TOPページ > 検索結果

検索結果 【木津川市】

京都府木津川市は二酸化炭素(CO2)排出しない電気自動車(EV)普及で地球温暖化の原因防止対策

 京都府木津川市木津川台にある関西学研都市で、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、小型の電気自動車(EV)を地域住民で共同利用する実証実験が10月16日始まった。実証実験は2011年1月中旬まで行い、電気自動車(EV)普及への課題を探る。この実証実験は、国土交通省(東京都千代田区霞が関)が電気自動車(EV)普及のため、全国6か所で行う実証実験の一つであり、京都府や木津川市などが参加して実施する。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の電気自動車(EV)普及の実証実験には、4人乗りの電気自動車(EV)2台を使用して行う。走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない排出実証実験用の電気自動車(EV)は、家庭用電源で2時間充電すると約60キロの距離を走ることができるという。京都府木津川市では、まず、地域の防犯パトロールで電気自動車(EV)を使用することにしており、京都府木津川市の住民による共同利用は11月上旬から始めるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての電気自動車(EV)のレンタル希望者は、事前に予約すれば、1週間で最大12時間借りることができる。電気自動車(EV)の利用者には、アンケートに答えてもらい、使用目的や運転操作の問題点などを調査するほか、それを基にして、電気自動車(EV)に適した京都府木津川市内の道路整備にも生かすという。京都府木津川市では、「電気自動車(EV)の共同利用が進めば既存の車の数も減り、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減にもつながる」と期待している。この日は、京都府木津川市の木津川台中央公園で電気自動車(EV)の共同利用の説明会があり、京都府木津川市民約150人が参加して熱心に話を聞いていた。10月26日から来年2月までは、京都府相楽郡精華町のシルバー人材センターにも、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電気自動車(EV)1台を配置し、同様の実証実験を行うという。 以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京都府木津川市は二酸化炭素(CO2)排出しない電気自動車(EV)普及で地球温暖化の原因防止対策はこちら

関西学研都市で二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因対策の実験

 来年から関西学研都市において、京都府や京都大学(京都府京都市左京区)、同志社大学(京都府京都市上京区)、関西電力(大阪府大阪市北区中之島)、大阪ガス(大阪府大阪市中央区平野町)などによる産官学グループが、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、個々の住宅や地域が一体となって省エネルギーに取組む社会実験に乗り出すと発表した。9月9日に京都府公館(京都府京都市上京区)で社会実験開始に向けた会合が開催され、関係者は連携を確認した。個々の住宅を対象にして、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の実験に参加するのは、京田辺市の同志社山手、精華町の精華台、木津川市の木津中央・木津南の京都府内の3地区になる。実験参加の家庭に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、最新式の太陽光発電システムパネルや、燃料電池、高効率給湯器などを効果的に組み合わせて設置するという。こうした設備を設置した各家庭の電力及びガスの使用状況のデータを集めることによって、効率よく設備を配置する方法を探るという。来年1月から同志社山手の100戸で、まず予備的な調査を行い、さらに同地区の新築住宅に参加を募って4月から地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の実験を本格化し、さらに、10戸が共同で大型蓄電池を運用する取組みも行う。1年間の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の実験で、各家庭で各機器を効率よく配置する方法を見極め、それ以降に実験に参加する290戸で省エネ生活を実践するという。また、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の実験期間中、京田辺市、木津川市及び精華町の3市町内で100台強の電気自動車(EV)も走行させる。150基以上の電気自動車(EV)用の充電設備を町なかに整備し、ガソリン消費を減らすことによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策とする。こうした地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の実験を2014年度まで続け、実験地区内での二酸化炭素(CO2)排出量を2005年度比で34%減らすことを目標とするという。実験の総事業費は約135億円。実験主体に加え、経済産業省も資金を提供する予定だという。この日の会合で、山田京都府知事は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策という環境問題と町づくりを一体にして取組む試みだ。世界に誇れる成果を出し、関西学研都市の存在もアピールできれば幸いだ」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 関西学研都市で二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因対策の実験はこちら

積水ハウスがエコ住宅で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など最近の環境問題ニュースや意見については次のとおりである。積水ハウス(大阪府大阪市北区)は、エコ住宅で地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に取り組んでいる。京都府木津川市にある同社の総合住宅研究所で大阪ガスと共同で地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減する「スマートハウス実証実験」を行っている。スマートハウスは、太陽光発電システム、燃料電池、蓄電池という3つの設備を効率的かつ効果的に組み合わせることによって、住宅における家電や照明、暖房などといった化石エネルギーを消費する機器をホームサーバーで一元的に管理する仕組みだという。住宅内の家電製品すべての機器を無線によってホームサーバーにLAN接続し、パソコンやテレビを通じて住人が発電量や電気代などをチェックすることができる仕組みであり、しかも、好みの運転モードを選んで自動制御運転ができるというものである。積水ハウス地球温暖化防止研究所は「家庭内の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減と省エネをしながら、周辺地域へのエネルギー供給までを行うという日本型スマートグリッドの仕組みを実証実験している」とねらいを話している。将来的に、太陽光発電システムなどの「創エネルギー」機器が各地に増え続ければ、電力の需給バランスが崩れることになると思われる。その際には、当該地域の電気の発電量の過不足にしっかりと対応して、家庭の電気の発電量を制御するシステムが不可欠になるのではないかと考えているという。「省エネ・創エネ・蓄エネ」を合言葉にエコ住宅開発が進んできている。これまでの節約重視だったエコから、快適性と地球温暖化の原因防止対策といった環境配慮の両立へと進化しつつある。

> 積水ハウスがエコ住宅で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら