TOPページ > 検索結果

検索結果 【横浜市】

神奈川県横浜市がブルーカーボンによる地球温暖化の原因の環境問題対策

 神奈川県横浜市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、海域での二酸化炭素(CO2)排出量の吸収効果に着眼した脱温暖化プロジェクトである「ブルーカーボン」の取組を神奈川県横浜市金沢区の横浜・八景島シーパラダイスでスタートさせると発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策には、神奈川県横浜市金沢区に本部、キャンパスを置く横浜市立大学、関東学院大学のほか神奈川県横浜市内の企業も参加しているという。将来的には、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、温室効果ガスの排出量を相殺する「カーボンオフセット」の仕組も目指すという。神奈川県横浜市によると、ブルーカーボンは国連環境計画が打ち出した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の一つの手法である。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策のカーボンオフセットの仕組を見据えた産官学による実証実験は、今回の神奈川県横浜市の取組が国内初のケースだという。神奈川県横浜市の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の実験では、シーパラダイスのセントラルベイに実験海域を確保し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定する貝類や藻類を育てる試験区を数か所にわたって設置するという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に貢献する温室効果ガスの吸収、削減、固定効果のデータを得るとともに、海域の環境浄化も行うという。海洋は森林や大気への拡散よりも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の吸収固定効果が高い。このため、近年、カキ、ムラサキイガイ、コンブ、アカモクなどの海洋生物を活用した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策が注目されている。神奈川県横浜市は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、この4月に、横浜・八景島シーパラダイス、2大学、神奈川県横浜市内企業、専門家による「ブルーカーボン検討委員会」を設置するという。神奈川県横浜市の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に係る実験海域にはシーパラダイスが桟橋を設け、「自然の海の水族館」として実験の状況を見えるようにするという。神奈川県横浜市民に開かれた環境教育の場としても位置づけ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の実験の意義や狙いを直接見て理解してもらうという。神奈川県横浜市は、2012年度中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の結果をまとめる予定をしている。将来的には、他地域にも広げながら、海洋生物による温室効果ガス吸収量の買取など地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に関するカーボンオフセットの仕組みも構築したいと話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 神奈川県横浜市がブルーカーボンによる地球温暖化の原因の環境問題対策はこちら

神奈川県横浜市が地球温暖化の原因対策のカーボンオフセット

 神奈川県横浜市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策としての脱温暖化へ向けた国際貢献できる具体的取組みとして、国際協力機構(JICA)がフィリピンの風力発電事業から取得したオフセットクレジット(二酸化炭素(CO2)排出権)を購入したと発表した。他の場所で実施した地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出削減量を購入する「カーボンオフセット」の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の手法であり、購入原資には神奈川県横浜市のオフィシャルウオーター「はまっ子どうし」の売上の一部を充当したという。神奈川県横浜市によると、今回の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の取組は2010年11月に開催された「アジア太平洋経済協力会議(APEC)」期間中に排出された地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を相殺するとともに、開発途上国の脱温暖化の取組を支援する狙いがあるという。11月7日から14日までのAPEC開催による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は616トンであり、今回はこれを上回る762トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を相殺することができたという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策のカーボンオフセットの原資として、2010年7月から11月までの間の「はまっ子どうし」の売上の一部を活用することで、行政と神奈川県横浜市民の協力による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の推進及び国際貢献をアピールする。JICAは地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、世界銀行炭素基金への出資を通じて、民間ではリスクの取りにくい開発途上国での地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策事業を支援している。神奈川県横浜市とJICAは今回の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の枠組みをモデルケースに、今後も連携して地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に取り組んでいく方針だという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策のカーボンオフセットの仕組みは、1997年に開催された地球温暖化防止京都会議(COP3)の京都議定書で国際的に認められたものとなっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 神奈川県横浜市が地球温暖化の原因対策のカーボンオフセットはこちら

神奈川県地球温暖化防止活動推進センター等が地球温暖化の原因対策シンポジウム

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、低炭素社会構築を目指すシンポジウム「地球温暖化綱要対策への複合視点」が3月7日、神奈川県横浜市中区の横浜情報文化センターホールで開かれた。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に取組む神奈川県地球温暖化防止活動推進センターとライオンズクラブ国際協会330-B地区の共催で、毎日新聞社などが後援して開催された。神奈川県や神奈川県横浜市、神奈川県横須賀市のほか、神奈川県内のファンケルなど企業や町内会など神奈川県下各地の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の活動報告を受けて、パネルディスカッションも行われた。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策のパネラーは、南川秀樹環境事務次官、望月晴文内閣官房参与、山田正人横浜市副市長、鈴木邦雄横浜国立大学長、新堀豊彦県自然保護協会理事長、河野俊史毎日新聞社取締役東京本社編集局長で、中嶋義臣関電工環境技術顧問がコーディネーターを務め、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策についての意見交換が行われた。それぞれの立場から地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策について、国際社会の動向と日本の役割、地域社会とのかかわりのほか、学校や社会における環境教育の重要性などを論議した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 神奈川県地球温暖化防止活動推進センター等が地球温暖化の原因対策シンポジウムはこちら

神奈川県横浜市で地球温暖化の原因対策のフォーラム

 神奈川県横浜市の主催による地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策を目的とした家庭や職場でできる地球温暖化対策の普及を目的としたフォーラムが、神奈川県横浜市西区みなとみらいの「はまぎんホールヴィアマーレ」で開催された。神奈川県横浜市民ら約400人が参加し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の講演やパネルディスカッションを通じて省エネ電化製品の活用など、身近な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の取組に理解を深めたという。神奈川県横浜市のフォーラムでは、産学官民で構成している「ヨコハマ・エコ・スクール」の名誉顧問で三菱総合研究所理事長の小宮山宏氏が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策について講演し、「エネルギー効率は20年前と比べて飛躍的に向上した。家計への負担をかけずに地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に貢献できる」と、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策には、従来型から新たな省エネ家電への買い替えも効果的であるとコメントした。また、「住宅、オフィス、運輸などの分野では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策としてエネルギー効率改善の余地がある。今後はものづくり以外の分野の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に注力すべきだ」と話した。このほか、神奈川県横浜市のフォーラムでは、俳優の別所哲也さんを進行役に、事業者や市民が参加した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に関するパネル討論が行われたほか、資源リサイクルなどの神奈川県横浜市民らの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の取組を紹介するコーナーも開設されていた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 神奈川県横浜市で地球温暖化の原因対策のフォーラムはこちら

神奈川県横浜市の横浜・八景島シーパラダイスで地球温暖化の原因対策のブルーカーボン

 神奈川県横浜市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、横浜・八景島シーパラダイス(神奈川県横浜市金沢区)と共同で、海洋生物による地球温暖化の抑制や水質改善の効果に関する実証実験を行う。横浜・八景島シーパラダイスの海に設備を作り、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、貝や藻の生活環境改善効果を観察するほか、神奈川県横浜市内の小学生の地球環境問題の学習の場としても活用するという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に係る実験は、神奈川県横浜市が取組んでいる環境問題対策関連産業の育成や環境問題教育の取組の一環として、2011年9月から実施するという。約40平方メートル程度の海域を対象とし、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の実験として、カキやムラサキイガイなどの貝類やコンブやアカモクといった藻類を海面から垂らしたロープに植え付けて生育を観察するほか、海底にも魚の住み家となる人工漁礁を設置するという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の実験期間中は、対象区域の水質や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の吸収効果を調査し、そこから得たデータや技術は、今後の神奈川県横浜市の環境問題対策や地球温暖化の原因防止の施策に活用していくという。環境調査・保護活動を行う国連環境計画(UNEP)の調査では、世界の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量約72億トンのうち、海洋で吸収される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は約22億トンと、陸上の約9億トンを大きく上回るという。このため、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、海洋生物の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量吸収効果は「ブルーカーボン」と呼ばれており、地球温暖化の原因防止対策に関与する専門家の間で注目が高まっている。林神奈川県横浜市長は、定例記者会見において、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策はブルーカーボンを利用することによって、沿岸部の多くの神奈川県横浜市の環境改善につながる。ブルーカーボンの知名度は低いが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の実証実験を通じて広めていきたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 神奈川県横浜市の横浜・八景島シーパラダイスで地球温暖化の原因対策のブルーカーボンはこちら

神奈川県横浜市で日産自動車の電気自動車(EV)リーフ付き住宅

 神奈川県横浜市都筑区内で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、全国初の取組みになる電気自動車(EV)付き一戸建て建売住宅について、関係者が来年1月に発売する計画を発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策住宅の価格は、日産自動車の電気自動車(EV)「リーフ」とセット販売で6千万円程度になるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策住宅の開発・販売を手掛ける工藤建設(神奈川県横浜市青葉区)は「次世代の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策住宅はこうなるというモデルになるはず。」と話している。今般、神奈川県庁において松沢成文知事に対して電気自動車(EV)付き住宅の計画概要を説明した。その計画によると、建売住宅に太陽光発電システムや家庭用燃料電池システムを備えることによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を従来に比べ7~8割削減することが可能になっているという。さらに、太陽光発電システムで発電した電力を東京電力に売電することによって、日常の光熱費はゼロになり、電気自動車(EV)リーフへの充電も賄うことが可能になるという。この取組みに対して、松沢神奈川県知事は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、電気自動車(EV)普及を積極的に推進する神奈川県にとってマッチした素晴らしい取り組み」と絶賛した。電気自動車(EV)付き一戸建て建売住宅事業に参画する横浜銀行(神奈川県横浜市)は、今回、最も低い住宅ローン金利を特別に設定したという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の住宅とセットになる電気自動車(EV)「リーフ」を販売する日産自動車では、「電気自動車(EV)のリーフはエコ住宅とベストマッチする車だ」とコメントしている。建物の第1期販売のうち1棟はモデル住宅として位置づけ、実証実験しデータを集めるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 神奈川県横浜市で日産自動車の電気自動車(EV)リーフ付き住宅はこちら

神奈川県横浜市はスマートグリッド(次世代送電網)で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策

 神奈川県横浜市の「みなとみらい21(MM21)地区」において、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、アジア太平洋経済協力会議(APEC)のリーダーズウイーク(7~14日)に合わせ、会議参加者及びメディア関係者を対象に最先端の省エネ技術や再生可能エネルギーを導入したスマートグリッド(次世代送電網)モデル住宅のデモンストレーション展示が行われる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する、スマートグリッド(次世代送電網)の実用化を先導する神奈川県横浜市のスマートシティプロジェクトを見える形で示す狙いだ。神奈川県横浜市みなとみらい21地区にある住宅展示場「横浜ホームコレクション」において、先行してお披露目会・内覧会が行われた。神奈川県横浜市の林文子市長は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策は差し迫った大きな課題となっている。神奈川県横浜市の街全体を『環境ショーケース』として事業を展開していく」とあいさつした。神奈川県横浜市と連携し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のスマートグリッド(次世代送電網)プロジェクトを進める民間企業7社(東京ガス、東京電力、東芝、日産自動車、パナソニック、明電舎、アクセンチュア)と、住友林業、大和ハウス工業などの協力企業が、それぞれのスマートグリッド(次世代送電網)に関する技術・ノウハウを紹介したクラブハウス、モデルホーム、電気自動車(EV)を展示した。再生可能エネルギー利用設備、家庭内で快適なエネルギー管理を行うシステム、地域内のエネルギー利用と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を「見える化」するスマートグリッド(次世代送電網)技術などを導入した「スマートハウス」を体験することができる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 神奈川県横浜市はスマートグリッド(次世代送電網)で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策はこちら

日産自動車は神奈川県横須賀市で補助金の出る電気自動車(EV)リーフによる二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策

 日産自動車(神奈川県横浜市西区高島)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するエコカーとして、12月から日本とアメリカで発売する電気自動車(EV)リーフの生産を日産自動車追浜工場(神奈川県横須賀市)で始めた。電気自動車(EV)リーフは、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を全く排出しないゼロエミッションカーで、日産自動車は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する電気自動車(EV)を次世代エコカーの主役と位置づけており、電気自動車(EV)リーフ発売が秒読み段階にに入ったという。日産自動車が発売する電気自動車(EV)リーフがフル充電での走行距離は約160キロで、日本での販売価格は376万円となり、国の補助金を差し引くと299万円となるという。日産自動車のカルロス・ゴーン社長は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の主役として、電気自動車(EV)リーフの年間生産台数をルノー分も含めて2012年に50万台に引き上げる考えを表明している。電気自動車(EV)リーフを最初に生産する神奈川県横須賀市の日産自動車追浜工場では、生産効率を高めるため、小型車「キューブ」などと同じ生産ラインで製造するという。日産自動車では、電気自動車(EV)リーフを11月にアメリカ向けの輸出を開始し、12月にはヨーロッパ向けの輸出も始めて2011年1月から販売する。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 日産自動車は神奈川県横須賀市で補助金の出る電気自動車(EV)リーフによる二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策はこちら

神奈川県横浜市の横浜みなとみらい21地区でホームICTと電気自動車(EV)実験による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 「スマート・ネットワークプロジェクト(Smart Network Project)」は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策で重要な役割を果たすホームICT電気自動車(EV)を支えるサービス基盤で利用する通信規格の国際標準化を推進している。今般、神奈川県横浜市横浜みなとみらい21地区に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のプロジェクトで検討する通信規格を用いて実証実験を行うフィールドを構築し、平成22年11月から平成23年3月まで共同で実証実験を行うと発表した。プロジェクトは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「ネットワーク統合制御システム標準化等推進事業」の一環として、総務省(東京都千代田区霞が関)から採択されたものであり、地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会の実現に寄与する通信規格の策定と検証を目的としている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の技術としては、屋内の通信規格の標準化を目指す「住宅/電気自動車(EV)ネットワーク」グループと、街中での電気自動車(EV)の活用を支える通信規格の標準化を目指す「電気自動車(EV)サポートネットワーク」グループの2つのグループから構成され、通信規格の検討はそれぞれで行い、実証実験はプロジェクト全体で行う。成果については、経済産業省(東京都千代田区霞が関)と連携して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のスマートコミュニティアライアンスの場における規格策定に役立てていく。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「住宅/電気自動車(EV)ネットワーク」グループでは、フェムト一体型ホームICT2を活用することで、太陽光発電システム、電気自動車(EV)及び家電製品の最適化を図る実験と、住宅の情報を一元管理する家歴システム3によって、住宅の快適性と長寿命化を図る実験を行う。次に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「電気自動車(EV)サポートネットワーク」グループでは、電気自動車(EV)充電スタンドを管理するサーバでのユーザー認証やサーバ運用情報の通信規格を策定・評価する実験と、共用型電気自動車(EV)の運用に必要な電池残量情報などの走行情報に関する通信規格を策定・評価する実験のほか、電気自動車(EV)充電スタンド設置を促進するための、業務用ビルエネルギー情報の通信規格を策定・評価する実験を行う。代表幹事:NTTドコモ(東京都千代田区永田町)、日本電気株式会社(NEC:東京都港区芝)、幹事:積水ハウス株式会社(大阪府大阪市北区大淀中)、株式会社バンダイナムコゲームス(東京都品川区東品川)のほか参加企業:アイホン株式会社(愛知県名古屋市熱田区)、株式会社内田洋行(東京都中央区新川)、株式会社NTTファシリティーズ(東京都港区芝浦)、JX日鉱日石エネルギー株式会社(東京都千代田区大手町)、日産自動車株式会社(神奈川県横浜市西区高島)、日本ユニシス株式会社(東京都江東区豊洲)、株式会社野村総合研究所(東京都千代田区丸の内)、三菱電機株式会社(東京都千代田区丸の内)で構成されている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県横浜市の横浜みなとみらい21地区でホームICTと電気自動車(EV)実験による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

