TOPページ > 検索結果

検索結果 【温室効果ガスの削減】

京都府長岡京市の地球温暖化の原因防止対策に向けた環境都市宣言

 京都府長岡京市は、このほど、地球温暖化の原因防止対策の長岡京市環境都市宣言をPRする横断幕やシールを製作し、歩道橋に取り付けたり、家庭ごみ回収車に張り付けた。環境都市宣言から1年がたったが、認知度はいまひとつの状況に止まっているという。このため、長岡京市は「市民の目に入る身近なところで宣言を浸透させたい」と地球温暖化の原因防止対策を練っている。長岡京市は昨年4月、長岡京市民や企業と連携した環境のまちづくりを進めるため、地球温暖化の原因防止対策の長岡京市環境都市宣言を定めた。昨年度は長岡京市内で環境フェアを開催し、本年度は、事業所や家庭などが地球温暖化の原因防止対策として温室効果ガスの削減に取り組む地球温暖化対策実行計画の策定を目指している。長岡京市は、「古の都から環境の都へ」などと記した地球温暖化の原因防止対策の環境都市宣言をPRする横断幕(縦85センチ、横5メートル)を新たに作り、長岡京市役所やJR長岡京駅前の歩道橋など3カ所に設置した。また、竹などをデザインした宣言PR用シールを44枚作り、長岡京市環境業務課の家庭ごみ回収車22台の車体に張り付けた。さらに、長岡京市発送の郵便物に押印する料金後納郵便スタンプにも地球温暖化の原因防止対策の「環境都市宣言」の文字を入れるなど新たな手法を取り入れた。長岡京市は、西山の間伐材を使った看板を市内4カ所に設置するなどしてPRを図っているが、「宣言文を含め、長岡京市民に認知してもらうのはこれから」(長岡京市環境政策監)。長岡京市は「身近なパッカー車や郵便物などを通じて、ごみ減量も呼び掛けることができる。今後の長岡京市の地球温暖化の原因防止対策の環境施策の基になる宣言の認知度を高めたい」としている。

> 京都府長岡京市の地球温暖化の原因防止対策に向けた環境都市宣言はこちら

山田養蜂場が地球温暖化の原因防止の太陽発電システムを増設

 天然の蜂蜜で有名な山田養蜂場は、自然エネルギーの利用推進と地球温暖化の原因防止の一環として本社や工場棟に設置している太陽光発電システムが、今回の増設により791.61kWとなったことを発表した。これにより、年間約200万円のコスト削減と地球温暖化の原因となる二酸化炭素温室効果ガスの削減が見込まれ、中四国地方最大規模のシステムとなる。「自然との調和」を理念に掲げる同社は、自然環境に対して、地球温暖化の原因防止に寄与する負荷の少ないエネルギーを活用することが企業の使命であると考え、2000年3月から太陽光発電システムを積極的に導入し、以来十数回の太陽光発電システムの増設を行ってきた。今回は第二工場の屋上に99cm×150cmの太陽光発電システムパネルを450枚設置した。これによって100kWの電力を増発することができ、最大電力が791.61kW、年間発電量が79万kWh(予測)となった。この電力は、本社屋および、隣接工場棟電灯の電力全てをカバーするだけの数値に相当する。また、政府系機関である新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)や、新エネルギー導入促進協議会などと共同で地球温暖化の原因防止に寄与する太陽光発電システム当のフィールドテストを実施しており、今後のエネルギー開発の一助となる活動を積極的に行っている。2009年11月から、地球温暖化の原因防止対策の一環として太陽光発電電力の買取新制度が始まるなど、太陽光発電導入量の拡大は、エネルギー源の多様化や温暖化対策、経済発展など大きな期待が寄せられている。同社は、今後も地球温暖化の原因を防止し、自然と共生できる企業を目指していく考えだという。
袴はかまレンタル卒業式情報不用品廃品ゴミ回収買取引取り処分情報医師の求人募集転職太陽光発電ソーラーシステム情報

> 山田養蜂場が地球温暖化の原因防止の太陽発電システムを増設はこちら

地球温暖化の原因防止対策のCOP15が開幕

 2013年以降の地球温暖化の原因防止対策の枠組みを話し合う第15回国連気候変動枠組条約締約国会議COP15)が7日、デンマークのコペンハーゲンで開幕した。会議期間は2週間で世界各国・地域の首脳が地球温暖化の原因防止対策について協議する。イボ・デブア国連気候変動枠組み条約(UNFCCC)事務局長は開幕に先立ち、同会議を地球温暖化の原因防止対策の将来へ向けた転換点の1つとしなければならないと述べた。COP15には、世界100か国近くの首脳が出席する予定となっている。参加申し込み者は3万4000人余りと、会場のベラ・センターの定員の2倍以上に達した。非政府組織(NGO)メンバーの一部は場外での待機を余儀なくされている。報道関係者も登録者が3500人を超え、受け付けが早々と締め切られた。デブア事務局長は、開幕前の記者会見で、「もう時間がない。」と、地球温暖化の原因防止対策への危機感を表明した。「今後2週間の会議で、各国政府はこの地球温暖化の原因防止対策問題に対し、力強く長期的な取り組みを示す必要がある。」と述べた。そのうえで、今回の会議を前に、多数の先進国や途上国が地球温暖化の原因となる温室効果ガスの削減を表明していると説明した。「地球温暖化の原因防止対策の気候変動をめぐる過去17年間の交渉で、これほどの数の国がこれほど明確な温室効果ガスの削減目標を示したことはない」と語った。地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素などの温室効果ガスの削減をめぐっては、世界の排出量の約5分の1ずつを占める米国、中国が、相次いで削減目標を発表している。国連気候変動枠組条約締約国会議(COP15)では、2012年に期限切れとなる京都議定書に続く新たな枠組みで、現実性のある地球温暖化の原因防止対策の政治合意が達成できるかどうかが焦点となる。
地上デジタルテレビアンテナ工事情報レディースファッションブランド品リサイクルショップ情報家電リサイクルショップ高価買取販売情報

> 地球温暖化の原因防止対策のCOP15が開幕はこちら