TOPページ > 検索結果

検索結果 【沖縄県】

沖縄県に地球温暖化の原因対策の可倒式風力発電設備

 沖縄電力(沖縄県浦添市牧港)は、沖縄県の本島の東約400kmに位置する南大東島において、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、可倒式風力発電設備2基を稼動させた。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策となる可倒式風力発電設備は、台風接近時などに支柱を倒すことができることから、強風をやり過ごして損壊を防ぐことができる、一般の電力供給に使うのは全国で初めてのケースになるという。可倒式風力発電設備は、台風接近などで風速20メートルを超えると運転を停止し、風車の支柱を倒す仕組みとなっており、フランスベルニエ社製で風車の直径は32メートルの大きさがある地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の設備である。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の可倒式風力発電設備の建設費は、約4億円でうち3分の1は国の補助金が充当されたという。沖縄県の南大東島では、約600世帯に対して、現在はディーゼル発電設備6基を使って電力を供給しているという。今回稼動を始めた地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の風力発電設備2基の能力は、合わせて約200世帯分の電力を供給することができるという。沖縄電力は、2009年に沖縄県の波照間島で可倒式風力発電設備の実証実験を行った結果、安全性や性能を確認することができたという。このため、台風の通り道とされる沖縄県の南大東島で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策としての営業運転に踏み切ったという。沖縄県の離島では、水量の確保面から水力発電が困難であるうえ、人口が少ないことから火力発電所を建設するのも非効率という現実がある。こうしたことから、これまでディーゼル発電による電力供給が主だったが、燃料輸送費など経費がかかるほか、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が多いという問題を抱えていた。こうしたことから、太陽光発電システムや風力発電など地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策にもつながる再生可能エネルギーが、今後の発電設備として有望視されている。天候等に左右される太陽光発電システムや風力発電などの出力の不安定さを補うために、蓄電池などを活用した送電網の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策実証実験が沖縄県の宮古島などで行われている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。








> 沖縄県に地球温暖化の原因対策の可倒式風力発電設備はこちら

沖縄県のレンタカー会社が環境問題対策で電気自動車(EV)を導入

 沖縄県内のレンタカー会社が、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、走行中に温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の大量に導入する計画を発表した。2011年2月1日に電気自動車(EV)計220台をレンタカーとして購入し、2020年には計2,500台まで電気自動車(EV)を増やすという。電気自動車(EV)に必要不可欠な充電施設は、沖縄県内のホテルなど18か所に既に設置しており、今後、さらに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、100か所程度まで増やしていくという。こうした背景には、沖縄県が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、補助金を出して電気自動車(EV)の導入を促進しており、「リゾート地沖縄県のイメージ向上につながる」と話している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、電気自動車(EV)を導入する3社は、ニッポンレンタカー沖縄、オリックス自動車及び日産レンタリース沖縄となっている。沖縄県では、年間で約600万人の観光客の半数がレンタカーを利用していることから、「レンタカー会社としても沖縄県で環境問題対策の負荷の軽減を図る責任がある」と判断したという。導入する電気自動車(EV)は、1度の充電で約160km走行可能な電気自動車(EV)だという。新たに導入する電気自動車(EV)のレンタル料金は、24時間で1万2,600円と一般のレンタカー車両よりも割高な料金設定になっている。また、電気自動車(EV)は走行距離が短いといった欠点があるが、沖縄県那覇市にある那覇空港でレンタカーを借りると、日本ハムのキャンプ地となっている沖縄県名護市や、人気スポットの沖縄美ら海水族館(沖縄県本部町)へも行ける。今回の取組みに対して、沖縄県は国庫補助制度も活用し、電気自動車(EV)220台のうち47台分に対して1台358万円当たり約154万円、計約7,200万円の補助金を支出するという。さらに、電気自動車(EV)導入計画に賛同する沖縄県内外の会社が電気自動車(EV)の充電施設の運営会社を新たに設立し、沖縄県内のホテルやコンビニエンスストアなど18か所に電気自動車(EV)用の充電器27機を設置したという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。








> 沖縄県のレンタカー会社が環境問題対策で電気自動車(EV)を導入はこちら

沖縄県うるま市で菊栽培に発光ダイオード(LED)電球を利用

 沖縄県うるま市では、兼箇段土地改良区において、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、省エネ対策に対する性能が高い発光ダイオード(LED)電球を使った菊栽培に取り組んでいる。沖縄県内の菊栽培で多く使用されている白熱電球がLED電球に置き換え可能なことを実証し、農家の経費と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減を民間主導で行っている。沖縄県の改良区は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、地球環境保全に取組む「おきなわアジェンダ21沖縄県民会議」の提案公募型による普及啓発事業に「LED電球を使った二酸化炭素(CO2)削減の実証」で応募した結果、沖縄県から委託業務として採択された。沖縄県の補助金を得て、電照によって菊を育てる農家のの畑で、70個のLED電球を使って実験を行っているという。白熱電球は1個当たり約200円でワット数が75ワットで寿命は約1年だという。これに対して、LED電球は1個5500円もするが、8ワットしか消費しないため約10分の1の消費電力ですみ、寿命も約40年と長いといったメリットがある。そのうえ、LED電球は菊栽培に必要な赤色の光を効果的に発色しすることができるため、効率よくエネルギーが使用できるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。