神奈川県横浜市の横浜みなとみらい21でスマートグリッドの省エネ住宅技術による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 神奈川県横浜市横浜みなとみらい21(MM21)地区の住宅展示場を国内の大手住宅メーカーが一つの「街」に見立て、11月から最先端の地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に寄与する省エネ住宅技術を公開するという。次世代電力網であるスマートグリッドを想定した住宅展示場の実証実験で、アジア太平洋経済協力会議(APEC)に合わせて公開し、高い省エネ対策の技術力をPRし、既存の住宅展示場を一体的に使った新しい試みだ。神奈川県横浜市の横浜みなとみらい21の住宅展示場「横浜ホームコレクション」約20棟を使い、隣接する異なるモデルハウスで、スマートグリッドによって太陽光発電システムの電力を相互に供給し合ったり、電気自動車(EV)に充電したりする。実際にスマートグリッドの先端技術を取り入れる実証実験は3~4棟だが、横浜みなとみらい21住宅展示場の街区全体でエネルギー消費を管理するシステムも導入する。住友林業(東京都千代田区大手町)は横浜みなとみらい21住宅展示場の西側の一画にスマートグリッドの一戸建て住宅を新築中である。この11月上旬に完成する予定で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、太陽光発電システムや燃料電池のほか蓄電池によるスマートグリッドも導入する。窓を開ければ風が抜けやすい建物構造や外壁や窓ガラスに断熱効果の高い最先端建材も採用している。大和ハウス工業(大阪府大阪市北区梅田)や積水ハウス(大阪府大阪市北区大淀中)も地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、太陽光発電システムなどを使った先端技術を導入した省エネ住宅を展示するという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、街全体でエネルギー消費を効率化するスマートグリッド構想を実証するため、次世代エネルギー社会システムの早期普及を目指す神奈川県横浜市が各企業に呼び掛けて実施することになった。神奈川県横浜市地球温暖化対策事業本部では、「最新の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策がなされた省エネ対策の住宅を、一般の人にも見てもらい関心を高めてほしい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県横浜市の横浜みなとみらい21でスマートグリッドの省エネ住宅技術による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

神奈川県横浜市はコミュニティサイクルで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 神奈川県横浜市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、環境問題にやさしい移動手段として、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない自転車の「コミュニティサイクル」の利用促進を図ろうと、2011年春から3年の長期的計画で横浜市中心部において社会実験を実施すると発表した。自転車のコミュニティサイクルは、一定のエリア内の複数個所に自転車の貸出及び返却の拠点(サイクルポート)を設け、自由に乗り降りできる仕組みのことをいい、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献できるものとなっている。ヨーロッパでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、ITを活用したコミュニティサイクルの管理システムが急速に普及している。国内では富山県富山市や福岡県北九州市が、同じく地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、既にコミュニティサイクルを導入している。神奈川県横浜市が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として実施するコミュニティサイクルの社会実験の対象エリアは、みなとみらい21(神奈川県横浜市西区みなとみらい)地区の中央地区、同新港地区、関内・山下町地区(神奈川県横浜市中区)を中心とした横浜市内の区域を予定している。コミュニティサイクルの社会実験では200台程度の自転車を導入し、横浜市内の18か所にサイクルポートを設け、無人で貸出及び返却が可能なシステムで運用する予定だという。コミュニティサイクルの運営主体の事業者は横浜市が公募し、プロポーザル方式で選出する。今回の長期的な社会実験に先立ち、横浜市は昨年10月から11月にかけて約1か月間にわたり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、横浜市のMM21地区から関内・山下町地区において登録料300円、利用料1時間ごとに100円に設定し、コミュニティサイクルの社会実験を実施してきた。横浜市の実施した社会実験期間中の登録者は1,340人で貸出回数は3,322回、1日平均の利用回数は125回だった。横浜市のアンケート調査では、全体の9割が満足及びやや満足と回答し、8割がコミュニティサイクルの本格導入を希望していたという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県横浜市はコミュニティサイクルで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

神奈川県横浜市の日産自動車等が電気自動車(EV)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 日産自動車(神奈川県横浜市西区高島)と日立製作所(東京都千代田区丸の内)、オリックス(東京都港区芝)、オリックス自動車(東京都港区芝)の4社は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として貢献している電気自動車(EV)が搭載する蓄電池の電気を家庭などで利用するためのシステムの開発に着手したと発表した。これには、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO:神奈川県川崎市幸区)の補助金も決定している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として貢献している電気自動車(EV)を、さらに「走る蓄電池」と位置付ける取組みで、電力需給を自動調整する次世代送電網のスマートグリッドの一つとしても期待されている。電気自動車(EV)に搭載するリチウムイオンなどの蓄電池を地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもなる社会インフラと位置付け、家庭や地域社会で利用する仕組み作りを検討していくという。日産自動車は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の電気自動車(EV)リーフの蓄電池から家庭やビルに電気を流す技術を開発する。12月に発売する電気自動車(EV)リーフの蓄電容量は、一般家庭の2日分の消費電力に相当するという。現在の仕組みでは、一度電気自動車(EV)の蓄電池に蓄えた電気を、再び、家の中の家電製品などの電気として使用できないが、これを可能にする仕組みを検討するという。また、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する太陽光発電システムを備えた住宅も徐々に増えているが、この自宅で発電した電気を電気自動車(EV)の蓄電池に蓄え、走行しない時や災害時に家庭用電力として利用する方法なども研究するという。日産自動車では、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるとはいえ、これまで電気自動車(EV)は走ることだけしか考えてこなかった、それ以外の役割も果たすことができるようになる」と話している。また、今後、電気自動車(EV)の普及に合わせ、充電スタンドの整備も進むとみられているため、日立製作所は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する太陽光発電と蓄電池を利用した効率的な電気自動車(EV)の充電システムなどを検討する。オリックス自動車は電気自動車(EV)のカーシェアリングシステムなどを研究するという。今回の取組みは、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が進める地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「蓄電複合システム化技術開発の対象事業」として8月に採択された。同事業による研究費などに対する補助金を受け、神奈川県横浜市において実証実験を行う予定で、2012年度までに成果を上げたいという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の蓄電複合システム化技術開発の対象事業には、東京電力(東京都千代田区内幸町)や東芝(東京都港区芝浦)など9社によるスマートグリッドの蓄電池制御の最適化へ向けた「リチウムイオン電池データの標準化」なども採択されている。電力会社や電機メーカーはもちろん、電気自動車(EV)や家庭用電源で充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)を生産する自動車メーカーにとっても、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に対応するスマートグリッド市場は大きな市場になる。このため、トヨタ自動車も愛知県豊田市で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のプラグインハイブリッド車(PHV)の電池の電気を家電製品などに供給する実証実験を実施している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県横浜市の日産自動車等が電気自動車(EV)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

神奈川県横浜市のコンビニが電気自動車(EV)用充電器で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策

 コンビニエンスストア「スリーエフ」の都筑大棚店(神奈川県横浜市都筑区大棚町)と都筑勝田橋店(神奈川県横浜市都筑区勝田町)の2店舗で、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電気自動車(EV)を無料で充電できる「グリーン充電サービス」の試験運用が行われている。スリーエフ(神奈川県横浜市中区)とコスモ石油(東京都港区)、エナジーグリーン(東京都新宿区)の3社が共同で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として提供するグリーン充電サービスとなっている。エナジーグリーンがコスモ石油のサービスステーションにある太陽光発電システムによる電力(環境付加価値)を買い取り、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる「グリーン電力証書」を発行している。同社は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、2店舗に設置された電気自動車(EV)充電器の充電使用量と同量のグリーン電力証書をエナジーグリーンから購入することで、間接的に電気自動車(EV)を太陽光発電システムで充電できることになっている。両店には走行中に地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)用の200V充電器を1基ずつ設置している。充電器1基で同時に2台の電気自動車(EV)を充電することができ、充電量を把握する電力計や通信モジュールが内蔵されている。電気自動車(EV)の充電にはコスモ石油の発行する「コスモEV会員カード」が必要となるが、非会員にも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として店頭で同カードを無料で貸し出すという。神奈川県下で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電気自動車(EV)の充電機器を設置しているコンビニエンスストアは、現在同社のほかに2社ある。しかし、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としてのグリーン電力での充電機器提供は同社が初めてとなる。同社広報グループでは「スリーエフでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電気自動車(EV)の普及を促進するため、両店に自然エネルギーを利用した電気自動車(EV)の充電設備を設置した。この電気自動車(EV)用充電器は現在市販されているどの電気自動車(EV)でも充電が可能なので、この機会にぜひ利用してほしい」と話している。両店とも24時間営業しており、電気自動車(EV)の充電サービス提供は来年6月30日までを予定している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県横浜市のコンビニが電気自動車(EV)用充電器で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策はこちら

神奈川県横浜市はカーフリーデーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 神奈川県横浜市中区・日本大通りを中心に9月23日、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、車のない都市空間を体験するイベント「横浜市カーフリーデー2010&モビリティウィーク」が開催された。カーフリーデーは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などを目的として1997年にフランスで始まったもので、車に頼らない日常生活を体験する社会実験の試みである。地球温暖化の原因対策や都市交通問題などについて考えるきっかけをつくるイベントとして、毎年2,000を超える世界中の都市で開催されている。神奈川県横浜市の「横浜カーフリーデー」は2004年から始まっている。神奈川県横浜市内の日本大通りと横浜公園で日本初のマイカー乗り入れ禁止を開始し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、「歩けば街が見えてくる。クルマをおいて街に出よう。」を毎年のテーマに都市交通から地球環境問題を見つめ直し、文化や伝統を大切にする社会をつくろうと「横浜カーフリーデー実行委員会」が主催して取り組んでいる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、7回目を迎える今年のテーマは公共交通である「バス再発見!」となっている。日本大通りに神奈川県横浜市内を走る路線バス10台が集合し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としてのバスの魅力を再発見できるさまざまなイベントを実施した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策をPRするカーフリーデーの会場は神奈川県横浜市の日本大通り、みなとみらい線の日本大通り駅・三塔広場であった。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のイベントに賛同したバス展示事業者は、江ノ島電鉄(神奈川県藤沢市片瀬海岸)、小田急バス(東京都調布市仙川町)、神奈川中央交通(神奈川県平塚市八重咲町)、川崎鶴見臨港バス(神奈川県川崎市川崎区)、京浜急行バス(東京都港区高輪)、相鉄ホールディングス(神奈川県横浜市西区)、大新東(東京都港区芝)、東急バス(東京都目黒区東山)、フジエクスプレス(東京都港区芝浦)、横浜市交通局(神奈川県横浜市)となっている。カーフリーデーでは、13時から地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策をPRする歩行者によるパレードが行われたほか、展示バスや出展ブースを回るスタンプラリー、バス内で制服着用によるカメラ撮影、横浜市の未来のバスの絵画コンテストなどが開催された。また、横浜市に関係するミュージックライブ(アラメヤ音頭、ハマこい踊り、大道芸ほか)やフリーマーケット、世界の路面電車・LRT(新交通システム)のパネル展示、参加団体による展示・販売など多彩な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の催しが行われた。日枝神社(神奈川県横浜市南区山王町5)を出発し、横浜市の開港前と開港時の歴史をたどるまち歩き「お三の宮・関内・関外歴史ウォーク」も実施された。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県横浜市はカーフリーデーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

日産自動車は電気自動車(EV)リーフの急速充電器を整備して地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 日産自動車(神奈川県横浜市神奈川区)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する電気自動車(EV)の「リーフ」の発売に向けて、日本全国の日産自動車ディーラー全店舗約2200店のうち、電気自動車(EV)のリーフ用の急速充電器を設置する181店舗を発表した。日産自動車が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として開発した走行時に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)のリーフは今年12月に発売予定となっている。電気自動車(EV)のリーフは、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しないものの、フル充電しても航続距離が130km程度と短いことが普及のネックになっている。日産自動車では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する電気自動車(EV)のリーフを快適に運転してもらうために、全国の日産自動車系―ディーラーを活用して半径40km円に、30分~1時間程度で充電できる急速充電器を電気自動車(EV)のリーフ用に整備して日本全国をカバーするという。日産自動車の電気自動車(EV)のリーフを予約した顧客に自宅周辺の急速充電器を設置している日産自動車の店舗を教えて、安心して電気自動車(EV)のリーフに乗ってもらうというものだ。電気自動車(EV)用の充電器としては、急速充電器のほかにも、充電時間が5~6時間程度の200Vの普通充電器も用意する予定をしており、12月の電気自動車(EV)のリーフ発売までに日本全国の日産自動車ディーラー全店舗約2200店に2基ずつ設置され、合計約4400基として条件整備を図る予定だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 日産自動車は電気自動車(EV)リーフの急速充電器を整備して地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

住友林業がEVの家庭用蓄電池で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 太陽光発電システムはクリーンな自然エネルギーであることから、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるのであるが、良質な蓄電設備がないことから、電気を使うか電力会社に売電するしか利用方法がないのが課題であった。住友林業(東京都千代田区大手町)は2011年中に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、家庭用蓄電池を装備した住宅を発売すると発表した。この住友林業の家庭用蓄電池には電気自動車(EV)のリチウムイオンバッテリーを利用するという。今年11月には、神奈川県横浜市に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる家庭用蓄電池搭載住宅のコンセプトモデルハウスをオープンするという。クリーンエネルギーの太陽光発電システムで電気エネルギーを創出し、家庭用蓄電池で電気エネルギーを貯留し、これらを専用の電気エネルギー制御システムによって家庭内の消費エネルギーをコントロールし、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献していくという。将来的な目標としては、住宅の建設から廃棄までライフサイクルにおける地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の収支がマイナスとなる「ライフサイクルカーボンマイナス(LCCM)住宅」の開発を目指すという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 住友林業がEVの家庭用蓄電池で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

トステムがパシフィコ横浜で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策のイベント

 トステム(東京都江東区大島)は、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市西区みなとみらい)で地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のイベントとして「トステム スマイルエコ コレクション 2010」を9月18日と19日に開催する。イベントでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献できるエコ商品やリフォーム商材を紹介するほか、アナウンサーの木佐彩子さんや女優の工藤夕貴さんを招いた「エコ対談」を始め、料理研究家のコウケンテツさんが環境に優しいエコレシピを紹介する「スマイルエコクッキング」などのトークショーやセミナーも開催するという。「トステム スマイルエコ コレクション 2010」のキーワードは、トステムが提唱している「スマイルエコ」というコンセプトである。これは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するといえども、決して無理をせず、笑顔で楽しみながら取組んでいける身近なエコ活動のことだという。トステムが地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、「人と地球にストレスフリーな暮らし」、「子どもたちに引き継げる持続可能な暮らし」を社会に提供し続けることを企業使命とするための中期目標として策定した「トステム環境コミットメント2015」に基づくものとなっている。トステムでは、「家庭からの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は年々増えています。だからといって、環境問題対策のために暑さや寒さを我慢するという『苦しいエコ』では決して長続きしません。無理なく地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を減らせる『うれしいエコ』のための魅力的なエコ商品はもちろんのこと、家族みんなで楽しめるエコイベントを用意しています」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> トステムがパシフィコ横浜で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策のイベントはこちら

住友林業がEV用リチウムイオンバッテリーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 住友林業(東京都千代田区大手町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を講じた「住友林業の家」で、日産自動車(神奈川県横浜市)が発売を予定している電気自動車(EV)「リーフ」用のリチウムイオンバッテリーを住宅用蓄電池として活用し、将来的な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての2次利用を視野に入れた実証実験を実施する。住友商事(東京都中央区晴海)と日産自動車が合弁で今回設立した電気自動車(EV)用リチウムイオンバッテリーの二次利用の事業化を目的とするフォーアールエナジー(神奈川県横浜市)との間で、電気自動車(EV)リーフ用リチウムイオンバッテリーを使用した実証実験を行う。実験の成果に基づき、リチウムイオン電池の2次利用の将来の事業化に向けて、日産自動車とリチウムイオン電池を共同開発しているNEC(東京都港区芝)とフォーアールエナジーが共同で実用化に向けて検討していくという。一方、住宅建設大手の住友林業は、住宅の建設・運用・解体・廃棄という家作りのサイクルにおいて排出する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を徹底的に削減する取組みを推進している。今後、電気自動車(EV)の普及が見込まれていることから、リチウムイオン電池の利用も増える見通しで、これを地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる住宅用蓄電池として2次利用することに協力することによって、限りある資源の有効活用による低炭素社会づくりに貢献していきたい考えだ。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 住友林業がEV用リチウムイオンバッテリーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

