TOPページ > 検索結果

検索結果 【栃木県】

栃木県地球温暖化の原因対策のレジ袋有料化

 栃木県が地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策を目的に呼び掛けている環境問題対策のレジ袋有料化について、栃木県は、新たに、栃木県壬生町の「ジャスコみぶ店」及び「ヤオハンおもちゃのまち店」が栃木県が推進するレジ袋無料配布の中止に参加することになったと発表した。これで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、栃木県壬生町内で営業する中規模以上のスーパー5店すべてが地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けて足並みをそろえ、レジ袋有料化に踏み切ることになるという。栃木県内市町において、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に賛同して、すべてのスーパーがレジ袋を有料にするのは栃木県壬生町が初めてのケースだという。栃木県壬生町のスーパー5社、消費者団体、同町商工会、栃木県壬生町は、協議会で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に向けた取組について話し合いを重ね、2010年11月25日に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策となるレジ袋削減の協定を締結したという。このうち、栃木県壬生町の「カスミ壬生店」、「シンユーストア」、「コープおもちゃのまち店」は既に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策としてレジ袋削減の有料化を始めており、残り2店の参加で全5店の有料化が完了する。栃木県壬生町の2店では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、マイバッグの持参を呼び掛けた。レジ袋がどうしても必要な客には、「ジャスコ」では1枚5円、「ヤオハン」では大5円、小3円でレジ袋を販売するという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、栃木県壬生町の同店がレジ袋有料化第1号となるヤオハン(栃木市)は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に無関心ではいられない。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策としてのレジ袋有料化はお客様にもご理解いただけると思う」とコメントしている。現在、栃木県内では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、二酸化炭素(CO2)排出量削減に賛同した34事業者69店がレジ袋を有料化している状況にある。栃木県は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、地域の店が参加する協議会を栃木県内の地方自治体ごとに設立し、地域ぐるみでレジ袋有料化の動きを推進している。しかし、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、いったんレジ袋を有料とした栃木県内大手の「たいらや」(栃木県宇都宮市)は、2010年6月に売上減少を理由に再びレジ袋を無料化してしまったという。さらに、栃木県内では、食品販売も手がけるドラッグストアやホームセンターなどとの競争も激化していることから、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策とはいえ、各店の足並みがそろわず、レジ袋有料化の話し合いがまとまらない地域が栃木県内では多いという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 栃木県地球温暖化の原因対策のレジ袋有料化はこちら

栃木県地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減量

 栃木県も積極的に地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策に取組んでいるところである。今般、栃木県地球温暖化対策課が公表した平成22年度の「とちぎ発ストップ地球温暖化アクション」の実施結果において、栃木県内で排出された地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減量は928.4トンとなったと発表があった。栃木県の平成21年度の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減量は、17万35.6トンで、見かけ上の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減量が大幅減になった。これに関して、栃木県では「リーマン・ショックによる景気後退で企業が生産活動を縮小し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減にも努力した平成21年度と比較すると、平成22年度は景気がやや持ち直したことや、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減効果が表れにくかったためではないか」と話している。栃木県の「とちぎ発ストップ地球温暖化アクション」への平成22年度の延べ参加者は、18万1,355人にものぼり、平成22年度より2万8,794人も増加したという。今回、栃木県地球温暖化防止コンテストも実施された結果、学校、業務、産業の3部門でそれぞれ最優秀賞、優良賞、特別賞が決定し、表彰式が行われる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 栃木県地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減量はこちら

栃木県は電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド自動車(PHV)普及策で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環でエコカー普及に取組む栃木県は、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド自動車(PHV)の栃木県内への普及に向けた経済産業省(東京都千代田区霞が関)のモデル事業「EV・PHVタウン」に応募したと発表した。応募に際しての提案では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として栃木県の特性を生かし、日光や那須などの観光地での電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド自動車(PHV)の普及や、基幹産業である自動車産業で電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド自動車(PHV)の関連部品の開発を図ることなどのほか、10年後に栃木県内で購入される新車の15%を電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド自動車(PHV)にする普及目標も掲げた。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として期待される電気自動車(EV)は搭載するバッテリーでモーターを動かして走行する。同じく、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として期待されるプラグインハイブリッド自動車(PHV)は、エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド車で、家庭電源から充電できる。電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド自動車(PHV)ともに地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の次世代車として期待がかかるが、充電設備の整備や高額な価格が普及の課題になっている。栃木県は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、昨年度策定した「とちぎ環境立県戦略」で、エコカー普及促進プロジェクトを掲げており、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド自動車(PHV)普及のために充電スタンドの整備を進めている。栃木県は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の提案で、2011~2013年度の3年間に、栃木県内の観光地、都市部、中山間地域、産業振興の4つのモデル事業と将来を見据えた電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド自動車(PHV)のシステム構築を盛り込んでいる。栃木県の日光や那須では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、鉄道と組み合わせた電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド自動車(PHV)のエコツアーを想定している。さらに、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド自動車(PHV)の優先駐車スペースの提供のほか、山岳地や寒冷地での走行データ収集などに取り組むという。栃木県の都市部では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、マンション住民などが共同で電気自動車(EV)を所有するカーシェアリングや電気自動車(EV)タクシー・レンタカーなどの方法で活用を進める方針だ。2009年度末時点で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する栃木県内の電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド自動車(PHV)台数は、わずか栃木県庁に1台、民間企業に2台の計3台でしかない。今年から電気自動車(EV)の個人向け販売を始めるメーカーが複数あり、栃木県では地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、3年後には累計で1000台、10年後には年間1万3千台の普及を目指すという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するEV・PHVタウン選定に伴う経済産業省の直接的な財政支援策はないが、栃木県は国のさまざまな支援策の活用を見込んでおり、経済産業省のEV・PHVタウンとして「エコカー先進栃木県」となることを目指すという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 栃木県は電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド自動車(PHV)普及策で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

栃木県日光市は冬の“うちエコ”コンテストで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策

 栃木県日光市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環の取組みとして、環境問題に優しい生活を心がけてもらおうと、家庭の省エネ対策度を競う「冬の“うちエコ”コンテスト」の参加者を募集すると発表した。栃木県日光市環境課によると、栃木県日光市では寒さの厳しい冬場に、家庭で使う暖房などで地球温暖化の一因とされる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量が増える傾向があるという。栃木県日光市の各家庭でも、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電気の使用量を減らすことにチャレンジしてもらい、環境保全への意識の向上につなげたいという。栃木県日光市の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策コンテストは、栃木県日光市内の各家庭が昨年と比較して電気使用量をどれだけ削減できたかを競う「二酸化炭素(CO2)排出量削減賞」と、栃木県日光市内の家族1人当たりの電気使用量の少なさを競う「エコライフ賞」の2つの省エネ対策度の部門となっている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の両部門とも、11及び12月の2か月分の東京電力の検針票「電気使用量のお知らせ」を栃木県日光市の応募用紙に添付するだけで参加することが可能だという。両部門の最優秀賞(1世帯)及び優秀賞(2世帯)には、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献したとして、栃木県日光市から図書券が贈呈され、応募締切は2011年2月4日となっている。本件の問合せは、栃木県日光市環境課(電)0288・21・5152まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 栃木県日光市は冬の“うちエコ”コンテストで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策はこちら