> 沖縄県うるま市で菊栽培に発光ダイオード(LED)電球を利用はこちら

沖縄県波照間島で独立行政法人国立環境研究所地球環境研究センターが地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の講演会

 波照間農村集落センター(沖縄県八重山郡竹富町波照間)において、独立行政法人国立環境研究所地球環境研究センター(茨城県つくば市小野川)による地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の講演会「波照間からみた地球環境」が開催された。講演で国立環境研究所地球環境研究センターの向井人史氏は、地球環境モニタリングを実施している沖縄県波照間島での観測データをグラフを使い紹介し、「沖縄県波照間島と同じ緯度のアメリカハワイと同様に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の濃度が上昇していることで、地球規模で二酸化炭素(CO2)排出量が増加していることが分かる」と説明した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の講演会は、波照間青年会の青年学級の一環として開催されたもので、国立環境研究所地球環境研究センターが設置している地球環境モニタリングステーションが、沖縄県波照間島にあることから実現した。国立環境研究所地球環境研究センター長の笹野泰弘氏は、研究所で行っている地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量のモニターについて説明した。また、地球温暖化の原因の仕組みや地球温暖化の原因が与える影響について解説し「自然が吸収可能なレベルまで人為的な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を減らす必要がある」と話した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の講演会に合わせて、国立環境研究所地球環境研究センターの地球環境モニタリングステーションの一般公開も2日間行われ、住民や観光客などが訪れた。住民の1人は「波照間島が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の研究に役立っていることが分かって誇らしい」と話していた。地球環境モニタリングステーションは1992年に設立され、大気中の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量や気象条件などの観測を毎日行っている。地球規模の観測には、空気のきれいな場所が適していることから、日本国内では北海道の根室と沖縄県の波照間の2か所だけに設置されている。通常は無人運用で、茨城県つくば市にある国立環境研究所地球環境研究センターから遠隔操作で管理しているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 沖縄県波照間島で独立行政法人国立環境研究所地球環境研究センターが地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の講演会はこちら

オリックス自動車は沖縄県で電動アシスト自転車レンタルによる二酸化炭素(CO2)排出削減の地球温暖化の原因防止対策

 オリックス自動車(東京都港区芝)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に取り組み、環境問題に配慮した自動車関連サービスを推進する一環として、10月1日から沖縄県本島で、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電動アシスト自転車レンタル「eチャリ」を始めている。オリックス自動車では、昨今の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など環境問題への意識の高まりや健康志向による自転車の積極活用が見込まれることから、カーシェアリング及びレンタカーを始めとするオリックス自動車のサービスの一つとして、首都圏及び近畿圏を中心に走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電動アシスト自転車のレンタル「eチャリ」事業を開始している。今回、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、沖縄県本島にあるオリックスのレンタカー店舗6店に電動アシスト自転車を20台導入し、レンタルを開始した。導入する自転車は、パナソニックサイクルテック(大阪府柏原市片山町)の電動アシスト自転車「リチウムビビ・ラッテ」である。この沖縄県の6店舗間では乗り捨てが可能なワンウェイ利用ができるという。オリックス自動車では、今回の沖縄県本島への電動アシスト自転車レンタルの導入に当たり、10月14日からレンタルサービス開始記念キャンペーンを実施するという。電動アシスト自転車レンタル料金を特別料金で実施する、電動アシスト自転車専用のパーソナルナビゲーションシステムのレンタル料金を一律50%割引の250円で行うほか、レンタカードライブマップなどをプレゼントする。オリックス自動車は、これまで沖縄県内において、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など環境問題に配慮した取組みとして、2月から沖縄県西表島で三菱自動車工業の電気自動車(EV)「i-MiEV」6台を導入してオリックス自動車初となる電気自動車(EV)のレンタカーを始めたほか、西表島において7月から電動アシスト自転車レンタルの「eチャリ」も行っている。オリックス自動車では、今後とも自社の事業活動における環境問題対策を推進するとともに、環境負荷低減に対する活動を関連サービス事業を通じてサポートしながら、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとした環境問題に取り組んでいくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> オリックス自動車は沖縄県で電動アシスト自転車レンタルによる二酸化炭素(CO2)排出削減の地球温暖化の原因防止対策はこちら