神奈川県横浜市が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策のリーフレット

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策につながる暮らしの知恵を広めようと、神奈川県横浜市地球温暖化対策推進協議会が3種類のリーフレットを作成した。神奈川県横浜市では、家庭から排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の割合が高いことから、これを改善するため、省エネ対策やエコドライブをより多く横浜市内の世帯に実践してもらうため、希望者に無料配布している。横浜市地球温暖化対策推進協議会では横浜信用金庫(神奈川県横浜市中区尾上町)からの寄付金を活用し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての「省エネ対策」、「新エネルギー」、「エコドライブ」の3種類のA5判リーフレットを3,500部ずつ作成した。「省エネ対策」では、家庭からの主な二酸化炭素(CO2)排出源となる電気使用量を削減するため、四季に応じた冷蔵庫の温度調節の方法やテレビ画面の明度設定の変更などのアイデアを紹介している。また、白熱灯を電球型蛍光灯やLED照明に買い替えることによって電気代を大幅に削減し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減した事例も掲げている。また、太陽光発電システムや燃料電池などを設置した横浜市民の感想を「新エネルギー」で取り上げているほか、「エコドライブ」では、車のアイドリングストップや加減速の少ない運転などによる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の効果を具体的に示している。横浜市地球温暖化対策推進協議会の事務局長は「横浜市は家庭部門の一層の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減が欠かせないという特徴を持っている。省エネ対策の家電製品への買い替えも含め、1人でも多くの横浜市民にできるところから地球温暖化の原因防止対策に取り組んでほしい」と話している。地球温暖化の原因防止対策のリーフレットは、今後、横浜市区民祭りなどのイベントで配るほか、先着500人に郵送で届けるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県横浜市が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策のリーフレットはこちら

特殊なLED照明(発光ダイオード)で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因防止対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、日本ではLED照明(発光ダイオード)が急速に普及しつつある。イルミネーション用の照明の設計などを手がけるシナジーテック(徳島県阿南市)は、野菜などの土壌を使わない水耕栽培の光源としてLED照明(発光ダイオード)を使用している。蛍光灯よりも長寿命のLED照明(発光ダイオード)を使用することで、水耕栽培用の電灯交換の人手の手間を少なくすることができるほか、消費電力が少ないことから電気代も蛍光灯の半分程度に抑えられ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもなるという。同社の製品は、既に大学や農業試験場など徳島県阿南市以外の施設にもLED照明(発光ダイオード)を納入している。徳島県庁の敷地内にも同社のLED街路灯(発光ダイオード)が設置されている。この9月からは卓上型植物栽培のレンタル事業「菜園S(サイエンス)」も開始しており、観葉植物用として徳島県内の金融機関10店舗での採用が決まっている。LED照明(発光ダイオード)は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するとはいえ、蛍光灯などと比較すると導入費用が高額なことが大きな課題であるが、シナジーテックでは、LED照明(発光ダイオード)の普及に伴い低価格化が進めば、ノウハウの蓄積で優位に立てると話している。同社は、LED照明(発光ダイオード)など植物工場関連機器の販売で2013年までに10億円以上の売上を目指すという。一方、電子部品などを製造販売しているミオ・コーポレーション(神奈川県横浜市都筑区)は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、新たに、気温が氷点下40度にまで下がっても使用可能なLED照明電球(発光ダイオード)を発売すると発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としてのLED照明電球(発光ダイオード)は、神奈川県横浜市以外にも幅広く冷蔵倉庫や寒冷地などで水銀灯からの交換需要に対応していくという。同社は、これまでにも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、氷点下30度でも使用できるLED照明(発光ダイオード)の蛍光灯を取り扱っており、新開発のLED照明電球(発光ダイオード)もLED製品シリーズに加えることで幅広い需要に対応していく考えだ。水銀灯250w相当のLED照明電球(発光ダイオード)「ML-250SGF」が4万8,000円、同300wワット相当のLED照明電球(発光ダイオード)が5万8,000円の価格設定をしており、月間で1,000個のLED照明電球(発光ダイオード)の販売を目標とし、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献していきたいとしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 特殊なLED照明(発光ダイオード)で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因防止対策はこちら

神奈川県横浜市は一般廃棄物処理基本計画に地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 神奈川県横浜市は、ごみ処理にかかわる2010~2025年度を計画期間とする「横浜市一般廃棄物処理基本計画」の素案を発表した。ごみ処理計画としては横浜市で初めて、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策による削減目標値を明記したという。横浜市の計画素案によると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を、2025年度までに2009年度比で50%の二酸化炭素(CO2)約11万トン以上削減との数値を設定しており、中期的目標の2013年度で、同10%の二酸化炭素(CO2)約2万トン以上削減と記載している。横浜市のごみ総排出量の削減目標は、2025年度までに2009度比10%(約13万トン)以上の削減としている。従来の横浜市の計画では、ごみの排出量だけを計上していたが、今回は、ごみを出さないというリデュース(発生抑制)を推進するため、資源も含めた総排出量で目標を設定しており、2013年度の目標は、2009年度比3%以上の削減になっている。横浜市が基本計画で取組む地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする具体的施策としては、(1)環境学習及び普及啓発(2)リデュース(発生抑制)の推進(3)家庭系ごみ削減対策(4)事業系ごみ削減対策(5)ごみの処理及び処分(6)きれいな横浜市づくりの6点を掲げている。横浜市中期4か年計画の中では、収集事務所や工場の横浜市職員による出前講座を拡充するなど情報発信したり、横浜市民や事業者がリデュースに関する情報を共有する場として「ヨコハマR(リデュース)ひろば」を設置したりする。横浜市の素案は、9月15日から10月14日までパブリックコメントを実施し、12月に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策による削減目標値を明記した横浜市一般廃棄物処理基本計画を策定する予定だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県横浜市は一般廃棄物処理基本計画に地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

神奈川県横浜市が神奈川大学と連携で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策講座

 神奈川県横浜市において、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を実施している「横浜市地球温暖化対策事業本部」は、9月23日に神奈川大学(神奈川県横浜市神奈川区六角橋3)人間科学部と連携しすることによって、横浜市民も聴講できる一般公開型の環境授業講座を開講すると発表した。この取組みは、横浜市地球温暖化対策事業本部が昨年度から地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を目的として実施している「ヨコハマ・エコ・スクール(YES)」の一環として行われるものとなっている。YESは神奈川県横浜市内の市民団体や企業、行政及び大学などが実施する環境問題や地球温暖化の原因防止対策に関連する講座・イベントなどを統一的なブランドのもとで提供しており、現在は神奈川県横浜市内の約60団体・企業が登録しており、昨年度は114講座が開催され、延べ約5,000人が参加したという。今回の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の講座は、神奈川大学人間科学部の松本研究室と共催で実施し、同大学の横浜キャンパスで、毎週木曜の10時30分~12時に全14回を実施するという。同講座は、神奈川大学の学生の正式な単位取得講座に位置づけられているのと同時に、事前に申し込んだ横浜市民も聴講することができる。カリキュラム内容は、各回、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に携わっている行政・事業者・市民団体などから講師を招き、前半は環境問題や地球温暖化の原因対策問題への取組みを講師が紹介する内容となっている。後半は、コーディネータ役の松本教授と講師がトークを展開し、受講者からの質疑応答の時間も取るという。講師として登場するのは、横浜市地球温暖化対策事業本部長の信時正人さんや国立環境研究所(茨城県つくば市小野川)温暖化リスク評価研究室長でYESアンバサダーの江守正多さん、ユニバーサルエネルギー研究所(東京都港区虎ノ門)代表取締役の金田武司さん、日本アイ・ビー・エム(東京都中央区日本橋)のグリーン・イノベーション事業推進部長・岡村久和さんたちを予定している。横浜市地球温暖化対策事業本部では、「今回はYESとして、初めての学生単位認定講座で、同時に横浜市民も学べる公開講座として企画した。行政や企業などから毎回さまざまな講師を招き、大学生と一緒に無料で地球環境を学ぶことができるプログラムなので、ぜひ気軽にご参加いただければ」と話している。横浜市民の受講料は無料で、連続でなくても単発での聴講も可能だという。講座の定員は各回30人程度で、各講座が開催される週の月曜日の17時までにYES事務局へ電話かFAXまたはメールで申し込む必要がある。各講座の内容はYESホームページや神奈川大学のホームページから閲覧可能である。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県横浜市が神奈川大学と連携で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策講座はこちら

日揮が太陽熱発電で二酸化炭素(CO2)排出削減の地球温暖化の原因対策

 日揮(神奈川県横浜市西区みなとみらい)は、スペインのアベンゴア・ソーラー会社と共同で、スペインで地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる太陽熱発電事業を実施すると発表した。日本企業が海外で商業用太陽熱発電事業を展開するのは初めてのことだという。合弁会社を設立して、スペイン南部にあるコルドバ地区に地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる50MWの太陽熱発電所2基で合計発電能力100MW級を新設するという。このメガ太陽熱発電所で発電した電力はスペイン国内向けに売却する。スペインの合弁会社の出資比率は、日揮が26%、アベンゴアが74%で、2012年から操業する予定をしている。電力の買取りでは、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減と再生可能エネルギー促進を目的としてスペインが実施している電力優遇買取価格制度を利用し、総事業費は約5億ユーロを見込んでいるという。太陽熱発電所では約5万2000世帯分の一般家庭用電力を生み出し、年間6万3000tの地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に貢献することになるという。太陽熱発電は太陽光エネルギーを鏡で集光し、オイルなどの熱媒体を集熱設備で加熱して蒸気を発生させ、蒸気タービンを駆動して発電する仕組みになっている。太陽熱発電は、石油などの化石燃料をほとんど使用しないため、クリーンエネルギーと位置付けられ、世界的にも地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できると注目されている技術である。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 日揮が太陽熱発電で二酸化炭素(CO2)排出削減の地球温暖化の原因対策はこちら

岡村製作所が水光熱消費量を「見える化」で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 岡村製作所(神奈川県横浜市西区)は、改正省エネ法に対応し、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献する店舗向けとして初めて、電気・ガス・水道の消費量を計測し、水光熱消費量を「見える化」させた「STORE NAVI(ストアナビ)」を発売した。この製品は店舗における水光熱の省エネ最適化を目指し、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策として、電気・ガス・水道の消費エネルギーを人の目に「見える化」するシステムである。2010年4月に地球温暖化の原因防止対策の改正省エネ法が施行されたことにより、規制対象となる企業・店舗が拡大したことによって、規定に該当すれば運用データの定期報告書と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のための計画書の提出が必須となっている。この「ストアナビ」の計測センサーを分電盤とガス・水道メーターに取り付けることで、改正省エネ法に対応した水光熱消費量をモニター画面で数値化、グラフ化することができ、二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の見直しも随時行うことができるものとなっている。店舗での無駄な電力使用量の部分が明らかになり、店舗運営における環境意識が向上し、更なる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策をたてることが可能だという。「ストアナビ」は、水光熱消費量の測定・把握・対策をたてることで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策と省エネルギー対策を確実に推進すると同時に快適な環境をつくりだす、拡張性にも優れた環境・省エネソリューションシステムである。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 岡村製作所が水光熱消費量を「見える化」で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

兵庫県神戸市は二酸化炭素(CO2)を排出しない電動アシスト自転車で地球温暖化の原因削減対策

 兵庫県神戸市は、神戸市への観光客や神戸市民を対象に、走行時に地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)をまったく排出しない電動アシスト自転車などを貸し出す社会実験「KOBEまち・ちゃりシャトル」を今秋に実施する。神戸市内中心部に電動アシスト自転車の6か所の貸し出し及び返却拠点を設けて利用を促すことで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減や観光活性化につなげることが目的だという。神戸市地球環境課によると、神戸市内の新神戸や三宮、元町などに二酸化炭素(CO2)を排出しない電動アシスト自転車30台を含む計50台の自転車を配置し、最大2時間まで貸し出すものとなっている。この地球温暖化の原因削減対策の手法はコミュニティーサイクルと呼ばれるシステムで、パリやロンドンなどで既に事業化されており、国内でも横浜市や名古屋市で社会実験が実施されたことがある。地球温暖化の原因削減対策のコミュニティーサイクルの実施期間は、10月3日~11月28日の午前9時~午後5時までの間で、身長140cm以上の人を対象にしており、13歳未満の人は利用時にヘルメットの着用を求めるという。初回利用時に免許証などの本人確認をして利用登録し、最初の1時間は無料で、1時間を超えると1,000円になるが、2時間を超えると違約金として5,000円が必要になるという。矢田立郎神戸市長は「坂の多い神戸市では、自転車を使えば小回りが利いた観光も可能になる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減にもつながることから、将来は事業化を目指したい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 兵庫県神戸市は二酸化炭素(CO2)を排出しない電動アシスト自転車で地球温暖化の原因削減対策はこちら

神奈川県横浜市で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策の上映会

 横浜メディア・ビジネスセンター1階のカフェレストラン「Applause(アプローズ)」(神奈川県横浜市中区太田町2)で「green drinks Yokohama」と神奈川県横浜市地球温暖化対策事業本部による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた合同イベント「ストップ温暖化ショートフィルム上映会&YESトーク」が開催される。「green drinks」は、世界の約600か所で行われているイベントで、地球環境問題や持続可能な社会づくりなどに関心を持つ人たちの交流を目的に開催され、神奈川県横浜市での開催は今回で4回目になり、ヨコハマ・エコ・スクール(YES)との共同主催で行われる。イベントでは、ショートフィルムの映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2010」で、日本の環境省の「チャレンジ25キャンペーン」がプロジェクトパートナーとしてサポートした第3回「ストップ!温暖化部門」のノミネート作品を上映する。世界36か国から集まった318作品の中で、最優秀賞に選出された「お勘定 The Bill Peter Wedel」など13フィルムを上映する。上映後には、「ヨコハマ・エコ・スクール」の協働パートナーによる活動紹介のショートプレゼンテーションと懇親会を実施する。横浜市内の小学生を対象に環境絵日記の取組みを行っている横浜市資源リサイクル事業協同組合(横浜市神奈川区)や、エコモービル・太陽光発電パネルなどを手がけるキシムラインダストリー(横浜市中区)、環境問題に配慮した事業展開を行っている大川印刷(横浜市戸塚区)の代表者が活動を紹介する。ヨコハマ・エコ・スクールは、神奈川県横浜市の脱温暖化行動方針「CO-DO30」に定める地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の目標達成のため、横浜市内の市民活動団体や市内事業者、大学、行政などが実施する環境・地球温暖化問題に関する講座・イベントなどを横浜市民に提供しており、昨年から開校して、現在は約60団体・企業がパートナーとして登録されている。横浜市地球温暖化対策事業本部は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のショートフィルムの上映では、各国の映像作家や監督が捉えた地球温暖化防止対策の切り口とメッセージをお楽しみいただければと思います。また、神奈川県横浜市を中心に活躍しているYES協働パートナーの個性あふれるトークもご期待ください。」と話している。地球温暖化問題や環境問題に興味のある人なら誰でも参加可能である。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県横浜市で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策の上映会はこちら