栃木県の二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策

 栃木県は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、栃木県地球温暖化対策実行計画(2011~15年度)の素案をまとめ、栃木県環境審議会地球温暖化部会(部会長・赤塚朋子宇都宮大教授)に提示した。地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの栃木県内排出量を、2015年度に1990年度比で15%削減するという現行計画よりも大きく進んだ目標値を設定したのが特徴となっている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減目標達成に向け、栃木県の自然環境を生かした、温泉熱による加温や木材残材活用の発電の促進計画なども盛り込んだ。栃木県の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減目標は、2010年3月に小沢鋭仁前環境大臣が示した「地球温暖化対策にかかわる中長期ロードマップ」を念頭に設定したという。2020年度までの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減目標を、1990年度比で25%に設定した上で、現在の栃木県内の二酸化炭素(CO2)排出量を踏まえて、2015年度までの二酸化炭素(CO2)削減目標値を15%とした。栃木県内の二酸化炭素(CO2)排出量を2015年度には、1990年度比で約273万トン削減して1542万トンとする内容となっている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた栃木県の具体策では、太陽光発電装置の普及など国のロードマップで示されている施策に加え、栃木県独自の豊かな自然環境を生かす取組みを盛り込んだ。具体的には、栃木県内の豊富な温泉資源と森林資源を活用し、温泉熱を循環させて温泉を加温するシステムや製材後に残った木材残材を活用したバイオマス発電の促進などを挙げている。現在、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の栃木県内排出量の削減目標を定めているのは、栃木県地球温暖化対策地域推進計画(2006~2010年度)で、2010年度までに1990年度比で0.5%の二酸化炭素(CO2)削減を目標としている。こうした中、2008年度の栃木県内における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は1990年度比で1.5%下回り、目標を2年前倒しで達成している。しかし、栃木県環境森林部によると、新たな地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を見込まなかった場合、二酸化炭素(CO2)排出量はほぼ横ばいで推移するとみられており、栃木県の新計画はかなり高い水準を設定したという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 栃木県の二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策はこちら

栃木県はエコ通勤で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環の取組みとして、9月1日に栃木県と栃木県内市町の職員約1万8千人が参加して統一行動日に初めて行われた「エコ通勤プロジェクトとちぎ」において、マイカー通勤者の割合が通常日の78%から55%に減ったことが、栃木県土整備部のまとめで分かった。このエコ通勤の結果、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を栃木県内で約22トン削減したという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として取り組んだ栃木県の統一行動日の通勤手段の割合は、鉄道やバスなどの公共交通機関が13%(通常日9%)、自転車が16%(同8%)、徒歩が6%(同4%)であり、ゼロだったマイカーの相乗り通勤が9%に増えた。当日の「エコ通勤者」は、通常日の22%から45%に増えたという。栃木県の統一行動日の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量を職員1人1日当たりに換算すると、約1.2キロに相当するという。栃木県が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を定めた「栃木県地球温暖化対策地域推進計画」の1世帯1日あたりの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減目標約1.3キロに近づいたことになる。こうした地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減状況を踏まえて、栃木県は12月1日にもエコ通勤の第2回統一行動日を設定した。栃木県では、今後、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の第2ステップとして、栃木県内企業にもエコ通勤への参加を呼びかけていきたい」と話している。なお、今回の栃木県のエコ通勤に参加した栃木県内の市町は次のとおりとなっている。宇都宮市,足利市,栃木市,佐野市,鹿沼市,日光市,小山市,真岡市,大田原市,矢板市,那須塩原市,さくら市,那須烏山市,下野市,河内郡上三川町,上都賀郡,西方町,芳賀郡二宮町,益子町,茂木町,市貝町,芳賀町,下都賀郡壬生町,野木町,大平町,藤岡町,岩舟町,都賀町,塩谷郡塩谷町,高根沢町,那須郡那須町,那珂川町。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 栃木県はエコ通勤で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

栃木県は森林整備の間伐材で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 栃木県では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定している森林整備で出る間伐材製のベンチを栃木県内の公的施設に無料配布しようと希望を募ったところ、栃木県が当初予定していた100脚を大幅に上回り、27倍の2700脚に達したと栃木県環境森林部が発表した。栃木県はニーズに応えて配布数を拡大するため、事業費660万円の追加補正予算案を、開会中の栃木県議会9月定例会に提出した。栃木県は配布数を500脚に増やし、来年2月から栃木県内公共施設などに配布を始めたい考えだ。栃木県が無料で配るのは、長さ約1.3メートルの木製ベンチである。これは、栃木県の「とちぎの元気な森づくり栃木県民税事業」で森林整備した奥山から出た主にスギの間伐材を利用して製作したもので、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を吸収固定しており、配布先は栃木県内の市町庁舎や病院などとなっている。栃木県は2008年から毎年、森林整備で出る地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を吸収固定した間伐材製の学習机を栃木県内の小中学校に配布してきたという。今回の栃木県の木製ベンチ配布は、栃木県内の幅広い世代や層に森林整備による間伐材利用と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を呼びかける狙いがあるという。栃木県林業振興課は「温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定した、森林整備による間伐材を利用した環境問題にとても優しい製品であり、使い勝手もよいので好評だったのではないか。間伐材利用製品に興味を持ってくれれば、間伐材利用が進み、結果的に奥山の森林整備も進む」と波及効果に期待を寄せており、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるうえ、要望も多いので、次年度以降の配布数の増加などを検討したい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 栃木県は森林整備の間伐材で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

栃木県は太陽光発電システム補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 栃木県では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての、個人が住宅に太陽光発電システムを設置する場合に、設置費用の一部に対して補助金を支給する栃木県の制度が栃木県民に大好評なことを受け、本年度の太陽光発電システム補助金枠を当初予定の2000件から1000件増やして計3000件に補助金を支給する方針を固めた。栃木県の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策である太陽光発電システム補助金は9月末の時点で既に、1700件の補助金支給申請が出されているという。栃木県は栃木県議会9月定例会最終日の10月15日に、太陽光発電システム補助金関係経費として1億2000万円の補正予算案を提出するという。栃木県の太陽光発電システム補助金制度は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、2009年11月から開始されている。栃木県の補助金制度は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を一層効果的に推進するため、太陽光発電システムと高効率給湯器を同時に設置することが支給条件となっており、最大で12万円の補助金が支給される。太陽光発電システムと高効率給湯器の設備の設置費用は一般的に250万円ほどになるという。栃木県では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を効果的に推進していくため、補助金と併せて利用できる長期・低利の融資制度も設けている。福田富一栃木県知事は、先日開催された栃木県議会予算特別委員会において、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に対する栃木県民意識の高まりと、余剰電力買取制度が相まって太陽光発電システムの普及が進んだ」と好調の要因を挙げた上で、「太陽光発電システム補助金を追加補正予算案に盛り込み、栃木県民ニーズに迅速に対応していく」と述べている。栃木県地球温暖化対策課によると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システム補助金は今月末にも申請が2000件になる見通しだという。2009年度は11月から3月までの間において、6803件の太陽光発電システム補助金の申請があったことから、本年度も同時期に同程度の申請があるのではないかとみている。栃木県の太陽光発電システム補助金制度の財源としては、2009年度に国の緊急経済対策で約7億9000万円を積んだ栃木県の地域環境保全基金を充当している。栃木県地球温暖化対策課によると、栃木県内の22市町でも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する太陽光発電システム補助金として上限8~28万円の補助金制度を実施しているという。このうち、7市町では本年度の当初予算額に達しており、栃木県宇都宮市や栃木県大田原市など4市が9月定例議会などで太陽光発電システム補助金に係る予算を追加補正で増額するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 栃木県は太陽光発電システム補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

