TOPページ > 検索結果

検索結果 【森林整備】

愛媛県の久万広域森林組合が森林整備で国内オフセットクレジット制度(J-VER)

 愛媛県久万高原町久万で活動する「久万広域森林組合」は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、森林整備による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の吸収量を、国内オフセットクレジット制度(J-VER)として販売する愛媛県内初の取り組みを開始する。環境省(東京都千代田区霞が関)が2009年に創設した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の「国内オフセットクレジット制度(J-VER)」に基づき実施したものとなっている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、温室効果ガスの削減に取り組んでいる企業は、国内オフセットクレジット制度(J-VER)で購入することによって、自身の企業活動で排出した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)と相殺する「カーボン・オフセット」に用いることができる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の国内オフセットクレジット制度(J-VER)は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定する森林整備によって、一定の温室効果ガスを削減した事業者が、その地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の吸収量に応じてオフセットクレジットを取得する。そのオフセットクレジットを、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出事業者に販売できるという仕組みになっている。愛媛県の同組合の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の取組は、環境省が設置した「気候変動対策認証センター」(東京都)の認証運営委員会で2010年12月に国内オフセットクレジット制度(J-VER)として認証されて登録された。今後、愛媛県の久万広域森林組合では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策への取組の執行体制や、登録通りの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収する森林面積があるかどうかの検証作業を行い、4、5月ごろに始めるという。対象となる森林は、愛媛県久万高原町の二名、笠方の両地区の森林計400ヘクタールとなっている。2008年度及び2009年度の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の吸収量1,009トンをクレジットとして発行するという。このクレジットを地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に取り組む企業に販売し、得られた資金は愛媛県の森林の保全や整備に使用するという。愛媛県の同組合によると、「国内では木材価格が低迷しているが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策のクレジットを販売することで、組合員の森林を守り、さらには、愛媛県から温暖化防止にも貢献したい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。








> 愛媛県の久万広域森林組合が森林整備で国内オフセットクレジット制度(J-VER)はこちら

東京都港区のキヤノンマーケティングジャパンは三重県と岩手県の森林整備で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ:東京都港区港南)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、キヤノン製品の事務機器事業で生じる二酸化炭素(CO2)排出量を森林整備による二酸化炭素(CO2)吸収量でカーボンオフセットする活動を始めると発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としてのカーボンオフセットの対象は、キヤノン製複合機の製造時と使用済みカートリッジを回収し輸送する際に発生する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量で、今年の二酸化炭素(CO2)排出量はそれぞれ約100トンと約250トンになる見込みだという。キヤノンマーケティングジャパンでは、今回、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、三重県と岩手県の両県の森林整備を支援する。同社は2010年5月から取引先企業やNPO(民間非営利団体)などとともに「未来につなぐふるさとプロジェクト」を開始しており地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のカーボンオフセットによる森林整備もその一環の取組みになっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都港区のキヤノンマーケティングジャパンは三重県と岩手県の森林整備で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

栃木県は森林整備の間伐材で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 栃木県では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定している森林整備で出る間伐材製のベンチを栃木県内の公的施設に無料配布しようと希望を募ったところ、栃木県が当初予定していた100脚を大幅に上回り、27倍の2700脚に達したと栃木県環境森林部が発表した。栃木県はニーズに応えて配布数を拡大するため、事業費660万円の追加補正予算案を、開会中の栃木県議会9月定例会に提出した。栃木県は配布数を500脚に増やし、来年2月から栃木県内公共施設などに配布を始めたい考えだ。栃木県が無料で配るのは、長さ約1.3メートルの木製ベンチである。これは、栃木県の「とちぎの元気な森づくり栃木県民税事業」で森林整備した奥山から出た主にスギの間伐材を利用して製作したもので、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を吸収固定しており、配布先は栃木県内の市町庁舎や病院などとなっている。栃木県は2008年から毎年、森林整備で出る地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を吸収固定した間伐材製の学習机を栃木県内の小中学校に配布してきたという。今回の栃木県の木製ベンチ配布は、栃木県内の幅広い世代や層に森林整備による間伐材利用と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を呼びかける狙いがあるという。栃木県林業振興課は「温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定した、森林整備による間伐材を利用した環境問題にとても優しい製品であり、使い勝手もよいので好評だったのではないか。間伐材利用製品に興味を持ってくれれば、間伐材利用が進み、結果的に奥山の森林整備も進む」と波及効果に期待を寄せており、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるうえ、要望も多いので、次年度以降の配布数の増加などを検討したい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 栃木県は森林整備の間伐材で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