東京急行電鉄が太陽熱ガス温水システムで二酸化炭素(CO2)削減による地球温暖化の原因対策

 東京急行電鉄(東京都渋谷区南平台町)は、温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減による地球温暖化の原因対策として、新築分譲マンションの一部に東京ガス(東京都港区海岸)が販売している集合住宅向け太陽熱ガス温水システム「SOLAMO」を採用した。東急電鉄によると、省エネ効果が高く、地球温暖化の原因対策にもなる太陽熱ガス温水システムが分譲マンションで採用されるのは今回が初めてのことだという。

 二酸化炭素(CO2)排出量を削減することができる太陽熱ガス温水システムが設置されるマンションは、今年の秋に竣工する予定の地上6階地下1階建ての「ドレッセ青葉台プレエスタ」(神奈川県横浜市青葉区)のうち3戸になる。太陽熱ガス温水システムは、バルコニーの手すりに設置する太陽熱集熱部と太陽熱交換機、潜熱回収型高効率ガス給湯器、貯湯タンクを一体化した貯湯部、リモコンで構成されている。太陽熱ガス温水システムでは、3人家族の標準的な給湯使用量の約16%を太陽熱だけでまかなうことができ、従来型の給湯器に比べて、年間ガス使用量及び地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を約29%削減することができるという。給湯、風呂及び暖房に使用するガス料金を従来比で年間約1万8000円削減できる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京急行電鉄が太陽熱ガス温水システムで二酸化炭素(CO2)削減による地球温暖化の原因対策はこちら

神奈川県横浜市のパシフィコ横浜で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策セミナー

 神奈川県横浜市西区みなとみらいにある「パシフィコ横浜」の会議センターにおいて、この8月17日及び18日に「APEC開催に向けたアジア太平洋の自治体による国際ワークショップ ~地球温暖化の原因適応策(水・食料・災害対策)をテーマに~」をテーマとしたセミナーが開催される。セミナーでは、温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けての地球温暖化の原因防止対策、特に、アジア太平洋地域でも導入が容易な適応策について事例を共有し、市民・企業と協力して地球温暖化の原因防止対策を推進する新たなプロジェクトへとつなげていくことが目的だという。今回のワークショップでは、アジア太平洋の多くの都市にとって有効な温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けての地球温暖化の原因防止対策となり得る日本の地方自治体の適応策を「水、食料、災害対策」中心に取り上げ、日本の地方自治体が取り組んできた省エネ型の経済成長と両立可能な温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けての地球温暖化の原因防止対策として世界に発信していく。主な参加自治体は、埼玉県、東京都墨田区、東京都、神奈川県横浜市(日本)、フェニックス(米国)、ジャカルタ(インドネシア)、高雄(台湾)、ダッカ(バングラデシュ)、イロイロ(フィリピン)、仁川(韓国)、バンコク(タイ)ほかとなっている。8月17日は、日本の地方自治体が、「二酸化炭素(CO2)排出量削減の雨水再利用」、「二酸化炭素(CO2)排出量削減のヒートアイランド対策」、「高潮・洪水対策」、「農業における二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因適応策」というそれぞれのテーマで報告を、アジア太平洋地域の地方自治体が「洪水対策-人間と水の戦い」、「アメリカ合衆国における自治体の二酸化炭素(CO2)排出量削減への地球温暖化の原因適応策」、「イロイロ市の災害対策-災害からの復興計画と都市の再生」についての基調報告を行う予定となっている。また、8月18日には、「二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた地球温暖化の原因防止対策への参加型アプローチについて」、「二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因防止対策技術移転及び都市間協力プロジェクトについて」、「二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因防止対策に向けたアジア太平洋の自治体からの提言」というそれぞれのテーマごとに参加者がグループに分かれ分科会を実施するという。このほか、8月19日には横浜市情報文化センター(神奈川県横浜中区日本大通11)において「第13回 CITYNET日本フォーラム」が開かれる。ここでは、二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた地球温暖化の原因適応策をテーマとして、17・18日の地球温暖化の原因適応策に係るワークショップでの意見を踏まえた上で、地域社会と自治体が協力して温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けての地球温暖化の原因防止対策を成功させるための対策についてパネルディスカッションが行われえる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県横浜市のパシフィコ横浜で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策セミナーはこちら

神奈川県は電気自動車(EV)タクシーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 神奈川県と神奈川県タクシー協会及び日産自動車(神奈川県横浜市)は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた取組みとして、神奈川県内のタクシーへの電気自動車(EV)の普及構想に神奈川県内タクシー会社24社が参加することになったと発表した。日産自動車の電気自動車(EV)「リーフ」の国内販売の時期に併せて今年の12月から計42台をタクシーに導入し、来年までの2年間で電気自動車(EV)導入数を100台に広げていく予定だという。神奈川県は電気自動車(EV)普及への参加企業に対し、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に大きく寄与することから、電気自動車(EV)導入や電気自動車(EV)用急速充電器の整備への補助金を支出する。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を目指す国内排出量取引クレジット制度を活用し、電気自動車(EV)導入で生じる地球温暖化の原因の温室効果ガスの削減効果をクレジット化する手法をモデルとして思考的に実施するという。電気自動車(EV)に係る神奈川県が採用している地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の計算方式を国が認証しており、大企業などに売却した二酸化炭素(CO2)排出量取引のクレジットの収益は環境関連基金等に寄付する手法などの枠組みを考えているという。神奈川県タクシー協会は、2013年3月までの期間に限って、電気自動車(EV)タクシーに係る障害者割引制度を従来の1割から2割に拡大するとともに、乗務員向けにケア講習を開くなどして、電気自動車(EV)タクシーの接客サービスを磨くと話している。日産自動車は、地元に本社や開発拠点を持つ特性を生かし、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に貢献する電気自動車(EV)車両のアフターサービスを強化していく。神奈川県内のタクシー向け整備拠点を電気自動車(EV)の重点整備工場として位置づけており、電気自動車(EV)を導入するタクシー会社への巡回担当者も置くという。電気自動車(EV)タクシーのデザインを神奈川県内で共通化することも検討することとしているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県は電気自動車(EV)タクシーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

風力発電「ハマウィング」で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策

 神奈川県横浜市では、自然エネルギーの利用促進や二酸化炭素(CO2)削減のための地球温暖化の原因防止対策の一環として、また、環境行動都市の実現に向けて、横浜市民一人一人が具体的環境行動を起こす契機とすることを目的として、風力発電事業「ハマウィング」(神奈川県横浜市神奈川区鈴繁町)を進めているという。今般8月5日に、風車の造形美を楽しみながら風力発電について学ぶ「ART&ハマウィング風車見学ツアー」が開かれる。ハマウィングは、2007年3月に稼動を開始しており、横浜市の二酸化炭素(CO2)削減のための地球温暖化の原因防止対策に興味のある住民有志による「ハマ債風車」と企業の協賛によって運営され、瑞穂ふ頭に建設されている。風力発電の年間平均発電実績は約223kwhで、昨年度の発電量は、一般家庭の年間消費電力の約660世帯分に相当する。企画した朝岡さんは「二酸化炭素(CO2)削減のための地球温暖化の原因防止対策とはいえ、風力発電の風車建設については、さまざまな意見があるが、ハマウィングは立ち姿をめでることが許される数少ない風車の一つである。風力発電について考えるきっかけにしていただきたい。夏休みの自由研究など、親子での参加も大歓迎。」と話している。BankART Studio NYK(神奈川県横浜市中区海岸通3)前に15時45分集合し、横浜市のレトロ仕様の観光周遊バス「あかいくつ号」でハマウィングに向かい、現地で横浜市地球温暖化事業対策本部による解説を受けたあとで風車を見学する。見学会の解散は18時の予定であるが、希望者はBankART Studio NYK内のスタジオ見学と懇親会に参加することもできるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 風力発電「ハマウィング」で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策はこちら

神奈川県横浜市の中華街では打ち水で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減

 神奈川県横浜市では、7月23日、横濱媽祖廟(横浜市中区山下町136)や中華街大通りで横浜市による「横浜打ち水大作戦」のセレモニーと打ち水が行われた。横浜市が地球温暖化の原因二酸化炭素(CO2)削減対策ヒートアイランド対策の一環として行っている活動で、横浜市水道局や横浜市消防局のほか、横浜市中区やファンケル、横浜中華街発展会協同組合などの協力により実施されている。「YOKOHAMA save the water」プロジェクトの一環として行われる打ち水のイベントは、今年で2回目の開催となる。打ち水イベントでは、午後から横濱媽祖廟で打ち水始め式が行われ、プロ野球の横浜ベイスターズ公式マスコットのホッシーゾと専属チアチーム「diana(ディアーナ)」、横浜観光親善大使の青木梨紗さん・小笠原裕子さん、東京都の秋葉原で打ち水を実施しているメード姿の「打ち水っ娘」らが参加する中で、総勢20人が打ち水を始めた。すると、打ち水を行った路面の温度は約50度から39度まで急速に下がり、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策とヒートアイランド対策としての打ち水の効果をみせつける結果となった。続いて横浜市の中華街大通りの約300メートルの区間を歩きながら、桶からひしゃくで水をまいて打ち水を実施した。この打ち水に使用した水は、上水ではなく、中区内の「打越の湧き水」や、賞味期限切れの横浜市の災害対策備蓄用水缶詰などを利用した。横浜市の副市長は「打ち水は夏の厳しい暑さをやわらげると同時に、場所を清めるという意味合いもあります。羽田空港の拡大やAPECの横浜市開催によって、外国からも多くの方が横浜市を訪れますので、この打ち水が横浜市の夏の風物詩として定着していけばと思います。同時に少しでも水のありがたみも感じてもらえればと思います」と挨拶を行った。地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策とヒートアイランド対策の一環として行っている打ち水は、8月1日に横浜赤レンガ倉庫(横浜市中区新港1)で、8月4日には中華街大通りで予定されている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県横浜市の中華街では打ち水で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

神奈川県横浜市で遊びながら地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減を学ぶ

 神奈川県横浜市西区の三菱みなとみらい技術館では、地球温暖化の原因の一つとされる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)の性質や排出量削減の必要性などを紹介する特別展「CO2チャレンジ・ラボ」が開催されている。地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減について、てんびんを使った体験など遊びながら学ぶことができ、三菱みなとみらい技術館は「夏休みの宿題にも利用してほしい」と来館を呼び掛けており、期間は11月28日まで開催されている。「CO2チャレンジ・ラボ」は、地球温暖化の原因の温室効果ガスという理由でマイナスイメージを持たれることの多い二酸化炭素(CO2)が、実は地球に欠かせない物質であることを知ってもらおうと企画したものであり、館内の展示を見ながら二酸化炭素(CO2)削減に係る問題をワークシートに解答を書き込んでいく方式になっている。「二酸化炭素(CO2)は空気に比べてどれくらい重い?」という質問の展示ブースでは、空気と二酸化炭素(CO2)をそれぞれ詰めたペットボトルを使って、てんびんで実験ができるようになっている。「二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスがないと地球の温度はどうなる」との質問には、会場内のあちらこちらに張られた温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減に関するヒントを活用し、「マイナス18~19℃」との答えを導き出すようになっている。同館では「二酸化炭素(CO2)の特徴について学び、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策への意識を持ってほしい」と話している。開館時間は午前10時~午後5時までで、月曜日が休館となっており、入場料は大人300円、中高生200円、小学生100円となっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県横浜市で遊びながら地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減を学ぶはこちら

神奈川県内で廃食油リサイクルによる地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減

 神奈川県内の産業廃棄物処理業者と運送業者が連携し、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の取組みとして、家庭の廃食油を回収してバイオディーゼル燃料(BDF)にリサイクルする実証実験を始めているという。この10月までに家庭用廃食油千リットルの回収を目指し、実験に参加している企業のトラックや重機などで軽油の代替燃料として使用することによって、地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減の削減につなげたいと話している。廃食油リサイクル実験に参加しているのは神奈川県産業廃棄物協会の青年部会と神奈川県トラック協会の有志であり、神奈川県内20か所に廃油の回収拠点を設けて、地域の家庭から天ぷら油を引き取っている。こうして集めた廃食油は、産業廃棄物処理業のグローバルテクノス(神奈川横浜市旭区)に集めた上で、東京都内で同様の事業「TOKYO油田」を進めるユーズ(東京都墨田区)が引き取り、BDFを軽油に5%混合する「B5」燃料に再生するという。4か月の廃食油リサイクル実験期間で地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を2・6トンも削減するという大きな効果がある。ただ、バイオディーゼル燃料(BDF)にリサイクルするには、製造コストがかさむため、価格は1リットル当たり130円になり、通常の軽油に比べて割高になることが商業ベースに乗せる大きな課題となっている。これには、バイオディーゼル燃料(BDF)リサイクル参加企業を拡大することによって廃食油の回収量を増やすことによって、製造単価を引き下げることをもくろんでいる。今後、バイオディーゼル燃料(BDF)リサイクル実験結果を検証した上で、事業化を検討するという。グローバルテクノス社では「地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できるバイオディーゼル燃料(BDF)は粘性が高いので、品質維持に力を入れて信頼性を高めたい」と述べている。バイオディーゼル燃料(BDF)は原料の植物が生育過程で地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を吸収するため、燃やしても二酸化炭素(CO2)排出量の排出抑制効果が期待できる。家庭用の廃食油からのバイオディーゼル燃料(BDF)燃料の再生は、地球温暖化の原因対策を始めとする環境保全策や地域交流の一環として試みる動きが神奈川県内でも導入されている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など最近のニュースや環境問題に関連する意見である。

> 神奈川県内で廃食油リサイクルによる地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

神奈川県が電動バイク推進事業で地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 神奈川県は、地球温暖化の原因防止対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の取組みの一環として、9月からバイクメーカーと共同して、走行時に二酸化炭素(CO2)を排出しない電動バイクの普及推進事業に乗り出すと発表した。現在、神奈川県では、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の取組みの一環として、走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の購入者に対する補助制度などを設けているが、地球温暖化の原因防止対策として電動バイクの普及に行政が取り組むのは全国で初めてだという。神奈川県が募集したモニターに通勤などに使ってもらい、利用者の需要や地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減効果などを検証するという。これには、9月から電動バイクを発売するヤマハ発動機(静岡県磐田市)が全面的に協力を行い、神奈川県は電動バイク12台をヤマハ発動機から無償で借り、モニター事業、レンタルモデル事業、試乗会の3事業を展開することによって、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に取り組んでいくという。神奈川県の電動バイクモニター事業では、神奈川県内の横浜市新横浜駅前に電動バイクへ充電可能な駐輪場を設け、募集したモニターに無料で通勤などに利用してもらうという。それによって地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果やそれに要するコスト、乗り心地などを調査して、ヤマハ発動機にデータを提供する。一方、電動バイクレンタルモデル事業では、神奈川県横浜市内のレンタカー業者に電動バイクを無償で貸し出し、新たなレンタルビジネスの創出となるかどうかを具体的に検証していく。電動バイク試乗会は、神奈川県内各自治体や民間業者などが開催する関連イベントの際に出店し、年5回程度行う予定を立てている。電動バイクに試乗した松沢成文神奈川県知事は「快適でにおいもない」と笑顔で話していた。神奈川県のモニターの募集人数は6人で28日から募集開始を行う。応募資格などの問い合わせは「かながわEVバイク普及推進プロジェクト実行事務局」電話03(5403)3483まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など最近のニュースや環境問題に関連する意見である。