栃木県宇都宮市はサイクルステーションで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する自転車のまちづくりを進める栃木県宇都宮市は、JR宇都宮駅西口にある宇都宮市営駐輪場にシャワー室や故障修理、自転車のレンタサイクルなどの総合的な機能を備えた「宮サイクルステーション」(栃木県宇都宮市川向町)を開設したと発表した。オープンのイベントには自転車のプロロードレースチームの「宇都宮市ブリッツエン」の選手らも訪れ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としても、栃木県宇都宮市の自転車愛好家や観光客に利用を呼び掛けた。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するレンタサイクルなどを行う栃木県宇都宮市のサイクルステーションは、地元のNPO法人宇都宮まちづくり推進機構(栃木県宇都宮市中央)が運営することになった。サイクルステーションの面積は、約55平方メートルの平屋で、レンタサイクルのほか男女別のシャワーやトイレ、修理工具などが2012年3月までは無料で利用することができるという。また、レンタサイクルとしてはロードバイクなど高速走行できるレンタル自転車も15台用意され、1日1,000円でレンタルで貸し出しすることが可能だ。平日夜などに「宇都宮市ブリッツエン」のプロロードレース選手から直接自転車の乗り方や健康作りを教わることができる講座も予定している。オープニングセレモニーに出席した佐藤栄一栃木県宇都宮市長は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策も含めて、車と公共交通の共存のため二酸化炭素(CO2)を排出しない自転車が果たす役割は大きい」と新しい栃木県宇都宮市の姿に期待を込めた。宇都宮市ブリッツエンの廣瀬佳正キャプテンは「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など環境問題と人間の健康に良い自転車を使って、栃木県宇都宮市の皆さんの生活に変化が生まれればいいと思う」と話していた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 栃木県宇都宮市はサイクルステーションで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策はこちら

栃木県は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量算出方法の見直し

 栃木県地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のために、毎年度推計する際に使用している「二酸化炭素(CO2)排出量速報値」に関して、算出方法を2009年度分から見直すと発表した。2008年度分の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量をめぐり、速報値が確定値よりも約235万トンという1割超も上回る大きな誤差が生じたためだという。二酸化炭素(CO2)排出量の精度が高くなければ、適切な地球温暖化の原因防止対策を実施することは難しいのは当然のことだ。栃木県は二酸化炭素(CO2)排出量の算出に利用する統計データを大幅に増やし、二酸化炭素(CO2)排出量の速報値に対する信頼性を向上させる。栃木県は毎年、夏から秋にかけて、前年度の栃木県内における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を推計し、二酸化炭素(CO2)排出量速報値として公表している。栃木県が栃木県下の二酸化炭素(CO2)排出量の傾向をつかむことを大きな目的として、2003年度二酸化炭素(CO2)排出分の積算から始めている。栃木県が二酸化炭素(CO2)排出量の速報値の算出に使用してきた統計データは、これまで10数種類であった。二酸化炭素(CO2)排出量の計算で使用するエネルギー使用量の推計では、消費量のデータ集計に時間を要するため、化石燃料である石油製品などの生産量で代替してきた。こうしたケースでは、当然、栃木県外で使用される分も含むため、積算の精度がかなり下がるという。一方、栃木県の地球温暖化の原因となる温室効果ガスの栃木県内二酸化炭素(CO2)排出量の確定値は、算出するために50種類以上の統計データを基にするため詳しい値が得られるものの、経費が増えるというジレンマがあった。こうした事情の中、栃木県は二酸化炭素(CO2)排出量の速報値を毎年算出する一方で、二酸化炭素(CO2)排出量の確定値は2003~2008年度の6年度分を一括して算出したことで、二酸化炭素(CO2)排出量の速報値と確定値の差が大きいことを把握した。栃木県は二酸化炭素(CO2)排出量の速報値の算出方法の見直しに当たり、製造品出荷額やオフィスの延べ床面積などの統計データを新たに使うことを検討している。国の二酸化炭素(CO2)排出量の積算マニュアルの改定で、より精度の高い二酸化炭素(CO2)排出量の速報値を算出できる環境が整った点も栃木県の追い風になった。国は毎年11月に前年度の国内二酸化炭素(CO2)排出量の速報値を公表し、その半年後には二酸化炭素(CO2)排出量の確定値を公表している。2008年度分の誤差は、二酸化炭素(CO2)排出量の速報値が確定値よりも約390万トンと0.3%上回った程度だった。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 栃木県は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量算出方法の見直しはこちら

栃木県の二酸化炭素(CO2)排出量削減による地球温暖化の原因防止対策を踏まえた環境白書

 栃木県は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を踏まえた平成22年度栃木県環境白書を発表した。栃木県環境白書のトピックスとしては、平成21年11月に栃木県が策定した地球温暖化対策への貢献の道筋を示した「とちぎ環境立県戦略」の概要を掲載し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの環境保全に取組む栃木県内の事業者を表彰する「マロニエECO事業所表彰」や栃木県内のレジ袋削減推進事業などが記載されている。また、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策も踏まえて策定した栃木県環境基本計画の進捗状況が記載されている。栃木県環境基本計画の58の指標について、21年度の目標数値に対する達成値を示して評価している。例えば、栃木県内の一般廃棄物の最終処分率は目標6.0%であったが、達成率は10.2%で評価は△だった。栃木県では栃木県環境白書の概要版を5千部作成して、無料で栃木県内の学校に配布する。栃木県環境白書は600部を作成して、50部を1部520円で栃木県庁で販売するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 栃木県の二酸化炭素(CO2)排出量削減による地球温暖化の原因防止対策を踏まえた環境白書はこちら