沖縄県名護市でEVバイクEC-03による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 沖縄県本島北東部の海岸沿いに、豊かな大自然を背景とした約80万坪もの広大の敷地面積を誇る本格的長期滞在型リゾート施設「カヌチャリゾート」を運営する株式会社カヌチャベイリゾート(沖縄県名護市字安部)は、住友三井オートサービス(東京都新宿区西新宿)からのリースによって、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるヤマハ発動機(静岡県磐田市)のEVバイク「EC-03(イーシーゼロスリー)」を敷地内での移動車両として10月1日から導入すると発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を走行中に排出しないEVバイクEC-03が国内リゾート施設導入されるのは、初めてのことだという。沖縄県名護市のカヌチャリゾートは、客室数315室のリゾートホテルを始めとして、本格的なゴルフコースのほか、100余りのヴィラ群が点在するなど、子供からシニアまでが楽しめる沖縄屈指の高級リゾート施設である。創業以来、世界一、環境問題や人に優しいリゾートを目指して「環境・観光・健康」というキーワードのもと、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする環境保全活動も積極的に推進している。今回は、訪れたお客により快適な時間を過ごしてもらうことを目的とし、敷地内をより静かに移動でき、しかも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策という環境問題にも配慮できるという理由から、今年の7月に販売されたヤマハ発動機の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を走行中に排出しないEVバイク「EC-03」をいち早く導入することを決定した。本年度は、敷地内にある施設間で、ゲストが移動するためのレジャー車両として二酸化炭素(CO2)を排出しないEVバイク「EC-03」を2台導入される予定だという。今後は、現在ガソリンバイクやガソリンゴルフカーを利用しているスタッフの移動用ツールとしても、この二酸化炭素(CO2)を排出しないEVバイク「EC-03」を導入し、さらに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献していきたい考えだという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 沖縄県名護市でEVバイクEC-03による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

沖縄県宮古島市が再生可能エネルギー等で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 三井物産(東京都千代田区大手町)は、沖縄県宮古島市地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に取り組む環境配慮型都市(スマートコミュニティー)の事業化に向けて協力する協定書を締結した。沖縄県宮古島市は、エコ・アイランドを目指しており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に寄与する太陽光発電システムや風力発電などの自然の再生可能エネルギーを大幅に導入することによって、2020年に地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量を2003年比で23%、2050年には75%を削減する計画を持っている。三井物産と沖縄県宮古島市は、今後、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、宮古島市で増産される予定のバイオエタノール用サトウキビの残渣を使用したバイオマス発電や太陽光発電、波力・潮力発電などを総合的に管理できるシステムを共同で構築することにしている。さらに、走行時に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の充電インフラ整備も進め、沖縄県宮古島市内で電気自動車(EV)などのエコカー普及も進めるという。沖縄県宮古島市では、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と東芝(東京都港区芝浦)、沖縄電力(沖縄県浦添市牧港)などが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の自然エネルギーを導入した場合に既存の電力系統へ与える影響を調査する実証試験を続けている。三井物産は、こうした企業とも連携して、沖縄県宮古島市全体のエネルギー需要予測や最適な自然エネルギーの需給調整までを提案する予定になっている。三井物産は、今回の計画を地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のモデル事業に位置付けており、今後、世界規模で拡大する見通しの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策がなされた低炭素型都市におけるインフラビジネスでの事業展開に生かすことを目標としている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 沖縄県宮古島市が再生可能エネルギー等で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

沖縄電力と九州電力がマイクログリッドで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 経済産業省・資源エネルギー庁は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としても、離島マイクログリッドの実証事業を推進しており、沖縄県の離島4島の総事業費約70億円のうち3分の2が補助金として支出される。太陽光発電と風力発電、蓄電用リチウムイオン電池などを組み合わせた小規模電力供給網であるマイクログリッドの実用化に向けた取り組みが、沖縄県の離島で本格化し始めた。沖縄電力(沖縄県浦添市牧港)は今月から10月にかけて、沖縄県内の4島で試験的に電力供給を開始する。管内に離島が多い九州電力(福岡県福岡市中央区)も6島で電力供給しており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての環境問題への対応や離島の発電コスト低減を実現する手段として期待されている。敷地内で生み出す自然エネルギーで電力消費をまかなう省エネビルなどへの応用も進むことだろう。沖縄電力は、多良間島に新たに設置した太陽光発電システム設備は250kwで、多良間島の最大出力に対する太陽光発電の割合は22%にのぼるという。ただ、再生可能エネルギーの中でも太陽光発電システムは日照などの自然環境に大きく左右されるため、電源が出力不安定という課題を抱えている。このため、実証試験では、太陽光発電システムからの電力の安定供給を確保するため、太陽光発電の出力制御、蓄電用リチウムイオン電池を活用した余剰電力対策、周波数の変動抑制などを行うという。多良間島では、2014年3月までこうした試験を続け、太陽光発電システムと既設の風力発電システムとも組み合わせ、電力系統に影響を与えない運用方法を探るという。10月には、最大規模となる宮古島での試験を始め、電力会社として初めての運転となる出力1000kw以上の大規模太陽光発電所(メガソーラー)を設置する計画だという。これまでの離島における電力供給は、重油を燃料として内燃力機関を動かし、接続している発電機を回す方法が主流となっており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は多くなっている。離島では、火力発電所や原子力発電所から送電される電力系統とは異なる独立した電力系統となっており、同じ独立電力系統型のマイクログリッドの実用化にめどがつけば、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を進めるためにマイクログリッドに全面移行し、離島内のエネルギー消費をすべて再生可能な自然エネルギーでまかなうことも可能だという。また、マイクログリッドは再生可能エネルギーを活用し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を実質ゼロにすることを目指した省エネビルや工場などにも応用ができるため、導入を建設会社などに提案することもあり得る。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 沖縄電力と九州電力がマイクログリッドで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