> 神奈川県が電動バイク推進事業で地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

国分がカーボンフットプリントCFPで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 経済産業省は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のため、カーボンフットプリントCFP制度の普及を進めている。私たちが購入、消費している全ての商品・サービスは、作られてから捨てられるまでの一連のライフサイクルを通して多くのエネルギーを必要とする。そのエネルギーは、主に石油や石炭、天然ガスなど化石燃料から得られており、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を大気中に排出している。カーボンフットプリントとは、これら商品・サービスのライフサイクルの各過程で排出された「温室効果ガスの量」を合算した結果、 得られた全体の量を二酸化炭素(CO2)量に換算して表示することをいう。大手食品卸の国分(東京都中央区日本橋)は8月から、中堅スーパー7社と組んで「カーボンフットプリントCFP制度」に対応した菓子を試行的に販売すると発表した。お菓子の原料から製造、販売、廃棄・再利用までの地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量がいくらだったのかをパッケージに表示して消費者の反応などを探るという。お菓子の商品は、亀田製菓(新潟県新潟市江南区)やカンロ(東京都中野区)、カルビー(東京都千代田区丸の内)の菓子計4種類で、たいらや(栃木県宇都宮市)、三和(神奈川県相模原市)、エーコープ関東(神奈川県横浜市)などが関東甲信越で運営する計112店舗で取り扱い、期間は9月30日までを予定しているという。これは、経済産業省が進めるカーボンフットプリントCFP制度普及事業の一環の取組みになっている。同時に消費者のカーボンフットプリントCFP制度に対する意識アンケート調査を郵送で回答してもらい、カーボンフットプリントCFP制度普及へ向けた課題を探るという。アンケートに回答すると、環境保護団体に地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出枠を寄付できるメリットを付けるという。

> 国分がカーボンフットプリントCFPで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

パーク24がPASMO交通ICパーク&ライドサービスで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 パーク24(東京都千代田区有楽町)は、時間貸駐車場「タイムズ」の運営で有名であるが、今般、相模鉄道(神奈川県横浜市西区)と提携し、交通ICパーク&ライドサービスを開始すると発表した。神奈川県内の相模鉄道で実施する交通ICパーク&ライドサービスは初めてであり、相模鉄道の利用促進とタイムズの利便性向上を図るとともに、渋滞緩和や地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減にも貢献するという。先ずは、相模鉄道・上星川駅前にあるタイムズにおいて、PASMOを利用した交通ICパーク&ライドサービスを始めるという。この駐車サービスでは、PASMO内に記録された相模鉄道の乗車履歴とタイムズの精算機システムを連動させることによって、タイムズの駐車料金を自動的に200円割り引くことができるサービスとなっている。PASMOに記録された相模鉄道の乗車履歴に応じて、自動的にタイムズの駐車料金が優待割引料金となるため、スムーズに利用できるという。従来から、相模鉄道横浜駅を周辺の主要幹線道路は、朝夕の交通渋滞が著しく、定時性の確保や地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量などの地域社会問題となっている状況にある。今回のパーク24が開始する交通ICパーク&ライドサービスを活用すれば、利用者も交通渋滞に巻き込まれず、定時性を確保しながら、相模鉄道沿線におけるレジャーやビジネスなどの目的を果たせる。両社では、今後とも、パーク24の設備と相模鉄道の交通網を最大限活用しながら、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減にも寄与することができる電車と車のサービスの提供を拡大していくと表明している。

> パーク24がPASMO交通ICパーク&ライドサービスで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

コスモ石油が神奈川県横浜市で200Vグリーン充電サービスによる地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 コスモ石油(東京都港区芝浦)は、コンビニチェーン店であるスリーエフ(神奈川県横浜市中区)とグリーンエネルギー証書事業を行うエナジーグリーン(東京都中野区中野)と共同で、神奈川県横浜市にあるスリーエフの2店舗に電気自動車EV)向けの200V充電器を設置し、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するグリーン電力証書を活用した200V充電サービス「グリーン充電サービス」を7月23日から開始すると発表した。電気自動車(EV)向けの200V充電器を設置するのは、神奈川県横浜市内にあるスリーエフの都筑大棚店と都筑勝田橋店となっている。スリーエフは、神奈川県内の営業車の一部に電気自動車(EV)を既に導入しており、これに加えてコスモEV会員及び同店舗に来店する消費者に向けて200V充電サービスを提供するという。200V充電サービスの利用料金は無料であるが、これを利用するにはコスモ石油が発行するコスモEV会員カードが必要となる。しかし、カードを持っていない人に対しても充電器のあるスリーエフでカードを貸し出すので利用できるという。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するグリーン充電サービスは、コスモ石油系列のサービスステーションに設置した太陽光発電システムから発電して生じた環境付加価値をエナジーグリーン社が地球温暖化の原因対策のグリーン電力証書として発行し、スリーエフが充電した電力量と同量の証書を購入することで実現した。利用者はこの充電器を利用する事で、電気自動車(EV)をまったく化石燃料を使用しない100%クリーンなグリーン電力で充電することになるという。コスモ石油では、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない自然エネルギー発電設備で発電した電力を、グリーン電力証書を活用して電気自動車(EV)の充電に活用する取り組みを試験的に実施することで、自動車から排出される地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に貢献していく仕組みを構築していく方針だという。

> コスモ石油が神奈川県横浜市で200Vグリーン充電サービスによる地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

神奈川県横浜市で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の太陽光発電ビジネスセミナー

 地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に寄与できる太陽光発電に何かと注目が集まっている。そうした太陽光発電に係るビジネスに関して、神奈川中小企業センタービル(神奈川県横浜市中区尾上町5)で横浜市地球温暖化対策事業本部「ヨコハマ・エコ・スクール(YES)」認定の講座「第1回太陽光発電がもたらすグリーンビジネスセミナー」が開催されると発表があった。太陽光発電ビジネスの講座開催の背景には、2010年1月から神奈川県横浜市が内閣府認定の環境モデル都市の基幹プロジェクトの一環としてスタートさせた「横浜市グリーンバレー構想」に基づくものである。具体的には、太陽光発電などの再生可能エネルギーや電気自動車のカーシェアリングの導入などの取り組みを通して、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の低炭素型指向のモデル地域の形成を目指すというものである。今回の太陽光発電セミナーは、TKグリーンプランニングの主催によるもので、講師は同社の岸村俊二さんとなっている。岸村さんは、日本初の太陽光発電専門の工業デザイナーであり、これまで約20年間にわたって太陽光発電システムの企画・開発に携わり、開発事例としては、ソーラーLED街路灯、ソーラーEV(電気自動車)ステーションがあるという。この講座は、今後ますます需要が高まる太陽光発電のビジネスに精通した人材をはぐくむことを目的として開催するものである。当日は、環境保全と太陽光発電ビジネスの両立を目指したビジネスモデルの構築について、豊富な国内外の太陽光発電の導入事例と最新の太陽光発電情報を交えて解説する予定になっている。さらに、理論や前例紹介だけではなく、具体的にどのようにすれば太陽光発電を事業化できるか、今後参入するにはどのような戦略が必要かなど、太陽光発電をビジネスとして成功させるためのヒントを多く提供するという。太陽光発電ビジネスセミナーの開催時間は7月23日14時~16時30分(13時45分開場)であり、定員は30人となっている。参加対象は、環境ビジネスや自然エネルギーに関心のある社会人で、参加費用は29,500円となっている。費用はやや高額であるが、このセミナーによって実際ビジネスとして成功するのであれば安いものであろう。

> 神奈川県横浜市で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の太陽光発電ビジネスセミナーはこちら

神奈川県横浜市がごみ処理で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 神奈川県横浜市では、横浜市一般廃棄物処理基本計画において「横浜G30プラン」を掲げてきており、これまでごみの削減減量に大きな成果を挙げてきた。このたび、横浜市が、ゴミ処理計画への次のステージへと踏み出すという。横浜市では、有識者らでつくる横浜市一般廃棄物処理基本計画審議会の答申を受け、新たな「横浜市一般廃棄物処理基本計画」の策定に向けた作業に着手している。横浜市の新基本計画では、ただ単にごみを減らすだけではなく、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を削減するといった環境負荷低減に関する指標を盛り込むなど、地球環境問題にも考慮した一段と高度なゴミ処理の手法の目標の設定を目指している。横浜市では、昨年10月にごみ処理のあり方について諮問を行い、「横浜市廃棄物減量化・資源化等推進審議会」(会長=中杉修身・元上智大大学院教授)が林文子横浜市長に答申した。横浜市の新基本計画の期間は、2025年度までの概ね15年間となっている。これまでの横浜市の一般廃棄物処理基本計画「横浜G30プラン」(03年1月~10年度)における目標は、ごみ排出量の削減に特化した計画だったが、今回の答申では、ごみ処理の目標設定の在り方について「地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量削減などを目標に加えることを検討すべきである」と答申された。既に政府から環境モデル都市に選定されている神奈川県横浜市は、25年度までに温室効果ガス排出量を30%削減する「横浜市脱温暖化行動方針(CO―DO30)」に取り組んでいる。市資源循環局の担当課は「新たな基本計画ではCO―DO30とも連携することになる」と話し、市民や事業者のごみ処理にも環境問題を考える視点が必要になるとする。横浜市のG30プランに定められたこれまでのごみ削減減量目標は、基準年度と比べてどれだけのごみを減らすかという数値化できる分かりやすいものだった。しかし、今回のように地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を削減するという環境負荷低減に関する指標は難しい。答申では「目標の見える化」が必要となるとしている。また、答申は、市民・事業者・行政の協働の取組みによってごみ排出量を基準年度に対して40%以上削減したG30プランの取り組みを評価しており、ごみ減量に関してはG30の経験を引き継ぐべきであるとしている。その上で、一層のごみ減量に向けて、さらなる分別の徹底、ごみの発生抑制に向けた取り組み、コスト意識の観点に立った事業の有効性を確認すること等を挙げている。横浜市では、9月を目途に計画の素案を発表し、パブリックコメント(市民意見)によって意見を募集した後、12月に横浜市一般廃棄物処理基本計画策定を目指している。

> 神奈川県横浜市がごみ処理で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

神奈川県横浜市で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の特別展開催

 地球温暖化の原因である温室効果ガスとしてマイナスのイメージが強い二酸化炭素(CO2)について、地球温暖化の原因というマイナス面だけでなく、私たちの日常生活にも大いに役に立っている側面も合わせて学ぶ特別展が7月27日日から、神奈川県横浜市西区の三菱みなとみらい技術館で開かれる。二酸化炭素(CO2)特別展の開催期間は11月28日までとなっている。二酸化炭素(CO2)特別展では、まず、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の性質や特徴について解説を加えている。二酸化炭素(CO2)が悪役だけではなく、農業や医療などさまざまな分野で有用に活用されている事例をいくつも紹介している。例えば、農家のイチゴ栽培の比較実験では、二酸化炭素(CO2)をより多く供給した方が、しないほうに比較して、光合成が活発化し成長が促進されて美味しいイチゴができあがっていく様子を観察することができる。また、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のために私たちが身近にできることや、三菱重工業(東京都港区港南)の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出回収装置なども紹介される。二酸化炭素(CO2)特別展の入館料は、一般300円、中高生200円、小学生100円であり、毎週月曜と9月6日~10日は休館となっている。

> 神奈川県横浜市で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の特別展開催はこちら

神奈川県横浜市ではモーダルシフトで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のため、環境負荷の低減が企業に求められる中において、トラック輸送から鉄道・船舶への輸送手段転換であるモーダルシフトが進み、物流会社においてもモーダルシフト用の施設整備や営業を強化している。横浜港大黒ふ頭(神奈川県横浜市)に着岸した船から、鈴鹿製作所(三重県)で製造されたホンダ「インサイト」などが次々に運び出されている。三重県四日市港で積み込まれた500~600台が火曜から土曜の毎朝、到着する。空荷になった船には埼玉製作所(埼玉県)で製造されたホンダ「フリード」など約200台を積み込み、四日市港へ戻るという無駄にしない輸送体制をとっている。ホンダの両工場から各販売店への輸送は、従来はトラック輸送に頼っていたが、横浜市~四日市間を船舶による海上輸送に切り替えたのは今年の5月であり、それぞれの港を起点にトラックで販売店へ運ぶ方法に切り替えた。ホンダは、国内輸送の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を2006年度比10%削減するという目標を掲げており、積載効率を高めることによって、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するとともに、コスト低減も図る目的があるという。ホンダが総合物流の日新(神奈川県横浜市中区)と大黒ふ頭(神奈川県横浜市)の構内作業の契約を結んだのは丸2年前であったが、金融危機の影響で事業は一時凍結された。日新のふ頭構内事業は2007年をピークに激減しており、今回の業務を喜んで受け入れており、24時間体制で管理し、車の積み降ろしだけではなく車の点検なども担っているという。一方、神奈川県内の4カ所でコンテナ貨物を扱うJR貨物は3年前に輸送品質改善アクションプランを策定し、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量がトラック輸送の約8分の1と環境問題の面からアピールし、営業を強化している。JR貨物における家電・情報機器の輸送実績は、今年2月から前年同月比2けた増を記録しており、大手メーカーのモーダルシフトの取り組みが進展したと話している。電子部品物流のアルプス物流(神奈川県横浜市港北区)は、一部で鉄道輸送を取り入れており、さらに、出荷時から同一コンテナを使用することで積み替えの手間も削減したという。トラック輸送は貨物駅発着になるため、事業の規模が縮小するが、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた時代の要請と受け止めており、発想を転換して新規顧客の獲得を狙っている。

> 神奈川県横浜市ではモーダルシフトで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

エコ検定で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減

 エコ実践塾コンソーシアムは、NTTドコモなどの携帯3社が実施している地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減など環境問題について出題されるエコ検定の公式サイト「エコ実践塾」の運営や環境ビジネスセミナーなどで環境にかかわる人材育成に取り組んでいる。エコ実践塾コンソーシアムでは、まもなく実施される第8回エコ検定合格に向けての環境問題学習の総仕上げとして、試験1週間前の「直前ポイントアップ講座」を7月17、18、19日に下記の要領で開催すると発表した。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減など環境問題について出題されるエコ検定は100点を満点となっており、70点以上が合格点となるが、得点分布では合否を分ける70点前後の人が多いといわれている。直前ポイントアップセミナーは過去の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減など環境問題についての出題傾向を分析し、第8回に出題される可能性が高い地球温暖化の原因対策の問題を解きながら、10点以上得点力を高めるのが目的であるという。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減など環境問題についての関心の高まりとともに、eco検定は年々、受験生の増加に伴って、難しくなる傾向にある直前ポイントアップ講座は環境問題セミナーでも毎回、多くの受講生が集まる人気の講座であり、今回は受講生の要望を受けて、神奈川県横浜市でも開催することになった。 セミナーに参加できない方は携帯サイト「エコ実践塾」がお勧めだという。地球温暖化の原因対策の過去問学習や復習に最適で、いつでもどこでも手軽に学習できると好評で会員が急増中だという。詳細はhttp://eco.newsmedia.jp/kentei/top.html
セミナーの日時と会場は次のとおりである。
7月17日 午後2時-4時半 会場:文京シビックホール(東京都文京区春日1-16-21)
・営団地下鉄丸ノ内線/南北線後楽園駅4b又は5番出口徒歩2分
・都営地下鉄三田線/大江戸春日駅(文京シビックセンター前)徒歩2分
・JR中央線/総武線水道橋駅徒歩8分
7月18日 午前9時20分-11時50分 会場:神奈川県民センター(神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2)
・JR横浜駅西口から徒歩5分
7月19日 午後2時-4時半 会場:文京シビックホール(東京都文京区春日1-16-21)

> エコ検定で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

コープかながわがバイオディーゼル燃料で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 生活協同組合コープも地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に積極的に取り組んでいる。コープかながわの横浜東部センター(神奈川県横浜市鶴見区矢向1丁目)に、これまでは調理後に捨てられていた廃食用油をリサイクルしたバイオディーゼル燃料(BDF)の給油スタンドが設置されている。コープかながわの神奈川県内16事業所において、バイオディーゼル燃料(BDF)スタンドが設置されるのはここが初めてであり、約400万円かけて整備されたものである。コープは地球環境問題に配慮して地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減しようと、当初実験的に、バイオディーゼル燃料(BDF)を使用したの消費者宅への宅配トラックを2台導入したほか、専門業者に依頼して廃食用油のバイオディーゼル燃料(BDF)精製への実用化も進めてきた。生活協同組合コープかながわでは、調理場で総菜などを調理した後に出る廃食用油のバイオディーゼル燃料(BDF)化を地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のためにさらに進めることとしており、バイオディーゼル燃料(BDF)を使用した宅配トラックを増やすなどして積極的に活用していくと話している。一般的にバイオディーゼル燃料(BDF)は地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に寄与するとはいうものの、ディーゼルエンジンに使用すると、燃料のかすがタンクに詰まって車がエンジンが止まるケースがあるとされるが、コープによる実験では試行運行でまったく問題が生じることはなかったという。このため、その後、バイオディーゼル燃料(BDF)用の宅配トラックを5台追加したほか、同センターの宅配トラックをすべてバイオディーゼル燃料(BDF)対応に切り替えることにした。年間約8千キロ走行する宅配トラックには、1台につき約2キロリットルのバイオディーゼル燃料(BDF)が必要になるが、今のところは、コープの廃食用油からの精製ですべてまかなうことができるという。コープは「宅配トラックに軽油を使う場合と比べて、年間約315トンの地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果が見込める」と話している。

> コープかながわがバイオディーゼル燃料で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

神奈川県横浜市の地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減の太陽光発電システム補助金

 神奈川県横浜市地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として進めている「横浜市住宅用太陽光発電システム設置費補助金事業」への補助金の申し込みが急増している。横浜市への太陽光発電システム補助金の今年度の申し込みが募集枠2000件に対し、6月末の時点で975件と1000件に迫る勢いとなっている。横浜市の昨年同時期比で見ると約550件増になっている。横浜市の太陽光発電システム設置費補助金の担当者は「このペースが続くと、9月末には補助金の受付を締め切る可能性もあるのではないか」と横浜市民の関心の高さに驚いている。太陽光発電システムは、住宅の屋上や屋根などに太陽電池パネルを設置して光エネルギーを直接電気に変換するシステムのことである。太陽光発電システムは、地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)を発電時に排出することがないことから、地球に優しいエコロジー発電として近年注目されている。横浜市は、地球温暖化の原因防止対策の一環として今年度も、住宅用太陽光発電システムの普及を促進するために補助金を交付しているが、横浜市は神奈川県との一体助成となり、1kWあたり4万円(横浜市2万円、神奈川県2万円)で、上限は15万円(横浜市8万円、神奈川県7万円)となっている。この横浜市の住宅用太陽光発電システム補助金は、前年度と比べて1kWあたりの金額も上限の金額も減少しているが、申請件数は増加している状況にある。この背景には昨年11月に始まった余剰電力の電力会社の買い取り額の増額が理由に挙げられる。電力会社の買い取り額が、これまでの約24円/kWhから倍の48円/kWhとなり、住宅用太陽光発電システムの需要を加速させたようだという。また、横浜市では平成15年度から住宅用太陽光発電システムの補助金制度を開始するなど、比較的早くから住宅用太陽光発電システムの補助金事業に取り組んでいた。最近では、横浜市民に周知を図ろうと、地球温暖化の原因防止対策などのイベント等の広報活動を強化しており、その成果が横浜市民に浸透してきているのではないかと横浜市の担当者は話している。一方、横浜市に隣接する川崎市と比較してみても、6月末の時点で川崎市の住宅用太陽光発電システムの募集枠600件に対して申請は231件であるが、横浜市は募集枠2000件に対して975件と多く、横浜市民の住宅用太陽光発電システムへの関心の高さがうかがえる。横浜市の住宅用太陽光発電システム補助金の受付状況は、横浜市地球温暖化対策事業本部のホームページで随時公表しているが、補助金募集枠の締め切り間近になると1日100件、200件の駆け込み申請が予想されることから、横浜市では早めに申請してほしいと話している。なお、来年度以降は、住宅用太陽光発電システムの補助金の金額や件数の増減、あるいは住宅用太陽光発電システムの補助金制度自体の有無も含めて未定だという。

> 神奈川県横浜市の地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減の太陽光発電システム補助金はこちら

ホンダソルテックが太陽光発電で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 自動車製造販売のホンダの子会社で、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に大きく寄与する太陽光発電太陽電池の製造を行うホンダソルテックは、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)で開催された「PV Japan2010」に先進的な薄膜太陽電池を出展した。ホンダソルテックの太陽光発電の薄膜太陽電池は、今回、「ホンダの薄膜太陽電池の進化」をテーマに、変換効率を現行太陽光発電よりも2割アップし、さらに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に大きく寄与するコンセプトモデルを初めて参考出品した。コンセプトモデルは、太陽光発電の太陽電池の発電部分であるCIGS層の性能を向上させるとともに、太陽光発電の太陽電池のCIGS層を雨水などから保護し劣化を防ぐためのバリアー層の材質と構造を変えて幅を狭めたことで、受光面積を広げ、太陽光発電に係る変換効率を13.4%と現在販売しているモデルよりも2割程度向上しているという。ホンダソルテックでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減にも対応していくべく、2007年から一般住宅用太陽光発電の薄膜太陽電池を生産・販売し、2008年からは公共・産業用の太陽光発電の薄膜太陽電池を生産・販売している。今後、地球温暖化の原因防止対策問題などから高まる太陽光発電の太陽電池需要に対応して、海外での太陽光発電の事業展開も推進していくという。

> ホンダソルテックが太陽光発電で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

神奈川県横浜市のパシフィコ横浜で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減の電気自動車開発技術展(EVEX)

 本日7月14日からパシフィコ横浜(神奈川県横浜市西区みなとみらい1)で、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に大いに寄与する「電気自動車開発技術展(EVEX)2010」が開催される。今回のように電気自動車(EV)の技術に特化した展示会は国内で初めてだという。同展は、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減という観点からも、次世代車の有力候補として期待される電気自動車(EV)の技術開発と普及を目的とした展示会となっている。イベントでは、電気自動車(EV)関連の最先端の部品、素材、技術などの情報を発信することで、EV開発とマーケットの創造を推進し、地球温暖化対策や化石燃料使用量低減へも貢献していく。会場では、電気自動車(EV)を24台展示する「EV展示コーナー」、電気自動車(EV)の心臓部のバッテリーに関する企業が集まる「大容量バッテリー特設ゾーン」や急速充電機器のほか、小形風車と充電スタンドを融合した設備、マンション用EV充電システム設備など地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に寄与する設備も紹介するコーナーが設けられているほか、電気自動車(EV)同乗体験会やセグウェイ試乗会なども行われる。また、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に関連した電気自動車(EV)の各分野の専門家によるセミナーが24セッション行われる。EVEX実行委員長で早稲田大学大学院環境・エネルギー研究科教授で内燃機関の効率化などを研究している大聖泰弘さんの講演を始め、地球温暖化の原因対策としての電気自動車(EV)の将来やスマートグリッドを通じた知的財産戦略など多彩なセッションを開催する。これ以外にも、特設ステージやセミナールームでは、出展社らによる地球温暖化の原因対策を含めたセミナーやプレゼンテーションが行われる。EVEX事務局担当者は「会場では電気自動車(EV)の同乗体験会を実施するので、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に大いに寄与する電気自動車(EV)のクリーンさ、静かさを実感することが可能です。また、小形風車、充電スタンドも展示され、クリーンエネルギーによる発電からEVへの充電の可能性を探っています。クリーンなEVの走行という地球温暖化の原因対策の低炭素社会のイメージを描き出します」と話している。会期中は、同じく地球温暖化の原因対策に寄与するクリーン発電や次世代送電網の構築に必要な技術・部品が集まる「クリーン発電&スマートグリッドフェア2010(CSF)」が併催され、両展共通企画として「大容量バッテリーゾーン」と「スマートコミュニティ特設ゾーン」を設置される。両展とも、開催時間は10時~17時で16日まで開催されている。入場料は2,000円であるが、招待券持参者とWeb事前登録者は無料で入場できる。

> 神奈川県横浜市のパシフィコ横浜で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減の電気自動車開発技術展(EVEX)はこちら

神奈川県横浜市でAKB48がベロタクシーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減

 神奈川県横浜市で人気少女ユニットAKB48ベロタクシーを運転することによって、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のPRを行うという。環境先進企業との協働の森づくりを事業としている「僕と地球を繋ぐ森」運営事務局(東京都港区)は神奈川県横浜市内で7月25日、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のエコライフ推進イベント「ECOに進もう!AKB48ベロタクシーでGO!」を開催すると発表した。同イベントは、「ベロタクシーヨコハマ」(神奈川県横浜市中区寿町1)と「僕と地球を繋ぐ森」による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策キャンペーン「ECOクルーズ横浜」に人気アイドルグループ「AKB48」のメンバーが応援に駆け付け、AKB48自らベロタクシーの運転に挑戦するというものである。この地球温暖化の原因対策のイベントに抽選で5組を招待し、「AKB48」が身近で運転するベロタクシーに乗車することができるというAKB48のフアンには垂涎のイベントだといえる。ベロタクシーは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)をまったく排出しない新しい近郊交通システムと、斬新な広告の手法が一つになった三輪自転車タクシーのことである。歴史的には1997年にドイツ・ベルリンで地球温暖化の原因対策として誕生したという。日本では2002年に京都府京都市で地球温暖化の原因対策としてベロタクシーが初めて走行を開始し、神奈川県横浜市に地球温暖化の原因対策として登場したのは2007年3月のことである。地球に優しいベロタクシーの「ベロ」はラテン語で自転車を意味するという。このAKB48が運転する地球温暖化の原因対策にもつながるベロタクシーに乗車できる参加エントリー対象者は、「僕と地球を繋ぐ森」カーボンオフセット企画「フォトモザイクアート」へ画像投稿した人となり、参加エントリー受付は7月11日までとなっている。当日の開催時間は14時~16時で、AKB48のベロタクシーの乗車無料であるが、詳細は当選者にのみ伝えられ、当選案内は7月17日の予定だという。「僕と地球を繋ぐ森」運営事務局の今井久仁事務局長は「人気ユニットのAKB48が運転するベロタクシーのお客さまとして、地球温暖化の原因対策に寄与するECOな風を感じていただきたいと思います、地球温暖化の原因対策とともにさわやかな夏の思い出をつくってみてはいかがでしょうか。ご家族、お友達お誘い合わせの上、たくさんのエントリーをお待ちしております」と話している。このイベントの「僕と地球を繋ぐ森」は、高知県が推進する環境先進企業との協働の森づくり事業に協賛し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出を吸収固定するといった本来の森の姿を取り戻すため、木々を増やし、森を育て、二酸化炭素(CO2)の吸収量を増やすことを目的に昨年始まったプロジェクトである。「僕と地球を繋ぐ森」は、「想いは木となり、森となる」をテーマに掲げて活動を行っており、地球温暖化対策としての森の間伐事業支援や木の間伐によって搬出された木材を再利用した商品の企画開発、販売を行っている環境団体である。

> 神奈川県横浜市でAKB48がベロタクシーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

自治体で異なる地球温暖化の原因の温室効果ガス(CO2)を排出しない太陽光発電への補助金

 太陽光発電システムを販売している営業担当者のセールストークは、基本的に「家庭の月々の電気代が無料になり、しかも、使わずに余った電気は売却してお金が入る」という内容なので、一般の人にとってはとても魅力的に感じる言葉だ。しかも、太陽光発電システムは、発電時には地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)を排出しないという環境問題に対しても優れた製品である。しかし、実際に太陽光発電システムを設置しようとすると、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に寄与するとはいうものの、初期費用がかなりかかるのがネックなので、国と地方自治体が行っている太陽光発電システムの補助金制度を活用することになる。太陽光発電システムを検討するに当たって、ソーラーパネルを含めた太陽光発電システムは、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に積極的に取り組んでいるシャープや京セラ、サンヨーなどさまざまなメーカーが提供しているが、太陽光発電システムの価格はメーカーごとに異なっており、太陽光発電システム1kw当たりの価格は、ほぼ70万円前後になっている。一般的な家庭の電気使用量に合わせた太陽光発電システムの場合には4kwを設置することが多いことから、太陽光発電システムにかかる初期費用はおよそ280万円前後になる。これに補助金が適用でき、国からは、1kw当たり7万円の太陽光発電システム補助金を受け取ることができるので、4kwなら28万円となる。地方自治体からの太陽光発電システム補助金もあり、例えば、東京都千代田区では、東京都から1kw当たり10万円の太陽光発電システム補助金が支給され、千代田区からも1kw当たり10万円の太陽光発電システム補助金を受けることができるので、出費は172万円まで抑えることが可能である。しかし、東京都中野区の場合であれば、中野区には太陽光発電システムの補助金制度がないため、国と東京都からの補助金て68万円しか受けることができない。神奈川県横浜市では、神奈川県と横浜市からの太陽光発電システム補助金を合わせても、1kw当たり4万円(上限15万円)しかない。千葉県の場合は、千葉県に太陽光発電システムの補助金制度自体がない。あとは市町村が独自に実施している太陽光発電システム補助制度を利用するしかないが、千葉市のように、既に予算額に達しているため、補助金の募集を締め切っている自治体もある。このようなケースでは、国からの補助金28万円しか受け取ることができない。国をあげて球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に取り組んでいるものの、太陽光発電システムに関する補助金制度については、自治体によって、かなりバラツキがある。こうしたいずれの太陽光発電システム補助金に関しても、設置する太陽光発電システムの機器によって補助対象が細かく決められているほか、申請期限や予算額もあるので、太陽光発電システムの導入を検討する場合は、居住地の自治体の太陽光発電システム補助金制度を確認しよう。

> 自治体で異なる地球温暖化の原因の温室効果ガス(CO2)を排出しない太陽光発電への補助金はこちら

地球温暖化の原因防止に期待されるEVEX&CSF2010

 神奈川県横浜市にあるパシフィコ横浜で、7月14日から16日までの3日間、地球温暖化の原因防止対策の切り札ともいわれている「電気自動車開発技術展(EVEX)2010」及び「クリーン発電&スマートグリッドフェア(CSF)2010」が開催される。EVEXは、地球温暖化の原因防止に寄与する次世代環境対応車の有力候補として期待されている電気自動車(EV)の技術開発と普及を目的とした展示会となっている。温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量による地球温暖化の原因防止や資源枯渇の危機といった問題から、現在、自動車はガソリン等による内燃機関の車から電気による動力への転換が求められている状況にあるといえる。電気自動車への本格的な移行が開始されるには5~10年はかかると見られているが、これまでの自動車部品メーカーにとっては、地球温暖化の原因防止に寄与するとはいえ、内燃機関の車に比べて自動車一台あたりの部品点数が半分にも満たないといわれる電気自動車EVへの移行には多くの課題を抱えているといえる。こうした現状を踏まえる中で、自動車メーカーや部品サプライヤー、そしてEV事業への新規参入を目指す企業同士の交流を促進し、地球温暖化の原因防止を進めると共に新たなビジネス創出を図るものとして開催される。
 一方、CSF展は、発電時に地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない「クリーン発電」と、次世代送電網「スマートグリッド」に特化した展示会となっている。太陽光発電・風力発電などを利用した地球温暖化の原因防止となる再生可能エネルギー発電システムや、それらから生まれたクリーンエネルギーと地域、家庭及び自動車をつなぐネットの構築に必要なハードやソフトに係る技術・製品が展示されるという。地球温暖化の原因防止となる再生可能エネルギーの効率化が高まることで、電力会社を中心としたこれまでの電力供給の仕組みから、企業や、家庭レベルでの発電、送電に転換していくことが可能となってくる。このネットワークがスマートグリッドであり、これにかかわるビジネスや製品を紹介することで、地球温暖化の原因防止となる低炭素社会に向けた企業や自治体の取組みの認知促進を図ることを目的として開催される。地球温暖化の原因防止のイベントとしては、両展共通企画として、「大容量バッテリー特設ゾーン」、「スマートコミュニティ特設ゾーン」を開設している。EVやスマートグリッドの最重要構成要素ともいえるバッテリーを紹介するとともに、既にEVを導入してスマートグリッドを実行している外国や自治体の取組みを紹介するものとなっている。展示会と同時に開催されるセミナーが数多く、24セッションも実施される。そのセミナーの中には、EVEX実行委員長で早稲田大学大学院環境・エネルギー研究科の大聖教授をはじめ、EVの将来やスマートグリッドを通じた多彩なセッションを開催する予定となっている。これ以外にも特設ステージやセミナールームでは出展社らによるセミナーやプレゼンテーションが実施されるという。さらに、会場では電気自動車EVの実車展示及び同乗体験会も実施する。体験できる電気自動車EVは、日産リーフ、テスラロードスター、光岡雷駆、ゼロスポーツのEVなど全19台のEVや電動バイクが展示される。三菱i-MiEV、スバルプラグインステラ、BMWMINI Eは同乗走行が可能となっており、会場内をEVが走り回り、次世代エコカーに見て触れて楽しむ事ができる催しとなっている。

