TOPページ > 検索結果

検索結果 【新潟県】

ソニーと新潟県十日町市が地球温暖化の原因対策の国内クレジット契約

 ソニー(東京都港区港南)と新潟県十日町市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、新潟県十日町市が新潟県十日町市内企業の共同実施者となって再生可能エネルギー技術で削減した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出削減クレジットを、ソニーが買い取る国内クレジット契約に調印したと発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の国内クレジット制度に基づき、地方自治体が企業と共同実施者になるのは全国で初めてのケースになるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策としての買取対象となるのは、(1)ミオンなかさと(新潟県十日町市)のペレットボイラー等整備(2)ゆきぐに森林組合(新潟県十日町市)のバイオマスボイラー整備(3)ミート・コンパニオン(新潟県十日町市)のバイオマスボイラー整備(4)高木沢企業(新潟県十日町市)の生木乾燥チップボイラー設備整備(5)前田商会(新潟県十日町市)のBDF製造設備整備の5事業となっている。3事業については、今年度から、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として取り引きされるが、残る2事業は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策を検討する国内クレジット認証委員会の承認を得てから開始されるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量取引量の目安は、平成23年度は年間計約1千トン、ソニー側の買取金額は1トン当たり1,500~3,000円になるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> ソニーと新潟県十日町市が地球温暖化の原因対策の国内クレジット契約はこちら

新潟県新潟市で木質ペレット利用による二酸化炭素(CO2)排出量削減

 新潟県新潟市秋葉区は、古くは国産の石油が産出されていた地であるが、現在は花の産地になった。園芸業者の間では、従来のビニールハウス内の暖房用燃料に替わるものとして、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策の観点から、木質ペレットを利用する取組が始まっている。新潟県新潟市内でペレット燃焼器具開発会社が2008年に設立した「木質ペレット推進協議会」が統括し、新潟県新潟市の仲介で新潟県新潟市秋葉区内の園芸家5者が取組んでいる。木質ペレットの原料は、かつて石油の採掘地だった丘陵で新潟県新潟市による杉の木の間伐材と森林組合の未利用材となっている。この木質ペレットを利用する取組は、2010年に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減・吸収量を取引の対象にする、環境省(東京都千代田区霞が関)の「オフセットクレジット(J―VER)制度」に登録され、燃料木質をペレットにすることで削減した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は企業などに売却できるようになったという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 新潟県新潟市で木質ペレット利用による二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

新潟県長岡市はバイオガス化処理施設で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策

 新潟県長岡市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、家庭から出る生ごみを自然界の微生物で分解してメタンガスを発生させ、これを燃料にして発電するバイオガス化処理施設を建設すると発表した。生ごみの処理能力は1日55トンになり、新潟県長岡市で発生する生ごみ年間総量に匹敵し、地方自治体が運営する施設としては全国最大の規模となる。新潟県長岡市では、平成23年度にバイオガス化処理施設の建設に着工し、25年7月の稼働を目指すという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を年間2千トン、ごみ処理に係る経費は施設稼動後15年間で35億円削減される。バイオガス化処理施設は、新潟県長岡市寿のごみ焼却施設「環境衛生センター」の敷地内に建設する。生ごみをメタンガス発酵菌の入ったタンクに入れて攪拌すると、3~4週間で分解し、メタンガスが発生する。メタンガスによる発電量は、新潟県長岡市内の一般家庭約1千戸分に相当する年間410万キロワット時で、約4600万円分にもなり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する。新潟県長岡市のガス化処理施設の全電力需要と環境衛生センターの電力需要の半分をまかなえる計算になるという。メタンガス処理後に残った残りカスも乾燥処理などを施し、全量を群馬県にある民間バイオマス発電所に売却することで、さらに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるという。今回の新潟県長岡市のバイオガス化処理施設建設事業は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、民間の資金やノウハウを活用するPFI方式で事業者を募集し、5グループが参加し、残りカスの全量売却を提案したJFEエンジニアリング(東京都)、越後交通工業(長岡市)など5社のグループが約44億8千万円で落札した。森民夫新潟県長岡市長は「新潟県長岡市内の可燃ごみの4割は生ごみのため、バイオガス化処理施設導入後は焼却灰が減り、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となるうえ、新しい埋め立て場をつくらなくてすむのも大きい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 新潟県長岡市はバイオガス化処理施設で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策はこちら

