TOPページ > 検索結果

検索結果 【東京都】

東京都で地球温暖化対策セミナーが開催

 東京都は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、東京都内の中小規模事業者を対象とした「東京都地球温暖化対策セミナー」を開催した。2010年度から東京都で実施されている、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策を義務付けた中規模事業所を対象とした「地球温暖化対策報告書制度」の提出状況の報告を兼ねたセミナーとなっている。セミナーでは、「地球温暖化対策報告書制度」の提出状況や分析結果の発表のほか、次年度へ向けての変更点の説明とともに、事例として3社の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策への取組事例が発表されたという。東京都では、2010年4月から、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、中小規模事業者を制度の対象とした「地球温暖化対策報告書制度」を始めている。東京都内の中小規模事業者が、前年度のエネルギー使用量や地球温暖化対策の実施状況を都に報告し、東京都が内容を公表する仕組みとなっている。東京都内に設置する複数の事業所等について、原油換算エネルギー使用量を合算して、年間3,000キロリットル以上になる場合は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の報告書の提出が義務付けられている。東京都の報告書の提出状況では、義務づけられた事業者だけでなく、報告書の任意提出も数多くあったという。提出義務のある事業者数の272社に対し、任意で提出した事業者数は、その4倍以上の1,211社になったという。これらの事業者から報告された地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は約500万トンで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)総量削減義務と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量取引制度の対象となる大規模事業所の排出量約1,200万トンと合わせると、東京都内の産業・業務部門における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の約6割が報告されたことになるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 東京都で地球温暖化対策セミナーが開催はこちら

東京都江東区のイトーヨーカドーが地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量取引

 イトーヨーカドー(東京都千代田区二番町)がユニークな地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策を開始した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を「おまけ」につけた商品が、イトーヨーカドー北砂店(東京都江東区)で販売されているという。これを購入すれば、自身が排出した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の相殺に使用することができ、大企業や国家間で行われている二酸化炭素(CO2)排出量取引を個人で行う実証実験だという。この仕組みを考案した国立情報学研究所(東京都千代田区)の佐藤教授は、消費者が実際に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量取引を経験することで、家庭での地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を減らすきっかけになればと話している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量取引の実験は、国立情報学研究所や凸版印刷(東京都千代田区)、三菱UFJリース(東京都千代田区)などが2月22日まで実施する。実験に当たっては、三菱UFJリースが地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量取引で6トンを予め購入し、それを300~700グラムの小口に分けてイトーヨーカドーの約20種類の飲料商品に与えているという。この地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量取引は、三重県、岡山県、北海道などの森林を整備して得たものである。整備された森林はより多くの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収することから、この削減分を「二酸化炭素(CO2)排出量」として認定し、取引することができる環境省(東京都千代田区霞が関)の制度だという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量取引の対象商品には「マイナス300グラム」と表示したシールが貼ってあり、イトーヨーカドーの店内の専用カウンターで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量取引の手続きをすることができるという。2枚以上のシールを提出すれば、その場で東京都江東区内の小学校やNPOなどに対して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の寄付先を選ぶことが可能だという。自分が出した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を相殺した場合は、これを証明するカードが発行され、希望すれば、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を溜めておく口座をウェブ上に開設して利用することもできるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 東京都江東区のイトーヨーカドーが地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量取引はこちら

東京都中野区は地球温暖化の原因対策のポイント制度導入

 東京都中野区は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策の「エコ」に加えて、「地域支え合い」及び「買い物」の三種類のポイントを共通で使える東京都中野区独自の制度を平成23年度に導入する。東京都中野区は、平成23年度当初予算案に準備調査に係る経費として1,521万円を予算計上し、予算議会に提案するという。東京都内の区独自の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策のエコポイントは、千代田区及び港区、地域貢献のポイントは杉並区、品川区などが制度を導入しているが、今回の東京都中野区のように三種類のポイントを共通で使える仕組みは全国で初めてのケースだという。東京都中野区のエコポイントは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、家庭での地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を目指し、電気とガスの節減量に相当する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)が1kg削減すると50ポイント取得でき、東京都中野区が実施する環境関連イベントに参加することによっても取得できる仕組みになっているという。また、東京都中野区の地域支え合いポイントは、特に一人暮らしの高齢者の異変発見及び安否確認などの活動や、東京都中野区が実施する健康啓発事業に参加することによって取得できるという。何らかの支援を必要とする人に対しては、事前に東京都中野区がポイントを給付しておき、介護支援などのボランティア活動の謝礼としても使用できるという。さらに、東京都中野区の買い物ポイントは、東京都中野区内協賛店の買い物によって獲得でき、500ポイントが溜まると金券500円と交換することで東京都中野区内で買い物できる仕組みになっているという。この東京都中野区のポイントの利用は、原則として東京都中野区民が対象となるが、買い物ポイントは東京都中野区内の通勤通学者も参加できるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 東京都中野区は地球温暖化の原因対策のポイント制度導入はこちら

東京都福生市電気自動車(EV)と電動アシスト自転車を活用

 東京都福生市では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、電気自動車(EV)と電動アシスト自転車を公的に導入する「次世代モビリティ活用モデル事業」に取り組むと発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の「次世代モビリティ活用モデル事業」の総事業費約6,000万円を新年度当初予算案に計上し、市議会へ提案するという。今回の東京都福生市の計画によると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の電気自動車(EV)は東京都福生市内の商店街にある東京都福生市有地に設けるメインステーションと東京都福生市役所に一台ずつを配備するほか、電気自動車(EV)用充電器も設置して実証実験を行うという。また、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の電動アシスト自転車は、東京都福生市内のJR福生、牛浜、拝島の三駅周辺の市有地に充電のためのステーションを整備し、1か所10台ずつ計30台を配備する。これらの電動アシスト自転車は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、一般にレンタルし、自転車で回れる観光ルートを設定するという。また、東京都福生市は2013年に開催される東京都国体でソフトボール成年女子の会場となるため、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策をPRする交通手段の一つとしても電動アシスト自転車を活用するという。東京都福生市はこの事業を東京都の「地球温暖化対策等推進のための区市町村補助制度の提案プロジェクト」に申請する予定をしており、採択されれば事業費は東京都の補助金を充当する。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 東京都福生市電気自動車(EV)と電動アシスト自転車を活用はこちら

東京都大田区の羽田空港で燃料電池バスの水素ハイウェイプロジェクト

 東京都大田区の羽田空港において、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の取組みとして、二酸化炭素(CO2)排出量の大幅削減の実現を目指し、水素を燃料とした燃料電池バスなどの運行実証を行う「水素ハイウェイプロジェクト」のオープニングセレモニーが12月15日に開催された。また、時を同じくして、燃料電池で使用する水素を補給する「羽田水素ステーション」のオープニングセレモニーも東京都大田区京浜島で開催された。この地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の燃料電池バス等のプロジェクトは、経済産業省(東京都千代田区霞が関)が主催して公募している事業の一つで、東京ガス(東京都港区海岸)など関連13社が設立した「水素供給・利用技術研究組合」が実施している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の水素ステーションは、羽田空港のほか東京都杉並区及び千葉県成田市にも設置して利便性を高めている。12月16日からは、羽田空港と新宿駅西口及び羽田空港と東京シティエアターミナル(T-CAT)を結ぶ路線でそれぞれ1日1往復だけであるが、水素を燃料として地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)をまったく排出しない燃料電池バスが運行する。燃料電池バスは、成田国際空港と東京都心間を走行するハイヤーとともに、将来の環境問題対策のビジネスモデルとして検証を続けるという。今般設置された羽田空港の水素ステーションは、日本初の天然ガス併設型水素ステーションとして東京ガスが運営しており、都市ガスから水素を製造して提供している。また、東京ガスでは、燃料電池バス用の水素製造時に発生する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の分離・回収も行っているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 東京都大田区の羽田空港で燃料電池バスの水素ハイウェイプロジェクトはこちら

東京都渋谷区のジャックスがecoカードで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策

 ジャックス(東京都渋谷区恵比寿)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策に貢献する企業の環境保全活動の取り組みとして、カード素材の一部に植物由来原料を使用し、化石燃料の消費量や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に貢献できる、地球環境の改善に貢献できるクレジットカード「ジャックスeco(エコ)カード」を発行する。12月10日からジャックスのホームページで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として募集を開始すると発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の業界初のポイント制度として、環境問題と親和性の高い太陽光発電システムの購入に、ジャックス加盟店のソーラーローン(ショッピングクレジット)を利用することができるようにした。同時にジャックスeco(エコ)カードを申し込んだ場合には、ソーラーローンの支払い期間に応じた特別ポイントを付与するなど、さまざまな地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策につながる特典があるという。ジャックスでは、このカードを地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策における中核商品と位置づけ、初年度1万人の会員獲得を目指し、環境問題における企業の社会的責任を果たしていくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 東京都渋谷区のジャックスがecoカードで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策はこちら

東京都国立市は電気自動車(EV)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 東京都国立市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として電気自動車(EV)の普及拡大を推進するため、2011年4月から、東京都国立市役所北東端の空き地に電気自動車用の急速充電器を設置し、東京都国立市民向けに5年間無料で提供すると発表した。電気自動車(EV)用の電力はすべて、東京都国立市役所屋上に設置予定の太陽光発電パネルで発電した電力で賄う。東京都国立市は、本年度、東京都の補助金を受けて、東京都国立市内の介護事業者に対し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電気自動車(EV)の購入費を一部補助する事業を始めた。東京都のモデル事業のため対象は一介護事業者のみで、既に選定を終えている。今後、東京都国立市は、この事業者の協力を得て、電気自動車(EV)の走行距離などのデータを収集・分析し、バッテリーの小型化による価格低減など普及策を自動車メーカーに提案するという。東京都国立市は、この地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環の取組みで、東京都国立市役所敷地内に出力50kw程度の急速充電器と、容量5kwの太陽光発電パネルを設置することにした。太陽光発電システムの電力は、東京都国立市庁舎内で使用し、急速充電器の電力供給は別にするが、差し引きで太陽光発電量が上回れば地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として電力を賄ったことにする。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光パネルの発電量などを表示するモニターも東京都国立市役所ロビーに設置する予定をしており、東京都国立市は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電の効果を市民に実感してもらうとともに、東京都国立市民のニーズに応じた新たな電気自動車(EV)の車種や、市民が買いやすい価格の電気自動車(EV)の開発につながれば」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 東京都国立市は電気自動車(EV)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都中央区の東レはPLAABS樹脂EC75で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 東レ(東京都中央区日本橋室町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、ABS樹脂の環境配慮型グレードの新たな製品エコトヨラック『EC75』を12月から発売すると発表した。ABS樹脂は自動車の内外装部品や家電製品などに幅広く使用されているが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、今回開発したEC75は、ABS樹脂に植物由来でカーボンニュートラルのポリ乳酸(PLA)を配合しているという。PLAは地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減や、化石資源の消費量の削減に貢献できる素材とされている。しかし、これまで、その特性として、従来の石油系プラスチックと比較すると、耐衝撃性や耐熱性及び成形加工性などが劣っているほか、分解しやすいことから、樹脂成形用材料としては使い物にならなかった。今般、東レは独自のポリマーアロイ技術及びコンパウンド技術を開発することによって、樹脂コンパウンド段階でのPLA配合量の最適化を実現することができたという。ABS樹脂に対する相溶化技術とPLAの分解抑制技術を確立されたことによって、汎用ABS樹脂と同等の物性バランス及び成形加工性の性質を有し、これまで使用してきた金型を使用できる。EC75は汎用ABS樹脂との比較で化石資源の消費量を約3%削減でき、コンパウンドの樹脂製造から製品の焼却までのライフサイクルアセスメントでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を約4%削減できると試算している。また、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献できるだけでなく、耐光性及び湿熱老化も汎用ABS樹脂と同じ程度の性能であり、既に汎用ABS樹脂が適用されている自動車内装材などの用途にも適用できる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 東京都中央区の東レはPLAABS樹脂EC75で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都品川区のローソンが京都府京田辺市に地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の新店舗

 ローソン(東京都品川区大崎)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に向けて、店舗の消費電力量を2割削減するなど、環境問題に配慮した最新型の店舗を12月1日に京都府京田辺市にオープンする。新店舗は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として青いLED(発光ダイオード)照明を採用したほか、屋上には自然再生エネルギーの太陽光発電システムを搭載している。その発電した電力をリチウムイオン電池に蓄えるなどして、店舗の電力消費量を削減することができるという。また、雨水を活用して省エネ対策となる室外機や太陽光パネルを冷却するシステムや、夏季などの熱が店舗内に流入するのを抑制する高機能ガラスなどの設備を取り入れている。ローソンは、京都府京田辺市の最新店舗に導入された各システムについて、約1年かけて地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の検証を行った上で、2012年3月以降にオープンするローソンの新店舗については、すべて同じ地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の環境配慮型店舗にする方針だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 東京都品川区のローソンが京都府京田辺市に地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の新店舗はこちら

環境省の二酸化炭素(CO2)排出量の国内排出量取引制度による地球温暖化の原因防止対策

 環境省(東京都千代田区霞が関)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として政府が大企業を対象に2013年度の導入を目指す二酸化炭素(CO2)排出量の国内排出量取引制度について、導入後の対象企業の経費総額を明らかにした。環境省によると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の省エネ技術の導入などで鉄鋼やセメント、化学、自動車など産業部門は、年間600億~700億円の負担増になるが、オフィスビルなど業務部門は、逆に、同約400億~500億円の負担減になるという。環境省はこの日の中央環境審議会小委員会に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係る国内排出量取引制度の最終案を提示した。環境省は経済産業省(東京都千代田区霞が関)などと調整して年内にも政府方針を固めるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係る国内排出量取引制度は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を確実に削減するため、年1万トン以上の二酸化炭素(CO2)を排出する約4000事業所を対象に二酸化炭素(CO2)排出上限を定める仕組みである。国内で2020年に1990年比15~25%の二酸化炭素(CO2)排出量を削減するために必要な、企業による省エネ対策などの投資費用の総額を環境省が今回推計したものとなっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 環境省の二酸化炭素(CO2)排出量の国内排出量取引制度による地球温暖化の原因防止対策はこちら

大阪府門真市のパナソニックと東京都港区のNECが共同輸送で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 パナソニック(大阪府門真市大字門真)とNEC(東京都港区芝)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みとして、NECの全国輸配送網を利用して、パナソニックのデジタル家電とNECの情報通信機器の共同輸送を開始したと発表した。両社は3月から試験運行を実施し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の成果が確認できたため、10月12日から正式運行を開始した。共同輸送によって、走行距離の削減や積載率の向上によって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の環境負荷低減を目指すという。両社の共同輸送は、両社が参画する特定非営利活動法人ITS Japanで、道路と自動車間の情報の受発信、事故や渋滞、環境対策など、様々な課題をクリアする取組みを検討したことがきっかけになったという。具体的な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としては、パナソニック福島工場(福島県福島市)で生産しているデジタル家電製品の関西圏への自社輸送に関して、NECの全国輸送網の車両を使用するというもの。NECが生産している情報通信機器と混載し、関東・関西地区への共同輸送を行う。これによって、両社が運用するトラックの便数が半減し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が57t削減でき、交通渋滞の緩和、トラックの騒音低減などの効果も期待できるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 







 

> 大阪府門真市のパナソニックと東京都港区のNECが共同輸送で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

東京都台東区のゼネラルは滋賀県甲賀市において太陽光発電システムで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 プリンター用リサイクルトナーなどを製造販売しているゼネラル(東京都台東区台東)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、滋賀事業所(滋賀県甲賀市水口町)にクリーンエネルギーの大規模な太陽光発電システムを導入し、このほど運用を始めたと発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムの発電容量353kwと滋賀県内の工場で最大規模といい、同事業所で消費する電力の3分の1をまかなうことが可能だという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に取組む滋賀県の方針を受け、事業活動の低炭素化を図るため、太陽光発電システムを初めて導入した。滋賀県甲賀市の事業所内にある滋賀物流センターとトナー製造子会社エコロテック本社工場の屋根に計1,500枚の太陽光発電システムのパネルを敷設し、その設置面積は2500平方メートルにも及んでいる。太陽光発電システムの年間発電量は31万kwh時になり、一般住宅120戸分の年間電力消費量に相当し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に寄与するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 東京都台東区のゼネラルは滋賀県甲賀市において太陽光発電システムで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都港区の東京ガスは天然ガスハイブリッド車HVで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 東京ガス(東京都港区海岸)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、天然ガスハイブリッド車の試作車両を開発したと発表した。天然ガスハイブリッド車HVは、市販されているガソリンHVのトヨタ自動車「SAI」をベースに、化石燃料の中では燃焼時の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が最も少ない天然ガスを燃料に走行できるよう改造した。天然ガスハイブリッド車HVは、クリーンな天然ガスを燃料として利用するため、ベースのガソリンハイブリッド車HVよりも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を24%削減できる。また、ガソリン車と比べると二酸化炭素(CO2)排出量を62%削減できる効果があるという。天然ガスハイブリッド車HVの燃料となる圧縮天然ガス(CNG)は、ガソリン車よりも低廉な価格であるため、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の効果に加えて、燃料コストもガソリンハイブリッド車HVと比較して約半分、一般のガソリン車との比較では約4分の1に削減できる。今回開発した天然ガスハイブリッド車HVの試作車は、東京ガスが仕様を決定し、HKSが車両の改造を手掛けた。東京ガスでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の天然ガスハイブリッド車HVを「天然ガス自動車の未来を示すコンセプトカー」として位置づけ、各種展示会などのイベントに展示するとともに、営業車両としても使用し、性能を実証していくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 東京都港区の東京ガスは天然ガスハイブリッド車HVで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都港区のキヤノンマーケティングジャパンは三重県と岩手県の森林整備で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ:東京都港区港南)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、キヤノン製品の事務機器事業で生じる二酸化炭素(CO2)排出量を森林整備による二酸化炭素(CO2)吸収量でカーボンオフセットする活動を始めると発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としてのカーボンオフセットの対象は、キヤノン製複合機の製造時と使用済みカートリッジを回収し輸送する際に発生する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量で、今年の二酸化炭素(CO2)排出量はそれぞれ約100トンと約250トンになる見込みだという。キヤノンマーケティングジャパンでは、今回、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、三重県と岩手県の両県の森林整備を支援する。同社は2010年5月から取引先企業やNPO(民間非営利団体)などとともに「未来につなぐふるさとプロジェクト」を開始しており地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のカーボンオフセットによる森林整備もその一環の取組みになっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都港区のキヤノンマーケティングジャパンは三重県と岩手県の森林整備で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都千代田区の山武と三菱UFJリース、港区の三菱オートリースは電気自動車(EV)の国内クレジット制度で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 山武(東京都千代田区丸の内)、三菱UFJリース(東京都千代田区丸の内)、三菱オートリース(東京都港区芝)が共同で運営する電気自動車(EV)を利用した地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、CO2削減クレジット創出事業が、国内クレジット認証委員会で経済産業省(東京都千代田区霞が関)から事業承認を受けたと発表した。電気自動車(EV)のリース顧客を集めてコミュニティーを組織し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出枠を創出する。国内クレジット制度を活用した電気自動車(EV)による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策プロジェクトの事業承認は、初めてという。3社の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減創出事業は、電気自動車(EV)リースを利用する顧客が任意参加するコミュニティーを設立し、電気自動車(EV)の使用で削減される二酸化炭素(CO2)排出量を三菱オートリースが集計、管理して取りまとめ、二酸化炭素(CO2)国内クレジット認証委員会の認証を受ける。認証申請は、二酸化炭素(CO2)国内クレジット制度に関するノウハウを持つ山武と連携する。認証された地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出枠は三菱UFJリースが買い取り、二酸化炭素(CO2)排出枠関連サービスを提供する。事業を始めるに当たり、事業計画書を8月の第14回国内クレジット認証委員会に提出し、10月の第15回国内クレジット認証委員会で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策事業として承認された。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の承認を受けて、三菱オートリースが電気自動車(EV)コミュニティーの会員の入会受け付けを開始し、入会を希望する企業の資格確認を山武と実施する。第1回の入会企業の確定は11月上旬を予定している。電気自動車(EV)に装備されている情報提供サービス機器でデータを収集し、そのデータを基に各電気自動車(EV)の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減量を算出し、指定機関の審査の後、2010年度内をめどにクレジット認証を申請する。三菱UFJリースは買い取った地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出枠代金を電気自動車(EV)コミュニティーに支払い、電気自動車(EV)コミュニティーは電気自動車(EV)普及活動や環境貢献事業にあてる。電気自動車(EV)利用企業をコミュニティーとしてまとめることで、電気自動車(EV)による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減を国内クレジット事業として提案できたという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 東京都千代田区の山武と三菱UFJリース、港区の三菱オートリースは電気自動車(EV)の国内クレジット制度で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

トヨタ自動車は欧州連合(EU)で二酸化炭素(CO2)排出量削減1位で地球温暖化の原因防止対策

 欧州連合(EU)によると、自動車メーカーによる昨年の地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての二酸化炭素排出量(CO2)の削減幅は、トヨタ自動車(愛知県豊田市・東京都文京区)が1位を獲得するなるなど上位を日本のメーカーが占めたという。欧州連合(EU)のデータによると、トヨタ自動車は昨年、トヨタ自動車の自動車から排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を平均で10%削減しており、前年のトップだったドイツBMWの削減幅の5倍超に達したという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の2位は、日本のスズキ(静岡県浜松市南区)で削減幅は9.1%であり、3位はマツダ(広島県安芸郡府中町)で削減幅5.4%と続いた。昨年のトヨタ自動車の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は1キロメートルあたり132グラムであった。欧州連合(EU)は、2015年の二酸化炭素(CO2)排出量を平均130グラムとすることを目標にしているが、トヨタ自動車は、フランスプジョー・シトロエンやイタリアフィアットとともに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減の目標の達成が可能となった。欧州連合(EU)で販売された自動車による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は2009年、平均で1キロあたり145.7グラムで、2015年の目標を11%上回った。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> トヨタ自動車は欧州連合(EU)で二酸化炭素(CO2)排出量削減1位で地球温暖化の原因防止対策はこちら

東京都渋谷区の日本コカ・コーラと品川区のローソンは二酸化炭素(CO2)排出権付缶コーヒーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 日本コカ・コーラ(東京都渋谷区渋谷)と関連会社でつくるコカ・コーラシステムと、コンビニエンスストア大手のローソン(東京都品川区大崎)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、二酸化炭素(CO2)排出権付きの缶コーヒー「ジョージアグリーンプラネット」を11月2日から、全国のローソン8873店で発売開始した。缶コーヒー「ジョージアグリーンプラネット」は、環境保全基準を満たしたコーヒー豆を使用し、190g120円で販売する。缶コーヒーを1本購入するごとに、500gの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を相殺することができ、国の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に貢献する。ブラジルのバイオマス発電から創出される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出権を、日本コカ・コーラとローソンが費用負担して取得しており、国の二酸化炭素(CO2)償却口座に無償移転するという。日本コカ・コーラとローソンは、缶コーヒー「ジョージアグリーンプラネット」約300万本を販売予定している。これによって、約1500トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が相殺できる計算になり、これは、一般家庭7500世帯の1年分の電気使用量に相当するという。日本コカ・コーラとローソンは、昨年、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、同様の取り組みによって、8か月で約461万8000本の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出権付き清涼飲料を販売し、4618トンの二酸化炭素(CO2)排出量を相殺している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 東京都渋谷区の日本コカ・コーラと品川区のローソンは二酸化炭素(CO2)排出権付缶コーヒーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

旭硝子は茨城県神栖市でエコガラス生産による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 旭硝子(東京都千代田区有楽町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献し、断熱・遮熱性能に優れて、大きな省エネ対策効果もある高機能ガラス「エコガラス」の生産を倍増すると発表した。旭硝子の鹿島工場(茨城県神栖市)で約30億円を投資してエコガラスを構成するガラスのコーティング機械を新たに設置し、2012年4月の稼働を目指すという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など国民の環境意識が高まる中で、3月に住宅版エコポイント制度が始まるなどエコガラスの需要は急増している状況にあり、これを確実に取り込んでいくという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のエコガラスは、2枚のガラスを使った高機能ガラスで、ガラスの内側に施した特殊な金属膜の効果によって、夏季は太陽の熱を遮断して暑さを和らげ、冬季は部屋の温もりを逃さないという。このため、冷暖房機器の使用を抑えることができ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量も削減することができるという。茨城県神栖市にある旭硝子の鹿島工場は、エコガラスに特殊な金属膜をコーティングする工程を行っている。旭硝子は、最新鋭のコーティング設備を導入することによって、エコガラスの生産能力は年間680万平方メートルから1300万平方メートルと約2倍に拡大する。現在、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、住宅版エコポイント制度の導入や改正省エネ法による規制強化などで、省エネ効果の高いエコガラスが注目されている。このため、旭硝子では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のエコガラスの国内市場が2013年には倍増すると見込んでおり、「2013年にエコガラスのシェアを60%以上にまで引き上げたい」と意気込んでいる。現在、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するエコガラスは、旭硝子と日本板硝子、セントラル硝子が製造している。板硝子協会によると、既存住宅すべてにエコガラスが採用された場合、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量は年間1700万トンにも上るという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 旭硝子は茨城県神栖市でエコガラス生産による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都千代田区の三菱電機と東京電力は高効率水冷チラーで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 三菱電機(東京都千代田区丸の内)と東京電力(東京都千代田区内幸町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するため、省エネ性能と経済性を高めて小型軽量化したビル空調用の高効率水冷チラー「水冷コンパクトキューブ」を開発したと発表した。更新時期を迎えた既設設備のリニューアル需要用の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、三菱電機が12月20日から販売開始するという。新開発した高効率水冷チラーは、都市ガスなどを燃料にする既存型吸収冷温水機と比較して、冷房運転時の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を半分以上削減することができるという。水冷チラー設備は、ビルなどの空調に使用する冷水を作る機器で、冷房の排熱を冷却水へ放熱する熱交換器を備えている。1更新期を迎えている冷水と温水を都市ガスなどでつくる既設の熱源機及び吸収冷温水機と比べると、冷房運転時の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量排出量を54%、運転コストを24%削減するという、水冷チラーとしては国内最高水準の冷却運転効率を達成している。また、設備を運び込む時の制約を特に考慮して、新開発の高効率水冷チラーの水冷コンパクトキューブは、小型のモジュールを連結して設置する方式を採用しており、1台のモジュールのサイズを奥行き135cm、幅78cm、高さ186cm、重さ892kgと小型化した結果、13人乗りエレベーターでも搬入することができるという。これまで難しかった機械室入り口の幅90cmの狭い片扉部からでも搬入することが可能になっている。さらに、設備の保守・修理の作業性を容易にするため、内部の部品を簡単に引き出して点検・整備できる構造にしてあることから、余分なエネルギーを使わず地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる。三菱電機は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する高効率水冷チラーの小型・軽量化を実現することによって、搬入や設置に制約のある既存の業務用ビルのリニューアルに対応し、省エネ性及び経済性をアピールして置き換えを促していく。三菱電機は、今回の高効率水冷チラーの水冷コンパクトキューブの開発を機に、さらに小型軽量化と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に向けた高効率化を図っていくという。東京電力は、省エネ対策及び地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の効果の高い機器の開発と普及を推進する。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 東京都千代田区の三菱電機と東京電力は高効率水冷チラーで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

東京都港区のオリックス自動車はフィットハイブリッドHVのレンタカー・カーシェアリングで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 オリックス自動車(東京都港区芝三丁目)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、ホンダ(東京都港区南青山)のハイブリッドカー(HV)のフィットハイブリッドHVをオリックス自動車のレンタカー用及びカーシェアリング用に合計743台導入すると発表した。オリックス自動車のレンタカーとカーシェアリング用の車両としてハイブリッドカー(HV)の品ぞろえを増やすことで、利用者の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策と燃料コストの削減に貢献する。オリックス自動車は、これまでも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、ホンダのハイブリッドカー(HV)インサイトをレンタカーとして400台導入したほか、カーシェアリング全車両に二酸化炭素(CO2)排出量削減のカーボンオフセットを導入するなど、環境問題に配慮した取り組みを強化してきている。フィットハイブリッドHVのレンタカーでは、オリックス自動車全国457拠点に643台を配備し、11月12日からレンタルを開始するという。フィットハイブリッドHVのカーシェアリングは、12月中旬から首都圏・中部エリアで、2011年1月から大阪エリアで、の合計70拠点に100台を配備するという。また、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のフィットハイブリッドHV導入を記念して、オリックス自動車では、キャンペーンを11月12日から2011年3月31日まで実施する。期間中、オリックス自動車の対象店舗では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策キャンペーンとして、フィットハイブリッドHVのレンタル料金を通常料金の20%割引でレンタルする。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 東京都港区のオリックス自動車はフィットハイブリッドHVのレンタカー・カーシェアリングで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

東京都千代田区のセブン銀行は、セブン-イレブンの新型ATMで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献

 セブン銀行(東京都千代田区丸の内)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電力消費を従来機種から半減した現金自動受払機(ATM)をNEC(東京都港区芝)と共同開発したと発表した。2010年11月からテスト運用を開始し、2015年9月末までにセブン-イレブン(東京都千代田区二番町)などに設置しているATMの1万5000台すべてを、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の新型機に置き換えるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の新型ATMは、札の計算速度を従来機と比較して2倍の毎秒12枚にすることで、ATM取引1回当たりの稼働時間を3分の2までに短くした。また、ATM使用時以外は常に省エネモードになるように設定を変更したほか、ATM画面のバックライトには消費電力の少ないLED(発光ダイオード)を採用し、1台当たりの消費電力を現行機種から約48%削減し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減した。現行のATMすべてを新機種に変更すると、2300ヘクタールの森林が1年間で吸収固定する量に相当する年間約7000トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できるという。さらに、新型ATMは、耐用年数の長い部品やリサイクル可能な素材を採用することによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となり、環境負荷の低減も図った。セブン銀行は「国内の金融機関のATMの約1割を抱える銀行として、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策及び環境保護という社会的責任を果たしていきたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 東京都千代田区のセブン銀行は、セブン-イレブンの新型ATMで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献はこちら

東京都中央区の王子製紙がラオスでREDD+(レッドプラス)による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 王子製紙(東京都中央区銀座)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、ラオスで展開している王子製紙の植林事業を対象にした「REDD+レッドプラス)」に関する事業化調査を実施すると発表した。これは経済産業省(東京都千代田区霞が関)の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策である「地球温暖化対策普及等推進事業」の委託事業として採択されたものである。植林による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)吸収量と、森林減少・劣化を抑制することによる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量の計測手法などを2011年3月まで検討するという。REDD+(レッドプラス)とは、途上国で森林の破壊や劣化を回避して地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出を削減すること(REDD)に加え、植林事業や森林保全で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の吸収固定による蓄積量を増加させる考え方である。REDD+(レッドプラス)の枠組みが構築されれば、ラオスの植林事業による森林減少及び劣化回避での地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減と併せて二酸化炭素(CO2)吸収量の増加による効果も認められるため、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての事業化について調査することにしたという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策事業化調査では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)吸収量と森林の減少・劣化抑制での地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量の計測、報告、検証などREDD+(レッドプラス)の方法を開発するほか、生物多様性の保全を含む地球環境問題対応策とその相乗効果や、特定の地域を対象にした企業の社会貢献活動と地元住民の雇用創出など地域の経済効果を調べる。また、REDD+(レッドプラス)の調査に加えて、期待できる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)クレジットの試算や、この二酸化炭素(CO2)クレジットを日本の二酸化炭素(CO2)排出削減量に移転する仕組みも検討する。王子製紙のラオスでのREDD+(レッドプラス)の植林事業は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、ラオス中部で2005年から5万haを目標に開始し、2010年からはさらに南部で3万haの目標で始めている。王子製紙は海外8か国の13か所の植林事業で計24万haのREDD+(レッドプラス)の植林地を保有し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献し、持続可能な森林資源の活用を進めているが、今回のラオスのREDD+(レッドプラス)の調査で枠組みを構築し、他の地域のREDD+(レッドプラス)の植林事業でも展開したい考えだという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 東京都中央区の王子製紙がラオスでREDD+(レッドプラス)による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都中央区の三井不動産レジデンシャルは杉並区に家庭用燃料電池エネファームで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 三井不動産レジデンシャル(東京都中央区日本橋室町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、東京ガス(東京都港区海岸)の家庭用燃料電池エネファーム」を全戸に標準装備した建売分譲住宅「ファインコート浜田山」を11月中旬から販売すると発表した。建売住宅に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の家庭用燃料電池エネファームを標準装備するのは、三井不動産レジデンシャルでは初めてのケースとなる。「ファインコート浜田山」は、東京都杉並区浜田山に建設中の建売分譲住宅で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など顧客の環境問題への関心の高まりを受け、新たな試みとして家庭用燃料電池エネファームを標準で導入したという。家庭用燃料電池エネファームによって、エネルギー利用効率を高め、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減することができる。ファインコート浜田山では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、家庭用燃料電池エネファームのほかにも、省エネ法のトップランナー基準相当の設備・仕様などを採用している。家庭内における消費エネルギーを画面に表示する機能を持った給湯リモコン「エネルックリモコン」のほか、窓ガラスには遮熱性及び断熱性の高いLow-Eペアガラスを装備している。外観はアースカラーを基調に各戸が個性を持ちながら、統一感のある街並みとし、コンセプトは自然庭園住宅で、常緑樹や落葉樹、季節の花々などを配し、四季を感じられる住環境としている。場所は、京王電鉄の井の頭線「浜田山駅」から徒歩10分の距離にあり、住宅から徒歩4~5分の場所に柏の宮公園や塚山公園がある。三井不動産レジデンシャルは、今回の家庭用燃料電池エネファーム導入のように、建売住宅への地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する環境技術の導入を推進している。このほか、つくばエクスプレス・柏の葉キャンパスエリアで行われている地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「CO2見える化プロジェクト」やエコ活動を応援するウェブサイト「すまいのECOチャレンジ」も開設している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 東京都中央区の三井不動産レジデンシャルは杉並区に家庭用燃料電池エネファームで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都渋谷区のテラモーターズは地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を排出しない激安格安電動バイクSEEDを発売

 電動バイクを販売するベンチャー企業のテラモーターズ(東京都渋谷区宇田川町34番5号サイトービルIII5階)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、中国浙江省で製造し最終工程は日本で行っている家庭用電動バイク「SEED(シード)」を、車両本体価格9万9,800円という激安格安価格で、家電量販店のヨドバシカメラマルチメディアAkiba(東京都千代田区)とヨドバシカメラマルチメディア梅田(大阪府大阪市北区)で販売を開始した。大手メーカーが地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として販売している電動バイクは、高容量のリチウムイオン電池を使用していることから、格安価格といっても15万円前後する電動バイクが多くなっている。テラモーターズの格安家庭用電動バイク「SEED(シード)」は、リチウムイオン電池ではなく格安な鉛電池を使用しているほか、電動バイクの機能を絞り込んで10万円以下の格安価格を実現したという。家庭用電動バイク「SEED(シード)」の別売りの専用充電器は1万8900円で、8時間でフル充電でき、最高速度45キロ、連続走行距離約40キロと格安家庭用電動バイクといえども十分な性能を持たせているうえ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にも貢献するものとなっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 東京都渋谷区のテラモーターズは地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を排出しない激安格安電動バイクSEEDを発売はこちら

東京都港区の清水建設は次世代型省エネオフィスで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 清水建設(東京都港区芝浦)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献するシステムとして、センサーで人を検知し、照明及び空調を自動的にオンオフ制御可能なオフィス向けの次世代型省エネオフィスシステムを開発した。個人の席の在席の有無による制御に加え、会議用の共用スペースも制御可能とすることで、一般的なオフィスに比べ地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を6割削減できるという。次世代型省エネオフィスは大手ゼネコン各社も開発しており、社員のいる部分だけに照明を当てたり、冷暖房できるなど自動制御による大幅な省エネ対策実現をうたっている。清水建設が開発した次世代型省エネオフィスシステムは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、清水建設技術研究所(東京都江東区)内で10月から実証実験を開始した。電気をためる蓄電池を使い、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献し、再生可能エネルギーを制御できる次世代送電網(スマートグリッド)に対応させたのが大きな特徴となっている。次世代送電網(スマートグリッド)対応型の次世代型省エネオフィス制御システムは大手ゼネコンでは初めてのシステムとなる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の再生可能エネルギーの太陽光発電システムで発電した電気を蓄電池にためて使用するほか、人のいる部分のみ照明・空調を稼働させることで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減でき、電力会社から購入する年間の電気代も1割ほど削減できる。財団法人省エネルギーセンター(東京都中央区八丁堀)によると、オフィスの消費電力の約7割が空調・照明となっており、これを抑制することが地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のポイントとなる。大手ゼネコンは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などエコ意識の高まりを背景として、オフィスにおいてもエネルギー制御システム需要が高まると判断し、独自の次世代型省エネオフィス制御システム開発・導入を進めている。次世代型省エネオフィス制御分野で最も先行しているのが鹿島建設(東京都港区元赤坂)で、2007年以降、鹿島建設の本社ビルや研究所内などに自社開発の省エネシステムを採用し、外部ビル向けにも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、数件の受注を獲得している。竹中工務店(大阪府大阪市中央区本町)は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、照度や温度などのセンサーを統合制御する省エネシステムを関連会社の本社ビルで導入している。大成建設(東京都新宿区西新宿)も、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、東京都内のオフィスビルでシステム運用を始めたほか、大林組(東京都港区港南)は研究所内に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の制御システムを導入している。オフィス部門の省エネ対策は家庭部門と並んで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策が大きな課題となっている。鹿島建設では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、省エネシステムを採用したビルは、近い将来当たり前になると話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都港区の清水建設は次世代型省エネオフィスで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

東京都港区のNECと品川区のNECパーソナルプロダクツは山形県米沢市のPC輸送のモーダルシフトで二酸化炭素(CO2)排出量削減による地球温暖化の原因防止対策

 NEC(東京都港区芝)とNECパーソナルプロダクツ(東京都品川区大崎)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、ビジネスPCの輸送時のモーダルシフトの実施と輸送の効率化を図ることにより、物流時に排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を約25%削減すると発表した。NECはこれまでPCの製品輸送時に発生する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するため、PC製品の梱包箱の容積削減の設計改良に取り組み、この2年間で40%の小型化を実現した。その結果、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減といった環境問題に加え、1度に輸送できる物量が増加でき、輸送や保管に係るコスト低減の効果もあったという。今回、さらに地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を図るため、ディーゼルエンジンのトラックなどの輸送と比較して、80%以上の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果があるJRの貨物列車の輸送に切り替えるモーダルシフトを実施するという。PC梱包箱の小型化による輸送の効率化とモーダルシフトを実施することにより、物流時に排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を約25%削減するという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のモーダルシフトについては、まずは、PCの開発生産拠点であるNECパーソナルプロダクツ米沢事業場(山形県米沢市下花沢)から関西方面への出荷分からモーダルシフトを開始し、順次、対象エリアを拡大していくという。2010年10月から地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のモーダルシフトの試行を開始し、最終的にはビジネスPCの約30%をモーダルシフトで鉄道輸送に変更する。モーダルシフトの導入に当たっては、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するとはいえ、貨物列車輸送はトラック輸送よりもPCの積込等に時間を要するため、山形県米沢市の米沢事業場ではPC生産の革新や生産・物流管理システム(MESシステム)を強化したという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都港区のNECと品川区のNECパーソナルプロダクツは山形県米沢市のPC輸送のモーダルシフトで二酸化炭素(CO2)排出量削減による地球温暖化の原因防止対策はこちら

東京都千代田区のYKKAPは高断熱性住宅用窓で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 YKK AP(東京都千代田区神田和泉町1)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策と省エネ住宅に貢献する、アルミと樹脂の複合窓枠や複層ガラスを使い高断熱性に優れた住宅用窓「APW310」の発表会を、東京都墨田区の自社ビルで行った。YKK APが地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、昨年開発した住宅用窓「APW330」の姉妹版になるという。住宅用窓枠が樹脂のみの住宅用窓APW330に対し、APW310は住宅の外側窓枠にアルミを使用し、住宅外面の耐火性及び耐久性を向上させるとともに、日本の消費者の間で根強いアルミ人気に応えた住宅用窓となっている。窓を枠に接着する特殊技術で実現しており、断熱効果は住宅用窓APW330と同様に高く、アルミのみで枠を作った同社の窓と比べて、年間の光熱費を25%に押さえ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量も25%に削減できるという。住宅用窓については、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の観点から、住宅用樹脂窓の普及率はヨーロッパで45%、アメリカや中国で30%程度あるものの、日本では10%以下と高断熱や遮音性の高さなど性能の割りに人気がない。YKK APでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する樹脂窓の製造販売を挑戦と位置付け、「日本の標準として国内外に知らしめたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区のYKKAPは高断熱性住宅用窓で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

東京都千代田区の東京電力と三菱総合研究所は原子力発電所の2国間オフセットクレジット制度で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 東京電力(東京都千代田区内幸町)と三菱総合研究所(東京都千代田区大手町)は、ベトナムに原子力発電所を輸出した場合、どの程度の地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、二酸化炭素(CO2)排出削減効果があるかを調査する事業を経済産業省(東京都千代田区霞が関)から受託したと発表した。国際的に売買できる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出枠を生み出す2国間オフセットクレジット制度の仕組み作りを目指すという。フランスや韓国などと競争しているベトナムにおける原子力発電所プロジェクト受注で優位に立ちたい考えだ。東京電力と三菱総合研究所は、ベトナムのエネルギー事情などについて2011年3月まで調査を実施し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の算定の手法などをまとめ経済産業省に報告する。ベトナムで出力100万kwの原子力発電所を建設した場合に、既存の火力発電所を使い続ける場合と比較して年間で500万トン程度の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果があるという。先進国が途上国の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に協力し、二酸化炭素(CO2)排出枠を得る国連のクリーン開発メカニズム(CDM)は、原子力発電所の建設を対象として認めていないが、日本は2国間オフセットクレジット制度の枠組みを新たに作り、新興国で需要が高まっている原子力発電所を対象とする方針だという。経済産業省などは今回の調査結果を活用し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、原子力発電所の2国間オフセットクレジット制度の仕組みを適用したい考えだという。日本が得た原子力発電所の二酸化炭素(CO2)排出枠を地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減目標達成のために使ったり他国に売却できれば、その分、輸出する原子力発電所の価格を引き下げることもできる。今後は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、2国間オフセットクレジット制度の排出量取引制度のあるヨーロッパ諸国などとも協調していくことも必要になるだろう。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区の東京電力と三菱総合研究所は原子力発電所の2国間オフセットクレジット制度で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

東京都港区の東京ガスは酸化金属還元技術で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 東京ガス(東京都港区海岸)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する技術として、金属が酸化する際の発熱を利用する次世代燃焼システムの開発に着手したことを発表した。天然ガスを燃料とし、排気から地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を容易に分離できるほか、工業用ガスとして利用可能な窒素も得ることができるという。東京ガスでは、今後、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、他の企業にも共同研究を呼びかけ、2020年の実用化を目指したいという。東京ガスの次世代燃焼システムは、鉄やニッケルなど金属の粉末を使い、金属に空気を吹き付け酸化させ熱を得て、その後、酸化金属に還元剤として天然ガスを吹き付け、再び金属を酸化させるというケミカルループ燃焼を研究開発する。金属を酸化させる際には、窒素が発生し、酸化金属を還元する際に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)と水分の混じった排気が発生する。冷ませば地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)は90%以上の濃度で回収できることから、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を地中に閉じこめるCCS技術と組み合わせれば効率的な地球温暖化の原因防止対策となるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都港区の東京ガスは酸化金属還元技術で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都新宿区の東京都庁で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因対策を検討するアジア大都市ネットワーク21を開催

 東京都を始めアジア諸国の各都市が集まる第9回「アジア大都市ネットワーク21」(アジネット)の総会が11月7日から、東京都庁(東京都新宿区西新宿二丁目8番1号)で開催される。4日間の日程で、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの地球環境問題や産業振興をテーマに意見交換を行うという。アジア大都市ネットワーク21アジネットは、石原慎太郎東京都知事の呼び掛けで始まり、これまで小型ジェット機の研究開発や災害時における危機管理対策について取り組んできた。アジア大都市ネットワーク21の会員は、ソウルや台北、デリーなど11都市で、東京都における会議の開催は2001年の第1回以来となる。今回のメーンテーマは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする地球環境問題を取り上げる。各都市の急速な経済成長に伴う、水や大気の汚染対策、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策について話し合う。東京都は、先進的に取り組んできた上下水道の技術や、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を紹介する。り組んできた。アジア大都市ネットワーク21の大会に併せて11月6~9日には、東京都庁都民広場で各国の料理などが楽しめるイベント「アジネット21展」が開催される。東京都はPRのため、無機ELパネルを利用した、人が近づくと音声案内が始まる「光る、しゃべるポスター」を作製し、20日から東京都の新宿西口イベントコーナーなどで展示するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都新宿区の東京都庁で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因対策を検討するアジア大都市ネットワーク21を開催はこちら

京都府京都市の京セラはCat-PECVD薄膜Si型太陽電池で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 京セラ(京都府京都市伏見区)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する薄膜Si型太陽電池の研究開発状況を発表した。面積1cm2の薄膜Si型太陽電池のセルで、安定化前の変換効率13.8%を確保しているという。2010年10月19~21日に東京都江東区有明のTFTホール(東京ファッションタウンビル 西館2F)で開催中の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策セミナー「ネイチャーフォトニクス・テクノロジーコンファレンス」(テーマ:太陽光発電の将来展望)で発表した。13.8%を実現したのは、アモルファスSi層と微結晶Si層を重ねたタンデム構造の、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の薄膜Si型太陽電池である。京セラは、微結晶Si層の形成にCat-PECVDと呼ぶ手法を用いて実現したという。通常の薄膜Si型太陽電池のPECVDでは、SiH4とH2を同時にチャンバーに入れることになる。しかし、京セラでは、1800℃で熱したWやTaなどのワイヤを触媒(Catalyzer)としてH2を分解後、チャンバーに導入することによって、薄膜Si型太陽電池の品質の高い微結晶Si層を形成できたという。Cat-PECVDを用いた場合の薄膜Si型太陽電池の微結晶Si層の成膜速度は1.6nm/秒だという。通常のPECVDによる方法で、成膜速度で形成した薄膜Si型太陽電池の変換効率は11%前後しかなかった。通常のPECVDで発電効率を13.8%に高めるには、成膜速度を0.9nm/秒前後に下げる必要がある。これを実現した京セラは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するため、薄膜Si型太陽電池の大面積化などの課題解決に向けて研究を続けるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京都府京都市の京セラはCat-PECVD薄膜Si型太陽電池で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都新宿区の熊谷組は排出量取引の国内統合市場の試行的実施で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減目標を達成

 熊谷組(東京都新宿区津久戸町)は、建設業界から唯一参加していた政府の地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「排出量取引の国内統合市場の試行的実施」で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の目標値を達成したと発表した。2008年度から2009年度で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量の目標値に3002t上積みしたという。熊谷組は球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量取引には参加しておらず、3002tの二酸化炭素(CO2)排出量削減の超過達成分の販売はしないという。熊谷組は、自社の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の計画として、「2007年度の二酸化炭素(CO2)排出量原単位の実績値から毎年1%二酸化炭素(CO2)を削減する」との削減目標を設定していた。熊谷組の球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の取組みは、2008年度及び2009年度ともに削減目標値を上回り、積み増した二酸化炭素(CO2)の削減量は、二酸化炭素(CO2)換算で2008年度が2121t、2009年度が881tだったという。熊谷組では、大山ダム(大分県日田市大山町)や鳴門ジャンクション(徳島県鳴門市)での省燃費運転実施研修や、コスト削減効果のリーフレット「省燃費運転のポイントと具体的な効果」の作成などが球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減目標値達成につながったと分析している。熊谷組CSR推進室は「建設業で唯一の排出量取引の国内統合市場の試行的実施への参加であり、業界の内外に対して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の先進的な取組み姿勢をアピールできた」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都新宿区の熊谷組は排出量取引の国内統合市場の試行的実施で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減目標を達成はこちら

東京都千代田区の環境省は家庭部門の二酸化炭素(CO2)排出量削減で地球温暖化の原因対策

 環境省(東京都千代田区霞が関)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を強化していくため、家庭部門の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向け「日常生活CO2情報提供ツール」を作成し、2011年1月に公開すると発表した。家庭で使用する化石エネルギーの光熱費使用量などの情報を基に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を算出し、省エネ対策のための日常行動や省エネ機器について理解を促すものとなっているという。政府の新成長戦略に盛り込まれた、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の環境省による「環境コンシェルジュ制度」と併せて、家庭部門からの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減対策を加速する。家庭部門からの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は、ライフスタイルの夜型化や、家庭での家電製品などのエネルギー使用機器の増加などが原因で、1990年度との比較で3割以上増加しているという。環境省は、有識者による「温室効果ガス見える化推進戦略会議」で家庭部門の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減策を検討し、情報提供ツールとして、環境家計簿の「我が家の環境大臣」や省エネ対策製品情報ナビゲーションの「しんきゅうさん」を開発してきた。日常生活CO2情報提供ツールは、環境省が2009年度に試行的に開発していたが、今回、これを改良して本格的に活用できるようにするという。情報提供ツールを使用すると、家庭における光熱費、水道代、住居費、食費などの入力情報を基に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を算出し、家電製品などの買替による二酸化炭素(CO2)削減量と省エネルギーによる家計の節約効果などを示すことができるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区の環境省は家庭部門の二酸化炭素(CO2)排出量削減で地球温暖化の原因対策はこちら

東京都千代田区の日立製作所はリチウムイオン電池のアメリカJCIと提携で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 日立製作所(東京都千代田区丸の内)は、電気自動車(EV)などに使用され、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の主要製品となるリチウムイオン電池の先端電池事業で、アメリカの自動車部品大手のジョンソン・コントロールズ(JCI)と提携すると発表した。今後、電気自動車(EV)など車載用やスマートグリッド(次世代送電網)向けの、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるリチウムイオン電池を中心に、開発や生産及び販売などで協力していくという。アメリカのジョンソン・コントロールズ(JCI)は、自動車向け鉛蓄電池の世界市場で3分の1以上のシェアを誇る企業であり、アメリカだけでなく世界約150か国で自動車向け鉛蓄電池事業を展開している。ジョンソン・コントロールズ(JCI)は、自動車向け鉛蓄電池以外にも内装部品なども手がけている。日立製作所は、こうしたジョンソン・コントロールズ(JCI)が持つ大手自動車メーカーとの取引関係を生かし、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のリチウムイオン電池の販売網の拡大を図りたいとしている。日立製作所は2000年には、日産自動車の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるハイブリッド車(HV)にリチウムイオン電池を供給するなど技術で先行していたが、韓国勢を含む電機各社のリチウムイオン電池への参入で値引き競争が激化しているという。既に、日立製作所が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、リチウムイオン電池の供給を決めているアメリカゼネラル・モーターズやいすゞ自動車に加え、新たなリチウムイオン電池の供給先の確保が課題となっている。日立製作所は、今後、アメリカのジョンソン・コントロールズ(JCI)とさらに新たな次世代電池の開発も進め、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のリチウムイオン電池の売上高を2009年度の1400億円から2014年度には2500億円まで引き上げたいとしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区の日立製作所はリチウムイオン電池のアメリカJCIと提携で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都港区の日本通運はリサイクルボックスのカーボンオフセットで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 日本通運(東京都港区東新橋)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みの一環として、三菱UFJリース(東京都千代田区丸の内)を通じて調達する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出権で二酸化炭素(CO2)排出量をカーボンオフセットする取り組みを開始したと発表した。日本通運は、企業の機密書類を安全かつ効率的に処分又はリサイクルするためのリサイクルボックス(PRB)をオフィスに設置し、回収処分するサービスを行っているが、リサイクルボックスの収集運搬時に排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量をカーボンオフセットで削減するという。日本通運は、機密文書回収サービスとしてカーボンオフセット付きのリサイクルボックスを企業に対して販売し、日本通運が三菱UFJリースから購入した二酸化炭素(CO2)排出権を日本政府に無償譲渡し、京都議定書で定めた二酸化炭素(CO2)削減目標の達成に貢献する意向だという。日本通運は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、カーボンオフセット付き機密文書回収サービスの導入に伴い、従来どおり販売価格は変更しないという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都港区の日本通運はリサイクルボックスのカーボンオフセットで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

山梨県北杜市は小水力発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 山梨県北杜市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環の取組みとして、三峰川電力(東京都千代田区)と共同で、山梨県北杜市大泉町、高根町の村山六ケ村堰せきに新たに3か所、小水力発電施設を整備すると発表した。山梨県北杜市高根町には、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、既に小水力発電施設1か所があるが、今回の計画で4つの施設が同じ堰に造られることになる。山梨県北杜市は、この4か所の発電所を「村山六ケ村堰ウオーターファーム」として山梨県内外に積極的にPRし、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する環境創造都市を目指す「山梨県北杜市」のイメージアップにつなげる目的がある。山梨県北杜市の小水力発電施設事業計画では、山梨県北杜市大泉町の西沢地点に最大出力220kwの小水力発電施設、山梨県北杜市高根町の川子石地点に同170kwの小水力発電施設と蔵原地点に同185kwの小水力発電施設の3か所に整備する。いずれの小水力発電施設も総落差約50メートルの水力を利用する水路式小水力発電となるという。山梨県北杜市の小水力発電施設の年間発電量は約402万6千kw/hを見込んでおり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果は約1680トンになる予定だという。この小水力発電施設の整備に対して、このほど、新エネルギー導入促進協議会(東京都豊島区)が山梨県北杜市への補助金支出を決定した。山梨県北杜市の小水力発電施設は本年度設計に着手し、2013年3月の運用開始を目指すという。三峰川電力が小水力発電施設建設と維持管理及び東京電力への売電を行う。山梨県北杜市は地元調整を行うほか、三峰川電力に導水管路敷設の占用料を免除する方向で検討しているという。山梨県北杜市では、2007年3月に、高根町長沢地点に水力発電所「クリーンでんでん」を設置しており、合計の想定年間発電量は639万6千kw/hになるという。これは、山梨県北杜市の一般家庭1777軒分の年間使用電力量に相当し、年間約2673トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減につながるという。同一の用水路に4か所の小水力発電所が設置される山梨県北杜市の事例は、全国的にも珍しい事例だという。山梨県北杜市環境課は「民間が小水力発電施設の開発主体となって山梨県北杜市がサポートする全国でも先進的な取組みであり、山梨県北杜市の目玉施策として、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献したい。北杜サイト(山梨県北杜市長坂町夏秋の太陽光発電実証研究施設)のように、多くの人に訪れてもらえる工夫もしたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 山梨県北杜市は小水力発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都千代田区の東京商工会議所は二酸化炭素(CO2)排出量削減し地球温暖化の原因防止対策のサイトを作成

 東京商工会議所(東京都千代田区丸の内)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、中小企業の地球温暖化対策に役立つ環境情報を集めたホームページ「地球温暖化対策を新たな成長の原動力に~今すぐできる中小企業向けヒント集」を開設したと発表した。サイトでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量や化石燃料の一次エネルギー使用量を簡単に把握できる仕組みを紹介している。そのほか、国や東京都などの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への支援策を紹介し、光熱費削減や環境ビジネス育成に成功した企業の取組実例なども閲覧できるという。東京商工会議所が2008年に会員企業6664社を対象に行った地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する意識・実態調査によると、約9割の会員企業が地球温暖化の原因防止対策は重要と認識していた。ただ、自社の環境問題対策の課題については「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のための情報入手」をあげる企業が最も多く、5割超を占めていたことから、情報提供を行うサイトの作成を行ったという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区の東京商工会議所は二酸化炭素(CO2)排出量削減し地球温暖化の原因防止対策のサイトを作成はこちら

東京都千代田区の古河電気工業は二酸化炭素(CO2)排出量削減するスマートグリッドで地球温暖化の原因防止対策

 古河電気工業(東京都千代田区丸の内)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に対応し、スマートグリッドに関連した電気の送配電技術や通信技術の開発体制を一層強化するため、研究開発本部の環境・エネルギー研究所の一部とファイテルフォトニクス研究所の一部を集約し「パワー&システム研究所」を新設すると発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を推進する環境問題から、電力関連市場はスマートグリッドの活性化、超電導など次世代技術の加速が求められている。古河電気工業はグループ内で情報を共有化し、スマートグリッド関連事業のグループ戦略を策定・提案するとともに、スマートグリッド関連プロジェクトを推進する「スマートグリッド新事業推進室」を今年8月に設置している。今回、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を強化するため、古河電気工業が新設するパワー&システム研究所は、スマートグリッド新事業推進室が策定した戦略や重点的に取組む新たな電力関連事業の提案を受け、研究開発を促進するために設置するという。古河電気工業の内部組織として「スマートエナジー開発部」及び「パワープロダクツ開発部」を平塚事業所(神奈川県平塚市東八幡)内に、「超電導応用開発部」を千葉事業所(千葉県市原市)内に設置するという。これは、古河電気工業社内やグループ会社に分散しているスマートグリッド技術を集約・融合して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する開発力を強化し、新製品のスマートグリッド開発を促進する目的だという。今回の古河電気工業の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を目的とした研究開発本部内の機能集約に伴い、「環境・エネルギー研究所」は「環境・エレクトロニクス研究所」に名称変更し、同時に「高分子技術センター」、「放熱・実装技術開発部」、「コンポーネンツ技術開発部」、「有機分析グループ」、「海洋エネルギーグループ」を設置するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区の古河電気工業は二酸化炭素(CO2)排出量削減するスマートグリッドで地球温暖化の原因防止対策はこちら

東京都中央区のヤマト運輸と港区の三菱自動車は軽商用電気自動車(EV)で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策

 ヤマト運輸(東京都中央区銀座)と三菱自動車(東京都港区芝)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献していくため、軽商用電気自動車(EV)を利用した集配の実証走行試験を実施すると発表した。ヤマト運輸は、集配業務等の事業活動に伴う地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を低減するため、軽商用電気自動車(EV)の採用を検討してきた。今回、ヤマト運輸の実証走行試験に軽商用電気自動車(EV)を開発中の三菱自動車が協力し、両社で軽商用EV実証走行試験車を集配に使用して実証実験を行うという。ヤマト運輸による軽商用電気自動車(EV)の走行試験は、10月15日(金)から東京都大田区内の集配業務を中心に実施する。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての、ヤマト運輸の軽商用電気自動車(EV)の実証試験には、三菱自動車の軽商用ガソリンバン「ミニキャブバン」をベースに、市販している電気自動車(EV)「i-MiEV」に搭載している専用電気自動車コンポーネントを搭載した試験車を制作し、これを実際の集配業務用車として使用する。軽商用電気自動車(EV)による集配走行でのデータを収集・分析して実用性を確認する。ヤマト運輸は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する安全・エコドライブ指導車として、三菱自動車の電気自動車(EV)i-MiEV10台を既に導入しており、今後、今回の試験結果を踏まえ、軽商用電気自動車(EV)の採用についても検討する。三菱自動車は、試験結果を自社の商品開発にフィードバックして、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する軽商用電気自動車(EV)の早期の市販化を目指すという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都中央区のヤマト運輸と港区の三菱自動車は軽商用電気自動車(EV)で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策はこちら

大阪府は電気自動車(EV)のAutolib(オートリブ)カーシェアリングで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 大阪府大阪市で、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みの一環として、オリックス自動車(東京都港区芝)、日本ユニシス(東京都江東区豊洲)、イード(東京都中野区中央)、ジェーシービーJCB(東京都港区南青山)の協力の下、2011年1月から、電気自動車(EV)の共同利用事業プロジェクトを発足する。これは、環境省(東京都千代田区霞が関)が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策事業として実施している、平成22年度地球温暖化対策技術開発等事業において「電気自動車(EV)による日本版Autolib(オートリブ)に関する技術開発」の採択を受けた取組みである。Autolib(オートリブ)は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、フランスのパリ市で2011年から運用開始予定となっている電気自動車(EV)カーシェアリングで、3000台の電気自動車(EV)と1000か所の電気自動車(EV)カーステーションを設け、24時間365日電気自動車(EV)を利用可能とするものである。現在、パリ市が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として行っている自転車貸出システム「Velib(ヴェリブ)」が成功したことから、電気自動車(EV)カーシェアリングにおいても同様に無人で貸出・返却を行おうとするものである。今回の電気自動車(EV)による日本版Autolib(オートリブ)プロジェクトでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として大阪府大阪市において、日本版オートリブの実現に向けた技術開発を行うという。電気自動車(EV)による日本版Autolib(オートリブ)プロジェクトでは、日産自動車(神奈川県横浜市西区高島)の電気自動車(EV)「リーフ」用のカーシェアリングシステムや、大阪府が推進し近畿圏への普及を目指す「大阪府充電インフラネットワーク」利用時にエコ・アクション・ポイントが付与される仕組みのほか、電気自動車(EV)利用時に目的地までの走行距離確認や充電場所情報をスマートフォンで入手できる情報提供システムなどといった、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として大阪府下で電気自動車(EV)社会の普及推進に向けたサービスを開発するという。このうち、オリックス自動車は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、「充電インフラシステムと連携した電気自動車(EV)カーシェアリングシステムの開発」を目的とし、電気自動車(EV)リーフ用カーシェアリング車載装置の開発や、大阪府内内でのワンウェイ(乗り捨て)運用ロジックの開発を担当する。日本ユニシスは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電気自動車(EV)カーシェアリングシステム、充電場所情報提供システム、エコ・アクション・ポイントシステムとのシステム連携を開発する。イードは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電気自動車(EV)の大阪府内の充電場所情報提供システムの開発として、貸出用電気自動車(EV)の出発地から目的地までの走行距離事前確認、走行ルート周辺部の電気自動車(EV)充電可能場所の確認、また、日本ユニシスと連携し大阪府内の充電スタンドの満空情報の提供システムを開発する。ジェーシービーは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、大阪府のエコ・アクション・ポイント利用における電気自動車(EV)充電インフラと、ユーザーインターフェースについて開発を行う。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての大阪府の実証事業の3年計画のうち、1年目は12台の日産自動車の電気自動車(EV)リーフを導入予定であり、3年後には約50台の電気自動車(EV)導入を大阪府は計画しているという。また、大阪府は、2011年度以降には、大阪府内で電気自動車(EV)のワンウェイ利用の実証実験を行うなど、カーシェアリングの利便性をさらに向上させるためのサービスの開発を計画しているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 大阪府は電気自動車(EV)のAutolib(オートリブ)カーシェアリングで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

愛知県豊田市・東京都文京区のトヨタ自動車はバイオPETで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策

 トヨタ自動車(愛知県豊田市東京都文京区)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みとして、原料の3割を石油からサトウキビに転換した新型プラスチックを、車両の内装に順次採用する。石油の消費を抑えるとともに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定する植物の使用で地球温暖化防止に貢献する狙いがあるという。トヨタ自動車が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として使用する新型プラスチックは、バイオポリエチレンテレフタレート(バイオPET)である。これは、現在、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、ペットボトルの容器包装には使用されているが、量産型自動車への採用は世界で初めてのケースだという。トヨタ自動車はバイオPETを、平成23年発売予定の高級ブランド「レクサス」の小型ハイブリッド車「CT200h」のトランク部分に採用する。平成23年には、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を進めるため、バイオPETなど植物由来の素材が内装の8割を占める車種も発売する。トヨタ自動車はこれまで、トウモロコシを原料にした別の素材を一部車種の内装に使っていたが、それに比べるとバイオPETは摩耗や熱への耐久性が大幅に向上し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にも一層貢献するものになっているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県豊田市・東京都文京区のトヨタ自動車はバイオPETで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策はこちら

アイドリングストップ車のエコカーで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のエコカーとしては、ハイブリッド車や電気自動車(EV)に注目が集まっているが、最近、拡大しているのがマツダ(広島県安芸郡府中町)などが積極的に展開するアイドリングストップ機能を搭載した自動車である。これは、自動車の信号待ちなどの停車時にエンジンを完全に停止させることによって、燃料の消費を抑える機能を搭載し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するものとなっている。アイドリングストップ車が削減することができる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は、停車中に排出される分に限定されるというものの、ハイブリッド車や電気自動車(EV)、あるいはクリーンディーゼル車などと比較して、ガソリンエンジン車に部品を追加するだけなのでコストを抑えることができ、さらに、間違いなく燃費を向上させることができる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となるアイドリングストップ車については、従来、路線バスなど一部の業務用車両でしか採用されていなかったが、最近になって乗用車にも採用されるようになってきた。環境省(東京都千代田区霞が関)の試算によれば、ガソリンエンジン乗用車では10分間のアイドリングにおける燃料消費量は平均0.14リットルとされ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)に換算すると約90gの排気ガスが排出されることになる。東京都内で登録されている約400万台の自動車が、毎日、アイドリングを10分ずつ短縮したとすると、1年間で約13万tの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)が削減できることになる。これは、日本全体の1年間における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の約5万人分に相当する。また、都市部などの混雑した道路では自動車の走行時間のうち47%は停車しているという、財団法人省エネルギーセンター(東京都中央区八丁堀)の調査結果があり、自動車の走行時間のうちの25%程度はアイドリングストップが可能で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)が削減できる。このアイドリングストップを実施すれば、約14%の燃費改善効果があり、停止からエンジン始動時の燃料消費増加分を考慮しても、5秒以上のアイドリングストップができれば、省エネ効果と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> アイドリングストップ車のエコカーで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

建設業の環境自主行動計画では地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量が削減

 日本建設業団体連合会(東京都中央区八丁堀)、日本土木工業協会(東京都中央区八丁堀)、建築業協会(東京都中央区八丁堀)の3団体は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関連して、「建設業の環境自主行動計画」に関する第13回の調査結果を発表した。それによると、2009年度の施工高1億円当たりの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量原単位は、1990年度比で11.2%減少した。2012年度までの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減目標値である13%には届かなかったものの、2008年度と比較して改善した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の調査期間は2009年10月~2010年4月であり、建築工事1252件及び土木工事1150件を調査対象とし、工事現場における電力、灯油、軽油、重油の使用量を把握し、施工高1億円当たりの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を算出した。2008年度の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量原単位は1990年度比で12.3%減少しており、2009年度の11.2%は前年度から悪化したかのように見える。ただし、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量原単位は建築工事と比較すると土木工事の方が大きくなり、全施工高に占める土木工事の割合が2008年度から2.4%増加したことが、全体の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減率を悪化させていることになる。実際の施工高1億円当たりの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は、土木工事が2008年度の6万3600kgから6万1670kgへ減少しており、建築工事においても2008年度の1万3961kgから1万3792kgへと減少している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)総排出量は、1990年度との比較で50.8%減少したが、施工高も1990年度から44.7%減少しているため、3団体の地球温暖化原因防止対策ワーキンググループの見解は「実際の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減率は6%程度」ではないかとみている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減率を項目別に見ると、高効率照明の採用やエアコン暖房への切り替えなどは率が高いが、省燃費運転研修は極めて実施率が低かった。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 建設業の環境自主行動計画では地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量が削減はこちら

