TOPページ > 検索結果

検索結果 【松山市】

愛媛県松山市でNPO法人「衣サイクル研究会」が古着リサイクル

 愛媛県松山市では、古着リサイクルという不要になった衣類の販売・回収と、古着をキーワードとして環境問題などを学ぶ「服育」を提案する店舗「ユーズドショップe-cycle」が、松山市三津3の商業施設「ピコア21」に開店した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、古着のリサイクルで燃やさないことに取組むNPO法人「衣サイクル研究会」が、環境省(東京都千代田区霞が関)のモデル事業として運営することになったという。NPO法人「衣サイクル研究会」は「古着は捨てるところなくリサイクルして資源化できる。店に来て、『もったいない』の思いを持ってリサイクルしてほしい」と話している。NPO法人「衣サイクル研究会」によると、国内では年間約100万トンの古着がリサイクルされることなく廃棄されており、そのうち9割が焼却処分となっている。愛媛県松山市でも、年間4,000~5,000tの古着がリサイクルされることなく焼やされている。中でも化学繊維の古着は、焼却してしまうと多くの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出するという。NPO法人「衣サイクル研究会」は昨春の設立以降、愛媛県松山市内で不要となった古着を回収して資源化工場に送るリサイクル(再利用)活動を行ってきた。今回、新たに、古着販売といったリユース(再使用)にも取り組むことによって、愛媛県松山市内における古着衣類循環の輪を完成させ、服育も進めて廃棄量のリデュース(削減)作業にも取り組んでいく基幹店としてモデル店舗を開設したという。販売コーナーには、まだまだ十分に着ることができるリサイクル古着約1万点が並んでいる。回収コーナーでは、古着を集め、資源化リサイクルなどに回すという。販売・回収によって削減された地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量はポイントを発行し、集めれば商品券と交換してもらえるという。服育コーナーでは、古着のリサイクル資源化の過程を紹介しており、古着リメイクの相談も行っている。週末にはミニイベントも開催することによって、古着を通じた「リサイクル」、「リユース」、「リデュース」の衣類の3Rや環境問題を伝えている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。








> 愛媛県松山市でNPO法人「衣サイクル研究会」が古着リサイクルはこちら

愛媛県松山市で古着リサイクル3Rによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 「ピコア21」(愛媛県松山市三津)に、NPO法人「衣サイクル研究会」が地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策と「服育」の啓発機能を兼ねたモデル店舗として、古着のユーズドショップ「e-cycle」がオープンした。これは、環境省(東京都千代田区霞が関)の「循環型社会地域支援事業」の受託事業であり、衣類も人も地球で活かされ循環するというコンセプトで、持続可能な市民参加型ソーシャルビジネス実証実験の実証店舗となっている。古着からの収益は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のための社会貢献事業に使うという。同店では古着の3R(リデュース、リユース、リサイクル)を啓発するとともに、服をキーとして環境・安全・健康・社会性・国際性のある子どもたちを育むことを目的にした「服育」を愛媛県松山市全域に広げる。古着約1万点を取り扱い、古着の販売価格は古着が100円から、着物が500円からと激安価格に設定されており、併せて、衣類の回収も行うという。しかし、資源化実験が目的であるため、古着の買い取りは行わないという。利用者には地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)ポイントカードを発行する。持ち込んだ古着の衣類や購入した衣類の重さを量り、衣類をゴミとして燃やさないことで削減できる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を記録する。また、店舗で使用するレジ袋は有料化し、マイバッグ持参を呼び掛けるという。このレジ袋を販売した収益は、「服育セミナー」で使用する電力を地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「グリーン電力」として購入するための費用の一部に充てる。、NPO法人「衣サイクル研究会」では、「衣類は誰にとっても身近なもの。これからも衣服を通じて環境問題を考え、市民一人ひとりの『もったいない』の気持ちを育むきっかけづくりをしていきたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。
古着リサイクル買取販売情報ネットナビ