新潟県上越市は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の風力発電事業が赤字でピンチ

 新潟県上越市地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、クリーンエネルギーの新潟県上越市市内への普及を目的に進めている風力発電事業の累積赤字が、2009年度で約1億5600万円に上ると発表した。新潟県上越市は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、これまで4基のクリーンエネルギーの風力発電施設を新潟県上越市内で管理・運営しているが、落雷による故障が相次いでいた。しかも、新潟県上越市の風力発電施設4基のうち3基が外国製であることから、故障した風力発電の部品取り寄せや修理にかなりの時間がかかり、その間、風力発電は休止している。新潟県上越市は風力発電施設の落雷対策の強化に乗り出したが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策とはいうものの、抜本的な風力発電事業に伴う赤字解消策は見えていない。新潟県上越市の風力発電施設は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のシンボルとして、「三の輪台いこいの広場」(新潟県上越市国府)に2基、直江津港の「港公園」(新潟県上越市大字直江津)と「道の駅うみてらす名立」(新潟県上越市名立区名立大町)に各1基が、建設費は1基当たり約1億6600万円~約2億6400万円をかけて整備されている。2001年4月から2003年11月にかけて、風力発電は順次発電を開始し、販売先の東北電力(宮城県仙台市青葉区本町)の設備に向けて送電されている。新潟県上越市の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の風力発電施設の最大の敵は、冬季に多い落雷となっている。新潟県上越市の港公園にあるドイツ製の風力発電施設が昨年1月に落雷で故障し、修理して発電を再開するまでに1年もの期間がかかった。昨年度は新潟県上越市の風力発電施設全4基が、345~32日間故障して発電が止まった。このため、新潟県上越市の東北電力への売電額は約1,000万円と伸び悩み、風力発電による売電と維持管理費の収支差だけで約3,800万円の赤字となったという。今年度、新潟県上越市は直江津港の港公園の施設で、風力発電施設の風車の羽根の装置を改良して避雷針としての機能を高めた。また、三の輪台いこいの広場のデンマーク製の風力発電施設については、2基を接続しているケーブルを交換して落雷による被害を防ぐ対策を講じたという。新潟県上越市環境保全課は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、風力発電施設の売電収入と維持管理費の支出が同額程度になるのが目標」としているが、イニシャルコストの回収は頭にないようである。新潟県上越市の風力発電施設は起債で整備したことから、2017年度までに毎年度約2,700万円の借金を返済する必要がある。そのうえ、東北電力による風力発電からの余剰電力買取価格が低額に設定されており、改善は簡単にはいかない。新潟県上越市議会からは、「新潟県上越市の財政が窮迫する中で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するとはいえ、大きな赤字を出しながらも風力発電を継続していく意義はあるのか」と指摘されている。しかし、風力発電施設の耐用年数に到る前に中止すると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、風力発電施設建設費などに対して約3億円の補助金を拠出した新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)から、補助金返還を求められる可能性がある。風力発電については、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の象徴になるとはいえ、イニシャルコストが莫大な割にはそれに見合う発電量が少なく、しかも、故障が多く、そのうえバードストライクや騒音による苦情もあるなど、導入に当たっては検討する事項が非常に多い。新潟県上越市のように、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるうえに、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)からの補助金も出るからと、安易に風力発電施設を導入すると、後々大変なことになるという先例を残してくれたといえる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 新潟県上越市は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の風力発電事業が赤字でピンチはこちら

新潟県新潟市はノーマイカーデーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 新潟県新潟市などで構成する「新潟市モビリティ・マネジメント推進協議会」は10月12日から22日まで、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みの一環として、新潟県新潟市内の全市的なノーマイカーデーを実施すると発表した。新潟県新潟市内の全市的なノーマイカーデーは、今年で3年目となる取組みで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、車で通勤している新潟県新潟市民らに公共交通を利用するように協力を呼びかけている。新潟県新潟市のノーマイカーデーは、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に加えて、新潟県新潟市民の健康増進にもつながるエコ通勤の取組みとなっている。10月13日を新潟県新潟市のノーマイカーデー重点日と定めており、期間中にたとえ1日であってもマイカー通勤を控え、バスや電車などの公共交通機関、自転車、徒歩及び車の相乗りなどで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減してほしいと願っている。新潟県新潟市のノーマイカーデー参加者にはバスの無料乗車券を1回分配布するとともに、パークアンドライドの協力者には新潟県新潟市内の9か所の駐車場を無料開放するなどの特典を設けている。特典の申し込みや地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となるノーマイカーデーの詳細に関しては、新潟県新潟市のホームページから行うようになっている。問い合わせは新潟県新潟市都市交通政策課(025-226-2723)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 新潟県新潟市はノーマイカーデーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