三重県大台町は森林整備による二酸化炭素(CO2)排出量の吸収固定で地球温暖化の原因対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、企業活動などで生じた二酸化炭素(CO2)排出量を町有林で吸収固定する排出量取引を始めた三重県大台町は、愛知県名古屋市で10月11日から始まる国連地球生きもの会議(COP10)で排出される二酸化炭素(CO2)を吸収する団体に選ばれた。環境省(東京都千代田区霞が関)や外務省(東京都千代田区霞が関)などで構成されている「COP10日本準備事務局」によると、会議には期間中、193の国と地域から8,000人が参加する予定であり、航空機や鉄道による移動や会議の際の照明等の電力などで、3万1,000トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が見込まれている。準備事務局から業務委託を受けた「カーボンオフセット事務局」は、排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を相殺する二酸化炭素(CO2)吸収量を売る「オフセットクレジット制度」に取組む団体や企業を公募していた。これに国内の13の地方自治体や企業からの応募があり、すべてがオフセットクレジット制度の取引対象に選ばれたという。カーボン・オフセット事務局は、国内13団体から購入する二酸化炭素(CO2)吸収量2,571トンのうち、217トンの二酸化炭素(CO2)吸収量を三重県大台町から購入するという。三重県大台町が売る地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)吸収量は、住友林業(東京都千代田区大手町)の800トン、三菱UFJリース(東京都千代田区丸の内)の486トンに次いで3番目の二酸化炭素(CO2)吸収量になるという。残りの2万4,000トンの二酸化炭素(CO2)吸収量は、海外取引で相殺するという。オフセットクレジット制度による二酸化炭素(CO2)吸収量の取引で三重県大台町は数百万円ほどの収益が得られることになるが、二酸化炭素(CO2)を吸収固定する町有林の森林整備や地域振興などに充当するという。尾上武義三重県大台町長は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策も話し合われる会議に認めていただけた。二酸化炭素(CO2)を吸収固定する森林整備をしっかり進めていかなければ」と話している。三重県大台町には、ナゴヤドーム約320個分の1,600ヘクタールの大台ケ原を始めとする町有林があり、1990年以降の森林整備で間伐した144ヘクタールで2,389トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を吸収可能として環境省から認証を受けていた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 三重県大台町は森林整備による二酸化炭素(CO2)排出量の吸収固定で地球温暖化の原因対策はこちら

三重県名張市で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定する森林整備のイベント

 三重県では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などに効果のある森林整備の重要性を知ってもらうイベント「三重の森林(もり)と木づかいフェア」が開催される。フェアの日時は10月2日(土)午前10時から午後4時までで、開催場所は三重県名張市夏見の名張市総合体育館とその周辺で開催される。名張市総合体育館内では、三重県林業技術普及協会のメンバーによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として二酸化炭素(CO2)を吸収固定する機能を持つ森林整備の手入れなどについての林業相談や、「森林づくり三重県」の活動写真展などを開催する予定になっている。さらに、13時20分からは「三重県の自然の恵みと暮らす」をテーマに園芸家の柳生真吾氏が講演する。名張市総合体育館の屋外では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定している周辺の里山林を散策する自然観察会開催のほか、三重県の木工品の製作体験ができるブースなども設けられるという。イベントは無料であるが、飲食などを含む販売コーナーは有料となっている。三重県によると、同様の森林整備をPRするイベントは10月の「三重県のもりづくり月間」に合わせて、毎年、三重県内の各地で実施されており、昨年は三重県松阪市で開催された。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定している森林整備をPRするイベントの問い合わせは三重県森林・林業経営室(059-224-2564)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 三重県名張市で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定する森林整備のイベントはこちら