高岳製作所が二酸化炭素(CO2)を削減する地球温暖化の原因対策の電力網実験

 高岳製作所(東京都中央区入船)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、高岳製作所の小山市工場(栃木県小山市)に建設を進めていた配電ネットワーク実証試験場が完成し、稼働を始めたと発表した。また、高岳製作所では、新たに電圧を断絶する断路器工場の拡張も完了した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を検証する試験場は、1,314平方メートルの敷地に6.6キロボルトの架空配電線と変圧器、配電用自動電圧調整器などを配置しており、クリーンエネルギー自然エネルギーなどの実用化を検証する。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に寄与するクリーンエネルギー・自然エネルギーの太陽光発電や風力発電で発電した電力が、系統電圧にどういった影響を与えるかなどの実証研究を行い、次世代送配電網に対応可能なシステムや機器の技術開発に役立てるという。一方、断路器はこれまで、高岳製作所小山市工場にある変電機器工場の一部で生産していたが、専用工場を設けることによって、生産効率は3割以上アップしたという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 高岳製作所が二酸化炭素(CO2)を削減する地球温暖化の原因対策の電力網実験はこちら

栃木県は地球温暖化の原因防止対策で二酸化炭素(CO2)削減目標を達成

 栃木県は、2008年度の地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の栃木県内排出量は、京都議定書の基準年である1990年度を1.5%下回ったと発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の国内排出量は京都議定書の基準年と比べると1.6%上回ったが、栃木県では2010年度の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を1990年度の比較で0.5%削減するとの目標を2年前倒しで達成した。ただ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は景気動向に大きく影響を受け、また、栃木県民の排出抑制意識などの影響を受けるため、栃木県は引き続き削減に向けて協力を呼び掛けている。栃木県は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の要因として、栃木県内全体の3割超を占める産業部門で省エネ対策が進んだことを挙げている。しかし、一番大きな影響は景気低迷で事業活動が縮小したことによる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の縮減であろう。栃木県はこれまでに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の2008年度の栃木県内排出量について、二酸化炭素(CO2)換算で2023万3千トンと1990年度と比較して11.5%上回るという速報値を発表していた。今回の結果は確定値であり、2008年度の栃木県内における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は1787万6千トンと速報値と約235万トンの乖離があった。栃木県地球温暖化対策課は「栃木県の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の速報値は石油製品などの販売量を基に使用量を推計している。これに対し、確定値は実際の消費量を基にして積算しているので差が生じた」と説明している。栃木県内の2008年度の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を部門別にみると、「製造業を中心とする産業部門」の割合が32%で最も高いが、比較対象としている2002年度(39%)よりは下がっている。「業務用トラックや自家用車などの運輸部門」は29%で、2002年度(27%)より上昇している。これは2008年度の全国平均(17%)と比べ12ポイント高く、栃木県における比率の高さが際立っている。この理由として栃木県は「栃木県内は移動手段を自動車に頼る傾向が強いため」などと分析している。「家庭部門」は15%と、2002年度(12%)より上昇した。栃木県は世帯数の増加やパソコンや温水洗浄便座など家電製品の保有台数の増加が背景にあるのではないかと話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 栃木県は地球温暖化の原因防止対策で二酸化炭素(CO2)削減目標を達成はこちら

栃木県足利市はグリーンニューディール基金の活用で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 栃木県足利市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を配慮した環境問題に優しい街づくりを目指している。このため、足利市役所に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる太陽光発電システムを導入したり、照明設備に省エネ機能を取り入れたりしている。足利市は国の補助金制度(グリーンニューディール基金)を活用して、足利市役所の正面玄関前に太陽光発電システムを利用した外灯などを設置したほか、一部の照明器具を省エネ性能に優れたLED照明(発光ダイオード)電球に変更した。足利市役所の太陽光発電システムは、太陽光発電発電パネル4基と外灯1基、足元灯9基で構成されており、太陽光発電パネルは足利市役所を訪れる足利市民の目に留まるように足利市役所正面玄関前の植え込みの中などに設置されている。太陽光発電システムには蓄電機能を備えていることから、曇天時や雨天時でも太陽光で発電した電力でLED照明(発光ダイオード)をつけることが可能になっている。また、足利市役所がLED照明(発光ダイオード)に交換した照明器具は218個で、出口を示す人の動きを模した緑色のLED照明(発光ダイオード)誘導灯96個のほか、来客用トイレのダウンライト60個などをLED照明(発光ダイオード)切り替えたという。足利市環境政策課によると、今回の足利市役所の改修で年間、約6.3ン分の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を抑制・削減可能だという。この地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は、樹齢50年の杉の木約700本が1年間で吸収する二酸化炭素(CO2)の量に匹敵するという。足利市役所の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の改修工事費用は約1,500万円を要したが、地球温暖化防止対策推進が目的である国の地域グリーンニューディール基金の補助金を全額充当したという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 栃木県足利市はグリーンニューディール基金の活用で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

栃木県矢板市はエコモデルハウスで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 栃木県矢板市地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を考慮した「道の駅やいた」敷地内に建設したエコモデルハウスが注目を集めている。同モデルハウスは木造2階建て264平方メートルで1階は和室、LDK、ギャラリーなどがあり、2階には個室、トイレなどが設けられており、工事に要した費用は8,405万円であるが全額国の補助金で建設した。2008年度に環境省が実施していた地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の環境共生型住宅モデル事業に選定された全国20か所のうちの1つが矢板市のものであった。これは矢板市の需要創出とともに矢板市内の工務店や造園業者などに対して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する最新エコ技術を習得してもらうことも狙いとしているという。太陽光発電システム、太陽熱利用、自然風や雨水利用などあらゆる最新省エネ技術が集積されたエコモデルハウスである。また、エコモデルハウスは、たかはら材を活用し、木造では栃木県内で初めての建築工法「ささら板壁構法」が用いられ、高い耐震性能が確保されている。矢板市は「家庭で排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のため、栃木県矢板市民に直接目に触れてもらい需要、普及にも寄与する施設にしたい」と話している。エコモデルハウスは矢板市民に限らず一般の見学が可能となっており、駐車場は矢板市文化会館前の利用をお願いしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 栃木県矢板市はエコモデルハウスで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

栃木県で省エネ家電コンシェルジュが二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策の出前授業

 栃木県上三川町の本郷北小学校で、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する環境教育の一環として、4・5年生約120人を対象として、省エネ対策の専門家である「省エネ家電コンシェルジュ」が出前授業を行った。栃木県地球温暖化防止推進員で、財団法人省エネルギーセンター(東京都中央区八丁堀)の省エネルギー普及指導員(省エネ家電コンシェルジュ)の資格を持つ吉沢光三さん(栃木県宇都宮市)が講師として派遣された。温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減対策や地球温暖化の影響や現状、冷蔵庫、テレビ、照明など家電製品の省エネ対策につながる上手な使い方など暮らしの中の省エネ対策について、子供たちは出前授業を熱心に聞いていた。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する出前授業は、本年度は既に同校を含めた栃木県内の6小学校で行われており、今後は11月に栃木県宇都宮市の宝木小学校で出前授業が予定されているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 栃木県で省エネ家電コンシェルジュが二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策の出前授業はこちら

