TOPページ > 検索結果

検索結果 【改造電気自動車】

福岡県北九州市で改造電気自動車(EV)による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 福岡県北九州市八幡西区穴生の自動車整備会社「城野レーシング」では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、改造電気自動車(EV)の製作に取り組んでおり、第1号となる電気自動車(EV)のデモ車が8月、みごと車検に合格したという。この地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の電気自動車(EV)への改造費は150万円程度だったという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるとはいえ、電気自動車(EV)は走行距離が短いなど課題も多いが、どんな中古車でも電気自動車(EV)に改造できるといい、福岡県北九州市内外の同業者らから城野レーシングへ問合せが相次いできているという。城野レーシングによると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての、改造電気自動車(EV)デモ車は1200ccの小型中古車を改造した。中古車のエンジンルームからガソリンエンジンを取り外し、そこへ駆動用のモーターや蓄電池などを取り付けてある。改造電気自動車(EV)の最高時速は110キロで、電源は給油口に設けたコンセントを介して家庭用電源から充電することができ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献することができる。改造電気自動車(EV)に使用する蓄電池は、小型車の場合で鉛電池6個を使用する。大手自動車メーカーのハイブリッド車や電気自動車の生産で使用するリチウムイオン電池と比較すると、大幅に安価で誰でも入手しやすいが、難点は重くて走行距離が短いことにある。改造電気自動車(EV)のフル充電には、約4時間かかるが、電気代は100円以下であり、大いに地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献できるという。ただ、改造電気自動車(EV)の走行距離は約70キロ程度でしかないが、夏季などのエアコン使用時はさらに約30キロまで落ちるという。城野敏夫社長は「改造電気自動車(EV)は、自宅近くの病院やスーパーなどに出かけるときに利用するだけなら、1度の充電で3日は使え、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもなる」と話している。改造電気自動車(EV)には乗り心地にもこだわり、エアコン及びパワーステアリングなども標準で装備してある。これまでの改造電気自動車(EV)では、軽量化や省電力対策のため、ないことが多かったという。ただ、コストを可能な限り低減させるため、モーターなど部品のほとんどは既製品を使ったという。どんな自動車でも改造して電気自動車(EV)にでき、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもなることから、福岡県北九州市内外で業界の注目度は高く、ライセンス制で作り方を指導している状況にあるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県北九州市で改造電気自動車(EV)による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

京都府京都市で改造電気自動車EVによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 京都府京都市にある自動車整備会社が、ガソリン自動車を改造してモーターや蓄電池を積み、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減することが可能な電気自動車(EV)を試作した車が近畿で初めて自動車車検証の交付を受け、京都府京都市上京区の京都府庁(京都府京都市上京区)で公開された。今後、異業種連携で地球温暖化の原因対策になる電気自動車(EV)の性能を一層高めることによって量産化を目指すのが目標だという。この地球温暖化の原因対策になる電気自動車(EV)の取組みは、京都府内の企業や大学が連携し、温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車関連の新たなビジネス機会を探る京都府の「京都府次世代自動車パートナーシップ倶楽部」の活動の一環である。地球温暖化の原因対策になる電気自動車(EV)は、ガソリン自動車と比較すると部品が少なくすみ、構造が単純なため、同倶楽部メンバーの常陸オート(京都府南丹市)が電気自動車(EV)改造車を企画したという。今回改造した地球温暖化の原因対策になる電気自動車(EV)は、スズキの軽自動車である1983年式「マイティボーイ」に電動モーターを載せ代え、鉛蓄電池や制御装置などを搭載したもので、家庭用電源から充電することが可能であり、満充電で40km程度走行でき、最高時速は80キロになるという。だが、地球温暖化の原因対策とはいえ改造電気自動車(EV)の試作車には課題が多く、モーターなどは市販のものを使ったため、改造費は工賃を含め150万円ほどかかった。また、改造電気自動車(EV)の鉛電池は蓄電容量が小さいことから、エアコンやパワーステアリングが使えないなど実用性が低いものとなっている。このため、今後、蓄電池やモーター、電機・機械部品のメーカーなどを京都府内で募り、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減することが可能な電気自動車(EV)の市販化に向けた研究をさらに進め、地球環境問題に貢献していくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京都府京都市で改造電気自動車EVによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

長野県では改造電気自動車(EV)で二酸化炭素(CO2)削減と地球温暖化の原因対策

 長野県では、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けて、改造電気自動車(EV)の製作に取組んでいる団体がある。これは中古の自動車を電気自動車(EV)に改造する「ちょい乗り電気自動車(EV)」の普及活動に、長野県高森町などの市民グループが取り組んでいるという。改造電気自動車(EV)の製作には、約100万円の改造費がかかるというが、中古車が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に役立つ電気自動車(EV)に生まれ変わる。6月末に高森町で開かれた「手作り電気自動車(EV)セミナー」は、「使わなくなった自動車の改造で自動車の寿命を延ばすとともに、二酸化炭素(CO2)排出量を削減することで地球温暖化の原因防止に役立つ地域の足にしたい」と、地球環境問題の保護に取り組む地元の「たかもり環境塾」など3グループが主催したものである。長野県飯田・下伊那だけでなく、岐阜県や三重県など長野県外からも含めて約60人の参加があり、講師の電気自動車(EV)コーディネーターである本田さんが、約100万円でできる電気自動車(EV)の改造車づくりを自身の体験談を交えて説明した。9月には、長野県飯田市内で3台の軽自動車を実際に電気自動車(EV)へ改造する技術セミナーも開催する。社団法人「優良電気のりもの普及促進技術協会」が設立され、電気自動車(EV)への改造ノウハウを希望者や業者に提供、希望者へ改造業者を紹介、改造車のメンテナンスを行うことなどを目的としている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 長野県では改造電気自動車(EV)で二酸化炭素(CO2)削減と地球温暖化の原因対策はこちら