香川県高松市のタダノは東京大学の大型風力推進船のウインドチャレンジャー計画で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 クレーンを製造・販売しているタダノ(香川県高松市新田町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策と省エネルギー対策として、東京大学(東京都文京区本郷)が推進する大型風力推進船開発プロジェクト「ウインドチャレンジャー計画」に参画する。タダノの油圧クレーンのアームを伸縮させる技術を大型風力推進船の特殊な帆を上げ下げする技術に応用し、風力推進船の主要部品開発を担当することで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の大型風力推進船開発プロジェクトに貢献するという。東京大学が研究開発を進める大型風力船は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、船の甲板に樹脂で強化した炭素繊維製の帆を取り付けてあり、海上の風力を主動力とし、エンジンを補助的動力として航行するものとなっている。この大型風力推進船プロジェクトは、大型商船の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策と燃料費の削減が開発の目的であり、試算では重油を燃料とする船と比較して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を64%削減でき、燃料消費費は3分の1以下になるという。東京大学の大型風力推進船プロジェクトでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に対応した、全長300mになる18万トンクラスの貨物船を新造する計画であり、甲板には伸ばせば高さ50m、幅20mの帆9枚を立てる計画で、2015年までに大型風力推進船の実用化を目指す計画となっている。タダノは、アームの長さが60mの大型クレーンの製造技術があり、これを地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての帆を伸縮したり、風向きに合わせて回転させる技術に応用し、油圧伸縮の仕組みを取り入れるマストの設計段階から担当するという。大型風力推進船の帆と一体化したマストは、タダノの志度工場(香川県さぬき市)で製造する。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の大型風力推進船プロジェクトは、東京大学大学院工学系研究科が2009年10月に立ち上げたものであり、既に、商船会社や造船会社、繊維メーカーなど5社1団体が研究機関に参画している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 香川県高松市のタダノは東京大学の大型風力推進船のウインドチャレンジャー計画で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

東京都港区の清水建設はオフィスゴミのバイオガス発電・バイオメタノール化で二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因の防止対策

 清水建設(東京都港区芝浦)が、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みとして、オフィスで出る紙ごみや家庭の食品ごみなどのオフィスゴミ「バイオ系廃棄物」をバイオエネルギーへ変える実証実験に取り組んでいる。清水建設では、新エネルギー・産業技術総合開発機構NEDO)に採択された地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の技術として、短時間で効率よくオフィスゴミを電気や燃料に転換できる次世代技術「ビル・バイオマスター」の実証プラントを自社工場に設置している。2011年3月ごろまで実証運転を行い、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、オフィスビルや工場などで実用化を目指す。元々ゴミでしかない廃棄物を削減できるだけでなく、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策や省エネ対策にもつながり、一石三鳥の新技術といえる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としては、清水建設によると、実証試験中の「ビル・バイオマスター」であるが、実用化を前に問合せが相次いでいるという。この技術は、紙ごみから廃木、食品残渣、農業副産物といったものまで様々な種類の廃棄物を高熱分解することによって一時処理が始まる。そこで得られたバイオガスから電力とバイオメタノールを作り出す仕組みだ。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、燃焼性に優れたバイオガスを使った発電と、貯蔵及び運搬に適したバイオメタノールという異なったエネルギーを作り出せることが大きな特徴となっている。「ビル・バイオマスター」では、原料の廃棄物1kgから、発電量約1kw/h相当のバイオガス、又は約400ccのバイオメタノールを合成することができる能力がある。「ビル・バイオマスター」を利用すると、ビルの電力消費量が多い昼間はバイオガスを使って発電し、電力需要が下がる夜間はバイオメタノールを合成して燃料として貯蔵することができる。生成したバイオメタノールは、バイオディーゼルやボイラーの燃料として使用することができ、微生物の発酵によるバイオエタノール生成と比較して、短時間で効率よくバイオエネルギーに転換できるほか、プラントを小型化したことで、都市再開発の地下スペースにも容易に組み込めるという。現在、木材加工などを手がける清水建設の東京木工場(東京都江東区)に「ビル・バイオマスター」の実証実験用プラントが設置されており、2段階の燃料合成プロセスを経て2種類の燃料を合成する。原料をガス化する「浮遊外熱式高カロリーガス化装置」及び、製造したガスをメタノール化する「多段メタノール合成装置」を備えている。清水建設は2005年からオフィスゴミのバイオガス発電・バイオメタノール化技術の研究開発に着手してきた。2008年には基本的な性能検証を完了し、2008年7月からは新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「地域バイオマス熱利用フィールドテスト事業」に採択され、実証試験用の装置が完成した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都港区の清水建設はオフィスゴミのバイオガス発電・バイオメタノール化で二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因の防止対策はこちら

東京都千代田区のJFEエンジニアリングは生ゴミのバイオガス発電で地球温暖化の原因になる二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 JFEエンジニアリング(東京都千代田区丸の内)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、中国河南省鄭州市全域のレストランから出る日量200トンの生ゴミで発電するバイオガス発電システムを、中国青海省の「青海潔神」から受注した。JFEエンジニアリングによると、鄭州市の生ゴミのバイオガス発電システムは、今年中に着工し、来年中に稼働させる予定だという。JFEエンジニアリングは青海潔神から今後、同様の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する生ゴミのバイオガス発電システムを年2~3件受注を見込んでいるという。JFEエンジニアリングの生ゴミのバイオガス発電システムは、生ゴミを一旦粉砕してから、発酵するものとそうでないものに分別し、発酵するものからメタンガスを取り出して900kwの電力を発電する仕組みになっている。日量200トンの生ゴミがあれば、年間7500時間発電可能であり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の大きな削減対策となっている。中国の青海潔神は2006年に設立され、生ゴミの収集や処理場の建設及び運営などを行っている会社である。青海省西寧市内では、レストランから排出される生ゴミの収集事業を行っているが、生ゴミのバイオガス発電システムまで手掛けるのは今回が初めてのケースになる。同社が鄭州市の事業を始めるに当たり、過去に人的つながりのあった日本のJFEエンジニアリングの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる、生ゴミのバイオガス発電システムが採用されたという。中国では、生ゴミだけでなく、産業廃棄物や下水汚泥なども埋め立て処分してきた。しかし、最終処分場が少なくなったことや、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など環境問題保全の観点から、中国政府はゴミの無害化及び再資源化を推進している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区のJFEエンジニアリングは生ゴミのバイオガス発電で地球温暖化の原因になる二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

東京都港区の富士通はライセンス証書発行中止で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 富士通(東京都港区東新橋)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、これまで紙で提供していたミドルウエア製品のライセンス証書発行を段階的に終了し、インターネットを利用したWebで契約内容を確認できる方式に変更する。現在年間で約40万枚発行しているライセンス証書の発行を5年後をメドに終了することで、今後5年間で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を約180トン削減することができるという。富士通では、ミドルウエア製品の販売開始から約20年間、ライセンス証書を発行してきたが、「近年の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策といった環境問題への貢献意識の高まりから、Webを通じてのライセンス契約内容の確認作業を望む企業が増えた」ため変更するという。富士通によると、Webに切り替えることによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献することに加えて、ライセンス証書用の紙や梱包物がいらなくなるほか、ライセンス証書の保管スペースが不要になったり、検収作業がWebの画面を見ながら行えるようになったりするメリットもあるという。富士通が今回地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として証書の発行を終えるのは、Windows及びLinuxで動作するミドルウエア製品群になるという。UNIXのミドルウエアのライセンス証書発行は、既に2010年6月から終え始めているという。こうしたUNIX向けミドルウエア製品で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての効果が確認できたことで、UNIXよりも富士通の製品数が多いWindowsとLinux向けミドルウエア製品についてもライセンス証書の発行を終了することにしたという。富士通では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策をさらに進めるため、今後、パッケージソフト向け証書の廃止も検討している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都港区の富士通はライセンス証書発行中止で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

地球温暖化の原因防止対策として二酸化炭素(CO2)排出量を削減する風力発電施設への苦情

 環境省(東京都千代田区霞が関)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策自然エネルギーとして期待されている全国289か所の風力発電施設のうち、住民から風力発電施設の騒音に関する苦情が寄せられたことがあるのは16%に当たる64施設であったと発表した。このうち25施設は今年4月1日時点でも風力発電施設への苦情が続いていたという。しかし、風力発電施設は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく寄与することから、環境省は、今後、風力発電施設の立地条件と風車等による騒音との因果関係や、風力発電施設の騒音が人体の健康に与える影響などを詳しく調査を行い、風力発電施設の建設や管理における配慮事項を盛り込んだ風力発電施設騒音対策ガイドラインを策定するという。環境省の調査は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として設置され、総出力20kw以上の稼働中の風力発電施設を持つ電力会社など186事業者と所在地の都道府県を対象に、4月1日現在の風力発電施設の状況をアンケートで聞いた。64の風力発電施設は、不快感や窓の振動などの原因とされる100ヘルツ以下の低周波音を含む騒音によって、周辺住民から風力発電施設への苦情や改善の要望書が出たことがあったという。このうち、39の風力発電施設では、設備の改良や早朝夜間の運転停止などの対応を取ったことから周辺住民からの苦情は解消なくなっている。また、風力発電施設の風車が10基以上稼働している大規模な施設の45%で苦情が寄せられるなど、風力発電施設が大型化するほど騒音の影響が大きいことも分かったという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 地球温暖化の原因防止対策として二酸化炭素(CO2)排出量を削減する風力発電施設への苦情はこちら

東京都世田谷区の住友スリーエムはカーボンオフセットで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策

 住友スリーエム(東京都世田谷区玉川台)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として効果的な窓ガラスから室内に入る日差しを遮断する機能性フィルムに、二酸化炭素(CO2)排出を二酸化炭素(CO2)排出権で削減する手法「カーボンオフセット」を取り入れたと発表した。建築材料として、カーボンオフセットによる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減は初めてのケースになるという。カーボンオフセットによる二酸化炭素(CO2)削減を適用したのは、住友スリーエムの窓ガラスに張りつける日射調整フィルム「ウインドウフィルム」の一部製品だという。ウインドウフィルムは、日差しの熱を抑制できるため、冷房時の電力消費の抑制につながり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる。しかし、ウインドウフィルムの製造や輸送時に1平方メートル当たり1.18~1.29kgの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量があるという。このため、インドの風力発電から生じる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出権を購入することにより、フィルム事業で生じる二酸化炭素(CO2)排出量をカーボンオフセットで相殺することについて、気候変動対策認証センターによる第三者認証を取得したという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都世田谷区の住友スリーエムはカーボンオフセットで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策はこちら

東京都渋谷区のリサイクルワンは港区で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策ビジネスのセミナーを開催

 株式会社リサイクルワン(東京都渋谷区渋谷)は、平成22年10月20日(水)10:00からWTCコンファレンスセンターRoomB1(東京都港区浜松町二丁目4番1号)において、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関するセミナーを無料で開催すると発表した。プログラムでは、「加速する地球温暖化政策の動向と企業経営への活かし方」と題して、株式会社リサイクルワン 温暖化対策事業部マネージャー田之畑聡氏が講演を行う。国内排出量取引制度環境税新エネ全量買取制度など、企業を取り巻く地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係わる政策は今まさに激しく動いている。これらの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の動向は今後の企業経営に大きく影響することから、本セミナーでは最近の政策動向を俯瞰しつつ、単なる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への法規制対応だけでなくコスト削減やマーケティングへの活かし方も、事例を交えて考える。次に、「地球温暖化への対応とビジネスへの活用方法」と題して、日本興亜損害保険株式会社(東京都千代田区霞が関)CSR部長伊東正仁氏が講演を行う。東京都環境確保条例を始めとして、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の規制強化への動きが進む中、各企業の地球温暖化の原因防止対策への取組みが、より一層求められてきている。大手保険会社の日本興亜損保では、カーボンニュートラル企業を目指し、様々な取組みを行っている。今回は、既に実施している地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としてのカーボンマネジメントの取組みに加えて、新たに展開された企業の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減支援サービス等について講演する。次に、「電気自動車関連ビジネスの最前線」と題して、兼松株式会社(東京都港区芝浦)事業推進部チーフビジネスコーディネーター五ノ坪良輔氏が講演を行う。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献する電気自動車(EV)の普及が本格化しようとしている状況で、電気自動車(EV)関連ビジネス市場も拡大が確実視されている。電気自動車(EV)の販売から通信ネットワークにまで広くパートナー企業との連携を築きながら、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の電気自動車(EV)ビジネスの立ち上げを推進しているのが、総合商社兼松である。今回、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を踏まえて、電気自動車(EV)ビジネスの現場の最前線で活躍中の講師が、電気自動車(EV)の市場動向や事業展開の内容及びヒントについて講演する。最後に、「低炭素社会で勝ち抜く環境ビジネス ~政策動向と事業化の見方、考え方~」と題して、株式会社リサイクルワン環境コンサルティング事業部マネージャー藤平慶太氏が講演を行う。スマートグリッド、電気自動車(EV)、二酸化炭素(CO2)排出権、新エネルギー全量買取制度など、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、次世代の環境問題に関する事業に対してのシーズが次々に芽ばえてきている中で、環境問題事業への進出や新規事業戦略の構築を検討されている企業が急増している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の先行事例を紹介しながら、環境問題ビジネス戦略の視点、考え方のヒントを講演する。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都渋谷区のリサイクルワンは港区で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策ビジネスのセミナーを開催はこちら

東京都千代田区の環境省は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の環境白書表紙絵募集

 環境省(東京都千代田区霞が関)が実施する「平成23年版環境白書表紙絵コンクール」の募集が2011年1月15日まで行われている。環境白書(環境・循環型社会・生物多様性白書)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする地球環境問題や循環型社会の形成、生物多様性について、その状況と関係する施策を毎年環境省が公表している。環境省の「環境白書表紙絵コンクール」は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など環境白書の内容を象徴する絵画を環境省が公募し、その表紙などに使用することで、環境白書の一層の普及を図り、環境問題、循環型社会、生物多様性といった地球環境問題に対する国民の関心を高め、持続可能な活力ある社会を構築する行動をとってほしいという願いのもと、毎年実施されている。環境省の「環境白書表紙絵コンクール」は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への機運が高まった平成11年版環境白書から実施されており、今回で13回目の募集となる。環境白書の募集部門は、小・中学生の部、一般の部(高校生以上)、今回から「アーティストの部」が新設されており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を訴えかける作品に対して、それぞれ賞状と記念品が授与される。審査は、環境教育の専門家、美術の専門家等、環境省及び事務局が選任する審査委員によって行われる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区の環境省は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の環境白書表紙絵募集はこちら

三重県大台町は森林整備による二酸化炭素(CO2)排出量の吸収固定で地球温暖化の原因対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、企業活動などで生じた二酸化炭素(CO2)排出量を町有林で吸収固定する排出量取引を始めた三重県大台町は、愛知県名古屋市で10月11日から始まる国連地球生きもの会議(COP10)で排出される二酸化炭素(CO2)を吸収する団体に選ばれた。環境省(東京都千代田区霞が関)や外務省(東京都千代田区霞が関)などで構成されている「COP10日本準備事務局」によると、会議には期間中、193の国と地域から8,000人が参加する予定であり、航空機や鉄道による移動や会議の際の照明等の電力などで、3万1,000トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が見込まれている。準備事務局から業務委託を受けた「カーボンオフセット事務局」は、排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を相殺する二酸化炭素(CO2)吸収量を売る「オフセットクレジット制度」に取組む団体や企業を公募していた。これに国内の13の地方自治体や企業からの応募があり、すべてがオフセットクレジット制度の取引対象に選ばれたという。カーボン・オフセット事務局は、国内13団体から購入する二酸化炭素(CO2)吸収量2,571トンのうち、217トンの二酸化炭素(CO2)吸収量を三重県大台町から購入するという。三重県大台町が売る地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)吸収量は、住友林業(東京都千代田区大手町)の800トン、三菱UFJリース(東京都千代田区丸の内)の486トンに次いで3番目の二酸化炭素(CO2)吸収量になるという。残りの2万4,000トンの二酸化炭素(CO2)吸収量は、海外取引で相殺するという。オフセットクレジット制度による二酸化炭素(CO2)吸収量の取引で三重県大台町は数百万円ほどの収益が得られることになるが、二酸化炭素(CO2)を吸収固定する町有林の森林整備や地域振興などに充当するという。尾上武義三重県大台町長は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策も話し合われる会議に認めていただけた。二酸化炭素(CO2)を吸収固定する森林整備をしっかり進めていかなければ」と話している。三重県大台町には、ナゴヤドーム約320個分の1,600ヘクタールの大台ケ原を始めとする町有林があり、1990年以降の森林整備で間伐した144ヘクタールで2,389トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を吸収可能として環境省から認証を受けていた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 三重県大台町は森林整備による二酸化炭素(CO2)排出量の吸収固定で地球温暖化の原因対策はこちら

島根県益田市の小学校はバイオディーゼル燃料(BDF)車の学習で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 山陰地方の島根県及び鳥取県においては、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献する、廃食油を精製したバイオディーゼル燃料(BDF)の四輪駆動車で世界一周を果たした写真家山田周生さん(東京都練馬区)が学校を訪問している。島根県益田市では小学校を訪ね、児童に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の少ないバイオディーゼル燃料(BDF)車を披露した。山田さんは2007年12月から約1年をかけて、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の少ないバイオディーゼル燃料(BDF)車を使って世界中を巡った。島根県益田市の益田市立益田小学校(島根県益田市本町)では、17か国の地元の家庭やレストランで分けてもらった廃食油計6500リットルを燃料にして、バイオディーゼル燃料(BDF)車で約4万8千キロを走破したことを、4・5年生137人に話をした。また、実際にサハラ砂漠やシベリアの凍土も走行したバイオディーゼル燃料(BDF)車を益田市立益田小学校の校庭に持ち込み、車の後部に積み込んだ廃食油の精製機を紹介し、児童は持参した廃食油を給油した。このバイオディーゼル燃料(BDF)車は他からバイオディーゼル燃料の供給を受けるのではなく、車内の自前の設備で廃食油を燃料に精製してしまうという、究極の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策が施された車である。山田さんは島根県及び鳥取県に滞在し、島根県松江市の小学校などで講演する。山田さんは「地球はあちこちで傷んでいる。島根県益田市から、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策や、身近な環境保護に取り組んでほしい」と話していた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 島根県益田市の小学校はバイオディーゼル燃料(BDF)車の学習で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

東京都港区の本田技研工業はフィットハイブリッドで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 本田技研工業(東京都港区南青山)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する、ハイブリッド車フィットハイブリッド」を発売した。フィットハイブリッドの価格は、159万円~210万円で、ハイブリッドシステムにホンダ独自のIMA(インテグレーテッド・モーター・アシスト)を採用している。フィットハイブリッドは、最高出力65kW(88PS)/5800rpm、最大トルク121Nm(12.3kgm)/4500rpmを発生する直列4気筒SOHC8バルブ1.3リッターエンジンと、最高出力10kW(14PS)/1500rpm、最大トルク78Nm(8.0kgm)/1000rpmを発生するモーターを組み合わせることによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を極めて低減している。これにより、フィットハイブリッドは、10・15モード燃費で30.0km/Lを達成している。フィットハイブリッドには、実用燃費の向上を図り、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するため、省エネ対策としてドライバーの低燃費運転を支援するエコアシスト(エコロジカル・ドライブ・アシスト)機能を装備する。また、フィットハイブリッドには、通信費無料のリンクアップフリーとインターナビ・ルートを採用した「Honda HDDインターナビシステム+リンクアップフリー」を設定している。また、iPhone用アプリ「インターナビドライブ情報」を10月28日から提供するという。フィットハイブリッドのHondaHDDインターナビシステムは、カーナビ本体によってルート案内を行うのではなく、膨大な量のインターナビ交通情報に加え、道路ごとの燃料消費量や有料道路の料金などの多彩な情報を考慮したルート計算をサーバー側で行い、通信によってカーナビに配信する仕組みとなっている。このため、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる省燃費ルートやETC割引を考慮したルートなどをフィットハイブリッドの運転手に案内することが可能になっている。また、実用燃費の向上をアシストする「エコアシスト」機能と合わせて、一層、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる。フィットハイブリッドのインターナビによるルート案内には通信が必要だが、リンクアップフリーは、通信費無料で情報サービスを利用可能なのが特徴となっている。フィットハイブリッドの運転中でも、インターナビ情報センターに自動接続してデータ通信を行い、最新の交通情報に基づいた精度の高いルート誘導を行うことができる。フィットハイブリッドのリアルタイム走行データ(フローティングカーデータ)収集量が増加することにより、ナビ情報の精度向上にも貢献するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都港区の本田技研工業はフィットハイブリッドで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都中央区の三井不動産レジデンシャルは杉並区のエネファーム住宅で二酸化炭素(CO2)排出量を削減して地球温暖化の原因防止対策

 三井不動産グループで住宅分譲を手掛ける三井不動産レジデンシャル(東京都中央区日本橋室町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する東京ガス(東京都港区海岸)の家庭用燃料電池コージェネレーション(熱電併給)システム「エネファーム」を全戸に標準装備した東京都杉並区の建売住宅の販売を11月中旬から開始すると発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するとはいえ、エネファームは高価なため、これを標準装備する建売住宅は少ないといい、三井不動産レジデンシャルでは初めてのケースだという。この東京都杉並区の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる建売住宅は、全8戸の「ファインコート浜田山」である。場所は京王電鉄井の頭線浜田山駅から徒歩10分又は同西永福駅から徒歩9分の東京都杉並区浜田山にある。建売住宅の1戸当たりの土地面積は、115.75~124.65m2で、同建物面積は92.58~99.61m2であり、木造2階建の間取りは3LDKと4LDKがある。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献するエネファームは、東京ガスの都市ガスから水素を取り出し、空気中の酸素と化学反応させて発電し、その際に発生する熱を家庭内の給湯に利用するシステムである。エネファームの発電によって家庭で使用する電力の一部を賄うことができ、電力使用量の多い時には電力会社からの電気を使うことになる。エネファームはエネルギー利用効率が非常に高く、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減することができる。ファインコート浜田山は、エネファームの他にも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策がなされており、消費エネルギーを表示する省エネ給湯リモコン設備の設置や、遮熱性・断熱性に優れたLow-Eペアガラス(低放射複層ガラス)によって住宅の省エネ性を限りなく高めている。自然庭園邸宅をコンセプトにしており、常緑樹や落葉樹をうまく配置し、季節の花で四季の自然を感じられる自然環境を都会に作っている。三井不動産レジデンシャルでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする環境性能をアピールして販売するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都中央区の三井不動産レジデンシャルは杉並区のエネファーム住宅で二酸化炭素(CO2)排出量を削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

大阪府大阪市の積水化学工業と東京都港区の日本電気NECは業務提携で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を強化

 積水化学工業株式会社(大阪府大阪市北区西天満・東京都港区虎ノ門)と日本電気株式会社(NEC:東京都港区芝)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を一層推進していくため、両者が有している次世代型住宅(スマートハウス)の中核技術であるHEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)領域で業務提携することに合意したと発表した。これは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として太陽光発電システムの累積搭載実績が最大の積水化学がHEMS領域のノウハウと、情報通信技術で最大のNECが有する高度な情報通信技術やクラウド構築の実績を組合わせる、これによって、家庭内の再生可能エネルギーや自然エネルギー利用に関して、人の目で一目で識別できる「見える化」を図り、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のクラウドを利用したHEMSの普及とHEMS搭載住宅で10%以上の省エネ対策を目指すという。今後、NECが電力測定装置と家庭用PCでエネルギー消費量を「見える化」するアプリケーションソフトを開発し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として積水化学が製品の最終評価を行い、太陽光発電システムを搭載したセキスイハイムと組合せて販売を開始する計画だという。また、NECは、将来的にこの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係るシステムを販売展開していくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 大阪府大阪市の積水化学工業と東京都港区の日本電気NECは業務提携で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を強化はこちら

地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するトヨタ自動車のハイブリッド車(HV)プリウスが200万台突破

 トヨタ自動車(愛知県豊田市東京都文京区)は10月7日、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献する車として、ハイブリッド車(HV)「プリウス」の世界販売台数が2010年9月末で200万台を突破したと発表した。世界初の量産ハイブリッド車(HV)として1997年12月に発売されたプリウスは、2008年4月末に100万台を突破するまで10年以上を要したが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など環境問題への機運の高まりも得て、その後のわずか2年5か月という期間で100万台を上乗せしたことになる。ハイブリッド車(HV)プリウスの2010年9月末までの累計販売台数は約201万2千台となっている。ハイブリッド車(HV)プリウスは、当初、日本国内だけの販売だったが、2000年から海外でも販売を始めた。ハイブリッド車(HV)プリウスは、燃費が桁違いによく、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が少ないため、海外市場でも人気が高く、これまでの地域別販売台数は北アメリカが約93万9千台と最多になっており、日本市場は約82万7千台、ヨーロッパは約20万6千台となっている。ハイブリッド車(HV)プリウスは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として環境問題に貢献していることから、ハリウッドスターやセレブの間でもマイカーとしている者が数多くいるのでも有名だ。トヨタ自動車では、2010年代のできるだけ早い時期に、世界で年間100万台のハイブリッド車(HV)の販売を目標としている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するトヨタ自動車のハイブリッド車(HV)プリウスが200万台突破はこちら

愛知県名古屋市の豊田通商はバイオPETで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 豊田通商(愛知県名古屋市中村区名駅・東京都千代田区丸の内)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として需要の高まっている、サトウキビの植物由来原料を使用した合成樹脂や繊維素材として使われるバイオPET(ポリエチレンテレフタレート)の原料を製造する合弁会社を台湾大手化学品メーカーと設立する。全量を引き取ったうえで、最終製品のバイオPETを、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など地球環境問題への意識の高い飲料メーカーや自動車メーカー向けにアジアのPETメーカーに委託して販売するという。合弁相手は、これまで石化PETを購入していた台湾の中国人造繊維で、今後、バイオMEGと呼ばれる原料を2011年末から年間約20万トン生産する。バイオPETは、植物由来原料を使うことで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減につながるため需要が拡大しており、2015年には100万トンに増産する計画を持っている。トウモロコシなどの植物由来原料と異なり、人や動物の食料と競合しないサトウキビから精製されるバイオエタノールをブラジル最大の石油会社のペトロブラスから調達する。植物由来原料調達から中間加工、最終製品のバイオPETの販売まで総合的に手がけるのは世界でも初めてのケースだという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への対応が叫ばれている現在、地球環境問題への意識の高まりで、化石燃料である石油を原料とする従来の石化PETボトルから、地球環境問題への環境負担を軽減できるバイオPETに切り替える飲料メーカーが増えているほか、自動車製造メーカーもフロアマットなどの内装材にバイオPET製品に切り替える動きが広がっている。現在はPET全体の需要は4500万トンほどあるが、そのうち、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するバイオPETの占める割合は200万トンとわずか5%にとどまっている。しかし、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への関心が高まっている中、2015年にはバイオPETの市場は300万トンにまで拡大する見込みだという。豊田通商は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に一層貢献していくため、トヨタ自動車(愛知県豊田市トヨタ町・東京都文京区後楽)とバイオPETを使ったカーシートや天井の素材などを共同開発する計画となっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県名古屋市の豊田通商はバイオPETで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都千代田区の三菱商事が京都議定書のCDMで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 三菱商事(東京都千代田区丸の内)では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策には、市場メカニズムを使った「地球環境問題と経済の共生」が必要であるとの認識の下、いち早く二酸化炭素(CO2)排出権ビジネスに取り組んでいるが、この度、京都議定書が定める地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減プロジェクトのCDM案件の国連登録件数が日本企業で初めて50件に到達したと発表した。三菱商事の地球温暖化の原因防止対策のCDM案件開発は、2006年3月に国連登録されて以来、2010年9月24日付で50件目の国連登録を達成した。その間の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の年間削減量は、二酸化炭素(CO2)排出量換算で累計約24百万トン/年となった。これら以外にも現在CDM案件の約30件が国連登録手続き中にあり、登録済みCDM案件の50件との合計の年間における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量は約29百万トン/年となる見込みだという。また、京都議定書第一約束期間である2012年末までの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出権の創出総量は約9千万トン分を予定している。三菱商事では、引き続き、総合商社の強みを生かし、世界各国における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減プロジェクトの立ち上げや、多岐にわたる需要家への二酸化炭素(CO2)排出権の着実な受け渡しなど、二酸化炭素(CO2)排出権ビジネスを通じて地球温暖化の原因防止対策に貢献していくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区の三菱商事が京都議定書のCDMで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

三菱自動車が岡山県倉敷市で電気自動車(EV)生産による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 三菱自動車(東京都港区芝)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献する電気自動車(EV)「i-MiEV(アイ・ミーブ)」のヨーロッパ向けと、フランス自動車大手プジョーシトロエングループ(PSA)向け車両の量産を水島製作所(岡山県倉敷市)で開始し、12月から発売する。今後、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の観点から、環境規制が厳しくなるヨーロッパでは、電気自動車(EV)の普及が期待されており、日欧の大手自動車メーカーが相次いで投入する計画だという。三菱自動車は同業他社に先駆けて、ヨーロッパ電気自動車(EV)市場に参入することで、先行利益を確保したい考えだ。益子修三菱自動車社長は同日、水島製作所で開かれた電気自動車(EV)量産開始式で、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する世界初の電気自動車(EV)量産メーカーとして今後も先頭を走っていきたい」と意気込みを語った。今回、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電気自動車(EV)量産をスタートしたのは、三菱自動車ブランドのヨーロッパ仕様車とPSAにOEM供給する車両となっている。欧州仕様の三菱自動車の電気自動車(EV)は、英仏独など14か国で発売する。1回の充電で走れる距離が国内向け電気自動車(EV)よりも15%向上させており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策とともに、ヨーロッパの衝突・安全基準にも対応するため装備を追加している。PSAに供給する電気自動車(EV)も同様の性能及び装備となっており、PSAはプジョーブランドの「iON」として、シトロエンブランドの「C-ZERO」として販売するという。三菱自動車は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策が追い風となっている状況下で、2010年度中にはヨーロッパ向けとPSA向けの合計で5,000台の電気自動車(EV)を生産する計画を持っている。三菱自動車とPSAは、PSAの小型商用車の電気自動車(EV)モデルを共同開発することでも合意しており、PSAは2012年にスペイン工場で電気自動車(EV)生産を開始する予定をしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 三菱自動車が岡山県倉敷市で電気自動車(EV)生産による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都立川市はレンタサイクルで二酸化炭素(CO2)排出削減する地球温暖化の原因対策

 東京都立川市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、多摩モノレール高松駅(東京都立川市高松町)を起点としたレンタサイクル事業の社会実験を始めている。東京都立川市は、第2次自転車総合計画に基づき、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない自転車の特長を生かしたまちづくりに取り組み、地球環境問題に優しい自転車利用の促進や適正利用に向けた仕組みづくりを総合的に実施している。今回の社会実験は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、東京都立川市が本格的にレンタルサイクルを導入するに当たって、問題点の把握のために実施することになった。東京都立川市は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、高松駅西側の自転車置き場内にレンタサイクルのポートを設置し、20台のレンタル自転車を常備している。レンタル自転車は、レンタサイクルポートから目的地への往復に利用できるが、通学や通勤には利用できないという。東京都立川市の交通対策課は「社会実験期間中にアンケート調査を行って、レンタサイクルの利用状況の問題点の把握に努め、今後のレンタサイクル事業の可能性について研究を進める。高松駅は、5月に移転した立川市役所(東京都立川市泉町)、東京地方裁判所立川支部(東京都立川市緑町)、国立極地研究所(東京都立川市緑町)などの最寄り駅となっている。施設を利用するときには、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としても、レンタサイクルを利用してほしい」と話している。利用時間は平日の9時~16時でレンタル料金は無料となっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都立川市はレンタサイクルで二酸化炭素(CO2)排出削減する地球温暖化の原因対策はこちら

東京都港区の東芝は新潟県柏崎市でリチウムイオン電池生産による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 東芝(東京都港区芝浦)は、新潟県柏崎市地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献する電気自動車(EV)用リチウムイオン電池の生産拠点「新潟県柏崎市工場」の竣工式を執り行った。新潟県柏崎市工場への投資額は約250億円であった。東芝では、2011年2月からリチウムイオン電池の生産を始め、2011年度中には月産100万個以上に規模を拡大していきたいという。東芝は新潟県柏崎市工場によって量産体制を整えることで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としても普及拡大が見込まれる電気自動車(EV)などの車載用に供給したい考えだという。2015年度にリチウムイオン電池事業で売上高2,000億円、世界シェアで10%以上を目指すことを目標としている。佐々木則夫東芝社長は、新潟県柏崎市工場の会見で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献できるハイブリッド自動車(HV)向けに、イタリアの自動車メーカー「フィアット」、スウェーデンのトラック大手「スカニア」とリチウムイオン電池の共同開発に取り組んでいることを発表した。「走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)用として、自動車メーカーとの共同開発で他社の製品を凌駕するリチウムイオン電池システムを開発できる」と話していた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都港区の東芝は新潟県柏崎市でリチウムイオン電池生産による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都千代田区の環境省は環境コンシェルジュ制度で地球温暖化の原因防止の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 環境省(東京都千代田区霞が関)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の政府目標として、2020年までに地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を1990年比で25%削減するためには「家庭分野からの二酸化炭素(CO2)排出量を2008年比で5割以上削減することが必要」としている。このため、環境省は、来年度から「環境コンシェルジュ」制度の創設を計画した。環境コンシェルジュとは、各家庭の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を用途別に診断し、省エネ行動を指導する役割を持っている。環境コンシェルジュは、各家庭に出向いて住民に「1日にテレビを何時間見ていますか」といったアンケートを取ることで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出源とその排出量を擬似的に「見える化」することから始める。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として指導する「省エネ行動」は、各家庭の生活パターンの見直しはもちろん、エコリフォーム、省エネ家電への買い換え、太陽光発電システムの導入など幅広い分野にわたっている。この制度を全国展開するきっかけは、兵庫県が2008年秋から2009年春にかけて100件の家庭に対して行った環境コンシェルジュによる「うちエコ診断」であり、これを全国展開するものとなっている。兵庫県では、環境コンシェルジュの診断後に省エネエアコンを導入したり、省エネテレビに買い換えたりしたモニター家庭が全体の各1割もあったという。また、環境コンシェルジュのアドバイスに基づいて、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる太陽光発電システムや高効率給湯器の導入といった「難易度の高い地球温暖化の原因防止対策」を実施した家庭もあったという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区の環境省は環境コンシェルジュ制度で地球温暖化の原因防止の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

日本経団連が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に苦言

 米倉弘昌日本経団連会長ら経団連幹部は10月4日、東京都千代田区のホテルで松本龍環境大臣ら環境省(東京都千代田区霞が関)幹部と、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策や二酸化炭素(CO2)排出権取引規制などの環境問題について懇談した。米倉会長は、2020年に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を1990年と比較して25%削減するなど、政府が進める環境問題対策について「内外にアンチビジネスのメッセージを発しているのではないか」と強い危惧を示した。米倉会長は「日本は先進国のなかで唯一、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関して規制を強化している」との認識を示し、「厳しい経済情勢を乗り切るには民間活力が重要だ。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策といえども、政府には税制や規制緩和などで民間の活力をそがないようにお願いしたい」と強調した。これに対し、松本環境大臣は、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策については、日本の技術で環境問題で世界のリーダーシップをとるべきだ」との考えを表明し、「産業界の意見を聞きながら、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に係る施策を進めたい」と述べるにとどまり、双方の主張は平行線のままであった。このほか、10月中旬に愛知県名古屋で開催される生物多様性条約国際会議(COP10)についても意見を出し合った。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 日本経団連が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に苦言はこちら

東京都千代田区の経済産業省は緑化優良工場表彰で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 経済産業省(東京都千代田区霞が関)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策寄与する緑化対策として、平成22年度緑化優良工場等経済産業大臣表彰式を平成22年10月1日(金)に東京都港区の石垣記念ホールで開催し、周辺環境の向上に功績のあった3工場に対し表彰を行った。この表彰は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を吸収固定する工場緑化を推進する目的で昭和57年度から実施している。第29回の受賞者は、OKIセミコンダクタ(株)(宮城県黒川郡大衡村)、(株)ロックフィールド静岡ファクトリー(静岡県磐田市下野部)、YKKAP(株)九州事業所(熊本県八代市新港町)の3工場となっている。宮城県のOKIセミコンダクタ(株)では、工場敷地約25万㎡のうち、半分の約12万㎡を緑地として良好に維持管理しており、多くの量の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を緑地が吸収固定しているため、二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策となっている。また、工場入り口側には緩衝緑地が設けてあり、周辺住宅及び農地の景観と調和して環境問題を配慮したものとなっている。敷地内にはシンボルツリーとして、宮城県の木であるケヤキの木や約200本の桜が植樹され、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になっている。桜の植樹は同社の入社式の恒例イベントとしても実施され、入社時点から社員の地球温暖化の原因防止対策の緑化への意識を高めている。また、社員による緑地管理を行っており、工場構内の除草作業や緑化整備に取り組んでいるため、管理も行き届き、美しい景観を維持している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区の経済産業省は緑化優良工場表彰で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都中央区の日本環境協会はエコマークアワードで二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因対策

 財団法人日本環境協会(東京都中央区日本橋馬喰町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての、エコマーク事業開始21年目を迎えた今年、エコマークとして初めての表彰制度として「エコマークアワード」を創設した。エコマーク商品を始めとする環境配慮型商品の製造、販売あるいは普及啓発を通じて、エコマーク事業の目的である「消費者の環境を意識した商品選択、企業の環境改善努力による持続可能な社会の形成」に向けて積極的に活動している企業・団体等の特に優れた地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みを表彰するという。それらの優れた地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みを広く公表するとともに、エコマーク商品等のより一層の普及拡大を通じて、持続可能な社会の実現に寄与することを目的とするものとなっている。なお、受賞企業・団体は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に一環として開催する「エコマークコミュニケーションフォーラム」(2月上旬東京都内で開催予定)にて表彰する予定をしている。「エコマークアワード」の募集期間は、2010年10月18日(月)~11月30日(火)となっている。「エコマークアワード」の応募要項及び応募書類等の詳細については、エコマーク事務局ホームページ(URL: http://www.ecomark.jp/award2010.html)を参照のこと。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都中央区の日本環境協会はエコマークアワードで二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因対策はこちら

東京都世田谷区の住友スリーエムがカーボン・オフセット付きウィンドウフィルムで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 環境省(東京都千代田区霞が関)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、カーボン・オフセット第三者認証基準に基づく認証ラベルが、新たに認められたと発表した。今回認証され、カーボン・オフセット第三者認証基準に基づく認証ラベリングを受けるのは、住友スリーエム(東京都世田谷区玉川台)が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として開発した「カーボン・オフセット付きウィンドウフィルム」の1案件であった。環境省では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、信頼性のあるカーボン・オフセットの取組を推進・普及するため、平成21年3月18日に「カーボン・オフセットの取組に対する第三者認証機関による認証基準(Ver.1.0)」を公表している。この環境省認証基準を受け、気候変動対策認証センター(事務局:社団法人海外環境協力センター:東京都港区芝公園)が、カーボン・オフセット認証制度を創設し、平成21年5月14日から案件募集を開始した。その後の運用状況を踏まえて、今年4月にカーボン・オフセットの取組に対する第三者認証機関による認証基準の改定を行われた。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する有識者によって構成されるカーボン・オフセット認証委員会が8月19日に開催され、厳正なる審査を経て、今回の住友スリーエムのカーボン・オフセット付きウィンドウフィルムの案件が認証された。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都世田谷区の住友スリーエムがカーボン・オフセット付きウィンドウフィルムで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都港区の東芝は二次電池で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 東芝(東京都港区芝浦)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する電気自動車(EV)向けや太陽光発電システムなどの定置用蓄電システム向けに、蓄電池のセルの容量を60Ahに高めた二次電池「SCiB」を開発し、今年度中に発売すると発表した。今回新たに開発したセルは、新材料の採用と充填技術の開発によって、急速充電性能、長寿命、低温特性など、二次電池としてのSCiBの特性は維持しながら、体積エネルギー密度を従来比約1.3倍の約230~270Wh/Lに高めることで高容量化を実現したことから、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大いに貢献するという。セルの高容量化で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての太陽光発電所やスマートグリッドなどで利用される大規模蓄電システムへの適用などのほか、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の航続距離の延長に貢献することができる。東芝が今回開発した高容量セルは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として急速に開発競争となっている電気自動車(EV)向けに供給するのに加え、東芝グループの社会インフラ事業である電力貯蔵分野、太陽光発電システム分野、交通分野、産業分野などにシナジー効果を生かして展開していくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都港区の東芝は二次電池で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都港区の長谷工コーポレーションが太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策

 長谷工コーポレーション(東京都港区芝)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、建設現場の仮囲いに太陽光発電システムを設置し、夜間でも明るく安全に歩ける空間を提供する活動を始めたと発表した。東京都千代田区で建設中の「富士見1丁目計画新築工事」(オフィス・賃貸マンション、事業主=住友不動産)に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムを設置するという。今年度中に東京都内など首都圏の60カ所で順次導入し、地域防犯に寄与しながら、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として環境問題にも配慮した活動を推進していく方針だという。近畿圏及び中部圏でも主要な物件において、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムの設置も検討している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムで発電した電気は、リチウムイオン電池に蓄電され、仮囲いに設けた夜間のLED(発光ダイオード)防犯灯、LEDロゴサイン、LEDフットライトの照明に使用するという。長谷工コーポレーションの試算では、1日4時間の日照があった場合、太陽光発電システムの太陽光パネル1枚当たりの発電量は349w/日になり、年間発電量にすると127kw/年になる。年間約70kgの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減ができる。富士見1丁目計画の現場では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムの太陽光パネル4枚、LEDロゴサイン1基、LED防犯灯2基、LEDフットライト5基を設置している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都港区の長谷工コーポレーションが太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

東京都千代田区の住友林業がオフセット・クレジット(J-VER)で二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策

 住友林業(東京都千代田区大手町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、全国にある290棟のすべての住宅展示場を対象に、その運営で使用する電気・ガスにより1年間に排出する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の全量を自社社有林で取得したオフセット・クレジット(J-VER)を活用し、カーボンオフセットを実施すると発表した。住友林業は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、環境省(東京都千代田区霞が関)が推進するオフセット・クレジット(J-VER)制度の「持続可能な森林経営促進型プロジェクト」において、昨年7月、宮崎県山瀬地区の住友林業社有林を対象とした「住友林業株式会社 社有林管理プロジェクトⅠ」が「持続可能な森林経営促進型」の第1号として登録された。今回の取組みは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、自社のオフセット・クレジット(J-VER)を活用し、事業活動における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減することを決定した。住友林業では、今後とも環境問題への配慮の取組みを更に推進していくという。今回は自社で取得したオフセット・クレジット(J-VER)を活用し、展示場の運営で使用する電気・ガスにより排出する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の全量を相殺することとし、事業所でも更なる環境配慮への取組みを進めていくとのこと。これらは、2009年から住友林業が推進する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「プロジェクト EARTH」の取り組みの一環である。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「プロジェクト EARTH」は、山林環境事業で培った植林ノウハウを活かし、環境保全、生物多様性に配慮した二酸化炭素(CO2)を固定する森林整備を推進するとともに、住まいづくりの過程で排出する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量をオフセットする山林事業から住関連事業に至るまで、そのすべてをグローバルに展開する取組みである。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区の住友林業がオフセット・クレジット(J-VER)で二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

神奈川県横浜市の日産自動車等が電気自動車(EV)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 日産自動車(神奈川県横浜市西区高島)と日立製作所(東京都千代田区丸の内)、オリックス(東京都港区芝)、オリックス自動車(東京都港区芝)の4社は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として貢献している電気自動車(EV)が搭載する蓄電池の電気を家庭などで利用するためのシステムの開発に着手したと発表した。これには、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO:神奈川県川崎市幸区)の補助金も決定している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として貢献している電気自動車(EV)を、さらに「走る蓄電池」と位置付ける取組みで、電力需給を自動調整する次世代送電網のスマートグリッドの一つとしても期待されている。電気自動車(EV)に搭載するリチウムイオンなどの蓄電池を地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもなる社会インフラと位置付け、家庭や地域社会で利用する仕組み作りを検討していくという。日産自動車は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の電気自動車(EV)リーフの蓄電池から家庭やビルに電気を流す技術を開発する。12月に発売する電気自動車(EV)リーフの蓄電容量は、一般家庭の2日分の消費電力に相当するという。現在の仕組みでは、一度電気自動車(EV)の蓄電池に蓄えた電気を、再び、家の中の家電製品などの電気として使用できないが、これを可能にする仕組みを検討するという。また、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する太陽光発電システムを備えた住宅も徐々に増えているが、この自宅で発電した電気を電気自動車(EV)の蓄電池に蓄え、走行しない時や災害時に家庭用電力として利用する方法なども研究するという。日産自動車では、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるとはいえ、これまで電気自動車(EV)は走ることだけしか考えてこなかった、それ以外の役割も果たすことができるようになる」と話している。また、今後、電気自動車(EV)の普及に合わせ、充電スタンドの整備も進むとみられているため、日立製作所は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する太陽光発電と蓄電池を利用した効率的な電気自動車(EV)の充電システムなどを検討する。オリックス自動車は電気自動車(EV)のカーシェアリングシステムなどを研究するという。今回の取組みは、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が進める地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「蓄電複合システム化技術開発の対象事業」として8月に採択された。同事業による研究費などに対する補助金を受け、神奈川県横浜市において実証実験を行う予定で、2012年度までに成果を上げたいという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の蓄電複合システム化技術開発の対象事業には、東京電力(東京都千代田区内幸町)や東芝(東京都港区芝浦)など9社によるスマートグリッドの蓄電池制御の最適化へ向けた「リチウムイオン電池データの標準化」なども採択されている。電力会社や電機メーカーはもちろん、電気自動車(EV)や家庭用電源で充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)を生産する自動車メーカーにとっても、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に対応するスマートグリッド市場は大きな市場になる。このため、トヨタ自動車も愛知県豊田市で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のプラグインハイブリッド車(PHV)の電池の電気を家電製品などに供給する実証実験を実施している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県横浜市の日産自動車等が電気自動車(EV)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

東京都千代田区の日立製作所が両面受光太陽電池で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 日立製作所(東京都千代田区丸の内)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献できる商品として、パネルの両面で発電できる新型太陽電池を開発し、平成23年度中に市場販売を開始すると発表した。日立製作所は、かつて平成20年に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として取り組んでいた両面受光太陽電池の開発・販売から撤退していたが、今回発電効率の高い新型両面受光太陽電池パネルの開発に成功したことで需要を開拓できると判断、今後、成長が見込める太陽電池パネル市場に再参入することを決定したという。日立製作所によると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献可能な、表裏両面で発電できる「両面受光太陽電池」については、神奈川県横浜市にあるベンチャー企業の「PGVソリューションズ」と共同開発したという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての両面受光太陽電池の発電効率は、表裏両面で計約25%という高効率を実現している。生産はPGVソリューションズが担当し、販売を日立製作所の子会社が請け負うという。両面受光太陽電池は、地面と垂直に設置できる高速道路のフェンスや建物の屋上などに、省エネ対策や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として使用され、通常のものと比べ3割近く発電効率が高くなるのが特徴といえる。日立製作所は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、平成14年に世界で先駆けて両面受光太陽電池の量産に成功していたが、収益が悪化し、平成20年に製造・販売から撤退していた。両面受光太陽電池の再開の理由について、日立製作所では、「両面受光太陽電池の高い発電効率を実現したほか、太陽電池の市場環境も補助金制度や電力会社の売電買取制度など改善したほか、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するため」としている。太陽電池は世界的に注目される中、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、各国で需要拡大が期待されており、国内各社のほか、中国や韓国企業も太陽電池の生産を拡大している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区の日立製作所が両面受光太陽電池で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

大阪府大阪市の積水化学工業が高機能断熱材で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 積水化学工業(大阪府大阪市北区西天満・東京都港区虎ノ門)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にも貢献する商品として販売している高機能断熱材の販売対象を従来の木造住宅や鉄骨造りの店舗に加え、規模の大きなビルやマンション等の鉄筋コンクリート造りの建物にも拡大する。積水化学工業は、建材メーカーのツヅキ(大阪府東大阪市)と協力し、積水化学の板状断熱材「フェノバボード」と断熱材をコンクリートに固定する金属製部品や外壁材を組み合わせてシステムとして販売する。ツヅキがシステムの販売を担当し、積水化学はフェノバボードを供給する。積水化学工業は、これまで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもなる断熱材のみを販売してきたが、鉄筋コンクリートの建物では他の建材と合わせて販売するのが一般的であることから、販売対象に含めていなかった。フェノバボードはコンクリートの構造材と外壁の間に断熱材を挟む「外断熱工法」に対応できるため、住民が住んだまま改修も施工できる。建物を外気や紫外線から守り寿命を延ばせるほか、冷暖房費に係る高熱水費を減少させることができ、高機能サッシを併用した場合で3~5割の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減が可能になるという。積水化学工業によると、鉄筋コンクリート製建物の外断熱材市場は約120億円の規模があり、毎年30%程度の拡大が見込まれている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 大阪府大阪市の積水化学工業が高機能断熱材で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都江東区のトステム等が高機能サッシで二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策

 大手サッシメーカーが、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する製品として、オフィスビルやマンション向けに断熱性能や遮音性を高めた環境性能の高い高機能サッシを相次いで発売している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策や省エネ対策などに対するエコ意識の高まりに伴い、企業や消費者が環境問題配慮型のビルやマンションを選ぶ傾向を強めるなか、ビルや集合住宅のオーナー向けに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を抑えられる高機能サッシの特徴をアピールしている。住生活グループ傘下のトステム(東京都江東区大島)及び新日軽(東京都江東区南砂)は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、共同開発したビル用高機能サッシを10月1日から発売している。トステムが「プローゼ100」、新日軽は「RMG-100」の名称で売り出している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に対する環境性能が高いとされるペアガラスのすき間が12ミリの複層ガラス専用で、両社の技術を組み合わせることで開口部の断熱性を一段と高めた高機能サッシが特徴となっている。この高機能サッシは、エアコンの室温を冬は低めに、夏は高めに設定することが可能になり、エネルギー消費量削減による省エネ対策のほか、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の高機能サッシの参考価格は、幅170センチ、高さ180センチのタイプが12万3000円で、従来品と同程度に据え置いた。また、YKKAP(東京都千代田区神田和泉町)では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、中低層オフィスとマンション向けに、断熱性能を高めながら低コストを実現した高機能サッシとして「EXIMA31」を販売している。この高機能サッシは、全製品を中間空気層12ミリの複層ガラスに対応させつつ、価格は4万8200からに抑えた。このほか、三協立山アルミ(富山県高岡市早川)も、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、高機能サッシを使った「MTG-70 HOOK工法」を5月に売り出しており、不二サッシ(神奈川県川崎市幸区)も「コンフォート CF」を地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として6月から販売している。社団法人日本サッシ協会(東京都港区西新橋)によれば、2010年度のアルミサッシ需要は、前年度比1.5%減の20万2000トンに縮小する見通しで、このうち、ビル用サッシは12.4%減の7万8000トンと減少する見込みだという。このため、市場が縮む中で各社間の顧客争奪戦が一段と激化し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の機能の競争も激しくなると予想している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都江東区のトステム等が高機能サッシで二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策はこちら

東京都新宿区の住友三井オートサービスは日産自動車の電気自動車EVリーフで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 住友三井オートサービス(東京都新宿区西新宿)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環の取組みとして、日産自動車(神奈川県横浜市西区高島)が2010年12月に販売する予定の走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない環境問題を考慮した電気自動車(EV)「リーフ」を社用車として5台導入すると発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に寄与する電気自動車(EV)の日産リーフは、東京本社(東京都新宿区西新宿)、大阪本社(大阪府大阪市中央区今橋)、横浜支店(神奈川県横浜市西区みなとみらい)、名古屋支店(愛知県名古屋市中区錦)、福岡支店(福岡県福岡市博多区博多駅前)の5拠点へ配備し、営業用と顧客向け電気自動車(EV)デモカーとして活用するという。住友三井オートサービスは、走行時に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の日産リーフのリースについて、導入から周辺サポート、導入後の電気自動車(EV)のメンテナンスまでのワンストップサービスを展開している。今回、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する電気自動車(EV)の日産リーフを導入することで、社員自らが電気自動車(EV)を実際に使用して深く理解し、顧客に対して電気自動車(EV)の良さを伝える。また、デモカーとして顧客に電気自動車(EV)を体験してもらうという。同社ではこれまでに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、武田薬品工業(大阪府大阪市中央区道修町)への電気自動車(EV)の導入や、沖縄県名護市のカヌチャベイリゾートへのヤマハ発動機製電動二輪車『EC-03』導入、神奈川県電気自動車(EV)シェアリング事業への参画など、走行時に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の普及に向けた取り組みを積極的に展開している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都新宿区の住友三井オートサービスは日産自動車の電気自動車EVリーフで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都千代田区の山武の「見える化」による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 株式会社山武(東京都千代田区丸の内)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、事業者全体の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量や化石エネルギー消費量の把握・管理を支援するインターネット上のサービス「CO2マネジメントシステム」用のデータ自動収集端末機「CO2モニタリングターミナル(CMT)」を開発した。同端末はレンタルで提供しており、これを利用すると、化石エネルギー使用量を手入力する作業が不要になり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を簡単にマネジメントすることができるようになるという。CO2マネジメントシステムは、インターネットを介してデータを入力することで、事業者の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の総量が分かるサービスである。化石エネルギーや二酸化炭素(CO2)排出量を人間の目に「見える化」することができる。同社のビルディングオートメーションシステムのないケースでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の基礎となるエネルギーデータを管理するためには、電気やガスなどのエネルギー使用量を毎月手入力する必要があった。しかし、CO2モニタリングターミナルは、建物内の電力量計の検針データを1日ごとに自動的に収集するシステムになっていることから、人力でデータを入力する作業が不要になった。このターミナルを同社のセンターと接続し、収集・分析した情報をグラフデータなどにしてウェブで提供している。システムの利用企業は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に要するエネルギー使用量や二酸化炭素(CO2)排出量がタイムリーに把握することができるので、報告書の作成や省エネ対策への活用が可能になる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に利用するターミナルは、CO2マネジメントシステムのオプションとして、インターネット通信費を含んで年間約50万円で貸し出しを行う。同システムは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、40企業3000以上の事業所に既に導入されているが、さらに利用を促進するため、ターミナルを開発したという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区の山武の「見える化」による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都荒川区にあるADEKAの地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減目標

 古河グループで化学工業製品・業務用食品事業を取り扱っているADEKA(東京都荒川区東尾久)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、2020年度に温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を1990年度と比較して25%削減する目標を掲げ、達成するためのロードマップの作成に着手したと発表した。今年度中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のロードマップを策定するという。これまでADEKAは、2010年度に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を10%削減する目標を掲げてきた。しかし、2009年、政府が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を2020年までに25%削減する目標を打ち出したことから、それに対応して二酸化炭素(CO2)排出量削減の中期目標を定めた。二酸化炭素(CO2)排出量削減のロードマップの策定に当たっては、ADEKAの各事業所の二酸化炭素(CO2)排出量削減ポテンシャルを集約するとともに、中長期的な省エネ対策の実施計画を検討する。ADEKAの物流部門を除いた事業活動に伴う地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は、基準年である1990年度の18万4000トンに対し、2008年度は5%減の17万4200トン、2009年度は14%減の15万7500トンであった。ADEKAは2020年度までに13万8000トンに地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都荒川区にあるADEKAの地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減目標はこちら

東京都新宿区の大成建設は最適化で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因防止対策

 大成建設(東京都新宿区西新宿)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みとして、街区全体の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量などを基準に、最適な地球温暖化の原因防止計画が立案ができる「低炭素街区・都市総合シミュレータ」を開発したと発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、太陽光発電システム風力発電システムを設置する建築物がある場合に、建物の配置や形状によって変化する日射、風の流れなどを計算して、街区全体で最適化できる能力を有しているという。太陽光発電や風力発電システムといった再生可能エネルギーの設備だけではなく、建物の配置や形状についてまで、最適な条件を見出せるシミュレータとなっている。大成建設によると、街区全体で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の最適化や太陽光発電パネルの配置などをシミュレーションできるシステムは、国内では初めてだという。大成建設は、当面は、地方自治体やデベロッパーなどから、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の効果の検証依頼を受けた場合などに自社で活用するという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に影響を及ぼす大規模な再開発計画やエネルギー消費量の多い大型データセンター、既存街区へのスマートグリッド導入計画などでの利用を想定しているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都新宿区の大成建設は最適化で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因防止対策はこちら

COP10・MOP5でカーボンオフセットによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 環境省(東京都千代田区霞が関)、外務省及び農林水産省による生物多様性条約COP10MOP5カーボンオフセット事務局は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、「生物多様性条約第10回締約国会議等におけるカーボンオフセットに用いる二酸化炭素(CO2)排出量クレジット」の募集を行うと発表した。生物多様性条約(CBD)の第10回締約国会議(COP10)及びカルタヘナ議定書第5回締約国会議(MOP5)開催にあたっては環境負荷を低減する環境配慮を行うことが求められ、過去の国際会議等を参考にしつつ廃棄物や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の排出削減努力を行い、削減しきれない地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を二酸化炭素(CO2)排出量クレジットによるカーボンオフセットで削減することにより、COP10/MOP5の環境負荷を可能な限り低減する必要がある。今回の公募は、こうした削減しきれない地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量をカーボンオフセットするために、COP10/MOP5の趣旨に即した二酸化炭素(CO2)排出量クレジットを調達することを目的とするものとなっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> COP10・MOP5でカーボンオフセットによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都千代田区の農林水産省は地産地消の仕事人で二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因対策

 農林水産省(東京都千代田区霞が関)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する「地産地消の仕事人」選定委員会を開催し、全国で地産地消に取組む42人を第3回「地産地消の仕事人」として選定した。地産地消については、流通距離が短くなることから、長距離トラック等の排ガスを少なくすることができ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる。この地産地消の推進にあたっては、生産から流通・販売までの多様な分野で知見や経験を有する人材の育成・確保が重要となってくることから、農林水産省が全国各地で活躍している「地産地消の仕事人」を募集していた。地産地消の取組は、消費者に地域の農産物を購入する機会を幅広く提供し、農業従事者と消費者をつなぐことにより、食料自給率の向上や地域農業の活性化につなげるとともに、食品の輸送距離を縮め、輸送に伴う地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にも寄与することが期待されている。今回は、地産地消の仕事人として、農業者などの農業生産従事者や料理人などの地産地消を利用している者のほか、居住地県内の直売所のネットワークづくりにより交流や地産地消に貢献したジャーナリスト、給食での地産地消農産物利用率を向上させた給食サービス事業者、地産地消直売所を食と農のテーマパークとして運営する直売所店長なども選定した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区の農林水産省は地産地消の仕事人で二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因対策はこちら

国土交通省が木のまち整備促進事業補助金で二酸化炭素(CO2)吸収固定の地球温暖化の原因防止対策

 国土交通省(東京都千代田区霞ヶ関)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として実施している平成22年度「木のまち・木のいえ整備促進事業」のうち、「木のまち整備促進事業」の採択プロジェクトを平成22年9月22日までに決定し公表した。国土交通省による木のまち整備促進事業は、再生産可能な循環資源である木材を大量に使用する建築物の整備によって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を講じ、低炭素社会の実現に貢献するため、先導的な設計・施工技術を導入する大規模木造建築物の建設に対し、材木は二酸化炭素(CO2)を吸収固定することから、その費用の一部に補助金を支給するというものである。平成22年6月4日から7月23日までのプロジェクト公募期間中に20件の応募提案があり、学識経験者で構成される「木のまち整備促進事業評価委員会」の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に対する評価を経て、10件の補助金対象の採択プロジェクトを決定した。国土交通省は、今回の補助金対象の採択採択プロジェクトについて、建築物の調査設計計画費のうち、先導的な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の木造化・木質化に関連する費用の2/3の額、又は木造化・木質化に関する先導的な設計・施工技術を導入した場合の工事費と当該設計施工技術を導入しない場合の工事費の差額の2/3の額のうち、国土交通省が認める費用の補助金支出を行うという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 国土交通省が木のまち整備促進事業補助金で二酸化炭素(CO2)吸収固定の地球温暖化の原因防止対策はこちら

国土交通省が都市緑化で二酸化炭素(CO2)吸収源の地球温暖化の原因防止対策

 国土交通省(東京都千代田区霞ヶ関)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にも貢献する、平成22年10月の「都市緑化月間」中に開催する都市緑化イベントの概要を発表した。国土交通省では、昭和50年から毎年10月を「都市緑化月間」と定め、また、平成18年からは「ひろげよう 育てよう みどりの都市」を全国統一テーマとして掲げ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策も兼ねて、国・地方公共団体を中心に都市緑化意識の高揚に寄与するイベントを実施してきた。平成22年度の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「都市緑化月間」のイベントとしては、「平成22年度都市緑化キャンペーン」(10月1日 有楽町駅前公園:東京都千代田区有楽町2丁目)、「ひろげよう 育てよう みどりの都市」全国大会(10月29日 日比谷公会堂:東京都千代田区日比谷公園1-3)のほか、国営公園の無料開放などをはじめ、全国各地で都市緑化の普及、啓発のための行事を実施する予定をしている。都市緑化は、京都議定書目標達成計画においても、国民にとって最も日常生活に身近な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の吸収源対策であり、その普及啓発やヒートアイランド対策等を通じた都市の省二酸化炭素(CO2)に貢献するものとして、推進の必要性が位置づけられている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 国土交通省が都市緑化で二酸化炭素(CO2)吸収源の地球温暖化の原因防止対策はこちら

千葉県千葉市のイオンは電動アシスト自転車i-MiEVで二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策

 イオン(千葉県千葉市美浜区)は、三菱自動車(東京都港区芝)と提携し、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、三菱自動車の電気自動車(EV)「i-MiEV」のデザインを活用した新しい電動アシスト自転車「e-bike i-MiEVバージョン」を10月1日からイオングループ211店舗で発売すると発表した。イオンは、包括業務提携を締結している三菱商事(東京都千代田区丸の内)とともに自転車部門の新たな商品展開を検討した結果、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献し、顧客の「エコ」意識が高まる商品を開発することで合意したことから、電気自動車(EV)開発で先行する三菱自動車とイオンのコラボレーションによる走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電動アシスト自転車「e-bike i-MiEVバージョン」が実現したという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する電動アシスト自転「e-bike i-MiEV」は、三菱自動車の電気自動車(EV)のi-MiEVのコンパクトなイメージを20型サイズの車輪を採用することで表現しているほか、カラー展開でもi-MiEV車体と同じ色を配色している。また、走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電動アシスト自転車を利用する主要ユーザーである女性を意識してコンパクトで小回りが効き、小径タイプながら安定感の高い乗り心地を目指したという。さらに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のため、前かごにぴったりと入るi-MiEVのロゴを配したオリジナルのエコバッグも標準装備し、価格は9万9,800円となっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 千葉県千葉市のイオンは電動アシスト自転車i-MiEVで二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策はこちら

東京都は情報通信技術(ITS)で二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、情報通信技術(ITS)による環境問題解決の東京都モデルを作る試みを実現する「グリーン東京研究会」が発足し、9月28日に設立総会が東京都千代田区の三菱総合研究所で開催された。これまでの環境問題の取組みといえば、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減目標を国や地方自治体が掲げて、その二酸化炭素(CO2)排出量削減計画に基づいて民間セクターが努力するというのがほとんどだった。しかし、グリーン東京研究会は行政に頼らず、民間レベルで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する環境問題改善プラン「グリーン東京モデル」をとりまとめ、継続的に行政に提案していくことを活動目標としている。グリーン東京研究会の発起人代表は、三菱総合研究所(東京都千代田区大手町)理事長の小宮山宏氏である。前東京大学総長の下に、東京都内の主たる大学の有識者を始め、情報通信技術(ITS)に携わる業界団体の代表約40人が集まったという。東京都のC地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の主たる要因は、オフィスと家庭、さらに自家用と事業用の移動手段で約9割を占めている。小宮山氏は会長選任の挨拶で、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の問題では、誰が汚染者で誰が被害者かわからないということがよく言われる。しかし、東京都の場合は明確にわかる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)による汚染者は我々自身。実は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の9割が生活から排出されているということを、みんな納得しているだろうか」と、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する問題点を指摘した。その上で「日本で今まで十分に活用されていない情報通信技術(ITS)を使うことが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する様々な問題を解決していく鍵がある」と述べて、グリーン東京研究会の方向性を示した。グリーン東京研究会では、来年1月に第2回の研究会を開催し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する提案作成に向けた議論を交わし、年度末にかけて提案書をとりまとめる予定をしている。また、2011年度以降は、提案に基づいた具体的な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のプロジェクト体制を整えるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都は情報通信技術(ITS)で二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

大林組等は北海道稚内市にPFIのバイオガスで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 大林組(東京都港区港南)と石塚建設興業(北海道稚内市潮見)による共同企業体は、北海道稚内市において、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、日本初のPFI方式で整備される生ごみのメタン発酵施設「稚内市バイオエネルギーセンター」の工事を進めている。廃棄物の最終処分場の延命化や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の抑制につながり、下水道汚泥や水産廃棄物のバイオエネルギー処理も行うことができる。稚内市バイオエネルギーセンターの完成は平成24年3月31日を予定している。稚内市バイオエネルギーセンターでは、最終処分場で埋立している稚内市内の家庭からの生ごみをメタン発酵により減容化できることから、最終処分場の寿命を延ばすとともに、メタン発酵で得られるバイオガスからエネルギー回収を行い、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる。一部直接埋立てを行っている稚内市内の下水道汚泥や水産廃棄物等についても、同様にバイオガスからエネルギー回収ができるという。稚内市バイオエネルギーセンターの処理能力は年間約7,300tを予定しており、これが完成すれば稚内市内で発生する家庭からの生ごみをほぼ全てバイオガス化処理できるという。稚内市バイオエネルギーセンターの処理によって得られたバイオガスは、ガスエンジン発電機によるコジェネレーション、ごみ収集車の燃料、ボイラー燃料に活用され、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大いに貢献することができる。また、バイオガスから発電した電力(1,230MWh/年)で稚内市バイオエネルギーセンターの電力を賄うとともに、余剰電力は廃棄物の最終処分場へ供給・売電する。コジェネレーションにより得られた温水は、稚内市バイオエネルギーセンターの建屋の暖房やロードヒーティングに使用する。PFI事業者は、大林組を代表企業に、石塚建設興業、三菱化工機(神奈川県川崎市川崎区)で構成される特別目的会社「稚内エネサービス」(北海道稚内市)となる。大林組は、稚内市バイオエネルギーセンターの施設の設計を行うとともに、石塚建設興業と共同で建設する。稚内市バイオエネルギーセンターの施設の管理・運営は、平成39年まで三菱化工機が行うという。稚内市バイオエネルギーセンターの事業は、生ごみ中間処理施設整備・運営事業として北海道稚内市から約31億円で受注している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 大林組等は北海道稚内市にPFIのバイオガスで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