KDDIと沖縄セルラーは沖縄県で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策

 KDDI(東京都千代田区飯田橋)と沖縄セルラー(沖縄県那覇市久茂地)は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた取組みの一環として、太陽光発電システムと蓄電池を有機的に連携させるとともに、深夜電力も活用するトライブリッド方式電力制御技術の実証実験を沖縄県で行うと発表した。沖縄県は、台風が多く、日本本土とは日照時間も異なるため、沖縄県のau携帯電話基地局でトライブリッド方式電力制御技術の実験を行う。トライブリッド基地局における地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するリチウムイオン電池やアモルファス太陽電池についても実験を行うという。KDDIは、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できるトライブリッド基地局を新潟県2局、栃木県1局、茨城県1局の計4か所に設置して性能実験を繰り返して行っている。これまでの実験結果で各基地局とも消費電力・CO2排出量が最大約30%、電力料金では最大約40%削減を行うことができたという。この地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の大きな結果を受け、今回、KDDIと沖縄セルラーは共同で、沖縄県内においてトライブリッド基地局を新設し、太陽光発電パネルの架台部分の環境負荷低減とコスト削減を目的に2種類の太陽光架台で実験を行うという。また、蓄電池の小型・軽量化や長寿命化及び鉛金属削減による環境負荷の低減を図るため、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる三洋電機製のリチウムイオン電池を用いた検証を埼玉県と愛媛県のトライブリッド基地局で実施する。さらに、高知県では、既存基地局設備の省電力化と地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を図るため、アンテナ鋼管柱鉄塔に軽量、フレキシブルな三菱化学製のアモルファス太陽電池を直接巻き付け、鉄塔への影響や垂直敷設による発電効率を検証する。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> KDDIと沖縄セルラーは沖縄県で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策はこちら

沖縄県名護市の電動二輪車レンタルで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出削減

 地球温暖化の原因対策温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減する乗り物として、電気自動車とともに電動二輪車や電動アシスト自転車に注目が集まっている。これらは、製造時はともかく、運転時には地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)をまったく排出しないからである。住友三井オートサービス(東京都新宿区西新宿)は、沖縄県名護市で大型リゾート施設を運営するカヌチャベイリゾートと業務提携し、地球温暖化の原因対策として電動二輪車をレジャー用車両として活用することを決めたと発表した。電動二輪車は今年末をめどに導入する予定で、カヌチャベイリゾート利用客へのレンタルを通じて地球温暖化の原因防止対策の重要性をアピールしていくという。カヌチャベイリゾートは、沖縄本島北部に位置する長期滞在型リゾートで、80万坪の広大な敷地には、ホテル、ゴルフ場、コンドミニアムなどを擁し、子供からシニアまで楽しめる幅広いアクティビティを用意している。カヌチャベイリゾートは、運営に当たって環境マネジメントシステムの国際規格「ISO14001」シリーズの認証を取得するなど、環境保全活動に力を入れている。その一環として同社は、住友三井オートサービスとの間でリース契約を結び、100%電気で駆動するヤマハ発動機(静岡県磐田市)製電動二輪車「EC-03」を2台導入し、国内で初めてレジャーに生かすという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 沖縄県名護市の電動二輪車レンタルで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出削減はこちら

沖縄県で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の情報発信

 地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の少ない低炭素社会の実現に向け、太陽光発電パネルや発光ダイオード(LED)照明、ハイブリッドカーなど地球環境問題に関連する製品や技術などの最新情報を提供する「Ecoアイランドフェスタ2010」(主催:沖縄低炭素化推進協議会、共催:琉球新報社)が23日、沖縄コンベンションセンター展示場(沖縄県宜野湾市真志喜)で開幕し、入場無料で24日まで開かれている。テーマは、「子供達が楽しく住める未来、美し活気あるエコアイランドへ」となっている。開会式において、高嶺朝一沖縄低炭素化推進協議会会長は「離島県である沖縄県は、石油やガスなど化石燃料への依存度が高い状況にある。沖縄県は車社会なので地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量も多いと思われる。将来、子供たちが健康で楽しく住める未来、美しく活気あるスマートなエコアイランドを考えるため企画した」と話した。同フェスタには、23企業の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の少ない製品や技術が出展されている。例えば、西日本電信電話沖縄支店は、NTT環境エネルギー研究所が実験中である歩いて発電することによって、携帯電話を充電できる「歩行発電」の技術などを紹介している。沖縄シャープ電機は、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の少ないLED電球を出品している。24日は「見えてきたスマート・アイランド沖縄の可能性」など二つの基調講演のほか、「スマートコミュニティー・アイランド沖縄の課題と展望」と題したパネルディスカッションも開催される。