石川県七尾市等の灯台はLED(発光ダイオード)照明で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 石川県内の灯台では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策とメンテナンス減少のため、照明を白熱電球からLED(発光ダイオード)への切り替える作業が進んでいる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減が大きな目的であるが、今年度中に新たに3基の灯台がLED(発光ダイオード)化される予定となっているという。一方、LED(発光ダイオード)の照明は、白熱電球より光の到達距離が短いため、漁業関係者からは反対の声もあがっている。石川県内では地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、1992年に、七尾港(石川県七尾市府中町)にある府中防波堤東灯台が初めてLED(発光ダイオード)化になった。現在では、石川県内に98基ある灯台の内、既に7割近くがLED(発光ダイオード)照明に交換されている。第9管区海上保安本部(新潟県新潟市中央区)などによると、LED(発光ダイオード)照明は白熱電球に比べて非常に寿命が長く、電気エネルギーは太陽光発電システムで供給されるため、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が従来の約10分の1にまで削減することができる。LED(発光ダイオード)照明の灯台によっては、2か月に1度の点検が1年に1度程度です増すことができることから、地球温暖化の原因防止対策に加えてメンテナンス費用や人件費も削減できる。また、LED(発光ダイオード)照明の灯台では、電気を引くのに使っていた電柱や電線も不要になるため、景観も良くなるほか、災害時に停電することもないという。一方、金沢海上保安部(石川県金沢市)によると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、昨年11月にLED(発光ダイオード)化された安宅港口灯台(石川県小松市安宅町)の光の到達距離は、それまでの約26キロから約半分の14キロへと大幅に短くなったという。ただ、安宅港付近を行き交う船の9割は、目視に加えてGPS機能やレーダーなどによって位置を確認していることから航行には支障はないという。しかし、地元の漁船は、灯台の光だけを頼りに航行する船もあり、石川県漁業協同組合小松支所(石川県小松市)の森田支所長は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策かしらないが、LED(発光ダイオード)の灯台は照らす距離も、点灯時間も短いうえに、光も真っ白で町の光に混ざってしまいとても見にくい。」と話している。現在、LED(発光ダイオード)灯台の光が届くのは、最長で約23キロまでしかないことから、約30キロ先まで照らすことのできる大野灯台(石川県金沢市大野町)など、沖合を航行する船舶のための大型灯台の照明は、従来からの白熱電球の使用を続けているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 石川県七尾市等の灯台はLED(発光ダイオード)照明で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

東京都港区の東芝は新潟県柏崎市でリチウムイオン電池生産による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 東芝(東京都港区芝浦)は、新潟県柏崎市地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献する電気自動車(EV)用リチウムイオン電池の生産拠点「新潟県柏崎市工場」の竣工式を執り行った。新潟県柏崎市工場への投資額は約250億円であった。東芝では、2011年2月からリチウムイオン電池の生産を始め、2011年度中には月産100万個以上に規模を拡大していきたいという。東芝は新潟県柏崎市工場によって量産体制を整えることで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としても普及拡大が見込まれる電気自動車(EV)などの車載用に供給したい考えだという。2015年度にリチウムイオン電池事業で売上高2,000億円、世界シェアで10%以上を目指すことを目標としている。佐々木則夫東芝社長は、新潟県柏崎市工場の会見で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献できるハイブリッド自動車(HV)向けに、イタリアの自動車メーカー「フィアット」、スウェーデンのトラック大手「スカニア」とリチウムイオン電池の共同開発に取り組んでいることを発表した。「走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)用として、自動車メーカーとの共同開発で他社の製品を凌駕するリチウムイオン電池システムを開発できる」と話していた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都港区の東芝は新潟県柏崎市でリチウムイオン電池生産による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