> 愛媛県松山市で古着リサイクル3Rによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

愛媛県松山市のえひめ飲料はミカンの搾りかすのバイオメタノール化で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 愛媛県はミカンジュースの生産量が日本一であるが、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、ミカンの搾りかすからガソリンの代替燃料バイオエタノールを製造する取組みを、愛媛県とポンジュースで知られる「えひめ飲料」(愛媛県松山市安城寺町)などと進めている。愛媛県によると、これは全国初の試みであり、環境省(東京都千代田区霞が関)の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策委託事業として、平成20年からバイオエタノール製造の研究を開始した。えひめ飲料によると、ジュース用のミカン1個のうち約半分が搾りかすになってしまい、愛媛県内において1年間に出る量は約2万トンにもなり、これは運搬用大型トレーラー約2千台分になるが、大半は乾燥させて愛媛県内の家畜の飼料にしていた。ミカンの搾りかすを地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に活用しようと、愛媛県松山市郊外で総事業費約15億円をかけ、実証実験プラントの建設し、発酵タンクや蒸留装置などを備え、ミカンの搾りかすから糖分を含む液体をさらに搾り出し、これを発酵及び蒸留してバイオエタノールを製造している。平成22年度から年間で最大500キロリットルのバイオエタノールを生成し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、えひめ飲料の社用自動車や工場用ボイラーの燃料の一部に利用していくという。これによって、えひめ飲料はガソリンや重油の消費量が削減できるため、年間最大約640トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が削減できるという。バイオエタノール製造で価格が高騰したトウモロコシの代用としても期待できる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛媛県松山市のえひめ飲料はミカンの搾りかすのバイオメタノール化で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

愛媛県松山市に地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策のコンビニ

 愛媛県松山市・北土居に、カフェ併設型のコンビニエンスストア「サークルK松山インター店」(愛媛県松山市北土居町4、TEL 089-957-6262)で、電気自動車(EV)用急速充電器を設置して、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にも貢献する店がオープンした。コンビニエンスストアと独自ブランドのカフェが融合し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にも寄与する店舗は業界初になるという。サークルケイ四国(愛媛県松山市勝山町1)は、2003年10月から、独自ブランド「K’s CAFE」の商品販売コーナーを四国4県下の店舗内に設置している。2008年には、愛媛県松山市に「K’s CAFE大街道店」、高知県高知市に「K’s CAFEよさこい咲都店」を立ち上げた。カフェの席数は36席で、コーヒーはハマヤ(大阪市中央区)と共同開発したものを提供し、メニューとしては「K’sブレンドコーヒー」、「K’sアイスコーヒー」、「パスタセット K’sミートパスタ」などがある。サークルK松山インター店では、松山インターに近い立地を生かし、愛媛県や松山市の土産や地産商品も置いている。今年から南予の高速道路が無料化されたことに合わせ、主に南予地方の特産品を取り扱う愛媛県西予市の「どんぶり館」とコラボした売り場も展開する。さらに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、愛媛県下の小売店では初となる電気自動車(EV)用急速充電器も設置した。愛媛県と締結した「連携と協力に関する包括協定」の一環で、今後、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減、走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車の普及、店舗ロケーションを活用した電気自動車(EV)用充電インフラ整備に貢献していく考えだといい、電気自動車(EV)用急速充電器は、当面、無料で利用できるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛媛県松山市に地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策のコンビニはこちら

愛媛県松山市ではエコチャリレンタルで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 愛媛県松山市では、走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しないことから、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にも貢献する放置自転車の修理・販売・レンタルを行う「エコチャリ松山北店」(松山市平和通り2)が環境問題の観点からも注目されている。エコチャリ松山北店を運営する三福グループ(愛媛県松山市湊町4)は、主となる不動産事業のほかに、家電のレンタルサービスやカーシェアリング事業などを行っている。今年6月、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の観点から、放置自転車をリサイクルする「エコチャリ」にフランチャイズ加盟し、松山市内や愛媛県内ではもちろんのこと西日本で初となるエコチャリ店を開いた。同店に並ぶレンタル自転車は、不動産仲介業を行う自社物件内に放置されたものや買い取ったものを店内で修理・再生したものを貸し出しており、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない自転車のレンタルだけではなく、自転車の修理のみも受け付けているという。中古自転車というと敬遠する人もいるが、レンタルに当たっては洗車・整備をきちんと行っており、安全性にも気を使っている。松山市内の店の近辺には大学などの教育機関が多いので、学生や地域の人に気軽に使ってもらい、それが地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもつながっていけば嬉しいと話している。エコチャリレンタルの普及で、松山市内の放置自転車問題の解決や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するエコ活動がもっと浸透すればとも話している。自転車のレンタルは月額590円からで、営業時間は10時~19時となっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛媛県松山市ではエコチャリレンタルで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

