TOPページ > 検索結果

検索結果 【横須賀市】

神奈川県地球温暖化防止活動推進センター等が地球温暖化の原因対策シンポジウム

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、低炭素社会構築を目指すシンポジウム「地球温暖化綱要対策への複合視点」が3月7日、神奈川県横浜市中区の横浜情報文化センターホールで開かれた。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に取組む神奈川県地球温暖化防止活動推進センターとライオンズクラブ国際協会330-B地区の共催で、毎日新聞社などが後援して開催された。神奈川県や神奈川県横浜市、神奈川県横須賀市のほか、神奈川県内のファンケルなど企業や町内会など神奈川県下各地の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の活動報告を受けて、パネルディスカッションも行われた。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策のパネラーは、南川秀樹環境事務次官、望月晴文内閣官房参与、山田正人横浜市副市長、鈴木邦雄横浜国立大学長、新堀豊彦県自然保護協会理事長、河野俊史毎日新聞社取締役東京本社編集局長で、中嶋義臣関電工環境技術顧問がコーディネーターを務め、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策についての意見交換が行われた。それぞれの立場から地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策について、国際社会の動向と日本の役割、地域社会とのかかわりのほか、学校や社会における環境教育の重要性などを論議した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 神奈川県地球温暖化防止活動推進センター等が地球温暖化の原因対策シンポジウムはこちら

日産自動車は神奈川県横須賀市で補助金の出る電気自動車(EV)リーフによる二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策

 日産自動車(神奈川県横浜市西区高島)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するエコカーとして、12月から日本とアメリカで発売する電気自動車(EV)リーフの生産を日産自動車追浜工場(神奈川県横須賀市)で始めた。電気自動車(EV)リーフは、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を全く排出しないゼロエミッションカーで、日産自動車は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する電気自動車(EV)を次世代エコカーの主役と位置づけており、電気自動車(EV)リーフ発売が秒読み段階にに入ったという。日産自動車が発売する電気自動車(EV)リーフがフル充電での走行距離は約160キロで、日本での販売価格は376万円となり、国の補助金を差し引くと299万円となるという。日産自動車のカルロス・ゴーン社長は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の主役として、電気自動車(EV)リーフの年間生産台数をルノー分も含めて2012年に50万台に引き上げる考えを表明している。電気自動車(EV)リーフを最初に生産する神奈川県横須賀市の日産自動車追浜工場では、生産効率を高めるため、小型車「キューブ」などと同じ生産ラインで製造するという。日産自動車では、電気自動車(EV)リーフを11月にアメリカ向けの輸出を開始し、12月にはヨーロッパ向けの輸出も始めて2011年1月から販売する。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 日産自動車は神奈川県横須賀市で補助金の出る電気自動車(EV)リーフによる二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策はこちら

神奈川県横須賀市が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策の地球温暖化対策新実行計画

 神奈川県横須賀市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策である横須賀市地球温暖化対策新実行計画の骨子案をとりまとめて公表した。計画案では、神奈川県横須賀市の2021年度における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を1990年度と比較して20~25%削減する目標値を設定した。ただ、東京電力(東京都千代田区内幸町)横須賀火力発電所の操業停止に伴う影響が大きく、実質的な二酸化炭素(CO2)削減目標は7.6~12.6%にとどまるという。骨子案によると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に関して何ら追加的な対策を神奈川県横須賀市が実施せず、現状のまま推移すると、1990年度に257万4千トンと推計した温室効果ガス排出量が21年度には225万4千トンと12.4%減少することになる。しかし、この数値には横須賀火力発電所の操業停止によるエネルギー転換部門の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量減少分(97.5%減)を除くと、逆に7.8%増えるという。一方、神奈川県横須賀市が可能な限り地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を最大限実施した場合では、2009年度比で国や神奈川県の目標と同じく25%の二酸化炭素(CO2)排出量の削減が達成できるとしている。また、現状で実施可能とみられる対策を取った場合は二酸化炭素(CO2)排出量を20%削減できる。このため、横須賀市地球温暖化対策新実行計画の骨子案では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減目標を20~25%と定めたという。横須賀市地球温暖化対策新実行計画は、今年4月に施行された「地球温暖化対策の推進に関する法律」で、特例市以上の都市に策定が義務付けられたものである。神奈川県横須賀市は、現在策定している「横須賀市新環境基本計画」の分野別計画に地球温暖化対策新実行計画を位置付け、11年度から21年度までの11年間を計画期間と定めた。今後は、12月までに計画素案を作成してパブリックコメントにかけ、2011年3月に横須賀市地球温暖化対策新実行計画決定を見込んでいる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県横須賀市が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策の地球温暖化対策新実行計画はこちら