> 沖縄県で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の情報発信はこちら

沖縄県地球温暖化対策実行計画で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減目標を議論 

 沖縄県那覇市内で地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減についての計画である沖縄県地球温暖化対策実行計画第3回検討委員会(委員長・堤純一郎琉球大学工学部教授)が那覇市内で開催された。沖縄県の対策会議には、学識経験者や国・沖縄県、那覇市、沖縄電力など12人の委員を含めて25人が出席した。同委員会は2050年までの長期目標と2020年までの中期目標について、2000年を基準に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を何%削減するかの議論が繰り広げられた。森林吸収による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減については人工林が対象となるが、沖縄県内の森林(約6.4万ヘクタール)のうち、人工林は約1万ヘクタールしかなく、大幅な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果が期待できないことが事務局から報告された。一方、沖縄県の海に広く生息しているさんご礁の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)吸収量については、依然その積算が不明なことに対して、堤委員長は「さんご礁の地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)吸収率をきちんと算定し、二酸化炭素(CO2)排出量削減目標値の設定に盛り込めるようにすることが重要ではないか」と指摘した。

> 沖縄県地球温暖化対策実行計画で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減目標を議論 はこちら

沖縄県那覇市では豆腐づくりで地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)削減

 日本の一番南にある沖縄県那覇市では、豆腐づくりで地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に積極的に取り組んでいる。これは、沖縄在来種の大豆オーヒーグー(青ヒグ)、高アンダーを地域の人々が栽培・普及することによって、昔の繁多川豆腐を再現したものであり、昔ながらの地豆腐を、大豆づくりから再現したものとなっている。こうした取組みは、単に昔ながらの豆腐を復活させたというだけではなく、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減につながるとともに、さらには、沖縄県那覇市の住民間のコミュニケーションの場や機会を広げ、沖縄県那覇市繁多川地域のさらなる活性化・まちづくりの一助となっているという。また、豆腐づくりによる沖縄県での地産地消を促進し、フードマイレージによる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を実行中である。これは、地産地消を通して、地域づくりや世代間交流を楽しく実践するなかで、その結果、食糧輸送にかかるエネルギーを減らすことになり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減につながる楽しい取り組みである。また、沖縄県内に地球温暖化の原因防止対策としての「フードマイレージ」という考え方を広めることにもつながっており、今後とも、地球温暖化の原因防止対策として期待される取組である。

> 沖縄県那覇市では豆腐づくりで地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)削減はこちら

地球全体の地球温暖化の原因の温室効果ガスの濃度

 世界気象機関(WMO)がまとめた、2008年の地球温暖化の原因の「温室効果ガス年報」で、二酸化炭素メタン、一酸化二窒素の07年の地球温暖化の原因の温室効果ガスである世界年平均濃度が統計を開始した1983年以降の最高値を記録していたことが、09年11月24日の気象庁発表で明らかにされた。地球温暖化に最も影響度が大きいとされている二酸化炭素の世界平均濃度は、この10年間 年平均2.0ppmずつ増加しており、08年は385.2ppmに達した。地球温暖化の原因の二酸化炭素の濃度は、産業革命以前(1750年)の濃度である約280ppmと比較すると約38%の増加となっており、一酸化二窒素は、321.8ppbで同じく約19%の増加と発表されている。また、近年増加傾向が緩やかになっていた地球温暖化の原因のメタン濃度は1,797ppbに達し、2007年に続いて2008年も1998年以来の高い増加量となったが、地球温暖化の原因のメタンが再び増加傾向に転じたかどうかははっきりしないとしている。さらに、気象庁が綾里(岩手県)、南鳥島(東京都)、与那国島(沖縄県)の3地点で行っている日本上空の大気中の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素濃度の2008年の結果も同時に公表されたが、3地点の二酸化炭素の平均濃度は386.6~388.5ppmで、こちらも温室効果ガスの過去最高値を記録した。3地点の地球温暖化の原因の温室効果ガスの平均濃度は、この10年間で年平均1.9ppmの割合で増加を続けているという。
袴はかまレンタル卒業式情報不用品廃品ゴミ回収買取引取り処分情報医師の求人募集転職

