつくる協議会が主体となって実施する。地域計画建築研究所は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する電動バイクを地方自治体が公用車として運用するのは、京都府笠置町が関西で初めて」と話している。京都府笠置町の試験運用は、「マイクロEV」と呼ばれる1人乗りの小型電気自動車(EV)1台と、三輪型の電動バイク10台を開発企業からレンタルして実施する。小型電気自動車(EV)は京都府笠置町役場で使用し、電動バイクは原付以上の二輪免許を持つ京都府笠置町職員用に、京都府笠置町役場や京都府笠置町デイサービスセンター、京都府笠置笠置町保育所など計6か所に配置する。当面の利用としては、京都府笠置町の移動に限定し、水道メーターの検針や高齢者宅への訪問などに使用するという。試験運用期間では、小型電気自動車(EV)と電動バイクの走行距離を記録し、地域で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減効果などを調査し、運転をした職員にアンケートを行い、導入のプラス効果や課題を見極めるという。松本勇京都府笠置町長は「京都府笠置町内は狭い道も多く、小型電気自動車(EV)と電動バイクは便利なのではないか。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減効果などの今回の結果を踏まえ、導入するかどうか検討したい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京都府笠置町は小型電気自動車(EV)と電動バイクで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

兵庫県西宮市は緑のカーテンで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)の排出削減

 兵庫県西宮市では、「緑のカーテン」が夏の暑い日差しを遮り、植物の蒸散作用で気温が抑えられることから、西宮市が2007年から地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の排出量の削減対策の一環として実施してきている。今年も、西宮市役所本庁舎東側の正面玄関の横に、朝顔やゴーヤの植物による「緑のカーテン」が完成し、西宮市役所を訪れた市民に対して清涼感を与えているという。8月2日には、地球温暖化の原因対策の緑のカーテンの合間に、第92回全国高校野球選手権大会に兵庫県代表として出場する報徳学園(兵庫県西宮市上大市5)を激励する立て看板も設置された。西宮市内で活動する「西宮市花と緑グループ」によると、4月の下旬に約40メートルにわたりプランター50個を並べて、そこにゴーヤ、朝顔、フウセンカズラを植えたという。毎日水遣りをして世話を続けた結果、網に絡み付きながら順調に生育し、7月中旬頃にはツルの高さが約6メートルほどにも達して色鮮やかな緑のカーテンとなり、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の排出量の削減対策としての効果が期待されている。地球温暖化の原因対策としての効果を調べたところ、平均で緑のカーテンの外側の温度は約43度であったが、緑のカーテンの内側の温度は約33度で10度ほどの差があったという。西宮市では、緑のカーテンのような地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の排出量の削減対策を今後とも続けていきたいと話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 兵庫県西宮市は緑のカーテンで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)の排出削減はこちら

地球温暖化の原因防止に寄与する原子力発電所さらに20基必要

 地球温暖化原因防止に寄与する原子力発電所の現在の新設計画(14基)がすべて完成しても、2030年以降の20年間にさらに20基の新設が必要という試算を資源エネルギー庁がまとめた。既存原発の寿命による廃炉の目減り分を埋め合わせるためで、現在よりハイペースな「年平均1基の新設」を実現しなければならない困難な状況が浮かび上がった。このことは、3月5日に開催された総合資源エネルギー調査会原子力部会で報告された。同庁によると、現在国内で稼働中の原発は54基であり、総出力は約49000万キロワットとなっている。国は地球温暖化の原因防止に寄与する温室効果ガス削減対策の一つとして原発を位置付けており、2020年までに地球温暖化の原因となる温室効果ガスを25%減(1990年比)という方針の実現には8基の新設が必須となり、2030年までにはさらに6基の新設を計画している。これらが完成した場合の総出力は約6800万キロワットのなる。この出力を維持するには、既存原発の寿命を現在の40年から60年に延長しても30~50年の20年間に150万キロワットの大型原発20基が必要だという。既存原発には増設の余地は乏しく、新たな立地選定が課題となる。一方、寿命を40年のままとすると30年時点で3000万キロワット、寿命50年でも1500万キロワット分が不足する計算になる。試算は、人口減少や家庭の電化、電気自動車の普及など今後の電力需要の見通しや、再生可能エネルギーの拡大などは考慮していない。一方、中部電力浜岡原発1、2号機(計138万キロワット)のように寿命前にコスト判断で廃炉が決まるケースもあり得るなど、流動的な面もある。部会では「稼働率向上や点検間隔の延長など(発電量を増やす)目先の政策だけしか論議されていない。新設を継続するために国が何をするかの政策がない」などの厳しい意見が相次いだ。
 一方、ベトナムで計画されている原子力発電所建設事業をめぐって国際商戦が大詰めを迎える中で、日本でもライバルに負けない官民一体の態勢づくりに向け協議が本格化している。官民出資の新たな事業会社の設立や、官民で出資したファンド「産業革新機構」の活用、日本貿易保険、国際協力銀行による支援枠組みの構築などが検討されている。地球温暖化対策のため世界の原発市場が伸びるのは確実視されており、各国の企業はそれぞれの政府を巻き込み国家同士で競り合っていることから、日本としても出遅れていては国益を損なうと判断した。「ベトナム(の原発商談)は『官民あげて国としてやる』ということで政府と一致している」。東京電力の清水正孝社長はこう強調。経済産業省も「何らかの受け皿づくりが必要だ」(幹部)とし、官民が協力して海外商談の受注を目指す動きが目立っている。ベトナムの原発商談では、今年2月に第1期事業でロシア国営ロスアトムが受注。ロシアとベトナムは同時期に軍事交流協定を締結するなど、プーチン首相によるトップセールスが奏功したとみられる。 巻き返しのため鳩山由紀夫首相も、ベトナムのグエン・タン・ズン首相に親書を送るトップセールスに乗り出しており、民間側からは官民で受注できる態勢づくりに向け「要望を項目にして出している」。日本政府と企業が“協調態勢”を急ぐのは、世界的な原発商戦で劣勢を強いられているためだ。原発技術先進国を自負しながらも、昨年末にはアラブ首長国連邦(UAE)の原発建設・運転の商談で韓国勢に敗退した。韓国は、李明博大統領自らがセールスに乗り出し、60年間の運転保証という「民間では負いきれないリスク」(エネルギー業界関係者)を引き受けた。途上国や新興国に技術を展開することは国際社会での地位を高めるだけでなく、資源や労働力、新たな市場確保にもつながる。ターゲットとなるのが、原発をはじめとするインフラ整備事業だ。成長が続く途上国や新興国では都市部への人口流入が進んでおり、電力、水、公共交通機関に対する需要が急激に伸びている。そこに、先進国だけでなく、韓国、ロシアのほか中国などトップダウンで商談できる国々が参入しているだけに、トップセールスに乗り出した鳩山首相にも覚悟が求められている。

> 地球温暖化の原因防止に寄与する原子力発電所さらに20基必要はこちら