東京都港区のNECはバイオプラスチックで二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因対策

 NEC(東京都港区芝)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもつながる技術として、非食用の植物原料を用いたバイオプラスチックを世界で初めて開発したと発表した。この植物原料でできた地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもなるバイオプラスチックは、安定した供給性と高植物成分率、耐久性を同時に実現しているという。今後は、バイオプラスチック量産技術や、用途に応じた実用化のための研究開発を進め、2013年度内に電子機器向けの実用化を目指すという。近年、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、原油を使わずに量産化が進んでいるポリ乳酸を用いたバイオプラスチックの原料は、主に食用の植物資源となっている。このため、人間の食糧不足問題の影響を受けない非食用の植物資源として、セルロース又はヒマシ油を原料に使用したバイオプラスチックの実用化が進められている。しかし、セルロースの場合には、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもかかわらず、石油系の添加剤を大量に使用するため、植物成分率の低下や、高い耐久性が困難などの問題点がある。ヒマシ油の場合も、原料の安定供給性が困難で、実用化のためのバイオプラスチックの耐久性が不十分であるといった問題点があることから、新しい素材によるバイオプラスチックの開発が求められていた。今回、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、NECが開発したバイオプラスチックの主原料は、草や穀物の茎の成分であり、生産量も無尽蔵ともいえるセルロースとなっている。これに、お菓子のカシューナッツ製造の際に大量にでる殻から抽出される油状物質を化学結合させることによって実現している。いずれも廃棄されているものであることから、これらを資源として利用することで安定してバイオプラスチックの材料に供給することが可能となった。また、植物成分率70%以上を達成したことから、従来のセルロース系バイオプラスチックの特性確保に必要だった、石油系添加剤の大量混合による植物成分率の低下を抑えることにも成功している。水をはじき、柔軟な部分と変形しにくい部分からなる分子構造を持つカルダノールとセルロースを化学結合させることにより、加熱した際の溶融性、強靭性、耐熱性、耐水性及び短時間で成形できる非結晶性も同時に実現しており、現時点で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として最高の水準にあるバイオプラスチックである。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都港区のNECはバイオプラスチックで二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因対策はこちら

東京都千代田区のJFEエンジニアリングはバイオガス発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 JFEエンジニアリング(東京都千代田区丸の内)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、中国向けに再生可能エネルギーのメタン発酵設備及びバイオガス発電設備を供給する。これは、JFEエンジニアリングが、中国国内でレストラン厨芥である飲食店から出る食品廃棄物処理事業を展開する青海潔神環境能源と、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、再生可能エネルギーのメタン発酵設備及びバイオガス発電設備供給の業務提携契約を締結し、青海潔神が鄭州市から受託したバイオガス発電事業向けに設備を導入するものとなっている。中国における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の再生可能エネルギーのバイオガス発電システムの導入はJFEエンジニアリングが初めてのケースとなる。当面は年間2~3件の再生可能エネルギーのメタン発酵設備及びバイオガス発電設備の受注を目指すという。中国のレストラン厨芥の再資源化市場は、年間2,000億円規模になるといわれており、JFEエンジニアリングは将来的に実際の事業参画も視野に入れて積極的に参入していきたい考えだ。中国では地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策には無関心なまま最近まで事業が行われてきており、一般廃棄物のほか、産業廃棄物や下水汚泥、レストラン厨芥のほとんどが埋立て処分されているため、最終処分場の確保や周辺環境の汚染が深刻な環境問題となっている。最近になって、レストラン厨芥の処理については、収集・運搬から無害化及び地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての再資源化までを一貫して行う事業を市が民間企業に付与し、インフラ整備を加速させる動きがある。レストラン厨芥の収集・運搬から、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の再生可能エネルギーのバイオガス製造までを手掛けている青海潔神は、今回、JFEエンジニアリングのメタン発酵設備及びバイオガス発電設備システムを導入することにより、日量200トンのレストラン厨芥から900kWをバイオガス発電し、クリーンな再生可能エネルギーとして売電できるようになる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区のJFEエンジニアリングはバイオガス発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

東京都八丈島は電動アシスト自転車で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 東京都の八丈島では、八丈島観光協会や八丈島商工会でつくる「八丈島活性化協議会」が、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する風力発電地熱発電で生み出した「エコ電力」で充電した電動アシスト自転車レンタルで貸し出し、八丈島内の観光名所を巡ってもらう「レンタサイクルによるエコツアー」を今夏から開始している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、環境問題に優しい「クリーンアイランド」を八丈島ぐるみで目指すきっかけにしたい考えで、電動アシスト自転車の利用者も「電動アシスト自転車だと上り坂も苦にならない」と好評だという。八丈島は、かつて年間約20万人の観光客が訪れていたが、東京都八丈町によると、2009年度の観光客は約8万人にまで減少しているという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる電動アシスト自転車は、今年7月に、八丈島観光客の呼び込みを狙う八丈島活性化協議会が約1,000万円かけて導入したものだという。八丈島空港(東京都八丈島八丈町大賀郷)近くにある八丈町役場に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、専用の風力発電機を設置している。風力発電機は、高さ約9メートルの軸の周囲を、高さ約2.7メートルの2枚の羽根が水平方向に回る「垂直軸型風力発電機」となっている。この地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の風力発電機は、風車のような「プロペラ型」と比較すると、風向きによる発電の影響を受けにくいため、季節や時間帯によって風向きが変わる八丈島でも安定した発電が見込めるという。八丈町役場から約9km離れた場所にあり、出力計3,800キロワットを発電する地熱発電・風力発電所にも、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の電動アシスト自転車用の充電器を設置している。導入した電動アシスト自転車は10台で、それぞれに八丈島の方言で愛称を付けており、レンタル料は1日2,500円となっている。八丈島は、伊豆諸島最高峰で標高854mの八丈富士など東西二つの山をつなぐひょうたん形をしており、坂が多いという地形になっている。このため、電動アシスト自転車は約3か月間で200人以上の観光客が利用したといい、八丈島活性化協議会では、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策も考えた、風力発電と地熱発電のエコ発電で走る『エコ自転車』は全国でも初めての試み。海と緑に恵まれた八丈島の魅力を感じてほしい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都八丈島は電動アシスト自転車で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

アメリカで大規模太陽光発電所建設による二酸化炭素(CO2)排出削減の地球温暖化の原因対策

 再生可能エネルギー風力発電及び太陽光発電システムによる発電事業を手がける東京電力(東京都千代田区内幸町)が60%と豊田通商(愛知県名古屋市中村区名駅・東京都千代田区丸の内)が40%の共同出資会社ユーラスエナジーホールディングス(東京都港区虎ノ門)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、アメリカカリフォルニア州で世界最大級となる総出力4万5,000kwの再生可能エネルギーの大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設すると発表した。大規模太陽光発電所(メガソーラー)は、2011年6月の操業開始を目指し、今月中にも着工するという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する再生可能エネルギーの大規模太陽光発電所(メガソーラー)に使用する太陽電池は、シャープ(大阪府大阪市阿倍野区)の薄膜型とよばれるタイプを採用するという。大規模太陽光発電所(メガソーラー)の総事業費は、約2億2,000万ドル(約185億円)となっており、ユーラスエナジーホールディングスとアメリカカリフォルニア州地元の卸電力会社が50%ずつ出資する。大規模太陽光発電所(メガソーラー)の操業開始から20年間、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、アメリカカリフォルニア州最大手の電力会社PG&E社に再生可能エネルギーの電力を販売する予定となっている。ユーラスエナジーホールディングスは、日本を含む6か国で現地資本などと組み、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、再生可能エネルギーの風力発電を中心に出力計約190万kwの発電事業を展開しているが、今後5年間でさらに100万kw分の風力発電又は太陽光発電システムによる発電所を建設する計画を有している。再生可能エネルギーの太陽光発電システムは、韓国で2008年5月に操業を始めた994kwの発電所1か所だけだったが、今後は今回の大規模太陽光発電所(メガソーラー)も含め、新設する発電所の10分の1に当たる10万kwを大規模太陽光発電所(メガソーラー)でまかなうという。アメリカでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、再生可能エネルギーの普及のため連邦政府が補助金など支援策を拡充しているうえ、カリフォルニア州では地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電力会社に一定以上の再生可能エネルギー導入を求めるRPS法もある。このため、ユーラスエナジーホールディングスでは「アメリカの再生可能エネルギーの太陽光発電システムの市場規模は、今後、年40%程度の成長が見込まれる」といい、アメリカでの大規模太陽光発電所(メガソーラー)事業を拡大していく考えだ。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の大規模太陽光発電所(メガソーラー)建設の許認可手続きなどは、再生可能エネルギーの風力発電と似通っているため、これまでの風力発電建設のノウハウを生かして事業拡大ができるという。ユーラスエナジーホールディングスは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関心が高まっている中、今後の事業拡大に備え、今年2月に株主の東京電力及び豊田通商を引受先とする250億円の増資を実施した。東京電力のユーラスエナジーホールディングスへの出資比率は60%となっている。東京電力は2020年までの経営計画で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない再生可能エネルギーの電源を積極導入する方針を掲げており、ユーラスエナジーホールディングスを通じて、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する海外での風力発電や太陽光発電事業を拡大する方針だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> アメリカで大規模太陽光発電所建設による二酸化炭素(CO2)排出削減の地球温暖化の原因対策はこちら

環境省が東京都千代田区で地球温暖化の原因の温室効果ガスの「見える化」の二酸化炭素(CO2)排出削減対策の説明会

 環境省は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を一層推進していくため、化石エネルギーの消費に伴う地球温暖化の原因の温室効果ガスの発生状況等を定量的に情報提供する機能を持った商品やサービスが普及することによる地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出削減効果の検証方法を評価するとともに、これらの普及促進させるための広報事業を実施すると発表した。この地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策事業は、商品等の利用や行動時の化石エネルギー消費等に伴う、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を消費者に示す「見える化」の機能を有した商品等について、その「見える化」の機能の効果の評価手法及び評価結果を第三者が検証し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の「見える化」についての知見を集積するとともに、その成果を広く一般に普及させること目的とするものである。環境省では、化石エネルギーの消費に伴う地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の発生状況等を即時的(リアルタイム)に情報提供する機能である「見える化」を有した商品等を対象に、既に「見える化」の商品等を持っている事業者及び「見える化」の商品等は持っていないが構想中のアイデアがある事業者を対象に、この「見える化」事業への参加者を平成22年10月14日まで募集する。環境省では、株式会社三菱総合研究所に委託し、「見える化」公募に関する説明会を以下の日程で開催する。環境省温室効果ガス「見える化」公募説明会
日時:平成22年9月30日(木)10:00~12:00
場所:株式会社三菱総合研究所1階AVルーム
〒100-8141 東京都千代田区大手町2-3-6 東京メトロ丸の内線大手町駅(A2出口)から徒歩2分、JR東京駅(丸の内北口)から徒歩10分、JR神田駅(西口)から徒歩8分
応募方法の詳細に関しては、「見える化」公募要領及び株式会社三菱総合研究所の本事業専用ホームページ( http://rt-mieruka.mri.co.jp/ )を参照のこと。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 環境省が東京都千代田区で地球温暖化の原因の温室効果ガスの「見える化」の二酸化炭素(CO2)排出削減対策の説明会はこちら

東京都千代田区で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策のシンポジウム

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの環境研究機関が参加している「環境研究機関連絡会」は、平成22年11月17日に東京都千代田区にある学術総合センターにおいて、第8回環境研究シンポジウム「わたしたちの生活と環境 ~地球温暖化に立ち向かう~」を開催すると発表した。「環境研究機関連絡会」は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする環境研究に携わる国立・独立行政法人の研究機関が研究の連携・協力を緊密にすることを目的に平成13年に設置した組織である。今回の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の成果発表会は、(株)三菱総合研究所理事長 小宮山宏氏による基調講演「低炭素型ライフスタイルへの転換 ~日々のくらしの低炭素化に向けて~」のほか、「住環境における省二酸化炭素(CO2)、省エネルギー実効性向上の取組」、「私たちの生活の将来展望」、「海・食卓への影響と適応技術」、「気象災害の予測と適応策~MPレーダネットワーク による局所的気象災害予測の現状と展望~」、「木材製品の利用による適応策~木材製品利用による二酸化炭素削減効果の定量的評価~」の5つの講演を行う予定となっている。参加希望者は特設サイト( https://project.nies.go.jp/events/renrakukai2010/ )から事前に登録することが必要で、参加費は無料となっている。環境研究機関連絡会へ参加している研究機関は、(独)防災科学技術研究所(茨城県つくば市天王台)、(独)物質・材料研究機構(茨城県つくば市千現)、(独)農業環境技術研究所(茨城県つくば市観音台)、(独)森林総合研究所(茨城県つくば市松の里)、(独)水産総合研究センター(神奈川県横浜市西区みなとみらい)、(独)産業技術総合研究所(茨城県つくば市梅園1)、国交省気象庁気象研究所(茨城県つくば市長峰)、国交省国土技術政策総合研究所(茨城県つくば市旭)、(独)建築研究所(茨城県つくば市立原)、(独)港湾空港技術研究所(神奈川県横須賀市長瀬)、(独)土木研究所(茨城県つくば市南原)、(独)国立環境研究所(茨城県つくば市小野川)の12の機関である。
以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策のシンポジウムはこちら

YKKAP・TOTO・DAIKENが住宅改修による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 TOTO(福岡県北九州市小倉北区)、大建工業DAIKEN(大阪府大阪市北区堂島)、YKKAP(東京都千代田区神田和泉町)の3社(=TDY)は、10月15日から全国4都市で地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に対応した「グリーンリモデルフェア」を開催すると発表した。フェアでは、と旧温暖化の原因防止対策や省エネ対策など住宅改修の流れや仕組みを紹介するほか、改修後の事例を実物大で展示する。住宅の部分改修の事例については、ビフォー・アフターで見て分かるように展示するという。さらに、個別ゾーンでは、TOTOが住宅の水回り、大建工業DAIKENが住宅の建材、YKKAPが住宅の開口部の商品や機能を紹介するという。グリーンリモデルは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となるものであり、3社共同の取組みとして2008年から開始している。住宅の「健康配慮」、「長もち住宅」、「二酸化炭素(CO2)排出量削減」をテーマに商品や空間づくりを提案している。住宅の工事着工前に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策その他の角度からグリーンリモデル診断を行い、住宅の性能や状態、顧客の潜在ニーズを把握し、その結果を基にリフォーム・メンテナンス計画を作成するという作業になる。住宅工事内容などはTDY住宅履歴情報サービスで管理する。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策等のフェア開催地は次のとおりとなっている。【名古屋】10月15~17日、ポートメッセなごや(愛知県名古屋市港区金城ふ頭2-2)【大阪】11月19~21日、インテックス大阪(大阪府大阪市住之江区南港北1-5)【福岡】2月10~12日、マリンメッセ福岡(福岡県福岡市博多区沖浜町7-1)【東京】4月22~24日、東京ビッグサイト(東京都江東区有明3-21-1)。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> YKKAP・TOTO・DAIKENが住宅改修による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

王子製紙は神奈川県でオフセットクレジット(J-VER)による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 王子製紙(東京都中央区銀座)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環の取組みとして、神奈川県山北町の社有林でのCO2吸収プロジェクトで、「オフセットクレジットJ-VER)制度」によって1,795tの二酸化炭素(CO2)排出枠を取得したと発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、オフセットクレジット(J-VER)制度の認証は、製紙会社としては国内で初めてだという。オフセットクレジット(J-VER)制度による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にはいくつかの方法があるが、木の成長を促し森林を維持することを目的に間伐する「間伐促進型」のCO2吸収プロジェクトとして認証を受けた。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出枠取得の対象になったのは、神奈川県の丹沢山系西部に広がる総面積688haの三保山林で、2007~2009年度にかけて間伐を行った156haの山林である。間伐促進型整備プロジェクトの実施に伴い、1,795tの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)吸収量が認められて二酸化炭素(CO2)排出枠の発行を受けた。三保山林では2010~2012年度にさらに117haの間伐事業を展開することによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出枠を追加で取得する計画だという。オフセットクレジット(J-VER)制度は2008年11月から環境省が中心になって始めた制度であるが、国内での自主的な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策プロジェクトで生じた二酸化炭素(CO2)排出削減・吸収量に相当する二酸化炭素(CO2)排出枠を発行し、カーボンオフセットに利用する仕組となっている。王子製紙は国内に19万haの社有林を所有しており、2011年4月までに北海道などの2,000haを対象に間伐を行い、3万8600tの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出枠を取得する予定をしている。今後、社王子製紙の有林の森林整備をさらに推進して、社有林全体での地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出枠取得を目指す。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出枠を使って、人工林の整備拡大や、自然にできた天然林の管理・保全に役立てていくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 王子製紙は神奈川県でオフセットクレジット(J-VER)による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

神奈川県のキリンビバレッジの工場は太陽光発電システムによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 神奈川県高座郡寒川町にあるキリンビバレッジ(東京都渋谷区神宮前)の湘南工場では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、工場の壁面に整然と並ぶ約500枚のクリーンエネルギーの太陽光発電システムのパネルが大きな特徴となっている。この60kWの太陽光発電システムの稼動は2006年3月からであるが、神奈川県高座郡寒川町の近隣でも評判であるばかりか、取引先や工場見学に訪れる市民などからも、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策や地球環境問題に力を入れている企業なんですね」と言われることが増えたという。キリンビバレッジ湘南工場が太陽光発電システムの導入を検討し始めたのは、キリンビバレッジの行動指針として、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するために「クリーンエネルギーの導入」や「従業員、見学者、取引先への啓蒙」を掲げているからである。これを実現するためには、太陽光発電システムの設置が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、誰にでも視覚的にわかりやすく最適だと判断したという。太陽光発電システムの重さに対する構造計算では、多くの建物で強度不足が判明し、強度を満たす建物屋上には、テニスコートがあった。これを避けると、設置場所は壁面しかなく、建物が南に向いているため、太陽光発電システムの発電効率の低下は最小限に抑えられることから壁面への設置が決まった。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての太陽光発電システムの発電量は、年間平均5万4000kWh程度であることから、出力60kWの太陽光発電システムとして平均的だという。現在、湘南工場の事務部門で使用する電力量の約4%をクリーンエネルギーの太陽光発電システムで賄っているという。湘南工場に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、壁面に太陽光発電システムを設置して以来、地方自治体などから地球環境問題をテーマにしたセミナーの一環として工場見学させてほしいという申込が増加したという。また、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する地球環境問題に係るセミナーを湘南工場自ら企画するなど、湘南工場としても環境問題への取組みをアピールしやすくなったという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県のキリンビバレッジの工場は太陽光発電システムによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都目黒区のGardenバーがグリーン電力購入で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策

 東京都目黒区下目黒にあるバー「Garden」では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策お店の消費電力に充てるため、グリーン電力を50kWh購入した。東京都目黒区のGardenバーでは、全国の産地直送の新鮮な有機野菜を取り入れた料理を提供したり、バーテンダーがボトルやシェーカー、グラスなどを用いた、曲芸的なパフォーマンスによってカクテルを作る「フレア・バーテンディング」が行われている。お店を運営している、フレア・バーテンダーチームの「UPT(アップティー)」の皆さんは、「フレア・バーテンディング」の世界大会で優勝した中々の実力者でエグザイル風のイケメン揃いである。一見、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策とは何も関係ないような雰囲気のバーであるが、グリーン電力の購入のほか、イベントでのフレア・バーテンディングショーの収益を、自然保護団体に寄付したりもしているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都目黒区のGardenバーがグリーン電力購入で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策はこちら

リコーはグリーン電力で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 リコー(東京都中央区銀座)は、東京都港区の秩父宮ラグビー場で9月18日のラグビー・トップリーグ公式戦である、リコーブラックラムズと福岡サニックスブルースの対戦試合で、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、自然エネルギーで発電するグリーン電力を利用した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「グリーン電力証書システム」を活用し、ナイター照明などに必要な電力を賄ったという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、グリーン電力証書の発行事業を手掛ける日本自然エネルギー(東京都中央区)からリコーが購入しているグリーン電力証書を使用した。この試合に際して、ラグビー場の大型映像装置やナイター用照明などが消費する電力約2,000kWh分をグリーン電力で賄ったとみなした。リコーは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する環境活動の一環として、外部で使用する電力による環境負荷を減らすことを目的にグリーン電力証書システムの活用を決め、今回のラグビーの公式戦を地球温暖化の原因防止対策の第1弾にした。リコーは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する環境保全と利益を同時に実現する「環境経営」を推進しており、2050年までに環境負荷を8分の1にする目標を掲げ、環境保全活動に積極的に取り組んでいる。グリーン電力は、太陽光発電システムや風力発電など自然エネルギーで発電された電力のことをいう。グリーン電力には、電力そのものの価値と、化石燃料節減による省エネ対策や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策という環境付加価値があると考え、付加価値に価格を設定して販売するのがグリーン電力証書システムとなっている。グリーン電力証書を購入すると、通常使う電力と組み合わせることで、当該グリーン電力を使用したものとみなされる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> リコーはグリーン電力で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東芝が高効率モーターで二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策

 東芝(東京都港区芝浦)は、ベトナム子会社の東芝産業機器アジアが、ホーチミン市近郊のドンナイ省のアマタ工業団地に、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する産業用高効率モーターの新工場を竣工し、操業を開始した。新工場は東芝最大規模の産業用高効率モーターの生産拠点で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献できる100馬力以下の産業用高効率モーターを製造するという。2015年度に完成品ベースで年産120万台を製造し、グローバル市場に出荷する予定であり、2015年の従業員数は約500人を見込んでいる。消費電力を抑えることで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を低減できる高効率モーターに対するニーズが非常に高まっている状況にある。今年12月には、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、アメリカを始め世界各地で所定基準以上の高効率モーターの製造・販売が法律で義務化される予定となっており、高効率モーターの需要は急増する見通し。新工場で生産する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の高効率モーターは、当面、北米市場向け輸出が中心となるが、その後、中国、東南アジア、日本、欧州、豪州などに販路を拡大するという。東芝は、ベトナムの新工場の稼動によって、既存製造拠点である東芝産業機器製造(三重県三重郡朝日町)、米国の東芝インターナショナル米国、中国の東芝大連社の3拠点とともに、全世界に4極体制で供給できる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の高効率モーターの生産体制が確立した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東芝が高効率モーターで二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

日立製作所とパナソニックがCEMSとHEMSによる二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因防止対策で合意

 日立製作所(東京都千代田区丸の内)とパナソニック(大阪府門真市大字門真)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策が構築された低炭素社会の実現に向け、グローバル市場でのスマートコミュニティ関連事業において、協力関係を合意した。具体的には、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、日立製作所が強みを持つコミュニティエネルギーマネジメントシステム(CEMS)の技術と、パナソニックが強みを持つホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS)技術を基に、CEMSとHEMSの実用化と普及を目指して、インターフェイスの共同開発や標準化への取組みなどを推進していくという。スマートコミュニティは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策が構築された「低炭素社会」を実現する持続可能な社会システムの重要な要素の一つとなっている。次世代電力網であるスマートグリッドを中心とした電力システム、交通システム、上下水道処理施設などの社会インフラやビル、住宅などを情報通信技術でつなぎ、都市社会全体を最適に制御することにより、人々が生活する空間を安全・安心で、快適なものとして維持させながら、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減などの環境負荷の最小化や、総合的な社会コストを抑制するものである。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のスマートコミュニティを実現するためには、エネルギーの供給から需要までのシステムを効率的に連携させ、地域内でのエネルギー需要の調整、機器・設備の監視、運用や付加価値サービスの提供、さらには、各家庭における効率的なエネルギーの管理を行うことが必要であり、このための環境問題の管理システムがCEMSやHEMSとなっている。CEMSは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に寄与する風力発電、大規模太陽光発電(メガソーラー発電)などの新エネルギー・自然エネルギー発電も含めた発電設備からの系統電力の供給側と、一戸建て住宅、マンションやオフィスビル、電気自動車(EV)充電システムなどの需要側の様々なシステムを連携させ、管理・運用するシステムとなっている。一方、同様に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に寄与するHEMSは、各家庭の家電製品、太陽光発電システムの機器、家庭用電気自動車(EV)充電器や蓄電池などの設備機器を連携させることで、全体のエネルギー使用量、省エネ目標値の達成状況やアドバイスを見える化し、家庭内の省エネ対策をサポートするシステムである。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 日立製作所とパナソニックがCEMSとHEMSによる二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因防止対策で合意はこちら

愛知県岡崎市で電気自動車(EV)タクシーによる二酸化炭素(CO2)排出量削減で地球温暖化の原因対策

 愛知県岡崎市にあるタクシー会社「岡陸タクシー」(愛知県岡崎市上六名3)が、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電気自動車(EV)によるタクシー営業運行を開始した。電気自動車(EV)タクシーは、愛知県内はもちろんのこと東海3県でも初めての導入となるほか、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)タクシーとしては初めて自動開閉機構を取り付けた」と同社の浅岡社長は得意げに話す。タクシー用車両は、燃料をガソリンではなく液化石油ガス(LPG)で走行するため、燃費や経済性の面ではハイブリッド車(HV)にも引けを取らないことから、同社ではこれまでハイブリッド車(HV)導入は見合わせていた。しかし、地球環境問題に優しい電気自動車(EV)タクシーの場合、エンジンはないことから何も燃料を使わずに、リチウム電池とモーターだけで走行し、しかも、走行中は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)や窒素酸化物(NOX)などの排気ガスを一切出さないという特徴がある。このため、燃費面だけでなくクリーンであることからも、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策対策として環境問題を重視する世相に対して当社にできることを行う」として電気自動車(EV)タクシーを導入したという。社用車としては、既に2009年秋から三菱自動車(東京都港区芝)の電気自動車(EV)「i-MiEV(アイミーブ)」をテスト導入していた。「電気自動車(EV)のi-MiEV(アイミーブ)は、三菱自動車岡崎工場がある愛知県岡崎市にとって言わば地元産の電気自動車(EV)。実はテスト用でなく電気自動車(EV)のタクシー営業車として導入する予定だった。陸運局認可の機会を様子見していた」という。電気自動車(EV)タクシーの運行予定は、平日の8時~19時としている。待機拠点は名鉄東岡崎駅と三菱自動車岡崎工場の2箇所を予定している。現在、電気自動車(EV)の充電設備は愛知県岡崎市内の同工場と同社岡陸タクシー、さらに、岡崎市役所の3か所となっており、1回約7時間のフル充電で最大160kmの走行ができる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県岡崎市で電気自動車(EV)タクシーによる二酸化炭素(CO2)排出量削減で地球温暖化の原因対策はこちら

東京都足立区で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策に向けた講演会

 東京都足立区は、足立区温暖化防止区民会議実行委員会の主催で足立区役所で「地球環境講演会」を10月16日14時から開催すると発表した。参加無料。地球環境講演会の当日は、国立環境研究所(茨城県つくば市小野川)の交通・都市環境研究室主任研究員である近藤美則さんが、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を踏まえた自動車に代わるエコな移動手段を中心とした「エコ交通の実現について」をテーマに講演する。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、公共機関の電車や徒歩などによる移動の重要性を話すという。その後、「レーシングドライバーが教えるエコドライブ」をテーマとして、モデルやレースクイーンを経て、現在はプロのレーシングドライバーとして活躍中の井原慶子さんが、プロドライバーの目線から燃費のいい安全な車の運転方法などを講演する。東京都足立区の地球温暖化対策課では「東京都足立区は東京都内でも自動車の所有台数の多い区であり、さらに東京都足立区内には主要高速道路や環状7号線・国道4号線など幹線道路が多い。東京都足立区における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量も自動車が多く占めており、東京都足立区民一人ひとりの意識で二酸化炭素(CO2)排出量を減らしていきたい。そのきっかけにプロからアドバイスをもらう場を設けた」と話している。今後については、「11月に東京都足立区内でエコドライブ教習などのイベントも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として開催し、より地球環境問題に優しい車の運転を目指し、東京都足立区内から地球温暖化の原因を防止していきたい」とも話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都足立区で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策に向けた講演会はこちら

オートバックスは奈良県大和郡山市で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の新店舗展開

 オートバックスセブン(東京都江東区豊洲)は、同社のFC店のオートバックス大和が運営するオートバックスいかるが店を移転し、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など新しい店舗改革の考え方を新規店舗に導入した実験店舗を奈良県大和郡山市小林町西に「オートバックス大和郡山」としてオープンすると発表した。オートバックスセブンは、既存店改革として、2009年11月に「オートバックス千葉幕張店」(千葉県千葉市美浜区)で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの実験を開始し、その成果を基に、グループ内のオートバックスのすべての既存店で売場改装を実施している。奈良県大和郡山市の店舗は、電気自動車向け充電スタンドや太陽光発電パネルなどエコ設備を併設した全店初の環境配慮型店舗となっている。環境設備は奈良県内にある5つのオートバックスで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、初となる電気自動車(EV)のプラグインハイブリッド用倍速急速充電スタンドを駐車場に開設し、無料で利用することが可能となっている。また、環境問題に配慮するため、太陽光発電システムのパネルや壁面緑化システムを配備したほか、看板と一部照明にLED(発光ダイオード)照明を採用することによって、従来店舗の年間消費電力量に対して約30%削減することができ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となっているという。今後は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの新店舗の実験結果を、オートバックスセブングループで新規オープンする店舗に反映させていくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> オートバックスは奈良県大和郡山市で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の新店舗展開はこちら

新聞配達専用電動バイクも二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 テラモーターズ(東京都渋谷区宇田川町)は新聞広告の自動挿入機を手掛けるプレッシオ(東京都港区港南)と提携し、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、10月中旬から、走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない新聞配達専用電動バイク「フリーノ・プレス」の販売を全国で開始すると発表した。新聞配達専用電動バイクの大規模な事業展開は、全国でテラモーターズが初めての事例となる。新聞配達専用電動バイク「フリーノ・プレス」は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策と同時に、新聞配達に特化して徹底的に商品開発を行った電動バイクで、走行時に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を一切排出せず、騒音がなく静かなことが最大の特長となっている。これまでに販売されていた電動バイクは地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策には貢献するものの、その弱点でもあったパワーも、高出力モーターの搭載によって業務用原付一種(排気量50cc)と同じ程度の性能と実用性を兼ね備えているのが特徴となっている。新聞配達専用電動バイクの最高速度は45km/hで、1回の充電で約35km走ることが可能で、新聞配達専用電動バイクの荷台には20kgまでの荷物を積載できる。新聞配達専用電動バイクの販売価格は30万円前後になる見通しで、年間に1,000台の販売を目標としている。同社は、今後も、走行時に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を一切排出しない電動バイクやシニアカーの普及を進め、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献していくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 新聞配達専用電動バイクも二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

住友林業がEVの家庭用蓄電池で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 太陽光発電システムはクリーンな自然エネルギーであることから、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるのであるが、良質な蓄電設備がないことから、電気を使うか電力会社に売電するしか利用方法がないのが課題であった。住友林業(東京都千代田区大手町)は2011年中に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、家庭用蓄電池を装備した住宅を発売すると発表した。この住友林業の家庭用蓄電池には電気自動車(EV)のリチウムイオンバッテリーを利用するという。今年11月には、神奈川県横浜市に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる家庭用蓄電池搭載住宅のコンセプトモデルハウスをオープンするという。クリーンエネルギーの太陽光発電システムで電気エネルギーを創出し、家庭用蓄電池で電気エネルギーを貯留し、これらを専用の電気エネルギー制御システムによって家庭内の消費エネルギーをコントロールし、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献していくという。将来的な目標としては、住宅の建設から廃棄までライフサイクルにおける地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の収支がマイナスとなる「ライフサイクルカーボンマイナス(LCCM)住宅」の開発を目指すという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 住友林業がEVの家庭用蓄電池で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

東京都八王子市で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策の省エネ住宅

 東京都内の大学や建設会社、不動産デベロッパーなどによる「ココラボモデル環境共生住宅建設委員会」は、これまでの地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などに関する研究成果を基にして東京都八王子市堀之内で建設を進めていた省エネ戸建て住宅「東京デコルテ グローイングヒルズ『ココラボモデル』」の販売を開始した。同委員会は、マンションや一戸建を取り扱うコスモスイニシア(東京都千代田区)と大学の建築系研究室などが、建築における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの研究を目的に2006年に結成した。「建築家を目指す学生の発想とコスモスイニシアの経験、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策や家族みんなの暮らしの夢を加えるとどのような家ができるのかというのがコンセプト」とコスモスイニシアの担当者は話す。2008年度には、コスモスイニシアと東京大学大学院(東京都文京区本郷)が、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする環境問題に関する「環境共生住宅」をテーマに産学共同研究「ココラボ2008」を実施した。2008年6月から半年間にわたり、一般からの意見も取り入れながら、省エネ対策・素材・外環境・住空間・街並みの5つの視点で住宅のあり方を検討してきた。子供のためのワークショップ、実験や発表会などを行い、出来上がったのが今回の家のモデルだという。今回は細田工務店(東京都杉並区)が開発を進めている戸建住宅プロジェクト「東京デコルテ グローイングヒルズ」の中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を加えた2棟を建設した。この住宅は、街区の設計によって作り出された風をウインドキャッチャーで取り入れて、家の中に風がどんどん入ってくる。個々の住宅では庇によって日照を冬と夏で調整して室内温度をコントロールするほか、屋根の蓄熱を防ぐ「クールルーフ」塗装や床下には蓄熱コンクリートを採用している。また、夏場は日差しを遮り、冬場は日光を室内へと取り入れるため落葉樹も植えた。省エネ対策にも優れて猛暑の中でもエアコン不要な気持ちいい家なので、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になっているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都八王子市で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策の省エネ住宅はこちら

高岳製作所が二酸化炭素(CO2)を削減する地球温暖化の原因対策の電力網実験

 高岳製作所(東京都中央区入船)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、高岳製作所の小山市工場(栃木県小山市)に建設を進めていた配電ネットワーク実証試験場が完成し、稼働を始めたと発表した。また、高岳製作所では、新たに電圧を断絶する断路器工場の拡張も完了した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を検証する試験場は、1,314平方メートルの敷地に6.6キロボルトの架空配電線と変圧器、配電用自動電圧調整器などを配置しており、クリーンエネルギー自然エネルギーなどの実用化を検証する。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に寄与するクリーンエネルギー・自然エネルギーの太陽光発電や風力発電で発電した電力が、系統電圧にどういった影響を与えるかなどの実証研究を行い、次世代送配電網に対応可能なシステムや機器の技術開発に役立てるという。一方、断路器はこれまで、高岳製作所小山市工場にある変電機器工場の一部で生産していたが、専用工場を設けることによって、生産効率は3割以上アップしたという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 高岳製作所が二酸化炭素(CO2)を削減する地球温暖化の原因対策の電力網実験はこちら

埼玉県と東京都が排出量取引で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因防止対策

 埼玉県は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策排出量取引について東京都と連携する協定を結んだと発表した。二酸化炭素(CO2)排出量取引の協定の締結によって、埼玉県内の中小規模の事業所と東京都内の大規模事業所との間で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を目標量より削減できた量(クレジット)を二酸化炭素(CO2)排出量取引で売買できるようになるという。埼玉県温暖化対策課によると、埼玉県は2011年4月、東京都は2010年4月から大規模事業所に一定の目標に従って、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の排出量削減を義務づけている。目標の二酸化炭素(CO2)排出量を削減できない場合には、他の事業者などから二酸化炭素(CO2)排出量の削減量を買い取る「二酸化炭素(CO2)排出量排出量取引」で削減するよう制度化している。二酸化炭素(CO2)排出量排出量取引に係る協定の締結前は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策につながるといえども、埼玉県内の中小規模事業所は埼玉県外の事業所との二酸化炭素(CO2)排出量排出量の売買ができないことになっていた。今回の協定の締結によって、埼玉県内の中小事業所は、2011年4月から東京都内の事業所への二酸化炭素(CO2)排出量削減クレジットの売却が、2012年4月からは東京都内の事業所からの二酸化炭素(CO2)排出量削減クレジットの購入がそれぞれ可能になるという。こうした都道府県単位での二酸化炭素(CO2)排出量取引制度は、東京都と埼玉県だけで、協定では東京都と埼玉県県が制度連携によって得られた成果を、首都圏の他の地方自治体に対して積極的に二酸化炭素(CO2)排出量取引制度の導入を発信することも定めている。上田清司埼玉県知事は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、二酸化炭素(CO2)排出量取引制度で先行している埼玉県と東京都が連携することは、国や他の地方自治体の取組みを促進することになるはずだ」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 埼玉県と東京都が排出量取引で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

ブリヂストンが電子ペーパーで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因防止対策

 ブリヂストン(東京都中央区京橋)は、磐田工場(静岡県磐田市)に地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する電子ペーパーの製造ラインを新設し、9月から生産を開始している。二酸化炭素(CO2)を排出しない電子ペーパーは、読むためのディスプレイとして、主に静止画を表示する媒体として開発し、従来、ブリヂストンの東京工場(東京都小平市)だけで生産していたが、今後は静岡県磐田市の磐田工場に集約し、生産能力を現状の3倍に増強して事業を拡大する。二酸化炭素(CO2)を排出しない電子ペーパーの普及を図ることで紙の使用量を削減し、二酸化炭素(CO2)を吸収固定する森林保全につなげることによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にも貢献するという。電子ペーパーの製造ラインの新設には10億円を投資し、これによってA3サイズ換算の生産量を現在の月間5000枚から同1万5000枚に拡大できるという。改正省エネ法による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の対象の拡大や環境問題への意識の高まりなどを背景に、さまざまな業種でペーパーレス化が加速しており、今後とも電子ペーパーの需要が増大すると判断した。ブリヂストンは、紙資源保護による森林保全や、省エネ対策による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献できることを訴求していく方針だという。ブリヂストンは、2009年から小売業向けの電子棚札用電子ペーパー事業を開始しており、これまでに日本と環境問題への意識の高いヨーロッパのスーパーマーケットなど200店舗以上に採用されている。従来、印刷物を使った棚札は、商品の価格が変わったり商品を入れ替える時に交換が必要で、紙の使用量削減と作業の負担軽減が課題となっていた。電子ペーパーを使用することによって、こうした問題を解決することができ、しかも、遠隔操作で表示内容をすぐに変更できることなどから、注目され、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもなることから、工場や物流分野の作業指示票への新規採用も決まった。ブリヂストンの電子ペーパーは、液晶に代わる自社開発の表示材料「電子粉流体」を使用して製造しており、紙同様の高い視認性と広い視野角を実現したことに加えて、文字や写真をカラーで表示でき、電源を切っても表示を維持できることなどが大きなメリットとなっていっる。また、電子ペーパーは液晶に比べて、表示速度は30倍速く、より低温でも使用できるなどの特徴もある。電子ペーパーの生産体制の増強に合わせ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策といった環境配慮性も訴求しながら、より一層の普及拡大を目指していく方針だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> ブリヂストンが電子ペーパーで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

静岡県で校庭緑化による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 鈴与商事(静岡県静岡市清水区)と損害保険ジャパン(東京都新宿区西新宿)が、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、校庭に芝生を植える校庭緑化の取組みを進めるNPO「静岡県地球温暖化防止活動推進センター」に協力すると発表した。損保ジャパンの静岡県内の社有車50台が鈴与商事のガソリンスタンドで給油する都度、一定額を静岡県地球温暖化防止活動推進センターに寄付するというもので、静岡県地球温暖化防止活動推進センターが発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、芝生には周辺の温度が上がるのを防ぐ効果があり、静岡県地球温暖化防止活動推進センターは現在、静岡県下の静岡市立大川中学校(静岡県静岡市葵区)と私立ふたば保育園(静岡県焼津市)の校庭・園庭の芝生化を援助している。損保ジャパンは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、10月以降に1リットル当たり約10円を上乗せした価格で鈴与商事が提供するガソリンを買い、同社はこの一部を校庭緑化の寄付金として静岡県地球温暖化防止活動推進センターに提供するという。残りは、直接、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策事業に活用する。静岡県地球温暖化防止活動推進センターは、寄付金を芝刈り機の購入や校庭緑化の植え付けなどの経費に充てるという。静岡県地球温暖化防止活動推進センターは「静岡県下における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に強力なパートナーを得た。今後も校庭緑化の支援先の学校を増やしていきたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 静岡県で校庭緑化による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

山梨県北杜市は小水力発電で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策

 山梨県北杜市は、三峰川電力(東京都千代田区)と共同で、山梨県北杜市大泉町、山梨県北杜市高根町にある村山六ケ村堰せきに新たに3か所、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献できる小水力発電施設を整備すると発表した。山梨県北杜市高根町には水力発電施設1か所があるが、今回の計画で4つの施設が同じ堰に造られることになる。北杜市は4発電所を地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「村山六ケ村堰ウオーターファーム」として山梨県内外に積極的にPRし、環境創造都市を目指す北杜市のイメージアップにもつなげたい意向だという。山梨県北杜市の事業計画では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策も兼ねて、北山梨県杜市大泉町の西沢地点に最大出力220kwの小水力発電施設、山梨県北杜市高根町の川子石地点に同170kwの小水力発電施設及び蔵原地点に同185kwの小水力発電施設を整備するという。いずれも総落差約50メートルの水力を利用する水路式として整備する予定で、年間発電量は約402万6千kwhで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減効果は約1,680トンとなる見込みだという。このほど、新エネルギー導入促進協議会が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、小水力発電施設整備事業への補助金支出を決定した。三峰川電力が施設建設と維持管理、売電を行い、山梨県北杜市が地元調整役を担うほか、導水管路敷設の北杜市の占用料を免除する方向で検討している。山梨県北杜市では、2007年に北杜市高根町長沢地点に水力発電所「クリーンでんでん」を完成させており、合計した年間発電量は639万6千kwhになる。これは、一般家庭1777軒分の年間使用電力量に相当し、年間約2673トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるという。北杜市環境課では、「民間が開発主体となって行政がサポートする先進的な取り組みで、北杜市の目玉施策として、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献したい。北杜サイト(北杜市長坂町夏秋の太陽光発電実証研究施設)のように、多くの北杜市内外の人に訪れてもらえる工夫もしたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 山梨県北杜市は小水力発電で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策はこちら

ANAの積極的な地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策への取組み

 全日本空輸株式会社ANA(東京都港区東新橋)は「ANA SKY WEB」内の「CSR・環境活動」のページをリニューアルした。新たなサイトでは、環境関連のニュースや「e-flight」などのコンテンツに加えて、ANAグループのCSR(企業社会責任)についての考え方、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への取組みなどさまざまな環境活動、森づくりやサンゴ再生などの環境社会貢献活動についても説明している。また、ANAグループ便が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、2009年10月から国内線全線で導入している「ANAカーボン・オフセットプログラム」にも、PC上からもアクセス可能にした。ANAカーボン・オフセットプログラムは航空便の利用者が参加する環境問題貢献活動で、利用するフライトごとに排出する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を算出し、それに相当する金額をクレジットカード決済方式でオフセットするものとなっている。ANAカーボン・オフセットプログラムは、音楽家の坂本龍一さんを発起人とする「more trees(モア・ツリーズ)」プログラムと提携して行われており、集められたお金は、日本の森林育成や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の活動に役立てているという。ANAグループは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に積極的に取組む世界トップ水準の「環境リーディング・エアライン」を目指しており、自然循環機能と航空事業活動との調和と持続可能な社会の形成に幅広い分野で取り組んでいる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> ANAの積極的な地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策への取組みはこちら

東京都八王子市は環境家計簿で二酸化炭素(CO2)排出削減する地球温暖化の原因防止対策

 東京都八王子市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、東京都八王子市民に二酸化炭素(CO2)排出量削減を記載する環境家計簿を楽しく続けてもらおうと、家庭を一つの国に見立てたユニークな取組みを進めている。八王子市民が、それぞれ一国の代表になったつもりで、家庭の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に取り組んでもらうというものだ。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への参加者は、省エネ国を建国し、自分で考えた好きな国の名前を八王子市に登録することによって、「愛国心」をくすぐり、環境家計簿を長く続けてもらう試みであり、参加国は年々増えており、現在は約1,200国が参加しているという。国名を登録後は、通常の環境家計簿への記載と同じように、八王子市が用意した用紙に月々の電気、ガス及びガソリンなど二酸化炭素(CO2)排出量削減につながるエネルギー使用量を記入するだけという。環境家計簿に一年分を記入して八王子市へ提出すると、国名入りの認定証や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量に換算したグラフが八王子市からもらえる仕組みになっている。二年以上にわたって環境家計簿の記入と提出に取り組めば前年比の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減率も分かるという。東京都八王子市において、2001から始まった取組みであり、環境家計簿は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として二酸化炭素(CO2)排出量を目に見えるようにし、自発的に省エネ対策を心掛けてもらうことが八王子市の狙いになっている。事実、八王子市への取組みの参加者は、年間で300kg前後の地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量を削減するという。ただ、環境家計簿をつけるという実際の作業は地味で、続ける意欲を保つことが課題だったため、八王子市では家庭を国に見立てるアイデアを思い付いたという。八王子市環境政策課では、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての環境家計簿には愛着を持ってもらうのが、良い方法と考えた」と話している。また、昨年度から地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のイメージキャラクターを導入した。絵の得意な八王子市職員がデザインし、参加者から名前を公募した結果、「えこちゃん」、「グリちゃん」、「むだ使いマン」に決まった。2010年度は、音楽やパソコンが得意な八王子市職員が、テーマソングとアニメーションを制作し、八王子市のホームページで公開するなど、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への宣伝活動を強化している。八王子市は、6月に、4年以上、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の環境家計簿の提出を続けている「環境先進国」の15か国を初めて表彰し、中には8年間にわたり環境家計簿の提出を続けているケースもあった。八王子市は「家庭の省エネ対策は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の要となっている。今後とも八王子市民に身近な環境問題と考えてもらえるよう取組みを進めたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都八王子市は環境家計簿で二酸化炭素(CO2)排出削減する地球温暖化の原因防止対策はこちら

長野県軽井沢町でエコ・モビリティによる二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策

 長野県北佐久郡軽井沢町の軽井沢商工会、軽井沢観光協会及び軽井沢環境ネットワークで構成されている「軽井沢エコ・モビリティタウン実証実験実行委員会」は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に向けて、最新のエコ・モビリティの環境性能を体感できる環境プロジェクト「エコ・モビリティタウン軽井沢プロジェクト」を実施している。「Let's E-mo!」という愛称が付けられたこの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の試みは、同実行委員会が、長野県軽井沢町の後援を受け、トヨタ自動車(愛知県豊田市トヨタ町・東京都文京区後楽)やヤマハ発動機(静岡県磐田市新貝)といった環境問題に対応している最新企業の協力を得て、走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しないという今後のエコ・モビリティ普及につなげていくことを目的としている。今回のエコ・モビリティのプロジェクトで用意された最新車両は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電気自動車(EV)とハイブリッド車の性能持つトヨタ自動車の「プリウス プラグインハイブリッド」と、ヤマハ発動機の電動二輪車「EC-03」の2車種である。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を誇るどちらの車種も家庭用のコンセントから車に充電することが可能であり、優れた最新技術によって高い環境性能を誇る、次世代の交通手段となることが期待されているエコ車両である。別荘が立ち並ぶ長野県軽井沢は、毎年多くの人で賑わっており、これまでも自然に囲まれた街の良きイメージを守るために、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる環境活動を積極的に推進してきている。今回、自然豊かな日本を代表するリゾート地である「長野県軽井沢」と、世界的な環境先進企業が連携することで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を見据えて、環境問題にやさしいエコ・モビリティへの認識が高まることが期待される。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 長野県軽井沢町でエコ・モビリティによる二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策はこちら

沖縄県名護市でEVバイクEC-03による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 沖縄県本島北東部の海岸沿いに、豊かな大自然を背景とした約80万坪もの広大の敷地面積を誇る本格的長期滞在型リゾート施設「カヌチャリゾート」を運営する株式会社カヌチャベイリゾート(沖縄県名護市字安部)は、住友三井オートサービス(東京都新宿区西新宿)からのリースによって、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるヤマハ発動機(静岡県磐田市)のEVバイク「EC-03(イーシーゼロスリー)」を敷地内での移動車両として10月1日から導入すると発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を走行中に排出しないEVバイクEC-03が国内リゾート施設導入されるのは、初めてのことだという。沖縄県名護市のカヌチャリゾートは、客室数315室のリゾートホテルを始めとして、本格的なゴルフコースのほか、100余りのヴィラ群が点在するなど、子供からシニアまでが楽しめる沖縄屈指の高級リゾート施設である。創業以来、世界一、環境問題や人に優しいリゾートを目指して「環境・観光・健康」というキーワードのもと、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする環境保全活動も積極的に推進している。今回は、訪れたお客により快適な時間を過ごしてもらうことを目的とし、敷地内をより静かに移動でき、しかも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策という環境問題にも配慮できるという理由から、今年の7月に販売されたヤマハ発動機の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を走行中に排出しないEVバイク「EC-03」をいち早く導入することを決定した。本年度は、敷地内にある施設間で、ゲストが移動するためのレジャー車両として二酸化炭素(CO2)を排出しないEVバイク「EC-03」を2台導入される予定だという。今後は、現在ガソリンバイクやガソリンゴルフカーを利用しているスタッフの移動用ツールとしても、この二酸化炭素(CO2)を排出しないEVバイク「EC-03」を導入し、さらに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献していきたい考えだという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 沖縄県名護市でEVバイクEC-03による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

戸田建設は低炭素施工システムで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因防止対策

 建設施工現場の地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を建設受注や企業イメージの向上につなげようとする建設会社が増加している。戸田建設(東京都中央区京橋)では「TO-MINICA(トミニカ)」という独自の低炭素施工システムを構築して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を行っている。2010年4月から40以上の建築現場に導入して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の効果を確かめているという。戸田建設は、TO-MINICAを使うことで、工事中の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を2020年までに1990年と比較して40%削減する目標を掲げている。戸田建設では、同じ建設設計図でも、戸田建設が施工すると地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を最も少なくできることを発注者に訴えて、受注につなげたいと考えている。目標とする地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量は、施工高1億円当たりの原単位で比較する。戸田建設の建築工事の場合では、1990年の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は施工高1億円当たり19.2tだったが、2020年までに11.5tに抑えるという。2008年の実績は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量16.5tだったので、残りの約10年でさらに3割ほど削減しなければならない計算だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 戸田建設は低炭素施工システムで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

コマツはバイオ燃料で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 コマツ(東京都港区赤坂)は、インドネシアのカリマンタン島にある鉱山で、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、樹木の種子を原料とするバイオ燃料の精製を始める。徐々にバイオ燃料の生産量を増やし、2012年には年間約8,000トンを製造し、同鉱山で稼働している大型ダンプの3分の1に当たる約100台の燃料として利用することで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を年間2万トン削減する計画になっているという。バイオ燃料に利用する樹木は、現地のジャトロファという乾燥に強い落葉樹で、鉱山からの排土の埋め立て地に植樹している。この木から精製した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のバイオ燃料は、ダンプの一部を改良して、軽油に20%混入して利用するという。コマツによると、プロジェクトの第一の目的は優良顧客であるアダロと共同でバイオ燃料による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策プロジェクトを推進することにある。プロジェクトによる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量のうち、コマツが二酸化炭素(CO2)排出権として取得できる部分もあるとみられるが、現段階では不明だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> コマツはバイオ燃料で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

三機工業はポイント制度で二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策

 三機工業(東京都中央区日本橋室町)は、同社の地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の設備工事で実現した省エネルギーの量に応じて、その一部を地球環境問題保全活動の助成に充てる「SANKI YOUエコ貢献ポイント制度」を発足させると発表した。三機工業が顧客に提案した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策案が採用された場合、二酸化炭素(CO2)削減量1トン当たり100円に換算し、1年分を集計して地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に取り組んでいる非営利団体(NPO)などに寄付するというものである。国内の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は、工場など産業部門では減少傾向にあるが、業務用ビルや公共施設などの業務部門では今なお増大し続けているという。2008年度の業務部門からの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は、1990年度との比較で43%増加しており、その勢いは止まらない。このため、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の強化策として、今年4月から施行された改正省エネ法では、フランチャイズチェーンなど、これまで対象でなかった事業者にまで二酸化炭素(CO2)排出量の規制対象が広がった。三機工業では、拡大した規制対象に対して、同社のノウハウを生かした地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を提案していくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 三機工業はポイント制度で二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策はこちら

早稲田環境研究所はLCAなど全方位の地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 早稲田大学(東京都新宿区西早稲田)発のベンチャー企業である早稲田環境研究所(東京都新宿区西早稲田)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に対応した低炭素社会の構築に向けたコンサルティング業務を始め、環境対応型モビリティーや省エネ対策に係るシステム構築やソフトウエアの提供、人材の育成など幅広い商品やサービスを提供しているのが大きな特徴となっている。例えば、早稲田環境研究所が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のコンサルティング業務で対応している分野についても、改正省エネ法(正式名称:エネルギーの使用の合理化に関する法律)への対応から廃棄物やリサイクルに関するもの、製品の製造・流通・廃棄といったライフサイクル全体を通して環境負荷を評価するライフサイクルアセスメント(LCA)までと幅広い業務に対応している。大学発のベンチャー企業というと、研究成果や技術を基にして、特定の分野の事業を展開するのが通例であるが、早稲田環境研究所では、あえて手広くやっていて、個別の商品やサービスに固執していないところが、ほかの大学発ベンチャー企業とは異なる部分であり、事業がうまくいっている理由でもあるという。早稲田環境研究所の設立は2003年8月であり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の計量化モデルであるLCAの研究で有名な早稲田大学永田勝也教授の研究室の出身である小野田氏が、LCA解析のためのソフトなどが実際の社会に役立つと起業した。その地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のノウハウは、ウェブサイト上で消費エネルギーの「見える化」ができるエネルギー・モニタリングシステムや、家庭での二酸化炭素(CO2)排出量削減をゲーム感覚で楽しめる「シロクマランド」のウェブサービス、改正省エネ法対応ソフトの「省エネ顧問」などがある。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 早稲田環境研究所はLCAなど全方位の地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

沖縄県宮古島市が再生可能エネルギー等で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 三井物産(東京都千代田区大手町)は、沖縄県宮古島市地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に取り組む環境配慮型都市(スマートコミュニティー)の事業化に向けて協力する協定書を締結した。沖縄県宮古島市は、エコ・アイランドを目指しており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に寄与する太陽光発電システムや風力発電などの自然の再生可能エネルギーを大幅に導入することによって、2020年に地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量を2003年比で23%、2050年には75%を削減する計画を持っている。三井物産と沖縄県宮古島市は、今後、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、宮古島市で増産される予定のバイオエタノール用サトウキビの残渣を使用したバイオマス発電や太陽光発電、波力・潮力発電などを総合的に管理できるシステムを共同で構築することにしている。さらに、走行時に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の充電インフラ整備も進め、沖縄県宮古島市内で電気自動車(EV)などのエコカー普及も進めるという。沖縄県宮古島市では、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と東芝(東京都港区芝浦)、沖縄電力(沖縄県浦添市牧港)などが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の自然エネルギーを導入した場合に既存の電力系統へ与える影響を調査する実証試験を続けている。三井物産は、こうした企業とも連携して、沖縄県宮古島市全体のエネルギー需要予測や最適な自然エネルギーの需給調整までを提案する予定になっている。三井物産は、今回の計画を地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のモデル事業に位置付けており、今後、世界規模で拡大する見通しの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策がなされた低炭素型都市におけるインフラビジネスでの事業展開に生かすことを目標としている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 沖縄県宮古島市が再生可能エネルギー等で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

埼玉県さいたま市が電気自動車(EV)普及による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 三菱自動車(東京都港区芝)は、埼玉県さいたま市と連携し、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として「電気自動車(EV)教室モデル事業」を開始している。埼玉県さいたま市は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環の取組みとして、「次世代自動車の導入と普及」を推進する「E-KIZUNAプロジェクト」を実施しており、三菱自動車は、さいたま市の電気自動車(EV)の普及促進活動に協力するという。今回は、その一環として、次世代を担うさいたま市の小学生に対して走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)に対する理解を深めてもらうことを目的に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の電気自動車(EV)教室モデル事業を実施している。2010年度の対象としては、埼玉県さいたま市内の小学校5校を訪問して体験型の授業を行い、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策について理解を深めるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の電気自動車(EV)教室モデル事業では、性能や社会的意義についての理解を促すため、三菱自動車が教材の提供や講師をさいたま市に派遣している。電気自動車(EV)教室モデル事業の内容としては、三菱自動車の電気自動車(EV)「i-MiEV」(アイ・ミーブ)の体験試乗を中心とした環境体験授業や、三菱自動車のデザイナーやモデラーの指導によるデザイン体験授業をさいたま市の子供たちに対して実施している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 埼玉県さいたま市が電気自動車(EV)普及による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

JR東日本が長野県で二酸化炭素(CO2)削減し地球温暖化の原因対策となるハイブリッド列車を運行

 JR東日本(東京都渋谷区代々木)は、未電化区間である観光用車両として、長野県で運行する全国初のハイブリッドシステムを搭載することによって、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるハイブリッド列車「HB-E300」を、上野駅(東京都台東区上野)で公開しており、19日午後まで上野駅13番ホームで見ることができるという。ハイブリッド列車は、蓄電池とディーゼルエンジンの合体型で、従来の車両より燃費がよく、窒素酸化物も約6割削減するなど地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策が施され、環境問題に対応した優れた性能を有している列車である。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のハイブリッド列車は、10月2日から12月まで、2両編成の「リゾートビューふるさと」として、長野県内の信越線の長野駅から篠ノ井線を経由して、北アルプス沿いに走る大糸線の南小谷(長野県小谷村)まで運行するという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策もPRできるハイブリッド列車は、1日1往復の運転で、JR東日本では、長野県内の温泉や食事を組み合わせた旅行商品の案内も始めた。姨捨駅(長野県千曲市)では、「日本三大車窓」の一つとされる美しい風景を、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のハイブリッド列車から見ることができる。また、ハイブリッド列車には、車内サービスを担当するJR東日本の「リゾートアテンダント」が乗車するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> JR東日本が長野県で二酸化炭素(CO2)削減し地球温暖化の原因対策となるハイブリッド列車を運行はこちら

三菱化学が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策のLED照明参入

 三菱化学(東京都港区芝)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるLED発光ダイオード)照明市場に参入した。DVDなどの記録メディアブランド「バーベイタム」を展開する子会社の三菱化学メディア(東京都港区)が、今月から環境問題に関心の高いヨーロッパでLED(発光ダイオード)照明の販売を始め、アメリカや日本を含むアジア太平洋地域でも販売を開始し、世界80か国以上で展開するバーベイタムのブランド力を生かし、LED(発光ダイオード)照明という地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策からの成長市場に食い込む考えだという。今回発売したLED(発光ダイオード)照明は、通常の「電球型LED(発光ダイオード)照明」2種類と、デザイン性が高く主にホテルや店舗の使用が見込まれる「スポットライト型LED(発光ダイオード)照明」3種類の計5種類となっているが、今年中にそれぞれ1種類ずつ増やすという。LED(発光ダイオード)照明は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるうえ、寿命が白熱電球の35倍にもなり、1日10時間使った場合であっても約10年の長寿命を実現している。LED(発光ダイオード)照明の消費電力も白熱電球の2割で済むという。ヨーロッパにおける販売価格は、標準的な10wの電球型で3,200円程度で、イギリスとフランス、ドイツで販売を開始しており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など環境問題に非常に関心の高い地域であることから、2011年度中にはヨーロッパ全体にまで地域を広げる。また、次回以降に投入するLED(発光ダイオード)照明の新製品は、自然に近い白色を実現する独自技術を採用し、LED(発光ダイオード)照明で先行するフィリップスなどの大手電機メーカーに対して、技術的優位性を築きたいという目標がある。三菱化学は、バーベイタムのブランドがヨーロッパで認知度が高いことに加え、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関心が高く、照明にお金をかける傾向があることから、他地域よりも先行発売することを決定したという。三菱化学は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するLED(発光ダイオード)照明の主要部材のLEDチップ及び蛍光体を開発しており、2009年度には、それらで約90億円の売上があった。今回、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、最終製品であるLED(発光ダイオード)照明の分野に新規に進出することで、2015年度にはLED(発光ダイオード)部材を含む売上高を1,000億円にまで拡大し、うち、半分をLED(発光ダイオード)照明で占めたいという目標を持っている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 三菱化学が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策のLED照明参入はこちら

トステムがパシフィコ横浜で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策のイベント

 トステム(東京都江東区大島)は、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市西区みなとみらい)で地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のイベントとして「トステム スマイルエコ コレクション 2010」を9月18日と19日に開催する。イベントでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献できるエコ商品やリフォーム商材を紹介するほか、アナウンサーの木佐彩子さんや女優の工藤夕貴さんを招いた「エコ対談」を始め、料理研究家のコウケンテツさんが環境に優しいエコレシピを紹介する「スマイルエコクッキング」などのトークショーやセミナーも開催するという。「トステム スマイルエコ コレクション 2010」のキーワードは、トステムが提唱している「スマイルエコ」というコンセプトである。これは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するといえども、決して無理をせず、笑顔で楽しみながら取組んでいける身近なエコ活動のことだという。トステムが地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、「人と地球にストレスフリーな暮らし」、「子どもたちに引き継げる持続可能な暮らし」を社会に提供し続けることを企業使命とするための中期目標として策定した「トステム環境コミットメント2015」に基づくものとなっている。トステムでは、「家庭からの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は年々増えています。だからといって、環境問題対策のために暑さや寒さを我慢するという『苦しいエコ』では決して長続きしません。無理なく地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を減らせる『うれしいエコ』のための魅力的なエコ商品はもちろんのこと、家族みんなで楽しめるエコイベントを用意しています」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> トステムがパシフィコ横浜で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策のイベントはこちら

住友林業がEV用リチウムイオンバッテリーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 住友林業(東京都千代田区大手町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を講じた「住友林業の家」で、日産自動車(神奈川県横浜市)が発売を予定している電気自動車(EV)「リーフ」用のリチウムイオンバッテリーを住宅用蓄電池として活用し、将来的な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての2次利用を視野に入れた実証実験を実施する。住友商事(東京都中央区晴海)と日産自動車が合弁で今回設立した電気自動車(EV)用リチウムイオンバッテリーの二次利用の事業化を目的とするフォーアールエナジー(神奈川県横浜市)との間で、電気自動車(EV)リーフ用リチウムイオンバッテリーを使用した実証実験を行う。実験の成果に基づき、リチウムイオン電池の2次利用の将来の事業化に向けて、日産自動車とリチウムイオン電池を共同開発しているNEC(東京都港区芝)とフォーアールエナジーが共同で実用化に向けて検討していくという。一方、住宅建設大手の住友林業は、住宅の建設・運用・解体・廃棄という家作りのサイクルにおいて排出する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を徹底的に削減する取組みを推進している。今後、電気自動車(EV)の普及が見込まれていることから、リチウムイオン電池の利用も増える見通しで、これを地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる住宅用蓄電池として2次利用することに協力することによって、限りある資源の有効活用による低炭素社会づくりに貢献していきたい考えだ。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 住友林業がEV用リチウムイオンバッテリーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

日本コカ・コーラが東京都目黒区自由が丘で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策の自販機設置

 日本コカ・コーラ(東京都渋谷区渋谷)は、社会的関心が高まりつつある地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に配慮した新たな自動販売機として、「ルーフ緑化自動販売機」を東京都目黒区の自由が丘に設置すると発表した。この「ルーフ緑化自動販売機」は、自動販売機ルーフ部分を緑化シートで加工することによって、表面部の温度上昇を抑制することできることから、冷却効率の向上による消費電力の削減効果と併せて地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への効果が期待できるという。コカ・コーラシステムでは、世界共通の事業指針「Live Positively -世界をプラスにまわそう-」のもと、社会と共に持続的に成長していくことを目指して、各事業プロセスにおいて、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策へ向けて様々な取り組みを行っている。これまでも、日本国内の自動販売機において、冷媒のノンフロン化、省エネ性能NO.1の次世代自動販売機の展開、ノンフロン・ヒートポンプ機能を搭載した「ecoる自動販売機」、2010年から設置を開始した「eco/ソーラー自動販売機」など、清涼飲料業界におけるリーダーとして、環境保全に対して様々な取り組みを行ってきた。東京コカ・コーラボトリングが、都会でありながら数多くの樹木が残されている東京都目黒区の自由が丘の街並みを街全体で守る取組み「自由が丘森林化計画」に賛同し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「ルーフ緑化自動販売機」を2台自由が丘の中にに設置するという。ここからの売上金の一部を自由が丘森林化計画緑化基金に寄附するとともに、自由が丘駅前及びスイーツフォレスト前で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する環境問題への啓発を行う。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 日本コカ・コーラが東京都目黒区自由が丘で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策の自販機設置はこちら

「100年MUSIC FESTIVAL」でも地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 創立40周年を迎えるワーナーミュージック・ジャパン(東京都港区北青山)が、100年後の世界でも愛し続けられる音楽を届けたい」という想いで、音楽の祭典「100年MUSIC FESTIVAL」東京・日本武道館(東京都千代田区北の丸公園)で10月30日及び31日の2日間にわたって、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にも配慮されながら開催される。「100年MUSIC FESTIVAL」には、コブクロ、Superfly、竹内まりや、トータス松本、馬場俊英、the brilliant green、BONNIE PINK、RIP SLYME、ROCK’A’TRENCH、九州男ら豪華アーティストの出演が発表されている。公演のチケットは、10月31日公演分は完売しており、10月30日分も残りわずかとなっているが、ローソンチケットにて抽選販売の受付を行っている。このライブは、「100年後の世界」が今よりも良いものとなるようにと、公演で使用する電力10,000kWhをバイオマス発電によるグリーン電力を利用するなど、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のための国民運動「チャレンジ25キャンペーン」賛同イベントとなっている。このため、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の啓発キャンペーンを特設サイトで展開している。
【WARNER MUSIC JAPAN 40th.Anniversary ~100年MUSIC FESTIVAL ~】
10月30日(土) 開場 16:00/開演 17:00 日本武道館(東京都千代田区北の丸公園)
九州男、コブクロ、Superfly、トータス松本、ROCK’A’TRENCH and secret guest
10月31日(日) 開場 16:00/開演 17:00 日本武道館(東京都千代田区北の丸公園)
コブクロ、Superfly、竹内まりや、トータス松本、馬場俊英、the brilliant green、BONNIE PINK、山下達郎、RIP SLYME
チケット料金: 7,000円(指定・税込)
主催:株式会社ワーナーミュージック・ジャパン
協賛:KDDI株式会社(東京都千代田区飯田橋)、株式会社第一興商(東京都品川区北品川)、株式会社ニコン(東京都千代田区有楽町)
協力:WOWOW(東京都港区赤坂)、シダックス・コミュニティー(東京都渋谷区神南)
特別協力:チャレンジ25キャンペーン(環境省)
企画・制作:100年MUSIC FESTIVAL製作委員会
以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 「100年MUSIC FESTIVAL」でも地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