ブリヂストンが栃木県那須塩原市で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策教室

 栃木県那須塩原市の小学校2校を大手タイヤメーカーであるブリヂストン(東京都中央区)の「エコ・プロジェクト」チームが訪問し、児童に地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの環境問題の教育プログラムを盛り込んだ「こどもエコ総合学習」教室を開催した。ブリヂストンのエコ教室は、2004年から地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの環境問題に関する企業の社会貢献の一環として、出先のブリヂストンの工場がある地域の小学校を対象に実施してきている。栃木県那須塩原市内には3工場があることから、計5校で順次開催していくという。9月10日は栃木県那須塩原市立波立小学校と稲村小学校をプロジェクトスタッフのほか、ブリヂストン栃木工場長らが訪れて、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの話をした。スタッフらは、4、5、6年生計47人に対して、地球温暖化のメカニズムや燃料電池自動車とガソリン自動車の違いなどをわかりやすく講義した。また、自動車のタイヤを転がりやすくするとガソリンなどの化石燃料消費が減ることからエコにつながる実験や、実際に燃料電池自動車の試乗体験を行った。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> ブリヂストンが栃木県那須塩原市で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策教室はこちら

VOC削減印刷機で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 トーホー加工(東京都千代田区)は、食品の包装資材などを製造及び販売しているが、今般、栃木県小山市の小山工場に地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減し、環境問題に配慮した水性インクを使う凸版印刷機を導入した。この印刷機は、溶剤インクが乾燥時に発生する揮発性有機化合物(VOC)をほとんどなくすことが可能だという。環境問題の規制の厳しい欧米では既に普及している印刷機であるが、日本でも導入が進みつつある。トーホー加工が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するため導入したのは、チェコのソーマエンジニアリング社製の水性フレキソ印刷機で、印刷機器の輸入及び販売を行うハイデルベルグ・ジャパン(東京都品川区東品川)が仲介している。会見したトーホー加工社長は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減などの環境負荷を低減するために最も適した新鋭印刷機だ」と話している。現在のところ、国内の印刷業界では溶剤仕様のグラビア印刷が主流で、水性フレキソ印刷機の導入は珍しいという。凸版のフレキソ印刷は凹版のグラビア印刷と比較して、インクの使用量が少なくなる効果あり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できるという。さらに、栃木県小山市の小山工場では既設の印刷機が発生するVOC対策として、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減した処理装置を新たに導入しているという。健康に有害な影響を及ぼす恐れのあるVOCは、2006年4月に施行された改正大気汚染防止法で排出濃度を規制されており、2010年4月には排出基準の規定の適用が猶予されていた導入済設備も対象となったことから、印刷業界ではVOC対策が大きな課題となっている。トーホー加工は11月4日に東京都墨田区のすみだ産業会館で開催される「地球温暖化防止実行委員会セミナー」で、今回導入した水性フレキソ印刷機やVOC処理装置の稼働状況や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減データを発表する。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> VOC削減印刷機で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

栃木県はエコ通勤で二酸化炭素(CO2)排出削減し地球温暖化の原因対策

 栃木県は、県内全市町と協力して9月1日に「エコ通勤統一行動」を実施した。マイカーから公共交通などへ通勤方法を変えることによって、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減を目指すために実施したという。栃木県のエコ通勤統一行動に参加した市町村は、栃木県職員のほか、宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市、日光市、小山市、真岡市、大田原市、矢板市、那須塩原市、さくら市、那須烏山市、下野市、河内郡上三川町、上都賀郡西方町、芳賀郡益子町、茂木町、市貝町、芳賀町、下都賀郡壬生町、野木町、岩舟町、塩谷郡塩谷町、高根沢町、那須郡那須町、那珂川町となっている。エコ通勤は栃木県が2009年度から地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策の一環として取り組んでいる「エコ通勤プロジェクト」の一つとなっている。今回は栃木県職員に加えて、すべての栃木県下の市町職員計約2万2000人を対象に行われた。これに先立ち、栃木県は今年4月1日から6月30日までのうち8日間、栃木県職員約6000人がエコ通勤を実施し、全体で21.8トンもの、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を達成したという。福田富一栃木知事は「エコ通勤の取組みによる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果を検証しながら、将来的には栃木県内の事業所や企業等への取組みを働きかけていきたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 栃木県はエコ通勤で二酸化炭素(CO2)排出削減し地球温暖化の原因対策はこちら

KDDIと沖縄セルラーは沖縄県で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策

 KDDI(東京都千代田区飯田橋)と沖縄セルラー(沖縄県那覇市久茂地)は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた取組みの一環として、太陽光発電システムと蓄電池を有機的に連携させるとともに、深夜電力も活用するトライブリッド方式電力制御技術の実証実験を沖縄県で行うと発表した。沖縄県は、台風が多く、日本本土とは日照時間も異なるため、沖縄県のau携帯電話基地局でトライブリッド方式電力制御技術の実験を行う。トライブリッド基地局における地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するリチウムイオン電池やアモルファス太陽電池についても実験を行うという。KDDIは、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できるトライブリッド基地局を新潟県2局、栃木県1局、茨城県1局の計4か所に設置して性能実験を繰り返して行っている。これまでの実験結果で各基地局とも消費電力・CO2排出量が最大約30%、電力料金では最大約40%削減を行うことができたという。この地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の大きな結果を受け、今回、KDDIと沖縄セルラーは共同で、沖縄県内においてトライブリッド基地局を新設し、太陽光発電パネルの架台部分の環境負荷低減とコスト削減を目的に2種類の太陽光架台で実験を行うという。また、蓄電池の小型・軽量化や長寿命化及び鉛金属削減による環境負荷の低減を図るため、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる三洋電機製のリチウムイオン電池を用いた検証を埼玉県と愛媛県のトライブリッド基地局で実施する。さらに、高知県では、既存基地局設備の省電力化と地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を図るため、アンテナ鋼管柱鉄塔に軽量、フレキシブルな三菱化学製のアモルファス太陽電池を直接巻き付け、鉄塔への影響や垂直敷設による発電効率を検証する。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> KDDIと沖縄セルラーは沖縄県で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策はこちら

栃木県が電気自動車(EV)普及で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量を削減

 栃木県は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するため、電気自動車(EV)の普及を目指しており、民間事業者が電気自動車(EV)の急速充電設備を設置する場合には、整備費用に対して一部を補助する「栃木県電気自動車充電設備設置事業費補助事業」を始めたと発表した。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するため、電気自動車(EV)の充電機本体と設置費用の合計のうち、100万円を上限に3分の1の補助金を支給するという。栃木県では、電気自動車(EV)急速充電設備15基の設置を想定した予算を組んでいる。栃木県地球温暖化対策課によると、地球温暖化の原因対策の事前調査で栃木県内の各市町の道の駅やガソリンスタンド、カーディーラーなどが二酸化炭素(CO2)排出量を削減する電気自動車(EV)の急速充電設備の設置を考えていることが分かった。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減し、電気自動車(EV)を普及させていくためには、栃木県内20キロ圏内ごとに電気自動車(EV)の充電設備があるのが理想であり、15基は1か所に1基、栃木県内にうまくばらつくように設置する計画になっているという。また、1キロ走行当たり1円かかる電気自動車(EV)への充電料金は、設置業者の意向次第で無料になる可能性が高いという。この電気自動車(EV)の急速充電設備の補助金の申請には、事業計画書を栃木県に提出し、採択される必要がある。事業計画書の受け付けは9月7日までであり、郵送か持参で栃木県地球温暖化対策課へ提出すること。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 栃木県が電気自動車(EV)普及で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量を削減はこちら