新潟県魚沼市は雪冷房の家補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 新潟県魚沼市では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環の取組みとして、「雪利用住宅」について、モデル事業として設備の工事費に補助金を出している。「雪利用住宅」は、住宅の高床部分を雪室にするなどして、冬季の雪を溜め込み、住宅での夏期の冷房等に利用できるようにしたものである。新潟県魚沼市では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のモデル事業として毎年1棟の雪利用住宅の建築に対して補助金の支出を行っており、補助金の希望者を募集している。新潟県魚沼市ならではの快適で環境にやさしい雪冷房の家は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として新しい提案であり、新潟県魚沼市では平成21年度に1棟の補助を行っている。雪冷房の特徴は、クーラーのように冷えすぎる感じがなく、夏の冷房運転にかかる電気代がわずかとなり、省エネ対策と共に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になり、環境問題に対応したものとなっている。さらに、雪冷房の家は、雪で冷えた貯蔵室が重宝になるだけでなく、部屋の湿気やホコリ、臭いを雪が取ってくれるという家の中の環境問題も解決してくれるものとなっている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として行っている新潟県魚沼市の雪冷房の家補助金の対象者は、新潟県魚沼市内に居住している個人又は事業所がある法人で、雪利用住宅を新潟県魚沼市内に建築する場合となっている。さらに、雪冷房の家補助金の条件として、雪利用住宅に関する技術を研究、改良し、地域へ普及・還元する意欲があることと、完成後、使用実績や効果等についての調査や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の啓発事業等に協力することを求められる。補助対象設備は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての、雪を保存するための雪室(高床式の基礎を利用する場合は躯体を除く。)、貯蔵した雪を利用した冷房設備、貯蔵した雪を利用した低温室及び冷蔵設備となっており、仕様は新潟県作成の「雪冷熱エネルギー住宅建築のためのガイドライン」に準じた物とする。補助金額は300万円を限度として助成する。問い合わせは、魚沼市市役所市民課環境対策室まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 新潟県魚沼市は雪冷房の家補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

新潟県見附市は太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因対策

 新潟県見附市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、見附市内の全13の小学校及び中学校にクリーンエネルギー太陽光発電システムのパネルを設置し、通電を開始したと発表した。クリーンエネルギー導入などによって地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策が重要とはいえ、全小中学校にクリーンエネルギーの太陽光発電システムの装置を設置するのは新潟県内では初めてで、全国的にも珍しい環境問題への取組みだという。新潟県見附市によると、クリーンエネルギーの太陽光発電システムの整備に係る総事業費は約2億5,000万円であったが、約9割が国からの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の補助金を充当している。新潟県見附市内の全校の太陽光発電システムで最大電力量は1時間当たり約195kwになり、平均で学校の消費電力の14.8%を太陽光発電システムからのクリーンエネルギーの発電で賄えるという。太陽光発電システムの完成による通電式は、新潟県見附市立葛巻小学校であり、5、6年生が出席して行われた。児童たちがカウントダウンを行い、クリーンエネルギーの太陽光発電システムに通電を始めると、モニター画面に学校の発電量が表示されると児童から歓声が上がり、通電から10分後には計9.4kwの発電量になったという。久住時男見附市長は「環境問題にやさしい学校づくりは見附市の地域の中でとても重要。この先進的な取組みが『エコのまち、新潟県見附市』の一翼を担えればと思う」とあいさつした。太陽光発電システムの公開授業も開かれ、児童たちは地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に対するクリーンエネルギーの太陽光発電システムのメリットなどについて学んだ。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 新潟県見附市は太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因対策はこちら

金融機関が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減など環境問題対策を強化

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減への関心が社会的に高まっている中、金融機関が環境問題への取り組みを強化しているという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出権付き新車ローンなどの商品開発のほか、環境問題に関する分野を始めとした成長分野の貸出先を開拓するための専門部署を設けるなどを行っている。環境問題に関する分野は、政府の新成長戦略や日銀の成長基盤育成支援のための新貸出制度にも盛り込まれた重点項目だけに、今後も資金需要の増加が見込めると判断している。例えば、みずほ銀行(東京都千代田区内幸町)は、顧客が1件利用するごとにみずほ銀行が1.4トン相当の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出権を購入し、国へ二酸化炭素(CO2)排出権を寄付するという形態のローン商品の取り扱いを始めた。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出権を取得する具体的な内容としては、エコカー購入の新車ローンや環境問題配慮型住宅へのリフォーム資金を提供するローンが対象となるという。顧客へ二酸化炭素(CO2)排出権の寄付の証明書を送付することで、利用者は環境問題への貢献を実感できるものとなっている。また、筑波銀行(茨城県土浦市中央)では、エコカー補助金制度を利用してハイブリッド車などを導入した企業に貸出金利を優遇した新車ローンを始めた。さらに、東京電力(東京都千代田区内幸町)の助言を得て、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果のある設備を導入した企業に、優遇金利で導入資金を融資する商品を開始した。一方、第四銀行(新潟県新潟市中央区)は、環境問題を始め医療、農業など成長分野の取り組みを推進する専門部署としてニュービジネス企画室を設置した。埼玉りそな銀行(埼玉県さいたま市浦和区)も、環境問題などの分野で成長性の高い非上場企業を投資対象とした10億円規模のファンドを設立して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などに取り組む貸出先を募っている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 金融機関が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減など環境問題対策を強化はこちら