東京都千代田区で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因対策の講演会

 経済広報センター(東京都千代田区大手町)は、東京都千代田区大手町にある日本経団連会館において、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環の取組みとして、「地球温暖化対策、どう変わるあなたの生活」と題して環境問題講演会を開催した。環境問題講演会には約130人の参加者があり、講師の21世紀政策研究所(東京都千代田区大手町)の澤昭裕研究主幹は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を2020年までに1990年比25%削減するという政府の目標が市民生活に与える影響の大きさや国際交渉の行方を分かりやすく解説した。澤氏は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減には、長年にわたって対策を続けねばならない。相当、苦労しないといけない。二酸化炭素(CO2)排出量削減規制などでエネルギーコストが上昇する。世論調査などでは地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量25%削減目標に賛成する人が多いが、理解不足の面もある」と話した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因対策の講演会はこちら

東急不動産が大阪府吹田市で二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因対策マンションを販売

 東急不動産(東京都渋谷区道玄坂)は、大阪府吹田市の北大阪急行線桃山台駅から徒歩5分の場所で、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として「環境配慮」をテーマとした分譲マンション「BRANZ(ブランズ)千里桃山台」を11月中旬から販売開始すると発表した。マンションの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としては、太陽光発電、壁面緑化、住宅版エコポイント対応仕様、雨水再利用装置の導入のほか、「エネルギーの見える化」といったソフト面の取組みも行うことで、入居者の省エネ活動と地球温暖化の原因防止対策が可能なものとなっている。自然エネルギーの太陽光発電システムは、マンションの屋上部分に約10kw/hのソーラーパネルを設置し、太陽光発電システムによって発電されたクリーンエネルギーの電力はエレベーターや共用部の一部の電力を賄い、余った分は関西電力(大阪府大阪市北区中之島)へ売電することになる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量換算で年間約3,145kg、石油換算で年間約2,270リットルの省エネ効果になるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての「エネルギーの見える化」では、マンションの各戸ごとに省エネ効果をパソコン画面などで確認できる「エネルックPLUS」を導入していることから、日、週及び月ごとにガス、電気及び水道使用量が表示され、「省エネ診断」や「省エネアドバイス」を受けることができるという。さらに、この機器によって、暖房、冷房、給湯、電力など用途別の各家庭における使用傾向や、時間帯のエネルギー消費の傾向分析もでき、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の基礎データーになる。住設機器では、複層ガラス、保温浴槽、超節水便器、高効率給湯器など設置し、省エネ効果を高めている。建築物の環境性能を評価する「CASBEE」では、上から2番目にあたるAランクを取得する予定だという。完璧なまでに地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策が施されたマンションの物件の所在地は、大阪府吹田市桃山台5丁目で、敷地面積は4389平方メートル、地上8階地下1階建てとなっている。総戸数は83戸で、間取りタイプは3LDK~4LDKであり、販売価格は4,000万円台前半からとなっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東急不動産が大阪府吹田市で二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因対策マンションを販売はこちら

長寿命LED道路灯(発光ダイオード)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 LED照明(発光ダイオード)などの照明器具の製造及び販売を行っている岩崎電気(東京都中央区日本橋馬喰町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、設計寿命を水銀灯の約5倍となる6万時間まで延ばすことに成功したLED照明(発光ダイオード)道路灯「レディオックロード」を発売したと発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にはなるとはいえ、課題であった熱に弱いというLED照明(発光ダイオード)の特性に対応するため、新たに放熱効果の高い専用筐体を開発することによって、その保護効果で従来のLED照明(発光ダイオード)道路灯よりも1.5倍の長寿命化を実現したという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するLED照明(発光ダイオード)道路灯は、連続照明用及び交差点照明用で、それぞれ水銀灯250~400wに相当する明るさの14種類をラインアップに揃えている。LED照明(発光ダイオード)道路灯の販売価格は、水銀灯の3倍程度にも高くなるが、交換などのメンテナンス費用を大幅に抑える効果や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への効果が期待できるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のLED照明(発光ダイオード)道路灯は、年間5,000台の販売を目標としている。同社によると、道路灯におけるLED照明(発光ダイオード)の割合は、現在のところ全体の5~10%程度でしかない。しかし、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として地方自治体などでLED照明(発光ダイオード)道路灯の採用が進んでおり、今後5年以内に大半の道路灯がLED照明(発光ダイオード)になると話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 長寿命LED道路灯(発光ダイオード)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策になる環境自動車税を創設

 総務省は、自動車関係の税制を検討する「自動車関係税制に関する研究会」の審議結果を発表した。報告書によると、現在の地方税の自動車税と国税の自動車重量税を一本化し、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に資する地方税として環境自動車税の創設を提言しているのが特徴である。総務省は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のエコカー減税が期限切れとなる2012年度の創設を目指して調整を始めるという。「自動車関係税制に関する研究会」は、総務大臣の指示の下、2010年3月に発足したもので、座長には東京大学(東京都文京区本郷)の神野直彦名誉教授を迎え、地球温暖化の原因防止対策等に資する観点から温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に寄与する車体課税の在り方とともに、複雑な現在の自動車関係税の簡素化について検討してきた。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、創設が提言された環境自動車税は、地方税にふさわしいとの結論となり、また、自動車税及び自動車重量税は一般財源であり、一本化後も引き続き一般財源とすべきだとしている。このほか、軽自動車と小型自動車の格差を合理的に説明することは困難との考えが示され、税率を上げるときには、段階的に行うことも考えられるとしたが、今後更に検討する必要があるとした。自動車取得段階に課せられている自動車取得税は、当面は維持すべきと結論付けられた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策になる環境自動車税を創設はこちら

兵庫県尼崎市の企業が省エネ換気で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策

 兵庫県尼崎市において、排煙窓の開閉装置でトップシェアを持つ「豊和」(兵庫県尼崎市猪名寺)が、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもつながる環境問題関連事業を推進している。自然風を利用することによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減できるビル用換気装置を開発し、東京都において超高層ビル建設事業者向けの受注が好調だという。同社では、政府系金融機関から地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する資金融資を得るなど、これまでの防災関連事業中心から、地球温暖化の原因対策などの環境問題分野への拡大を目指しているという。同社は2005年、省エネルギー対策と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策がとられたビル用の自然換気装置「マドコンエコ エコロベェ」を商品化して人気を呼んでいる。この自然換気装置は、高層ビルに吹く自然風の量で自動的に開口面積を調整する機能を持っており、ビル内に取り込む風を一定に保てるタイプなど3種類が揃っている。これを空調システムと連動することで、快適な換気を行うことができるため、空調コストを抑えたり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減したりする環境問題に対応した効果がある。東京都内では、近年、大規模オフィスビルの建設計画が相次いでいることから、2008年には東京支店(東京都江東区新大橋)に専門の営業チームを配置して営業を強化した結果、東京都千代田区の「新飯野ビル」などに採用されており、知名度をさらに向上させて、2010年度は前年度比8倍の売上高を見込んでいるという。同社は、日本政策金融公庫神戸支店から劣後ローン「挑戦支援資本強化特例制度」で5,000万円の融資を受けており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係る知的財産とアイデアを生かし、付加価値の高い環境問題対応のオンリーワン製品にしたいとしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 兵庫県尼崎市の企業が省エネ換気で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策はこちら

東京電力が経営計画で二酸化炭素(CO2)削減する地球温暖化の原因対策

 東京電力(東京都千代田区内幸町)は、今般、平成32年度までの経営計画を公表した。その中で、東京電力は地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向け、10年間で原子力発電所建設及び火力発電所の効率化に2.5兆円を投資することに加えて、アジアを中心とする海外の発電事業を地球温暖化の原因防止対策に係る成長事業と位置づけ最大1兆円を投資することを表明している。東京電力の新たな収益源とする海外を含む成長事業の経常利益は、32年度に21年度比約2.2倍の1200億円に引き上げる計画となっている。清水正孝東京電力社長は、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減問題やアジアでのエネルギー消費の増大などエネルギーの環境をめぐる情勢は大きく変化している。経営環境の変化をこれまで築き上げてきた東京電力の事業活動を展開するチャンスととらえ、東京電力グループの成長にしたい」と話している。東京電力の経営計画によると、東京電力は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減のため、原子力発電所増設、火力発電所の高効率化以外にも太陽光発電や風力発電など再生可能エネルギーの活用も推進するという。国内外で大規模太陽光(メガソーラー)発電所を設置するなどして、発電電力量に占める地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電力量の割合を21年度の33%から50%以上に高める目標を定めている。また、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に加えて、国内では空調や給湯など電気を使用していない割合が多い分野の対策として電化を働きかける。今後10年間で300億kw時の電化を目指し、32年度に1千万トン程度の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に貢献する考えだという。一方、東京電力の海外事業は発電事業への出資を進め、出資分の発電出力を現状の約3倍の1千万kwを目指し、中国やインドなどアジア市場では火力発電を中心に展開していくこととしている。今年度中にアメリカ及びイギリスに次ぐ海外拠点として、中国北京に東京電力の事務所を設ける。海外の原子力発電所では、東京電力が豊富な実績を有する改良型沸騰水型軽水炉(ABWR)を売り物に、原子力発電所導入済みの先進国の原子力発電所事業などに参画するという。燃料調達も強化し、ウラン及び液化天然ガス(LNG)については、東京電力の参画事業からの調達比率を32年度までにそれぞれ引き上げる計画を有している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京電力が経営計画で二酸化炭素(CO2)削減する地球温暖化の原因対策はこちら

リチウムイオンキャパシター(LIC)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 東京エレクトロン(東京都港区赤坂)、JSR(東京都港区東新橋)及びイビデン(岐阜県大垣市神田町)の3社は、技術開発を目的にした団体「次世代LICリチウムイオンキャパシター)総合技術研究組合」を設立したと発表した。各社が得意とする地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する技術を持ち寄り、今後エネルギーの有効活用で重要となる蓄電装置であるLICの次世代型を開発するという。リチウムイオンキャパシター(LIC)の適用範囲を拡大して、成長が見込まれる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係る環境問題・エネルギー分野で事業強化を図る方針だという。リチウムイオンキャパシター(LIC)は、負極にリチウムイオン電池と同じ材料を使った蓄電装置である。蓄電装置はリチウムイオン電池(LIB)が知られているが、LICは徐々にではなく瞬時に大電力を蓄積・放出できることが特長となっていることから、エネルギー回生用途に向くとされ、産業機械への供給電圧を一定に保って誤動作や故障を防ぐ瞬時電圧低下補償装置に利用されている。次世代LIC総合技術研究組合の幹事会社はJSRで、理事長はJSRから、副理事長は東京エレクトロンから就任している。次世代LIC総合技術研究組合は、2012年度まで約7億円の予算で活動し、従来にないセル構造や新しい素材を使用した組立技術を確立することによって、エネルギー密度が現在の約5倍となるコンパクトな製品を開発することを目標としている。JSRは高エネルギー密度化のための材料及び材料評価技術並びにセル・モジュールの設計及び設計評価技術、東京エレクトロンは生産コストの削減可能な製造装置システム、イビデンは高エネルギー密度化パッケージ及びセル実装技術をそれぞれ担当するという。LCIはLIBと併用できることから、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係る電気自動車、太陽光発電、風力発電など幅広い環境問題の分野への応用が可能となっている。3社は次世代型のLCIが地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係る環境・エネルギー部門の事業拡大になると判断し、同組合を組織し、共同で開発することにしたという。次世代LIC総合技術研究組合の活動は、独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「次世代戦略技術実用化開発助成事業」で採択されている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> リチウムイオンキャパシター(LIC)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

農林水産省が地球温暖化の原因対策のカーボンフットプリント策定参加者を再募集

 農林水産省は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として実施しているカーボンフットプリント表示モデル事業の補助事業者である三菱総合研究所(東京都千代田区大手町)が、製品ごとのカーボンフットプリントの算定・表示に関するルールである商品種別算定基準(PCR)の策定のため、PCR原案作成ワーキンググループに参加する事業者の再募集を開始したと発表した。カーボンフットプリントは、製品等が作られる段階から捨てられる段階までのライフサイクル全体を通じて排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を表示するもので、農林水産省では、このカーボンフットプリントの算定・表示ルールである商品種別算定基準(PCR)の策定について、補助事業により支援することとしている。
応募先【農林水産物のカーボンフットプリント表示モデル構築事務局】
〒100-8141 東京都千代田区大手町2-3-6 (株)三菱総合研究所 環境・エネルギー研究本部 担当:森部、宮原、鵜飼、永村 連絡先:(電話)03-3277-5392 (メール)agri-cfp@mri.co.jp
以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 農林水産省が地球温暖化の原因対策のカーボンフットプリント策定参加者を再募集 はこちら

新日本製鐵が海藻造成製品で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 新日本製鐵(東京都千代田区丸の内)は、海藻が減少する磯焼けを改善する海藻造成製品で、全国漁業協同組合連合会(東京都千代田区内神田)による安全認証を取得したと発表した。安全認証を受けたのは、鉄鋼スラグと水を練り混ぜた人工石・ブロックと、鉄鋼スラグと腐植土を混ぜて袋詰めした海藻用肥料の2製品であり、両方とも地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策に貢献するものとなっているのが大きな特徴である。鉄鋼スラグは、鉄を作る製鋼工程で発生する副産物で、鉄1トンを作るのに約400kgもの鉄鋼スラグが発生するという。ほぼ全量がセメントの原料や道路の路盤材などに使用されているものの、建設需要は減少しているため、活用先を検討していた。こうしたなか、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策として、海藻造成事業へ活用することになった。というのも、海藻類の成長には鉄分が必要であり、これまでは森林の土中の鉄分が川から海へと流れていたが、森林伐採やダム建設などで鉄分が減少しており、全国各地の海岸で海草が育たない磯焼けが発生しており、漁業に打撃を与えているからである。新日本製鐵が2004年に行った海藻用の肥料の実験では、肥料を与えない場合に比較して、海藻の成長具合は220倍程度にもなったという。このため、新日本製鐵では早期に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策として地方自治体や漁業組合などへの販売に乗り出すという。同じく地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策に効果的な人工石・ブロックについては、既に販売を開始しており、今後は年間数十万トンの販売を目指すという。海藻は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収することから、大きな削減対策になる。磯焼けなどで過去30年間で消失してしまった沿岸の藻場の約半分を再生すれば、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減効果は約700万トンにもなるという。これは、日本における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の年間排出量は約13億トンであることから、そのうち約0.5%が削減できることになる。鉄1トンを作るのに排出する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)は約2トンにもなることから、鉄鋼会社は、地球温暖化の元凶と見られがちだが、二酸化炭素(CO2)排出量の削減効果のある海藻造成製品が全国の海岸に普及すれば、イメージも大きく変わるであろう。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 新日本製鐵が海藻造成製品で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

東京都八王子市が初音ミクで二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因防止対策をPR

 東京都八王子市は、八王子市が進める地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するための地球温暖化対策事業「はちおうじ省エネ国」において、初音ミクによるテーマソングとアニメーションを八王子市ホームページで公開した。「はちおうじ省エネ国」は、八王子市内の家庭における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出となる高熱水費などのエネルギー使用量削減を目的に2001年から八王子市が中心となって開始している。家庭を一つの国ととらえ、参加する八王子市内の世帯を募集してきた。家庭で使用する電気・ガス・水道の使用量をチェックシートに記入し、毎月点検することで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を目指す取組みである。「家庭での省エネルギーの推進は、非常に大きな地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減するための課題の一つ。大人が我慢しながら取り組むのではなく、子供たちと楽しみながら一緒になって省エネ対策と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を実践することにより、家族全体が自然に省エネ対策に取り組むことが理想」と八王子市環境部環境政策課は話している。2008年度には、「エコバッグ」と「マイはし」、「マイボトル」を常に持ち歩いている省エネ好きの女の子「えこちゃん」と、いつも一緒にいるドングリの子「グリちゃん」という地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のイメージキャラクターを登場させてPRしてきた。その中で、今般、テーマソングの企画が持ち上がり、歌詞にストーリー性を持たせたという。ボーカルはクリプトン・フューチャー・メディア(北海道札幌市)の音声合成ソフトウエア「初音ミク」を使った。これまで、「八王子市環境フェスティバル」や八王子市主催の環境シンポジウム、地球温暖化防止の啓発イベントなどの場で上映してきたが、今回、八王子市のホームページを通じて誰でも見ることができるようにしたという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都八王子市が初音ミクで二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因防止対策をPRはこちら

富士通が二酸化炭素(CO2)削減で地球温暖化の原因対策のエコ・ファースト企業に認定

 富士通(東京都港区東新橋)は、環境省からITサービス業界では初めて地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に積極的に取り組む企業として「エコ・ファースト企業」に認定されたと発表した。「エコ・ファースト制度」は、業界のトップランナー企業の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする環境保全に関する行動をさらに促進するため、企業が環境大臣に対し、地球温暖化対策など環境保全に関する取組の推進を約束する制度のことである。富士通グループが環境大臣に約束した内容は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、「グリーンICTの提供による、顧客・社会の環境負荷の低減」、「自らの事業活動における環境負荷の低減」、「生物多様性の保全を実現する社会づくりへの貢献」などとなっている。富士通の山本正已代表取締役社長が小沢鋭仁環境大臣に対して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策や生物多様性保全など、富士通グループにおける環境問題への取組み目標を「エコ・ファーストの約束」として宣言したという。富士通では、「エコ・ファースト企業」の認定を受け、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に積極的に取組む環境先進企業として、低炭素社会の実現に向けた取組みをよりいっそう強化していくとしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 富士通が二酸化炭素(CO2)削減で地球温暖化の原因対策のエコ・ファースト企業に認定はこちら

二酸化炭素(CO2)を削減し地球温暖化の原因防止対策になる太陽光発電システムの行方

 富士経済(東京都中央区日本橋)は、省エネルギー対策と地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となることから、市場の急拡大が見込まれている太陽光発電システムに関連する市場調査結果を発表した。調査結果によると、太陽光発電システム市場は、2009年は1兆6801億円であったが、2010年には2兆1187億円に成長する見通しであり、2025年には8兆9978億円と、2009年の5倍以上に成長すると試算している。世界的に見ると、ベルギー、チェコ、イタリア、アメリカ及びフランスなどで太陽光発電システムの需要が増加してきており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムの普及によって値段が下がってきたこともあって、これら新興需要地が太陽光発電システムの市場を拡大すると予想している。また、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする環境問題に対する意識が高いヨーロッパを中心とする太陽光発電システムの単年導入量トップ5か国であるドイツ、イタリア、日本、アメリカ、チェコで世界需要量の8割を占めているという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への取組みの強化から、5か国の太陽光発電システムの需要が拡大傾向にある上に、中国やインドが太陽光発電システムの導入量増加に動いている。また、アフリカや南米及び中東など、赤道に近く日照条件が良好で太陽光発電システムに適した地域でも中長期的に需要が拡大するとみている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、現在主流となっている結晶シリコン太陽光発電システムは、販売価格の下落でさらに増加する見通しだが、中長期的にはコスト削減余地の大きい薄膜太陽光発電システムとの競争が激化する。薄膜シリコン太陽光発電システムは製造コストが安く、レアメタルを使用していないことから変換効率の向上とさらにコストダウンが進めば、立場が逆転するであろう。CIGS(Copper Indium Gallium DiSelenide)太陽光発電システムは変換効率が高く、幅広い用途に応用できるは、普及していくためには製造コストの低減が課題である。CdTe(カドミウムテルル半導体:CdTe)太陽光発電システムは、製造コストは安いものの、有害物質のカドニウムを含むことが普及の壁になっており、今後もシェアを高めることは難しいであろう。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 二酸化炭素(CO2)を削減し地球温暖化の原因防止対策になる太陽光発電システムの行方はこちら

ブリヂストンが栃木県那須塩原市で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策教室

 栃木県那須塩原市の小学校2校を大手タイヤメーカーであるブリヂストン(東京都中央区)の「エコ・プロジェクト」チームが訪問し、児童に地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの環境問題の教育プログラムを盛り込んだ「こどもエコ総合学習」教室を開催した。ブリヂストンのエコ教室は、2004年から地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの環境問題に関する企業の社会貢献の一環として、出先のブリヂストンの工場がある地域の小学校を対象に実施してきている。栃木県那須塩原市内には3工場があることから、計5校で順次開催していくという。9月10日は栃木県那須塩原市立波立小学校と稲村小学校をプロジェクトスタッフのほか、ブリヂストン栃木工場長らが訪れて、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの話をした。スタッフらは、4、5、6年生計47人に対して、地球温暖化のメカニズムや燃料電池自動車とガソリン自動車の違いなどをわかりやすく講義した。また、自動車のタイヤを転がりやすくするとガソリンなどの化石燃料消費が減ることからエコにつながる実験や、実際に燃料電池自動車の試乗体験を行った。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> ブリヂストンが栃木県那須塩原市で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策教室はこちら

タカラトミーのリカちゃん人形が打ち水で二酸化炭素(CO2)排出量を削減して地球温暖化の原因対策

 東京都葛飾区立石にあるタカラトミー本社前で、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環の取組みとして「かつしか打ち水作戦」が行われ、タカラトミーの人気キャラクター「リカちゃん人形」などが打ち水に参加した。「かつしか打ち水作戦」は、葛飾区立石地区で行われていた「立石フェスタ」の一環として行われた。東京都葛飾区が災害対策用に備蓄していた防災用備蓄飲料水のうち賞味期限が切れたものを、タカラトミー本社前の道路に地元の子供たちと水をまいた。打ち水の当日は、地元の子供たちのほか、タカラトミーの富山幹太郎社長、青木克徳東京都葛飾区長、東京都葛飾区地域温暖化対策地域協議会の村田佳寿子会長など多数が参加した。キャラクターとしては、タカラトミーのリカちゃん人形のほか、葛飾区のごみ減量キャラクター「リーちゃん」も参加しており、子供たちから大人気であった。打ち水の開始前には32.1度あった路面の表面温度は、打ち水効果で30.1度まで下がった。イベントスタッフは「14時に行った時には、日向ということで表面温度が10度も下がった。」と話していた。同イベント参加のきっかけについて、タカラトミーは「以前まではイベントのサンバカーニバルの着替えスペースとして社内を提供していたが、今年から地域温暖化地域協議会に参加したことから、葛飾区の地域に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のエコをアピールできるイベントを考えた結果、今回の打ち水に参加した」と話している。タカラトミーでは、現在、環境課を設け、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする環境問題対策に取り組んでいる。環境イベントへの参加だけではなく、「テコロジートミカ」や「のほほん族」などのおもちゃを通して地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする環境問題対策の重要さを知ってもらえるよう企画を進めているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> タカラトミーのリカちゃん人形が打ち水で二酸化炭素(CO2)排出量を削減して地球温暖化の原因対策はこちら

羽田空港が太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)削減し地球温暖化の原因防止対策

 三菱電機(東京都千代田区)は、羽田空港旅客ターミナルビル(東京都大田区羽田空港3)などの屋根に設置する地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する自然エネルギーの「無鉛はんだ太陽光発電システムモジュール」7,946枚を同ビルを管理運営する日本空港ビルデング(東京都大田区)に納入した。自然エネルギーの太陽光発電システムの設置は、日本空港ビルデングが進める同空港施設における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する環境対策の一環である。地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電システムモジュールの設置場所は、国内線・第1旅客ターミナルビル屋上4か所、第2旅客ターミナルビル屋上2か所、P4立体駐車場屋上1か所の計7か所で、太陽光発電システムの面積はテニスコート36面分に相当する約2,847坪にもなっている。稼働後は年間約1,157MWhの電力を発電し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量は年間約364トンになるしている。羽田空港ターミナルでは、これまでにも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、自然エネルギーで作られた「グリーン電力」による館内エスカレーターの運用や、国際線地区に太陽光及び地熱を積極的に活用するエネルギー供給システムを採用するなど、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた環境対策が進められてきた。ターミナルビル屋上への地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる大規模な太陽光発電システムの導入は、公共施設としての空港ビルでの自然エネルギーの活用をさらに進めるものと位置づけている。今回納入された太陽光発電システムモジュールは、9月からの稼働させての発電を予定しているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 羽田空港が太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)削減し地球温暖化の原因防止対策はこちら

日本郵便が電気自動車(EV)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 日本郵政グループの郵便事業株式会社(日本郵便:東京都千代田区霞が関)が、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、集配に使う電気自動車(EV)をベンチャー企業のゼロスポーツ(岐阜県各務原市)から2011年度に約1,000台購入すると発表した。郵便事業会社は、2011年度に年間の集配向け更新車両の約3分の1に当たる1,000台を、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のため、電気自動車(EV)にする方針であることかあら、全量をゼロスポーツから調達することになる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)1,000台という調達規模は世界的にも例がなく、電気自動車(EV)普及を推進する三菱自動車工業(東京都港区芝)など大手自動車メーカーに先行した。郵便事業会社は現在、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減など環境対策のため、三菱自動車工業や富士重工業(東京都新宿区西新宿)などの電気自動車(EV)計47台を試験的に導入している。このうち、集配向け電気自動車(EV)はゼロスポーツ製のみであり、2009年から小型バンタイプのガソリン車を電気自動車(EV)に改造した車両を3台導入している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の価格や集配業務での使い勝手という性能面など総合的に判断した結果、2011年度の集配向け車両の電気自動車(EV)更新分をゼロスポーツに発注することを決めたという。ゼロスポーツは、ガソリン車の改造部品の開発や販売を手がけているが、1998年に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の製造販売に参入しており、2003年には国土交通省から電気自動車(EV)の型式認定を取得し、地方自治体や企業向けに電気自動車(EV)商用車を納入した実績を持つ会社である。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 日本郵便が電気自動車(EV)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

軽量航空貨物コンテナで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減防止対策に貢献

 岐阜県岐阜市にある樹脂メーカーの岐阜プラスチック工業は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果のある世界最軽量の航空貨物コンテナを開発したと発表した。ハチの巣のように六角形を並べた軽いにもかかわらず強度を保つことができる「ハニカム構造体」の特殊樹脂「テクセル」を使用している。これまでのアルミ製のコンテナより40%近くも軽くなることから、航空機の燃料削減と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減につながるという。テクセルは同社が2009年9月から生産を始めたものであるが、今回のコンテナは松田技術研究所(東京都板橋区)の協力を得て開発した。工夫したことは、テクセルの表面に薄いアルミ板を張り合わせて耐火性と耐久性を持たせることによって、アルミ製品に匹敵する強度となった。従来のコンテナは標準サイズで約95kgあったが、約60kgに軽量化したことによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減効果を生み出すことができたという。例えば、440人乗りの大型ジェット旅客機の場合、標準サイズのコンテナを32台搭載できるため、1機当たりで1120kg軽くなることから、燃料費が年間約880万円削減できるほか、年間650トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果も期待できる。岐阜プラスチック工業は、テクセルを航空分野に生かしてもらい、環境負荷軽減に貢献したいと話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 軽量航空貨物コンテナで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減防止対策に貢献はこちら

国際航業ホールディングスがメガソーラーの発電所で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化原因対策

 国際航業ホールディングス(東京都千代田区)は、宮崎県都農町にあるリニアモーターカー宮崎県実験線跡高架上に、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減できるメガソーラー発電所「都農第2発電所」の建設を始めた。地球温暖化の原因防止対策のメガソーラー発電所に要する総事業費は約6億円を見込んでおり、来年2月に竣工する予定だという。メガソーラー発電所の都農第2発電所は、宮崎県の誇る日向灘の海岸近くを南北に貫くリニアモーターカーの宮崎県実験線跡高架上の約3.6kmにわたって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減できる太陽光発電パネル架台を縦列に配置して発電する世界でも珍しい形状の太陽光発電施設となる。国際航業グループが出力1mwの大規模太陽光発電所を宮崎県に建設するのは初めてのケースとなる。宮崎県のメガソーラー発電所の第2発電所では、既に今年4月から稼働している太陽光発電所の都農第1発電所で採用されているものと同じCIS化合物型太陽電池パネルを約1万2500枚使用して建設する。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減効果は、年間約670tの削減を見込んでいる。メガソーラー発電所の年間発電量は約120万kWhで、平均的な一般家庭の年間消費電力量換算で約300世帯分に相当するという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するメガソーラー発電所の施設は、国際航業ホールディングスの100%子会社である宮崎ソーラーウェイ(宮崎県宮崎市橘通東)が建築主となって国際航業グループ各社が連携して運営するという。設置予定場所の宮崎県にある旧リニア宮崎実験線は、鉄道技術分野で世界でも画期的な技術を世に送り出した我が国の誇るべき施設であり、その施設跡を二酸化炭素(CO2)を排出しない太陽光発電所として再利用することで、日本の技術風土が地球温暖化の原因防止対策という新たなテーマに向けて引き継がれていくことになる。太陽光発電所で発電する電気は電力系統を通じて売電する予定で、その環境価値はRPS法上の新エネルギー等電気相当量として日本の電力供給における新エネルギー導入義務量に供することが可能であり、又は、グリーン電力証書として宮崎県地元産品の付加価値として活用することも検討しているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 国際航業ホールディングスがメガソーラーの発電所で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化原因対策はこちら

VOC削減印刷機で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 トーホー加工(東京都千代田区)は、食品の包装資材などを製造及び販売しているが、今般、栃木県小山市の小山工場に地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減し、環境問題に配慮した水性インクを使う凸版印刷機を導入した。この印刷機は、溶剤インクが乾燥時に発生する揮発性有機化合物(VOC)をほとんどなくすことが可能だという。環境問題の規制の厳しい欧米では既に普及している印刷機であるが、日本でも導入が進みつつある。トーホー加工が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するため導入したのは、チェコのソーマエンジニアリング社製の水性フレキソ印刷機で、印刷機器の輸入及び販売を行うハイデルベルグ・ジャパン(東京都品川区東品川)が仲介している。会見したトーホー加工社長は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減などの環境負荷を低減するために最も適した新鋭印刷機だ」と話している。現在のところ、国内の印刷業界では溶剤仕様のグラビア印刷が主流で、水性フレキソ印刷機の導入は珍しいという。凸版のフレキソ印刷は凹版のグラビア印刷と比較して、インクの使用量が少なくなる効果あり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できるという。さらに、栃木県小山市の小山工場では既設の印刷機が発生するVOC対策として、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減した処理装置を新たに導入しているという。健康に有害な影響を及ぼす恐れのあるVOCは、2006年4月に施行された改正大気汚染防止法で排出濃度を規制されており、2010年4月には排出基準の規定の適用が猶予されていた導入済設備も対象となったことから、印刷業界ではVOC対策が大きな課題となっている。トーホー加工は11月4日に東京都墨田区のすみだ産業会館で開催される「地球温暖化防止実行委員会セミナー」で、今回導入した水性フレキソ印刷機やVOC処理装置の稼働状況や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減データを発表する。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> VOC削減印刷機で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

富士重工業と日立製作所が風力発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減

 富士重工業(東京都新宿区西新宿)と日立製作所(東京都千代田区丸の内)は、ウィンド・パワー・いばらき(茨城県水戸市見川町)が建設する国内初の港湾外洋上風力発電施設「ウィンド・パワー・かみす風力発電所」向けに、共同開発による地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減できる大型風力発電システム「SUBARU80/2.0風力発電システム」を7基納入し、本格稼動を開始している。「ウィンド・パワー・かみす風力発電所」は、鹿島灘に面した茨城県神栖市の鹿島港湾区域の護岸から約50mの海上に約2kmに渡ってSUBARU80/2.0を7基配した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する風力発電所で、港湾外の外海に風力発電施設を設けたのは国内では初めてのケースとなっている。富士重工業と日立製作所が共同開発したSUBARU80/2.0は、直径80mの風力発電用のローターをタワーの風下に配置したダウンウィンド方式の風車で、定格出力は1基当たり2000kWとなっており、今回設置した7基の合計で年間約7000世帯分の電力を地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しないでまかなえるクリーン電力を発電することができる。地球温暖化の原因防止対策として、2000kW級のクリーン電力の風力発電システムでダウンウィンド方式を実際に商用化したのは、SUBARU80/2.0が世界で初めてのことだという。地球温暖化問題がクローズアップされている中で、富士重工業と日立製作所は、クリーン電力の風力発電システムの需要は拡大すると見ており、今回の納入を機に技術開発をさらに推進して普及を図る。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 富士重工業と日立製作所が風力発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

首都高速道路がエコ標識車で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 首都高速道路(東京都千代田区霞が関)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するため、バッテリーの電力を使い標識類を10時間以上稼働できる環境対応型の「エコ標識車」を開発したと発表した。通常の標識車は、エンジンのアイドリングで標識類を点灯させている仕組みになっているが、新型車は標識専用のバッテリーを搭載したことで、アイドリングをしなくても稼働することが可能になっている。こうしたことから、燃料の削減や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量の削減につながるという。首都高速道路によると、今回のエコ標識車の導入によって、ガソリンや軽油の使用量を1台当たり年5600リットルを削減することができるほか、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量も一般家庭の約3世帯分の排出量に相当する14.5トン分が削減できるという。また、車のアイドリングをストップさせることによって騒音防止にも貢献できるという。同車は、首都高羽田補修基地で行われた夏の社会科見学「働く車大集合!」で一般に初公開された。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 首都高速道路がエコ標識車で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

大阪府豊中市のマンションが太陽光発電の売電で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因防止対策

 野村不動産(東京都新宿区西新宿)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する太陽光発電システムによる売電のほか、複層ガラスや通風扉、雨水再利用システムなどを導入し、環境問題に配慮した次世代型エコマンション「プラウドエコビジョン」シリーズを、関西で初めて大阪府豊中市新千里西町に建設している。最近では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として太陽光発電システムパネルを屋上に搭載したマンションは増えつつあるが、野村不動産のマンションのように余剰電力の売電までできるものは珍しいという。野村不動産のマンションは、地上5階建ての全55戸で、9月上旬から販売を開始し、販売価格は3千万円台後半から7千万円台を予定しているという。マンションは来年2月下旬に完成し、同3月下旬に入居を開始する。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、屋上に発電電力量8kwhの太陽光発電パネルを設置ており、日中に発電した電力は共用部の照明や機械式駐車場のゲートなどに使用する。しかし、これらの消費電力量は6.7kwhしかないので、余剰電力分を電力会社への売電に回せるという特徴を持ったマンションである。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 大阪府豊中市のマンションが太陽光発電の売電で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

東京都内の太陽光発電マンションで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 分譲マンション大手が、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策省エネルギーをメリットとして、新築物件に自然エネルギー太陽光発電システムを搭載するものが増えてきている。三菱地所(東京都千代田区大手町)は、今後、自社開発する中・大型のマンション全棟に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策と省エネルギー機能を備える自然エネルギーの太陽光発電パネルを設置すると発表した。三井不動産(東京都中央区日本橋室町)は、建設中のマンション6棟に太陽光発電システムを設置するほか、東急不動産(東京都渋谷区道玄坂)も東京都内の2棟のマンションに自然エネルギーの太陽光発電システムを導入する。太陽光発電システムが地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない特性をアピールし、環境問題に対する意識の高い消費者に購入を促す。地球温暖化の原因防止対策や省エネルギー対策につながるとして、一戸建て住宅では半数程度まで普及してきた自然エネルギーの太陽光発電システムが、マンションにも広がりつつある。三菱地所のマンションでは、屋上に設置した太陽光発電システムから生み出された電力を共用部分の廊下やエレベーターなどで使用するという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムの設置対象は、1棟当たり40戸以上の中・大型の新築マンションで、全棟に太陽光発電システムを設置するのは主要マンション開発・販売会社では初めてのことだという。既に同社が販売したマンションの管理組合にも、地球温暖化の原因防止対策と省エネルギー対策になる太陽光発電システムの導入を呼びかけ採用拡大を促すという。同社は、太陽光発電システム搭載マンションとして、東京都豊島区に建設中のマンションに設置し、2011年度には新築マンションの20~30物件に導入すると話している。三井不動産は、現在建設中の東京都内と大阪府内の6棟のマンションのほか、4棟に新たに地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムを導入する計画であり、他のエコ素材と組み合わせながら、太陽光発電システムの搭載をを拡大するとしている。一方、東急不動産は太陽光発電システム搭載マンションでは先行しており、完売した東京都荒川区南千住のマンションで導入したほか、分譲中の東京都世田谷区のマンションにも搭載を予定している。東京都世田谷区のマンションは、「地球温暖化や環境問題への意識の高いお客さまが太陽光発電システム搭載という点に着目して購入されている」と、同社は引き合いの高さに目を見張り、今後、開発するマンションへの太陽光発電システムの導入拡大を検討しているという。一方、野村不動産(東京都新宿区西新宿)は、現在販売中の東京都豊島区の大型マンションに地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムを搭載している。地球温暖化の原因防止対策のエコへの配慮なども評価され、即売ラッシュが続くなど販売は絶好調だという。同社は、今後の開発マンションに地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電や風力発電などエコ対応を加速するとしており、大手各社で自然エネルギー導入が急速に進むような状況となっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都内の太陽光発電マンションで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

国際興業が白色屋根バスで二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策

 バス運行事業者を始め幅広い業種に取り組んでいる国際興業(東京都中央区八重洲)は、年度内に導入する同社のバス車両から、屋根の色をこれまでの黄緑色から白色に変更し、夏季の直射日光を反射させて車内温度の上昇を抑制する取組みを始めるという。白色への変更で冷房効率が改善され、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減を図ることと省エネルギーを実現することができ、今年度は68台に白色屋根バスを導入すると発表した。バスの屋根を従来の黄緑色と白色に変更したもの今年8月、気温40度の環境下で車内温度を測定したところ、従来の車両は屋根温度が49度まで上昇したのに対し、白色屋根の車両は47度だったという。また、バスの冷房を作動させて、車内を35度に下がるまでに要する時間は、従来車両は30分かかったのに対して、白色屋根バスでは18分だった。国際興業では、バスの屋根を白色に変更することで、車室内の冷房効率が改善され、アイドリング時間の削減などで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減が図れることから、白色屋根バスを本格的に導入することを決定したという。国際興業では白色屋根バスを随時増やしていくが、同社の全バス車両895台に適用した場合、夏季3か月間で約40tの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果があると試算している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 国際興業が白色屋根バスで二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

NTTテレコンがJ-VER制度で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因防止対策

 NTTテレコン(東京都港区新橋)は、国内で削減した地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を流通可能なクレジットにする環境省J-VER制度を利用し、情報通信技術を使った地球温暖化の原因防止対策を促進すると発表した。NTTテレコンは、LPG(液化石油ガス)販売事業者11社と連携し、LPGを集中的に監視するシステムを構築し、例えば、車両で顧客宅を回りエネルギー使用量を調べる従来の方式を集中監視システムからの遠隔操作で効率的に検針する方式に変更している。これに伴い、検針用車両の燃料消費量を大幅に削減しているほか、ガス輸送も効率化することによって、全体で年間320トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を見込んでいる。今後、そこで達成した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減量を、環境省のJ-VER制度に基づくクレジットとするための申請手続きを行う計画だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> NTTテレコンがJ-VER制度で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因防止対策はこちら

沖データOKIが海外省エネ活動で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)大幅削減対策

 複写機メーカーの沖データOKI(東京都港区芝浦)は、海外拠点の省エネ活動を強化し、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の大幅削減対策で成果をあげているという。沖データの2009年度の国内外主要52拠点の消費電力ベースでは、2007年度比13%の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減を実現した。さらに、海外でも特に細かな二酸化炭素(CO2)削減対策を取り入れることでイギリス工場が同17%、アメリカ工場が同21%と大きな効果をあげたという。沖データでは、世界の全拠点で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を2012年度中に2007年度比で6%削減する目標を掲げており、特に、沖データの全二酸化炭素(CO2)排出量のうち約8割を占める電力消費削減対策を今後も強化するという。沖データは国内外に工場6か所、支社、支店、販売子会社など主な拠点は52か所ある。このうち、イギリススコットランドで主にトナーなどの消耗品を製造するイギリス工場では、消費電力を2007年度比で17%減の300万kwhまで削減した。同工場では、2005年に新工場建て直しの際に、自然光を取り入れて照明器具を大幅削減するなどの最新の環境配慮設計を採用し、省エネルギー化を図った。さらに、製造ラインのエリア別に照明のオン・オフを徹底したほか、自動倉庫の照明使用量を4分の1に削減した。また、工場での全作業終了時に中央管理室で一括消灯することや、自動販売機の照明も人感センサーにより消灯するなど、細かな点まで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を取った。さらに、データセンターのサーバーを大型化して台数を半減することによって、発熱量も削減させたことから、空調に要する電力も削減することができたという。一方、アメリカのニュージャージー州で販売、開発などを行う米国事業拠点「OKI・USA」では、2009年度に2007年度比21%減の567万kwhまで削減し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減した。一般的に、アメリカは電気代が安いことから、省エネルギー対策を実施するのは難しいといわれているが、倉庫や製造現場の夜間及び週末消灯などの徹底のほか、倉庫や作業スペースのレイアウトを工夫することで照明や空調の効率化を実現し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を取ったという。沖データでは、国内や中国及びタイの拠点が先行して地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への環境対応を実践しているが、遅れていた英米などでも二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への取組みを強化することで、グループ全体での地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を加速させたい考えだという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 沖データOKIが海外省エネ活動で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)大幅削減対策はこちら

金融機関が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減など環境問題対策を強化

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減への関心が社会的に高まっている中、金融機関が環境問題への取り組みを強化しているという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出権付き新車ローンなどの商品開発のほか、環境問題に関する分野を始めとした成長分野の貸出先を開拓するための専門部署を設けるなどを行っている。環境問題に関する分野は、政府の新成長戦略や日銀の成長基盤育成支援のための新貸出制度にも盛り込まれた重点項目だけに、今後も資金需要の増加が見込めると判断している。例えば、みずほ銀行(東京都千代田区内幸町)は、顧客が1件利用するごとにみずほ銀行が1.4トン相当の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出権を購入し、国へ二酸化炭素(CO2)排出権を寄付するという形態のローン商品の取り扱いを始めた。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出権を取得する具体的な内容としては、エコカー購入の新車ローンや環境問題配慮型住宅へのリフォーム資金を提供するローンが対象となるという。顧客へ二酸化炭素(CO2)排出権の寄付の証明書を送付することで、利用者は環境問題への貢献を実感できるものとなっている。また、筑波銀行(茨城県土浦市中央)では、エコカー補助金制度を利用してハイブリッド車などを導入した企業に貸出金利を優遇した新車ローンを始めた。さらに、東京電力(東京都千代田区内幸町)の助言を得て、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果のある設備を導入した企業に、優遇金利で導入資金を融資する商品を開始した。一方、第四銀行(新潟県新潟市中央区)は、環境問題を始め医療、農業など成長分野の取り組みを推進する専門部署としてニュービジネス企画室を設置した。埼玉りそな銀行(埼玉県さいたま市浦和区)も、環境問題などの分野で成長性の高い非上場企業を投資対象とした10億円規模のファンドを設立して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などに取り組む貸出先を募っている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 金融機関が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減など環境問題対策を強化はこちら

湖池屋が森林整備で二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因対策

 カラムーチョやポリンキー、ポテトチップスなどで有名なスナック菓子メーカーの湖池屋(東京都板橋区)が、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減と地域貢献を目指して、北海道において二酸化炭素(CO2)を吸収固定する森林整備を通じた森づくりに取り組んでいる。北海道旭川市にある北海道上川総合振興局で、「湖池屋の森」の協定調印式が行われた。湖池屋は既に昨年も、北海道南富良野町の森林整備で間伐作業を行う協定を締結しているが、今回は南富良野町の山林1.82haにカラマツ3460本及びアカエゾマツ180本を植栽するという内容になっている。協定期間は4年間で、10月上旬には湖池屋の社員が南富良野町の山林を訪れて、地元の森林組合の指導でアカエゾマツの苗木を植えるという。この事業は、北海道が仲介役となって、平成19年から実施している地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「ほっかいどう企業の森林づくり」の活動の一環である。これまでには、この地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を利用して、サッポロビール(東京都渋谷区恵比寿)が北海道壮瞥町に「サッポロビールの森」、北海道電力(北海道札幌市中央区)が北海道安平町に「あびらエネモの森」、北海道国際航空(北海道札幌市中央区)が北海道千歳市や北斗市などに「エア・ドゥ絆の森」を作るというように、企業や団体がスポンサーになって北海道の市町村の二酸化炭素(CO2)を吸収固定する森林を整備してきた。これらは北海道に関連した企業や団体だが、湖池屋も売り上げの8割近くになるポテトチップスの原料の70~75%が北海道産に依存していることから、この地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を利用しているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 湖池屋が森林整備で二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因対策はこちら

東京海上日動火災保険がカーボン・ニュートラルで二酸化炭素(CO2)削減し地球温暖化の原因対策

 東京海上日動火災保険(東京都千代田区丸の内)は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減し、増減に影響を与えない状態である「カーボン・ニュートラル」を2009年度の国内事業活動で実現したと発表した。東京海上日動火災保険の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のカーボン・ニュートラルに向けた2009年度の主な取組みは、熱帯・亜熱帯地域の海岸や河口部などに生息する植物であるマングローブの植林活動によるものだ。この活動は、東南アジア5か国やフィジー、インドを舞台に実施しており、今年3月末時点で東京ドーム(東京都文京区後楽)約1345個分に相当する6293haの植林を行った。さらに、東京海上日動火災保険では、自然エネルギーの利用や地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の排出権購入などを進め、4万9561トンの二酸化炭素(CO2)吸収・固定量を確保した。この数量が東京海上日動火災保険の事業活動から排出される地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の4万9307トンを上回り、二酸化炭素(CO2)排出量の収支がバランスし、カーボン・ニュートラルとなったという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京海上日動火災保険がカーボン・ニュートラルで二酸化炭素(CO2)削減し地球温暖化の原因対策はこちら

三菱重工業はCO2±0(ゼロ)住宅での地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 三菱重工業(東京都港区港南)は、船舶用ディーゼルエンジンの過給機に発電機を内蔵し、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策が施された環境問題に対応するハイブリッド過給機「MET83MAG」を開発した。ハイブリッド過給機は、船舶用エンジンの排ガスを過給機コンプレッサの駆動だけでなく、発電にも活用することで航海中に必要なすべての電力を供給することができるという。その最大発電出力は754キロワット(毎分9,500回転時)で、さらに発電機を電動機として作動させて過給機を回転させて、補助ブロワの代用とできるメリットがあるなど、省エネルギーと地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に貢献する環境問題に貢献した性能を有している。このハイブリッド過給機は、三菱重工業のほか日本郵船(東京都千代田区丸の内)、ユニバーサル造船(神奈川県川崎市幸区)、日立造船(大阪府大阪市住之江区)の協力により製品化したという。2011年に就航する大型ばら積み運搬船に搭載して、世界で初めて地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の実証試験を行う予定になっている。三菱重工業では、船舶エネルギーの有効利用に必要な主要機器を手掛ける強みを活かし、将来の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの環境問題の規制強化や、熱効率向上の技術ソリューションシステムを今後も継続的に提案していくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 三菱重工業はCO2±0(ゼロ)住宅での地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

パナホームはCO2±0(ゼロ)住宅での二酸化炭素(CO2)排出削減し地球温暖化の原因対策

 パナホーム(大阪府豊中市新千里西町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量をゼロになるまで削減できる「CO2±0(ゼロ)住宅」の研究棟をパナホームの本社工場(滋賀県東近江市)に建設しており、2011年度の商品化に向けて8月から実証試験を開始しているという。パナホームの地球温暖化の原因防止対策の「CO2±0(ゼロ)住宅」は、優れた建物の気密・断熱性能を始めとして、日射熱取得や蓄熱、熱融通性能の「活エネ」によるパッシブ技術と、「創エネ」、「蓄エネ」、「省エネ」を実現する各種の設備・仕様によるアクティブ技術の活用で、季節や生活シーンに応じた最適なエネルギーマネジメントを行い、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量ゼロの暮らしを実現する次世代の住宅になっているという。パナホームの研究棟は、気密・断熱性能を向上させたパナホームの建物に、自然エネルギーを活用するための日射熱取得と蓄熱のダイレクトゲインやヒートポンプ技術、居室間の熱融通等の空間設計を導入しており、省エネルギーと地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる仕様になっている。また、パナソニックグループとの連携によるオール電化仕様を始め、直流電力の給電が可能な「AC/DCハイブリッド配線システム」や家全体のエネルギー収支状況が把握できる「ライフィニティECOマネシステム」、直流駆動LED照明などを設置している。建物性能の向上と自然エネルギー活用、先進の設備機器によって地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減してCO2±0(ゼロ)を目指している。地球温暖化の原因防止対策の自然エネルギー活用は、パナホームと東京大学(東京都文京区本郷)・株式会社日建設計(東京都千代田区飯田橋)・海法圭建築設計事務所(東京都目黒区下目黒)との産学共同研究で進めている。パナホームの地球温暖化の原因防止対策の研究棟での実証実験では、実際の家族が一定期間生活し、エネルギーの消費量や消費パターンを実測しながら、家まるごとでエネルギー収支を検証・評価していくことで、地球温暖化の原因防止対策の商品開発に繋げていく。2011年度に商品化する地球温暖化の原因防止対策の「CO2±0(ゼロ)住宅」では、「省エネ」、「活エネ」で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を1.5トンにし、これは1990年築の在来木造住宅の二酸化炭素(CO2)排出量(4.5トン)に比べ約65%削減となっている。さらに、この二酸化炭素(CO2)排出量1.5トンをソーラー発電システム(3.8kw)やエネファームによる「創エネ」で、約35%相殺することで、二酸化炭素(CO2)排出量が収支上ゼロになる地球温暖化の原因防止対策の住宅を実現するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> パナホームはCO2±0(ゼロ)住宅での二酸化炭素(CO2)排出削減し地球温暖化の原因対策はこちら

タカラレーベンが太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)削減による地球温暖化の原因対策

 タカラレーベン(東京都新宿区西新宿)は、埼玉県和光市において、各住戸に地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減省エネルギーを実現することができる太陽光発電システムを導入したマンション「レーベンハイム光が丘公園」の販売を開始すると発表した。JX日鉱日石エネルギー(東京都千代田区大手町)が開発した二酸化炭素(CO2)排出量を削減する太陽光発電システムのパワーコンディショナを利用しており、マンションの屋上に1戸当たり6枚の各戸専用の地球温暖化の原因対策の太陽光発電システムのソーラーパネルを設置している。このため、二酸化炭素(CO2)排出量を削減する太陽光発電システムで発電した余剰電力は、電力会社に買い取ってもらう売電が可能になっている。マンションの各戸のリビングには、発電量や地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量が一目で分かるモニターが設置されており、居住者の省エネルギー意識を高める工夫も施されている。マンションで地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減と省エネルギーを実現することができる個別の太陽光発電システムが搭載されているのは珍しいという。マンションの規模は、地上6階建て・総戸数112戸で、都営大江戸線光が丘駅徒歩16分(埼玉県和光市白子1)の立地にある。住戸タイプは、2LDK~4LDK(専有面積62~86平方メートル)となっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> タカラレーベンが太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)削減による地球温暖化の原因対策はこちら

地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策のモーダルシフトが頭打ち

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、二酸化炭素(CO2)排出量の多いトラック輸送から二酸化炭素(CO2)排出量の少ない鉄道輸送や海運などの大量輸送機関へと物流手段を変えるモーダルシフトが正念場を迎えているという。清涼飲料業界では、モーダルシフトの鉄道コンテナ輸送量が9年間で3倍超に急増しているものの、物流業界全般的には使い勝手の良いトラック輸送が優位を保っているという。モーダルシフトは地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減できる。国土交通省の試算では、1トンの貨物を鉄道コンテナで1キロ輸送した場合に生じる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量はトラック輸送の7分の1でしかない。輸送距離が500キロを超えると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量だけではなくコスト面でも優位になり、日通総合研究所(東京都港区東新橋)の試算によると、東京・下関間の約1000キロの距離では、荷物1トン当たりの運賃はトラック約1万9000円に対し、鉄道は約1万4000円ですむという。例外的に清涼飲料の輸送で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できるモーダルシフトが進んでいるのは、ブランド数が多く、メーカーが効率を高めるために生産拠点が少なく、店頭に並ぶまでの輸送距離が長いためたという。例えば、キリンビバレッジ(東京都渋谷区神宮前)の工場は全国2か所しかなく、キリンビール(東京都渋谷区神宮前)の11か所に比べて極めて少ない。輸送距離500キロ以上の商品のうち、サントリー(大阪府大阪市北区)は約7割、キリンビバレッジは約6割を鉄道コンテナで輸送している。2009年の清涼飲料の販売数量は、2000年比で6.5%増だが、鉄道輸送量は約30万トンから90万6000トンと3倍以上に増えている。しかし、物流業界全体では地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するモーダルシフトは進んでおらず、2000年以降のコンテナ輸送量は2007年の2341万6000トンをピークに、2009年には2035万8000トンと頭打ちになっている。モーダルシフトは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるとはいうものの、物流業界全体としては使い勝手が悪いようである。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策のモーダルシフトが頭打ちはこちら

東京ガスと大阪ガスが二酸化炭素(CO2)排出削減で地球温暖化の原因対策

 東京ガス(東京都港区海岸)と大阪ガス(大阪府大阪市中央区)は、太陽光発電や太陽熱、電気が補完し合う次世代型の地球温暖化の原因防止対策の「スマートエネルギーネットワーク」を構築するため、実証事業を共同で実施している。化石エネルギーや自然エネルギーを効率的に使い、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する目的の経済産業省の補助事業で、今年度から東京都と大阪府、兵庫県などに地球温暖化の原因防止対策のシステムを構築して3か年をめどに実証実験を続けている。実証実験では、太陽光発電設備や太陽熱で温水装置、ガスを使用して発電と熱供給をする地球温暖化の原因防止対策のコージェネレーションシステムを一定のエリア内に設置する。エリア内には、既存の送電網に加え温水を運ぶ配管を敷設し、エネルギーの流れをITで制御するという。地球温暖化の原因防止対策になるとはいえ太陽光発電や太陽熱は、出力及び熱量が天候に左右されて不安定なため、コージェネレーションによって出力を調整するが、電力会社が主体となって研究する「スマートグリッド」の大型蓄電池よりも低コストにできる可能性があるという。東京ガスは、東京都荒川区にある東京ガスの研究施設などビル2棟と特別養護老人ホームで実証を行う。両施設には既に地球温暖化の原因防止対策のコージェネレーションや太陽光発電置などを備えているが、より高性能なものに更新する。大阪ガスは、東京ガスと同様の地球温暖化の原因防止対策のエネルギーネットワークを備えるエリアを大阪府や京都府などにつくり、また、小規模な太陽光発電所を兵庫県などに設け、既存の送電網を使って各エリア間で電力を融通し合うという。これらの事業で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を約30%削減できる見込みという。東京ガスと大阪ガスは地球温暖化の原因防止対策の実験データを共有し、どのような設備配置が二酸化炭素(CO2)排出量削減に効率的かを検証している。これに対して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のため、政府は事業費の2分の1最大6億円まで補助金を支給するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京ガスと大阪ガスが二酸化炭素(CO2)排出削減で地球温暖化の原因対策はこちら

家庭用コージェネレーションによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 社団法人日本ガス協会(東京都港区虎ノ門)によると、2009年度末時点の地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく寄与する熱電併給による都市ガスコージェネレーションの稼働実績の累計設置件数は、9万6626件と前年同期比19.7%増と大幅に伸びているという。これは、地球温暖化の原因防止対策の家庭用コージェネレーションが20.9%増となったことが要因だが、地球温暖化の原因防止対策の産業用コージェネレーションは景気低迷の影響で減少したという。集計の対象は、都市ガスを使い電気と熱を作るガスエンジンや燃料電池などで、エネルギーを効率的に利用するため、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減につながるとされる。家庭用では、ガス業界が地球温暖化の原因防止対策のガスエンジン給湯器を「エコウィル」、地球温暖化の原因防止対策の燃料電池を「エネファーム」の名称でそれぞれ販売している。地球温暖化の原因防止対策の家庭用コージェネレーションの累計は9万620万件(9万kw)で、前年同期より約1万5600件の増加となっており、大半がエコウィルだが、エネファームも3000台程度あった。一方、地球温暖化の原因防止対策の産業用コージェネレーションは0.7%減の875件であり、ビルや商業施設など業務用は5131件と5.5%増えたものの、容量は102.7万kwで1.1%減少した。初期投資を抑えることのできる比較的小型の地球温暖化の原因防止対策のコージェネレーション設備が増えたとみられる。地球温暖化の原因防止対策のコージェネレーションの発電容量は計448.7万kwとなり、電力会社の発電所を含む全国の発電容量の1.62%となったという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 家庭用コージェネレーションによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

トヨタ自動車はハイブリッド車(HV)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 トヨタ自動車(愛知県豊田市東京都文京区)は、製品と環境との調和を目指す2011~2015年度の5か年計画を発表し、2010年代初頭に地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策ハイブリッド車(HV)の世界累計販売台数を500万台とする目標を盛り込んでいる。国内生産で排出する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を1990年に比較して25%削減する方針も明記し、トヨタ自動車は国の二酸化炭素(CO2)排出量削減目標に歩調を合わせた形となっている。トヨタ自動車のハイブリッド車(HV)の累計販売台数は、1997年の発売開始から今年7月末までに約268万台となっており、今後数年間で販売台数を倍以上に増やす計画になっている。トヨタ自動車の計画には、このほか、さらなる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、走行時に二酸化炭素(CO2)を排出しない、家庭で充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)を2012年から販売することや、同じく走行時に二酸化炭素(CO2)を排出しない、水素を燃料にする燃料電池車を2015年度までに市場投入することなどが盛り込まれている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> トヨタ自動車はハイブリッド車(HV)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

パナホームはエコ住宅で二酸化炭素(CO2)削減し地球温暖化の原因対策

 パナホーム(大阪府豊中市)は、省エネルギー地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、エコ住宅の提供に積極的に取り組んでいる。パナホームは、7月には滋賀県東近江市の工場に、太陽光発電や家庭用燃料電池による発電装置を備えるほか、蓄熱材や発光ダイオード(LED)照明の採用による省エネルギー化によって地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を計算上ゼロに削減するエコ住宅を完成させ、平成23年度中の商品化を視野に実証実験を繰り返している。このエコ住宅は、パナソニックグループと東京大学(東京都文京区本郷)の産学連携による地球温暖化の原因防止対策の開発だという。エコ住宅には、蓄熱機能を持つ床や部屋間で熱を融通できるシステムを備え、空調や照明はパナソニックグループの最新の省エネ製品を使用している。エコ住宅がいくら地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減し、省エネルギー対策の性能に優れた環境問題に配慮した商品であっても、価格が高いと売れない時代なので、コストダウンは厳しくし、現在のパナホームの標準的な住宅の価格帯から大きく外れないようにしていくという。太陽光発電などで昼間に発電した電力を蓄え、夜間に使用可能なリチウムイオン蓄電池の搭載計画もあり、数か月以内に実験住宅に搭載して検証を開始するという。1年間の実験データを集めて、信頼性や経済性を確認し、商品化の道を探り、採用する電池はパナソニック製のほか、子会社の三洋電機製も選択肢として最適化を図るという。エコ住宅にチウムイオン蓄電池を取り入れると、より効率的に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量ゼロを実現できるので、パナソニックグループの総力を結集して実現させたいと話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> パナホームはエコ住宅で二酸化炭素(CO2)削減し地球温暖化の原因対策はこちら

環境配慮型ビジネスモデルで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 ツバルの森(東京都千代田区)は環境コンサルティング会社であるが、今般、セリタ建設(佐賀県武雄市)と共同で、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量をゼロまで削減する地球温暖化の原因防止対策の環境配慮型ビジネスモデルを開発したと発表した。セリタ建設は、S-RCクレーグランド工法というメンテナンス不要の土壌改良技術を実用化しており、樹皮と砂利を交ぜて炭素と窒素の比率をうまく保ち、草が生えにくいグラウンドや鉄塔周辺などの地質を変えることを行っている。新たな地球温暖化の原因防止対策の環境配慮型ビジネスモデルでは、樹皮が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を固定化する環境特性を生かし、二酸化炭素(CO2)排出削減量が数値で認定される京都クレジットを付加することにした。これによって、固定化された地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の量を明確化にすることが可能となった。一方、ツバルの森では、セリタが地球温暖化の原因防止対策の事業モデルを着実に運用するためのガイドラインを策定するなど側面から支援していくという。ツバルの森では「相手先と取引を行う場合、『地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減など環境に良いことをやっているのか』と聞かれるケースが増えており、選定基準を満たすには地球温暖化の原因防止に向けた環境対策が不可欠となりつつある。その意味で、今回の地球温暖化の原因防止対策のビジネスモデルは重要」とコメントしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 環境配慮型ビジネスモデルで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

森林保全整備の活性化で二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策に貢献

 森林保全による地球温暖化の原因防止対策として温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減と雇用対策を進めるため、全国林業事業協同組合(東京都千代田区平河町)が設立され、今秋から本格的に活動を始めるという。人手不足で手入れが行き届かない山林に、公共事業削減で受注の減った地方の中小土木建設事業者の参入を促進していく。森林整備で出る間伐材を火力発電用の燃料に加工し、木質バイオマスは地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出するとみなされないカーボンニュートラルであることから、地球温暖化の原因防止対策として安定供給できる態勢作りを目指すという。同協同組合によると、林業従事者は1960年の約44万人から、海外産の木材に押されていることや労力の割りに儲からないことから2005年には5万人程度まで減少したという。一方、地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出削減目標を課した京都議定書で、日本は1990年比6%の二酸化炭素(CO2)排出量の削減を求められているが、国は3.8%分を森林での二酸化炭素(CO2)吸収でまかなうとしている。二酸化炭素(CO2)吸収量の目標を達成するためには、間伐などで年55万haの森林整備が必要とされるが、現状は年35万haにとどまっていることから、地球温暖化の原因防止対策として二酸化炭素(CO2)排出量の削減目標の達成には程遠い。このため、同協同組合は、「森林保全整備には、地方の土木業者の人材と機材を活用し、地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減にあたるべきだ」と指摘している。同協同組合の組合員は、土木建設を中心に現在68業者であるが、今後、林業参入や木材チップ加工・販売に関するノウハウを共有していくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 森林保全整備の活性化で二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策に貢献はこちら

東京ガスがコージェネレーションで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減

 東京ガス(東京都港区海岸)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減する太陽光発電バイオマスなどの分散型の新エネルギーと天然ガスの熱電併給のコージェネレーションシステムを組み合わせ、省エネルギーと二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減する「スマートエネルギーネットワーク」を実用化すると発表した。まずは、2016年度の竣工を目指すJR田町駅東口芝浦再開発(東京都港区)にスマートエネルギーネットワークを導入し、ガス、電力、熱の最適なエネルギーを供給するという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減する太陽光発電であるが、天候に左右されるという欠点がある。供給が不安定な太陽光発電を燃料電池やコージェネレーションなどの分散型電源を組み合わせることで、それを補い、大規模なエネルギー供給システムとして一元管理し、省エネルギーや地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減につなげるのが目的の技術である。東京都港区で行われている芝浦再開発は、東京ガスと三井不動産(東京都中央区日本橋室町)、三菱地所(東京都千代田区大手町)との共同開発を予定しており、オフィスビルや店舗などで構成される複合施設で、敷地面積は約2万8000平方メートルと大規模である。東京ガスでは、複数のビルの地域冷暖房プラントを連結することによって、最新の高効率機器を導入した単体のビルに比較しても10%超の省エネルギーと、25%の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を目指す。熱供給能力は24,000~28,000kwで、コジェネシステム(4,000~5,000kw)、燃料電池(100~300kw)などを導入し、二酸化炭素(CO2)を排出しない太陽光発電や太陽熱エネルギーなどの再生可能エネルギーも利用するという。東京ガスは東京ガス横浜研究所(神奈川県横浜市鶴見区)で、2006年から地球温暖化の原因防止対策の「スマートエネルギーネットワーク」の実証試験をスタートしているが、政府の補助金を活用した二酸化炭素(CO2)を排出しないフィールド実証試験や、既存のオフィスビルや商業施設を含めた再開発地区にも地球温暖化の原因防止の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を応用する考えだという。東京都の築地市場の移転予定先の豊洲地区(東京都江東区)の東京ガス所有地の再開発でも、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減した低炭素社会を実現する「スマートエネルギーネットワーク」による街づくりを検討しているという。豊洲再開発は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない水素エネルギーの活用も検討し、エネルギープラントの投資額は100億円を超える規模になる見通しだ。電力会社は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に関しては、IT(情報技術)を活用し、二酸化炭素(CO2)を排出しない自然エネルギーの導入を進める次世代電力網「スマートグリッド」の実現に向け、技術開発を進めている。これに対して、都市ガス会社は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に関しては、分散型電源を活用することで、二酸化炭素(CO2)を排出しない自然エネルギーと組み合わせた「地産地消」型の地域エネルギーインフラの整備を進めている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京ガスがコージェネレーションで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

IHIと三菱地所が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策した豊洲フロント竣工

 IHI(東京都江東区豊洲)と三菱地所(東京都千代田区大手町)は、東京都江東区豊洲で開発を進めてきた豊洲3丁目の街区ビルを竣工させ、「豊洲フロント」と命名した。豊洲フロントの延べ床面積は10万6860平方メートルで、今年国内で供給されるオフィスビルとしては最大級であり、1フロアのオフィス床面積が5000m2超と広く、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減したビルだという。1階の商業施設にはコンビニや飲食店などを幅広く誘致しているた。新ビルは、東京メトロ有楽町線「豊洲駅」から徒歩2分の位置に立地している。環境性に配慮して、屋上緑化をはじめ敷地面積の36%を緑化したほか、吹き抜けを利用し外気を取り込んだり、自然光を有効活用することによって、東京都内の一般的なビルに比べ地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を約26%削減した。すでにマルハニチロホールディングス(東京都千代田区大手町)や住商情報システム(東京都中央区晴海)など大手企業の入居が決まっている。会見した三菱地所の豊洲開発推進室副室長は「オフィスワーカーのみならず、近隣住民の方々にも利用して欲しい」とアピールしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> IHIと三菱地所が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策した豊洲フロント竣工はこちら