> 地球全体の地球温暖化の原因の温室効果ガスの濃度はこちら

地球温暖化の原因防止対策の気候講演会が沖縄県那覇市で開催

 気象庁は平成21年11月18日の14時~16時30分、沖縄県那覇市のおきでんふれあいホールで、地球温暖化の原因防止対策の気候講演会「ストップ地球温暖化、減らそう温室効果ガス」を開催すると発表した。地球温暖化の原因防止対策の気象講演会は、同庁が地球環境問題に関する最新の科学的知見やその対策に関する知識を普及するために、平成元年から毎年日本各地で開催しているものである。今回の地球温暖化の原因防止対策の講演会では、加納裕二沖縄気象台長による「沖縄における地球温暖化の原因と異常気象」、山崎秀雄 琉球大学理学部教授による「地球温暖化の原因の温室効果ガス、海もあぶない」、高平兼司沖縄県地球温暖化防止活動推進センター事業統括部長による「地球温暖化の原因防止対策のへの沖縄の取り組み」私たちがしなければならないことの3つの講演が行われる。地球温暖化の原因防止対策の講演会の入場は無料となっている。申込方法は郵送及びインターネットで、参加定員は250名で定員になり次第締め切る。郵送による申込の場合、往復ハガキに代表者の氏名、住所、年齢、職業、入場希望人数を明記の上、平成21年11月17日(必着)まで申し込むことが必要となっている。宛先は沖縄気象台業務課気候・調査室(TEL:098-833-2186、FAX:098-833-8081、E-mail:okinawa@jma-net.go.jp)。なお、Webからの申込方法や講演会の詳細については、特設サイト(http://www.jma-net.go.jp/okinawa/h21kouen/oubo.htm)を参照のこと。
カラオケセット機器機材レンタルリース情報ウエディングドレスレンタル格安激安販売情報貸し別荘コテージレンタル情報

> 地球温暖化の原因防止対策の気候講演会が沖縄県那覇市で開催はこちら

沖縄県地域エネルギー・地球温暖化の原因防止対策推進会議

 環境省那覇市自然環境事務所は、第5回沖縄県地域エネルギー地球温暖化の原因防止対策推進会議を開催したと発表した。第5回沖縄県地域エネルギー・地球温暖化の原因防止対策推進会議は、沖縄地域におけるエネルギー・地球温暖化の原因防止対策に関する情報交換・共有や、エネルギー需給構造に関する実態把握等を図り、地方公共団体をはじめ地域の地球温暖化の原因防止対策に関する自主的な取組を促進することを目的とするものである。今回は、本年6月10日の内閣総理大臣による地球温暖化の原因防止対策の中期目標の発表を受け、沖縄県地域の地球温暖化の原因防止対策の現状認識の共有及び今後の地球温暖化の原因防止対策の取組に向けた意見交換を行った。 また、地球温暖化の原因防止対策のための「沖縄県地域・低炭素社会づくりへのメッセージ」を採択し、以下の3つの地球温暖化の原因防止対策の行動を提案した。
[1]ライフスタイルの見直し
エネルギー依存型の生活を見直し無駄なエネルギーの使用を減らしていく。
[2]公共交通機関の利用促進
自家用車等の利用から公共交通機関の利用へシフトしていく。
[3]エコドライブの励行
省エネ、安全のための運転を心がける。
占い師の求人募集転職カメラマン・アシスタントの求人募集転職イラストレーターの求人募集転職

> 沖縄県地域エネルギー・地球温暖化の原因防止対策推進会議 はこちら

佐賀県と沖縄県の地球温暖化原因防止対策の緑化と太陽光発電システム補助金

 佐賀県では、地球温暖化原因防止対策と森林の整備や地域に密着した緑化の推進を目的に、全国運動の展開にあわせて、2009年3月から5月末まで春期「緑の募金」運動を実施した。この運動の一環として、スーパーやJR駅前で、街頭募金を行った。佐賀県では、2007年度、地球温暖化原因防止対策の緑の募金として約6383万円の収入があり、緑の普及啓発や緑化ボランティアの育成、こだまの森林づくり事業、市町村緑化の推進などに活用している。今後、2010年の「国際生物多様性年」を控え、地球温暖化原因防止対策や国民の緑化への関心が一層高まることが予想されるという。
 一方、沖縄県では、地球温暖化原因防止対策の一環として新エネルギーの導入を促進し、普及を図る目的で、住宅用太陽光発電システムを設置する際、費用の一部に対し補助を行っている。沖縄県では既に2009年4月から募集を開始している。住宅用太陽光発電システムの補助金額は定額2万円で、国が実施する「住宅用太陽発電導入支援対策費補助金」を受けている県内居住の個人が対象となる。4月末では、23件の住宅用太陽光発電システム補助の申し込みがあり、3カ月から半年のペースで住宅用太陽光発電システム補助件数300人に達する見込みだという。沖縄県が率先して地球温暖化原因防止対策の住宅用太陽光発電システムという新エネルギーに対する補助を行うことで、沖縄県内の他の市町村が後に続く契機になればと期待している。