経済産業省はEV・PHVタウン構想で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 経済産業省は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として取り組んでいる電気自動車EV)及びプラグインハイブリッド車PHV)の本格普及に向けた実証実験のモデル事業「EV・PHVタウン構想」の第二期追加募集を開始したと発表した。「EV・PHVタウン構想」の2009年3月に選定した8地方自治体に加え、電気自動車(EV)及びプラグインハイブリッド車(PHV)の普及へ先駆的に取り組む地方自治体を追加募集するというもの。「EV・PHVタウン構想」は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に大きく貢献できる電気自動車(EV)及びプラグインハイブリッド車(PHV)の初期需要を創出するため、特定地域において車両の導入、充電インフラの整備や普及啓発を集中的に行うモデル事業を実施して、日本全国への展開を目指すプロジェクトとなっている。2009年3月に、地球温暖化の原因防止対策の電気自動車(EV)及びプラグインハイブリッド車(PHV)の充電インフラ整備や普及啓発などを集中的に行うモデル地域として、青森県、東京都、神奈川県、愛知県、京都府、新潟県、福井県、長崎県の8都市を「EV・PHVタウン」として選定している。今回、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として追加募集する第二期EV・PHVタウン選定のポイントは、「車両の普及手法(CO2削減効果)」、「費用対効果」、「先導性・モデル性」、「地域適応性」、「実現可能性」及び「持続性」の6つの視点から先進的な地方自治体を選定するという。地球温暖化の原因防止対策の第二期追加募集期間は、8月27日から10月22日までとなっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 経済産業省はEV・PHVタウン構想で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

KDDIと沖縄セルラーは沖縄県で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策

 KDDI(東京都千代田区飯田橋)と沖縄セルラー(沖縄県那覇市久茂地)は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた取組みの一環として、太陽光発電システムと蓄電池を有機的に連携させるとともに、深夜電力も活用するトライブリッド方式電力制御技術の実証実験を沖縄県で行うと発表した。沖縄県は、台風が多く、日本本土とは日照時間も異なるため、沖縄県のau携帯電話基地局でトライブリッド方式電力制御技術の実験を行う。トライブリッド基地局における地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するリチウムイオン電池やアモルファス太陽電池についても実験を行うという。KDDIは、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できるトライブリッド基地局を新潟県2局、栃木県1局、茨城県1局の計4か所に設置して性能実験を繰り返して行っている。これまでの実験結果で各基地局とも消費電力・CO2排出量が最大約30%、電力料金では最大約40%削減を行うことができたという。この地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の大きな結果を受け、今回、KDDIと沖縄セルラーは共同で、沖縄県内においてトライブリッド基地局を新設し、太陽光発電パネルの架台部分の環境負荷低減とコスト削減を目的に2種類の太陽光架台で実験を行うという。また、蓄電池の小型・軽量化や長寿命化及び鉛金属削減による環境負荷の低減を図るため、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる三洋電機製のリチウムイオン電池を用いた検証を埼玉県と愛媛県のトライブリッド基地局で実施する。さらに、高知県では、既存基地局設備の省電力化と地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を図るため、アンテナ鋼管柱鉄塔に軽量、フレキシブルな三菱化学製のアモルファス太陽電池を直接巻き付け、鉄塔への影響や垂直敷設による発電効率を検証する。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> KDDIと沖縄セルラーは沖縄県で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策はこちら