デュプロがCO2相殺インクで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策

 デュプロ社(神奈川県相模原市)は、デジタル印刷機インクに関して、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するカーボン・オフセットの導入を行った。今回の地球温暖化の原因防止対策に協力したのは、オフセット・プロバイダーのリサイクルワン(東京都渋谷区)である。デュプロ社が地球温暖化の原因対策のカーボン・オフセットをして今回販売する商品は、デュプロ社のデジタル印刷機インクの「U、S、eシリーズ」を利用して印刷する際に、消費する電力による地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を、国連に認証された二酸化炭素(CO2)排出権によりカーボン・オフセットしたものである。すなわち、デュプロのインクを購入するだけで、デジタル印刷機で印刷する際に発生する地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するカーボン・オフセットに参加できる仕組みとなっているという。今回の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するカーボン・オフセットの排出権は、国連に認証されたインドとフィリピンの風力発電プロジェクトを利用しており、リサイクルワンを通じて調達し、事前に予定販売数量分の二酸化炭素(CO2)排出権無効化の手続きを行う。デュプロ社のインクの販売数量は、リサイクルワンにより定期的にモニタリングされ、予定販売数量を超過する場合は速やかに追加の二酸化炭素(CO2)排出権無効化を実施し、排出権を調達及び無効化する際に発生する費用は商品の価格に転嫁せず、デュプロが負担するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> デュプロがCO2相殺インクで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策はこちら

ENEOSとJOMOがバイオガソリンで二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策

 JX日鉱日石エネルギー(東京都千代田区大手町)は、九州地区のENEOSとJOMOブランドのガソリンスタンド計195か所で、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するバイオガソリンの販売を始めると発表した。バイオガソリン製造に必要な設備がこのほど大分県製油所で整ったためで、地球温暖化の原因対策のバイオガソリンの販売は首都圏に続いて2エリアとなる。今回販売するバイオガソリンは、植物由来のバイオエタノールを含む燃料を配合したものであるため、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減することができる。バイオエタノールの濃度は、1%程度としてレギュラーバイオガソリン及びハイオクバイオガソリンともに通常のガソリンと同じ価格で販売するという。当面は、大分製油所から直接製品を配送している大分県の183か所と熊本県の12か所のガソリンスタンドで販売する。JX日鉱日石エネルギーは、首都圏を中心に約100か所のガソリンスタンドでバイオガソリンを販売しているが、配合する設備を他の製油所でも導入し、販売するガソリンスタンドを全国で2000か所に増やす計画を持っている。バイオエタノールは、原料の植物が生育する際に二酸化炭素(CO2)を吸収しているため、燃焼させても地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量はゼロとみなされる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> ENEOSとJOMOがバイオガソリンで二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策はこちら

メルシャンが最軽量ワイン瓶で二酸化炭素(CO2)を削減する地球温暖化の原因対策

 キリンホールディングス子会社のワイン国内最大手のメルシャン(東京都中央区京橋)は、国産ワイン用の瓶で重さが284gと最軽量の720ml瓶を採用すると発表した。他社製品も含めても、従来の最軽量ワイン瓶よりも15g軽く、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を従来よりも削減することができるという。メルシャンでは、720mlの最軽量瓶を同社の国産ワインの主力ブランドである「ビストロ」シリーズや「ボン・ルージュ」シリーズなどで使用するという。最軽量ワイン瓶による実際の出荷は10月以降であるが、同時に500、360、300mlの各ワイン瓶も従来より軽量化し、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する。こうしたワイン瓶の軽量化を実施することで、同社の製造及び輸送時にかかる地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が、従来比で年間約168トン削減できると試算している。また、今回の軽量ワイン瓶には、お酒を表示する点字表記を採用するなど、消費者にも環境問題にも優しい商品づくりを目指したとしている。メルシャンは、これまでもワイン容器では珍しいペットボトルを採用するなど、ワイン商品の軽量化に力を入れて、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に取り組んでいる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> メルシャンが最軽量ワイン瓶で二酸化炭素(CO2)を削減する地球温暖化の原因対策はこちら

岩崎電気が新型LED道路灯で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因防止対策

 岩崎電気(東京都港区)は、地球温暖化原因防止対策にもつながる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減することができる新型LED道路灯「LEDioc ROAD」を8月30日から発売すると発表した。岩崎電気の「LEDioc ROAD」のLED道路灯は。「連続照明用LED道路灯」と「交差点照明用LED道路灯」の2種類の配光を持っており、明るさが水銀灯400W相当の「400シリーズ」、水銀灯300W相当の「300シリーズ」、水銀灯250W相当の「250シリーズ」の計14形式を発売するという。400シリーズのLED道路灯は、これまでの同社の道路照明器具の水銀灯400W及び高圧ナトリウム灯220Wと同等の明るさを1W形LED×120個で実現することができるという。新型LED道路灯は、水銀灯400Wと比較すると地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を約66%、高圧ナトリウム灯220Wと比較すると約45%削減でき、道路照明の省エネルギー化に貢献する。新型LED道路灯の寿命も6万時間あり、メンテナンスコストを削減できるほか、メンテナンスに要していた地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減することができる。また、LED初期光束補正機能や深夜2分の1LED調光機能、さらにはLED点灯時の道路視環境の急激な変化を避けるマイコン制御のソフトスタート機能なども備えている。デザインもLEDらしい薄型を採用し、設置場所を選ばない汎用性の高いものとなっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 岩崎電気が新型LED道路灯で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因防止対策はこちら

東京都で外断熱による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 東京都地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策も目的の一つとして実施している補助金交付事業である「提案公募型産業交流促進事業」に、特定非営利活動法人外断熱推進会議(東京都港区:竹川忠芳理事長)が申請していた「建物の耐震化+断熱化による安心、省CO2と産業創出」のビジネスモデルが選定されたと発表した。この補助金交付事業は、東京都の既存ストックの耐震化並びに地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策及び省エネ化を推進すると同時に、中小企業の雇用創出も目的とした東京都の独自事業である。東京都内に事業所を持つ中小企業や都内で事業を行っているすべての企業が参加できる「東京都外断熱ネットワーク」を結成し、これを中心に建物の耐震化、外断熱改修の新しいビジネスを創出していくことを目指している。 東京都内にある建物の外断熱改修によって耐震化が強化されるとともに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策及び省エネ化を推進していくビジネスモデルが東京都に評価されて補助金が交付されることになった。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都で外断熱による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

ウェスティンホテル東京が二酸化炭素(CO2)を削減する地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)対応

 ウェスティンホテル東京(東京都目黒区三田)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減することが可能な電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)用充電施設の供用を開始すると発表した。走行時に二酸化炭素(CO2)をまったく排出しない電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)用の充電施設は、ウェスティンホテル東京内駐車場地下3階に設置されており、宿泊客はもちろんレストランやスパなどホテル以外の利用客に対しても、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する観点から、当面の間、無料で自動車への充電サービスを提供するという。電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)用の充電器は、パナソニック電工製の200V電源であり、三菱「i-MiEV」の電気自動車(EV)の場合で7時間、スバル「プラグインステラ」の場合で5時間、日産「リーフ」の場合で約8時間でフル充電できるという。さらに、ウェスティンホテル東京では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する電気自動車メーカーとして名高いアメリカのテスラモーターズ社の電気自動車(EV)専用の急速充電器も国内宿泊施設で初めて導入しており、4時間でフル充電が可能となっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> ウェスティンホテル東京が二酸化炭素(CO2)を削減する地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)対応はこちら

二酸化炭素(CO2)を削減するバッテリー交換式電気自動車(EV)タクシーで地球温暖化の原因対策

ベタープレイスは、二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因防止対策のバッテリー交換式電気自動車(EV)の普及を目指して実証実験を行ってきたが、東京都港区六本木で実証運用を行って来た電気自動車(EV)タクシープロジェクトを9月1日から11月19日までの3か月間延長すると発表した。経済産業省・資源エネルギー庁の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する目的として行われている「平成21年度電気自動車普及環境整備実証事業」の一環として実施してきたものである。4月~7月の間、日本交通と共同で二酸化炭素(CO2)を排出しないバッテリー交換式電気自動車(EV)とタクシーの親和性を検証してきた。地球温暖化の原因防止対策の実証運用実験では、バッテリー交換式電気自動車(EV)タクシーが総距離4万0311kmを走行し、バッテリー交換回数は2122回となり、その際の平均バッテリー交換時間は59.1秒で3020人の乗客が利用したという。今回新たに9月1日から行うバッテリー交換式電気自動車(EV)タクシーの地球温暖化の原因防止対策の実証運用では、バッテリーへの充電速度の最適化に関して実証するという。バッテリー交換式電気自動車(EV)タクシーのバッテリー交換ステーションでのバッテリーへの充電速度の最適化を行うソフトウエアーを導入することによって、使用状況に応じて自動的に充電速度を変えることで最適化を図り、より効率的なバッテリー管理を目指すという。二酸化炭素(CO2)を排出しないバッテリー交換式電気自動車(EV)タクシーは、これまでと同様、東京都港区の六本木ヒルズの電気自動車(EV)タクシー乗り場から利用することができる。二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の稼働台数は3台で、平日8時30分~翌1時00分まで運行している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 二酸化炭素(CO2)を削減するバッテリー交換式電気自動車(EV)タクシーで地球温暖化の原因対策はこちら

経済産業省はEV・PHVタウン構想で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 経済産業省は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として取り組んでいる電気自動車EV)及びプラグインハイブリッド車PHV)の本格普及に向けた実証実験のモデル事業「EV・PHVタウン構想」の第二期追加募集を開始したと発表した。「EV・PHVタウン構想」の2009年3月に選定した8地方自治体に加え、電気自動車(EV)及びプラグインハイブリッド車(PHV)の普及へ先駆的に取り組む地方自治体を追加募集するというもの。「EV・PHVタウン構想」は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に大きく貢献できる電気自動車(EV)及びプラグインハイブリッド車(PHV)の初期需要を創出するため、特定地域において車両の導入、充電インフラの整備や普及啓発を集中的に行うモデル事業を実施して、日本全国への展開を目指すプロジェクトとなっている。2009年3月に、地球温暖化の原因防止対策の電気自動車(EV)及びプラグインハイブリッド車(PHV)の充電インフラ整備や普及啓発などを集中的に行うモデル地域として、青森県、東京都、神奈川県、愛知県、京都府、新潟県、福井県、長崎県の8都市を「EV・PHVタウン」として選定している。今回、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として追加募集する第二期EV・PHVタウン選定のポイントは、「車両の普及手法(CO2削減効果)」、「費用対効果」、「先導性・モデル性」、「地域適応性」、「実現可能性」及び「持続性」の6つの視点から先進的な地方自治体を選定するという。地球温暖化の原因防止対策の第二期追加募集期間は、8月27日から10月22日までとなっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 経済産業省はEV・PHVタウン構想で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

東急不動産は二酸化炭素(CO2)削減量の「見える化」で地球温暖化の原因対策

 東急不動産(東京都渋谷区道玄坂)は、マンションなどの光熱水等の実際に使用したエネルギーや地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量を数字として示す「見える化」によって、省エネルギーにつなげる地球温暖化の原因防止対策に取り組んでいる。東急不動産では、オフィスビルや商業、リゾート施設などにエネルギー使用量を把握できる「見える化」システムを導入し、今月から稼働させたと発表した。「見える化」の対象は、東急不動産が全国に保有又は使用するほぼ全部の施設で、その数は約200に達し、東京都渋谷区の東急不動産本社ビルのほか、渋谷東急プラザ(東京都渋谷区)などの施設や全国のゴルフ場などに導入されたという。施設の管理者がインターネットを通じて電気やガス、水道など項目別に使用したエネルギーデータを入力すると、東急不動産の本社で集計して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量などを算出する仕組みとなっている。集計した二酸化炭素(CO2)排出量などのデータは、削減目標値や前年同月などと比較分析したり、改正省エネ法に対応したデータとして閲覧することができるという。エネルギー使用量や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量についての現状を効率的に分析することができ、省エネルギーにつなげる仕組みとしていきたいという。導入した地球温暖化の原因防止システムは、ソフトをネットを通じて利用者に貸し出すASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)方式を採用しており、東京電力(東京都千代田区内幸町)等が出資する日本ファシリティ・ソリューション(東京都新宿区)がシステムを提供したものである。東急不動産は、このシステムとは別に、首都圏で供給するマンションに複層ガラスや断熱サッシなどの導入による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果を、1990年当時の平均的なマンションと比較して表示している。年間のエネルギー消費量を基に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量を算出し、1年間に吸収する天然林の面積に置き換えて表示している。今年3月に完成したマンション「ブランズ六義園」(東京都文京区)では、ブナの天然林約8.5ヘクタールが1年間に吸収する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減したと表示し、省エネルギー効果を「見える化」しているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東急不動産は二酸化炭素(CO2)削減量の「見える化」で地球温暖化の原因対策はこちら

東京ガスは再生可能エネルギーで二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因対策

 東京ガス(東京都港区海岸)は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環の取組みとして、太陽光など再生可能エネルギーを活用し、将来的にエネルギー消費量をほぼゼロにする「省エネビル」を公開した。屋上に最先端のエネルギー生産設備を設け、普通のビルに比べてエネルギー使用量を40%、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を47%削減することができ、今後、電力供給や制御といった問題を検証したうえで、建設業界に開発技術の導入を働きかけるという。東京ガスが平成8年に神奈川県横浜市に建設した自社オフィスビル「港北ニュータウンビル」の改修に併せて、地球温暖化の原因防止対策となる冷暖房用の太陽熱集熱器や太陽光発電装置などを設置した。また、地球温暖化の原因防止対策とはいえ太陽光の一番の課題となる出力変動に対応するため、蓄電池やガスコージェネレーションによる熱電併給を組み合わせ、最適な電力供給を行う制御システムを導入している。さらには、二酸化炭素(CO2)排出量削減対策につながるLED(発光ダイオード)照明や明るさを自動的に制御する人感センサーも取り入れているという。
以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京ガスは再生可能エネルギーで二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因対策はこちら

イオンモールとオリックス自動車はカーシェアリングで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を削減

 イオンモール(千葉県千葉市)とオリックス自動車(東京都港区)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するため、大型ショッピングモールを拠点としたカーシェアリングサービスを共同で展開すると発表した。まずは、9月からイオンモール新瑞橋(愛知県名古屋市南区)及びイオンモール鶴見リーファ(大阪府大阪市鶴見区)において、10月から京都ファミリー(京都府京都市右京区)においてショッピングモール駐車場を地球温暖化の原因防止対策としてカーステーション化を実施するという。イオンモールでは、パンフレットの設置やポスター掲示などを通じて、カーシェアリングサービスをPRしていくという。イオンモールでは、低炭素社会への移行が全世界的な課題となっている中、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を減らしていくことがリーディングカンパニーとしての責務と考えている。これまでも、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減のため、太陽光発電用パネルや氷蓄熱システムの導入のほか、屋上緑化、壁面緑化、サインや照明へのLED(発光ダイオード)照明の採用など、エコロジーを考えた設備の導入及び自然エネルギーの活用に力を入れてきた。今回、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減し、地球環境負荷の低減に役立つカーシェアリングをショッピングモールに導入することで、周辺エリアの車の台数を減らす予定である。さらに、イオンモールでは、地球温暖化の原因防止対策に加えて、地域で生活する人々の、より豊かで彩りある暮らしの実現に貢献し続けることを存在意義と考えており、「コミュニティ機能の充実」及び「地域に根ざしたモールづくり」に貢献できると考えたという。また、オリックス自動車では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するため、2002年からカーシェアリング事業を全国的に展開しており、現在は、関東(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)、中部(愛知県、三重県)、近畿(京都府、大阪府、兵庫県)の各エリアにカーステーションを設置している。カーシェアリングに使用する自動車から排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の全てを自社でオフセットして計上している。カーシェアリング用の自動車には、カーナビゲーションには走行時の燃費と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が表示され、エコドライブ度も5段階で表示される専用車載システムを備えるなど、環境問題に配慮したカーシェアリングを積極的に推進している。地球温暖化の原因防止対策に貢献するカーシェアリングは、利用者が必要な時に必要な分だけクルマを使う仕組みであるため、保有時に係る車両代金や駐車場代金、税金、保険料金、車検代金などの維持費が不要となり、大幅なコスト削減に繋がる。また、カーシェアリングが普及すると、自動車利用が抑制され、環境負荷の低減にも繋がることから、ショッピングモール周辺に住む人々にカーシェアリングを利用してもらうことによって、車にかかる費用の節約と周辺エリアの地球温暖化の原因防止対策など環境負荷低減に貢献できるものと考えているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> イオンモールとオリックス自動車はカーシェアリングで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を削減はこちら

浅草サンバカーニバルは打ち水で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減

 東京都台東区浅草で開催される「第30回浅草サンバカーニバル」には、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減と熱中症の予防PRのため、約150人の「打ち水隊」が水をまくという。猛暑の今夏は、東京都台東区消防署の協力で給水車も出動し、打ち水隊の後ろをゆっくり走行しながら「熱中症に気をつけて」と沿道の市民らに呼びかける。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減と熱中症の予防PRの打ち水隊は、東京都台東区浅草の地元の企業や商店などで結成する「浅草法人会」の社会貢献委員会が企画したという。地球温暖化の原因防止対策の一つとして、江戸情緒の漂う打ち水を浅草地域で行っており、浅草サンバカーニバルのパレードにも2007年から行進に参加している。「今年は猛暑が続き特に暑いので、東京都台東区の消防署に給水車をお願いした。熱中症対策と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の打ち水の両方をPRしていく」と話している。地球温暖化の原因防止対策の打ち水を行うメンバーも昨年の2倍近い約150人が浅草サンバカーニバルに参加する予定になっているという。当日は、浅草サンバカーニバルのパレード先頭の主催者グループに続いて打ち水隊がひしゃくやじょうろなどで水をまきながら、パレードコースとなる雷門通りなどの路面を冷やして地球温暖化の原因防止対策をPRしていくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 浅草サンバカーニバルは打ち水で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減はこちら

経済産業省が太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)削減による地球温暖化の原因対策

 太陽光発電システムについては、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に大きく寄与することから、様々な設置促進策が講じられている。今般、経済産業省(東京都千代田区霞が関)は、住宅の屋根に太陽光発電システムを取付る技術者として「PV(フォト・ボルテック)施工士」の制度を来年度に創設すると発表した。太陽光発電システムメーカーや太陽光発電関連事業者で構成している太陽光発電協会(JPEA)と共同で共通の太陽光発電システムの施工カリキュラムを作成し、その課程を修了した人材を施工士として認定するというものである。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の切り札となる太陽光発電を広く浸透させるためには、消費者からの信頼獲得に直結する太陽光発電システムの施工品質の安定化が必要だからである。地球温暖化の原因対策の太陽光発電システムの普及促進には、施工時の品質確保と導入コストの低減が必要である。太陽光発電システムの施工士養成制度は、施工業者が太陽光発電システムを安全かつ簡易に設置するための指針「太陽光発電システム設計・施工ガイドライン」の作成作業と並行して行うという。取り上げる項目は、地球温暖化の原因対策の太陽光発電モジュールを始めとする機器を屋根に設置する工事や、取り付けた機器の電気配線工事など多岐にわたる予定だという。この教材を活用した研修で太陽光発電システムの基礎知識と技能を身に付けた個人が試験を受験し、一定の能力を備えたと認められた者を太陽光発電システム施工士として認定するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 経済産業省が太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)削減による地球温暖化の原因対策はこちら

ソニーがアルカリ乾電池で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 ソニー(東京都港区港南)は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減し、環境問題や安全性に配慮したアルカリ乾電池として新「STAMINA(スタミナ)」シリーズ全20種類を発売すると発表した。ソニーの電池事業は、2009年に発売した無水銀アルカリボタン電池や4月に発売したくり返し使える充電池(サイクルエナジーシリーズ)など環境配慮型の商品と、環境保全活動の「そらべあ基金」の設置などを通じて地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減し、地球環境負荷の低減を推進している。今回発売するアルカリ乾電池は、電池性能を向上させることによって、より長く使うことができるようになり、使用済みの電池を廃棄する量を少なくすることで、環境への配慮を実現しているという。また、電池の液もれ防止効果を高めるなど安全性にも一層の配慮が行われている。同じ電池容量を確保するための生産量がソニーの従来品電池に比べて少なくなるため、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量も30%削減することができたという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> ソニーがアルカリ乾電池で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

住友林業が省エネ住宅で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減

 住友林業(東京都千代田区大手町)は家庭でエネルギーを作り出すことで地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減し、使用せずに余った電力の売却でエネルギーコストを低減できる木造住宅「NewSolabo」(ニュー「ソラボ」)の販売を沖縄県を除く全国で開始したと発表した。住友林業の家の地球温暖化の原因対策に係る環境性能はそのままに、新たに太陽光発電や家庭用燃料電池などのユーザーの選択枝を増やすなど、住宅設備を大きくグレードアップしているのが特徴である。選択可能な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する太陽光発電システムのバリエーションを拡大し、新たに発電効率が高い太陽光発電システムを導入した。住宅の外装材に使用する「シーサンドコート」は、ホタテ貝の貝殻から作ったもので、海中の二酸化炭素(CO2)からできる炭酸カルシウムを主成分としていることから、地球温暖化の原因の炭素の固定にも貢献しているという。設備は、エネルギー効率の高い保温浴槽を採用したバスルームや、水の使用量が少ない食器洗い乾燥機などを装備している。また、ガスを燃焼させて発電と熱でお湯を作る「エコウィル」、ガスによる熱を給湯や暖房に利用できる家庭用燃料電池「エネファーム」も組み合わせることができるという。これを太陽光発電システムと併用することで、天候の影響を受けることなく太陽光発電システムの発電量を補うことが可能であり、さらに大幅な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量や光熱費の削減の省エネになるという。また、住友林業の家では、国産材を積極的に活用しており、木の伐採と植林を行うことで森林を活性化し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の促進につなげている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 住友林業が省エネ住宅で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

石川県金沢市は電気自動車EVの公用車で二酸化炭素(CO2)削減による地球温暖化の原因対策

 石川県金沢市は、温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因対策として、三菱自動車(東京都港区芝)の電気自動車(EV)「アイ・ミーヴ」1台を公用車に導入したと発表した。温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因対策として公用車に電気自動車(EV)を導入するのは、石川県内の地方自治体で初めてのことになるという。地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)の公用車にかかる費用は、5年間のリース契約で月5万2710円になるという。電気自動車(EV)の公用車は、金沢市役所の環境政策課の職員が日常業務で使用するほか、地域の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因対策の啓発活動などで役立てる予定をしているという。電気自動車(EV)の公用車は、白をベースにした車体に、梅の花をモチーフにした梅鉢と雪つりをあしらった金沢市らしい外観で、これは金沢美術工芸大学の志知さんがデザインしたものである。金沢市役所であった電気自動車(EV)の出発式では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減などの環境問題に対する理解を深めるために活動している「金沢市こども環境キャラバン隊」の小学生20人ほどが参加し、金沢市役所の職員の説明を受けていた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 石川県金沢市は電気自動車EVの公用車で二酸化炭素(CO2)削減による地球温暖化の原因対策はこちら

環境省が資源循環活動で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量を削減

 環境省は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、廃棄物の抑制や再資源化などの資源循環活動を行う消費者に対して、商品やサービスの割引や特典に交換できる「エコポイント」を与えることを検討している。環境省は、資源循環活動によるエコポイントの導入手順などを示したガイドラインを来年2月にも策定するという。今回のエコポイントの指針は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、廃棄物の抑制(リデュース)、再使用(リユース)、再資源化(リサイクル)の「3R運動」への消費者の参加意欲を高めることを狙いとしている。環境省は、地球温暖化の原因防止対策の「3Rエコポイント」制度の創設に向けて、企業や自治体などが制度を導入しやすいよう指針を作成するため、有識者による検討会が指針の議論を本格化させた。3Rエコポイント制度は、特定の3R活動を行う消費者に対して、二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因防止対策の活動内容に応じたポイントを付与し、そのポイントを商品割引券交換など幾種類もの還元メニューを用意して利用できるようにすることを検討しているという。3Rエコポイント制度の指針は、制度の概要や二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因防止対策に寄与することなどの導入意義などを明確にし、導入の手順を「準備」、「計画」、「実施」、「評価」という区分を行う。検討会では、3R活動に伴って削減された地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量排出量などを測定する手法や、3Rの地球環境への負荷低減効果に応じてエコポイントを付与する方策も議論する予定で、ポイントの原資を負担する企業などにコスト削減効果を示すことも検討している。指針策定に向けて環境省は、二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因防止対策に寄与する3Rと企業活動の両立で知恵を絞る先進企業の事例も参考にするという。青山商事(広島県福山市)は紳士服専門店「洋服の青山」を運営しているが、1998年から、着なくなったウール製品を各店舗で引き取り、産業用資材として有効活用しており、持ち込んだ消費者には、1着につき1枚の商品割引券を渡しているという。オンワード樫山(東京都中央区日本橋)は昨年5月から、百貨店特設会場でリサイクルとして引き取り、衣料1点につき1,050円相当のオンワードグリーンチケットを渡している。回収した衣料は、原料化してリサイクル糸に再生しており、毛布や軍手を作って環境団体や難民キャンプに寄贈している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 環境省が資源循環活動で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量を削減はこちら

岐阜県の森林プロジェクトで二酸化炭素(CO2)を削減する地球温暖化の原因対策

 三菱UFJリース(東京都千代田区丸の内)と住友商事(東京都中央区晴海)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のため、岐阜県において岐阜県森林組合連合会と連携して森林・林業再生プロジェクトを立ち上げたと発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のため、民間企業と森林組合が共同で一般民有林の森林・林業再生を行う試みは、岐阜県はもちろんのこと日本でも初めてのことだという。プロジェクトでは、岐阜県の森林再生に企業の経営手法を積極的に取り入れ、科学データを利用して持続可能な森林経営を実現することに加えて、木材の伐採・搬出を含む生産管理や工程管理を効率化する。さらに、岐阜県産の木材の新規需要開拓や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出権移転なども計画しているという。岐阜県の業者への資金繰りや林業機械のリースといった面からも支援することも予定しており、これによって岐阜県内の林業衰退による森林の管理不足問題を解決し、これを岐阜県の環境保全対策に役立てるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 岐阜県の森林プロジェクトで二酸化炭素(CO2)を削減する地球温暖化の原因対策はこちら

神奈川県の森林再生で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減

 富士通エフ・アイ・ピー(東京都江東区青海)は、神奈川県の北西部にある丹沢大山地域の森林再生を支援する。地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の吸収量の増加による削減対策に加えて、森林から渓流への土砂流出の防止にもつなげたい考えだという。富士通エフ・アイ・ピーは、神奈川県と協働で二酸化炭素(CO2)を吸収する森林再生に取り組む内容の覚書を締結し、神奈川県の「森林再生パートナー」となった。具体的には、神奈川県内の丹沢湖畔の約9ヘクタールを「富士通エフ・アイ・ピーの森」と命名し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の吸収量の増加による削減対策として、森林整備のボランティア活動に取り組むほか、神奈川県産間伐材の活用や情報技術を生かした自然環境保全活動などを推進する。神奈川県は、その面積の約4割が二酸化炭素(CO2)を吸収する森林に覆われているが、間伐などの手入れの行き届かない森林の増加が問題になっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県の森林再生で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減はこちら

東京急行電鉄が太陽熱ガス温水システムで二酸化炭素(CO2)削減による地球温暖化の原因対策

 東京急行電鉄(東京都渋谷区南平台町)は、温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減による地球温暖化の原因対策として、新築分譲マンションの一部に東京ガス(東京都港区海岸)が販売している集合住宅向け太陽熱ガス温水システム「SOLAMO」を採用した。東急電鉄によると、省エネ効果が高く、地球温暖化の原因対策にもなる太陽熱ガス温水システムが分譲マンションで採用されるのは今回が初めてのことだという。

 二酸化炭素(CO2)排出量を削減することができる太陽熱ガス温水システムが設置されるマンションは、今年の秋に竣工する予定の地上6階地下1階建ての「ドレッセ青葉台プレエスタ」(神奈川県横浜市青葉区)のうち3戸になる。太陽熱ガス温水システムは、バルコニーの手すりに設置する太陽熱集熱部と太陽熱交換機、潜熱回収型高効率ガス給湯器、貯湯タンクを一体化した貯湯部、リモコンで構成されている。太陽熱ガス温水システムでは、3人家族の標準的な給湯使用量の約16%を太陽熱だけでまかなうことができ、従来型の給湯器に比べて、年間ガス使用量及び地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を約29%削減することができるという。給湯、風呂及び暖房に使用するガス料金を従来比で年間約1万8000円削減できる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京急行電鉄が太陽熱ガス温水システムで二酸化炭素(CO2)削減による地球温暖化の原因対策はこちら

神奈川県横浜市のパシフィコ横浜で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策セミナー

 神奈川県横浜市西区みなとみらいにある「パシフィコ横浜」の会議センターにおいて、この8月17日及び18日に「APEC開催に向けたアジア太平洋の自治体による国際ワークショップ ~地球温暖化の原因適応策(水・食料・災害対策)をテーマに~」をテーマとしたセミナーが開催される。セミナーでは、温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けての地球温暖化の原因防止対策、特に、アジア太平洋地域でも導入が容易な適応策について事例を共有し、市民・企業と協力して地球温暖化の原因防止対策を推進する新たなプロジェクトへとつなげていくことが目的だという。今回のワークショップでは、アジア太平洋の多くの都市にとって有効な温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けての地球温暖化の原因防止対策となり得る日本の地方自治体の適応策を「水、食料、災害対策」中心に取り上げ、日本の地方自治体が取り組んできた省エネ型の経済成長と両立可能な温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けての地球温暖化の原因防止対策として世界に発信していく。主な参加自治体は、埼玉県、東京都墨田区、東京都、神奈川県横浜市(日本)、フェニックス(米国)、ジャカルタ(インドネシア)、高雄(台湾)、ダッカ(バングラデシュ)、イロイロ(フィリピン)、仁川(韓国)、バンコク(タイ)ほかとなっている。8月17日は、日本の地方自治体が、「二酸化炭素(CO2)排出量削減の雨水再利用」、「二酸化炭素(CO2)排出量削減のヒートアイランド対策」、「高潮・洪水対策」、「農業における二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因適応策」というそれぞれのテーマで報告を、アジア太平洋地域の地方自治体が「洪水対策-人間と水の戦い」、「アメリカ合衆国における自治体の二酸化炭素(CO2)排出量削減への地球温暖化の原因適応策」、「イロイロ市の災害対策-災害からの復興計画と都市の再生」についての基調報告を行う予定となっている。また、8月18日には、「二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた地球温暖化の原因防止対策への参加型アプローチについて」、「二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因防止対策技術移転及び都市間協力プロジェクトについて」、「二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因防止対策に向けたアジア太平洋の自治体からの提言」というそれぞれのテーマごとに参加者がグループに分かれ分科会を実施するという。このほか、8月19日には横浜市情報文化センター(神奈川県横浜中区日本大通11)において「第13回 CITYNET日本フォーラム」が開かれる。ここでは、二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた地球温暖化の原因適応策をテーマとして、17・18日の地球温暖化の原因適応策に係るワークショップでの意見を踏まえた上で、地域社会と自治体が協力して温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けての地球温暖化の原因防止対策を成功させるための対策についてパネルディスカッションが行われえる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県横浜市のパシフィコ横浜で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策セミナーはこちら

経済産業省がインドで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 経済産業省は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として実施している「地球温暖化対策技術普及等推進事業」として15件を採択した。その内、インドに対する地球温暖化の原因対策の案件では、みずほ情報総研(東京都千代田区神田錦町)の二酸化炭素(CO2)排出量を削減する「高効率石炭火力(超々臨界)」と、新日鐵(東京都千代田区丸の内)の二酸化炭素(CO2)排出量を削減する「コークス炉への環境・省エネ技術の導入」を採択したと発表した。この経済産業省が主導する「地球温暖化対策技術普及等推進事業」は、日本が世界に誇る地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するクリーン技術や製品、インフラ、生産設備などの提供を行った企業の貢献を適切に評価し、その貢献を日本の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量として換算する新たな仕組みである。さらに、2国間又は多国間の合意を通じて地球温暖化の原因防止対策を構築していくため、途上国との具体的な二酸化炭素(CO2)排出量削減プロジェクトの発掘と促進を行うとともに、二酸化炭素(CO2)排出量削減技術の普及・移転の実施や貢献の評価手法の確立、プロジェクトの実施に向けたファイナンス面その他の制度構築の在り方を検討し、今後の二酸化炭素(CO2)排出量削減に役立てていくことを目的としている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 経済産業省がインドで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

NTTグループ8社が地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減のエコICTマークを取得

 日本電信電話(東京都千代田区大手町)、NTT東日本(東京都新宿区西新宿)、NTT西日本(大阪府大阪市中央区)、NTTコミュニケーションズ(東京都千代田区内幸町)、NTTドコモ(東京都千代田区永田町)、NTTデータ(東京都江東区豊洲)、NTTファシリティーズ(東京都港区芝浦)、NTTコムウェア(東京都港区港南)のNTTグループ8社は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に向けた取組みとして「エコICTマーク」を取得した。NTTグループ8社が取得した「エコICTマーク」は、ICT分野におけるエコロジーガイドライン協議会が定めたもので、電気通信事業者が適切に地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に取り組んでいる旨を表示するためのシンボルマークである。NTTグループ8社では、7月1日に持株のNTTでエコICTマークを取得した後、グループ会社で順次取得を行っていたという。NTTグループでは、1999年に制定した「NTTグループ地球環境憲章」及び2006年に制定した「NTTグループCSR憲章」に基づき、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減を始めとする地球環境保護にこれまで努力してきた。さらに、NTTグループ8社では、地球温暖化の原因防止活動の一環として、NTTグループ8社が使用するルータ・サーバ等のICT装置の開発・調達に関する基本的な対策を定めた「NTTグループ省エネ性能ガイドライン」を2010年4月に制定しており、NTTグループ内で使用するICT装置に関しては、機能面、性能面及びコスト面のほかに、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減と省エネルギー性能を考慮した装置の開発・調達に取り組んでいる。NTTグループ8社は今後、自己評価チェックリストに示す環境自主行動計画の作成及び調達に関する取組み等によって、事業活動に伴う地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を積極的に推進していく予定だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> NTTグループ8社が地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減のエコICTマークを取得はこちら

東京電力はヒートポンプで二酸化炭素(CO2)削減による地球温暖化の原因対策

 東京電力(東京都千代田区)などが主催する地球温暖化の原因対策に大きく貢献する電化ソリューションの展示会「エネルギーソリューション&蓄熱フェア '10」が東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催された。サブタイトルは「電化がリードする低炭素社会~未来へつながる『電気』×『ヒートポンプ』~」となっている。サブタイトルが示すように、省エネ技術と地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減可能なことから注目されている熱利用のヒートポンプを中心とした省エネルギーの各種機器、システム、導入事例などを紹介する展示会であった。地球温暖化の原因対策に大きく貢献することで期待されているヒートポンプは、自然界の空気や水、地中の熱を熱媒体によって吸収し、圧縮及び膨張させることで温熱及び冷熱を発生させるという最新の熱エネルギーを利用する技術である。例えば、COP係数が6の空調装置の場合であれば、熱媒体をコンプレッサーで圧縮するために投入した1の電気エネルギーで、その6倍の熱エネルギーを出力することができるものとなっている。ヒートポンプは省エネ効果が非常に高く、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減することができ、業務用、家庭用、産業用及び農業用に使用している国内の空調装置と給湯装置をすべてヒートポンプ式にすれば、日本の年間二酸化炭素(CO2)排出量の約10%に相当する約1億4000万トンの二酸化炭素(CO2)を削減することができるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

大きな地図で見る

> 東京電力はヒートポンプで二酸化炭素(CO2)削減による地球温暖化の原因対策はこちら

東京都東村山市は緑のカーテンのゴーヤで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策

 東京都東村山市地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の一環の取組みとして、昨年から東村山市役所北庁舎南側でゴーヤーによる緑のカーテンの栽培を始めたという。そして、昨年、緑のカーテンから収穫したゴーヤーの種を取って育てた苗を、二酸化炭素(CO2)排出量削減のため、今年5月にも市役所北庁舎に植栽して育ててきたが、地球温暖化の原因対策の緑のカーテンに大きく育ち、7月下旬からゴーヤの実が収穫できるようになったという。東村山市は、この市役所北庁舎で緑のカーテンとして栽培しているゴーヤーから収穫した実を活用した料理を地球温暖化の原因対策料理として市役所本庁舎地下一階の食堂で提供し始めた。当面はゴーヤーの収穫量が少ないことから小鉢での提供だが、ゴーヤーの収穫量が増える8月中旬からは定食で提供するという。収穫した実を使って7月29日から東村山市役所食堂で提供しているのは、「ゴーヤチャンプル小鉢」で価格は50円である。8月になってからは、地球温暖化の原因対策の緑のカーテンのゴーヤーの収穫量も徐々に増え始めていることから、450円程度の値段で「ゴーヤチャンプル定食」を提供することを検討しているという。東村山市では、「地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の一環として取り組んでいるゴーヤーによる緑のカーテンは、東村山市役所庁舎内を涼しくする効果があった。さらに、食べられる実がなったので、多くの東村山市民に地球温暖化の原因対策の地産地消による食を楽しんでほしい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

大きな地図で見る

> 東京都東村山市は緑のカーテンのゴーヤで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策はこちら

トヨタ自動車はハイブリッド車(HV)で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減に貢献

 トヨタ自動車(愛知県豊田市東京都文京区)は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に大きく貢献しているハイブリッド車の国内での販売台数が7月末で100万台を超えたと発表した。地球温暖化の原因対策に貢献するトヨタ自動車のハイブリッド車(HV)の発売は、1997年8月にまで遡り、トヨタ自動車で初めてとなるハイブリッド車(HV)「コースターハイブリッドEV」を発売した。続く、1997年12月には世界初の量産型ハイブリッド(HV)乗用車「プリウス」を発売している。その後、トヨタ自動車では、地球温暖化の原因対策に貢献するミニバン、SUV、FRセダンなどハイブリッドカーのラインナップを拡充し、2009年に発売した3代目プリウスや、レクサスブランドからも「HS250h」、トヨタブランドの「SAI」のハイブリッド車(HV)専用車を2車種を発売するなど、地球温暖化の原因対策に貢献するハイブリッド車(HV)のラインナップを充実させてきた。特に、3代目となった現行プリウスは、低価格と燃費性能の良さ、デザインなどが評価され、政府による地球温暖化の原因対策のエコカー補助金制度もあって爆発的なヒットとなっている。現在、トヨタ自動車では、国内で9車種の地球温暖化の原因対策に貢献するハイブリッド(HV)乗用車及び3車種のハイブリッド(HV)商用車を市販している。海外では、8車種のハイブリッド(HV)乗用車を約80の国と地域で販売しており、国内外合わせた累計台数は268万台を突破したという。トヨタ自動車では、7月末までに販売したハイブリッド車(HV)の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は、車両サイズや動力性能が同等クラスのガソリンエンジン車の二酸化炭素(CO2)排出量と比較した場合、国内で約400万t、国内・海外を合わせて約1500万tの二酸化炭素(CO2)排出抑制効果があったと試算している。トヨタ自動車は、2020年代の早い時期には、ハイブリッド車(HV)技術を全モデルに展開する方針で、自動車から排出される地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量低減に貢献していくとコメントを出している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> トヨタ自動車はハイブリッド車(HV)で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減に貢献はこちら

国際協力銀行(JBIC)はファンド設立で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減

 国際協力銀行(JBIC:東京都千代田区大手町)は、インドネシア政府との間で、現地で推進される地球温暖化の原因対策に対応した環境配慮型プロジェクトを支援するファンドを共同設立することで合意した。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減することを目的として、二酸化炭素(CO2)を排出しない再生可能エネルギーの太陽光発電所や地熱発電所の建設などに投資することになり、日本企業による地球温暖化の原因対策の再生可能エネルギーのインフラ整備事業の受注を資金によって後押しすることになるという。地球温暖化の原因対策のファンドは、国際協力銀行とインドネシア政府系のインフラ金融公社(SMI)とともに、一般の民間の投資家からもファンドへの出資を募集するという。地球温暖化の原因対策の資金の規模や両者の分担割合及び資金の運用開始時期などは詰めていくという。地球温暖化の原因対策の環境問題への対応で、太陽光発電所の整備など化石燃料に依存しない再生可能エネルギーの市場は急激に拡大している。しかし、こうした地球温暖化の原因対策に係る産業がまだ新しく事業実績が乏しく、信用力が高くないことから、地球温暖化の原因対策に対応した再生可能エネルギーの太陽光発電所や地熱発電所の建設などの大規模プロジェクトに必要な融資を受けにくい現状にある。今回の国際協力銀行によるファンドは、こうした地球温暖化の原因対策の事業に投資することで、インドネシア国内の再生可能エネルギー市場を育成していくことになるという。また、国際協力銀行は、同国内で地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に寄与するインフラ施設の建設を進めるため、SMIと覚書を結んだ。経済成長が著しいインドネシアでは、電力需要が毎年9%ずつ増加すると推計されており、豊富に産出する石炭によるガス化発電など火力発電所の高効率化が大きな課題となっている。さらに、火山国であるインドネシアの特徴を生かした地熱発電所の普及や、島嶼部では地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出するディーゼル発電に代わる太陽光発電の需要にも高いものがあり、地球温暖化の原因対策の再生可能エネルギー市場の大幅な拡大が期待されているという現状にある。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 国際協力銀行(JBIC)はファンド設立で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

愛知県豊田市は地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減へスマートグリッド協議会設立

 愛知県豊田市は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向け、トヨタ自動車(愛知県豊田市)や中部電力(愛知県名古屋市)などと、電力需給を戸別のIT(情報技術)機器で調整するスマートグリッド(次世代送電網)の実証実験の推進母体となる「豊田市低炭素社会システム実証推進協議会」を設立した。今般設立された「豊田市低炭素社会システム実証推進協議会」は、豊田市、トヨタ自動車、中部電力、コンサルティング会社であるドリームインキュベータ(東京都目黒区)が幹事会社となって地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減活動を推進していくという。全体では20ほどのの企業や団体が共同で、愛知県豊田市に新たに造成する住宅団地で2014年度までの5年間にわたって地球温暖化の原因対策のスマートグリッドの実証実験を実施するという。地球温暖化の原因対策のスマートグリッドの実証実験では、トヨタ自動車のプラグインハイブリッド車(PHV)など次世代環境車を、動く蓄電池として利用していくという。地球温暖化の原因対策のプラグインハイブリッド車(PHV)を太陽光発電や住宅用燃料電池など新しいエネルギー装置と組み合わせて、住宅から排出される地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の70%削減することを目標に設定する。また、豊田市は、豊田市内の公共施設など約20か所に地球温暖化の原因対策のプラグインハイブリッド車(PHV)用充電スタンドを順次設置していく。さらに、豊田市の路線バスに化石燃料を使用しない燃料電池車を導入し、交通分野における地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を平成2年度比で40%の削減を目指すという。実証実験では、今年度中に約4千台になる次世代環境車など必要な機器を整備して、来年春頃から本格的に実証実験を始めることになるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県豊田市は地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減へスマートグリッド協議会設立はこちら

丸紅がセメント排熱発電設備で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量大幅削減

 丸紅(東京都千代田区大手町)は、川崎重工業のプラント子会社カワサキプラントシステムズ(兵庫県神戸市)と共同で、トルコにおいて、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減するセメント排熱発電設備を受注したと発表した。この排熱発電設備では、セメントプラントが利用する電力の約30%を自家発電することから、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減できる同設備を切り札に、今後とも環境問題意識の高まるトルコや欧州市場に乗り込んでいくという。地球温暖化の原因対策のセメント排熱発電設備は、トルコのチムサ・セメントから受注し、受注額は約10億円で2012年の稼働を予定している。丸紅が全体をまとめる主契約者で、川崎重工の子会社、カワサキプラントシステムズがプラント全体の設計など実務を担当するという。排熱発電設備は、排ガスを排熱ボイラーで回収し、蒸気タービンで発電を行うものであり、セメントの生産過程で発生する高温の排ガスを発電に利用することで電力消費量の軽減になる。チムサ・セメントは排熱発電設備プラントの導入によって、年間当たり4万トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できるという。同社は1980年以降、こうした省エネ型の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するセメント排熱発電設備に関して、国内外で約130件の受注実績があるという。それらの総発電規模は、160万kw超にもなり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果は年間1100万トン超に達する。これまでの受注先は、アジアが9割を占めるなど集中していたが、次は、2020年に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を1990年比20%削減目標を持ち、環境規制を強化しているヨーロッパとなる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 丸紅がセメント排熱発電設備で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量大幅削減はこちら

東京海洋大学が電池推進船で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 東京海洋大学(東京都港区港南)の賞雅寛而教授らのチームが開発した地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電池推進船として、海上では世界初となる実験運航が開始された。この電池推進船は、同大学と東京電力(東京都千代田区内幸町)及びヤマハ発動機(静岡県磐田市新貝)の協力で開発された船である。実験運航では、東京湾岸の同大学の越中島と品川の両キャンパス間の約7キロを運行させてデータを収集する予定であり、1、2年後には地球温暖化の原因対策された船として実用化したいとコメントしている。今回の地球温暖化の原因対策の実験船「らいちょう号I」は、全長10メートル、幅2.3メートルの大きさで、動力源には急速充電システムでリチウムイオン電池に30分ほど充電を行えば、10ノットで約45分の航行が可能だという。電池推進船は、従来のディーゼルエンジンより騒音が少なく、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)や排気ガスの臭いもしないうえに、モーターを搭載することによって船舶の設計上の余裕ができることから、曲がりやすくなっているのが大きな特長になっている。今後、電池推進船の実用化に向けては、制御プログラムの見直しなどコストの大幅な引き下げや、海上における動力源となるリチウムイオン電池の安全性の向上などが課題としてあがっているという。東京海洋大学では、今回の方式の電池推進船が地球温暖化の原因対策として実用化されることによって、それが国際標準となり、沿岸航行の小型船や、プレジャーボートなどへ応用されることを願っているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京海洋大学が電池推進船で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

東京都江東区は電気自動車(EV)充電設備で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 東京都江東区地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として電気自動車(EV)の普及を促進するため、東京都江東区内でマンションを新築する際には、駐車場へ電気自動車(EV)の充電設備を設置するように、マンション開発業者などに行政指導すると発表した。こうした東京都江東区の取組みに対して、経済産業省は「マンション新築時に、地方自治体が電気自動車(EV)の充電設備の整備を行政指導する例は聞いたことがない」と話している。自動車業界を取り巻く環境として、電気自動車(EV)の販売は今年から本格化しているが、現在販売されている電気自動車(EV)は1回あたりの充電で走行可能な距離がかなり短いため、電気自動車(EV)が普及していくためには、身近に充電設備があるかどうかにかかっているともいえる。東京都江東区では、豊洲地区など東京湾岸エリアに高層マンションの建設が相次いでいる状況にある。このような新築されるマンションの屋内外の駐車場に電気自動車(EV)の充電設備を確保することで、新しく入居する者に対して電気自動車(EV)の普及を促し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減につなげたい考えだ。江東区では、新築マンション建設時の住環境整備などを規定した江東区マンション条例の要綱を改正し、新築計画の相談を受けた際には、電気自動車(EV)の専用コードを差し込む充電設備の整備を行うよう行政指導するという。現在、自動車販売会社が2020年の新車販売の電気自動車(EV)の占める割合を5~10%と見込んでいることも参考にして、江東区では駐車場の収容台数の1割程度の電気自動車(EV)充電設備の設置を求めていくという。江東区温暖化対策課によると「新築マンションの駐車場の完成後に電気自動車(EV)充電設備を取り付けた場合、新築時に整備を行うよりも費用も時間も要する点を訴え、行政指導への理解を図りたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都江東区は電気自動車(EV)充電設備で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

オーガスタキャンプとコラボで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 オフィスオーガスタ(東京都渋谷区)が主催して、8月14日及び15日に東京都江東区にある東京都立夢の島公園陸上競技場で行われる「オーガスタキャンプAugusta Camp」が、環境省地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策PR活動の「チャレンジ25キャンペーン」とコラボすると発表した。オーガスタキャンプAugusta Campは今回で12年目となるが、過去には沖縄県宜野湾海浜公園(沖縄県宜野湾市真志喜)で「チームマイナス6%オーガスタキャンプスペシャル」として地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題をテーマに掲げた取り組みもあった。一方、環境省が2010年から行っている地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のPR活動の「チャレンジ25キャンペーン」には、杏子、山崎まさよし、元ちとせ、岡本定義が応援団として参加していた。そうした経緯もあったことから、今回のオーガスタキャンプは、地球温暖化の原因防止対策に向けた取組のPRと、地球温暖化の原因防止対策の個人チャレンジャーの募集を行うという。会場には「チャレンジ25エコハウス」という地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する施設や設備を取り付けた簡易モデルハウスが設置される予定であり、キャンペーンブースとして個人チャレンジャーの募集と登録が行われる。開場中や休憩時間中にはステージ上ビジョンで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の「チャレンジ25啓発」映像が放映され、音楽を楽しみながら地球環境問題について考えるものとなっている。今回のオーガスタキャンプのホームページでは、「チャレンジ25キャンペーン×オーガスタキャンプ」コーナーで、チャレンジ25宣言者への「チャレンジ25キャンペーン×オーガスタキャンプオリジナル待ち受け画面」の配布も行われる。
<Augusta Camp 2010>
2010年8月14日(土)・15日(日)雨天決行、荒天中止(各日共)開場12:00開演14:00終演20:00(予定)杏子 山崎まさよし スガ シカオ 岡本定義(COIL) 元 ちとせ スキマスイッチ 長澤知之 秦 基博 さかいゆう mi-gu
東京都立夢の島公園陸上競技場(東京都江東区)http://www.yumenoshima.jp/
最寄り駅:地下鉄有楽町線・JR京葉線・りんかい線 新木場駅下車徒歩15分
以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> オーガスタキャンプとコラボで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

東京都千代田区の法政大学では打ち水で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)の削減活動

 東京都千代田区富士見にある若さが溢れている法政大学市ヶ谷キャンパスは、法政大学の学生が主体となり、地球温暖化の原因温室効果ガス二酸化炭素(CO2)の削減ヒートアイランド現象を緩和する企画として「打ち水in法政」が行われた。法政大学では、従来から市ヶ谷キャンパスの屋上緑化を目的としたサツマイモの栽培や地球温暖化の原因防止対策を考えるエコツアーの実施など、法政大学環境センターが主体となり、学生と教職員が一丸となって環境問題改善活動を行ってきたという。環境センターでは、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)の削減とヒートアイランド現象を緩和する目的で毎年打ち水を行っていたが、同センターに登録している学生が自ら声を上げた学生主体での打ち水の実施となった。法政大学の学生たちはペットボトルで自ら作った打ち水用の容器を使って、正門付近と富士見坂校舎中庭との2か所で約30分間にわたって打ち水を行った。打ち水の始まる朝9時の時点で、会場に設置した温度計は既に30度を超え、法政大学学生と教職員を合わせた約10人が打ち水に取り組んだ。同センターでは「打ち水を通じ、地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の削減とヒートアイランド現象を緩和する環境問題についての意識を高めるきっかけになれば」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区の法政大学では打ち水で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)の削減活動はこちら

東京都港区六本木で打ち水による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減

 東京都港区赤坂にある東京ミッドタウンでは、大暑の日である7月23日んい、同施設と近隣の町会や商店街によって打ち水を行うイベント「六本木打ち水大作戦」が開催された。1年で最も暑い時期といわれている大暑の日に行う打ち水イベントは、地球温暖化の原因二酸化炭素(CO2)排出削減ヒートアイランド現象対策の一環として2008年から始まり、今回で2回目の取組みになるという。打ち水イベントの当日は、六本木商店街振興組合、六本木町会、東京ミッドタウン組合、竜土町会、東京ミッドタウンで働く人々など約200人が参加して打ち水を行った。打ち水の場所は、メイン会場の東京ミッドタウンのほか、星条旗通り、六本木交差点、龍土町美術館通りなどに各町会が散らばり、ペットボトルに入れた水を使って歩道に打ち水を行い、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減とヒートアイランド現象対策のPRを行った。打ち水に使った水は上水ではなく、同施設の雨水の地下貯水を再利用したものであり、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減といった環境問題にも配慮したものとしている。打ち水イベントの開催に当たって、東京ミッドタウンマネジメントの山本専務は「多くのお子さんも打ち水に参加しているので、自然の力で気温が下がるということを知ってもらいたい。こうしたイベントを通して、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減とヒートアイランド現象対策の一環となれば幸いだ」とあいさつした。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都港区六本木で打ち水による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減はこちら

東京都世田谷区で打ち水による地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減

 8月1日、東京都世田谷区では、三軒茶屋と下北沢を結ぶ茶沢通り沿いに位置する西友ストア(東京都世田谷区太子堂4)前で「せたがや打ち水2010」が行われた。この打ち水のイベントは、2007年8月に地球温暖化の原因二酸化炭素(CO2)削減対策ヒートアイランド対策の一環として三軒茶屋銀座商店街の主催によってスタートしたもので、今年で4回目となるという。打ち水では、東京都世田谷区が下水を高度処理した約500リットルの水やバケツを用意し、地球温暖化の原因防止対策など環境問題に取り組んである東京電力(東京都千代田区内幸町)が提供した色とりどりの象型のじょうろを用意し、約150人が参加した。13時30分になると、打ち水イベントスタッフの合図で一斉に打ち水を開始した。打ち水後の道路の表面温度は、開始時は平均38.8度であったが、打ち水後は平均36.1度になり、路面を2.7度下がり、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策とヒートアイランド対策に貢献した。同商店街副理事長は「地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策とヒートアイランド対策として、打ち水で路面を冷やすと涼しい風が吹き、体感温度も下げることができる。いいことづくしなので、ぜひ自宅に帰っても打ち水をやってもらいたい」と話していた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都世田谷区で打ち水による地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

東京都足立区が打ち水大作戦で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 東京都足立区では、6年前から8月を打ち水月間として指定しており、地球温暖化の原因防止対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策及びヒートアイランド対策のために、また、雨水の有効利用を呼びかけている。前日の7月31日16時から、北千住駅西口ぺディストリアンデッキで打ち水月間をPRするキャンペーンを行った。打ち水に参加した8団体、約300人が、東京都足立区が庁舎で貯めた雨水1000リットルをヒシャクでまいた。打ち水から約30分経過後、地表温度は△4.4度、気温は△0.4度下がり、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策及びヒートアイランド対策として一定の効果があったという。足立区の打ち水担当者は「曇天なので、昨年のように地表温度が13.2度も下がらなかったが、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策及びヒートアイランド対策のための打ち水のよいPRになった」と打ち水の効果のあった現場で話していた。今後は、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策及びヒートアイランド対策のために、足立区内の町会・自治会や商店街で自主的に打ち水を行ってもらえるように、足立区では、打ち水キャンペーン用の旗やヒシャク等用具の貸出や参加者向けのクーラーバッグの記念品を用意し、打ち水月間をアピールしていくという。打ち水キャンペーン当日の参加団体は、北千住マルイ、ルミネ北千住店、東京城北ライオンズクラブ、潤徳女子高校、都立足立工業高校、氷川ラジオ体操会、太郎山ラジオ体操会、千住花花会であった。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都足立区が打ち水大作戦で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

日本製粉がモーダルシフトによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減でエコレールマーク認定

 日本製粉(株)(東京都渋谷区千駄ヶ谷)は、国土交通省から物流を変更することによって、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に寄与する企業として、「エコレールマーク取組企業」の認定を受けるとともに、オーマイお好み焼粉・オーマイ天ぷら粉・オーマイホットケーキミックスの3品目で「エコレールマーク商品」の認定を受けた。国土交通省のエコレールマーク認定は、製粉業界としては初めての取得となるという。エコレールマークは、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するエコ輸送で地球環境に貢献する商品や企業を表示するマークである。エコレールマークの目的は、地球環境に優しい鉄道貨物輸送を一定以上利用している商品又は企業に対してエコレールマークの表示を許可し、商品表示やメディア媒体を通じて、消費者に該当商品を購入しもらい、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に協力・貢献してもらうことにある。日本製粉では、CSR(企業の社会的責任)活動の一環として、従来から地球温暖化の原因対策を始めとする環境問題に取り組んでいるという。物流においても、小麦粉を始めとした各種製品の輸送などでモーダルシフトに取り組み、環境負荷の低減を推進している。モーダルシフトとは、鉄道・内航海運等の環境負荷の小さい輸送方法を利用することによって、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減等の環境負荷軽減を図ることをいう。1トンの貨物を1km輸送した時に排出される二酸化炭素(CO2)排出量は、営業用トラックによる輸送と比較して、鉄道では7分の1、内航海運では4分の1になるといわれている。今後は、エコレールマークを日本製粉の商品等に表示することで、流通過程において鉄道輸送を活用して地球環境問題に貢献していることを消費者に理解してもらうとともに、地球温暖化の原因対策の地球環境に配慮した様々な活動にも継続して取組んでいくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 日本製粉がモーダルシフトによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減でエコレールマーク認定はこちら

東京都千代田区は打ち水プロジェクト2010で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を削減

 東京都千代田区の丸の内で、地球温暖化の原因防止対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減ヒートアイランド対策の一環の取組みとして、浴衣姿の会社員らが一斉に水をまく「打ち水プロジェクト2010」が始まった。このうち水は、都心のオフィス街で涼を得ようと地球温暖化の原因防止対策のPRも兼ねて環境省や東京都が主催しているもので、今年で6回目の開催となる。JR東京駅と皇居を結ぶ行幸通りでの打ち水では、夕方に女優の田丸麻紀さんら約900人が掛け声を合図にひしゃくで路面に水をまいた。もちろん打ち水に利用する水は上水ではなく、園芸や災害用に普段備蓄している雨水など約600リットルを利用したものとなっている。この日、丸の内周辺の最高気温は29.2度だったが、夕方には徐々に雲が広がり、打ち水プロジェクトとともに涼しい風が吹いた。仕事帰りに浴衣姿で参加した東京都内の会社員は、家でも試してみたいと話していた。打ち水のイベントは8月17日にかけて、東京都の有楽町や大手町などでも行われる予定になっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区は打ち水プロジェクト2010で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を削減はこちら

東京都清瀬市は下水汚泥のガス発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減

 東京都清瀬市は、地球温暖化の原因防止対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減することが期待できる、世界初となる下水汚泥から作ったガスをガス発電に利用する発電炉が清瀬水再生センターに完成して稼働を始めたと発表した。この下水汚泥ガス化炉は建設費38億円である。これまで、下水汚泥は産業廃棄物のゴミとしてお金を支払って焼却処分していたが、この下水汚泥をガス化して発電用として有効に再利用することができる世界初の施設であり、ここで年間に生産できるガスは、都市ガスに換算すると約8500世帯分に当たり、従来の施設に比べて、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を約90%も大幅に削減できる能力を持っているという。石原東京都知事は「地球温暖化の原因防止対策の問題は厄介で、みんなまだ大丈夫と思っているが、東京都という大都市が責任を持って取り組まないと地球温暖化に手遅れになる。この実験的で効果的な施設が地球温暖化の原因防止対策の新しいたいまつになればよいと思います」とあいさつを述べた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都清瀬市は下水汚泥のガス発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

日本興亜損害保険がCO2&コスト見える化システムで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減

 日本興亜損害保険(東京都千代田区霞が関)と日立ソフトウェアエンジニアリング(東京都品川区東品川)は、日本興亜損保のグループ会社であるエヌ・ケイ・リスクコンサルティング及びリサイクルワンと企業活動に伴い排出される地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を算定して、コストの管理をすることができる独自開発の「CO2&コスト見える化システム」を利用した「CO2&コスト見える化サービス」を8月から始めた。日本興亜損害保険は、地球温暖化の原因対策の気候変動の影響を受けやすい損保会社であることからも、環境関連ビジネスに参入し、地球温暖化の原因対策を始めとする地球環境保護への貢献を目指すという。「CO2&コスト見える化システム」は、日本興亜損害保険が環境省の協力を得て策定した「CO2排出量算定にかかる日本興亜基準」を元に、日本興亜損害保険と日立ソフトが共同開発したものである。このソフトでは、電力などの化石エネルギーの使用だけでなく、社員の営業・出張・通勤から紙・印刷物の使用・廃棄、物流に至るまで企業活動全般から排出される部署別の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を算定できるのが大きな特徴となっている。また、リポート機能が付いていて、改正省エネ法で義務付けられている定期報告書の作成や部署別の二酸化炭素(CO2)排出量削減ランキングの表示など、企業の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量管理を支援することができるものとなっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 日本興亜損害保険がCO2&コスト見える化システムで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

東レが環境物流構築で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減

 東レ(東京都中央区日本橋)は、物流部門における地球温暖化の原因対策温室効果ガスの一つである二酸化炭素(CO2)排出量削減の取組において、東レが自主的に設定していた「2010年度までに地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの一つである二酸化炭素(CO2)排出原単位を2006年度比でマイナス5%削減する」という目標に対して、2009年度末までにマイナス15%の大幅削減を達成した。2006年4月の「改正省エネ法」が施行されることによって、東レの物流部門において、地球温暖化の原因対策として特定荷主に対して「物流部門における地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの一つである二酸化炭素(CO2)排出量に係るエネルギー消費原単位を中長期的にみて年平均1%以上低減する」ことが義務付けられた。これをきっかけとして、東レでは自主的に地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの一つである二酸化炭素(CO2)排出量削減目標を設定し、地球温暖化の原因対策としてこれまでの物流体制を再構築する物流改革を推進し、これまでに地方港の活用による国内輸送の効率化と輸出入港の全面見直しのほか、モーダルシフトの推進、消費地倉庫の導入と地方倉庫の活用、顧客との往復循環物流構築など、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの一つである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に取り組んできたという。こうした地球温暖化の原因対策の結果が幸いし、2007年度からの3か年の累計で、地球温暖化の原因対策の改正省エネ法の目標を大幅に上回る二酸化炭素(CO2)原単位マイナス15%削減を達成するとともに、二酸化炭素(CO2)総排出量についても2006年度の42.5千トンから2009年度は29.4千トンとマイナス32%の二酸化炭素(CO2)排出量の大幅削減を達成したという。東レでは今後、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの一つである二酸化炭素(CO2)排出量のさらなる削減を目指して、東レ本体で確立した環境物流の取り組みを国内関係会社に拡大することによって、連結ベースにおいても地球温暖化の原因対策の環境問題に対応した物流体制を構築していきたいとしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東レが環境物流構築で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

つくばエクスプレスがグリーン電力で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減

 首都圏新都市鉄道(東京都台東区)は、つくばエクスプレスを運営しているが、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に向けて、8月6日からつくばエクスプレスエコラインキャンペーンを実施すると発表した。首都圏新都市鉄道は、従来から完全立体交差による渋滞の削減や環境配慮型車両の導入など、さまざまな環境問題対策に取り組んできた。つくばエクスプレス利用客に地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減という環境問題に関する理解をさらに深めてもらうためにキャンペーンを企画したという。期間中にすべての電力を風力発電所発電によるグリーン電力を使用するつくばエクスプレスエコトレインを運行するため、日本自然エネルギーから、運行に必要な26万7,000kWh相当の風力発電によるグリーン電力証書を購入したという。今回、使用するグリーン電力は、能代風力発電所(秋田県)など国内4カ所の風力発電所で発電したものであり、鉄道で使われるグリーン電力の量としては、全国でも最大規模になるという。99.5トンの地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減効果を見込む。期間中は、地球温暖化の原因対策のグリーン電力を利用して運行していることを表すグリーンパワーマークを電車に掲示するという。キャンペーンでは、首都圏新都市鉄道の駅の壁面やつくばエクスプレスエコトレイン内に環境問題を啓発するポスターを掲示する。このほか、つくばエクスプレス PLAZA秋葉原(東京都千代田区神田佐久間町:アキバトリム1階)で鉄道沿線の地方自治体が地球温暖化の原因対策の環境問題をテーマにしたパネル展示及び地球温暖化の原因対策のパンフレットの配るという。キャンペーンについて、同社は「地球温暖化の原因対策を講じた持続可能な社会を構築するには、国や自治体のみならず、企業や国民一人一人が連携し、より積極的に環境問題の原因対策に取り組んでいくことが求められている中、鉄道開業から5周年を迎えるのを契機としてキャンペーンを行う」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など最近のニュースや環境問題に関連する意見である。

> つくばエクスプレスがグリーン電力で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

東京電力が産業用ヒートポンプで地球温暖化の原因対策である二酸化炭素(CO2)削減

 東京電力(東京都千代田区内幸町)を始めとする電力各社は、工場やオフィスの省エネルギー及び地球温暖化の原因対策としての温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減の設備の売り込みに、ガス会社に対抗して懸命になっている。その中でも、産業用ヒートポンプは、使用する電力エネルギーの3~6倍ものエネルギーを生み出すことができることから、地球温暖化の原因対策の切り札として普及が期待され、相次いで製品化している。食品工場などにもヒートポンプで供給する温水をメリットとして対象を拡大してきた。産業用ヒートポンプ機器の営業機能も強化し、都市ガスボイラーに比べて地球温暖化の原因対策としての温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減できるメリットを強調して、産業用ヒートポンプで都市ガス設備からの切り替えを狙っている。東京電力は、東京都江東区有明にある東京ビッグサイトで開幕した省エネルギー機器見本市「エネルギーソリューション&蓄熱フェア’10」で三菱重工業(東京都港区港南)と共同で開発した産業用温水ヒートポンプの新機種を発表した。産業用温水ヒートポンプは、これまで60~80度程度までしか湯温が上がらなかったため、その用途が電子部品洗浄などに限られていたが、今回発表した産業用温水ヒートポンプの機種では温度を90度まで引き上げることができるので、導入先が食品工場の殺菌工程にも拡大した。また、産業用温水ヒートポンプは、都市ガスボイラーに比べ、年間のエネルギーコストで38%、地球温暖化の原因対策としての温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量で56%削減することが可能だという。東京電力は、産業用温水ヒートポンプでは、三菱重工業に加えて神戸製鋼所などとの共同開発製品も含めて品揃えを増やしていくという。こうした東京電力の動きに加えて、中部電力(愛知県名古屋市東区東新町)及び関西電力(大阪市北区中之島)も都市ガス会社との競争を優位に進めるために法人営業機能を強化してきている。中部電力は技術開発拠点(愛知県名古屋市緑区)に産業用ヒートポンプの開発拠点を設置しており、その態勢を充実させているほか、関西電力も工場電化のデモ施設の設置を検討しているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など最近のニュースや環境問題に関連する意見である。