秋田県秋田市の秋田銀行はカーボンオフセットで二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策

 秋田銀行(秋田県秋田市山王)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みとして、秋田銀行の役職員の名刺作成で発生する地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量に相当する量を、秋田県内の二酸化炭素(CO2)を吸収固定する森林整備の資金を提供することで二酸化炭素(CO2)吸収量と相殺する「カーボンオフセット」を導入すると発表した。秋田銀行は、秋田県上小阿仁村で森林を間伐する大館北秋田森林組合(秋田県北秋田市)と基本合意書を締結した。秋田銀行は「秋田県内という地産地消型のカーボンオフセットは全国的にも珍しい」と話している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の合意書では、環境省が進める「オフセットクレジット制度」を活用し、同組合の森林間伐により増加する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)吸収量のうち、二酸化炭素(CO2)100トン分を秋田銀行が150万円で購入し、森林組合はこの資金を二酸化炭素(CO2)を吸収固定する森林整備に充てるという。二酸化炭素(CO2)100トン分は、秋田銀行の役職員が約3年間に使う名刺100万枚の作成で発生する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量に相当し、秋田銀行では100万枚の名刺にカーボンオフセットで地球温暖化の原因防止対策に取り組んでいることを印刷してPRする。秋田銀行は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるカーボンオフセットは、企業の社会貢献活動の一環で、地域の経済対策にもなる」と説明している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 秋田県秋田市の秋田銀行はカーボンオフセットで二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

和歌山県の環境白書に二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因防止対策

 和歌山県は、和歌山県内の自然環境や公害、環境行政、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策について取りまとめた平成22年度版和歌山県環境白書が発刊された。近く和歌山県のホームページでも公開する予定だというが、和歌山県庁で1冊1,600円で販売している。和歌山県環境白書の第1部では和歌山県の気温や降水量など基礎データを紹介している。和歌山県土面積の77%を森林が占め、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の吸収固定に貢献している。和歌山県の森林のうち61%が民有の人工林で占められている。また、和歌山県民の環境意識の高まりなどから、和歌山県内で1人1日あたりのごみ排出量が年々減少し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に役立っていることを記載している。和歌山県環境白書の第2部では、和歌山県の環境行政の現状と課題については解説している。森林や農地、沿岸域などの保全と公益的機能の維持・増進に関して「木材価格の低迷に加え、生活のなかで薪や炭の需要が少なくなり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する里山の維持管理が十分行えなくなったことなどから、放置された森林や里山が増加している」と指摘している。農村地帯でも遊休農地の増加や集落機能の低下などの問題をあげ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の面からも森林整備の必要性を訴えている。このほか地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の推進についても触れている。クリーンな自然エネルギーの太陽光発電システム設備の導入促進や和歌山県の公用車への二酸化炭素(CO2)排出量の少ないハイブリッド車の導入、民間資本を導入しての二酸化炭素(CO2)を吸収固定する森林整備の「企業の森事業」などの実績について説明している。平成22年度版和歌山県環境白書の販売は和歌山県庁情報公開コーナー(和歌山県和歌山市小松原通り1-1)で行われている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 和歌山県の環境白書に二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因防止対策はこちら

マツダは広島県と森林保全で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)吸収固定による削減対策

 マツダ(広島県安芸郡府中町)は、広島県と地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の吸収固定による削減と社会貢献活動の一環として、森林保全及び管理協定を締結し、広島県広島市東区の公園・緑地、広島県緑化センター内の「マツダの森」と愛称を付けた区画を中心に、地域の地球温暖化の原因防止対策の森林保全活動に協力すると発表した。マツダの社員がボランティアで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定する森林整備を進め、広島県緑化センター内の天然林の維持、育成を進めていくといい、協定期間は2013年8月までの3年間となっている。広島県緑化センターは125haの広さがあり、マツダの本社のすぐ北東に広がっている。そのうち5.85haをマツダの森と名付け、広島県緑化センターの管理者と連携して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定する森林の保全活動を展開していく。同社の社員らが、同センターの職員、地域の森林整備団体の指導を受けながら、ボランティアで下草刈りの森林整備や遊歩道の修繕を行い、広葉樹の天然林を保全するという。マツダは広島県と協定を結ぶと同時に、広島県内で企業の森づくりを推進する団体「ひろしまの森林づくりフォーラム」に参加する。同フォーラムは2006年に設立され、広島県内の企業や森林関係団体が相互に協力・連携し合って、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定する森づくりを進めている。マツダの森での取組みは、創立90周年を記念した社会貢献活動の一環であり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定する森林保全活動を通して社員の環境問題への意識を高めるとともに、森林整備に参加している広島県民らと交流を深めることを狙いとしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> マツダは広島県と森林保全で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)吸収固定による削減対策はこちら