経済産業省はEV等次世代自動車戦略2010で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減

 自動車の走行に伴って排出される地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を大幅に削減することができる電気自動車(EV)や、電気モーターとガソリンエンジンを組み合わせて走るハイブリッドカーへの期待が高まっている。なかでもプラグインハイブリッドカー(PHV)は、モーターを動かす電力を家庭用電源から取り込むことができることから地球温暖化の原因対策として大いに期待されている。経済産業省はこのほど、地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)やプラグインハイブリッドカー(PHV)を普及するため、全国各地域で行われている好事例を「ベストプラクティス集」としてまとめたものを公表した。経済産業省は、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を大幅に削減する「次世代自動車戦略2010」の中で、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッドカー(PHV)の普及を図るため、蓄電池の性能向上やコストダウンに向けた研究開発を行う方針を掲げている。今回の事例集は、同省が実施しているモデル事業「電気自動車(EV)・プラグインハイブリッドカー(PHV)タウン構想」の対象地域である「電気自動車(EV)・プラグインハイブリッドカー(PHV)タウン」に選ばれた地方自治体が、それぞれ策定したマスタープランに基づき進めている先進的な取り組みをまとめたものとなっている。例えば、新潟県では、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量削減に向けて、民間のタクシー会社が昨年7から電気自動車(EV)タクシーの運行を開始し、全国初のプラグインハイブリッドカー(PHV)タクシーの運行も行っている。また、京都府では、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量削減に向けて、電気自動車(EV)タクシー・プラグインハイブリッドカー(PHV)のタクシーやレンタカーで対象の寺院や神社を訪れた人に対して、記念品贈呈などの特別優待を行うエコ観光企画「京都電気自動車(EV)・プラグインハイブリッドカー(PHV)物語」を今年12月まで実施中である。経済産業省では今後、電気自動車(EV)・プラグインハイブリッドカー(PHV)の普及を図るため、専用充電設備のインフラの整備などを行う方針だ。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 経済産業省はEV等次世代自動車戦略2010で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

新潟県魚沼市は雪冷房補助金で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減

 新潟県魚沼市では、個人が自宅で整備する雪冷房に対する補助金を支出している。魚沼市は今年を「環境政策元年」と位置づけており、自然環境、生活環境、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に係る地球環境問題に積極的に取り組んでおり、ヒートアイランド対策としての「打ち水大作戦」も実施している。今般、新潟県魚沼市において、地球温暖化の原因対策として二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる雪の冷熱エネルギーを利用した「雪冷房の家」が公開された。この「雪冷房の家」は、築30年の住宅建替の際、魚沼市の地球温暖化の原因対策としての雪利用住宅導入モデル事業補助金を利用し、補助金300万円を得て整備を行ったという。完成した地球温暖化の原因対策がなされた個人住宅は、高床方式の木造2階建で、高床部分に断熱材で仕切った雪室が設置されているという。冬の間に自宅周辺に積もった雪を除雪機で投入し、今年3月には約60立方メートルの雪が蓄えられていた。この高床部分の雪室と各部屋は送風パイプでつながっており、雪で冷やされた涼しい風がファンで各部屋に届く仕組みになっている。7月初めから地球温暖化の原因対策の雪冷房を稼働させているが、今年の猛暑の日であっても室内温度は26度程度で、エアコンとは違った柔らかな冷気で冷やされ、湿度も屋外に比べ10%程度は低く、かなり過ごしやすい室内環境になっているという。この雪室の設置費には400万円もかかったが、魚沼市からの地球温暖化の原因対策補助金を差し引くと約100万円の持ち出しであった。魚沼市では、今年度の地球温暖化の原因対策の環境問題対策事業費として、こうした事業の補助金に約6億600万円を計上しており、今回のような雪利用住宅のほかにも、農業用水を利用した小水力発電導入モデル事業には、出力10kw未満の発電施設整備に対して50万円を限度に補助金を支出するという。また、地球温暖化の原因対策の取組みの一環として、打ち水を行って路面を冷やす試みも2日から始めており、4日には「打ち水大作戦」と称して、魚沼市内6庁舎で、魚沼市民とともに一斉に打ち水を行って涼感を楽しんだ。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 新潟県魚沼市は雪冷房補助金で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