> 地球温暖化の原因防止に期待されるEVEX&CSF2010はこちら

神奈川県横浜市のパシフィコで地球温暖化の原因防止を考える再生可能エネルギーフォーラム

 神奈川県横浜市西区みなとみらい1にある「パシフィコ横浜」会議センター5階で6月28日に地球温暖化の原因防止を考える「再生可能エネルギーフォーラム」が開催される。再生可能エネルギーとは、太陽光発電や風力発電、水力発電のように常に一定量供給され、半永久的に利用できるエネルギーのことをいう。神奈川県横浜市のパシフィコ横浜では、今月27日から7月2日の6日間にわたり「再生可能エネルギー2010国際会議」が行われ、55か国から1,200人以上の技術者が来訪する予定となっている。今回開催する地球温暖化の原因防止を考える「再生可能エネルギーフォーラム」は、一般の参加者に対し再生可能エネルギーの理解促進などを目的に、地球温暖化の原因対策に関連する取り組みを統一的なブランドで提供する「ヨコハマ・エコ・スクール」(YES)の主催イベントとして実施する。当日は、東京工業大学(東京都目黒区)ソリューション研究機構教授の柏木孝夫さんが「地球温暖化の原因対策の再生可能エネルギーの現状と今後の展望」をテーマに基調講演を実施。その後、石田建一さん(積水ハウス環境推進部温暖化防止研究所所長)、岸村俊二さん(太陽光発電シスデムデザイナー)、渡邊昇治さん(資源エネルギー庁新エネルギー対策室長)らをパネリストに招いて、地球温暖化の原因対策に係るパネルディスカッションを展開する。コーディネーターは環境研究所地球環境研究センター温暖化リスク評価研究室長で、YESのアンバサダーでもある江守正多さんで、特別ゲストとして、作家の神津カンナさんも参加する。横浜市地球温暖化対策事業本部は「化石燃料とは異なり、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出のない、あるいは少ない太陽光発電、風力発電、水素・燃料電池などの再生可能エネルギーは地球温暖化の原因対策に欠かせません。本フォーラムにぜひ足をお運びいただき、再生可能エネルギーとは何なのか、どうして地球温暖化の原因対策のために大切なのかといった基礎知識を知っていただければ」と話している。フォーラムの開催時間は14時~17時(13時30分開場)で、入場は無料だが、申し込みはメールかFAXで6月24日締切であった。地球温暖化の原因対策の関連イベントとしてパシフィコ横浜で、環境をテーマとした「中学生ポスターコンテスト」(6月30日~7月2日)、横浜市や横浜市内業者の取り組みも紹介する第5回新エネルギー世界展示会(6月30日~7月2日)、ワークショップ(7月1日)なども行われる。

> 神奈川県横浜市のパシフィコで地球温暖化の原因防止を考える再生可能エネルギーフォーラムはこちら

神奈川県横浜市のレンガ広場で地球温暖化の原因防止に寄与する「エコカーワールド」開催

 神奈川県横浜市中区新港1にある横浜赤レンガ倉庫イベント広場において、来る6月5日と6日の2日間、地球温暖化の原因防止に寄与するエコカー(低公害車)の紹介やエコドライブ普及啓発を目的としたイベント「エコカーワールド2010」が開催される。同イベントの主催は、横浜市、環境省、環境再生保全機構の3者で、毎年環境月間の6月に実施されており、神奈川県横浜市での開催は今年で7回目を数える。自動車による大気汚染防止や地球温暖化の原因対策に有効な最新エコカーの出展・展示、エコカー試乗、エコドライブの実体験、シンポジウムなどを通してエコカーへの理解と普及促進を図ることを目的として開催される。エコカーワールドの会場では、地球温暖化の原因防止に大きな期待が寄せられている燃料電池自動車、電気自動車、プラグインハイブリッド自動車など約140台のエコカーや充電スタンドなどが展示されている。また、会場内では最新の低公害車である四輪車や二輪車の試乗もできるほか、環境モデル都市・横浜市と日産自動車が展開する「ヨコハマモビリティ『プロジェクトZERO』」による簡易エコドライブ診断システムを装着した自動車の運転体験なども可能となっているという。この車の運転後には、エコ運転のレベルが分かるほか、日産のテストドライバーから、エコ運転のアドバイスが受けられる。横浜市環境創造局交通環境対策課は「地球温暖化の原因防止に寄与するエコカーワールドは、次世代自動車が本格的に普及した近未来社会をイメージして毎年実施している。今年は展示スペースをより多くとり、海外からの地球温暖化の原因防止に寄与する電気自動車やハイブリッド車も含め約140台が出展される予定。『働くエコカー』を中心に、子どもたちが見て触れて乗ってみることができる体験型の展示をはじめ、さまざまなイベントを用意して、皆さんのご来場をお待ちしいる」と話している。

> 神奈川県横浜市のレンガ広場で地球温暖化の原因防止に寄与する「エコカーワールド」開催はこちら

神奈川県横浜市が地球温暖化の原因防止の環境関連条例

 神奈川県横浜市は、地球温暖化の原因防止のため、環境管理計画の改定をはじめ主要な環境関連条例の整備や政策の充実、強化に着手する。脱地球温暖化の原因へ向けた取り組みなど、市民、企業の環境に対する意識や社会状況の変化を踏まえ、まちづくりや交通政策、産業雇用政策も視野に環境と経済の調和を目指し戦略的な施策を展開する方針だという。地球温暖化の原因防止に係る改定、策定、見直しの対象は、横浜市の環境政策の柱である横浜市環境管理計画、横浜市生物多様性地域戦略、横浜市環境影響評価条例などとなっている。これらの横浜市の計画、条例について横浜市環境創造審議会が昨年度、在り方を検討してきた。横浜市長はマニフェスト(選挙公約)の中で地球温暖化の原因防止の環境問題のさらなる取り組みを打ち出しており、 横浜市はこれまでの諸施策の成果を踏まえながら、関連政策の見直しに着手する。地球温暖化の原因防止の横浜市環境管理計画の改定に当たっては、おおむね25年度までの15年間を設定し、時代の要請ともいえる生物多様性の保全・再生・創造、水循環系の再生、低炭素型のまちづくり、環境分野を柱とした経済政策、区役所を中心とした普及啓発などを横浜市の戦略的施策と位置づける方針にするという。同審議会は同計画が目指す横浜市の地球温暖化の原因防止の姿として、「環境行動都市」から「環境“実践”都市」へ進むと打ち出しており、横浜市民、企業、行政などとの連携の中で、地球温暖化の原因防止対策、循環型社会の構築、自然の恵みを享受できる環境の保全・再生・創造、安全で安心・快適な生活環境の保全などを盛り込む方向だという。さらに、地球温暖化の原因防止対策を含めた環境施策への一層の市民参画の仕組みづくりも検討する方針だという。また、地球温暖化の原因防止の生物多様性地域戦略をめぐっては、同審議会は横浜の目標として「生物多様性“実践”都市」を提示した。これは、おおむね15年後の横浜市を見据えた長期的な施策として、横浜市民の理解、行動の促進、樹林や農地、海域などを利用した横浜市民参画の拡大、生物多様性を配慮したまちづくりの実践、生物多様性の都市計画への反映、外来生物の除去などを打ち出しており、横浜市は地球温暖化の原因防止の計画の改定作業の中で答申の方向性を反映させていく方針だという。

> 神奈川県横浜市が地球温暖化の原因防止の環境関連条例はこちら

神奈川県横浜市戸塚区前田町の町内会で地球温暖化の原因対策の環境家計簿

神奈川県横浜市戸塚区前田町の町内会(約1200世帯)では、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素CO2の排出量を記入する「環境家計簿」を各家庭に配布し、地域ぐるみで地球温暖化の原因対策としてCO2削減への意識を高めている。環境家計簿への取組みは、3か月間、横浜市の地球温暖化の原因対策の省エネ実践モデル事業に参加し、町内会の約50世帯がモデル的に環境家計簿を付けたところ、地球温暖化の原因のCO2排出が前年同期比で平均約10%減ったことに始まった。「一人ひとりの意識改革で地球温暖化の原因のCO2は削減できる」と考えた町内会長らは、今度は戸塚区が主催する地球温暖化の原因対策事業に応募し、区から得た10万円の活動資金などを元に、全戸へ家計簿を配布し、昨年7~12月の半年間、記録してもらうことにした。独自に作った地球温暖化の原因対策の環境家計簿に記入するのは、電気、ガス、水道の毎月の使用量で、これに排出係数を掛けて温室効果ガスのCO2排出量を計算する。さらに、検針票などを基に前年同月の使用量と比較し、努力の成果を検証するものとなっている。半年分の地球温暖化の原因対策の環境家計簿は2月上旬までに約400世帯から回収され、区幹部は「地域ぐるみの取り組みであり、評価できる」と語っている。このうち、約20%の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスのCO2排出量削減に成功した家庭もあった。テレビの電源をこまめに消し、不在の部屋の明かりに気を配った。夫婦が風呂に続けて入ることで追いだきを減らしてガス使用量も削減したという。世帯全体の削減率は現在計算中だが、昨年8月の1か月間であっても、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスのCO2排出量は、前年同月比で14.3%(1万4217キロ・グラム)減っていた。町内会では、温室効果ガスのCO2排出量削減率が高かった世帯を、電気、ガス、水道、総合の計4部門で表彰する予定だという。
病院臨床検査技師の求人募集転職看護師・准看護師の求人募集転職保健師の求人募集転職

> 神奈川県横浜市戸塚区前田町の町内会で地球温暖化の原因対策の環境家計簿はこちら

神奈川横浜市で地球温暖化の原因対策の「エコでオトクな とく得トーク!」

 神奈川横浜市にあるそごう横浜店の新都市ホール(横浜市西区高島2)で、エコロジーに配慮したライフスタイルを提案するYESスペシャルイベント「エコでオトクな とく得トーク!」が開催される。同イベントは横浜市が進める地球温暖化の原因対策の「YES(ヨコハマ・エコ・スクール)」の一環で、地球温暖化の原因に対する関心を高め、一人ひとりの行動へとつなぐことを目的とするものとなっている。当日は、2部構成で地球温暖化の原因対策の省エネに向けた基調講演やトークショーを行う。主催は横浜市地球温暖化対策事業本部となっている。第1部は、基調講演「小宮山流お得で快適な省エネ教えます!」を開催する予定となっている。エコハウスに暮らす三菱総合研究所理事長の小宮山宏さん(元東京大学総長、YES名誉顧問)が、科学者としての視点を交えながら日常生活の中で有効なエコな取り組みについて具体的な事例をもとに語る。第2部は、フリーアナウンサーの朝岡聡さんが司会を務め、トークショーを展開する。タレントで2児の母でもあるバイリンガルの早見優さん、カリスマ節約主婦として知られる家事アドバイザーの矢野きくのさんが、地球温暖化の原因の温室効果ガスであるCO2削減に向けた日常的な行いについて話し、快適なエコ活動がもたらす経済効果のヒントなどを紹介する。地球温暖化対策事業本部では「地球温暖化の原因対策などの環境に配慮したさまざまなエコ活動を実践されている方がいる中、今回は家庭部門の地球温暖化の原因対策の省エネに焦点をあて、毎日の生活で主婦の方に役立てていただけるお得な情報を分かりやすくお伝えします」と話している。開催時間は13時30分~15時30分で定員は500人(先着順、当日参加可能)となっており、入場は無料である。問い合わせはYESスペシャルイベント「エコトク」運営事務局(TEL 045-227-7449)まで。このイベントの「YES」とは、横浜市脱温暖化行動方針「CO-DO30(コード30)」の目標達成を目指し、市民、企業、大学、行政などが実施する環境・地球温暖化問題に関連するさまざまな講座、イベントなどの取り組みを「ヨコハマ・エコ・スクール」という統一的なブランドで広め、全市的な動きにしようとする市民参加型のプロジェクトである。

> 神奈川横浜市で地球温暖化の原因対策の「エコでオトクな とく得トーク!」はこちら

神奈川横浜市開港記念会館で地球温暖化の原因防止の「太陽光発電フォーラム」

 地球温暖化の原因防止に大きく寄与する太陽エネルギーの活用時代に向けた太陽光発電導入説明・相談会「太陽光発電フォーラム神奈川2010」が1月23日、「横浜市開港記念会館」(神奈川県横浜市中区本町1)で開催される。「太陽光発電フォーラム神奈川2010」のプログラムは午前・午後に分かれており、第1部は地球温暖化の原因防止の「太陽光発電の導入説明・相談会」を実施する予定となっている。地球温暖化の原因防止の太陽光発電の有効性及び日本や世界における導入の現状、太陽光発電システムの設置方法、技術開発の動向と今後について説明し、導入に関する各種相談を受け付ける。第2部は、フォーラム「普及拡大の太陽光発電そのトラブル対策」が開催される。地球温暖化の原因防止の太陽光発電の大量普及で生じる具体的な問題について基調講演を行う予定になっている。産業技術総合研究所主任研究員の加藤和彦さんが「地球温暖化の原因防止の太陽光発電トラブルの状況とその対策」をテーマに、太陽光発電所ネットワーク事務局長の都筑建さんが地球温暖化の原因防止の太陽光発電買取制度導入を巡り「大量普及時代を迎えた市民の役割」について講演する。イベントを主催する太陽光発電所ネットワーク 神奈川地域交流会代表の横谷公雄さんは「第1部の太陽光発電説明・相談会では、太陽光発電が地球温暖化にいかに有効であるのかを分かりやすく説明しさまざまな相談に応じます。2部では利用者が実際に太陽光発電のトラブルに遭遇した体験談を発表します」と話す。開催時間は第1部=10時~12時(受付9時30分)、第2部=13時~16時(受付12時30分)で、会場は1階1号室、参加費無料となっている。太陽光発電所ネットワーク(PV-Net)神奈川地域交流会は、NPO法人「太陽光発電所ネットワーク」の神奈川県の地域組織であり、神奈川県内の太陽光発電設備設置者の交流と設備の普及を目的とした地球温暖化の原因防止の環境教育・環境学習活動などを行っている。
貸し倉庫収納トランクルームレンタル情報介護用品レンタル情報家電製品家具レンタルリース情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 神奈川横浜市開港記念会館で地球温暖化の原因防止の「太陽光発電フォーラム」はこちら