太陽光発電ソーラーシステム情報屋上緑化情報

> 佐賀県と沖縄県の地球温暖化原因防止対策の緑化と太陽光発電システム補助金はこちら

環境省が地球温暖化原因防止対策のエコインストラクター人材育成研修

 環境省は、地球温暖化原因防止対策の「エコインストラクター人材育成事業」の平成21年度の研修受講生100名の募集を開始した。エコインストラクターとは、地球温暖化原因防止対策の「地域の自然や歴史文化を守りながら、その魅力を楽しく伝え、学びある体験を提供する人」。具体的には、自然学校のインストラクターやエコツアーガイド、地域の自然体験活動リーダーなどのプロとしての人材を想定している。この地球温暖化原因防止対策の事業は、今年度が最終年度となっている。地球温暖化原因防止対策の研修では、環境省と連携する全国の自然学校などで、約5か月に渡って行う実践的なオン・ザ・ジョブ・トレーニングを軸に、通信教育や専門家による巡回指導、集合研修が行われる。
【研修実施期間】
集合研修:
 平成21年9月15日(火)~17日(木)2泊3日(東京都)平成21年9月27日(日)~29日(月)2泊3日(沖縄県)いずれかを受講
実地研修:
 平成21年10月1日~平成22年2月28日
 地球温暖化原因防止対策の講義に関する費用は無料となる。ただし、研修期間中の生活費、交通費、保険料等の実費は受講生の負担となる。地球温暖化原因防止対策の研修修了者には環境省から修了証が発行されるが、この事業はいわゆる資格制度ではない。この地球温暖化原因防止対策の事業は、研修の趣旨をいかした職に就業する意志のある方を対象としている。地球温暖化原因防止対策のエコインストラクター全国事務局が中心となってこの分野での就業情報提供などが行われるが、就職を保証するものではない。なお、この地球温暖化原因防止対策の事業は平成19年度から始まり、今年度が最終年度となる。地球温暖化原因防止対策の受講希望者は、申込用紙に記入の上、郵送又は直接下記の申込先へ持ち込む必要がある。直接持込の場合は、月曜日から金曜日(祝日を除く。)までの10時から17時まで。申込締切は平成21年8月18日(締切日消印有効)。申込用紙の入手や申込方法の詳細は、下記に問い合わせるか、下記URLのWEBサイトを参照。
○申込み・問い合わせ先
 エコインストラクター全国事務局(社)日本環境教育フォーラム 〒160-0022 東京都新宿区新宿5-10-15 ツインズ新宿ビル4階 TEL:03-3350-6770(代表)E-Mail:ecoins@jeef.or.jp URL:http://www.jeef.or.jp/ecoins/

リサイクルトナー再生激安販売情報カーペットクリーニングじゅうたん情報革靴ブーツクリーニング情報

> 環境省が地球温暖化原因防止対策のエコインストラクター人材育成研修はこちら

太陽光発電のための次世代送配電ネットワーク

 経済産業省は、地球温暖化原因対策にも寄与する太陽光発電のための次世代送配電ネットワークの実証試験を鹿児島県竹島、沖縄県与那国島など10の離島で実施すると発表した。今回の実証試験は、独立した系統となっている離島において、相当量の太陽光発電等を導入するとともに、蓄電池等を活用した系統システムの制御を実証的に行い、今後の太陽光発電の大量導入に対応した、次世代太陽光発電の送配電ネットワーク構築に向けての課題を整理することを目的とするものとなっている。経済産業省では、離島における太陽光発電の次世代送配電ネットワークの構築を見据えた太陽光発電の実証試験(マイクログリッド)の補助事業者について平成21年6月22日まで公募を実施し、九州電力(株)と沖縄電力(株)の提案を採択、両社が設置する太陽光発電施設、風力発電施設、蓄電池、制御装置及び内燃力発電からなるマイクログリッドシステムの実証設備に対して2/3を補助を実施する予定となっている。
LEDライト電光サイン看板情報携帯マイmy箸運動販売情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 太陽光発電のための次世代送配電ネットワークはこちら

日本の地球温暖化ガスの二酸化炭素濃度が過去最高に

 気象庁は、平成21年5月19日 国内3地点(岩手県大船渡市綾里、東京都小笠原村南鳥島、沖縄県八重山郡与那国島)の、大気中の地球温暖化につながる温室効果ガスの二酸化炭素濃度の観測結果について公表した。公表によると、2008年の年平均値は3地点でそれぞれ388.5ppm、386.6ppm、388.0ppmとこれまでで過去最高となった。ここ10年間では1.9ppm/年の割合で増加を続けており、国内で最初に長期連続観測を開始した綾里においては、観測開始時(1987年)より、37.3ppm濃度が増加している。また、年間で最も二酸化炭素濃度の高くなる春季において、今年3月~4月の観測値は、それぞれ395.3ppm(綾里、4月)、390.8ppm(南鳥島、3月)、393.2ppm(与那国島、4月)と、すべての観測点で観測開始以来の最高値を記録した。