愛媛県松山市内の学生が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減活動

 愛媛県松山市内の大学・専門学校の学生で構成されている「地球温暖化の原因防止まつやまネットワーク」学生ワーキンググループ(WG)は、学校内のキャンパスライフにおける地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量減少活動に取り組んでいるという。松山市学生WGでは、キャンパスライフの中で最も効果的で身近な地球温暖化の原因防止行動として、温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を減少させるため、「冷房は28℃、暖房は20℃」「紙は両面印刷」「ごみは少なく、分別はしっかり」「エレベーターの使用は控えめに」「NO!レジ袋」の5項目を提案している。また、昨年度、キャンパス内でこれらの各項目に対するテーマとしたエコ川柳を一般公募し、各テーマの入選作品を掲載した地球温暖化の原因防止啓発用ステッカーを作成した。この作成したステッカーを松山市内の大学、専門学校等に設置し、学生たちに対してキャンパスライフにおける地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量減少のための行動を促している。この取組は、多くの学生に環境問題への気づきを与え、行動を促すという間接的な地球温暖化の原因防止対策である。今重要なことは、地球温暖化の原因防止に無関心な人や行動していない人に、自分のこととして認識してもらい、こつこつと行動してもらうことである。さまざまな条件のもとでしか成立しない地球温暖化の原因防止の取組であれば、愛媛県内に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量減少活動の取組の環を広げることはできないといえる。数少ない優れた意識を持って行動する人よりも、むしろ、数多くの地球温暖化の原因防止に対して少し関心を持って行動する人を増やすことの方が効果的であるといえる。愛媛県地球温暖化の原因防止センターでは、優れた地球温暖化の原因防止対策の選定に当たり、容易性を考慮した。「地球温暖化の原因防止まつやまネットワーク」の取組は、誰もが簡単に取り組める地球温暖化の原因防止対策として、多くの愛媛県民が評価したものである。学校、会社、団体などいろいろなグループで取り組むことができできるので、無限大の可能性を秘めた地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量減少活動であるといえる。

> 愛媛県松山市内の学生が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減活動はこちら

地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット(J-VER)制度活用事業者(第3陣)計7件が決定

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット(J-VER)制度活用事業者支援事業で、支援の対象となる地球温暖化の原因防止対策の事業者(第3陣)計7件を決定した。オフセット・クレジット(J-VER)制度は、国内のプロジェクトにより実現された地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出削減・吸収量をカーボン・オフセットに用いられるクレジットとして認証するため、平成20年11月に創設されたものである。環境省は、地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット(J-VER)制度の活用を一層促進するため、活用を希望するプロジェクト事業者の方々に対し、[1]申請書作成支援、[2]モニタリング報告書作成・検証受検支援を行う事業を今年5月から開始し、募集を行っていた。10月19日に発表された地球温暖化の原因防止対策の第2陣に引き続き、地球温暖化の原因防止対策の第3陣として、[1]申請書作成支援の対象となる5件と、[2]モニタリング報告書作成・検証受検支援の対象となる2件が、決定した。なお、この度の地球温暖化の原因防止対策の採択で、[1]については合計27事業者、[2]については合計16事業者者が選定された。
○今回申請書作成支援の対象となる地球温暖化の原因防止対策のプロジェクトの代表事業者
・内子町(愛媛県喜多郡内子町)
・王子製紙株式会社(神奈川県足柄上郡山北町)
・鹿島建設株式会社(宮崎県延岡市)
・愛媛県(愛媛県松山市ほか)
・バイオソリッドエナジー株式会社(山形県新庄市)
○今回モニタリング報告書作成・検証受検支援の対象となる地球温暖化の原因防止対策のプロジェクトの代表事業者
・鳥取県(鳥取県)
・バイオソリッドエナジー株式会社(山形県新庄市)

> 地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット(J-VER)制度活用事業者(第3陣)計7件が決定はこちら