> 東京電力が産業用ヒートポンプで地球温暖化の原因対策である二酸化炭素(CO2)削減はこちら

神奈川県内で廃食油リサイクルによる地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減

 神奈川県内の産業廃棄物処理業者と運送業者が連携し、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の取組みとして、家庭の廃食油を回収してバイオディーゼル燃料(BDF)にリサイクルする実証実験を始めているという。この10月までに家庭用廃食油千リットルの回収を目指し、実験に参加している企業のトラックや重機などで軽油の代替燃料として使用することによって、地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減の削減につなげたいと話している。廃食油リサイクル実験に参加しているのは神奈川県産業廃棄物協会の青年部会と神奈川県トラック協会の有志であり、神奈川県内20か所に廃油の回収拠点を設けて、地域の家庭から天ぷら油を引き取っている。こうして集めた廃食油は、産業廃棄物処理業のグローバルテクノス(神奈川横浜市旭区)に集めた上で、東京都内で同様の事業「TOKYO油田」を進めるユーズ(東京都墨田区)が引き取り、BDFを軽油に5%混合する「B5」燃料に再生するという。4か月の廃食油リサイクル実験期間で地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を2・6トンも削減するという大きな効果がある。ただ、バイオディーゼル燃料(BDF)にリサイクルするには、製造コストがかさむため、価格は1リットル当たり130円になり、通常の軽油に比べて割高になることが商業ベースに乗せる大きな課題となっている。これには、バイオディーゼル燃料(BDF)リサイクル参加企業を拡大することによって廃食油の回収量を増やすことによって、製造単価を引き下げることをもくろんでいる。今後、バイオディーゼル燃料(BDF)リサイクル実験結果を検証した上で、事業化を検討するという。グローバルテクノス社では「地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できるバイオディーゼル燃料(BDF)は粘性が高いので、品質維持に力を入れて信頼性を高めたい」と述べている。バイオディーゼル燃料(BDF)は原料の植物が生育過程で地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を吸収するため、燃やしても二酸化炭素(CO2)排出量の排出抑制効果が期待できる。家庭用の廃食油からのバイオディーゼル燃料(BDF)燃料の再生は、地球温暖化の原因対策を始めとする環境保全策や地域交流の一環として試みる動きが神奈川県内でも導入されている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など最近のニュースや環境問題に関連する意見である。

> 神奈川県内で廃食油リサイクルによる地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

Jパワーが石炭ガス化複合発電拡大で地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 Jパワー(電源開発株式会社:東京都中央区銀座)は、地球温暖化の原因防止対策温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量削減と火力発電の効率化を目指して、石炭ガス化複合発電(IGCC)を中国電力(広島県広島市中区)と共同開発を進めている。この石炭ガス化で生成したガスの用途を発電以外に広げるため、鉄鋼、化学、ガス、石油業界と共同で研究を始めると発表した。石炭による火力発電は、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に逆行するものとして新たな発電方式が求められている。一方、石炭は世界各地に広く埋蔵されており、安定的かつ安価で調達できるため、将来にわたる主要なエネルギー源と位置付けている。石炭ガス化を発電のみならず、産業分野でも応用する技術が確立できれば、エネルギーの安定供給と地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減にもつながるという。現在、Jパワーなどが開発を進めている技術は、簡単に説明すると、石炭に酸素を吹き付けて蒸し焼きにし、水素及び一酸化炭素(CO)などの可燃性ガスを生成するものであり、その際同時に地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)も分離して回収することができるものとなっている。生成したガスは、火力発電以外にも応用でき、生成される水素は燃料電池に利用可能であり、鉄鉱石から鉄を取り出す際の還元剤にも使えるという。現在、鉄鉱石の還元剤には石炭が使用されているが、水素に代えれば地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減することが可能だという。さらに、一酸化炭素(CO)は、メタンに変換するなどして燃料に活用できるという。Jパワーは今月末からこうした検討をスタートし、各関係者に有識者も交えて商業ベースでの実現可能性を探るという。石炭ガス化複合発電(IGCC)の研究は、Jパワーの実証プラントで行われているが、中国電力と2年間かけて発電と地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)回収技術を実証する計画を策定するという。このため、中国電力が瀬戸内海の大崎上島の発電施設内に出力17万KWの石炭ガス化複合発電設備を建設し、2016年度から3年間発電する。発電効率は既存の石炭火力発電より10ポイントほど高い50%程度に向上し、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量も15%程度削減することが可能になるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など最近のニュースや環境問題に関連する意見である。

> Jパワーが石炭ガス化複合発電拡大で地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

IHIと東芝が原子力発電所で地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 IHI(東京都江東区豊洲)と東芝(東京都港区芝浦)は、地球温暖化の原因防止対策となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減することが可能な原子力発電所向けタービン用機器(ケーシング・ノズル等)の製造を目的とする合弁会社の設立について最終合意に至ったため、IHI・東芝パワーシステムを平成23年1月に設立すると発表した。合弁会社設立の目的として、現在、世界各国において、地球温暖化の原因防止対策となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減とエネルギーセキュリティ確保の観点から、原子力発電への期待が急速に高まっている状況にある。IHIと東芝は、沸騰水型原子力発電所の建設及び運転保守ビジネスにおいて、密接な協力関係を構築しており、また、アメリカウェスチングハウス社に出資して、加圧水型原子力発電市場への参入についても鋭意取り組んでいる。そのような状況の中、設立する新会社では、IHI横浜事業所内を拠点として、東芝が手掛けるBWRおよびPWR原子力発電所向け蒸気タービンのケーシング・ノズル等の製造を行う。IHIは、これまでの原子炉圧力容器や格納容器の製造に加えて、タービン機器製造という新たな製造領域に踏み込む。東芝では、これまで以上にタービンの生産能力を拡大することが可能となることから、原子力発電事業のサプライチェーン強化を図るという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など最近のニュースや関連する意見である。

> IHIと東芝が原子力発電所で地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

日本マクドナルドが大阪府の店舗で地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 日本マクドナルド株式会社(東京都新宿区)は、環境省が進めている「チャレンジ25地域づくり事業」の選定地域となった大阪府から地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減に取り組む共同事業者として選定された。このため、排出する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の25%削減に向けた集中的な省エネルギー対策を大阪府内の4店舗で実施し、翌年の3月末までにその実証を行うという。なお、マクドナルドのほかに3社が共同事業者として選定されているが、マクドナルドは唯一の外食産業事業者となっている。「平成21年度チャレンジ25地域づくり事業」における実証事業は、環境省が各地域における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の取り組み策を自治体から公募し、環境省が採択した事案に対して補助を行う制度である。今般、採択された選定地域として、大阪府以外に京都府、北海道帯広市、群馬県桐生市、岐阜県、岐阜県中津市といった6つの地方自治体が選らばれているという。マクドナルドが実証事業を行う大阪府内の4店舗では、化石エネルギーの消費量の多くを占める照明設備と空調設備を中心に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の対策を行うという。照明設備では、LED照明(発光ダイオード)を客席や看板、駐車場などに順次切り替えていく。また、空調設備では、高効率な空調機を新設するほか、屋外塗装に遮熱ペイントの利用や店内の空気循環装置などを導入し、効率化と空調負荷削減による省エネを図ります。これ以外にも、ダクトインバーターや電圧降下装置、インバーター冷凍・冷蔵庫、エコキュートといった電力対策を講じるほか、新エネルギー対策として太陽光発電装置も導入して多面的な視点から総合的な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に取組むという。実施店舗:梅田茶屋町店(大阪府大阪市北区)、枚方バイパス店(大阪府枚方市宮之坂)、ビオルネ枚方店(大阪府枚方市岡本町)、1号線出屋敷店(大阪府枚方市出屋敷西町)地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など最近のニュースや意見については以上である。

> 日本マクドナルドが大阪府の店舗で地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

三菱地所が打ち水で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など最近の環境問題ニュースや意見については次のとおりである。三菱地所(東京都千代田区大手町)と東京都建設局(東京都新宿区西新宿)は合同で、先月から夏場の路面温度の上昇を抑えるため、東京駅丸の内口から日比谷通りまでの行幸通りで地球温暖化の原因対策打ち水を始めている。他の地域で行われている地球温暖化の原因対策のイベント的に浴衣姿で打ち水を行うのではないが、打ち水用の散水設備を設置し、打ち水と同じようにのように水が蒸発する際に周囲の熱を奪う気化熱の性質を利用して行うものである。この打ち水を行うことによって、路面温度の上昇を最大で10度程度抑えることができるという。三菱地所では、東京都心部の気温が上昇するヒートアイランド対策と地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減を目的として9月まで散水を続ける予定だという。打ち水の散水に使う水は、上水を使用するのではなく、丸の内ビルディングの厨房からの排水や雨水を適切に処理した再生水を利用するという。打ち水の方法としては、行幸通りの道路脇から水を流し、道路の傾斜に沿って道路全面に打ち水が広がる仕組みとなっており、打ち水の散水は天候や気温を見ながら行うという。

> 三菱地所が打ち水で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

三菱地所が空調システムで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など最近の環境問題ニュースや意見については次のとおりである。三菱地所(東京都千代田区大手町)は、ビル内にある本社の一部を地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減する低炭素型オフィスに改修し、新たな地球温暖化の原因対策の環境技術の実証を始めたと発表した。ビル内にある本社の一部を地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減する技術の一つは、ハイブリッド型天井輻射空調システムという設備であり、温風も冷風も出さないという従来の空調システムの常識を覆した仕組みが大きな特徴となっている。その結果、送風式の従来型空調に比べて、地球温暖化の原因対策のハイブリッド型天井輻射空調システムでは、動力に要する消費電力(二酸化炭素(CO2)排出量)を約4分の1にまで削減することができるという。地球温暖化の原因対策の具体的な仕組みとしては、オフィスの天井に取り付けた金属製パネルの内側にパイプが設置されており、夜間にパイプ内に冷温水を流すことで、建物の骨組みのコンクリート等の躯体に蓄熱しておくという。これを執務時間中である日中に、建物にたくわえた冷熱を自然に循環させるとともに、地球温暖化の原因対策のハイブリッド型天井輻射空調システムパネルと社員の体との間で熱交換を促す仕組みとなっており、これで心地よい室内環境を実現することができるという。その結果、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減することができるという。

> 三菱地所が空調システムで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

横浜ゴムが積極的に地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減活動

 地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など最近の環境問題ニュースや意見については次のとおりである。横浜ゴム(東京都港区新橋)は、地球温暖化の原因防止活動の一環として環境省が推進する省エネ活動「CO2削減ライトダウンキャンペーン2010」に横浜ゴム本社と国内全8工場に加えて、タイヤ販売会社及び直営タイヤショップ全国724拠点で参加することを決定し、同キャンペーンの特別実施日である6月21日(夏至)と7月7日(七夕)に消灯活動を行ったと報告があった。横浜ゴムは、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減していくため、ライトダウンキャンペーンに2006年から積極的に参加しており、今年で5年目の参加となるという。横浜ゴム本社だけでなく、地球温暖化の原因防止活動としてグループ会社全体にも幅広く参加を呼びかけた結果、2007年からは全てのタイヤ販売会社と直営タイヤショップでもライトダウンキャンペーンに参加している。こうした地球温暖化の原因防止活動は、横浜ゴムのCSR経営をグループ会社全体で実践することによって、社員の地球環境保全に対する意識を向上させることを大きな目的の一つとしている。横浜ゴムでは、ライトダウンキャンペーン以外にも、地域の環境問題展示会や環境問題イベントなどへに対しても積極的に参加するように呼びかけているという。これには、横浜ゴムは、地球温暖化の原因防止対策を環境貢献活動の最重要課題の一つと位置づけている。そのため、タイヤ製造販売などの一連の事業活動において発生する地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減を積極的に進め、その結果、2006年度から3年連続で京都議定書で定める日本の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減目標を上回る成果を達成している。また、環境省が推進する「チャレンジ25キャンペーン」にも積極的に参加をしており、社内における社員のクールビズやウォームビズの実施のほか、今回のCO2削減/ライトダウンキャンペーンの参加に加えて、退社時間になると一斉に消灯を行う「社内ブラックイルミネーション活動」を実施している。なお、CO2削減/ライトダウンキャンペーンとは、環境省が地球温暖化の原因防止対策を進めるため、2003年から各家庭や各企業、ライトアップ施設に参加を呼びかけている消灯キャンペーンのことである。2010年からは、新しい地球温暖化の原因防止対策国民運動である「チャレンジ25キャンペーン」の一環として、6月20日から7月7日まで消灯実施期間を延長しているほか、期間中の6月21日(夏至の日)と7月7日(七夕)を特別実施日として位置づけている。今年は、両日ともに70,000近くの施設や団体などが参加したという。

> 横浜ゴムが積極的に地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減活動はこちら

大和ハウス工業がエコ住宅で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量ゼロに

 地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など最近の環境問題ニュースや意見については次のとおりである。地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減が各方面で強く求められている中、化石燃料ではなく自然エネルギーを特に有効活用する「エコ住宅」の建築が各住宅メーカーにおいて取り組まれている。これには、新築住宅やリフォームを対象に「住宅エコポイント制度」が始まったことや、太陽光発電設備の設置や高効率給湯器設備の設置に対する国の補助金、さらには住宅減税が行われたことなどで経済的(エコノミー)かつ環境に配慮(エコロジー)というエコ意識が浸透し始めたからである。そのような状況の中、大和ハウス工業(大阪府大阪市北区梅田)では、国内初の家庭用リチウムイオン蓄電池付き高機能住宅を来春に発売する予定をしており、7月から埼玉県さいたま市及び愛知県名古屋市の同社の住宅展示場で実証実験を開始しており、2020年までには地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量ゼロ及び光熱費ゼロの「エネルギー自給自足」住宅の実現を目指している。とはいうものの、自然エネルギーは、天候や時間に大きく左右されることから、これを効率よく使うために各社とも蓄電池投入をしたいのだが、イニシャルコストが非常に高くつき、その高額な金額を消費者に受け入れてもらえるかどうかが問題になっている。大和ハウスが採用する家庭用蓄電池は、同社が出資するエリーパワー(東京都品川区)で製造しているものであり、平成24年には、神奈川県川崎市内の新工場で5倍の家庭用リチウムイオン蓄電池の量産体制をとり、家庭用蓄電池のコストダウンが可能になると見込んでいる。また、高機能携帯電話(スマートフォン)を利用することによって、住宅内の照明やエアコンなどさまざまな家電製品を一元管理することも可能であり、配電盤に設置するスマートメーターにおいて電力使用量や電気料金を表示することで、省エネ行動を促すという。

> 大和ハウス工業がエコ住宅で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量ゼロにはこちら

内田洋行がLED照明の制御システムで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など最近の環境問題ニュースや意見については次のとおりである。内田洋行(東京都中央区)がLED照明の照度や色温度を柔軟に制御できる自社製LED照明システムを本社ビルに採用することによって、省エネ効果地球温暖化の原因対策二酸化炭素(CO2)排出量削減及び既存空間への容易な取付けが可能だという。同システムでは、人感及び照度センサーを備えていることから、照度を自動制御したり、リモコンによってユーザーの好みに合わせた照度を提供したりすることができ、操作はパソコンや携帯電話機からでも可能である。主にオフィスのLED照明での利用を想定しているが、一般住宅においても利用することができるという。内田洋行では、既存のオフィスビルに省エネ効果と地球温暖化の原因対策のLED照明を大幅な改修なしに後付でも導入しやすくするため、3タイプの製品を用意している。省エネ効果と地球温暖化の原因対策の第1は、「SmartInfill」と呼ぶ空間構成システムであり、オフィス内にアルミの柱と梁で構成した部屋を簡易な組み立て工事でLED照明を設置することができ、下部にLED照明のライティングレールを設置したり、梁の間にベースライトを取り付けたりでき、配線は梁や柱の内部に通せるため美観を損ねない。柱や梁に人感センサー・照度センサー、無線通信システムなどを組み込むことができるという。省エネ効果と地球温暖化の原因対策の第2は、リモコンによる一括調光システムであり、調光器を敷設していないオフィスであっても、LED照明の調光やLED照明の自動制御が可能なシステムを容易に実現できるという。省エネ効果と地球温暖化の原因対策の第3は、既存の蛍光灯器具をそのまま代替できる器具一体型の直菅型LED照明であり、6種類の蛍光灯器具に合わせた製品が用意されている。

> 内田洋行がLED照明の制御システムで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

三井住友建設が地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減をシミュレーション

 三井住友建設(東京都中央区佃)は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減や都市のヒートアイランド対策の実効性を視覚で分かるようにするシステム「CoolingTogether」を開発し、実用化したと発表した。建物の外壁面や地盤面などの建築材料や建物の配棟計画による> 地球温暖化の原因対策の効果をコンピューターがシミュレーションし、様々な角度から地球温暖化の原因対策の効果を数値化・見える化する技術だという。さらに、このシステムでは、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減や化石エネルギー削減量による電気・ガス料金などのランニングコストの削減具合を段階的に確認できる仕組みになっているという。このほかにも、熱による環境負荷を予測したり、建物内の風の通り道を検討したり、CASBEE-HIを用いて総合的な住宅の環境性能の評価もできるという。三井住友建設では、建築に当たって同社オリジナルの地球温暖化の原因対策技術に加えて、一般に公開されている地球温暖化の原因対策技術を集積した社内データベースを利用することで、最適な地球温暖化の原因対策技術の提案を行うことが可能になったという。

> 三井住友建設が地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減をシミュレーションはこちら

ウェザーニューズが打ち水観測で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 ウェザーニューズは、毎年恒例となった地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のための打ち水の効果を検証する「打水感測2010」を7月23日から開始した。8月23日までの1か月間にわたって、全国18万人の一般リポーターとともに、打ち水前と後の気温変化や一人ひとりの体感変化、さらには、打ち水によって削減できる地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量などを調査するという。この地球温暖化の原因対策の打水感測の実施は今年で5年目となる。「打水感測2010」は、自分で自ら地球温暖化の原因対策の打ち水をして、その効果を検証するプロジェクトであり、携帯サイトの「ウェザーニューズ」内のウェザーリポーターに登録している人であれば誰でも地球温暖化の原因対策の打ち水に参加できる。地球温暖化の原因対策の打ち水の結果については、携帯サイトからリポーターに報告しい、寄せられた情報は携帯サイトと専用のPCサイトでリアルタイムに公開するという。携帯サイトとPCサイトでは、期間中に行われた地球温暖化の原因対策の打ち水のトータル数、打ち水後にエアコンを切った人のトータル数、打ち水で使用した雨水等の二次利用水、打ち水で削減できた二酸化炭素(CO2)排出量、打ち水終了後に感じた体感を表した円グラフを確認できるという。昨年実施した打ち水では、打ち水後に気温が1~3度下がったという声が多く、「風が冷たく感じた」、「かなり涼しく感じた」などの感想が届いていた。地球温暖化の原因対策の「打水感測2010」で集めた貴重なデータは、気温と体感温度の関連性を解析し、今後のサービスに生かしていくほか、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減量などをエリアごとにまとめ、その特徴や効果を検証して記録として残していくという。また、地球温暖化の原因対策の取組の一環として、ヒートアイランド化が進む東京都内での打ち水効果を数多くの人に感じてもらうため、7月30日に東京都・丸の内で開催される「打ち水プロジェクト2010」に参加する。

> ウェザーニューズが打ち水観測で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

伊藤忠商事が電気自動車(EV)業務提携で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に大きく寄与すると期待されている電気自動車(EV)をめぐる動きが活発になっている。伊藤忠商事(東京都港区北青山・大阪府大阪市中央区)は、ノルウェーの電気自動車(EV)専業メーカーであるシンクホールディングスと資本・業務提携を行った。同社が製造した地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する電気自動車(EV)及び駆動システムを日本を含むアジアで販売する権利を獲得するという。シンクの筆頭株主は、伊藤忠商事が出資するアメリカの地球温暖化の原因対策のクリーンエネルギーホールディング会社であるエナール・ワンであり、シンクはエナール・ワンの100%子会社エナデルのリチウムイオン電池システムを地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)に取り入れている。シンクはノルウェーのオスロに本社があり、1991年から地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)をまったく排出しない電気自動車(EV)の開発・製造を行ってきている。これまでにヨーロッパ、北米などで9000台以上の電気自動車(EV)の生産・販売実績がある。地球温暖化の原因対策の新しい電気自動車(EV)の生産拠点を2011年に米国インディアナ州に設け、2012年には世界で2万2000台の地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)販売を予定している。地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)生産に加え、電気自動車(EV)の駆動に必要なモーターのほかバッテリーマネジメントユニット、インバーターなど電力をコントロールして動力に変換する総合ドライブシステムの販売も手掛けることになるという。シンクとの資本・業務提携によって伊藤忠商事は、シンクが開発・設計・製造する地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)と電気自動車(EV)用ドライブシステムの日本市場での独占販売権とアジア市場での優先販売権を獲得し、アジア以外の市場においても、地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)の戦略的パートナーとして販売をサポートするという。伊藤忠商事は、今後、シンクの地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)技術を活用するために自動車メーカーとの提携を積極的に進めていくほか、シンクのドライブシステムと、エナデルのリチウムイオン電池をパッケージにした地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)の提案も始めるという。伊藤忠商事は、茨城県つくば市で2010年5月から行っている地球温暖化の原因対策の「低炭素交通社会システムの共同実証プロジェクト」で、マツダの「デミオ」をベースにした地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)に、既にシンクのドライブシステムとエナデルのリチウムイオン電池を搭載しているという。 伊藤忠商事は地球温暖化の原因対策として進展の著しいリチウムイオン電池事業を強化を推進し、リチウム資源の確保から生産、販売、二次利用まで展開する体制の構築を目指しており、地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)のシンクとの資本・業務提携もその一環の取組みだという。

> 伊藤忠商事が電気自動車(EV)業務提携で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

NECが電気自動車(EV)向けリチウムイオン電池で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に大きく寄与する電気自動車(EV)の開発と販売が急ピッチで進んでいる中、NEC(東京都港区芝)は、相模原事業場(神奈川県相模原市)において、電気自動車(EV)向けリチウムイオン電池用電極の量産を始めたと発表した。NECが同事業場で生産するほぼ全量が日産自動車の電気自動車(EV)向けになるという。NECでは、2010年度中に電気自動車(EV)向けリチウムイオン電池用電極の年間生産能力を、電気自動車(EV)約10万台分に相当する200万キロワット時にまで増強するという。このための投資額は累計で約200億円の見込みになるが、電気自動車(EV)の市場拡大に合わせ、2010年度中にさらに一段と電気自動車(EV)向けリチウムイオン電池用電極の生産能力を増強する可能性もあるという。生産した電気自動車(EV)向けリチウムイオン電池用電極は、日産自動車とNECグループが共同出資するリチウムイオン電池の生産会社、オートモーティブエナジーサプライ(神奈川県座間市)に納入し、日産自動車は地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に大きく寄与する電気自動車(EV)として「リーフ」を12月に日米欧で発売する予定を立てている。NECは2012年度末までに、地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)向けリチウムイオン電池用電極の生産能力を1000万キロワット時にまで拡大する計画を有しており、2012年度に電極を中心とした環境・エネルギー事業で1000億円の売り上げを目指す目標を立てている。

> NECが電気自動車(EV)向けリチウムイオン電池で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

トステムが環境コミットメントで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 トステム株式会社(東京都江東区)は、サッシ・住設機器・建材の総合メーカーであるが、次世代の子供たちに引き継げる「人と地球にストレス・フリーな暮らし」を業務を通じて提供することで地球環境問題に貢献するため、1990年比で新築住宅で50%、ストック住宅では25%の地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる製品群の創出・普及や、全ての事業所での産業廃棄物のゼロ・エミッション(リサイクル率97%以上)達成などを盛り込んだ「トステム環境コミットメント2015」を策定した。トステムでは、綱領を定めており、その中で「よい家に住むことは万人の願い。この願いを実現するために私たちは働く」を実現するために活動し、住まいの環境をより快適にしていくことを使命として事業を行っているという。これからの良い家には、快適さや安全・安心を第一に損なうことなく、将来にわたって「持続可能(サステナブル)な暮らし」を提供することが求められているのではないだろうかと提案している。具体的な項目としては、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素の「CO2を出さない暮らし」、貴重な化石燃料などの省エネルギーで「資源を大切にする暮らし」、そして「 自然・生き物と共生する暮らし」である。この度、持続可能な暮らしの提供に向けての取り組みをより加速させるため、ステークホルダーへの約束として「トステム環境コミットメント 2015」を新たに策定した。製品・サービスの提供を通じた住まいからの地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素CO2排出量の削減、低炭素・資源循環型の事業活動の確立、生物多様性の保全と持続可能な利用の促進を3本柱として、それぞれ2015年度までの中期目標を設定したという。このようにトステムでは、業務全般を通じて地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する取組みを行っていくようである。

> トステムが環境コミットメントで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

国分がカーボンフットプリントCFPで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 経済産業省は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のため、カーボンフットプリントCFP制度の普及を進めている。私たちが購入、消費している全ての商品・サービスは、作られてから捨てられるまでの一連のライフサイクルを通して多くのエネルギーを必要とする。そのエネルギーは、主に石油や石炭、天然ガスなど化石燃料から得られており、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を大気中に排出している。カーボンフットプリントとは、これら商品・サービスのライフサイクルの各過程で排出された「温室効果ガスの量」を合算した結果、 得られた全体の量を二酸化炭素(CO2)量に換算して表示することをいう。大手食品卸の国分(東京都中央区日本橋)は8月から、中堅スーパー7社と組んで「カーボンフットプリントCFP制度」に対応した菓子を試行的に販売すると発表した。お菓子の原料から製造、販売、廃棄・再利用までの地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量がいくらだったのかをパッケージに表示して消費者の反応などを探るという。お菓子の商品は、亀田製菓(新潟県新潟市江南区)やカンロ(東京都中野区)、カルビー(東京都千代田区丸の内)の菓子計4種類で、たいらや(栃木県宇都宮市)、三和(神奈川県相模原市)、エーコープ関東(神奈川県横浜市)などが関東甲信越で運営する計112店舗で取り扱い、期間は9月30日までを予定しているという。これは、経済産業省が進めるカーボンフットプリントCFP制度普及事業の一環の取組みになっている。同時に消費者のカーボンフットプリントCFP制度に対する意識アンケート調査を郵送で回答してもらい、カーボンフットプリントCFP制度普及へ向けた課題を探るという。アンケートに回答すると、環境保護団体に地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出枠を寄付できるメリットを付けるという。

> 国分がカーボンフットプリントCFPで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

大成建設と東光電気が自動環境制御システムで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 大成建設(株)(東京都新宿区西新宿)と東光電気(株)(東京都千代田区有楽町)は、「次世代型人検知センサ」を共同開発したと発表した。これは、社員のオフィスへの在席状況に応じてゾーン単位で空調及び照明を自動制御し、快適性を保ちながらエネルギー消費を最小化し、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する自動環境制御システム「T-Zone Saver」を開発し、東光電気社屋での運用を開始した。現在のオフィスビル全体の電力などの消費エネルギーの約70%が、基本的に空調及び照明設備による消費となっている。本年度から施行された改正省エネ法や東京都環境確保条例に基づく地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果の実効を上げるためには、空調・照明設備のエネルギー消費をいかに抑えるかにかかっており、各種設備機器の省エネ対応化のための技術開発に各社がしのぎを削っている状況にある。今回、大成建設と東光電気が開発した「T-Zone Saver」は、空調設備の制御に関しては、社員が在席している場所には通常のエアコンと同じような空調環境を提供するが、一方、社員がいない場所では、エアコンの設定温度を高めたり運転モードの軽減したりと同時に、在席率に応じた外気量抑制を行って空調負荷を低減する仕組みとなっている。ほとんどのビルが採用している中央熱源方式の空調システムは、ヒートポンプ式ビル用マルチエアコン方式に、この制御システムを導入することで更なる省エネ効果と地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減が期待できるという。また、このシステムによる照明設備の制御に関しては、社員がいる場所には必要な照度を確保するが、不在の場所では照度を低く自動設定する。さらに、一定の距離が離れている誰もいない場所では消灯する等の制御を行うことで快適性と照明負荷の低減、及び地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減を行う。本システムの中核技術は、人体だけを確実に認識することができる「次世代型人検知センサ」である。従来使用されていた人感センサでは、人の移動の際の温度変化とタイマー機能によって作動するものであったことから、人が静止している状況では高い精度で認識することができなかったので、人がいても照明を消灯してしまう誤作動が多いことから、事務所等へ導入することはできなかったという。これに対して、今回、大成建設と東光電気がが開発したセンサーは、人体が発する温度そのものを高い精度で認識することから、これまでセンサーが認識することの難しかった熱源であるPCの発熱や太陽の日照による温度変化との識別も確実にできるため、静止体も含めた人を認識することができるという。また、同システムでは多段階にわたる調光が可能であることから、制御変更の反応が速いLED照明や高効率機器を用いたオフィスに導入することによって、建物全体で約50%の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減効果が見込まれるという。このシステムは、新築だけでなく既存ビルにも導入可能であり、オフィスの他にも病院や生産施設への適用もでき、更に、セキュリティや防災面に活用することが可能となっている。大成建設では、トップランナーモデルとして、ハーフ・カーボン建築を達成した「スーパーエコビル」を更に進化させ、2020年までに「ゼロ・カーボン建築」の実現を目指している。こうした最先端環境技術を適用することで、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量をマイナス55~60%は実現可能であるという。

> 大成建設と東光電気が自動環境制御システムで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

岐阜県郡上市でJX日鉱日石エネルギーが太陽光発電と燃料電池で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 JX日鉱日石エネルギー(東京都千代田区大手町)は、太陽光発電燃料電池を組み合わせて電気を発電することによって、省エネ地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の大幅な削減を実現させた総合エネルギーシステムを岐阜県郡上市にある商業施設「クックラひるがの」に設置している。JX日鉱日石エネルギーが太陽光発電や燃料電池の総合エネルギーシステムを外部に設置するのは初めてであるが、経費は明らかにしていない。総合エネルギーシステムは、単に太陽光発電や燃料電池で発電を行うだけではなく、施設の消費電力量に応じて発電などを自動制御する機能を有しており、従来型の給湯器や電力を使った場合に比べて、年間6.8トン分の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる能力があるという。今回の総合エネルギーシステムでは、停電時でも電気やお湯を供給できるようガスのコージェネレーション(熱電併給)システムも導入しており、施設内に設置したモニター画面で太陽光発電の発電状況や、施設のお湯の使用状況などが分かる仕組みとなっているという。また、太陽光発電では天候に左右され不安定な電源供給となることから、施設エリア内の送電に悪影響を及ばさないように、太陽光発電パネルで発電した電力を一旦、蓄電池に蓄えることで送電の安定化も図っているという。JX日鉱日石エネルギーは、今後、省エネと地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の大幅な削減を実現する総合エネルギーシステムを商業施設を中心に販売していく考えだという。JX日鉱日石エネルギーでは、神奈川県横浜市に「ENEOS創エネハウス」を設置し、水素を使った家庭用燃料電池や太陽光発電を組み合わせた省エネ設備の実証試験を続けている。

> 岐阜県郡上市でJX日鉱日石エネルギーが太陽光発電と燃料電池で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

発電の高効率化で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 財団法人電力中央研究所(東京都千代田区大手町)は、火力発電、原子力発電、再生可能エネルギー発電など電源別発電の地球温暖化の原因対策の温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量について、2009年版の評価結果を公表した。水力発電(中規模ダム水路式)を除いた8電源が前回(2000年調査)評価と比べて1キロワット時当たり二酸化炭素(CO2)排出量が減少しており、高効率発電の開発など発電技術向上が寄与している結果となった。1キロワット時当たりの地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量が最も多い石炭火力発電は943グラムと、前回の975グラムから3.3%減少した。これには、火力発電用のタービン入口の温度の高温化することによって、熱効率が向上した超々臨界圧石炭火力の導入が進んだことが理由である。LNG複合火力発電は、1300度級、1500度級の高温タイプのLNG複合火力の普及が進み、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量474グラムと519グラムから8.7%減ったという。原子力発電については、過程であるウラン濃縮工程でエネルギー効率の高い遠心分離法の割合が増加したことによって、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量が減少し、排出量は20グラムと、前回の24グラムから16.7%削減した。再生可能エネルギーの風力発電による地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量は25グラムであり、太陽光発電による二酸化炭素(CO2)排出量は38グラムであり、前回と同様に二酸化炭素(CO2)排出量は原子力発電の方が少なかった。最も地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量が少ないのは、水力発電の11グラムだが、前回と同水準で排出量の変化はなかった。この評価は、発電時の燃料使用による地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量だけでなく、燃料調達や設備建設などライフサイクルベースの二酸化炭素(CO2)排出量を測定した結果の数値となっているのが特徴である。

> 発電の高効率化で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

パーク24がPASMO交通ICパーク&ライドサービスで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 パーク24(東京都千代田区有楽町)は、時間貸駐車場「タイムズ」の運営で有名であるが、今般、相模鉄道(神奈川県横浜市西区)と提携し、交通ICパーク&ライドサービスを開始すると発表した。神奈川県内の相模鉄道で実施する交通ICパーク&ライドサービスは初めてであり、相模鉄道の利用促進とタイムズの利便性向上を図るとともに、渋滞緩和や地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減にも貢献するという。先ずは、相模鉄道・上星川駅前にあるタイムズにおいて、PASMOを利用した交通ICパーク&ライドサービスを始めるという。この駐車サービスでは、PASMO内に記録された相模鉄道の乗車履歴とタイムズの精算機システムを連動させることによって、タイムズの駐車料金を自動的に200円割り引くことができるサービスとなっている。PASMOに記録された相模鉄道の乗車履歴に応じて、自動的にタイムズの駐車料金が優待割引料金となるため、スムーズに利用できるという。従来から、相模鉄道横浜駅を周辺の主要幹線道路は、朝夕の交通渋滞が著しく、定時性の確保や地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量などの地域社会問題となっている状況にある。今回のパーク24が開始する交通ICパーク&ライドサービスを活用すれば、利用者も交通渋滞に巻き込まれず、定時性を確保しながら、相模鉄道沿線におけるレジャーやビジネスなどの目的を果たせる。両社では、今後とも、パーク24の設備と相模鉄道の交通網を最大限活用しながら、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減にも寄与することができる電車と車のサービスの提供を拡大していくと表明している。

> パーク24がPASMO交通ICパーク&ライドサービスで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

コスモ石油が神奈川県横浜市で200Vグリーン充電サービスによる地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 コスモ石油(東京都港区芝浦)は、コンビニチェーン店であるスリーエフ(神奈川県横浜市中区)とグリーンエネルギー証書事業を行うエナジーグリーン(東京都中野区中野)と共同で、神奈川県横浜市にあるスリーエフの2店舗に電気自動車EV)向けの200V充電器を設置し、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するグリーン電力証書を活用した200V充電サービス「グリーン充電サービス」を7月23日から開始すると発表した。電気自動車(EV)向けの200V充電器を設置するのは、神奈川県横浜市内にあるスリーエフの都筑大棚店と都筑勝田橋店となっている。スリーエフは、神奈川県内の営業車の一部に電気自動車(EV)を既に導入しており、これに加えてコスモEV会員及び同店舗に来店する消費者に向けて200V充電サービスを提供するという。200V充電サービスの利用料金は無料であるが、これを利用するにはコスモ石油が発行するコスモEV会員カードが必要となる。しかし、カードを持っていない人に対しても充電器のあるスリーエフでカードを貸し出すので利用できるという。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するグリーン充電サービスは、コスモ石油系列のサービスステーションに設置した太陽光発電システムから発電して生じた環境付加価値をエナジーグリーン社が地球温暖化の原因対策のグリーン電力証書として発行し、スリーエフが充電した電力量と同量の証書を購入することで実現した。利用者はこの充電器を利用する事で、電気自動車(EV)をまったく化石燃料を使用しない100%クリーンなグリーン電力で充電することになるという。コスモ石油では、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない自然エネルギー発電設備で発電した電力を、グリーン電力証書を活用して電気自動車(EV)の充電に活用する取り組みを試験的に実施することで、自動車から排出される地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に貢献していく仕組みを構築していく方針だという。

> コスモ石油が神奈川県横浜市で200Vグリーン充電サービスによる地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

住友商事マシネックスがカーボンオフセットフィルターで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 住友商事マシネックス(東京都中央区晴海)は、自社が販売するオフィス向け空調フィルターについて、フィルターの洗浄・再利用と地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のカーボンオフセットの組み合わせで二酸化炭素(CO2)をまったく排出しない空調フィルターサービスの展開を開始したと発表した。オフィス用空調フィルターは、家庭用エアコンのフィルターと違って水洗いができないため、年に1回程度の交換が必要であるが、その都度、産業廃棄物として処分されていた。住友商事マシネックスは、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に注目し、住友商事建設不動産本部と共同で2001年からフィルターの再利用サービスを開始してきた。使用済みフィルターを超音波洗浄によって新品同様に再生させることができるため、産業廃棄物の削減による環境への配慮及びビルメンテナンスコストの削減、さらには、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を実現した。このフィルターを再利用することにより、オフィス用空調フィルターから排出される地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は、標準的なフィルターを廃棄・交換する場合と比較して96%削減されることになるという。今回、さらに環境問題への配慮を高めるため、残り4%分の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出分については、温室効果ガスの排出権を付与(カーボンオフセット)することによって、業界初のカーボンニュートラル空調フィルターを実現したという。カーボンオフセットに利用する排出権は、住友商事(東京都中央区晴海)が支援するインド・グシャラート州での地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減プロジェクトによって創出され、国連認証を経たものを住友商事から購入することによって実現したという。

> 住友商事マシネックスがカーボンオフセットフィルターで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

神奈川県横浜市で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の太陽光発電ビジネスセミナー

 株式会社ブリヂストン(東京都中央区京橋)は、太陽電池用接着封止膜として使用されるEVAフィルム(エチレン・ビニル・アセテート フィルム)の需要が増加していることに対応するため、これまで何度も磐田工場(静岡県磐田市)のEVAフィルム生産能力を増強してきた。今般、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策で急拡大が見込まれる太陽電池需要に伴い、太陽電池向け接着フィルムの生産能力を2012年前半にさらに増強すると発表した。総額82億円を投じて増強中の静岡県磐田市の磐田工場の太陽電池向け接着フィルムの月産能力を現行の2.1倍に相当する4200トンへと拡大するという。2011年後半を目処に関工場に新設する生産ライン(岐阜県関市)も増強することによって、2012年前半時点でブリヂストン全社ベースの月産能力を3.3倍の6600トンに引き上げる。太陽光発電は発電過程で地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を全く排出しないクリーン発電システムで、CO2などの温室効果ガスにより地球温暖化が進行する中、省エネルギーに加えて地球環境保全の観点からも太陽光発電の重要性が増している。太陽電池の需要は世界的に急成長しており、太陽電池の接着封止膜に使用されるEVAフィルムの需要も急増しているという。このEVAフィルムは、太陽光線を電気に変換するシリコン・セルを加熱による分子結合でガラス面に固定する接着剤として使用されている。ブリヂストンのEVAフィルムは、加熱することで無色透明となり、水や紫外線にも強いことから、屋外の過酷な条件下で使用される太陽電池用接着封止膜には最適な素材となっている。ブリヂストンは、企業活動における環境問題への取り組みを経営の最重要課題の一つと考えており、タイヤ会社・ゴム会社として「名実ともに世界一の地位の確立」という経営の最終目標達成のためにも必要不可欠であると考えている。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を全く排出しない太陽光発電用のEVAフィルムは、このような環境経営活動を具現化した商品であり、伸長が見込まれる太陽電池需要に対応するため、今後も状況に応じた生産能力増強等の施策を検討していくとしている。

> 神奈川県横浜市で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の太陽光発電ビジネスセミナーはこちら

富士重工業と日立製作所が風力発電で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 富士重工業(東京都新宿区西新宿)と日立製作所(東京都千代田区丸の内)は、ウィンド・パワー・いばらきが建設する地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減が可能になる国内初の港湾外洋上風力発電施設「ウィンド・パワー・かみす風力発電所」(茨城県神栖市南浜)に、両社が共同開発した大型風力発電システム「SUBARU80/2.0風力発電システム」を7基納入し、今般、本格稼動を開始した。この茨城県に設置されたウィンド・パワー・かみす風力発電所は、鹿島灘に面した海岸線から約50mの海上に約2kmに渡る風力発電所であり、外海に風力発電施設を設けたのはわが国で初めてのケースである。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、富士重工業と日立製作所が共同開発したSUBARU80/2.0は、風力発電に使用する直径80mのローターをタワーの風下に配置するというダウンウィンド式の風車であり、定格出力は1基当たり2000kWで、7基合計すると年間約7000世帯分をまかなえる風力発電のクリーン電力を発電するという。2000kW級風力発電システムでダウンウィンド方式を実用化したのは、風力発電としてはSUBARU80/2.0が世界で初めてのケースになるという。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減がクローズアップされている中で、富士重工業と日立製作所は、大型風力発電システムの需要は今後とも拡大すると見ており、技術開発をさらに進めて普及を図る予定だという。

> 富士重工業と日立製作所が風力発電で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

東京都秋葉原にうち水っ娘大集合!で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた取組みが、民間ベースでも全国各地で広がっている。東京都秋葉原では、NPO法人「秋葉原で社会貢献を行う市民の会リコリタ、が8月1日に秋葉原で地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた取組みの「うち水っ娘大集合!2010」を実施すると発表した。東京都秋葉原での「うち水っ娘大集合!」は、ヒートアイランド対策・地球温暖化の原因対策啓発運動として毎年夏に実施している。7年目となった打ち水は、今年も昨年と同じく「みんなの力を集結して秋葉原を冷やす」ことを目標に掲げて取り組むこととしており、風呂の残り湯など一度使用した水を持ってきてもらい打ち水を行い、秋葉原を冷やすそうだ。賛同する秋葉原のメード店の女性に加えて、今年は大丸有打ち水プロジェクト実行委員会が協力を行うことで丸の内のOL、横浜市中華街からはチャイナドレスを着た店員が参加することになっている。さらに、ダースベイダーの衣装を身に着けて山を登ることを趣味としている「第502重コスプレ大隊」から「今日もベイダー卿」らも参加する予定であるという。イラストレーターの七瀬葵さんも同活動を応援したいということで、ハスの花をモチーフにした「打ち水の女神様」をデザインしており、打ち水の告知ポスターなどに利用されている。打ち水の開催場所は、秋葉原駅西口広場で開催時間帯は11時から11時50分までとなっている。

> 東京都秋葉原にうち水っ娘大集合!で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

東京都千代田区が地区計画案に地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 東京都千代田区は、再開発が進むJR飯田橋駅西口の東京警察病院跡地周辺の地区計画案に、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減目標を盛り込んだと発表した。地区計画に地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減目標が盛り込まれるのは全国で初めてのことだという。東京都千代田区によると、地区計画を制定して整備される予定となっているのは、東京都千代田区飯田橋及び富士見の両地区にまたがる約2.5ヘクタールの敷地に、平成24年までに44階建てマンションと31階建てオフィスビル及び駐車場などが整備される予定となっている。この地区計画案には、建物の省エネ化、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の方針が盛り込まれており、高断熱ガラスで冷暖房効率を上げるほか、LED(発光ダイオード)などの省電力型照明を使用することで地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減を目指している。東京都千代田区地域まちづくり担当課では「地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減を定めた京都議定書の目標達成年度となる24年までに、建物の二酸化炭素(CO2)排出総量を基準年である平成2年から約17%減らす」と話している。この地区計画は、都市計画法の規定によって定められた都市計画の一種であり、整備しようとする施設の配置や建築物の建て方などについて地区の特性に応じたルールを決めることができる制度である。地区計画は東京都千代田区都市計画審議会での審議を経て決定されるという。

> 東京都千代田区が地区計画案に地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

エコ検定で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減

 エコ実践塾コンソーシアムは、NTTドコモなどの携帯3社が実施している地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減など環境問題について出題されるエコ検定の公式サイト「エコ実践塾」の運営や環境ビジネスセミナーなどで環境にかかわる人材育成に取り組んでいる。エコ実践塾コンソーシアムでは、まもなく実施される第8回エコ検定合格に向けての環境問題学習の総仕上げとして、試験1週間前の「直前ポイントアップ講座」を7月17、18、19日に下記の要領で開催すると発表した。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減など環境問題について出題されるエコ検定は100点を満点となっており、70点以上が合格点となるが、得点分布では合否を分ける70点前後の人が多いといわれている。直前ポイントアップセミナーは過去の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減など環境問題についての出題傾向を分析し、第8回に出題される可能性が高い地球温暖化の原因対策の問題を解きながら、10点以上得点力を高めるのが目的であるという。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減など環境問題についての関心の高まりとともに、eco検定は年々、受験生の増加に伴って、難しくなる傾向にある直前ポイントアップ講座は環境問題セミナーでも毎回、多くの受講生が集まる人気の講座であり、今回は受講生の要望を受けて、神奈川県横浜市でも開催することになった。 セミナーに参加できない方は携帯サイト「エコ実践塾」がお勧めだという。地球温暖化の原因対策の過去問学習や復習に最適で、いつでもどこでも手軽に学習できると好評で会員が急増中だという。詳細はhttp://eco.newsmedia.jp/kentei/top.html
セミナーの日時と会場は次のとおりである。
7月17日 午後2時-4時半 会場:文京シビックホール(東京都文京区春日1-16-21)
・営団地下鉄丸ノ内線/南北線後楽園駅4b又は5番出口徒歩2分
・都営地下鉄三田線/大江戸春日駅(文京シビックセンター前)徒歩2分
・JR中央線/総武線水道橋駅徒歩8分
7月18日 午前9時20分-11時50分 会場:神奈川県民センター(神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2)
・JR横浜駅西口から徒歩5分
7月19日 午後2時-4時半 会場:文京シビックホール(東京都文京区春日1-16-21)

> エコ検定で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

「エコライフ・フェア2010」で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減を考える

 毎年6月は「環境月間」として、地球温暖化の原因防止対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を始めとする環境保全への理解と関心を高めるために、各種の環境問題に関する行事が実施された。今年も、環境月間の主要行事のひとつである「エコライフ・フェア2010」が代々木公園(東京都渋谷区代々木)で開催された。エコライフ・フェア2010は、1990年から毎年開催されており、チャレンジ25キャンペーンに登録しているチャレンジャーである主催の環境省を始めとする一般企業・団体から24団体、NGO/NPOから34の団体が出展した。環境省ゾーンの「チャレンジ25キャンペーン×ピーターラビット」ブースでは、ピーターラビットの地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に関するエコをテーマとしたパネル展示や、ピーターラビットとの記念撮影会を行った。このほか、環境省のブースではチャレンジ25宣言の受付を行い、多数の来場者がチャレンジャー登録をし、エコクイズに挑戦して6問中5問以上正解した方にはピーターラビットのエコバックがプレゼントされた。そして、2010年は「国際生物多様性年」であり、10月に愛知県名古屋市で生物多様性条約COP10が開催されるため、生物多様性の重要性をパネルや映像で解説し、各種体験プログラムも催されるなど、来場者に「生物多様性」について分かりやすくアピールしていた。このほか、環境省ゾーンでは、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に寄与するために実施されている省エネ商品・サービスの購入・利用等でポイントが貯まり、そのポイントを様々な商品等に交換することができる「エコ・アクション・ポイントモデル事業」の紹介があった。また、家庭でエコライフに取り組むエコファミリーの登録の呼びかけや、マイボトル・マイカップを持ち歩くことで、化石燃料を使用して作られている使い捨ての容器を減らす取組「マイボトル・マイカップ キャンペーン」など数多くの地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に取り組みがPRされていた。エコライフ・フェア2010のメインステージでも、TOKYO FMの番組「TOKYO FM サンデースペシャル エコライフ・フェア2010」の公開録音が行われ、パーソナリティーの柴田幸子さんと環境省南川秀樹大臣官房長、タレントの榊原郁恵さんがトークを繰り広げた。「我が家の環境大臣」に任命されている榊原さんは、「水の出しっぱなしをやめる」「生ごみの堆肥化」「コンセントをこまめに抜いて待機電力をカット」などの取組を行っているという。チャレンジ25キャンペーンについて榊原さんは、「地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を2020年までに)25%削減するという目標は高すぎる」という疑問を投げかけ、南川官房長は、身近なところから、家の窓ガラスの二重化で光熱費をカット、家電を省エネタイプに買い替え、低燃費の車に乗り換え、太陽光発電・風力発電など新エネルギーの設備を導入などを国民全体で協力して実行していけば不可能ではないと説明した。また、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けて、新しい技術開発が進んで経済が活性化するというメリットもありうると説明した。ここでチャレンジ25キャンペーンの誰でもできる地球温暖化の原因防止対策の「6つのチャレンジ」が紹介され、チャレンジ25宣言への登録が呼びかけられた。なお、会場内の主要発電機には、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できるバイオ混合燃料を使用した電力を賄い、太陽光発電パネルで発電した電気をステージで使用するなど環境に配慮していた。

> 「エコライフ・フェア2010」で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減を考えるはこちら

気象庁が地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の講演会を開催

 気象庁は、地球温暖化の原因防止対策に関する最新の取組を紹介するとともに、地球温暖化の原因防止対策について一層の理解を得てもらうことを目的として、下記の通り気象講演会を開催すると発表した。講演会のテーマは「温暖化する地球~最新の研究成果と私たちにできること~」と題して、天気や気温の変化などの身近な話題から地球温暖化の原因に対して私たちに何ができるかを考えるとともに、我が国における世界最先端の地球温暖化予測研究や、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の現状、対策技術の将来展望について専門家による講演を行う。
1.日 時 平成22年7月1日(木)受付開場17:30 開演18:00 終演予定20:10
2.場 所 一橋記念講堂(東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター内)
3.入場料 無料
4.定 員 500人(事前予約制)
5.主 催 国土交通省気象庁
6.後 援 経済産業省、環境省、NPO法人気象キャスターネットワーク
7.内 容
講演1: 「地球温暖化の科学」
講師 : 鬼頭 昭雄 気象庁 気象研究所 気候研究部長
講演2: 「天気を通して、地球のことを考えよう」
講師 : 山本 志織 気象キャスター
講演3: 「温室効果ガス削減対策の現状と将来」
講師 : 西尾 匡弘 独立行政法人産業技術総合研究所 エネルギー社会システムグループ長
講演要旨
【講演1】
演 題: 「地球温暖化の科学」(30分)
講 師: 鬼頭 昭雄 気象庁 気象研究所 気候研究部長
概 要: 地球温暖化の進行に伴ってどのような気候変化が生じるかを評価するには、気候を構成する大気・海洋・陸面・海氷・生物圏などの各システムの変動およびそれらの相互作用の物理法則を記述した気候モデルの利用が不可欠である。我が国では、世界に例を見ない高い空間解像度の気候モデルを用いて、熱帯低気圧や大雨等の極端現象に焦点を当てた地球温暖化予測研究が実施されている。本講演では世界最先端の地球温暖化予測研究について紹介する。
【講演2】
演 題: 「天気を通して、地球のことを考えよう」(40分)
講 師: 山本 志織 気象キャスター
概 要: 寒波到来とともに始まった今年である。春は、咲いた桜が戸惑ってしまうような寒暖の差であった。年々、天気や気温の変化が極端になっていることを感じている。地球が悲鳴をあげる前に、今起きている現象に目を向け、地球温暖化の原因を食い止めるためにできることを考えていかなければなりません。災害を未然に防ぐために知っておきたいこと、天気予報を上手に利用するヒントなども話す。
【講演3】
演 題: 「地球温暖化の原因の温室効果ガス削減対策の現状と将来」(40分)
講 師: 西尾 匡弘  (独)産業技術総合研究所エネルギー社会システムグループ長
概 要: 人類の活動に伴う温室効果ガスの大気中への大量排出が地球温暖化の原因に代表される気候変動の主要因として指摘され、近年、温室効果ガスの削減が喫緊の地球温暖化の原因防止対策の問題と認識されるようになった。本講演では、人類の化石資源消費に伴う地球温暖化の原因の温室効果ガスの排出の状況と今後の見通しを紹介し、今後実施しなければならない温室効果ガス排出削減の方向性と対策の現状及び課題を示し、地球温暖化の原因防止対策技術の将来展望についても紹介する。

> 気象庁が地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の講演会を開催はこちら

BMWジャパンがチャレンジ25キャンペーンに参加で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 自動車製造販売会社も最近では積極的に地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に取り組んでいる。ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)(東京都千代田区)は、環境省が2020年までに地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を1990年比で25%削減する政府の目標達成に向けて展開する「チャレンジ25キャンペーン」に参加すると発表した。輸入車事業者としてチャレンジ25キャンペーンに参加を表明したのは同社が初めてのことになる。東京都江東区で開催された「BMW Mobility of the Future - Innovation Days in Japan 2010」のシンポジウムにおいて、BMWジャパンは企業や個人などを巻き込んで、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減による持続可能な社会を実現しようとする環境省の行動指針に賛同して参加を表明した。同社はチャレンジ25キャンペーンに参加するなかで、今後もBMWモデルの乗用車の燃費改善やハイブリッドカーなどの低燃費車のラインナップを拡充して投入することによって地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に貢献していくという。ビー・エム・ダブリュー株式会社は、ドイツ・バイエルン州ミュンヘン市に本社を置くグローバルな自動車メーカーであるBMW AGの100%出資子会社であり、初の全額出資子会社として1981年に日本に設立された。以来ビー・エム・ダブリュー株式会社は、当時は珍しかった専売店網の構築、低金利ローンや認定中古車制度などに関しての業界標準を築き、製品、サービス、顧客満足の分野において輸入車業界をリードしてきたといえる。ビー・エム・ダブリュー株式会社は全国の正規ディーラー・ショールームを通じてBMW とMINI製品の販売とアフターセールスを提供している。また、BMW Motorrad(オートバイ)の製品・サービスは、自動車同様、専売店ネットワークを通して提供している。関連子会社に金融サービスのビー・エム・ダブリュー・ジャパン・ファイナンス株式会社と直営販社であるビー・エム・ダブリュー東京株式会社とビー・エム・ダブリュー大阪株式会社を抱えている。

> BMWジャパンがチャレンジ25キャンペーンに参加で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

東京都千代田区でワンコイン・チャリティ・ライヴによる地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 地球温暖化の原因対策を訴えかけるライヴ・イベント「横浜ゴム LIVEecoMOTION with MTV」が10月1日(金)、東京国際フォーラムホールC(東京都千代田区丸の内)にて開催される。これは、MTVジャパンが、横浜ゴム株式会社の展開する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減などを目指す環境貢献活動「エコ・モーション」をサポートし、ともに若者を中心とした音楽ファンに向けて、地球環境問題への意識啓発と自発的なアクションを起こすきっかけを与えることを目的に開催するものである。出演アーティストには、地元神奈川県を拠点に活動しながら、その暖かいサウンドと率直なリリックが幅広い層の音楽ファンの心をとらえている人気デュオ、キマグレンが決定しており、今後も追加アーティストが決まり次第発表するという。8月31日(火)までイベントのオフィシャルサイトを通じての応募者から抽選で700組1400人をイベントに招待するという。イベントは完全招待制で開催されるが、入場時に一人500 円の入場料を取るワンコイン・チャリティ・ライヴとなっている。入場料の全額は、横浜ゴムより「財団法人世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)」に寄付され、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を始めとする地球温暖化対策活動に役立てられる。

> 東京都千代田区でワンコイン・チャリティ・ライヴによる地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

自治体で異なる地球温暖化の原因の温室効果ガス(CO2)を排出しない太陽光発電への補助金

 太陽光発電システムを販売している営業担当者のセールストークは、基本的に「家庭の月々の電気代が無料になり、しかも、使わずに余った電気は売却してお金が入る」という内容なので、一般の人にとってはとても魅力的に感じる言葉だ。しかも、太陽光発電システムは、発電時には地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)を排出しないという環境問題に対しても優れた製品である。しかし、実際に太陽光発電システムを設置しようとすると、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に寄与するとはいうものの、初期費用がかなりかかるのがネックなので、国と地方自治体が行っている太陽光発電システムの補助金制度を活用することになる。太陽光発電システムを検討するに当たって、ソーラーパネルを含めた太陽光発電システムは、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に積極的に取り組んでいるシャープや京セラ、サンヨーなどさまざまなメーカーが提供しているが、太陽光発電システムの価格はメーカーごとに異なっており、太陽光発電システム1kw当たりの価格は、ほぼ70万円前後になっている。一般的な家庭の電気使用量に合わせた太陽光発電システムの場合には4kwを設置することが多いことから、太陽光発電システムにかかる初期費用はおよそ280万円前後になる。これに補助金が適用でき、国からは、1kw当たり7万円の太陽光発電システム補助金を受け取ることができるので、4kwなら28万円となる。地方自治体からの太陽光発電システム補助金もあり、例えば、東京都千代田区では、東京都から1kw当たり10万円の太陽光発電システム補助金が支給され、千代田区からも1kw当たり10万円の太陽光発電システム補助金を受けることができるので、出費は172万円まで抑えることが可能である。しかし、東京都中野区の場合であれば、中野区には太陽光発電システムの補助金制度がないため、国と東京都からの補助金て68万円しか受けることができない。神奈川県横浜市では、神奈川県と横浜市からの太陽光発電システム補助金を合わせても、1kw当たり4万円(上限15万円)しかない。千葉県の場合は、千葉県に太陽光発電システムの補助金制度自体がない。あとは市町村が独自に実施している太陽光発電システム補助制度を利用するしかないが、千葉市のように、既に予算額に達しているため、補助金の募集を締め切っている自治体もある。このようなケースでは、国からの補助金28万円しか受け取ることができない。国をあげて球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に取り組んでいるものの、太陽光発電システムに関する補助金制度については、自治体によって、かなりバラツキがある。こうしたいずれの太陽光発電システム補助金に関しても、設置する太陽光発電システムの機器によって補助対象が細かく決められているほか、申請期限や予算額もあるので、太陽光発電システムの導入を検討する場合は、居住地の自治体の太陽光発電システム補助金制度を確認しよう。

> 自治体で異なる地球温暖化の原因の温室効果ガス(CO2)を排出しない太陽光発電への補助金はこちら

東京都港区のアイエスエフネットグループ国内全拠点による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減

 東京都港区に本社があるアイエスエフネットグループは、環境省地球温暖化の原因防止のために2003年から実施している「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」の趣旨に賛同し、7月7日の「七夕ライトダウンキャンペーン」に参加すると発表した。環境省では2003年から地球温暖化の原因防止のためライトアップ施設の消灯を呼びかける「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」を毎年夏至の日を中心として行ってきており、この取組みはライトアップに馴れた日常生活の中、電気を消すこ とでいかに照明を使用しているかを実感し、地球温暖化の原因問題について考えることを目的としたキャンペーンである。この度の「七夕ライトダウンキャンペーン」では、下記の環境問題に係る活動を実施する。7月7日、国内のアイエスエフネットグループ全18拠点において20時に消灯し、社員の地球温暖化の原因防止に係るエコへの意識の向上、またワークライフ・バランス推進のため、七夕当日は「ノー残業デー」とし、定時帰社を推奨し、自宅での消灯を呼びかけるという。
アイエスエフネットグループは設立以来、E&E(Eco&Employment)の大義の下に、限りある資源の有効活用と働く環境を求めている方への雇用の創造に取り組んでいる。地球温暖化の原因防止のための取り組み「チャレンジ25キャンペーン」への参加もしており、6月から9月の間は、社員にクールビズの服装を呼びかけ、オフィスの室温設定を28℃に保つ等の活動を行っているという。「チャレンジ25キャンペーン」は、地球温暖化の原因対策のために、2020年までに温室効果ガスである二酸化炭素CO2)を1990年比25%削減達成するためのプロジェクトである。今後も、社員一人ひとりの地球温暖化の原因防止運動への参加も奨励し、地球温暖化の原因防止・環境問題保全に対して全社を挙げて取り組む決意を表明している。

> 東京都港区のアイエスエフネットグループ国内全拠点による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

東京都港区の伊藤忠商事が地球温暖化の原因防止のため「エコ・アクション・ポイント」を導入

 本社が東京都港区にある伊藤忠商事(代表取締役社長:岡藤正広)では、地球温暖化の原因防止のため循環型環境ブランドとして展開する「MOTTAINAIキャンペーン」のより一層の拡大を目指し、環境省が推進しているジェーシービー(本社:東京都港区、代表取締役兼執行役員社長:高倉民夫、以下:「JCB」)が運営を担うエコ・アクション・ポイントを導入すると発表した。「エコ・アクション・ポイント(以下「EAP」)」は、地球温暖化の原因対策型の商品・サービスの購入や省エネ行動を行うことによってエコポイントを獲得でき、溜めたエコポイントをさまざまな商品・サービスに交換することができるプログラムである。JCBが環境省から委託を受け、EAPのプラットフォーム運営を行っており、参加企業・団体は、銀行、保険、家電量販店、電力、鉄道、旅行、ホテル、リユース、出版、放送、外食、イベント、地方自治体など累計45企業・団体で現在も加盟数は拡大しているという。伊藤忠商事はEAPの主旨に賛同し、この度MOTTAINAIキャンペーンにおいてEAPを導入するという。MOTTAINAIキャンペーンでは、そのコンセプトに沿った地球温暖化の原因防止の環境配慮型商品を展開しており、売上の一部をワンガリ・マータイ氏が推進する植林活動「グリーンベルト運動」に寄付しており、2010年6月20日からはMOTTAINAI SHOPでの商品購入金額に応じたEAPの付与も開始する。また、トライアルとして、2010年6月20日に神奈川県横浜市にある横浜アリーナで開催されるMOTTAINAIフリーマーケットの出店者に対してEAPポイントを付与し、今後、東京都近郊で毎週末開催しているMOTTAINAIフリーマーケットにおけるEAPの導入を検討するという。MOTTAINAIキャンペーンでは、地球温暖化の原因防止の持続可能な循環型社会の実現を目指して活動しており、地球温暖化対策に関する活動の一環として、今後もJCBと協力し、EAPの更なる導入を検討していく。JCB及び環境省は、EAPが今後もさらに日常生活における身近なエコ活動として定着していくものと考えており、引き続き、会員及び参加企業・団体の拡大に取り組んでいくという。

> 東京都港区の伊藤忠商事が地球温暖化の原因防止のため「エコ・アクション・ポイント」を導入はこちら

東京都港区の日比谷花壇が地球温暖化の原因防止のカーボンオフセット導入

 東京都港区にあるフラワーショップの日比谷花壇は、7月1日~8月31日の期間に宅配サービスによって顧客に届ける商品について、地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素カーボンオフセットの仕組みを使い、1商品あたり400グラムの二酸化炭素排出(CO2)削減を行う。配送時に発生する地球温暖化の原因となるCO2を相殺することで、地球温暖化の原因防止への取り組みの姿勢をアピールする考えだという。地球温暖化の原因防止対策のカーボンオフセットの対象となるのは、パソコンや携帯電話のショッピングサイトや電話、店頭、夏のギフトカタログを通じて注文を受け付ける配送を伴う260種類以上の商品が該当するという。日比谷花壇の商品を宅配サービスで届ける場合、平均で約400グラムの地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2が発生するという。このため、期間中に発生する地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2の総量に相当する二酸化炭素排出権を同社が購入し、二酸化炭素発生分と相殺する仕組みになっているという。商品には「配送時に発生した地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2をカーボンオフセットします」というメッセージを添え、受け取った人にも地球温暖化の原因防止対策をPRして分かるようになっている。地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素排出権は、ブラジルの小規模水力発電工場プロジェクトにより創出され、国連が認証したものだという。日比谷花壇では、昨年の夏、冬のギフトや今年の母の日・父の日ギフトのカタログ商品について、カーボンオフセットの方式で配送時の地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出削減を行ってきた。今夏は「より多くの人に地球温暖化の原因対策を始めとする地球環境問題に関心を持ってもらいたい」と考えて対象を大幅に拡大したといい、地球温暖化の原因防止対策など環境問題に対する意識が高まる中、「対象商品を検討した上で9月以降も継続していきたい」と話している。

> 東京都港区の日比谷花壇が地球温暖化の原因防止のカーボンオフセット導入はこちら

東京都世田谷区で地球温暖化の原因進行防止の自転車利用

 東京都世田谷区のNPOが地球温暖化の原因進行防止の観点から自転車利用を呼びかけている。東京都の都心部は自転車を利用しての移動にちょうど良いスケールの広さといえる。NPOの「アーバンエコロジー東京」では、地球温暖化の原因進行防止のため、「東京自転車グリーンマップ」を作り、東京都内の短距離の移動には地球温暖化の原因防止のために自転車を使おうと呼びかけている。マップを利用して東京都内の自転車に安全な道をめぐって素顔の東京を再発見すれば、地球温暖化の原因防止のほか、地域の活性化や健康の増進にもつながると話している。マップにはレンタサイクル情報、修理店情報なども網羅しており、東京都らしさを感じさせる場所などを地球温暖化の原因防止のため自転車でめぐるライフスタイルを提案している。東京都心部には人間活動が集中し、環境負荷が大きいと思われがちだが、実はコンパクトで環境効率が良いエリアといえる。自然と隔絶した人工空間、人と自然とのふれあい、人と人とのふれあいが希薄な近代都市とも思われがちだが、実は歴史の蓄積を継承し、江戸情緒を味わい、楽しむことができる地域でもある。地球温暖化の原因防止のため自転車を活かした地域づくりは、そんな東京の象徴的な取組みといえる。アーバンエコロジー東京による地球温暖化の原因防止のための取組みは、デザインの優れた自転車地図をつくるのではなく、自転車という移動手段、ふれあい手段を活かし、東京都らしさを最大化し、そして人が健康になれる街・ライフスタイルを再生・創造していくという、大きな目標をもった社会変革事業でもある。人類にとって大きな課題である地球温暖化の原因の進行を止め、また、都市環境問題を改善するためには、温室効果ガスを排出する自家用車の使用を減らし、エコロジカルな乗り物である自転車を活用することが有効だ。ヨーロッパの主要都市においては、地球温暖化の原因防止などの環境問題の観点から自転車レーンの設置や公共レンタサイクルの整備は有名だが、車中心社会の米国でも自転車を活用した都市づくりが進められており、その契機となったのは市民グループによる提案と活動だったという。一方、わが国における自転車環境の整備は、地球温暖化の原因防止に寄与するにもかかわらず、大きく遅れている。車優先社会であるため、歩道内に自転車レーンを設置するという、他の国では見られない整備が進められており、自転車対歩行者の交通事故が急増している。この流れを変えるためには、自転車利用者である市民の側から、安全で快適な自転車環境をつくるための提案をしていかなければならない。アーバンエコロジー東京は、地球温暖化の原因防止に寄与する良好な自転車環境の構築に向けた提案と啓蒙活動をすることを目的として、2003年12月に結成された市民グループである。地球温暖化の原因防止に寄与する自転車を安全で快適に利用するための情報を共有するための道具として、東京都自転車グリーンマップを制作している。地球温暖化の原因防止に寄与する地球環境基金の助成を得て、2006年4月にウエブ版の東京都自転車グリーンマップを公開し、また、朝日新聞社と協働でチームマイナス6%NPOとメディアとの連携事業の助成を受け、2007年1月から東京都心部の東京自転車グリーンマップ印刷版を無料配布している。2008年度は地球温暖化の原因防止に寄与する地球環境基金の他、自転車の株式会社シマノの協賛を受け、多摩美術大学産学共同研究としてウエブ版の改訂と東京都23区印刷版の制作を行った。