東北電力が高効率発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量60%削減

 東北電力(宮城県仙台市青葉区)は、従来から建設を進めてきた地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減することができる仙台火力発電所4号機(宮城県七ケ浜町、出力44万6000キロワット)の運転を開始した。同発電所では、地球温暖化の原因対策として天然ガスを燃料にガスと蒸気の二つのタービンを組み合わせた高効率コンバインドサイクル発電設備を新たに採用しており、こうした高機能設備の東北電力発電所は宮城県内では初めての設置だという。老朽化で既に廃止された石炭燃料の東北電力1~3号機と比べると、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は約60%も低減される。火力発電所の運転開始式には東北電力幹部や建設関係者、自治体幹部ら約40人が出席。東北電力の海輪誠社長は「火力発電では東北電力初の建て替えプラントである。世界最高水準の熱効率の発電所として生まれ変わり、電力安定供給と地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減する低炭素社会の実現に大きく貢献できる」とあいさつした。今回導入されたコンバインドサイクル発電は、先ずは天然ガスを燃料として燃焼させてガスタービンを回すが、さらに、排出ガスから熱を回収し蒸気タービンも回して発電するという高機能な発電設備システムとなっている。東北電力は、東新潟火力発電所(新潟県聖籠町)に同方式を国内で初めて導入しており、仙台火力4号機は設備をさらに改良したことで、発生した熱エネルギーを電気に変換する熱効率を約58%に高めたものとなっているという。仙台火力発電所の建屋は、近くにある宮城県の景勝地松島に配慮しながら、白壁などをイメージしたデザインとなっており、3号機の跡地で建設に着手し、今年に発電を始めて最終的な検査を行っていたという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東北電力が高効率発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量60%削減はこちら

国分がカーボンフットプリントCFPで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 経済産業省は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のため、カーボンフットプリントCFP制度の普及を進めている。私たちが購入、消費している全ての商品・サービスは、作られてから捨てられるまでの一連のライフサイクルを通して多くのエネルギーを必要とする。そのエネルギーは、主に石油や石炭、天然ガスなど化石燃料から得られており、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を大気中に排出している。カーボンフットプリントとは、これら商品・サービスのライフサイクルの各過程で排出された「温室効果ガスの量」を合算した結果、 得られた全体の量を二酸化炭素(CO2)量に換算して表示することをいう。大手食品卸の国分(東京都中央区日本橋)は8月から、中堅スーパー7社と組んで「カーボンフットプリントCFP制度」に対応した菓子を試行的に販売すると発表した。お菓子の原料から製造、販売、廃棄・再利用までの地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量がいくらだったのかをパッケージに表示して消費者の反応などを探るという。お菓子の商品は、亀田製菓(新潟県新潟市江南区)やカンロ(東京都中野区)、カルビー(東京都千代田区丸の内)の菓子計4種類で、たいらや(栃木県宇都宮市)、三和(神奈川県相模原市)、エーコープ関東(神奈川県横浜市)などが関東甲信越で運営する計112店舗で取り扱い、期間は9月30日までを予定しているという。これは、経済産業省が進めるカーボンフットプリントCFP制度普及事業の一環の取組みになっている。同時に消費者のカーボンフットプリントCFP制度に対する意識アンケート調査を郵送で回答してもらい、カーボンフットプリントCFP制度普及へ向けた課題を探るという。アンケートに回答すると、環境保護団体に地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出枠を寄付できるメリットを付けるという。

> 国分がカーボンフットプリントCFPで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

プロ野球オールスターのナイター照明は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)のないグリーン電力

「マツダオールスターゲーム2010」を協賛しているマツダは、ゲーム開催時の福岡県及び新潟県の球場のナイター照明には、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を発生させない自然エネルギーで発電されるグリーン電力を提供すると発表した。セ・パ両リーグのプロ野球のオールスターゲームは7月23日に福岡県の福岡Yahoo!JAPANドーム及び7月24日に新潟県のHARD OFF ECOスタジアム新潟で開催される。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を発生させないグリーン電力の提供では「グリーン電力証書システム」を活用するという。このシステムは、太陽光発電システムなどの自然エネルギーで発電された電気の環境付加価値を「グリーン電力証書」というかたちで売買取引し、証書を保有する企業・団体が記載されている発電電力量相当分の自然エネルギーの普及に貢献したとみなされ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に寄与したものとされる仕組みである。このシステムに基づき、プロ野球オールスターゲームのナイター照明で使用される1万2000kWh分のグリーン電力証書を主催者であるマツダが購入する。このことで、間接的にオールスターで使う球場のナイター照明用に係る電力は自然エネルギーを使うことになり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)発生による環境負荷を与えないとみなされるという。このオールスターのグリーン電力証書購入による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減効果は約6.6tを見込んでいるという。

> プロ野球オールスターのナイター照明は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)のないグリーン電力はこちら