国分がカーボンフットプリントCFPで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 経済産業省は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のため、カーボンフットプリントCFP制度の普及を進めている。私たちが購入、消費している全ての商品・サービスは、作られてから捨てられるまでの一連のライフサイクルを通して多くのエネルギーを必要とする。そのエネルギーは、主に石油や石炭、天然ガスなど化石燃料から得られており、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を大気中に排出している。カーボンフットプリントとは、これら商品・サービスのライフサイクルの各過程で排出された「温室効果ガスの量」を合算した結果、 得られた全体の量を二酸化炭素(CO2)量に換算して表示することをいう。大手食品卸の国分(東京都中央区日本橋)は8月から、中堅スーパー7社と組んで「カーボンフットプリントCFP制度」に対応した菓子を試行的に販売すると発表した。お菓子の原料から製造、販売、廃棄・再利用までの地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量がいくらだったのかをパッケージに表示して消費者の反応などを探るという。お菓子の商品は、亀田製菓(新潟県新潟市江南区)やカンロ(東京都中野区)、カルビー(東京都千代田区丸の内)の菓子計4種類で、たいらや(栃木県宇都宮市)、三和(神奈川県相模原市)、エーコープ関東(神奈川県横浜市)などが関東甲信越で運営する計112店舗で取り扱い、期間は9月30日までを予定しているという。これは、経済産業省が進めるカーボンフットプリントCFP制度普及事業の一環の取組みになっている。同時に消費者のカーボンフットプリントCFP制度に対する意識アンケート調査を郵送で回答してもらい、カーボンフットプリントCFP制度普及へ向けた課題を探るという。アンケートに回答すると、環境保護団体に地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出枠を寄付できるメリットを付けるという。

> 国分がカーボンフットプリントCFPで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

栃木県足利市の足利赤十字病院が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減

 栃木県足利市の足利赤十字病院は、2011年に足利競馬場跡地に移転を予定しているが、新たに生まれ変わる病院は地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)の削減にクリーンエネルギーを積極的に活用しているのが大きな特徴である。同病院では、栃木県足利市の豊かな自然と豊富な地下水に着目し、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減のための設計作業には東京電力が加わり、熱源は電気を主体としたシステムにした。そのうえ、太陽光発電や風力発電に加え、井戸水の熱を利用したヒートポンプによる空調システムも取り入れている。病院は24時間、365日休むことなく稼動しており、常に医療機器やパソコンの電源が入っている。また、大半の病院が大型ボイラーを採用し、大量の重油を使用している。こうしたことから、必然的に年間のエネルギー消費量は他業種に比べ高く、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量も大きなものになっているのが現状である。しかし、病院はこれまでは「医療は特別」といった考えが浸透していることから、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減や省エネルギーに対する意識は希薄だったとされる。しかし、地球温暖化が深刻化するのに伴い、病院も職員の意識を改革し、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量の削減に取り組む必要があると意識転換を図っている。こうした地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に係る需要を取り込もうと大口顧客となる病院に攻勢をかけているのが電力会社である。家庭用エネルギーを電力でまかない、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量の少ないオール電化住宅は急速に広まっており、東京電力の管轄下での累計普及棟数は昨年末で70万棟を超えており、本格的に登場し始めた2002年度比では30倍以上の実績を残してきている。そして、東京電力が住宅の次の重点ターゲットに位置づけたのが病院だという。

> 栃木県足利市の足利赤十字病院が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

栃木県那須温泉で温泉を利用した地球温暖化の原因対策

 栃木県内でも有数の温泉地、那須町は1998年の那須水害で破壊的な打撃を受けた。過去にこのような例がなかったことから、地域住民は「地球温暖化の原因による異常気象が原因ではないか」と考えたのがきっかけとなって、地球温暖化の原因対策に取り組む地域協議会を立ち上げた。協議会では、那須町の資産である温泉から使われずに捨てられているエネルギーを地球温暖化の原因対策の観点からも有効活用しようと取り組んでいる。那須温泉の源泉から沸き出した直後の熱や使用後に捨てる温泉の熱を、シャワーなどに使う水道水を温める熱源に活用したり、暖房や道路の融雪に使用したりしている。さらに、灯油や重油を使い地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素を排出するボイラー設備のかわりに、化石燃料に依存することのない那須温泉の廃湯や放熱を利用したヒートポンプを導入するなどの取り組みを進めている。栃木県には「湯本」「湯元」という地名が沢山あり、テレビの旅番組や雑誌などで紹介されている知名度の高い温泉もたくさん存在しており、栃木県内はもちろんのこと栃木県外からも多くの人たちが集まる温泉地となっています。その温泉の余熱、廃湯を利用し地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2を削減に取り組むことは、他の地域にある「温泉」の取組みとしても拡げられる、同時に旅行に訪れた人たちへ「地球温暖化の原因防止」をアピールすることも可能になっている。「将来は1万tの地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2を削減できる環境を構築したい」という夢もあるといい、それを実現するための取組みを現在進めているところだという。

> 栃木県那須温泉で温泉を利用した地球温暖化の原因対策はこちら

栃木県が地球温暖化の原因防止のカーボンオフセット認証制度

 栃木県では、地球温暖化の原因防止として、企業や団体、個人による環境活動に対し、栃木県が独自基準で温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減量などを算定し認証する「とちぎカーボンオフセット制度」が今年度からスタートした。栃木県から地球温暖化の原因防止の認証を受けた企業などは社会貢献活動としてPRでき、栃木県は制度の導入で地球温暖化の原因防止への取り組みを促したい考えだ。カーボンオフセットは、経済活動などで排出した地球温暖化の原因となる温室効果ガスであるCO2を、植林や森林保護、自然エネルギーの購入などで埋め合わせる(オフセット)仕組みのことをいう。栃木県は、植林や間伐などによる森林整備や、化石燃料の代替エネルギーとなる森林バイオマスの利用、太陽光発電や風力発電などのグリーン電力の購入の3分野を対象とした。地球温暖化の原因防止のカーボンオフセットとして、森林バイオマスの利用とグリーン電力の購入を対象とするのは全国初という。森林整備の場合、栃木県内の0.1ヘクタール以上の森林内で、一定本数以上の植林をしたり、間伐や里山整備を行った企業などが栃木県に認証を申請することになる。これに対して、栃木県は現地で森林整備の状況を確認し、地球温暖化の原因となる温室効果ガスであるCO2吸収量を算定し認証することになる。また、森林バイオマスの利用では、企業などがボイラーなどの燃料に化石燃料ではなく間伐材や林地残材、チップといった森林バイオマスを使用した場合、栃木県が地球温暖化の原因となる温室効果ガスであるCO2削減量を算定し認証することになる。これらのカーボンオフセットの認証結果はいずれも栃木県のホームページで公表するという。栃木県地球温暖化対策課は「地球温暖化の原因防止対策に企業や栃木県民が参加するきっかけになれば。この制度が広がれば地球温暖化防止に役立つ」と話している。