> 東京都世田谷区で地球温暖化の原因進行防止の自転車利用はこちら

東京都・神奈川県・大阪府のビル協研究会が地球温暖化の原因対策を発表

 最近では、様々な分野において地球温暖化の原因対策についての研究が進んである。東京都ビルヂング協会の中小ビル経営者研究会は、神奈川県ビルヂング協会及び大阪府ビルディング協会の中小ビル経営者研究会と合同で調査報告書「続・中小ビル経営者ができる地球温暖化の原因防止策」を取りまとめたと発表した。2009年10月に研究会構成会社がそれぞれのテナントの協力を得ながら地球温暖化の原因対策に寄与する省エネルギーの実態調査を実施し、その結果、東京都、神奈川県、大阪府の計49棟の中小ビルオーナーとテナント300社(全704社)の回答を得たという。まず、地球温暖化の原因対策に寄与すると考えられる「ビルの省エネルギー意識と行動」に関しては、(1)築後経過年数は平均33年、延べ床面積は平均7000平方メートルであり、1棟当たり原油換算エネルギー消費量は年間340キロリットルとなり、1平方メートル当たりで地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素CO2排出量は60キログラムにのぼる。(2)空調は個別空調が75%(一部導入含む)、(3)メーター検針は8割が直読方式、(4)平均テナント数は1棟当たり14社(省エネルギー法の特定事業者に該当するテナントが入居するビルは4割)、(5)今後概ね3年以内の設備更新予定は空調と照明が5割以上であり、地球温暖化の原因対策に寄与する計画通りに更新されると、調査ビル全体の8%のエネルギーが削減可能である。一方、「テナントの省エネルギー意識と行動」では、(1)地球温暖化の原因対策に寄与する省エネルギー法を知らないテナントは5割超、(2)省エネルギー法特定事業者に該当するテナントは8%、(3)ビルが行う地球温暖化の原因対策に寄与する省エネルギー対策に対するテナントの関心は7割超、(4)7割を超えるテナントは自らできる地球温暖化の原因対策に寄与する省エネルギー対策を推進、(5)共用部で行う地球温暖化の原因対策に寄与する省エネルギー対策は6割以上のテナントが支持などといった結果が出た。これを受けた今後の地球温暖化の原因対策に寄与する取り組みとして、(1)地球温暖化の原因である温室効果ガスの「CO2を考える日」を制定(4月2日)、(2)テナントへの啓発(地球温暖化の原因である温室効果ガスのCO2排出量サイン看板の設置率のアップなど)、(3)地球温暖化の原因対策に寄与するエネルギーの管理体制の強化、(4)テナント室内の省エネルギー協働スキームの研究を進める予定だという。

> 東京都・神奈川県・大阪府のビル協研究会が地球温暖化の原因対策を発表はこちら

地球温暖化の原因気候講演会「温暖化する地球 ~最新の研究成果と私たちにできること~」を東京で開催

 気象庁は平成22年7月1日に東京都千代田区の一橋記念講堂において、地球温暖化の原因を考える気候講演会「変わりつつある地球を知ってください~地球を守るのは私たち~」を開催すると発表した。気象講演会は同庁が、地球環境問題に関する最新の科学的知見やその対策に関する知識を普及するために、毎年日本各地で地球温暖化の原因防止対策に係る講演を開催しているものである。講演会では、気象庁 気象研究所 気候研究部長の鬼頭 昭雄 氏による「地球温暖化の原因の科学」において、地球温暖化の原因の進行に伴ってどのような気候変化が生じるかを評価するには、気候を構成する大気・海洋・陸面・海氷・生物圏などの各システムの変動及びそれらの相互作用の物理法則を記述した気候モデルの利用が不可欠である。我が国では、世界に例を見ない高い空間解像度の気候モデルを用いて、熱帯低気圧や大雨等の極端現象に焦点を当てた地球温暖化の原因予測研究が実施されている。本講演では世界最先端の地球温暖化の原因予測研究について紹介する。次に、気象キャスターの山本 志織 氏による「天気を通して、地球のことを考えよう」において、寒波到来とともに始まった今年であり、春は、咲いた桜が戸惑ってしまうような寒暖の差であった。年々、天気や気温の変化が極端になっていることを感じており、地球が悲鳴をあげる前に、今起きている現象に目を向け、地球温暖化の原因を食い止めるためにできることを考えていく必要がある。災害を未然に防ぐために知っておきたいこと、天気予報を上手に利用するヒントなど地球温暖化の原因に関連する話を講演する。次に、独立行政法人産業技術総合研究所エネルギー社会システムグループ長の西尾 匡弘氏の「地球温暖化の原因の温室効果ガス削減対策の現状と将来」において、人類の活動に伴う地球温暖化の原因となる温室効果ガスの大気中への大量排出が地球温暖化の原因に代表される気候変動の主要因として指摘され、近年、その地球温暖化の原因の温室効果ガス削減が喫緊の問題と認識されるようになった。本講演では、人類の化石資源消費に伴う地球温暖化の原因の温室効果ガスの排出の状況と今後の見通しを紹介し、今後実施しなければならない排出削減の方向性と対策の現状及び課題を示し、地球温暖化の原因対策技術の将来展望についても紹介する。これらの地球温暖化の原因を考える3講演が行われる予定となっている。定員は500名で入場は無料。この講演会に関する問い合わせ先は、気象庁総務部総務課広報室(電話:03-3212-8341内線2126)まで。

> 地球温暖化の原因気候講演会「温暖化する地球 ~最新の研究成果と私たちにできること~」を東京で開催 はこちら

企業は地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減の取り組みを開示すべし

 SAPジャパンは、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出量管理ソリューションの最新版「SAP Environmental Compliance 3.0」に関するマスコミ向け説明会を開催した。この中で同社は企業に対し、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス削減に向けた取り組みを社会に公表すべきだと主張している。地球温暖化の原因への関心が世界的に高まり、企業でも地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの排出量削減に向けた取り組みが積極的に進められている現状にあるといえる。従来はさまざまな環境関連の法規制による圧力から製造業が地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの排出量公表に積極的に対応していたが、2009年に施行された改正省エネ法や今年4月に施行された東京都の改正環境確保条例を契機に、一般企業にも地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの排出義務が課せられるようになった。SAPジャパンは、企業の地球温暖化の原因防止対策を始めとする環境対策への取り組みを企業の社会的責任であるCSRやビジネスの永続性の観点で重要な要素と位置付けている。「SAPは社会に貢献する立場から地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス削減の実績をすべて公表している。同様の取り組みを検討している企業には、ぜひ当社のノウハウを参考にしてほしいとコメントしている。地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスに関する法規制強化を受けて、温室効果ガス排出量削減の実績を財務情報と同様に投資家や顧客など企業を取り巻くすべての関係者に公表するよう求める動きが活発化している。イギリスのNPO法人であるCarbon Disclosure Project(CDP)は世界各国の大手企業に対して、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの排出量などに関する情報を年1回開示するよう請求している。CDPは資産運用額が55兆ドルを超える機関投資家らの要請を受けて活動しているといい、企業が開示する内容は資金調達などに影響するとみられる。しかし、CDPの要請を受けて情報を開示した企業は、欧州で82%、米国では66%に上るが、日本は37%でしかなかった。新興国ではブラジルが76%なのに対し、インドと中国は20%未満だった。SAPジャパンが顧客企業などに実施した地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの排出管理に関するアンケートでは、36%が自主的な開示、34%が有価証券報告書での開示、32%が自社排出量の可視化を課題に挙げているという。ビジネスユーザー&プラットフォーム事業本部によれば、2012年度ごろをめどに地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減に関する取り組みを有価証券報告書で開示することが検討されているという。しかし、現状では、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減実績を開示するかどうかは企業の自主的な判断に委ねられているのが実態だが、適切な取り組みを社会に公表すれば、企業に対する信頼が高まるというメリットがある。今後、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出量の開示が義務化されれば罰則を伴うことも予想される。東京都の改正環境確保条例では、温室効果ガス削減義務に違反した企業に罰金や企業名の公表などの厳しい罰則を課すことが決まっている。

> 企業は地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減の取り組みを開示すべしはこちら

東京都品川区で地球温暖化の原因対策の環境配慮型オフィスビル誕生

 ソニーの旧本社跡地は東京都品川区にあるが、2011年2月に地球温暖化の原因防止対策に寄与する超省エネ型LED照明や大規模緑化などを採用した国内初の環境配慮型オフィスビルが誕生する。この地球温暖化の原因防止対策に寄与する環境配慮型オフィスビルを建築するのは、大手住宅メーカーの積水ハウスである。同社がソニーの旧本社ビル跡地でオフィスビルや賃貸マンションからなる複合開発を行っている「御殿山プロジェクト」内で、最大の面積を占めるAブロックに建設するという。地球温暖化の原因防止対策に寄与する環境配慮型オフィスビルの最大の特徴としては、地球温暖化の原因防止対策に寄与する発光効率が高い最新の超省エネ型LEDグリッド照明を大規模に採用しているところにあり、従来型のLED照明は一般的な蛍光灯照明に比べて消費電力の削減率が約20%であったのに対し、今回採用されるLED照明は約41%の電力削減ができるという。地球温暖化の原因防止対策に寄与するLED照明機器の寿命も蛍光灯照明に比べ約3.3倍もあり、省メンテナンス化が図れるという。また、これ以外にも地球温暖化の原因防止対策に寄与する技術として、地中の恒温性を利用する「クールピット」や、在室人員に応じて室内のCO2濃度を検知し必要外気量のみをオフィス内に導入する「自動CO2制御システム」、さらには、外気温が室温より低い時に外気を建物に導入して冷房を行う「外気冷房」など最先端の省エネ技術を採用し、エネルギーの消費量を低減することで、地球温暖化の原因防止に貢献するという。さらに、敷地内には地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素を吸収する樹木が17,480本も植樹され、ヒートアイランド抑制効果の高い芝生や地被類を植樹した屋上緑化も採用するなど43%もの高い敷地緑化率を実現しているという。積水ハウスでは、この最先端の省エネ技術を採用し、地球温暖化の原因防止対策に寄与する環境配慮型オフィスビルで、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2の年間排出量を大幅に削減することで、4月1日から施行された東京都改正環境確保条例におけるトップ事業者の認定を受けることを目指しているという。

> 東京都品川区で地球温暖化の原因対策の環境配慮型オフィスビル誕生はこちら

新宿御苑で地球温暖化の原因を考える「ロハスデザイン大賞」

 東京都新宿区内藤町にある新宿御苑で5月13日から、地球温暖化の原因を考える環境イベント「第5回ロハスデザイン大賞2010 新宿御苑展」がロハスクラブの主催で開催されている。同イベントは地球温暖化の原因防止や生物多様性保全のための参加型イベントとして毎年開催されており、今年のテーマは「Become a Green Shopper! 幸せにつながる、グリーンな選択を!」となっている。会場では各環境問題を考える環境ゾーン、ロハスステージ、ネイチャーゾーン、健康ゾーン、ロハスキッチン&カフェのあるフードコートなどに分かれ、展示やワークショップ、健康講座、各種イベントなどを開催している。その中でも、日傘型のテント「ロハスアンブレラ」では、「ヒト」「モノ」「コト」の部門に作品を分けてロハスデザイン賞の最終候補約120点を展示しているが、来場者もその場で投票し、イベントに参加できる仕組みとなっている。このほか、生物多様性の大切さを食べて理解できる体感型のフードイベントや、近所同士のコミュニケーションを深める「隣人祭り@新宿御苑」も行っている。同イベント担当者は「暮らしの中で実践できるさまざまなエコアクションを集めて展示する。自分自身の生活が社会や地球温暖化の原因と密接につながっていることを理解し、自分の生活における選択次第でこの世界をグリーンに変えていくことができるはず」とコメントしている。イベントの開催時間は9時~16時30分で、入園料は、大人200円、子ども50円、未就学児童は無料となっている。

> 新宿御苑で地球温暖化の原因を考える「ロハスデザイン大賞」はこちら

地球温暖化の原因防止の電気自動車(EV)普及へ各社加速

地球温暖化の原因防止に大きく寄与する電気自動車EV)普及の取り組みが増えてきた。東京都内では、世界初のバッテリー交換式電気自動車(EV)タクシーが試験的に営業を始めたほか、自動車メーカーと国・自治体による意見交換会や、日米企業間の共同研究の動きも出てきた。今後、主要メーカーの電気自動車(EV)販売も本格化し、「究極のエコカー」が身近になりそうな勢いとなっている。米ベンチャー企業である「ベタープレイス」では、タクシー大手の日本交通と共同で、電気自動車(EV)タクシー3台の試験運行を始めた。経済産業省の実証事業で、7月31日までの期間限定となる取組みであるが、六本木ヒルズ(東京都港区)の専用乗り場から、通常と同じ料金体系で、電気自動車(EV)タクシーを体験できる。この取組みの最大の特徴は、バッテリーを専用施設で交換する方式を採用したことだという。タクシーへの電気自動車(EV)導入は、EVの走行距離の短さや充電時間の長さが難点だったが、充電済みのバッテリーに交換するだけで、時間をかけずに1日約300キロ・メートル走ることが可能になったという。日本法人「ベタープレイス・ジャパン」の社長は記者会見で、都内の乗用車に占めるタクシーの割合が約2%なのに、地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量は20%を占めると指摘し、「地球温暖化の原因防止に大きく寄与する電気自動車(EV)大量普及への呼び水にしたい」と述べた。埼玉県さいたま市内では26日、自動車メーカーと自治体などが電気自動車(EV)普及策を話し合う「第1回E―KIZUNAサミット・フォーラム」が開かれ、2県18市の代表らがEV購入時の自治体独自の補助制度などを紹介した。神奈川県藤沢市では、電気自動車(EV)に対して一定の条件下で35万円を上限に補助する制度が設けられており、三菱自動車のEV「アイ・ミーブ」(車両本体価格398万円)であれば、国・神奈川県の制度と合わせて約200万円の補助金が受けられるという。一方、日産自動車は、米複合企業ゼネラル・エレクトリック(GE)と、EVの充電技術などで共同研究を始めると発表した。このように、地球温暖化の原因防止に大きく寄与する電気自動車(EV)普及の取り組みが加速してきている。

> 地球温暖化の原因防止の電気自動車(EV)普及へ各社加速はこちら

投資で地球温暖化の原因防止に貢献するカーボンオフセット付きCFD取引

 投資で地球温暖化の原因防止に貢献するカーボンオフセット付きCFD取引が日本で初めてスタートする。インターネットのオンラインでCFD取引サービスなどを展開するドットコモディティは東京都港区南青山で記者発表を実施し、地球温暖化の原因防止に貢献するカーボンオフセット付き取引サービス「エココモ」を26日からスタートすると発表した。「エココモ」は同社のCFDサービス「ミニ金」の売買手数料の一部を地球温暖化の原因となる温室効果ガスCO2削減プロジェクトへ資金として提供することで、投資家が投資を通じ地球温暖化の原因防止に貢献するサービスである。地球温暖化の原因防止に貢献する「カーボンオフセット」は環境意識の高まりによって、近年では徐々に認知度が増しているが、我々の生活を通して排出された二酸化炭素などの温室効果ガスを植林・森林保護・クリーンエネルギー事業などによって直接的、間接的に吸収しようとする考え方や活動のことをいう。我が国は、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出量を2020年までに1990年比で25%削減するという目標を掲げているが、投資家は取引を通じて地球温暖化の原因となるCO2削減プロジェクトに参加できることになる。エココモの資金が利用される地球温暖化の原因のCO2クレジット(排出権)は、インド国タミルナドゥ州の風力発電事業のCO2クレジットを購入することになる。この地球温暖化の原因防止対策の風力発電事業は、タミルナドゥ州に設置された7基の風力発電機によって、現地の電力不足に寄与し年間14,558t-CO2の地球温暖化の原因の温室効果ガス削減を見込んでいる。地球温暖化の原因防止対策の商品説明を行ったドットコモディティ社の企画部(エココモPJリーダー)によると、このサービスのターゲットは「投資に興味を持ちつつ、地球温暖化の原因防止対策などの環境意識も高い20代の投資家」だという。投資家が取引することによって得られた手数料から、初年度に1000口座を集め、700トンの地球温暖化の原因のカーボンオフセットを実施するのが目標だという。現在のところ、「エココモ」の対象となるのは、2000円から取引できるCFDの「ミニ金」のみとなっている。同社が提供する従来の「ミニ金」は手数料が無料だが、エココモでは0.5ドルの手数料が発生する。スプレッドは同じ0.5ドルのままだが、レバレッジは50倍のみとなるので違いに注意が必要だ。

> 投資で地球温暖化の原因防止に貢献するカーボンオフセット付きCFD取引はこちら

長崎県南島原市の保育所へ、地球温暖化の原因防止のそらべあ太陽光発電所贈呈式

 長崎県南島原市西有家町にある長野保育園に対して、ソニー損保(本社・東京都)から地球温暖化の原因防止対策に大きく寄与する太陽光発電施設「そらべあ発電所」が贈られ、その贈呈式が22日同園で行われた。これは、地球温暖化の原因防止の太陽光発電などグリーン電力の啓発活動をしているNPO法人そらべあ基金(本部・東京都)が企業・個人からの寄付を基に、希望する全国の幼稚園・保育園に抽選で贈っており、今回が12園目となるものである。贈られた設備は、屋根に設置する太陽光発電の太陽電池パネルと、室内に置く発電量表示器など計350万円分となっている。今回の太陽光発電設備では、年間3149キロワットを発電し、同保育園の年間消費電力の約20%を生み出すことができるという。太陽光発電贈呈式では、園児たちは、氷が解けて母親とはぐれたホッキョクグマの「そら」「べあ」が母親を捜しに旅に出る紙芝居を観賞した。その後、「無駄な電気は使わない」と地球温暖化の原因防止を約束した。最後は、同基金やソニー損保の代表、そら、べあのぬいぐるみと共に記念撮影をした。松本園長は「園児はごみを減量化し、生ごみを堆肥にして菜園を育ててきた。太陽光発電の設置で環境問題にますます関心が高まる」と大いに期待していた。

> 長崎県南島原市の保育所へ、地球温暖化の原因防止のそらべあ太陽光発電所贈呈式はこちら

東京都下水道局が地球温暖化の原因のCO2を25%削減に自信

 東京都地球温暖化の原因防止対策として、4月から東京都内のビルや工場などの大規模事業所に地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)の排出削減を義務付ける国内初の制度をスタートさせた。東京都自身も地球温暖化の原因防止に範を示すため、平成32年度までに12年度比で地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の排出量を25%削減する目標を掲げている。東京都庁の中でもとりわけ地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の削減を迫られているのが、東京都のCO2総排出量の4割を占める東京都下水道局だ。東京都下水道局は今年、「アースプラン2010」を策定し、下水道事業としては全国初となる最新技術を駆使した対策を取っている。東京都下水道局の事業活動で排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスの約4割は1300万東京都民の生活を陰で支える下水処理で発生しており、その大半は雨水や下水をくみ上げるポンプの電力や汚泥の焼却によるものとなっている。東京都下水道局の20年度CO2総排出量は87.6万トンであり、これは六本木ヒルズの地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の年間排出量の15倍以上で、地下鉄やバスなどを有する東京都交通局の3倍にもなる。しかも、地球温暖化の原因によるゲリラ豪雨対策で排水ポンプの増設を迫られるなど、下水道事業における電力消費量は増加し、地球温暖化の原因による負のスパイラルに陥っている。しかし、石原慎太郎知事が「東京都から日本の地球温暖化の原因防止対策をリードする」と宣言し、民間に地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の削減義務を課した以上、東京都自らが手をこまねいているわけにはいかない。そこで、東京都下水道局は「アースプラン2010」で、最新技術の導入で目標を達成する方針を打ち出した。
 それによると、例えば、汚泥焼却の際に発生するガスや熱を再利用するガス化炉や、炉内の圧力を上げて燃焼効率を高める第2世代焼却炉を導入する。汚泥焼却の際には、CO2の約310倍もの地球温暖化の原因となる温室効果を持つ一酸化二窒素が発生するため、それを大幅に抑制できる新型炉にはとりわけ大きな期待が集まる。このほか、太陽の動きに合わせパネル角度が変わる新型太陽光発電も導入することにした。これらはすべて下水道事業で全国初となる技術だという。導入に伴うコストだが、東京都下水道局は「設備の寿命時期に合わせて新技術を採用した機器を導入するためコストは大きく増えない。省エネ型の機械に入れ替わることで電力や燃料消費量が減少し、トータルするとコストは増えない」と自信を見せる。

> 東京都下水道局が地球温暖化の原因のCO2を25%削減に自信はこちら

秋田県、北海道、青森県、岩手県、山形県各県が地球温暖化の原因防止の再生可能エネルギーを東京都と供給協定 

 秋田県はこのほど、北海道青森県岩手県山形県各県とともに、東京都との間で地球温暖化の原因防止再生可能エネルギーを東京都内に供給する協定を結んだ。東京都は4月から大規模事業所に地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素排出削減義務を課す制度を開始している。こうした取組みを受け、秋田県、北海道、青森県、岩手県、山形県は新たな需要による地元の経済活性化や雇用創出を目指している。協定によると秋田県、北海道、青森県、岩手県、山形県は、地元でのバイオマスや風力、小水力など地球温暖化の原因防止の再生可能エネルギーの開発を支援し、生産したエネルギーを都内に供給し、東京都は都内で同エネルギーの需要創出に取り組むという。青森県からは、現在、六ケ所村の風力などのエネルギーをJR東京駅前の「新丸の内ビルディング」に直送している。秋田県内の風力発電装置は蓄電機能が十分でなく都内送電ができないため、当面は温室効果ガス排出事業者が地球温暖化の原因防止の再生可能エネルギー発電事業者から証書を買い取る「グリーン電力証書」制度を活用する。東京都は1日、大規模事業所に対して地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素排出量に一定の規制を設け、自前で削減できなければ他の事業所などとの間で削減量の枠を売買できる「キャップ・アンド・トレード制度」を始めている。秋田県温暖化対策課は「東京都内で新たな需要が生まれれば、5道県での地球温暖化の原因防止の再生可能エネルギー事業への参入や投資が見込める。将来的な経済活性化や雇用創出につなげたい」と期待している。

> 秋田県、北海道、青森県、岩手県、山形県各県が地球温暖化の原因防止の再生可能エネルギーを東京都と供給協定 はこちら

東京都が地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2削減義務づけ

 東京都が、都内の大規模なオフィスや工場などの事業所に、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の排出削減を条例で義務づける全国初の制度が4月1日からスタートした。事業所ごとに排出できる二酸化炭素(CO2)の総量を決めた上で、二酸化炭素(CO2)の総量を超えそうな事業所が、余裕のある事業所から「二酸化炭素(CO2)の排出枠」を購入できる二酸化炭素(CO2)の排出量取引制度も導入される。二酸化炭素(CO2)の排出量取引が本格導入されるのも全国初で、国も創設を目指している国内二酸化炭素(CO2)の排出量取引制度に影響を与えそうだ。東京都の試算では、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の削減が義務づけられるのは、原油換算で年間1500キロ・リットル以上の電気や燃料などを使う約1300の事業所が対象となる見込みだ。このうち、約300が工場であり、残りはオフィスビルや官公庁、病院、学校などとなり、東京都によると「中規模以上のビルはほとんど地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2削減対象になる」という。温室効果ガスのCO2削減対象事業所は、今後5年間の地球温暖化の原因となる温室効果ガスの平均CO2排出量を、2002~2007年度から選ぶ3年間の平均よりも6~8%減らさなければならず、達成できないと事業所名公表や罰金(上限50万円)の対象になる。事業所は年1回、東京都知事に実績を報告する。達成の是非は5年間の平均で判断されるため、東京都では「地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2排出量取引は後半に活発化する」とみている
コピー機レンタルリース格安情報PCパソコン個人向けレンタルリース情報貸しスタジオレンタル情報

> 東京都が地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2削減義務づけはこちら

地球温暖化の原因防止対策に向けた国内各社の取組み

 地球温暖化の原因防止対策に向け、日本国内の各企業が独自の取組みを始めている。日本コカ・コーラ(東京都渋谷区)では来月から、太陽光発電装置システムを搭載した自動販売機「ecoる/ソーラー」の本格設置を始めると発表した。日中に自販機の本体上部の太陽光発電装置のソーラーパネルで発電し、バッテリーに充電する。夜間になると、その電気を自販機のディスプレー部の照明に使うという。このほか、利用者がいない時にディスプレー部の照明を暗くしたり、内部の断熱性を高めたりして、従来型より消費電力を約40%も減らしており、年内に約1500台の設置を目指すという。
 佐川急便グループの持ち株会社「SGホールディングス」(京都府京都市南区)では、今年度行った「全社一斉ライトダウン」で約100万キロ・ワット時の電力量を削減したと発表した。約10万世帯が1日に消費する電力に相当するという。昨年4、7、10月と今年1月の計27日間、グループの全事業所・営業店(計547か所)で看板灯や業務に支障のない照明を消して電力使用量を抑え、地球温暖化の原因となる温室効果ガスであるCO2換算で約550トンの排出を削減したという。
 積水ハウス(大阪府大阪市北区)では、環境省などが主催する地球温暖化の原因対策運動の「ストップ温暖化『一村一品』大作戦全国大会2010」で先月、銅賞を受賞したと発表した。同社は2006年に大阪市北区の再開発地域・新梅田シティ内の敷地約8000平方メートルに、地球温暖化の原因防止対策となる水田や野菜畑、竹林、茶畑などを配した「新・里山」を整備した。これを地元の幼稚園児や小学生に無農薬有機栽培での米や野菜作りを体験してもらう取り組みを行ってきたことが評価された。
 三井不動産(東京都中央区)では、今月、同社グループの環境活動の共通キャッチコピー「アンド・アース」を作成した。同社グループは、ビルの建設や街づくりで設計段階から完成後の管理運営まで、地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2削減や水環境の保全、有害物質削減、省資源・廃棄物削減、生物多様性保全の5項目について配慮するなど、環境分野の取り組みを進めている。キャッチコピーは、同社の街づくりが地球との共生を意識していることをPRするのが狙いであり、今後、同社の広告や環境イベントなどで使用されるという。
貸し倉庫収納トランクルームレンタル情報介護用品レンタル情報家電製品家具レンタルリース情報

> 地球温暖化の原因防止対策に向けた国内各社の取組みはこちら

地球温暖化の原因対策の低炭素社会構築に関するシンポジウム

 環境省は、3月31日に東京都渋谷区の国連大学ウ・タント国際会議場において、地球温暖化の原因対策の「低炭素社会構築に向けたロードマップに関するシンポジウム」を開催すると発表した。この地球温暖化の原因対策のシンポジウムは、地球温暖化の原因対策の中長期目標達成のための対策・施策のパッケージを政府として検討していくにあたり、専門的・技術的観点からの具体的な提案を行うことを目的として、昨年12月に環境省が設置した「地球温暖化の原因防止対策に係る中長期ロードマップ検討会」の検討内容を踏まえて開催するものである。シンポジウムでは、地球温暖化の原因対策のロードマップ検討会各ワーキンググループからの報告や、海外の動向や地球温暖化対策に伴う雇用・新市場に関する講演を行うほか、パネルディスカッション「地球温暖化の原因対策の低炭素社会構築に向けたロードマップ」が行われる予定となっている。傍聴希望者は、3月26日の正午までに社団法人である「国際環境研究協会」まで申し込むことが必要となっている。
ライターの求人募集転職モデルの求人募集転職アルバイト探し求人募集転職

> 地球温暖化の原因対策の低炭素社会構築に関するシンポジウムはこちら

宮城県角田市に地球温暖化の原因防止対策の友好の森を東京都目黒区が整備計画

 宮城県角田市と友好都市関係にある東京都目黒区が2010年度、地球温暖化の原因防止対策や区民の環境意識を啓発するため、角田市島田に「めぐろの森」(仮称)を整備する計画を発表した。昨年4月に大規模な火災が起きた角田市島田地区の山林の一角を借りて植樹を行う計画で、地球温暖化の原因防止対策とともに山林復旧を進める狙いもある。両市区の関係者は、森林整備を通じて交流を深めたいと期待を膨らませている。東京都目黒区は2010年度当初予算案に角田市の山林の借地料や整備費など、めぐろの森創設事業として271万円を計上した。東京都目黒区によると、2010年度は火災で被害を受けた山林の一部約1ヘクタールを借り、桜の苗木約100本を植樹する計画だという。2011年度以降も植樹を拡大させる方針で、将来は区民が購入した苗木を植えるオーナー制度も創設したいという。両市区が友好都市協定を結んだのは2008年5月のことであり、目黒区は締結を機に角田市内に植樹による森づくりを計画し、適地を探していた。目黒区は山林復旧にも役立ちたいと、角田市側で被害があった約81ヘクタールのうち7割以上を所有する島田生産森林組合に土地の提供を申し入れ、組合が応じた。具体的な植林場所は予算案が目黒区議会で可決された後に決定する。両地域の結び付きは室町時代にさかのぼる。現在の目黒区にいた豪族が角田に移り住み、島田地区に館を築いたとされる。山家組合長は「交流のルーツである島田に区民を招けば、地域活性化にもつながる」と期待する。目黒区は間伐や木工品制作などを区民に体験してもらうツアーも検討している。区環境保全課は「地球温暖化の原因防止対策などの環境分野で角田市と交流を深める契機にしたい」と話している。
貸しテナント物件賃貸店舗情報フランチャイズFCチェーン加盟店募集情報販売代理店会社募集情報

> 宮城県角田市に地球温暖化の原因防止対策の友好の森を東京都目黒区が整備計画はこちら

地球温暖化の原因防止の太陽光発電の太陽電池展が開幕

 地球温暖化の原因防止対策となるアジア最大規模の太陽光発電太陽電池展示会「PV EXPO 2010」が3月3日、東京都・有明の東京ビッグサイトで開幕した。太陽光発電パネル国内首位のシャープは、初公開の発電効率世界最高の太陽光発電の太陽電池セル(発電素子)を展示している。太陽光発電パネル2位の京セラは車載用太陽光発電の太陽電池パネルを、4位の三菱電機が自社最高の高効率のセルをそれぞれ出展するなど、各社が成長が期待できる太陽光発電パネルの有望市場で改めて日本企業の技術の高さを示した。シャープが初公開した太陽光発電の太陽電池セルは、発電効率が35.8%(開発ベース)と、米国の研究機関が持つ記録を2ポイント塗り替えた。発電層にインジウムやガリウムなどレアメタル(希少金属)を使った化合物太陽光発電の太陽電池で、現在主流で品薄になっているシリコンを原料に使わないタイプとなっている。2012年に人工衛星向けなどで実用化を目指すという。開発した太陽光発電パネルのセルは3層構造となっており、最下層は従来ゲルマニウムだったものをインジウムガリウムヒ素に変え、取り出せる電力量を増やせたという。今後、この太陽光発電パネルは宇宙用途以外にも、集光レンズを使った大規模発電所向けの実用化も探るという。政府が昨年、住宅用に太陽光発電パネルの設置補助金制度を復活させたほか、地方自治体も独自の補助金制度を導入するなど、太陽光発電の国内市場は急拡大している状況にある。これに伴い、今回の太陽光発電パネルの展示会には海外メーカーも含め、前回を127社上回る579社が出展するなど関心の高さを示したといえる。
リサイクルトナー再生激安販売情報カーペットクリーニングじゅうたん情報革靴ブーツクリーニング情報

> 地球温暖化の原因防止の太陽光発電の太陽電池展が開幕はこちら

地球温暖化の原因防止のRe-Style Talk Show Tour 2009「低炭素社会って何だ?」in High School

 地球温暖化の原因防止の「Re-Style Talk Show Tour 2009『低炭素社会って何だ?』in High School」は、次世代を担う高校生に向けた地球温暖化の原因防止の普及啓発活動として行われているものである。チャレンジ25キャンペーン(環境省)が特別協力する地球温暖化の原因防止の「Re-Style Talk Show Tour 2009『低炭素社会って何だ?』in High School」の、第9校目の高校がこの度決定したと発表した。この地球温暖化の原因防止の取組みは、JFN(株式会社ジャパンエフエムネットワーク)がJFN全国38局ネットで生放送(毎週月曜日~木曜日 25:00~27:00)している「やまだひさしのラジアンリミテッドDX」の主催で行われ、その様子は、このラジオ番組で紹介される予定となっている。番組DJであり、「うちエコ!」特命大使でもあるやまだひさしさんが、この地球温暖化の原因防止の企画に賛同したアーティストとともに全国の高校を巡り、「地球温暖化の原因防止の低炭素社会って何だ?」をメインテーマに、各地における地球温暖化の原因防止の低炭素社会に関する話題や取組などを、わかりやすく楽しく紹介していく番組となっている。地球温暖化の原因防止の参加高校の募集は引き続き行われており、参加を希望される高校は「やまだひさしのラジアンリミテッド DX」のHP(http://www2.jfn.co.jp/dx/restylet_2009/index.html)を参照のうえ申し込む必要がある。第9校目 筑波大学附属駒場高等学校 日時:2010年1月25日(月) 14時30分~ (約70分) 会場:筑波大学附属駒場高等学校(東京都世田谷区池尻) 体育館 ※学校側の御協力により、課外授業の一環として実施される。
貸しベビー用品レンタル情報観葉植物レンタルリース貸し植木情報スーツケースレンタル格安情報

> 地球温暖化の原因防止のRe-Style Talk Show Tour 2009「低炭素社会って何だ?」in High Schoolはこちら

東京都が地球温暖化の原因防止に寄与するEV・PHV普及シンポジウム開催

 東京都は、平成22年2月19日に港区立麻布区民センター 区民ホールにおいて地球温暖化の原因防止に寄与する「EV・PHV普及シンポジウム」を開催すると発表した。実用性が高く環境性能に優れたEV(電気自動車)・pHV(プラグインハイブリッド自動車)の市場販売が開始され、地球温暖化の原因防止に寄与するという環境面に加えて、蓄電機能やIT技術を活用した機能も期待されるなど、社会が変革していく大きな可能性を有している車である。今回のシンポジウムは、こうした次世代の地球温暖化の原因防止に寄与する環境対応車の更なる普及拡大を図ることを目的として開催するものとなっている。シンポジウムの内容としては、早稲田大学大学院教授の大聖氏による基調講演「地球温暖化の原因防止に寄与する環境・エネルギーと自動車」が行われるほか、トヨタ自動車(株)、日産自動車(株)、富士重工業(株)、三菱自動車工業(株)、東京電力(株)他をパネリストに迎えた討論会「地球温暖化の原因防止に寄与するEV・pHVが主役の新たな時代へ」や「東京都EV・pHV普及連携パートナー」による地球温暖化の原因防止に寄与する取組の発表が予定されている。東京都では、先着で200人の無料参加者を募集している。参加希望者は、所定の参加申込書に必要事項を記入のうえ、2月17日までに郵送、FAX又はE-mailにて申し込む必要がある。申込先 東京都環境局自動車公害対策部計画課計画係〒163-8001 新宿区西新宿二丁目8番1号FAX:03-5388-1378E-mail:S0000628@section.metro.tokyo.jp
ケアマネージャー・介護支援専門員の求人募集転職和服振袖留袖着物レンタル貸衣装情報金プラチナ貴金属高価買取情報情報

> 東京都が地球温暖化の原因防止に寄与するEV・PHV普及シンポジウム開催はこちら

地球温暖化の原因対策の推進に係る法律施行令の改正案への意見募集

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策として制定されている「地球温暖化対策の推進に関する法律施行令の一部を改正する政令案」に対して、平成22年2月3日までの間、意見募集を行うと発表した。今回の改正の概要は、地球温暖化の原因となる二酸化炭素他の温室効果ガスの排出量の算定方法・排出係数について所要の見直しを行うものとなっている。地球温暖化の原因防止対策としての意見は、郵送、FAX、電子メールで環境省が受け付けている。郵送の場合は封筒の表面に、ファックス又は電子メールの場合は件名に、「地球温暖化対策の推進に関する法律施行令について(案)への意見」と記載する必要がある。
○意見提出先 環境省地球環境局地球温暖化対策課 〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 FAX:03-3580-1382 E-mail:ghg-santeikohyo@env.go.jp
今回意見を求めている地球温暖化対策の推進に関する法律施行令の一部を改正する政令案の概要は次のとおりである。
1 改正の趣旨
地球温暖化対策の推進に関する法律(平成10年法律117号)に規定する地球温暖化の原因となる温室効果ガス総排出量の算定方法及び地球温暖化の原因となる温室効果ガス算定排出量の算定方法について、インベントリで用いられている算定方法の見直しや総合エネルギー統計の数値の更新等を踏まえ、地球温暖化の原因対策の推進に関する法律施行令(平成11年政令143号)に規定する温室効果ガスの排出量の算定方法・排出係数について所要の見直しを行うものである。
2 改正の内容
以下の項目に係る見直しを行う。


3 施行期日
平成22年4月1日
改正後の本施行令別表第8(廃棄物の埋立処分に係る算定方法)の規定は、平成22
年度以降の報告について適用する。
ケアマネージャー・介護支援専門員の求人募集転職和服振袖留袖着物レンタル貸衣装情報金プラチナ貴金属高価買取情報情報

> 地球温暖化の原因対策の推進に係る法律施行令の改正案への意見募集はこちら

4都県が地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引を共同で

 首都圏における1都3県の8自治体が、地球温暖化の原因二酸化炭素などの温室効果ガスを効果的に削減していくため、1都3県を対象にした共同の温室効果ガス排出量取引制度の創設を検討していることが明らかになった。自治体単位の地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引では、東京都と埼玉県が独自の排出量取引制度を2010年度以降に導入する方針だが、これを1都3県で統合・共通化し、自治体の境界を越えて企業同士で地球温暖化の原因の温室効果ガス排出枠を取引できるようにする構想だという。地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引は、国や自治体が企業などに二酸化炭素(CO2)排出量の上限を設け、地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量を枠内に抑えられなかった企業が、超過達成した企業から余った地球温暖化の原因の温室効果ガス排出枠を買えるようにする方式である。地球温暖化の原因防止対策の柱として鳩山政権も導入に前向きで、首都圏の地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引構想は政府レベルの議論にも影響を与えそうだ。共同の制度を検討しているのは東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県に加えて、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市の8都県市となっている。地方分権の推進に向け、8都県市は共通の政策課題に取り組む「首都圏広域連合」(仮称)を設置することで合意しており、環境分野では共同の地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引制度の創設を検討することにした。キャップ・アンド・トレード方式の仕組みを検討するという。
 東京都は2010年度から、地球温暖化の原因の温室効果ガスであるCO2排出量の多い都内の約1400事業所を対象に、温室効果ガス排出削減を義務化し、独自の温室効果ガス排出量取引制度を導入することを決めている。埼玉県も2011年度から、600程度の事業所を対象に同様の地球温暖化の原因の温室効果ガス削減制度を開始する予定だという。8都県市は、これらの取組みをたたき台にして2011年度以降、地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引制度を首都圏全体に広げていくことを目指すとしている。ただ、千葉県や神奈川県は、臨海地域に地球温暖化の原因の温室効果ガスであるCO2排出量が多い製鉄所などの工場や発電所を多く抱える状況にある。地球温暖化の原因の温室効果ガスであるCO2排出量に占める製造業などの産業部門の比率が高く、産業界は地球温暖化の原因の温室効果ガスである排出削減の義務化や排出量取引に慎重だという。こうした自治体に状況の差があることから、オフィスやホテルなど業務部門の比率が高い東京都とは事情が異なり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである制度の具体化に向けた調整に時間がかかる可能性もある。
 なお、地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引制度の「キャップ・アンド・トレード」方式とは、政府や自治体が企業などに地球温暖化の原因の温室効果ガスの排出量の上限を割り当て、過不足分を企業などが売買する仕組みのことをいう。地球温暖化の原因の温室効果ガスの排出量の多い企業は排出枠購入の費用を抑えようとし、少ない企業は地球温暖化の原因の温室効果ガスの排出枠を売って稼ごうとするため、省エネルギーの取り組みが広がると期待できる。欧州連合(EU)は2005年に導入しているが、地球温暖化の原因の温室効果ガスの排出枠の公平な割り当てが課題といわれている。
ピアノ講師求人募集転職家庭教師の求人募集転職講師の求人募集転職

> 4都県が地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引を共同ではこちら

環境家計簿で地球温暖化の原因防止を

 地球温暖化の原因温室効果ガスの一つである二酸化炭素(CO2)は、家庭から排出されるCO2は長期的に見ると大幅に増加している傾向にある。目に見えない日常生活での地球温暖化の原因のCO2排出量をおおまかに把握しようと、インターネットのウェブサイト上に「地球温暖化の原因の環境家計簿」が登場している。買い物カゴの中身や、水道、ガスなどの使用量を書き込むだけで自動的に地球温暖化の原因のCO2排出量を割り出し、記録できるというものである。地球温暖化の原因の環境家計簿の利用者はまだまだ少なく、サービス提供者は利用拡大を目指している。ウェブサイトで利用できる地球温暖化の原因の環境家計簿「えこ花」は、購入した食材や日用品の名称や金額、光熱費などを書き込めば自動的に大まかな地球温暖化の原因の温室効果ガスのCO2排出量を割り出し、家計管理のついでに地球温暖化の原因の対策を意識できる。地球温暖化の原因の環境家計簿を開発したのは「ビジネスオンライン」(東京都中央区)である。地球温暖化の原因の環境家計簿の「えこ花」は誰でも無料で使え、千葉県や沖縄県の一部スーパーでは精算時に自分の「地球温暖化の原因の環境家計簿」へ自動的に記帳できるシステムの実証実験も行っている。全国で約900人が地球温暖化の原因の環境家計簿を利用しており、お金のやりくりが必要な子育て世代が目立つそうである。
 東京電力の地球温暖化の原因の環境家計簿である「CO2家計簿」(利用者5万4千人)や環境省の地球温暖化の原因の環境家計簿である「えこ帳」(同12万世帯)もウェブページ上に、水道やガス、電気など毎月のエネルギー使用量や料金を入力すれば大まかな地球温暖化の原因の温室効果ガスのCO2排出量を割り出す環境家計簿を無料公開している。環境省によると、昨年度の国内の家庭部門の地球温暖化の原因の温室効果ガスのCO2排出量は京都議定書の基準年(1990年度)に比べ、34.7%増えている。国別の地球温暖化の原因の温室効果ガスのCO2排出量は、世界で日本は5番目に多い状況にある。東京電力(東京都千代田区)が自社サイトの登録者約2300人を対象に、地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量を計測できる「環境家計簿」について聞いたところ、認知度は約80%に達したが、実際に地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量を計測している人は約16%にとどまった。地球温暖化の原因の環境家計簿の利用拡大は課題の一つとなっており、便利な機能を備えることで主婦の利用を広げようとの動きがある。地球温暖化の原因の「えこ花」は今秋、記録したリストの中から底値の価格と購入した店舗を商品ごとに表示する「底値リスト」の機能を加えた。「えこ帳」でも今後、地球温暖化の原因のポイント制度の拡充を検討している状況にあるという。
古着買取リサイクル通販情報ブランド品高価買取情報家具高価買取リサイクルショップ販売情報

> 環境家計簿で地球温暖化の原因防止をはこちら

地球温暖化の原因防止対策の1人1日1kgのCO2削減

 地球温暖化の原因防止対策チーム・マイナス6%では、ホームページに特設サイト「目指せ!1人、1日、1kg 、CO2削減」を設け、「私のチャレンジ宣言」の受付等を行っています。このチーム・マイナス6%の取組に多くの方々が参加していただけるよう、地球温暖化の原因防止対策の「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーンを開始しました。この地球温暖化の原因防止対策のキャンペーンに御参加いただける協賛企業を募集したところ、新たに3社から地球温暖化の原因防止対策の協賛の申し出がありましたので、お知らせいたします。引き続き、地球温暖化の原因防止対策に協賛いただける企業の皆様からの御連絡をお待ちしています。
「『1人1日1kgのCO2削減』応援キャンペーン」は、「私のチャレンジ宣言」に参加する人々に種々のメリットを提供すること等を通じて、地球温暖化の原因防止対策のための国民運動の飛躍的拡大を目指すものです。今般、さがみ化学物質管理ワークス(神奈川県藤沢市)、株式会社スピリット・オブ・ジャパン・トラベル(京都府京都市)、株式会社フォレスト(東京都中央区)から協賛の申し出がありましたので、その地球温暖化の原因防止対策の取り組みいただける内容をお知らせします。なお、本キャンペーンの協賛を御検討いただける企業の皆様には、地球温暖化の原因防止対策のキャンペーンの趣旨等を御説明いたしますので、以下の連絡先まで御連絡ください。
『1人1日1kg CO2削減運動』事務局 協賛企業係 〒104-8411 東京都中央区築地1-11-10TEL : 03-3545-1231 FAX : 03-5551-9045 E-mail : info@1kg-co2.jp
【参加方法】チーム・マイナス6%のホームページ内の特設サイト(www.team-6.jp/try-1kg/)から入力 [1]アクセスした個人が、チャレンジメニューから自分が実践する項目を選択 [2]何グラムのCO2削減となるかが算定され、「私のチャレンジ宣言カード」がダウンロードできる。(打ち出して各人が携帯する。)
新規協賛企業
◎さがみ化学物質管理ワークス
 さがみ化学物質管理ワークスは地球温暖化の原因防止対策の「 1人、 1日、 1kg CO2削減」応援キャンペーンに協賛し、「私のチャレンジ宣言」を応援します。
<取り組み内容>
地球温暖化の原因防止対策の「私のチャレンジ宣言カード」を御提示いただいたお客様には、御見積り価格より1%を割引いたします。受発注処理でペーパーレスに御協力いただいたお客様には、御見積り価格より1%を割引しております。地球温暖化の原因防止対策の「私のチャレンジ宣言カード」を御提示いただき、かつ、受発注処理でペーパーレスに御協力いただいたお客様には、御見積り価格より2%を割引いたします。ペーパーレスに御協力いただいたお客様・・・御見積書、御注文書、御請求書などの発行・送付を、 pdfファイルによりネット上のやりとりで御了承いただける方
実施期間 : 2009年 11月1日~2010年 3月31日
<お問い合わせ先>
さがみ化学物質管理ワークス
担当: 代表  林 宏   TEL: 050-1152-2542
E-mail:hiroshi.hayashi@chem-support.org
HPアドレス:http://www.chem-support.org/
◎株式会社スピリット・オブ・ジャパン・トラベル
 スピリット・オブ・ジャパン・トラベルは、地球温暖化の原因防止対策の「1人、1日、1kg CO2削減」運動に協賛し「私のチャレンジ宣言」に参加する方を応援致します。
<取り組み内容>
地球温暖化の原因防止対策の「チャレンジ宣言カード」を持って京(みやこ)ツアーへお越しください。ご提示頂いたお一人様につき1,000円をウミガメ保護事業に寄付させて頂きます。ご予約時にお伝え頂ければ、お一人様につき更に500円ツアー料金をお引き致します。地球温暖化の原因防止対策の「チャレンジ宣言カード」をご提示頂いた方は、京町家で学ぶ旅行英会話のクラス授業料一ヶ月(6,000円相当)を免除させて頂きます。
<お問い合わせ先>
株式会社スピリット・オブ・ジャパン・トラベル
担当: 高山 TEL: 075-204-8965
HPアドレス:http://www.eco-tourism.jp/
メールはお問い合わせフォームをご利用ください。
◎株式会社フォレスト
 株式会社フォレストはリサイクル活動などで地球温暖化の原因防止対策の「1人、1日、1kg CO2削減」に参加し、「私のチャレンジ宣言」を応援します。
<取り組み内容>
地球温暖化の原因防止対策の「私のチャレンジ宣言」カードをプリントアウトの上、弊社に郵送頂き、宣言内容を提示頂いた方に、SEO対策ツールを無料で一ヶ月間ご使用頂けるアカウントをプレゼントいたします。
※実施期間:2009年11月20日 ~ 2010年4月19日
※「私のチャレンジ宣言」カード送付先:
〒104-0061東京都中央区銀座1-8-21 9F 株式会社フォレスト
『1人、1日、1kg CO2削減運動』係
※詳細な内容に関しましては、フォレストホームページ(http://www.forest.la/)をご覧ください。
<お問い合わせ先>
株式会社フォレスト
担当 : 森田 TEL: 03-3562-7238
HPアドレス: :http://www.forest.la/
貸し会議室レンタル情報賃貸の貸し事務所レンタルオフィス探し情報貸し布団ふとんレンタル情報

> 地球温暖化の原因防止対策の1人1日1kgのCO2削減はこちら

地球全体の地球温暖化の原因の温室効果ガスの濃度

 世界気象機関(WMO)がまとめた、2008年の地球温暖化の原因の「温室効果ガス年報」で、二酸化炭素メタン、一酸化二窒素の07年の地球温暖化の原因の温室効果ガスである世界年平均濃度が統計を開始した1983年以降の最高値を記録していたことが、09年11月24日の気象庁発表で明らかにされた。地球温暖化に最も影響度が大きいとされている二酸化炭素の世界平均濃度は、この10年間 年平均2.0ppmずつ増加しており、08年は385.2ppmに達した。地球温暖化の原因の二酸化炭素の濃度は、産業革命以前(1750年)の濃度である約280ppmと比較すると約38%の増加となっており、一酸化二窒素は、321.8ppbで同じく約19%の増加と発表されている。また、近年増加傾向が緩やかになっていた地球温暖化の原因のメタン濃度は1,797ppbに達し、2007年に続いて2008年も1998年以来の高い増加量となったが、地球温暖化の原因のメタンが再び増加傾向に転じたかどうかははっきりしないとしている。さらに、気象庁が綾里(岩手県)、南鳥島(東京都)、与那国島(沖縄県)の3地点で行っている日本上空の大気中の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素濃度の2008年の結果も同時に公表されたが、3地点の二酸化炭素の平均濃度は386.6~388.5ppmで、こちらも温室効果ガスの過去最高値を記録した。3地点の地球温暖化の原因の温室効果ガスの平均濃度は、この10年間で年平均1.9ppmの割合で増加を続けているという。
袴はかまレンタル卒業式情報不用品廃品ゴミ回収買取引取り処分情報医師の求人募集転職

> 地球全体の地球温暖化の原因の温室効果ガスの濃度はこちら

地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット説明会東京都港区で追加開催

 環境省は、国内の地球温暖化の原因防止対策のプロジェクトにより実現された温室効果ガス排出削減・吸収量をカーボン・オフセットに用いられるクレジットとして認証する地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット(J-VER)制度に関する説明会(第2弾)を、追加開催すると発表した。この地球温暖化の原因防止対策の説明会は、地方公共団体及び事業者等を対象に、東京都(11/12)など、全国7箇所で開催される予定だが、東京会場では、当初の予想を上回る参加申し込みが合ったため、追加開催を行う。追加開催は、発明会館ホール(東京都港区)で、12月16日(水)、開場13:00、開始13:30、終了17:30を予定しており、参加費は無料。希望者多数の場合には事務局で調整する。参加希望者は、12月9日(水)までに、申込HPで登録する必要がある。個別相談の申し込みも可能となっている。
(1)第1部
地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット(J-VER)制度の概要説明
地球温暖化の原因防止対策のクレジット活用事例と市場動向
(2)第2部
地球温暖化の原因防止対策のJ-VER制度 申請書書き方講座
地球温暖化の原因防止対策の個別相談会(事前登録制)
※個別相談会では、環境省、海外環境協力センター(OECC)のほか、地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット(J-VER)制度を活用する事業者の皆様への支援事業を環境省より受託している三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社・株式会社三菱総合研究所のほか山村再生支援センターなどが、各種お問い合わせに直接対応いたします。なお、本説明会と合わせて、地方公共団体等の参加者向けに、(1)地域におけるカーボン・オフセット等の地球温暖化対策の取組に関するリーダー育成のための研修会、(2)環境省が昨年6月に設置した地球温暖化の原因防止対策の「日本カーボンアクション・プラットフォーム(JCAP)」のブロック会合を開催する予定です。
子供服リサイクルショップブランド買取販売情報布団ふとんクリーニング情報着物きものリサイクル買取販売店情報

> 地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット説明会東京都港区で追加開催はこちら

地球温暖化の原因防止対策の学校太陽光発電推進のロゴとキャッチフレーズが決まる

 文部科学省、経済産業省及び環境省は、地球温暖化の原因防止対策の「学校太陽光発電推進」ロゴマーク及びキャッチフレーズについて平成21年11月19日に学校太陽光発電推進最優秀作品賞等を決定し公表した。学校が地球温暖化の原因防止対策の防止対策の太陽光発電を設置し、地域の地球温暖化の原因防止対策の環境・エネルギー教育の発信拠点となることを目指して、全国の小中高等学校の児童生徒や一般の方から地球温暖化の原因防止対策の学校太陽光発電推進ロゴマーク及びキャッチフレーズを全国から広く11月まで募集していたもので、応募総数、学校太陽光発電推進ロゴマーク297作品、学校太陽光発電推進キャッチフレーズ387作品の中から、学校太陽光発電推進最優秀作品として、東京都世田谷区立松沢小学校5年古河泉水さんのロゴマークと埼玉県さいたま市立大宮東中学校3年古岩井零大さんのキャッチフレーズが選ばれたほか、学校太陽光発電推進優秀作品についてもそれぞれ2作品が選ばれた。今後、地球温暖化の原因防止対策の学校太陽光発電推進最優秀作品賞を受賞したロゴマーク及びキャッチフレーズについては、太陽光発電を推進する学校、民間企業、関係団体等のホームページや地球温暖化の原因防止対策の学校太陽光発電推進事例集、地球温暖化の原因防止対策の学校太陽光発電推進パンフレット等の広報媒体に広く活用する予定となっている。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止対策の学校太陽光発電推進のロゴとキャッチフレーズが決まる はこちら

地球温暖化の原因防止対策のシンポが東京都千代田区と宮城県仙台市で

 (独)国立環境研究所は、平成21年11月16日に東京都千代田区の東京国際フォーラムにおいてグローバルカーボンプロジェクト(GCP) 、東京大学サステイナビリティ学連携研究機構との共催で、地球温暖化の原因防止対策の国際シンポジウム「都市とカーボンマネージメント:科学と政策の連携強化に向けて」を開催すると発表した。本シンポジウムでは、地球温暖化の原因防止対策の科学と政策の架け橋を目指して、日米欧加及びアジア諸国の著名な研究者、地方自治体の担当者、国際機関の関係者による3部構成の討論会を行い、地球温暖化の原因防止対策の低炭素型都市づくりに向けた世界各国の研究と政策の現状をレビューするとともに、今後の地球温暖化の原因防止対策の研究と政策の連携、国際協力のあり方などについて討論する。参加希望者は、参加登録フォーム(https://project.nies.go.jp/events/gcp2009/)から事前に登録する必要がある。問い合わせ先 独立行政法人国立環境研究所地球環境研究センター GCP国際オフィス担当:尾島ojima.yukako@nies.go.jpTel: 029-850-2672FAX: 029-850-2960
 一方、環境省は、宮城県保健環境研究所との共催により、平成21年11月27日に、宮城県仙台市で、地球温暖化の原因防止対策のシンポジウム「地域の産学官連携による環境技術開発のいま」を開催すると発表した。このシンポジウムは、都道府県等に設置されている地方環境研究所と地域の産学等が連携して環境研究・技術開発等を進めるため、環境省が今年度より実施している地球温暖化の原因防止対策の「地域の産学官連携による環境技術開発基盤整備モデル事業」において得られた成果等を報告するとともに、産学官による地球温暖化の原因防止対策の連携手法を広く普及するために開催される。開催日時は、平成21年11月27日(金)13:30~16:45(開場13:00)、開催場所は、ホテルモントレ仙台(仙台市青葉区)。主催は、環境省、宮城県保健環境センター。参加費は無料。定員は100人。参加希望者は、名前、所属、連絡先を添えて、電子メール、またはFAXで申し込む必要がある。申し込み先・問い合わせ先 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社環境・エネルギー部担当:加山・佐々木・桜井・斉藤E-mail:sgk@murc.jpFAX:03-6711-1289TEL:03-6711-1243
貸しギャラリー貸し画廊レンタル情報着ぐるみレンタル・通信販売情報コスプレ衣装レンタル製作通信販売情報

> 地球温暖化の原因防止対策のシンポが東京都千代田区と宮城県仙台市ではこちら

廃棄物・リサイクル分野の地球温暖化の原因防止対策のセミナーが東京と大阪で開催

 環境省は、「廃棄物・リサイクル分野における国内コベネフィットプロジェクトセミナー~地球温暖化の原因防止対策に係る取組への経済的インセンティブの活用~」を、東京と大阪で開催すると発表した。環境省は「国内コベネフィットプロジェクト」について検討を進めており、その概要や地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス排出削減・吸収量をクレジットして認証するオフセットクレジット(J-VER)制度等の動向、廃棄物・リサイクル分野での活用可能性などについての普及啓発をする目的で、今回のセミナーを開催するとのことである。対象は、地球温暖化の原因防止対策に興味がある廃棄物収集・運搬、処理業者、排出事業者、自治体関係者、市民・NPO団体関係者などで、参加費は無料となっている。地球温暖化の原因防止対策のセミナー当日、各種の取り組みにJ-VER等の活用をお考えの方を対象に、地球温暖化の原因防止対策の相談時間が設けられる予定となっている。地球温暖化の原因防止対策のセミナー参加希望者は、電子メール又はFAXで、東京会場は10月29日(17時必着)、大阪会場は11月9日(17時必着)までに、申し込む必要がある。
○申し込み先(お問い合わせ先)
 株式会社エックス都市研究所
 担当:菊原 淳也
 TEL:03-5956-7516
 FAX:03-5956-7523
 E-mail:cobene-seminar@exri.co.jp
○東京会場
 開催日時:平成21年11月5日(木)17:30~20:30(開場は17:00)
 開催場所:東京都庁第一本庁舎 大会議場(東京都新宿区)
 定員:先着300名
○大阪会場
 開催日時:平成21年11月16日(月)13:00~16:00(開場は12:30)
 開催場所:ヴィアーレ大阪(大阪府大阪市中央区)
 定員:先着250名
病院臨床検査技師の求人募集転職看護師・准看護師の求人募集転職保健師の求人募集転職

> 廃棄物・リサイクル分野の地球温暖化の原因防止対策のセミナーが東京と大阪で開催はこちら

地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス排出量のリアルタイムな「見える化」公募開始

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策として取り組む『二酸化炭素などの温室効果ガス排出量のリアルタイムな「見える化」に関するモデル事業』を実施する団体を、平成21年8月24日から9月18日まで募集すると発表した。近年、エネルギーの消費に伴う地球温暖化の原因の二酸化炭素などの温室効果ガスの発生状況等をリアルタイムに情報提供する機能を持った商品やサービスが開発、販売される事例が徐々に見られるようになってきており、環境省では、このような地球温暖化の原因防止対策の商品、サービスが普及することによる地球温暖化の原因の温室効果ガスの排出削減効果を調査し、これらの地球温暖化の原因防止対策普及を促進させるため、このモデル事業を実施すると発表した。地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス排出量のリアルタイムな「見える化」の応募資格は、民間企業、民間法人、特定非営利活動法人(NPO)、地方公共団体などで、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス排出量のリアルタイムな「見える化」応募事業者は、自らが提供する商品やサービスについてリアルタイムな地球温暖化の原因の温室効果ガスの「見える化」に関するモデル事業を実施し、その効果を調査するとともに、地球温暖化の原因の温室効果ガスの見える化の同商品やサービスの普及方策に関する検討などを実施する必要がある。地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス排出量のリアルタイムな「見える化」の応募方法の詳細は、プレスリリース添付の公募要領や株式会社三菱総合研究所のホームページ(http://rt-mieruka.mri.co.jp/)を参照のこと。株式会社三菱総合研究所(東京都千代田区)で、8月28日10時から、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス排出量のリアルタイムな「見える化」の公募説明会も開催される予定である。募集窓口 株式会社三菱総合研究所 環境・エネルギー研究本部 地球温暖化戦略研究グループ 担当:永村、馬場、葦津、中塚 TEL:03-3277-4595 FAX:03-3277-0512 E-mail:mieruka-mp@mri.co.jp
ケアマネージャー・介護支援専門員の求人募集転職和服振袖留袖着物レンタル貸衣装情報金プラチナ貴金属高価買取情報情報

> 地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス排出量のリアルタイムな「見える化」公募開始はこちら

「改正地球温暖化対策の推進に関する法律」説明会を東京都で追加開催

 環境省は、平成21年7月から改正地球温暖化対策の推進に関する法律説明会(温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度について)を全国9か所で実施しているが、9月4日に東京都千代田区で追加の地球温暖化対策の推進に関する法律の説明会を開催すると発表した。この地球温暖化対策の推進に関する法律の説明会は、地球温暖化対策の推進に関する法律(温対法)及び関係政省令の改正に伴い、平成21年度の温室効果ガスの排出量から、企業・フランチャイズチェーン単位での報告を求めるなど、新しい温室効果ガスの算定・報告方法となるため、地球温暖化対策の推進に関する法律及び関係政省令改正を受けた制度の改正点を中心に、制度の概要と、一般的な算定方法、報告方法について説明し、事業者に適切な算定・報告を実施してもらうことを目的に同省が無料で実施しているものである。開催日程は、以下のとおり。日時:9月4日 1回目 10:00~12:00、2回目 14:00~16:00 場所:厚生労働省講堂(2F)東京都千代田区霞が関1-2-2 中央合同庁舎5号館 定員:330人/回 申込先: 関東地方環境事務所環境対策課 TEL:048-600-0815 FAX:048-600-0517
パートタイマーの求人募集転職内職在宅ワークの求人募集転職介護福祉士の求人募集転職

> 「改正地球温暖化対策の推進に関する法律」説明会を東京都で追加開催 はこちら

地球温暖化の原因防止対策CDM/JI事業調査シンポジウム2009を開催

 環境省は、「地球温暖化の原因防止対策CDM/JI事業調査シンポジウム2009」を東京と大阪で開催すると発表した。地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出削減の効果が期待されるCDM(クリーン開発メカニズム)やJI(共同実施)に関する新規プロジェクトを発掘・支援するため、環境省では平成11年度から地球温暖化の原因防止対策CDM/JI事業調査(実現可能性調査)を実施している。今回の地球温暖化の原因防止対策CDM/JI事業調査シンポジウムでは、平成20年度に調査を実施した民間事業者からの地球温暖化の原因防止対策の結果報告とともに、専門家の意見を交えながら議論を行うとしている。また、地球温暖化の原因防止対策のCDMの最新動向についても情報提供が予定されている。地球温暖化の原因防止対策CDM/JI事業調査シンポジウムへの参加希望者は、9月3日までに、ホームページ、Eメール、またはFAXで申し込む必要がある。
(1)東京会場 9月10日(木)13:00~17:00 東京国際交流館 3階 国際交流会議場(東京都江東区)
(2)大阪会場 9月11日(金)13:00~17:00 大阪国際会議場(グランキューブ大阪)1001,1002(大阪府大阪市中央区)
申し込み・問い合わせ先 (財)地球環境センター「CDMシンポジウム」係 ホームページ:http://gec.jp/jp/ Eメール:cdm-fs@gec.jp FAX:06-6915-0181
薬剤師・管理薬剤師の求人募集転職栄養士・管理栄養士の求人募集転職保育士の求人募集転職

> 地球温暖化の原因防止対策CDM/JI事業調査シンポジウム2009を開催はこちら

和歌山県と長野県の地球温暖化の原因防止対策のクールビズとリサイクル

 和歌山県では、地球温暖化の原因防止対策としてノーネクタイなど夏の軽装スタイル「クールビズ」を披露する「わかやまクールビズ&うちエコファッションショー」が和歌山近鉄百貨店で開催された。和歌山県職員と和歌山市職員らがモデルで参加し、地球温暖化の原因防止対策につながる今夏のエコファッションをアピールした。官民が協力して、クールビズを紹介し、軽装に対する心理的要因や商習慣を払拭しようというものである。南国である和歌山県では、全国共通である6月からのクールビズ期間を前倒しして、2009年も5月21日から「クールビズ・ビフォー」を実施している。
 一方、長野県では、分野に限らず連携と協力に関する包括協定を結んでいるサークルKサンクス(東京都中央区)と、地球温暖化の原因防止対策の「レジ袋削減県民スクラム運動」店頭キャンペーンをサークルK長野駅前店で実施した。同社は、旧ユニフォームをリサイクルして作成したオリジナルマイバッグの配布を全国のサークルK店舗で同時に行ったほか、長野県内の店舗にはレジ袋不要カードを設置した。長野県では、地球温暖化の原因防止対策の観点からマイバッグ持参率60%以上を目標に、事業者と消費者団体、長野県の3者が協定を締結し、レジ袋削減長野県民スクラム運動として店頭啓発などさまざまな取り組みを行っている。
子供服リサイクルショップブランド買取販売情報布団ふとんクリーニング情報着物きものリサイクル買取販売店情報