宮城県仙台市のキリンビール仙台工場が地球温暖化の原因防止の鉄道輸送に切り替え

 宮城県仙台市宮城野区港に立地しているキリンビール仙台工場は、地球温暖化の原因防止の観点から、宮城県から青森県へのビールなどの飲料の輸送を全量、トラック輸送から鉄道輸送に切り替えたと発表した。これは、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出など環境問題への負荷を抑えるのが狙いだという。同社は今後、全国的に鉄道輸送の比重を高めることにより、2012年までに地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を1990年比で60%削減する計画だという。同工場は東北6県と新潟県に製品を出荷している。同工場には、全国11工場で唯一、地球温暖化の原因防止に寄与する鉄道の引き込み線が敷設されており、産業界で取り組みが広がっている鉄道への「モーダルシフト(輸送手段の転換)」が容易だったという理由がある。既に、昨年の出荷量約37万トンのうち約4万9800トン(13.5%)が鉄道輸送に切り替えており、JR線を経由して青森県や秋田県にビールなどを送っていた。今般、流通体制が整ったため、青森県分はすべて鉄道輸送できるようになったという。鉄道輸送はトラック輸送に比べ、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が7分の1に抑えられるとされ、地球温暖化の原因防止の観点から近年、輸送方法が見直されている。

> 宮城県仙台市のキリンビール仙台工場が地球温暖化の原因防止の鉄道輸送に切り替えはこちら

新潟県長岡市で生ごみを土に戻して「ストップ地球温暖化の原因!」

 新潟県長岡市では、越路地域300世帯の協力で、地球温暖化の原因対策として、生ごみを長岡市の焼却炉で燃やさずに土に返す取り組みを行っている。広げた生ごみに培養土を薄くかけ、さらに生ゴミを広げてサンドイッチにしていくと、生ごみは「臭わない、汚汁がでない、虫がわかない」方法で堆肥にまで処理できるという。このため、地球温暖化の原因防止対策に取り組んでいる協力世帯は、2年間で8世帯から300世帯にまで広がっている。現在、さらに地球温暖化の原因防止に寄与する生ごみの堆肥化運動の呼びかけを進め、長岡市越路地域での全面展開として目標4,000世帯の参加を提案している。地球温暖化の原因防止に寄与するものとして、家庭生ゴミを肥料化する取組みは各地で行われているが、「ながおかバケツの会」は独特の手法を採用しているという。半肥料化した土状になったものを生ゴミを出す家庭に一旦戻し、それを新たに出る生ゴミに混ぜることで、不快な汁や悪臭を防ぐことができるという、そして生ゴミの減量化に成功しています。そのため、毎回のように新たに生ゴミを加えているにもかかわらず、家庭と半肥料化の処理をする行程のなかでスムーズな循環が実現しているという。比較的大きな規模で各家庭が気持ちよくリサイクルに取組んでおり、長岡市のゴミ処理場における助燃剤の化石燃料である重油の節約にもつながっているなど、地球温暖化の原因防止対策として今後の大きな発展が期待されている。

> 新潟県長岡市で生ごみを土に戻して「ストップ地球温暖化の原因!」はこちら

群馬県富岡市等9市町がバイオマスタウン構想

 農林水産省は「バイオマスタウン構想」に新規に応募のあった構想書のうち、9市町の取り組み内容を平成21年2月27日付けで公表した。
 応募のあった構想書は関係府省からなる「バイオマス・ニッポン総合戦略推進会議事務局」(事務局農林水産省)で検討し、「バイオマスタウン」の基準に合致している場合に内容を公表することになっている。
 今回の公表は32回目にあたり、新規構想書が公表されたのは、群馬県富岡市、埼玉県秩父市、千葉県市原市、新潟県十日町市、富山県射水市、静岡県浜松市、熊本県多良木町、大分県佐伯市、宮崎県えびの市。
 このうち、群馬県富岡市の構想は、廃棄物系バイオマスである、家畜排せつ物、事業系・家庭系生ごみ堆肥化を図り、有機肥料として活用することによる土づくりを促進し、農業における自然循環機能の維持増進と農業の活性化を目指すと共に、廃食油や未利用バイオマスを始め資源作物の活用によるバイオ燃料化事業を推進し、富岡市の地域特性を活かした循環型社会の構築を目指すというもの。
 なお、今回の公表により、全国のバイオマスタウン構想公表市町村は172件となった。


袴はかまレンタル卒業式情報不用品廃品ゴミ回収買取引取り処分情報医師の求人募集転職

> 群馬県富岡市等9市町がバイオマスタウン構想はこちら