> 栃木県が地球温暖化の原因防止のカーボンオフセット認証制度はこちら

地球温暖化の原因防止に向け栃木県とレジ袋有料化の協定業者が増加

 栃木県は、地球温暖化の原因防止に寄与するレジ袋有料化に関する協定を25事業者・40店舗と新たに締結したと発表した。昨年、栃木県、市町、消費者団体と11事業者・59店舗でスタートした地球温暖化の原因防止に寄与するレジ袋有料化に関する4者協定は、35事業者・86店舗に増加したという。今回のレジ袋有料化に関する協定では栃木県内大手スーパーの「たいらや」(本社・栃木県宇都宮市城東1)が新たにこの取組みに参加したことから、地球温暖化の原因防止に寄与するレジ袋無料配布中止の動きに弾みがつきそうだという。栃木県庁で行われた地球温暖化の原因防止に寄与する協定締結式で、福田富一栃木県知事は「協定に参加したのは、地球温暖化の原因防止など環境保全に高い意欲を持つ事業者であり、こうした事業者を支援するとともに、栃木県民に対してこの取り組みへの理解、協力を求めて栃木県民総ぐるみの地球温暖化の原因対策につなげたい」と語った。「たいらや」は栃木県内22店舗のうち、宇都宮市、下野市、芳賀町の15店舗で4月1日からレジ袋の有料化を実施し、地球温暖化の原因防止に寄与するという。レジ袋は1枚3~5円で販売する予定だという。たいらやの村上篤三郎社長は「地球温暖化の原因防止を始めとする環境問題に少しでも寄与できると思い参加した。栃木県が地球温暖化の原因防止に寄与する環境問題に取り組んでいるというイメージが出来上がることを願う」とあいさつした。同社の地球温暖化の原因防止に寄与するレジ袋の有料化協定への参加は、ほかの栃木県内大手スーパーや全国チェーンのスーパーの参加を促すことが期待され、福田栃木県知事は「たいらやさんに参加してもらうのは地球温暖化の原因防止に非常に大きい」と語った。昨年12月現在では、県内全域の統一基準でレジ袋有料化を実施しているのは13県に止まっている。レジ袋(約10グラム)1枚の製造から焼却までに排出される地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素は47グラムであることから、レジ袋使用の抑制への取組みは、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの削減に効果があるという。
カラオケセット機器機材レンタルリース情報ウエディングドレスレンタル格安激安販売情報貸し別荘コテージレンタル情報

> 地球温暖化の原因防止に向け栃木県とレジ袋有料化の協定業者が増加はこちら

茨城県日立市に地球温暖化の原因防止対策のLNG基地

 東京ガスは、地球温暖化の原因防止対策の遺憾として、平成29年度の稼働を目標に検討を進めていた茨城県日立市の液化天然ガス(LNG)基地の建設計画について、計画を前倒しして27年度にも稼働を目指すと発表した。茨城県庁で記者会見を開き、計画の早期推進を発表した東京ガスは「地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会の流れが加速している」と理由を説明した。茨城県日立市から栃木県真岡市までの約90キロをパイプラインでつなげ、首都圏への供給にも活用する考えだという。東京ガスは今年1月に発表した平成21~25年度のグループ中期経営計画では、地球温暖化の原因防止対策のガス田開発や国内の備蓄基地整備など、5年間で約9千億円の設備投資を行うとしていた。その地球温暖化の原因防止対策の一環として、東京湾内にある既存の3つのLNG備蓄基地に加え、茨城県日立市の茨城港日立港区に備蓄基地を建設することが盛り込まれていた。また、茨城県と同社は地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会の実現への貢献と、産業振興と雇用拡大による地域経済の活性化のために、天然ガスインフラを協力して整備することなどを合意している。東京ガスは計画の前倒しについて、「地球温暖化の原因防止対策に対する社会的、国際的な関心の高まりや地元からの要請を踏まえた」と理由を説明している。また、今後の地球温暖化の原因防止対策の取り組みとしては、安全確保を最優先として早期具体化の検討を進めていくほか、経済産業省などの関係各省と調整を進める。地元へは「適切なタイミングで地球温暖化の原因防止対策を説明したい」としている。茨城県日立市の日立港区に建設予定の地球温暖化の原因防止対策のLNG備蓄基地は、備蓄量20万キロリットルクラスのLNGタンクを備える。また、同基地から栃木県真岡市までの約90キロを直径60センチのパイプラインを設置し、ここから既存のパイプラインなどに接続する計画だという。
貸しギャラリー貸し画廊レンタル情報着ぐるみレンタル・通信販売情報コスプレ衣装レンタル製作通信販売情報

> 茨城県日立市に地球温暖化の原因防止対策のLNG基地はこちら

北海道と栃木県で地球温暖化の原因防止対策

 北海道で生活協同組合活動を展開する「コープさっぽろ」(北海道札幌市)は、地球温暖化の原因防止対策として所有している240台のバイオディーゼル燃料BDF)を使った宅配トラックについて、「世界最多保有」としてイギリスのギネスブックに登録申請したと発表した。コープさっぽろは、昨年5月に、地球温暖化の原因防止策として、家庭から回収した廃食油を委託工場でトラック燃料に精製し、軽油の代わりに宅配トラックの燃料に充てる実験を開始した。燃料の冬場の凍結問題がクリアされたことから、地球温暖化の原因防止対策のBDFトラックを順次増やし、今年9月には、使用する全配送トラックの約3割に当たる240台が地球温暖化の原因防止対策のBDFトラックとなった。この結果、地球温暖化の原因となる年間440トンの温室効果ガス二酸化炭素(CO2)の排出削減が見込めるという。この地球温暖化の原因防止対策のトラックがギネスに登録されるかどうかの回答は、2~3か月後になる見通しなので、コープさっぽろでは、朗報を待ちたいとしている。
 一方、地球温暖化の原因防止対策を栃木県政の最重要課題の一つに掲げる栃木県は来年1月6日から、毎月第1水曜日を「栃木県庁ライトダウン・デー」として、栃木県の本庁舎を午後6時半に一斉消灯することを決めた(栃木県民利用エリアは除く)。福田富一栃木県知事は「栃木県を地球温暖化の原因防止対策を考えた環境にやさしいライフスタイルへ変えるきっかけにしたい」と栃木県の取り組みの意義を語っている。栃木県によると、栃木県施設が排出する地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガス排出量のうち、約6割を電気使用が占めているという。栃木県は、これまでも毎週水曜日を定時退庁日としているが、地球温暖化の原因防止対策の省エネの取り組みを更に徹底するために、ライトダウン・デーを設けたという。この取り組みで、地球温暖化の原因防止対策として年間7.2トンのCO2削減へとつながる。
占い師の求人募集転職カメラマン・アシスタントの求人募集転職イラストレーターの求人募集転職