愛媛県松山市で地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電ソーラーラジコンでレース

 地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電ソーラーが広がる街」をアピールするとともに、地球環境問題や地球温暖化の原因防止対策の新エネルギーである太陽光発電への関心を高めるため、第1回目となる太陽光発電ソーラーラジコンカーによる国内唯一の耐久レース「サンシャイン松山レース」を2009年8月に開催した。愛媛県松山市の温暖少雨な瀬戸内海気候を活かし、豊富で有効な太陽エネルギーの太陽光発電活用で地球温暖化の原因防止対策の「脱温暖化」と「産業創出」を目指す「松山市サンシャインプロジェクト」の一環として行われた。  地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電ソーラーラジコンレースは、U-18部門(18歳以下の学生で編成するチーム)15チームと、一般部門8チームの2つのカテゴリーで行った。

予選Aグループ
 
グリッド

チーム名

高校名

学校所在地

unknown

松山工業

愛媛県松山市

群馬県立前橋工業高校
電気研究部

前橋工業

群馬県前橋市

ZERO

水島工業

岡山県倉敷市

群馬県立太田工業高校

太田工業

群馬県太田市

スパーキング

水島工業

岡山県倉敷市

I・SO・号

生野工業

大阪府大阪市

予選Bグループ
 
グリッド

 チーム名

 高校名

 学校所在地

福井工業大学付属福井
高等学校
ものづくり同好会 

福井工業大学
付属福井高校

福井県福井市

お先にどうぞ

洛陽工業

京都府京都市

ZOOM ZOOM GT

総合技術高校

広島県三原市

広島総合技術高校

総合技術高校

広島県三原市

高知県立高知東工業
高校  自動車工作部

高知東工業

高知県南国市

西脇工業環境科学部

西脇工業

兵庫県西脇市

予選Cグループ
 
グリッド

チーム名

学校・企業名等

所在地

新居浜高専 皆本研

新居浜高専

愛媛県新居浜市

福井工業大学
SSLプロジェクト

福井工業大学

福井県吉田郡
永平寺町

愛大プラズメン

愛媛大学

愛媛県松山市

Team 匠

愛媛大学

愛媛県松山市

Team.B

福井工業大学OB、同好会

福井県あわら市

CELCO SOLAR
ENERGY

CELCO JAPAN

愛媛県松山市

エコロジーエネルギー
フォーラム

エコロジーエンタープライズ

愛媛県新居浜市

太陽光発電ソーラーシステム情報

> 愛媛県松山市で地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電ソーラーラジコンでレース はこちら

愛媛県松山市がリサイクル資源ゴミの持ち去り禁止

 愛媛県松山市では、地球温暖化原因対策及び資源のリサイクルによって無駄をなくしていこうという観点から、資源ごみを愛媛県松山市が回収して、リサイクル工場での選別を経て、リサイクル業者に販売して、愛媛県松山市の収入にもしているところである。しかし、近年、愛媛県松山市のゴミ収集車が回収する時間帯より前に、資源ゴミをゴミ集積場所から無断で持ち去る行為が多発しており、通学時間帯などの乱暴な運転やゴミ集積場所の散らかしなどの不安感を訴える声も多数寄せられていた。このため、愛媛県松山市では、ゴミ集積場所から資源ゴミの持ち去り行為を禁止する条例を2008年7月に公布して2009年1月から施行していた。ゴミ収集車が回収する時間帯より前に、資源ゴミをゴミ集積場所から無断で持ち去る行為を発見した場合は、愛媛県松山市が行為者に禁止命令を行い、禁止命令にも従わない場合は警察へ告発、20万円以下の罰金を科すものとなっている。愛媛県松山市では、市内各地のゴミ集積場所に持ち去り行為を禁止する看板を設置したほか、愛媛県松山市民らの情報を基に早朝・夜間のゴミ集積場所のパトロールを行った。愛媛県松山市では、今後も引き続き、こうしたことを随時繰り返して行い、地球温暖化原因対策及び資源のリサイクルによって無駄をなくしていこうという観点からの資源ごみのリサイクルを、確実なものとして定着させていきたいとしている。


貸し倉庫収納トランクルームレンタル情報介護用品レンタル情報家電製品家具レンタルリース情報

> 愛媛県松山市がリサイクル資源ゴミの持ち去り禁止はこちら