湖池屋が森林整備で二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因対策

 カラムーチョやポリンキー、ポテトチップスなどで有名なスナック菓子メーカーの湖池屋(東京都板橋区)が、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減と地域貢献を目指して、北海道において二酸化炭素(CO2)を吸収固定する森林整備を通じた森づくりに取り組んでいる。北海道旭川市にある北海道上川総合振興局で、「湖池屋の森」の協定調印式が行われた。湖池屋は既に昨年も、北海道南富良野町の森林整備で間伐作業を行う協定を締結しているが、今回は南富良野町の山林1.82haにカラマツ3460本及びアカエゾマツ180本を植栽するという内容になっている。協定期間は4年間で、10月上旬には湖池屋の社員が南富良野町の山林を訪れて、地元の森林組合の指導でアカエゾマツの苗木を植えるという。この事業は、北海道が仲介役となって、平成19年から実施している地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「ほっかいどう企業の森林づくり」の活動の一環である。これまでには、この地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を利用して、サッポロビール(東京都渋谷区恵比寿)が北海道壮瞥町に「サッポロビールの森」、北海道電力(北海道札幌市中央区)が北海道安平町に「あびらエネモの森」、北海道国際航空(北海道札幌市中央区)が北海道千歳市や北斗市などに「エア・ドゥ絆の森」を作るというように、企業や団体がスポンサーになって北海道の市町村の二酸化炭素(CO2)を吸収固定する森林を整備してきた。これらは北海道に関連した企業や団体だが、湖池屋も売り上げの8割近くになるポテトチップスの原料の70~75%が北海道産に依存していることから、この地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を利用しているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 湖池屋が森林整備で二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因対策はこちら

三重県は森林整備で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出削減

 三重県では、地球温暖化の原因防止対策の取組みとして、森林整備のための企業や団体の植林や間伐などによる地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)吸収量を数値化して評価及び認証する制度を始めたと発表した。三重県自然環境室では、三重県津市にある三重県勤労者福祉会館で説明会を開き、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた森林整備を行う企業や団体の参加を呼び掛けている。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)吸収量を数値化して評価及び認証する制度では、森林整備の基準を植裁、下刈り、除伐、間伐に区分している。地球温暖化の原因防止対策の植裁の場合には、スギ・ヒノキは1ha当たり2,000本以上、アカマツ・クロマツは3,000本以上、広葉樹は1,000本以上、地球温暖化の原因防止対策の間伐の場合には、間伐率を樹木の本数の20%以上などと基準を設定している。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)吸収量を数値化して評価及び認証する制度で定める基準を満たした森林整備活動は、整備面積や樹木の幹の成長度などに応じて一定の数式で地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素(CO2)吸収量を計算する仕組みとなっている。森林整備のための企業や団体の植林や間伐などによる地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)吸収量を数値化して評価及び認証する制度による認証を希望する企業の申請を10~11月に受け付け、外部有識者による評価委員会の審査を経て、来年3月に森林整備内容や整備面積、温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)吸収量などを記した認証状を交付するという。三重県によると、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減や地球環境問題への関心の高まりから、社会貢献活動の一環として、森林保全活動に取り組む企業や団体は増加傾向にあるという。制度は具体的な二酸化炭素(CO2)排出量削減を数値で評価することにより、さらに地球温暖化の原因対策の森林整備を促進しようと設けたという。この制度は、森林保全活動の規模の大小を競うものではなく、地球温暖化の原因対策の森林整備基準を満たしていれば小規模な活動も認証される。地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の認証状を受けることで、企業などの社会貢献活動のPRにもなるのではないかと話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 三重県は森林整備で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出削減はこちら