> 北海道と栃木県で地球温暖化の原因防止対策はこちら

地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会って何だ?in High School

 地球温暖化の原因防止対策のチーム・マイナス6%環境省)が特別協力する「Re-Style Talk Show Tour 2009『地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会って何だ?』in High School」の、第5校~第7校目が決定した。「Re-Style Talk Show Tour 2009『地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会って何だ?』in High School」は、次世代を担う高校生に向けた地球温暖化の原因防止対策の普及啓発活動として行われる。地球温暖化の原因防止対策のチーム・マイナス6%のチーム員であるJFN(株式会社ジャパンエフエムネットワーク)がJFN全国38局ネットで生放送(毎週月曜日~木曜日 25:00~27:00)している「やまだひさしのラジアンリミテッドDX」の主催で行われ、その様子は、このラジオ番組で紹介される予定となっている。番組DJであり、地球温暖化の原因防止対策の「うちエコ!」特命大使でもあるやまだひさしさんが、この企画に賛同したアーティストとともに全国の高校を巡り、「地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会って何だ?」をメインテーマに、各地における地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会に関する話題や取組などを、わかりやすく楽しく紹介していくものとなっている。地球温暖化の原因防止対策の参加高校募集は引き続き行われており、参加を希望される高校は「やまだひさしのラジアンリミテッド DX」のHP(http://www2.jfn.co.jp/dx/restylet_2009/index.html)を参照のこと。
○第5校目「岐阜県立恵那農業高等学校」
 日時:11月10日(火)13:30~(約70分)
 会場:岐阜県立恵那農業高等学校 体育館(岐阜県恵那市)
 ※学校側の御協力により、課外授業の一環として実施される。
○第6校目「岡山県立津山工業高等学校」
 日時:11月13日(金)14:00~(約70分)
 会場:岡山県立津山工業高等学校 体育館(岡山県津山市)
 ※文化祭の一環として実施される。
○第7校目「栃木県立栃木農業高等学校」
 日時:11月21日(土)12:40分~(約70分)
 会場:栃木県立栃木農業高等学校 体育館(栃木県栃木市)
 ※文化祭の一環として実施される。
貸しデジタルビデオカメラレンタル情報トラックレンタカーレンタル情報貸し子供服レンタル情報

> 地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会って何だ?in High Schoolはこちら

京都府京都市と栃木県宇都宮市の地球温暖化の原因防止対策

 京都府京都市では、地球温暖化の原因防止対策の一環として清涼飲料水を量り売りするなど環境に優しい「エコ・コンビニ」を、京都市役所内に2009年6月23日から3カ月限定で設置している。地球温暖化の原因防止対策としてのマイボトルの普及に取り組む京都市民団体が運営しており、食料品や飲料など150~200種類の商品を販売するが、缶やペットボトル飲料は置かず、客のマイボトルに店員がジュースやお茶などの中身だけを機械から注いで販売する形態をとっている。飲料用の大型冷蔵庫が不要で地球温暖化の原因防止対策のエネルギーの削減につながるほか、ゴミ減量にも役立てる狙いとしている。京都市は地球温暖化の原因防止対策のビジネスモデルとして成り立つのかを検証し、京都市以外に全国に拡大したい考えのようである。 
 また、栃木県宇都宮市が地球温暖化の原因防止対策の一環として展開する「もったいない運動」に、自転車プロロードレースチーム「宇都宮ブリッツェン」がチームを挙げての参画を表明した。選手たちは地球温暖化の原因防止対策のロゴが入ったユニホームでレースに参戦することになる。地球温暖化の原因防止対策のロゴは左肩にプリントされているため、自転車競技ではメディアなどへの露出効果が非常に高いことになる。地球温暖化の原因防止対策のロゴは物を大切にし、人を思いやる心を大きなハートで表現しており、節約や倹約など栃木県宇都宮市の環境対策への取り組みに賛同したブリッツェンが、無償の掲示を決めた。また、選手、スタッフ全員は地球温暖化の原因防止対策やゴミ減量に取り組むことを誓う「もったいない宣言」に登録し、実践面でも運動に協力していくとしている。
コピー機レンタルリース格安情報PCパソコン個人向けレンタルリース情報貸しスタジオレンタル情報

> 京都府京都市と栃木県宇都宮市の地球温暖化の原因防止対策はこちら

宮崎県の太陽光発電と栃木県宇都宮市の環境美化活動

 宮崎県では2008年11月から、地球温暖化原因防止対策の一環の取組みとして「みやざきソーラーフロンティア構想」の一環で、大規模太陽光発電の協力企業の公募を行っていたが、都農町、国際環境ソリューションズ(東京都千代田区)を代表企業とする、国際航業グループ4社と2009年4月に太陽光発電のメガソーラー事業に関するパートナーシップ協定を締結した。この計画は、太陽光発電ソーラーシステムパネルを旧リニア宮崎実験線ガイドウェイ(高架)の上に並べ、1MWの太陽光発電を行う計画となっている。本格的な太陽光発電の開始は2011年からの予定となっており、グリーン電力証書などの活用も検討しているという。◆太陽光発電ソーラーシステム情報
 一方、栃木県宇都宮市では、市民や来訪者が快適に過ごせる「きれいなまち宇都宮市」を実現するため、2008年7月に施行した「都宮市みんなでごみのないきれいなまちをつくる条例」に基づき、2009年4月から違反者への罰則の適用を開始した。都宮市条例の趣旨や内容が定着するよう「都宮市路上喫煙等による被害の防止に関する条例」と合わせてシンボルマークを決定し、2つの条例の啓発物品や都宮市内の街頭活動に活用して周知を徹底していた。罰則は、都宮市美化推進重点地区内において、ゴミのポイ捨てやペットのフンの放置に対して、警告に従わない場合に過料2000円を科すものとなっている。
ハウスクリーニング掃除清掃代行情報エアコンクリーニング業務用家庭用掃除洗浄情報着物きものクリーニング専門丸洗い情報

> 宮崎県の太陽光発電と栃木県宇都宮市の環境美化活動はこちら

栃木県のストップ地球温暖化防止運動温暖化

 栃木県が県民総ぐるみのストップ地球温暖化防止対策の県民運動として2008年夏に実施した「“とちぎ発”ストップ温暖化アクション」の取り組みで、50年生スギ人工林約47haが1年間に吸収する二酸化炭素(CO2)に相当する233.8t(推計)の削減効果があったことがわかった。
 第1回目になる今回は、延べ約2万9000家庭、約10万6000人が参加。期間中の1日に温暖化防止に取り組む「アクション1」では、29.5tのCO2を削減。8月の1カ月間、温暖化防止の取り組みを行う「アクション2」では、204.3tのCO2を削減した計算になる。 TEL:028-623-3187 

貸しテナント物件賃貸店舗情報フランチャイズFCチェーン加盟店募集情報販売代理店会社募集情報

> 栃木県のストップ地球温暖化防止運動温暖化はこちら