> 和歌山県と長野県の地球温暖化の原因防止対策のクールビズとリサイクルはこちら

地球温暖化防止活動環境大臣表彰の候補者募集

 環境省は平成21年度の地球温暖化防止活動環境大臣表彰の候補となる個人・団体(自治体、企業、NGO、学校など)の公募を平成21年9月17日まで行うと発表した。この表彰は(1)技術開発・製品化部門、(2)対策技術導入・普及部門、(3)対策活動実践部門、(4)環境教育・普及啓発部門、(5)国際貢献部門--の5部門で地球温暖化防止に顕著な功績のあった個人・団体の功績をたたえることを目的としたものである。最終的な地球温暖化防止活動表彰者の選考は、地球温暖化防止活動環境大臣表彰選考委員会での審査後に環境大臣が決定することになっており、地球温暖化防止活動審査対象には一般公募による応募者以外に自治体などから推薦された個人・団体も含まれる。地球温暖化防止活動表彰者は11月下旬頃までに決定予定で、対象者には12月上旬に行われる表彰式で表彰状・記念品が授与される予定となっている。地球温暖化防止活動の応募にあたっては、必要事項を記載した所定の申請書類を郵送と電子メールの両方で送る必要がある。地球温暖化防止活動環境大臣表彰実施要領は次のとおりである。
平成21年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰実施要領
1.目 的
地球温暖化の防止に関し顕著な功績のあった個人や団体に対し、その功績をたたえるため表彰を行う。
2.表彰者
環境大臣が表彰する。
3.対象部門
表彰の対象とする功績は下記の5部門とする。
① 技術開発・製品化部門
省エネ技術、新エネ技術、省エネ型製品(低公害車)、省エネ建築のデザイン等、温室効果ガスの排出を低減する技術の開発やその製品化に関する功績。
② 対策技術導入・普及部門
コジェネレーション、ヒートポンプ、新エネ製品(太陽光パネル等)、省エネ製品(低公害車)、省エネ型新交通システム、省エネ建物等、温室効果ガスの排出を低減する技術や製品の大量導入・先導的導入やその普及啓発に関する功績。
③ 対策活動実践部門
地球温暖化防止に資するライフスタイルの実践活動、植林活動等、地球温暖化を防止する活動の実践等に関する功績。
④ 環境教育・普及啓発部門
地球温暖化について教育資料の開発、情報の提供、学校や市民、企業内における教育活動や普及・啓発等に関する功績。
⑤ 国際貢献部門
地球温暖化防止に資する技術移転、海外での植林、京都メカニズムの実施あるいは実施に向けた活動等、国際的な地球温暖化防止対策活動に関する功績。
4.対象者
3.の各部門における顕著な功績のあった個人又は団体(自治体、企業、NGO、学校等。共同実施も含む。以下同じ。)、及び上記の活動において連携や支援を行っている個人や団体を表彰対象とする。また、表彰対象者は、原則として日本に在住する者又は組織の拠点を日本国内に置く団体に限る。ただし、申請内容と同一の活動あるいは功績により、過去に環境大臣の表彰を受けているものは表彰の対象としない。
5.募集方法
各種広報媒体により公募するとともに、地方自治体等からの推薦(自薦を含む)による。
6.申請方法及び締め切り
応募の申請は所定の様式に必要事項を記入し、平成21年9月17日(木)17:00までに2/3
下記宛に郵送して下さい。郵送するとともに電子メールで様式2をお送りください。(書類および電子ファイルともに必着)
(提出先)全国地球温暖化防止活動推進センター 大臣表彰係宛〒106-0041 東京都港区麻布台1-11-9ダヴィンチ神谷町 1階(なお、9/1以降はダヴィンチ神谷町からCR神谷町ビルにビルの名称が変更となります。)(電子ファイル送信先)daijin-h@jccca.orgTEL: 03-5114-1281 FAX:03-5114-1283(担当:諸石、飯田、中垣)
なお申請様式は、環境省ホームページ(http://www.env.go.jp/)、あるいは全国地球温暖化防止活動推進センターホームページ(http://www.jccca.org/)からダウンロードして下さい。
7.選定方法
地球温暖化防止活動環境大臣表彰選考委員会による審査を経て環境大臣が決定する。
8.表彰方法
表彰状及び記念品を授与する。
9.受賞者の公表及び表彰時期
受賞者の公表は平成21年11月下旬頃を予定する。また、表彰式は平成21年12月上旬頃に予定する。
10.付記事項(申請用紙記入に際しての留意事項)
○記入済み様式2を電子ファイルにて上記の送信先にお送りください。
○ 申請内容は該当する1部門のみに申請すること。なお、選考委員会において申請された部門以外の部門での表彰がふさわしいと判断された場合には、別の部門での表彰となる場合があります。
○ 申請内容の活動に複数の団体が関係する場合は、<活動主体欄>に代表となるグループを記載するかあるいは連名で記載すること。
○ <活動の概要欄>には、温暖化防止の観点から申請内容の活動の特色をできるだけ明確に記載すること。特に他に同様の活動がある場合には相違点を明確にすること。(特色の例示:波及効果が大きい、大量普及につながる、ベストプラクティスとしての率先的行動の意義が大きい、大量の温室効果ガス削減を実現した 等)
○ 申請内容の活動は継続性があることが望ましいが、一回限りのイベント的な活動である場合には、その活動の特色(たとえば率先性や波及効果等)を明記すること。
○申請書類は、所定の申請フォーム極力収めること。補足資料があれば任意に提出可能ですが、最大でA4サイズ10枚程度の容量とし、<活動の概要欄>等の最後に添付資料がある旨を記入すること。
○申請フォームに記載すべき内容を「別途記載」と記入し、添付資料に変えることはご遠慮ください。
○大量の画像データ(CD-ROM,DVD-ROM)等の送付はご遠慮ください。
11.その他
○ 当該受賞者には、11月中旬頃までに環境省から御連絡致します。また、非該当者には、御連絡致しませんので、あらかじめ御了承願います。なお、審査内容の詳細、審査結果等に対する異議申し立てについては一切お受けできません。
○ 申請書類は、一切返却致しませんので御了承願います。
格安激安プロジェクターレンタル情報格安激安PA音響機材機器レンタル情報貸しホールレンタル情報

> 地球温暖化防止活動環境大臣表彰の候補者募集はこちら

地球温暖化の原因防止対策の学校太陽光発電推進ロゴマーク・キャッチコピーを募集

 政府は、全国の学校が地球温暖化の原因防止対策として太陽光発電を設置し、地域の環境・エネルギー教育の発信拠点となることを目指して、ロゴマーク及びキャッチフレーズを平成21年9月30日まで募集する。
 太陽光発電のロゴマーク及びキャッチフレーズのコンセプトとしてはいずれも、地域の誰もが親しみを持てる地球温暖化の原因防止対策の学校太陽光発電を表現したものや、日本の未来を担う児童・生徒が学ぶ「21世紀の学校」らしさを表現した太陽光発電のもの求めている。太陽光発電の応募作品は、関係省及び有識者による審査委員会の審査を経て、最優秀作品賞として太陽光発電のロゴマーク及び太陽光発電のキャッチフレーズそれぞれ1作品、優秀作品賞としてそれぞれ2作品が選ばれ、賞状と副賞が贈られる予定となっている。太陽光発電の応募希望者は、文部科学省公募情報から専用の応募票をダウンロードして必要事項を記入し、作品を添付して郵送で申し込む必要がある。太陽光発電の応募受付・問い合わせ先は以下のとおり。文部科学省大臣官房文教施設企画部施設助成課指導係
 〒100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2 TEL:03(5253)4111(内2463)
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止対策の学校太陽光発電推進ロゴマーク・キャッチコピーを募集 はこちら

地球温暖化の原因防止対策の「平成21年度低炭素地域づくり面的対策推進事業」の対象地域

 環境省は、全国の5地域を、地球温暖化の原因防止対策の平成21年度低炭素地域づくり面的対策推進事業(補助事業)の対象地域として選定すると発表した。この事業は、地球温暖化の原因防止対策の低炭素地域づくり計画、環境モデル都市アクションプラン、地球温暖化対策推進法に基づく地方公共団体実行計画に位置付けられた地域環境整備に係る事業に対し、事業費の一部を補助するものである。平成21年4月27日から5月29日まで地球温暖化の原因防止対策の公募が行われ、提案内容について、環境省と国土交通省が共同で審査し、5つの地域が選定された。 今回選定された対象地域は、東京都千代田区(東京都)、京都都市圏(京都府)、大阪府摂津市(大阪府)、大阪府茨木市箕面市(大阪府)、鹿児島県霧島市(鹿児島県)となる。各地域それぞれの取組み内容は次のようになっている。
東京都千代田区(東京都)大手前・丸の内・有楽町地区再開発計画推進協議会株式会社グランドパーキングセンターによる電気自動車用急速充電器ネットワーク化事業
「千代田区環境モデル都市行動計画」にもとづき、千代田区大丸有地区等で低炭素地域づくりを推進するため、東京駅付近に電気自動車用の急速充電器を設置し、充電器のネットワーク化を図り、電気自動車利用を推進するものである。
京都都市圏(京都府)
低炭素社会を実現する交通のあり方を考える協議会オリックス自動車株式会社による京都都市圏カーシェアリング事業
京都市内を中心に、地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会を実現するための車利用として、カーシェアリング事業を行うための設備整備等を行うものである。本事業では、携帯電話からの予約やICカードを使用した管理システムを構築するとともに、複数の貸出拠点をネットワーク化することで、カーシェアリングの利便性を高め、さらに鉄道やバス等公共交通機関の利用度を向上させるものである。
大阪府摂津市(大阪府)摂津市南千里丘低炭素型まちづくり協議会阪急電鉄株式会社による阪急電鉄京都線摂津市駅におけるレンタサイクル整備事業
地球温暖化の原因防止対策の環境配慮をコンセプトとした「摂津市南千里丘低炭素まちづくり計画」をふまえ、公共交通機関へのモーダルシフトを促進するため、環境負荷の低い交通手段であるシェア形態のレンタサイクル事業を実施する。このため、阪急京都本線にあらたに設置される「摂津市」駅前に、レンタサイクル駐輪場を設置するとともに、主たる電源を地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電により確保する。
大阪府茨木市・箕面市(大阪府)彩都低炭素タウン推進協議会株式会社フルタイムシステムによるコミュニティサイクルの公共交通化促進事業
大阪府彩都地域において、地球温暖化の原因防止対策として自動車から自転車・公共交通機関へのモーダルシフトを促進するため、大阪モノレール 彩都西駅前にレンタサイクル施設を整備する。本施設では、電動補助付き自転車を24時間体制でレンタルするとともに、公共交通機関のカードシステムと連携し、登録・貸し出し及び車両管理を無人で行うシステムを導入する。
鹿児島県霧島市(鹿児島県)
鹿児島都市圏地球温暖化防止交通対策協議会九州旅客鉄道株式会社によるJR国分駅パーク&ライド整備事業
輸送部門の地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素排出量を削減するため、市街地への自動車流入を抑制する。このため、JR九州 国分駅前にパーク&ライド用設備を整備し、主要幹線道路を利用するマイカー通勤者の公共交通機関への転換を促す。
ライターの求人募集転職モデルの求人募集転職アルバイト探し求人募集転職

> 地球温暖化の原因防止対策の「平成21年度低炭素地域づくり面的対策推進事業」の対象地域はこちら

地球温暖化原因防止対策のCO2削減「平成21年度サステイナブル都市再開発促進モデル事業」

 環境省は、全国各地の都市部で実施されている都市再開発の機会を捉えて効果的な地球温暖化原因防止対策温室効果ガスであるCO2削減を図る「平成21年度サステイナブル都市再開発促進モデル事業」の2次募集を開始すると発表した。この事業は、積極的な温室効果ガスであるCO2削減とともにCO2削減効果の評価や地球温暖化原因防止対策の情報発信を行うなどの先進的な地球温暖化原因防止対策に取り組む都市再開発事業者に対して支援を行い、都市再開発におけるソフト面でのモデル的な取組を推進するもの。公募の対象となるモデル事業は、都市再開発事業について、民間事業者等が実施する取組のうち、地球温暖化原因防止対策のCO2削減対策に係る調査・予測・評価及び環境保全措置についての検討並びにこれらの取組を住民に周知するための措置を講じるモデル的な取組となる。1次公募では、東京都品川区大崎駅周辺と大阪府吹田市千里丘が採択されている。応募方法の詳細は下記の公募要領(2次公募)を参照のこと。
1.事業の概要及び目的
 京都議定書目標達成計画及び低炭素社会づくり行動計画の策定、昨今の地球温暖化問題に対する国民の意識の高まりなどを背景に、あらゆる事業活動に対して、積極的に温暖化対策を進めることが求められています。環境省では、全国各地の都市部で実施されている都市再開発の機会を捉えて効果的な温室効果ガスであるCO2 削減を図るため、積極的なCO2 削減とともにCO2 削減効果の評価や温暖化対策に係る情報発信を行うなどの先進的な温暖化対策に取り組む都市再開発事業者に対して支援を行い、都市再開発におけるソフト面でのモデル的な取組を推進します。
2.公募対象事業
 公募の対象となるモデル事業は、市街地において行われる建築物及び建築敷地の整備に関する事業並びにこれに附帯する事業(以下「都市再開発事業」という。)について、国及び地方公共団体を除く事業者が実施する取組のうち、温室効果ガスであるCO2 削減対策に係る調査・予測・評価及び環境保全措置についての検討並びにこれらの取組を住民に周知するための措置を講じるモデル的な取組(4.の要件を満たすものに限る。)を対象とします。
3.公募条件等
(1)応募は、都市再開発事業を実施する事業者(以下「都市再開発事業者」という。)による提案を原則とし、都市再開発事業者以外の者が応募する場合は、都市再開発事業者との共同提案によるものとします。なお、都市再開発事業者等によって協議会等を設置している場合は、当該協議会等による応募でも構いません。
(2)本事業の受託者は、応募を行った者とし、2 者以上の者が共同で提案を行う場合は、その主たる業務を行う者が一括して受託するものとします。
(3) 委託事業は、当該年度に行われる事業とします。
(4)委託費は、1 事業1,000 万円程度を想定しておりますが、提案内容に応じ、予算(平成21 年度は4,000 万円)の範囲内で委託します。
4.採択の要件
本事業の採択要件は以下のとおりとします。
(1)取組の対象となる都市再開発事業が、建物単体の対策に加えて、敷地全体を利用した面的な対策等により積極的にCO2 削減を図るものであること。なお、この場合の温室効果ガスであるCO2削減対策には、再生可能エネルギーの導入及び省エネ設備の導入等の直接的な削減につながる対策のほか、緑化等のヒートアイランド対策及びリサイクルの推進等の間接的な対策、並びにグリーン電力及びクレジットの導入等のミティゲーションが含まれます。
(2)(1)に該当する都市再開発事業を対象に、CO2 削減に係る調査・予測・評価、又はその他の温室効果ガスであるCO2削減に係る検討、取組等を行うとともに、これらについての住民への周知、一般からの意見の募集等により、情報の公開及び関係者の関与を活用して、より効果的にCO2 削減に係る環境配慮等を行おうとする事業であること。ただし、当該CO2削減対策と関係のない事務は本委託事業の対象外とします。
(3)本委託事業を実施することによって、当該都市再開発事業等において一層のCO2の削減が見込まれる事業であること。※ 条例等による環境影響評価を実施する場合は、環境影響評価手続を兼ねて必要な検討、手続を行えばよく、別途新たに手続を行う必要はありません。
5.事業の選定
一般公募を行い、応募主体より提出された提案をもとに、CO2 削減効果、実現可能性及び先進性等の観点から厳正に審査を行い、予算の範囲内で、優れた事業を選定します。
6.応募に当たっての留意事項
受託者は、事業報告書を作成し、平成22年2月26日までに環境省へ提出するものとします。また、本モデル事業は、4.の要件を満たす取組を国の委託事業として行うものであり、設備等に対する補助は含まれません。
7.応募の方法について
(1)応募書類の書式(応募様式)について
応募に当たり提出が必要となる書類は以下の書類とします。応募書類の作成に当たっては、必ず次の電子ファイルをダウンロードし、所定の様式に従って作成するようお願いします。また、応募書類に重大な不備等があった場合は、本モデル事業の選定対象外とさせていただくことがあります。
・サステイナブル都市再開発促進モデル事業提案
・サステイナブル都市再開発促進モデル事業経費内訳
(2)応募書類の提出方法について
①提出方法
ア)電子メールの場合
応募様式の電子ファイルを電子メールの添付ファイルとして、以下のメールアドレス宛てに送信してください。なお、メールの件名(題名)を「平成21 年度サステイナブル都市再開発促進モデル事業応募」とし、添付ファイル名に、提案個票、経費内訳の種別及び申請者名(会社名、団体名)を記載してください。
・添付ファイル名の例:「提案個票(○○株式会社)」
・メールアドレス: SHINSA-EIA@env.go.jp
・注意事項:電子ファイルを作成する保存形式は、Microsoft社Word2003以下のバージョン形式としてください。使用するフォントについては、一般的に用いないものを使用しないでください。また、電子ファイル作成後Microsoft社WindowsXP SP2 上で表示可能であることを確認し、自動解凍ファイル等、圧縮ファイルとせず、電子ファイルの容量自体を極力小さくするような工夫をお願いします。特に図表等を挿入する場合は、十分注意してください。なお、当該電子ファイルにマクロ等の機能を付与しないでください。このようなファイルは速やかに破棄・削除させていただきます。なお、当方のメールサーバーの都合上、電子ファイルの容量が2MB を超える場合はメールを受け取ることができませんので御注意ください。
・受領の確認:応募様式を受領した後、送信を行ったメールアドレス宛てに担当者から受領した旨をそのまま返信します。メールを送信後、数日しても返信がない場合、うまく送受信されていない可能性があります。担当まで電話にてお問い合わせください。
イ)郵送の場合
上記ア)と同様の応募様式を保存したCD-ROM と、応募様式をプリントアウトしたものを6部同封の上、下記宛先まで送付してください。
・宛先:〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 環境省総合環境政策局環境影響審査室 サステイナブル都市再開発促進モデル事業担当
・封筒の表に赤字で「サステイナブル都市再開発促進モデル事業応募書類在中」と必ず記載してください。
・受領の確認:応募様式を受領した後、様式に記載されたFax 番号宛てに担当者から受領した旨のFax を送ります(もしFax をお持ちでない場合は担当まで御連絡ください。)。数日してもFax が届かない場合、書類が届いていない可能性があります。担当まで電話にてお問い合わせください。
②提出いただいた応募書類について
提出いただいた応募書類は、返却しません。また、応募書類等に含まれる個人情報は、「平成21 年度サステイナブル都市再開発促進モデル事業」以外の目的で使用することはありません。
③応募書類の受付期間
平成21 年7 月16 日(木)~平成21 年7 月30 日(木)必着※ 応募期間以降に当方に到着した書類のうち、遅延が当方の事情に起因しない場合は、応募事業として受け付けません。
占い師の求人募集転職カメラマン・アシスタントの求人募集転職イラストレーターの求人募集転職

> 地球温暖化原因防止対策のCO2削減「平成21年度サステイナブル都市再開発促進モデル事業」はこちら

地球温暖化原因防止対策の環境配慮契約

 環境省は、平成20年度における地球温暖化原因防止対策温室効果ガス等の排出の削減に配慮した契約(環境配慮契約)の締結実績を公表した。国及び独立行政法人等では、地球温暖化原因防止対策の環境配慮契約法及び「国及び独立行政法人等における温室効果ガス等の排出の削減に配慮した契約の推進に関する基本方針」(平成19年12月閣議決定)に基づいて、可能なものから地球温暖化原因防止対策の環境配慮契約を締結することが定められている。
 今回の発表では、次のような事例などが実績としてあげられている。
1 東京都にある環境省本省、地方環境事務所、国民公園管理事務所の自動車の購入に係る契約17台中13台で、購入価格及び環境性能(燃費)を総合的に評価し、その結果が最も優れた地球温暖化原因防止対策と契約を締結する総合評価落札方式による入札を実施した。
2 中央合同庁舎第5号館本館庁舎で平成21年度に使用する予定の電力量18,452,432kWhのうち5,200kWの電力の調達で、地球温暖化原因防止対策の環境配慮契約を締結した。
3 鹿子前ビジターセンター(長崎県佐世保市)及び欅平ビジターセンター(富山県立山市)の設計業務2件について、地球温暖化原因防止対策の温室効果ガス等の排出の削減に配慮する内容を含む技術提案を求め、総合的に勘案してもっとも優れた地球温暖化原因防止対策の技術提案を行った者を特定する環境配慮型プロポーザル方式を採用した。
袴はかまレンタル卒業式情報不用品廃品ゴミ回収買取引取り処分情報医師の求人募集転職

> 地球温暖化原因防止対策の環境配慮契約はこちら

地球温暖化原因防止対策の低炭素地域づくり面的対策推進事業

 環境省は、全国の15地域を、地球温暖化原因防止対策の平成21年度低炭素地域づくり面的対策推進事業(委託事業)の対象地域として選定すると発表した。この事業は、地球温暖化原因防止対策の低炭素型の地域づくりを行う地域に対し、温室効果ガスであるCO2削減目標の設定や、排出量削減の目標達成に必要な面的な対策を盛り込んだ温室効果ガスの低炭素地域づくり計画の策定及びそのために必要なCO2削減シミュレーションの実施を支援するものとなっている。地球温暖化原因防止対策の平成21年度低炭素地域づくり面的対策推進事業(委託事業)は、平成21年4月27日から5月29日まで公募が行われ、「委託事業」に応募した25地域の提案内容について、環境省と国土交通省が地球温暖化原因防止対策の観点から共同で審査し、15の地域が選定された。今回選定された地球温暖化原因防止対策の実施地域は、礼文町(北海道)、帯広市(北海道)、仙台市(宮城県)、大丸有地域(東京都)、南アルプス市(山梨県)、横浜市都心部(神奈川県)、藤沢市(神奈川県)、御嵩町(岐阜県)、池田市(大阪府)、門真市幸福町・垣内町・中町(大阪府)、大阪中之島(大阪府)、神戸市西区(兵庫県)、宇部市(山口県)、香南市(高知県)、大分別府都市圏(大分県)となっている。

LEDライト電光サイン看板情報携帯マイmy箸運動販売情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化原因防止対策の低炭素地域づくり面的対策推進事業 はこちら

環境省が地球温暖化原因防止対策のエコインストラクター人材育成研修

 環境省は、地球温暖化原因防止対策の「エコインストラクター人材育成事業」の平成21年度の研修受講生100名の募集を開始した。エコインストラクターとは、地球温暖化原因防止対策の「地域の自然や歴史文化を守りながら、その魅力を楽しく伝え、学びある体験を提供する人」。具体的には、自然学校のインストラクターやエコツアーガイド、地域の自然体験活動リーダーなどのプロとしての人材を想定している。この地球温暖化原因防止対策の事業は、今年度が最終年度となっている。地球温暖化原因防止対策の研修では、環境省と連携する全国の自然学校などで、約5か月に渡って行う実践的なオン・ザ・ジョブ・トレーニングを軸に、通信教育や専門家による巡回指導、集合研修が行われる。
【研修実施期間】
集合研修:
 平成21年9月15日(火)~17日(木)2泊3日(東京都)平成21年9月27日(日)~29日(月)2泊3日(沖縄県)いずれかを受講
実地研修:
 平成21年10月1日~平成22年2月28日
 地球温暖化原因防止対策の講義に関する費用は無料となる。ただし、研修期間中の生活費、交通費、保険料等の実費は受講生の負担となる。地球温暖化原因防止対策の研修修了者には環境省から修了証が発行されるが、この事業はいわゆる資格制度ではない。この地球温暖化原因防止対策の事業は、研修の趣旨をいかした職に就業する意志のある方を対象としている。地球温暖化原因防止対策のエコインストラクター全国事務局が中心となってこの分野での就業情報提供などが行われるが、就職を保証するものではない。なお、この地球温暖化原因防止対策の事業は平成19年度から始まり、今年度が最終年度となる。地球温暖化原因防止対策の受講希望者は、申込用紙に記入の上、郵送又は直接下記の申込先へ持ち込む必要がある。直接持込の場合は、月曜日から金曜日(祝日を除く。)までの10時から17時まで。申込締切は平成21年8月18日(締切日消印有効)。申込用紙の入手や申込方法の詳細は、下記に問い合わせるか、下記URLのWEBサイトを参照。
○申込み・問い合わせ先
 エコインストラクター全国事務局(社)日本環境教育フォーラム 〒160-0022 東京都新宿区新宿5-10-15 ツインズ新宿ビル4階 TEL:03-3350-6770(代表)E-Mail:ecoins@jeef.or.jp URL:http://www.jeef.or.jp/ecoins/

リサイクルトナー再生激安販売情報カーペットクリーニングじゅうたん情報革靴ブーツクリーニング情報

> 環境省が地球温暖化原因防止対策のエコインストラクター人材育成研修はこちら

宮崎県の太陽光発電と栃木県宇都宮市の環境美化活動

 宮崎県では2008年11月から、地球温暖化原因防止対策の一環の取組みとして「みやざきソーラーフロンティア構想」の一環で、大規模太陽光発電の協力企業の公募を行っていたが、都農町、国際環境ソリューションズ(東京都千代田区)を代表企業とする、国際航業グループ4社と2009年4月に太陽光発電のメガソーラー事業に関するパートナーシップ協定を締結した。この計画は、太陽光発電ソーラーシステムパネルを旧リニア宮崎実験線ガイドウェイ(高架)の上に並べ、1MWの太陽光発電を行う計画となっている。本格的な太陽光発電の開始は2011年からの予定となっており、グリーン電力証書などの活用も検討しているという。◆太陽光発電ソーラーシステム情報
 一方、栃木県宇都宮市では、市民や来訪者が快適に過ごせる「きれいなまち宇都宮市」を実現するため、2008年7月に施行した「都宮市みんなでごみのないきれいなまちをつくる条例」に基づき、2009年4月から違反者への罰則の適用を開始した。都宮市条例の趣旨や内容が定着するよう「都宮市路上喫煙等による被害の防止に関する条例」と合わせてシンボルマークを決定し、2つの条例の啓発物品や都宮市内の街頭活動に活用して周知を徹底していた。罰則は、都宮市美化推進重点地区内において、ゴミのポイ捨てやペットのフンの放置に対して、警告に従わない場合に過料2000円を科すものとなっている。
ハウスクリーニング掃除清掃代行情報エアコンクリーニング業務用家庭用掃除洗浄情報着物きものクリーニング専門丸洗い情報

> 宮崎県の太陽光発電と栃木県宇都宮市の環境美化活動はこちら

地球温暖化原因防止対策のエコ燃料利用促進補助とエコビジネス

 環境省は、平成21年度の地球温暖化原因防止対策の「エコ燃料利用促進補助事業」を実施する事業者を、平成21年6月26日から7月24日(17時必着)まで公募すると発表した。地球温暖化原因防止対策のエコ燃料利用促進補助事業は、地球温暖化の温室効果ガス二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(民間団体)により、エコ燃料の製造やその利用に必要な設備等の整備を行い、地球温暖化原因防止対策に寄与する輸送用エコ燃料の利用拡大を推進していくものとなっている。地球温暖化原因防止対策の「エコ燃料利用促進補助事業」の補助対象事業は、(1)バイオエタノール製造事業、(2)バイオエタノール混合ガソリン等利用促進事業、(3)バイオディーゼル燃料製造事業の三事業となっている。地球温暖化原因防止対策の「エコ燃料利用促進補助事業」の補助対象事業者は、(1)民間企業、(2)公益法人、(3)その他環境大臣が適当と認める者で、国や地方公共団体は対象とならない。また、地球温暖化原因防止対策の「エコ燃料利用促進補助事業」の事業の年数は原則単年度で、補助率は1/2が上限となっている。提出先 環境省 地球環境局 地球温暖化対策課 エコ燃料利用促進補助事業担当 〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 TEL:03-3581-3351(6780) FAX:03-3580-1382 E-mail:chikyu-ondanka@env.go.jp
 また、環境省は、地球温暖化原因防止対策のエコビジネスの芽を見つけ、育てるコンテスト「eco japan cup 2009」を開催し、平成21年7月21日から応募受付を開始すると発表した。地球温暖化原因防止対策の「eco japan cup」は今年で4回目で、「日本発、世界の経済をエコ化する」をコンセプトに開催される。このコンテストは、地球温暖化原因防止対策の環境ニューディール政策の一環と位置づけられており、エコビジネスで世界経済を活気づける意気込みで開催する。主催は、「環境ビジネスウィメン」、「環境省」、「総務省」、「三井住友銀行」と「日本政策投資銀行」となっている。地球温暖化原因防止対策の募集を行うのは、「ビジネス部門」、「カルチャー部門」、「ライフスタイル部門」と新たに設けられた「ポリシー部門」の合計4分部門となっている。応募締切は8月31日で、結果発表は12月となっている。受賞作品はエコプロダクツ2009会場にて展示・発表される予定となっている。応募の詳細は「eco japan cup」ホームページ(http://www.eco-japan-cup.com)を参照のこと。お問い合せ eco japan cup 総合運営事務局 一般社団法人 環境ビジネスウィメン TEL:03-5888-9139 E-mail:info@herb.or.jp

コピー機レンタルリース格安情報PCパソコン個人向けレンタルリース情報貸しスタジオレンタル情報

> 地球温暖化原因防止対策のエコ燃料利用促進補助とエコビジネスはこちら

改正地球温暖化対策の推進に関する法律の説明会

 環境省は、改正地球温暖化対策の推進に関する法律の説明会(~温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度について~)を平成21年7月24日から8月31日までの間、全国9か所で説明会を開催すると発表した。この説明会は、地球温暖化対策の推進に関する法律(温対法)及び関係政省令の改正に伴い、平成21年度排出量から、企業・フランチャイズチェーン単位での報告になるなど、新しい算定・報告方法となるため、改正地球温暖化対策の推進に関する法律及び関係政省令改正を受けた制度の改正点を中心に、制度の概要と、一般的な算定方法、報告方法について説明し、事業者に適切な算定・報告を実施してもらうことを目的に同省の各地方環境事務所が無料で実施するものとなっている。改正地球温暖化対策の推進に関する法律の説明会の開催日程は、7/24(札幌市)、7/29(東京都)、8/7(さいたま市)、8/21(那覇市)、8/25(名古屋市)、8/26(大阪市)、8/27(高松市)、8/28(広島市)及び8/31(仙台市)の予定となっている。改正地球温暖化対策の推進に関する法律の説明会に参加するためには、それぞれの開催地の地方環境事務所に開催日の3日前(土日祝日を除く)までに申込む必要がある。申込方法等詳細に関しては環境省のプレスリリースを参照してください。http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=11274

格安激安プロジェクターレンタル情報格安激安PA音響機材機器レンタル情報貸しホールレンタル情報

> 改正地球温暖化対策の推進に関する法律の説明会はこちら

地球温暖化対策法関係省令が公布

 環境省は、「温室効果ガス算定排出量の報告等に関する命令の一部を改正する命令」、「特定排出者の事業活動に伴う温室効果ガスの排出量の算定に関する省令の一部を改正する省令」及び「温室効果ガス算定排出量の集計の方法等を定める省令の一部を改正する省令」が平成21年6月23日に公布・施行されたと発表した。今回の改正は、「地球温暖化対策の推進に関する法律」の一部改正に併せ、主務省令で定める報告事項等、環境省令・経済産業省令で定める特定排出者が用いる他から供給された電気使用に伴う二酸化炭素排出係数及び集計方法等について所要の改正を行ったものとなっている。
 これらに対する意見募集のパブリックコメントは、次のとおり行われていた。環境省は、「温室効果ガス算定排出量の報告等に関する命令の一部を改正する命令案(概要)」と「温室効果ガス算定排出量の集計の方法等を定める省令の一部を改正する省令案(概要)」に、平成21年2月26日から3月27日までの間、意見募集を行うと発表した。「地球温暖化対策の推進に関する法律」の一部改正に併せ、主務省令で定める報告事項等及び環境省令・経済産業省令で定める集計方法等について所要の改正を行うものとなっている。「温室効果ガス算定排出量の報告等に関する命令の一部を改正する命令案(概要)」と「温室効果ガス算定排出量の集計の方法等を定める省令の一部を改正する省令案(概要)は、平成21年4月1日から施行される予定となっている。「温室効果ガス算定排出量の報告等に関する命令の一部を改正する命令案」と「温室効果ガス算定排出量の集計の方法等を定める省令の一部を改正する省令案に対する意見は、郵送、FAX、電子メールで受け付けている。○意見提出先 環境省地球環境局地球温暖化対策課 〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 FAX:03-3580-1382 E-mail:ghg-santeikohyo@env.go.jp

貸し倉庫収納トランクルームレンタル情報介護用品レンタル情報家電製品家具レンタルリース情報

> 地球温暖化対策法関係省令が公布はこちら

地球温暖化原因防止対策のクールアース・デー記念「七夕ライトダウンin北九州」

 チーム・マイナス6%(環境省)は、地球温暖化原因防止対策クールアース・デーの7月7日(火)に、福岡県北九州市と連携して地球温暖化原因防止対策の「七夕ライトダウンin北九州」を開催すると発表した。さらに、北九州市主催の地球温暖化原因防止対策の「環境モデル都市北九州市エコツアー」、日刊工業新聞社主催の『クールアース・デー記念シンポジウム「低炭素社会に生き残る経営 -今から始めるエコアクション-」』、大地を守る会主催の「100万人のキャンドルナイト・東京八百八灯2009」に特別協力すると発表した。地球温暖化原因防止対策の「七夕ライトダウンin北九州」は、門司港レトロ地区(福岡県北九州市門司区)で、7月7日(火)18:30~20:30に開催され、参加費は無料となっている。地球温暖化原因防止対策の「環境モデル都市 北九州市エコツアー」は、7月7日(火)13:00小倉駅北口集合~18:30までで、参加費1,000円、定員40名(申込多数の場合は抽選)となっている。地球温暖化原因防止対策のクールアース・デー記念シンポジウム「低炭素社会に生き残る経営 -今から始めるエコアクション-」は、如水会館オリオンルーム(東京都千代田区)で、7月7日(火)13:30~16:30に開催され、参加費無料で定員100名(事前申込制)となっている。地球温暖化原因防止対策の「100万人のキャンドルナイト・東京八百八灯2009」は、増上寺(東京都港区)で、6月21日(日)17:30~21:00に開催され、入場料無料(場合により入場制限あり)で開催される。地球温暖化原因防止対策のチーム・マイナス6%(環境省)の出展ブースでは、「クールビズ・ヘアスタイル Presentation for Cool earth 」の実演が行われる予定となっている。

貸し会議室レンタル情報賃貸の貸し事務所レンタルオフィス探し情報貸し布団ふとんレンタル情報

> 地球温暖化原因防止対策のクールアース・デー記念「七夕ライトダウンin北九州」はこちら

福井県敦賀市などと東京都日野市の地球温暖化原因防止対策

 福井県敦賀市では、地球温暖化原因防止対策の一環として、レジ袋などの容器包装の排出削減を目指し、2009年3月から市内食料品スーパーマーケット、ドラッグストアで「レジ袋の無料配布取り止め(有料化)」を開始した。取り組み開始から1週間のマイバッグ持参率は88%で、目標としていた持参率80%を大きく上回った。福井県内の地球温暖化原因防止対策のレジ袋有料化では、4月から福井市で11事業者73店舗、鯖江市で10事業者19店舗、越前市で10事業者22店舗でもレジ袋の有料化をスタートしている。また、坂井市は消費者団体と事業者が交渉し、坂井市が支援する方向となっている。
 一方、東京都日野市では、地球温暖化原因防止対策の一環として、レジ袋などの容器包装の排出削減を目指し、使い捨てにしている「レジ袋」を削減するため、2009年7月から、市内スーパー全店舗(西友を除く)で、一斉にレジ袋の無料配布を中止することに決めた。実施するのは、日野市内7社15店舗で、これまでに実施している店舗も合わせると9社20店舗となる。今回、参加を見送った西友(同豊島区)(1店舗)は、既に独自の削減策を実施している。日野市では、事業者(市内スーパー・商店会連合会)、市民及び市民団体、行政の3者で構成する「レジ袋無料配布中止に向けた共同会議」を2008年11月に発足していた。 

薬剤師・管理薬剤師の求人募集転職栄養士・管理栄養士の求人募集転職保育士の求人募集転職

> 福井県敦賀市などと東京都日野市の地球温暖化原因防止対策はこちら

地球温暖化原因防止対策のストップ温暖化「一村一品」大作戦

 環境省は、地球温暖化原因防止対策の「ストップ温暖化『一村一品』大作戦」を今年度も実施すると発表した。この「ストップ温暖化『一村一品』大作戦」は、環境省と全国地球温暖化防止活動推進センター(JCCCA)、各都道府県の地域地球温暖化防止活動推進センターが主体となり、地域ならではの優れた地球温暖化原因防止対策の取組にスポットを当て地球温暖化原因防止対策の取組を地方から広めるもので、平成19年度から実施されている。地球温暖化原因防止対策の公募は、平成21年5月1日以降に都道府県ごと行われ、平成21年10~12月頃に都道府県代表が選出される。各都道府県代表は、平成22年2月12日にニューピアホール(東京都港区)で開催される全国大会に参加して地球温暖化原因防止対策の取組内容の発表を行い、審査委員会による審査やウェブ投票を経て、優れた地球温暖化原因防止対策の取組やユニークな取組については表彰が行われる予定となっている。都道府県ごとの公募の期間や連絡先などはそれぞれ異なっているので注意が必要である。○事業全般についての問い合わせ先 全国地球温暖化防止活動推進センター(JCCCA)〒106-0041東京都港区麻布台1-11-9 ダヴィンチ神谷町 1F TEL:03-5114-1281 FAX:03-5114-1283 E-mail:daisakusen@jccca.org

袴はかまレンタル卒業式情報不用品廃品ゴミ回収買取引取り処分情報医師の求人募集転職

> 地球温暖化原因防止対策のストップ温暖化「一村一品」大作戦はこちら

東京都練馬区と埼玉県の地球温暖化原因防止対策

 東京都練馬区では、地球温暖化原因防止対策の一環として2009年2月から本庁舎内の各階の電気使用量を計測し、時間ごとの使用量をグラフ表示する「電気の見える化」を開始しており、これは、全国の自治体では初めての取り組みとなっている。見える化により、取り組みの効果が簡単に確認できるため、これまで以上に地球温暖化原因防止対策の一環として節電意欲の向上が図れると期待している。運用にあわせた説明会では、東京都練馬区の各階室内管理責任者・ISO推進員を対象に、削減目標の達成に向けた取り組み強化を求めた。東京都練馬区は2009年度までの5カ年で、地球温暖化原因防止対策の温室効果ガスの11.1%削減(14~16年度比)を目指し、現在6%の削減を達成し、地球温暖化原因防止対策に寄与している。一方、埼玉県では、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)が、日常生活のどんな場面で排出され、どのような工夫でどの程度削減できるかを「見える化」するパンフレット、「~見えなかったCO2がよく見える~ 家庭のCO2削減ハンドブック」を作成した。埼玉県内の暖房、リビング、洗濯・掃除、移動といった日常生活の場面ごとに、使い方の工夫、機器の買い替えなど地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2を削減する取り組みを、約60項目提示している。埼玉県では、それぞれの取り組みごとに、CO2削減量、省エネなどによる地球温暖化の原因となる温室効果ガスの節約金額の目安を「見える化」していることが特徴となっている。埼玉県では、このハンドブックを使った地球温暖化原因防止対策の環境講座も開催している。

ピアノ講師求人募集転職家庭教師の求人募集転職講師の求人募集転職

> 東京都練馬区と埼玉県の地球温暖化原因防止対策はこちら

チーム・マイナス6%「地球温暖化原因防止に係る国民運動におけるNPO・NGO等の民間団体とメディアとの連携支援事業」

 チーム・マイナス6%(環境省)では、「平成21年度 地球温暖化原因防止に係る国民運動におけるNPO・NGO等の民間団体とメディアとの連携支援事業」の事業案件の募集を開始した。この事業は、それぞれの地域で活躍するNPO・NGO等の民間団体とメディアが連携し、民間団体による地球温暖化原因防止活動を、適切な素材と伝達手段を用いて、伝えたい相手に対して効果的に伝わるようにするための経費を支援するもの。民間団体が行う活動の普及啓発効果を最大限に発揮させ、地域における低炭素社会づくりに向けた具体的な地球温暖化原因防止活動の実践を促すことを目的としている。1案件あたり最大5百万円(税込)支援が受けられる。採択事業件数は十数件程度の予定。応募期間は、平成21年6月5日~平成21年6月30日(17時必着)。応募方法の詳細は、プレスリリースの添付資料を参照のこと。政府の地球温暖化対策推進本部では、地球温暖化原因防止に係る国民運動「チーム・マイナス6%」を展開しています。これは地球温暖化原因を防止するために、政府、地方公共団体、企業、民間団体、さらに国民一人ひとりが連携してチームになって具体的な行動を実践していこうという運動です。各地域においては、「チーム・マイナス6%」に参加していただいているNPO・NGO等の民間団体が、様々な創意・工夫をこらした地球温暖化原因防止活動を実施されています。しかしながら、メディアとの連携が十分ではない場合は、普及啓発効果が例えば実施に参加した人だけにとどまってしまう事例もあるかと思います。そこで本事業は、それぞれの地域で活躍するNPO・NGO等の民間団体とメディアが連携し、適切な素材と伝達手段を用いて、情報(=民間団体の活動)を伝えたい相手に対してそれが伝わるようにするたの経費を支援することで、民間団体が行う活動の普及啓発効果を最大限に発揮させ、地域における低炭素社会づくりに向けた具体的な地球温暖化原因防止活動の実践を促すことを目的とするものです。2.対象事業の要件支援対象事業は次の要件で公募し、選考委員会にて選考・決定します。① NPO・NGO等の民間団体が実施する活動の基本的な部分が自立していること。例えば、本支援事業の支援がなければ実施できない事業は対象外となります。② メディアがその事業をどのような手段で支援又は広報するのかが具体的に提案されていること。③ 情報発信をする対象(=誰に伝えたいのか)が特定されていること。④ 情報発信をする対象に対し、温暖化を防止する行動を新たに喚起する高い効果があり、かつ、その情報発信した効果について、具体的かつ定量的な評価方法が示されていること。⑤ 本支援事業を実施することで見込まれるCO2排出削減量の算定式が示されていること。⑥ 支援決定通知日~平成22年2月15日迄の期間に効果測定まで実施できる事業であること。※ 本支援事業の予算はいわゆる「石特会計」であるため、その使途は代替エネルギー、省エネルギー対策に限られ、対象となるNPO・NGO等の民間団体が実施する活動も、温室効果ガスの「排出抑制対策」に限られます。よって「吸収源対策」としての森林整備や緑化対策は、本支援事業の対象外となりますので留意してください。○応募書類提出先及び問い合わせ先 チーム・マイナス6%運営事務局 連携支援事業係 〒102-0083 東京都千代田区麹町3-7-6 麹町PRECビル3階 TEL:03-5226-1153 E-mail:info@team-6.net

病院臨床検査技師の求人募集転職看護師・准看護師の求人募集転職保健師の求人募集転職

> チーム・マイナス6%「地球温暖化原因防止に係る国民運動におけるNPO・NGO等の民間団体とメディアとの連携支援事業」はこちら

地球温暖化原因防止対策のカーボン・オフセットモデル事業

 環境省は、地球温暖化原因防止対策の「平成21年度カーボン・オフセットモデル事業」を平成21年6月1日から7月27日までの間、募集を行うと発表した。カーボン・オフセットモデル事業公募説明会も開催される。環境省は、カーボン・オフセットの信頼性確保のためのガイドラインや基準等の整備を行っており、平成21年3月には、地球温暖化原因防止対策の「カーボン・オフセットの取組に対する第三者認証機関による認証基準」を公表している。今回の地球温暖化原因防止対策の募集対象となる取り組みは、(1)気候変動対策認証センターによる認証制度において「市場流通型」又は「自己活動オフセット支援型」の認証区分に適合するカーボン・オフセット、(2)特定者間完結型カーボン・オフセット、(3)カーボン・オフセット普及啓発活動の3種類となっている。地球温暖化原因防止対策の「平成21年度カーボン・オフセットモデル事業」への応募資格は、民間企業、民間法人、特定非営利活動法人(NPO)、地方公共団体など。募集詳細は、プレスリリース添付の公募要領を参照のこと。公募説明会は、6月16日(9:30~11:00)に三田共用会議所(東京都港区)で開催される。公募説明会参加希望者は、募集窓口にメールで連絡する必要がある。募集窓口 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 環境・エネルギー部 担当:竹田・小沼 TEL:03-6711-1243 FAX:03-6711-1289 E-mail:offset@murc.jp

地上デジタルテレビアンテナ工事情報レディースファッションブランド品リサイクルショップ情報家電リサイクルショップ高価買取販売情報

> 地球温暖化原因防止対策のカーボン・オフセットモデル事業はこちら

地球温暖化問題エコライフ・フェア2009を東京都で開催

 環境省は、地球温暖化問題などを考える「エコライフ・フェア2009」を、6月6日・7日の2日間、東京都の代々木公園ケヤキ並木/イベント広場で開催すると発表した。環境省は、環境の日(6月5日)を含む6月を環境月間として、国民の環境保全への理解と関心を高めるために、各種の行事を実施している。「エコライフ・フェア」は、環境月間の代表的行事として毎年開催されている。今年は、環境省の出展のほか、企業・団体から28、NGO/NPOから28の団体が出展し、環境に配慮した飲食ブースの出展もあります。ステージではエコライフや環境問題をテーマにしたトークや音楽演奏、出展企業による環境教育等の啓発イベントなども予定されている。開催時間は、6日(土)は11:00~17:00、7日(日)は10:00~17:00。入場無料。なお、環境月間には、他にも「エコカーワールド2009」(6月6日~7日)など各種行事が予定されている。

カラオケセット機器機材レンタルリース情報ウエディングドレスレンタル格安激安販売情報貸し別荘コテージレンタル情報

> 地球温暖化問題エコライフ・フェア2009を東京都で開催はこちら

日本の地球温暖化ガスの二酸化炭素濃度が過去最高に

 気象庁は、平成21年5月19日 国内3地点(岩手県大船渡市綾里、東京都小笠原村南鳥島、沖縄県八重山郡与那国島)の、大気中の地球温暖化につながる温室効果ガスの二酸化炭素濃度の観測結果について公表した。公表によると、2008年の年平均値は3地点でそれぞれ388.5ppm、386.6ppm、388.0ppmとこれまでで過去最高となった。ここ10年間では1.9ppm/年の割合で増加を続けており、国内で最初に長期連続観測を開始した綾里においては、観測開始時(1987年)より、37.3ppm濃度が増加している。また、年間で最も二酸化炭素濃度の高くなる春季において、今年3月~4月の観測値は、それぞれ395.3ppm(綾里、4月)、390.8ppm(南鳥島、3月)、393.2ppm(与那国島、4月)と、すべての観測点で観測開始以来の最高値を記録した。

貸しデジタルビデオカメラレンタル情報トラックレンタカーレンタル情報貸し子供服レンタル情報

> 日本の地球温暖化ガスの二酸化炭素濃度が過去最高にはこちら

廃棄物処理施設における地球温暖化防止対策事業

 環境省は、平成21年度の「廃棄物処理施設における地球温暖化防止対策事業」の公募を開始した。期間は、5月11日から6月10日(午後6時必着)まで。この事業は、高効率な廃棄物発電や廃棄物由来のバイオマス発電等の廃棄物処理に係るエネルギー利用施設の整備を実施する民間企業等の事業者に対し、事業実施に必要な経費の一部を国が補助することにより、地球環境の保全に資することを目的としている。対象は、民間企業、独立行政法人、公益法人、法律により直接設立された法人、その他環境省が適当と認める者(国及び地方公共団体は対象としない)
平成21年度 廃棄物処理施設における地球温暖化防止対策事業 公募要領
環境省では、平成21年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金により、「廃棄物処理施設における地球温暖化防止対策事業」を行うこととしています。本事業の概要、対象事業、応募方法及びその他留意していただきたい点は以下のとおりです。なお、補助事業として選定された場合には、「二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(廃棄物処理施設における地球温暖化防止対策事業)交付要綱」(以下「交付要綱」という。)及び「廃棄物処理施設に対する地球温暖化防止対策事業実施要領」(以下「実施要領」という。)に従って手続き等を行っていただくことになります。このため、交付要綱及び実施要領を参照の上、応募いただきますようお願いいたします。
1.廃棄物処理施設における地球温暖化防止対策事業の概要
1-1 目的
 京都議定書の温室効果ガス6%削減の約束を確実に達成するために必要な措置を定める「京都議定書目標達成計画(平成20年3月全部改定)」においては、廃棄物処理における取組として、廃棄物処理施設における廃棄物発電等エネルギー利用を更に進めることとしており、「21世紀環境立国戦略(平成19年6月)」では廃棄物エネルギーの徹底的な利用及び廃棄物系バイオマスの活用を推進することを定めています。このため、循環型社会形成推進基本法の基本原則として示されている[1]リデュース、[2]リユース、[3]マテリアル・リサイクル、[4]サーマル・リサイクルの優先順位に従い、地球温暖化防止対策に資する高効率の廃棄物エネルギー利用施設やバイオマス利用施設の整備を促進するため、これらの施設を整備する事業に対して支援を行います。
1-2 事業の内容
(1)概要
 高効率な廃棄物発電や廃棄物由来のバイオマス発電等の廃棄物処理に係るエネルギー利用施設の整備を実施する民間企業等の事業者に対し、事業実施に必要な経費の一部を国が補助することにより、地球環境の保全に資することを目的としています。
(2)対象事業者(補助事業者)
 対象事業者は、以下に挙げる者とします。ただし、(5)1)の表の[1]~[7]の対象施設を整備する事業については、廃棄物処理業を主たる業とする事業者であって、以下に挙げる者が行うものに限ります。
 ア 民間企業
 イ 独立行政法人
 ウ 公益法人
 エ 法律により直接設立された法人
 オ その他環境省が適当と認める者(国及び地方公共団体は対象としない)
(3)補助対象費用の使途
 工事費(本工事費)及び事務費
(4)補助金の交付額の上限
1)(5)1)の表の[1]~[7]の対象施設
施設の高効率化に伴う増嵩費用(ただし、補助対象となる施設整備費の1/3を限度とします。)
2)(5)1)の表の[8]及び[9]の対象施設
補助対象となる施設整備費の1/2
(5)補助対象となる施設の条件
 下記の条件を設けています。
1) 下表の左欄の対象施設の区分ごとに右欄の条件を満たすものであること。 対象施設 対象の条件
[1]廃棄物発電 (ア)RDF発電
発電効率:RDFの処理量により
200トン/日未満:23%以上
200トン/日以上:25%以上
300トン/日以上:28%以上
(イ)ガスリパワリング型廃棄物発電
発電効率:20%以上
(ウ)その他の廃棄物発電
発電効率:15%以上(施設の更新でない場合)
        10%以上(施設の更新の場合)
[2]バイオマス発電 (ア)蒸気タービン方式
発電効率:10%以上
(イ)その他の発電方式
発電効率:25%以上
[3]廃棄物熱供給 廃棄物から得られ、利用される熱量:6.28GJ/h(1.5Gcal/h)以上
[4]バイオマス熱供給 バイオマスから得られ、利用される熱量:1.26GJ/h(0.3Gcal/h)以上
[5]バイオマスコージェネレーション 発電出力:50kW以上
省エネ率:10%以上
[6]廃棄物燃料製造 エネルギー回収率:60%以上
発熱量
固形化 12.56MJ/kg(3,000kcal/kg)以上
液化 33.49MJ/kg(8,000kcal/kg)以上
ガス化 4.19MJ/Nm3(1,000kcal/Nm3)以上
RPF製造は対象としない
[7]バイオマス燃料製造 (ア)メタン発酵方式
ガス製造量:300Nm3/日以上
発熱量:18.84MJ/Nm3(4,500kcal/Nm3)以上
(イ)メタン発酵方式以外
エネルギー回収率:50%以上
発熱量
固形化 12.56MJ/kg(3,000kcal/kg)以上
液化 16.75MJ/kg(4,000kcal/kg)以上
ガス化 4.19MJ/Nm3(1,000kcal/Nm3)以上
[8]ごみ発電ネットワーク 参画するすべてのごみ発電施設における総発電量の増加量:10GWh/年以上
参画するすべてのごみ発電施設におけるネットワーク全体での発電効率:2%以上の向上
[9]熱輸送システム 廃棄物から得られ、輸送される熱量:12.56GJ/日(3.0Gcal/日)以上
(注)[1]~[4]については、廃棄物を直接燃焼させるものに限る。
2) 廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和45年法律第137号)第8条の規定による一般廃棄物処理施設の設置許可を受けたもの、又は第15条の規定による産業廃棄物処理施設の設置許可を受けたものであること。ただし、廃棄物の処理及び清掃に関する法律第8条又は第15条の適用を受けない施設においては、この限りでないこと。
3) 廃棄物処理施設における地球温暖化防止対策事業に係る施設が適正に管理されるよう、周辺住民の理解の下に、当該事業に係る管理・運営体制が整備されていること。
4) 補助事業に係る廃棄物処理施設の安全性に関する情報公開等を行わなければならないこと。
ア 情報公開等を行うに当たっては、第3に掲げる範囲を中心に、処理施設の安全性等に関する説明書を作成して周辺住民に開示するとともに、開示の結果、周辺住民と質疑応答等を行った場合は、当該質疑応答等の結果の概要を環境大臣に報告しなければならないこと。
イ 処理施設の稼働開始後5年間は、第3に掲げる範囲を中心に、処理施設の実際の安全性について点検し、その結果を開示するとともに、開示の結果、周辺住民と質疑応答等を行った場合は、当該質疑応答等の結果の概要について補助を受けた年度の末日までに環境大臣に報告しなければならないこと。
5) 循環型社会形成推進基本法(平成12年法律第110号)の基本原則に沿った事業であること。
6) 事業実施の計画が確実かつ合理的であること。
7) 地球温暖化防止に資する効果が合理的に説明でき、かつ当該効果が十分高いものと判断できること。
8) 当該事業の遂行によって、他の事業者に対する波及効果が見込まれること。
9) 事業者の取組として先進的であること。
10) 1)の表の左欄の[3]~[7]の対象施設においては、熱利用先又は製造された燃料の利用先が確定している旨を証明できること。
11) 1)の表の左欄の[8]の対象施設においては、電源となるごみ発電施設が確定している旨が証明でき、かつ、地域のごみ発電施設の相当数を電源とする場合を除き、原則として、電源となるごみ発電施設数の拡大を前提とするものであること。
12) 1)の表の左欄の[9]の対象施設においては、熱源となる廃棄物焼却施設及び熱利用先が確定している旨を証明できること。
13) 産業廃棄物処理施設においては、産業廃棄物管理票について電子情報処理組織に原則対応しているものであること。  
14) 当該事業の実施及び当該事業により整備された施設の稼働において発生する産業廃棄物は、原則として優良性評価基準適合事業者によって処理されること。
15) 断熱材を使用する場合は、フロンを用いないものであること。
(6)補助期間
補助期間は原則単年度とします。(来年度以降も継続して実施する事業については、年度ごとに応募していただきます。)
1-3 補助事業者の選定方法等
(1)一般公募を行い、選定します。
(2)応募者より提出された実施計画書等をもとに、厳正に審査を行い補助事業者を選定し、予算の範囲内において補助金の交付を決定(内示)します。
1-4 留意事項
 本補助事業は、各都道府県・政令市の廃棄物担当部局の協力を得て実施しています。このため、本補助事業に関し、各都道府県・政令市の廃棄物部局から問い合わせがある場合があります。
2.補助金の交付等について
(1)交付申請
 公募により選定された補助事業者には補助金の交付申請書を提出していただきます(申請手続等は交付要綱を参照願います。)。その際、補助金の対象となる費用は、当該年度に行われる事業で、かつ当該年度中に支払いが完了するものとなります。
(2)交付決定
 環境省は、提出された交付申請書の内容について以下の事項等に留意しつつ審査を行い、補助金の交付が適当と認められたものについて交付の決定を行います。
申請に係る補助事業の全体計画(資金調達計画、工事計画等)が整っており、準備が確実に行われていること。
申請に係る補助事業に要する経費(設備費、工事費、諸経費)が、補助事業と類似の事業において同程度の規模、性能を有すると認められるものの標準価格等を参考として算定されているものであること。
補助対象経費には、国からの他の補助金(負担金、利子補給並びに補助金に係る予算の執行の適正化に関する法律第2条第4項第1号に掲げる給付金及び同項第2号に掲げる資金を含む。)の対象経費を含まないこと。
(3)事業の開始
 補助事業者は環境省からの交付決定を受けた後に、事業開始することが原則となります(ただし、工期等の諸事情により早期開始が必要なものについてはご相談ください。)。
 補助事業者が他の事業者等と委託等の契約を締結するにあたり注意していただきたい主な点(原則)を以下に記します。
新規応募事業の場合、契約・発注日は環境省の交付決定日以降であること。
補助事業の遂行上著しく困難又は不適当である場合を除き、競争原理が働くような手続きによって相手先を決定すること。
当該年度に行われた委託等に対して当該年度中(出納整理期を含む。)に対価の支払い及び清算が行われること。
(4)補助金の経理等について
 補助事業の経費については、帳簿及びその他証拠書類を備え他の経理と明確に区分して経理し、常にその収支状況を明らかにしておく必要があります。
 これらの帳簿及び証拠書類は、補助事業の完了の日の属する年度の終了後5年間、いつでも閲覧に供せるよう保存しておく必要があります。
(5)実績報告及び書類審査等
 当該年度の補助事業が完了した場合は、事業終了後30日以内あるいは翌年度4月10日のいずれか早い日までに実績報告書を環境省宛て提出していただきます。
 環境省は事業者から実績報告書が提出されたときは、書類審査及び必要に応じて現地検査等を行い、事業の成果が交付決定の内容に適合すると認めたときは、交付すべき補助金の額を決定し、補助事業者に確定通知をします。
 なお、自社調達及び100%同一資本に属するグループ企業からの調達によってなされた設計、工事、物品購入等については、原価計算により利益相当分を排除した額(製造原価)を補助対象経費の実績額といたします。また関係会社からの調達分についても原則原価計算等により、利益相当分を排除した額(製造原価と販売費及び一般管理費の合計)を補助対象経費の実績額とします(【参考資料1】参照)。
(6)補助金の支払い
 補助事業者は、環境省から確定通知を受けた後、精算払請求書を提出していただきます。その後環境省から補助金を支払います。ただし、必要と認められる場合には上記の方法によらないで、交付決定した補助金の一部について補助事業の期間中に概算払いをすることができます。
(7)取得財産の管理について
 補助事業の実施により取得した財産(取得財産等)については取得財産管理台帳を整備し、その管理状況を明らかにしておくとともに、財産を処分(補助金の交付の目的(補助金交付申請書及び実施計画書に記載された補助事業の目的及び内容)に反して使用し、譲渡し、交換し、貸し付け、又は担保に供することをいう)しようとするときは、あらかじめ環境省の承認を受ける必要があります。なお、補助事業により整備された施設、機械、器具、備品その他の財産には、環境省補助事業である旨を明示しなければなりません。
(8)利用状況の報告について
補助事業の適正な管理のため、補助事業の実施により取得した財産等(補助事業により設置した発電設備等)の利用状況を確認させていただきます。つきましては、【参考資料2】のとおり設備等の運転・利用状況の報告をお願いします。
(9)その他
 上記の他、必要な事項は交付要綱及び実施要領に定めますので、これを参照してください。
3.公募案内
(1)応募方法
 事業の応募に必要な書類を公募期間内に環境省へ提出していただきます。書類は封書に入れ、宛名面に「廃棄物処理施設における地球温暖化防止対策事業応募書類」と赤字で明記してください。
(2)公募期間
 平成21年5月11日(月)~平成21年6月10日(水)午後6時必着
(3)応募に必要な書類及び提出部数
 [1]実施計画書
 [2]経費内訳
   ※ 経費内訳は平成21年度分についてのみ作成
 [1]及び[2]の書類を一部提出してください。
(4)提出先
 土日祝日を除く執務時間
 [1]一般廃棄物処理施設
   〒100-8975 東京都千代田区霞が関一丁目2-2
   環境省 廃棄物・リサイクル対策部 廃棄物対策課
   電話03-3581-3351(内線6850) 担当 施設第一係
 [2]産業廃棄物処理施設
   〒100-8975 東京都千代田区霞が関一丁目2-2
   環境省 廃棄物・リサイクル対策部 産業廃棄物課
   電話03-3581-3351(内線6875) 担当 施設整備指導係
(5)提出方法
 持参又は郵送(郵送の場合は電話による連絡を併せてお願いします。)

貸し会議室レンタル情報賃貸の貸し事務所レンタルオフィス探し情報貸し布団ふとんレンタル情報

> 廃棄物処理施設における地球温暖化防止対策事業はこちら

地球温暖化対策推進法に基づく地方公共団体実行計画

 環境省は、地方公共団体向けに作成した「地球温暖化対策推進法に基づく地方公共団体実行計画(区域施策)策定マニュアル(案)」に対して、平成21年4月17日から5月15日までの間、意見募集を行うと発表した。平成20年6月に改正された地球温暖化対策推進法(温対法)において、都道府県及び特例市以上の地方公共団体は、現行の地方公共団体実行計画を拡充し、従来の地域推進計画に相当する区域全体の自然的社会的条件に応じた施策について盛り込むことが義務づけられた。また、この新しい地方公共団体実行計画と都市計画等の関連施策との連携を図ることも求められるようになった。そこで、環境省は、有識者による検討会を経て、地方公共団体向けの計画策定マニュアル(案)をとりまとめたとのこと。意見は、郵送、FAX、電子メールで受け付けている。封筒表面・件名に「温対法に基づく実行計画策定マニュアル(案)への意見」と記載する必要がある。意見提出方法の詳細は参照のこと。意見提出先 環境省総合環境政策局環境計画課 〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 FAX:03-3581-5951 E-mail:SOKAN_CHIIKI@env.go.jp

雨水再利用タンクシステム情報屋上緑化情報桐箪笥タンスの販売修理情報

> 地球温暖化対策推進法に基づく地方公共団体実行計画はこちら

環境リスクの公開シンポジウム

独立行政法人国立環境研究所は、公開シンポジウム2009を開催すると発表した。この公開シンポジウムは、毎年6月の環境月間行事の一環として同研究所が開催しているもので、2009年のテーマは、「今そこにあるリスク ~環境リスクの真実を語ろう」。環境研究が環境リスク問題の解決にどのように貢献できるか、同研究所で行っている研究の一端をわかりやすく紹介するとしている。参加は無料。参加希望者は、「公開シンポジウム2009」ホームページ( http://www.nies.go.jp/sympo/2009/index.html )、またはハガキかFAXにより申し込む必要がある。日時と場所は、6月6日(土)12:00~17:30に東京都港区のメルパルクホール(東京会場)と、6月13日(土)12:00~17:30に京都府京都市下京区の京都産業会館8階シルクホール(京都会場)の2箇所で開催する。内容は、環境リスクについての説明と、国立環境研究所での環境リスク研究への取組を概括する講演をはじめとして、研究所における環境リスク関連研究活動のうちから、(1)化学物質の生態リスク評価のための試験法の開発・改良、(2)最先端の微量の残留有機汚染物質の分析法の開発、(3)空気中の汚染物質とその健康への影響、(4)環境汚染とアレルギー疾患の関わりに関する講演を行う。また、本シンポジウムのテーマに関する研究やその他の研究分野の成果について研究者がパネルを用いて来場者と対話しながら説明するポスターセッション(17件)を予定している。


LEDライト電光サイン看板情報携帯マイmy箸運動販売情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 環境リスクの公開シンポジウムはこちら

CO2等の温室効果ガス排出抑制を行う事業者を募集

 環境省は、地球温暖化防止原因対策のため、大気中に排出されるCO2などの温室効果ガスの排出量を削減する「平成21年度自動車環境配慮推進事業」を実施する自動車関連事業者の募集を開始した。この「自動車環境配慮推進事業」は、平成20年度の「自動車省CO2対策推進事業」が名称変更したもので、窒素酸化物や粒子状物質、CO2の排出抑制に関する計画的な取組を行う事業者を募集し、計画的な取組として認定を受けた事業者に対し、燃費基準達成かつ排出ガスに係る新長期適合のトラックやバスを導入する費用の一部(通常車両価格との差額の1/2以内)を補助するものである。事業者からの「自動車環境配慮推進計画」の申請受付期間は、平成21年4月10日~11月30日としているが、予算の範囲を超える場合には期間途中であっても受付を締め切る。当日消印有効。計画の提出先 環境省水・大気環境局自動車環境対策課 自動車環境配慮推進事業担当 東京都千代田区霞が関1-2-2 E-mail:JIDOSHAKA-N@env.go.jp

貸しテナント物件賃貸店舗情報フランチャイズFCチェーン加盟店募集情報販売代理店会社募集情報

> CO2等の温室効果ガス排出抑制を行う事業者を募集 はこちら

エコビジネスの芽を見つけ育てるコンテストeco japan cup

 環境省は、平成21年4月22日に中央合同庁舎(東京都千代田区)において、地球温暖化防止対策に寄与する「eco japan cup」事業説明会を開催した。エコビジネスの芽を見つけ、育てるコンテスト「eco japan cup」は、「日本発、地球温暖化防止対策に寄与する世界の経済をエコ化する!」をコンセプトに掲げ、2006年度から継続して開催されている。「eco japan cup」事業は、環境省、総務省と民間などとの産官民の地球温暖化防止対策に寄与する協働事業として進めてきているもので、今年はさらに多くの企業、団体の参加を促すために事業説明会を開催した。会場は、東京都千代田区の中央合同庁舎5号館本館2階共用第6会議室。開催時間は、13:30~15:30(受付開始13:00)。主催は、eco japan cup総合運営事務局。対象は、企業・団体等のCSRおよび広報担当者、報道関係者など。参加希望者は、プレスリリース添付の申込用紙に必要事項を記入の上、FAXまたはEメールで申し込む必要がある。先着順で、定員となり次第、締め切り。申込先eco japan cup総合運営事務局 一般社団法人 環境ビジネスウィメン 事務局TEL:03-5888-9139FAX:03-5681-7785E-mail:info@herb.or.jp

リサイクルトナー再生激安販売情報カーペットクリーニングじゅうたん情報革靴ブーツクリーニング情報

> エコビジネスの芽を見つけ育てるコンテストeco japan cupはこちら

地球温暖化原因対策の中期目標に関する意見交換会

 内閣官房、環境省及び経済産業省は、地球温暖化原因対策の中期目標の選択肢について、直接国民の意見を聴くため、下記のとおり全国5か所で意見交換会を開催すると発表した。(既に実施済みの会場もある。)日本政府は、これらの会場からの地球温暖化防止に向けての意見も踏まえる中で、地球温暖化防止対策の中期目標(我が国の2020年の温室効果ガス排出量についての削減目標)を今年6月までに決定する予定としている。
(1)東京 日時:平成21年4月20日(月)19:00~21:00 会場:内閣府本府 地下一階講堂(東京都千代田区)定員:200人
(2)名古屋 日時:平成21年4月21日(火)18:00~20:00 会場:愛知県産業貿易館 特別会議室(愛知県名古屋市中区)定員:130人
(3)大阪 日時:平成21年4月22日(水)17:30~19:30 会場:国民会館 武藤記念ホール大ホール(大阪府大阪市中央区)定員:150人
(4)札幌 日時:平成21年5月11日(月)17:30~19:30 会場:ホワイトキューブ札幌 1F会議室(北海道札幌市北区)定員:80人
(5)福岡 日時:平成21年5月12日(火)18:00~20:00 会場:福岡合同庁舎 共用中会議室A・B(福岡県福岡市博多区)定員:100人
 地球温暖化原因対策の意見交換会への参加希望者は、東京・大阪・名古屋会場分は4月15日までに、札幌・福岡会場分は5月6日までに、件名を「【参加希望(○○会場)】意見交換会」とし、氏名、所属、連絡先(電話、メールアドレス)を記入して、メールで申し込む必要がある。定員をオーバーした場合は抽選となる。○参加申込及び問い合わせ先:内閣官房 副長官補室 地球温暖化問題に関する懇談会担当 担当:宇都宮、西村 E-mail:ondankakondankai@cas.go.jp


観葉植物レンタルリース貸し植木情報スーツケースレンタル格安情報コピー機レンタルリース格安情報

> 地球温暖化原因対策の中期目標