神奈川県横須賀市の商店街が緑のカーテンで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 神奈川県横須賀市の衣笠地区にある衣笠商店街では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策とヒートアイランド対策として「緑のカーテン」づくりに取り組んでいる。緑のカーテンとしてヘチマやゴーヤーが育っている中にあって、丸丸と太ったヒョウタンもあり、買い物客が珍しそうにしてその下を通っていく。緑のカーテンとしてヒョウタンを育てているのは、横須賀市の同商店街の「松屋酒店」の店主で、緑のカーテンづくりに参加している商店街の約20店舗の中で、唯一ヒョウタンを育てている。4月に苗を植え始め、10日ほど前に長さ約20センチの実に成長し、プランターから伸びたつるから10個の実がぶら下がっている。収穫後はヒョウタンを加工して置物として店に飾る予定だという。横須賀市の同商店街では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減して地球環境を保護しながら、同時に買物客を涼しさと見た目で和ませようと2009年から緑のカーテンに取り組んでいるという。緑のカーテンは、ヘチマとゴーヤーを中心に育て、その数はプランター約60個分にもなり、約5メートルの高さのネットに巻き付いて育ったつるが猛暑の照りつける日差しを遮っている。横須賀市の商店街振興組合理事の田中さんは「緑のカーテンは、地球温暖化の原因対策になると同時に、商店街利用者からも『風が吹くとすごく涼しい』と好評なので、来年も緑のカーテンを続けたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県横須賀市の商店街が緑のカーテンで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

地球温暖化の原因でクマゼミが神奈川県藤沢市へ北上

 温暖な地域を棲家とするクマゼミがこの夏、神奈川県立辻堂海浜公園(神奈川県藤沢市辻堂西海岸)で大量に見つかったことがわかった。地球温暖化の原因によってクマゼミの生息域が北上・東進を続けていることは過去から知られているが、藤沢市内で生息が確認されたのは初めてだという。クマゼミは繁殖力が強いため、元々生息しているアブラゼミなどを駆逐する可能性もある。日本自然保護協会の指定する自然観察指導員の大谷さん(神奈川県藤沢市辻堂)がこの夏、約130匹の抜け殻を採取した。2004年ごろに神奈川県内の茅ケ崎市立茅ケ崎中央公園(神奈川県茅ケ崎市茅ケ崎)でクマゼミの大量の抜け殻が見つかった時から、茅ケ崎市境を接する藤沢市への侵入は時間の問題と考えられていた。クマゼミは西日本から東海地方にかけて生息し、北上・東進の最前線は、神奈川県平塚市、茅ケ崎両市、横須賀市南部、北陸地方の石川県金沢市あたりとされてきた。平塚市には、1990年代にクマゼミが北上してきたが、相模川を越えるのに時間がかかったという。茅ケ崎市へ入ってきた後、藤沢市でもクマゼミの雄の鳴き声は聞けたが、雄は飛(ひ)翔(しょう)力があるので一時的に越境した可能性も考えられ、生息の確認には至らなかった。「今夏の大量のクマゼミの抜け殻の発見により、雌が卵を産んで生息したことが証明された」と大谷さん。藤沢市にはアブラゼミ、ミンミンゼミ、ツクツクボウシなど5種類のセミが生息しているが、体も鳴き声も大きなクマゼミが最も繁殖力が強いという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

大きな地図で見る

> 地球温暖化の原因でクマゼミが神奈川県藤沢市へ北上はこちら

地球温暖化の原因対策のバイオ燃料がアオコから高効率抽出

 地球温暖化の原因対策として、新たな研究が進んでいる。例えば、これまで厄介者でしかなかった湖や池の水面を埋めるアオコから、簡単に安くバイオ燃料を生み出す新技術の開発に電力中央研究所エネルギー技術研究所(神奈川県横須賀市)が成功したと発表した。新しい方法は、従来より約70倍も生産性が高いにもかかわらず、製造時の地球温暖化の原因などの環境影響も少ないという。大阪府東大阪市で開かれる日本化学会で発表し、水の浄化と地球温暖化の原因対策の一石二鳥になる「緑の原油」として数年後の実用化を目指す。同研究所では、スプレーの噴射ガスに使われる無害な溶剤ジメチルエーテルを20度で5気圧に加圧して液化し、アオコと混ぜ合わせる方法を考案した。この方法によると、溶剤の性質からアオコに自然に染み込み、乾燥・粉砕して細胞組織を壊さなくても、油分を溶かし出せることを確認できた。溶剤は減圧すれば蒸発するため分離・回収も簡単で、製造過程のエネルギー使用も激減するという。京都府京都市内の池のアオコを使った実験では、従来の方法ではアオコの乾燥重量の0.6%相当しか油分を抽出できなかったのに対し、新技術では約70倍の40%相当が抽出できる画期的な技術となっている。研究員は「6000種類以上の化学物質を調べて唯一目的にかなうのがジメチルエーテルだった。今後、大規模実験を行い、地球温暖化の原因対策のためにも実用化を急ぎたい」と話している。
薬剤師・管理薬剤師の求人募集転職栄養士・管理栄養士の求人募集転職保育士の求人募集転職

> 地球温暖化の原因対策のバイオ燃料がアオコから高効率抽出はこちら