三洋化成工業が京都府の森林整備で地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素(CO2)削減

 京都府の森林面積は約34万haであり、これは京都府の総面積のおよそ75%もの広さを占めている。この広大な森林整備に、地球温暖化の原因防止対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量削減の観点から積極的に取り組む企業がある。それは、三洋化成工業(京都府京都市東山区)であり、昨年11月の創業60周年を記念して、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量削減を目的とした「京都モデルフォレスト運動」に参加し、さまざまな自然の恵みをもたらす貴重な森林の保護に貢献しようと京都府和束町で「三洋化成の森」づくりを行っている。 三洋化成工業では、自社が取り組むべきCSR(企業の社会的責任)活動としてコンプライアンスの徹底や地球温暖化の原因防止対策など11項目を制定した。今般取り組んでいる「三洋化成の森」づくりは、この11項目の中の「環境保護への取り組み強化」及び「社会貢献活動の推進」に関連する活動として、公益社団法人京都モデルフォレスト協会(京都府京都市上京区)が取り組む森林整備事業への資金提供と、社員やその家族が中心のボランティア活動で京都府和束町の森林の地球温暖化の原因防止対策に寄与する保全活動を行うというものである。京都府内に限らず森林は、地球温暖化の要因となる二酸化炭素(CO2)排出量の吸収機能があるなど、地球温暖化の原因防止対策に大きく寄与するにもかかわらず、間伐などの手入れが行き届かず、荒れた山林が多いことが大きな課題となっている。京都モデルフォレスト協会は、企業の協力や支援などを元に京都府内の地球温暖化の原因防止対策に寄与する森林整備などに取り組んでいるが、同社はこの活動に賛同し、今後10年間にわたって協会に対して計1千万円の森林整備資金を提供するとともに、協会からの森林整備に関する技術的指導や協力を受けながら、京都府に対する社会貢献活動として「三洋化成の森」という独自の森林利用保全活動に乗り出したという。その一環として「三洋化成の森」がある京都府和束町で新入社員を対象にした「森林整備研修」を行った。総合事業本部総務部長は、「地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量削減などの環境学習によって森林の大切さを学び、さらに、具体的な行動として下草刈りなどを行うことで共に汗を流したことは社員の一体感にもつながった」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 三洋化成工業が京都府の森林整備で地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

宮城県角田市に地球温暖化の原因防止対策の友好の森を東京都目黒区が整備計画

 宮城県角田市と友好都市関係にある東京都目黒区が2010年度、地球温暖化の原因防止対策や区民の環境意識を啓発するため、角田市島田に「めぐろの森」(仮称)を整備する計画を発表した。昨年4月に大規模な火災が起きた角田市島田地区の山林の一角を借りて植樹を行う計画で、地球温暖化の原因防止対策とともに山林復旧を進める狙いもある。両市区の関係者は、森林整備を通じて交流を深めたいと期待を膨らませている。東京都目黒区は2010年度当初予算案に角田市の山林の借地料や整備費など、めぐろの森創設事業として271万円を計上した。東京都目黒区によると、2010年度は火災で被害を受けた山林の一部約1ヘクタールを借り、桜の苗木約100本を植樹する計画だという。2011年度以降も植樹を拡大させる方針で、将来は区民が購入した苗木を植えるオーナー制度も創設したいという。両市区が友好都市協定を結んだのは2008年5月のことであり、目黒区は締結を機に角田市内に植樹による森づくりを計画し、適地を探していた。目黒区は山林復旧にも役立ちたいと、角田市側で被害があった約81ヘクタールのうち7割以上を所有する島田生産森林組合に土地の提供を申し入れ、組合が応じた。具体的な植林場所は予算案が目黒区議会で可決された後に決定する。両地域の結び付きは室町時代にさかのぼる。現在の目黒区にいた豪族が角田に移り住み、島田地区に館を築いたとされる。山家組合長は「交流のルーツである島田に区民を招けば、地域活性化にもつながる」と期待する。目黒区は間伐や木工品制作などを区民に体験してもらうツアーも検討している。区環境保全課は「地球温暖化の原因防止対策などの環境分野で角田市と交流を深める契機にしたい」と話している。
貸しテナント物件賃貸店舗情報フランチャイズFCチェーン加盟店募集情報販売代理店会社募集情報

> 宮城県角田市に地球温暖化の原因防止対策の友好の森を東京都目黒区が整備計画はこちら