神奈川県横浜市が地球温暖化の原因防止の低炭素型モデル地域形成を目指す

 神奈川県横浜市は、既に内閣府から認定を受けている環境モデル都市の基幹プロジェクトの一環として、神奈川県横浜市内の金沢臨海部を拠点に地球温暖化の原因防止の環境と経済の両立を図る「横浜グリーンバレー構想」の具体化に乗り出した。地球温暖化の原因防止の太陽光発電など再生可能エネルギーやEV(電気自動車)カーシェアリングの導入、環境・エネルギー産業の育成支援などに取り組み、地球温暖化の原因防止の低炭素型のモデル地域形成を目指すという。神奈川県横浜市では、環境モデル都市の認定を受け、昨年8月に神奈川県横浜市地球温暖化対策事業本部長の諮問機関として発足した「横浜グリーンバレー実行計画策定委員会」(委員長・鈴木伸治横浜市大准教授)が地球温暖化の原因防止の構想の具体化を検討していた。構想の名称には、米国のシリコンバレーの環境版を最終目標とする狙いを込めたという。住宅団地、産業団地、公園・緑地帯、海といった横浜市のすべての要素がコンパクトに集まっている金沢臨海部の地域特性を生かし、地区内に三つのモデル地区を設定し、当面は家庭や事業所などの使用エネルギーと地球温暖化の原因防止の再生可能エネルギー供給量のモニタリング、EVカーシェアリング、地区内にキャンパスを置く横浜市大と連携した環境教育などに着手するという。神奈川県横浜市は、2050年までの長期構想として、(1)地球温暖化の原因防止の低炭素化を図るエネルギー施策の展開(2)世界に求められる地球温暖化の原因防止の環境・エネルギー産業の育成(3)既存施設や自然環境を利用した地球温暖化の原因防止の環境啓発拠点の創出を3本柱に施策展開していく予定となっている。神奈川県横浜市は、事業の推進組織として2010年度中に事業者、住民、民間団体、行政などで構成する「横浜グリーンバレー推進協議会」を設置し、地元の横浜市大や関東学院大などとも連携し、省エネや環境ビジネスといった地球温暖化の原因防止の分野別のワーキンググループも設け、エネルギーや環境関連の事業化、製品化にも取り組むという。神奈川県横浜市は、「金沢臨海部をモデルに地球温暖化の原因防止の低炭素社会への移行を進めるとともに、環境との調和を図ることで、地域経済の持続可能な発展を実現したい」と話している。
地上デジタルテレビアンテナ工事情報レディースファッションブランド品リサイクルショップ情報家電リサイクルショップ高価買取販売情報

> 神奈川県横浜市が地球温暖化の原因防止の低炭素型モデル地域形成を目指すはこちら

神奈川県横浜市で地球温暖化の原因防止のバイオ燃料普及へ

 神奈川県横浜市栄区の湘南桂台自治会(約1500世帯)は地球温暖化の原因防止に向けてバイオ燃料の普及を進めようと、地域内の公園で使用済み天ぷら油の回収会を開いた。園内では地球温暖化の原因防止として廃油利用の実践例も紹介され、来場者は身近なエコ活動に関心を寄せていた。回収した廃食油をバイオ燃料の製造販売に結びつけているのは、神奈川県横浜市泉区のアイエー産業である。同社によると、地球温暖化の原因防止のバイオ燃料は廃食油と灯油を半分ずつ混合させた「エコ燃料」で、神奈川県内外の産廃処理施設の焼却炉やビニールハウスのボイラー燃料などに活用しているという。「もうけには、ならない」というが、灯油に比べ熱効率が約1.2倍高い一方、地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素排出量は同約50%抑制でき、1か月あたりにすると約100トンもの二酸化炭素排出量を削減しているという。神奈川県横浜市の湘南桂台自治会では、同社と連携し昨年から地球温暖化の原因防止として廃油回収を始めた。各家庭で天ぷらやフライに使った食用油をペットボトルなどに詰めて、地域のイベント会場などに持ち寄っている。この日は「どんど焼き」会場となった桂山公園内に廃油の回収場所が設けられ、前年比2倍近い約200リットルが集まった。会場では、廃油利用の温風ヒーターを稼働させるなど、バイオ燃料の有効性も紹介された。自治会長は「エコ燃料の紹介が住民の地球温暖化の原因防止の環境意識を高めるきっかけになれば。こうした取り組みが多くの地域に広がってほしい」と話している。
ハウスクリーニング掃除清掃代行情報エアコンクリーニング業務用家庭用掃除洗浄情報着物きものクリーニング専門丸洗い情報

> 神奈川県横浜市で地球温暖化の原因防止のバイオ燃料普及へはこちら

4都県が地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引を共同で

 首都圏における1都3県の8自治体が、地球温暖化の原因二酸化炭素などの温室効果ガスを効果的に削減していくため、1都3県を対象にした共同の温室効果ガス排出量取引制度の創設を検討していることが明らかになった。自治体単位の地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引では、東京都と埼玉県が独自の排出量取引制度を2010年度以降に導入する方針だが、これを1都3県で統合・共通化し、自治体の境界を越えて企業同士で地球温暖化の原因の温室効果ガス排出枠を取引できるようにする構想だという。地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引は、国や自治体が企業などに二酸化炭素(CO2)排出量の上限を設け、地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量を枠内に抑えられなかった企業が、超過達成した企業から余った地球温暖化の原因の温室効果ガス排出枠を買えるようにする方式である。地球温暖化の原因防止対策の柱として鳩山政権も導入に前向きで、首都圏の地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引構想は政府レベルの議論にも影響を与えそうだ。共同の制度を検討しているのは東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県に加えて、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市の8都県市となっている。地方分権の推進に向け、8都県市は共通の政策課題に取り組む「首都圏広域連合」(仮称)を設置することで合意しており、環境分野では共同の地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引制度の創設を検討することにした。キャップ・アンド・トレード方式の仕組みを検討するという。
 東京都は2010年度から、地球温暖化の原因の温室効果ガスであるCO2排出量の多い都内の約1400事業所を対象に、温室効果ガス排出削減を義務化し、独自の温室効果ガス排出量取引制度を導入することを決めている。埼玉県も2011年度から、600程度の事業所を対象に同様の地球温暖化の原因の温室効果ガス削減制度を開始する予定だという。8都県市は、これらの取組みをたたき台にして2011年度以降、地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引制度を首都圏全体に広げていくことを目指すとしている。ただ、千葉県や神奈川県は、臨海地域に地球温暖化の原因の温室効果ガスであるCO2排出量が多い製鉄所などの工場や発電所を多く抱える状況にある。地球温暖化の原因の温室効果ガスであるCO2排出量に占める製造業などの産業部門の比率が高く、産業界は地球温暖化の原因の温室効果ガスである排出削減の義務化や排出量取引に慎重だという。こうした自治体に状況の差があることから、オフィスやホテルなど業務部門の比率が高い東京都とは事情が異なり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである制度の具体化に向けた調整に時間がかかる可能性もある。
 なお、地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引制度の「キャップ・アンド・トレード」方式とは、政府や自治体が企業などに地球温暖化の原因の温室効果ガスの排出量の上限を割り当て、過不足分を企業などが売買する仕組みのことをいう。地球温暖化の原因の温室効果ガスの排出量の多い企業は排出枠購入の費用を抑えようとし、少ない企業は地球温暖化の原因の温室効果ガスの排出枠を売って稼ごうとするため、省エネルギーの取り組みが広がると期待できる。欧州連合(EU)は2005年に導入しているが、地球温暖化の原因の温室効果ガスの排出枠の公平な割り当てが課題といわれている。
ピアノ講師求人募集転職家庭教師の求人募集転職講師の求人募集転職

> 4都県が地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引を共同ではこちら

地球温暖化の原因防止対策の「一村一品・知恵の環づくり」表彰式が神奈川県横浜市で開催

 地球温暖化の原因防止対策のアイデアと実効性を競う「ストップ温暖化大作戦かながわ『一村一品・知恵の環づくり』」の表彰式が神奈川県横浜市中区の横浜情報文化センターで開かれた。これは神奈川県地球温暖化防止活動推進センターが主催し、神奈川県が協力して開催されたものである。地球温暖化の原因防止対策の最優秀賞を受賞したのは、西武郊外マンション・マボリシーハイツ第三期管理組合(横須賀市)の「次世代型かぶせ工法による高性能サッシ・高遮熱断熱Low―E複層ガラス導入モデル事業」であった。1977年に完工したマンションの大規模改修工事の中で、団地住民全員参加で開口部や窓のすべてに複層ガラスを導入し、二酸化炭素(CO2)削減に取り組み、地球温暖化の原因防止対策という地域社会への貢献と同時に、住民の環境問題に対する意識も向上したことが評価された。地球温暖化の原因防止対策の選定委員会特別賞には5団体が受賞した。地球温暖化対策実行計画(京都議定書目標達成)の実践活動と成果を上げた地球温暖化の原因防止対策の「湯河原町温室効果ガス削減プロジェクト」(湯河原町)、市民からの募金を中心に太陽光発電所を設置し発電して得た電気のグリーン電力の証書化による地球温暖化の原因防止対策の「ちがさき自然エネルギーネットワーク(REN)」、市民と行政の循環型社会に向けたまちづくりに取り組む地球温暖化の原因防止対策の「藤沢小学校生ごみ堆肥(たいひ)化事業運営協議会」(藤沢市)、子供と親への地球温暖化の原因防止対策の教育を推進した「子供と親の環境教室『地球っ子ひろば』」(平塚市)、未利用資源を活用した循環型地域社会を目指す地球温暖化の原因防止対策の「県立相原高等学校畜産部 相こっこプロジェクトチーム」(相模原市)が表彰された。このほか、地球温暖化の原因防止対策の優秀賞には19団体、地球温暖化の原因防止対策の奨励賞には65団体が表彰された。同時にかながわ地球環境賞の表彰式も実施され、5団体が表彰を受けた。
占い師の求人募集転職カメラマン・アシスタントの求人募集転職イラストレーターの求人募集転職

> 地球温暖化の原因防止対策の「一村一品・知恵の環づくり」表彰式が神奈川県横浜市で開催はこちら

神奈川県横浜市のホテルで地球温暖化の原因のCO2排出量抑えたエコメニュー

 神奈川県横浜市中区のホテルニューグランドは、デンマークで開催される気候変動枠組条約の第15回締約国会議(COP15)に合わせて、7日から18日まで地球温暖化の原因の温室効果ガスであるCO2排出量を抑えた「エコメニュー」を提供する。スカンディナビア政府観光局の要請で、老舗ホテルにふさわしく、かつ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素CO2)排出量の少ない料理を考案したという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の少ない料理のメニューとしては、「地場野菜の菜園風仕立て」「本日入荷の魚のココット(厚手のふた付き両手鍋)蒸し」「豚料理のバリエーション」「小田原ミカンのムース」の4品から成るランチ・コースとなっている。これらの料理は、タワー棟5階のフレンチレストラン「ル・ノルマンディ」において5000円で提供する。フードマイレージ(食料の輸送距離)の短い横浜産や県内産の食材を主体にすることで、地球温暖化の原因の温室効果ガスであるCO2排出量を大幅に削減したという。調理の際に火を入れる場合でも、ココットなどを用いエネルギー消費量を抑えCO2排出量を大幅に削減した。さらには、廃棄物処理に係る地球温暖化の原因の温室効果ガスであるCO2排出量削減のため、食品残さも減らすよう、皮付きの野菜、豚の皮やのど肉なども使った。神奈川県横浜市中区のホテルニューグランドのシェフは「ニューグランドの伝統料理とエコの要素との両立に苦労した。地球温暖化の原因の温室効果ガスであるCO2削減は時代の要請でもあるので、これを機に環境に優しい料理を継続的に追求していきたい。」と話している。
ライターの求人募集転職モデルの求人募集転職アルバイト探し求人募集転職

> 神奈川県横浜市のホテルで地球温暖化の原因のCO2排出量抑えたエコメニューはこちら

地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量の「見える化」モデル事業

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策として、埼玉県地球温暖化防止活動推進センター、横浜市地球温暖化対策推進協議会、沼津市静岡県地球温暖化防止活動推進センター、三洋ホームズ株式会社の協力を得て、家庭における地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量の「見える化」に関するモデル事業を実施すると発表した。この地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量の「見える化」モデル事業は、家庭における主要なエネルギー消費機器である、エアコン、冷蔵庫、テレビに電力計測器(省エネナビ)を設置して、電力消費量や地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量を見える化し、これらが見える化されることによる地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量の削減効果を調査する。また、一部の世帯においては、エアコンの設定温度の変更やテレビ画面の明るさの変更といった簡単な省エネ行動を実践してもらい、これらの行動による地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量の削減効果等も調査する。地球温暖化の原因の調査の実施は、夏季実験が平成21年8月、秋季実験が平成21年10月、冬季実験が平成22年1月を予定している。
ライターの求人募集転職モデルの求人募集転職アルバイト探し求人募集転職

> 地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量の「見える化」モデル事業はこちら

地球温暖化原因防止対策の環境省のペットボトルリサイクルリユース実証実験結果

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策の「ペットボトルリサイクルリユース実証実験結果の取りまとめ」を公表した。 環境省は、平成20年8月から平成21年3月まで、デポジット制を利用したリターナブルペットボトルの販売・回収・洗浄に係る実証実験や、消費者の誤用に係る実証実験を、神奈川県横浜市と柏市で実施し、地球温暖化原因防止対策の環境負荷分析や消費者に対するアンケート調査を行った。今回、これらの結果を取りまとめ、ペットボトルのリサイクルやリユースについて現時点での取りまとめを行った。「ペットボトルリサイクルリユース実証実験結果の取りまとめ」は、プレスリリースの添付資料として公開されている。「ペットボトルリサイクルリユース実証実験結果の取りまとめ」によると、オープンシステム(地域店舗店頭販売)については、現時点では、85%、90%といった高い回収率を確保することが全体的には難しいため、リユースに比べリサイクルの方が環境負荷が低いこととなる。一方、クローズドシステム(宅配販売)については、概して高い回収率が見込まれるため、充填工場から販売拠点までの輸送距離を概ね100km未満等に限定すれば、リサイクルに比べリユースの方が、地球温暖化原因防止対策の環境負荷が低いこととなる。
子供服リサイクルショップブランド買取販売情報着物きものリサイクル買取販売店情報リサイクルトナー再生激安販売情報古着買取リサイクル通販情報ブランド品高価買取情報家具高価買取リサイクルショップ販売情報レディースファッションブランド品リサイクルショップ情報家電リサイクルショップ高価買取販売情報

> 地球温暖化原因防止対策の環境省のペットボトルリサイクルリユース実証実験結果はこちら

環境問題を解決する里海創生支援モデル事業

 環境省は、環境問題を解決する「平成21年度里海創生支援モデル事業」を実施するモデル地域として6地方公共団体を選定した。「里海創生支援モデル事業」は、21世紀環境立国戦略(平成19年6月策定)に位置づけられている豊饒の「里海」の創生を支援するため、平成20年度から実施されており、地方公共団体が地域と一体になって海域環境の保全や海との共生といった観点から里海の創生を目指す活動を支援するとともに、全国の里海づくりの参考となるマニュアルの策定の基礎となる資料を収集整理するものである。今回選定されたのは、横浜市の「横浜市沿岸域の海辺の自然再生と新たな街づくり事業」、石川県の「七尾湾里海創生プロジェクト」、志摩市の「英虞湾いきもの調査隊事業」、京都府の「阿蘇海環境づくり協働事業」、兵庫県の「赤穂海岸及び相生湾における自然再生を中心とした里海づくり事業」、佐賀県の「有明海・山から海まで流域一体里海づくりモデル事業」の6件となっている。

LEDライト電光サイン看板情報携帯マイmy箸運動販売情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 環境問題を解決する里海創生支援モデル事業はこちら