貸しデジタルビデオカメラレンタル情報トラックレンタカーレンタル情報貸し子供服レンタル情報

> 日本の地球温暖化ガスの二酸化炭素濃度が過去最高にはこちら

地球温暖化の原因対策の環境保全型の地域づくりの推進支援事業

中長期的に地球温暖化の原因となる温室効果ガスの大幅削減を実現するためには、公共交通機関の利用促進によるコンパクトシティへの取組や、未利用エネルギーの活用、緑地の保全や風の通り道の確保などの自然資本の活用等、面的な対策群の実施により、都市構造や社会経済システムを集約型・低炭素型に転換する取組を進めることが重要です。平成20年度環境保全型の地域づくりの推進支援事業は、内閣官房が選定した環境モデル都市である地方公共団体が環境保全の観点から実施する集約型・低炭素型の都市づくりにつながる先進的な事業に対して、必要とする施設や設備の整備を集中的に支援するものです。 環境省は、平成20年度環境保全型の地域づくりの推進支援事業の選定結果(第二次)を発表した。 この事業は、内閣官房が選定した環境モデル都市である地方公共団体が、環境保全の観点から実施する集約型・低炭素型の都市づくりにつながる先進的な事業に対して、必要とする施設や設備の整備を集中的に支援するもの。今回選定されたのは、高知県梼原町の2事業と、北海道帯広市、富山県富山市、沖縄県宮古島市の各1事業となっている。

貸しベビー用品レンタル情報観葉植物レンタルリース貸し植木情報スーツケースレンタル格安情報

> 地球温暖化の原因対策の環境保全型の地域づくりの推進支援事業はこちら

地球温暖化防止のバイオマスタウン構想

 農林水産省は地球温暖化防止に寄与する「バイオマスタウン構想」に新規に応募のあった構想書のうち、9市町の取り組み内容を公表した。 応募のあった構想書は関係府省からなる「バイオマス・ニッポン総合戦略推進会議事務局」(事務局農林水産省)で検討し、「バイオマスタウン」の基準に合致している場合に内容を公表することになっている。今回の公表は34回目にあたり、新規構想書が公表されたのは、北海道斜里町、北海道小清水町、福島県南会津町、富山県高岡市、富山県朝日町、兵庫県たつの市、福岡県赤村、長崎県佐世保市、鹿児島県姶良町、鹿児島県錦江町、鹿児島県宇検村、沖縄県与那国町。このうち、群馬県富岡市の構想は、家庭から排出される生ごみを堆肥化、可燃ごみを燃料化し、それぞれ利用する。製造された堆肥は、地元農家で利用し、可燃ごみから製造された燃料は、地元ホテルの給湯用ボイラー用燃料として利用するというものとなっている。なお、今回の公表により、全国のバイオマスタウン構想公表市町村は209件となった。

パートタイマーの求人募集転職内職在宅ワークの求人募集転職介護福祉士の求人募集転職

> 地球温暖化防止のバイオマスタウン構想はこちら

沖縄県 地球温暖化防止のレジ袋削減協定

 沖縄県においては、豊かな自然環境を保護し、ごみの減量地球温暖化防止を意識した環境配慮行動を推進するため、「県におけるレジ袋削減に関する協定」に参加する事業者を募集している。県ゴミ減量リサイクル推進会議、事業者、行政の3者で締結し、レジ袋の有料化を取り組みの柱として、マイバッグの持参促進とレジ袋削減に協働で取り組む。
 2010年度までにレジ袋辞退率80%以上の達成を目標としており、レジ袋の販売による収益金が生じる場合は、環境保全活動や地域貢献活動に使用する。TEL:098-866-2231

> 沖縄県 地球温暖化防止のレジ袋削減協定はこちら

あかりから始める地球温暖化対策

 環境省は、「省エネ照明シンポジウム~あかりから始める地球温暖化対策~」開催情報の(第2報)を発表した。
 このシンポジウムは、CO2排出量が1990年比で約4割増加している商業施設やオフィス等の業務部門のうち、その約2割を占める照明について、省エネ照明導入を促進することを目的に開催されている。
 12月に広島と高松で開催され、今後、富山県(1/15)、沖縄県(1/19)、東京都(1/27)、愛知県(1/29)、福岡県(2/2)、宮城県(2/12)、大阪府(2/23)で開催される予定。
 富山会場は、北日本新聞ホール、基調講演「東西光文化と都市施設照明の省エネ動向」(日本大学生産工学部 電気工学科 専任講師 山家 哲雄 氏)やパネルディスカッションが予定されている。定員200名。
 那覇会場は、てんぶす那覇(てんぶすホール)、基調講演「地球環境と省エネ照明と技術革新」(伊藤達男照明デザイン事務所代表 伊藤 達男 氏)やパネルディスカッションが予定されている。定員100名。
 入場料無料。参加希望者は、事前にホームページ(http://shoene-shomei.jp/symposium)より申し込む必要がある。

LEDライト電光サイン看板情報

> あかりから始める地球温暖化対策はこちら